読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

創価の背後の耶蘇かぶれ日本貴族一覧。前々回の補足。『非常民の民俗境界』『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』『蟲師』『遅刻の誕生』『チベット旅行記』『古事記』『日本書紀』偽書の作り方。 

創価の背後の耶蘇かぶれ日本貴族一覧
(消えそうなのでこの記事の下にもある)

ken‏ @kenkatap 2012年9月19日
大日本皇道立教会【wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9A%87%E9%81%93%E7%AB%8B%E6%95%99%E4%BC%9A …】
▼南朝を正統とし、その皇道に沿った教育を行う趣旨の元、1911年に創立
▼大隈重信、一木喜徳郎、牧口常三郎、戸田城聖、数名の華族により構成
▼児玉誉士夫も加入
▼後に、大日本皇道立教会を母体として、創価教育学会が創立




――
本記事はいいからこれを読んでおくれ。



東京グールの主人公とヒロインがオチウした記念に今日完成。
隻眼の王(オーディン+フクロウ)
と右目隠し左目出しの月の女神トーカ(燈火)
がヒエロスガモスしたって意味ね。
※オチウはアイヌ語。意味は



ちゅーじゃないよ。
アイヌの最高神はフクロウ。アイヌが持ち上げられる理由。
―――

目次(序文は↑)
――前々回の記事と『うらたろう』について補足―――
――性道徳の変質と赤松民俗学本のメモ―――
――『蟲師』の紹介―――
――蟲師と昔の民俗の時間から労働ための時間へ―――
参考資料
ーーー

  ――前々回の記事と『うらたろう』について補足―――

http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-172.html
金光と大本教が崇める鬼は岡山の温羅(うら)
=桃太郎の敵! 

黒住と金光と天理教
=幕末三大新宗教
=和風キリスト教(グノーシス寄り異端派)
は全て世界連邦推進派!
『うらたろう』『ねじまきカギュー』『トラウマイスタ』

の続き。

黒住教の支持者が公卿らで、皇室の祖神とされた天照大神を最高神にしていた(意図的)ため、
明治政府(ヤマト朝廷=桃太郎側)の
天皇崇拝=〈大教宣布〉運動に積極的に協力したことなどが書いてある上記の記事を優先して読んでください。
この記事はおまけです。
金光教のシンボルが金なんで、「かね」って読んじゃうんだけど、
金光教が崇める温羅(うら)=鬼は百済の王子で製鉄民だから金属の金だよねーだとかも書いてある。
で、今の偽天皇は百済系だからこの鬼が政府側になったと思いきや、
政府=天皇一神教=国家神道側は桃太郎を教科書に採用!
金光教が非常に嫌がることをしている。
金光教の子供の大本教は政府に弾圧される。
桃太郎の鬼退治。
政府が創価を国営しているのも鬼側が嫌がる。
創価は一応外見は日蓮宗で中身耶蘇だから。

教義見て、ああこいつら仏嫌いなんだねってよくわかるものは耶蘇臭い。
教義の説明に、最高神と教祖(=現人神)の二柱しか神が登場しない教義と教祖の伝記。ゴッドとイエスですか?
身内を神人認定って要は列聖でしょ?
最高神以外の神はせいぜい天使でしょ?
実力差があり過ぎるからね。
一神教的多神教。
予想通り情報が少ないし目立たない奴のほうが地位が上だねってわかる記事でもあるし、ブラックリストを書いておいたのでぜひ。

『うらたろう』に戻る。
公式より。物語の主軸説明。
“時は戦国! 武士の始まり、二大勢力『平氏』と『源氏』激突! 
源平合戦。『平氏』が『源氏』に逆転大勝利したパラレル鎌倉時代! 
舞台は、現在より夜が暗く…妖魔蔓延る日本列島! 不治の病(?)に侵された少女は「不死」を求める旅に出る。出会ったのは…800年以上、生き過ぎて「死にたい」と願う不死身の男。「生きたい!」と願い「死にたい!」と願う。対照的で似た者同士。
そんな二人は生・逝きる為、供に旅立つ!!? 超鬼才・中山敦支が贈る「一生懸命生きて逝きたい」不死身と不治身のデス・ロードッ!”
http://www.re1life.net/entry/uratarou/

ヒロインのちよ姫は蝶々で平家。単行本2巻の表紙で左目の瞳がてふてふ。
作者の中山 敦支(なかやま あつし)は本名?
鹿児島県鹿児島市出身であり岡山出身ではないらしい。
ペンネームなら、中山はおそらく
真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の 音のさやけさ
からだろう。

『うらたろう』読むと、
潜在意識が、「うらたろう=善、平家=善」寄りになるので注意して読んでね。
潜在意識はフィクションと現実の区別がつかないから物語で洗脳する。
この漫画でも鬼は基本的に悪で敵。
だからこそ、主人公うらたろうという鬼人の善が際立つ仕組み。

日本語を見ても鬼が仏に負けた側なのは明白。
鬼は絶対悪扱いはされていないが、鬼という言葉は悪逆非道の輩という意味でも使われる。
逆に仏では絶対に悪逆非道の輩という意味では使われない。
徳川幕府の「瓦解」(夏目漱石)を明治新政府の維新と言い換えるようなことはいつ時代も行われている。

うらたろうってサンカでしょ。
『うらたろう』も性道徳が現代的=耶蘇だった。
サンカの話と真に伝統的性な道徳については次章。


  ――性道徳の変質と赤松民俗学本のメモ―――

民俗学も当然勉強している。
真の日本の伝統を知りたいなら必須科目。
一番耶蘇に変質させられたのが性道徳だとわかればOK。
耶蘇の工作員ってエロが嫌いそうだよね!
性にこそ宗教の教義がもろに出るもんね!
ラノベの巫女って単なる和服着用シスターだもんね!
性の観念を見れば神道が超絶捏造歪曲されたとよくわかるよ。
フィクションの神道キャラは中身がシスターだから和風耶蘇。
巫女は処女って意味不明だ。神殿娼婦って知ってる?
旅芸人や遊女を兼ねていた歩き巫女って知ってる?


あなたも観音様から産まれた。『もののけ姫』の元ネタ②。
網野善彦『宮本常一「忘れられた日本人」を読む』。宮本常一『忘れられた日本人』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
”・歌垣や市場や特別な芸能が行われる法会の場は、無縁の場所でありそこでは俗世の親子や夫婦の縁もきれて一人の女性と男性になるので自由な性交渉が行われた。
中世の参籠の場も無縁の場だった。お伽噺や説話の中によく寺社に参籠したら子どもを授かり、立派に育ったというものがあるが、これは寺社という無縁の場で性行為したから子どもを授かったのだろう。

(ある程度成長した巫女が処女ってありえないんじゃないかな。

Spica ‏@Kelangdbn 2013年7月2日
日本ほど処女信仰の希薄な社会も珍しい。まあいわゆる「未開社会」に行けば似た例は幾らもあるんだろうけどやまと言葉に「処女」にあたる単語がないぐらい膜への意識が低い。マリアまで処女にしちゃったキリスト教圏は世界でも屈指の処女崇拝地域。

「おとめ」は未婚女性のことで処女ではないんですよね”

もぐらさんも性道徳の対立を利用して工作員を共食いさせる手法を提案。

村手 さとし‏ @mkmogura 2014年5月31日
“@lanekota 反撃しません。真言立川流を盛り上げ、神道馬鹿とキリスト教を共食いさせるように仕掛けます
原理主義的な宗教は、貞操観念への締め付けはどれも厳しいからね。 天皇の正統宗教がセックスカルトだとしられたら、いろいろマズすぎるし、キリスト教原理主義と歩調以前に妥協点がみつからなくなるだろうなと、“

天皇への配慮も怠らないFGO







ぐだトマト‏ @pteras14 5月10日
キアラってオデコにオリオンの 三ツ星だったんだね……



とまとさんへ


柳田民俗学よりも赤松民俗学のほうがタブー無視で面白い。
人工芝の手口を書く民俗学者は赤松ぐらいだろう。
柳田國男は創価学会の前身、創価教育学支援会のメンバー。
つまり、柳田は創価側だから天皇もヤクザも避けて当然。
赤松と真逆。
赤松ですらサンカについては「領域を犯すな、踏み込んじゃならねえ領域がある」。
たぶんサンカのお世話になったことがあるね。

赤松 啓介(あかまつ けいすけ)
は戦前非合法であった日本共産党に入党し、治安維持法で検挙され収監された経験あり。柳田國男らが性とやくざと天皇を話題にしない事への対抗意識から柳田民俗学が取り上げなかった差別、性風俗、ヤクザ、天皇といったタブーを中心に研究。


赤松啓介『非常民の民俗境界』

“ いま中世の浮浪民、非定住人たちの追及が行われているが、現代の浮浪民、非定住人の世界すらわからないのに、想像や推理では無理である。現代の浮浪民、非定住人の世界がわかって、逆算して行けばわかることもあるだろう。現代の浮浪民、非定住人は、われわれが想像する以上に多い。ただ、その本体はヤミにつつまれている。三角寛が三十余年で解明しようとしたサンカの世界ですら、まだ殆どわからない部分が多い。ヌスット宿ではないかと疑われていた、各地方の峠や山中の一軒家のルートも、いま正体不明のまま消失しようとしている。
(…)サンカも殆んど姿を消してしまい、常民のなかへトケコミしたようだが、地下の組織は生きているだろう。ハシケを家とした水上生活者の一団、いま殆んど機帆船となり、九州から東京までの近海を泳いでいる。こうした人たちの正体を調べようなどと、バカな野心は起こさないのがよい。ウラの世界には、ウラのオキテがある。仲間になって生涯を埋めるのならよいが、よいところで足を洗ってあっといわせるような論文を書いて、博士、教授になる、などと夢を見るのはやめておくがよい。絶対に死体が上らない海もあるし、あまり人の行かぬ林の中に白骨が横になり、木の枝に縄がゆれているという風景もある。地下活動の経験があれば、これから奥は通行禁止だとわかった。この禁を冒さない限り、われわれの友好は保たれる。それで十分であり、それ以上のことを知る必要はない。
p.27-28 赤松啓介『非常民の民俗境界』

本書は1988年初版発行であることに注意。ネットなしでもわかっている人はわかっている。

・著者「私は坊主や牧師ほどのウソツキではないし、政治家や事業家ほどのカネ狂人ではない。年に一回しかテレビを見ない。紅白歌合戦とそれに続く往く年、来る年の寂滅為楽の鐘の声のみ」

原発をやめろと騒ぐ奴はバカ。そんなことぐらいで止められるはずはなく、後ろに土建屋、企業会社、政治家が利益でつながっている。反対運動をやればやるほど値を釣り上げて金儲けが大きくなるのだから、おそらく反対運動のグループの中には回し者も多く、ここらが最高というところでピタリと終息、まじめに自弁で走り回っているアホどもはハジキ飛ばされてダウン。警察からは不逞の輩と目をつけられて、一生、ろくなことはあるまい。戦前は治安維持法、戦後はレッドパージで、一生人並の給料をもらったことがない私が証明してやる。

・農民運動の騒動が大きくなれば米も闘争資金も増えるとともに、主導権も地元から離れていわゆる闘士、扇動家の手へ移る。争議に勝っても負けても騒動を大きくするほど扇動家の手柄になるが、彼らにこき使われて第一線で働かせられ、ブタ箱、刑務所へ放り込まれた奴ほどあわれなものはあるまい。労働争議、部落解放運動も同じだが、初期の苦しい兵站を支えた女たちが気がついてみるとどこからきたのかわからん奴にうまいこと油揚げをさらわれて残ったのは借金と骨折り損のくたびれ儲けだけでは、二度とやる気にならんのもわかる。

(人工芝の効力はすさまじいな)

・戦後の民俗学の研究者どももわれわれのように地を這うような民俗採取はやらない。成績の上がりそうなところを狙う。貧乏人、渡世人、漂泊者など非定住民、被差別者たちの世界が欠落して当然。支配権力側の視覚からよりものが見えないから、公式文書と記録は信用して典拠にする。が私たち下から見上げる立場からすれば、あれほどインチキが多いものはない。
戦前、われわれは国家権力や政府を信用しなかったから、地獄の下まで自分で入って行って納得できるまで調べた。宮本常一も同じ型の人間だから私は疑いをもったりしない。

柳田国男が意識して避けたのが
①民俗の階級制
②差別
③性
なのでこられを解明する方向へ調査を集中させた。


・いまの民俗学の傾向を見ていると、本格的な長期の基礎調査を計画する者はおらず、小手先の器用さだけで奇風珍習を発掘しようという傾向は多い。大学教授になりたいという立身出世願望がみえみえのも多い。わっとたかってひっぱりあいすればそれだけで行事、祭礼が変容するのがわからんのか、バカタレめと思う。そんな初歩的なことを踏みにじるようでは民俗調査の資質はない。できるだけ変容させないように刺激しないように長時間かけて記録するのが本筋。

マスコミの取材に対してホラをふいたが、そのホラがそのままテレビに出た。ほんまことをしゃべらなならん義理があるか!

(現地の人が本当のことを教えるとは限らないのが重要)


・夜這いと結婚は別。夜這いは商業的売春ではなく、双方に選択の自由がある、性交を楽しむもの。
いったい日本の農村で一夫一婦的結婚様式が必要であったのか、まずそれが疑わしい。

(一夫一婦の結婚ってはっきりいってキリスト教でしょ。しかも夜這いは野蛮な悪魔儀式だそうで)

・人民戦線運動などで走り回っても、行商でも月三十円が精いっぱい。が、ニセ系図一本の相場はだいたい二十円から三十円らしい。しかも仲介者からもらう執筆料であり、仲介者がどれくらいふっかけているのかはわからぬ。

世界一浸透したニセ系図って聖書でしょ。偽書や偽の碑文を作る業者がいる。偽書については後述

追儺、節分の行事は古代中国で道教と仏教が複合した形で成立し、日本へ伝来してから、神道とも複合したらしいもの。仏教伝来以前の古い神道は存在しなかった。原始信仰らしいものと仏教の融合で「神道」が成立したと思われる。神仏習合というが神々の屈服である。どこの寺院、神社の古文書を読んでも双方の喧嘩ならだいたい仏教側が勝っているし、ちょっとした神社なら神宮寺が併置され監視、管理されていた。奈良朝以降にしても千年近い年月であるからもはやどうしようもないほど仏教化してしまっている。
明治維新の神仏分離は仏教弾圧であり、祭政一致の古神道を復活させようとしたものだが、なにが古神道かわからずにヌエみたいな平田神学で料理しようとしたのだから失敗するのが当然。
神道の祭礼と仏教の行事という一刀両断できないものを無理に分けたからかえって根源をわからなくしてしまった。
明治維新からようやく1世紀にすぎない。それ以前の千年近い長期間は仏教支配下の混合祭礼であり、仏教が混交していない祭礼、行事は一つもない。その前提のない調査、研究など信用できるはずがないだろう。

・古美術商と組む偽刻(偽の碑文を彫る)の専門業者がいる。


・中世の西欧にも東洋にも初夜権があった。初夜の最初の花嫁と寝る者が、領主その他夫より目上の者である民俗をいう。ある民俗学者は最初の夜、花嫁と床を共にする者は神であったと説く。初夜の交接による流血は原始人たちは非常に怖れたのでそうした悪魔の祟りを避けることのできる者、換言すれば神に最初の夜を捧げしめたというのである。神とは神を祀るものであったわけだが三輪山伝説の大蛇といった人外婚ないし人獣婚といもいうべき話も頗る多い。これはトーテムを異にした氏族間の結婚を神話化して伝えたものだと考えてもよかろう。
初夜の晩に花嫁と共床することを恐れた習慣は世界的に広く見いだされる。やがて神が神を祀る者、神官や僧侶であることが明らかになるようになれば、族長や王侯が権利として初夜を領民から要求するようになる。かくして暴力的な初夜権が成立したわけだ。
近代封建社会の結婚に処女童貞の結婚があったか否か、頗る疑わしい。

健康保険や社会保険がほとんどなかったころ、長患いしたり失業するとたちまち翌日から生活に困った。これが民間信仰型教団、教会を維持し、繁盛させる原因にもなったわけで、信者たちはたいてい無尽講を作り、だいたい月掛け一円から三円ぐらいまで期間は一年が多く、入札で落としたが、これで当座の生活はしのげたのである。

(書法用語bot ‏@syohobot 2014年5月18日
石碑のいろいろ 原刻(げんこく)…初めて建てられた本物の碑
重刻(じゅうこく)…原刻が失われた後に再刻された碑
翻刻(ほんこく)…原碑が残っているのに再刻された碑
偽刻(ぎこく)…文献によって原碑の存在が知られているものの偽造、またはある人の書風だけが真似られた碑

偽物づくりの話。
基本はおねしょた兄貴のツイートをどうぞ。

魔法おっさん(30代無職童貞)‏ @douteimaturi 2016年10月27日
で、えぐい事を言えば神話とかなんて偽書を作ってしまって組立ちまえばいいんです
例えば、当時の日本には文字があったなんて言いたいのであればホツマツタエみたいな粗製品ではなく、古代揚子江や長江で発掘されている文字にアルメニアあたりの文字を拾い上げて当時の音声表記すればいいのです

んで、紙とかも当時位に工業的に劣化させて地面に埋め埋めしたものに大切なのは時代時代によって解釈されたような解釈本をちゃんと用意すること 奈良後期、平安時代、鎌倉時代、室町等々ちゃんと歴史考証加えられているように捏造しなきゃいけません




原田 実‏ @gishigaku 5月24日
返信先: @alsnovaさん、@SagamiNoriakiさん
上代仮名遣いの解明で本文が平安期以降の偽作と考えにくいことは昭和初期には認められてましたが偽書説への決定的反証となったのは1979年の太安万侶墓碑発見でした。続紀の表記ではなく記序文の表記が同時代のものであることが判明したわけで

――

よりによって唯一神道とお墓発見かよ!
発掘したら支配層に都合の良い物が、都合良く出てきちゃったって多いんだよね!
国家神道にとって記紀は絶対偽典であってはならないからね
上代仮名遣いの正しい用法を国学者がどれだけ知っていたか私は不勉強なのでそこには突っ込まない。
少なくとも明治期に記紀は改ざんされているだろうね。
本居宣長は一神教的多神教寄りの思想だから平田篤胤がとりついたんだろうね。

“本居宣長
「日本最高!
一神教的多神教最高!
天照最高!
桜最高!」

平田篤胤
「日本以外はクソ!
中国思想と仏教は嫌いだけどキリスト教はOK!
だって聖書のアダムとエヴァの話は日本原産だから!
漢字は嫌いだけど、ハングルをモデルに神代文字を捏造するのはOK!
日本の疑似伝統を叫ぶ朝鮮半島人脈の和風キリスト教徒のお手本ニダ!
国家神道=天皇一神教の原案は私の神学!」 


クソはてめーだ平田篤胤!
国学をキリスト教の異端派の巣窟に変え、文字を捏造した似非学者め!

誰かこの二人の霊魂を憑依させて会話してくれないかなあ、
と思ったけど無理だろうから会話を予想。

本居宣長
「クリスチャン大喜びの思想だけど
俺は隠れキリシタンじゃねーよ!
おい平田篤胤、俺が死んだあとに勝手に弟子を名乗るんじゃねーよ!」

平田篤胤
「本居宣長先生の思想はキリスト教に改造しやすかったです!」
会話以下省略というか強制中断。”
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-84.html
本居宣長のキリスト教と親和性が高い思想を改悪した平田篤胤の神道=和風キリスト教。 
神道=和風に偽装する隠れキリシタンが名乗る宗教。                 
神道・惟神・天皇・神器は道教用語であり、神道用語ではないので漢意の排除は不可能。  
∵一般的な日本人が考えるカミ≒仏。                       
子安宣邦『本居宣長』の読書メモ。

神道カルトの皆さま、聖典がなくて困っているからといって、安易に偽書を捏造したら墓穴を掘りますよ!
ちゃんと、解釈書、注釈書、異本も作りましょう!
解釈書は公開しない聖典にもあるものなので必要。
口伝だといってごまかすと「じゃあなぜ文章にしたの?」って疑われますよ。
紙は和紙を劣化させること。
筆と墨で描くこと。
地面に埋めるなどすること。
注釈や解釈書だけでなく、勉強会も開かれたことも偽書以外の史料に明記。
浄土教の教典の「軟」を「愛」(仏教では執着なので悪い意味。耶蘇では良い意味)にすりかえたように、うまくやりましょう。学者をうまくひきこみましょう。
難しいなら、実在する勉強会がらみの曖昧な記述を見つけてこれはこの本〔偽書〕の勉強会だと主張しましょう。
当時の尊厳の流れに従って捏造しないとばれるので注意。
あ、それだと仏教を耶蘇教化できないからダメだね。偽典に耶蘇要素入れるのが目的だからね。
つまり既存の史料の焚書もセット。
民俗学を学んで当時の習俗にも合わせましょう。
あと文書はところどころ抜けや誤字も含むこと。
 『枕草子』の写本は、書き間違い、書き落とし、一行脱落などのオンパレードなのを思い出しましょう。
一番うまく偽典を作ったのが耶蘇教作ったやつにとってのユダヤ教だろうね。
今のユダヤ教は相当耶蘇の改悪が混ざっているだろうね。
セプチュアギンタがわざとおかしな都合が良い母音で読んで実質内容改竄疑惑。

『古事記』は偽書である可能性が高いらしい。
『古事記』が疑われた理由からも学んで偽造しましょう。
『古事記』が読みたくなくなり、『日本書紀』を読みたくなることを列挙。

・『日本書紀』の現存最古の写本が平安時代の9世紀。
平安時代にはしばしば講義(日本紀講筵(にほんぎこうえん))が実施された。
(『日本書紀』は偽書ではないというのが今の私の見解)

・『古事記』の現存最古の写本が南北朝時代の14世紀。

・天皇の勅命で実施された『古事記』編纂作業だったにもかかわらず、奈良時代の正史『続日本紀』には一言も触れられていない。

・なぜ似たような内容の歴史書を同じ時代に2つも編纂する必要があったのか不明。

・『古事記』より遅れて成立した『日本書紀』では「一書に曰く」として多くの異伝を書き留めているが、中国では、清の時代になるまで本文中に異説を併記した歴史書はない。
一方、『古事記』では異伝の中から正しいものを選び出して正史として確定させている。
(『日本書紀』は外部公開が前提ではなかった可能性。史料の側面が強かった可能性)

・『古事記』の神話では出雲神話が大きな割合を占めているが、『日本書紀』ではそのほとんどが割愛。
(『古事記』作成にかかわった人は処罰されるのでは?))


赤松啓介『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』(ちくま学芸文庫 2004)

・農作業の労働唄に、極めて性的なものが多いのは知られている通りだ。ただ文字化されて報告されているのはお上品にお上品に加工された者であり、実際は更に濃厚である。過酷な労働作業をすると、戦争で死が近いときみたいに、性欲が高まるから、娯楽と休憩もかねていたのだろう。

・ムラの夜這いや性風俗は、非登録、無償を原則としたから、明治新政府はもうからなかった。強大な税収源を作るために、ムラのすみずみまで仲居、酌婦、芸子を普及させ、料理屋、風俗旅館、酌婦宿などの機構を通じて収奪を強行した。これらの営業税、遊興費と酒その他の飲酒の税収は巨額であり、国家財政、特に軍事費に流れたのは間違いあるまい。一夫一婦制だの、青年処女の純潔教育など、ただの飾りたてた嘘看板である。

・柳田國男の民俗学は性という重要事項を無視したもの。

・夜這いは戦前まで、一部では戦後しばらく間で一般的に行われていた現実であり、実に多種多様な営みであったが、このような重要な民俗資料を、日本の民俗学者のほとんどが無視し続けていた。日本民俗学の泰斗といわれ郷土研究や婚姻の話を著したりしている柳田國男は、著者の郷里から目と鼻の先の出身で、子どものころから夜這いが大っぴらに行われているのを見聞きしながら育ったはずだが、彼の後継者同様にその現実に触れようとしなかった。かつてはムラで普通だった性習俗を民俗資料として採集することを拒否しただけでなく、それらの性習俗を欧米列強が押し付けたキリスト教道徳で判断し淫風陋習であるとする側に協力したといえよう。古来の習俗を明らかにする民俗学で最重要なもののひとつである性について扱わない時点で似非だ。農政官僚の柳田は保身のために性を無視したのだ。柳田の方法は、全国からいろいろな材料を集め、自分に都合のよいように組み合わせるといったものである。夜這い一つとってみても、隣村同士でも多様なのに、あちこちの県のムラから広範囲に類似のネタを集めて一つのことを語ろうとする。著者に言わせれば、アホでもできることである。
著者が田舎に帰ったころ、柳田は山村調査をしているが、採集手帳を読むと、小作と地主といった、実在しない言葉を使っている。それでいて「常民」というコンセプトを持ちだしてくる。戦前までの政府が、労働者を資本家も含めて勤労者、地主も小作も日雇も含めて営農者と呼んだような不自然な造語でどうやって、「常」を語れるのかわからない。
婚姻の調査についても、彼らがわかっていないのは、明治から大正、昭和初期にかけて生きた女性の大半は、マチなら幕末、ムラなら村落共同体の思考、感覚でしか生きていなかったことである。教育勅語によってそれほど汚染されていないということだ。尋常小もろくに出ていない人間に家父長制だとか一夫一婦制だとか処女崇拝だとか思想に馴染まないのは当然で、夜這いに悪いイメージなんてものはなく、性の解放が当然だと考えているし、離婚も普通でありバツイチ、バツニ、バツサンでも別に悪いことだとされていない。女学校やキリスト教的な教育を受けた女たちとの落差を大きく、ムラでは中等教育以上を受けた女は、だいたい「スソナガ」「スソヒキ」と呼ばれて孤立していた。
著者の、夜這い最末期段階の経験によると、明治で教育を受けた女と、大正で教育を受けた女とではムラでもマチでも性感覚ではかなりの大差があった。教育勅語に汚染された=「新しい女」という言うのはとんだ勘違いで、こんな勘違いのままではムラでは孤立して当然である。
時代が古いほど村内婚が多く、双方とも生まれた時のころから分かっていたので、仲介人など必要ない。村内婚は明治以降むりやり入籍結婚にさせられてしまったが、これまでは夜這いの延長みたいなもので同棲したからとって別に性的に独占できたわけではない。
村外婚が普及し仲介人や仲介業者が一般に活動するようになったのは大正に入ってからのことで、三三九度の盃を上げてという小笠原式の婚姻が普及するようになったのはさらに後のことだ。こうしたことを柳田派の人たちは率直に記述しようとしない。

(単に欧米を真似て、欧米に「ほら進歩的=キリスト教的でしょう?」って主張するため。まあ生き残り戦略であり仕方なかった側面があったのだろうということは忘れないようにしよう)

・民俗学者というのはほとんどが世間知らずだから、ムラの公式的な答え(タテマエ=嘘)ですぐ安心してしまう。特に性風俗などはよほど信頼されないとほんとのことは言わない。仕事を手伝ったりいろいろ仲良くなってやっとわかるもんやねん。男女の機微に通じてへん奴にはようつとまらんて。
(著者は著作を読むに少なくともモテる方だったろうな。男色家に狙われたこともあったそうだし。だから性風俗については調べやすかった。民俗学者はもてないといけないのか)

・夜這いがあるところでは、避妊具が現代のように普及していたわけではないので自然、子どもが生まれることになる。結婚していても同棲している男との子どもかはわからないが、夜這いが自由なムラでは当たり前なので、深刻に考えたりしなかった。少なくとも母親は自分が産んだのだから自分の子どもだし、子どもはみんなで育てるものだ。

・郷里の播磨や、奉公先の大阪などで生活してみると、小学校の修身で教えられた純潔教育、一夫一婦制結婚生活などは全く虚構であることがわかった。修身はただの暗記物に過ぎないと思ってはいたが、実社会に出て見るとそのあまりにも甚だしい乖離に驚いた。盗みをするな、嘘をつくなは、まあわかるが、性生活や性風俗になると教えられたことの片鱗さえ残っていない。
遊郭での客の好みはさまざまだが、中には十二、三歳でまだ月経もないオチャコを水揚げしたいというものもいる。幼女を二、三日かけて破瓜にするそうである。ひどいのは苦しむのや出血の多いのを楽しむものもいて、玄人のババアですら呆れる。中には、出血が少ないから処女ではないと(初物好きは単なる好みであって、道徳ではない)ひと悶着あり、大変な世界であった。警察の監督も実にいい加減であった。十六を超えた女の初見世でもほんとの水揚げは女衒やオヤジがすませているのに、店では初見世の紙を張って四、五日かけて何人もの男に売るのである。
こんな暗黒の世界を見ると、ムラの夜這い民俗など極めて健全であり、かつ健康であるというほかはなかった。こんな闇世界を残しておいて解消もせずに、国民道徳だの純潔教育だのとあまり笑わせないでくれよ、と笑いながら涙が出るのであった。
夜這いは、性におおらかだと言われる江戸時代であっても、地方文書でマチやムラの夜遊び夜這いの禁止の圧力をかけたりしていて、享保ころから激しくなってくる。しかし何度も同じような禁制を出しているから余り効果はなかった。夜這いの必要とする原因を改めずに禁止だけを命令しても効果はない。特に儒教的な思想からの禁圧は殆ど効果がなかった。明治維新後の教育勅語による禁圧でもほとんど効果がなかった。文部省や役所のインチキ報告では是正だとか改善だとか廃絶だとかあっても嘘であった。とは言え、教育勅語的指弾ムードと戦争中の弾圧的な風潮、そして戦後のお澄まし顔民主主義の風潮の中で、しだいしだいに消えて行った。
(戦乱や飢饉などによる村の全滅を防ぐなど、性行為を奨励して人口を増やす。生殖能力の高い者の子孫を多く残すシステム)

・性教育といっても、難しい理論など教育しなくても実地教育をやればすぐわかる。性交をさせない性教育などかえって危険。性知識教育するくらいなら教えない方がまだよい。よけいな知識をつけるだけで成年式の二十まで性交禁止を理想とするなどどんな根性しているのかわからん。もう十一、十二歳になったら性交をやらせる教育をしないとほんまに子どもがかわいそうだ。性理論やら性知識だけ教える先生方は、理論や知識だけ教えて、実行を禁圧することの恐ろしさを知らないのか。いつ実行させるのか聞きたい。
(キリスト教の布教がしたいのですよ)



  ――『蟲師』の紹介―――
 


左目がない、右目出し、右目は緑、白髪、作中恐らく唯一の洋服でサンカ人脈で喫煙者。
 主人公が蟲たばこという蟲よけを吸っている。
本来のタバコは薬草。
今の国産たばこはダメ。放射性物質汚染+添加物で最悪だ。
しかも周りに待ち散らすからな。
海外産の無添加タバコなら薬。
一番いいのは支配層が吸っているやつだが高すぎる。

主人公の見た目以外は耶蘇要素がみあたらない。
蟲師の主人公は右目が緑で隻眼。
白髪で隻眼で目が緑なのは蟲のせい。
アルビノ意識?
それだと目は赤くなるけど。
独りだけ洋服。

一話でもいいから見てほしい。一話完結型。
『蟲師』は原作もアニメも全話おすすめ。
一番オススメが『錆の鳴く聲』のアニメ版。声がつくからね。
『夜を撫でる手』は本ブログ読者なら印象に残りそう。

動画見ない方はこの素晴らしい画像を見ておくれ。
【蟲師 続章】第10話 感想 冬眠もできる蒸し師
http://anicobin.ldblog.jp/archives/39474536.html

目玉系の話が知りたい?
右手に目玉模様(甘い匂いで獲物を引き寄せ触れたものを殺す手)の話ならあるけど。
最後は右腕ごと失ってハッピーエンド。

『夜を撫でる手』【蟲師 続章】第4話 感想 まさかム○ゴロウさんも…
http://anicobin.ldblog.jp/archives/38487460.html
“『意のままに獲物を狩る手。血筋に同じ者はいないか?』
『掌に目玉のような痣があるだろう。そいつは腐酒という物に侵されてる印だ』
腐酒とは光酒の腐れてしまった物。蟲の成り損ないでもある
『果実酒の様な匂いがあるが毒がある』
『しかし極まれに毒に耐える体質の者がいる』
『動物の体内に入り血に紛れると命を得る。宿主もまた特殊な力を得る』
『甘い匂いを掌から出し、獲物を惹きつけ酔わせ容易く狩りをする』
『それは子々孫々まで伝わっていく』
『力を得なかった者は毒の為長くは生きられない』
『安心しろ、光酒を一定量飲めば腐酒は消滅する。調達してこよう』
『お前は山の王にでもなったつもりか?』
『お前も山の一部だろう。何で命を落とすかなど、誰にも知れんよ』
『動物、特に鳥類は目玉模様に恐れを抱く』

「闇の中では誰しも何かの影に怯える」
「闇に遊び、踊り戯れるは異形ばかり」
「もしも真に異形の王がいたなら」
「やはり、あんな風なのだろう」


毎回毎回、最後の締めの文章が名文。
いっとくけど、蟲師には性描写はないからな!



『蟲師』や耶蘇かぶれでない民俗学者の本を読み聞きすると時間の流れが変わる。
概念は時間を変質させる。
数秒単位のずれしかない時間遵守は西洋の時計(神学の影響)とプロテスタント由来。
次で最終章。


――蟲師と昔の民俗の時間から労働ための時間へ―――

腕時計は手枷であり概念的に脳とつながる鎖である。
プロテスタントのカルヴァン派思想と定時法と産業革命の関係を見れば、より長く労働させるために時間概念を都合よく塗り替えたとよくわかる。
新暦=キリスト教暦で季節感は破壊された。
しかし、勝手に時計をいじって労働時間を労働者に知らせずに延長は最悪だな。

マスター・ニートン(うまい名前)さんの記事
マックス・ウェーバーの『プロ倫』は難しい?ポイントの要約と解説
http://kotoyumin.com/weber-114
• 3 金儲けの精神は「予定説」から生じた
• 4 予定説の世俗化=「成功」のスポーツ化
という目次こそが中核。

トウェインの
‘Classic’ – a book which people praise and don’t read.
「古典 誰もが褒め称えるが、誰も読まない本」
が耳に痛い。

資本主義精神の権化たるベンジャミン・フランクリンが労働教の使徒(死屠が正しい)であり、
教祖がカルヴァンだとよくわかる。
フランクリンは時間=金、信頼=金だとほざいたが、
百科全書派やアメリカ哲学協会での活動を見るとどう見ても本人は、

時間>金、信頼>金とみなしているっぽい。
時間は金に「も」なる、信頼は金に「も」なるが正しい。
イコールで結ばせるのが労働教がカルヴァン派派生カルトである理由だけど。
「金儲けにいそしまないとあの世で罰せられる」を、
「現世で」罰せられる、
に変えることでさらに凶悪化。
安息日を抜くことで過労死を増やす。
そして死者を殉教者として称える(正確には見ないふりをする)。


労働教には死後の救いがない。
教義を守った者ほど現世で苦しむが、与えられる来世の救済もない。
死ねば終わり。
こき使う側の主人が地獄に堕ち、こき使われた奴隷信者が天国に行くという教えはない。
主人側も労働教なのだが、司祭のような特権階級であるから従わねばならないという教義がある。
また主人を殺害することも、主人が運営する会社に大損害を与えるという発想もない。
自殺できるなら憎い怨敵を殺すか所有物に大損害を負わせることはわけないと思うのだが、どうだろうか。
一番厄介なのは書物で書かれた聖典が存在しないことだ。
つまり、支配者がその場で都合が良いように法律文を作り改悪できる。
条文に含まれる要素だけはこの記事で書いておいた。

唐突なおわり。
参考資料は本文ではなく注釈のようなものなので別に読まなくていいです。
ねこた放送ってこんな感じでどんどん話が広がって行って面白いよね。そして唐突に終わる。

最近ですます調やめようと思っている。
日本語は丁寧にするほど長くなり書くのに時間がかかるから。


参考資料

創価の背後にいる日本貴族(耶蘇かぶれ)一覧
※見やすく調整済み
もぐらさんの記事あり
①陰謀論業界のパクリ疑惑 
②労働教の元凶カルヴァンの過去記事の訂正 
③『はじめてのラテン語』メモの加筆のお知らせ
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
より。読みやすく改変。
仏恥義理 ‏@meets_tak 2015年1月3日
#SAGEGROUP 歴代まとめ
http://www.sagegroup.jp/japan.rekidai.htm …
土方 久元
・ (1833~1917)
・大日本皇道立教会初代会頭
・元宮内大臣
・臨時帝室編修局総裁 pic.twitter.com/U89uxDlh0i

千家 尊福
・ (1845~1917)
・大日本皇道立教会初代副会頭
・元司法大臣

・当家は天照大神第二の御子天穂日命の後裔で、代々出雲国造、尊福は同5年出雲大社大宮司となり、同17年7月授男爵。のち元老院議官、貴族院議員、文部省普通学務局長、埼玉・静岡・東京の各府県知事を歴任し、同41年司法大臣。
千家尊福作詞、一月一日https://youtu.be/iREdv7j03kc

四條 隆愛
・(1880~1938)
・大日本皇道立教会第二代会頭
・陸軍士官学校卒、同騎兵実施学校修。同36年陸軍騎兵少尉、のち同少佐に昇進。

この間、陸軍騎兵実施学校教官、同大学校馬術教官等歴任のほか、宮内省御用掛、歌御会始読師控、国家総動員審議会委員等。明治38年6月より昭和13年10月まで、貴族院議員在任。 昭和13年10月2日死去。

@meets_tak
三嶋 弥太郎
・(1867~1919)
・大日本皇道立教会第二代副会頭

・明治17年、22年米国留学。同21年北海道庁技師試捕となる。
日本銀行総裁のほか、日本大博覧会評議員、経済調査会委員等、横浜正金銀行頭取となる。明治30年7月より大正8年3月まで貴族院議員在任。大正8年3月7日死去。

@meets_tak
四條 隆徳
・(1907~1977)
・大日本皇道立教会第三代会頭


@meets_tak
続き
・昭和8年東京帝国大学農学部卒、同大学院修、同10年より同大学嘱託、同大学農学部講師獣医師試験委員等、昭和13年12月より同22年5月まで貴族院議員在任、昭和52年11月13日死去。


秋月 左都夫
・(1858~1945)
・大日本皇道立教会第三代副会頭
・明治17年7月、司法省法学校卒、法学士、司法省御用掛。明治24年外務省政務局勤務。三島通庸の長女園子と結婚。明治28年帝国大学にて国際法を講義。


続き
ベルギー公使、オーストラリア大使。宮内省御用掛、外務省調査部事務等を歴任。大正6年読
売新聞社社長。大正10年京城日報社社長。門下に創価教育学会創立者、牧口常三郎。創価学会創立者、戸田城聖氏がいます。 昭和20年6月25日死去。

@meets_tak
中山 忠英
・大日本皇道立教会初代会長
・天誅組首謀者・中山忠光の遺児。大正5年7月16日死去。

(※写真なし)


とりあえずここで考察を(#SAGEGROUP 歴代はまだ「あ行」からありますw)

まず日銀や横浜正金銀行の頭取をやった三嶋がいること。

そして三島通庸の長女と結婚し、読売新聞社長、創価の初代と二代目の師匠だった秋月がいること。


@meets_tak
三島彌太郎(正式にはこの字のようだ)の長男、三島通陽が1950年フリーメイソンに入会(日本ボーイスカウトの総長でもあった)。
このことは先日引用した青木冨貴子著「占領史追跡」に書かれている。

@meets_tak
青木冨貴子著「占領史追跡」より、昭和天皇とフリーメイソンに関する記述。以下引用。

『メーソンリー・イン・ジャパン』には翌年の「一九五一年の報告」のなかに、天皇の入会について次のように記されている。

@meets_tak
「エンペラー・ヒロヒトは、興味をもたれ、三三位階の同志マイケル・A・リビストに皇居へきて、フリーメーソンについて説明するようにもとめたが、残念なことに、同志リビストが評判を落としたため、招待を辞退した」


@meets_tak
これはなんとGHQ高官のウィリアム・シーボルトが書いたものである。
シーボルトはこの先、とくに講和条約の締結に至るまで、重要な働きをする外交官である。わたしは彼もまたフリーメーソンだったとは知らなかっただけに、この記述にはおどろいた。

そのシーボルトが、天皇の方からリビストを皇居に招いたが、リビストが辞退したと書いているのである。パケナムの日記とはまったく正反対ではないか。

@meets_tak
ちなみに、フリーメーソンであった占領軍高官のなかには、チャールズ・ウィロビー少将や第八軍司令官のロバート・アイケルバーガー、マッカーサーの後任として第二連合国軍最高司令官になるマシュー・リッジウェイ大将など多数が名前を連ねている。

(引用終わり)


@meets_tak
もう一度通読してみます。重要だと思うので。また引用しますよ。


@meets_tak
#SAGEGROUP 歴代あ行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.a.htm

@meets_tak
淺田 信興
・(1851~1927)
・陸軍々事参議官・男爵
・埼玉県出身。川越藩士坂口朗忠の三男で、川越藩士浅田順信の養子。養嗣子は浅田良逸陸軍
中将。娘は中島正武陸軍中将に嫁ぐ。日露戦争に従軍。

近衛師団長、明治39年7月6日に久留米第12師団長、明治43年8月26日に大阪第4師団長を経て、明治44年(1911年)に教育総監に就任(~1914年)。


@meets_tak
大正元年(1912年)に陸軍大将に昇る。最終官職は軍事参議官兼東京衛戍総督。大正10(1921年)に退役し、昭和2年(1927年)に77歳で死去。


@meets_tak
姉小路 良子
・権典侍・従五位

(写真なし)

姉崎 正治
・(1873~1949)
・京都府生まれの評論家・宗教学者(キリスト教・仏教)である。ペンネームは姉崎嘲風(あねざきちょうふう)。
1893年、東京帝国大学(現・東京大学)哲学科に入学。井上哲次郎、ヘーゲルについて学ぶ。
1896年、同大学同学科卒業。1900年にドイツ・イギリス・インドに留学し、1903年に帰国。1904年、同大学教授となる。1905年、同大学文科大学に宗教学講座を開設。日本の宗教学研究の発展の基礎を築いた。東京大学宗教学研究室には、彼の写真が今も飾られている。
また、1923年から1934年までは、同大学の図書館長を務め、関東大震災の被害に遭った図書館の復興に尽力した。1939年7月から1947年5月まで貴族院議員。学問研究の分野だけではなく、文人としても優れた才能を持ち、帝大在学中には高山樗牛らと『帝国文学』を創刊している。


安楽 兼道
・前警視総監

(写真なし)


伊沢 修二
・(1851~1917)
・日本の教育者である。明治から大正にかけて、近代音楽教育や、吃音矯正などを行う。妻は徳島藩士の森重氏の娘ちよで、子に1男4女。幼名は弥八。政治家の伊沢多喜男は弟、教育者の遠藤隆吉は娘婿である。

一木 喜徳郎
・(1867~1944)
・男爵・文部大臣
・日本の公法学者・内務官僚・政治家。現在の静岡県掛川市生まれ。岡田良一郎の二男。兄は岡田良平。大学予備門を経て、1887年に帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)卒業。

@meets_tak
同年、内務省に入省。1890年ドイツに留学し行政法を学ぶ。1894年帰国して帝国大学法科大学教授。1902年法制局長官、1914年第2次大隈内閣で文部大臣、翌年内務大臣。1925年宮内大臣、1934年枢密院議長。


枢密院議長在任中、天皇機関説の提唱者として弟子である美濃部達吉とともに非難される。一木との政治抗争にあった平沼騏一郎の政略であったとも云われている。

1936年の二・二六事件で内大臣斎藤実が殺害されると、後任が決定するまでの1日間のみ内大臣を務めている。旧制武蔵高等学校の初代校長、大日本報徳社社長も勤めた。


@meets_tak
一條 實孝
・(1880~1959)
・従二位・勲二等・功五級・公爵

@meets_tak
伊知地 幸介
・(1854~1917)
・男爵・陸軍中将薩摩藩士、伊地知直右衛門の長男として生まれる。御親兵(後の近衛兵)に抜擢され上京、薩摩閥の 1人であり、


@meets_tak
妻が大山巌元帥の姪という強力な後ろ盾もあり、1880年(明治13年)フランスに 4年後にはドイツへ留学し、その後日清戦争時には大本営参謀・参謀本部第1部長・駐英武官と陸軍内でのエリートコースを順調に進む。


@meets_tak
市村 さん次郎
・(1864~1947)
・歴史学者。國學院大學学長、東京帝国大学名誉教授。専門は東洋史。茨城県筑波郡北条町(現つくば市)出身。明治法律学校を経て、1887年に帝国大学古典漢書科卒業。

1888年に学習院傭教師、1890年に同助教授、1892年に同教授となり、1898年からは東京帝国大学文科大学助教授(学習院は兼任に転ずる)、1905年に教授に昇進。1924年に東京帝国大学を定年退職、翌1925年名誉教授となった後、國學院大學教授。

1926年から大東文化学院教授・1928年から立教大学教授を兼ね、1933年から1935年まで國學院大學学長をつとめた。わずか 1年余りでの学長辞任は、自身の言によれば学究生活への愛着が絶ちがたく旧道に立ち帰りたいためであったという。
1944年、國學院大學教授を退職。東洋史の研究で成果をあげ、1907年には文学博士の学位を授与され、1925年には帝国学士院会員となっている。

井上 哲次郎
・(1856~1944)
・哲学者である。通称「イノテツ」。井上円了が在野の哲学者だとすれば井上哲次郎は東京帝国大学というアカデミズムの牙城の哲学者である。

国家主義の立場から宗教に対する国家の優越を強力に主張し、中学教員であった内村鑑三が教育勅語への敬礼を拒否した不敬事件に際してはキリスト教を激しく非難する。またそれ以外にも体制側のイデオローグとして明治日本政府の道徳主義の思想界における切り込み隊長となった。

東京帝国大学教授。外山正一、矢田部良吉らと『新体詩抄』を刊行し世間に名を知られる。仏教からヒント得て現象即実在論を提唱。1924年10月から1925年11月まで貴族院勅撰議員を務め、引き続いて同院の初代帝国学士院会員議員に選出された。

犬養 毅
・(1855~1932)
・日本の政治家。立憲政友会第 6代総裁。第29代内閣総理大臣。通称は仙次郎。号は木堂。
勲一等旭日桐花大綬章。


大炊御門 幾麿
侯爵・貴族院議員・従三位・勲三等大炊御門家(おおいのみかどけ)は、清華家の家格を有する公家。家業は筆道・和歌・笛・装束。江戸時代の家禄は400石。家紋は菱に片喰草。藤原北家師実流。平安時代末期摂政関白藤原師実の子経実(1068年-1131年)を祖として創立された。


大炊御門北、万里小路東に邸宅があったため大炊御門を称する。経実は権大納言どまりであったが、その子経宗(1119年-1189年)は平治の乱で当初藤原信頼・源義朝方に付きながら寝返って平清盛方の勝利に貢献。また、二条天皇の外舅として勢威をふるい、左大臣に昇って清華家の家格を確保した。


@meets_tak
経宗の子頼実(1155年-1225年)は二度に渡って太政大臣を務めている。明治維新後、幾麿(いくまろ)の代に侯爵を授けられた。


@meets_tak
大木 遠吉
・(1871~1926)
・日本の政治家。元貴族院議員。司法大臣(第24代)、鉄道大臣(第2代)を務めた。大木喬任の子である。
貴族院議員となり政界入り。原内閣で司法大臣に就任し初入閣。続く高橋内閣でも留した。その後、加藤友三
郎内閣で鉄道大臣として再入閣を果たした。1916年、日本工業大学顧問に就任。大東文化協会の設立に深く関与し、初代会頭に就任した。


大久保 利武
・(1865~1943)
・鳥取県・大分県・埼玉県・大阪府知事明治時代の官僚・貴族院議員。位階勲等爵位は正四位
勲一等侯爵。慶応元年に大久保利通と満寿子の三男として生まれる(幼名三熊)。

その後内務省に入省し、鳥取県・大分県・埼玉県・大阪府の知事を務めた。継嗣が居なかった兄・利和の養子となり、昭和 3年6月5日、利和の隠居に伴い家督を相続し、6月15日には侯爵を継承。妻は近藤廉平の長女・栄。長男に大久保利謙が居る。


大隈 重信
・(1838~1922)
・総理大臣
・日本の武士・佐賀藩士、政治家、教育者。第8代、第17代内閣総理大臣。位階勲等は従一位大勲位。爵位は侯爵。東京専門学校(現・早稲田大学)の創立者。幼名は八太郎。


大迫 尚敏
・(1844~1927)
・子爵・陸軍大将
・日本の武士・薩摩藩士、陸軍軍人。学習院長、第7師団長等を務める。位階勲等は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。


薩摩藩士大迫新蔵の長男として生まれる。造士館生徒として学び、薩摩藩 5番組として薩英戦争に従軍する。

@meets_tak
大迫 尚道
・(1854~1934)
・第四師団長・陸軍中将
・陸軍大将の大迫尚敏の弟。 1879(M12)砲兵少尉、参謀本部員をへて、89ドイツ留学し、ドイツ公使館付となる。


帰国後、野砲第 1連隊大隊長となり、日清戦争では第1軍参謀、日露戦争では第2軍参謀長として戦闘を指導した。その功によって、1906野砲兵監となり、第18,14師団長をへて15(T4)軍事参謀官となる。19後備役となり、24退役した。

(あ行は以上。しんどいw)


ということは光格天皇や天誅組の中山さんもみんなつながっているということか。

千家さんすごいわ。つながりがすごい。
http://kingendaikeizu.net/kazoku/senge.htm …
#千家尊福
#大日本皇道立教会
#SAGEGROUP

続き
http://kingendaikeizu.net/kazoku/senge.htm …
#千家尊福
#大日本皇道立教会
#SAGEGROUP


@meets_tak
#SAGEGROUP 歴代か行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.ka.htm

花山院 親家
・侯爵・従四位
・花山院家(かざんいんけ)は、藤原氏北家師実流の嫡流(花山院流)の家である。家格は清華家。

平安時代後期の藤原師実の次男家忠に始まり、家名は家忠が父師実から譲り受けた邸宅花山院にちなむ。家忠の孫忠雅が太政大臣、その子で後白河上皇の近臣である兼雅が左大臣に進み、清華家としての家格が確立された。

南北朝時代、嫡流は北朝に仕えたが、支流の花山院師信とその子師賢は後醍醐天皇の側近で、その子孫は南朝に仕えた。

この系統の末裔の女性が南北朝統一後に後小松天皇の宮中に入り、天皇の寵愛を受けて誕生したのが一休宗純であると言われている。江戸時代の家禄は、概ね 715石。家道は書道・笙であった。明治維新以後、忠遠のとき侯爵に列した。

花山院 家威
・従四位・元侯爵


@meets_tak
楫取 素彦
・(1829~1912)
・官僚、政治家。正二位勲一等男爵。通称は久米次郎または内蔵次郎。


小田村氏の養嗣となって伊之助と改め、 後に文助・素太郎と言い、慶応3年9月楫取素彦(かとりもとひこ)と改めた。諱は希哲、字は士毅、号は耕堂彜堂・晩稼・棋山・不如帰耕堂等。吉田松陰とは深い仲であり、松陰の妹が楫取の妻であった。


亀井 貫一郎
・(1892-1987)
・住友商事(株)顧問
・東京帝国大学法学部卒。外務省に勤務し天津総領事代理などを歴任。

ついで国際情勢分析の専門員となり、世界各国を歴訪。その間、ニューヨーク労働学校、コロンビア大学、ハーバード大学、ミュンヘン大学、チューリッヒ大学において、歴史学、言語学、哲学、生理学等の研究に従事。昭和3年第1回普選に社会大衆党より立候補し、当選。

以来昭和17年まで代議士として活躍。戦後、財団法人産業経済研究協会理事長となる。
主な著作:「民主の苦悶」(前仏国首相 Joseph Caillaux 著『欧州の没落』の翻訳:改造社)、

「日本民族の形成史」(東洋経済新報社)、「転機に立つ世界と日本」上下巻(霞関書房)。その他政治、経済、社会等各方面にわたる論文多数あり。



上泉 徳彌
・(1858~1945)
・国風会々長・海軍中将

菊池 謙二郎
・(1867~1945)
・茨城県生まれ。輔仁学舎に学ぶ。1924年(大正13)衆議院議員選挙に無所属で当選。


北小路 随光
・(1832~1916)
・子爵・掌典長・正二位

@meets_tak
木村 鷹太郎
・(1870~1931)
・明治・大正期に活動した日本の歴史学者、哲学者、言語学者、思想家、翻訳家。独自の歴史学説「新史学」の提唱者として知られる。愛媛県宇和島出身。

東京帝国大学史学科に入学、後に同学哲学科に転じて卒業。陸軍士官学校英語教授職等を務める。日本を世界文明の起源と位置づけ、かつて日本民族が世界を支配していたとする「新史学」を熱烈に唱えた。

他にも邪馬台国エジプト説や、仏教・キリスト教批判などの独創的な主張で知られる。異論に対して徹底的に反撃・論破する過激な言論人でもあり、論壇において「キムタカ」と通称されて恐れられ、忌避された。



黒板 勝美
・(1874~1946)
・日本の歴史学者。東京帝国大学名誉教授。文学博士。専門は、日本古代史、日本古文書学。号は虚心。


@meets_tak
黒田 清綱
・子爵・御歌所々長

か行は以上。


@meets_tak
#SAGEGROUP 歴代さ行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.sa.htm

笹川 臨風
・(1870~1949)
・評論家、俳人。東京神田生まれ。本名は種郎(たねお)。帝国大学国史科卒。

赤門派の俳人で、1909年、文藝革新会の結成を提唱した。1924年、「東山時代の美術」で文学博士号取得。歴史書、美術批評、小説など幅広い著述活動を行った。


杉浦 重剛
・(1855~1924)
・明治・大正時代の国粋主義的教育者・思想家。幼名は謙次郎。近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。

さ行は以上。

#SAGEGROUP 歴代た行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.ta.htm

高倉 永則
・(1864~1947)
・京都聯隊区司令官・子爵


高島 鞆之助
・(1844~1916)
・薩摩藩出身の陸軍軍人、政治家である。諱は昭光。官位は陸軍中将正二位勲一等子爵。陸軍大臣・拓殖務大臣・枢密顧問官等を歴任する。

また、現在の学校法人追手門学院の前身である、大阪偕行社学院の設立者でもある。第19師団長を務めた陸軍中将勲一等子爵高島友武は養嗣子。


@meets_tak
土屋 光春
・(1848~1920)
・男爵・陸軍大将
・明治時代~大正時代の陸軍軍人。官位は陸軍大将正三位勲一等功二級男爵。嘉永元年(1848年)に岡崎藩士渡利伝左衛門の四男として生まれる。


@meets_tak
のちに岡崎藩士土屋光時の嗣子となり、藩より選ばれ大阪陸軍兵学校に入り明治3年(1870年)陸軍少尉任官。その後、佐賀の乱、西南戦争を経て日清戦争には大本営参謀として従軍した。

第27旅団長、台湾守備混成第 1旅団長、近衛歩兵第 1旅団長を歴任し、明治35年(1902年)に陸軍中将に進む。日露戦争に際しては、乃木希典大将率いる第3軍の第11師団長として、旅順攻略戦に参加。

東鶏冠山に師団を率いて攻撃中にロシア軍銃撃により頭部に銃創を受け内地後送。治癒後、明治38年(1905年)に新設の第14師団長として再度満州に渡る。凱旋後、明治40年(1907年)9月に戦功により男爵となる。

明治41年12月21日に第4師団長となり、明治43年(1910年)8月に陸軍大将に進むと同時に予備役に編入。大正9年(1920年)11月17日に73歳で病没。

徳川 達孝
・(1865~1941)
・明治期から昭和にかけての宮中官僚・政治家。爵位は伯爵。田安家第 9代当主。父は田安徳川家第5・8代当主の徳川慶頼(四男)。兄に徳川宗家を継承した徳川家達がいる。幼名は群之助。

明治2(1869)年4月5日、嫡子となる。明治9年11月13日、父慶頼の死去により、家督を相続する。同年11月28日、元服する。明治17年7月7日、伯爵となる。明治22年、ヨーロッパ視察を行う。明治30年7月、貴族院議員となる。大正3(1914)年6月、退任する。


大正4(1915)年3月23日、皇后宮大夫に就任する。大正5年6月22日、退任する。大正11(1922)年3月22日、大正天皇の侍従長に就任する。昭和2(1927)年3月3日、退任する。その他、学習院評議員・日本弘道会長を務める。

十五銀行の倒産以来、経済的に逼迫し、三田の屋敷を売却し、実兄家達の邸宅の別棟に暮らすようになった。なお、家扶の不正も原因の一つであった。

昭和12年頃から徳川義親に家産の整理を相談し、債務の返済には成功したようである。その一環として、昭和13年4月、屏風などの家宝の売りたてを行っている。正二位勲一等。昭和16年(1941年)歿、77歳。

SAGEGROUP歴代の中に徳川家がいるとか(苦笑)

た行は以上。
#SAGEGROUP 歴代な行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.na.htm

長崎 省吾
・(1850~1927)
・前調度頭・正四位・勲三等
・鹿児島県士族の長崎作右衛門の六男として生れる。藩校造士館、昌平黌に学び、後米国に留学しミシガン大学を卒業。

在英日本公使館勤務を命ぜられ、外交官としてロンドンに約 6年在勤。帰国後、直ちに宮内省に入り、式部官、宮内書記官、宮内大臣秘書官、調度頭、閑院宮附別当、宮中顧問官を歴任。その他、日本赤十字社、東京慈恵会、東京女学館の各理事を務めた。

@meets_tak
難波 宗美
・蹴鞠家家元・男爵
2件のリツイート 0 いいね
仏恥義理 ‏@meets_tak 2015年1月4日

二条 基弘
・(1859~1928)
・侯爵・貴族院議員
・日本の華族。宮中顧問官、正二位勲二等公爵となる。九条尚忠の八男で、二条斉敬の養子となる。明治23年9月から大正9年1月まで貴族院議員を務める。二条正麿男爵は義弟。

@meets_tak #SAGEGROUP 歴代は行http://www.sagegroup.jp/rekidai.ha.htm

波多野 敬直
・(1850~1922)
・宮内大臣・男爵
・明治・大正期に活躍した旧小城藩出身の政治家。司法大臣・宮内大臣を歴任する。

正三位勲一等。男爵。丹波の戦国武将である波多野氏の末裔。肥前国小城郡牛津(現在の佐賀県小城市(旧牛津町))の小城藩士の長男として生まれた。小城町長や佐賀市長を努めた野口能毅は実弟。藩校興譲館に学び、その後、熊本の木下塾に学ぶ。


@meets_tak
服部 一三
・兵庫県知事・貴族院議員・従三位・勲一等


@meets_tak
福本 誠
・(1857~1921)
・日本のジャーナリスト、政治家、史論家。福岡藩士福本泰風の長男として福岡に生れる。幼名は巴。藩校修猷館に学び、後に長崎において谷口仲秋に師事し、上京して岡千仭に師事して専ら漢籍を修めた。
1876年、司法省法学校(東京大学法学部の前身)に入学するも、「賄い征伐」事件(寮の料理賄いへ不満を抱き、校長を排斥しようとした事件)で中途退学。

1908年、第10回衆議院議員総選挙に憲政本党から立候補し、衆議院議員に当選。同年、「元禄快挙録」の連載を開始、現在の忠臣蔵のスタイル・評価を確立する。1916年、中央義士会設立・初代幹事長に就任。


穂積 八束
・(1860~1912)
・日本の法学者。愛媛県宇和島市出身。東京帝国大学法科大学長。貴族院議員。日本法律学校(現在の日本大学)の設立に参画。 民法起草者の一人である穂積陳重は兄。


@meets_tak
堀田 正享
・貴族院議員・子爵


#SAGEGROUP 歴代ま行http://www.sagegroup.jp/rekidai.ma.htm

牧野 伸顕
・(1861~1949)
・明治から戦中にかけての政治家。位階勲等は従一位勲一等伯爵。幼名は伸熊。

名はシンケンと通称されることもある。薩摩国鹿児島城下下加治屋町に薩摩藩士・大久保利通と妻・満寿子の二男として生れた。生後間もなく遠い親戚にあたる牧野吉之丞の養子となる。


@meets_tak
松平 頼寿
・(1874~1944)
・明治から昭和にかけての華族(伯爵)。旧高松藩主松平頼聰の8男。第6代貴族院議長を務める。

学習院高等科から大隈重信に傾倒し東京専門学校(現在の早稲田大学)邦語法律科卒業後、1908年に貴族院議員に列して以来、一時中断(1911年-1914年)を挟んで30年以上にわたって議員を務めた。

会派は扶操会→甲寅倶楽部→研究会。また、教育者としても活躍し、本郷学園(本郷中学校・高等学校)を設立。文武両道のエリート教育を目指す。

本郷って副議長に就任し、4年後には議長の近衛文麿の内閣総理大臣就任に伴い、議長に昇格する。在任中に死去し勲一等旭日大綬章に叙せられ貴族院葬が行われた。

@meets_tak
松平 康国
・(1863~1945)
・漢学者。長崎出身。二松学舎、ミシガン大学等に学ぶ。
読売新聞記者を経て明治24年より東京専門学校講師、 史学、漢文を教える。

中国泰山金剛経石刻文字の拓本を図書館長の市島春城に贈り、市島はそれより「名著 大作」の四字を集め図書館に掲げた。


@meets_tak
三浦 梧楼
・(1847~1926)
・日本の武士、軍人、政治家。陸軍中将、子爵。号は観樹。山口県萩市に萩藩士の子として生まれる。

@meets_tak
明倫館で学んだ後、奇兵隊に入隊して第二次長州征伐や戊辰戦争に従軍する。維新後は西南戦争で第三旅団指揮官として従軍。西部監軍部長・陸軍士官学校長、また大山巌と共に欧州の兵制を視察した。

@meets_tak
目賀田 種太郎
・(1853~1926)
・政治家・弁護士・法学者・裁判官・官僚。元貴族院議員。専修大学の創始者の一人である。
男爵。ハーバード法律学校(ハーバード大学)卒業。貴族院議員として活躍。

横浜税関長、大蔵省主税局長、枢密院顧問官などの要職を歴任した。また、韓国財政顧問を務めるなど、韓国通としても有名。東京弁護士会会長も務めた。また、勝海舟の娘・逸子は、目賀田種太郎に嫁ぎ、

その関係から海舟は『律増甲乙之科以正澆俗 礼崇升降之制以極頽風』
(訳「法律は次々に多くの箇条を増加して人情の薄い風俗を矯正し、礼は挙措進退のきまりを尊重して頽廃した風俗を止めるものである」)
という言葉を贈り、常に専修学校学生を激励した実録も有名である。


@meets_tak
#SAGEGROUP 歴代や行
http://www.sagegroup.jp/rekidai.ya.htm

山縣 有朋
・(1838~1922)
・日本の政治家、軍人。幼名は辰之助、通称は小輔、後に狂介と改名。
明治維新後は有朋の諱を称した。晩年は陸軍のみならず政界の黒幕として君臨し、「日本軍閥の祖」の異名をとった。第3代、第9代内閣総理大臣。元老。位階勲等は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵。また、大英帝国のメリット勲章も受章している。


山科 言縄
・(1835~1916)
・宮内省有職・伯爵
・江戸時代末期の公家。正二位伯爵。父は山科言成。明治17年の華族令で、伯爵に任ぜられた。装束などに精通。三男の言長は、分家杉渓家の祖


@meets_tak
山田 孝雄
・(1873~1875)
・国語学者。富山県富山市に山田方雄の二男として生れる。富山県尋常中学校を中退後、独学で小、中学校教員検定試験に合格、小、中学校教員をへて、

1907年(明治40年)文部省国語調査委員会補助委員、1920年日本大学講師、1921年日本大学文学部国語科主任、1925年(大正14年)東北帝国大学講師、1927年(昭和2年)同教授を歴任。1929年には「日本文法論」によって文学博士の学位を授与される。

1933年に退官後、1940年に神宮皇學館大學学長、1941年神祇院参与、同年肇国聖蹟調査委員、1944年に学術研究会会議会員、同年貴族院議員に勅撰、文部省国史編修官、1945年7月には国史編修院長、同年愛宕神社名誉宮司となる。


戦後公職追放された。1949年仙台市に移り、国語辞典の編修に専念、1953年に文化功労者、1957年、文化勲章を受章。また同年には富山市名誉市民にも推薦されている。

(や行は以上、ら行は無し)

渡辺 千秋
・(1843~1921)
・伯爵・宮内大臣
・明治・大正期の官僚・政治家。諏訪郡長地村(現在の長野県岡谷市)に諏訪高島藩士政徳の子として生まれる。楓関と号する。

生家は、長野県岡谷市長地芝宮に旧渡辺家住宅(長野県宝)として保存されている。明治維新後鹿児島県大書記官・北海道庁長官などを歴任。大久保利通の計らいで宮内省に奉職し、内蔵頭・宮内次官の後、1910年4月宮内大臣に就任する。
(SAGEGROUP歴代は以上)


@meets_tak #SAGEGROUP 歴代松平頼寿の補足。以下wiki。
〈松平 賴壽(まつだいら よりなが、明治7年(1874年)12月10日 - 昭和19年(1944年)9月13日)は、明治から昭和にかけての華族(伯爵)。〉


旧高松藩主松平頼聰の八男。母は正妻千代子(井伊直弼次女)。妻は徳川昭武(旧水戸藩主)の娘昭子。第10・11代貴族院議長、第8・10代大東文化学院総長などを歴任した。


学習院高等科から大隈重信に傾倒し、東京専門学校(現・早稲田大学)邦語法律科卒業後、明治41年(1908年)に貴族院議員に列して以来、一時中断(明治44年 - 大正3年、1911年 - 1914年)を挟んで30年以上にわたって議員を務めた。会派は扶桑会→甲寅倶楽部→研究会。


また、教育者としても活動し、本郷学園(本郷中学校・高等学校)を設立、文武両道のエリート教育を目指す。本郷区教育長も務める。

昭和11年(1936年)の日本競馬会発足に際しては初代理事長を務め、日本の競馬発展に寄与した人物でもあった。


昭和8年(1933年)、貴族院の正副議長は公爵・侯爵が就任するという慣例を破って副議長に就任し、4年後には議長の近衛文麿の内閣総理大臣就任に伴い、議長に昇格する。第8・10代大東文化学院総長を務めた。議長在任中に死去し、勲一等旭日大綬章に叙せられ、貴族院葬が行われた。
引用終わり


#SAGEGROUP 歴代、徳川達孝補足。以下ウィキより。

徳川達孝(とくがわ さとたか、慶応元年5月25日(1865年6月18日) - 昭和16年(1941年)2月18日)は、明治期から昭和にかけての宮中官僚・政治家。爵位は伯爵。
田安家第9代当主。田安徳川家第5・8代当主の徳川慶頼の四男。幼名は群之助。後に、徳川宗家を継承した兄の徳川家達から偏諱を与えられ達孝と名乗る。

来歴

兄・家達が徳川宗家を継承したこともあり、明治2年(1869年)4月5日、田安家の次期(第九代)当主候補として嫡子となる。明治9年(1876年)11月13日、父慶頼の死去により、家督を相続する。同年11月28日、元服する。

明治17年(1884年)7月7日、伯爵となる。明治22年(1889年)、ヨーロッパ視察を行う。明治30年(1897年)7月、貴族院議員となり、大正3年(1914年)6月6日に辞職する[1]。


侍従次長となり、皇后宮大夫事務取扱を大正4年(1915年)3月23日から大正5年(1916年)6月22日[2]まで兼務した。大正11年(1922年)3月22日、大正天皇の侍従長に就任し、昭和2年(1927年)3月3日に退任した。その他、学習院評議員・日本弘道会長を務める。

十五銀行の倒産以来、経済的に逼迫し、三田の屋敷を売却し、実兄家達の邸宅の別棟に暮らすようになった。なお、家扶の不正も原因の一つであった。

昭和12年(1937年)頃から徳川義親に家産の整理を相談し、債務の返済には成功したようである。その一環として、昭和13年(1938年)4月、屏風などの家宝の売りたてを行っている。正二位勲一等。昭和16年(1941年)没、77歳。

人物

華族として、主に宮中で活躍。侍従長に就任。謹厳な性格で知られる。 三田(現:東京都港区三田2丁目)の一角に邸宅を構えていたが、次第に野球に熱中。邸宅の広い庭園や築山を壊して泉水を埋め、運動場を造成した(徳川邸運動場)。

野球クラブ(ヘラクロス倶楽部)を組織。この運動場で新橋アスレチック倶楽部と対戦したといわれる。

系譜

・父:徳川慶頼(田安徳川家第五・八代当主)

・兄:徳川寿千代(田安徳川家第六代当主)

・兄:徳川家達(徳川宗家第十六代当主)

・弟:徳川頼倫(紀州徳川家第十五代当主)

・妻:鏡子(公爵徳川慶喜の長女)

・長女:須美子(伯爵溝口直亮夫人)
・次女:穀子(子爵土屋拳直夫人)
・三女:艶子(伯爵立花鑑徳夫人)
・四女:繡子(子爵徳川武定夫人)
・継妻:知子(公爵島津忠義の五女)
・長男:達成(伯爵・海軍技術大佐)
・五女:恵子(子爵大久保寛一夫人)
ウィキの引用は以上。

続いてhttp://www.rekishijin.jp/rekishijincalender/rekishijincalender201402/0218-2/ …より引用。


73年前の今日、大正天皇の侍従長を務めた徳川達孝(さとたか)が亡くなった。77歳。

慶喜の後、徳川宗家16代目の当主となった徳川家達(いえさと)の弟である。

達孝は田安徳川家第5・8代当主の徳川慶頼の四男として慶応元年5月25日(1865年6月18日)に生まれた。

父の慶頼は幕末の要人で、将軍・家茂の後見職を務めほどの人物であり、異母兄に越前藩主・松平慶永(春嶽)がいた。

そうしたなか、達孝の兄・家達が徳川宗家を継承したため、
自身は御三卿・田安家の養子となった。

明治9年には田安家の9代目・当主となる。
明治時代には伯爵や貴族院議員を務め、ヨーロッパ視察などを行なった。
大正11年(1922)大正天皇の侍従長に就任し、昭和2年(1927)まで務めた。

野球に熱中するあまり、宅の広い庭園や築山を壊して泉水を埋め、運動場を造成させるといった一面もある。

現在、孫で田安徳川家・第11代当主の德川宗英(むねふさ)氏は作家として活躍されている。

田安家の墓は寛永寺谷中墓地にある。

(引用終わり)

@meets_tak
秋月左都夫、ボーイスカウトのラインがでてきましたな。

#sagegroup
#大日本皇道立教会

以下、
秋月氏
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E6%9C%88%E6%B0%8F …
より引用。
秋月氏(あきづきし)は、日本の氏族の1つ。

出自

秋月氏の祖は、平安時代に伊予で反乱を起こした藤原純友を討伐した大蔵春実である。この功績により、春実は九州に所領を与えられ、大宰府の官人となって筑前に土着したと言われている。

鎌倉時代
平安時代後期から九州に土着した松浦氏や蒲池氏など他の豪族と同じく秋月氏も平家の家人だったが、源平合戦においては源氏方に与したため、鎌倉幕府の鎮西御家人となった。

しかし源頼朝からの信頼は薄く、頼朝の代官的意志を帯びて、鎮西御家人の抑えを含め守護として赴任してきた新参の少弐氏、島津氏、大友氏など東国御家人の傘下に置かれる。

この平安時代に九州に土着し平家方となっていた武家と、鎌倉幕府の意向を帯びて下ってきた少弐、大友、島津との関係が、その後の九州での勢力構造を形成する。幕府の意向を帯びた少弐、大友、島津は九州の三大名となり、元平家方の武家はその勢力下に置かれることになる。

南北朝時代
南北朝時代においては、九州に敗走してきた足利尊氏を迎え撃った多々良浜の戦いに、菊池氏の傘下で阿蘇氏、蒲池氏などと共に南朝(宮)方として戦い敗れる。

戦国時代

戦国時代に入ると、少弐氏の家臣となったが、少弐氏が大内義隆と争って敗れたため、大内氏の家臣となる。1551年に義隆が家臣の陶晴賢に殺された後は、豊後の大友氏の家臣となった。

しかし1557年、大内氏を滅ぼした毛利氏の勢力が北九州にまで進出してくると、当時の秋月氏の当主・秋月文種は大友氏から離反して毛利氏と手を結び、このため同年7月、文種は大友軍の猛攻に遭って討ち死にし、秋月氏は一時、滅亡してしまった。


豊臣時代

しかし文種の次男・秋月種実は毛利氏のもとに落ち延びて、やがて大友氏の衰退とともに再興を果たした。さらに島津義久と手を結んで大友氏に対して反抗し、一時期は筑前に六郡、筑後に四郡、豊前に一郡と推定36万石にも及ぶという広大な所領を築き上げ、秋月氏の最盛期を現出する。


1587年、豊臣秀吉の九州征伐では島津氏に属して豊臣勢に抵抗したが、もとより豊臣秀吉の敵ではなく、種実は名器・『楢柴肩衝』を献上することで降伏は許されたが、日向国高鍋に移封された。”

CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

大本もエスペラント。
国柱会(宮沢賢治)もエスペラント。
1件の返信 22件のリツイート 8 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
新渡戸稲造もエスペラント。
1件の返信 19件のリツイート 0 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
新渡戸稲造はクエーカーだったっけか。
1件の返信 22件のリツイート 3 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
で郷土会で、新渡戸稲造、柳田國男、牧口常三郎。
1件の返信 21件のリツイート 0 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
創価学会の前身、創価教育学支援会のメンバー。創価大学のページより。
http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/802/1/KJ00005454527.pdf …
2件の返信 42件のリツイート 9 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
引用

政友会総裁 犬養毅
関東庁長官 太田政弘
法学博士・農学博士 新渡戸稲造
前逓信事務次官 古島一雄
前内閣書記官長 ・政友会総務 鳩山一郎
逓信政務次官 中野正剛
前法制局長官・政友会総務 前田米蔵
民政党総務 古屋慶隆

#創価教育学支援会

前文部参与官 安藤正純
前東京市助役 前田多門
大審院判事 三宅正太郎
前貴族院書記官長 柳田國男
衆議院議員 牧野良三
司法大臣 渡辺千冬
前文部大臣・法学博士 水野錬太郎
政友会総務 松野鶴平
男爵 中川良長
貴族院議員 山内一次
#創価教育学支援会

三菱総理事・太平生命取締役 江口定条
前内閣政務次官 ・政友会総務 秋田清
前文部商工大臣 中橋徳五郎
商工大臣 俵孫一
子爵 八条隆正
帝国大学教授 ・医学博士 高木逸磨
工学博士 田中龍夫
改造社長 山本実彦
海軍大将 野間口兼雄
#創価教育学支援会

東京市会議員 岸辺福雄。
この内、田中龍夫と野間口は、白金小学校父兄。
新渡戸、柳田、前田は郷土会員。

以上、引用おわり。
#創価教育学支援会
1件の返信 20件のリツイート 0 いいね
CPL‏ @meets_tak 2014年12月26日

@meets_tak
改めて読んでみると、フリーメイソン鳩山一郎とか玄洋社とつながっていた犬養毅の名前があることに驚く。

これは #開化派 の某 #ネットジャーナリスト 氏が一切触れていない情報でありますっ!(キリッ


STB‏ @RC_StB 2015年6月27日
返信先: @lakudagoyaさん
@lakudagoya 変態保守派の主張がいい加減なのは、道徳観にも現れています 何かにつけて「なぁなぁ」で「適当」な日本人が性に対してはやけに厳しいなんてあり得ませんから。耶蘇教臭いです 江戸時代の笑話や宇治拾遺物語には、性をネタにした、今なら問題になりそうな笑い話も多々ある

ねこた‏ @lakudagoya 2015年6月27日
@RC_StB 神道の家系が性に厳しいというツイートを読んだ事がありましたが、江戸時代に神社で巫女さんが売春やってたのにそれはないだろう?と。平田篤胤の思想にかぶれると、カトリック臭い性観念になるんですね。これってイスラム原理を気取るのに英米にべったりなサウジみたい。。。


ねこた‏ @lakudagoya 2015年6月27日
返信先: @RC_StBさん
@RC_StB 日本が勤勉でなかったという話は、江戸時代末期に日本に訪れた外国人が書いてますね。勤勉にさせられたのは、明治以降の人脈がプロテスタント系に支配されたからでしょう?性欲憎悪があるなら、ちんこを祭る神社があるわけないですね。保守は自分が保守だと名乗る時点で日本的ではない

STB‏ @RC_StB 2015年6月27日
返信先: @lakudagoyaさん
@lakudagoya 明治時代も労働態度はいい加減で勝手に欠勤することもあったそうです 苦役が美徳になるのは、日本特有の手段が目的化しやすい悪癖がこうした流れに必要以上に拍車をかけたとみています 戦前に米国が日本の国内事情を調査したときですら、彼等には奇異に映ったようですからね







ねこた‏ @lakudagoya 2016年4月30日
菊池さんが提唱した「魔法のかわしかた」はどっこいしょ!(六根清浄)だよ。つまり五感から入ってくる情報に気をつけろって事か。 仏教、特に禅宗が神秘体験やイメージなどを排除するにはそこから自由になるためってのもあるのね。 最強なのはFF4のギルバートの「かくれる」コマンドだったのか!

なえなつ‏ @japan19890108 3月29日
ようはねこたさんや菊池さんやねこたさんのような方の知恵を借りなくてもネット上の知識だけでキリスト教が日本の象徴の側にいるそれがどれだけやばいか分かるのよ、なのに誰も触れようともしないこの無責任さに怒りが沸きますよ。 まあ象徴に一番近いのがやそなんだから
やそ>仏教、神道と分かるよね




ドロップアウト人生哲学‏ @dropout_wisdom 1月23日
「日本人は時間をきっちり守るというイメージがあるが、『遅刻の誕生』という本によると、そういった習慣は90年くらい前の大正時代に定着したにすぎなくて、明治時代以前の日本人は時間にルーズでいい加減だったらしい」pha 『ニートの歩き方』

橋本毅彦・栗山茂久編著『遅刻の誕生』
http://blog.goo.ne.jp/a1214/e/19c685fd82cf7fc37df743bd7b188864
1857年から2年間、長崎海軍伝習所に滞在したオランダ人のウィレム・カッテンディーケは、『滞在日記抄』の「日本人の性癖」という一節で「日本人の悠長さといったら呆れるくらいだ」と書いている。

修理のために満潮時に届くよう注文したのに一向に届かない材木、工場に一度顔を出したきり二度と戻ってこない職人、正月の挨拶まわりだけで二日を費やす馬丁など。
カッテンディーケの悩みは幕末から明治初年に日本に到来した外国人技術者にとっての共通の悩みだった。
日本人労働者の勤務ぶりにしばしば業を煮やしたが、その主たる原因は、日本人が時間を守らないこと、まるで時計の時間とは無関係に物事が進行する日本人の仕事ぶりだった。
現在の日本人が当然のこととしている時間厳守の行動様式が、明治初期にはほど遠い状態だった。


『遅刻の誕生 近代日本における時間意識の形成』は、いつごろから、どういう経緯を経て時間規律を身につけるようになったのか、様々な論点から12人の方たちが論じています。

まずは不定時法と定時法について。
定時法とは、時計の進み方に合わせて一日を等分する。
不定時法では、昼間の時間と夜間の時間をそれぞれ等分して時間を計測した。
日の出時を明け六つ、日没を暮れ六つとし、昼と夜をそれぞれ六等分する。
季節によって昼間・夜間の長さが異なるので、一刻の長さも昼と夜とでは違ってくる。
時間の認識は、一刻、すなわち2時間を分割した30分程度がいいところだった。

ヨーロッパの広場の時計が文字盤の針の連続的な動きを見せて、民衆はいつでも時刻を知ることができたのに、日本では日に数回鳴る鐘や太鼓の音によって間欠的に知らされるだけだった。
明治以前の「刻」は、切れ目のはっきりしない、漠然とした幅のある「時間帯」として意識されていた。
だから明治の職人たちは、時計が指す7時に集合するようにと指示されても、ピンと来なかった。

日本では季節による昼夜時間差はそれほど大きくないが、ヨーロッパでは冬至と夏至には昼夜の時間差が10時間にもなるので、自然の昼夜と労働や社会活動の時間を一致させることができなくて、年中同じ時刻を用いる定時法が適していた。

西洋では機械時計が14世紀に登場し、15世紀には定時法が普及した。
18世紀には労働における時間規律が励行されるようになった。
産業革命とともに、機械の指導時間に合わせて、作業者も工場に来て仕事を開始することが強制されるようになり、さぼることや遅刻が厳しく罰せられるようになっていく。
19世紀における鉄道の普及も、定時運行のために時間規律を励行させ、各地の時間を同期させた標準時の制度を誕生させた。

では、いつから日本人は時間規律を身につけるようになったのか。
鉄道、工場、学校、軍隊において時間規律が定着した。

海軍兵器局の工場では、1875(明治8)年、午前7時30分が始業だったが、労働者は6時30分までに工場に到着することを要求されていた。
季節によって変化する一刻単位の時の鐘でしか時間を知ることができない時間感覚になれた労働者に分単位での時間厳守を期待することはできず、定時始業は労働者を待たせるということで解決された。
官の工場では、労働者が官員に迷惑をかけないように待つのが当然とされた。

1883(明治16)年には、起業時間が冬期だけ30分繰り下げられ、朝の待ち時間がなくなった。
汽笛によって時間を知らせるようになった。
しかし、起業時間までに門を通ればいいから、作業開始時間が確定できない。

1886(明治19)年には、7時の入門報鐘と同時に閉門することになったため、7時10分の起業時間に一斉に作業を開始することができた。
このころから、定刻に遅れることはいけない、という認識が生まれたということでしょうか。


一連の変化を通じて言えることは、労働者側の時刻認識の深化である。1875(明治8)年には、せいぜい「6時の鐘を聞いて家を出てくる」程度の時刻認識しか要求していない一方で、6時半から起業30分前の7時までを遅刻許容時間帯として、この間の遅刻者の賃金を減額する。これによって、工場の操業には影響のない形で出勤時刻厳守の教育を行っていたと評せよう。1883(明治16)年には15分前の汽笛を報時手段として工場の時刻体系によって出勤を促すが、15分までの遅刻を想定し、賃金減額で対応する。そして1886(明治19)年には、報時体制は前同様でありながら、門を閉じることで遅刻者を排除する。排除できるということは、それが工場の操業に支障をきたさない程度に少なかったことを意味しよう。明らかに、労働者たちは時刻を守るようになってきたのである。


1888(明治21)年に柱時計の生産が始まり、明治30年代以後はアメリカ製柱時計の輸入はほとんどなくなり、ドイツ製置時計の輸入も明治40年代には激減した。
掛時計・置時計は、1897(明治30)年には全国所帯の3分の1弱が、1907(明治40)年には7割以上の所帯に普及した。
腕時計・懐中時計は、明治末には全国民の1割、成人男子のみでは4人に1人が所有するまで普及した。
時計の普及が時間規律の定着にはたした影響は大きいでしょう。

とはいっても、庶民レベルでは時間規律の定着は遅れたそうで、鉄道は定時に運行されるはずだが、1900(明治33)年前後になっても、従業員の間で10分から20分の遅延は「一向平気」という認識が存在した。

驚いたのが、官員と労働者とでは就業時間の長さが違うということ。
1872(明治5)年、海軍省では夏季は8時から12時までの4時間勤務だった。
1873(明治6)年、海軍造船局は夏季短縮体制はとらないことになったが、それでも勤務時間は9時から15時までの6時間。
6時間は当時の中央官庁や県庁で一般的な勤務時間だった。
9時から17時までの8時間勤務になるのは、1886(明治19)年のことと思われる。

1922(大正11)年の閣令で定められた官公庁の勤務時間の規定。
4月1日から7月20日までは、午前8時から午後4時、
7月21日から8月31日までは、午前8時から正午まで、
9月1日から10月31日までは、午前8時から午後4時まで、
11月1日から3月1日までは、午前9時から午後4時まで。
土曜日は正午までの半ドン。
官庁での夏季の勤務時間短縮は昭和期までおよぶ。
公務員は遊んでいると誤解されているのはこういうところから生じたんでしょうか。

伍堂卓雄は1924(大正13)年の講演会で、よく働く者、中位の者、あまり働かない者の実働時間を調査すると、10時間制の職場において、優良者の平均実働時間は8時間14分、中位者は7時間40分、劣者の平均は6時間24分、もっとも悪かった者は3時間49分だったと披露している。

明治から大正にかけての調査によると、紡績工場での欠勤率は、4月は多くの職工が出勤し、8月が休みが多い。
その差は20~30%にもおよぶ。
工場の長時間労働が、職工が時間の規律を守らない、就業前の身支度に時間がかかる、マイペースで作業をこなす、作業中に雑談をするといった悪循環の関係になっている。

もう一つ、国民の実生活では、西欧化は遅々としていたということ。
明治・大正時代までは、和食・和装・そして日本家屋が生活の基本だった。
昼間、西洋館の中で洋服を着て働いていた役人や会社員も、家庭に帰ると着物に着替えて畳に座って、米のご飯を食べていた。

1900(明治33)年ごろまでは、都会の男子の外出着の一部が洋服になったに過ぎず、1930(昭和5)年ごろにも農村は全部和服で、都会でも洋服が優勢になったのは男と子供の外出着のみで、女は基本的に和服の生活をしていた。


橋本・栗山『遅刻の誕生』
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/chikoku-no-tanjo.html
”「時間規律」は、日本人の民族性によるものではない。
 巻頭の序文には、江戸末期の日本人を描写した外国人の紀行文(カッテンディーケ『滞在日記抄』)が紹介されている。「『日本人の悠長さといったら呆れるくらいだ』という文句」が示され、「修理のために満潮時に届くよう注文したのに一向に届かない材木、工場に一度顔を示したきり二度と戻ってこない職人、正月の挨拶まわりだけで二日を費やす馬丁など」と次々例示されるのだ。

 日本人の時間規律は、近代資本主義の成立とともに、さまざまな葛藤をへて確立されていったものであることが本書からわかる。「要するに、現代人が日常生活を忘れるために時計をもたずにのんびりと休暇を楽しむときと同じような時間に対する感覚を、江戸時代の人間はもっていたと考えられる。その時間感覚が、明治以降の近代的な社会システムの導入によって、抜本的な変更を強いられるようになったわけである」。

 日本は近世において、「不定時法」をとっていた(明治5年まで)。1日を均等分割するという時間表示の方法だが、これだと1日の長さが変わるごとに、その分割された時間の長さが変わっていくことになる。その後、われわれがお馴染みの、時計による一日の等分、「定時法」が始まるのである。

 本書は、農民人口が多数で、昭和のある時点までそちらのほうが多数だった近代日本において、なにが定刻志向に貢献したかをまず吟味する(第1部)。すなわち「鉄道」である。
 当時の列車規則をみると、発車5分前には駅の出入りを禁じたようだから、人々ははじめて「分刻み」の体験をここでするようになる。鉄道労働者にとっては、さらに時間感覚の徹底が求められる。一歩間違えば大事故だ。しかし、この鉄道労働者への規律の徹底も、ずっと乱れが残り、明治の終わり、すなわち日露戦争で輸送量が増大するまで、こうした規律の乱れは残り続ける。いや、それからも依然として、苦労がつづくことがさまざまな事故報告から明らかになる。「依然として規律の弛緩は残存しており……」と本書はのべる。たとえば、日露戦争前までは「1時間以上」の列車遅刻が問題視され、ようやく日露戦争前後に「20分程度」、そのあと「数分程度」の列車遅刻が「許容範囲」とされたのである。
 最終的に規律が確立するといえるのは、1920年代を契機とした「鉄道国有化」によって、鉄道労働者への異常な労働強化=テイラーシステム(「科学的管理法」)の考えが導入されたころである。この背景には第一次世界大戦による輸送量の劇的増大がある。

 第2部は、こうした時間規律がどのように民間労働者のなかに浸透していったかを検証していく。
 なお、そのなかで近代以前の時間感覚をとりあげた「近世の地域社会における時間」はこのテーマとは別に面白く、山口の萩を例にとって、そこでは時間がどのように流れていたかを調べている。ちなみに、地域にだいたい寺の鐘がそろうのは、ようやく17世紀になってからのようである。
 第2部のなかでいちばん面白いのはやはり、編著者になっている橋本毅彦の論文「蒲鉾から羊羹へ――科学的管理法導入と日本人の時間規律」であろう。
 ここでは、農村出身の労働者たちに、どうやって時間規律を教えていくかをのべているが、はじめは、「お上意識」によって、労働者をめちゃくちゃ早出させる方式がとられていた。夜明け前、平気で1~2時間工場の前で待たせるし、労働者も待っていたのである。
 しかし、当時のある研究者によって提唱された解決策は“早くても遅くてもダメ。時間通りに来ることが大事”という思想であった。「時間通り」。考えてみると、これは近代人だからこそできる発想である。イギリスでは労働者の家を毎朝たたいてまわる「戸叩き」という役目の人間がいたそうだ。そう思えば、「目覚まし時計」というのは、近代資本主義にとっていかに偉大な発明かということもわかる。
 テイラーシステムの紹介とともに、「遅刻は病気」という、ぼくにとってもまことに不幸な概念が歴史に登場する。「元来、遅刻なるものは、……一の病気である」(池田藤四郎『無益の手数を省く秘訣』)。
 大正時代になって、「生活改善運動」が登場し、「時の記念日」が生まれる。生活改善同盟会などという団体ができて、時間についての展覧会(欧米と日本女性の時間の使い方の合理・浪費の比較など)をやったり、街頭でビラをまいたり、正しい時刻にあわせてもらう運動などをしたという。
 まあ、なんと涙ぐましい努力ではないか。
 このように無数の努力によって、国民のなかに時間規律が浸透していくのである。あーれー。
 (しかし、大正8年のアンケート調査でさえも、「好ましい製品の利点」として「時間の節約」は男女ともに下位に位置しているのには笑える)

 本題である民間企業のなかでの時間規律、時間意識の形成は、そのまま労働管理の歴史である。マルクス流にいえば、「労働の実質的包摂」の過程であろう。
 本書の面白さは、その実例史料の生々しさである。1925年のある生命保険会社の取締役の「嘆き節」が掲載されている。ことに、ホワイトカラー層の時間規律の確立に苦しんだようである。
「近来一般社員の勤務振りは、朝出勤すると先づ同僚と雑談する、喫煙する、小便に行く、面会人がある。又ブラブラ散歩する、と云うような風で一向に能率とは没交渉であるようだ」。

 …
 この橋本論文の最後は、戦前、テイラーの科学的管理法の日本における権威の一人であった、上野陽一を紹介する。上野は、テイラーと同じように、労働者にとってよかれと思って、科学的管理法を提唱する。“ムリ、ムダ、ムラなくやれば、逆に時間が浮く。こうやれば1日3時間くらいの必要労働時間になる”と唱え、『計画経済と管理法』という、一種の社会主義めいた本まで著している。
 テイラーシステムの真髄は、労働過程を分解し、その一作業工程をこなす「標準時間」を設定することである。それ以上に早くても遅くてもいけない。なるほど“ムリ・ムダ・ムラ”のないという上野の議論に帰着する。
 テイラーも上野も「労働者によかれ」と思って、この合理化運動をすすめる。
 しかし、彼らは、マルクスを知っていれば、このような誤りは犯さなかったはずだ。「地獄への道は善意で敷き詰められている」(ダンテ)。

「機械設備が、労働の生産性を高めるための、すなわち商品の生産に必要な労働時間を短縮するための、もっとも強力な手段であるとすれば、資本の担い手としての機械設備は、それが直接的にとらえる諸産業では、まず第一に、労働日をあらゆる自然的制限を超えて延長するもっとも強力な手段になる」(マルクス『資本論』)

 テイラーシステムによる労働過程の分解と「合理化」は、機械による「合理化」と同じように作用する。あくなき剰余労働の搾取を自己目的とする資本は、「労働者の全生活時間を労働時間に転化させようとする」(マルクス)からだ。

 だから、テイラーシステムにおいて、「標準的な時間」を設定しようとするときに、ごまかしが生まれる。最速の労働者にできるだけあわせようとするからだ。そのことは、どんどん速くされるトヨタの標準労働をみれば一目瞭然である。

「テイラーは、彼の労働基準が過度の緊張をともなわずに発揮される人間能力を越えるものではないかのようにみせかけることを好んだが、しかし彼自身が明らかにしたように、このみせかけは、彼の作業のそれぞれについて並はずれた体力をもつ人を選ぶという条件で維持されうるものであった」(ブレイヴァマン『労働と独占資本』)

 じじつ、戦前日本ではどうなったか。上野の提唱とは逆になっていくのだ。
 「現実の社会は、上野が思い描く理想社会へは向かわず、戦争準備へ向けて各種物資の生産を極大化すべく、生産体制の効率化、合理化がすすめられていく。ムダとムラはなくすが、ムリは増加の一途をたどることになる」。


 第3部は、家庭、すなわち主婦や子どもに、どのように時間規律が浸透していくかを検証している。
 主婦では、『婦人之友』を創刊した羽仁もと子の家事労働の時間割運動を紹介する。家庭における「科学的管理法」である。
 子どもでは、学校などを中心として時間規律の成立をみる。ここでも1920年代まではかなり時間意識のなさが問題になっていたようである(マメ知識であるが、公立小学校の壁に時計がすえつけられたのは戦後、60年代中葉以降らしい)。
 子どもの問題をあつかった西本郁子の論文の最後は、子どもの読み物『冒険ダン吉』である。
 ダン吉が「未開の土人」を教化していくというストーリーであるが、ダン吉は現地人と同じかっこうをしているが、唯一ちがうのは、腕に時計をはめていることである。「時間を制するものは他人を制す。ダン吉が肌から離すことのない腕時計こそ、支配者の象徴である」「時計そして時間厳守の態度は、いわば文明そのものであった」。

 西本の考察が興味深い。「因みに漫画では、ダン吉が現地で最初に導入した近代的な制度は軍隊であった。次いで上述の小学校、鉄道、診療所と続く。それはまさに、明治政府のもと日本が体験した『近代化』の過程そのものであり、漫画はその体験を植民地において再現したことになる」。

 第10章、内田星美「明治時代における時計の普及」は、近代の時間設定について、基礎知識を得ることができるので、予備知識のない人は、全編のなかでもここから読んだ方がいい。
 この論文は、時計の普及の推算をしているのがたいへん貴重である。
 じっさい、時間規律の国民規模での浸透は、時計の普及なくしてありえない。
 内田の推算によれば、明治10年で「クロック」の保有は世帯数で3.2%、それが明治40年には72.3%とほぼ行き渡るのである。

 1~4部と時間規律意識の歴史的形成をつぶさに検証してきた。それを読むことで、ぼくらは時間規律というものの「歴史性」に思いを馳せることができる。
 うちの両親などは、「時間を守れないものは人間のクズ」という具合に、問題を「人間一般」にとって自然的現実であるというふうに、抽象的に設定しようとする。
 だが、時間規律とは実は、近代資本主義の成立、とりわけ機械制工業の成立によって歴史的に形成されてきた観念にほかならない。


 …
 我が家に限らず、わが実家の農村では、専業農家であるにもかかわらず、実にきっかりと昼飯と夕御飯の時間が決まっている。とくに昼飯時間は驚くほど厳格である。夕御飯も、だいたい6~7時くらいに統一されている。サラリーマン世帯など問題ではないほどの厳格さだ。
 いったい、この規律は何に由来するものかをずっと不思議に思っていた。

 最終、第5部のなかの荒井良雄「農村の時間と空間 時間地理学的考察」はこの疑問についに答えてくれるものであった。
 荒井は、岐阜県の飛騨地方のある農村でフィールドワークをおこない、時間ごとの行動パターンをしらべた。「専業農家の夫たちが昼食を取るために一斉に帰宅する」「専業農家の時間の使い方が、意外に画一的」「時々の作業の案配に応じて、食事をとる時間がばらついてもよさそうなものであるが、実際には、そうではないらしい」「専業農家の場合、夕食時刻は午後七時台前半の比較的狭い時間帯に集中しており、仕事終了時刻との相関はほとんど見られない」。

 荒井は、その原因の一つを、「テレビ放送」の朝昼晩の「ゴールデンアワー」の設定にもとめる。「国民の多くが視聴する、いわゆる『ゴールデンアワー』という言葉は、放送が全国津々浦々に同一の時間規律を普及させる社会装置であったことを象徴している」「放送は、定時法と標準時を象徴する最たるものだから、放送によって同期化された食事が、定時法の上でわかりやすい時刻に集中するのも当然である」。

 この結論に多くの反論もあろうかと思うし、ぼくも今一つ納得がいかないこともあるが、少なくともそれが一因であったことは否定できない。

 荒井は、農村の時間の奇妙さを次のようにのべる。すなわち、仕事は天象に左右される「不定時法」の様相を帯びるが、食事だけはきっちりと定刻どおりに食べる。
 「専業農家には、社会的な仕事時間のタクトが直接、行動を制約するという作用が働きにくく、ある程度、時間を自由に裁量できる。であるがゆえに、社会の画一的なタクトに合わせるという選択がなされるのではあるまいか」。

 さて、最終章は、「時は金なり」という格言を入り口に時間意識の考察をおこなう。


 これは18世紀のアメリカの初期政治家の一人、ベンジャミン・フランクリンの言葉(『若き職人への忠告』)らしいのだが、これをゾンバルトやウェーバーが紹介しているのだ。
 マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の岩波文庫の訳(大塚久雄)では「時間は貨幣である」という訳になっていて、「信用は貨幣である」「貨幣は繁殖し子を生むものだ」
という3つの戒訓とセット
になっている。

 すなわち、「時は金なり」は、実は貨幣論、もっといえば利子論であり、利子の強迫によって成立する概念だということだったのである。遅刻概念は、機械制大工業の成立による、というのが定説であるが、この巻末論文は、貨幣論とのからみをわすれてはいけない、というのである。
 フランクリンの時代に、まさに、紙幣や株券など信用貨幣が発明され、利子という現象が経済の前面に登場する。栗山は、「フランクリンが、なぞの鍵としてなによりも注目したのは、時間の経過がそのままお金になる利子現象であった。……『時は金なり』のわかりにくさは究極的に利子のわかりにくさにある」と結論する。


 なお、この栗山の説をあるMLで紹介したところ、異論が出た。
 栗山はこうした駁論を見越すように、ギリシア時代からすでに似たような言葉はあることを指摘して、そのうえで、フランクリンの言葉とのニュアンスの違いをくわしくたどっている。すなわち、時間の不可逆性からくる絶対的な価値をしめしたのが昔からある格言のニュアンスで、フランクリンにおいては時間と金の等価性が強調されている、と。

 栗山はゲゼルやフィシャー、ケインズなど「利子の有害を憂える」碩学たちの名前をあげるが、マルクスはそこにはない。マルクスは、資本主義的生産様式においては利子生み資本という姿が、その経済のもっとも「高度」な現象、つまり、資本主義の基礎からずっと離れてたちのぼってくる、最終的でもっとも表面的な現象であることを指摘した(あくまで、資本主義の話ね。利子現象は昔からありましたYO)。利子の根絶や貨幣をいじることは対処療法であって、問題の解決のためには、その生産様式の根底の変革にせまらねばならない、というのがマルクスのプルードン批判であった。
 資本主義の変革とともに、「時は金なり」というさいの「負」の意識の側面は、最終的に解決されるだろう。

 先に紹介した農村のフィールドワークをした荒井論文では、冒頭にこうのべている。
 「『近代』の人々の『時間』のあり方が、産業革命以降の大工場生産様式に端を発していることは、よく知られている。たとえば、アメリカの地理学者プレッドは、一九世紀中葉のアメリカ都市を例として、それまで卓越していた家庭内での職人的な生産様式が、大規模な工場に多数の労働者を集めて大量生産を行う生産様式に取って代わられるにつれて、それまで個人や家庭の意志に委ねられていた時間の流れが、工場の時間のタクトに従った『時間規律』の下に再編成されていく過程を描いている。……多数の労働者が関わる生産過程を混乱なく成り立たせるために、個々人や個々の家庭の事情は斟酌されず、規則的かつ画一的な時間割を正確に守ることこそが価値と見なされるようになる」。”

http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/kenkyu/02f1/pre/tikoku-kimura.htm
”ヌアー族の牛時間、潮時計、アンダマン島民の花ごよみ

・有限の射程を越えない(生態的な時間)→未来を表現する言葉はない     

数字的な時間が存在しない、「時間」という言葉がない、具象化された時間概念がない


・人々をつなぐメディアとしての時間

貨幣がそうであることとおなじに、「交通的分業」のシステムを可能にする媒体

・グローバリゼーションによる他者接触の結果として時間観念ができる



・ナショナリズムの成立には近代的時間観念が不可欠

「ここでの出来事があそこでの出来事と同時に存在している」

・出版資本主義の発達によって、同時性が構築される。

大量生産/消費される新聞が同時性を構築する

・一世一元の制、太陰太陽暦→太陽暦、日本標準時の設定、祝祭日の設定

巡幸型ページェント→帝都型ページェント、大正大礼の万歳

4、何が時を伝えたか 技術の発達と時間

・交通/通信技術の発達によって近代的時間観念は創られる

・鉄道の普及が近代的時間観念を創る

定時運行・時刻表が時間観念を創る、速度に優劣の尺度が発生する。

・交通システムが複雑化するには厳密な時刻の制定が必要

・時計の普及が時間観念を浸透させる、輸入→国産

5、時の啓蒙活動(ディシィプリンによる支配)

・なかなか時間規律は浸透しなかった(旧暦で生活する民衆)

・学校教育における時間観念の啓蒙

週休制導入、太陽暦に基づく年中行事、時間割の設定、個人教授→一斉授業

・工場における時間規律の励行(自己管理能力の要請)

賃金体系の変化、遅刻は制裁・減給、労働時間と休日の設定、科学的管理法の導入

・軍隊における時間規律

標準時がないと軍事作戦上不利、厳格な時間規律がないと軍隊はまとまらない

「生活の合理化」→「国民総動員」、「国民精神総動員は”時”の尊重から」

6、時間を征すものと支配されるもの

・時間をめぐるヒエラルキー(役人/庶民、資本家/労働者、宗主国/植民地、文明/非文明)

身分差を利用し時間を調節、「文明人ほど時間観念が進んでいる」

・時間を共有する地域の拡大=植民地化

植民地に暦を強制、大東亜暦の模索

結び

・ナショナリズムの成立には近代的時間観念が欠かせない

・グローバリズムによる他者接触の結果として近代的時間観念ができる

・交通/通信技術の発達によって近代的時間観念は創られる

・システムの精緻化は厳密な時間制度を必要とする

・なかなか時間規律は浸透しなかった→啓蒙と自己管理

・植民地化、文明化、国民化される過程で均質な近代的時間を強制した



(1) 一日を刻む時計は、牛時計であり、牧畜作業の一巡である。・・・・・。そのうちわかりやすいのは、牛舎から家畜囲いへ牛をつれ出す時間、搾乳の時間、成牛を牧草地へつれていく時間、山羊や羊の搾乳の時間、山羊、羊、子牛を牧草地へつれていく時間、牛舎や家畜囲いの掃除の時間、山羊、羊、子牛をキャンプにつれ戻す時間、成牛の戻る時間、夕方の搾乳、牛舎に家畜を入れる時間、等である。ヌアー族が出来事を対置させるとき、彼らが一般に用いるのは・・・・・こうした諸活動の区切りとなる時点である。だから、ヌアー族は、「乳しぼりの時間に帰ってくるだろう」とか、「子牛たちが戻ってくる頃、出発するつもりだ」という表現をする。(Evans-Pritchard 『ヌアー族』岩波書店1978、p162)


(5)寺子屋時代の畳をあげて板敷きとし、腰掛けで、読み書き算盤を習ふといふ仕組にはなつて居たが、教育内容は、依然として、寺子屋を一歩も出て居なかつたと言つてよい・・・・・そら病の人だとなると、生徒をそのまま放り出して、薬籠下げて出かけて仕舞ふ。放課時間になつても帰つて来ない、生徒は、勝手に騒ぐだけ騒いで、銘々勝手に帰つてしまふといふこともあつた。(唐沢富太郎『教師の歴史』創文社1955、p18)

登るはだんだん重い役に取り立てられましたが、日日のしごとのじこくをさだめておいて、毎日その通りおこなひました。このやうにきりつただしくしましたので、ゑも大そう上手になり、がくもんもすすんで、のちにはえらい人になりました。(国定第Ⅱ期『尋常小学校修身書 第三巻』「第六 きりつ」)

皇軍の赫々たる戦果の陰に正確な時間がいかに重要であるかを痛切に感じ次代を背負ふ第二国民に”時間の観念”を徹底させたいと再起不能を早くも悟つた同勇士は○○陸軍病院のベットから郷里の神谷時計店を通じて母校である関第二国民学校へ柱時計一個を寄贈する旨を申出た」(昭和16年(1941年)6月10日付『朝日新聞岐阜版』)

 ・・・全国を挙げての大戦争をしているのに地方にはいまだ「京都時間」とか「舞鶴時間」とかいふものがあつて30分間くらい会合に遅れることは何でもないと聞いている、もし全国民がかうした時の浪費をやつてをるとすれば一人一日十分間としても一億国民の損失といふものは大したものだ、自分は再び繰り返していふ、海軍の五分前精神を是非全国民の精神として貰ひたい、少なくとも全国の大学校、高等、中等、国民各学校ではこの五分前を励行して将来国を背負うて立つ者に時の観念をしつかり植付けて貰ひたい、これが聖戦完遂の第一歩だと痛感する。(「全国民”五分前精神”で大戦果も時の厳守から」田中舞鶴海兵団長の談話。昭和18年(1943年)6月11日付『大阪毎日新聞』)

(6)電気工学者八木秀次は東北帝国大学で電気通信の研究を本格的に手がけ、その過程でいわゆる「八木アンテナ」を発明し、戦時中は技術院の総裁にもなった人物であった。その人物が講演のために地方を訪れた際、応接室に通されてしばらく講演時刻まで待つことになった。定刻通りに講演を始めようとすると、担当者が八木を引き留めた。「この地方では、知事、市長などえらい人は三十分以上一時間遅れて行かねばだめなヤツといわれる。時間通りに行けば、けいべつされる」というのである。そう聞かされた八木は憤慨し、時間通りに講演をすますと、「えらくない」列車に乗りさっさと帰ったという。(橋本毅彦「蒲鉾から羊羹へ――科学的管理法導入と日本人の時間規律」『遅刻の誕生』所収、p153)cf.(八木秀次『技術人夜話』河合書房、1953年、p209)

 其地方の工場において始業終業の時刻は予め工場の規則を以ってこれを定めたるが故に、この規定以上に労働時間を延長せんとするときは時計の針を後戻りせしむることしばしばこれあり、この場合においてもし一工場にて汽笛を以って終業時刻を正当に報ずることをせば、他の工場にある所の工女もまたこれによって終業時刻の己に至れることを知るが故に、臨時各工場主申し合わせの上、汽笛を用いざることあれりという。((農商務省商工局工務課工場調査掛『職工事情』1903年)、復刻版、岩波書店、1998年、上巻p23)

午前九時ヲ期シ「国民奉祝ノ瞬間」ヲ設定シ、式ニ参列セザル者ハ夫夫ノ場所ニ於テ全国一斉ニ宮城遥拝ヲ行フコト、此ノ為同時刻ニハラヂオ、汽笛、サイレン、鐘等ニ依リ周知方法ヲ講ズルコト(『総督府官報』第3239号、1937年)”

Esoterica‏ @Esoterica_GIKO 2月20日
http://booklog.jp/item/1/4883030830 … 第1章辺りは、日本人は時間を守る民族、勤勉で働き者という神話を明治期のお雇い外国人たちの発言、幕末の日本の記録などから崩しまくり、読んでとてもおもしろい。江戸時代、勤勉に働かせられていたのはあくまで農民であって、#職人 たちは午前中しか働かなかったり、#明治期に来日した #オランダ人 たちが困ったのは日本人労働者が時間にルーズ過ぎることだった。近代教育制度の裏の目的は、よい工場労働者を育成するため、命令に従順であり、時間を守り、反復作業を嫌がらなくすることであると言われるが、
現在の日本人の国民性と言われるものの多くが、単に明治期に #西洋人 たちの協力で導入された近代義務教育によるものだったことがわかる。第2章ぐらいから、だんだん専門的な内容になっていき、読み通すのはかなりきつくなってくる。

職人たちは午前中しか働かなかったり、明治に来日したオランダ人たちが困ったのは日本人労働者が時間にルーズ過ぎることだった。近代教育制度の裏の目的は、よい工場労働者を育成するため、命令に従順であり、時間を守り、#遅刻 #労働 #明治 #オランダ人 #近代教育 #工場労働 #江戸時代

反復作業を嫌がらなくすることであると言われるが、現在の日本人の国民性と言われるものの多くが、単に明治期に西洋人たちの協力で導入された近代義務教育によるものだったことがわかる。第2章ぐらいから専門的な内容で読み通すのはきつい
#遅刻の誕生 #橋本毅彦 #栗山茂久 #国民性

ぐだトマト‏ @pteras14
機械式高級時計が「生命体」ねぇ……

機械式時計はキリスト教神学を勉強
しないとなぜこれが過大評価されてる
のか理解出来ないと思うよ。
0件の返信 8件のリツイート 5 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
IT速報‏ @itsoku2ch 8時間8時間前

IT速報 : 【悲報】高級腕時計の適正価格とは。マンガが一コマが痛烈すぎると話題に
0件の返信 16件のリツイート 24 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 6時間6時間前

あった!これこれ。

ドーキンスの「盲目の時計職人」
これがが書かれたキッカケとなった
ウィリアム・ペイリーって神学者
の著作が重要ね。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B2%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%99%82%E8%A8%88%E8%81%B7%E4%BA%BA …
“『盲目の時計職人』(もうもくのとけいしょくにん、The Blind Watchmaker)は1986年に出版されたリチャード・ドーキンスの著作。自然選択による生物進化の解説と、反対論の論破を行う啓蒙書。 また、同じく遺伝子中心視点 (Gene-centered view of evolution) に関する著作『利己的な遺伝子』に対する批判への論駁も行っている。
タイトルの『盲目の時計職人』は、18世紀のイギリスの神学者ウィリアム・ペイリーが『自然神学』において記した「時計職人のアナロジー」に帰している。ペイリーはダーウィンが『種の起源』を発表するより半世紀以上も前に、ある時計の存在が、その時計を作り出した職人が存在するという信念を肯定するのと同様に、生物もまた、その複雑性から生命の作り手(神)の存在を肯定すると提案した。これを受けドーキンスは、人間によるデザインと自然選択作用がもたらす設計能力とを対比させ、自然淘汰などの進化の作用は「盲目の時計職人」のようなものだと述べている。[2]

ランダムな進化と人間の選択による自然淘汰によって多様に変化する「バイオモルフ」の一例
自然選択が生物の複雑な適応性を生み出すことを説明するため、ドーキンスはまず、純粋に無作為な発展による複雑性と、蓄積選択(累積淘汰)と組み合わさった無作為がもたらす複雑性の差異を、イタチ・プログラム (Weasel program) [3]の例を用いて明示する。
1. ^ 『ブラインド・ウォッチメイカー—自然淘汰は偶然か?』早川書房, 1993
2. ^ リチャード・ドーキンス 『盲目の時計職人』 中島康裕他訳、早川書房、2004年(原著1986年)、pp.24-25。ISBN 978-4152085573。「ダーウィンが発見し今や周知の自然淘汰は、盲目の、意識をもたない自動的過程であり、何の目的も持っていないのだ。(中略)もし自然淘汰が自然界の時計職人の役割を演じていると言ってよいのなら、それは盲目の時計職人なのだ。」
3. ^ 『ハムレット』の一節 "METHINKS IT IS LIKE A WEASEL" を、完全にランダムな28文字の文から「突然変異」と累積選択のシミュレートによって導くプログラム。


ちょっと説明が物足りないけど、
ネット情報ならこの辺りが分かりやすい
かな?
http://museum.seiko.co.jp/knowledge/relation/relation_03/index.html
”キリスト教の浸透と時計
鐘時計
中世ヨーロッパは長い争乱の時代であったこともあり、救世主が待望されてキリスト教がヨーロッパ全土に浸透していきます。各地に教会や修道院が出来て、朝昼夜の1日3回、あるいは3時間おきごとに、手で突いて鐘を鳴らす習慣も始まりました。
時刻ごとに祈祷時間や労働、読書などが厳格に決められていた修道院では、そういった宗教行事の戒律・作法を修道僧にきっちりと守らせる必要がありました。号令をかける時刻を知らせるために、クルプシドラ(水時計)や、日時計、砂時計、目盛りのついたろうそく時計などを広く使用して時間を測り、15分や30分単位で鐘や呼鈴を鳴らしていたようですが、手間がかかるので、時間がくれば自動的に鐘のなる時計への要望が高まっていきます。

最初の機械式塔時計の誕生
市庁舎の塔時計
そして、ルネッサンス期の1300年頃に、機械で自動的に鐘の時打ちが可能な世界で初めての機械式の時計が、修道院や教会の塔の上に出来たといわれています。
時計と鐘の動力に錘を使用していたので、錘がすぐに下に落ちて歯車が止まらないように、高い塔の上に時計を設置して、錘の歯車に調速脱進機構をつくって、ゆっくりと錘のついた歯車を一定の速さで回していたのです。
当時の時計の最大の役割は、このように宗教活動のために修道士に定期的に時間を知らせる事でしたが、塔の上から大きな鐘の音が辺りに響きわたったことで、修道院での時刻がその周りに住んでいる人たちにとっての公共の時刻となり、やがて社会全体の時刻に変わっていきます。
ちなみに、機械式時計のことを「クロック」というのは、ラテン語で鐘をCloccaというところからきています。
時計の種類と機構:機械式時計
不定時法から定時法へ
1時間に1回、定時に規則正しく時刻の数だけ鐘をならす機械式塔時計は、キリスト教会の主導によって、イタリアからアルプスを越えて、14世紀に、ドイツ、フランス、イギリス等に広がり、その後、ヨーロッパ全土の都市の教会・修道院に広がったといわれています。15~16世紀になって、市庁舎や市場などの公共広場にも公共用時計として機械式塔時計が設置されるようになると、都市の市民たちは、定時法に沿った時間で秩序ある生活を営むようになります。
16世紀後半になると時計の精度も改善して、ある程度正確に時を打つ機械式時計が各都市に普及し、都市で生活をする市民の時間に対する意識も変わり、行動範囲も広がっていきます。それによって、ヨーロッパでは不定時法から定時法への大転換が起こるのです。

これは、中世後半には、農村ではまだ自然のリズムに従って、季節によっても場所によっても時間の長さの違う自然な生活をしていた一方で、都市では人工の機械式時計が刻む、年中一定の時間をもとに生活をし始めたことを意味します。
時間意識の革命
もともと、キリスト教における時間とは神が支配するものなので、時間を売って利益(利子)を得る行為は神を冒涜するというのが教会側の立場でしたが、機械式時計で定時法による生活が始まると、都市の商人・職人たちの間には、商工業生産と労働時間との間に価値の概念が生まれ、教会勢力との対立が生まれたのです。
つまり、商品の価値は、人間の能力とその生産に費やされる時間によって決定されるので、時間は神から離れた客観的なものであり、定時法をもとに組織的・計画的に時間を利用して利益追求をしていくことが正当化される、という時間労働に関する市民共同体の大きな意識の変化、一大革命が起こったのです。
こうして機械式時計は、自由都市を支配する商人達の社会政治的な支配の道具となり、時間は、彼らにとって正確に計られなければならない貨幣となって、やがてそれが近代資本主義に転化されていきます。

初期資本主義の成立
エリザベス1世
エリザベス1世治世下のイギリスで1563年に早くも、全国的な労働者の時間当たりの賃金規定を定めた「徒弟法」が出来ます。
こうした動きによって、時間は、共同体のものから個人のものとなりますが、当時まだまだ高価で貴重な時計を所有できたのは、裕福な王侯貴族・ブルジョワだけでしたから、16世紀後半頃から、時計の所有者・時間の管理者であるブルジョワが、時間=賃金の決定権を持つことで資本主義が成立していきます。
懐中時計の普及が、富裕なブルジョアの家庭から中産階級の家庭に広がるのは、時計の大量生産が始まる18世紀後半に入ってからであり、それまでは、ブルジョワが、時間をごまかしたりしながら、労働者に長時間労働を強いて、時間を支配していました。
資本主義とは、生産手段を持つ資本家が、生産手段を持たない賃金労働者を使用して利潤を追求する社会システムですが、そこには時計による時間の管理が重要な役割を果たしていたのです。

参考文献
• 「時計のはなし」平井澄夫 朝日新聞出版
• 「時計の社会史」角山 栄 中公新書
• 「時計」    山口隆二 岩波新書
• 「時計の話」  上野益男 早川書房“


野原燐‏ @noharra 3月12日
.@noharra 偽書とは何か、と問うと正典(カノン)でないもの、ということになるか。
日本では日本書紀、次いで宣長によって古事記がカノンになった。古事記も14世紀以降の写本しかなく偽書説はある。
神道五部書、13世紀末に度会行忠らが作成、は偽書か。
1件の返信 2件のリツイート 1 いいね
たかやましんいち‏ @shinichi_taka 2月25日
渡邉「現存する最古の日本書紀の写本は「佐佐木本」や「田中本」と呼ばれる9世紀に書かれたもの。古事記より伝存数が多い。写本には「古本系統」と「卜部系統」がある。1599年に最初の印刷本が発行された。神話は巻一巻二が中心でこの巻は「神代巻」と呼ばれる。出雲神話については記載がない。」

石部統久さんと他1人さんがフォロー
OokuboTact(中二病)‏ @OokuboTact 1月5日
『古事記』で一番古い写本は室町時代らしい。『日本書紀』と比べるとかなり新しい時代に作られた写本しか残っていないということになる

2位‏ @saitounii 18 時間18 時間前
これ海外の刑事ドラマでも事件の証拠のスマホが水没したけどSIMカード?を米粒に埋めて復活させてたな。
捜査官が海外のスーパーで買ってきたのかなって想像してちょっと笑った

我が国最初の歴史書『古事記』は偽書か?
http://www.bell.jp/pancho/k_diary-6/2012_06_28.htm
” 『古事記』は、なにかと話題の多い歴史書である。『古事記』の「序」によれば、天武天皇は帝紀(帝皇日継)と本辞(先代旧事)の削偽定実(偽りを削除し事実を定める)を痛感され、当時28歳だった舎人の稗田阿礼に削偽定実した帝紀と本辞を誦み習わせた。ところが、朱鳥元年(686)に天武天皇が崩御し、その修史事業が中断してしまった。

太安萬侶の墓
■ そのことを惜しんだ元明天皇は、和銅4年(711)9月に、太安萬侶に命じて稗田阿礼が誦習していた帝紀と本辞を書き記し編纂させた。翌和銅5年(712)正月28日、安萬侶は上・中・下の3巻にまとめて完成した『古事記』を元明天皇に献上したという。だが、天皇の勅命で実施された史書編纂作業だったにもかかわらず、奈良時代の正史『続日本紀』には一言も触れられていない。

■ そればかりか、南北朝時代の1371年から72年にかけて真福寺(宝生院の前身)の第二世信瑜の命で、秘蔵されていた『古事記』を僧・賢瑜に書写させた真福寺本古事記三帖が発見されるまで、『古事記』の存在そのものが一般には知られていなかったようだ

本居宣長44歳の自画像
本居宣長44歳の自画像
■ 今でこそ、日本神話の原点と言えば誰もが『古事記』の名をあげるだろうが、それは江戸時代の国学者・本居宣長の功績によるものだ。宣長が『古事記伝』に着手したのが明和元年(1764)、全巻を完成したのが寛政10年(1798)、実に34年をかけた労作である。それまでは、日本神話と言えば『日本書紀』に記されたものを指した。奈良時代、平安時代の古文献にも『古事記』の存在を証明するような記述は一切見つかっていないという。そのため、『古事記』が偽書であるとする説は古くからある。

■ 筆者には『古事記』が偽書かどうかを云々する知識も能力もないが、以前からいくつか疑問に感じていることがある。まず、『古事記』も『日本書紀』も、天武10年(681)3月に発せられた天武天皇の史書編纂への強い意志を契機として成立したと伝えられている。しかし、なぜ似たような内容の歴史書を同じ時代に2つも編纂する必要があったのか分からない。

■ 次に、『古事記』の神話では出雲神話が大きなウエイトを占めているが、『日本書紀』ではそのほとんどが割愛されているのは何故か。伝承されてきた帝紀や本辞の内容の削偽定実を史書編纂の目的としため、何かの判断で出雲神話部分を大幅に削除したのだろうか。そうであれば、その判断基準は何だったのか。


■ 一方、『古事記』では神話がすっきりとまとまった物語として記述されている。だが『日本書紀』では、本文の後に注の形で「一書に曰く」として多くの異伝を書き留めていて、まことに読みづらい。まるで異伝のオンパレードだ。削偽定実とはこうした異伝の中から正しいものを選び出して正史として確定させるはずではなかったのか。『古事記』ではそれがなされているのに、『古事記』より遅れて成立した『日本書紀』では何故か削偽定実がなされていない。中国では、清の時代になるまで本文中に異説を併記した歴史書などないそうだ。

■ 特別展示では、真福寺本古事記3帖のうち南北朝時代の応安4年(1371)に写された中巻が展示されていた。『古事記』撰上から実に659年後に書写されたものだが、現存する写本のなかでは最も古い。この写本は愛知県名古屋市中区大須にある真言宗智山派の別格本山大須観宝生院の所蔵品である。見開きでA4版かそれより幾分小さい古紙にびっしりと書き込まれている。

■ 古事記上巻は三重県の神宮文庫所蔵の春瑜本と大須観宝生院の所蔵の古事記上巻抄も、あわせて展示されていた。前者は室町時代の応永33年(1426)の写本、後者は14世紀の鎌倉時代の写本で、いずれも国の重要文化財である。 ”

魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi
古事記何て典型的な偽典でしょ
真典であるならば、平安以前から注釈本がある筈で聖書だって古いやつはグノーシス文献でしょ
多分、契沖辺りが平安貴族に頼まれて合作した偽書かその師匠あたりが書いたものだろうね
こういうのは考古学の領域ではなく聖書学の範疇なのだけど、わかってないねえ

よくそう言うと口伝文化だったというけど、じゃあ所謂日本の巫女とかは口伝文化で何故に文字に起こす必要があったのか?
という、話しになるわけで口伝文化が文字に起こされるのは大概文化侵略による圧迫と散逸を避けて文章化されるのだけど、その時代何に文化侵略されたのかという話になる

もし、そういうのであれば物部氏とかが仏教の侵略でとかでと話になるのだけど、そういった痕跡はないし、契沖は物部氏の末裔何かという話になりその文献をどうやって見つけたのかという話しになる
これが伝承と聖典の系譜学であり、これが伴っていない聖典は全部偽典と見なすのが基本です


子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2016年4月29日

帝RT引用「『古事記』は長年「偽書説」があり、編纂した太安万侶の実在証拠がなかった。ところが1979年に奈良の此瀬町の茶畑で農家が畑を掘り起こしたところ、太安万侶の墓を発見したことで、古事記偽書説も雲散霧消した。木棺に入った人骨と、墓誌の銘文には「太朝臣安万侶」の文字があった。」

フェイド大帝
ま〜た、これか。なんか発掘したら
都合の良い物が、都合良く出てき
ちゃった系。考古学はホントこういうの
多いんだよな!
1件の返信 15件のリツイート 4 いいね
子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2016年4月29日

考古学調査って普通のスポン サーが あんま付かないんだぜ? 海外では常識だぜ? だって遺跡掘ったってクソの役にも 立たねーじゃん。企業に取っちゃ。
つまり、宗教団体がスポンサーになる 場合が多いんだぜ? だって、ノアの方舟が実在したかどうか なんて関係者以外どうだっていいだろ?
1件の返信 24件のリツイート 10 いいね
子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2016年4月29日

大森貝塚で縄文土器初めて見つけた アメ公のモース、APSの会員だったぞ?w
お前ら、モースが貝塚ほじくるまで それまで日本人が一人も縄文土器見つけれ なかったのオカシイと思わなかったのか?w

堀家康弘‏ @kounodanwawoma1 2時間2時間前

堀家康弘さんが水鏡をリツイートしました

「信仰心や国家を利用して肥え太らんとする輩に好都合な神道」と「自然と共にある素朴な神道」の区別があるという主張だが、奇跡まで捏造して家元になった吉田兼倶や聖典の成立年代を偽った伊勢神道など神道の歴史は「肥え太らんとする輩」ばっかりだ

堀家康弘さんが追加
水鏡 @hermitzero
神社本庁等は国家神道のような「信仰心や国家を利用して肥え太らんとする輩に好都合な神道」と「自然と共にある素朴な神道」を区別せず、前者の排除を後者の排除と混同させて(天皇や戦没者、社会不安や歪んだ自尊心等も利用して)憲法改正を訴えているが、現行憲法を不都合とするのは前者…
1件の返信 4件のリツイート 2 いいね

ネズミさん‏ @Nezmi_san 2014年9月12日

ファイストスの円盤と神代文字
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%AD%97 …
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%AD%97 …
まず、「自分の目」で確認w
1件の返信 10件のリツイート 10 いいね
ネズミさん‏ @Nezmi_san 2014年9月12日

何故クレタ島の遺物と神代文字が同じかどうかは一目でわかる。まず、クレタには猫の絵だか、神代文字にはない。エジプト由来だろうとは容易だ。
逆に神代文字のルーツは、それが偽造でない限り、黄河文明より前の揚子江文明であり、日本に稲作をもたらした徐福らと関係がある。
1件の返信 4件のリツイート 7 いいね
ネズミさん‏ @Nezmi_san 2014年9月12日

文字のルーツと揚子江の源泉はチベットに繋がり、モンゴル語と神代文字は似ており、もちろん漢字にも似ている。
何がルーツか?明らかに漢字は精々500年に日本に来た新しい言葉で、徐福などは漢民族に強いたげられた長江文明の生き残りであり、漢民族でないから漢字は母国語ではない。
1件の返信 9件のリツイート 5 いいね
ネズミさん‏ @Nezmi_san 2014年9月12日

日本の支配層には漢字を是とする連中が西暦500年から仕切ったに過ぎない。それ以前は神話とし、明治以降ワケわからん歴史話で、政権を奪ってきた。
1件の返信 14件のリツイート 9 いいね
ネズミさん‏ @Nezmi_san 2014年9月12日

文字話はシソーラスな側面があり、意図的改竄があるので、あまり信用ならない。一方、食文化は明らかにルーツを醸し出す。
関西で「何故蕎麦や納豆が食われない」か?
この辺にヒントがある。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rakusyotei/sawakai59.html
”蕎麦が我が国に登場するのは縄文時代後期の北海道などいくつかの遺跡から出土した蕎麦の花粉としてである。縄文時代の中期より日本列島には寒冷化が始まっており、それによって従来の食べ物が得られなくなっていったことが寒さに強いソバが残っていった理由でないだろうか。蕎麦以外でこの時代から現在まで続いている穀物は少ない。稲作が我が国に持ち込まれるよりも蕎麦の方が早いと考えられるからである。現在、我が国に残っている稲作以前の古代の穀物はせいぜい粟(アワ)や稗(ヒエ)くらいであろう。しかし、もはや粟や稗を店頭で購入することは難しい。こうしてみると今も日常の食品として古代穀物が残っているのは蕎麦だけであろう。当然ながら古代の飛鳥時代、奈良時代にも蕎麦は食べられていたはずである。ところがこれらの時代の書物である古事記、日本書紀、万葉集には蕎麦のことが出てこない。「古事記」にはオオゲツヒメが蚕、稲、粟、アズキ、麦、大豆を生んだ、と書かれている。つまりこれら弥生時代と想定される神代の時代に稲や大豆などが我が国へ持ち込まれたことを意味しているのだが、蕎麦についてはどこにも書かれていない。何故だろうか、この頃には皆が蕎麦を知らなかったのか? いえいえ、飛鳥時代に天皇から救荒作物として蕎麦の栽培を奨励するようにとの勅諭が発せられていることからも、古事記が書かれたこの当時にはすでに広く民衆に知れ渡っていたと考えられる。さらに、それに先立つ古代朝鮮半島の百済から軍事援助を頼まれて赴いた白村江の戦の時の倭国の跡地からも大量の炭化した蕎麦が見つかっているのである。

明らかに当時の倭国の一部にはすでに栽培されていたと考えられる蕎麦が何故、歴史書や和歌などの表舞台に表れてこないのだろうか。
当時の他の穀物である粟や稗と比較して蕎麦はどのように見られていたのだろうか、私には大きな疑惑が湧いてくるのを感じる。山内義治氏によると、ソバはそもそも日本には自生していない植物であり大陸かどこかから人の手で運ばれてきた作物であるという。また、安達巌氏の「たべもの伝来史」によるとソバは縄文時代晩期に中央アジアからもたらされた、とされている。ソバは縄文時代晩期には北海道から九州にいたる日本海側の遺跡から多く見られ、ほぼ同時代のものと見られるものが発見されている。すなわち北海道では美々遺跡や御殿山遺跡など北海道の南西部に限られて見られ、本土ではソバ花粉のほとんどが日本海側の遺跡に片寄っている。安田喜憲氏によれば、縄文時代後期にソバが我が国の日本海側の各地に持ち込まれたと思われるが、それらが同じ時代のものであり、しかも広範囲であることから、かなり多くの人の流入が想定される、としている。

ちょうどこの時期は、中国では周、戦国時代から秦の始皇帝による統一国家へと王朝が切り替わっていった時期であり、このときに中国の中原といわれる周辺の東側に住んでいた民族が穀物を持って海に逃れたのではないかとも想像できる。そこで思い当ることがある。BC200頃に秦の始皇帝に不老不死の薬草を採りに行くと言って数千人の若者たちと穀物の種などを持って日本(蓬莱山)に向かって船出した徐福の話が中国の歴史書に残っている。それはちょうど日本では弥生時代中、後期に当るがこの話の、我が国での続きがない。また、弥生時代に続く古墳時代には、古墳から騎馬民族の土偶や壁画が沢山出土していることから江上波夫氏は騎馬民族が我が国に渡ってきたのではないか、との説をとなえている。いずれにしても彼らは蕎麦と共に育った寒冷地の民族である。彼らが倭国に渡ってきたとすると当然それまで身近に食べていた蕎麦を食糧に選んだことだろう。中国の遺跡発掘によって当時の中国の人たちの農作物の様子が分かっている。それは、一般的な傾向として中国北部からは粟、麦、黍、蕎麦、高粱などが出土しており、南部地方からは稲、粟、黍などの穀物のほか、瓜類、梅、棗など果実の出土が目立っている。このことからも中国北部に住んでいた民族は蕎麦を常食にしていた人たちである。食糧確保に腐心していた我が国の神代と言われる時代の人たちにとって、先進的な農業技術を持った若者たちが集団で渡来してきたとなると、どこかで我が国の食べ物に影響を与えていないわけがない。これ以上は想像をたくましくするするしかない。

私はふと、出雲族ってなんだったのか、気になってきた。出雲の地に集団で生活していた民族が「古事記」に書かれているように大和政権に国譲りをした後、和歌山や四国など全国に多くが散って行ったが、この民族とはどんな人たちであったのか、渡来した徐福の集団などとは関係ないのであろうか。なにか引っかかるものがあるが、私にはそれ以上の想像を膨らませるだけの情報を持ち合わせていない。

わが国ではソバの花粉は前述した通り縄文時代の初期から北海道や東北の遺跡から見られており、かなり前から栽培されていた可能性がある。縄文後期には福岡県板付遺跡から、弥生時代に入ると佐賀県菜畑遺跡や島根県タテチョウ遺跡からもソバの花粉が見られている。縄文時代の遺跡に見られる蕎麦は普通種であり、現在我々が食べている蕎麦なのである。高天原の時代から遙かに下って「続日本記」には、元正天皇が養老6年(722)7月19日に「宜しく天下の国司に令して、百姓に勧課して晩禾、蕎麦及び大小麦を植え蔵置して以て年荒に備えしむべし」と勅諭を出しているからである。この勅諭は古事記や日本書紀が完成した直後に出されている。つまりこれは天皇が勅諭として緊急対策にソバを栽培するように奨励しているのであり、天皇も農民も蕎麦について広く知られていたと考えられるにもかかわらず国の歴史書にはソバは全く登場してこないのである。


私は、縄文時代の後期から弥生時代前半にかけて、日本海側に住んでいた蕎麦を常食としていた民族と、古事記でいう高天原など神代の舞台に住む民族との間の交流がなかったのではないかと想像している。高天原民族は稲作を食の基本とし、米と大豆の食文化を展開して行ったと想像している。高天原の流れを受け継いだ大和朝廷が全国を支配することにより米と大豆が表の食べ物となり、その後の日本は米本位経済社会へと大きく舵を切ることになる。一方、蕎麦は日蔭のたべもの、救荒作物として位置付けられ、国の歴史書にもほとんど登場しないまま細々と山間の畑で受けつながれてきたのではないだろうか。だから我が国では縄文時代から食べ続けられながら「そば」についての記述がなかったのではないだろうか。

これに似た話として納豆の話を紹介しよう。我が国へは昔、2つの系列の納豆が持ち込まれている。
一つは平安時代の初め頃の帰化僧や遣唐使が中国、黄河の北の文化として持ってきた麹菌で発酵した納豆である。当時の大和朝廷はこの納豆を「豆醤」として大宝律令で保護した。そしてこれらの納豆は京都を中心に広く関西に広がっていたが、今では「大徳寺納豆」や「浄福寺納豆」としてわずかに残っているだけである。
一方、それよりも古い時代に南方漁労民によって東南アジアから渡ってきた「糸引き納豆」が各地に広がっていた。しかし、これら糸引き納豆は大和朝廷が推し進める「寺納豆」に押さえ込まれ、京都周辺では普及することが出来なかった。それから千年以上たった現在も、関西の「糸引き納豆」の消費量は他の地域に較べて依然として少ない。食べ物の習慣は根強く長年にわたって影響するものである。


我々が今知ることが出来る蕎麦食の痕跡は、縄文時代の遺跡からの出土の次は663年の白村江の戦いで敗戦した廃墟からの炭化した蕎麦であり、その次は元正天皇の勅諭まで飛んでしまう。さらにその次となると元正天皇の勅諭から850年後の木曾の定勝寺改修記録に現われるまで表面に出てきていないのである。そばが我が国の食の表舞台に登場するのはなんと江戸時代半ばになってからである。そしてこの長い日本の歴史は米中心の食文化一色に塗りつぶされてしまっていたのだ。

長い間救荒作物として日陰者扱いされていた蕎麦が、どのように江戸っ子の食べ物へと替わって行ったのか、その変遷の過程については岩崎信也氏の「江戸っ子はなぜ蕎麦なのか」(光文社新書)に詳しいので興味のある方は一読をお奨めしたい。

古事記は天武天皇によって「天皇は遙か神代の時代から繋がっている一本の道」であることが示された歴史書である。そしてこの天皇制は他の者に取って代わることの出来ない大原則であるとして律令制度の基本としたのである。だから古事記に登場する食べ物も彼らが常食としていたものだけしか書かれなかったのかも知れない。こうして片隅に追いやられていた日蔭の食べ物が表舞台に立つのが江戸時代半ばであり、米本位制社会が確立した後からであった。しかし、明治政府が文明開化を旗印に欧風化を富国強兵の手段に選んだことにより江戸文化は古い、捨て去られなければならない文化とみなされ、蕎麦文化も同じ運命を辿ることになったのであろう。”

納豆は中国の北の文化で、蕎麦や仲間の植物である麦も北の出である。関東で蕎麦屋が何故人気か?関西はなぜうどん屋か?だ。

正確には中国北部だけが、納豆ではない。麦わらか稲わらか?麦なら北の、稲わらなら南の。

”国宝 にほんしょき かんだい10ざんかん 日本書紀 巻第十残巻

1巻
紙本 墨書 巻子
縦28.0 長566.0(候補表紙等を含む)
書跡
平安時代 9世紀
神代から持統天皇の時代までの出来事を編年体(へんねんたい)で記す『日本書紀』は、中国で歴代王朝ごとに作成されていた正史(せいし)にならい、わが国で最初に編纂された国史である。その編纂の端緒は天武天皇の時代(在位六七二~六八六)にあり、約四十年にわたって断続的に続けられた後、最終的には舎人親王(とねりしんのう)等を中心にまとめ上げられ、元正天皇の養老四年(七二〇)五月に完成し、「紀三十巻」と「系図一巻」が奏上された(「系図一巻」は現存しない)。本品は、三十巻のうち巻第十の応神天皇紀の部分で、首尾各一紙を欠くものの九紙が残り、応神天皇二年から四十一年までの記事がある。その中には、王仁(わに)(『古事記』では「和迩吉師(わにきし)」と表記)の百済(くだら)からの来日に関わる記事も含まれる。『日本書紀』は完成当初から歴史書として重視され、平安時代にはしばしば講義(日本紀講筵(にほんぎこうえん))が実施された。そのため平安時代に遡る古写本も少なからず現存するが、本品が最古の写本であり、四天王寺(大阪市蔵)の『日本書紀』巻第一断簡(二葉)等と僚巻になる。なお、本品の紙背は『性霊集(しょうりょうしゅう)』の平安時代後期の写本で、序の途中から巻第二の途中までを収める。

古事記の歩んできた道―古事記撰録一三〇〇年―, 2012, p.8 (一部改変) ”
http://www.narahaku.go.jp/collection/1190-0.html

"日本紀講筵
にほんぎこうえん
平安時代前期に朝廷で行われた『日本書紀』の講読。『書紀』の講読は養老5 (721) 年以来行われたが,平安時代になってからは,弘仁3 (812) 年,承和6 (839) 年,元慶2 (878) 年,延喜4 (904) 年,承平6 (936) 年,康保2 (965) 年などに行われた。講筵には宣旨によって博士らが定められ,大臣以下列座のもとに行われる。講読が終ると,竟宴 (きょうえん) があり,『書紀』に登場する人物などを題として和歌を詠じた。これを日本紀竟宴和歌という。

にほんぎこうえん【日本紀講筵】
主として平安時代前期に,数回にわたり宮廷で公式の行事として行われた《日本書紀》の講読・研究の会。《釈日本紀》開題に引く〈康保二年外記勘申〉によれば,養老5年(721),弘仁3‐4年(812‐813),承和10‐11年(843‐844),元慶2‐5年(878‐881),延喜4‐6年(904‐906),承平6‐天慶6年(936‐943),および康保2年(965)以後に行われたが,そのうち養老度は完成した《書紀》の披露のためとみられ,弘仁以後が講究を主とするもので,元慶度に至って形式・内容ともにほぼ完成の域に達し,承平度から熱意が薄れて衰退に向かった。
"https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B4%80%E8%AC%9B%E7%AD%B5-110114


”宣長が校合に使用した『古事記』の中に、真福寺本(シンプクジボン)と言う本がある。『古事記』の中で現在一番古い写本だ。
 校合作業が終わったのは、天明7年(1787)4月14日。
 さて、真福寺本『古事記』への宣長の評価はいかが。 『古事記伝』版本・巻1に

「其後又、尾張国名児屋なる真福寺といふ寺【俗(ヨ)に大洲の観音といふ、】に、昔より伝へ蔵(ア)る本を写せるを見るに、こは余(ホカ)の本どもとは異(コト)なる、めづらしき事もをりをりあるを、字の脱(オチ)たる誤れるなどは、殊にしげくぞある、かゝればなほ今ノ世には、誤なき古(ヘノ)本は、在(アリ)がたきなりけり、されど右の本どもも、これかれ得失(ヨキアシキ)ことは互(タガヒ)に有(リ)て、見合ハ すれば、益(タスケ)となること多し」

 他の本と違う注目すべき点もあるが、字の脱落や誤写も多い。これを考えると、昔の本で誤りがないと言うことは求める方が無理なのだなあ、だけどいくつかの本を校合すると、誤っている箇所などを探したりする上で役に立つことが多い、と書かれている。

 でもよかったね。出版に間に合った。天明7年と言えば、『古事記伝』出版に向けて本格的に動き出した頃だ。巻1の諸本の所にこの本が出ていないと、後世の人は、「なんだ、真福寺本も見てないの」っていうからね。 ”
http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/shinpukujibon.html
真福寺本『古事記』 - 本居宣長記念館

現存する『古事記』の写本で最古のものは、「伊勢本系統」の南朝:建徳2年/北朝:応安4年(1371年)から翌、南朝:文中元年/北朝:応安5年(1372年)にかけて真福寺の僧・賢瑜によって写された真福寺本古事記三帖(国宝)。

誰が真福寺本『古事記』を持ってきたのか?
http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/darega.html
”宣長は、この『古事記』を、どうやって見たのだろう。

 通説では、真福寺本『古事記』調査の命が、尾張藩から藩士・稲葉通邦に下ったのは寛政9年7月とされている(『尾張名古屋の古代学』・名古屋市立博物館)。
 でも、宣長の証言では、天明6年に「写本」をするように藩命が下ったという。ここに11年の開きがある。
 恐らく、正式な調査命令の前に、事前調査として稲葉通邦あたりが写本を作り、宣長に内容についてコメントしてもらい、その後の藩命による正式調査が行われたと言うことではないだろうか。

 宣長が校合した天明7年、通邦はまだ宣長門ではないが、尾張徳川家の中では重臣・横井千秋などが宣長の『古事記伝』刊行に向けて尽力していた時期であり、通邦もそのことは熟知していたはずだ。あるいは千秋からの働きかけがあったかもしれない。
 
  宣長自身は、提供者について、何も言っていない。


【参考資料】
宣長手沢本『古事記』の奥書に、宣長による次の一文が貼り付けられる。

「右真福寺ハ尾張国愛智郡名古屋城下ニアリ。北野山真福寺宝生院ト号ス。俗ニ大須(オホス)観音ト云。真言宗也。往古在美濃国中島郡大栖ノ庄北野村ニアリシトゾ。サテ此寺ニ五百年前ノ写本ノ蔵書多シ。コレ根来ノ蔵書ヲ写セル也ト云伝フ。又、北畠氏ニ所以アリテ、伊勢神宮ノ蔵書ヲモ多ク写シ取テ蔵ス。古事記モ其内也トゾ。天明六年丙午年尾張殿ノ命ニテ右蔵書ヲ写セラルヽトキ、写手ノ人別ニ私ニ写シ取レルトコロノ本ヲ、此度借リ寄セテ全部校合スルモノ也。天明七年丁未四月十四日校合終業。本居宣長(花押)」”


堺本『枕草子』のすすめ
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/intro_makura_intro.html


魔法おっさん(30代無職童貞)‏ @douteimaturi 2016年10月27日
で、えぐい事を言えば神話とかなんて偽書を作ってしまって組立ちまえばいいんです
例えば、当時の日本には文字があったなんて言いたいのであればホツマツタエみたいな粗製品ではなく、古代揚子江や長江で発掘されている文字にアルメニアあたりの文字を拾い上げて当時の音声表記すればいいのです

んで、紙とかも当時位に工業的に劣化させて地面に埋め埋めしたものに大切なのは時代時代によって解釈されたような解釈本をちゃんと用意すること 奈良後期、平安時代、鎌倉時代、室町等々ちゃんと歴史考証加えられているように捏造しなきゃいけません




ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
なんか最底辺のマイノリティが欧米によって特権階級にさせられると、何でこいつらは身分というものはマウンティングするものだと勘違いして自分だけ贅沢をするのか。 特権階級というものは一般人をマウンティングするものでなくて、世話をするものなのにこんな簡単な帝王学でさえ教えない欧米。
0件の返信 9件のリツイート 8 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
あのさ、成り上がりでもさ、ちゃんと為政者の仕事をしろよ。 為政者としての仕事をしないから批判したら、マイノリティであるが故に差別されたとほざくしさ。 たとえ成り上がりでもさ、ちゃんと為政者としての仕事をすればみんな評価するんだよ?そこわからないかなー?
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
サンカがさ、特権階級ぶってるのはさ、欧米がバックにいるからだろ? そいつらの権威は欧米という後ろ盾がないとダメなんでそ? そいつらがいくら特権階級ぶっても欧米に依存してる限り、自分で何かやることができない。 日本人への復讐以上の事はできないわけよ。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
古い家柄ほど、贅沢するのはダメとか、自慢するのは恥ずかしいとか、「恥」の観念があったよ。 欧州貴族のように自慢して見せびらかすなんざ恥ずかしいと思うわけ。 正直、江戸時代の道徳観念からしたら、サンカのやってる事は卑劣で本当に卑しいと思うわけよ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
少なくともね、土地の支配者ってものは昔はみんなの面倒見たわけ。 そいつらは貴族ぶってるけど、領民の面倒も見なくて何が貴族だ。 そもそもそんな事を自慢するなんて恥ずかしいという意識があったわけ。 何で武家は解体されてこいつらの魑魅魍魎だけが特権階級になったの?
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
こういうヤソ臭いマイノリティがクズなのは、今の特権階級と同じように「自分だけ」なんだよね。 同じ日本人が食うや食わずで苦しんでるのに、自分だけスイスに逃げるわけ。 こういう卑怯でワガママなのをマイノリティに増長させる。 その選民思想だって欧米から植え付けられたものでね?
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
返信先: @japan19890108さん
いや、そもそもモーセがいたという事実から疑わないといけないし、旧約聖書の成立は学会では恐らく紀元前3、4世紀頃ですよ? バアル信仰も何も、聖書の成立から疑わないと。 おいらは旧約聖書はもっとあとだと思ってます。
2件の返信 2件のリツイート 3 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
その本物の日本人(笑)は戦時中にスイスに逃げ出して大本様と呼ばれてるらしー。 へーこいつら、戦時中に食うや食わずの同胞を見捨てて欧米の犬になった裏切り者なんだねー で、ロクアカに出てた裏切り者の長州忍者のように欧米で貴族ぶってるんだろうなぁ。
0件の返信 5件のリツイート 8 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
てか、サンカがネストリウス派のキリスト教徒とか言うなら、なぜ教会も司祭もいないのに教義を保存できるのか? 仏教と区別できるのか? 隠れキリシタンだって仏教と習合して変なのになってるのにさ。 隠れキリシタンは神父がいなくなって300年近くだけどそれより長いでそ?
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
サンカだってさ、被害者意識と選民思想あってなんかこうヤソ臭いんだよね。 で、ネストリウス派の末裔ニダ!普通の日本人と違うニダ!って選民思想丸出しなんだろうか? でもあのフィールドワークのやつはあまりヤソ臭さを感じなかったけど、一部にはヤソ憑依してんだろーな。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
• • ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前
返信先: @denjihahigaiさん、@japan19890108さん
あの、それ嘘ですから。 ヴァイスハウプトはイエズス会をdisる同人誌を出してましたし、オカルト野郎みたいなサバタイ派を好むわけありませんよ? それにカバラやタルムードにしてもサバタイ派の特権でないでしょう? サバタイ派のカバラはかなり異色ではありませんか?

• • 夢の回転ユキダマ‏ @8_snowball 5月15日
ラノベとなろうってキリスト教思想入りすぎでは
逸脱するにしても「キリスト教からの逸脱」でしかなく、その枠組みを離れて別の価値を打ち立てているわけじゃない。西欧化といえばそれまでだけど、現代日本はラノベ世界みたいにきれいな「西洋近代社会」じゃないでしょ
ヒロインの属性としてシスターは良しとしよう。でも見た目だけ神道の巫女で中身がシスターなのってどうよ。神道のエロさ0じゃん。それキリスト教のエロさやん

ふつう人間は自分の経験の範囲内でモノを考えるし、未知の事柄はすでに知っていることに置き換えてみて判断する。逆に言えば、その置き換えのやり方を見てやれば、バックグラウンドとなる基盤を推測することができる。

RawlifeTruelife‏ @coco_love7 2014年7月11日
江戸時代は国が公認していた遊郭歴史をさか上ると巫女さんが遊女の始まり。神社で巫女として神に仕えながら神殿娼婦でした。殿方は結婚する前にちゃんとSEX指導をされていました。現代には夫婦円満に大切なSEX指導つまり女性の扱い方を教えてくれるところがないため女性扱い方が下手な男性が多い

黒Ver.リリルカ・アーデ‏ @kurosisyo 2014年7月12日
返信先: @raylily1010さん
@raylily1010 まぁね…… 後は遊女のWikiによると 売春婦は俗に世界最古の職業と言われるが、 日本の遊女も古くから存在していた。諸外国の神殿娼婦と同様、日本の遊女もかつては神社で巫女として神に仕えながら歌や踊りを行っていた とかからかな?
昔は、跡継ぎがいないということは、働けなくなれば、土地を取り上げられることを意味し、跡取りです必須。そこで、解決策として神社の神主の子種を頂いたり、巫女さんに子供を生んでもらったりする。

妻良木 美笠@さくら書院‏ @tsumaragi 2016年1月1日
※巫女のアドバイス 「非処女で巫女するのダメじゃないの?」っていう処女厨はキリスト教の影響だから右翼やめてどうぞ。

さば‏ @saba0274 2016年2月1日
正月のバイト巫女さんに(どうせ処女じゃないんだろ)的な事をネットで言ってるのを見たことがあるけど、なぜ神社の巫女さんが処女である必要があると思ったのか。キリスト教的価値観に犯されているのではないか。気になる。

あきかえで(シャモアリス)ニセ植物‏ @Inebaka 2015年4月6日
あと、神仏混淆のせいで神社は性的なものはダメって思う人が多いと思うけど、古代日本人は性を神聖なものとみなしてたので、問題ない。お金がない神社とかだと、巫女さんは身体張ってたくらいだし。 巫女は処女でなきゃダメってのは、キリスト教のシスターが同じ位置にいたから付けられたのだろう。

高村武義‏ @tk_takamura 2015年12月1日
返信先: @motoyaKITOさん
@motoyaKITO あくまでwikiソースですが、巫女の処女性重視は近代以前の武家社会における志向(家督の正統継承)と、明治維新以後、キリスト教由来の貞操観念が普及したことに起因するらしいです。戦国時代以前の巫女さんは祈祷と占いと売春婦を兼ねてましたからね。


夢の回転ユキダマ‏ @8_snowball 5月12日
竹内文書と言い、そろそろ神道系陰謀論の創作物が許される時期が来ている気がする。
神代文字使えばパラレルワールドの日本感でると思う


夢の回転ユキダマ‏ @8_snowball 5月8日
キリスト教の神官は軍人にエンチャントかけてくれてんのに、自衛隊には従軍司祭いないんだよな。従軍神主でも従軍巫女でもいればファンタジーチックになるんだけどなー。
靖国の神官でも同行させて現地でff10の異界送りみたいなことした方がいいと思うんだけどなー

神道がエコロジー宗教になったのって宮崎駿とかいう宣教師のせいじゃん
最近エコロジーっぽさが薄れてきたのも宮崎の元気がなくなったからか 現人神かよ

イスラム教徒は人類が銀河を脱出しても繁栄してるだろうから、ぶっちゃけこれ以上可塑性高くて優秀なシステムは思いつかないや。3流のSF社会ぐらいじゃ、ムスリムからコーランを手放させることなんかできやしない

さすが多摩湖♡ナルコレプシー‏ @tamako_han 2015年5月21日
「夜這いの民俗学」を読んで、本当にそうなのかなー?そんなにみんながみんな性を楽しんでいたんかなー?と思うのは私が女だからかも知れない。だってこの本にはそういう夜這いが嫌だった人の体験談は出てこないし、嫌だった人は語らないだろうしね。楽しかった人だけが語ってるんじゃないかな。
1件の返信 7件のリツイート 11 いいね
• • ピルとのつきあい方(公式)‏ @ruriko_pillton 2015年5月21日
@tamako_han 未開社会では思春期になると男女とも家を出て、男女別々に共同生活を始める習俗が広く認められます。日本にも遠い昔には、そのような習俗が広く存在していたと考えられます。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
• • ピルとのつきあい方(公式)‏ @ruriko_pillton 2015年5月21日
@tamako_han 日本の民俗学は、後代まで残った若衆宿(男)娘宿(女)について記録しました。ずいぶん昔に読んだ本なので詳しくは記憶していませんが、後代にのこった若者宿のほとんどは僻地でした。若衆宿が農村の階層分化とともに消えたのではないかとの感想を持ちました。
2件の返信 0件のリツイート 0 いいね
• • ピルとのつきあい方(公式)‏ @ruriko_pillton 2015年5月21日
@tamako_han 若衆宿・娘宿が消えてから、夜這いは少しずつ意味を変えていったのではないでしょうか。意味の変わった後の夜這いについて書かれている本ではないかなと。(読んでいませんが)
3件の返信 0件のリツイート 0 いいね
• • さすが多摩湖♡ナルコレプシー‏ @tamako_han 2015年5月21日
@ruriko_pillton 若衆宿、娘宿があって、ということは書いてありました。若衆宿での手ほどきの話や筆下ろしのことなども書かれていたり、人妻に下ろして貰ったりとかが書かれていて、お前俺のかーちゃんとやったんだって?とかそんな話が主になっていました。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
• • ピルとのつきあい方(公式)‏ @ruriko_pillton 2015年5月21日
@tamako_han 夜這いの話に人妻の話を持ってくるのが一般的と言えるかどうかは置いておいて。近年の研究から受ける印象は、町家でも農村でも性はかなりおおらかだったようですよ。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
• • さすが多摩湖♡ナルコレプシー‏ @tamako_han 2015年5月22日
@ruriko_pillton 昨日はそのまま寝てしまいました。私の神道観からしても日本はとても性におおらかだったと思いますし(生臭いともいいますが)、例えば巫女の処女性云々や定年というのは明治以降の国家神道からだと考えていて、売春婦が醜業になったのも近代からかな、と。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
• • ピルとのつきあい方(公式)‏ @ruriko_pillton 2015年5月22日
@tamako_han 処女性の尊重は結構遅いんじゃないかな。明治の中期?欧米起源で、神道はどうでしょうか。

さすが多摩湖♡ナルコレプシー‏ @tamako_han 2015年5月22日
返信先: @ruriko_pilltonさん
@ruriko_pillton 巫女さんが神社に定住するようになったのが明治なので、やはり西欧のキリスト教の純潔が取り入れられたのかなぁと。古事記なんかは処女性は問題にしてないですし、この辺りも私の興味を掻き立てています。でも女性が大らかに性を求めていた時代があるのは素敵です。

kashmir108‏ @kashmir108 2014年5月31日
あれ、昔wikipediaの巫女の項目に「巫女は処女でなければなれないという噂が流布しているが、巫女に処女性を求めるのは西洋の価値観(キリスト教からくる)であり、日本において基本的にはそのようなことはない」って書いてあったのに今消えてる。


藤原興‏ @oki_fujiwara 2014年9月7日
牧口常三郎は民俗学が民俗学の体裁をまだ持ってない時期の民俗学者でもあり、柳田國男とも親交が深い。創価教育学会は、本当に学会だったわけだ。

はなしあわない‏ @hanashiawanai 2013年11月29日
(引用)1930年11月18日、『創価教育学体系』第1巻を刊行する。尚、この日を創価教育学会設立の日としている。1931年、教職を辞し、宗教・教育活動に専念する。同年に出版した『創価教育学体系』第2巻(『価値論』)には、新渡戸稲造や柳田國男が牧口の唱えた「創価教育学」を評価した。

菊池‏ @kikuchi_8 5月14日
返信先: @kikuchi_8さん
戦国時代から江戸初期にかけてキリシタンによって破壊された長崎の仏寺の復興を志した道智という僧侶がいた。道智は果敢にもキリシタンの教会に論争を挑んだ。その後キリシタンによる報復で寺を焼かれた。論破された腹いせだろう。姉崎正治が作ったキリシタン被害者史観ではこういう史実は無視される。
1件の返信 22件のリツイート 15 いいね
• 菊池‏ @kikuchi_8 5月14日
キリシタンは論争で負けると実力で報復するという暴力性を持っていた。こういう史実もきちんと公平に取り扱うべきだろう。キリシタン被害者史観は偏っている。我が国も取り入れた因明という印度の論理学は元々討論術から発達したものなので論争の勝敗を決めるルールが確立しており暴力など論外だった。

山窩ラボ‏@jackiemito7月23日
「夜這い」や「非常民」の研究で有名な民俗学者・赤松啓介が、著書「非常民の民俗境界」にて、サンカについて大変恐ろしい記述を残しています…! 以下、引用します。
「サンカも殆ど姿を消してしまい、常民のなかへトケコミしたようだが、地下の組織は生きているだろう……ウラの世界にはウラのオキテがある。仲間になって生涯を埋めるならよいが、よいところで足を洗ってあっといわせるような論文を書いて、博士、教授になる、などと夢を見るのはやめておくがよい。続
続 「絶対に死体が上がらない海もあるし、あまり人の行かぬ林の中に白骨が横になり、木の枝に縄がゆれているという風景もある。地下活動の経験があれば、これから奥は通行禁止だとわかった。この禁を冒さない限り、われわれの友好は保たれる。それで十分であり、それ以上のことを知る必要はない」


1135夜『非常民の性民俗』赤松啓介|松岡正剛の千夜千冊
http://1000ya.isis.ne.jp/1135.html
”あの人はどういうスジの人かね、という言い方がある。筋金入りとかスジ者という言い方もある。大半の学問はこんなスジを追わない。
 明治の日本が富国強兵と殖産興業にあけくれていた時期、日本の村落社会は最悪の時期を通過しつつあった。赤松啓介はその食い散らかされた残骸列島になお息吹いている「常民」ならぬ「非常民」の動向を追って、調査研究活動と社会運動の大半を東播地域に向けた。兵庫県の旧播磨の東部の加古川流域である。そこが赤松の故郷であって、非常民の原郷だったのだ。
 柳田國男は「常民」を民俗学の対象にした。その柳田の目が届かなかったか、あえて軽視した日本がある。それが非常民の日本である。そこにはさまざまのスジが交差していた。赤松がそのような非常民の日本を重視するのは、「常」には「貴」も「賎」も含まれないのだから、そこに「非常」がなさすぎるというのだ。もし常民が非常を含むなら、あえて常民といわずに「平民」でよかったのだ。
 こうして喜田貞吉や中山太郎によって掘削が開始された非常民の民俗と文化が赤松の手と足によってしだいに浮かび上がってきた。スジの日々である。本書はそれをさらに性風俗に踏みこんで語り尽くしていったもので、読んでいてこんなに痛快な民俗学があったかというほど、堪能させられた。スジを理解しないと何もわからない。しかし、すこぶる納得のできる本なのである。

現在の加古川流域地方

 世の中にはいろいろな呼称がある。「こちら」から見るか「むこう」から名付けるかで呼称は異なり、「あいだ」で呼び名をまぜると、また別の呼称が生まれる。
 部落から見れば大半の常民はハクやシロである。ちょっと思想に染まっていればアカスジに、どこか犯罪の匂いがすればケガレスジ、ヨゴレスジになる。近代社会では難病に苦しむ者も容赦なく呼び捨てられた。ロウガイスジ、キチガイスジ、カッタイスジ。農村社会では本家や分家で分けるだけではすまないのである。
 たとえば、本家スジ、庄屋スジ、役スジ、草分けスジ、分家スジ、アルキスジ、被官スジがある。たとえ上流を装っても、見るところから見れば、セケヤ、ホシカヤ、アブラヤ、ハタヤは屋号というより階層の呼称なのである。
 たとえばクズヤであるが、ここにもたいそうな多様性がある。クズ買い、ボロ買い、イロモノ買いはまったく一緒にならないし、クズヤとテンヤとハライヤはまたちがう。家をまわってクズとゴミを分けられない女に出会えば、その女が馬鹿なのである。クズヤが貧乏とも決まらない。儲かることもある。ただ儲けすぎたのはクズヤではなくカネヤなのだ。こういうクズヤがいっときバタヤと呼ばれたこともあった。
 そのようなクズヤの目線で見ると、村の性風俗が学問ではわからないところまで見えてくる。いまではあまり考えられなくなってしまっているが、かつてはセックスだって家の中でやるとはかぎらなかった。アオカンも多かった。しかもちゃんと合意していることのほうが多い。クズヤの目はお宮、お寺、川、池、木立に詳しいから、どこで女とやるかはそれだけで文化地理学なのである。昔は女も腰巻ひとつだから、それをタチ、オタチ、マワリ、セオイのどれでやるかは、その周辺の木立や石組によるわけで、それが会得できればそこからアゲ、スクイ、スダチ、ミンミンなんていう体位が使い分けられた。

 ともかく赤松はどんなことも見逃さない。たんなる縁側、たんなる蒲団、たんなる風呂、たんなる工場というものがない。
 風呂なら、たとえば五右衛門風呂とマワリ風呂では階級意識も性意識も美意識さえちがうのだという。だいたいマワリ風呂ができるというのは、風呂の持ち回りができるということだから、そこにはカイトやクミの同水準ネットワークというものが動いているらしい。それでもそこにはモライブロかフロカリかカリブロかで、ちょっとした差が感じられるようになっている。そのグロッサリーたるや、まるで厳密な同義語異義語辞典なのである。
 何人で入るかでもすべての社会意識が変化する。五右衛門風呂は一人か二人しか入れない。では、その単位のコミュニケーションが五右衛門風呂という社会スキーマなのかというと、そんなことはない。待っている者たちとの関係がある。五右衛門風呂の平均入浴を10分とすれば、10人なら1時間半、15人なら2時間、25人なら4時間かかる。ここからその村落に適切な風呂コミュニティの大きさが決まってくる。しかもソトブロとウチブロでは、主客の重みが断然に変化する。
 そういう風呂に黙って入るわけでもない。キャーキャー言ったりギャーギャー言ったりする。そこで猥談も出て、混浴もおこり、風呂がマラムキ風呂になったり、ムケマラ風呂になったりする。これも突然にそうなるのではなく、ちゃんと準備段階がある。冬ならコタツでいろいろのことが少しずつ暗示されているわけで、夏なら川泳ぎで何かの組み合わせが示唆されているわけだ。そのうえでカリブロかフロカリになる。連れ込み宿やラブホテルへぱぱっと入ってすんすんやるというのとワケがちがうのだ。
…男はいつフンドシを見せるかで、すべてが決まる。フンドシを締めれば若衆だが、そのフンドシも初フンと赤フンと鬱金染めのフンドシではちがう。むろんフンドシばかりですべては決まらないから、帯も言葉をもってくる。ヘコオビ、カクオビはむろんだが、その帯を祝いでもらったか、祭りで締めたかが重要になる。フンドシも帯もただ長い布切れだが、おとこにとってはたいへんな言語活動なのである。
 女だって、まずは見えないところで万事のスジを決めておく。初潮前なら子守や小女(こおんな)だが、初潮があればオナゴシになる。何をしているかで針子や筆子や番子になるし、そこへもってきてどんなベベを着るかである。
 ともかくこういうことが相互に理解されていて、ここに夜這いというものが堂々と成立する。薬師さんや阿弥陀さんのお堂でも、ゴケサンやオイエサンのところでもある。御籠りといえば夜這いはつきものなのである。それをあえて系類学ふうにいえば、まず若衆系と総当たり系に分かれる。相手もヨメ型とカカア型とゴケ型に分かれる。これだけでも結構なものだが、そこに女たちのパフォーマンスによるルールが加わる。開放型、防衛型、交換型、放任型、許諾型、通報型などがあり、その順列組み合わせのあげくの出来事が、のちのち語られていくわけなのである。赤松は村落の物語といったって、このくらいディープなところから発生しているのだということを訴えた。 
…とくに"ウタ喧嘩"には圧倒された。近代社会は女工をたくさんつくったが、工場ひとつでも村々の近所や町にあるだけで、女たちは男を受け入れる前にいろいろの"ウタ喧嘩"で鍛えたものらしい。
 基本は送り歌と連れ歌らしいのだが、どこから切磋琢磨されるかというところが読めば読むほど実に高度なのである。歌をだしなされ、だしたらつける竹のフシほど揃わねどなどと言って、さあ始まるぞという予感をつける。そのうち、うたえうたえとせめかけられて、歌は出ないで汗が出る、唄いなされよ、お唄いなされ、歌で器量がさがりゃせぬというふうになると、もう始まっている。
 ここからはウタカズもさることながら、セリアイウタ、カケウタ、イサカイウタとヴァージョンが控えている。この女のウタの錬磨に男が入るのだから、たまらない。
 たとえば、わしのたもとにゃ千もある、これで一の矢。お前たもとにゃ千ほかないか、わしのたもとにゃ二銭(二千)ある、これで一の返しになる。今宵おいでなら、高塀越えて、せんざい椿折らんよに。これが二の矢。せんざい椿が折れよとままよ、とかくあなたの身が大事。これが二の返し。そこからウタ喧嘩になって、二度こそかえせ、三度かえすは、いなものよ。二へんかえして、三度目には、義理と人情の、板ばさみとやられる。ここから色っぽくもなり、ひとの男とだいたん女、山の大木、気が太い。男が太いがどうか見もせぬくせにと詰っても、男とるのは女のかいしょ、なんでそのとき気をつけなんだとやられる。
 実はこれらに節回しがつき、地域や地区によって、そのスピードやスコアが異なっていく。
…初床に謡曲のアシライもあったりして、これは非常民の文化こそその他のすべての日本文化の編集センターであったことにガツンとやられるのである。…
附記¶赤松啓介の著書はたいてい明石書店で入る。『非常民の民俗文化』『非常民の民俗境界』『民俗学』『戦国乱世の民俗誌』『天皇制起源神話の研究』『古代聚落の形成と発展過程』などがある。本書には解説は入っていないが、塩見鮮一郎、管孝行、宮田登、福田アジオの解説もあって、読ませる。本書の帯には上野千鶴子の推薦文が刷られていた。 ”


“『チベット旅行記 抄 』(河口慧海(えかい)著、中公文庫BIBLIO刊)にはこう書いてあります。


 ― 法王の宮殿、この宮殿の名をツェ・ポタラというて、ツェは頂上でポタラは船を持つの義で港のことをいいます。ポタラとは観音の浄土でインド南端の海中にああるセイロン島のことで、シナの普陀落その名を襲用したものである。ここの普陀落は観音の化身ダライ・ラマの住する所であるから普陀落(ポタラ)といい、山上にあるからツェ・ポタラという。”
http://d-engineer.com/kikaiyouso/nejinosyurui.html


山窩ラボ ‏@jackiemito 2014年7月23日
「夜這い」や「非常民」の研究で有名な民俗学者・赤松啓介が、著書「非常民の民俗境界」にて、サンカについて大変恐ろしい記述を残しています…! 以下、引用します。

「サンカも殆ど姿を消してしまい、常民のなかへトケコミしたようだが、地下の組織は生きているだろう……ウラの世界にはウラのオキテがある。仲間になって 生涯を埋めるならよいが、よいところで足を洗ってあっといわせるような論文を書いて、博士、教授になる、などと夢を見るのはやめておくがよい。続

続 「絶対に死体が上がらない海もあるし、あまり人の行かぬ林の中に白骨が横になり、木の枝に縄がゆれているという風景もある。地下活動の経験があれば、これ から奥は通行禁止だとわかった。この禁を冒さない限り、われわれの友好は保たれる。それで十分であり、それ以上のことを知る必要はない」

要するにサンカに接触して、情報を表沙汰にしたなら、殺されちゃいますよ、と赤松啓介は明言しています。いま原典が手元になく、ある書籍から孫引きしてしまいましたが、前後の文脈をじっくり検証する必要のある言説です。


ハゲ_チャング ‏@hage_chang 6月21日
思想犯で偽行商人で野良民俗学者の赤松啓介氏の「紙と鉛筆見せて取材する時点で本当のことは聞けない」→「柳田國男はダメダメ」→山奥の茶屋の女主人に偽行商人と一発でバレる→「ジケ(刑事)ちゃうで。アカやで」「ほな泊まっていき」→夜這い成立! という超展開が読める「差別の民俗学」オススメ


あなたも観音様から産まれた。『もののけ姫』の元ネタ②。網野善彦『宮本常一「忘れられた日本人」を読む』。宮本常一『忘れられた日本人』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

革命後の世界を求めて
 赤松啓介『非常民の民俗境界』(明石書店)を読んだ。
http://kaoriha.org/nikki/archives/000735.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
“「内輪」とは、たとえば本書247~248ページ:
 そこでよくいわれるのは、若衆仲間の目的・役割・昨日というものだ。甚だしい例は香川県小豆島四海村小江の若者組で、正月二日の若者入りから同十五日までの間にイイキカセという十五章の口頭伝承を暗誦できるようにしなければならなかったという。四百字詰原稿用紙にして八十五枚になる、厖大なものだが、先輩の口授でおぼえたらしい。
 その内容は「分団へ来る身まわり、頭に帽子、鉢巻、頬かむり、腰に手拭い、煙草入れはせられず、足に下駄、せきざ、表つきの下駄なおもってはけず」と禁止条項、「けいざい」は「小若衆はマッチは月に小箱五箱、炭は年に一俵」と制限(中略)微にいり細にわたっている。
 こうした若衆仲間の条目というものを、私は一部の研究者のように信用しない。おそらく明治維新後の新作だろうし、記憶してみても役に立つわけでなく、要するに新参者を苦しめるのが目的である。こうしたものには必ずウラがあって、なんとか抜け道があり、それが半公然と認められていただろう。余所者にはそれがわからないだけで、こんなものをマトモに記憶したり、暗誦させられていたと思うのはバカだ。

「性の手ほどき」なるもののありかたが、これもまた内輪だ。235ページ:
 紀州の勝浦では娘が十三、四になると、老人を頼んで女にしてもらい、米、酒、桃色フンドシを、その礼として贈った。おそらく相手をした老人の方から赤腰巻、カンザシなどを返すか、先に贈ったものと思われる。また十三、四の少女が、若い青年などに臼を切ってくれと追い廻している地方もあったらしい。臼を切れとは、水揚げしてくれということで、初潮のあった娘が、若い衆や熟練者に自ら性教育を依頼したのである。攝丹播地方の民俗でいうと、こうした習俗はムラごとに違うので、いろいろの型式があったとよりいいようがない。初潮があればすぐ夜這いがくるムラもあるし、発毛するようにならないと相手をさせないムラもある。娘仲間で相談して生涯の相談相手になるような壮・熟年男性を選定してやるのもあるし、早い者勝ちというのもあった。また、春・秋の宮祭り、秋や冬の粟島講、地蔵講などにオコモリ、ザコネで水揚げというのもある。最末期の段階では祖母、叔母などが連れて参り、かねて頼んである熟・老年の男性に破瓜してもらったという。まあお初穂、水揚げはなかなか難しいもので、若い未熟な男たちには頼まれぬということだ。 “

「チベット旅行記」はスゴ本というより、スゴい人の冒険譚
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/10/post_9768.html

子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2014年3月6日
@lanekota 倒される側の王宮でもコーヒーサロンを媒介に百科全書派が出入りしていたんです。コーヒーと共にスーフィーから秘儀を授かった、一つ目と光る△がついたフリギア帽子を被った白人がコーヒーを飲みつつ百科辞書を読んでいたかも。そう思いながら、道教家は『蟲師』を見ていた。



蟲データベース(一覧)
http://mushishifan.web.fc2.com/data1.html

真金吹く吉備の中山 ~枕詞と歌枕の謎~
http://www.ndsu.ac.jp/department/japanese/blog/2010/11/essay85.html
”岡山の歌枕といえば「吉備の中山」ということになりますが、その「吉備」を導き出したのが「真金吹く」という一句でした。

真金吹く吉備の中山帯にせる細谷川の音のさやけさ

この歌は平安朝の第一勅撰集である『古今和歌集』の「神遊びの歌」に入っています。宮廷で仁明天皇が即位される時に催された大嘗祭(だいじょうさい)で詠われた歌で、単なる風景の歌ではありません。

「真金」(まがね)は本当の金属という意味で、黄金あるいは鉄だといわれています。そして「吹く」とは金属を精錬する工程において風を送る作業のことです。したがって「真金吹く」は金属を溶解し、精錬するという、古代における最先端の技術をあらわした褒め言葉なのです。褒めることによって、それにふさわしい地名である「吉備」に掛かっていきます。他には『万葉集』に一例(巻十四・三五六〇)しかないので「真金吹く」は枕詞ではないという説もありますが、歌枕を導き出す表現の働きから枕詞だと認めないわけにはいきません。ちなみに『時代別国語大辞典』や多くの研究者が枕詞説を容認しています。

「吉備」は黍の国か

枕詞の「真金吹く」が直接、掛かっていくのは「吉備」(きび)という地名です。吉備とは備前・備中・備後の三国のことで、後に分国される美作も入れて、現在の岡山県を中心に兵庫県西部と広島県東部を含めた広い地域の総称です。歴史学で「吉備王国」とも称されるように弥生時代から古墳時代を通じて大いに栄えました。そのような吉備の国の先進文明が鉄をはじめ金属の精錬、精製の技術だったのです。

大和朝廷から一目も二目もおかれ、恐れられてもいたようです。おなじみの桃太郎は大和への服属をうながすために派遣された孝霊天皇の第四王子がモデルだといわれています。平安時代になっても特別な地域であったことは、すでに述べたようにこの歌が大嘗祭で詠じられていることからもわかります。

ところで、ここで歌枕となった「吉備」の語源はいまだ定かではありません。岡山県の地名については昭和五年に出版された『岡山県県史』の「地名考」に及ぶものはなく、吉備についても文献を博捜して考察しています。「吉備はキビ(黍)にして吉備国の土地、黍殻の耕種に好適しその産額る多く古来黍酒、黍団子の料となりし」といって、黍に適した土地柄であり、黍酒や黍団子が名産であること、「黍は黄実キミ、転じてキビ」であり、「岐美、岐備、吉備、寸簸、黄薇」などの漢字の用い方はすべて当て字で、皆通じると説明しています。そして「吉備の国名が阿波、安房の粟、紀伊の木の産地に名づけたると同じく、黍の産地に因めること疑いなし。」と結論付けるのです。


最後になりましたが、枕詞「真金吹く」が吉備を導き出し、いよいよ本番の「吉備の中山」が登場します。吉備の中山は吉備平野と岡山平野の中間にある山で、古くは「吉備の児島」と呼ばれました。文字通り吉備の国の中心に位置している聖なる神体山で、港があり、吉備津彦の本拠地でした。航空写真で上空から撮影するとかつて島であったことがわかります。南側が庭瀬です。庭瀬という地名も神の山の前の海の瀬という意味だと考えられます。現在、その麓を東西に新幹線が通っています。

その吉備の中山の西側の麓には備前の一宮の吉備津彦神社が、東側の麓に備中の一宮の吉備津神社が鎮座しています。一つの山に二つの一宮が依りついている例は他にありません。吉備における最も聖なる山であり、分国されるとき二つの国がそれぞれの国の神の山と主張したのだと思われます。これほど歌枕にふさわしい山はありません。”

狼たちは知っている ‏@wolvesknow 2015年6月26日
河口慧海の、チベット旅行記。 青空文庫で読んでるが、とてつもない。勉強になりすぎる。 しかし、ダライ・ラマっていったい何?

貧乏人に、ラマの化身は宿らぬ、というのがチベットの極まり。 と書いてある。 筆者は、ラマの化身は賄賂の化身と書いている。いやはや。。。
英国や、耶蘇教の明治時代以前におけるチベットへの侵入も詳しい。 この本を見落としていたとは。。。

狼たちは知っている ‏@wolvesknow 2015年6月29日
そう いやチベット旅行記で、チベット族がタバコの葉をかじって汁を飲み込んでるとあったな。 慧海は、やめさせたと自慢してたけど、何か意味があったのだろうな。

狼たちは知っている‏ @wolvesknow 2016年11月19日

青空文庫のチベット旅行記 河口慧海 で、チベットで僧としての位を上げるには、カネとコネが必要だったチベットの様子がよくわかる。ダライ・ラマは、胡散臭い。

狼たちは知っている‏ @wolvesknow 2016年9月26日

チベット旅行記 河口慧海 青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/001404/files/49966_44769.html … おもろいで。まじ、おもろいでこれ。
”法王政府のネーチュン のごときは恐らくチベット中の金満家といわれる位に金があるです。そこで大抵高等ラマの化身は多く貴族の子供とか、あるいは金満家の子供、大商法家の子供というような者が多い。それがおかしいじゃありませんか。貧乏人の子供にラマの化身が宿らないと極めてあるように、ほとんど十中の九までは皆富貴の家からその化身が出るという一段に至っては、必ずその間に何かの事が行われて居るに違いない。それはただ表面から観察しただけでも分るですが、実際は全く妙な事が行われて居ますので、折々嫌な事を沢山耳にしたです。
 まず自分の子が出来る前からして神下しの所に行って賄賂を遣って置くです。そうしてどこか良い寺へその子供をあるラマの化身だというて口入をして貰うのです。良い寺には沢山な財産がありますから、そういう風に申し込んで置くとその寺の財産を自分の子供が生れながらにして得らるることになるのであります。それは随分商売的の場合から言ったならば賄賂を沢山使っても余り損はないというようなものでしょう。それゆえに金を沢山贈る者があるんです。これは私のしばしば見聞した事であって、決して表面から観察してこうであろうというような推測話じゃあない。だから化身の信ずるに足らんということはもう分り切って居る。昔の事はいざ知らず今の化身というのは本当の化身でなくって賄賂の化身 であると私は言った事がある。それでもその子供に自信力をつけてよく教育するものですから、どうも化身と称するラマは十人の内でまず八人までは出来の好い方です。二人位は屑もあります。その教育の方法は教師も付添人もその化身とされし子供に対して鄭重に敬語を用います。喩えばその化身の子供につまらないことがあっても無下に叱るということをしないで、あなたは化身であるのにさようなことを遊ばしてどう致しますかというて反省させる位のものであります……。だから私は少し考えた事がある。どうも子供を無闇に馬鹿だの頓馬だのと罵り、あるいはその記憶力の足らぬ事判断力の足らぬ事をば無碍に卑しめてその自信力を奪うという教育法は、確かにその子供の発達を妨害する教育法だと思います。
 その子供には自信力をつけて充分進めるものであるというところの観念を起さしむるように教育することは必要であるという考えを、チベットに居る時分に起しました。
チベット人はそういう事はもちろん知らない。また賄賂を遣るというような事もそれは富貴者の間に行われて居ることで、一般人民はそんな事はちっとも知らない。実に馬鹿なもので、政府が蜻蛉返りをして居っても一般人民はほとんど知らない。一般人民の間に伝えられて居ることは、どこそこの華族さんに今度お子達が出来たがそのお子達は生れながら乃公はどこの何というラマであるというたとか、あるいはその子供の所へその前のラマの物としからざる物と同じような物を二つ持って来て、あなたのはどちらかと尋ねたら同じような物の中でよく見分をつけて、これは本当これは嘘であるというたそうだ、だから彼子は確かに化身に相違ないというような説が俗人社会に行われて居ります。
 これはチベット一国にこういう迷信が行われて居るので、ただラサ府、シカチェにおける秘密に立ち入って見ると、その化身は賄賂の化身ということは確かに断言して憚らない。たとい賄賂の化身でなくても、神下しとある貴族との関係上、神下しはその貴族の保護を受けて居る時分には特別に賄賂を貰わないでも、それはいわゆるおべっかにそういう事をやることもあるです。この神下しの事についてまだ少しいいたい事がある。”
狼たちは知っている‏ @wolvesknow 2016年12月4日

新西遊記 久生十蘭 青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/001224/files/46087_45574.html … ダライ・ラマが胡散臭いなと思われる鋭い方向け。ラマ教(チベット仏教)に関する話。食事中の閲覧はお勧めしません。

狼たちは知っている ‏@wolvesknow 6月30日
チベットの僧籍の人達が身分を上げていくのに、いかに昔から金まみれなのか、差別思想があるか等は、チベット旅行記、河口慧海を読むとわかります。青空文庫にあります。 ダライ・ラマねー。。。オウムの麻原とも会ってたね。あのコネはどこからなん?

世界の民族衣装 ‏@minzoku_gazo 7月7日
1879年に撮影されたチベットの王女。インドの学者サラット・チャンドラ・ダースによって撮影された。サラット・チャンドラ・ダースは河口慧海(日本人初のチベット入国者 当時のチベットは鎖国状態)のチベット語学習の手助けもしている。 pic.twitter.com/GPdN3PqdRV

thanatology ‏@thanatology_bot 7月6日
死ねばそれまでのこと、日本にいたところで死なぬという保証はできない。向こうへ行っても必ず死ぬとは決まっていない。運に任して出来うる限りよい方法を尽くして、事の成就を図るまでのこと。仏法修行のために死ぬほどめでたいことはない。それが私の本望だから惜しむに足らぬ。(河口慧海)

『チベット密教の本』(学研)『ワンピース』『東京喰種トーキョーグール』『さよなら絶望先生』『ねじまきカギュー』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

斎藤保高『チベット密教 修行の設計図』・『チベットの般若心経』で本物のチベット思想を学び、スピリチュアル(インド風キリスト教系カルト)儲を撃退しましょう!
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

P・グラレム ‏@pinkglalem 2014年3月20日
@lanekota @youtube 中共進攻以前のチベットと言うのは1%の貴族が宗教指導者をたてて、農奴を搾取する厳格な階級社会。貴族は自分たちが懐柔できる指導者を子供の頃に拾って来て都合良いよーに教育する。毛沢東に資産を剥奪された貴族たちはCIAや欧米勢力に泣きついた。
@lanekota @youtube ダライラマの実兄はCIAだし、現代のチベットはかなり近代化が進んでいる。この現状を、日本では報道しない。税金を払いたくない日本の宗教法人がフリーチベットを擁護するのは当り前。ダライラマ時代のチベットは田布施朝鮮部落システムにとっては、理想郷。

P・グラレム ‏@pinkglalem 2014年10月11日
@pinkglalem マザーテレサろ言うのは、多額の寄付を得る為に、病人とかを、わざわざ不衛生な場所に手当てもせずに放置して、それを宣伝材料に使っていたワケ。チベットはね、ダライラマが統治していた時代より、中共産党が民主化した今の方が国民生活が裕福なんだよね...

P・グラレム ‏@pinkglalem 2013年12月13日
@lanekota ダライラマ統治時代のチベットはかなり酷い専制政治だったらしいです。寺院では幼児への性的虐待も横行。映画で出て来るHハッラーも登山家ではなくてSS。CIAがチベットテロを援助していたのは、陰謀論ではなくて、ちゃんと文章が残っているそーです。

P・グラレム ‏@pinkglalem 2013年10月5日
ダライラマの時代、チベットの圧制は、李氏朝鮮時代の半島よりも酷かった。ハインリッヒ・八ッラーはヒトラーSSだったし、ハーケンクロイツはチベット佛教の卍がモデル。ダライラマは、昭和天皇と同じくヒトラーの友人である。

P・グラレム ‏@pinkglalem 2015年1月16日
ユダヤ人は存在しません。コレは事実です。じゃぁ、ユダヤ教は?ユダヤ人が存在しないのに、そんな宗教を作れるワケないじゃん。コレも存在していない。「ユダヤ陰謀論」をいまだに吹聴してるヤツに訊いてみろ。その陰謀論の根拠を示せと...連中は答えられないから...

古代のセム語族には3種類いて、アラム人とフェニキア人とヘブライ人、この三つをミックスしてデッち上げられた空想上の民族がユダヤ人。ユダヤ教は、ゾロアスター教とバアル信仰とその他の神話をミックスして捏造されたモノ。

フェニキア人は交易の民でシルクロードの地域で手広く商売をしていた民族。カルタゴの軍事力は彼らの経済力によって支えられていた。イベリア半島はかつての植民地で、スファラディとは、フェニキア系の民族。ヘブライ人はアラビア半島の南部に定住した民族で移動していない。

P・グラレム ‏@pinkglalem 2014年9月15日
@jewjewsenjer @tomikanjizai @saraonabrick ユダヤ系スペイン人なんて存在しない。イベリア半島はカルタゴの植民地だった。フェニキア系だ。バーカ。

STB ‏@RC_StB 7月19日
ロスチャイルドの主人ヘッセン家現当主、ハインリヒ・ドナトゥス(写真右側の男)。 サヴォイア家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の曾孫、エリザベス2世の三従兄弟(祖父フィリップの母マーガレットがヴィクトリア女王の孫である) pic.twitter.com/hpIB5BassB

因みに、ヘッセン家は30年戦争時代新教側で、ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム5世(ルター派)はスウェーデンに与した 代々ルター派だが、ヘッセン分家はカルバン主義だったり ハインリヒ・ドナトゥスも御多分に漏れずルーテル教会

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 7月19日
@RC_StB プロテスタントとメイソンのオーバーラップ構造が丸見えですね。こんばんは。

STB ‏@RC_StB 7月19日
@lakudagoya 今晩は ええ。欧州貴族=王族は埃が沢山出てきます ヘッセンは貴種の上位層ですしね ロスの一派を粛清したとも言われるサヴォイアはラテラノ条約を結んだりP2事件でバカチン銀行と結び付いたりしていましたが

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 7月19日
@RC_StB そうそう。でも、中核のデルバンコとかあのあたりはベネチアや有色人種の銀行家が出たりしてて何で欧州の金融特権がそのなんだ?と色々と謎ですが。中世の中東の金融コネクションとの繋がりがきになりますね。

STB ‏@RC_StB 7月19日
@lakudagoya ソースによっては、スキタイ人と書いているところもあるんですよね テンプル騎士団として十字軍略奪を行ったのがデルバンコ(スキタイ)で、バイキングと合流し海賊になった、と ベネチアの金融家は後に天然の要塞スイスに移動

『夜這いの民俗学』(赤松啓介/明石書店)を読みました。
http://kappa.hatenablog.com/entry/2012/07/22/223844
『非常民の民俗文化』 赤松 啓介
http://ueshin.blog60.fc2.com/blog-entry-853.html
赤松啓介『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』×西加奈子『漁港の肉子ちゃん』http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html


菊池‏ @kikuchi_8 22 時間22 時間前
オウムは仏教とかヨガ団体を偽装しているが「霊性進化論」というブラバッキーなど神智学協会の連中が考えた教義を根幹に据えている事を見ても神智学系のカルトだと分かる。オウムの背後が裏権力なのは言うまでもないが、表に掲げる教義も完全に結社系の思想である。オウムは表も裏も完全にあっち側だ。
2件の返信 12件のリツイート 8 いいね
• 菊池‏ @kikuchi_8 22 時間22 時間前
オウムの思想面の分析については「現代オカルトの起源」大田俊寛著をお勧めする。神智学を起源とする近現代のオカルトの思想史がコンパクトにまとまっている。「陰謀論とオカルトのセット売り」に騙されない為にも有益な基礎知識と言える。
1件の返信 9件のリツイート 15 いいね
• 菊池‏ @kikuchi_8 15 時間15 時間前
オウムはチベット仏教の影響があると言われる。だがチベット仏教では論理学を徹底して学ぶがオウムは超能力に執着し終末思想を煽るなどオカルト教義に終始する。神智学の霊性進化論はペルシャ系の黙示的終末思想を根幹とする。新約聖書の黙示録と同じ系列。だからオウムは「ハルマゲドン」を強調する。

オウムが影響を受けた「神に進化する人種と動物の次元に堕落する人種の2種類の人種がいて最終的に前者が勝利し理想郷を創る」という「霊性進化論」は新約聖書の黙示録を通してペルシャのゾロアスター教の善悪二元論及び終末思想の影響を受けている。
そこに近代に登場した進化論を混ぜた教義である。

「善悪二元論」「終末思想」を特徴とするオウムは仏教や印度哲学の系列ではなくペルシャ系のカルト教義である。
因明を見ても分かるように印度哲学には論理性と合理性がある。神智学自体が印度を偽装するペルシャ系の思想である。ペルシャ系の思想は新約聖書の黙示録などを通して西洋に流れ込んでいる。
1件の返信 6件のリツイート 3 いいね
• 菊池‏ @kikuchi_8 14 時間14 時間前
印度哲学の中でも原始仏教は最も論理性と合理性が高いと評価できる。原始仏教は「渇愛を除いて苦を滅する事」(四諦)を目的とする。判断の対象を経験できる現象に限定し形而上学的な断定は避ける「無記」の姿勢。形而上学について独断を積み重ねるペルシャ系思想とは全く異なる。オウムは仏教に非ず。
1件の返信 4件のリツイート 5 いいね
• 菊池‏ @kikuchi_8 14 時間14 時間前
無記はヴィトゲンシュタインの「語り得ぬものには沈黙する」という姿勢に似ていると言われる。カントも純粋理性の適用範囲を「現象」に限定したものの結局は「物自体」を想定したり実践理性においては形而上学を要請したので無記に関しては不徹底だった。即ち「無記」は西洋では20世紀まで登場せず。


“『柳田民俗学の最大の欠陥は、差別や階層の存在を認めないことだ。いつの時代であろうと差別や階層があるかぎり、差別される側と差別する側、貧しい者と富める者とが、同じ風俗習慣をもっているはずがない。』(「差別の民俗学 (ちくま学芸文庫)」P236-237)
柳田のいう常民が彼の政治的な意識を前提として創出されたファンタジーであり、それが「国民」という神話を創りあげることに大きな影響を及ぼしたことに対して徹底的に批判を加え、その対抗意識から柳田民俗学が取り上げなかった差別、性風俗、ヤクザ、天皇といったタブーを中心に研究を進めていった。
『彼らはこの国の民俗学の主流を形成してきたが、かつてはムラで普通であった性習俗を、民俗資料として採取することを拒否しただけでなく、それらの性習俗を淫風陋習であるとする側に間接的かもしれないが協力したといえよう。そればかりか、故意に古い宗教思想の残存などとして歪め、正確な資料としての価値を奪った。そのために、戦前はもとより、戦後もその影響が根強く残り、一夫一婦制、処女・童貞を崇拝する純潔・清純主義というみせかけの理念に日本人は振り回されることになる。』(「夜這いの民俗学・夜這いの性愛論」P33-34)“「夜這いの民俗学・夜這いの性愛論」赤松 啓介 著”
http://kousyoublog.jp/?eid=2684

峨骨‏ @Chimaera925 2016年4月22日
夏目漱石の坊っちゃんでは下女の「清」は「瓦解」の時に零落した人物と作中で呼ばれている。瓦解とは明治維新の事。官軍側ではなかった人々は維新ではなく瓦解と呼んだ。学校教育では官軍側の視点に立っている。維新と瓦解の対比。勝てば官軍とはよく言ったもので、呼称も上手くやったものだ。

ニャ太郎【日々是猫日】‏ @nyatarous 2012年12月5日
明治維新後、当時を生きた文豪などの知識人達の大半は明治維新を徳川幕府の「瓦解」と捉えていた。これは当時の夏目漱石や芥川龍之介が実際にそう書いている事からも明らか。民衆の間でも明治維新は民衆に求められて起こった出来事ではないので、明治政府を尊敬するような風潮は維新直後は更々無かった

ニャ太郎【日々是猫日】‏ @nyatarous 2015年7月1日
夏目漱石をはじめ、永井荷風などの明治の文豪や知識人の多くは、明治維新を江戸幕府の『瓦解』と証した。 維新と言う言葉は明治政府が”宣伝”のために使用した言葉であるが、彼らの残した言葉から、当時の人々には明治維新なるものがどう見られていたか分かると言うものである。

KOJI SAWADA‏ @sute56 2010年8月12日
「<明治維新>というもっともらしい言い方は薩長のもので、東京生まれの漱石や荷風、芥川までが<維新>とはいわずに、徳川家の<瓦解>、<御瓦解>と作品の中でいっている。」小林信彦(『森繁さんの長い影』より)#ryomaden #bakumatsu #ryoma


【マンガ絵描きたい27】霖之助の昔の日本人ってば【法規制反対3】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10562799?ref=search_tag_video
【マンガ絵描きたい25】霖之助のポルノか芸術か【法規制反対1】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10562012?group_id=31419469
【マンガ絵描きたい26】霖之助の宗教と道徳【法規制反対2】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10562281?group_id=31419469
【マンガ絵描きたい27】霖之助の昔の日本人ってば【法規制反対3】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10562799?ref=search_tag_video
【マンガ絵描きたい28】霖之助の80年代黒歴史!【法規制反対4】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10563213?group_id=31419469
【マンガ絵描きたい29】霖之助の自主規制という名の【法規制反対5】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10576234?ref=search_tag_video
【マンガ絵描きたい30】霖之助の法規制を規制したい【法規制反対6】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10576359?ref=search_tag_video

桂米朝 「桃太郎」
https://www.youtube.com/watch?v=cU89aSJvHjs


お読みくださり感謝! 昔こっぽりにゃんこの目!
スポンサーサイト

工事中 支配層のカルト「地獄教(仮称)」と聖典の中身を推定。フェイド大帝の過去の最低帝国の引用とオカルト百科などから考察資料。置き場所に困ったもの集め。一切皆苦の永続のために、地獄せよヤバいアニメ見つけたRWVYと同じ制作会社。昔こっぽりにゃんこの目! 過保護上等だこらー 更新報告更新報告香水ン報告随時追加とブログったー 

ずいじついかちゅうー 偶像。癒し。これから地獄なので。





シンボル





教義

フェイド大帝
「あくまで個人的な持論なのだが、日本の古代の
豪族や皇族、貴族は”地獄教”を信仰していたのではないかと
思われる。

これは仏教等で説かれる六道輪廻の地獄界の”無間地獄”という
最凶の苦しみを体現する地獄をこの世に実現し、全ての衆生を
この”無間地獄”に恒久的に叩き落すことを根本思想とした
宗教のことである。

実は、仏教やキリスト教、イスラーム教の唱える”地獄”
なんてものはだれも見た事がない。もちろん”天国”もそうだ。
まともな神学者なら”天国”が実在するのかを研究したりするの
だろうが、(天国が存在するならそれがどこにあるのかとか)
”地獄”が実在するか、それはどこにあるのかに関心を抱く
人間は実際には少数だろう。
”地獄”なんか実在しても何も良い事ないしね。

ところが、この世に実際に”地獄”(宗教の説く様な)がないことに
実に落胆してしまう変なサディストの人間達がいる。
そういう人達は”じゃあ人工的に地獄を作り出せば良いのではないか?”
と考えるわけだ。
ただこの思想は完全に狂人の考えであり、まともな精神を持った
人間の物ではない。こんなことを考えつく人間が実際に
いたとしてもそのコミュニティにおける例外中の例外だろう。
ところがこの狂った考えが宗教化し、こういった狂人サディスト
達を次々と量産する宗教が”地獄教”だ。」

このぐちゃぐちゃなかんじこそが地獄にふさわしい。

地獄教って日本教+労働教が一番近そうなんだけど。
耶蘇の悪いところを悪化させ、良いところすら抜いたもの。
生きているだけで幸せとは私にはとてもじゃないが思えないよ。

地獄教(仮称)の教義
=釈迦が「これをやると幸せになれないからやめなさい」と言ったこと意地でもやめないことが手段にして目的であり、地獄を現世に顕現させ維持せよという強迫観念。

最高神=死=飢え=食(≒食欲。捕食=破壊)。
頭、両腕、両足、尻尾がある。
※仏教の餓鬼で性格はがきかつヒスお嬢様。パンドラ。

“死は欲した。
「私に第2の自己が生まれる様に!」と。
飢えである死は、その思考によって言葉と性交した。
それの精液であったものは年になった。それよりも以前に
年は存在しなかった。これだけの時間、すなわち、一年だけ
死はそれを保持した。“
より、
言葉(ロゴス。聖書の神)は死より下位。
死が言葉と性交し、死の精液が時間となる。
死は時間も創造した。
ズルワーンやカーラやクロノスより上。
死は人間も創造した。
そして食べる。
生贄の儀式も創造。
アルカ(祭火)は死からの流出物。
(ハンターハンターのアルカはおそらくここから)

聖典の文章予測
・一切皆苦の永続のために、地獄せよ。
・偶像崇拝せよ。邪悪の物質化こそが偶像作成である。

(ししんちきょうだん が参考になるかも。
偶像作成も崇拝も禁止ならステルス化が楽。
内なる神が内なる邪神。
生きとし生けるものには皆死ぬ要素があるから平等に苦しめ。
肉体は邪神殿であるから邪悪で充満させよ。



・インド仏教を研究せよ。そして教えと真逆のことを実行せよ。欲望を抑える要素を全て抜け。我欲こそが聖典である。


実行部隊=無自覚含め信者


地獄教について以下の分類をしながら考えていたのだが以下の分類が終わっていないがのせていおく。
分類せよ、統合せよ。
支配層の派閥分けは自分なりにしないといつまでも他人の概念の虜だよ。
Avs反A 
はわかりやすいが、この対立が複数あって相互に絡み合ってややこしいのが現実。
零割か十割かで考えてはいけない。親Aと反Aは濃度で測るべき。
忘れるなかれ、
「共倒れしない程度に手加減して対立。大衆や下っ端工作員がいくら大量死しようが“手加減”である」


政府陣営
桃太郎(教科書に桃太郎採用)
国家神道=天皇一神教=異端派✝
創価学会(から派生)=仏教風耶蘇

黒住教=神道風グノーシス寄り耶蘇。
(教祖が天照と合一。天皇教も天照側なのでこちら)

vs

金神=うらたろう(桃太郎が退治した鬼)陣営
金光教=神道風グノーシス寄り耶蘇。

大本教=神道風グノーシス寄り耶蘇。
(出口家を天皇家に代わる地上の権力者にしようとする啓示が聖典にあり)

大本教派生の有象無象
(有象無象過ぎて桃太郎寄り派閥もある)

立正佼成会=反創価。
(金光教と仲良し)




グラレムさんが創価は大本教の最初の分派と言っていたけど、私は上記より懐疑的。あの家系図の出所が知りたい。
大本「から」創価が派生ではなく、創価も大本も同じ工場「地獄教(仮称)」から派生し、もとから対立するように作られたのでは?
カルト政府vs反政府カルトの壮大な茶番。
ヒスお嬢様「地獄と地獄、どっちが大事なの?」
みたいな超絶地獄。
パンドラ・地獄・地獄の陰惨位一体(いんさんみいったい)。

グラレムさんは無神論者だと何度も宣言。カトリックを最大級に叩いているから大東社寄り。私は工作員認定はしていない。
イスラムを作ったのはカトリックではないよ。カトリックが迫害した異端派がイスラムを作るのに関与。

―――
―――
地獄教史料

ヤバいアニメ見つけたRWVYと同じ制作会社。
緑=世界連邦色と丸に×シンボルで名前がX線=原子力。
相棒が英国の内イングランドで名前がヴァヴ=6。
EUと英国。
男性器を服ごしに触れ合わせる決めポーズのホモホモしい内容。
敵が右目のみ海賊=北欧かな。














日本語字幕付き
X-Ray & Vav Episode 1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25011551


XゴリΩサン‏ @ZtttttN 2014年6月29日
ハイリア人てアーリア人?ルピーだしインド? #ゼルダの伝説



 ほーこくほーこく過保護上等だこらー
いいから劫火の教典の今週の話から読むんだ。ネットでタダ読みできるから最新話ち第一話は。過保護上等だこらー
来週の話はメシアが復活する場面だろうから必見だぞ。
私はとまとさんが紹介してから毎週読んでいるぞ。
ぐだトマト‏ @pteras14 17時間17時間前
劫火の教典 第3巻、相変わらず凄いな…… これはねこたさんも読んだ方がいい。 キリスト教におけるイエス復活の真実 とその意義に限りなく迫ってる…… 後、「懲役339年」の頃と比べて 絵がめちゃくちゃ上手くなってる……




「信用できる陰謀追及者」(団体含む)認定するならね、最低でも一年はその人のツイートやブログ記事を見ないと判定できないよ。そんなに簡単に「信用」してはいけない。だってこの信用は「依存」「新たな消費の対象」って意味でしょ?
信用した時点では大丈夫でもこれからそうとは限らないでしょ?
ワイドショーとゴシップ好きのテレビのコピー機(一応自由ある意思決定している人間らしい)を笑えんよ。


オルフェウス教とストア派の重要情報集。『オルフェウス教』『世界の名著13』(『スキピオの夢』)『』『』『』『』『』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
にかなり加。


ーー
特典が欲しかったのでアイデア大全狩ったぞ。該当記事更新タルムード思考法がすさまじいぞ。巧妙な宣伝文句にしといた。

いっとくけど共謀罪が採決される前から都合の悪い奴は消されているからね?
抑圧の空気の悪化が目的でしょ。自粛こそが最強のファシズムだから。
私の記事は少なくとも重要そうなのは記事の青文字タイトルの上で右クリックして名前を付けて保存して紙に印刷もしておくれ。
重要そうな本は紙で買って手もとに置くこと。できれば個人書店で買うこと。私はアマゾンなしで行けるなら本屋で買う。
一つ前の記事が完成しない理由を述べよ
ツイッターが共謀罪検閲の性だよ!
よくある伏字の仕方ももう対策されているんだろうね。
ほしい情報が全然でないのさ
なぜRTできないのかわからいツイートもある。政治無関係なのにRTできないんだよ?
あとツイートは削除されましたが出過ぎ。
タイムライン、リスト、本人のアカウント直接、比べると本人のアカウント直接行くべき。
すくなくとも必読なら直接いくこと。
タイムラインは見てはいけない。露骨に操作されている。リストでも抜けがある=検索がダメ、情報受け取りがダメ、意図的操作など。
ツイッター内で期間検索しても抜けがあるから、一連のツイートを自分への変身と言う形で繋げてくれないと全部読めないことあり。ッ私がお気に入りしまくってふぁぼろぐやっているのはこの帰還検索にひっからい対策。








わかりやすいものを求めることはわかりやすければ嘘でもOKになりやすい。

【ゆっくり解説】3分でわかるカヤカベ教
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31248530

(天照は阿弥陀仏だとするなど、神道に偽装。廃仏毀釈も避けられてお得)


ほでりそ‏ @uma6661 2015年2月28日
カヤカベ教の存在を知って、宗教を密告から逃れながら何世代も語り継いでいくゲーム考えついた。


(面白そう。
教義を最初に定める。それをいくつかに分けてアイテム扱いにする。
アイテム所持者からアイテムを得るか、口伝者から聞くかで教義ゲット。
教典という文字聖典があるなら楽だけどなあ。
迫害される側って口伝重視っぽいし。証拠押さえられないようにね。
主人公の立場って中途半端に教義が知らない状態で自分らの所属団体の上層部がしにまくったか殺されたりしたから復元せざるを得なくなったってことにしたらどうか。
口伝の場合は聞くのであり、音声のみ。聞き直しはOKだが回数制限あり。
つまりプレイヤーが覚えないといけない。プレイヤーのメモはOK。
キャラである主人公がメモをとれるか(アイテム化)は教義による。文字にすること厳禁なら少なくともその信者の周りではメモとれない。離れるととれるが見つかってはいけない。
これだと既存宗教でなくてもいける。口伝のみで文字起こし禁止なら難易度最大。日本語だと口伝だけだとまずいけどね。同音異義語が多すぎるから。
つまり日本語は書き言葉で漢字で同音異義を分けること前提の言語。
なんの宗教かあらかじめプレイヤーにわからない設定もいいかも。
明治より前のキリシタン禁止したならヤソ異端とかでないとおかしくなるから舞台設定をどうするか。日蓮宗不受不施派(ふじゅふせは)かキリシタンか、よほど勢力を持つ新仏教系でない限り弾圧されないからなあ。
中世カトリック圏舞台の方がよさそう。
世代ごとの話にするとか。
偽装で外面の教義を変更するとか。
でも何百年もあってばれても問題ない世の中になって公開するか否かでエンディング変わるとかさ。
誰か作ってください)






金光教とか秘湯…前の記事大幅増帆ああヤバいぜエ

オルフェウス教も追加したニーチェとストア派とエピクロスの関係も書いた。
「私は、ゲー(大地)と、星芒輝くウゥラノス(天空)の子だが、私が属するのは、天空の種族である」って唱えるオルフェウス教

蒸気はまた+カモ。
タロット記事も増補というかタロットの宇宙って本のメモついかちゅう。
空をまなぶならミリンダ王だねの記事も足した

ぶろぐったー
も教祖と使徒の設定と教義をもっとひねれよ。設計図何回使いまわすんだよ。現教主はこの世界連邦日本宗教委員会代表委員4名の1人。日本会議と世界連邦はセットで世界連邦が本体。下の資料引用も読んでくださいな色付けといたよとかいあてアルコン高校黒住とかの記事が超重要。 世界連邦推進で人脈にワールドメイトあって草不可避この記事が大摩邇(おおまに)に転載されて草不可避。
ろとるうっちに
初代ウルトラマンの第18話「遊星から来た兄弟」が一番やばいな。
支配層そのまんま。
凶悪宇宙人 ザラブ星人が敵。
ザラブ星人が東京を放射性物質の霧で覆う。
ザラブ星人が東京にまいた放射能の霧は400レントゲン(4シーベルト)。
ミリがないからね?
ザラブ=兄弟。
ザラブが兄で、地球人は弟と言う。
メイソン系ユニテリアンのシュヴァイツァーが人類皆兄弟といいつつ
白人は兄で黒人は弟と言って白人優位思想なのを思い出す。
友好的なふりをしつつ、ザラブ星人はウルトラマンの変身して町を破壊。
偽旗作戦。
しかも18。
プロテスタント側のメーソン叩き?
カトリック寄りのグノーシスならOK?
ちなみに初代にはダゴンが原爆をみにつけながら暴れる話がある。

初代仮面ライダーも地下核爆破で人工地震を起こそうとする話があるし、特撮も結社側。
とかをリトルウィッチ記事書いといた ねこたさんのツイート見ればなぜ魔女学院にウルトラマンなのかわかるおしりごっこ。
もうこのブログったー独立させようか迷う




ぶろぐったー りとるういっち最新話まで更新完了ってツイッターのアカウント名のところで告知したけどここにも快特。
フランス系カトリックのリギョール神父が日本で最初の陰謀論本を出しその内容がメーソン叩き。
しかもこの神父がカレルギーの嫁にカトリック思想を教える。
ということでリギョール本ネットで読めるので読書再会。いつ読み終わるかわからんけどな。ちょう読みにくい。旧字体で文体古いのもあるが何より紙面が汚い。この記事の一つ前の博士予定記事は陰謀本メモになっちゃったぜ。いんぼうろんほんよまないわたしだけどせんぜんのはよもうとおもっている。ひらがなによるじょしりょくあぴーる。昔の本読むと意地でも漢字表現使ってやる心意気がすごい。ーー

オルフェウス教記事にく予定だけどニーチェはストア派の自然に従って生きろを完全否定だからね!あとタロット記事も増補するよ。黒住も天理も金光も世界連邦側

―――
地獄教史料


オカルト百科 傑作選でも作るか?傑作ばかりなんだけど。
【ニューエイジ編】まどマギ再考
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-479.html
"最近見つけたまどマギ関連の記事でようやくマトモなのが
出てきた。

ttp://happism.cyzowoman.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=19&tag=まどマギ&limit=30

まともと言っても入門レベルの記事内容でしかないが......

巷ではまどマギの元ネタはニーチェ哲学だとか、映画の「ドニー・ダーコ」
だとか言い張る頓珍漢な所まである。

本屋に入ったら速攻アニメ/ラノベ/マンガコーナーにヘッドダイブ
するような人間しかいないようなアニメ業界で、ニーチェなんか
高尚な物を読んでいる奴なんていないだろう。

ニーチェを読んでいるオタクなんて下記URLの管理人ぐらいのものだ。
「俺の彼女がニーチェだなんて」
ttp://hallucinyan.hatenablog.com/entry/2012/10/09/183752

ところで一番最初の記事に出てくる「カルマ論」、「アセンション論」
は過去の最低帝国の方が早くから取り扱っている。

しかし、いきなり「ゼータ・レチクル星人」なんて単語を出した所で
アニオタは何がなんだか理解できるわけない。

そもそも一般人は西洋魔術の歴史すらしらない。

「まずは下記サイトの記事を全部読め」

ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/hytsuka1.htm

オカルト知識のまとめサイトだが、中々よくまとまっている。
この程度の知識がなければ「まどマギ」のレビューなんて
とてもじゃないがまともに出来るレベルにはない。


さて、問題の「ゼータ・レチクル星人」だが、
一般人はこの単語がどこから出てきたかも分からない
だろう。

実はこの手のスピ業界の宇宙人は”中○薫”だとか、
”K福の科学”のような新興宗教等で主に扱われている。
その本流はアメリカの新興宗教の教義にあるのだが、
まぁ、彼らの場合は故・太田竜の紹介したデービッド・アイク
の著作辺りから引っぱってきているのだろう。
デービッド・アイクの唱えるレプティリアン人の特徴が
こういった新興宗教の紹介する宇宙人の特徴と瓜二つだからだ。
そもそも世界を裏で支配する邪悪な宇宙人という概念は
デービッド・アイクが邦訳されるまで日本では聞いた事がなかった
と記憶している。
このデービッド・アイクというイギリス人、元々はプロサッカー選手
で政治家だったらしいが、彼がこういったトンデモ理論に
目覚めたのはある大物の助力があってのことだ。
その大物とはベティ・シャインである。
(この事はアイクの著作の作者プロフィールに
 書いてある)
ベティ・シャインとはもうすでに故人だがスピ業界の
大物だ。
最近彼女の本が再出版されたので大きな本屋さんの
精神世界コーナーで探せばすぐに見つかるだろう。
しかし、彼女の本は大した内容ではないのだが
デービッド・アイクにレプティリアン論を吹き込んだ
事実からするとただの物好きな”スピおばさん”ではない。
実は西洋の(主にアメリカ)のスピ業界というのは
上述の”西洋近代魔術”の延長線上にあるのだ。
元を辿ると”黄金の夜明け団”と”神智学”に根っこがある。

残念なことにグーグルで”まどマギ”と”黄金の夜明け団/神智学”
で検索をかけても筆者のブログしか引っかからない。
最近のアニメ・ブロガーはよほど不勉強なのか良く分からないが
宮部みゆきのように”まどマギ”を観ても感激で涙をこぼすぐらいの
知能しか持ち合わせていないようだ。

ところで、このスピ業界の「ゼータ・レチクル星人」というのは
属に言う「地球文明異星人起源説」の一つにあたるのだが
この説、実は大きく三つの潮流があることをご存知の読者は
恐らくいないだろう。

実はこの「地球文明異星人起源説」のタネ本は主に3系統ある。

 1)時を超える聖伝説 Bob Fickes著
 2)ラー文書  カーラ・L・ルカート (著), ジェームズ・マッカーティ (著)
 3)フラワー・オブ・ライフ ドランヴァロ・メルキゼデク著
   プリズム・オブ・リラ リサ ロイヤル (著), キース プリースト (著)

まぁ、本屋さんで探せばすぐ見つかると思う。
この三系統、微妙に登場する宇宙人や天使、年表がそれぞれ若干
異なる。

で「ゼータ・レチクル星人」というのは3)のプリズム・オブ・リラ
に出てくる宇宙人の名だ。
そこで当然出てくる質問は

「アイクの爬虫類人はどの系統に属するの?」

という質問だ。

答えは3)である。アイクの提示する年表が
この3)の著作に出てくる年表をそのまま
なぞっている。
恐らく大元のベティ・シャインがこの3)系列
に属していたのだろう。

陰謀論の大家のデービッド・アイクとフリー・メイソン
アニメと揶揄されている”まどマギ”が共に同じ理論を
下敷きにしているのは実に興味深い。
これに日本の新興宗教界だとか陰謀論屋がこぞって
ぶら下がっているわけだ。

ところで上述の三冊の中でどれか一冊ということで
あればドランヴァロのフラワー・オブ・ライフを
オススメする。ガチでヤバイ内容だからだ。
アメリカの真の変態の気違い度は直木賞作家
どころのレベルではない。

このドランヴァロ・メルキゼデク、実は元ヒッピーで
ある。(作者プロフィールに書いてある)
また、ネットで調べればすぐ分かるが本名を
デイビッド・ペローネというらしい。
実はドランヴァロの作者プロフィールでは
彼は若い頃、スピ業界ではなく魔術結社に
属していたことが分かる。
この魔術結社はカナダにあるらしく、その名を
「メルキゼデク騎士団」というらしい。
実はこの魔術結社、現代ではもう存在しない。
ところがこの結社の団長は相変わらず活動を続けている
様で各地で講演を行っているようである。
この団長の話が興味深いのだが、ドランヴァロは
実はこの魔術結社から”破門”にされている。
理由は彼がCIAの潜入捜査官ではないかと疑われた
ためだ。
この「メルキゼデク騎士団」、ドランヴァロの
著作によると日本からの留学生も結構通っていた
らしい。(多分ここの卒業生が俗にイルミナティ
と呼ばれている連中ではないかと筆者は睨んでいる)
そういえばベンジャミン・フルフォードもカナダ人
だったな。(笑)

実はかの福島原発の事故の時もこの「メルキゼデク騎士団」
の元団員達が怪しい動きをしていた。
東電内部の人間にしか分かり得ない様な情報を持っていたし
原発事故への唯一の対処方法はやたらと騒がずに日本人が
”禅”の心を取り戻すことだとほざいていた。
この”禅の心”という奴は、何もするなの意味である。
あの当時、日本政府とマスコミがこぞって垂れ流した
風評被害のデマ報道と実に”親和性”のある内容である。

ちなみにドランヴァロの派閥には大物の元女優の
シャーリー・マクレーンがいる。
この女も変なスピ本を出しているので本屋で探せば
すぐ見つかるだろう。
だが、アメリカ人に言わせるとこのシャーリー・マクレーン
こそ真のイルミナティらしい。イルミナティの幹部は
マクレーンの他にもいるらしいが一応このオバサンが
一番有名なのであえて言及してみた。

こう考えてみると「まどマギ」を単なる萌えアニメ
として扱うのは間違っていると言わざるを得ない。
少なくとも宮部みゆきや山本弘が一時興奮して
すまされるような作品ではない。
(ところで山本弘は反陰謀論で有名なのだが上述の
 オカルト解説サイトの管理人にちょっかいを
 出してコテンパンに返り討ちにされた過去を持つ。
 だから陰謀論を扱う割には山本弘の著作に
 魔術関連の記述が全くないのはこういった
 事情がある)

こういった背景を考えながら「まどマギ」という
作品を改めて観てみると実に面白く視聴できるだろう。

さて、劇場版新作はどういったネタを仕込んで
くるのやら......"

にせ救世主サバタイ・ツヴィ
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/sabatai.htm
"サバタイ・ツヴィ・ベン・モルデカイは、1626年トルコのスミルナのゲットーに生まれた。
 当時スミルナは、スペインを追放されたユダヤ人達が、各地を転々としながら移住を続けたどり着いた場所で、相当数の人口を抱えていたようである。
 サバタイ・ツヴィの父親は、貿易業で財を築いた富裕層の人であり、息子をラビにするべく、ユダヤ学院で学ばせる。
 しかし、彼は正統的なユダヤ神学には関心が持てず、ルーリア派のカバラ思想に興味を示す。そこで、彼は厳しい禁欲と苦行、瞑想を通じて天使や神との接触を望んだ。真冬の海で沐浴をしたり、長期間に渡る断食なども敢行した。
 彼が、自分を救世主だと信じ込むようになったのは、おそらく1648年のことらしい。
 もともと、ユダヤ教にはメシア待望論があることは言うまでもないことだろう。一部のカバリスト達が「ゾハール」を解釈し、1648年に救世主が現れると予言していた。さらに、ウクライナで大規模なユダヤ人の大虐殺が起こり、終末論的な雰囲気がユダヤ社会を覆っていた。
 そんな中、サバタイ・ツヴィは、聖四文字の名を叫びながら、我こそはメシアなり、といった内容の説教を始めた。
 一部に同調者が出たものの、殆どの人々は彼を狂人とみなした。評価は殆ど得られず、彼は生まれ故郷のスミルナから追放されてしまう。

 彼は、その後、各地のゲットーを旅して回る。
 正式なラビの資格を持たないのに、宗教儀式を行うなどして、ほうぼうでトラブルを引き起こした。
 しかしながら、その学識は本物で、多くの友人を作り、尊敬も集めていたのも事実である。

 彼は1660年にカイロに辿り付く。
 そこで彼はユダヤ人有力者でカバラ主義者のラフィエル・ヨゼフ・ハラビの支持を得る。
 続いて彼は、聖都エルサレムへと向かう。しばらく彼は、目立った行動は行わず、祈りと修行に明け暮れる生活を送る。
 しかし、ここで大きな転機が訪れる。
 トルコ政府がエルサレムのユダヤ人達に無理難題を吹っかけて来たのだ。多額の税金の支払いを命じ、「支払いができないのなら、街から追放する」という命令である。この時、ツヴィは、この危機を救う。密使としてカイロに戻り、大富豪のハラビに助けを求めたのだ。ユダヤ人の富豪は、同胞の救出のためなら、喜んで財を投げ出す。ハラビは、エルサレムのユダヤ人達に代って、税金を立て替えてくれた。
 これにより、ツヴィは、大きな支持を集めた。
 
 妻のサラと出会ったのもこの頃だ。
 彼女は、ユダヤ人大虐殺の生存者で、強引に入れられたキリスト教の修道院から脱出して、ポーランドからカイロまで逃げてきたという凄い経歴の持ち主。さらに、彼女もまたカバラの信望者で、自分は将来、メシアの妻になると固く信じ込んでいた。
 ツヴィは、サラと結婚する。彼女も、一種のカリスマを持っており、支持者を集める大きな力となった。

 さらに、彼のパプテスマのヨハネの役をすることになるカバリストの学者ナタン・ガザッティとも出会う。
 ガザッテイもまた、近いうちメシアが現れると予言しており、ツヴィこそ、その人だと固く信じ込んだ。
 これで、役者は揃ったことになる。

 エルサレムのラビ達は、彼を危険視し始める。
 するとツヴィは、自分達の本拠地をガザへと移す。
 そして、彼は自分こそユダヤの救世主である、と正式に宣言した。
 それと平行して、ヨーロッパ各地のゲットーに、支持を呼びかける回覧文書を送った。
 信じがたいことだが、凄まじい数のユダヤ人達が、これに同調した。
 もちろん、ラビ達は、これをインチキであると糾弾し、ツヴィの信望者を破門にするような強硬手段も取ったが、さして効果は無かった。
 さらに、ラビ達の中からも、ツヴィに同調する者が、少なからず出始めた。その中には、ユダヤ教会の有力者も居た。

 ツヴィは、続いて本拠地を、ガザから生まれ故郷のスミルナに移した。
 住民達は、彼を大きな熱狂で迎え、彼はスミルナの実権を掌握する。
 彼の噂は遠くイギリスにまで伝わり、多くのユダヤ人達が、彼を本物の救世主と信じたという。

 1666年、ツヴィは、スミルナからコンスタンチノープルへと移動する。
 そこで彼は、彼を危険視するトルコ政府によって逮捕され、城に幽閉される。
 しかし、丁重な扱いを受け、贅沢な部屋を用意され、まるで王侯貴族のような生活を送った。

 しかし、その数ヵ月後、彼はトルコ皇帝(スルタン)のモハメッド4世に呼び出された。
 スルタンは、彼に「イスラムに改宗するか、死刑になるか?」の二者択一を強いる。
 ここで、彼はあっさりとイスラム教に改宗してしまうのである。

 彼のイスラム改宗のニュースは、あっという間に世界じゅうのユダヤ人達の間に広まり、このサバタイ・ツヴィ運動は、始まった時と同じように、あっという間に萎んでしまった。
 そして、彼に同調した高名なラビが10人ほど処刑される。
 ツヴィは、その後、ユダヤ教の祈りを行っているところを目撃され、トルコより追放された。
 そして、アルバニアの小さな町で1676年に死亡した。

 ここで驚くべきことだが、ツヴィがイスラム教に改宗した後も、彼を救世主とする運動は消滅はしなかったということだ。イスラム教徒の支持者すら居た。
 彼らは、ツヴィのこの改宗は、一種の「秘儀」であり、イニシエーションのようなものと考えた。
 こうしたサバタイ主義は、実に18世紀まで生き延びたのである。

 しばしば、ユダヤ教カバラ衰退の責任の一端は、このサバタイ・ツヴィにあるとされる。
 と言うのも、サバタイ主義の思想は、キリスト教に類似した所があり、多くのラビ達によって、異端とみなされた。彼はゾハールにある「父、母、子」の三原理を、キリスト教の三位一体に酷似した思想に置き換えた考え方を持っていたのである。
 事実、サバタイ主義者には、キリスト教に魅力を感じ、改宗する者も多かったという。
 さらに、サバタイ主義者にはカバリストが多かった。
 正統派のラビ達は、サバタイ運動を批判するのに熱心な余り、カバラまでもを異端視しはじめるのである。


 もちろん、全てのユダヤ人カバリストが、サバタイ運動に参加したわけではない。
 ツヴィを激しく批判したカバリストも少なくなかったし、中にはポーランドの高名なカバリスト、ネヘミヤ・コーエンのように、ツヴィを批判したばっかりに、彼の信者に命を狙われた者すら居たのである。

 それはともかく、ユダヤ社会では、このサバタイ・ツヴィの名は、「にせ救世主」として忌まわしいものになってしまった。

 このサバタイ・ツヴィの再評価が始まったのは、20世紀に入ってからである。
 そう、あのG・ショーレムによって成された。
 ショーレムは、決してサバタイ運動のグノーシスもどきの思想が混入したカバラを、全面評価しているわけではない。
 彼は、こんな感じのことを言う。
 「凄まじい迫害、虐殺、追放を受けた来たユダヤ人の中に、激しい緊張感が生じ、それがメシア待望論を生み出すのは当然の結果ではないか? ある日、それが突然爆発する。サバタイ運動とは、そういうものではないのか?」
 熱烈なシオニストたる彼は、自分の内にツヴィのそれと似たものを見たのであろう。


「カバラ」 箱崎総一 青土社
「ユダヤ教神秘主義」 G・ショーレム 法政大学出版局"

イサク・ルリア
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/shinpi/isakururia.htm
”カバラの歴史の中でも非常に重要な地位を占めるイサク・ルリアは、1534年エルサレムでアシュケナジー・ユダヤ人の家で生まれた。…
 彼は1550年代に、ナイル川の島の一軒家に住み、そこで7年間にもおよぶ隠遁生活に入る。そこでカバラの研究と瞑想に明け暮れた。彼が家族に会うのは、安息日か祭りの日だけだったという。
 この間、ほとんど言葉も話さず、たまに喋っても、それは全て古代ヘブライ語であったという。
 1558年、彼は「ゾハール」の研究と、同時代のカバラの大家モーゼス・コルドベロの研究を始める。彼はコルドベロを「われらの師」と呼んで尊敬した。事実、彼の思想体系はコルドベロの思想を基盤の一つにしている。
 例えば、アツィルト、ブリアー、イエツィラー、アッシャーの4世界の概念は従来の「ゾハール」研究では、あまり重視されてはいなかった。しかし、それに注目したのがコルドベロであり、さらにこれを重要視して、カバラの重要な教義に据えたのが、ルリア達であるという。
 事実、ルリアはコルドベロと親交を持った。両者の関係は互いを尊敬し合いながらも馴れ合うこともなく、どことなく冷たい関係であったらしい。
 …
 彼の弟子は30人ほどいたが、彼らは毎週金曜日に会合をもって、カバラの研究を行った。
 ルリアは、自分の思想を系統だてて文章にはしなかった。したがって、著書は一冊も無い。現存するのは、散発的な原稿が多い。
 彼の重要な書は、弟子達によって記述された言行録であり、「聖なる獅子の著作」や「ゾハール注釈」が有名で、いずれも弟子との対話形式で書かれている。
 他に彼の高弟のハイム・ビタルによって、思想がまとめられ、「八つの門」という本にもなっている。

 また、彼の死後、様々な伝説が生み出され、そうした伝説を集めた本「聖なる獅子への賞賛」、「奇跡」なども出版された。
 「獅子(アリ)」とは、ルリアの尊称である。しばしば彼は、この名で呼ばれる。
 また、彼の弟子たち、サークルの会員たちを「仔獅子」と呼ばれることもある。


 ルリアのサークルは極めて秘密主義の強いもので、彼の死後もこの秘密主義はしばらく続いた。
 彼の高弟でサークルの後継者のハイム・ビタルも、この秘密主義にこだわっており、彼らの研究成果が、本となって公開されるのは、このビタルの死後である。実にルリアの死後50年以上を過ぎてからのことである。
 こうしたルリア学派の書物は1629年頃から出版され、ビタル編集によるルリア思想の本がオランダで1648年に出された。
 …
 ルリアの思想は、あっというまにヨーロッパ中のカバリストの間に広がり、非常に大きな影響を与えた。

 ルリアの考える瞑想は極めて禁欲的であった。
 彼によると、カバリストは、精神を集中し、強い意志をもって、ひたすら思索を行わなければならないとした。「ゾハール」に没頭し続け、カバラの教義を暗証し、祈りと瞑想に浸りきること。こうすることによって、人は神性に近づき、結果的に世界の救済にもつながると考えた。

 彼は、同時に輪廻転生を信じた。霊魂がどの程度の精神的あるいは道徳的レベルに達したかによって、それにふさわしい形で、転生すると考えた。
 彼は幻視を頻繁に体験し、預言者エリヤと交感し秘儀を伝授されたという。
 伝説によると、さらに一種の予知能力を身に付け、人と会う前にその人間の特徴が分かるようになり、その人の輪廻転生についても分かるようになったという。さらに、蝋燭の炎を見つめることにより、未来を幻視したり、死者の魂と交信したりすることも出来るようになったという。
 また、彼は神の名前によって、悪魔祓いを行った。
 さらに、人相術をみとめ、弟子を選ぶ際に、人相術を用いていたほどである。
 
 ルリアは「ゾハール」の思想を発展させた。流出の概念を研究するのに、グノーシス主義に極めて近い思想を取り込んだのも彼である。
 また彼は、瞑想をも重視し、彼と彼の弟子たちは、様々な幻視体験をする。ルリア自身も、自分を天界にまで飛ばし、古代の賢人たちとも会見をしたという。
 彼もまた、カバラの中興の祖の一人である。
 彼によって、これまで曖昧としていたカバラの理論は統合された思想体系となり、新しい専門用語が多く作られ、シンボリズムの体系も複雑化した。
 ルリアによると、原始にはイデアが存在し、これが流出の過程を支配する。宇宙の創造は二重に進行するもので、一つは「神性の産出」であり、もう一つは「神性の退廃」である。流出は、この2つの過程が基本的な要素となっている。
 これは世界の創造には退廃が内在することにもつながり、ゆえに世界の創造には、心理的なドラマが起こる。これが縮小したものが人間の心であり、祈りであり、祈りによってもたらされる効果であるという。
 ルリアの思想の中で特に重要なものがツィムツーム思想と呼ばれるものだ。これは「集中」とか「収縮」とも訳される。あるいは、「退却」、「撤退」とも訳される。
 宇宙の存在は、神に内における「収縮」によって成されるという思想だ。これは彼独自のアイン・ソフの概念を構築した。
 もう一つが「容器の破裂」説であり、この破裂によって作り出された欠損の回復、再構築説である。これはクリフォトの思想とも密接につながっている重要な思想である。
 これらは、後世のカバリスト達に非常に大きな影響を与えてゆくことになるのである。
 
 ルリア派のカバラは、少なくとも1625年頃から、ユダヤ教カバラの主流派となった。
 そして、ユダヤ教における、国籍を越えて伝播した最後の思想運動でもあったという。
 彼が後世のカバラに残した影響は計り知れない。


「ユダヤ教神秘主義」 G・ショーレム 法政大学出版局
「カバラ」 箱崎総一 青土社
「カバラ Q&A」 エーリッヒ・ビショップ 三交社
「カバラーの世界」 パール・エプスタイン 青土社”


仏教勉強の進捗
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-573.html
”仏教編に関してなのだが、

実は”永平寺修行記”を読んでどうしても分からないことが
出て来てしまった......

というのも余りにも”日本の仏教”というものが
インドの仏教とかけ離れ過ぎていて、両者が全く
繋がらないのだ。これはチベット仏教も一緒で、
チベット仏教や中国仏教はまだインドとの繋がりが
見られるが、”日本仏教”は完全に異質なのだ。
なんかオリジナルの宗教になってしまっている。

遠く離れたインドの仏教と差異が出るのはまぁ、
百歩譲って分かるとしても、元の中国仏教とも
違うってどういうことよ?

多分、日本に仏教が来た時に日本の権力者達が
相当オリジナル仏教を改造したのではないかと
思われる。

”永平寺修行記”の内容なんて現代のイジメ社会の
構図その物だ。オリジナルの仏教と全然関係がない。

多分、古代の日本の権力者(豪族?天皇?)達は
仏教の教え自体は恐らくどうでも良く、自分達の
邪悪な意図に基づいた支配を正当化する宗教が
新たに欲しかっただけなのではないかと思う。

それが何故、古事記や日本書紀のような神道系
の土着宗教じゃ駄目だったのか?
恐らく、日本人だけで仏教の様な高度な理論体系
を持つ宗教をオリジナルで作れなかったからだと
思われる。

いずれにせよ連中の邪悪な思想は古事記や日本書紀にも
ベースとして組み込まれているはずである。
あくまで個人的な持論なのだが、日本の古代の
豪族や皇族、貴族は”地獄教”を信仰していたのではないかと
思われる。

これは仏教等で説かれる六道輪廻の地獄界の”無間地獄”という
最凶の苦しみを体現する地獄をこの世に実現し、全ての衆生を
この”無間地獄”に恒久的に叩き落すことを根本思想とした
宗教のことである。

実は、仏教やキリスト教、イスラーム教の唱える”地獄”
なんてものはだれも見た事がない。もちろん”天国”もそうだ。
まともな神学者なら”天国”が実在するのかを研究したりするの
だろうが、(天国が存在するならそれがどこにあるのかとか)
”地獄”が実在するか、それはどこにあるのかに関心を抱く
人間は実際には少数だろう。
”地獄”なんか実在しても何も良い事ないしね。

ところが、この世に実際に”地獄”(宗教の説く様な)がないことに
実に落胆してしまう変なサディストの人間達がいる。
そういう人達は”じゃあ人工的に地獄を作り出せば良いのではないか?”
と考えるわけだ。
ただこの思想は完全に狂人の考えであり、まともな精神を持った
人間の物ではない。こんなことを考えつく人間が実際に
いたとしてもそのコミュニティにおける例外中の例外だろう。
ところがこの狂った考えが宗教化し、こういった狂人サディスト
達を次々と量産する宗教が”地獄教”だ。

ユダヤ人達に言わせると、昔の古代エジプトや旧ナチ・ドイツ
等でこの”地獄教”が流行った。
当然インドにもある。
中世ヨーロッパのキリスト教にも”地獄教”は存在した。
現在では日本の”地獄教”が恐らくインドと肩を並べて世界で
最も歴史が長いのではないかと思われる。

そういうわけでインドの仏教を勉強しただけでは日本の
仏教=地獄教は全く理解できない。


今まで、日本仏教には全然興味がなかったので勉強して
こなかったが、やはり日本仏教も勉強しなければ
まともな記事は書けないのではないかと最近思う。

そこで、ヒンドゥー教の勉強からやり直して日本仏教まで
勉強しようと思っている。

取りあえず、ヒンドゥー教の”バガヴァット・ギーター”、
”マヌ法典”、”カーマスートラ”は読み終わった。
バラモン教の”ウパニシャッド”も完読した。
今、原始仏教の”スッタニパータ”を読んでいる。
続いて”ダンマパダ”、”大涅槃経”を読んだら、
大乗に移って、”法華経”を始め主要教典を一通り
読むつもりだ。
その後、空海、親鸞、道元、法然、日蓮の
主要著書を読んで、最後に古事記と日本書紀を
読むつもりだ。

なので大変時間が掛かって申し訳ないが
仏教編はもう少し待ってほしい。
仏教編が終わったら、次はユダヤ三兄弟の
研究に入る予定でこれにはタルムードと
ユダヤ・カバラも含める予定だ。

道教から始めてなんでこんな回りくどい事を
やるかというと、やはり世界三大宗教である
仏教、キリスト教、イスラーム教はやはり
先に語っておいた方がいいと思ったからだ。
改運するにせよ、何をするにせよやはり上記
三つは知っておくべきだと考えている。

将来的にはサンスクリット語、アラビア語、古典
ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語も読める様に
ならないとやはりいけないと思う。
魔術師を名乗るのであらば。

後、学生時代に挫折したIT関係も最近再トライしたい
思いがあって、特に苦手だったネットワーク廻りと
プログラミングをやりたい。
Python, Java, C/C++, アセンブリの順がいいらしいが。
(Perlをやるかどうかは迷っている)
昔と比べて資料も充実してきているしね......

しかし、言語ばっかりやっているな......
なんか、いろんな意味で”ウィザード”を
目指している様な気がする......

平日の夜は宗教書を読んで、週末にITを勉強する
計画でスケジュールを組み直してみたいと考えている。



>>ユダヤ人達に言わせると、昔の古代エジプトや旧ナチ・ドイツ
等でこの”地獄教”が流行った。

もしよろしければ出典を教えては貰えないでしょうか?
私も大変興味深いと思いますので……。
ナチ・ドイツに関しては体制支配の為にチベット僧からチベット仏教を通して所謂その”地獄教”を学んだのですかね。気になります。
[ 2013/12/03 01:56 ] - [ 編集 ]
はじめまして
こんばんわ。はじめまして。ねこたと申します。
フェイド大帝の陰謀論の解釈やアニメや宗教の記事など、大変に碩学な方と見えてとてもとても感動いたしました。

フェイド大帝はウィザードを目指してると言われましたが、自分的には魔術を魔術として学び、実践する人をマジシャンで、魔術を修め、更に血肉にな るまで消化した上で様々な諸学を修め、魔術を知識や色々なものと組み合わせて使えるすごい人をウィザードではないかな?と思います。

日本はマジシャンどころかウィザードなんてほとんどいませんけど。

フェイド大帝がゾーハルやタルムードまで読み込まれることに大変感動いたしました。応援しておりますので、よろしくお願いします。
[ 2013/12/04 02:32 ] 魔法使いハンターねこた [ 編集 ]
Re: タイトルなし
どうも、今日は。

> もしよろしければ出典を教えては貰えないでしょうか?
> 私も大変興味深いと思いますので……。
> ナチ・ドイツに関しては体制支配の為にチベット僧からチベット仏教を通して所謂その”地獄教”を学んだのですかね。気になります。

ある特定の書物や著書に拠って......というよりは、
知人のユダヤ人やドイツ占領時代のヨーロッパを体験された方から
直接ヒアリングした情報に基づいております。
ですので、学術的な根拠とかそう言った堅苦しい話ではありません。

旧ドイツ軍に関してはその人の話ですとかなり惨いことも
行っていたらしく......本等には書かれていない様な
生の体験を聞かせて頂いて大変勉強になりました。

まぁ、戦争は人間をダメにするということでしょうか?

昔、見たアメリカのアトランティス伝説の解説ドキュメンタリー
によると、ヒトラーに思想的な影響を与えたのはブラバツキーの
神智学であるとそのDVDでは言っていました。
(すみません。DVDのタイトルまでは覚えていないです)
ブラバツキーは生前、インドにかなりハマっていたようですから
バラモン教やヒンドゥー教の輪廻思想の影響があるのかも
しれませんね。
[ 2013/12/04 18:54 ] フェイド大帝 [ 編集 ]

Re: はじめまして
ねこたさん、今日は。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

日本の魔法・ファンタジーの解説本だとカバラの
”天使ラジエルの書”が失われてしまって無いとか書かれていて
悲しいですよね。

実は、アレ、ヘブライ語からの英訳本なら存在するんですけどね......
まぁ、本当に天使から貰ったわけではないと思いますけど。(笑)

> こんばんわ。はじめまして。ねこたと申します。
> フェイド大帝の陰謀論の解釈やアニメや宗教の記事など、大変に碩学な方と見えてとてもとても感動いたしました。
>
> フェイド大帝はウィザードを目指してると言われましたが、自分的には魔術を魔術として学び、実践する人をマジシャンで、魔術を修め、更に血肉になるまで消 化した上で様々な諸学を修め、魔術を知識や色々なものと組み合わせて使えるすごい人をウィザードではないかな?と思います。
>
> 日本はマジシャンどころかウィザードなんてほとんどいませんけど。
>
> フェイド大帝がゾーハルやタルムードまで読み込まれることに大変感動いたしました。応援しておりますので、よろしくお願いします。
[ 2013/12/04 18:59 ] フェイド大帝 [ 編集 ]

ラジエルの書存在するんですか
こんばんわ。お返事ありがとうございます。
へーラジエルの書の英訳存在するんですか。知りませんでした。
しかし、日本の魔術界周辺ってそういったガセネタ多いですね。陰謀論もそうですけど。

ゾーハルはいつかカバラセンター発行のやつに挑戦してみたいですね。本家ユダヤのカバリストの方はタルムードを散々勉強した上でカバラーやるんですし、恐ろしい世界です。
[ 2013/12/04 20:27 ] 魔法使いハンターねこた [ 編集 ]
今日は久しぶりにブログを拝見しました。
たまには格闘技武道ネタもやって下さい。
[ 2013/12/05 09:56 ] 園田 [ 編集 ] ”

「ジョン・カーター」と「まどかマギカ」
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-419.html
“ご無沙汰しております。
PCがぶっ壊れていたので中々更新できない状態でした。

久しぶりに映画のレビューでも...

・ジョン・カーター:

ピクサーの実写映画だったかな? ジョン・ラセター氏の名前が
エンドクレジットで出てたが...
基本的には宮崎駿の「天空の城のラピュタ」のオマージュか?

 ・女が空から落ちてくる→男が受け止める
 ・飛行石みたいなのが出てくる
 ・石が言葉で起動する(バルスーム)
 ・女神の遺跡みたいなのにツタが絡まっている
 ・メインルームがラピュタの中みたい。更に機能は石で起動させる
 ・主人公のおっさんがコナンちっく

もとは小説らしいので... 偶然かもしれませんがまぁラセターさん、
宮崎さんと仲いいみたいだし
何か両者での交流があってもおかしくはないかな。

ところで本題は別の所にあるのですが、この映画、多分訳が
分からない箇所が多いかと...
裏で操っているハゲ達は何者?女神とは何だったの?...

実はこれ明らかにインド・アーリヤ神話群(アメリカ人のお気に入りのネタ)
からインスピレーションを受けている。

インド・アーリヤ(今のイラン辺り)というとインドや中東の
イメージがありますが実は古代では結構広範囲にその文化圏を
広げていたらしく西ヨーロッパのケルト文化圏も
基本的にこの中に含まれていると考えられる。
(モヘンジョ・ダロの粘度筒に掘ってある初期シヴァ神の座禅姿が
 ケルトの神ケルヌンノスにそっくり)
つまりヨーロッパ人(つまりアメリカ人)の遠いご先祖様なんですねぇ〜。
そりゃ映画にもしたくなりますわっと。

で、あのハゲ達は服装からしても分かると思いますが昔のインドの
バラモン僧にそっくりなんですね。
アイルランドの神族の名をトゥアハ・デ・ダナンと呼ぶのですが
これは「女神ダナの息子達」という意味で女神ダナが何かというと
大陸のドナウ川を表しているらしい。
ダナはシュメール(現イラク)の最高神アヌに対応すると
言われていますが
まぁ、モデルは神々の母ティアマットさんでしょう。
アーリアの神話群はゾロアスターのアヴェスターより前の物が
現存しないので(アーリア教は基本的に文字を残さない、
口伝で弟子に伝える風習)
基本的にはインドのヴェーダ教と大体同じだと考えても
差し支えないでしょう。
ちなみにケルトのドルイド教も文字で教えを残さないらしいです。
理由は「文字で書物を残すと弟子が暗記する能力が衰えるから」
だと言われています。

が、こいつらは基本的に「嘘つき」なので本当は自分たちの
貴重な知識を他者(つまり他カースト)
に漏らさないために秘密主義を徹底しているだけの保守主義のようです。
(どこかの国みたいですね)

なぜそう考えるのかというとインドの哲学書で「ウパニシャッド」
という分厚いヴェーダの解説書があるのですが、
そこにはっきりと書いてあるからです。
バラモン達にとって「この世で唯一死なないもの=仏教でいう空」
であると考えられています。
この「空」とは一体なんぞや?というと仏教の小難しいお経が
連想されてそんなの分かんねーよと言いたくなるかもしれませんが
これはそんなに難しい話ではなくて、

 「言葉は空でできている」

と書かれてありますし、インドの医学書のアーユルヴェーダ
には空が何なのかもっと詳しく書いてあります。

ではなぜ人の話す言葉が永遠なのか。

ウパニシャッドには次の様に書いてあります。

 「言葉(知識&経験)は父から子へ伝えることができる。
  つまり子が父の教えを吸収しきれば父親の知識と経験は
  永遠に生き続けるだろう」

だからバラモンさんはヴェーダの丸暗唱を
重視するんですねぇ。

ところでこのウパニシャッドには「神の正体」が
何なのかちゃんと書いてあります。
キリスト教やコダヤ教がもったいぶって「神の隠された名前」
とか何とか呼んでいるやつですね。
神は全能のスーパーマンなので正体なんてわからねーよ
とこうくるわけです。

 「実は神の正体=死」

よく古代の天地創造の際の神格で「カオス」(ギリシャ神話)
だとか、「ユミール」(北欧)、「盤古」(中国)とかの
巨人神が出てきますがこれらの正体も「死」

つまり「創造神=死」

では生命は何故創造神によって作り出されたか。
最もな質問です。
その答えもちゃんとウパニシャッドには書いてあります。

古代インドでは「パワー」とは「相手を食べれるかどうか」
と同義です。
つまりライオンがウサギより強いのはライオンがウサギを
食べれるからです。
人間は基本的になんでも食ってしまうので地上の王者に
ふさわしい理屈になります。
しかし、

 「死はなんでも食尽す」

「死」は宇宙最強なんですねぇ。
で、宇宙創造の時に生まれてくる物を片っ端食ってたんですよ「死」は。

しかしある時気づいたんですねぇ。

 「食うの少し我慢すれば、こいつら増えるんじゃね?
  そうしたらもっと沢山食える!!」

この考え方が根本的にあるんですねぇ。インド・アーリア文化には。
で、困ったことにこの文化を見事に真に受けてしまったのが
アメリカの南部の連中。
だからジョン・カーターさんはバージニア出身なわけです。
あ、ちなみにサークはみたまんま古代インドの腕が
沢山あるアスラみたいですね。

「つまりコツは、飼って、増やして、食う(空う)」

農耕文明のいっちょ上がりです。
カインもアベルを殺しちゃうわけです。

というわけであのハゲ達は自分達のために
(女神「死」に家畜を生け贄として捧げるために)
火星人を飼い殺しにしていたわけです。

余談ですが古代インドやゾロアスター教では火が
とても重要です。
火ってのは地上から天への橋渡しと考えられていました。
火は物質を燃やして「煙」へと変えるのでつまり物質を
空へと変換する機能をもつわけです。
原始仏典にはお釈迦様がゾロアスター教徒の兄弟を
改宗させるエピソードがありますが、大日経の
「一切偏知印」というマークの横にいる二人の男が
そうです。
(ちなみにこのマーク、某秘密結社の有名シンボルマークに
 そっくりです。
 一応某結社が吹聴しているエジプト起源ということで
 ヒエログリフとか遺物品とか調べてみましたが某マークは
 エジプトでは出てきません。
 唯一出てきたのが大日経でした。なぜかな?んん?)
つまり、古代インドでは動物の生け贄を捧げるときは
火に投げ入れていたんですねぇ。
これが現代の仏教の護摩のルーツなわけです。
ちなみに古代ドルイド達は人間の生け贄を藁人形に
つめて燃やしてました。

そんな素晴らしい文化ですから、もちろん現代アメリカ人達の
ハートも鷲掴み(矢と草も掴んでいますが)
「俺たちのご先祖様カッケー!!」
ということで似た様映画が沢山ハリウッドで量産されるわけです。

ちなみに日本では某秘密結社はデマでただの
社交クラブだと言っていますが
ヨーロッパやアメリカでは18世紀ぐらいから
そのクラブに入るのが手っ取り早く
貴族やお金持ちのお友達を増やす手段
として人気だったそうです。
(Facebookみたいですね)
18世紀より前は建築家や彫刻家しか
そのクラブに入っていなかったので
だれも入会しなかったみたいです。
18世紀ぐらいにフランスでエジプト建築ブームが
起きて貴族やお金持ちが
沢山入会したので我も我もとみんな入会したのです。
女の子目当てでギルドに入会するネットゲーマーみたいですね。

で、映画の評論本で「ハリウッドを笑い飛ばせ」という本が
最近出ました。
著者はUCLA(カリフォルニアの有名な映画学校がある大学)の
卒業生で映画監督さんらしいです。
この本の最後に著者の自伝だと思われるミニ小説があります。
内容はUCLA入試〜卒業&その後を語っています。
著者含めて主要人物が4人出てきます。

 ハーバード卒(経営学専攻)の秀才君一名
 元TV局員のマイケル・ムーアにのナイスガイ一名
 北島マヤなみの才能を持つ女優志望のお姉さん一名
 著者と思われる青年一名

この中で明らかに成功するのはハーバード卒の
秀才君だけです。
お姉さんは枕営業で荒んでしまい、
マイケル・ムーア似のお兄さんは才能が
無いとか言って自主退学してしまいます。

でマイケル・ムーア兄さんのその後ですが何と
小説家として成功を収めてしまいます。
その理由が

 「某秘密結社のコネをフル活用した」

はっきりとそう書いてあります。
アメリカでは常識なんですねぇ。

いやぁ、ハリウッド映画は流石奥が深い。参りました。
「素晴らしきかな人生」のような本当に良い映画を
もっと作ってください。

お願いしますよ本当に。キャプラン万歳!
あ、後結婚式シーンはもういいです。コッポラ作品でお腹いっぱいです。
平成ガンダムの偽シャアも結構です。

・まどかマギカ

さてジョン・カーターでの説明が長くなってしまいましたが
ご存知の通り「魔法少女まどかマギカ」最近評論家達に
絶賛されまくって調子に乗りまくっている
虚淵玄原作のリミテッド・アニメです。
ちなみにこの時期放映されたアニメで絶賛されているのは
「ドラえもん新鉄人兵団」、「あの日みた花〜」、
「廻るピングドラム」、「まどかマギカ」
の4作です。ピングドラムはウテナとセーラームーンで
有名な幾原監督作品です。

で、私の結論は「あの日みた花〜」がダントツで(フジテレだけど)
次点でドラえもん、残りの二つは合いませんでした。
ウテナやセーラームーンは好きでしたが
ピングドラムは駄目だったみたい。
ピングドラムもまどかも宗教臭いんですよね。
それも19世紀のアメリカやドイツ辺りで流行ってたタイプの。

特に「まどか」は第一話はリアルタイムで見ましたがあまりにも
出来がショボすぎ...うわあぁっ!!!なにをするっーー!!

だってマミさん歩く時振った手スカート貫通してるやん。
カンベンして。

ですがあまりにも評論家が絶賛するもんで
レンタルショップの料金吊上げるわで
みんな借りまくるしでようやく最後の2巻を除いて
観ることができました。(残りは脚本を本屋で立ち読みしました)

一時期メーソン作品だとか、エンデのネバーエンディング
ストーリーのオマージュだとか言われてた
「まどかマギカ」ですが...

「これ実践スパイ技術ハンドブックが
元ネタやん」

キュウベェはMI6とSASで特殊訓練を受けてたようです。

虚淵玄はガンマニアらしい(マブラブの作者のインタビュー記事によると)
ので上述の本読んでても不思議ではないですね。

ちなみに上述の本はスパイの仕事のマニュアル本なんですが
その内容がキュウベエの行動パターンそっくり。
この本によるとスパイに一番大切なスキルは
「平気でウソをつけること」らしいです。
また、諜報機関の正スパイは決して自分で
作戦を実行しないそうです。
必ずエージェントと呼ばれるその辺のニートを
たらし込んで危険な仕事を全部やらせるそうです。
この「たらし込み」の技術が凄くて魔法少女の
リクルート方法そっくりです。
つまり「まどかマギカ」ってノンフィクション作品なんですね。

ちなみにキュウベェのデザインって元ネタはギーグ様かな?
ゲームブック版のギーグに比べたら小悪党って感じだけど。

あ、あとエンドクレジットのラストで魔女の左目の中を
まどかが赤ちゃん体制でクルクル回っているシーン。
あれ上でも書いたけどゾロアスター教生け贄が元ネタです。
左目ってのはメーソンのプロビデンスの目
(1ドル札の裏のピラミッドアイ)
のモチーフですが、大日経では炎の三角の中を卍が
クルクル回っている図で表されています。
この卍はビシュヌ神の胸毛と言われていますが
要は動物の生け贄ですね。それを火の中に投げ込んでいる。
ちなみにこの卍が左回りか右回りかで意味が異なります。
確か創造or破壊を表しています。
こう考えると旧ナチのハーケンクロイツが
変な方向に傾いているのも中々興味深いでしょ?

つまりあのエンドクレジットは「まどか」という
少女を生け贄にするために
炎の中に放り投げて焼かれている図なわけです。
魔女裁判?犠牲なくしては社会は平和になれない。
まさに「まどかマギカ」のテーマその物ピッタリですね。

あ、あと余談ですが冲方丁との対談本でガンダムの富野監督が
メーソンネタとかアニメキャラとかと現実の区別がつかない
大人(主に政治家と映像業界人を指していると思われる)は
アホだと言っていました。
深い指摘ですね。なんせ100人のアホが本まで
出しちゃうぐらいですから。


*補足:「まどかマギカ」の良い所も挙げておいた方が良いかな...
    リミテッド・アニメでもストーリーと台詞回しに力を入れれば
    話題作を作れることが証明できたことかな?
    セルアニメの場合、動きが減る=枚数減=アニメーターの給料が減る
    があるので一応に良い所とは言えないかもしれませんが...
    3DCGアニメに関してだけ言うとリアルに見せようとすると
    ライティングだとか、テクスチャとかにやたらと投資しないと
    いけないのでその分モーション部分に時間を割きづらく
    なってしまうので...
    昔よく安い制作環境/設備でも脚本&動き(アニメ部分)が
    良ければ傑作が作れるんだっ!!...と師匠が言ってたもんで...”

【ヴェーダ・バラモン教編】輪廻転生の起源【Part4】
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-612.html
“インド系の思想の中に”輪廻転生”という概念がある。
サンサーラだとかカーラチャクラと呼ばれているものね。

普通に日本で暮らしていれば”輪廻転生”というのは
大体”生まれ変わり”の理論だという認識が一般的だろう。
少女マンガやアニメでも良く使われるネタなので
結構身近なテーマなのではなかろうか?

さて、この”輪廻転生”、ちょっと政治学を齧った
インテリ達に取っては、「支配者のための好都合理論」
というふうに認識されている。
どういう事かと言うと、例えば「貴方が貧乏だった」
と仮定しよう。
貧乏であることに不満である貴方は最寄りの「金持ち父さん」
にクレームを付ける。「世の中は不公平だ!」、と。
そこで「金持ち父さん」がすかさず反論する。

「君が貧乏なのは君が前世で悪人だったからだよ。
 逆に金持ちの人は前世で善人だったから金持ちなんだ。
 だから君も今生は我慢して金持ちの人の奴隷をこなして
 いれば、来世は金持ちに生まれるかもよ?」

こんな滅茶苦茶な理論、得するのは現在の権力者達だけだ!
インテリ達はこう唱える。

では、こんな邪悪な思想がインドでどのように誕生したか?


今回はこれを探っていこう。

まず、エコ信者じゃなくても構わないが、

「リサイクル理論」から始めよう。

「リサイクル」というのは使用済みのペットボトルを
再利用したりアルミ缶から新しいアルミ缶を作ったりする
例のアレのことだが、定義としては

「全ての自然現象はある一定のサイクルに従って循環する」

が、適切だろう。

例えば、”水”の循環等が分かり易い。

 ①海水が蒸発する
 ②蒸発した水分が雲になる
 ③雲から雨が降る
 ④雨が地下に吸収され、川に合流する
 ⑤川が海に流れ、また①海水に戻る
 
 以下、繰り返し。

食物連鎖も循環する。

 ①草が生える
 ②牛が草を食べる
 ③人間が牛を食べる
 ④人間が死んで土に還る
 ⑤土からまた①草が生える

 以下、繰り返し。

以上、挙げた例はいずれも初歩的な理科だが、
当然、古代インドでも発見されており、
バラモン達の一般教養の一つであった。

この”循環/リサイクル”という概念はおおよそ
生物であれば植物、人間問わず全てに当てはまる。

バラモン達にとっての関心はやはり「人の一生」だろう。

いくら人類が全ての動物の頂点に立ち、文明の力によって
世界を支配したとしても、いつかは死んで土塊へと戻る。

なぜ人間は死ななければならないのか?

これこそが古代のバラモン達の最大の命題であった。

答えは創造神の正体から辿ると明白だ。

「創造神のエサとして生物は創造されたのだから
生物はいずれ死ななければならない」

ただし、古代アーリア人の様に狩猟で視界に入った動物を
手当たり次第狩って食べていたのでは効率が悪い。

それは創造神も同じだ。

つまり人間や動物を家畜のように飼育し、増やすことはできないか?

そこで、創造神が編み出した最高のシステムこそが

”時の循環=カーラ・チャクラ=サンサーラ=輪廻”なのだ。

人間の一生短しと言えども、誕生してから一瞬で死ぬわけではない。

時にはある一定の速度がある。

つまり誕生してから死ぬまでにある”一定のタイムラグ”があるわけだ。

この”一定のタイムラグ”の中で生物は繁殖行動を取り、
子孫を増やすのである。
創造神のエサとなるために。

ところで古代ギリシャ神話の子供を生け贄にして食べてしまう
クロノスという神が”時の神”であることは興味深い。

また、ユダヤのヤハウェも”産めよ、増えよ”と命令したり、
アブラハムの息子を生け贄にしようとしたりしたことは
興味深い。

この辺りの事情が分かってくると、アベルとカインの物語で
なぜ神はアベルの捧げものを選んだのか明確になってくる。

アベルの捧げものは”動物”。
カインは”野菜”。

つまり”動物”は食物連鎖上、”野菜=植物”の上位に
くる生物である!

即ちヴェーダ教の理論で行けば”動物”は”草を食べる”ので、

当然、草のパワーも吸収して取り込んである。

つまりヤハウェに取っては”野菜”を貰うより”動物”を
貰った方が得なのだ。

以上の事から、バラモン達は人間の肉体もこの”輪廻”の呪縛
からは逃れられず、創造神にひたすら搾取される存在で
あることに嘆いていた。
この苦しみは相当なものである。

宗教というのは得てして、”自分は何のために生まれて来たのか?”
を問うものであるが、

それがただ他人の食料になるだけだなんて!

こんな酷い世の中がどこにある?

そう、輪廻に閉ざされたこの現実世界こそが
地獄の中の地獄なのだ!

では人間に救いはないのか?

そこで思い出して頂きたいのが”アートマン思想”である。

そう、人間の本体は”肉体”ではなく、”魂”にこそあると。

この”魂”とはそもそも何なのか?

この”魂”という”人間”、これは何で出来ているのか?

ここでインド哲学特有の異常な分類作業が生まれる。

魂は視界だ!
魂は味覚だ!
魂は聴覚だ!

等々。

バラモン達が出した最終結論は、

魂とは”息”である!

という結論だ。

これは何故かと言うと、人間は目を閉じたり、耳を塞いでも生きていられるが

呼吸だけは止めたら死んでしまう。


つまり生命の本質とは”呼吸=息”にあるのだ!

ということに気付くのである。

では、この”息”がどうして生まれ変わりの影響を受けるのだろうか?

それは人間自身がその生涯において生命の
本質=魂は”肉体”であると
錯覚してしまうことに
問題があるのだ!

本来、永遠であるはずの人間=息=魂=アートマンが本能的な肉体の
欲望に捕らわれることによって魂が死の際に肉体から離れなくなって
しまうから、輪廻転生してしまうのだ!

え〜い!修行して魂だけの存在になるぞ!

これがヨガの始まりである。


正直、今回の話は非常に重要だ。
これが良く理解出来ていないと、何故仏教が
生まれたのかも分からなくなる。

では、次回はなぜ”ヨガ”をするのかについて考察しよう。


ウパニシャッド―翻訳および解説
湯田 豊

※ちなみに安い文庫版ではなく、高い方のウパニシャッド
 を薦めるのには理由がある。
 文庫版のウパニシャッドは未完全の状態で重要な創造神話
 や儀式、哲学の章が丸ごと割かれている。
 現状の日本ではフェイド大帝が紹介する上記のウパニシャッドが
 一番内容が揃っていて抜けが少ない。英語の分かる方なら
 海外のサイトで無料で入手できるが、和訳がどうしても
 欲しい場合はやはり多少の出費は避けられない。



ブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの創世神話全文公開
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-501.html
“ウパニシャッドというのは古代インドの哲学書。
「奥義の書」とも呼ばれ、基本はヴェーダの解説書でもあります。
言葉的には”近くに座る”という意味が一般的で師匠の側に座って
秘儀を授かるという意味。

そんなウパニシャッド、日本では複数の訳本がある。
高いのと安いのがある。

高いやつは2万5千円以上するので、一般的に入手しやすい
のは文庫系の安いやつだと思います。

「ところが安い文庫はウパニシャッドが全巻載っていない」

またブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドが抜けている場合が多い。
このウパニシャッド、有名人の大哲人ヤージュニャヴァルキヤさんが
活躍するウパニシャッドなのに......
ヤージュニャヴァルキヤは心の哲学とか勉強されている方には
なじみ深い人物だと思います。

皆さんも漫画やアニメで聞いた事がある、「ブラフマン/アートマン」
哲学の大元の人です。

そんな有名なウパニシャッドなのに何故か文庫版では
ことごとく省かれている。
実はブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドにはもう一つ
重要な説話があって、

「それが創造神話である」

インドってのは創造神話のパターンがいくつもあって
中国、北欧神話の様に巨人を切り裂いて天地を作った話や
道教の様に何もない無極から世界が生まれた、世界卵から
生まれた等、世界中の創造神話が集まっているのではないか
ぐらい豊富なのです。
ですから、武術の様にこの創造神話ってのはむしろインドから
世界に広がっていったのではないかとフェイド大帝は考えています。
(実際インド/アーリア人ってのはブリテン島にまで上陸している)

でブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの創造神話の何が
問題かというと、

「神の正体が何なのかはっきり書いてある」

実はユダヤ教やキリスト教、イスラーム教ってのは
唯一神が何なのか一切教えないんですね。
多分、神様の権威を守るためにわざと教えてないんだと
思いますが。
ただそれがブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドには
はっきり書かれてある。
だから、インド/イラン系宗教に洗脳されやすい日本の出版界ってのは
ブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドを闇に葬りたいのだと思います。

そこで、今回はネットにこのブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの
創造神話を全文載せます。
はっきり言って、この神話を日本国民の目から隠し続けるのは
もはや犯罪レベルと言っても差し支えないぐらいですから。

訳の元本は湯田豊訳版を使います。

以下、本文:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めに、ここには全く何もなかった。まさに死によって、
これは覆われていた、飢えによって。
なぜなら死は飢えだからである。

「私は体を具えるようになろう」と、死は決心した。
そこで死は讃歌を歌いながら行った。
それが讃歌を歌っていたときに、水が生じた。
「まことに私が讃歌を歌っていた時に、私のために水が
 生じた」と。
まさにこれが讃歌の讃歌たる所以である。
このように、この讃歌の讃歌たる所以を知っている人、
その人にはまことに、水が生じる。

讃歌は、まことに、水であった。
そこで水の泡であったもの、それは凝固して大地になった。
死はその上で苦労した。それが労苦によって疲れ、熟した時に、
それの熱=精髄は火になった。

それは自己自身を三重に分けた。
三分の一を太陽に、三分の一を風に。
これが三重に分けられた息である。それの頭は東の方角である。
そして、両腕は南東と北東である。それから、それの尾は
西の方角である。そして、それの両腿は、南西と北西である。
そして、脇腹は南と北である。そして、背は天である。
腹は大気である。胸は大地である。これは水において
確立されている。このように知っている人は、どこへ行こうと、
それが行く所で確立されている。

死は欲した。
「私に第2の自己が生まれる様に!」と。
飢えである死は、その思考によって言葉と性交した。
それの精液であったものは年になった。それよりも以前に
年は存在しなかった。これだけの時間、すなわち、一年だけ
死はそれを保持した。
これだけの時間が過ぎた後で、死はそれを流出した。
それが生まれるや否や、死はそれを呑み込もうとして
口を開けた。
それは”ブハーン”と叫んだ。まさにそれが言語になった。

死は熟慮した。
「まことに、もしも私がこれを殺害するとすれば、私は
 食物をより少なくするであろう」と。
その言葉およびその身体によって、それはおよそここに
存在する全ての物ーリグ・ヴェーダ讃歌、ヤジュル・ヴェーダ
の祭詞、サーマ・ヴェーダのウドギータ、韻律、祭祀、人間
および家畜ーを流出した。
自分が流出したものが何であろうと、死はまさにそれを
喰い始めた。まことにそれは全てを食う(アド)ゆえに
それはアディティと呼ばれる所以である。
このように、このアディティのアディティたる所以を
知っている人は、この一切を喰う人になるのであり、一切は
その人の食物になる。


死は欲した。
「より大きな祭祀によって、私は更に供物を捧げよう!」と。
それは労苦によって疲れ、激しく熱した。それが労苦によって
疲れ、熱した時に、それの栄光=力は立ち去った。
諸生気はまことに栄光=力である。諸生気が立ち去った時に
それの身体が膨らみ始めた。しかし、まさにそれの身体には
思考が存在していた。

死は欲した。
「私のこの身体(死体)は祭祀に適したものになるように!
 この身体によって私は自己を具えるように!」と。
それからその身体は馬になった。それは膨らんだので、
馬祀祭に適したものになった。まさに、それが馬祀祭の
馬祀祭と呼ばれる所以である。
このように馬祀祭を知っているこの人、彼はまことに
馬祀祭を知っている。

とにかく馬を囲い込むことなく、死は、馬を囲い込もうと
考えた。一年後にそれは自己自身のためにそれを屠殺した。
それ以外の家畜を、それは神々に引き渡した。それゆえに
人々はプラジャーパティに属する馬を一切の神々に捧げられた
ものとして屠殺する。

ここで燃えている太陽はまことに馬祀祭である。
年はそれの身体である。この火はアルカである。
これらの世界は、それのもろもろの身体である。
それらの二つは、アルカ(祭火)および馬祀祭りである。
更に、それらはただ一つの神格、まさに死である。
このように知っている人は再死を避ける。
この人に死は到達しない。
死は彼の自己になり、
これらの神格の一つになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太字にした所に注目して欲しい。
貪り食う死は”アディティ”である
と説かれている。

「アディティとは大女神ディヴのインド版である」

つまり、東條ミトラ教の最高神の正体は死である!

そしてもしアルティメット・まどかのモデルが大女神ディヴで
あるとすると......考えただけでも恐ろしい!

「オタクが”まどか、まどか”と騒いでいる場合じゃない」
「お前ら喰われるぞ、まどかに」

日本のアニメ/コミック業界が広めようとしている
女神信仰、これの正体のおぞましさが理解できましたかな?



はじめましてムックと言います。
今このアニメコミック陰謀論を読んだのですがこれまた興味深いですね。
ミトラ教というのはよくわからんのですがかなり危険な宗教なのですか?
まあ軽くここを読んだ感じですとオカルティックな話だなあと思うのですが
この人達の目的というのが今ひとつわからんのです。
仮にアニメコミックを通してこの宗教の教えを広めたとして具体的に何に
なるのかなあって………

大女神ディヴ=死と解釈するなら人類皆死ぬってことですかね?
私はまどマギはよく知らんのですが制作チームにオカルト信仰者がいて
作品内にその要素を散りばめた所で視聴者にそこまで影響を与えるとは思えないのですが………

仮にこれで洗脳されたとしてもその洗脳力は弱そうですし本気でやるならもっと効率的なやり方があると思います。
結局作品内にオカルト要素を入れてるのは製作者の自己満足であり我々が懸念剃る必要などないでしょう。

ただこういう見方自体は面白いと思います。
私自身陰謀論は嫌いではありませんよ。
[ 2013/07/28 06:12 ] ムック [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ムックさん初めまして。
コメント有り難う御座います。

”陰謀論”という書き方をしてしまいましたが、
アニメやマンガに於いてオカルト的な情報や図柄を
入れるのは実際には験担ぎみたいなものだと思います。

フリー・メイソンのシンボル群というのは元々西洋魔術
が起源でして、神社のお守りの護符とかと似た様な物です。
一番最初にアニメ業界やマンガ業界でこういったシンボルを
導入したのが誰かは分かりませんが(多分ディズニーだと思います)
フリー・メイソンのシンボルを入れる事によって作品がよく
売れるかもしれないというような業界慣習があるのではないかな、と
思っています。音楽業界も同じだと思います。

特にこれで誰かを”洗脳”しようだとか、世界を支配してやろう
というような深い意味では使っていないと思います。

まどマギに関しては元々の題材が”魔法”少女物なので
”魔法”の世界観を演出するために美術監督辺りが
フリー・メイソン等の西洋魔術のデザインを
参考にしただけの様な気もします。

ただ、傾向的にこういったデザインを活用する
クリエイターさんが多い様な気はします。
まぁ、日本は信仰の自由が保証されている近代国家
ですから、中には”ガチ”でこういうオカルト思想に
ハマっている人が制作者の中にいたとしても不思議では
ありませんが。
[ 2013/07/28 14:33 ] フェイド大帝 [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

験担ぎですか……確かにそういうものにハマっていれば十分ありそうですね。

>特にこれで誰かを”洗脳”しようだとか、世界を支配してやろう
>というような深い意味では使っていないと思います。

まあ実際こんなこと考えてるならもっと効率的な方法がありますからね。
視聴者の限られる深夜アニメで洗脳するったって費用対効果が悪すぎるでしょう。

>フリー・メイソン等の西洋魔術のデザインを
>参考にしただけの様な気もします。

陰謀論やオカルト好きのスタッフが面白半分にこういうネタをいれたらネットでメーソン作品だなんだと騒がれてしまったなんて例もありそうですね。

メーソン作品と言えば以前テレビ東京でエヴァとメーソンのつながりを指摘する番組があったようですがこれって実は日テレにエヴァを奪われたテレ東によるちょっとした嫌がらせとかだったんじゃないでしょうか?

まあ元々エヴァはこういうオカルトアニメの筆頭みたいな感じですが………


>まぁ、日本は信仰の自由が保証されている近代国家
>ですから、中には”ガチ”でこういうオカルト思想に
>ハマっている人が制作者の中にいたとしても不思議では
>ありませんが。

まあ製作者が何教徒であろうと人様に迷惑をかけたりしなければ問題はないと思いますが最近のアニメって昔に比べて随分あからさまにこういうのを全面に出しますよね。昔は出したとしてももう少し薄っすらとしていたように感じますが…………

これはどういうことなんでしょうか?
制作チームにおけるオカルト信仰者が昔より増えたとかそんな感じですかね。
それともお上のご命令?
[ 2013/07/28 18:55 ] ムック [ 編集 ] ”


カント「道徳形而上学の基礎付け」、ニーチェ「道徳の系譜学」読了
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-503.html
カント「道徳形而上学の基礎付け」、ニーチェ「道徳の系譜学」を読んだ。

その名の通り、道徳の本です。
何でこんなものを読んだのかというと、近所の本屋さんって
大体サンデル教授の本置いているんだよね。そうそうハーバードの
白熱教室の正義論の先生ね。
ブームはとっくに去ったと言えどもいまだに田舎の本屋では
現役みたい。
で、ロールズの「正義論」もゲットしてあるんだけどこれに入る
前にカントとニーチェを読んでおこうというわけ。

まっこうモグラさんの所でもカントの道徳学は扱っていたので
陰謀論の解釈にも役立つかと思って。
ロールズの本読んだら最終的にはサンデルの主著を読んでおこうと
思っている。

とりあえず、また小説作法本の続きに入る前に東條ミトラ教の
聖典なる”ケウル”をゲットできたのでこれをまず読んでみようと思う。

一応要約すると、

 ・カント: 善というのは善い意志とかいうのから発生する。
      問題は、社会にその善を浸透させるにはルール作りが必須。
    そのルールというのは個人の欲求(欲望)が絡んではダメで
      かつ全ての構成員にとって普遍的なルールじゃないといけない。
      →論理思考で普遍的な道徳ルールを作ろう!という結論。
      問題はこんなことが実際に人間にできるかどうかという所。
      人間はロボットじゃないんで、どうしても主観(欲求)が
      絡まざるを得ないのではないかと。
      この場合、まっこうモグラさんの解釈のように、
      「人民はバカ」という結論にならざるを得ない。
       バカな人民を指導する”イルミナティ”さんが必要だという
       理屈ね。問題は”イルミナティ”さんも人間が構成員のはずなので
       結局バカしかいないんじゃないの?というツッコミが生じる。

 ・ニーチェ: 個人的にニーチェってただのDQNだと思うのだが......
        隠喩が多くて読みづらいのよね......
        ともかくニーチェが言うには古代と現代で善の定義が
        180度逆転していると説いている。
        古代では強い人間の行動が善で、こいつらが弱者を
        痛めつけることは自然の弱肉強食に忠実に従っている
        だけだから、自然界においての善そのものである。
        ところがイジメられていた連中がルサンチマンから
        強者の暴力行動を”悪”とみなした。
        逆にイジメられている人達こそ”善”だと。
        この理屈を世間一般に広めたのがキリスト教を
        初めとした隣人愛や神の犠牲を必要とする大宗教。
        ところが人間は動物の一員なのでいくら理屈で飾ったとしても
        生きるためには誰かをイジメて優越感を感じないといけない。
        しかし他者をイジメるのは宗教で禁じてしまったので
        じゃあ”自分”をイジメればいいんじゃね?
        この行為がニーチェの言う”道徳”。

ニーチェはキリスト教的な犠牲神を否定しているので
こう考えてみると”まどマギ”をニーチェ的と評論した
レビューがいかに頓珍漢か分かるはず。
まぁ、アニオタもネットの検索情報だけじゃなくて
ちゃんと本人の著作を読みましょうってことかな?


インド宇宙論大全
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-605.html
Amazonのアフィ機能で、自分の設定したショップで商品が
紹介出来る機能がある。
この機能を使って、フェイド大帝が蓄えた膨大な書物や、
マニアックなアニメ、漫画等を皆さんに紹介していきたい。

今回は初めてなので、テストも兼ねた投稿です。
インド宇宙論大全
(2011/01)
定方 晟

商品詳細を見る
バラモン教から大乗仏教までジャイナ教も含めた古代インドの宇宙論を詳細に
紹介した本。
シュメール山(仏教の須弥山)というデッカイ山を中心に世界が出来ている
という理論の大本がこのインドの宇宙論にある。
北欧等の世界樹、イグドラジルも恐らくイランの世界樹思想から来ているのだろう。
イランのアーリア人と兄弟のインド・アーリアでは樹木から山に代わっただけだ。

○○ユガ等の天文学的な数字が特徴の古代インド。本書を読めば、実は結構いい加減に
決めた数字だと分かる。(笑)
 現代の新興宗教やスピリチュアル業界では古代インド人の考えたこれらの数字を
過剰に取り上げスゴイ知識等と吹聴する。
この本を読んでいればそれらの嘘を簡単に見破ることができる。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月2日
あの豚を飼ってる村の話は、そもそも 豚肉を食べちゃいけないユダヤ教で、 なぜ豚を飼っていたのかという所なんだと。

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月2日
え〜い、フェイド大帝が安上がりな お札や、藁人形のエネルギー補充の 仕方を教えちゃる! 神棚とかお供え物するだろ? まぁ、塩、水、酒、水なら お金かかんないし〜 と思うかもしれない。 実はあれ、月光に晒す事によって チャージ出来る様に中国道教 では出来ている。

正にソーラーエネルギーならぬ
ルナエネルギー!

あの怪しい雑誌で満月の夜に財布
を振ると金運が上がるという呪いも
こっから来てるのでは?

ちなみにここだけの話だが、
藁人形やヴードゥードール等の
ヘキシングドールは実は徒歩で
ターゲットまで移動するらしい。

そこでワープゲートを開くお札というのが
道教にあるのだが、これを隣に
置いとくと人形が疲れなくていいらしい。

藁人形は強力なので、これの具体的な
作り方は伏せとくが、代わりに相手の
呪術から身を守る簡単な方法を
教えよう。
道教から取り入れたフェイド大帝流魔術
の基礎だと思ってくれ。

厨二病の好きな「真名」こいつの
作り方と活用法を教えよう。

まず、なんでも良いので、自分の守護神
を想像する。これは仏でも、イエスでも、
天照でも、初音ミクでもいい。

要は、宇宙のパワーを貸してくれる
すごい神霊であれば名前はなんでも
いい。

ところで、気功やヨガは自分を鍛えて
パワーを発揮する技術だが、魔術というのは
神霊の力を借りる技だ。
だから霊が強力であるほど強い術が使える。
なので原理的にはヨガや武術みたいに
自分を鍛えなくても使用出来る理屈に
なっている。

取り敢えず、ミクを想像したとしよう。

次にミクと精神的に繋がった状態で
何か「音」を無意識に想像する。

その「音」を文字に直せば「真名」
の出来上がりだ!

「真名」は貴方とミク神との唯一の
秘密の繋がりだ。

道教のお札を有効化するには
実は神霊の承認がいる。
会社で言えば社長のハンコみたいな
感じだ。

実は道教のお札というのは
最後に朱でハンコを押す。
このハンコの作り方はミク神に
教えてもらうしかない。

あるいは先輩で同じミク神を
信仰している人から

ハンコを貰ってくる。

で、この「真名」だが、これは
絶対に他人に教えてはならない。
親にも教えてはならない。

なぜかを説明しよう。

実は魔術では人や物の「名前」と
言うのは非常に重要である。

旧約聖書でもアダムは動植物の名前を
つけるし、そもそもヤハウェも本名は
教えない。

実は相手に術を掛ける時、相手と自分を
神的な回路で繋ぐ必要がある。
そう「魔術回路」だ。

そこで基本的には相手の名前が
分かっていると、この回路を
繋ぐ事が出来る。

だから自分の本名が相手に知られていると
術が掛け放題なのだ!

こんなの厨二病の妄想だ!と
思わないで欲しい。

例えば、貴方の戸籍上の名前である。
恐らく貴方のご両親が付けた名前だろう。

実はこの名前、本来はただの音声でしかない。
ところが、貴方の両親や知人が繰り返し
赤ん坊の貴方にこの音声を発する事によって

貴方はこの音声を特別な物として
自己と結びつけてしまう。

例えば、誰かが貴方の名前を叫んだら
貴方は振り返ったり、反応するだろう。
最悪の場合、名前を呼んだ人の下に
歩いて行ってしまうかもしれない。

これは一種の「召喚魔法」である。

従って貴方の名前を知る者は、ある程度
貴方を支配出来る理屈が魔術には
存在する。

だから魔術師は戸籍上の名前とは
別の本名を作成するのだ!

貴方に「真名」があれば、例え
相手の魔術師が貴方の戸籍上の
名前を知っていても術はかけれなくなる。

この「名前魔術」の恐ろしい所は
相手が魔術師でなくとも無意識に
この術を貴方に掛けれるメカニズム
になっている事だ。


例えば会社の同僚が貴方を妬んでいたと
しよう。実はその同僚が貴方の悪口を
心に想像したり、声に出す事によって
この術は原理上発動する。

つまり貴方を嫌いな人が多ければ
多いほどこの術は更に凶悪な呪い
を貴方に掛けてしまう事になる。

そう言った意味でも「真名」の設定が
魔術の実践上、如何に効果的か
お分り頂けたと思う。

ちなみにこの術、道教では入門してから
一番最初に教わる術だとのこと。

以上、フェイド大帝流魔術の基礎終わり


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@FeydoTaitei フェイド大帝の慧眼ツイートに感動。ルナエネルギーって某ファンタジー小説で魔術師の使う力に月の影響が露骨に出て、月から力引き出すネタ元はこれですか。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 8月5日
しかし、セム系は酷いですね。聖書の文法や単語の綴りとかワザと
間違えてますからね。カバラ解釈しやすいように。

ねここねこさんにも教えたかったのですが、 ワザと綴りとか文章持って来る順番とか間違えているんですよね。 創世記の1章と2章で創造の順番が違うのも全部意味があったりします。

もっとも、本当に間違えていて、後世のラビ達が力技で無理矢理
解釈をつけただけかもしれませんが。(笑)

セム系の特徴というか、書物の原典よりもラビとかの注釈や解釈の方が
重要なんですね。やっぱりプロの解説がないとさっぱり分からない。
アーリア系のヴェーダとかも同じ仕組みですけどね。

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 8月6日
@lanekota @FeydoTaitei 有難うございます。わざと矛盾する記述を残す(聖書原理主義否定)+本当に間違えた箇所=教師前提(独学不可)の宗教。子音表記の時点で暗号。裏目に出て本来の読みを失伝。母音記号のニクダーを使うようになる。日ユ同祖論(笑)は聖書の無謬が前提。

ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

ぐだトマトさんはね、
何か大切なものを「生贄」に捧げなけれ
ば成立しないベルセルクみたいな
システムはね、結局「地獄」しか
生まれてこないと思ってるんだ。

やっぱりね、刃牙のガイアみたいに
自分を痛めつけないで綺麗なまま
強くなる方法を模索すべきだと
思うんだ。
0件の返信 6件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 5月13日
返信先: @pteras14さん

なるほどです。旧約聖書もストア学派のモロにバラモン教のパクリ要素がありますね。

地獄にしても、不条理も神の意志ってストア学派も行ってますし。

やはりアーリア系は避けて通れません。

バラモン教由来のものがある限りこの世は地獄思想が消えないわけで。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日
返信先: @lakudagoyaさん

だって元ネタのバラモン教の
神が「死」ですから……
「地獄職人」から産まれる物は
常に「地獄」ですよ。
1件の返信 2件のリツイート 4 いいね

ほしいもさんがいいねしました
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

FGOにガチャが永遠に存在する通り、
「地獄」も「地獄職人」が存在する
限り永遠なのさ!

「課金」か「破壊」かの違いでしか
ない。時々、星5が出てくるから
「創造」している様に錯覚してる
だけさ!

#FGO
#FateGO
0件の返信 2件のリツイート 5 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

そう!「何かを犠牲にして」、
その等価交換としてしか存在しえない
この「世界」。
そんな邪悪なシステムに名を付けると
したならば……

そうだなぁ、「地獄」辺りが妥当
なんじゃないかな?

人理修復など所詮は「地獄職人」の
戯言のお遊戯さ!

#FGO
#FateGO
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月7日

やっぱり、地獄主義者だって
言っただろう?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね

т. игарасиさんがいいねしました
ぐだトマト‏ @pteras14 4月20日

そういやー、ト○タも下請けに
ランキング付けて殺し合わせるのが
好きだと聞いた事があるな。
正にマシリト的発想だ。

この発想から生まれるのはヒット商品
じゃなくて、ただの地獄。
0件の返信 7件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 4月10日

う〜ん、上司がハイパーリンク地獄を
お見せしよう!とか言ってるけど、
確かにいつもバグる訳ではないから、
1〜2行ハイパーリンク貼って「ほら!
動くでしょ?」って言われても困る。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

じゃ?辞めれば?
って話だけど、そう簡単じゃない。

辞めたら地獄が存在しない事を
証明してしまうからね。
そうなったら創造神の怠惰を赦した
事と同義だからね。

彼らは絶対に赦さない人達なんだ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

ネバーランドも実在しないでしょ?

マイケル・ジャクソンみたいな
お金持ちが自腹で運営して初めて
存在しうる儚い存在なんだ。

きのこ達も一緒で「何で俺達の金で
地獄を運営しないといけないんだ!💢」
と怒ってるのさ。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

地獄主義者は「喜ぶ」人達じゃないんだ。

常に何かに対して「怒ってる」人達
なんだ。

何に怒ってるかって?

子供の時に絵本で見た「地獄」が
実在しなくて、自分達で運営しないと
「地獄」が存在しえない事に疲れた
大人達なんだ。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

「地獄主義」の注意点はね……

「この世に地獄を再現する事に喜びを
感じる性質を持った人達」
の意味じゃないんだこれが。

「地獄が存在しない事に対して創造神
の無責任に対して憤りを感じる人達」
の事なのさ。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

きのこ達は自分達の事をフォークを
持った地獄の釜底の小悪魔だと
妄想してるのさ。
霊魂レベルで人間をイジメ抜かないと
我慢出来ない性質なのさ。

これは何主義と言うんだろうね?

あえて名称を付けるとすると
「地獄主義」かな?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね

Ignaveさんがいいねしました
ねこた‏ @lakudagoya 2016年8月13日
返信先: @pteras14さん

とまーてさんの解釈はいつもながらナイスですね。

神の法を制定してるのは逆に権威を作らないためなんですよね。

だから異端審問やっただけで地獄行き確定。

そのあたりの事と、神の法を根底から覆すことが社会の破壊行為だとわからない騎士様なんですよね。
1件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年8月13日
返信先: @pteras14さん

これも実際に実践出来てるかと言うと
出来てないわけ。
これも「人の限界」ってヤツ。

つまり「人間は愚か者」ってわけさ。
だから死後、地獄に落とされる奴が
絶えないわけなのさ。

#FateGO
#FGO
1件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年8月8日

で、ギターもピアノも出来ねーから
オカリナの出番ってわけだ‼︎

これが通訳案内士、QC検定二級、
国内旅行と重なるっていう地獄だ‼︎



ぐだトマト‏ @pteras14 2016年6月26日
返信先: @pteras14さん

問題は聖書の言う正しい北極星座が
小熊の次のケフェウス座なのか、
バビロニア最古の牛飼い座(バビロニア
時代は羊飼い座!)なのかどうかだ。

牛飼い座が次の北極星の座に就くのは
数億年後。牛飼い座だとすると
数億年地獄のロールプレイを奴等
続けるつもりか?w
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年6月24日

いや、これからヨーロッパの
バルバロイ達は聖書の予言を
一個ずつ実現させてくんだよ。
泉パウロが言う様にね。
「地獄の苦しみを味わうけど絶対
死なせない病気」も絶賛開発中!w




@kikuchi_8
@kenkatap
ーーーー



お読みください感謝
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

金光と大本教が崇める鬼は岡山の温羅(うら)=桃太郎の敵! 黒住と金光と天理教=幕末三大新宗教=和風キリスト教(グノーシス寄り異端派)は全て世界連邦推進派!『うらたろう』『ねじまきカギュー』『トラウマイスタ』 

↓金光教と大本教が崇めている艮の金神=うらたろう。


金光教と大本教が崇めている艮の金神=鬼は岡山の温羅(うら)であり別名「丑寅(うしとら)みさき」!
しかも左目を射抜かれたから右目のみの片目(製鉄民)!
しかも百済の王子!

桃太郎の敵!

“吉備津宮のお釜殿は温羅の霊を祀(まつ)れるもの、その精霊を「丑寅(うしとら)みさき」という。”
“討伐に際し、吉備津彦命は現在の吉備津神社の地に本陣を構えた。そして温羅に対して矢を1本ずつ射たが矢は岩に呑み込まれた。そこで命は2本同時に射て温羅の左眼を射抜いた。”

鬼退治の桃太郎が明治20年に国定教科書に採用されたことから、
国家神道=天皇一神教側と、
鬼を崇める(桃太郎は怨敵)金光教と大本の派閥が違うのは明白。
大本弾圧事件。
弾圧しても派生団体は潰さない茶番。

政府が桃太郎側(中身は仏教ではなく、耶蘇と神道カルト)であることの傍証が犬養毅。
犬養の先祖は桃太郎の家来(の元ネタ)である犬飼武(いぬかいたける)。
となると5.15事件での犬養毅暗殺に協力した勢力に鬼勢力がいてもおかしくない。
しかも犬養元首相は、創価教育支援会に参加。
新渡戸稲造、柳田國男も参加。
創価の出自が南朝天皇崇拝団体だから、柳田が天皇批判できないエセ民俗学者なのは当然だな。
創価は戦前から国営カルト。
創価は耶蘇化しているが一応日蓮宗だからエセ仏教✝系。
鬼崇拝側は仏が大嫌い。
耶蘇化しても仏要素があるだけで大嫌い。
桃太郎=政府側は耶蘇化した仏教(創価)派閥も強いのだろう。
国家神道だけどね。
桃太郎がそこまで深い話だとは…

吉備は「真金(まかね)吹く」(ふいごで吹いて鉄を製する)という枕詞がつけられるほどの鉄の産地。
「真金(まかね)吹く吉備」の「金」でもある金光教。金神とは金属の神でもある。
ダブルミーニングで製鉄鬼だと主張。

本記事の資料に創価学会が全然出てこないことに注目!
資料にアンチ創価の立正佼成会が出て来ることに注目!
創価は天皇崇拝団体出身だが、叩かれ役だということ。
創価は本体から外されている疑惑。
立正佼成会のほうが本体に近くて地位が高いとわかる。
工作員の叩き具合みるに立正佼成会よりも創価叩きが多い。
悪評が露骨に多いなら本体ではない叩かれ役の法則が発動する。
そういえば統一教会も資料に全然登場しないな。
創価も統一も登場しないエキュメニカル団体の資料は超重要だとわかるね。
老舗のほうが地位が上の法則!


伝承の温羅(うら)は製鉄技術を持ち、左目を射抜かれる。鍛冶と一つ目の関係を想起。
温羅(うら)は吉備=岡山の人に技術を伝え豊かにしたという伝承がある。
鬼退治=温羅(うら)退治は要は、鬼を崇める側が負ける話。
丑と寅の間の方角(北東)である「鬼門」(牛の角と虎柄パンツ)と、
「裏鬼門」に位置する十二支(方角)の申(サル)、酉(トリ=キジ)、戌(イヌ)の対立という陰陽道思想は省略。
陰陽師は仏教徒。
陰陽道は宗教ではないから仏教を信仰。
鬼崇拝は仏嫌い。



おねしょた兄貴に紹介されました!(この記事ですよね?)
うれしいよ。

魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi 2017年5月18日
子子子子子さんのブログに書かれていた宗教団体を覚えといてね
アレ、全部偽物邪教で本物邪教誘惑者だから
何でかというと規範や規律等や教条論がハッキリしている宗教は他の宗教集団何かとは手を組む事なんてありえない
イスラームなら最低でも生活はできても、内心を共有する事は絶対にない


イマームホメイニーのおさーんも言っているけど、イスラームだけが光であり、後は全部邪教で人を暗闇へ、地獄導くものであり
態々、光を目指すものが地獄に堕ちる連中と手を組む何てありえないのです
こういった、基礎宗教論が分かっているのであれば何が偽物か瞬時に判断が出来るわけだ

あんまり、こういうのは好きではないが日本のカルト共がこっちに連絡かけているのを知っているからね
君らのその程度の低い知能は残念ながら見透かされているのとあそこまで程度が低い教理って中々存在しないから良い資料になっているよ
せめて自然崇拝なら未だしも…アレじゃあねぇ…。

良いかい?
こっちは日本と同じ翻訳文化の社会でまたピンのレベルがかなり高いところだ
で、君らのその粗末な教義は何の焼き直しかすぐにわかってしまうんだよ
また、この社会は過去に秘密結社的でソレの害と効用も知り尽くされているの君らが考えているよりもこの社会はもっと邪悪で凶悪なんだ

君らは日本では好き勝手出来るけど、日本を出たら虫けら以下なのだから虫けら以下は虫けら以下で地面の中を蠢いていれば良いんだよ
所詮、下っぱ・中間管理職でも最底辺なのだからその程度の教義しか作れないわけ
残念だけど、君らは失敗作なんだ
失敗作だからほっとかれているだけなんだよ
君ら自身分かっているし、薄々気づいてただろ?
何故に資産や富、権力だけしかくれないかをさ?
単純だよ、君らの頭脳がその理に耐えられないから物質しかあげられないのだよ
君らを知恵の世界に入れられないのはその性根の穢さなんだよ
それも意味だけで完全共通知という遥か先があるのだけどね
人が人を教えられれば意味まではたどり着く しかし、君らは虫でしょ?
人は虫に何かを教える事は出来ないから、精々餌をくれてやる事しか出来ないのよ
残念・本当に残念、でもそれはお前達がお前達自身で汚したのだから誰のせいでもない
お前自身の責任、甘んじて受け入れるのだな
どうせ、君らの事だから私の正体を知っているだろうけど
私の正体を知っているという事は私が偽物ではないことも非常に厄介な存在であることもわかってるわけだ
だから、私も相手にしたくないし祖国くらいではのんびりさせてほしいし、性根がにーとなので触れないで欲しいんだ

(万教帰一=教義の統一。
これを実現するには、世界に一つしか宗教が存在しないようにするしかない。
つまり一つ以外のすべて宗教を消滅させるしかない。
実在論の西洋思想全般とイスラームが、
反実在論の仏教と根本が同じなんてありえないし、
根本が真逆なので合体できないから、
合体するふりして仏教の中核を破壊。
イスラームみたいにすみわけするのが最良。
万教帰一言っている宗教は同時に自分らの宗教が最高と言っているから、
自分ら以外の宗教は滅びろと言っていることになるから平気で他の宗教破壊、特に仏教破壊をやるのは当然だから悪だと私は結論している。
イスラームみたいにすみ分ければOKというはるか昔に良い答えはなされ実行されていたのになあ。
耶蘇まざると他教は破壊!って発想になる。ばれないように憑依して破壊なのが悪質。
耶蘇は信仰告白せずに信仰を隠して工作するし)


シーア派12イマーム派ウスール学派であるおねしょた兄貴の姿勢

おねショタおじさん @douteimaturi 10月8日
大本というのがやっている絶対にやってはならない事は一点
大本を軸にして比較宗教やっている事です
これは多神教的帰一主義の悪いとこで手口として主管が言っている事を様々な宗教と比較して、どんどん絡んでやっぱり全ての真理は私達にあると一人合点することです


なので、私は大本的な思想を全否定します
基本的に宗教思想というのは譲れない絶対論があって成り立つものであって、それには必ず唯一でしかないものがあるのです
だから、神学としてこういうアプローチがあると言っている時点でその宗教には神学が存在せず吸収して肥えるスライムみたいな物です

神学はスライムではなく、縦軸がしっかりしているものなのではっきり異物は異物として認識がカッチリされています
ただ、大本みたいなものは異物ですら取り込んで飲み込むので私から言わせれば宗教ではなく、学問でもなくただのご都合主義的なその場凌ぎに終始する言い訳であり、宗教や学問でないです

簡単言えば、泥棒で盗癖があって盗みを働いているのにこれは自分のものだと言い張っているようなものでホツマツタエや霊界物語自体が泥棒に泥棒を重ねてどれが盗んだものかわかんなくなっている泥棒の落書き帳なのでそんな落書き帳を研究するなんて人間の所業ではなく、口舌し難い悪人の行いでしょう

別にただの万教帰一的なものなら何もここまで否定しません、しかしながら大本系とそれに近い泥棒の落書き帳を研究とか言っている連中は神学的にありえないので全否定します
繋げる事は非常に簡単なのですがそれを整合つけるのは実に難しいのですが、奴らは大本が軸で結ぶのでそういう苦労をしません


そんな雑すぎるものを学問とも言いませんし、比較宗教学でも神学でもありません
むしろ、神学がないからそんな粗末な思考ができるのでしょう
全く人類、生物として信じられません
もし、人間であるならば何故ここまで違うのかに戸惑うはずですがアメーバなのでそんな事できません物理的に不能です

大本なんて名前が間違っているのですから、スライム教やアメーバ教と本来の存在の名前を言うべきなのです
本当に聖なるものを豚喰い、犬喰い、蛇のように丸呑みする連中は実に醜い


おねショタおじさん @douteimaturi10月8日
はっきり言いますけど、ギリシャ哲学と
中国の諸氏百科それに心身一元論に契約の思想、
イスラームやユダヤを正しく認識していれば西洋哲学はただの毒物でしかありません
あんなよくわからない文章を読むぐらいでしたら、論語や韓非、墨子などを読んだほうが遥かに現実的に使えますし、簡単です

恐ろしいのは西洋哲学は詭弁と雄弁術、修辞学の塊なのでそれなりに聞こえてしまうのと舶来物信仰があるのでそれにコロリとやられてしまう事です
特にぬほん人は舶来物が大好きなので簡単に新しい舶来物に被れて、そこの内容物を問わないという悪癖があります
まあ、軸がない人々という事です

でも、ものの本質を隠すような議論をしても意味がありませんので生活が神学であるイスラームとユダヤはある意味、言行一致を求めるので日本人に受け入れやすいのではないかと思います
ただ、超排他的で徹底的に非寛容な日本社会とその性癖で都合の良い誤解をしていくのは容易に想像できますけどね





神道カルト(大本教派生の日月神示派)サイトの大摩邇(おおまに)氏で本記事が転載されました!
うれしくないです(おねしょた兄貴に紹介されたことの対比)。
日月神示=和風耶蘇を否定する私のブログを転載する意図が気になりますね。
他の記事も転載されています。
あ、消さなくてもいいですよ。これからも転載してください。私のブログをよく読む人は大摩邇(おおまに)氏にはいかなくなるだろうけど。

“大摩邇(おおまに)
日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)“

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/

の「勝手に拝借しましたm(__)m」タグの記事
随時追加 黒住教と金光教と天理教の情報。に幕末三大新宗教=和風キリスト教(グノーシス寄り異端派)! 世界連邦推進で人脈にワールドメイトあって草不可避
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2034912.html

お礼♡
大天使ミカエル大好きなGLAの教祖の義弟にエジプト生まれの「ワン・ツー・スリー」と名乗る霊があらわれ、教祖の指導霊となった!ひふみ神示エジプト起源説?

ヤマギシ会所属歴ありで「大本教は研究しない」宣言をした島田裕巳『日本の10大新宗教』(と『整体入門』)
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-164.html
“・GLA
の教祖・高橋信次の義弟に紀元前千三百年、エジプト生まれの「ワン・ツー・スリー」

高橋は古代エジプトや中国の霊が降りてくるなど霊的体験をし
68年本格的な宗教活動開始。松島幸之助(松下 幸之助?)の霊が降りたりもした。
新宗教の霊は普通は先祖の霊。
69年「大宇宙神光会」発足。
70年GLA(God Light Association)に改称。
霊言が古代インド語やアトランティスの言葉でなされる。
60年代の『ウルトラQ』などオカルトへの関心が高まっていたので社会風潮とも合致。76年高橋は亡くなる。
妻が事業を、娘の佳子がGLAを継ぐ。
佳子はミカエル・ボーイズ・アンド・ガールズという親衛隊を作り彼女が登場すると親衛隊は「ビバ・ミカエル」と叫び方を組み歌ったりした。熱狂的ファンに取り巻かれるアイドル

と呼ばれた。佳子を支える教団の青年達は「ビバ・ミカエル」と叫び肩を組んで歌い熱狂的ファンとアイドルのような雰囲気が生れた。古くからの会員が去り、その後講演会(集団的なカウンセリングのよう)開催等現実路線へ。

(エジプト生まれなのに名前が123の英語名(笑)。一二三ひふみって言いたいんだろ?ひふみ神示系だね。
聴き手が高確率で日本語と英語しかできないだろうからそれ以外の言葉で語ればなんでもあり。
そもそも存在しない言語なら絶対に大丈夫。
大本のおふでさきって原文全然読めないし。読めるようにした王仁三郎が都合よく改変したんだろうなあ。
ミカエルっていう有名っぽい陰謀追及サイトがありますね。GLA系への言及に注目。
高橋は真のメシア「エル・ランティー」で、佳子はその助力者「大天使ミカエル」らしいからね。”

efuwara‏ @efuwara 5月12日
この研究は面白いな!「スサノオノミコトを祀る神社,熊野系神社,八幡系神社の多くが津波被害を免れている
アマテラスを祀った神社,稲荷…系神社はその多くが被災している」/東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/68/2/68_I_167/_pdf …
17件の返信 9,788件のリツイート 13,026 いいね

天照と教祖が一体化したとする黒住教がさんざん支配層に協力した挙句がこの仕打ち。
結局、切られること前提の実行部隊だったってこと。
このツイートを引用したのは大摩邇氏もいずれそうなるかもねーって警告したかったからです。
お礼終わり!
以下の派閥ではないのかもね。




リノ・エアレイス‏ @rinogarcia 2016年11月8日
実はある意味日本はもっと凄い 何せ藤原氏がまだ政治と祭祀の中枢にいる
西暦600年代に発祥し、時の帝に多くの后を送り、
鎌倉時代にも将軍職を輩出し、
戦前は藤原五摂家の近衛氏が首相となり
今も九条氏が平安神宮宮司、
鷹司氏が伊勢神宮大宮司と、日本会議の顧問じゃぜ
藤原氏最強

―――
戦争推進の日本会議(五摂家も協力)が世界連邦運動派生。
どうみてもおかしなことを言っていて戦争屋と仲がいい政治家たちが世界連邦に積極的に賛成。
ゆえに日本会議=世界連邦運動の一派=悪。
天理教は世界連邦系イベントに参加(黒住教も参加)しているので世界連邦賛成派。


幕末三大新宗教
要約

共通
・見事なまでに仏が登場しない

・一柱の神が人間に~を与えた。ゴッドが~の焼き直し。ただしグノーシス寄り。
要はこれ。
出口王仁三郎「誠の神様はただ一柱しかおはしまさぬ、他は皆エンゼルである。」
黒住からずっとこれの焼き直しばっかり。

・万教帰一と世界連邦推進。

・同じ設計図(聖書とグノーシス文書)が教祖と使徒の設定と教義に使われている。
何回も使いまわすのは、「同じ設計図(中身)で外見は現地の伝統に偽装」が一番うまくいくという再現性が得られているから。

・教祖の兄弟や両親の情報が驚くほど少ない。
出自がばれるからねえ。
となると孤児という設定は非常に有効。出口鬼サブローの家系図が出回っているけど信用していない。

・改造なしグノーシスだと、
物質=悪vs魂=善の二元論だから、日本になじまないから緩和。仏教思想では物質は悪ではない。真言宗の正体はマニ教とかグノーシスとか悪質なデマはやめようね。仏教では肉体は悪ではないよ。現世で肉体を持ったままで悟るから当然。

天理教

・天理教は自分で一神教と言っている。親神という。信者から金を得られるのに都合よく教祖の伝記を改竄することはOKする神。大した親だ。毒親。

・天理教も「いちれつ兄弟姉妹」や「他宗教や敵対する人々も兄弟姉妹とみなし」でわかるように、新耶蘇=万教帰一側。



・世界連邦運動の精神をうたう「神戸平和の塔」前での第30回「世界平和祈願祭」に生田神社、世界連邦協会代表、黒住教・天理教・大本・白光真宏会の代表、人類愛善会代表らが参加。
しかも神戸平和の塔前の台座には「世界は一つ」と刻まれ書いたのは湯川秀樹。
神戸市の世界連邦平和都市宣言15周年を記念し、市から敷地の提供を受けて建立されたのが神戸平和の塔。
以上、大本教新聞である人類愛善新聞より。

くわしくは以下の過去記事をどうぞ。

ねこた‏ @lakudagoya 4月15日
ねこねこさんの天理教の話が熱い!
この国は天皇人脈がカルトを運営して搾取するわけだね!

で、天理教は真っ黒黒助じゃん!

http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-164.html?sp …
(ヤマギシ会所属歴ありで「大本教は研究しない」宣言をした島田裕巳『日本の10大新宗教』(と『整体入門』) )
天理教も搾取か。 天皇一族って何でカルト宗教とかパチンコで民衆の生活を破壊するの? 本当に為政者ならば、国民を守るのが仕事だよね? 同胞を生贄にして破壊するとか普通はできないから、反日勢力ですかと? やつら神になったら何でもやって許されるとか思ってそう。


黒住教

・現教主はこの世界連邦日本宗教委員会代表委員4名の1人。宗際活動は万教帰一の言い換え。

・金光教と大本教とも交流あり。世界連邦推進だから当然。

・明治期に五摂家が入信。

・宗忠神社は66年(慶応2)に勅願所となり幕末の尊王討幕運動の一拠点となった。公卿らが支持し、黒住教は皇室の祖神とされた天照大神を最高神にしていた(意図的)ため明治政府の天皇崇拝を旨とする〈大教宣布〉運動を担い、皇道宣布の国民教化運動に積極的に参加し全国各地に布教。

・全ての人が神になることができる、教祖がアマテラス(太陽)と一体化、グノーシス寄り。

・教祖が冬至の日生まれ。教祖が太陽神と一体化したのが冬至の日。耶蘇とミトラ教の改造版。
33歳で両親と死別。自身も肺結核になり死を覚悟。
文化11年(1814年)の“最期の日拝”=太陽を拝むで親不孝に気づき心を入れ替える。
その後二か月で不治の病の肺結核を克服。
33歳から始まる死と再生の体験。
その年の11月11日(34歳)に太陽神と一体化。
冬至の日は宗忠大明神の誕生日であり、黒住教立教の日である。
教祖の伝記は教団に都合よく設定されるもの。

教祖の黒住宗忠と赤木忠春(=黒住宗忠のパウロ)の設定のモデルは聖書だろう。教祖が教祖神と呼ばれるので神との一体化と同一視OKなグノーシス側。一神教的多神教だと必然的にグノーシス寄りになる。

・”黒住教は、江戸時代後期の文化11年(1814年)に立教した、日本人を教祖にもつ最も古い宗教です。“
と堂々と嘘をつく。
日本人の定義は?最澄と空海と鎌倉新仏教と吉田神道の教祖とその他有象無象の教祖が全員日本人ではないってこと?仏教は宗教ではないらしい。

・“私たち人間は全ての命の親神である天照大御神の御魂をいただいて生まれてきた神の子”(笑)。
太陽=創造神の子。君も量産型イエス・キリストだ!
至高神の一部である善なる魂をみんなが持っているというグノーシスが元ネタ。

・“現6代教主・黒住宗晴は、教祖神の名代として、日夜、人のため社会のために祈り、まごころを尽くしています。” 
日本会議の役員となり戦争推進することがまごころらしい。

・教祖が立教前に一度伊勢神宮に参っている。今もボスらが伊勢神宮に参る。
伊勢神宮の式年遷宮のさいに、古殿となった内宮の建築材を黒住教が大量にもらっているほどの関係。
神道カルト同士仲良しだね!

・本部神殿「大教殿」の、三角形の中に○があり、三角形のてっぺんから二本角が出ている個所のデザイナーがきなるなあ。

・柔道人脈もある。
ーー

金光教

・出口なおは元金光教信者。
(光金教→大本教→生長の家の流れに注目)

・ 教祖の金光大神の側近である佐藤範雄は赤十字メンバー=五摂家と天皇人脈。
金光教教団の組織化と教義を整備した佐藤 範雄(さとう のりお)。
政府機関への働きかけを行い明治33年(1900年)6月という狙っているとしか思えない年月日に教団の独立を達成。
創立間もない赤十字運動にも参加、社員となり赤十字運動の普及に努めたので天皇人脈にも食い込んでいる。
國學院大学を会場に、神道各教派を呼んで「美濃部博士の天皇機関説打破につき上杉博士を支援する懇談会」を開催するほどに天皇機関説を攻撃している。

・金光 鑑太郎(こんこう かがみたろう)は、金光教の四代金光様。
金光図書館を創設し、初代図書館長。日本図書館協会顧問。
ボーイスカウト日本連盟顧問。
金光教はボーイスカウト側だからメイソン教でもある。

・フジ産経(一つ目マーク)のボスである日枝久は金光教信者で、
フジテレビ=集英社作品アニメというラインを作ったWASP至上主義系の人で英国から勲章授与。
・金光教は、青二系の声優人脈、朝日のメディア人脈に入り込んでいるが、何よりフジ人脈に食い込んでいる。
金光教の時間という放送があり、ラジオドラマ出演者は永井一郎、中西妙子、山本圭子、三輪勝恵、小野坂昌也、龍田直樹、中友子など(青二プロダクション所属者が多い)。
桂米朝が当時内弟子になって間もない桂小米と大阪駅で金光教の団体列車に遭遇し、その列車に間違って乗ってしまうというくだりで始まる話もある。桂米朝が語る。
この放送の番組配信・制作は朝日放送。朝日放送のアナウンサーが朗読を担当することがある。
ラジオドラマは出演者の都合上ニッポン放送のスタジオ等で収録する場合が多い。
ニッポン放送はフジテレビジョンなどとともにフジサンケイグループ。
金光教信者の日枝 久(ひえだ ひさし、1937年12月31日 – 存命!)は、フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長、株式会社フジテレビジョン代表取締役会長。

・歌舞伎役者に信者が多い。

・金光教はボーイスカウトやガールスカウト(メーソン下部団体)のイベントをしたりするなど、メーソンとも繋がりがあり。
金光教スカウト協議会がある。

・「金神七殺」(金神がいる方位を犯すと家族7人が死に、家族が7人いない時は隣の家の者まで死ぬ)と呼ばれるほどの凶神を崇める。(既存の善悪を逆転)


・立教の年の教祖は46歳。(笑)
聖書の神かな?

46以外にも支配層のが大好きな数字がかなり登場する教祖の生涯。
真の数字はもう金光教が絡んでない記録はないだろうから確かめられない。教祖の両親の詳しい情報が見当たらない。ウラの家系かどうか知りたい。
”天保7(1836)年、金光さまが23歳の時に義弟の鶴太郎(つるたろう)が6歳で亡くなり、それから半月あまりの後、わが子の後を追うように養父粂治郎(くめじろう)が66歳で亡くなりました。
…古くからの親戚筋にあたる、古川八百蔵(ふるかわやおぞう)の長女とせさまと結婚することになりました。金光さま23歳、とせさま18歳の時のことでした。
…弘化3(1846)年、金光さまは33歳の厄年※を迎えました。
…※厄年:一般に、33歳は女性の厄年とされるが、この地方では男性の厄年でもあった。“

・大本教と同じく三千世界という言葉を使う金神。仏教嫌いが仏教用語を使うことで神に塗り替えたいのだろう。
” 明治15(1882)年11月24日(旧暦10月14日)早朝、金光さまは神様から次のようなお知らせを受けました。
 「天地の間のおかげを知った者なし。おいおい三千世界、日天四(にってんし)の照らす下、万国まで残りなく金光大神(こんこうだいじん)でき、おかげ知らせいたしてやる」”

・教祖は金神にひどい目にあわされたが、金神が信心に免じて許してくれたらしい。
神の言うとおりにせよ。自分をひどい目に合わせた邪神を善神として崇めるって盗作しているなあ。ヤハウェかな?
教祖である金光さまは神様から「生神金光大神(いきがみこんこうだいじん)」の神号を授けられたらしい。生きながらにして“人を助けて神になる”思想。

・大本系団体の人類愛善会による、第27回世界連邦平和促進全国宗教者大阪大会は、金光教泉尾教会で開催。
“協力・金光教”と明記。
親の金光教と子の大本教は仲良し。
両者とも異端派(カトリックが迫害)の子孫だがカトリックから人を招いているのは、このカトリックはエキュメニカル賛成派(既存のカトリックの否定)だから。

・世界連邦運動協会の役員
※今現在とは限らないので注意。
執行理事が三宅光雄(金光教 泉尾教会長)

執行理事が稲垣裕彦
(大本=人類愛善会 副会長かつ世界連邦日本宗教委員会会長代理)

・第30回世界連邦岡山県宗教者大会(世界連邦岡山県宗教者の会主催)が、岡山県浅口市金光町の金光教本部の金光北ウイングやつなみホールで開催。
金光教をはじめ、大本、県神社庁、県佛教会、キリスト教、黒住教、津山宗教委員会、念法真教、立正佼成会などが参加した。以上、金光新聞より。
世界連邦賛成派リストに追加。

・国際宗教同志会(こくさいしゅうきょうどうしかい)の事務局が金光教 泉尾教会。
発起人が同志社総長 牧野虎次。
金光教の三宅歳雄(超重要。上述のIARF会長も金光教で三宅)、
大本、
八坂神社、
カトリック 、
日本聖公会、
一燈園、
天理教、
日本基督教団などが結成
伝統仏教教団からは「京都三山」といわれる東西両本願寺、知恩院なども参加。
金光、大本、天理教は仲良しだな。
伝統仏教も腐っているな。
耶蘇にガチ抵抗したら潰されるか窓際族だからな。

ブラックリスト↓
“▽委員長 同志社理事会会長 牧野虎次 
▽主事 同志社専務理事 奥村龍三 
▽常任委員 愛善苑委員長 出口伊佐男、
真宗大谷派参与 本田廣善、
カトリック京都教区長 古屋義之、
天理教布教部長 岩田長三郎、
金光教泉尾教会長 三宅歳雄、
一燈園主 西田天香、
浄土真宗本願寺派総務 小笠原彰真、
臨済学院専門学校教授 緒方宗博、
真言宗醍醐派管長岡田戒玉、
真宗大谷派朱雀御坊主 末廣愛邦、
サンパウロ交易株式会社取締役社長 荘野忠徳、
八坂神社宮司 高原美忠、
日本基督教団京都教会青年部長 吉田隆吉、
豊国神社宮司 吉田良光(敬称略)“


国際宗教同志会は世界宗教者平和会議(WCRP)の母体の一つとなった団体。
世界宗教者平和会議(WCRP)の役員に紅卍で大本系のワールドメイトの半田晴久=深見東州。
金光教が中核の団体から大本教派生の教祖がいる団体ができる。

ワールドメイトの菱研顧問 小沢一郎・亀井静香・鈴木宗男・鳩山邦夫ら
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-1916.html
を見れば政治家なんて下っ端だと実感できる。

国際宗教同志会公式ページの役員の項目見ると(一部抜粋)、
理事長 三宅光雄 金光教泉尾教会 教会長


理 事 松井龍一郎 天理教 明城大教会 会長

監 事 内海雅継 金光教泉尾教会 総務部長
理事 松本貢一 立正佼成会 大阪教会長

中核が金光教で、天理教もいまだ健在。立正佼成会がセット。
ブラックリストは下の資料をご覧くだされ。

国際宗教同志会は、相国寺山内長得院で西田天香、出口王仁三郎、牧野虎次の三師の喜寿祝賀会を開いたり万教帰一目的なのは明白。
金光教の三宅歳雄は、第5回WAWF世界大会(世界連邦コペンハーゲン大会) に出席。バチカンでは、時のローマ教皇ピオ十二世と会見。
ワールド・ブラザーフッド世界同胞協会の会長でノーベル物理学賞受賞者アーサー・H・コンプトン博士(合衆国原子力委員会委員長をして原爆を開発。後に平和運動に転じた偽善者)が金光教の教会を訪れ、「祈りの塔」の落成式に参列。
三宅歳雄や大阪国際宗教同志会幹部と(支配層の)世界平和(笑)について懇談。
イギリスの世界的物理学者でロンドン大学教授のキャザリン・ロンズデール夫人も金光教の泉尾教会を訪れた。夫人は熱心なクエーカー教徒で、英国のロイヤル・ソサイエティ王立科学協会会員。
三宅歳雄は、ニコライ府主教らロシア正教関係者と意気投合。共産圏への働きかけの足がかりをつかんだ。
ロシア正教まで絡んでいる恐ろしき金光教。

国際宗教同志会で培ってきた信頼と経験が第1回世界宗教者平和会議(WCRP)として結実。
世界宗教者平和会議の役員(元含む)に深見東州だけでなく、
酒井教雄( アンチ創価=元立正佼成会 理事長)
宮本恵司(妙智会教団代表)
もいることに注目。

三宅歳雄は立正佼成会会長 庭野日敬と仲良くなっているし、
三宅歳雄は、この後、ローマ教皇パワロ六世はじめ、ギリシャ正教総主教や英国国教会のカンタベリー大主教を歴訪し、WCRP開催に向けて協力を依頼したり完全にエキュメニカル思想のの金光教。
しかも、昭和55年に三宅歳雄は世界連邦世界協会(WAWF)名誉理事長・同アジアセンター会長に就任。
そのうえ、泉尾教会で第18回世界連邦世界大会大阪会議を開催。
エキュメニカルと世界連邦賛成はセット。

※創価学会と統一教会が全然出てこないことに注目!
立正佼成会はアンチ創価だからなのと、創価と統一は本体から切り離されているからだろう。

“・戦後に勢力拡大した立正佼成会(りっしょうこうせいかい)は創価学会と対抗し、反創価学会系の新宗教教団が集結した新日本宗教団体連合会(新宗連)の中心として活動。
また自民党と公明党が対抗関係絵だった時代は自民党候補者を応援し新宗連代表議員も出していた。
公明党が連立政権に入ってからは民主党にシフト。
が自民党との関係を切ったわけではなく推進議員の中には自民党候補者もいる。“
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-164.html


・IARF(国際自由宗教連盟)は中枢がユニテリアン。1900年5月にユニタリアンと「リベラルなキリスト教徒」によって創立
IARF(国際自由宗教連盟)の第33回世界大会で、三宅光雄 金光教 泉尾教会長がIARF会長(任期4年)に選出された。
立正佼成会 会長 庭野日敬がIARF会長に就任したことあり。
公式サイトを見ると、今は副会長 Most.Rev.Mitsuo MIYAKE (日本) 金光教泉尾教会長とある。
役員にユニテリアンが多い。

※キリスト教福音派の牧師である尾形守『異端見分けハンドブック』いわく、
ユニテリアン主義=「三位一体を否定し、キリストが神であることを否定する異端」。
要は、三位一体(父と子と聖霊)の否定と、イエス・キリストは人間だという、エキュメニカル万教帰一に都合が良い思想。
福音派はエキュメニカル反対。

・IARFが4年に1度の世界大会時に授与している『シュバイツアー賞』をダライ・ラマへ与えたときのスピーチ担当が三宅善信。シュバイツアーは、IARF創設の元となったユニテリアンのメンバー。
※シュヴァイツァーはアフリカ現地での評判は決してよいものではない。自らの神学思想を現地の文化より優先する白人優位主義者。
シュヴァイツァーは「人類皆兄弟」とほざいたが対等な関係ではなく、「白人を兄、黒人を弟」としている。
ストア派の改悪版思想。人類皆兄弟なので肌の色の差別はないとするのが本来のストア派。
人類皆兄弟を侵略の道具にしているからノーベル平和賞=北欧賞をもらえた。


・人はみな神の子、心に神、生神(いきがみ)思想なのでグノーシス寄り。
”ふびんに思う神心は、だれにも神様から分け与えられています”
”信心すればだれでも生神になることができる”
黒住教と同じ設計図。

・三宅龍雄を偲ぶ会にIARF財務委員長が参加。三宅善信ももちろん参加。
儒教研究者の加地伸行も出席。あなたも支配層側か。
加地伸行『沈黙の宗教―儒教』(筑摩書房、1994)の読書メモ記事があるけど、
※加地伸行は暴走するので注意と書いてある。

 お盆は儒教(中核)を仏教で覆ったもの。カバラ(一神教+新プラトン主義)は易経(儒教の経典)とも道教(多神教)とも無関係! 寸止め陰謀論者が主張するカバラは「クリスチャン」カバラ! 加地伸行『沈黙の宗教―儒教』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-97.html


詳しくは過去記事
金光教を軽視してはいけない。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-37.htmlもどうぞ。

参考資料

天理教

田口 造‏ @manbownewoption 3月23日
戦前は搾取の宗教として天理教のお膝元。自分で部落と認めているのは、まあ良しとしよう。だが、歴史観がかなりおかしい。
それと日本会議の影響力を意図的に小さく見せているのが、極めていかがわしい。
U‏ @wayofthewind 3月23日
返信先: @wayofthewindさん

菅野完(すがのたもつ) 奈良県天理市出身

別名 noiehoie、家入保

テキサス大学オースティン校出身

団体所属歴 部落解放同盟 首都圏反原発連合 レイシストをしばき隊

初の著書「日本会議の研究」で有名に(笑)

天理は赤組だな。


黒住教

赤木忠春高弟の百五十年祭
http://kurozumikyo.com/michi/2015/04/20150401michi
” 来る4月19日、赤木忠春高弟の百五十年祭が、忠春神社(岡山県久米郡久米南町中籾)において斎行されます。それは同時に、当神社が改築27年の御祭りにもなります。

 赤木高弟は、教祖神の数ある直門高弟の中でも教団内に知らない人はいないと思われますが、なんと申しましても、京都神楽岡・宗忠神社は赤木先生なくしてはありえなかったと言えるほど大きなお働きをなした方です。

 その人となりは、8年間の盲目で心打ち砕かれて人生のどん底にあえいでいたのが、ただ一度、教祖神の二・七の御会日におけるお説教を拝聴する中に、心開いて真素直な心に立ち直り、そこに純粋な熱いものが湧き出でて、大感激の中に開眼のおかげをいただかれたところにも、如実に現れています。それは、弘化2年(1845)11月のことでした。教祖神御歳66(数え年)、赤木高弟30歳の時です。71歳で昇天された教祖神ですから、赤木先生はわずか5年の間に本教教師の中心的な存在になられたのでした。

 教祖神ご昇天後に、御神裁で京都布教をいただいた赤木高弟の獅子奮迅の活躍はめざましく、ついに時の関白九條尚忠公のご息女夙子姫の入信となり、すでに姫は孝明天皇の御后であられただけに、孝明天皇に御前講演申し上げる栄にも浴します。

 九條関白を筆頭に公卿方が次々と入信し、江戸時代最後の関白をつとめ、明治時代になって幼い明治天皇の摂政の任にも当たった二條齊敬関白、また三條實美公など公卿方が神文を捧呈して御道信仰に励まれたのでした。
これは、いつに赤木忠春高弟の説かれた教祖神の天命直授にあったと確信します。ここに明らかになった「神人不二」。すなわち大御神様のみわけみたま(ご分心)の鎮まる人はまさに日止で、御道信仰は「生き通し」の道であることが公卿方の心の光、柱となったのでした。風雲急を告げるこの時代、それだけ公卿方は命懸けの日々の中におられたのでありましょう。それは二條齊敬公の御筆に明らかです。

 「文久2年の夏のころ 宗忠神の遺教の歌を 拝写して神社に納めける  かぎりなき天照神と我がこころへだてなければ生き通しなり 右大臣 藤原齊敬」

 赤木高弟の至誠はまさに天に通じ宗忠大明神の神号を賜り、ついに全国の神社を取り仕切る吉田神社から、その東南の高台、その名も神楽岡という地の提供を受け、宗忠神社はご鎮座になったのでした。

 時に文久2年(1862)2月25日。この日の赤木高弟の「信をたのむぞ! 信は神ぞ。信は人ぞ。誠をたのむぞ! 誠こそ道ぞ!」の火の出るような説教は、今に耳に聞こえてくるようです。

 この年同じ2月には、孝明天皇の令妹和宮様が将軍徳川家茂公に降嫁され、長く久しきにわたった皇室と徳川将軍家との確執は解け、まさに公武合体なり、しかも翌文久3年8月にはいわゆる「七卿落」で、攘夷論に終始していた三條實美公ら7人の公卿方は長州(山口県)に流されるなど、開国維新への道が開けていきます。

 しかし、赤木高弟の、激しいばかりの信仰と熱情に心服していた、三條公ら若き公卿方が長州へ流されるとき、警護に当たったのが岡山藩士であったことから、岡山藩の本教に対する迫害が急に強まってきたようです。そうでなくても、名君の誉れ高かった藩祖池田光政公にして下賜されたのは霊神号なのに、池田藩の守護神社とはいえ今村宮の禰宜職にすぎなかった教祖神が「宗忠大明神」という最高の神号を賜り、しかも王城の地京都の吉田神社の境内地を提供されて宗忠神社が鎮座するなど、当時の岡山藩にとっては不快なことばかりで、教団本部への圧力は相当厳しいものがあったようです。中国の古事に〝泣いて馬謖を切る〟というものがありますが、その頃の本部当局は赤木高弟に引退してもらうべく三代宗篤様(御歳16歳)の名のもとに、大元家(教団本部)への出入りを禁ずるの書状を、赤木高弟の愛弟子本多応之助先生に託して届けています。本部当局の決断が、どんなに苦汁に満ちたものであったかが伺えます。岡山藩の中にある教団という組織防衛のためには、個人を切らざるをえなかった当時の先輩の苦衷を拝察することです。

 その後、あれだけ功績のあった方を破門するなど、なんてことを……という声が、教団内に起こり久しくくすぶっていたことも事実です。しかし、平成4年、皇學館大学元教授の真弓常忠先生が、神楽岡・宗忠神社ご鎮座百三十年の記念誌「孝明天皇と宗忠神社」を執筆されるに際しての研究調査で、事の真実が明らかになりました。

 130年前の明治18年4月18日、大元・宗忠神社ご鎮座に際し、三代宗篤管長は赤木忠春霊神に敬意と感謝の心を込めて「大教正」の教級を贈り、あらためて高弟を顕彰されていますが、三代様のご心中いかばかりであったか、思うだに胸が熱くなることです。

 二・七の御会日 教祖神のご在世中、月の中の二と七のつく日にお説教がつとめられていた。それはまた岡山藩の武士の休日でもあった。”

赤木忠春 あかぎ ただはる
https://kotobank.jp/word/%E8%B5%A4%E6%9C%A8%E5%BF%A0%E6%98%A5-14431
”没年:慶応1.4.16(1865.5.10)
生年:文化13.10.13(1816.12.1)
開教直後の黒住教の高弟,布教者。美作国久米南条郡八出村(岡山県津山市)の庄屋陶太郎左衛門の子として生まれ,のちに同郡の大庄屋赤木常五郎の養子となった。天保8(1837)年に両眼を失明したことを契機として,弘化2(1845)年に黒住宗忠と会い黒住教に入門。「黒住教六高弟」のひとりと称せられる。ただし,正式の入門は宗忠没後の嘉永4(1851)年とする説もある。宗忠没後の嘉永4年,京都へ出て布教。黒住教の合法化のために,神祇伯職世襲の吉田家に接近し,宗忠大明神号獲得のための請願運動に奔走,安政3(1856)年3月遂に実現にこぎつけた。この間,京都周辺での布教も熱心に行い,禁厭や祈祷による治病活動で教勢を拡大した。関白九条尚忠が娘の病気治癒を契機として入門したのちは公卿へも影響を広げ,三条実美も一時門人であった。文久2(1862)年,京都神楽岡に宗忠神社の建立の許可を得ることに成功したが,このころから大元(岡山市の本部)から別派独立の嫌疑を受け,元治1(1864)年に破門された。身の潔白を証明するために郷里で修行中に死亡。教祖,宗忠には希薄であった「皇国」「皇祖神天照大神」を前面に打ち出し,尊王攘夷派の志士とも交流,次第に政治的性格を強めた。そのことが大元との宗教的懸隔を生んでいったと思われる。しかし,黒住教が明治以降いち早く別派独立の許可を得たのは,忠春の築いた人脈によるところが多い。<著作>『赤木大人歌文集』『七箇条諭弁』<参考文献>高野隆文『赤木忠春大人伝』,小寺基之子「黒住教の歴史的性格」(『岡山史学』24号) ”

宗忠神社 むねただじんじゃ
https://kotobank.jp/word/%E5%AE%97%E5%BF%A0%E7%A5%9E%E7%A4%BE-1425319
”…門人赤木忠春は京都で祈禱をつうじて日本の祖神たる天照大神の信仰を説いた。62年(文久2)に京都神楽岡に創建された宗忠神社は,66年(慶応2)に勅願所となり,幕末の尊王討幕運動の一拠点となった。武士,地主・有力町人層,公卿らを支持者とした黒住教は,皇室の祖神とされた天照大神を最高神にしていたため,明治政府の天皇崇拝を旨とする〈大教宣布〉運動のにない手として,教部省による皇道宣布の国民教化運動に積極的に参加し,全国各地に布教を展開した。…


【黒住宗忠】より

…その教えは,近隣地主層から岡山藩士へと広がり,弘化年間に教団組織が確立,1876年に神道事務局から別派独立として公認され,82年に神道黒住教となる。宗忠は56年(安政3)門人赤木忠春らの運動で大明神号をさずかり,62年(文久2)に京都神楽岡(現,京都市左京区),85年には岡山の大元(現,岡山市)に宗忠神社が建立された。教義に関する教祖の自筆文章は〈日々家内心得の事〉のみで,ほかに和歌と書信が残されている。…


宗忠神社(むねただじんじゃ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E5%BF%A0%E7%A5%9E%E7%A4%BE

赤木忠春が起こした奇跡(黒住教)
http://97331420.at.webry.info/200610/article_20.html
”赤木忠春は、黒住宗忠の高弟で、宗忠にとって、釈迦に対する迦葉、キリストのおけるパウロのような存在で、この方も全国への布教の道中に、いろんな奇跡をおこされています。

備後の忠海のあたりで説教のあった時、世話人たちがお供えの魚を求めて海に出かけたところ、生憎一尾も網にかからなかったので、この事を申して詫びると、忠春は、
「では、私が捕まえてお供え致そう」
と狩衣(かりぎぬ)を着たままで海に入り、拍手を打って、さっとその手を水中に入れると、どこから現れたのか、見事な一匹の大鯛が忠春の掌に乗って来たのである。
見ている人々は誰もあっと驚きの声を上げたが、
「信(まこと)一つで天地も動くぞ!」
という忠春からすれば、魚一尾をつかまえる位は、それこそ朝飯前の見安いことであった。
                                    「赤木忠春」黒住教日新社より

キリストもたしか、本当に信仰心があれば山をも動かすことができる、みたいなことを言っていたように記憶していますが、さすがは黒住宗忠のパウロといわれるだけのことはありますね。

淀藩の稲葉家の家老職を勤めていた近藤某家の娘が、性の悪い腫物で悩んでいた時、折りよくその地方に赴いた忠春は、この事を聞くと直ぐ歌をつくって娘に与えた。
 朝日さす日影に生れる腫物は
  根も葉も枯れて跡形もなし
この歌をその娘が数日の間一心に唱えている内に、医薬でも容易に癒えなかったはれものが、いつのまにかさっぱりと直っていた。
後世になってもこの歌を唱えただけで、多くの人が腫物のおかげを受けているという事である。
忠春にはまた、
 日を呑んで腹をはる(張るー春)気になりぬれば
  心よしの(善しの)の花や咲くらん
という、まことに格調の高い秀れた歌がある。
忠春が亡くなってから七十年も経た後に、この歌を毎日唱えつづけて、医者もさじを投げていたバセドー氏病の婦人が、見事におかげを受けて全快した実話も伝わっている。
その場その場で、天から授かる忠春の歌には、天地の活霊(いきもの)がこもっていたのである。
                                              「赤木忠春」より”
日本会議 > 日本会議とは > 役員名簿
http://www.nipponkaigi.org/about/yakuin
”平成28年7月1日現在・50音順

[名誉会長]
三 好    達 元最高裁判所長官
[顧 問]
石 井 公一郎 ブリヂストンサイクル(株)元社長
北白川 道 久 神社本庁統理
鷹 司 尚 武 神宮大宮司
[会 長]
田久保 忠 衛 杏林大学名誉教授
[副会長]
安 西 愛 子 声楽家
小田村 四 郎 元拓殖大学総長
小 堀 桂一郎 東京大学名誉教授
田 中 恆 清 神社本庁総長
[代表委員]
秋 本 協 徳 新生佛教教団最高顧問
石 原 慎太郎 作家
板 垣   正 元参議院議員
市 川 晋 松 元日本相撲協会相談役
伊 藤 憲 一 青山学院大学名誉教授
稲 山 霊 芳 念法眞教燈主
今 林 賢 郁 (公社)国民文化研究会理事長
入 江 隆 則 明治大学名誉教授
打 田 文 博 神道政治連盟会長
宇都宮 鐵 彦 株式会社日華代表取締役会長
大 石 泰 彦 東京大学名誉教授
岡 田 光 央 崇教真光教え主
岡 野 聖 法 解脱会法主
小 串 和 夫 熱田神宮宮司
尾 辻 秀 久 日本遺族会会長
小 野 貴 嗣 東京都神社庁庁長
加 瀬 英 明 外交評論家
城 内 康 光 元ギリシャ大使
黒 住 宗 晴 黒住教教主
慶 野 義 雄 日本教師会会長
小 堀 光 實 比叡山延暦寺代表役員
佐 藤 和 男 青山学院大学名誉教授
澁 木 正 幸 日本会議経済人同志会会長
志 摩 淑 子 (株)朝日写真ニュース社会長
住母家 岩 夫 NPO法人持続型環境実践研究会会長
関 口 慶 一 佛所護念会教団会長
千    玄 室 茶道裏千家前家元
髙 城 治 延 神宮少宮司
竹 本 忠 雄 筑波大学名誉教授
寺 島 泰 三 (社)日本郷友連盟会長、英霊にこたえる会会長
德 川 康 久 靖國神社宮司
冨 澤   暉 (公財)偕行社理事長
中 島 精太郎 明治神宮宮司
中 野 良 子 オイスカインターナショナル総裁
長谷川 三千子 埼玉大学名誉教授
廣 池 幹 堂 (公財)モラロジー研究所理事長
保 積 秀 胤 大和教団教主
丸 山 敏 秋 (社)倫理研究所理事長
村 松 英 子 女優・詩人
[監 事]
加 瀬 英 明 外交評論家
澁 木 正 幸 日本会議経済人同志会会長
[理事長]
網 谷 道 弘 明治神宮崇敬会理事長
[事務総長]
椛 島 有 三 日本協議会会長
[事務局長]
松 村 俊 明 日本会議常任理事



以上の役員を始め本部理事、百人委員約400名、
47都道府県本部役員約3100名がご就任です”


トップページ >黒住教について >黒住教の教義
http://kurozumikyo.com/about/dogma
黒住教は、江戸時代後期の文化11年(1814年)に立教した、日本人を教祖にもつ最も古い宗教です。岡山市の尾上神道山に本部を置き、200年以上にわたって日本各地でその教えに基づいた活動を行っています。

教祖神・黒住宗忠(1780〜1850)は、代々の神職の家に生まれました。最愛の両親の急逝による心痛で病に臥し、ついには死を覚悟しましたが、文化11年(1814年)の正月に日の出を拝んで復調の兆しを得て、数ヶ月で病を克服しました。そして、自らの誕生の日であるその年の冬至に、東の空に昇る朝日を拝んで神人一体の境地にいたり「天命直授」という悟りを経て、黒住教は立教しました。

したがって、黒住教では日の出を拝む「日拝」を最も大切な祈り
としています。感動と感謝の心で日の出を拝み、「まること」の精神をもって生きることに努めています。「まること」とは、黒住教独特の言葉で、「丸いこと(丸い状態と丸いはたらき)」を意味しています。「丸い状態」は、歪みや偏りのない調和のとれた状態であり、天地自然の元来の姿です。また、「丸いはたらき」とは、どのような動きや働きかけも決して一方通行ではなく、直接または間接的に返ってくる双方向性の循環の働きであることです。「まること」とは、こうした天地自然の摂理と一体になったことを指しています。

天命直授を通して、宗忠は「人は皆、天照大御神の
分心をいただく神の子
」という人間観を明らかにしました。
これは、私たち人間は全ての命の親神である天照大御神の御魂
をいただいて生まれてきた神の子
である、ということです。
私たちを守り導いてくださる天照大御神に報恩感謝の真心を
尽くして、私たちの真の心を、丸く、大きく、あたたかい、
本来の姿に養い育てることが本当に生きるということです。
“心なおしの道”である黒住教は、人生の開運の宗教であるとも
言うことができます。

日本は日の丸をかかげ、太陽をお日様・お天道様と称え崇めてきた国ですが、そうした古代からの信仰の上に、宗忠は、太陽そのものを崇拝するというよりも、昇る朝日に顕現される万物を生み出す親神として天照大御神を感じとり、日拝によって感謝を捧げることの大切を説きました。そして、日の神の分心が人々の心の奥深くに鎮まり、全ての人が神になることができると教えました。

現6代教主・黒住宗晴は、教祖神の名代として、日夜、人のため社会のために祈り、まごころを尽くしています。夜明け前から始まる日拝は、一日も欠かすことなく続けられ、その祈りと奉仕の生活はひとえに教祖神の導きを願うすべての人々のためのものとなっています。
 私たちは、一人でも多くの方が教祖神の教えにふれて、天照大御神のご神徳の中で生きる喜びに目覚め、開運の道を歩まれることを心から願っております。
御七ヶ条

「神国の人に生まれ常に信心なき事」恐るべし 恐るべし
天地自然に満ちわたる天照大御神のご神徳のなかで、生かされて生きているのが私たち人間です。自分の力で生きていると勘違いしがちな人の多い今日ですが、わが生命の本源を見失わない人間でありたいものです。

この「御七ヵ条」は、天照大御神の「分心」の器である人間の心が、常に健全な状態にあるように努めることの大事を説いているものです。”

”平成23年 2011年 東日本大震災に際して、全国の教会所において「被災者慰霊・復興祈願祝詞」を奏上祈願。
副教主が事務局長をつとめるRNN(人道援助宗教NGOネットワーク)と合同の街頭募金を一ヶ月実施
副教主、ローマ法王ベネディクト16世の主宰で開催された「世界平和のための省察・対話・祈りの日」に出席(於 イタリア・アッシジ)
「第33回世界連邦平和促進全国宗教者岡山大会」を神道山で開催 ”
歴史http://kurozumikyo.com/about/history

” 教祖神・黒住宗忠は、安永9年(1780年)11月26日の冬至の日の朝、代々今村宮(岡山市北区今)の神職をつとめる家に生まれました。幼少時より孝心があつく、20歳の頃には「生きながら神になる」という志を立てました。宗忠は「心に悪いと思うことを決して行わず、善きことのみを実行する」との厳しい目標を自らに課して“神になる”道を歩みました。しかし数えて33歳の時、かけがえのない両親が流行病によりわずか1週間の内に相次いで亡くなりました。その悲しみがもとで宗忠自身も不治の病といわれた肺結核に侵され、2年後には明日をも知れない状態に陥りました。

死を覚悟した宗忠は、文化11年(1814年)1月の厳寒の朝、幼いころから両親とともに毎朝手を合わせてきた日の出を拝みました。この“最期の日拝”の祈りの最中に、宗忠は知らず知らずのうちに大変な親不孝をしていたことに気づき、せめて心だけでも両親が安心する人間に立ち戻らねばならないと大きく心を入れかえました。この世との別れの日拝だったものが、新たな“生”への祈りに転回しました。この心の大転換により、宗忠の暗く閉ざされた心のなかに陽気な感謝の気持ちがよみがえり、その結果わずか2カ月で不治の病を完全に克服しました。

その年の11月11日。この日は昔から「一陽来復」と称され、物事が新たに始まる時とされてきた冬至の日でした。安永9年(1780年)の冬至の朝に誕生した宗忠が、死の淵を乗り越えて34回目の誕生日をこの日迎えたのです。昇る朝日に格別の思いで祈りを捧げていると、宗忠は全ての命の親神である天照大御神と神人一体になり、悟りの境地に立ちました。黒住教では、このことを「天命直授」と称して、黒住教立教の時としています。

以来、宗忠は世の中の苦しむ人や助けを求める人のために昼夜を問わず祈り、教え導き、多くの人々から生き神と称えられ、すでに神仕えの身であったこともあって自然な姿で教祖神と仰がれました。宗忠がその肉体を離れて天に昇ったのは、嘉永3年(1850年)2月25日のことでした。

宗忠の在世中に、現在の黒住教の基礎が築かれ、当時すでに数万の道づれ(信者)を擁していました。宗忠の昇天後、その生誕地であり住居があった現在の岡山市北区上中野を中心に、日本各地で黒住教の布教が広まっていきました。宗忠の教えが「神道の教えの大元」と称えられたことにより、この地は「大元」と呼ばれてきました。

皇室や公家のなかに宗忠に帰依する人が多く、孝明天皇(明治天皇の父君)の信心も得ていました。神位を非常に重んじた江戸時代において、安政3年(1856年)3月8日に「宗忠大明神」の神号が授けられ、文久2年(1862年)2月25日に京都・神楽岡に宗忠を祀った宗忠神社が建立されました。この宗忠神社は、建立からわずか3年後の慶応元年(1865年)4月に、孝明天皇の勅命による唯一の勅願所(天皇が国家国民の平安を祈るために指定した神社・仏閣)に定められ、その翌年の慶応2年(1866年)2月には、従四位下の神階を宣下されました。


昭和49年(1974年)10月27日、都市化が進んだ大元(岡山市北区上中野)の地を離れて、黒住教は神道山(岡山市北区尾上)に、壮大な日の出を求めて遷座しましたが、大元には明治18年(1885年)鎮座の宗忠神社が現在もまつられています。
”http://kurozumikyo.com/about/originator
教祖神

伊勢神宮奉賛活動
http://kurozumikyo.com/about/ise
”宗忠が生まれた黒住家は、先祖代々から今村宮(岡山市北区今)の神職として仕えていました。今村宮の主斎神が天照大御神であったため、宗忠は黒住教を立教する前に一度、伊勢神宮に参っていました。宗忠は黒住教立教後も参宮を続け、生涯で六度、伊勢神宮の神前に奉拝しています。 2代宗信のときには「伊勢千人参り」を斎行し、明治時代になって3代宗篤、4代宗子と親子二代にわたって「伊勢萬人参り」をつとめています。

このような伊勢神宮とのご神縁から、昭和48年(1973年)、第60回神宮式年遷宮(20年毎に伊勢神宮のすべての社殿を新しく造り替えて神座を還すこと)にて、古殿となった内宮の建築材を黒住教へ大量に下賜されました。
折しも神道山大教殿の建築工事のさなかであり、御本殿はすべてこの神宮のご神木で設えることができました。このご神恩に報いるためにも、昭和59年(1984年)から第61回神宮式年遷宮に奉賛するべく10年間の献納を重ねました。その後、平成5年(1993年)に第61回の式年遷宮が終わった新宮へ、平成6年(1994年)に昭和55年(1980年)以来の「伊勢萬人参り」をつとめました。

新宮に御神体をお遷しする“遷御の儀”が10月2日には内宮、5日には外宮にて執り行われ、内宮には教主、副教主、8代宗芳が、また外宮には宗忠神社宮司、黒住教教議会議長が正式参拝しました。殊に、内宮の“遷御の儀”への三代にわたる正式参拝者としての参列は過去に例がないといいます。


宗際活動
http://kurozumikyo.com/about/activity
岡山はもともと宗教間同士の交流がある土地で、昭和10年代から先代の5代教主・黒住宗和は他教団の幹部の方たちとの親交を深めていました。特に戦後は5代教主を中心とした宗教間交流が盛んで、今日の世界連邦日本宗教委員会岡山宗教者の会は、全国的にみてもユニークな活動を行っています。
 岡山には平成8年(1996年)以来、副教主・黒住宗道が事務局長をつとめる12教団からなる青年宗教者の共同、共働グループRNN(人道援助宗教NGOネットワーク)があり、大災害のときなどに緊急援助活動を国際的にも実施しています。また、平成13年(2001年)の9・11テロ直後の10月5日には、日本ムスリム協会会長(当時)の樋口美作氏を招き、RNN主催「イスラム教についてのシンポジウム」を黒住教武道館にて開催しました。

RNNは、平成17年(2005年)6月29日の岡山大空襲60年の日、「ヒーリングコンサート」の名のもとに平和を願い祈る音楽会を岡山カトリック教会で開催しました。ここでは、天台宗、真言宗の声明、イスラム教のコーラン朗誦、キリスト教プロテスタントの讃美歌、カトリックの聖歌、そして金光教と本教の吉備楽が披露されました。さらに、事前に公募して最優秀に選ばれていた詩「PEACE」に曲づけされた歌を、参加者全員で合唱して平和を祈りました。

昭和50年(1975年)、今日WCRPと呼ばれる世界宗教者平和会議の創設に尽力した立正佼成会の庭野日敬会長(当時)が神道山に参拝し、6代教主にWCRPへの参加を呼びかけました。翌年の昭和51年(1976年)11月、シンガポールにおいて開催された第1回のACRP(アジア宗教者平和会議)に出席した6代教主は、開会式の壇上に立ち開会の祈りを捧げました。これが機縁となり、昭和54年(1979年)8月、アメリカ・プリンストン大学にて開催された第3回世界宗教者平和会議に出席した6代教主は、その開会の式典が催されたニューヨークのセントパトリック大聖堂において「大調和への祈り」と題した講演を行い、開会の祈りをつとめました。また、WCRPの青年部会結成30年の記念大会が、平成15年(2003年)6月に開かれ、副教主・黒住宗道が招かれ、その記念講演をつとめました。

昭和56年(1981年)2月23日、ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世が来日しました。ローマ法王の訪日は初めてのことでありました。法王はまず皇居において天皇陛下に謁見し、翌日、ローマ法王庁大使館(東京都)に日本の各宗教の代表20数名を招いて会談しました。6代教主・黒住宗晴も神道の一人として招かれて出席しましたが、それぞれ何かおみやげをというなかで、教主は、法王が青年期に著わした「THE ACTIVE PERSON(行為的人格)」を持参し、そのなかの一節「人間は自己をおしみなく他者に与え尽くすことによって、もっとも完全に自己となり、人格としての在り方を実現する」の一条に感服したことを告げるとともに、法王の皇居訪問に敬意と謝意を表しました。

平成2年(1990年)、「グローバルフォーラム」の執行委員を中心に、シリアのイスラム教最高指導者アフマド・クフタロ師をはじめ各国の宗教者、そして政治家、ジャーナリストたちが来日して、神道山で「神道ワークショップ(神道国際研究会)」を開催しました。講師は後に國學院大学学長になった上田賢治氏、同阿部美哉氏、皇學館大学理事長・櫻井勝之進氏、同学長谷省吾氏、そして仏教界からは薬師寺管主・高田好胤師が参加しました。
 また、海外における神道や黒住教の研究者で後にアメリカ・ハーバード大学ライシャワー日本研究所所長となったヘレン・ハーデカ女史、ライト大学宗教学教授ウィリス・ステイツ氏、タイ・カセサート大学教授ペンシー・カンチャノマイ女史が参加して講演しました。

平成7年(1995年)3月、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世法王を、本教が責任教団となって招聘しました。これは、複雑な国際関係から11年間も日本への入国ができていなかったため、法王招致委員会の要請を受けてのものでした。法王一行は来日後、広島市に直行し、終戦と被爆から50年が経過した原爆記念碑前での法要をつとめた後、岡山市に到着しました。神道山大教殿における講演や、青年たちとの交流などが続き、さらに林原生物化学研究所や障害者福祉施設などを見学された4泊5日間の岡山訪問でした。

平成12年、西暦2000年を迎えたこの年の8月、コフィ・アナン国連事務総長の呼びかけにより「ミレニアム世界平和サミット(国連宗教サミット)」が開かれ、ニューヨークの国連本部総会議場を各国の宗教者が埋めました。副教主・黒住宗道が日本使節団の幹事長役に指名され、伊勢神宮・久邇邦昭大宮司、天台座主・渡邊惠進師をはじめ立正佼成会・庭野日鑛会長、新日本宗教連合会・深田充啓会長、大本・広瀬静水総長ら27名が参加しました。4日間のこの会議は、本教教主の閉会の挨拶と祈りでもって閉じました。
 このサミットでは本教の提案で、「世界の火薬庫」と呼ばれるバルカン半島の各地から11名の様々な宗教代表を招いて会議が持たれ、その費用の大半は岡山財界有志からの浄財によるものでありました。

9 ・11同時多発テロ発生の翌日、副教主・黒住宗道は国連宗教サミットをはじめ、それまで知遇を得てきた各国の宗教者に電子メールでもって、これが、イスラム対西洋のいわゆる文明の衝突になることのないように宗教者として共働してつとめようと訴えました。そして前記のごとく、10月5日RNN主催のイスラムについてのシンポジウム開催と続きました。翌平成14年(2002年)1月、イタリア・アッシジにおいて、ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世の呼びかけによる平和への祈りの集会が大々的に開かれ、副教主が参加しました。

明治26年(1893年)、アメリカ・シカゴで開かれた万国博覧会において、「万国宗教会議」という名のもとに、世界で初めて各国の宗教者が集まり、日本からも数名の宗教者が出席しました。その後、長らくこの会議は途絶えていましたが、100年後の平成5年(1993年)に同じくアメリカ・シカゴにて再度開かれることとなりました。この会議に出席した副教主・黒住宗道は、続く平成11年(1999年)の南アフリカ・ケープタウンにおける復活第2回会議に出席し、平成16年(2004年)7月スペイン・バルセロナで開かれた復活第3回万国宗教会議にも出席しました。
 このバルセロナ会議に際して、副教主は開会式の5,000人もの参加者を前に、州の大統領や地元代表の挨拶に続いて宗教者としてただ一人「平和への祈り」を捧げました。なお、開期中は「『誠』の教え─神道による平和への道─ 」と題して一時間半の講演も行いました。また、副教主は、平成21年(2009年)12月オーストラリア・メルボルンでの復活4回目の会議にも招かれて出席し、講演をつとめました。

かつてイタリア・アッシジでローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世が主催して開催した「世界平和の祈り」を受けて、当時の天台座主山田恵諦師は「比叡山宗教サミット」を創設し、その第1回の集いが昭和63年(1988年)8月に京都で開催されました。教主・黒住宗晴は神道教団の代表として講演し、同サミット10年を記念した平成9年(1997年)の集いでは、副教主・黒住宗道が講演を行いました。なお、毎年8月初めには比叡山にて祈りの集いが持たれており、副教主・黒住宗道が出席しており、平成12年(2000年)のこの集いでは、国連宗教サミットに出席する日本使節団の結団式も執り行われました。

オーストラリア・シドニー市の西350キロほどのカウラという町に、かつて日本人捕虜収容所があり、現在も日本軍人の墓が丁重に祀られています。収容されていた1,000名を超える日本軍人は、ひそかに議論を重ねた結果、衆議一決して終戦一年前の昭和19年(1944年)8月5日未明に蜂起して突撃し、その日だけ230余名が戦死しました。オーストラリア側は戦死者を手厚く埋葬しました。

昭和52年(1977年)、前述の日豪親善少年少女柔道チームの交流(リンクつける)がきっかけとなり、日本からの柔道チームが渡豪するたびに本教教師が慰霊祭をつとめ、選手たちが神道山の“御神水”を一基ずつに注いでの参拝を重ねてきました。平成16年(2004年)8月5日、“カウラの突撃”から60年目のこの日、カウラ市当局の要請を受けた本教が各宗教教団に呼びかけ、前記RNNの天台宗、金光教そして浄土宗、浄土真宗、真言宗の宗教者と当地のキリスト教聖公会の聖職者、副教主・黒住宗道がそれぞれの祈りをもって慰霊祭をつとめました。平成26年(2014年)8月5日、70年目の慰霊祭が宗忠神社宮司・黒住忠親斎主により行われました。”

黒住教の宗際活動
http://www.kurozumikyo-osaka.com/syuusai.html
”「世界連邦日本宗教委員会」と「世界宗教者平和会議日本委員会」とともに

活動報告写真 岡山はもともと宗教間同士の交流のあるところで、昭和10年代から先代の五代教主は他教団の幹部方との交わりを深めていた。名称はいろいろ変わったが、特に戦後は五代教主を中心とした宗教間交流が盛んで、今日の世界連邦日本宗教委員会岡山宗教者の会は、全国的にみてもユニークな活動を重ねてきている。なお、現教主はこの世界連邦日本宗教委員会代表委員4名の1人となっている。岡山には平成8年(1996)以来、副教主が事務局長をつとめる12教団からの青年宗教者の共同、共働グループRNN(人道援助宗教NGOネットワーク)があって、大災害のときなどに緊急援助活動を国際的にも展開し、また平成13年(2001)のいわゆる9・11テロ直後の10月5日には、RNN主催の「イスラム教についてのシンポジウム」を日本ムスリム協会会長樋口美作師を招いて大元の武道館で開催した。

 昭和50年(1975)、今日WCRPと略称される世界宗教者平和会議の創設に尽くした庭野日敬立正佼成会会長が神道山に参拝し、教主に参加を呼びかけた。翌年の昭和51年(1976)11月、シンガポールにおいて開催された第1回のACRP(アジア宗教者平和会議)に出席した教主は、開会式の壇上に立ち開会の祈りを捧げた。これが機縁となって昭和54年(1979)8月、アメリカ・プリンストン大学を会場に開催された第3回世界宗教者平和会議に出席した教主は、その開会の式典が行われたニューヨークのセントパトリック大聖堂において「大調和への祈り」(英文)と題した講演をし、開会の祈りをつとめた。この会議のさ中、その頃険悪な間柄であった中国とソ連(当時)の宗教者との仲をとり持つ役も教主は果たして注目された。今日、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は財団法人化され、教主は理事をつとめている。
 このWCRP青年部会結成30年の記念大会が、平成15年(2003)6月に開かれ、副教主が招かれてその記念講演をつとめた。副教主は、ロンドン大学留学中の昭和62年(1987)、「WCRPピースバス」という当時の東西両陣営の国々をロンドンからモスクワまでバスで旅行する活動に、世界各国の青年宗教者の一員として参加した。またロンドンで昭和63年(1988)に開催されたグローバルフォーラムに教主の名代として出席したが、最も若い正式代表として注目を集めた。”

香港のノラ神主(黒門派)ぴーちゃん‏ @PeterYokoyama 2013年9月17日
返信先: @ponpon4774さん
@ponpon4774 黒住教だと、幕末の赤木忠春高弟の京都での活躍がなんだか、キリスト教初期のパウロのものとダブってて興味深いです。 あと各教祖様の生き方がなかなかすごい!僕は黒住教の信徒ですけど、禊教の教祖様の生き方、好きです。http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/908681 …

@ponpon4774 教祖さまじゃなくて、十一高弟のひとりで、京都宣教に出た赤木忠春高弟です。この方は皇室にまで食い込んだんですよ。黒住教は地味ですが、30万人規模で生きてます。 来年は立教200年なので、今年秋から行事が多いです。機会があったら神道山に是非お参りください!

香港のノラ神主(黒門派)ぴーちゃん‏ @PeterYokoyama 2013年8月13日
@hokariyuka賛江 日本だと「ルーテル教会」と呼ばれてます。実は、僕はキリスト教徒だった時期があったんです…まあ、今でもキリスト教を棄て切ってはいないんですけどね…黒住教ってキリスト教的な要素(神の子、三位一体…)が結構ありますから

一個人編集部‏ @ikkojin_mag 2014年2月12日
【一個人別冊、日本の新宗教入門発売中!】岡山県岡山市の黒住教は、幕末に成立した新宗教の教団のうち、最も歴史が古い。日本古来の神道に立脚した開祖・黒住宗忠の教えは、時の孝明天皇や、三條実美などの公家たちから篤く信仰された。京都の宗忠神社は、孝明天皇の勅願所ともなったのである。

香港のノラ神主(黒門派)ぴーちゃん‏ @PeterYokoyama 4月7日
返信先: @okayamania1さん
岡山の大元宗忠神社と京都の神楽岡宗忠神社は同じく黒住教の宗忠大明神を祀る神社です。 弟子の尽力により幕末に当時、神社を統括していた吉田家から大明神号が認められたのですが、岡山藩の初代藩主の霊神号の神格より高くなってしまうため、岡山には宗忠神社が建立できなかったのですが、
吉田家より京都神楽岡の土地を提供され、宗忠神社はまずその地にご鎮座。政治的に岡山へのご鎮座は無理でした。 岡山へのご鎮座は混同を避けるためではなく、大明神の故郷にご鎮座を!という門人たちの悲願が、明治になって認められたためです。 ご紹介に感謝すると同時に指摘させていただきます

香港のノラ神主(黒門派)ぴーちゃん‏ @PeterYokoyama 2014年3月3日
イエス様と、黒住教の宗忠大明神はともに、太陽関係の神様なのでご降誕が太陽が力を盛り返す冬至前後なのはよく理解できる。 では、イエス様の処刑日と、宗忠様のご昇天の日(旧暦2月25日)はともにほぼ同じ春の初めごろ。太陽にとって、この時期はどんな象徴的な意味があるのだろう?

香港のノラ神主(黒門派)ぴーちゃん‏ @PeterYokoyama 2014年8月15日
返信先: @kuromonemanさん
@kuromoneman @kms_18 黒住教って、天照大御神(親)、八百万の神(大御神様のはたらき)、宗忠の神(子)を祭神としていて、どこかキリスト教の三位一体を思わせるところがあります。宗忠の神は冬至生まれで春先のご昇天、色んな人を癒した…とイエス様と共通点多い方。

菊池‏ @kikuchi_8 3月21日
返信先: @kikuchi_8さん
ミトラ教の影響も見逃せない。ミトラ信仰は太陽崇拝であり、ミトラの誕生日が冬至とされているのは「太陽の死と再生」を象徴する。これがそのままキリストの誕生日とされた。またエジプトのホルス信仰の影響もある。聖母子信仰はイシス・ホルス信仰が元であり、十字架シンボルの原型もエジプトにある。

いそけん‏ @Jirrorman 2016年12月25日
クリスマス イエス・キリストの降誕記念日。聖書等にはキリストの誕生日についての記述はなく、336年にミトラ教の冬至祭「太陽の祝日」を降誕の日とした。 冬至の時期であるこの日前後には異教の祭が重なっており、キリスト教側が布教拡大を狙ってこの日としたものと見られている。

参考文献

『生命(いのち)のおしえ―民族宗教の聖典・黒住教』 : 東洋文庫 319。道歌と書簡集、黒住宗忠 (村上重良校注) 、ISBN 4582803199
『黒住宗忠』: 人物叢書 歴史学者によるオーソドックスな伝記、著者: 原敬吾、ISBN 4642050892
『太陽の神人 黒住宗忠―その超逆転発想は、激動の時代を生き抜く処方箋』 : 著者: 山田雅晴、ISBN 4884814835
『哲人宗忠』: 著者: 延原大川、ISBN 4896190742
『眞人宗忠』:著者:延原大川
『日本神人伝―日本を動かした霊的巨人たちの肖像』: 著者: 不二龍彦、ISBN 4054013899
『近代日本霊異実録』 : 写本のみ伝わってきた「黒住教幽冥談」を収録、著者: 笠井鎮夫
『宗忠講話』:「黒住教読本」(上・下)の合本に「教祖神讃詩」(川上忠晶撰)「教祖宗忠神小傳」(星島良平述)を加えて編集刊行したもの、著者:河本一止(昭和33年3月5日発行、大道社刊)、ISBN不明


金光教




使い方わからん‏ @Show_BujuBanton 1月18日
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%8F%A3%E3%81%AA%E3%81%8A … 明治に入ると従来の神道や仏教に加え天理教、黒住教、妙霊教、金光教、キリスト教が進出していた。 カルトに紛れてシッカリ十字架カルトも 進出してたんですね。 三女・久を治癒したのが金光教亀岡教会長・大橋亀吉であり 大本の元は金光教

日月神示・ひふみ神示・一二三神示・日月地‏ @HFM012345678910 5月10日
日月(一二)大神、キリスト大神、シャカ大神、マホメット大神、黒住大神、天理大神、金光大神、大本大神、老子大神、孔子大神、総て十柱の大神は、光の大神として斎き祀り結構致しくれよ、二二晴れるぞ、一八十開けるぞ。(ソラの巻第十四帖)

教祖の教え
http://web-konkokyo.info/oshie/founder/index_html
”神と人を結ぶ-取次

 金光教の教祖(教祖生神金光大神、以下、金光大神と記す。)は、46歳のとき(1859年・安政6年)神様から、家業である農業をやめ、人の願いを神に祈り、神の願いを人に伝えて、人を救い神を助けてくれるようにと、「取次」を頼まれました。

 金光大神の助かっていく姿に、世間の人々も心を動かされ、相次いで金光大神のもとにたずねてくるようになっていたからです。

 金光大神は、人々の願い、苦しみをつぶさに聞き取って神に祈り、一人ひとりに懇切に、神と人とのかかわりを教え、人生のあらゆる営みに神のはたらきを受け現す生き方を諭したのでした。

 人々は、金光大神の取次によって、人を助けずにはおかぬという天地の親神の切実な願いを身に体し、何事も神に祈って神とともに生きる信心にめざめ、次々に助かっていくことになりました。この神と人を結ぶ「取次」によって、神も助かり人も立ち行く世界が開かれたのです。

 明治6年、金光大神は天地書附を世に示し、一人ひとりが自らも助かっていくと同時に、世の助かり、人の助かりを願い実現していく信心を確立するよう、人々に促していきました。

 金光大神は、明治16年に亡くなるまでの24年間、神様一筋に仕え、神の心を人に取次ぐことに専念し、難儀に苦しむ多くの人々を救い助け、導いていきました。

 晩年、金光大神は、「形がなくなったら、来てくれというところへ行ってやる」と語りました。今日もその通りに、世の人々のために、生神金光大神として、取次の働きが進められているのです。

 金光大神は、日々の生活における助かり、人間そのものの助かりを教えました。それは、「日に日に生きるが信心なり」と、信心にもとづく生活を進めること、生活がそのまま信心になる生き方を、たゆみなく求めつづけることなのです。

 信心とはわが心が神に向かうことであり、その姿をもって日々の生活を送ることです。そこに神のおかげを受けることができ、生かされて生きている人間であることの自覚が深まっていくのです。

 健康、経済、仕事、人間関係などの上に起こってくるさまざまな問題も、信心を進める上の大切な問題として、神様から差し向けられた事柄であると受けとめていき、いつでも、どこでも、どんな事柄でも神に祈り願って、日々神と共にある生き方を進めていくことが信心生活です。

 金光大神は、「わが心に神がある」と語り、人間の心を大切にすること、そして人と人との真実の心のふれ合うことの大切さを説きました。

 さらに金光大神は、この世に生を受けたもののつとめとして、「人を助ける身になれよ」「人の難儀を助けるのが有り難いと心得て信心せよ」と、人を助ける人間になることを願いつづけ、人を助けるのが人間である、と教えています。

 「かわいい(ふびんでならぬ)という思う心が、神心である」との教えのように、難儀な人を見て、ふびんに思う神心は、だれにも神様から分け与えられています。この神心をもって、人を助ける使命に生き、そこに大きな喜びを見出していくのが、信心であります。

 私たちは、けっして一人で生きているのではありません。多くの人の世話になり、物の恩恵を受けて生活を営んでいます。お互いが手をとりあい、心を開いて歩むのでなければ、人間の真の助かりは実現しません。難儀に苦しむ人々が、一人でも多く助かることが神様の悲願であります。

 神の子であるお互いが、神様の悲願を身に体して、助け合って生きること、そして、「人を助ける」働きをしていくことが、人間の真実の姿であり、これを「生神(いきがみ)」といいます。

 金光大神は、「生神ということは、ここに神が生まれることである」と語っております。

 つまり、生神とは、特別の人のことではなく、信心すればだれでも生神になることができる
のであり、時、所を問わず、どんな事柄についても、それに当たる人の心の中、働きの上に神が生まれることなのです。

『人はみな神の子-金光教概要-』から抜粋”

ようこそ金光教へ › 教祖の生涯
http://web-konkokyo.info/konkokyo/kyoso/index_html
”金光教(こんこうきょう)の教祖金光大神(こんこうだいじん)さまは、江戸時代の終わりごろ、文化11(1814)年8月16日(新暦9月29日)、備中国占見村(びっちゅうのくに うらみむら/現岡山県浅口市金光町)の農家、香取十平(かんどりじゅうへい)、しもの2男として生まれました。源七(げんしち)と名づけられ、実直で信仰心の厚い父と、慈愛に満ちた母のもとで、大切に育てられました。
 金光さまは、幼少のころから身体が弱かったので、父は暇を見つけてはわが子を背負い、村の氏神(うじがみ)である大宮神社(おおみやじんじゃ)をはじめ、近くの神社やお寺に参拝をしていました。そのため、父の着物は背中のあたりからすり切れてやぶれるのが常であった、と伝えられています。

注)明治6年の改暦まで旧暦表記。  
注) 以後、「教祖金光大神さま」を「金光さま」と表記。金光さまの年齢は数え年で表記。

 文政8(1825)年、12歳になった金光さまは、川をへだてた隣村の大谷村(おおたにむら)に住む川手粂治郎(かわてくめじろう)、いわの養子となりました。名前を源七(げんしち)から文治郎(ぶんじろう)と改め、周りからは文治(ぶんじ)と呼ばれるようになりました。



 養子入りの際、養父母から「好きなことは何か」とたずねられると、「神仏に参ることが好きなので、休日にはこころよう参らせてください」と答えました。また、「嫌いなものは」と聞かれて、麦飯が体質に合わなかった金光さまは、「麦飯がきらいです」と答えました。麦飯が常食であった当時の農民の暮らしから考えると、とんでもない答えでしたが、文治に期待と愛情を注ぐ養父母は、麦2斗(と)を米1斗※に換えてまで米のご飯を食べさせました。

※1斗(と)=10升(しょう)

 農民に「読み書き」は不要とされていた時代でしたが、13歳になった金光さまは、養父のはからいによって、村の庄屋の小野光右衛門(おのみつえもん)から手習いを受けることになりました。2年という短い期間ではありましたが、読み書きそろばんをはじめ、倫理や道徳についても学びました。
 光右衛門は、天文・和算・測量・暦法・方位・鑑定などにすぐれ、また、村人からの信任もたいへん厚い人物でした。そのすぐれた人格にふれて成長した金光さまが物事の道理に明るい人となり、後年、自叙録など多くの記録を書き記すことができたのも、光右衛門との出会いに負うところが大きかったのです。

 天保7(1836)年、金光さまが23歳の時に義弟の鶴太郎(つるたろう)が6歳で亡くなり、それから半月あまりの後、わが子の後を追うように養父粂治郎(くめじろう)が66歳で亡くなりました。
 金光さまは思いがけない義弟と養父の死にふれて、言いようのない悲しみや家の先行きに対する不安に襲われました。

そうした中、家督(かとく)をついだ金光さまは、養父の遺言により姓を川手(かわて)から赤沢(あかざわ)に改め、一家のあるじとしての責任を果たすため、今まで以上に家業に努めていきました。そして、その年の12月、古くからの親戚筋にあたる、古川八百蔵(ふるかわやおぞう)の長女とせさまと結婚することになりました。金光さま23歳、とせさま18歳の時のことでした。


 弘化3(1846)年、金光さまは33歳の厄年※を迎えました。当時の習慣では、親類縁者を招いて祝宴(しゅくえん)を開き、厄払いをするのが一般的でしたが、金光さまは、そのかわりに、四国霊場(しこくれいじょう)88か所を巡拝することにしました。
 巡礼者の多くは、けわしい山道を越えたり、深い谷を渡らなければならない札所(ふだしょ)にさしかかると、街道途中からの遥拝(ようはい)で済ましていましたが、金光さまは一つ一つの札所に足を運び、心をこめて丁寧に巡拝しました。

※厄年:一般に、33歳は女性の厄年とされるが、この地方では男性の厄年でもあった。

 次第に生活が豊かになり、家族も多くなったことから、これまでの小さな家を建て替えることにしました。
 嘉永2(1849)年の暮れ、隣村の住居購入の話を持ちかけられた金光さまは、日柄方角を見てもらい、その家を購入することにしました。
 しかし、翌年、小野光右衛門(おのみつえもん)から「年まわりが悪い」と指摘されました。すでに家を買い取っていたことから、再度、光右衛門に日柄方角を見直してもらうと、きびしい条件つきでようやく建築が許されました。



 金光さまは着工するにあたって、金神(こんじん)に無礼のないよう細心の注意を払って工事にのぞみましたが、その途中で2男の槙右衛門(まきえもん)が9歳で亡くなり、その後も、農家にとって大切な飼い牛が2頭死にました。
 思い起こせば、この15年あまりの間に、養父、義弟をはじめ、築いた墓は7つ。家が繁栄していく一方で、おそろしい「金神七殺(こんじんしちせつ)」を思わせる不幸に見舞われたのです。


金神(こんじん)のたたりに対して、あらゆる手だてを尽くしながらも、不幸をまぬがれることができなかった金光さまの切実な思いを込めた参拝でした。

8 42歳の大患
安政2(1855)年4月25日、金光さまは「のどけ」と呼ばれるのどの病気にかかり、生死の境をさまよいました。
親類たちが集まり、病気回復の祈祷(きとう)を行うと、義弟の古川治郎(ふるかわじろう)に神がかりがあり、37歳のときに行った家の建築について「金神に無礼があった」という指摘がなされました。そして、ひたすらおわびをする金光さまに神様から、「その方の信心に免じて神が助けてやる」と告げられたのです。
 この出来事で金光さまは、はじめて神様に出会うとともに神様のおかげを受け、日柄方角にゆさぶられてきた人生を大きく変えることになりました。

 安政4(1857)年10月、かねてより金神信仰をしていた実弟の香取繁右衛門(かんどりしげえもん)に神がかりがあり、金光さまに対して「金神の宮を建築してほしい」と頼まれました。実弟の口を通してとはいえ、金神様からはじめてお願いをされたことで、金光さまは、建築費用の一切を受け持ち、弟が安心して神様の御用ができるようにと心を配りました。
翌年の正月、繁右衛門の広前※に参拝した金光さまは、弟の口を通して、「神の言うとおりにしてくれ、その上に神と用いてくれ、神もよろこぶ。これからは何事も神を一心に頼め」と告げられたのです。

※広前(ひろまえ):神様の御前という意味。神様のまつられている場所。
 安政5(1858)年に入ると、金光さまは自宅の神前で、朝晩、一心に祈念をするようになりました。すると、その年3月には手の動きにより、ついで、7月には自分の口を通して、神様からの「お知らせ」を受けるようになりました。
 同年9月、金光さまは神様の「一乃弟子(いちのでし)」に取り立てられ、その手はじめとして、はだしでの農作業を命じられました。

 それを見た妻は「信心ばかりして、わらじの一つも作らないと人に笑われます」と反対しました。金光さまは農具にわらじをくくりつけ、たずねる人には「わらじが足にあわないので」と答え、妻の気持ちをくむことも修行としつつ、神様の教えどおりにしたがう生活をつらぬいたのです。

 神様の「お知らせ」にしたがっていくうちに、金光さまは不思議なおかげを次々と受けるようになりました。そして、それを見聞きした人たちが難儀や悩みを抱えて、金光さまのもとを訪れるようになりました。
 安政6年(1859)、神様は金光さまに、「15歳になった息子の浅吉(あさきち)に家督をゆずり、隠居をするように」と告げました。これを受けた金光さまは、徐々に仕事を浅吉にゆずっていきました。
この年の秋、神様は「浅吉に牛を使わせよ」と金光さまに命じ、それを妻が心配して、金光さまに使い始めをうながしました。しかし、牛は暴れて手におえず、「これは神様のお知らせに違いない」と思い直して浅吉に使わせると、牛は急におとなしくなりました。
 神様の教えにしたがうことの大切さを、今さらながら痛感した出来事でした。

12 立教神伝
安政6年(1859)年10月21日(新暦11月15日)、その年の麦まきがすべて終わったころ、神様は金光さまに五色の幣(へい)※をつくらせ、神前に供えるよう命じました。神様の言うとおりに幣を作ると、「家業である農業をやめて、世間で難儀をしている数多くの人たちを、取次ぎ助けてやってくれ」という願いが告げられました。
 金光さまはつつしんでこれを受け、自宅を神様の広前として、人を助け導く御用に専念するようになりました。
 教団では、このお知らせを「立教神伝(りっきょうしんでん)」とし、この日を金光教の立教としています。


※幣(へい):木の棒の先端に切り込みを入れた串に、特殊な断ち方をして折った紙や木綿、麻などの紙垂(しで)を差したもの。

 自宅の神前で取次※に従事するようになった金光さまのもとには、難儀を抱えた参拝者が次々と訪れるようになりました。当初は家族をはじめ、多くの者が心配し、反対する者さえありましたが、参拝者は増え、自宅は徐々に手狭になっていきました。
 文久元(1861)年1月、神様は、母屋の東にあった小屋を建て替えるよう金光さまに命じました。このお知らせは、間口や奥行き、柱の寸法、大工の名前などまで細かく指示されたものでした。周りが騒ぐ俗信(ぞくしん)にとらわれず、神様のお知らせのままに建築を進めていくと、これまでのような家内の不幸に出会うこともなく、無事にできあがったのです。

取次(とりつぎ):人の願いを神様に、神様の思いを人に伝えて、神様と人とが共に助かっていく世界を顕現(けんげん)するための働き。

 近くの修験者(しゅげんじゃ)たちは、金光さまの教えが各地に広がっていくことを、こころよく思っていませんでした。彼らは、広前にしばしばやってきては、金光さまが布教資格を持たないことを盾にして、神前の神具(しんぐ)や供え物を持ち去るなど、さまざまな嫌がらせをしました。
 金光さまは、「このお道は年々にご繁盛なさる。先で合点(がてん)せよ」と信者をさとしていきました。
 文久2(1862)年11月23日、神様は、新たに「金光大明神(こんこうだいみょうじん)」という神号(しんごう)を金光さまに授けられました。布教上の問題が大きく浮上していたこの時期に、「金光」を冠した新たな神号が下げられたのは、神様の光を世に現わした者として、さらなる願いがかけられたと言えるでしょう。

 当時の金光さまの広前は、自宅の部屋がそのまま用いられており、およそ神様をまつる社殿(しゃでん)らしい建物とはかけ離れた、非常に質素なものでした。
 元治元(1864)年元日、「神の宮を建ててくれ」というお知らせが金光さまに下がりました。
 さらに、「神が宮に入っていたのでは、この世が闇になる」と言われる神性と、「取次の宮」であり「参拝者の願い礼場所」という、広前の意義が力強く示されました。これを受けた金光さまは、神様の願いのままに宮建築の手続きを進めていくことになりました。

16 神主職の取得

 当時、農民が神事に仕えることや、新たに宮や社(やしろ)を建築することは禁止されていました。したがって、早急に神事に仕えることができる資格を得て、お上(政府)から宮建築の了承を得ることが必要でした。
 そこで、金光さまは京都の白川家※に代理人を使わし、神職入門の承認を得て、自宅で神事を仕える許状(きょじょう)を受けることができました。
 これよって、斎藤重右衛門(さいとうじゅうえもん)や高橋富枝(たかはしとみえ)など、各地で取次にしたがっていた金光さまの弟子たちも、公に布教できる資格を求めて次々と白川家に入門することになりました。


 元治元(1864)年10月、金光さまは「金光大権現(こんこうだいごんげん)」という新たな神号を許され、妻とせさまにも初めて「一子明神(いっしみょうじん)」という神号が初めて許されました。

※白川家(しらかわけ):朝廷の祭祀(さいし)を司る長官職の家柄で、神職への補任や各種神事に関わる許状の下付(かふ)、神職や祭神への叙位(じょい)や称号の下付を取り次ぐ神道宗家の一つ。


17 生神金光大神
 宮建築の認可が下りたにもかかわらず、建築にあたる棟梁(とうりょう)の行いが神意(しんい)に沿わなかったために、中断を余儀なくされました。
 明治元(1868)年9月24日、金光さまは神様から「生神金光大神(いきがみこんこうだいじん)」の神号を授けられました。生きながらにして“人を助けて神になる”という信心を日々実現している金光さまに対しての、最後の神号でした。

 さらに、「『天下太平(てんかたいへい)、諸国成就祈念(しょこくじょうじゅきねん)、総氏子身上安全(そううじこみのうえあんぜん)』と書いた幟(のぼり)を立て、日々祈念をせよ」と命じられました。
 金光さまに改めて求められたのは、世の中と世の人々の立ち行きを祈念することでありました。

 明治3(1870)年10月、金光さまは神様から、「信心辛抱(しんじんしんぼう)の徳をもって、天地のしんと同根(どうこん)なり。神が礼を申す」とたたえられました。
 この年、失明がもとで金光さまのもとへ参拝して信心に触れ、後に開眼のおかげをうけた岡山の白神新一郎(しらかみしんいちろう)は、明治4(1871)年、本教で最初の布教文書となる「御道案内(おみちあんない)」を著しました。

 明治7(1874)年11月23日(旧暦10月15日)早朝、神様から「御覚書(おんおぼえがき)」の執筆を命じるお知らせが下がりました。金光さまは、すでに慶応3(1867)年ごろから、神のお知らせを中心に書きとめた「お知らせ事覚帳(おぼえちょう)」を記していました。それをもとにしつつ、「自らの生い立ちや信心はじめのころにさかのぼって、身のまわりでおきたことを記すように」という神様のご指示でした。
 「御覚書」は、金光さまが神様と感慨(かんがい)をともにしながら書き進めたものであり、記されている一つ一つが神様の思いにそって生きてきた金光さまの信心のあかしでした。

 明治9(1876)年8月13日(旧暦6月24日)早朝、神から次のようなお知らせが下がりました。
 「金光大神、人が小便放(ひ)りかけてもこらえておれい。神が洗うてやる。人がなんと言うてもこらえておれい。天地の道がつぶれとる。道を開き、難渋(なんじゅう)な氏子助かることを教え」


 このお知らせの2か月後、鴨方(かもがた)の巡査2人が来て、金光さまに尋問を行いました。以後、金光さまはたびたび神勤のあり方に干渉を受けるようになりました。ちょうど、明治政府の警察組織が整いつつあったころです。
 これを心配した信者たちは、天照皇大神をまつり、国の方針にしたがった信心教育を施すとして、当面の神勤行為を認めてもらうための請願書を、金光さま名義で県庁に提出しました。この出願に対して一応の認可は下りたのですが、これは神様と金光さまにとって本意なものではありませんでした。

 中断されていた宮建築が、明治10(1877)年になって再開されることになりました。村人からの働きかけによるもので、神様の願いを受けて進めてきた今までとは違った動きでした。
 翌年には「素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)」と社号(しゃごう)が定められ、金光さまの4男萩雄(はぎお)が祠掌(ししょう)※に就任し、寄付を集める方法として木札や守り札が売られるようになりました。しかし、神様から「木札や守り札は出すな。貧しい人々が助からない」とのお知らせがあり、中止されました。


 明治12(1879)年11月8日(旧暦9月24日)早朝、神様は金光さまへのお知らせの中で、「天地金乃神は、人がおかげを受けて真心から供える物は受け取るが、利益を目的とする神ではない」と、あらためて明言され、守り札を求める人々に対しては、信心の目当てとして、「天地書附(てんちかきつけ)」が渡されるようになりました。
※祠掌(ししょう):神官の職名の一つ。

 明治13(1880)年12月25日(旧暦11月24日)、金光さまは神様から、「昔は神代(かみよ)といったが、今は人代(にんよ)である」というお知らせを受けました。明治の世になって、鉄道や蒸気船、電話や電信など、さまざまな文明の利器が海外から持ち込まれるようになり、こうした目を見張るような時代の動きは、折々に金光さまの耳にも届いていました。


 しかし、神様の働きの賜物(たまもの)である天地の営みに対する敬いの心がうすれ、わが力に頼って生きることで難儀をしている「人代」の姿を神様は憂い、人々が神様と共に生きる「神代」に戻ることを金光さまに伝えたのです。

 金光さまの広前の紋章(もんしょう)は、はじめ「丸に金の字」が用いられていました。文久2(1862)年、笠岡(かさおか)で取次に仕える斎藤重右衛門(さいとうじゅうえもん)が、この紋を染めた幕(まく)を神前にお供えしたのが始まりとされています。
 明治14(1881)年1月30日(旧暦1月1日)「ご紋を変えよ。八正金神(はっしょうこんじん)、八つ割りとせよ」というお知らせが下がりました。この時から、金光教をあらわす紋章として、「八つ波(やつなみ)の紋」が使用されることになりました。


 「金光(こんこう)とは、金光(きんひか)るということである。金は金乃神(かねのかみ)の金、光は天(あま)つ光である。天つ光があれば明るい。世界中へ金乃神の光を光らせておかげを受けさせるということである」という「金光(こんこう)」の意味内容が、この紋章には込められているのです。

 明治15(1882)年11月24日(旧暦10月14日)早朝、金光さまは神様から次のようなお知らせを受けました。
 「天地の間のおかげを知った者なし。おいおい三千世界、日天四(にってんし)の照らす下、万国まで残りなく金光大神(こんこうだいじん)でき、おかげ知らせいたしてやる」


 金光さまのまわりには、さまざまな難儀が絶えず渦巻いていました。人間の我情我欲(がじょうがよく)や天地に対する無礼など、それらはすべて人間側の問題であり、神様への敬いがないところで起こる問題でもありました。
 そのような人間におかげを受けてもらいたいと、老いゆく金光さまのまなざしは、大谷の地や日本という国を越え、天地の間に住むすべての人たちへと向けられていったのです。

 金光さまが自宅の神前に奉仕するようになってから、24年が過ぎました。その間、人々の苦しみを聞いては神様に祈り、神様の願いを参拝者に伝える中で、たくさんの人々が助かっていきました。
 明治16(1883)年9月21日(旧暦8月21日)早朝、金光さまは神様から次のようなお知らせを受けます。
 「人民のため、大願の氏子助けるため、身代わりに神がさする、金光大神ひれいのため」
 このお知らせから19日後の明治16年10月10日(旧暦9月10日)、金光さまは妻とせと娘のくらに見守られて、眠るようにこの世を去りました。70歳でした。
 金光さまは、生涯かけて世の難儀を救い続け、死を迎えた後も肉体の制約を超えて、永世(えいせい)生きどおしの神とお立ちくださることになったのです。”

参拝のしかた
http://web-konkokyo.info/konkokyo/sanpai/index_html
”※1 参拝時の柏手(かしわで)は、四拍手(しはくしゅ)【4回】です。
 拍手は、神を拝む際に、手の平を打ち合わせる拝礼作法ですが、金光教では、「拍手によって、神は扉を開いて、その祈りを聞き届ける」という伝承が残っています。教祖は、神を拝むには心を向けることが大切で、拍手もむやみに大きな音をたてなくてもよいと伝えています。
 金光教では、「四」の数字を忌む一般の風習を戒め、「四」に「よかれ」「しあわせ」の意味を込める教祖のおしえ、精神に基づいて拍手を4回と定めています。
※2 (3)の祈念の際、定められた祈りの言葉を唱えることもできます。
 金光教拝詞集」には、神前拝詞、霊前拝詞が収められています。”


第27回世界連邦平和促進全国宗教者大阪大会
11月29日 金光教泉尾教会で開催予定
テーマ「人類に平和を―世界連邦実現への道―」
http://www.jinruiaizenkai.jp/Japana/ja-gazetoj/2005/05-11/shinbun05-11-4.html
”世界連邦運動を進める宗教者による「第27回世界連邦平和促進全国宗教者大阪大会」(主催・世界連邦日本宗教委員会、協賛・〈財〉日本宗教連盟、後援・世界連邦推進日本協議会/世界連邦日本仏教徒協議会、協力・金光教)が、11月29日、金光教泉尾教会(大阪市大正区三軒家西3の8の21)で開催される。今回のテーマは「人類に平和を―世界連邦実現への道―」。

 大会は、午前10時半から「世界平和祈願万国万霊慰霊祭」を執行の後、開会式。 午後1時から、バチカン諸宗教対話評議会副議長のフェリックス・マチャード師が「21世紀の世界平和構想―宗教間の対話から世界平和を―」のテーマで基調講演。これを受け、大会テーマに沿ったパネルディスカッション
が行われる。

 パネルディスカッションは、植木光教世界連邦推進日本協議会会長をコーディネーターに、中野寛成前衆議院副議長、薗田稔京都大学名誉教授(秩父神社宮司)、城忠彰広島修道大学教授(国際法)、野下千年世界連邦日本宗教委員会副委員長、青山俊董特別尼僧堂・愛知専門尼僧堂堂長の各氏がパネリストとして発言し、世界連邦実現へのロードマップを探る。

 4時半から閉会式を行ない大会宣言文を採択。5時半からレセプションが開かれる。大会参加費=3千円レセプション参加費=1万円。

 問い合わせ=世連日宗委事務局(0771・25・2145)


 争いのない平和な理想世界を築く運動である人類愛善運動を推し進めようとする私たち人類愛善会員は「世界連邦」を正しく理解し、多くの人に説き広めなければなりません。

 このたび人類愛善会から出版されました冊子「よくわかる世界連邦」は、まさにその世界連邦運動の歴史と意義を分かりやすくまとめたもので、会員必須の学習書であるとともに、近隣の人にもお伝えし、ご理解いただくための啓発書でもあります。

 特に来年度は冊子「よくわかる世界連邦」をテキストに使い、「世界連邦」を中心に人類愛善運動全般についての学習活動、また、各種愛善講座の開催を国内宣伝活動の柱といたしたく考えております。

 つきましては、「よくわかる世界連邦」の積極的なご活用をお願い申し上げます。

 なお、この冊子は非売品となっておりますが、愛善運動基金カンパとして1冊100円にてお分けさせていただきます。詳しくは事務局までお問い合わせください。
〈電話0771・23・2145〉(人類愛善会総本部)”


世界連邦運動協会
http://timetide.way-nifty.com/993666/2017/01/post-4f0d.html
”世界連邦運動協会
東京都新宿区四谷4-23 第一富士川ビル
2009年8月-東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビルに移転
2015年9月-東京都港区赤坂7-2-17 赤坂中央マンション 303に移転

■役員抜粋

執行理事 三宅光雄 金光教泉尾教会長

執行理事 稲垣裕彦 人類愛善会 副会長 世界連邦日本宗教委員会 会長代理”


ひびのけい‏ @hbnk 2014年5月23日
金光教は、五代目歌右衛門・初代吉右衛門・初代鴈治郎ら名だたる歌舞伎役者が信者で有名だが、初代教祖赤沢文治の生涯を描いた1982年「あいよかけよ」(朝日座)では、祖父の代から信仰してる今の藤十郎が主役、二代鴈治郎も顔を見せ、関西歌舞伎・新劇の俳優が大挙出演してた。動員数などは不明。



金光教
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%85%89%E6%95%99#.E6.95.99.E3.81.88
”1889年(明治22年) 7月4日 金光萩雄・佐藤範雄「日本赤十字社」に入社。金光教での赤十字運動の開始。
…1907年(明治40年) 9月30日 松山成三満州布教開始。
1910年(明治43年) 6月から7月 金光教監佐藤範雄、満州・朝鮮布教視察。

著名人の信徒

市川猿之助 (歌舞伎役者)
市川右團次 (歌舞伎役者)
伊藤昌哉(政治評論家)
扇千景
小川洋子
小田原大造
片岡孝太郎 (歌舞伎役者)
桂かい枝
かんべむさし
甲本ヒロト (ミュージシャン)
坂田藤十郎 (歌舞伎役者)
サトウサンペイ
品川祐 (お笑い芸人) - 親の実家が金光教信者。
杉田二郎
鈴木清一 株式会社ダスキン創業者
砂川しげひさ
中村鴈治郎
十七世中村勘三郎 (歌舞伎役者)
十八世中村勘三郎 (歌舞伎役者)
中村吉右衛門 (歌舞伎役者)
七世中村芝翫 (歌舞伎役者)
八代目中村芝翫 (歌舞伎役者)
九代目中村福助 (歌舞伎役者)
西村朗 - 実家は神仏への信心が深く、神道においては金光教を信仰していた。
日枝久
牧野省三
松木安太郎 (サッカー解説者) - 名前が、玉水教会初代教会長湯川安太郎にちなんでいる。
三田寛子
吉見一起 (プロ野球中日ドラゴンズ) - 金光大阪高校出身。
萬屋錦之介”

中村錦之助伝~生い立ち(その3)
http://blog.goo.ne.jp/sesamefujii/e/d0c63de58646738d31a3e8aad4343667
”金光教は、一種の現世ご利益の宗教であると言えようが、その現実肯定的な救済思想もあってか明治期には主に西日本の庶民階級を中心に信者を増やしていった。やがて教団の強化によって、大正から昭和にかけて全国に広まり、とくに大阪、京都、東京などの都市部では、商人や花街の芸娼妓、そして歌舞伎役者の多くが信者に加わった。
 金光教の熱心な信者だったといわれる芸能人では、古いところでは映画監督の牧野省三(一八七八~一九二九)、歌舞伎役者では初代中村鴈治郎(一八六〇~一九三五)が有名である。
 牧野省三は、明治四十二年金光教の岡山本部へ行き、その神託によって「目玉の松ちゃん」こと尾上松之助を見出し、時代劇の大スターにしたというエピソードを残している。息子の映画監督マキノ雅弘の本名「正唯」も金光教が名付け親だったという。
 また、初代中村鴈治郎は、明治大正期の上方歌舞伎の大看板であるが、金光教への信仰が篤く、一門全員に金光教を信仰させたというほどの信者だった。その信仰は、息子の二代目鴈治郎(一九〇二~一九八三)、孫の現・坂田藤十郎(一九三一~ 元・中村扇雀、三代目鴈治郎)に伝わっている。
 東京の歌舞伎役者では、同じく明治大正期の大看板五代目中村歌右衛門(一八六六~一九四〇)も信者だった。ということは、歌舞伎界の東西の両巨頭が金光教を信じていたことになる。五代目歌右衛門の血筋では、次男の六代目中村歌右衛門(一九一七~二〇〇一)と、早世した長男五代目福助の遺児で孫の七代目中村芝翫(一九二八~二〇一一)も信者だった。

 初代吉右衛門も自伝の中で、自分は法華宗(日蓮宗)の信者であるが、一時期(関東大震災前頃から)金光教を大層信心し、岡山の本部へも何かにつけてお参りしていたと書いている。
 錦之助も子供の頃、母に連れられて岡山の金光教本部へ何度かお参りしている。
 金光教は他の宗教にも寛大で、同時にどんな神様仏様を拝んでもかまわないそうだが、錦之助は金光教だけでなく、生涯を通してずっと信心深かった。昭和三十年代、錦之助が京都東山の家に住んでいた頃は、金光様と狸谷の不動様をまつって、朝晩拝んでいたという。狸谷の不動様とは、京都の一乗寺下り松の上にある狸谷山不動院のことで、本尊は不動明王である。”

◎『外から見た金光教』(金光教大崎教会 田中元雄氏 著、ぎじろくセンター、1992年発行)からの抜粋
  (すべて教外者)
http://www.hachigamenet.ne.jp/~konkokyo/frame_konkoukyotoha.htm
”・長谷部日出男氏(作家)「たがいに相より相かかわるという相対的な『関係』のなかに、神と人との結びつきを認める金光教の教義は、画期的なものといってよく、いまの世界思想の最先端とも一致する考え方ではないか」

・村上重良氏(元慶応義塾大学講師・宗教学)「宗教思想の先進性をもつ金光大神を、広く認識し再評価することは、特に有意義な課題というべきであろう」

・丸山照雄氏(日蓮宗僧侶・宗教ジャーナリスト)「教団自体の責任において、教団の責任者も中に入って、教団の自己批判をしたり、社会問題を論じたりできる力量をもった教団はそうあるものではない」

・岸本英夫氏(元東京大学教授・宗教学)「日本で生まれたもっとも重要な宗教の一つは、金光教である」

・森岡清美氏(成城大学教授・日本学術会議会員・前日本社会学会会長(社会学)「ひとりひとりの、悩みをかかえる心の奥ひだまでふれていくようなあり方がなされている。…信者の人たちは良い意味でとてもまじめだ。これも金光教の信仰スタイルからくるものだと思う」

・平井直房氏(國學院大學教授・日本文化研究所所長(神道学・宗教学)「…お話を聞かせていただき、これが本当の信仰だ、とたいへん感銘を受けた。教えの生きた姿とはこういうことをいうのだと思った」

・笠原一男氏(元東京大学教授・歴史学)「金光さんはいいですね、宗教というものはこうでなければならない」

・チャールズ・ロング博士(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授・宗教学。前アメリカ宗教学会会長)「こんにちのように、世界中が危険に満ちみちた状態である時であればあるほど、金光教のような中身をもった宗教が求められているのである」

◎書籍類からの抜粋

○かんべむさし氏(SF作家・信奉者)著の『理屈は理屈 神は神』(講談社、2005年発行)より
・「これからも、死ぬまで頼らせてもらえるのだという安心感があるから、通いつづけようとは思っている。…『よくぞ、おれにぴったりのこんな宗教があり、ここにこういう教会があってくれたことよなあ』という思いは、今も不変なのだ」

○サトウサンペイ氏(漫画家・信奉者)著『ドタンバの神頼み』(光文社、1989年発行)より
・「先生の教え方が親切でていねいな宗教が好き。…よく効く宗教が好き。…お金を出せと手を出さない宗教が好き。…霊を商売道具にしない宗教が好き。…人を困らせない宗教が好き。」

○小川洋子氏(作家、信奉者)
『深き心の底より』(海竜社、1999年発行)より
・「金光教は日本人の遺伝子に流れる東洋的価値観を、うまく表現した宗教と言えるだろう。…小説を書いていて、金光教と文学がそれぞれに持つ許容の性質は、どこかで響き合うのではないかと感じることはある。」
『金光新聞・神様ありがとう』(金光教本部、1997年発行)より
・「金光教の教祖様が(生かされて生きてあり)とみ教えくださっていますが、(書かされながら、みずから書く)という心持ちにある時こそ、真実のものが書ける気がするのです。」

○山口文憲氏(エッセイスト・教外者)著『日本ばちかん巡り』(新潮社、2002年発行)より
・「…ところが金光教では、教祖の時代からすでに百数十年を経たいまでも、教主と一信者との直接のコミュニケーションを、取次というかたちで、ちゃんと保証しているのである。そんな牧歌的な大教団が、ほかにあるだろうか。」「…それ(祭典時の信者の様子)を見て、私はこの金光教という宗教に、座布団をもう一枚進呈する気になった。」

○松木安太郎氏(サッカー解説者、信奉者)『金光新聞・神様ありがとう』(金光教本部、1997年発行)より
・「自分の環境は、気持ち一つで変えられます。それは金光教祖様の、おかげは和賀心(わがこころ=和らぎ喜ぶ心)にあり、というみ教えの実践だと思います。どんな壁にだって必ず穴があります。少し考え方を変え、前向きに工夫し努力すれば、素晴らしい力が出せます。自分の心次第で打ち勝っていくことができます。このみ教えはそう心に響いてきますし、僕自身、いつもこのみ教えを基本に持っていたいと思っています。」

○中村橋之助氏(歌舞伎俳優、信奉者)『金光新聞・神様ありがとう』(金光教本部、1998年発行)より
・「父は朝、顔を洗ったあと、ご神前に座り、手を合わせて長い時間、お祈りしています。父は、いろんなことを神様に聞いてもらっているんだと思うのです。…祖母の代から続いている慣わしですが、私の女房も私の舞台初日の前日には必ず教会にお参りし、舞台とか役のことをお願いするんです。そして、ご神米を頂いて帰って、それを私の衣装の下に縫い込んでくれます。…信仰のおかげでたくさんのことを教えて頂いていますが、特に祖先を敬う心が大切。私が何代目という世界にいるから、一層強く感じています。」”

世界連邦 岡山県宗教者大会
http://web-konkokyo.info/data/n1279605256
”第30回世界連邦岡山県宗教者大会(世界連邦岡山県宗教者の会主催)が6月29日、「すべてに礼をいう心」をテーマに、岡山県浅口市金光町の金光教本部の金光北ウイングやつなみホールで開催された。金光教をはじめ、大本、県神社庁、県佛教会、キリスト教、黒住教、津山宗教委員会、念法真教、立正佼成会からの参加者約3百人が世界平和への願いを新たにした。【金光新聞

 初めに、午後1時から平和祈願祭が仕えられ、祭主の安武秀信教会部長が祭詞を奏上…
 その後、宗教者大会が開会。初めに主催者代表として、世界連邦岡山県宗教者の会の橋本明禅会長が「紛争や人心の荒廃が甚だしい今こそ、私たちが地球市民の一員として、平和な未来構築のために努力し、一人でも多くの関心を高め、世界連邦政府が実現するよう祈念する」とあいさつ。次に、大会長として佐藤光俊・金光教教務総長が、「感謝、真心、親切といった、神仏と人間、人間と人間を結び付ける心情をはぐくみ、われひと共に助かる在り方を大切にする生き方が、世界連邦運動への着実な歩みとなる」とあいさつした。 続いて、岩手大学名誉教授の山崎達彦氏が、「迷走する価値観の現状と信仰の役割」と題して記念講演。”

三宅光雄教会長がIARF会長に選任
http://www.relnet.co.jp/izuo/brief/101009.htm
”  2010年9月4日から7日まで、ダライ・ラマ14世をはじめ全世界から六百余名が参加して、インド南部のケララ州コーチ市で『対立を越えて和解へ:21世紀の挑戦』をテーマにIARF(国際自由宗教連盟)の第33回世界大会が開催され、三宅光雄金光教泉尾教会長がIARF会長(任期4年)に選出された。


数百名の参加者で満堂となった世界大会開会式

  9月4日午後、今回の世界大会の会場であるCRC(カトリック・リニューアルセンター)周辺は、大勢の警官が警備する異様な雰囲気であった。インドでは、宗教対立によるテロ事件等も珍しくなく、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世法王をはじめ、日本や欧米から大勢の外国人が集まるこの機会は、テロリストが「何か事件を起こす」には絶好の機会だからだ。開会式は、CRC最大の施設ヨハネ・パウロ2世記念講堂(オーディトリウム)で行われた。最初に、日本からのヨガグループとコーラスグループが実演を行い、コーチ市長や地元の宗教者が歓迎の挨拶を行った。続いて、大会実行委員長のホミ・ダラー博士が歓迎の挨拶、トーマス・マシュー博士が会長演説を行った。

  物々しい警備陣に囲まれて到着したダライ・ラマ14世法王は、30分間にわたる基調講演を行った後、フロアの一般参加者との質疑応答を30分間も行われた。ノーベル平和賞受賞者でもある法王が、一般大衆からの質問に丁寧かつユーモアを交えて回答される様子に、会場は大いに盛り上がった。IARFが4年に1度の世界大会時に授与している『シュバイツアー賞』のダライ・ラマ法王へのプレゼンテーションスピーチを三宅善信金光教泉尾教会総長が務めた。ノーベル平和賞受賞であるアルバート・シュバイツアーは、日本では、アフリカの民衆のために医者としての生涯を捧げた「偉人」として知られているが、音楽家バッハの研究者であり、自身オルガニストでもあった。さらには、新約聖書の文献学的研究でも第一級の成果を挙げている神学者でもある。特に主著『生への畏敬』で知られる哲学者でもあった。おまけに、シュバイツアーは、IARF創設の元となったユニテリアンのメンバーでもあった。

ダライ・ラマ14世への「シュバイツアー賞」授与理由を述べる三宅善信総長


  この後、ダライ・ラマ法王は、西田多戈止一燈園当番が持参した「マハトマ・ガンジー縁のチャルカ(糸紡ぎ車)」を回した。「20世紀の聖者」として世界中から尊敬されるガンジー翁は、徹底的な非暴力思想でインドの独立を勝ち取ったが、そのシンボルがこの小さな糸車であった。ガンジー翁がかつて糸を紡いだチャルカをダライ・ラマが回し、その後に続く多くの人がチャルカを回すことによって、人々の心がひとつになるというシンボライズされた場面であった。なお、この日の開会式に当たって、110年に及ぶIARFの歴史上初めて、バチカンの正義と平和評議会議長のピーター・タークソン枢機卿からメッセージが寄せられたが、これは三宅光雄教会長が7月上旬にバチカンを訪問し、FIARFからのへの支援を要請したことにローマ教皇庁が応えたものである。

マハトマ・ガンジー縁の「チャルカ(糸車)」で糸を紡ぐダライ・ラマ14世と、
それを見守る三宅光雄泉尾教会長(左側)と西田多戈止一燈園当番(右側)

  翌5日は、記念講堂で全体会議①が『人権を推進することにおける宗教の役割』をテーマに開催された。インドの社会運動家として著名なスワミ・アグニベシュ師と、UUA(ユニテリアン・ユニバーサリスト協会)のピーター・モラレス会長と、ムンバイ高等裁判所のマルチア・ローハニ弁護士を発題者に迎えて、三宅善信師がモデレータとなってディスカッションが行われた。話は、古代インドのウパニシャド哲学から最先端の医療技術と倫理の問題、アメリカにおいて差別されている中南米系(ヒスパニック)移民からイランで宗教弾圧を受けているバハイ教徒に至るまで多岐にわたったが、三宅善信師はモデレータの役目を難なくこなした。

  翌6日も、前日を同様のスケジュールで進行し、「朝の祈り」に続いて、全体集会②が『科学と宗教:対立か集合か』をテーマにそれぞれ基調発題者とモデレータの下に開催された。午後の「総会」第2日目は、前日の「総会」で話し合われたいろんな案件の決議を取っていく部分である。この日の総会のクライマックスである役員人事の投票に入り、三宅光雄金光教泉尾教会長の会長就任を含む国際評議員19名の人事が可決された。なお、副会長にはイスラエルのシュロモ・アロン博士が、財務担当役員には英国のジェフ・ティーゲル氏が選任された。

  大会最終日となる7日は、インド全域において交通ゼネストが行われたが、宿泊先ホテルから徒歩で会場入りした新会長の三宅光雄師と世界各国から参加した約200名の青年たちの意見交換会が急遽持たれることになった。今回の世界大会に先立って、9月1日から3日まで、「RFYN(自由宗教青年ネットワーク)」大会が開催されており、世界各国から約200名の青年が参加したことである。特に注目されたのは、これまでIARFの活動がほとんど及んでいなかったアフリカの数カ国からや、旧ユーゴスラビア地域、今なお戦火の絶えないアフガニスタン、さらには、インド国内多数居るチベット難民の青年たちも多数参加したという点である。三宅新会長は、これらの青年たちの要望を聞き、また、自身の青年たちに対する期待を述べた。

  閉会式の基調講演者を務める予定であったカラン・シン博士(註:親の代まで、カシミールとジャミールのマハラジャで、旧ネパール王室とも姻戚のインド国民会議派の重鎮。インド大統領候補。三宅歳雄初代教会長と共に、長期にわたりTOUの国際委員長を務める)は、直前に勃発したカシミール地方での中国軍の介入問題に対処するため、急遽来訪が中止されたが、歌や踊りで大いに盛り上がった閉会式の最後に、トーマス・マシュー旧会長から新会長に就いた三宅光雄師に「会長の象徴」であるハンマーが手渡され、4日間にわたる第33回世界大会は無事終了した。”

IARFとは 
http://www.relnet.co.jp/jlc/iarf/index.htm
International Association for Religious Freedom
国際自由宗教連盟

IARFは、1900年にボストンで創設された世界最古の国際的宗教協力団体であり、国連経済社会理事会に総合諮問資格を有する国連公認のNGO(非政府機関)である。現在は、本部事務局を大阪に置き、ニューヨークとジュネーブに国連代表を、インド・フィリピン・アメリカに地域事務局を置いている。27カ国の75教団が加盟している国際的宗教協力団体である。特に、宗教的なマイノリティ(少数派)の人権(信教の自由)擁護に関心が高く、有名な「アムネスティインターナショナル」は、IARFの活動を通じて派生したものである。日本国内には、IARFに加盟している6教団と個人会員の団体である日本チャプターとIARFと友好関係にある国際的女性団体のIALRWの8団体で構成されJLC(IARF日本連絡協議会)が活動を行っている。


現在の役員および国際評議員のメンバー(ABC順)
会長 Rev. Drs. Wytske DIJKSTRA(オランダ) リモンストラント教会
副会長 Most.Rev.Mitsuo MIYAKE (日本) 金光教泉尾教会長
財務理事 Betsy DARR(米国) ユニテリアン

Rev. Keiichi AKAGAWA 立正佼成会 日本
Rev. Eric CHERRY ユニテリアン 米国
Janhvi GUPTE インド 青年枠
Robert INCE 英国 英国ユニテリアン
Prof. Kazi ISLAM バングラデシュ イスラム教
Dr. Kamar KAMARZAMAN マレーシア 婦人枠
Dr. Yahuda STOLOV イスラエル ユダヤ教
Adov. Varadarajalu RENGAPASHYAM インド ヒンズー教

IARF百年史
1893年 コロンブスノ新大陸発見400周年記念に開催された。シカゴ万博の際の記念事業として開催された「万国宗教会議」で初めて世界の宗教者数千人が集う。
1900年 ボストン(米国)で本連盟結成。当初の団体名は「ユニテリアンと自由思想家・活動家の世界協議会」。

1958年 第16回世界大会 シカゴ(米国) 金光教の代表者(佐藤博敏教監)が初めて参加。会名より「自由キリスト教」の削除の動議がなされる。

1969年 第20回世界大会 ボストン(米国) 金光教泉尾教会・立正佼成会・椿大神社が加盟。

1978年 第23回世界大会 オックスフォード(英国) 日本から33名参加。
1981年 第24回世界大会 ライデン(オランダ) 一燈園が加盟
。日本から45名参加。
1984年 第25回世界大会 東京(日本) アジアで初の世界大会開催。
立正佼成会会長庭野日敬師がIARF会長に就任。 JLC発足”


国際自由宗教連盟 (IARF)
https://iarf.net/2008site/japanese/unit3/iarf.html
” 国際自由宗教連盟 (IARF)

IARFは、宗教的自由に従事する主な国際諸宗教団体の一つである。1900年5月にユニタリアンと「リベラルなキリスト教徒」によって創立され、前世紀を通じて、30回にわたる世界大会を主催してきた。IARFに関する歴史や情報、最新のプログラム企画はホームページwww.iarf.net をご覧ください。”

国際宗教同志会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%AE%97%E6%95%99%E5%90%8C%E5%BF%97%E4%BC%9A
”国際宗教同志会(こくさいしゅうきょうどうしかい)は大阪市大正区の金光教泉尾教会に事務局を置く[2][3]、諸宗教との対話を目指す宗教者が設立した任意団体である。

昭和22年(1947年)2月15日に、当時の同志社総長牧野虎次を発起人として、金光教の三宅歳雄、大本の出口伊佐男、八坂神社の宮司高原美忠、カトリック京都司教区司教の古屋義之、日本聖公会の大国義政、一燈園の西田天香などが結成した。

世界宗教者平和会議(WCRP)の母体の一つとなった団体
である。

発足時

委員長
牧野虎次(同志社)
主事
奥村龍三(同志社)
常任委員
出口伊佐男(大本)
本田廣善(真宗大谷派)
古屋義之(カトリック)
岩田長三郎(天理教)
三宅歳雄(金光教)

西田天香(一燈園)
小笠原彰真(浄土真宗本願寺派)
緒方宗博(臨済宗)
岡田戒玉(真言宗醍醐派)
末廣愛邦(真宗大谷派)
高原美忠(八坂神社)
吉田隆吉(日本基督教団)
吉田良光(豊国神社)
荘野忠徳

現在

顧問
左藤恵(大谷学園学園長)
真弓常忠(住吉大社名誉宮司)
会長
村山廣甫(曹洞宗審事院審事)
理事長
三宅光雄(金光教泉尾教会 教会長)

常任理事
平岡英信(清風学園理事長)
大森慈祥(辯天宗管長)
西村淳晨(本門佛立宗清風寺住職)
佐原慶治(妙道会教団会長)
西田多戈止(一燈園当番)
理事
津江明宏(今宮戎神社宮司)
松井龍一郎(天理教明城大教会 会長)
三宅善信 (金光教春日丘教会 教会長 神道国際学会 理事長)

松下日肆 (本門法華宗管長 大本山妙連寺貫首)
左藤一義 (大谷学園 理事長)
芳村正徳 (神習教教主)
高井道弘 (住吉大社宮司)
松本貢一(立正佼成会大阪教会 教会長)
監事
内海雅継(金光教泉尾教会 教師)
懸野直樹(野宮神社宮司)
事務局長
三宅善信



三宅龍雄大人を偲ぶ会 謝辞
http://www.relnet.co.jp/izuo/brief/tatsuo_5year/tatsuo_5year_shinobu.htm
”  金光教泉尾教会長
三宅光雄

先ほど、金光教泉尾教会の霊殿におきまして、先代教会長三宅龍雄大人の五年祭を勤めさせていただきました。先生方にはお忙しい中をお時間を頂戴いたしまして、偲ぶ会にまでご来臨を賜りましたことを先ずもって御礼申し上げます。有り難うございます。

先代教会長は昭和三年の生まれでございます。私共では「大恩師親先生」とこう呼ばせていただいております先々代の教会長三宅歳雄は、玉水教会初代大先生から、昭和二年の1月に「泉尾で座りきれ」というお祈りを頂いて、泉尾教会に布教させていただきました。その翌年に父は生まれました。三宅歳雄は布教した年の5月に結婚しておりますから、私ども泉尾教会の信奉者にとりましては、三宅歳雄とその家内であります三宅ツ子、そして息子の三宅龍雄…。この三柱の霊様が私共の信心の基だと私は頂いております。


三宅龍雄大人を偲ぶ会 ご挨拶 (敬称略)

神社本庁 総長
石清水八幡宮 宮司
田中恆清

田中恆清師



天台宗 大僧正
山田能裕

山田能裕師


一燈園 当番
西田多戈止

西田多戈止一師

ただ今ご紹介いただきました一燈園の西田多戈止でございます。私どもの祖父、西田天香と三代目の光雄先生のお祖父様である三宅歳雄先生とは、本当に「極めて親しい」と言いましょうか、お互いに「尊敬しあう仲」でした。金光教には、大正時代から戦後にかけて、高橋正雄先生というとても素晴しい先生がいらっしゃったそうですが、私の祖父もその高橋正雄先生と岡山の金光教本部の奥の木綿崎山の山小屋で毛布一枚を二人で分け合って一晩語り明かしたことがあった(1917年)そうですが、その祖父が歳雄先生のことを「高橋正雄さんの再来だ」と評しておりました。

その歳雄先生に、私は大変可愛がっていただきました。祖父が亡くなった翌年の1970年に、世界宗教者平和会議(WCRP)が発足いたしました。その時に、歳雄先生がわざわざ私どもの所へ来られまして「どうしても会議に参加せよ」と言われました。私は「一燈園は宗教法人として一宗を立てているわけじゃなく、一財団法人でございますから、入れていただく資格はございません」と申し上げたんですけれども、「友愛団体」といったようなカテゴリーを創ってくださり??私を引き立ててやろうということだと思いますけれども??仲間に入れていただきました。

それから40年が経ちました。歳雄先生は、WCRP日本委員会の常務理事を25年ぐらいお務めになられた後に、ご高齢を理由に龍雄先生にお替わりになって、龍雄先生は常務理事としてそれから10年間お務めになられました。龍雄先生は私より2つ年上でいらっしゃいましたが、私も常務理事だったことから、いろいろとご指導を頂きました。私も齢を取りまして、4月3日が81歳の誕生日なんです。WCRPのほうも発足時から務めさせていただき40年経ちましたので、満80歳のうちに引退させてもらうことでけじめがつくと思いましたので、先日、退会をお願いしてお許しを頂いた訳ですけれども、振り返ってみますと、その間、歳雄先生には随分お世話になりました。


献杯の発声

法相宗大本山薬師寺 長老
安田暎胤

安田暎胤師

僭越ではございますが、ご指名でございますので、献杯の音頭を取らせていただきます。


スピーチ

解脱会 理事長
岡野英夫

岡野英夫師

ただ今ご紹介いただきました解脱会理事長の岡野英夫と申します。実は、私は直接、先代様のご謦咳(けいがい)に触れておりませんので、私がスピーチさせていただくのは相応しくないかもしれません。けれども、私がこれまで三宅光雄先生と三宅善信先生から頂いたご厚情の中からお話をさせていただきたいと思います。

私は4年前程からWCRPの理事として、本当に親しくご指導いただきながら先生方のお姿を見させていただききましたが、本当に卓越した指導力と行動力に目を見張るばかりです。そのお姿に接する中で、本当に先代様のご恩徳と申しますか、ご人格に触れさせていただいているように感じます。

その中で、現在は幽界におわしますその霊様におかれまして、そして、ますます妙なるご教授とご加護を賜っていることを、今日のお祭に際しまして感じさせていただきました。私どもは見てのとおりの若輩者でございますけれども、今後ともこうした諸先生方の心を拝して、こうした未曾有の大災害の中で本当の日本精神を鼓舞して、そして真の日本の有り様を世界に伝え、再建に努めたいと思います。

今日は、その力を頂いたように感じます。また新たな気持ちで努力をさせていただきたいと思います。僭越ではございますが、本日ご同席させていただきました御礼の言葉に代えさせていただきます。有り難うございました。

生田神社 宮司
加藤隆久

加藤隆久師




本当にあの時のことを思い出した訳でございます。実は、三宅先生のご一家と私は、また40年程前に遡りますが、WCRPが発足し、庭野日敬先生と共に、三宅歳雄先生の謦咳(けいがい)に触れることになった訳でございます。その頃、WCRP日本委員会に青年部会というのができて、初代の幹事長に常盤台教会長の三宅美智雄先生がなられたのですが、その際、実は私が副幹事長になった訳でございます。そして三宅歳雄先生にもいろいろとご指導を頂きながら、WCRPの日本委員会の青年部会の活動を行った訳でございます。

実はその頃、私の神社に和歌山市の中之島にあります志磨神社という古い神社の宮司の息子の島千尋さんという神職の方が修行に来ておられたのですが、その島君から「実は泉尾教会の三宅さんと島家とは親戚である」という話があり、余計に私はこの三宅先生のご一家と親しくなった訳でございます。

そんな折、私は兄(加藤知衛)から龍雄先生の紹介を受けました。10歳年長の私の兄は、大阪府の神社庁長を27年間やっており、服部天神の宮司であったのですが、大阪の宗教者同士である三宅龍雄先生とは大変親しくしておりました。こんなこと言っては失礼でございますが、歳雄先生や美智雄先生に比べ、龍雄先生は非常に知的でいらっしゃいました。

いつ頃でしたか、聖エジディオ共同体の行事でドイツ西部の古都アーヘンに行くための準備会があったのですが、その時に龍雄先生がいらっしゃいまして、話がもつれた時に、非常に適切な発言をされました。私は「こういう立派な方なのだな…」と、その時に感じました。


本門法華宗 管長
大本山妙蓮寺 貫首
松下日肆

松下日肆師

ご紹介を頂きました京都の本門法華宗大本山妙蓮寺の住職をしております松下日肆と申します。歳雄先生、龍雄先生、光雄先生と三代にわたって支えていただいておりますが、思い出しますと、私は歳雄先生に昭和24~5年頃にお会いしています。鹿児島県の屋久島出身の私が、小学校を卒業してから坊さんになるために大阪に出てきて、港区にある寺で内弟子修行をしておりました。


IARF財務委員長
ジェフリー・ティーゲル


J・ティーゲル氏
バストショット

三宅光雄先生をはじめ、本席にお集まりの皆様、私はこのパーティーに招待されている海外からのゲストを代表して一言ご挨拶を申し上げたいと思います。そして、私は先ほどもご紹介いただきましたように、IARF(国際自由宗教連盟)という国際NGOの役員をいたしております。その年次国際役員会が明日から京都でございます。

この度は、三宅龍雄先生の五年祭という日本の伝統的な宗教行事に、われわれをお招きいただいたことに、まず感謝申し上げたいと思います。私は残念ながら、最近になってIARFの役職に就きましたので、亡くなられた三宅龍雄先生とは直接面識がございませんけれども、長年、IARFの業務を親身になってお世話くださった三宅善信先生をはじめ、昨年9月にインドにおいてIARFの会長になられた三宅光雄先生を通じて、龍雄先生のお人柄に関するお話を度々聞かせていただきました。

IARFという団体は、1900年にボストンで創設された世界で一番古い諸宗教対話の団体ですが、昨年(2010年)9月に、南インドのケララ州コーチという町で、ダライ・ラマ14世法王を基調講演者としてお招きし、われわれの第33回世界大会が開催されました。その世界大会の席上で、三宅光雄先生にIARF会長に就任していただきました。現在、IARFは、三宅光雄先生、そして日本のIARF加盟団体である各ご教団のいろんな方々のご援助によって、恙なく運営されております。明日からの国際役員会議において、私共はIARFのこれからのことについて考えることになっております。

実は、IARFは3年前に運営上の危機に直面しました。それまでは、英国のオックスフォードという大学街に国際事務局があったのですが、運営上の危機に瀕した時に、大阪の金光教泉尾教会が「国際事務局の施設を無償で提供しますので、どうぞお使いください」と申し出てくださったおかげで、その危機を回避することができた訳でございます。本日は、泉尾教会以外にも、日本のIARF加盟団体の先生方が大勢お見えになっておりますけれども、IARFはこういった日本のご教団の先生方が大変な尽力をしてくださったおかげで、将来の展望が拡がった訳でございますので、この席をお借りしまして先生方にお礼を申し上げたいと思います。

曹洞宗審事院 監事
国際宗教同志会 会長
村山廣甫

(写真1103五年祭曹洞宗村山0828: 村山廣甫師 バストショットで全員大きさを揃えて)

村山廣甫師



謝 辞

金光教泉尾教会
総長
三宅善信

この度の五年祭では、泉尾教会でのご祭事の際に、祭主の御用というおかげも頂きました。会場におられる儒教研究の第一人者の加地伸行先生と目が合いましたので、今、思いつきました話をさせていただきます。論語に「子曰く、父在(いま)せばその志を観よ。父没すればその行いを見よ。 三年父の道を改むるなくんば、孝という可(べ)し」という句です。

私の祖父三宅歳雄は96歳まで長生きしたものですから、本日、先生方から頂戴したお言葉にも再々ご紹介いただきましたように、父は長年、副教会長として祖父の留守居役として、泉尾教会を守り、72歳にしてやっとご自分が教会長になられたのも束の間の6年半で、今から5年前に帰幽した訳でございます。普通でしたら、長らくナンバーツーの位置にいた後にトップになったならば「よし、俺だったらこうする。ああする」と思うものかもしれません。”


くくด้้้้้็็็‏ @kkm2303 2月12日
特に高校生の頃、ニッポン放送で日曜朝4時半からやっている「金光教の時間→幸福への出発→東本願寺の時間」をよく聞いていたのだけど「金光教の時間」は10分番組なのに、神様を絶対者として捉えていることが、当時から受け付けなくて、苦笑して聞いていたのを思い出す。


政治家の活動‏ @polititter 2010年8月10日
花咲宏基: 母校初ファーストレディ : 本日は、金光学園ほつま同窓会。 金光学園初のファーストレディの菅伸子さんも参加されました。 伸子さんのご挨拶の後には、党派を超えて、伸子さんに拍手が送られました。 ↑伸子さんは、同窓生の皆さん... http://bit.ly/aX8CZT


国際宗教同志会の歴史
http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/history.htm
” 国際宗教同志会発足の経緯
大阪国際宗教同志会 前事務局長
                           内 海 雅 継
     …
翼賛体制の下、国を挙げての大戦争に、結果的には協力することになった戦時下の「大日本戦時宗教報国会」が解体し、昭和20年10月21日、「日本宗教会」が発足。さらに翌昭和21年6月2日、日本宗教会が改まり、「日本宗教連盟」が結成された。

 金光教泉尾教会(三宅歳雄教会長)では、信仰を実践する中核としての青年会を再組織し、昭和22年1月12日、時の同志社総長牧野虎次先生を呼んで、青年大会記念講演を行なった。

 同志社総長牧野虎次先生と三宅歳雄師とは、この時以来、その行動を共にした。この出会いが、のちに「国際宗教同志会」として結実することになった。

昭和22年2月15日、同志社総長牧野虎次先生が発起人となり、金光教の三宅歳雄師の協力によって、大本の出口伊佐男、八坂神社宮司高原美忠、カトリック京都司教古屋義之、聖公会の大国義政、一燈園の西田天香の各師がそれに加わり、伝統仏教教団からは「京都三山」といわれる東西両本願寺、知恩院にも声をかけ、名実共に超宗派の態勢をとつて、「国際宗教同志会」を結成した。

 国際宗教同志会は、牧野虎次委員長のもと、同志社に事務所を置き、同大学外事部の奥村龍三氏が会務を担当した。終戦後の暗中模索状況にあった宗教界に、一条の光明を示した国際宗教同志会は、その後、急速に発展し、理解者を増していった。


国際宗教同志会主催の宗教講演会の控室。右より牧野虎次、西田天香
1人おいて三宅歳雄の各師(昭和35.11.28 三重県津市中央公民館)

 同会の中心的存在である牧野虎次前同志社総長(昭和22年に総長を退任)自ら各所に講演に出向き、その理解者を増していった。特に、昭和23年1月24日に、金光教泉尾教会で行なわれた同教会布教21年記念祭時の「信仰生活の国際性」と題した記念講演は圧巻であった。
かくして、牧野・三宅両師らが全力を挙げて取り組んだ国際宗教同志会とはいったい何であったのかを、同会の設立趣意書と規約をもとに、今一度、考えてみたい。

  
「国際宗教同志会」趣意書

規 約
一、 本会は、国際宗教同志会と称す。
二、 本会は、事務所を京都市今出川御門前、同志社本部内に置く。
三、 本会は、国際的かつ超宗派的に同志協力し、以て宗教的平和日本を建設
し、世界平和に貢献することを目的とする。
四、 本会は、その目的を達成するために次のような仕事から始める。
 (イ) 例会の開催。
 (ロ) 国際宗教懇談会の開催。
 (ハ) 関係諸機関との連絡。(以下省略)

 常任委員は次の通りである (ABC順)

▽委員長 同志社理事会会長牧野虎次 
▽主事 同志社専務理事奥村龍三 
▽常任委員 愛善苑委員長出口伊佐男、真宗大谷派参与本田廣善、カトリック京都教区長古屋義之、
天理教布教部長岩田長三郎、
金光教泉尾教会長三宅歳雄、
一燈園主西田天香、浄土真宗本願寺派総務小笠原彰真、臨済学院専門学校教授緒方宗博、
真言宗醍醐派管長岡田戒玉、真宗大谷派朱雀御坊主末廣愛邦、サンパウロ交易株式会社取締役社長荘野忠徳、八坂神社宮司高原美忠、日本基督教
団京都教会青年部長吉田隆吉、豊国神社宮司吉田良光(敬称略)
                               
 京都本部のほか、名古屋市中村区の東海毎日新聞社内に東海地方本部、神戸・大阪・福岡・金沢に地方事務所を開設した。
 こうして各地に支部を作るために役員はたびたび出講。その講師には、主に、牧野、三宅、西田の各師のほかに、同志社女子専門学校教授グイン女史、カトリック教会バーン神父など外国人宗教者も協力した。


ダレス国務長官との出会い
 
 国際宗教同志会の22年度の活動は、ニューヨーク市キリスト教会連盟内「正義と恒久平和委員会」委員長のジョン・F・ダレス氏(後の国務長官)宛に書信を送って、氏の平和運動の尽力に感謝し、今後の活動を期待する旨を、各宗派の代表者の署名を添付して送った。戦勝国アメリカの平和運動に携わる宗教家へ、日本の宗教家からの初のサインを送ったのである。

 同年7月23日、総理大臣官邸において開かれた「新日本建設国民運動に関する宗教団体代表者協議会」に国際宗教同志会から代表が招かれるまでに、社会的評価も高まってきた。
 
 また、8月1日より7日間、毎朝6時から約一時間「暁天宗教講座」を各宗派持ち回りで開始した。同月17日、相国寺山内長得院で西田天香、出口王仁三郎、牧野虎次の三師の喜寿祝賀会を開いた。



 3月15日、名古屋市中区の燈影精舎で催された国際宗教同志会東海地方支部結成式で、臨済学院専門学校教授の緒方宗博師は宗教の国際化の必要を訴えている。同年4月、牧野虎次委員長は国際宗教同志会の講演会で「宗派を超えた人類愛を育む宗教のあり方」を説いた。

 5月31日には、マサチューセッツ州アンドバー・ニュートン神学校のフランク・ダブニー校長が金光教泉尾教会で「世界平和と宗教の使命」と題し、熱弁を振った。また、6月には、同志社大学顧問として来日中の米国外国伝道協会教育部長ルース・Ⅰ・シーベリー女史が「平和と婦人の使命」の議題で講演した。このように、この時期には、講演会方式による敬蒙活動が盛んに行なわれた。



大阪国際宗教同志会発足
 
 昭和24年3月5日、「大阪国際宗教同志会」の発会式が、大阪市東区瓦町の日本デモクラシー会館で行なわれた。

 発会式では、ジャコブ・デイセーダー牧師が講演。「世界平和の基礎は、信仰により互いに神の愛に目覚めることにあります。皆さんの信じている神は私の信じている神であり、私の礼拝する神は皆さんが祈りを捧げる神です。なぜなら、どの宗教の神も同じ一つの神だからです」と、キリスト教を通して信仰の同一性を訴え、どの宗教においても神の愛は寛容で、永遠であることを説いた。この講演でデイセーダー牧師は、戦争中、爆撃機の搭乗員として日本を攻撃したことを悔い、宗教者として懺悔の心で平和を説き、来日して、民衆の救いに努めていた。また、文部政務次官の左藤義詮氏(後の大阪府知事)、同志社大学の奥村龍三氏も力強い講演で聴衆を魅了した。大会後、大阪国際宗教同志会として次の「宣言」を発表した。
  


大阪国際宗教同志会は、委員長の三宅成雄師のほか次の各師が役一貞に就任した。
妙見宗管長野間秀泉、天理教総務松井忠義、メソジスト大阪教会市川牧師、大阪社会事業団C・S・モラン、真宗仏光寺派宗務総長松永仏骨、融通念仏宗宗務総長戸田宏圓、それに秋庭政吉、池尻活二の各氏。

 同年5月15日には、同志社栄光館において、国際宗教同志会主催の「宗教連合音楽会」が催され、各宗派の音楽部、合唱団が出演し、明るい雰囲気で、芸術の分野における宗教交流の働きが注目された。
 京都国際宗教同志会では、来日中のアメリカの世界的神学者、ユニオン神学大学院ジョン・ベネット教授(社会倫理学)の歓迎午餐会を昭和25年7月2日、京都市鳥丸鞍馬口の彰栄倶楽部で催した。このように、この時期は国際宗教同志会の活動が多方面に展開された。

 国際宗教同志会では、その頃、「対日講和」問題で来日する米国のジョン・F・ダレス国務省顧問とも「宗教と平和」について語り合う特別会見の機会をつくることを企画した。ダレス氏はクリスチャンの全米信徒協議会の会長を務め、多忙な政務の中でも静かな祈りの時を持つことを忘れない人物であった。国際宗教同志会にダレス氏を紹介したのは、牧野虎次先生の後を受けて同志社総長に就任した湯浅八郎先生であった。


「学界人から見た今後の宗教のあり方」開催
(昭和29.2.7 金光教泉尾教会)

 昭和27年2月7日、三宅歳雄師は新たな政治情勢の展開を前に、学者と宗教者の懇談会「学界人から見た今後の宗教のあり方」を大阪国際宗教同志会として催すことにした。当日の参加者は次の各氏である。

 大阪市立大学長恒藤恭、前同志社総長牧野虎次、京都大学教授有賀鐵太郎、大阪大学教授相原信作、同大学教授菅田栄治、神戸大学教授宮田喜代蔵、同大学教授樺俊雄、同大学教授西村勝彦、浪速大学教授三宅実、花園大学教授緒方宗博、国際宗教同志会書記長奥村龍三の各氏である。

三宅師はこの成果を踏まえて、以後、この種の会合(学者と宗教者の懇談会)をたびたび催し、常に冷静な知識人の見評を求めた。


世界を舞台に
 
昭和28年4月17日、米国のキリスト教フレンド派指導者ハワード・H・ブリントン夫妻が同志社アーモスト館に招かれ、国際宗教同志会幹部と懇談。ブリントン博士は、国際的な宗教家の交流と世界平和への基礎条件として、戦後の世界を二分する両陣営の一方の旗頭ソ連への働きかけの必要性を訴えた。

 同年8月、三宅歳雄師は、第5回WAWF世界大会(世界連邦コペンハーゲン大会) に出席。バチカンでは、時のローマ教皇ピオ十二世と会見。オーストリアのコーネル大統領と会談するなど、日本がまだ国際的には認知されていなかった時代にもかかわらず、華々しい成果を収めた。続いて三宅師は、アメリカに渡り、9月10日、ワシントンの国務省にダレス国務長官を訪ねた。国務長官として多忙を極めていたダレス氏であったが、快く三宅師と会見し、「訪日した際、国際宗教同志会幹部との話し合いは有益だった」と述べた。

 三宅師は、ワシントンからの帰途、ハワイに立ち寄った。当時、国際宗教同志会委員長牧野虎次氏は、ホノルル市のマキキ聖城教会の牧師に赴任していたからである。牧野委員長は、三宅師のハワイ来訪を機に、「ハワイ国際宗教同志会」の結成を準備していた。同年9月17日、同教会で同志会の結成式が行なわれた。ワールド・ブラザーフッド世界同胞協会のシャイマー氏を座長に、カトリック・プロテスタント・モルモン教・仏教・神道の各代表が集い、日本の国際宗教同志会を代表して、三宅師が「宗教と平和の問題」と題して講演。会場には日、米、欧州、カナダ、韓国、中国、フィリピンの各代表が民族を超えて世界平和を祈念し、さながら「世界宗教会議」を思わせた。この結成式に参列していた韓国の金泰祐氏は感銘し、帰国後、東亜新聞社社長任龍吉氏、東亜公社専務理事尹声九氏らと協力して、釜山に「韓国国際宗教同志会」を結成した。
 


 昭和29年2月8日、アメリカのワールド・ブラザーフッド世界同胞協会の会長でノーベル物理学賞受賞者アーサー・H・コンプトン博士(合衆国原子力委員会委員長をして原爆を開発。後に平和運動に転じた)が泉尾教会を訪れ、「祈りの塔」の落成式に参列。三宅歳雄師や大阪国際宗教同志会幹部と世界平和について懇談した。また、8月20日には、イギリスの世界的物理学者でロンドン大学教授のキャザリン・ロンズデール夫人が泉尾教会を訪れた。夫人は熱心なクエーカー教徒で、英国のロイヤル・ソサイエティ王立科学協会会員。夫人は大戦中、政府からの原子爆弾開発の研究依頼を断わり、投獄されたこともあり、世界的な国際婦人平和連盟の英国支部長として平和運動にも携わっていた。ここで大阪国際宗教同志会と懇談会を持ち、世界平和の問題について討議した。さらに同月19日、京都国際宗教同志会でも「ロンズデール夫人を囲む会」を催し、ここに京都大学の湯川秀樹教授を招き、有益な会合を持った。

 昭和30年8月9日から二日間、世界宗教会議大阪大会が金光教泉尾教会で開催された。日本側の共同議長は、四天王寺管長出口常順師、京都大学教授有賀鐵太郎博士大阪国際宗教同志会委員長三宅歳雄師。議題は「戦争の原因追究と防止の問題」「第二次世界大戦の宗教的残務処理の問題」をあげて議論した。

 大阪からは、国際宗教同志会幹部が多数出席。特に、国会議員で大阪仏教界の重鎮、左藤義詮師が、戦争の残務処理、政治・経済の行きづまりの諸問題を指摘、その打開策について熱心な意見を述べた。



世界宗教会議大阪大会に大阪国際宗教同志会幹部多数出席
(昭和30.8.9 金光教泉尾教会)

 時を同じく8月6日、第一回原水爆禁止世界大会が広島で開かれ、それらの機運に併せ、国際宗教同志会としても、平和を希求し、いろいろと多方面にわたって動いて行った。

昭和32年6月6日、世界平和評議会コロンボ総会に参加するための日本代表団(小畑忠良氏団長)が空路セイロン(現スリランカ)のコロンボヘ向けて出発した。日本代表団中の唯一の宗教者として、三宅歳雄師は望まれてこれに参加した。「原水爆反対を宗教人が結束して」と訴える三宅師は、「特に宗教者の部会を持つべき」と総会で提唱し、これが実現した。この会議で三宅師は、ニコライ府主教らロシア正教関係者と意気投合。共産圏への働きかけの足がかりをつかんだ。


三宅歳雄師「原水爆実験禁止国民使節」として訪ソ。クレムリンで
ブルガーニン首相と会談(昭和32.8.5 ソ連モスクワ)

 同年7月27日、日本より正式に「原水爆実験禁止要請訪ソ使節団」がモスクワに向かった。「世界平和のため、原水爆実験禁止をソ連に要請する」と空港でステートメントを発表。各界を代表するこの一行の中に三宅歳雄師が加わっていた。代表団一行は8月5日、クレムリンでブルガーニン首相と二時間にわたって直談判し、核兵器の全面禁止の第一歩として、実験の禁止を要請した。


日米宗教者の交流

 昭和34年2月10日、米国アイオワ州立大学宗教学部教授のマーカス・バッハ博士が泉尾教会に来訪。三宅師が国際宗教同志会の幹部と出会いの場をつくり、世界平和と宗教者の使命について懇談。

翌年もまた来日したバッハ博士は、自らが考えていた「宗教間の協力と平和への働き」が、日本では既に「国際宗教同志会」として実践されていることに共感。帰国後、すぐに米国各宗教団体に働きかけ、昭和36年10月、日本の宗教界の代表を招き、日米宗教者の交流を図ることを計画した。そのことを聞いた三宅師は、日本宗教界の代表に呼びかけ、バッハ博士の橋渡しに応じて、宗教者による米国視察団の派遣を実現させた。

一行は次の諸氏である。(順不同 敬称略)

仏教代表 全日本仏教会 事務総長(曹洞宗) 大村仁道 
浄土真宗本願寺派元総務 高辻恵雄 
神社神道代表 鶴ケ岡八幡 宮司 岡田実 熱田神宮 権宮司 篠田康雄
教派神道代表 大本学院長 桜井重雄 金光教泉尾教会長 三宅歳雄
新宗教代表 立正佼成会 教学研究主任 鴨宮成介 
新日本宗教団体連合会 事務局長 楠正俊
その他 一燈園創設者・光泉林理事長 西田天香(代理 西田武) 成蹊学園理事 丹羽孝三
国際宗教同志会 事務局長 黒川直也

 団長は大阪国際宗教同志会委員長の三宅歳雄師が務め、米国各地を巡廻。時のジョンソン副大統領とも会見するに及んだ。

 かくして国際宗教同志会の役割りは大きく、この訪米団の人選には、日本宗教連盟や全日本仏教会、新宗連等が協力し、日本の超宗派活動の草分けともなった。

 昭和39年11月11日、国際紛争調停のための国連機関である国際司法裁判所長官であったザフルラ・カーン卿(パキスタンの初代外相)が泉尾教会を訪問。卿は世界の諸宗教の相互理解を深めるインターフェイス運動協議会の会長として来日。国際宗教同志会の三宅歳雄師と初めて会見。

 昭和40年3月22日、国際宗教同志会やNCC等の共催で、京都のノートルダム女子大学を会場に「隠れキリシタン再発見百年祭」のために来日したローマ教皇使節マレラ枢機卿を囲む懇談会を開催した。



日本政府賓客として来日したローマ教皇パウロ6世特使のマレラ枢機卿
(非キリスト教徒聖省長官)が大阪国際宗教同志会幹部と懇談
(昭和45.7.30 金光教泉尾教会)

世界宗教者平和会議を生み出す

 昭和43年1月、日米諸宗教者京都会議が京都岡崎の国際会議場で行なわれた。国際宗教同志会代表として三宅歳雄師はこれに出席した。この会議で、立正佼成会会長庭野日敬師と出会い、互いに共鳴。さらに米国代表のダナ・M・グリーリー博士やホーマー・ジャック博士等と意気投合。「日米宗教者が協力して、これを世界の組織に育てよう」と話し合った。いうまでもなく、この出会いが、この後、世界宗教者平和会議(WCRP)として結実することになる。三宅師は、この後、ローマ教皇パワロ六世はじめ、ギリシャ正教総主教や英国国教会のカンタベリー大主教を歴訪。WCRP開催に向けて協力を依頼する。

 昭和45年7月30日、金光教泉尾教会にローマ教皇パワロ六世の名代でマレラ枢機卿が来駕。三宅歳雄教会長を訪ねた。三宅師は、マレラ枢機卿の来訪を、大阪国際宗教同志会幹部と共に出迎え、その日、マレラ枢機卿を中心として宗教特別懇談会を催した。




国際宗教同志会で培ってきた信頼と経験が第1回世界宗教者平和会議(WCRP)として結実。
 (昭和45.10.20 国立京都国際会館)

 同年10月16日から21日まで、国立京都国際会舘に於いて、世界の十大宗教を含む39ケ国から三百数十名の代表を招いて人類史上画期的な第一回の世界宗教者平和会議(WCRP)が開催された。その際の主要メンバーは引き続き、12月に、戦火のベトナムを訪問。「行動する宗教者」として注目を浴びた。


日韓両国の和解をめざして

 大阪国際宗教同志会は、36年間にわたる日本の植民地支配のため和解が極めて困難と思われた日本と韓国の宗教者の連帯を韓国側に働きかけた結果、昭和46年6月6日ソウルで韓国宗教人協議会と懇談会を持つことができた。日本側は三宅師・四天王寺副管長吉田秀映師、妙見宗管長野間秀泉師、神道石切教管長木積一仁師等17名。

 大阪国際宗教同志会のこの訪韓が実り、第一回の日韓宗教者会議が翌昭和47年3月10日から14日まで、金光教泉尾教会で開健された。日韓両国の宗教者にとつて歴史的ともいえる会議となった。この時の韓国側の団長は大韓仏教曹渓宗総務院教務部長宋月珠師。

 一方、同年12月11日、韓国宗教人協議会(崔徳新会長)の招きで、大阪国際宗教同志会を中心とした日本の宗教者の一行15名は韓国を訪問。ソウル市の世宗ホテルで第二回日韓宗教者会議が開催された。

日韓両国で開催された宗教者会議の成果は、翌昭和48年11月26日から三日間の日程で、大阪コクサイホテルで開健された三回目の会議において、「日韓宗教者協議会」が正式に発足するということで結実した。同会議には、韓国側から韓国宗教人協議会長で天道教教領の崔徳新師を団長として20名が参加。



日韓宗教者協議会結成に国際宗教同志会の幹部が多数参加した。
(昭和48.11.26 大阪コクサイホテル)

 この会議の日本側の参加者は、▽カトリック 田口芳五郎(枢機卿)、岸英司(英知大学長)、▽プロテスタント 湯浅八郎(国際基督教大学名誉総長)、有賀鐵太郎(京都国際宗教同志会長)、土居真俊(NCC宗教研究所長)、▽仏教 出口常順(四天王寺管長)、葉上照澄(比叡山延暦寺長藹)、野間秀泉(妙見宗管長)、平岡宕峯(大阪府私学連合会会長)、西村現淳(本門仏立宗清風寺住職)、▽神社神道 高原忠清(住吉大社宮司)、▽新宗教 佐原慶治(妙道会教団会長)、▽諸宗教 中山慶一 (天理教表統領)、▽大阪府宗教婦人連盟 三宅恒子(同理事長)。              (順不同敬称略)

 こうして、国際宗教同志会発足当初の経緯からはじまって、時代の要請もあって、内外にその理解者を急激に増やしていったこと。特に、現在では当たり前になっているが、当時は考えもされなかった諸宗教間の相互理解の推進から、さらに一歩進んで協力して平和運動にとり組んだことは、もっと評価されてもいいと思う。米国のダレス国務長官、国際司法裁判所のカーン長官、バチカン対非キリスト教徒聖省のマレラ長官、世界食料機構のボイド・オア総裁といった敬虔な信仰心を持った政治的指導者、さらには米英の原爆開発に影響を与えた核物理学者のコンプトン博士やロンズデール博士らなど、蒼々たる顔ぶれが国際宗教同志会の会合に参加するために来日したことや、三宅歳雄師を中心に、多くの国際宗教同志会のメンバーが海外に出かけ、各国の要人や宗教指導者と直接話し合い、相互理解を深め合ってきた歴史を忘れてはならない。

 さらに、国際宗教同志会の働きが元になって、世界的な諸宗教協力機関であるWCRPや日韓宗教協議会といった団体が結成されていったことなど、現代の同志あるいは、後世の研究者のためにも残して置くことが、発足当初からこの運動に関わらせていただいた者の使命であろう。昭和50年代以後、国際宗教同志会は、その国際的な活躍を主催団体として行なうのではなく、国際宗教同志会が関わり生み出したそれぞれの団体に譲って、共催もしくは参加者を派遣するという形が一般化し、国際宗教同志会自身としては、年に何回かの例会や講演会を催すという活動を中心に行ってきたが、なお、大阪国際宗教同志会理事長(現名誉会長) の三宅歳雄師をはじめ国際宗教同志会の活動を通して国際舞台に展開していった多くの宗教家たちが、それぞれの団体に役員として名を連ね、牧野虎次先生以来の国際宗教同志会精神を広めていっていることには変わりない。

こうして、国際宗教同志会の発展期の経緯を述べてきたが、昭和50年代以後の活動については、今日の国際宗教同志会の諸先生もよくご存知であると思われる。

その後の大阪国際宗教同志会の主な活動

昭和55年 7月 三宅歳雄理事長、世界連邦世界協会(WAWF)名誉理事長・同アジアセンター会長に就任。
泉尾教会で第18回世界連邦世界大会大阪会議開催


昭和59年 1月 国際自由宗教連盟(IARF)大阪シンポジウムに国宗が参加

平成 3年 4月 カーター米国元大統領を迎えて、泉尾教会で第1回平和フォーラムを開催(大阪)


国際宗教同志会公式ページ 役員紹介
http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kmen.htm
” < 役員紹介 >

2016年1月13日現在
顧 問

左藤 恵
大谷学園 学園長


真弓常忠
住吉大社 名誉宮司
会 長

西田多戈止
一燈園 当番
理事長

三宅光雄
金光教泉尾教会 教会長

常任理事

平岡英信
清風学園 理事長


大森慈祥
辯天宗 管長


西村淳晨
本門佛立宗清風寺 長老


佐原慶治
妙道会教団 会長


村山廣甫
曹洞宗審事院 副院長 
曹洞宗東光院 住職
理 事

津江明宏
今宮戎神社 宮司


松井龍一郎
天理教 明城大教会 会長

三宅善信
神道国際学会 理事長

松下日肆
本門法華宗管長 大本山妙連寺 貫首

左藤一義
大谷学園 理事長

芳村正徳
神習教 教主

高井道弘
住吉大社 宮司

松本貢一
立正佼成会 大阪教会長

宮本惠司
妙智會 法嗣
監 事

内海雅継
金光教泉尾教会 総務部長


懸野直樹
野宮神社 宮司
事務局長

三宅善信


世界宗教者平和会議
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%AE%97%E6%95%99%E8%80%85%E5%B9%B3%E5%92%8C%E4%BC%9A%E8%AD%B0
”世界宗教者平和会議(せかいしゅうきょうしゃへいわかいぎ、英語: Religions for Peace)は、1970年に設立された非政府組織(NGO)である。略称は、WCRP(World Religions for Peaceの略) 、RfPなどと表記される。日本語では、直訳は「平和のための宗教」である。

1973年5月、国際連合経済社会理事会より非政府組織カテゴリーⅡの資格を認定された[2]。1995年7月、同カテゴリーⅠに昇格[2]。

理事[3]

深見東州
インターナショナル・シントウ・ファウンデーション代表として、米国委員会のプレジデントも兼務
酒井教雄(元立正佼成会理事長)
宮本恵司(妙智会教団代表)

^ Trustees、世界宗教者平和会議、2015年12月1日閲覧”

深見東州プロフィール

”本名 半田晴久。又の名を戸渡阿見(ととあみ)。25才で植松愛子氏と出会う。出口なおと出口王仁三郎のように、天啓による出会いを経て、ワールドメイトを設立。文部科学大臣認証、宗教法人ワールドメイト代表役員。公益社団法人日本紅卍字会名誉会長兼理事。
 宗教対話と宗教協力を推進する、ギャグ爆発の宗教家。年を取っても、子供の一休さんのようだといわれる。しかし、まじめに善を追求する時も多い。
 1994年に、インターナショナル・シントウ・ファウンデーション(ISF)をニューヨークに設立し、代表となる。ISFは、国連広報局認可NGOとなり、次に国際連合経済社会理事会(ECOSOC)認可のNGOとなる。世界最大の宗際化組織WCRP(世界宗教平和会議)、世界ではWCを略しReligions for Peace(平和のための宗教)の、理事(International Trustee)となる。そこに、Handa Center for Advancing Peaceを設立する努力をし、総裁となる。
 またThe Council for a Parliament of the World's Religions(世界宗教議会)のInternational Advisory Committeeの名誉国際顧問。また、世界的な宗際化組織World Faiths Development Dialogue(WFDD)の理事。AFDD(Asia Faiths Development Dialogue〈アジア宗教対話開発協会〉の設立者会長。また、IFAPA(アフリカにおける平和のために行動する諸宗教)理事。
人権の確立こそが、普遍的な宗教性の顕現になるとして、人権のための活動にも尽力す。オーストラリア人権教育評議会の名誉顧問。西オーストラリア州立カーティン大学に、豪州初の人権教育チェア(講座)を開設。また、「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」を開設し、支援す。また、カンボジア大学に人権教育のチェア(講座)を開設し、クメールルージュの虐殺犠牲者の救済にもあたる。そして、人権は民主的な選挙によって確保されるため、総裁を務める世界開発協力機構(WSD)で、コフィー・アナン財団と協力し、選挙プロセス健全化共同イニシアチブを推進す。また、カンボジアのプノンペンに病院を共同設立し、17年間で117万人以上の無料診療を行なう。その後、カンボジアのバッタンバンに、「World Mate Emergency Hospital」と「Handa Medical Center」を設立し、年間約2万7千人の診療を行なう。また、ワールドメイト未来の光孤児院を運営し、20年間サポートす。これらの活動により、カンボジアで4種類の最高勲章が授与され、政府顧問と首相顧問になった。しかし、まじめに善を追求した反動で、ギャグをカンボジアで飛ばしまくっている。

ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる。

宝生流能楽師。公益社団法人能楽協会会員。
IFAC・宝生東州会会主。「東京大薪能」主催者代表。戸渡阿見(ととあみ)オペラ団主宰。「明るすぎる劇団・東州」主宰。その他、茶道師範、華道師範、書道教授者。現代日本書家協会顧問。社団法人日本デザイン文化協会評議員。
社団法人日本ペンクラブ会員。現代俳句協会会員。
 国内では、公益財団法人 協和協会理事長、公益財団法人 日印協会理事、公益財団法人 日本国際フォーラム理事、
公益社団法人日本紅卍字会名誉会長兼理事、NPO法人 日本ブラインドゴルフ振興協会(JBGA)名誉会長、国際スポーツ振興協会(ISPS)会長、NPO法人 世界芸術文化振興協会(IFAC)会長、NPO法人 世界開発協力機構(WSD)総裁、
NPO法人 国際縄文学協会会長など、公職多数。”

Trustees(理事、役員たち)
http://www.religionsforpeaceinternational.org/who-we-are/trustees
”Mr. Tsunetaka Tanaka, JAPAN,
President, Japanese Trustee' Group Read Bio

Rev. Takeshi Kawabata, JAPAN,
Chairman, Rissho Kosei-kai

Rev. Keishi Miyamoto, JAPAN,
Representative, Arigatou Foundation

Sir Babatunde Lucky Omoluwa, KSS, NIGERIA,
Chairman, Pinnacle Communications Limited Read Bio

Mrs. Aruna Oswal, INDIA,
Vice President, World Jain Confederation Read Bio

Mr. Muljibhai Pindolia, KENYA,
President, Hindu Council of Africa Read Bio

Mrs. Idanna Pucci, ITALY,
Author Read Bio

Rev. Norio Sakai, JAPAN,
Founder, Japanese Trustees' Group”

金光 攝胤(こんこう せつたね
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%85%89%E6%94%9D%E8%83%A4
”金光教の信奉者からは三代金光様と呼ばれた。

明治31年、金光式子(金光萩雄の長女)を妻に迎えるも、先立たれ、明治40年佐藤キクヨ(佐藤範雄の長女)を妻に迎え、6男3女(金光鑑太郎(かがみたろう)、金光実司之助(みしのすけ)、金光眞整(しんせい)、佐藤祐子(ゆうこ)、金光護佑(ごゆう)、和泉賀代子(かよこ)、竹部理貴代(りきよ)、金光整雄(せいお)、秋山佑一(ゆういち)の9人)をもうけた。

金光教管長が選挙制になると管長に当選、以降金光教の代表者が広前奉仕者であるという慣例を作った。第二次大戦後は管長制の廃止に伴い、教主選挙が行われ初の教主となった。

死後は長男の金光鑑太郎が、教主に選出された。”

金光鑑太郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%85%89%E9%91%91%E5%A4%AA%E9%83%8E
”金光 鑑太郎(こんこう かがみたろう、明治42年(1909年)4月26日 - 平成3年(1991年)1月10日)は、金光教の四代金光様。書家、歌人、文化人、教育者。雅号は碧水(へきすい)。

金光図書館を創設し、初代図書館長。昭和26年から平成2年まで、日本図書館協会顧問。昭和48年から平成2年までボーイスカウト日本連盟顧問。
略歴

明治42年4月26日、今の岡山県浅口市金光町大谷に生まれる。金光攝胤(せつたね)キクヨの長男。父金光攝胤の死に伴う金光教教主選挙で、昭和38年7月9日二代目金光教主に就任、信奉者からは四代金光様と呼ばれた。

平成3年1月10日死去。死後は長男の金光平輝(こんこうへいき)が、教主に選出された。

戦後日本の文化振興のため金光教の公共図書館を作る活動をはじめ、昭和47年には三木記念賞を受賞するなど、書家、歌人、文化人としての側面や、天文にも造詣が深く、金光図書館に天文台を作る計画もあった。

親交のあった、香西洋樹佐治天文台長は、小惑星の番号4526(1982KN1)を「Konko」(こんこう)と、そして番号11254(1977DL2)を、雅号である「金光碧水」と名付けた。
著作リスト

『生きる力の贈りもの』(金光教徒社、2001年)
『土』1-19(槻の木叢書)

佐藤範雄(さとうのりお)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%AF%84%E9%9B%84-1324873
”…教線は,岡山県を中心に瀬戸内沿岸から,1875年(明治8)に大阪,明治10年代に京都,同20年代初頭に東京へと伸び,広く民衆を組織した。1879年金光萩雄が教導職試補となって布教の合法化をめざし,82年には佐藤範雄によって教団の組織化と教義教条の整備がはかられ,教祖没後の1885年に神道本局所属教会となって合法化を実現,独立への道を開いた。本部は岡山県浅口郡金光町にある。…”

佐藤範雄
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%AF%84%E9%9B%84
”佐藤 範雄(さとう のりお、安政3年8月6日(1856年9月4日) - 昭和17年(1942年)6月20日)は、現在の広島県福山市出身の宗教家、教育者。

金光教祖の教えを教祖没後も世に遺すべく、教祖の教えの記録保存や、信者の結収を行い、金光教の教団組織化を推進した。現在の金光学園中学校・高等学校と金光教学院の創立者、初代校長。金光教の三直信の一人で、金光教内では佐藤宿老(さとう しゅくろう)と呼ばれる。
…明治15年(1882年)4月1日、岡山県小田郡富岡村(現在の笠岡市)の平野五良四郎(ひらのごろしろう)の二女照(てる)を迎えた。子には、佐藤一夫、金光キクヨ、尾原道春、佐藤博敏のほか、佐藤熊太郎、佐藤金造、佐藤つるなど養子もいる。

金光教教団設立の願いを立て、明治15年(1882年)8月、沼名前神社宮司吉岡徳明の指導を受け、教祖の「神の教え」を記録するよう金光大神に進言し、金光萩雄らと記録につとめた。後に、二代白神新一郎、近藤藤守らとはかって、明治18年(1885年)神道金光教会を創設し、それまで各地でばらばらであった、講社や信者組織を結集し、教師育成機関の創設など組織作りと、政府機関への働きかけを行い明治33年(1900年)6月教団の独立を成し遂げた。

金光教内では教監を始め要職を歴任し、対外的には金光教の代表的人物として政治的にも活躍。創立間もない赤十字運動にも参加、明治22年(1889年)には社員となり赤十字運動の普及に努めた。


穏健ではなく過激で急進的な思想は信仰的に問題であると考え、明治43年(1910年)には同郷の森近運平の感化救済を始めた。しかし、ある程度の成功を収めたと感じたころに森近は幸徳事件に連座し逮捕され、佐藤の救命嘆願も間に合わず刑死。この経験をふまえ神職及び教育者に対して、国体に関する講習会を開くことを始めた。「神と氏子との関係」を「親と子との関係」で説明する金光教の教えから「天皇・政府と国民との関係」にも当てはめた「信忠孝一本の道」という教義からの活動である。一例では天皇機関説も危険思想につながると考え、大正9年(1920年)2月29日に國學院大学を会場に、神道各教派を呼んで「美濃部博士の天皇機関説打破につき上杉博士を支援する懇談会」を開催した。大正11年(1922年)芳賀矢一らと思想善導と労働問題解決のために協議し「壬戊会」を設立、大正14年(1925年)には、この会が主唱者となり普通選挙制度の大成を目指す「大成会」を組織した。また、主要活動家などを集め意見を交換し合う「思想緩和懇談会」(後の社交桜心会)を、この大正14年(1925年)から大阪の金光教教会にて開催し、過激思想家の教化を目指した。昭和2年(1927年)には幸徳事件に連座した武田九平の出獄誓願運動を始め、昭和4年(1929年)には身柄の引き取りも行った。

晩年は、宗教団体の地位安定のため、政府に宗教制度を作るよう強力に働きかけ、宗教団体法の設立に尽力した。

昭和17年(1942年)6月20日死去、87歳。

金光学園の卒業生である香西洋樹佐治天文台長は、郷土の偉人として、小惑星の番号15672(1977EX7)を、「Sato-Norio」と命名している。

参考文献

金光大神(2003年、金光教本部教庁刊、ISBN4-906088-15-5)
信仰回顧六十五年上、下(1970年、1971年「信仰回顧六十五年」刊行会)


金光教の時間
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%85%89%E6%95%99%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93
”金光教の時間(こんこうきょうのじかん)は、日本各地のラジオ放送局で放送されている宗教番組である。主に早朝に放送されている。

金光教の願いなどを説教(教話)やラジオドラマの形で放送(ドラマは毎年8-10月に放送)。ドラマ出演者は永井一郎、中西妙子、山本圭子、三輪勝恵、小野坂昌也、龍田直樹、中友子など(青二プロダクション所属者が多い)。

金光教放送センターが企画製作し、実際の番組配信・制作は朝日放送から行われている(その関係で朝日放送のアナウンサーが朗読を担当することがあった)が、ラジオドラマは出演者の都合上ニッポン放送のスタジオ等で収録する場合が多い。




金光教のラジオ放送が始まったのは、1951年11月24日である。以前にも、佐藤範雄・佐藤一夫・高橋正雄等が、NHKなどで数回にわたっての単発放送を行ったことがあるが、継続した番組となったのは戦後である。 当時、民間放送が始まった時点で、朝日放送ラジオから、文化の向上に資する教養番組の内容として、宗教放送を取り上げたいという方針が打ち出されて、西本願寺(浄土真宗本願寺派)、東本願寺(真宗大谷派)、知恩院(浄土宗)、カトリック、プロテスタント、天理教と金光教の7宗派に協力の依頼があり始まった。したがって、当時の放送料金等は無料であった。

金光教のラジオ放送番組では、教主や教監の挨拶や教話以外に、1959年の金光教立教百年の年には、放送劇「天地の如く」[1]という教祖伝記ドラマを13回に渡って放送するなど、その当時からラジオドラマに力を入れていた。

異色なものとしては桂米朝が当時内弟子になって間もない桂小米と大阪駅で金光教の団体列車に遭遇し、その列車に間違って乗ってしまうというくだりで始まる金光教紹介「ある落語家の物語」(三田純一作)なども作られ、当時の金光教本部のたたずまいが桂米朝の語りと録音構成で紹介されていた(これらの内容は金光図書館で閲覧貸し出し可能である)。

本格的な放送番組の安定制作を行うため、1976年に大阪に金光教電波布教センター(後に金光教放送センターと改称)を設置。現在に至っている。

^ 天地の如く(1959年7月5日から9月27日放送、全13話) 青木茂 作、声の出演 柳川清、日高久、稗田敦子、浜田彰男、阪脩。


[新宗教巡り]るるぶ新宗教 第一回 金光教の巻
http://d.hatena.ne.jp/die_kuma/20100513/p1
休日だったためボーイスカウトが活動していました。金光教のボーイスカウトは結構有名らしいです。

教祖は、立教以前は冠婚葬祭や家などの建築のたび方位や吉凶を大事にしていた人だったそうです。それなのに息子は病気になるは、娘は死ぬは、両親は死ぬは、飼い牛まで死ぬはの不幸の連続に見舞われ、終いには自分までも病気になってしまいます。そんな時に神の声を聞くようになったそうです。その神様というのが、民間信仰信じる自分が一番避けていた丑寅の金神だったわけです。その金神に教祖が聞かされたのは、なんでお前らは方位や日柄を駆使してまで俺を避けてやがるんだと。お前ら俺に失礼じゃないかと。そこで教祖は金神を奉ればいいじゃないかと気付くわけです。忌むべきものだからこそ奉る、このコペルニクス的転回が一番興味深いところで、この思想は教義全体にも及びます。分かりやすいところでいうと、信者はお参りの時に四拍手するのですが、それについて金光教HPではこんな説明がなされています。

金光教では、「四」の数字を忌む一般の風習を戒め、「四」に「よかれ」「しあわせ」の意味を込めて、拍手を4回と定めています。

こういった価値観の転換が金光教には多くみられ、当時支配的だった宗教的価値観からの解放というのが金光教という宗教の根本にあるように思えます。そういう意味でとても近代的な宗教です。立教が明治維新以前の1859年ですから、金光教がまたたくまに広まったのは自然なことだったのかもしれません。


右側からはこんな感じ。この二つは金光町出身で伊藤忠太の弟子である田辺泰が設計したそうです。

神道に対してネガティブイメージがある割には、神社っぽい形をしているように思われるかもしれません。実際、設計時この形状に否定的な見方もあったそうです。ただそれまで金光教は建築物に対する独自の価値観も持っていませんでした。なのでこれは神社風ではなく日本の古代からある建築様式をコンクリートで模したものということだそうです。

さて、この会堂はもちろん金光教にとっての聖地なわけですが、世の聖地といわれるところは大概写真撮影禁止なわけです。この旅行でいくつかの教団をまわったのですが、神殿内部の撮影はあらかた断られました。そんな中金光教だけは好きなだけ撮っていいよと言ってくれたのです! さすが縁起とかにこだわらない金光教! そんなわけで会堂内部はこんな感じになってます!

そこら辺に「金」の文字が付く名字の家がたくさんあります。

周辺の家の瓦の多くに金光教のマークが入ってたりします。

おまけですが、近代的な宗教である金光教はメディア戦略にも積極的です。

1953年から布教の為のラジオ番組を放送しています。永井一郎など豪華キャストのこの番組は「金光教の時間」という名で現在も放送されています。僕は中学時代から深夜ラジオをよく聴いていて、眠れない日の明け方に流れてきたこの番組で金光教の存在を知りました。当時オウム事件直後だったんでなにか不穏なものを感じて正直怖かったですよ……。”

~金光教スカウト協議会の歴史~
http://www.konkokyo.or.jp/scout/shoukai/rekishi.htm
”イギリスでボーイスカウトが始まったのが明治40年、 同42年に日本にその内容が北条時敬によって伝えられた。 中村知は、北条の少年団に関する日本最初の講演は明治44年1月に 広島高等師範学校で行ったものが 最初であると書いている(『少年団研究』昭和8年11月号)。 月が変わった同年2月12日、金光中学校(現金光学園)では 教育懇話会15周年記念講演が、 近隣の校長や教育関係者を招いて開催された。 この時の講師が北条時敬でテーマは「少年武者修行」 すなわちボーイスカウトについての講演であった。 この講演の内容は「大教新報」(当時の金光教の新聞)で 5回にわたって連載されている。 金光教の教監の佐藤範雄は元号が大正と変わった時、 各地で「大正の国民」と題して講演をしているが、 この話の内容に「少年武者修行の規則」 すなわちスカウトの「おきて」の内容を用いているのである。
ところで大正10年に昭和天皇がイギリスに行かれ、 ベーデン・パウエルと面会したことが報道された。 これを聞いた佐藤一夫はボーイスカウトを発団させようとの 願いをたてていたが、関東大震災で中断を余儀なくされた。 佐藤一夫は、当時社会活動を展開していた 金光教の教徒新聞社の責任者であったところから、 大正12年の夏に社員の内田律爾を大阪の曽根崎少年団に出張させた。 内田はその活動の実際を目で見、隊長に会い、 組織・訓育方法を調査してきた。 さらに大正13年1月、金光中学の教員の三宅武坪を上京させ 8日には文部省の少年団調査員の奥寺龍渓に会いその概要を聴取した。 たまたま、その日の午後、 報知新聞社の講堂でスカウト宣伝映画会がある事を聞き、 そこで久留島武彦、三島通陽等に会って少年団の話を聞き、 活動の支援の約束を受け、原書の参考書等も教えてもらった。 更に11日には浅草区の少年団の活動を見学し、 ボーイスカウトに関する知識を深めた。
スカウト活動の開始
…以後、日本連盟の総長の後藤新平をはじめ、 佐野常羽、三島通陽、 また戦後のボーイスカウトを推進して歴史に 名を残した多くの指導者たちが、 金光教のスカウトの拠点としての この建物を訪れることとなったのである。
…昭和22年2月11日に、 金光教本部教会少年団(ボーイスカウト・ガールスカウト、18班で発足)が 結成されたのである。…
金光教ボーイスカウト育成会の結成
昭和22年の暮れ、昭和天皇が倉敷に宿泊された時、 県知事との間で次のような話があったという。 県知事「青少年の道義が一部廃退しております」、 天皇「宗教、信仰の力を活かす必要があるのではないか」、 県知事「本県には金光教、黒住教という 大きな教団があるので働きかけたい……」。 この内容が新聞に掲載されたこともあり、 金光教の議会でもこのことが取り上げられた。 当時金光教教監はスカウト活動を本教に取り入れた佐藤一夫、 また、総務部長の井上定次郎は、戦前には大阪連盟の理事長でもあり、 当時日本連盟の地方理事にも就任していた。 このように教団の中枢にボーイスカウトの理解者がいたのであった。 しかし戦前と同様に、スカウト運動は教団が担うことはせず、 任意団体として教団の支援を受けながら 自由な立場で展開していったのである。
金光教本部少年団を核に、戦前にスカウト活動をしていた 各地の仲間が集結し、全国組織を作ろうという機が熟してきた。 そこで金光国勢は三島通陽に対して、 昭和23年2月17日来岡の機会をとらえ、 金光へ宿泊するように要請し、 18日に金光教のスカウト関係者に講演を依頼した。 これを機会に2月20日金光教ボーイスカウト育成会が正式に発足した。 役員は理事長の金光真整以下、理事、委員、監事など21人で構成された。 この中には今田忠兵衛や金光国勢、金光整雄なども名を連ねている。 ”

金光学園中学・高等学校
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%85%89%E5%AD%A6%E5%9C%92%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%BB%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1
”金光学園中学・高等学校(こんこうがくえんちゅうがく・こうとうがっこう)は、岡山県浅口市にある私立中高一貫校。

大韓民国 江原道 春川市にある春川女子高等学校と姉妹校提携を結んでいる。

同校は、1894年(明治27年)に神道金光教会学問所として佐藤範雄らの手により創立。創立以来、金光教の教えをもとに、「学・徳・体」一本の全人教育を行っている。現在も「心の教育を土台にした人間教育」という教育方針は受け継がれ、生徒一人ひとりが「人をたいせつに 自分をたいせつに 物をたいせつに」という合言葉を実践している。

「ほつま」とは
同校には、ほつま体育館やほつま生徒会など「ほつま」と名前の付けられた物がいくつかある。 この「ほつま(秀真)」とは日本書紀の一節からとられたもので「全てに優れていて整い備わっている」という意味であり、日本国の古い美称の一つである。 同校では、1896年に現在のほつま生徒会にあたる「秀真会」の名前として使われて以来、施設や会の名称などに使われるようになった。

著名な出身者

※中学校のみまたは高等学校のみの出身者もいる

芸能人
梅垣義明(タレント)
遠藤寛子(フリーアナウンサー)
塩田慎二(NHKアナウンサー)
河田総一郎(ミュージシャン・Soulifeのvo.,gu.)
佐々木望(ミュージシャン・Soulifeのgu.,cho.)
岡峰光舟(THE BACK HORNのベーシスト)[1]
土路生優里(STU48 1期生メンバー)
文化人
水木れいじ(作詞家)
中田秀夫(映画監督)
学者
山内喜昭(女子栄養大学栄養学部教授)[2]
三宅剛一(哲学者)
香西洋樹(天文学者)
田中勝(公立鳥取環境大学教授)
定金晃三(天文学者)
政治家
加藤武徳(元岡山県知事)
加藤六月(元農林水産大臣)
齋藤泰雄(在フランス日本国特命全権大使)
羽場頼三郎(岡山市議会議員)
栗山康彦(元岡山県議会議員、浅口市長)
花咲宏基(衆議院議員)
柚木道義(衆議院議員)
軍人
立花芳夫(陸軍中将)
財界人
中川仲蔵(元日本軽金属副社長)
越智通勝(エン・ジャパン代表取締役会長)
スポーツ選手
幡司一貴(豊田合成トレフェルサ所属バレーボール選手)
石部安浩(元陸上競技選手・中央大学名誉教授)
國近公太(JTサンダーズ所属バレーボール選手)
黒田淳(競輪選手・BMX選手)
その他
菅伸子(菅直人夫人)


金光教とフジテレビと菅伸子と菅直人(メモ)
https://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38868647.html
”あれ?菅伸子?
あれ?w



ソースはこちら
金光学園中学・高等学校HP
http://www.konkougakuen.net/high/introduction/


イメージ 3
ニコw




<オマケ>


(小山)
大本の開祖、出口なおは金光教に帰依していた!

ttp://yogen.kyuseido.org/p58.html

金光教→大本→大本から派生した宗教


(秋山)
小山さん

やっぱり、金光教が大ボス中の大ボスでしたか。岡山と
知って、絶対に怪しいと思っていました。勉強にないました。

金光教→大本→世界救世教→崇教真光→オウム真理教

これ、超重要。じゃあ、フジテレビは、そうとうコアな
連中に支配されているのか。コワ。


さて、金光教が、今回の選挙でどう動くか、
どうフジテレビを動かすか。

金光教は温羅の子孫くさいですね。



(ミカエル)
子×5さんが、
金光教をバカにしちゃいけないと言ってます。
(長いんですけど、真ん中ぐらいに金光教のことが詳しく書いてあったりする。
しかし、日枝すごいね。ひえ~~~wwって、安倍のご飯仲間でしたよね)


で。フジと言えばお台場のカジノで、ライブドア事件…ぞくぞく~~~



子子子子子さんのブログより金光教メモ

金光教を軽視してはいけない。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

金光教はかなり重要な宗教。大本教の元ネタだから。
大本教は金光教からの派生。
金光教布教者の出口なおが、出口王仁三郎と出会い、「金明霊学会」の教主となり、大本教になっていくわけです。艮の金神という、鬼門の祟り神=鬼神=悪魔、を崇めるのは金光教が元ネタです。
でもキリスト教系陰謀論者は大本教を悪魔崇拝だと批判できません。だって大本教がキリスト教直属のカルト製造工場だからです。
大本教の始まりは一応、出口なおが「神がかり」(笑)をした1892年ということらしいですが、大本の大本はもっと昔、少なくとも江戸末期から(平田篤胤や平田派神官=和風クリスチャン)だということです。
金光教はボーイスカウトやガールスカウト(メーソン下部団体)のイベントをしたりするなど、メーソンとも繋がりがあります。やっぱりね(QB風)。
金光教スカウト協議会というものがあることからわかるように、
金光教ではボーイスカウトの活動をされている教会(名前からしてキリスト教じゃん)でもあります。神道十三派の一つなのですが、何かキリスト教っぽい名前ですな(だって中身キリスト教だから)。
金光教の設立年は1859年(安政6年)。
本部は岡山県浅口市金光町大谷。
教祖は赤沢文治(川手文治郎)、後の金光大神。
教主は金光平輝(こんこうへいき、五代金光様)、教務総長は岡成敏正(おかなりとしまさ)。
日本を中心に約1600の教会・布教所、45万人の信者がいるらしいのですが、教会に集まるのかあ✝。

金光教は意外なところに潜んでいます。
例えば、清掃事業で有名なダスキンは金光教。
創業者の鈴木清は養母の信仰する金光教に入信。
あと、一燈園の西田天香にも師事していました。

重要なのが、日枝久(ひえだ ひさし)。
勲等は旭日大綬章、
産業経済新聞社取締役や相談役、
株式会社フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長、
株式会社フジテレビジョン代表取締役会長、
東京文化会館館長、
公益財団法人東京都歴史文化財団理事長など凄いですね。
フジサンケイグループのマークはまつ毛つきの一つ目。
編成局長時代は『Dr.スランプ』のアニメ化権利を獲得し、収益源となる、「フジテレビ - 集英社(=週刊少年ジャンプ)作品アニメ」というラインを作り上げた人です。集英社(マークが眼帯片目海賊)はCIA系WASP至上主義(海賊系)ですね。
日韓間の文化コンテンツ産業発展などに寄与した功労が評価(一番の理由ではないだろうね)され、高麗大学校より名誉経営学博士号が授与されたり、早稲田大学からも名誉博士号を授与されたり、[2014年にはイギリスより大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を授与されたりこれまた凄い。
他には、
公益財団法人東京都歴史文化財団理事長
国際連合世界食糧計画WFP協会顧問
日本ユニセフ協会評議員
放送番組国際交流センター評議員
国際文化交換協会理事
世界自然保護基金ジャパン理事
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事
吉田秀雄記念事業財団評議員
司馬遼太郎記念財団評議員
日仏会館評議員
2005年日本国際博覧会協会評議員
富士山を世界遺産にする国民会議顧問
ケア・インターナショナルジャパン顧問
日本ファッション協会評議員
新日本フィルハーモニー交響楽団副理事長
凄いですねえ。
産経宗教記者=司馬遼太郎(日ユ同祖論者=キリスト教の手先)。
フジ産経の裏側に金光教あり。
金光ホールでキッシンジャー(中曽根のボス)は講演しました。
右翼が大好き産経新聞は、生長の家とも関係が深いです。
生長の家が大本教派生で、大本教が金教系派生。金光教の方が老舗。
産経の系列のフジテレビジョンのドンにして、鹿内一族の経営支配をクーデターで乗っ取ったのが日枝久で金光教徒。
岡山+和風キリスト教=金光教(フジ産経 +生長の家=大本教系)。
日枝久は、早稲田大学教育学部卒。下中弥三郎の啓明会(日教組の母体。欧州貴族路線=イルミナティの和訳)。
しかも労働組合の書記長だったことから、欧州貴族+バチカン路線であり、WASP側ではなかったのですが、その後を見ると転向組ですね。

↓右翼=WASP至上主義(キリスト教原理主義。フジ産経)側が911の犯人。
“今のアニメで面白いのは残響のテロルかな、脚本が甘いけど。911をモチーフにし、さらっとテルミット爆薬。 偶然にも911に報道された昨日の回ではアメへの日本秘密裏武器仕立ての設定で原爆のこと。 放送局が意外にもフジ。日枝の経歴ぐらいにしか存在しない残響がフジの中にはまだいるのかも。”
村手 さとし@mkmogura

この残響とは、勿論、欧州貴族路線だった頃の残党の意味ですね。中枢にいるのでしょうね、欧州貴族系統の人が。

“政治家さえ、天皇(朝鮮支配の道具)の任命が必要という笑える話
【虚空と君のあいだに http://www.mkmogura.com/blog/2010/09/0/945… 
▼これがこの国の形
▼右翼左翼の争いも朝鮮派閥の争い
▼真っ当な日本人に得になることが起きるわけがない
▼結論が
北朝=高句麗、
南朝=百済”

“元が高麗を手先に日本に押し寄せたのが「元寇」
【http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130119/frn1301191037003-n1.htm …【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87 … 
▼モンゴル帝国(元)及びその服属政権となった高麗王国によって二度に亘り行われた対日本侵攻の呼称
(なぜか、高麗が攻めてきたことは、あまり話題にされない)”

“モンゴル帝室に女性を献上していた「高麗時代の朝鮮」 【日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/711388
▼高麗はモンゴル帝国ハーン一族の『婿殿』の立場
▼代々、大都(北京)から娘を貰い皇后に
▼『蒙古襲来』も、フビライの娘婿=高麗・忠烈王が侵略を進めたことがわかっている”

“平将門は、江戸時代は英雄、明治には逆賊
https://twitter.com/kenkatap/status/313144022711558144 …
▼武家政権→高句麗系の覇権
▼天皇家政権→百済系の覇権
https://twitter.com/kenkatap/status/331882619031650304 …
▼江戸時代まで「朝鮮人」でなく「高麗人」”

“高麗(高句麗)神社参拝 https://twitter.com/kenkatap/status/416123718721490944 …
▼谷内正太郎初代NSC局長 https://twitter.com/kenkatap/status/323676938650660864 …
▼明治以降に参拝者の中から6名の総理大臣 https://twitter.com/kenkatap/status/323680143568695297 …
▼高句麗はツングースの騎馬集団が作った国家”

“参拝すると総理大臣になれる神社 【http://www.kajika.net/wp/archives/304  
▼鳩山首相の祖父・鳩山一郎も高麗神社を参拝後に首相官邸の主に
▼浜口雄幸、若槻禮次郎、斉藤実、小磯国昭、幣原喜重郎といった歴代の総理大臣もこの神社を参拝
▼高句麗はツングースの騎馬集団が南下して作った国家”

“巨摩郡【wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E6%91%A9%E9%83%A1 …
▼甲斐国(山梨県)に存在した郡
▼668年朝鮮半島での高句麗滅亡以後、『続日本紀』霊亀2年(716年)5月16日条に甲斐はじめ関東や中部の7カ国へ高句麗から帰化人が渡っている記事→高句麗からの帰化人にちなみ「高麗」が由来”

“サントリー、ウイスキー増産 「白州」33年ぶり 【日経 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ140C7_U4A310C1TJ1000/ … http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B7%9E%E8%92%B8%E6%BA%9C%E6%89%80 …
▼白洲町=巨摩(山梨) https://twitter.com/kenkatap/status/352016291269316609 …
▼巨摩→埼玉”

“高麗神社 (こまじんじゃ)は埼玉県日高市に鎮座する神社【wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E7%A5%9E%E7%A4%BE …
▼668年に唐・新羅に滅ぼされ亡命して日本に居住していた高句麗からの帰化人を朝廷はこの地に移住させた
▼703年には高麗若光が朝廷から王姓が下賜されたという話が伝わっている”

“渡来1300年…高麗郡の歴史冊子、中学生へ
【読売 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/2040402-OYT8T50073.html?from=tw…
▼埼玉県日高市は、奈良時代移住した渡来人がつくった「高麗(こま)郡」の歴史を紹介した冊子作成
▼716年、朝鮮半島で滅亡した高句麗の渡来人1799人で設置したと続日本紀に書かれてる”

“三足烏=太陽の象徴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89E8%B6%B3%E7%83%8F…
▼足が3本=陰陽で偶数を陰、奇数を陽、3は奇数で太陽と同じ陽
▼中国=三足烏(サンズゥウー)日烏や火烏
▼北朝鮮=三足烏(サムジョゴ)は高句麗の建国神話
▼日本=八咫烏(ヤタガラス)▼エジプト=太陽神ホルスは隼頭”
ken‏@kenkatap  

ヤタガラスやらカラスやら裏天皇と言う人には、その人たちの宗教は何か質問してみましょう。天皇は仏教徒か道教家であり、神道カルト(キリスト教)偽天皇にすり替えられたって言いましょう。仏教徒の天皇(道教用語)をなかったことにしたいクリスチャン勢力が流すデマがヤタガラスやカラスや裏天皇ですよ。日本の伝統は道教混じり仏教です!超古代と明治以降のことばかり言うのは仏教国教時代が本当の伝統なのを隠す為。

SF作家のかんべむさし=阪上順〔さかがみ じゅん〕は金光教信者。
他の金光教の信者も紹介。

佐藤範雄(さとう のりお)
教祖の教えの記録保存や、信者の結収を行い、金光教の教団組織化を推進。金光学園中学校・高等学校と金光教学院の創立者、初代校長。金光教の三直信(さんじきしん。金光教祖から直々に教えを受けた人々=直信の中で特に貢献した三人)の一人。
金光教内では教監を始め要職を歴任。創立間もない赤十字運動にも参加(金光教は皇室人脈がありそう)し、明治22年には社員となり赤十字運動の普及活動を展開します。赤く血ぬられた十字架=キリスト教。
政府に宗教制度を作るよう強力に働きかけ、宗教団体法の設立に尽力しました。

伊藤昌哉
満州生まれ(満州は大本教系のこだわり)。池田勇人内閣総理大臣の秘書官を経て、政治論壇や宏池会で活動。
心不全(=死因不明。心臓が止まったと言う意味なので死体は皆心不全)のため自宅で死去。父は満蒙開拓の草分けの伊藤謙次郎。長女の娘婿は大蔵官僚の田谷広明。

小川洋子
早稲田大出身。『博士の愛した数式』(2003年)で、2004年、第55回読売文学賞および第1回本屋大賞を受賞。

小田原大造
1953年、和崎嘉之、松原与三松とともにニューヨークに就き、国連本部の首脳部に日本の国際連合(以下、国連)加盟を訴え、各国大使に協力を懇請。小田原らの尽力により1956年12月18日、国連総会で日本の国連加盟は実現。
第17代大阪商工会議所会頭。
金光教は軽視してはいけませんよ。

桂かい枝

サトウサンペイ
漫画家。1997年、紫綬褒章。

品川祐 (お笑い芸人) - 親の実家が金光教信者。
ガンダム好き、アニメ好きでもあり、『アメトーーク!』での「ガンダム芸人」に名を連ね、『鋼の錬金術師』に関しては、「原作、アニメもすごい。その続きを映画で見られるなんて!」と高い評価。ある作品を褒めるのは個人的意図とは限らないのですよ。錬金術=科学であり欧州貴族のこだわりですから。十字の盾を持つガンダム=白い悪魔=白人キリスト教徒。

杉田二郎
日本レコード大賞企画賞(1992年)。

砂川しげひさ
2007年、第36回日本漫画家協会賞(大賞)受賞。

中村鴈治郎
歌舞伎役者。

西村朗
実家は神仏への信心が深く、神道においては金光教を信仰していました。
1974年 日本音楽コンクール作曲部門1位
2013年 紫綬褒章受章・大阪市市民表彰。

牧野省三
「日本映画の父」。忠臣蔵(南朝崇拝=南朝偽天皇礼賛)ものを多く制作。

松木安太郎 (サッカー解説者)
名前が、金光教玉水教会初代教会長湯川安太郎にちなんでいるそうです。

吉見一起(プロ野球中日ドラゴンズ)
金光大阪高校出身。トヨタ自動車(欧州貴族会社。豊田市はクロウリーのマーク)に入り、社会人ナンバー1投手と評されました。

萬屋錦之介は歌舞伎役者。

2014/12/6(土) 午前 3:18 [ ミカエル ] 返信する

川内のさよなら原発大集会に「日本カトリック正義と平和協議会」「YMCA」「金光教」の旗・のぼりも上がったそうだよ。

大江健三郎って何教だろ?


石井は芥川やすしの紹介でロシア大学に行ったそうだ。
芥川やすしは大江健三郎と仲良し。
芥川やすしは芥川龍之介の息子で、芥川龍之介は大本のオカルトの祖浅野和三郎と同じ海軍機関学校で英語教師をやってたんじゃなかったっけ?



で。日枝と菅と安倍・・


笑う。。

2014/12/6(土) 午前 3:37 [ ミカエル ] 返信する

顔アイコン

艮の金神という、鬼門の祟り神=鬼神=悪魔、を崇めるのは金光教が元ネタです

そして、拠点が岡山。モロに温羅じゃん(笑)
削除

2014/12/6(土) 午前 4:44 [ 秋山 ] 返信する

うちらが受けた国語の授業では、
艮の金神=温羅=キシ

となりますな・・

2014/12/6(土) 午前 11:27 [ ミカエル ] 返信する

子×5さんの金光学園メモに注目
菅はズブズブやんけ!
菅はよど号メンバーの息子を支援してる斎藤まさしとも仲が良い。
あれ?日本の皇室も繋がってんの??


佐藤範雄(さとう のりお)
教祖の教えの記録保存や、信者の結収を行い、金光教の教団組織化を推進。金光学園中学校・高等学校と金光教学院の創立者、初代校長。金光教の三直信(さんじきしん。金光教祖から直々に教えを受けた人々=直信の中で特に貢献した三人)の一人。
金光教内では教監を始め要職を歴任。創立間もない赤十字運動にも参加(金光教は皇室人脈がありそう)し、明治22年には社員となり赤十字運動の普及活動を展開します。赤く血ぬられた十字架=キリスト教。
政府に宗教制度を作るよう強力に働きかけ、宗教団体法の設立に尽力しました。

2014/12/6(土) 午前 11:48 [ ミカエル ] 返信する

顔アイコン

金光教の追求がおもしろくなってきたところで、何なの
ですが、私が調査を担当している天理教の方も、ちょっと
だけ進展したので、メモをしておきますね。天理教の信者には、
徳川厚がいます。徳川厚は、最後の征夷大将軍である德川慶喜の
四男で、徳川厚の息子の德川喜福は、右翼暴力団である国粋会の
総裁を務めた大木遠吉の娘の伸子と結婚し、婿養子となって、
大木姓となっています。国粋会は、この大木遠吉が、頭山満を
顧問に迎えて作った右翼ヤクザ集団であり、世界紅卍字会のボスの
堀川辰吉郎が、大木遠吉から国粋会を引き継いで、国粋会の総裁に
就任している。また、大木遠吉の妻は、伊達政宗の直径子孫の
伊達幸子だ。さて、ここらを念頭に入れて、再び、天理教による
満州進出を見て行きたい。天理教は満州に進出して、天理村と
天理鉄道を建設している。
削除

2014/12/6(土) 午後 3:49 [ 秋山 ] 返信する

顔アイコン

ちなみに、これは小山さんも既に書いていることだが、
自民党の好戦派アバズレ女の高市早苗も天理教の上級信者。

×高市早苗=統一教会
◎高市早苗=天理教

コシミズ、嘘をつくなよ。
削除

2014/12/6(土) 午後 3:52 [ 秋山 ] 返信する

顔アイコン

さてさて、船井幸男がよく「サムシンググレート」という
言葉を連呼していたが、この言葉は、船井幸男の友人で
医師である村上和雄が作った造語である。そして、医師も
天理教の熱心な信者。つまり、船井幸男サークルには、大本
だけではなくて、天理教も入るということ。

まあ、天理教と世界紅卍字会が、徳川家と満州利権を通して
繋がっていることが、見えてきたわけだから、世界紅卍字会の
コアの大本が、天理教ともつるんでいても不思議ではない。

やはり、謎を解くには、満州へ
…。 削除

2014/12/6(土) 午後 3:59 [ 秋山 ] 返信する

顔アイコン

大本系の船井幸雄の友人、天理教の医師である村上和雄は、
「サムシング・グレートが天理教の親神である」と認めている。
サムシング・グレートという言葉を使う団体、アーティストは、
天理教の信者と見るべきだろう。


ちなみにだ、幕末3大カルト(黒住教、天理教、金光教)の中で、
最も古いのは、日本会議の重鎮メンバーの黒住教だよ。
黒住教=1814年に創立
天理教=1838年に創立
金光教=1859年に創立

で、黒住教と金光教が岡山を本部に置いているからね。これ、
たぶん、黒住教が大ボスだと思うよ。黒住教は、日本会議の
重鎮メンバーでもあるから、調べた方が良いよ。


※温羅(うら/おんら)=岡山県南部の吉備地方に伝わる古代の鬼。
『うらたろう』って片目強調漫画があるよね。平家優遇。天皇が女の子で不死でうらたろうに惚れる。
ヒロインが平家の姫。
平家が勝ち、源氏が負けた世界。平家ペルシャ説?
妖怪の王を産んで体がばらばらになったけど、パーツをつなぎ合わせて復活するんだろうな。女版オシリスごっこ。
うらたろうは左目だったときは不死だったが、可死(普通の生物)になると右目側になる。伝承のウラにより近くなった。
主人公のうらたろうに、不死身の女天皇(安徳)が惚れることが重要。
伝承のうらたろうは百済の王子。
今上天皇の「私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています」発現からわかるように、
今の偽天皇は百済系。
作者はどうみても結社員だな。


作者はチベット系の『ねじまきカギュー』ともろインドの『トラウマイスタ』と同じ中山敦支。







『ねじまきカギュー』


チベット仏教+愛(耶蘇っぽい)+パトス
vs
ニーチェ・理人=ロゴスの権化(愛の否定)
+死(メメント・モリ。森お(左)目目先生。最強の敵)。

ちゃんとウパニシャッドの創造神「死」が最後の敵だ。
最終的に主人公もヒロインも死亡エンドっぽいけどね。蘇生したのかわざと不明にしているのだろうね。

『トラウマイスタ』
「真実の自己(アートマン)=人の心の奥に潜むトラウマが具現化した存在」が武器。武器にするには、トラウマの主は戦って10分以内に勝利=克服しないといけない。負けると乗っ取られる。
トラウマを克服した真の自己が武器!
用語からしてもろにインド。
主人公は「鬼」のトラウマを克服してアートマンにするから鬼の力。
鬼が主人公側だと結社が優遇してくれるのだろう。
敵がまたしてもニーチェ。




第一話が46ページのアートマン漫画ねえ。クソアーメン!



吉備津神社(きびつじんじゃ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%82%99%E6%B4%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE
“当地出身の政治家犬養毅は、犬養家遠祖の犬飼健命が大吉備津彦命の随神であるとして、吉備津神社を崇敬したという。神池の畔に犬養毅の銅像が建てられ、吉備津神社の社号標も犬養毅の揮毫になる。”


“• 吉備津神社
岡山市北区吉備津( 位置)。
式内社(名神大)、備中国一宮。本殿は国宝。吉備津彦命が本陣を置いた地という。また、吉備津彦命が営んだ斎殿跡ともいい[8]、命を主神に祀る。本殿外陣の東北(艮)隅には「艮御崎神」として温羅と王丹(弟)が祀られ、平安時代末の『梁塵秘抄』では「艮みさきは恐ろしや」と詠われている。
• …
• 『梁塵秘抄』
平安時代末の歌謡集。吉備津神社について次の歌を伝える[10]。
“ 一品(いっぽん)聖霊(しょうりょう)吉備津宮、新宮、本宮、内の宮、隼人崎、北や南の神客人、丑寅みさきは恐ろしや



金光教
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%87%91%E5%85%89%E6%95%99
”伝統的にボーイスカウトやガールスカウトと友好関係を築いている。例えば金光教の子弟はボーイスカウト・ガールスカウトに参加することが少なくなかったり、ボーイスカウト活動用品を販売するスカウトショップが金光教本部内にあったり。歴代教主の中にボーイスカウト日本連盟の顧問になった人物もいる。金光教信徒の子弟が多いボーイスカウトやガールスカウトの団では、金光教の教会で集会が行われることもある(ただしこれは他の宗教であっても同様であり金光教特有の事象ではない)。ボーイスカウト日本連盟やガールスカウト日本連盟は宗教を信仰することを奨励しており五種類の「宗教章」を定めているが、その中には「金光教章」も存在している。日本で仏教章・神道章・キリスト教章の区分に入らない新宗教系の宗教章が定められているのは、2016年現在では金光教と世界救世教のみである。”

樂能…
https://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38884425.html

処刑された7人の戦犯が大本系か国柱会系かを調べてみた(小山編)
https://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38888847.html

能楽トリビア
https://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38884489.html

映画やドラマの陰陽師、指導多し☆高橋圭也‏ @Keiya_Takahashi 4月22日
江戸時代までの日本は仏教優勢の神仏習合の時代だった。ところで陰陽道は国家占い官庁、陰陽師は国家公務員占い師の意味で哲学や思想を持たない占い専門家であり、平安時代に安倍家は寺の法要に参加して一族の繁栄を願った記録があり、後に浄土宗寺院を菩提寺としたから、昔から一貫して仏教徒だった。

映画やドラマの陰陽師、指導多し☆高橋圭也‏ @Keiya_Takahashi 2016年7月25日
江戸時代までは神仏習合であり、 全てが仏教の価値観優勢だった。ところで陰陽道は国家占い官庁、陰陽師は国家公務員占い師で哲学や思想を持たない占い専門家だったし、平安時代に安倍家は寺の法要に参加して一族の繁栄を願い、後に浄土宗寺院が菩提寺の仏教徒だったから仏教的価値観が主だったはず。

takuhiro (kinosy)‏ @Kino_see 2013年7月27日
土御門家は浄土宗西山派(現・西山浄土宗)の檀信徒になります。お墓は仏式、葬式も仏式です。土御門神道になっても仏式・神式両方で行っていたようです。いずれにせよ、陰陽師が自費で自分の為のお寺を建てた記録もありますし、結局陰陽師は仏教徒なんですわ。 #陰陽道

温 羅 伝 説 ・ 桃 太 郎 伝 説
http://17.pro.tok2.com/~kmlife/it-town/minamishinogoze/rekisi/rekisisabu-a/ura/ura&momotarou.htm
"…温羅は今は絶体絶命ついにミコトの軍門(ぐんもん)に降(ふ)っておのが"吉備冠者"の名をミコトに献上したので、それよりミコトは吉備津彦命と改称されることとなった。ミコトは鬼の頭を刎(は)ねて串し刺してこれを曝(さら)した。
 岡山市の首部(こうべ)はその遺跡である。

しかるに、この首が何年となく大声を発し、唸(うな)り響いて止(と)まらない。ミコトは部下の犬飼建(イヌカイノタケル)に命じて犬に喰わした。肉はつきて髑髏(しゃれこうべ)となったがなお吠え止(や)まない。
そこでミコトはその首を吉備津宮の釜殿(かまどの)の竈(かまど)の下八尺を掘って埋めしめたが、なお一三年の間唸(うな)りは止まらず近里(ちかさと)に鳴り響いた。

ある夜ミコトの夢に温羅の霊が現われて、 『吾が妻、阿曽郷(あそごう)の祝(いわい)の娘阿曽姫(アソヒメ)をしてミコトの釜殿の神饌(しんせん)を炊かしめよ、もし世の中に事あれば竈(かまど)の前に参り給え、幸あれば裕かに鳴り、禍(わざわい)あれば荒(あら)らかに鳴ろう。ミコトは世を捨ててのちは霊神(れいかみ)と現われ給え。
吾(われ)は一の使者となって四民(しみん)に賞罰を加えん』と告げた。
されば吉備津宮のお釜殿は温羅の霊を祀(まつ)れるもの、その精霊を「丑寅(うしとら)みさき」という。
 これが神秘(しんぴ)な釜鳴神事(かまなりしんじ)のおこりである。

 今に伝わる吉備津神社の鳴釜の神事は、本来、吉凶を占う神事ではなく、大恩人の温羅、つまり吉備津彦命の怨霊を取り鎮め安らかに眠ってくださいと願う民衆の厳かな鎮魂の重要な神事なのである。
…桃太郎の話は、やはり吉備津彦命と温羅伝説の下敷きになって今日のようなストーリーが作られたものと思われる。…岡山駅前大通りは「桃太郎通り」である。

それにしても、その桃太郎のお供は、どうして犬、猿、雉なのか。
岡山市オリエント美術館長・市川俊介氏は、素朴なこの疑問に対して、江戸時代の滝沢馬琴による『燕石雑志』を引用し、次のように解説している。

つまり、桃太郎が退治する鬼の住むところは鬼門、丑寅(うしとら)(東北)方向であるから、これを退治する桃太郎の家来は、逆の方向にある申(猿)、酉(雉)、戌(犬)でなければならなかった、というわけ。
当然のことながら、桃太郎の童話の下敷きとなった吉備津彦命の伝承にも犬、雉、猿がいる。
吉備津彦命の犬は犬飼健命。吉備津神社の南随神門に吉備津彦命の随神として祭られている。
「話せばわかる」の名宰相・犬飼毅(木童)はその子孫だといわれている。

次に吉備津彦命の雉は、留玉臣命。犬飼健命と同じ南随神門に祭られている中田名命は、留玉臣命の系統で鳥飼部という職業集団をかかわりがあったといわれている。

さらに、吉備津彦命の猿はというと、これが楽々森彦命(ささもりひこのみこと)とされている。足守地域(岡山市足守町)に元から居た豪族といわれており、楽々(ささ)は、ささ、砂鉄のことを意味している。山陰の日野川流域(鳥取県)には、楽々副(ささふく)神社が数多くあり、「たたら製鉄」を業とする集団が斎きを祭ったもの。おそらく楽々森彦命は、出雲系の砂鉄生産集団のリーダーだあったと思われる。

さて、桃太郎といえば、四国高松の桃太郎も知られている。
この桃太郎は吉備津彦命の弟の若日子建命。犬は犬島(岡山市犬島)の住人で、鬼ヶ島の監視を担当。猿は陶(香川県)の人で、敵の動静を探るスパイ。雉は高松市の「雉が谷」の住人で兵士の徴集が役目。そして、高松市の沖に浮かぶ「女木島」が鬼ヶ島というわけである。

四国の桃太郎は高松市の生島湾に集結ののち、一気に鬼ヶ島を攻め込み大勝利を収めた。桃太郎が本津川の近くに引き上げたとき、突然鬼の軍勢が不意打ちを仕掛けてきたが、この時も大激戦のすえ勝利を収め、念願の鬼退治を果たした。鬼がいなくなったこの地を「鬼無(きな)し」と言っている。
高松市に今も盆栽造りで知られる鬼無町がある。

瀬戸大橋で結ばれた岡山・香川両県に同じような桃太郎の話が伝わっている点を注目したい。

明治時代初期までは桃を食べて若返ったお爺さんとお婆さんの間に桃太郎が出来たという回春型の話の方が主流であった。

温羅伝説の要約 〔読みやすい文体にしたものです。〕

その昔、異国の鬼神が飛来して吉備の国にやってきた。それは朝鮮半島の百済の王子で、名を温羅といい、吉備冠者(きびかじゃ) 〔または、吉備火車〕とも呼ばれた。

彼は居城を備中国の「鬼ノ城」といわれる新山に構えた。温羅は身長4メートル、目は豹のように輝き、髪は赤みを帯びた異様な姿であった。そのうえ温羅は火を吹いて山を焼き、岩をうがち、人間や猿を食い、美しい女を奪ったりする。そのような温羅は、人々から大変恐れられていた。

そこで、吉備津彦命、もとの名を五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)というヤマト朝廷の将軍が登場し、この温羅を退治することになる。

吉備の中山に陣を構えた五十狭芹彦命が、新山の「鬼ノ城」に向かって矢を放つと、温羅の放った矢と途中で食い合って落ち、勝負がつかない。
矢が落ちたと伝えられる岡山市高塚には現在「矢食いの宮」がある。

温羅は少々ケガをしても温泉に入って癒(なお)し、勢力はますます強くなる。そのとき命(みこと)は、住吉大明神のお告げに従い一度に二本の矢をつがえて射たところ、一本の矢は途中で食い合ったが、もう一本は温羅の左眼に命中した。
このときばかり命(みこと)は攻めていくと、温羅は大雷雨で洪水を起こし、その流れに乗って逃げようとした。
川の水は、温羅の傷から流れ出た血で赤く染まった。
この川のことを「血吸川」(ちすいがわ)という。
温羅が雉(きじ)となって山中に逃げるが、命(みこと)は鷹となってこれを追う。追い詰められた温羅は今度は鯉に姿を変え、川を下り始めたが、命はすばやく鵜になって鯉を追い、ようやく温羅を捕まえた。
ここには今も「鯉食宮」がある。

絶体絶命、温羅はついに命に降伏し、自分の「吉備冠者」の名を奉(たてまつ)った。五十狭芹彦命は吉備津彦命になった。

戦いに勝利した命は、温羅の首を串に刺してさらし首にした。
岡山市首部(こうべ)がその遺跡とされている。

ところが不思議なことに、この首はいつまで経っても吠え続け、執念を燃やし続けてやまない。そこで命は家来の犬飼建(イヌカイノタケル)に命じて犬に食わせたが、ドクロとなっても温羅の首は吠え続けるのだ。命は釜殿の地下八尺あまりも掘ってその中に埋めたが、13年間唸(うな)りやまなかった。

ある夜のこと、命の夢になかに温羅が現れて言った。
「阿曽郷にいるわが妻の阿曽女に命じてお釜の神饌(しんせん)を炊かしめよ。幸いあれば豊かに鳴り、禍があれば荒々しく鳴ろう」と。命がその通りにすると、温羅の首はやっと吠えるのをやめた――。

吉備津神社に伝わる温羅退治の伝説のあらましは以上のとおりであるが、阿曽女が炊いたお釜は、吉備津神社の「お釜殿」にある釜がそれだという。
   …
吉備津神社に伝わる温羅伝説のあらましは以上のとおりであるが、阿曽女(あそめ)が炊いたお釜は、吉備津神社の「お釜殿」にある釜がそれだという。
後に林羅山(はやしらざん)の『本朝神社考』や、上田秋成(うえだしゅうせい)の『雨月物語』で知られるようになった。
神秘的な吉備津神社の「鳴釜の神事」は、吉凶を占う吉備津神社の重要な神事として今も続けられている。

この伝説によると温羅こそ吉備王国の王者・吉備津彦命その人である。温羅、すなわち吉備津彦命は、ヤマト朝廷の将軍・五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)の侵略に対して抵抗した吉備の英雄だったのである。
それが後の時代になり、勝利者たるヤマト朝廷が征服者を英雄に仕立て上げ、代わりに温羅を鬼にした、と考える事が出来る。
勝てば官軍、負ければ賊軍なのである。

温羅が朝鮮半島の百済(くだら)からの渡来人であるとする伝承は、この吉備地方が、古代の先進文化をもった渡来人によって開発された地域であることを示している。

百済は三世紀から七世紀にかけて栄え、同じ朝鮮半島の高句麗(こおくり)・新羅(しらぎ)とともに三国時代を形成した。
当時の日本は[倭(わ)]といわれ、文化の面では朝鮮半島よりもはるかに遅れた開発途上国で、百済からは仏教をはじめさまざまな文化や技術を学んで国づくりをした。吉備の豊かな砂鉄資源の開発も、百済からの渡来人とその技術に負うところが大きかったにちがいない。

この伝承は、出雲のヤマタノオロチ退治の神話と同じように、砂鉄資源を奪われる史実を語ったものである。

温羅伝説のなかで「火を吹いて山をうがつ温羅が片眼を射抜かれた」とされているのは、「たたら製鉄」に従事する人々の姿を表現したものである。「血吸川」(ちすいがわ)は、ヤマタノオロチにたとえられる出雲の斐伊川と同じ「たたら製鉄」の川なのである。

総社市阿曽は、「鬼ノ城」
といわれた新山の麓にあり、昔から「備中鍬」の名で知られた鋳物産地だ。この地の女性が吉備津神社の鳴釜の神事に奉仕しているのは、温羅が当時のハイテク技術を駆使する砂鉄生産集団の巫女(みこ)によって祭られた吉備王国の王者であったことを物語っている。"

艮御崎神社
http://www.spicy.sakura.ne.jp/jinja/ushitoraonzaki/ushitoraonzaki.htm
吉備津神社の艮御崎神社は、本殿の東北角にある。この方角は鬼門と呼ばれており、艮御崎神社は鬼神・温羅を祀っている。そのため温羅は別名・艮御崎神(ウシトラミサキシン)とも呼ばれている。
そして、この辛川市場の艮御崎神社がある地は小丸山と呼ばれ、太古の昔に桃太郎のモデルとされる吉備津彦命が温羅を征伐した後、温羅の胴体と埋めた地であるとの伝承が残っている。(ちなみに首は、岡山市首部の白山神社に埋めた後、吉備津神社の御釜殿に葬ったとされる。)
ここに温羅を祀る艮御崎神社の分社が建てられたのも、温羅の遺体がが葬られた地で、温羅の魂を沈める意味があるのかもしれない。”

ken‏ @kenkatap 2013年4月24日
博愛社=赤十字に倣って1877年設立の結社。日本赤十字社の前身【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E6%84%9B%E7%A4%BE …】【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B5%A4%E5%8D%81%E5%AD%97%E7%A4%BE …】日本赤十字
▼社長=近衞忠煇
▼夫人=崇仁親王第一女子=近衛やす子
▼名誉総裁=皇后▼名誉副総裁=各皇族就任

ken‏ @kenkatap 2014年8月28日
近衛忠てる=国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)会長及び日本赤十字社社長 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E5%BF%A0%E3%81%A6%E3%82%8B … ▼兄は細川護熙 ▼祖父:近衛文麿
▼英国ロンドン大留学、1964年、帰国
▼日本赤十字社副総裁三笠宮崇仁親王の長女・甯子内親王と結婚
▼同年より日本赤十字社入社




温羅(うら/おんら)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E7%BE%85

うらじゃ振興会とは > 温羅について
http://uraja.jp/about/ura.html


昔こっぽりにゃんこの目!!

追加中 フェイド大帝のリギョール『秘密結社』読書メモと解説とツイートの復活。私の読書メモはまだ。 

追加中補足情報やべえなコのリギョール人脈。

私のメモ欄なんだけど帝とかぶらってないところ書きたいんだけど中核ってもう帝が書いちゃっているっぽいぞ

この本読んでる。
近代デジタルライブラリー - 秘密結社
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/798664/1
『秘密結社』
著者 リギョル 著[他]
出版社 石川音次郎
出版年月日 明33.3

出版年狙い過ぎだろ

近代日本におけるリギョール神父の出版活動とその反響
http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/00000018061
青木光子(後のクーデンホーフ光子)は、カトリック教徒であるハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーに嫁ぐにあたって洗礼を受けることになったが、彼女の教理教育を担当したのが、リギョールであった。彼女は、リギョールについて、「…彼は聖人でした。パパは彼を崇拝していました。私は彼のもとで洗礼も告解も堅信式も行いました」と回想している。
…彼女の洗礼主としてリギョールの伝記的情報を知る機会を持った…


フランス系カトリックのリギョール神父が日本で最初の陰謀論本を出しその内容がメーソン叩き。
しかもこの神父がハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーの嫁にカトリック思想を教えて洗礼。

息子が汎ヨーロッパ連合の主催者にして、哲学博士にして、
メーソンにしてカトリックの、
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(青山栄次郎)。

メイソン叩いたリギョール神父が洗礼した女性の息子がメーソンの中枢にいることに注目。
リギョールが悪と断じたことをやりまくっているぞ。
ベートーヴェンの「歓喜の歌」がヨーロッパのシンボル「欧州の歌」に採択されたのはクーデンホーフ=カレルギーの提案。

汎ヨーロッパ連合のシンボルが丸に十字(太陽十字=金色の太陽+赤十字)。
目標としたのは、キリスト教徒のヨーロッパ。
初代国際会長がクーデンホーフ=カレルギー。
二代目がオットー・フォン・ハプスブルク(ハプスブルク家の先代当主)。
ハプスブルク登場。
欧州統合したのちに世界が一つにして世界連邦成立を目指したのはカレルギー。
ナチスと汎ヨーロッパ連合が対立したことも重要。
ヒトラーにとってカレルギーは混血種族だからナチズムでは弾圧対象。
対立しても共倒れはしない程度なのはいつものこと。
両方ともカトリックがスポンサー。
カトリックの内、
保守=エキュメニカル反対か、
リベラル=エキュメニカル賛成か、
両方どっちつかずかなどで分かれるので注意。
ナチスの残党の一部はWASPに流れるけど。



ナチスのスポンサーのバチカンは西ローマ側だから、
東ローマ側のカレルギーは叩いて当然。
クーデンホーフ家はハプスブルク家の側について戦ったことがある。
国際汎ヨーロッパ連合の二代目ボスがハプスブルクなのはこの縁。
カレルギス家は東ローマ系。
両家系が十九世紀に婚姻で合わさって、クーデンホーフ=カレルギー家誕生。


『クーデンホーフ光子の手記』がめちゃくくちゃ重要だな。
買い占められそう。さっきの論文も突然消えそうだし、ネットで読めるリギョール神父『秘密結社』も閲覧禁止になりそう。
このブログもそのうち強制消滅されるんだろうね。
青字の記事タイトルの上で右クリックしてリンクを名前を付けて保存しまくってくださいお願いします。
フェイド大帝の消えたツイートとブログ記事を一番載せているのがこのブログ。


二〇世紀初頭における転換期の日本カトリック教会. ― 日本人カトリック者とフランス人宣教師との関係を中心に ―. EHESS. 山梨 淳
http://www.jpf.go.jp/j/intel/exchange/organize/ceeja/report/09_10/pdf/09_10_13.pdf
が削除
こっちなら読める
http://www.jpf.go.jp/j/project/intel/exchange/organize/ceeja/report/09_10/pdf/09_10_13.pdf


近代日本におけるリギョール神父の出版活動とその反響
http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/00000018061

私の読書メモ(帝が言っていないこと中心)
・リギョール神父は国民教育を重視。
(彼は社会主義も唯物論も共産主義も無神論もルソー思想も批判。全部ゴッドの代替物)




私のメモはここまでだけどここからも大事。
――

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 4月1日
興味深い事に明治のフランス人 カトリック神父リギョールが著した 日本初のメイソン陰謀本「秘密結社」の 出版日が明治33年というイルミちゃん ナンバーなこと。 まぁ、なんかあるんだろうな。

リギョール神父、フランスのパリの
外国宣教師団の一員でシャルトルの
小神学校出身らしい。
この小神学校についてはネット上
では情報が見つからなかった。
現在は残ってない?

リギョールも弟子のベレもAmazon
で著作が一つだけ残っているが

著作というのはフランス語原文の
とういう意味だが、フランスのGoogle
で検索掛けてもリギョールなんて
全然引っかからない。

日本人の弟子に前田長太という
東京大司教区の初代司祭をやってた
人物がいるが「前田事件」で更迭
されている。

上智の次の論文に目を通して欲しい。
http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/00000018061
(近代日本におけるリギョール神父の出版活動とその反響)
この論文では前田の言からリギョールが
秘密結社に関して頻繁に非難していた
事が分かる。

(尤も上智の論文著者はリギョールの
メイソン批判本は一作しか出してない

ので根っからの反メイソンでは
なかったのではないという頓珍漢
な結論をしているがw)

このリギョールのメイソン批判が
パリ宣教師団の上長には気に入られて
なかった様で、同上長より「今後
秘密結社の話はするな!」と
脅されている。

ところで、当時のパリ宣教師団の
活動は主に日本人下層階級に対して
集中
していた事が上智の論文が
指摘している。
リギョールは日本人の知識階級への
布教が重要と考えていた
様であった。

上智の論文では明らかにされてないが、
当時の上層階級への布教に注力していた
のはプロテスタントだった。


パリ宣教師団の管轄が再びバチカン
本国に戻された時に、バチカン本土から
日本に使節が遣わされた。

その際に前田の出版していた
会報の記事が波紋を呼ぶ。

パリ宣教師団の政策に異議を
唱え、下層よりも上層階級への
布教に注力した方が良い
という
ものだった。

ところが既得権益のはく奪を
怖れたと思われる外国人宣教師達は
前田を失脚させる。
(実行犯は不明)

これが「前田事件」である。

これはあくまで私見だが、
恐らくプロテスタント勢力(つまりアメリカ)
とメイソンが組んで前田を処分した
のではないか?

結果的に以来、日本の上層階級は
プロテスタントとメイソン思想に
洗脳されて現代に至る。

ちなみに前田が運営してた
カトリックのグループは
「マリア会」と言うそうだ。

あれ?徳弘正也の漫画の
秘密結社の名前だよね?w

(マリア会を運営していたのが前田という情報は見当たらなかった。
なお私は日本語のみ検索。
「二〇世紀初頭における転換期の日本カトリック教会. ― 日本人カトリック者とフランス人宣教師との関係を中心に ―. EHESS. 山梨 淳」によると、
フランスの男子修道会のマリア会は、パリ外国宣教会の依頼で、一八八八年に来日し教育活動。
イエズス会の来日は競合相手の出現を意味するので警戒。
日本のマリア会を視察するフランスのマリア会。日本のマリア会メンバーから報告を受ける中で、前田の行動に関して話を聞いていたらしい。所属はしていたかもしれないが、運営まではしてなさそう。
運営云々は帝の記憶違いだろうね。
マリア会とイエズス会は今も対立しているかも。)

こんな論文も見つけた。
http://www.jpf.go.jp/j/project/intel/exchange/organize/ceeja/report/09_10/pdf/09_10_13.pdf

政府系のHPだがw
(二〇世紀初頭における転換期の日本カトリック教会. ― 日本人カトリック者とフランス人宣教師との関係を中心に ―. EHESS. 山梨 淳
http://www.jpf.go.jp/j/project/intel/exchange/organize/ceeja/report/09_10/pdf/09_10_13.pdf)
どうもマリア会というフランス版イエズス会
みたいなのがあるようだ。

この論文だと前田はプロテスタント勢力
と近かったみたいだし、メイソン思想
みたいに
科学重視の姿勢だった様だ。

ま、メイソンの女人禁制のシステムは
カトリックと一緒なんだけどね。


Frederich Ⅹ ‏@6thCrusader 4月1日
@feydotaitei 秘密結社で女人禁制じゃないところはたぶんないと思う そもそもヨーロッパ自体がミソジニー文化であることは否定できない

Frederich Ⅹ ‏@6thCrusader 4月3日
@FeydoTaitei 女性はサークルクラッシャーが凄く多いから、社会常識としてサークルに女性が入るとサークル崩壊というのはあるが

ミソジニー (英: misogyny)=女性蔑視・女性嫌悪


2016年7月24日
ベルセルクの「冥界をこの世に具現化 し原初の状態に戻す」って部分と、
明治のカトリック神父リギョールの
「石屋の目的は人間をルソーの言う ような動物(自然のありのまま)に 戻してエデンの状態に戻す事」
とリンクさせて紐付ける事が重要。


当然、ベルセルクの「霊樹のある聖地」 ってのは昔のカトリックがケルト人の 聖地を破壊して、教会を建てた場所の 事だから一例を挙げるとモン・サン ミッシェルとかがそう。勿論、 エルサレムのソロモン神殿があった場所 だとか。

ベルセルクではグリフィス達が 霊樹の聖地を破壊して周るわけだけど、 コレを現代に置き換えるとかつて ケルトの聖地だった場所に建ってる 教会や現代建築物(ビルとか塔とか) を破壊して周れば、逆の状態を 再現出来るって事ね。

で、重要なのがグリフィスの作った 街だけを除いて、他の場所は全部 無毛の地にしてしまう部分。 グリフィスの街はヨハネの黙示録 の最後に出てくるネオ・エルサレムの 事ね。
つまり宮崎駿や庵野の好きな 「原初に帰る」(富野も同じだが) ってのは「文明の破壊」の事。 つまりアスラ族。

文明を維持する者ってのがデーヴァ族。 アスラvsデーヴァの構図が浮かんで きたでしょ?w
石屋の下っ端が馬鹿なのは二つの 点。
①エデンはそもそも原初の状態ではない 事に気付いてない(6日目に完成 してる)
②原初なのにエルサレムが残ってる 矛盾


つまり、ベルセルクから読み解ける のは奴等ヨハネカルトの目的は:
・エルサレムだけを除いて他を全部 アフリカの土人や、ラオス化する事
・エルサレムだけが文明を独占して お馬鹿アングロサクソンの バルバロイ達が「俺つえぇーww」 する事

要するに「エデンの園」ってのは 「文明のある場所」の事でしかない。 聖書の記述を見ても唯一言えるのは 「食料が安定確保出来る事」以外の メリットがない。 そりゃ、文明都市の外に放り出されたら 自分で畑耕すしか方法がないから アダム状態になるわけ。

ところが聖書の時代(古代エジプトの 初期か少し前)レベルの文明なんざ 今は世界中にあるわけだから、 「エデンの園」なんて当然見つからない わけ。 じゃ、どうやったら「エデンの園」 状態を作れるかというと、既存の 文明を破壊するしか方法がないの!

だから聖書で定期的に洪水とか バベルの塔とか、ソドムとゴモラ が起きて文明がリセットされるのは そういう意味。これがバラモン教 というか、アーリア系宗教の言う 三原則の「創造、維持、破壊」の トリニティ。

当然、一々アスラ族の下らない 宗教観のために毎回リセットされたら 迷惑なわけだから、これに反対する 「文明を守る」勢力、つまりデーヴァ族 みたいなのが出来るの。

で、アスラでもデーヴァでもない 仕組み、そんな無意味な事にそもそも 関心がないってのが仏教とか六師外道 の立場なわけ。
アーリア系の「自然法則」ってのは この「創造、維持、破壊」のトリニティ の循環の意味だから。 (だから同じアーリア系のケルトの トリスケルとかクルクル回るの)

当然、バラモン教というかヴェーダ、 アヴェスター教の「自然観」なんざ 人間の妄想でしかないわけだから 本来の「自然」とは全く関係がない。 仏教黎明時代にせっかくコレを 辞めさせたのに、ローマ人や現代人の 馬鹿共(宮崎駿とか)この思想を 復活させるからイザコザばかりが 起きる。

そういう意味では古代ギリシャ人の 哲人共や、アレキサンダー時代の ヘレニスト達も愚者の集まり。

まぁ、そもそも他の生物や資源から エネルギーを奪ったり、トレードする 仕組みの「地球」自体が悪いシステム なんだけどね。だから、神が地球を 作ったなら、神はとんでもない馬鹿。 コレが神じゃなくて宇宙法則とか、 物理法則でも、ダルマでもいいけど、 「法則」自体が馬鹿の産物。

だからと言って、人類の力でその 「法則」自体を破壊しましょうよ! って考えも馬鹿だから。 ブッダさんみたいにほっとくのが 最善だと思うけどね。仏教が嫌なら ジャイナ教のシステムでもいいと 思うけど。

そういった意味ではアーリア系の 「創造、維持、破壊」はサンスクリット で「オーム(オウム)」の事だから、 六師外道+仏教以外は全てインコ真理教 なんだよ。

だから石屋教だろうが、スコッチ教 だろうが、目指す教だろうが、黒瓜教 だろうが、月子ちゃん教だろうが、 パウロ教だろうが、なんだろうが、 全てインコ真理教。
ネオ・エルサレム+インコ真理教が 地上の天国?
なわけねーだろ常識から考えて。


ヤングアニマル買えない人や、輪ゴム 外して立ち読み出来ない人達向けの 感想ブログを紹介したるわ。 画像付きで全セリフおこしてあるから ココが一番分かり易いと思う。


https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%40pteras14%20until%3A2016-7-24&src=typd
@pteras14 until:2016-7-24
@lakudagoya
http://honmanyomi.net/2016/06/24/17229
”大幽界嘯(だいゆうかいしょう)…光の鷹と呼ばれる者が行ったことじゃ。世界各地の封印、霊樹の森を襲ってな“

http://honmanyomi.net/2016/07/22/18314
“ゲドフリン「それが大幽界嘯によって光の鷹がもたらした世界。正に語り継がれる伝説や物語の世界じゃな
…お主たちはあの日以来、天空を穿つごとく延びる枝を目にしたことはあるかな?」
イシドロ「あー・・天気がいい日とか時々見えるあれか?」
セルピコ「最初は変わった形の雲か何かと思いましたが・・・」
ロデリック「昼でも見えるし星座代りになるんで、オレ達船乗りにゃ中々便利なしろもんだがね」
ゲドフリン「あれは世界樹。天界、地上界、冥界をつなぐと言われる、伝説の大樹。その枝じゃ」
シールケ「世界樹・・・」
イシドロ「聞いたことあるぜ。昔話に出てくるやつだろ?」
ゲドフリン「魔術の解釈ではもうちとややこしいがの」
シールケ「竜の道ですね」
ゲドフリン「ほう、さすがフローラの愛弟子。よう学んでおるのゥ。あれは文字通り現世と幽界の階層の奥深くに穿たれた、世界を貫く巨大な亀裂じゃ」

シールケ「モグラの巣の様なものを思い浮かべてみて下さい。満月の夜などごく稀に現世と幽界を繋ぐ道が通じることがあるのです。小さなものは妖精の森と呼ばれ幽界の浅瀬などに繋がり、時々森で子供が迷い込んだりします」
ゲドフリン「そして大きなものは竜の道と呼ばれ、幽界の奥深くまで達する。お主の腰のその卵は、龍の道を開き深淵に至るための呪物じゃよ」
ベヘリットを取り出すガッツ

シールケ「あの・・・御教え頂けませんか。なぜ霊樹の森を襲ったことがあの世界樹の出現に繋がっているのか・・・」
スキルビル「霊樹の森とはのゥお嬢ちゃん・・・」
スラーイン「狭間に数か所ある巨木にまつわる土地の総称じゃ」
ギンナル「そして巨木の一つ一つは彼の世界樹に霊的に根を張る宿り木なんじゃよ」
シールケ「宿り木・・・」
ゲドフリン「魔術師ならば心得ておろう。宿り木とは天にも地にもあらざる現世を象徴するもの。霊樹の森の巨木も然り。世界樹から力を吸い上げることにより、その枝が現世にまで張り巡らされることを止める役割を果たしておったのじゃ」
ゲドフリン「霊樹の森に居を構える魔術師は巨木の纏う膨大な霊力の元で魔術の研鑽を深めつつ、その地を守護することで現世と幽界の均衡を保つことを己が使命と定めた者達なのじゃよ。お主の師匠もその一人じゃった」

スラーイン「今や各地の霊樹の森のほとんどが灰燼と帰した」
ゲドフリン「故に世界樹は力を増し、現世と幽界の混じり合う太古の混沌が戻りつつあるわけじゃが・・そこで彼の者と縁深き黒い剣士 殿に問いたい。光の鷹とは何者なのか。何を渇望して欲望の主護天使として転生し、世界をこの様に変貌させてまで欲するものとは何なのか、教えてはもらえぬ かな?」

ガッツ「自分の国を手に入れる。傭兵時代・・・同じ釜のメシを食ってたころ、あいつはそう言ってたぜ」
ゲドフリン「・・・国盗りか、なるほどのゥ。わしが霊視にて覗き見た所、あの者は世界樹の麓近くに巨大な古の都を復活させた様 じゃ。混沌と化した世界の中で皮肉なことに、彼の大樹の根元のみが嵐の目の様に穏やかな霊力に満ち邪悪な幽体を寄せつけぬ土地となっておる。今や人が平穏 な生を営み得るただ一つの国と言えよう」

イシドロ「…その光の鷹っつーのはあのミッドランドの英雄白い鷹のことか?
…その鷹が何かわからんが魔法とか使って世界中を魔物だらけにしたと・・・」

ゲドフリン「国盗り・・・いや、世界に唯一の国を打ち立てんがために世界そのものを・・・何ともはや途方も無い。目的のためには手段を厭わぬか」
ガッツ「少し違う。逆なのさあいつは。手段のための目的だ」
…(変わっちゃいねェ)国を手に入れる、そいつは通過点だ。高みを目指し越えて何処までも飛び続ける、それが鷹。グリフィスだ」”
世界樹=竜の道=天界、地上界、冥界をつなぐ、現世と幽界の階層の奥深くに穿たれた、世界を貫く巨大な亀裂

剣名がドラゴン殺しの隻眼(左目=月)のガッツ=ベルセルク=北極星崇拝の北欧の狂戦士でもガッツ=ベルセルク=北極星崇拝の北欧の狂戦士

ベルセルク第83話『深淵の神②』(単行本未収録)
http://blog.livedoor.jp/meikyousisui_22/archives/53660046.html
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2578933
http://raikogatretop.com/previously-unreleased/


持ち帰るがいい この内なる世界に満ちる念の力を お前の肉体である物質領域まで
…お前の相応しい形に変えて”
人の全体意識の暗黒面から生まれた、運命を司る存在
=世界の自我=魔のイデア=神
個を超えた共有意識より生まれた魔神イデアの心臓がある場所
=負の念の海=人間らしい領域=地獄

人を人たらしめる意志=負の念
悪の理由を求めた人が神=意志=原因=運命操作役を生んだ
人造イデア魔神の一部
=グリフィス=欲望の主護天使=光の鷹=太陽神ホルス=新時代のワンワールドの現人神(北極星+月側の主人公と対立)
はテレマの法
https://twitter.com/lakudagoya/status/597282531667365889

=あるがままにあれ、望むままを行えに従い
大戦争=血の犠牲=ホルスが宣言する世界規模の式典の核を行う

ベルセルクの中核
=大いなる獣666クロウリー魔術=太陽派クリスチャン・カバラ↓
https://twitter.com/kitsuchitsuchi/status/520210014519046144
https://twitter.com/kitsuchitsuchi/status/731914271408300032

世界樹の近くに復活させた古都を唯一の国=ワンワールドにするため、霊樹の森=世界樹=竜の道の現世への影響を抑える装置を壊し、現世と幽界が混ざる太古の混沌に戻す

竜=クロウリーのセリオン(太陽が昇る方角=東に配当される、太母が乗る獣)
https://twitter.com/lakudagoya/status/757210394582618112

“使徒…絶望の末ベヘリットによってゴッドハンドを呼び…望みをかなえるために…最も大切なものを生贄として転生したもの…唯一の戒律は、「望むままを行う」“
=Do what thou wilt shall be the whole of the Law.
=汝の意志の実行が法の全て。

(ぐだトマト ‏@pteras14 2 時間2 時間前
ねここねこさん、遂にベルセルクに 目覚めた?w 大高忍のイル・イラーや、庵野の ルフラン、板垣の勇次郎も ベルセルクの理論にソックリでしょ?w さぁ!次は「強殖装甲ガイバー」と 旧エニックスの「天地創造」、 旧スクウェアの「ルドラの秘宝」、 「ゼノギアス」にGOだ!w

ねここねこさん、ゼノギアスは この設定資料集読めば十分だよ。 これ、読破すれば一ゲーム屋の 作品レベルじゃないっての確信 するからw 庵野のエヴァよりずっと完成度高いよw https://www.amazon.co.jp/Xenogears-PERFECT-WORKS-thing-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%B9%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E8%B3%87%E6%96%99%E9%9B%86/dp/4835450620 …
(Xenogears PERFECT WORKS the Real thing -スクウェア公式ゼノギアス設定資料集)

ちなみにベルセルクの神云々は 統計学で言う「真の母平均」。 「検定・推定」使わないとその 存在自体がそもそも怪しい数遊びの 妄執ね。



”ベヘリット…人の目・鼻・口があべこべの位置についている奇怪な卵型の石。現世と幽界の深層を結ぶ鍵…五人の御使いを招喚するための呪物…真紅のものは 特別で「覇王の卵」…この世の神ではどうすることもできない魂の慟哭を感じたとき…顔のパーツがあるべき位置に戻って…ゴッドハンドを招喚する…

人間の運命をも司る高位の霊体、あるいはそれ以上の存在が現世に遣わしたもので、これにまつわる運命は遣わした主の手に委ねられている(因果律によって定 められている)…所有者であることを放棄しても…真の所有者であるのならば、然るべき時にそれを手にする…ベヘリットが念の海から零れ落ちた雫…

ゴッド・ハンド…使徒をはじめとした魔物たちの頂点…闇の歴史を支配してきた魔王(彼らは天使を自称…因果律の定めにより覇王の卵を持つに至った人間が蝕を経て転生したもの…巨大な負の思念体として異次元に存在…かつて人間であった… 降魔の儀…人間がゴッドハンドや使徒に転生する一連の儀式…心
からの望みをかなえることができるが、その代償として人は自らの一部とも言えるものを生贄として捧げなければならない…人間性を断ち切ることによって、心に亀裂が生じ、そこに魔が流れ込むことによって、人は使徒やゴッド・ハンドへと転生…”
http://berserk.fan.coocan.jp/world_apstl.html

“見たり触ったりすることのできる物質(ほんもの)の世界。…他の二つの世界と重なり合い成り立っており…一つは…霊の世界・「幽界…一つは存在の根源である魂の世界・「本質(イデア)の世界…現世の全てが成り立っている様子を「三身一体」と呼ぶ”http://berserk.fan.coocan.jp/world3.html

ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月24日
返信先: @pteras14さん

こんにちわ、とまーてさんのケルトを含んだアスラ陰謀論とても良かったです。凄く感動しましたよ。

ゲームやアニメで文明をぶっ壊す話ばかりなのはアスラ派で、ドルイド教だったわけなんですかね?

いやーケルトの陰謀論マジでパネェっすわ。

ぐだトマト‏ @pteras14 2016年7月24日

こーゆーの待ってたんだよッ‼︎

http://freetofindtruth.blogspot.jp/2016/07/33-133-666-pokemon-go-was-able-to.html?m=1 …

http://freetofindtruth.blogspot.com/2016/07/33-42-666-pokemon-go-has-doubled.html?m=1 …

ちなみに岩田がくたばったのが
「711」と外人が指摘してるw pic.twitter.com/5FJCKt9epW

ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月24日
返信先: @pteras14さん

こんばんわ。とまーてさん乙です。いやーこういうところにもゲマトリアがw

ちなみにクロウリーは666の獣を太陽神扱いしてましたけど、どーなんですかね?
1件の返信 4件のリツイート 3 いいね

ぐだトマト‏ @pteras14 2016年7月24日
返信先: @lakudagoyaさん

太陽ならアスラ族ですから有り
なんじゃないですかね?

イングレスのアイコンも三角三つと
六角形三分割ですから666ですよw
1件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月24日

あーなるほど。やつらが魔族=アスラにこだわるのって、今朝考察されてたものとかぶるんですね。

アーリア系アスラ信仰の「自然」ってやつが創造・維持・破壊のトリムルティとはびびりました。ドルイド教やべぇなと。

ドルイド教ってバラモンのアスラ派のようなものですか?
1件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年7月24日

おんなじアーリア系ですから
有り得るのでは?
ケルト神話のトゥアハ デ ダナーン
自体が女神ダヌの息子達って意味
ですし、ヴェーダにも女神ダヌ
いますよ。仙人の娘。
1件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月24日

はぁーそうなんですね。印欧語神話の共通点不思議な事多いなと。
ルソー教の宮崎パヤオとかハルマゲドンカルトって、文明をリセットして古代ケルト社会のようなものを作るのが理想だとは。

オブライエンさんの「自給自足」~が恐ろしく見えましたw

ありがとうございます。


http://berserk.fan.coocan.jp/world_apstl.htmlクロウリー
ベヘリット
龍の道を開き深淵に至るための呪物

グリフィス=右目(太陽派)=欲望の主護天使=光の鷹=太陽神ホルス=新時代のワンワールドの神。
http://berserk.fan.coocan.jp/world_apstl.html


Permalink - 2016年03月12日
2016年03月11日(金)

フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ただ、ソル神殿のベチルの
左右の柱が気になるんだよな。

ベチルが真ん中で左右にそれぞれ
3本ずつでしょ?

完全にDIO/QB状態だよね? pic.twitter.com/DtiaIxAPGN
タグ:  編集
posted at 22:45:20 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
そういやDIOって吸血鬼だしな。
型月の月姫のヒロインも吸血鬼。

吸血鬼だから、当然夜陣営。

まどマギのQBが月か、
太陽かなんだけど、耳に
三ツ星が付いてるって事は
DIOなんだと思う。
タグ:  編集
posted at 22:42:41 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
月=アルテミス=イシスで、

型月版アルテミスにオリオンが
くっ付いてる。

でアルバの額に三ツ星、で
美内すずえの青トカゲの首筋に
三ツ星、DIOの耳にホクロ三つ。 pic.twitter.com/7R1ruSSXyt
タグ:  編集
posted at 22:34:19 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
そういや大高忍のマギの黒幕の
アルバちゃん。ティアラが月型(型月w)
で、しかもソロモンと敵対してるから
「夜=ヴァルナ」陣営かね? pic.twitter.com/WE8VhEvGIw
タグ:  編集
posted at 22:27:48 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
fate stay nightも夜の字入ってる
しな!

あれ昔から何で騎士のknightじゃ
ないのか不思議だったんだよなw
タグ:  編集
posted at 22:02:49 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
型月は月だから、夜(魔法使いの夜w)
陣営だからアッラー派?w
ミトラが昼なら、夜はヴァルナだな。
キュクロプスがミトラなら、
ヘカトンケイルがヴァルナ。
タグ:  編集
posted at 22:01:02 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
型月、完全に石屋だろw
タグ:  編集
posted at 21:56:11 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
型月の小便王の台詞意味深だなw

今、読み返すとw
タグ:  編集
posted at 21:52:37 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ソロモン=ソルとなると、
そんな奴本当に実在したのかって
話しになるな。

ちなみにさっきのシナゴーグの
床絵の中央のソルに該当する
ヘブライ偉人はダビデらしい。

ダビデって初代「メシア」
だったよな? pic.twitter.com/SPdjOGJB7j
タグ:  編集
posted at 21:51:22 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ちなみにエラガバルは
シリアのラー・ガバスの
音写なんだと。

ラーはアッラーのラーみたいな
感じで、元はエルという神を
意味するあっちの単語が元っぽい。

で、エジプトの太陽神もラー。
綴りは違うけどね。
タグ:  編集
posted at 21:46:27 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
そういやソロモンって
ソル.オモンとも読めるなw
エラガバル神殿、柱が6本あるなw
夜勤と母東かね?w
タグ:  編集
posted at 21:43:20 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ベチルのwikiね。
ソル=エラガバルのコインの
絵あるだろ?

en.m.wikipedia.org/wiki/Baetylus pic.twitter.com/nUKrSyJ89g
タグ:  編集
posted at 21:41:06 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
あの石って、石屋も必死で
探してるらしくて、ソロモン神殿の
礎石は「ベチル」で造らないと
駄目なんだとか……

ヤコブの石だったからというのが
石屋の言うヘブライ的な根拠らしい
けど……

アメ公がやたらとシリアに拘るのは
天然ガスのパイプラインじゃない?
タグ:  編集
posted at 21:37:54 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ユダヤ カバラではモーセの
十戒の石版はモーセの両手で、
それぞれ10本の指がそれだと
書かれているけど、
エムサの隕石のベチルが山の神の
聖遺物ならベチルこそが十戒の
石版じゃね?
タグ:  編集
posted at 21:33:46 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
イエスとヤハウェを春巻下丼で
ブッ倒したとして、後から来る
勝ち組GODって誰だ?
アッラー?w
タグ:  編集
posted at 21:30:43 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ソルの馬車は6頭の馬が引いてる
らしいから、こいつが666
であったならば、

ソル=ミトラ=イエス=ヤハウェ?
タグ:  編集
posted at 21:28:36 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ねここねこさんに昔見せた
ケルビム画。
右はエゼキエルのグランドクロス配置。 pic.twitter.com/EQA2C4DcLU
タグ:  編集
posted at 21:25:21 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
@FeydoTaitei
前、ねここねこさんにはケルビムの
車輪は実際には「球」の形状だと
話した事があって、惑星か星なんじゃ
ないか?って話しはした事がある。

画像は例の床絵とグルジアのイエス画
ね。 pic.twitter.com/Srwtda7QYf
タグ:  編集
posted at 21:21:52 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
興味深いのは17世紀のグルジアの
聖堂でイエスをソル インヴィクトゥス
として描かれてるとこだな。

en.m.wikipedia.org/wiki/Sol_Invic...

またユダヤのシナゴーグの床の
デザインのソルの絵が光芒が
六つ、黄道12宮の中央に座して
四季を司るケルビムが
エゼキエルの位置
タグ:  編集
posted at 21:18:57 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
シリアのエムサとかいう町の
「山の神」がこの人の名前の
元ネタらしいんだけど、

en.m.wikipedia.org/wiki/Elagabalu...

wikiに前紹介した三浦健太郎の
ベヘリットの元ネタ、ヤコブの
石枕、ユダヤの聖石のベチルが
神殿に祀られてるんだけどw
タグ:  編集
posted at 21:10:20 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
ソル インヴィクトゥスを
ローマに導入したシリア生まれの
エラガバルス氏。

死亡日が既にネタレベルなんだがw

en.m.wikipedia.org/wiki/Elagabalus
タグ:  編集
posted at 21:06:14 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
後、気になるのはジョジョの
ヴァニラアイスのクリームだな。
自分を食べて「裏返る」事に
よって異次元を移動する能力を
持つスタンドなw pic.twitter.com/k7oielqgVd
タグ:  編集
posted at 19:59:41 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
そう考えるとドラえもんの
四次元「ポケット」というのが
実に絶妙なネーミングだw
タグ:  編集
posted at 19:48:20 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
四次元を折り畳んだ場所がどこに
あるか?

そりゃ「中」だろと突っ込もうと
思ったら、本当にそうだった件w
タグ:  編集
posted at 19:46:22 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
これか60進法。

ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD...
タグ:  編集
posted at 19:37:33 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
60分割ってこれかね?

asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/ec...

wikiではエジプトが360日/年を
使ってたと書いてあるけど、
12分割だったみたい。

上記サイトのギルガメッシュ人共の
60進法と三角野郎の角度が3×60
の方が気になるなぁ。
タグ:  編集
posted at 19:33:25 削除


フェイド大帝 @FeydoTaitei
3月11日
日本はあまり区別してないけど、
海外ではツイッターとか顔本は
プライベート用、仕事用のSNSは
linkedinと明確に区別されてるらしい。
ハーバードのMBA用の教科書にも
そう書いてある。
タグ:  編集








ねこた‏ @lakudagoya 2016年8月27日

やつらが道徳や文化を破壊するのはDQN思想があるからなのか!なるほどな。

リギョル神父の「秘密結社」読了 http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-640.html …
1件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年8月28日

ただ、不思議な事に前紹介した
バチカンの「ニューエイジ〜」解説本
に拠るとカトリックは「霊性主義」を
認めないって書かれてあるんですよね。
あくまで人間イエスと人間信者間の
対人コミュニケーション重視の宗教
だって書かれてるんですよ。
1件の返信 3件のリツイート 2 いいね

ぐだトマト‏ @pteras14
返信先: @pteras14さん、@lakudagoyaさん

まぁ、アレルギー伯爵と付き合ってる
時点でこのリギョール神父怪しすぎ
ですけどw

ねこた‏ @lakudagoya 2016年11月4日

シンボル事典ひいたぞ。やはり鹿の角は太陽光線だぬ。

また鹿は蛇を食うから悪魔大事か。 

あとアルテミスの生贄

この事典だけでは不足があるから「世界シンボル大事典」が欲しい。

うーん腑に落ちない。何で鹿目まどかは鹿なんだろう?そして耶蘇教モドキの自己犠牲ってなぁー
2件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年11月4日

ケルトではもう一つ、「怒り」を
「鹿の角が生える」って表現する
らしい。インダスのシヴァが
ケルヌンノスと同じポーズを取ってる
ので、同じ神だと言われてますけど、
シヴァなら「破壊と嵐」なので
結構まどマギのテーマとあってくる
のでは?
3件の返信 4件のリツイート 6 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年11月4日

劇場版では最終的には生き返るので
創造→維持→破壊→創造のトリニティ
サイクルの再現とも合致してるので
多分これで合ってると思う。
1件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2016年11月4日

なるほど。ケルトはインドのトリムルティのような思想があったのでしょうか?

確かに死と再生みたいなのはあると思ってるのですが。

またとまーてさんの言われてる「ルソー教」はこれらに由来するのですか。ケルトの事さっぱりわからないのでよく飲み込めない事もあり。
1件の返信 2件のリツイート 2 いいね

ぐだトマト‏ @pteras14
返信先: @lakudagoyaさん

ルソー教は明治時代のリギョール神父が
使ってた言葉ですね。
石屋の思想を説明するために使ってた
言葉ですけど、知識の実を
食べる前の動物の状態が一番「自由」
な状態という意味らしいです。
動物には人間の作った「法律やルール」
が適用されないかららしいっす

2
リツイート
3
いいね
緑青茶
子子子子子@黒住も世界連邦派ブログ更新
EINS

23:32 - 2016年11月4日
1件の返信 2件のリツイート 3 いいね
子子子子子@黒住も世界連邦派ブログ更新 ツイート内
テキスト




ねこた‏ @lakudagoya 2016年11月5日

返信先: @pteras14さん

なるほど。リギョール神父ですか。確かにやつらは社会秩序や文明を憎んでおりますが、それらはバラモン教(というかヴェーダ教)アスラ派(太陽信仰)がドルイド教だとして、その思想との関係はありますか?

宮崎駿などは文明を憎んでますが、そこがよく読めなくて。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね


ぐだトマト ‏@pteras14 1 時間1 時間前
そういやー前さ、安倍昭恵の 宗教団体?(アーユルヴェーダの セミナー)の話あったじゃん? 主催者は出帆新社って所なんだけど http://www.shuppansinsha.com/fukushima2012.pdf … 「神智学大要」が有名だけど インド系の本出してる出版社ね。

で神智学系の本っていうと 「竜王文庫」で日本の神智学ロッジ 今はインドのアディヤール本部 直轄だったけど、それまではこの 竜王なんとかの団体の傘下だったのよ。 で、竜王なんとか作ったのが 三浦関造っていうメソジスト (ウェスレー系)の牧師ね。

今は日本基督教団に吸収されちゃった みたいだけど、ウェスレー系は ペンテコステ派とかも派生してる んだけど、基本は霊媒系の聖霊 降ろし型のキリスト教宗派ね。

聖霊降ろしというと黎明期異端の モンタノス派があるんだけど、 ウェスレー系ってモンタノス派の 残党の生き残りなんじゃねーの?

カトリック系(バチカン系)陰謀論だと イエズス会系陰謀論が有名だけど、 プロテスタント系の陰謀論に注視 する人って少ないのよね。 聖霊降ろし系って所謂アメリカ南部の キリスト教原理主義ってやつの事だし。 石屋も歴史的にはプロテスタント系 の派生だしね。

カトリック系で怪しいと言えば、 明治時代のリギョール神父な。 日本初の石屋陰謀本書いた人ね。 このリギョール神父がアレルギー伯爵 と仲良くて、アレルギー伯爵自体が リギョールを尊崇してたらしいから まぁ、黒だろう。

カトもおフレンチ系とイタ公系 (バチカン系)で分かれるのよね。 リギョールはおフレンチ系ね。 おフレンチってヨーロッパ史の 中では結構重要な位置を占めて いると思うんだけど、結構皆んな スルーするよね。

fategoの影響でケルト人の本拠地 はアイルランドみたいなミスリード があるけど、石屋の語源の「フリー」 がおフレンチ語だと「フラン」で フランスの語源の「フランク族」 から来てるからね。 フランク族もケルト人だよ。

ちなみに石屋がプロテスタント系なら カト系の石屋もどきもあって、 カト版は「コロンブス騎士団」ね。 http://www.kofc.org/en//index.html 日本にも来てるのかは知らんけど。

まぁ、日本は魔術結社系の方が 強いんじゃないのかね? と言っても、来てるのはOTOと AMORCだけだけど。 石屋は在日米軍のアメ公が多いらしい から、必然的に軍事色が強いん じゃないかね? 地震兵器とかドローン、VR、 ロボ、AIが良く話題に挙がるのも その関係だと思うよ。

あ、後、神智学協会も来てるか。 人智学は来てない割にはやたらと 和訳本が充実してるのが気になるがw 神智学の方は、和訳本の充実度から すると日本のはまだまだの様な 気がするなぁ。ロッジも一個しか ないし。

ねこた‏ @lakudagoya 3月7日

リギョール神父の分析は流石だな。

何で子供向けのラノベはこんな結社臭い以上に、なぜマニ教臭い作品多いのかな?

これ母親が子供向け作品の意味をわかろうとしないから騙し放題なんだろうねぇ。

でも母親はそれがやつらの工作だとわかったとしても禁止しかできないからそれは効かない。

ぐだトマト‏ @pteras14 3月7日

リギョール神父は子供じゃないと
洗脳が効きにくいから児童に関する
ギョーカイを真っ先に押さえるのは
鉄板だって言ってたよ!


無神論・反宗教bot @AtheismBotJP · 4月1日
「宗教事業協会」通称「バチカン銀行」は、イタリアの大手(もちろん銃などを含む)武器メーカーピエトロ・ベレッタの大株主である http://usahitman.com/vbmsipb/


フェイド大帝 @FeydoTaitei
フェイド大帝は差別主義者ではないが、 ヨーロッパは人種によっても職業の 選択が狭まることもあるので注意だ。 例えば、夜やるような仕事(両替商の 夜勤等)は黒人とかが多い。 理由は強盗に襲われる確率が夜の 方が高いからだ。

薔薇十字の元ネタのエゲレス
チューダー朝の紋章↓

ちなみに右隣りは薔薇のご先祖様
のrosa persica。薔薇も原種は
花弁が5枚だったんだねぇ…

名前の通りイラン原産な。

原種は他の地域にも
あるけど、薔薇十字は多分これ。 pic.twitter.com/PyKCPJzHl3



百合は花弁が6つあるのが鍵なのさ。
薔薇は前述した様に5つ。

おフレンチ人とブリティッシュ人の
自己満カルト活動の自慰行為の一環さ。

おフレンチ=カトリック、
ブリティッシュ=プロテスタントに
置き換えてもいい。

イギリス メイソンの黎明期の
GMはカトリックに虐められた
カルヴァン野郎率高いしね。
デザギュリエとかしらべてみ?

ところでブリティッシュ野郎共は
おフレンチ人を虐める時はかなり
陰湿なのだが、

おフレンチ産の「良い物」には
形容詞の「BRITISH」を付ける。

例: おフレンチ猫+BRITISH=
ブリティッシュ ショートヘアー

ブリティッシュ産の「悪い物」には
形容詞「FRENCH」を付けて起源を
捏造する。

例: フレンチ キス、フレンチ トースト、
フレンチ コネクション

この「フレンチ」を「下品な」に
換えて頂くと大体意味が通じる。

フレンチ〜 はフランス産ではない。
イギリス産なのだ!

では「下品な」王族とは英語で
どう言えばいいか?

FRENCH BRITISH ROYALTYが妥当?
フレンチ ブリティッシュ キングとか?

そういやウィンザー家って
おフレンチ王族との混血だったなw


日本のフリーメイソン支部公式サイト&入会方法
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-631.html
“一時期、世界最強の秘密結社フリーメイソンの
会員が激減しており、インターネットで公募している
というニュースが流れたことがあったが、

そもそもフリーメイソンの公式サイトが見つからない

という不親切仕様だった。

さすが日本のマスコミ。何が何でもフリーメイソンに
入会させたくないらしい。

そこでフェイド大帝がフリーメイソンの公式サイトを
ご紹介しよう。

実はフリーメイソンの公式サイトは日本語で検索を
掛けても出てこないのだ。

一応、日本ではフェイド大帝の知る限り、
フリーメイソンの公式サイトへのリンクを
紹介したサイトはまとめサイト1件のみである。

今回のフェイド大帝の紹介で国内で2番目の
サイト、ブログでは国内初になる。

※訂正:まとめサイトではなくてブログでした。
    ブログでは3番目か4番目ぐらいかな?

ちなみに右のリンク欄にも追加しといた。

フリーメイソンの公式サイトへのリンク、
及び入会方法まで説明してしまうブログ、
正しくフェイド大帝クオリティである。

・日本グランドロッジ(英語のみ)

 ttp://www.grandlodgeofjapan.org

・スクエア&コンパスNo.3ロッジ
(日本グランドロッジ傘下、日本語有り)

 ttp://number-3.net/jp/index.html

・Soleil levant
(フランス系メイソン、女性入会可)

 ttp://fm-fr.jp

面白い事にフリーメイソンの陰謀を説く
ブログやメディアは多いが、

なぜかメイソンの公式サイトを紹介している
所は皆無という不思議。

特に最近出た飛鳥昭雄の本がおかしい。


タブーに挑む! テレビで話せなかっ...
飛鳥 昭雄 山口 ...
ロープライス ¥498
or 新品 ¥1,620
ポイント 49pt

プライバシーについて


この本で日本のフリーメイソンはトップ3が全員
日本人のため、保守的で海外のメイソン程
融通が効かない、官僚主義的であると
批判している。

しかし、フリーメイソンの公式サイトに役員名簿が
載っているのだが、

TOP3日本人じゃないんですけど......

TOPが日本人なだけで、後は外国人が多いのだが......

一体、飛鳥昭雄達が語るフリーメイソンとは
どこのロッジのことを言っているのだろう?

そもそも、それ本物のフリーメイソン?
偽物じゃねーのか?それとも飛鳥のいう
フリーメイソンがイルミナティか?

ところで一つ注意点。

フリーメイソンは原則男性オンリー。

日本で唯一女性入会可能なメイソンはフランス系の
Solei Levantしかないので注意。(ただしフランス語)

で、入会方法だが、

メイソンの知り合いがいなくてもロッジに体験入会
できるらしい。

日本グランドロッジのメアドに英語で入会希望の
メールを出すか、スクウェア&コンパスロッジの
サイトに入会用のメールフォームがあるので
それでコンタクトを取ればOKらしい。

最寄りのロッジに体験入会させてくれるらしくて
体験期間中に会員と仲良くなって、推薦人を
二人集めれば正式入会申請ができるようになるらしい。

気になる会費の方だが、

入会金45000円
月会費8000円

なので少し高い気もするが興味のある人は
各自問い合わせ願う。

で、このメイソンの公式サイトに載っていた
日本における反メイソン運動の歴史に関する
論文が面白かった。(英語のみ)

ttp://www2.gol.com/users/lodge1/history-e/papers/washizu.html

概要だけ説明すると、

日本に始めてメイソンがやってきたのが
戦国時代末期。

徳川家康の時代に活動は許されたらしいが、
日本人を入会させないという条件付きでらしい。

幕末になると外国人閉め出し運動が盛んになり
メイソンの活動も多少抑制される。
(ペリーが無理矢理結ばせた不平等条約が
 原因)
このとき、西周らがオランダに留学し、
オランダのロッジで日本人初のメイソンとなる。
同じ幕末の頃にブラックという外国人メイソンが
明六社という新聞社を日本で起ち上げる。

興味深いことに明六社の設立には万札の肖像画の
人、福沢諭吉も関わる。

明六社は外国人贔屓の言論姿勢のため日本政府の
弾圧をうけ解散に追い込まれる。

明治時代に日本初のフリーメイソン陰謀本が
発売される。

リニョールというフランスのキリスト教牧師が
書いた「秘密結社」という本だ。

日本で初めて出た陰謀本がキリスト教プロデュースなのは
興味深い。

しかし、リニョールの著作は余りヒットせず、
日本の世論は基本的にはフリーメイソンに対して
寛容だった。

事態が急転するのが日露戦争の満州遠征時。

当時の日本軍はロシア帝国の残党軍と友好的だった
らしく、その際にロシア側から「共産革命は
ユダヤとメイソンの陰謀だ!」という説を
吹き込まれる。また有名な「シオン長老の議定書」も
この時、ロシア軍から貰う。

なぜか、この時から異常に日本軍はユダヤとメイソンの
陰謀を本気で信じ込む様になり、国内に戻った
日本軍は本格的なメイソン排斥運動を始める。

昭和の大戦終結まで日本の世論は反フリーメイソン派
が主流となり、この時期に大量の陰謀本が発刊される。
また、大手マスコミもこぞって陰謀論を唱えていた。

反フリーメイソン運動が激しくなり、国内の外国人
メイソン達はアメリカへと亡命する。

終戦後、メイソンであるマッカーサーの活躍もあってか
日本の反メイソン派が一網打尽にされる。

この時、佐藤尚武という日本人がマッカーサーに
千切れる程尻尾を振り、熱いラヴレターで懇願した
ため、遂にマッカーサーの承認を得て、日本人でも
メイソンに入会できるようになる。

※ちなみにこの時の佐藤のラヴレターの内容は
 かなり痛い。

そして現在に至る。

大まかにはこんな感じである。

面白い事に現代、陰謀本をたくさん
出している人達は、旧日本軍の残党、
若しくはロシア帝国の復活を目論む
勢力の息が掛かった連中の末裔である
可能性があるということだ。

また、反メイソン運動にキリスト教勢力
がかなり早い時期から関わっていた事は
大変興味深い。“

(ねここねこが英語読んだところ中身が変わっていることが判明。帝が紹介したあとに中身が変わった。恐ろしいな。帝は監視対象)



国内初の陰謀本、リギョル神父著「秘密結社」を無料で読もう!
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-635.html
“フランス語読みだと”リギョル”じゃなくて
”リニュール”だと思うのだが......

前回、フリーメイソンの論文を紹介した時に
引用のあった明治時代の日本初の陰謀本、
フランスのキリスト教神父リギョルが
著した「秘密結社」、これ、実は紙の本は
絶版で入手できない。

その代わりだが、これも無料でネット公開
されている。

ttp://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/798664

昔の日本語なので読み辛いが、PDF化も
出来る様になっている。


初代陰謀本、リギョル神父の書いた「秘密結社」が凄い!
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-636.html
“前回、ご紹介した日本初の陰謀本、明治時代に
フランスのリギョル神父が著した「秘密結社」を
読み始めた。

これ、内容が半端無くレベルが高い!

こんな重要な本を明治時代の人達は完全スルーしたって
どんだけ頭が悪かったんだ、当時の日本人は!

今まで読んだ陰謀本の中で一番レベルが高いぞ、これ。

これは陰謀論を語る者の必読書だ。
逆にこの本を読まずして陰謀論を語るな、だな。

「シオン長老の議定書」よりもずっと質が高い。

流石、一番最初に出た本なだけある。
格が違いすぎる。

明治時代の日本語で書かれているので
読み辛いのが難点だが......

リギョル神父によると、明治時代の時点で
ヨーロッパは既にイルミナティに完全制圧
されている状況で、ヨーロッパをイルミナティから
解放するのはほぼ無理であるという判断。

日本で出版に及んだのは、日本はまだヨーロッパの
文化が入り始めたばかりだったのと、フリーメイソン等
の秘密結社がまだ本格的には活動出来ていなかった
ため、もしイルミナティに対抗出来る国家が
あったとしたならば、日本において他にない
という主張のためである。

イルミナティ/フリーメイソンというのは
基本的にフランスのルソーの思想をベース
にしている。

ルソーは「自然に帰れ!」という名言が
日本の試験問題でも出て来るが、

要するに国家や道徳、法律のない野の獣の
様な状態が、動物が一番自由な状態である
という認識をベースとしている。

で、これにキリスト教の原罪論が加わる。

つまりエデンの園を追い出される前の人類は
動物のサルの様に自由に暮らしており、

知恵をつけて文明を築いたのがそもそもの
間違いで、文明や国家が人間の自由を
奪ってしまった。

だから、人間は全ての国家、文明を破壊し、
エデン時代のサルの生活に戻るべき。

宮崎駿や富野が好みそうな主張である。

フリーメイソンの「自由」とは動物状態の
本能のまま生きる人間のことを指しており、
アーリア系宗教では”アスラ”、フェイド大帝の
言う”貪人”の状態の事である。

また、リギョル神父の言では、フリーメイソンという
組織はかつて中世ヨーロッパに存在した
石工組合とは全く関係がないとのこと。

フリーメイソンをイギリスで起ち上げた連中が
ただ、名前だけ拝借しただけであるのが
真相らしい。

新世界秩序(貪人の世界)を建築するので
大工集団の名称を選んだわけである。

また、興味深いのが王族や金持ちは基本
フリーメイソンのイルミナティには
絶対になれないとのこと。

というのも現代の王族や金持ちというのは
現体制側の人間であり、国家や法律を
失くすということは彼らの既得権が
無くなってしまうということなので、
真のイルミナティ活動に従事する動機が
見つからないからである。

では、なぜ王族や現代の資産家、権力者を
会員にするのか?

イルミナティは現代社会では王族や資産家等の
世襲権力者が一番社会への影響力が高いことを
知っている。

そのため、

 ①まず、入会すると世界を支配できるエリートに
  なれるという餌で釣る

 ②位階をやたら増やすことによって、
  階級が上がる度に高額な金銭を搾り取る

 ③現社会の表に出てこない権力者達を
  一カ所に集める。

 ④最終的に新世界秩序が出来上がったら、
  旧世界の権力者達を一網打尽にして、
  排除する

という仕組みになっているらしい。

つまりメイソンはゴイム王を掻き集めるための
ゴキブリホイホイの様な役割を担っている
わけである。

だから鳩山由紀夫みたいな世襲金持ちは
イルミナティに取ってはATMの様な
存在の格好のカモである。

で、更に面白いのがイルミナティのこのルソーを
ベースにした世界観と言うのはキリスト教の
一派閥である

「天啓派」という団体から派生しているらしい。

キリスト教の「天啓派」とは何か?

これは現代では「ディスペンセーション主義」と
呼ばれている。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ディスペンセーション主義

どういう思想かというと、

旧約聖書から新約聖書の黙示録までに人間が
神ヤハウェと交わした契約は7段階に
分けられるという主張である。

そして、ここが重要なのだが、

最終の理想国家はヨハネの黙示録の
最後に出て来る、ニュー・イスラエル
である。

そして現在のキリスト教教会と言うのは
ニュー・イスラエル建国までの繋ぎであり、
ニュー・イスラエル建国の暁には

この世から消えてなくなる宗教である。

このニュー・イスラエルというのは大高忍や三浦建太郎、
浦沢直樹辺りが好む、絶対王者ただ一人による理想国家
という物で、所謂「新世界秩序」というやつだ。

で、現在、この「キリスト教天啓派」の子孫が
主にアメリカ等に存在するキリスト教原理主義団体
である。

ちなみにザクッと日本の「キリスト教天啓派」の歴史を
見ておこう。

まず重要な人物がこの人。

「中田重治」

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/中田重治#
.E3.80.80.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.83.9B.E3.83.BC.
E3.83.AA.E3.83.8D.E3.82.B9.E6.95.99.E4.BC.9A.
E6.99.82.E4.BB.A3.281928-1933.29

重要な事件が

「ホーリネス分裂事件」

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ホーリネス分裂事件

この事件の発端となったのが

中田の日ユ同祖論への傾倒である。

ちなみに中田の日ユ同祖論に強い影響を
与えた人物。

「小谷部全一郎」

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/小谷部全一郎

詳細はWIKIを見てくれ。

しかし、イルミナティ、ユダヤ、イスラエル、新世界秩序、
フリーメイソン、キリスト教原理主義、日ユ同祖論、

全て見事に繋がってきましたなぁ。(笑)

ちなみに世界で初めて「日ユ同祖論」を唱えた人、

「ニコラス・マクラウド(スコットランド人)」

ちなみにマクラウド著の世界初の「日ユ同祖論」の本。

無料で読めるのでどうぞ。(英語だけど)

ttp://books.google.co.jp/books?id=U2c_AAAAYAAJ&printsec
=frontcover&hl=ja&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false“

リギョル神父の「秘密結社」読了
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-640.html
“前回紹介したリギョル神父の「秘密結社」を
読了したので感想を。

まず、リギョル神父が言うにはこの
世界には大きな思想が二つあるらしい。

 ①霊性主義(キリスト教会等)
 ②唯物主義(イルミナティやフリーメイソン)

様は肉体の他に霊魂の存在を認めるか
認めないかだ。

これはフェイド大帝の「魂人」、「貪人」
理論に通ずる。

唯物主義者というのは性善的な霊魂の
存在を認めないので、行動だとか
価値観が動物的になり、本能や
欲望の赴くまま生きる人達の
ことを指すとのこと。
(まるっきり「貪人」ですな)

で、フリーメイソンというのは
フランスのルソーの理論をベース
にしているらしくて、

本来の「自由」とは動物の状態に戻って
好き放題やることを指すらしい。

この”動物の状態”というのはアダムとイブが
「善と悪の知識の実」を食べる前の状態の
ことを意味し、エデンの園の中を裸で
走り回っていた頃の人類のことを言っている。

これを実現するには、

既存の国家や法、道徳という人間の行動に
制限を掛ける仕組みが邪魔になる。

だから、フリーメイソンはそういった人間が
獣に戻るのに障害となる仕組みを全て壊そう
と企んでいるのである。

リギョル神父の言うにはこの思想というのは
18世紀にできたフリーメイソンのオリジナル
じゃないらしくて、

元々はマニ教とグノーシス主義が発端らしい。

で、このマニ/グノーシスからブルガリアの
カタリ派、十字軍時代のテンプル騎士団を
経由して、イギリスでのフリーメイソン設立
まで続くらしい。

これらの組織が直接関係し合っているわけでは
ないけど、根本の思想が創造神を悪魔化して
ローマ・カソリック教会をぶっ潰そう!という
目的が同じだとのこと。

いずれにせよローマ教会はこれらの勢力を
歴史上いままで全て弾圧を加えてきたのだけれど、
近代に興ったフリーメイソン団は流石に過去の
先達達の失敗から学んで、決して表に出てこない
様な巧妙なシステムを作り上げたとのこと。

一応、リギョル神父は著書の最後の方でほんの
チョロっとだが、フリーメイソンの陰謀に
ユダヤ人も一枚噛んでいると書いている。

フリーメイソン・メソッドの特徴として
彼らが既存の国家権力を転覆しようと
目論む場合、堕落させようと試みる
人物達にはある程度の優先順位付けを
知っているらしい。

マスコミ/出版>芸術家>学者>政治家/官僚>軍人

の順に洗脳していくとのこと。

理由は、言論発信機関を真っ先に掌握して
しまえば残りはおのずと楽に制圧出来る
から。

で、特に重要なのが、

大人より子供を優先的に洗脳する。

これは何故かというと大人は知能が高くて
洗脳効率が落ちるからである。
子供は純粋無垢なので直ぐ洗脳される。

従って子供向けのメディアや出版を早々に
押さえてしまうのが肝である。

イルミナティの連中がやたらと漫画やアニメに
変なシンボルや暗号を盛り込むのはこの
ためなんですねぇ。(笑)

ちなみに、フリーメイソンの中のイルミナティ
幹部の主要候補が子供時代から洗脳した
連中らしい。

このエリートの子供達というのは基本的に
親もメイソンで、所謂世襲制。

つまり、一般会員はほぼイルミナティ幹部に
なれる可能性はない。

要は体のいいただの兵隊として
浪費されるだけ。

そして、特に悲惨なのが女性。

女性はまず出世できない様になっている。

この理由は元々、フリーメイソン自体が
男尊女卑のキリスト教文化圏にて興った
組織であるということと(聖書ではイブは
アダムのオマケ程度の扱い)、
フリーメイソンが説く”自然状態の動物に戻った
人間”での女性の主な役割は、

女性は子供を生む機械

(笑)

これにそっくりな発言をして問題になった
政治家がいたな、そう言えば。(笑)

要は、男のセックス奴隷として男に快楽を
与えるのが女性の”自然状態”であり、
メインの仕事らしい。

だから、メイソンに入会しても女は
セックス奴隷、若しくはハニー・トラップ
要因としての地位しか与えないとのこと。

一応、当ブログでは日本で女性でも入れる
ロッジを紹介してリンクまで貼った。

リギョル神父の言っていることが真実か
どうかは分からないが、メイソンに入会
しようと考えている女性がいたら
(一応、キーワードで女性で入会する方法で
 検索して来る人もいるので)

こういうリスクもあることを踏まえた上で
覚悟を決めて欲しい。

これがフリーメイソンの唱える、
”自由”、”平等”、”友愛”の正体らしいが、
リギョル神父が特に憤っているのが
フリーメイソンは全ての制限や規制を
取り除いて人間を自由にすると表明している
割には、

言っている事とやっている事が違うじゃないか!

とフリーメイソンは欺瞞で成り立っている
組織だと糾弾している。

特に昇進のたびに上位者への絶対忠誠や
違反を犯した場合の誅罰は、「自由」を
認めないスタンスそのものじゃないか?
と痛い所を突いている。

まぁ、リギョル神父の話が本当かどうか
は結局は分からないが、

どうもキリスト教とフリーメイソンの間には
何かただならぬ因縁がありそうだ。

ちなみに結論としては、リギョル神父は
フリーメイソンの連中は世の中が自分の
思い通りにならないのは社会のせいだ!
と叫ぶガキの集団の様な物であり、
結局社会のせいにしても、良い人間に
なるか、悪い人間になるかは個人の
問題だから、社会システムをいくら変えても
根本的な解決にはならない。

「革命を起こすなら、まず自分自身の
歪んだ心からだろ!」

という厳しいお叱りのお言葉である。(笑)“

クーデンホーフ光子の手記
http://1000ya.isis.ne.jp/0632.html
“木村毅の『クーデンホーフ光子伝』(鹿島出版会)がそこかしこの本屋に並んだ。1982年だった。ミツコどころか、まったく知らないことがどしどし繰り出されきて驚いた。
 たしかにミツコは青山光子らしく、明治25年(1892)に彼女が嫁いだウィーンの伯爵ハインリッヒ・クーデンホーフ・カレルギーの宮廷文化を通してヨーロッパ中に知れわたった名前であることがわかった。
 そのクーデンホーフの全集が日本でも刊行されているらしいというので、そのころ家から5分のところにあった中央図書館に行ってみると、なるほど鹿島出版会からずらり8冊ほど揃っていた。鹿島守之助が訳している。なぜ鹿島建設の大親分がクーデンホーフ伯爵のものを訳し、刊行するのだろうかと思った。
 しかしこれは光子をウィーンに連れて行ったハインリッヒの全集ではなく、ハインリッヒと光子のあいだに生まれた7人の子供たちのうちの二男のリヒァルト・クーデンホーフ・カレルギーの全集だった。リヒァルトは現在のECの母体となったEECの提唱者で、第二次世界大戦後のヨーロッパは、このリヒァルト・クーデンホーフの「パン・ヨーロッパ運動」をもとに生まれたものだった。
 それなら鹿島守之助との関係もわかる。それに、ミツコことクーデンホーフ光子が「EECの母」とよばれている理由もわかる。

 資生堂の社長をしていた福原義春さんと企画担当の波多江研祐さんから幹部研修を依頼された。「うちの者がこれまで絶対に体験してこなかったような非日常の世界を伝えてほしい」と言われ、藤本晴美・いとうせいこうとともに引き受けたミネルヴァ塾というものである。
 これはその後も8年にわたって続いたユニークな研修塾で、最初は御殿場にある経団連の研修施設に30人を閉じこめて、3泊4日を年に4回も開催するというたいへん濃いものだった。そのうちの1回分は噂を聞きつけた『フォーチュン』誌が6ページにわたって紹介をした。
 このミネルヴァ塾で、あるとき福原さんがクーデンホーフ・カレルギーの話を幹部たちにしたのである。
 これはリヒァルト・クーデンホーフのほうのことで、それこそ世界をどのように捉えるかという話として例に出た。パリに拠点をおいてヨーロッパで健闘している資生堂の社長として、幹部社員にヨーロッパの運命のようなものを伝えるために、また当時のリヒァルトがどのようにリーダーシップをとったかということを話したものだったろう。福原さんは第1回「鹿島平和賞」がリヒァルト・クーデンホーフに授与されたこともついでに挟み、あとで知ったのだが、そのとき(昭和42年)72歳のリヒァルトは鹿島平和財団とNHKの招待で日本にも来ていたのだった。
 …
 青山光子(本名はミツ)は明治7年(1874)に牛込納戸町の骨董商の家に生まれている。
 …
 ハインリッヒはもともと日本贔屓の仏教研究者でもあった。稀にみるほどのインテリジェンスと毛並みの持ち主だったようだ。そのハインリッヒが光子に一目惚れしたというのは、幕末明治の「お菊さん」や「ラグーザお玉」のようなエピソードを思い浮かべるとわからないでもない。写真を見ると、光子はたしかにあどけない観音菩薩のような容貌である。

 しかし、光子自身は周囲は外国人ばかり、日本趣味を深めることもできず、何かの心の糧が必要だった。夫は光子のためにはなんでもしたようだったが、そしてそのなかにはユングマン製の豪華な衣装からロートシルド(ロスチャイルド銀行)から出してきた宝石類まで入っているのだが、彼女自身はカトリックに入信させてもらえたことを最大の贈り物だったと書いている。どこか新渡戸稲造の武士道の逆の入手をおもわせる。

 本書を読んでいると、「パパ」の大きさがよく伝わってくる。本書は光子の子供のために書きのこしたものなので、夫ハインリッヒのことはつねに「パパ」として出てくる。
 18カ国語ができてそのうち13カ国語が喋れたこと、哲学を研究していて(とくにショーペンハウエルに詳しかったようだ)、43歳になって哲学博士の試験を受けていたこと、仏教にも多大な関心を寄せていて、井上円了とも深夜まで討論していたこと、著書『反ユダヤ主義の本質』は百科事典にもとりあげられていること


Paneuropean Union
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Paneuropean_Union
”Among its notable members were Albert Einstein,
Fridtjof Nansen, Johan Ludwig Mowinckel,
Thomas Mann,
Franz Werfel, Bronisław Huberman, Aristide Briand, Konrad Adenauer,
Sigmund Freud, Benedetto Croce, Bruno Kreisky, Léon Blum and Georges Pompidou.[2] Winston Churchill lauded the movement's work for a unified Europe prior to the war in his famous Zurich speech in 1946.”

お読みくださり感謝!

追加中良ツイートとねこた放送、峨骨放送コメント集2017/5/1~ 

こうじつう
過去記事追加改変かいきこうほうこくったー 
※私はねこた放送を最後まで聞いているとは限らないし普通に何回か見のがしているので注意。コメント保存を私に頼るな。
ストア派の我々から見た「あの世」の生が本当の生であり、「この世」の生は死であるって超危険思想だと思うんだけど。


峨骨‏ @Chimaera925
仮に、日本語で飛行機の空きが見つからなくても英語で探すと出てくるはずだ。311の直後は英語で探せば出てきたと記憶している。



まぁ、ノイズだと思って聞き流して 貰っても良いけど、在日フランス人が 逃げ始めたら君達も逃げた方がいい。 ヤバイのは米軍基地のある所と、 原発のある所と、トヨタのある所と トンキンね。 米軍基地以外は逆に攻撃された方が アメリカに取ってメリットのある所 ばかりだからね。

ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

ブリティッシュ野郎供が言うように
おフレンチ人とイタリン人が本当に
無能だったら、とっくに絶滅してる
だろ。おフレンチ人のクマムシ並みの
生命力はあの凶悪なロシア人達でも
完全駆逐出来なかった異次元レベル。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
岡三マン‏ @okasanman 1時間1時間前

岡三マンさんがThe Spectator Indexをリツイートしました

ミサイル発射は新華社の誤報か

岡三マンさんが追加
The Spectator Index @spectatorindex
BREAKING: Reports from Chinese media outlet that North Korea has launched a projectile appear to be inaccurate
8件の返信 1,232件のリツイート 206 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 11:39 - 2017年4月15日

お!来たかw

フランス人は逃げたか?w
福島の時は世界一逃げ足の速い超有能
民族な事を証明しちまったからな。
奴等は。

これが世界史上、イギリスがフランスを
一度も絶滅出来なかった真の理由な!

ぐだトマト‏ @pteras14 2時間2時間前
チョースン系アニメを分析したぐだ トマトさんの解析結果に拠ると ミサイルが落ちて来たら最寄りの 神社に逃げ込むと良いらしい。 (例: 電脳コイル、ひるね姫、君の名は。 、劫火の教典、等々) #ミサイル

サバイバルにも役立つかもしれない知識も載せときました
子子子子子流健康法~今までの主に健康に役立つ記事のまとめ+α~
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-category-30.html
思い出した 数学の歴史だっ気なんかダンテの話が出てきてコンパス定規登場で爆笑したよ

レヴィのバフォメットが両性具有なのは要は悪魔とはヘルメスであるって言いタンでしょうね。
しーなちゃん‏ @seena_J 4月10日
ゼロの書における魔術と魔法の違い 魔術:魔法陣と呪文、生贄によって悪魔を召喚し、契約をすることによって奇跡的な現象を生じさせる学問

魔法:悪魔の契約法則の略語。悪魔を呼び出さずに悪魔の力を借りれることに気付いたゼロが生み出した技術。才能さえあれば5年で誰でも扱える #ゼロの書

業ぺんぺん‏ @kancoll_teitoku 4月10日
返信先: @seena_Jさん
魔術は正確な記号、正確な動作が必要になる。 正確な記号は悪魔から体を守るため




ねこたさん、平日の朝に放送しても来るのって主婦とか工作員ばっかじゃん 私は見逃しましたtukatyuu koujityuu工事中追加中リトルウィッチアカデミア たまったからここに移動http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-166.html
お読みくださり感謝と書かなかった場合は読者が減るのだろうか?
Re:CREATORS(レクリエイターズ) 面白いな
漱石のネコとか夢十夜の登場人物および動物豚かイノシシが確か出るよねとか
芥川の河童とか
太宰治のピエロな人間失格とかこの世界に来たら……やばいな
別にバトルものにする必要はない。


零から始める魔法の書の魔女狩りしてる教会が輪廻思想で「前世の罪」って言ったしつまりカトリックは存在すらしないのね。
魔法も魔術も悪魔の力。
東京グールと同じで悪魔の力とはキリスト教以外の宗教由来の技術、特にイスラム。悪魔崇拝ガーって騒ぐだけのやつは無価値。

水草亭‏ @kuzigyaku 4月24日
『ゼロから始める魔法の書』3話 中世キリスト教世界風な世界なのに平気で「前世」とか言っちゃってるな。




スピ系が大好きなチベット仏教はスピ思想の完全否定。

・理屈抜きに信じることの禁止。観察しつくしてから受け容れよ。尊敬のゆえに受け入れることの禁止。

・悟る(空性を体得)ためには、まず言葉によって概念的に理解し、その論拠を徹底的に考察し、それらを通じて概念的に確立された空性理解をもとに修行しないといけない。言語を超越した次元なので言葉で理解しようとしても無駄」というのは間違い。貴重な人生を無駄にするばかりで、一向に空性を体得することはできない。そうした実践至上主義の禁止。




ロバ
・サトゥルヌス=第二の太陽
・ラーへの供物。ラーはロバ、猫、雄牛等と同一視
ロバと「偉大な」はエジプトで同音異義
驢馬の姿のラーは夜の蛇に追われる
・古代ローマでも崇拝されたと思われる。サトゥルナリア祭でウェスタへの供物
・純潔を護る。ウェスタ祭りで粉ひきから解放され花環とパンで飾られ女神神殿へ連れられた
・ミトラ教で知恵
・ヒエログリフで無知
・古代絵画でバッカスが乗る
・メシアが乗る。イエスが乗りエルサレム入り
・ロマ―で肉体の欲情
・ロバ+黄金=太陽の齎す豊饒
・ミダス王の耳
ロバ①
・サトゥルヌス=第二の太陽
・ラーへの供物。ラーはロバ、猫、雄牛等と同一視
「偉大な」とエジプト語で同音異義
驢馬の姿のラーを夜の蛇は追う
・古代ローマで崇拝されたと思われる。サトゥルナリア祭でウェスタへの供物
・ヒエログリフで無知
・ローマで肉体の欲情
・ミダス王の耳
・純潔を護る。ウェスタ祭りで粉ひきから解放され花環とパンで飾られ女神神殿へ連れられた・ミトラ教で知恵・古代絵画でバッカスが乗る・メシアが乗る。イエスが乗りエルサレム入り・ロバ+黄金=太陽の齎す豊饒















アニメ・マンガ・ラノベで「我執を無くせ」がテーマで主人公の我執がなくなっていって主人公も周りも救われる話って見ないな。我執無くされたら操れないし、資本主義の根本が欲望の際限なき追及だから当然か。
↓の峨骨さんの指摘通り、「成長・感謝・自己実現」は神の代替物。「本当の自分」「自分探し」も神の代替物。外部の神だと否定される価値観の社会なので「自分」という否定しにくい名前に変えた。中身は「ゴッド=支配層に都合が良い我執、我欲」。悪質になった耶蘇教が新耶蘇教。仏教は「自分」への執着(我執)も否定し、消す方法を教えるから支配層は必至で否定する。

峨骨‏ @Chimaera925 2016年10月10日
カルヴァン派の予定説では、神の救済に預かる者は最初から定められている。禁欲的に天職に勤める事で成功する者が選ばれるのではないか、と。ここで言う禁欲とは、目標(利潤の追求)の為に全精力を傾ける禁欲さ。己の才覚や努力で富を為したと考える中産階級や成金から支持を受けた。エリート選民思想

これに嵌まった者は自分が特別だと思うだろうな。天職に禁欲的に励み(利潤の追求をした)己の才覚や努力で富を築いた、俺は特別だ。神に選ばれているに違いない、と。ここから宗教色を脱色すると政商の説くありがたい労道教の教えやビジネス自己啓発になる。神が出せないから成長や感謝、自己実現等と

ーー

ロクアカ記事に猫田放送を受けて
セリカ・アルフォネア
=空・天・アル・フォネア。
「アル」があると天人系なんだろう。
「エル」もおそらく天人系、神かもしれない。
ルミアの本名が、
エルミアナ=イェル=ケル=アルザーノ。
エルもアルもある。
今の表向きの名前は
ルミア=ティンジェル。
ルナ・イルミナテイ・エンジェルが元かもね。
「ルナイルミナ」・「ティエンジェル」。とかついかしといた。

ウンコはOKな下ネタ、ビッチはダメな下ネタらしい
ルパエはどうかな?
「ウィッチはビッチ」は耶蘇教が改悪する前は文字通り聖なる呼び名でほめ言葉だった。
リトルビッチアカデミアな件

ダイアナは処女ビッチ!(聖なる称号←耶蘇教が意味を真逆に改悪)
ビッチは本来は処女にして月の女神アルテミスの聖なる添え名。
意味を真逆に改悪したのが耶蘇教。
魔術とお産と吸血鬼の女神ヘカテーはアルテミス=ディアナと同一視された。
ちなみにルパエ(雌狼)は狼神ルパに仕えていた神殿娼婦のことだが、意味を売女=悪名に改悪したのも耶蘇教。
詳しく知りたい方は、ゆっくりと学ぶ吸血鬼シリーズ動画の六話と八話をどうぞ。
つまり、
アルテミス=ディアナ
=ダイアナは処女ビッチ!
ヘカテーと同一視されたのだから最高の魔女で当然。

メス犬の息子を意味するson of a bitchは元はキリスト教用語。
このサノバビッチは現代は罵倒語だが、
本来は異教の女神の霊的な息子という意味。
異教徒叩きが日常語になった一例。

ゆっくりと学ぶ吸血鬼 第8話後編その1『女神ヘカテとリリスと吸血鬼』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28804107

ゆっくりと学ぶ吸血鬼 第8話後編その2『女神ヘカテと魔女と吸血鬼』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28804173
(学術寄りの動画。プロより詳しいっぽい作者。この動画の作者も正教会の情報が少なくて困っている)
とかいろいろついかしとった

ーー生放送――

2017/5/6~5/7
おばちゃんとユダヤ陰謀論 陰謀論のお茶の間 in どこか
おばちゃんとユダヤ陰謀論
https://live.fc2.com/7179598/?t
(匿名
思ったんですが、1時間に一回ぐらい、5〜10分とか定期的に休憩があるといいな、と。聞いてる側もそれに合わせて飲み物取ってきたり出来るので。
確かにお母さんはお家の太陽、というか。お母さんがおかしくなると、家の中の天気が全部狂う。
1コ頼れる情報に助けられるとその他の情報も信じやすいと思う
田中芳樹の銀河英雄伝説とか好きな様な女は、まだましかな^^;
うん、何十年も家事をしてると、調べる時間がないんですよね。

そうなんですか?うちの母も私も、新しいこと常に勉強してるタイプなんで。珍しいのか。>新しい知識
やはり女と子どもと可哀想がセットなのね
まどマギ作ってる会社に、化物語ってのがあるんだけど、異様に売れてて怖い。作者は西尾「維新」 薩摩?
お金を受け取って欲しい、という側の気持ちを受け取るのも大事なことだと思います。プレゼントを贈ろうと思って断られちゃってる感じがしちゃうのです^^;こんなことで、というお気持ちも分かるのですが。
お金があったら本も買えるじゃないですか。ねこたさんだけがお金を使うんじゃなくて、受益者も負担させてもらいたいな、と。それがこちらの利益にもなるので。
ねこた寺子屋はすごいよ。もう少したつと、リスナーも知識が増えてくるはずだから、コメントが盛り上がるはず
なんでも一つに結び付けたがるのは、メイソンの思想なのね

ルルカーのシンボルのメッセージをちょろっと調べました。ロータリーの車輪は、運命の輪で、幸運の女神を通して船と航海が関係しそう。初期キリストに、船に乗って天の永遠の光に入るってのがあるみたい。
内部リークで書けないこともあるでしょうが、書けない範囲で原典は出すべきですね。
大学のレポートとか論文では、出典は絶対なので、よく考えたらおかしいですね。

図説ユダヤの歴史はこの本か。<https://goo.gl/sPJnuU
たしかに、出典ないやつばっかだな。独自のルートから入手した極秘情報を君に! みたいなのばっか
そういえばboさんは出典を示してくれたことはない様な。ほとんど見てませんけど。
グッドマンはなぁ。ねこたさんの対談の時、工作員わいてもキックしなかったからなんか・・・

え!?さゆふら一回一万?w
さゆふらは、あこぎすぎる。あいつを見て、詐欺師だと判断できないのはちょっと馬鹿だと思う
ハーフでホストでホモホモしいですね顔w
ラプトは電磁波カルトのおっさんに騙されかけてたよね、めっちゃ笑った
さゆふらとネトウヨのカズヤチャンネルは画面作りがそっくりな気がする。

というよりその市場を暴落させるねこたさん素敵
ぱっとり夫婦は、無害な市民を装った忍者?
忍者は、前妻を殺したという話が・・・さすが和風アサシン
服部君と結婚すると4ぬ?
っていうか、子子子子子ブログに、工作員一覧があったでしょ。みんな、今すぐにあれを見るんだ!


薬害ぞんべー
主婦層の方が日中空いた時間で活動できる
ママ達に広めるよう謳ってるよね。陰謀論者。
コミュニティ作って子供守ろうとする心が使われてる

あと、家事に追われてると、調べる時間も無いと思う。わかりやすく簡単にまとめられたものじゃないと見れないんじゃないかな?
核家族になってからサポートも減ったんでしょ?家の事こなしてるだけでカナリ凄いとも思う。
JWはお金より時間をどれだけ費やすか、の世界がありましたよ。
男は利他的、女は利己的、女は利己的である事で子供(母胎)守れる仕組みと聞いた。
上野千寿子の、敵の方がいい男いるかも発言は、日本の男をそこまで否定したいって事?

酷い事もあったかもしれないけど、同時に守られてた部分も多かった訳なのに、被害者意識植え付けて解放運動でしょ?

クロウ
(宦官は)
政治だけが楽しみみたいなことを三国志の本に書いてあった
人魚をオークションにかけるで止まっちゃってるけど、トフラミンゴ編?が面白そうだったからまた読もうかな
大卒の常識なんだけどなー、引用元
最後に商品紹介するやつは全部青汁陰謀論ですね
神道系カルトだった身内が日本じゃキリスト教だと集まらないから神道、仏教の皮被ってやってるって言ってました
まず古神道って自分で歴史ある感出してるのが胡散臭いってずっと思ってた
当て字だらけでよくわかんなくてとにかく苦痛だった

pIpI
陰謀論とか他キャスとかで良く聞いてるのでツイッターからやって来ましたよろしくです
何となくツイッターでフォローしてたので仙波さんは関係ないですすいません
仙波さんのキャスはなんか喧嘩が多いいからあまり顔は出さないんですけどほぼほぼ愚痴です
確かに…右翼のYouTubeみたいなプロ感がしました

陰謀論者って他の陰謀論者を工作員って言うから誰を信じたらいいか難しいんですよね…
そうですよね。とりあえず話だけ聞いて後は自分で調べるのが一番ですよね…
他に陰謀論の配信知らない人は座敷メガネとかめこすじとか明らかな工作員以外名前すら出してなかったかと
自分で創価学会に侵入してって言ってたから結構難しいのかなぁって思ってました

峨骨
一直線で守ろうとする弱点もあるね。守りたいものをダシにされると簡単に引っかかってしまう
(組織の秩序や結社云々の話で女人禁制の理由)
あとはトップの子を生んで権力握るって危険性もある
マララはわかりやすいな。ああやって文化や教育を破壊していく
MalalaDrama(マララ茶番)ってタグが使われていたな

繰り返すことも学習さ。こうして人前で話すことで新たに生まれるものもあるよ。ユーチューバーのネタは打ち上げ花火みたいなものだから使い捨て。だから枯渇する。
大抵事務所や会社が付いてるからね
あれは作家ついてる。米大統領を指導した奴らが絡んでいるんじゃねぇかな
身振り手振りからスタイリストから付くね
ネタ切れ対策してないなぁ。やりたい、面白いと思った事をやりたいようにやるだけで尽きなさそうだな。寧ろ、山積み。
命令した奴が普通責任負うんだよなぁ
(イエスの死体の扱い。死体の受け取り。死体は風雨にさらす)
そりゃ、刑罰の一部だから許可されんわな。特別扱いしたら秩序が守れなくなる
薔薇十字の文章にもオシリスごっこ
われはアマウン、隠されしものなり、日を開く者なり。われはオシリス・オノフリス 黄金の夜明け団のCRCごっこより
アデプタス・マイナーの儀式
オサ、エライ!オサ、コマッタ!オマエ、カネダス!こんなんだからなぁ
アンティークの詐欺でも由来やら歴史やらなんやらもっともらしく語る。しかも国によっちゃ盗掘品もある
鑑定して権威付けしてロンダリング。あるいは安く買い叩いてもわからん
大英博物館が略奪・盗掘品の展示所だから、盗掘品のアンティークくらいでは驚かんわ


ivory
北欧も戦争好きって言われてますよね
痩せた土地だからこそ戦争でせざるを得ない分、技術と教育の発展に熱心だった事ですね

なえなつ
進撃の巨人にダイナって女性でてたな
進撃の巨人は太陽の経路、おそらくはレイラインで魔女の話だも思う
そうユダヤのいばってるやつもヤソ異端ってオチ?

あーだからアサシンクリードはニコ生で人気出て映画化もされたのか、納得!
暗殺教団の学校がカイロでフセインで小池もでたよね
テレジアってやられたのになんで今はジャンプで持ち上げられてるの?
あーーそういえばイスマーイール派のイマームも白人と混血してるな(笑)
メイソン教ってやつらの理想の宗教の先取りだよね

ストア学派とマニ教が基本知識だな(笑)
核を開発したのもストア信仰だもんね、核融合炉もそうだし
ストア学派はアレキサンダー大王時代だよね?
イルミナティのシンボルもストア学派時代にできたものだし(笑)
そうケルトとエジプトは交易あったみたいね、だから結びつけられるのかな
本を出せるようになった工作員は上級だろうなあ、それが目標でしょ

元ネタのストア学派は不変の部分でそれ以外は同人で上書きしてるよね
地底人はケルト神話?
あー手塚治虫は服部の家系だよ
だからアニメを作り上げたのも手塚治虫
表に出るのは顔が整ってるやつに喋りの勉強させてるのでは
大使館の周りは寺が多く明とか光という文字がつく

だからこそ元ネタ知らないときつまでも騙される
仙波さんは話題ループするからつまんない
天皇陰謀論やる人は皇居の手すりの飾りが西洋のものとは教えてくれないし
天皇陰謀論は天皇=悪魔崇拝が基礎だよね
そして16世紀から日本にきたのもキリスト教異端


ねここねこ
技術も頭脳も知識も論理的思考伴わずに「子供を守る」って不可能だけどそれを鍛えないからね。
特に論理的思考。論理的思考ができない限り死ぬまでカルトのカモ。歴代哲学者が論理的に考えた結果「女は馬鹿」って言ってて笑えない。

アフリカの子供たちをどうやって助けるのですか?って聞くとぽかんとして泣ける。 
戦争の歴史見ても、女ってハニトラとか組織破壊の兵器か戦利品か産めよ増やせよ子育て担当だもんね。戦略担当になれないし戦闘員にもなれないからそうなる。

主婦の頭の弱さがかわいそう。 
ひも付きが時事ネタに食いつきまくる理由の一つがネタ切れ対策。でも古代史から少しずつ書いて言ったら絶対にネタは尽きないのになあ。更新頻度は遅くする。

おねしょた兄貴が的確すぎる
「DQNというが男なら、美意識につけこんで孫子辺りを読ます事は簡単で実社会でどういう風に使うかもチャンと説明すれば彼等は納得する 問題は女 女に関しては正直無理、何故ならまず語彙を得ようという美意識がないのが多い で、唯物でしかないので思考や思想による優位という発想がない」

兄貴続き「女には統治論が不要で連中に必要なのは状況優位でしかない事 状況優位というのは朝礼暮改の社会であり、それだけでは成立しない」 今の支配層ってホモで男だらけのはずなのにヒス女っぽいんだけど!

ぞんべーさん「1コ頼れる情報に助けられるとその他の情報も信じやすいと思う」 これを私は危惧している。「ねこたさんが丁寧に対応しているから大丈夫だ」って思っている人だらけなんだろうな。私は工作員認定したら話もRTも極力しない。松窪とかね(笑)

私は読者に判断力があると思っていないから、工作員のツイートが有用でも極力RTしない。のいほいの落語フィギュアはRTしちゃったけどな!

女は新しい知識を得ること自体が嫌い。女に受けるネタである学校、健康(放射能、添加物)で釣ってスピ思想とユダヤ陰謀論を吹き込む。

イスラムだと女の性質に付け込んで騙したら地獄いきだったっけ。 
女は新しい知識を得ること自体が嫌い。だから池上式は女「すら」(男はもともと政治的知識が女より多い傾向)知っている知識を繰り返してたいして付け加えないからわかりやすい。そりゃ新しい知識が少ないからわかりやすいに決まってるだろ。内容が薄いだけだが女向け。

ねこたさんがするバカ女の再現ウマすぎ(笑) 
ねこたさんは耶蘇教とキリスト教で使い分けてる?おねしょた兄貴定義だと、耶蘇=西欧、西ローマの一神教もどき(人の法律が聖典より上だから、キリスト教ではない)。 キリスト教=東ローマ、正教会、グノーシス。

みなさんに覚えてほしいのは、キリスト教の神学を始めたのも聖典を決める運動を始めたのも異端派(グノーシス)が先。本来は正統派であるべきグノーシス系が、異端になった。異端のほうがはるかに整合性がある神学なのにね。今広まっているカトリックこそが歴史を見ると異端というべきだと私は考えている。おねしょた兄貴に近い分類。

(匿名
正統派ってグノーシスのワンオブゼムですよね。ただ正統派は出来が悪いw)

そこらへんは「神学と聖典確定の創始者を異端派(=真のキリスト教)として迫害したキリスト教正統派(耶蘇)こそが本当は異端であるべき!『グノーシス』筒井賢治」という記事に書いといた。

マニが「真のキリスト教」と自称したのは本当にグノーシスが正統だからだろうね。でもあの戦術は許せん。  なぜキリスト教お嬢様学校が異教徒がほとんどなのに入れるのか?耶蘇に無自覚に洗脳する為です!マニ教戦術です!

グノーシスの教祖も男だらけだけど神話で女の地位が高い。 
私の記事「グノーシスに対する反発としてその立場を固めていった人々が、正統多数派的なキリスト教神学の始祖で後に「教父」と呼ばれる存在になる。グノーシスに反駁することを通して始めて正統多数派の神学が形成された。」 結局、異端派が正統派(耶蘇)の「先生」じゃねーか!

釈迦ですら「女性が悟るのは難しい(ていうか無理)」っていうほど。釈迦の弟子には女性もいたけど。つまり女の方が現世利益好きで欲望を抑えられず感情的すぎるってこと(全部仏教で否定する内容)。

女人成仏(にょにんじょうぶつ):仏教において,古来より女性は五障の一つとして,女性のままでは悟りを開けず (成仏できない) ,いったん男性に生れ変ってのちに初めて悟りを開きうるという考え。男性に生れ変ることを変成男子という。ラノベかな?

兼好法師の女性観が的確すぎる。 
徒然草第107段「女の本性は、すべて、ねじけている。自己の上に我ありと誤り考え、それに執着する気持が深くて、財物などを欲する気持ちも強く、物の道理を知らない。
ただ、妄執という方面に心がたちまちに傾いてゆき、ことばは巧みなのに、そのくせ人が問うときには差し支えないことでも答えない。
何か深い考えでもあるのかと見ていると、どうでも良い事にまで、尋ねもしないのに語り始める。
深く考えをめぐらして、うわべを飾っている点は、男の智恵にも勝るかと思うが、その飾ったことが後の様子から露見してしまうことを知らない。心がまっすぐでなくて、愚劣なものは女である。
その女の心に従い気に入られようと情けないことであろう。
だからどうして女の目を気にすることがあろうか。もし才知・善行を備えた立派な女がいれば、それはそれで何となく親しみがもてないし興ざめであろう。ただ、妄想に支配されて、女の心に順応する時だけが、女を優美なものとして、興趣ある存在とも感ぜられるにちがいないことである。」すごいな古典。冒頭暗唱だけではもったいない。

(ぞんべー
へ〜、そんな事書いてあるんだ、フェミに教わらなくてもあったんじゃん!)

日本の古典って中国古典をきちんと学んだ「仏教徒」が書いているからレベルが高いよ。授業の古典暗唱が教育勅語に変わるんだろうねこれから。徒然草、方丈記、奥の細道、平家物語など仏教思想ばっかりだから廃止したいだろう。あれ、神道文学がでてこないぞ~(笑)

ハニトラ要因には、知的な女性もいるんだろうね。バカ女嫌いな相手対策に。もぐらさんの元奥さん(たぶん知的)はブログ読者だったらしい。だけど東京に子供を連れて行くし、もぐらさんが嫌がることをどう見ても意図的にしまくっている。だから私は工作員だと考えている。つーか本当に東京行ったのか?


ネタ切れを危惧しているねこたさんへ。 良心的な受ける内容四天王(私の記事方針でもある)
(1)書くのが割に合わない人たちだけが知っている情報(2)知っている人は立場上書くことができない情報
(3)通常アリエナイ組み合わせの知識or経験がないと書けない情報(4)本屋とネットを探しても見つけられなかった情報

私はネタ切れ対策はしていないけど、読書メモあげていったらネタ切れはない。そういえば、独自の情報源ばかりなのは怪しいと独自の情報源と言える範囲が気になる。

変身物語で太陽が一つ目だとか、ミダス王の耳をロバの耳に変えたアポロンがフェニキア紫の服を着ている(ローマはフェニキアと敵対しているのになあ)情報は変身物語を買うか借りるかしたら手に入る。またこの本はギリシア・ローマ神話好きなら読んでいる人が多いはずなので超マイナー本でもない。これは独自なのだろうか。

ブログに来る告発コメント、~のサイトは~系の工作ブログだとかね。これは独自情報だろうか。

グノーシスでは物質=肉体=悪。 自己救済による神との合一=正統派キリスト教の否定←最重要
グノーシスは「自己救済」、自分で頑張れば助かる!(人の努力が認められる)というが極めて重要。この思想だと搾取しにくいから耶蘇はグノーシスを迫害。ここのコメントはきちんと保存したいならすること私のブログに頼らないように。

グノーシスは旧約のヤハウェは悪魔であり、ヤハウェより上の神がいる(新約の神)と言っているのも耶蘇に都合が悪い。旧約と新約の神は別だと考えるのがグノーシス。だって旧約の神と新約の神が同じ「という設定」にしないとユダヤ教を破壊できないじゃん乗っ取れないじゃん。

記事の題名を書いてください。 短縮URLは怖くて踏めない。短縮でなくても踏まないけど。 ストア派の神もロゴス(自然)だもんね!

思想理解のコツ。秘伝(今思いついた)を公開。何を絶対悪とするかが大事。グノーシスの絶対悪は、旧約のヤハウェと、この大悪魔ヤハウェが作った物質(この世界と肉体)。
そして悪と対比して設定される絶対善がなにかをきっちり把握する。ヤハウェより上の絶対的に善なる至高の神と、この絶対善ゴッドの要素である魂も絶対善。そして「すべての」の人間には「善なる神由来の神性=魂」があるから平等!って思想。まあ「覚醒」に至るためにはグノーシス(知識)が必要って思想。

旧約のヨブ記でヤハウェは、悪魔がヨブの家族をぶっ殺すことを許可した。悪魔を創造したのはヤハウェ。ヨブの信仰を試す為という言い訳があるが、全知全能なら試す必要がない。心を読んだら終りだろ。

ユダヤ教徒の中でもヤハウェの残虐さに疑問を抱き、ローマが対ユダヤ教に創ったと思われるキリスト教(耶蘇とグノーシスかはここでは問わない)に乗り換えた人がいるんだろうね。

モーツァルトの曲に「アウェ・ウェールム・コルプス」Ave verum corpus というものがあり、「まことの体」という意味。聖餐式のパンは偽物ではなく本物のイエスの肉体だと宣言している。キリスト仮現論を否定する正統多数派は受難も体も見せかけではなく正真正銘の本物だったと執拗にこだわる。
多数派正統派は「まことに神、まことに人間」「神が人間になった」というドグマに固執。理性の立場から言えばどちらも矛盾だが信仰のほうを重視。
異端とされたキリスト論はすっきりしていて理性的。人間か神か一方に決めてしまう。人間性を選ぶなら養子論、イエスは人間であったが神に認められて養子にされたという非常に古い考え方がある。
神性を選ぶならキリスト仮現説という、イエスが人間だったとか肉体があったとか受難したとかいう言い伝えは外見に惑わされているだけで事実は違う、という思想。キリストの身体性や受難を否定。正統多数派キリスト教は反発し、キリストはまことの神であり、またまことの人であるとした。
グノーシスのバシレイデース派のキリスト仮現論:十字架上で死んだのはイエスでなく、シモンという別人である。イエスは笑っている。 グノーシスでは肉体は悪だから神が肉体的苦しみなんてありえないって思想。肉体ある時点で偽物って思想もグノーシスが迫害された理由。
ほら、結局簡単な構造、「物質=肉体=悪(大悪魔ヤハウェが作った)。 魂=非物質=善(まことの最高神の一部)」の二元論というグノーシスの骨格だけ覚えてください。これがすべての大前提。

人の年齢は120歳ときいて天理教で調べた。みきは九十歳で死んだが、生前に人間の寿命は百十五歳までと公言していた。九十歳という早すぎる死は予言外れ、神の約束破りにあたる。
みきには後継者が決まっていて、大工の棟梁だった飯降伊蔵であり、彼も生前から神がかりした。彼は神がかりし、みきが百十五歳の寿命を二十五年縮めて信者たちの救済にあるのだという意味の言葉を下した。すげえ言い訳だ(笑) 大工!ヨセフかな?
天理教は社会的に認知されるために政府に積極的に協力。戦争が起これば、航空機などを寄付したり、志願兵の応募に積極的に応じた。満州国が誕生すれば満蒙開拓団にも参加。はい、ごみ確定。
天理教が対象の終わりから昭和の初めにかけて信者が急増し都市部を中心に急速な拡大。このころ天理教は搾取の宗教ともいわれた。信者の大半が庶民で、信仰の証に布教活動にすべてを費やし、稼いだ金は皆教団に献金してしまったからである。

「貧に落ちきれ」という教義がある。教祖伝にみきが際限なき施しを続けたせいで中山家が没落したとある。これをモデルに教団への献金が勧められた。だが、みきが際限のない施しをしたという証拠はない。地主であった中山家が没落したことは事実だが、原因は米や綿の相場に手を出し、それで損失したから。信者に献金を迫るため伝承が造られ、信者に伝えられたと思われる。

まじ搾取の宗教だな!献金させるために伝承も捏造!没落理由が相場に手を出し失敗したからって情けないなあ。教祖の施しの対象って教団じゃねーだろ。金に困っている人に直接施せよ!
二代目真柱=ボス、中山正善。彼は東大宗教学科で学んだインテリで珍しい文物や稀覯本の収集家としても知られ、今日の天理参考館や天理大学図書館に結びつく。皇族ともつきあいがあり庶民である信者とは対極。はい、天皇人脈。
天理教は自分で一神教って言ってるから神道カルトだなあ。教会本部の中心は「ぢば」と呼ばれ、人類発祥の場所とされる。日本起源説!

みきの長男秀司は、京都まで出向き、神社の総元締めである吉田家に入門。吉田神道の影響は天理教の祭神にも及んだ。吉田神道周辺にキリシタンがいる。清原枝賢(きよはら・しげかた、1520~90):キリシタン公家。唯一神道の確立者である吉田兼倶の曾孫。彼の娘マリアは細川忠興夫人に侍女として仕え、セスペデス司祭の指導の下にガラシャの霊名で洗礼を授けた。

くわしくは私の記事 ヤマギシ会所属歴ありで「大本教は研究しない」宣言をした島田裕巳『日本の10大新宗教』(と『整体入門』) にて!
黒住教、天理教、金光教に言及する人は希少 三宗教のネット情報の少なさは電子情報でない紙の本の重要性を教えてくれる 黒住教の現当主の黒住宗晴は日本会議の代表会員
天理教は ”一神教(一つの神のみを信仰する宗教)である…「この世は神のからだ」、「いちれつ兄弟姉妹」、「身の内のかしもの・かりもの」、「ほこり」、「いんねん」の主に5つの教理…”
”「いちれつ兄弟姉妹」の教えでは、人間はすべて親神天理王命を親とする同一兄弟姉妹…キリスト教の「隣人愛」や「兄弟愛」に類似…天理教では…他宗教や敵対する人々も兄弟姉妹とみなし…https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99 …神道✝で万教帰一!
みきの長男秀司は、京都まで出向き、神社の総元締めである吉田家に入門。神道式の儀礼を学んだ秀司が中山家に悖ると、神主の格好でそれらを実践。天理教の「みかぐらうた」「おてふり」はこれ以降にできるので、吉田神道式の儀礼の影響。思想を整備したのこいつだな。となると吉田神道は隠れキリシタンをかくまっていたのだろう。やはり神がかり型の女教祖は教義を考えていない。大本と同じ。

もう一度、何度もゆっくり区切って読まないと意味不明だぞ。

出口王仁三郎の考えでは「神」とはただ一柱であり、それ以外は全て「エンゼル」(天使)。この論理は一神教的多神教が使う。天理教信者っぽい人「天理教は一神教です。 十柱の神名は人間創造時の親神の守護一つ一つに付けられた「名前」に過ぎず、それが実際の神として存在する訳ではありません。人間創造時に親神に貰い受けられた魂は存在しますがね。」あれ、鬼三郎と論理が同じだ。

私はメイソン教という言葉を使わないのは誤解を招くから。私は✝、耶蘇、キリスト、カトリック、プロテスタントという言葉を抜かないように気を付けている。

仏教が「これをやると幸せになれない」ことを実践しまくっているのが今の支配層。カルヴァン派派生の日本の労働教(安息日なし)は仏教が大嫌い。
釈迦「女と目も合わせないニートになれ!」
仏教はニートを否定しない。
流布している無量寿経はキリスト教に都合がよい改竄箇所あり。
仏教で愛は悪。無量寿経の「軟語」を「愛語」に変えるきっかけつくったやつが高楠順次郎。高楠順次郎はエスペランティストで、黒板勝美らと共に日本エスペラント協会の結成に参加し、東京支部長。
高楠はM.ミュラーに師事し、その後、ドイツやフランスにも留学しているあいだにスカウトされたのだろう。鈴木大拙と同じく仏教学者のふりをする破壊部隊。
親鸞の浄土真宗に耶蘇教が混ざっている説を想起。仏典もできる限り昔に出たものを読まないとダメだね。

イサク・ルリア カバラ biglobe で検索すると私が以前お勧めしたオカルト百科の記事が出る。
“カバラの歴史の中でも非常に重要な地位を占めるイサク・ルリアは、1534年エルサレムでアシュケナジー・ユダヤ人の家で生まれた。… 
例えば、アツィルト、ブリアー、イエツィラー、アッシャーの4世界の概念は従来の「ゾハール」研究では、あまり重視されてはいなかった。しかし、それに注目したのがコルドベロであり、さらにこれを重要視して、カバラの重要な教義に据えたのが、ルリア達であるという。(黄金の夜明け団でやたら強調される奴)。
 … 「獅子(アリ)」とは、ルリアの尊称である。しばしば彼は、この名で呼ばれる。
 また、彼の弟子たち、サークルの会員たちを「仔獅子」と呼ばれることもある。

  ルリアの思想は、あっというまにヨーロッパ中のカバリストの間に広がり、非常に大きな影響を与えた。
ルリアの考える瞑想は極めて禁欲的であった。
 彼によると、カバリストは、精神を集中し、強い意志をもって、ひたすら思索を行わなければならないとした。…
 彼は、同時に輪廻転生を信じた。霊魂がどの程度の精神的あるいは道徳的レベルに達したかによって、それにふさわしい形で、転生すると考えた。
 … また、彼は神の名前によって、悪魔祓いを行った。
 さらに、人相術をみとめ、弟子を選ぶ際に、人相術を用いていたほどである。
 ルリアは「ゾハール」の思想を発展させた。流出の概念を研究するのに、グノーシス主義に極めて近い思想を取り込んだのも彼である。
 …カバラの中興の祖の一人である。
… ルリアによると、原始にはイデアが存在し、これが流出の過程を支配する。宇宙の創造は二重に進行するもので、一つは「神性の産出」であり、もう一つは「神性の退廃」である。流出は、この2つの過程が基本的な要素となっている。
 これは世界の創造には退廃が内在することにもつながり、ゆえに世界の創造には、心理的なドラマが起こる。これが縮小したものが人間の心であり、祈りであり、祈りによってもたらされる効果であるという。
 ルリアの思想の中で特に重要なものがツィムツーム思想と呼ばれるものだ。これは「集中」とか「収縮」とも訳される。あるいは、「退却」、「撤退」とも訳される。
 宇宙の存在は、神に内における「収縮」によって成されるという思想だ。これは彼独自のアイン・ソフの概念を構築した。
 もう一つが「容器の破裂」説であり、この破裂によって作り出された欠損の回復、再構築説である。これはクリフォトの思想とも密接につながっている重要な思想である。
 これらは、後世のカバリスト達に非常に大きな影響を与えてゆくことになるのである。
 ルリア派のカバラは、少なくとも1625年頃から、ユダヤ教カバラの主流派となった。
 そして、ユダヤ教における、国籍を越えて伝播した最後の思想運動でもあったという。
 彼が後世のカバラに残した影響は計り知れない。”

ねこたさんへ。オルタナティヴを考えるブログという私もフェイド大帝も評価しているブログがあるよね。元祖イルミとロス茶は無関係とバラしたブログ。キリスト教三位一体と新プラトン主義の流出説 の記事とその次の記事もその次も連続して読むと超すごいカバラ歴史解説画像付きがあるよ。

ツィムツーム(Zhimtzum)器の崩壊(The Fall)世界修復(Tikkun)まで説明してる凄いね。オルタナティヴさんは、副島は嘘つきこいつの資料は信用できないって言ってて草。
三分でわかるシリーズの人のアカウント見るにかなり勉強しているね。最近ヤズディ教動画あげてるね。

じゃあ適当に話を変え見るか。ねこたさんが利用している図書館は漫画が借りられるの?ワンピースネタでいろいろ思いついた。
うちの図書館だとメジャーな奴だと借りられるのにねえ。 ワンピースにおける最強の剣士「鷹の目」のミホーク(=ホルスの目)が十字架形の小さなナイフで、ロロノア・ゾロ(アスターってつけたくなる)を突き刺す。

学術書だと文章語。だから朗読してもすぐに意味が取れないんだよね。 実質副船長の剣豪ゾロが奥義「三千世界」(ゾロは鬼でアシュラだから大本教用語)を鷹の目に放つけど敗れる。古代エジプト+既存の耶蘇>大本=神道カルト=新耶蘇。

でもこの世界最強の剣士をゾロがこれからの話で倒すのは確定した未来なので、最終的には、新耶蘇が既存の耶蘇と古代エジプトを倒す話。

古代エジプトモチーフのアラバスタ王国を英米系の主人公が助ける(王女を主人公が補語)。この王国を乗っ取ろうとした秘密結社の名前がバロックワークス。バロック!王女の側近がバッハっぽい髪型だもんね。

バロックについて。出典省略。16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアで誕生。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政が背景。
絵を決める最大の要因は「誰のために描いたか?」です。▽バロック:宗教画。カトリックによる vs プロテスタントの盛り返し。

バロック様式はイタリアを中心としたカトリック教会のプロパガンダのために、後期はフランスなど周辺国の王の権力の誇示のために表現された様式。バロックワークスはカトリック系秘密結社。はい、ワンピースでは敵はいつも英米系WASPの敵の法則発動!

今やっている話が、敵がビッグ・マム=大地母神でフランス系+ドイツ系ナチスのジェルマ66だから露骨にフランスが敵だね。

ワンピースは英米系原理主義なのに大本やエジプト優遇したり異端も異教にもこびている要素があるけど、敵が決まって耶蘇福音派の思想的敵ばかりなのは過去記事に書いた。
ねこたさんは、どっかブッコフとかでワンピースとナルトは読むべきだよ。戦闘シーンは超適当に読んだら超早く読める。天竜人が宇宙服っぽいのは、北欧系宇宙人カルトであるヴァイキングは敵って意味ね。北欧系海賊(エキュメニカル賛成)は英米系(エキュメニカル反対)海賊より地位が上だからルサンチマンだな。
(匿名
適度に漫画とかアニメのサブカルネタを絡めると、話が盛り上がるし、難しい神学の話も理解しやすくなる気がします)

『ONE PIECE』の空島編… 背中に羽、エンジェル、天国の門など聖書がモデルの神の国が空島… エネル=ヤハウェはノアの箱舟が元ネタである方舟マクシムに乗って月に行く
ワンピースは世界政府がすでにできている世界で支配層が北欧系=エキュメニカル賛成なのが露骨でしょ。主人公はゴム。なので雷が効かない。雷神エネル =笑い声ヤハハハ=ヤハウェ =有色人種の唯一神にして雷神。エネルにとって主人公の能力が天敵。
主人公の ルフィ 旧約聖書で検索すると、旧約聖書の影響が強く感じられる。主人公ルフィとナミの2人が目的の地ラフテルに向かう構造は、ルツ(ルフィの別読み)とナオミ(ナミの一文字増し)が安息の地エフラテに至る物語の換骨奪胎であり、伝説の海賊王ゴールド・ロジャーは、以下略 ..
モンキー・D・ルフィ。サルってひどいなー。悪魔の実を食って悪魔の力=ゴムになるを得たサルが主人公かあ。
伝説の海賊王ゴールド・ロジャーは、バプテスマのヨハネのパロディに他ならない。『ONE PIECE』に登場する能力者「墓場のアブサロム」の原型を旧約聖書『サムエル記 II』に見出すことも可能である。
また、聖書が強くアピールする自己犠牲の主題は、『ONE PIECE』を貫く中心思想でもあり、主人公ルフィやその兄エースにも、イエスキリストの影が強く投影されている。聖書という原点を知ることで、読者は今世紀の稀有な冒険物語を幾重にも享受する手掛かりを得る。って論文。
漫画『ONE PIECE』における聖書の影響 The influence of the Bible on "ONE PIECE" : a study on MANGAって題名。だって初期の敵がモーガンとかアーロンだぜ。
白ひげ海賊団のマークが骨十字。白ひげの能力が地震を起こす。人工地震。悪魔のみ。悪魔の力を肯定する耶蘇原理って矛盾しとるね。

白ひげ海賊団のマークって最初は卍だったよ。骨十字に変更。 ウルトラマン作った円谷家ってカトリックだもん。
(匿名
悪魔の実って知恵の実の暗喩かな?)

『ルツ記』(ルツき)はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。女じゃねーか!。『ルツ記』は、異邦人(重要)であるルツがダビデ王にいたる家系の中で重要な役割を果たすことを語ることで、救いの歴史において「自らの民」ユダヤ人にとらわれない神の意図の壮大さを語っている。ルツは日本正教会ではルフィと表記される。
姑のナオミは2人の嫁オルパ,ルツにおのおのの母親の家への帰還を促したが,ルツはナオミとともにベツレヘムに行った。ルツはベツレヘムで夫の親族ボアズ(メーソンかな?)と結婚し,オベデを産んだ。ダビデの父エッサイはオベデの子である。

ジャンプは今フランス系を持ち上げ始めたね。マリーてれーず優遇。ワンピースのDの一族ってダビデの一族じゃね?オベデは、ルツとボアズの息子であり、エッサイの父であり、ダビデの祖父である。彼は、イエス・キリストの先祖の1人。

だから早いって。聞き取れない。文章語だから同音異義語が多いと変換に時間がかかる。ボアズについて知りたい。
ボアズの柱が地上の権力だとお。速さはそれでいいよ。
「峻厳の柱」はビナー、ゲブラー、ホドを繫いだ柱です。セフィロト(生命の樹)の向かって左側に位置します。「ボアズ」、「黒の柱」、「形成の柱」とも呼ばれます。
「慈悲の柱」はコクマー、ケセド、ネツァクを繫いだ柱です。セフィロト(生命の樹)の向かって右側に位置します。「ヤキン」、「白の柱」、「力の柱」とも呼ばれます。
「均衡の柱(中央の柱)」はケテル、ティファレト、イェソド、マルクトを繫いだ柱です。セフィロト(生命の樹)の中央に位置します。「黄金の柱」、「意識の柱」とも呼ばれます。
(匿名
ジョジョ二部のボス柱の男は三人。これはセフィロトが元ネタかな?)

セフィロト(生命の樹) [ 魔術入門 ]が出典。前にヘブライ文字の意味について取り上げたサイト。同祖論はないので安心しておくれよ。
ワムウ。 「柱の男」の一人。年齢はおよそ12000歳(アトランティスかよ)。階級はカーズやエシディシに次ぐ第3位。紫外線への耐性もあり(有色人種の強調)。 「風の流法」を使う。風。
エシディシ。 「柱の男」の1人でカーズの同志。「炎の流法」。火。性格はカーズやワムウと比べると荒っぽく直情的であるが、自身もそれを自覚しており、頭に血が上った時は大泣きして落ち着くことで感情を制御する。中国に行った経験を持っており「孫子」を引用。感情の制御と中国と火。
カーズ。 「柱の男」のリーダー格。柱の男達の中では最も知能が高く、「究極生命体(アルティメット・シイング)」となることを望み、「石仮面」を作り出した天才(究極生命体となった時点ではIQ400)。光の流法。刃を出す。弱点なき究極の生命体の追求を信念としている。
カーズは最終的に「究極生物」となる。太陽光や波紋を克服すると共にあらゆる生物の能力を体現できるまでになり、ジョセフの数百倍もの強さの「波紋」(ヨガパワー)を練るまでに至った。
カーズは最後は、宇宙空間へ飛ばされ、不老不死ゆえに死ぬこともできず、最終的に生物と鉱物の中間の物体となって思考を停止し、永遠に宇宙空間を漂うことになる。

三部はタロットと生命の木とヨガ。呼吸法を制御すると時間を停止できるインド思想が元ネタ。ディオ(イタリア語で神)はヨガなしで不老不死で時間停止(邪道)だから、心臓を制御し呼吸を制御した主人公(時間停止も獲得)=インドのヨガの達人の比喩に負ける。
二部はナチスが露骨に味方だよ。ナチスの技術は世界一いいいいい!
ジョジョって一部見ると、英国貴族がヨガの修行してヨガパワーで、例の三つほくろの吸血鬼のディオ(神)をぶっ倒す話。英国系インド思想がカトリック系紙を倒すのさ。
ヘルシングの主人公アーカードが最強。アーカーどの奥義解放の呪文が、「私はヘルメスの鳥、私は自らの羽を食らい飼い慣らされる」もとは、15世紀のイギリスの錬金術師ジョージ・リープリーGeorge Ripleyによる錬金術の写本(というか巻物)、リープリー・スクロール(The Ripley Scroll)の一節。
(匿名
カルト的な人気があるヘルシングっていう吸血鬼漫画は、ナチスが敵で、主人公がカトリックだったな。最後はプロテスタントも出てきて戦争してた。
ジョジョって五部の主人公がイタリアのマフィアだけど、それってカトリックの暗喩?)
ヘルシングのあーカードって英国国教会側だからカトリックから英国国教会に改宗しているだろうね。 ジョジョの柱の男:2000年周期で眠りにつく謎の生物「闇の一族」のこと。人間が歴史を持つ遥か前に進化の過程の中で地球に出現し、かつて神や悪魔などと原始の人間たちに認識されていた。
生物の頂点に立つ力故に食物連鎖の定義に漏れず繁殖率が極めて低く、地球の生態系にも考慮して他の生物には必要(必要最低限の食料)以上には干渉せずそれまでひっそりと生きていた。しかし一族は、より多くの生物のエネルギーを必要とする「石仮面」を作り出したカーズを恐れ抹殺しようとし、逆に返り討ちに遭って滅ぼされたため、作中の時点で生存するのはカーズら4人のみ。
頭にはそれぞれ固有の角(ワムウの発言)、あるいは触角(カーズの発言)がある。人間とは比較にならぬほどの寿命・知能・身体能力を誇るが、紫外線に弱く、太陽光を受けると、吸血鬼のように灰化まではしないものの、硬直して石となる。これが重要だね。
ジャンプ連載中の鬼滅の刃は読もうね。ジョジョの後継者。 柱の男は内臓に紫外線や波紋の攻撃を受ければ消滅。太陽とヨガパワーが敵!「石仮面」に「エイジャの赤石」の力を取り込み、弱点の太陽光を克服、究極生物へ進化することを目論む。

Part1でジョジョを吸血鬼にした石仮面は、カーズが研究の過程で作った試作品。その試作品の「石仮面」を使い、「柱の男」達は、高効率のエネルギー源としてあらゆる生物を吸血鬼に変貌させ、捕食していた。「波紋使い」=ヨガの一族は、この柱の男達からエイジャの赤石を守るため、また柱の男達を殲滅するために存在する。

エイジャの赤石(エイジャのせきせき)。賢者の石だな!ルビーのように赤い石。「エイジャ」という希少鉱物光をレーザーのように一点に照射する力を持つ。ローマ皇帝(おいおい)が持つといわれた一点の曇りも無い「スーパーエイジャ」を入手すべく、ワムウとエシディシを連れて2,000年前のヨーロッパに現れた。

「スーパーエイジャ」が無ければカーズの野望は実現しないのだが、これが無ければ「柱の男」を倒せないという言い伝えが残されていたため、代々の波紋戦士=ヨガの行者によって引き継がれ、主人公の呼吸法の師匠サリサが所持。赤石は「波紋増幅器」=ヨガパワー石ということが判明し、そのエネルギーは火山噴火を発生。

宇宙の大燃焼について - オシテオサレテ で検索するとストア派の終末集がでる。
“ もしあの将来の人間の世代が、わたしたち一人一人の賞賛を父祖から受け継いで後世の者に絶えることなく伝えたいと望んでも、やはり一定の時期には必然的に襲う大地の洪水や大火のために、わたしたちは、永遠とは言わずとも、長続きする栄光すら得ることはできない。(キケロー、『国家について』第6巻23節)

 大地と共に燃えるであろう。大洪水に続いて起こるとストア派が主張する宇宙の大燃焼。(『ルカヌス注解』第7巻813-1152=SVF, 2.608)

 あらゆることをできるだけ厳密に理解しようと欲する人々にとっては、悪についての説明は必至のものであるが、その悪は、地上のものを維持したり、あるいは大洪水や大燃焼によって浄化したりする摂理のために、つねに同じところにとどまっていない。

 おそらくそれは地上のものだけではなく、宇宙全体のうちにあるものについても同様である。宇宙はそのうちにある悪徳が多量になるときは浄化を必要とするのだから。(オリゲネス『ケルソス論駁』第4巻第64節=SVF, 2.1174)“
• セネカの宇宙の大燃焼理論について
• 『倫理書簡集』第9番第16節。「宇宙が分解して神々が一つに融合し、自然がしばしば途絶するとき、ユッピテルは己に憩い、己の思考に己を委ねる」
変身物語の冒頭がストア派の終末論ってツイッターで意見がある。・“大洪水
そのユピテルは、すでに、地上のいたるところへ雷電をばらまこうとしていた。が、ふと危惧をおぼえた。これほどおびただしい雷火が、ひょっとして聖なる天空に燃え移り、天軸が、端から端まで燃え上りはしないだろうかとおもったのだ。
それに、運命にさだめられたところを思い出しもした。やがていつか、海も地も燃え、天上の宮殿も焔に包まれて炎上し、宇宙という精妙な一大建築が、滅びのうき目をみるであろうというのだ。
そこで、彼は、一つ目族(キュクロペス)の手で作られた雷電をわきへ置いた。人類を水で滅ぼすことにして、そのために、天のあらゆるところから大雨を降らせようという、別の処罰方法を思いついたのだ。“
pp. 22-23オウィディウス『変身物語』(中村善也訳、岩波文庫)(上)

(ギリシア神話の洪水神話には、ストア派の終末論の影響がある説。
“太陽神は、緋色の衣をまとって、エメラルドで燦然と光っている玉座に坐っていた。…太陽神は、万物を見おろすあの目で、略
「紫色」(または「緋色」) フェニキア で検索。 ほらフェニキア色の服。 アポロン『わたしは、一年の長さの基準となる神だ。みずから万物を見下ろしてはいるが、同時に、地上世界が万物を見分けうるのも、わたしの力によっている。いわばわたしは、「世界の眼」なのだ。
ヘラクレスが現身の部分を捨てると、彼のいっそうすぐれた部分が力を増した。今までよりぐっと大きく見え、堂々たる威厳を備えた尊い存在となり始めた。
金髪でゲッケイジュの冠を持ち、テュロスの紫色で染めた長衣で地面をはくアポロンは、パーンと音楽の腕比べをした。
あの大いなる太陽は、この世のすべてを天空から見下ろしているが、その太陽にも、目はひとつしかないのだ。”
変身物語の作者(末尾の科白要約)「私のこの肉体だけをしか滅ぼしえないのだが、いつなりと私の寿命を終わらせるが良い。けれども私の中の一層優れた部分は不死であり、空の星よりも高く飛翔するのである。私の名前も不滅となる。」
私が引用した個所はローマ・ギリシア神話紹介本ではバッサリ省略される個所ね。だから翻訳あるんだから直接原典翻訳読みましょう。
もう一回題名教えてください。うつしてください。
『ヘレニズムの思想家』(岩崎允胤):講談社学術文庫版が出てるみたいだけどこういうのって中身減ったりするもんなあ。ウパニシャッドみたいに一番重要な話が抜かれたりするかも。
雷光の使徒ミールとシャルロッテのどこが似てるの?
(なえなつ
ミールはお菓子の魔女でマミさんカチリしたやつ
そしてこの魔女はほむら(時間の神?)に倒される
まあミールとマミさんかじった魔女の変身後の姿が似てる

だから違うかもしれない)
シャルロッテ、シャーロッテ (Charlotte) は、ドイツ語圏に見られる女性の名前。愛称のロッテ (Lotte) も認知されており、ゲーテの代表作『若きウェルテルの悩み』のヒロインであるシャルロッテ(ロッテ)が名高い。日本の大手製菓メーカー、ロッテもこのヒロインの名にちなんでいる。

スキピオの夢の原点と解釈と翻訳付きラテン語学習書出した人に感謝。シュリーマン流なら翻訳18ページ程度ならすべて暗記しろって言うね。
思想学習で重要なのは骨格の把握。要は何が思想の目的かってこと。ストア派の目的は?
仏教嫌いRAPTure(ラプチャー。携挙)の教皇派vs偽天皇派の元ネタ↓ 12世紀ごろの教皇派(ゲルフ)vs神聖ローマ皇帝派(ギベリン)
陰謀追及者を「信じる」ことをやめるべき。信じることからやめないとずっとカモ。商品物色しているだけの消費者。ワイド―ショーに食いつく主婦。有用な箇所を判断していただくの。
インサイダー=自分で確かめられない。よって私がその情報で意見を変えることはあり得ない。  もう午前午後の二部制とかにして時間決め手強制終了のほうがいいような気が。


sutorate
そういえば売国奴小泉が活躍する麻雀マンガでカトリックがヒトラーをのがす場面があった

キリスト教三位一体と新プラトン主義の流出説
https://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/28929639.html
から次々に読んでください。

イサク・ルリア - Biglobe
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/shinpi/isakururia.htm

『変身物語』と宇宙の始まり
http://konton88.exblog.jp/10068940/



2017/5/2~5/3
魔導師になったヤクザ 陰謀論のお茶の間 in どこか
魔導師になったヤクザの話。それらの暗躍
https://live.fc2.com/7179598/?t
(コメント抜粋
匿名
やたら和風な物を求めすぎる人は普通の日本人じゃないと最近分かった
関西はヤクザの城がたくさんある、漫画やアニメに出てくるような一軒家
親戚などでも疎遠になった家は婚姻での背乗りだったのではと最近感じるようになった
お寺のなかでも浄土真宗は耶蘇っぽいと思う
ケルトも文字が無かったから捏造し放題ですね
ロータリーの奴ら異様に剥製好きだよ、特に鳥と熊、何か意味あんのかね
ナショジオTVのドイツの大学生が原始時代を体験するみたいな番組でも、動物を狩らなければキノコくらいしか食べるものがありませんでしたね
「私たちは誰だってヒーローになれる可能性を秘めた存在、そうでしょ」リトルウィッチアカデミア新OPより 可能性=ロゴスですか

日本で宗教統一運動に熱心なのはバチカンとも親しい立正佼成会ですね

一時は藤原直哉にハマってました あの人も大本人脈ですね
そうです欧州貴族と言った ケツモチ発言者です  松方弘樹さんを偲ぶTVをやってて、「誰がケツモチししてるかわかっとるんか?」とヤクザ映画シーンが流れてたのでつい ヤクザ用語を…  失礼しました

最近、音楽周波数で身体が良くなるってヒカルランドの出版の本が良く出てる
ソルフェジオ周波数ですね

cmk2wl さんて ご存知ですか? 放射能ネタのツイッターで有名な方
cmなんちゃらって人は最近悪魔、悪魔騒いでるからちょっと気を付けたほうがいいかも
すごく思想めいた 暗示メイタ発言を良く見るね CM氏
cmk2wl‏ @cmk2wl 5 時間5 時間前
返信先: @cmk2wlさん
自分の中にある ”エテ公の心理” に常に目を向けている人と、そうでない人の違いは大きい。 後者はまぎれもない猿で、集合意識に向いていればどんなに矛盾していても、ほめそやすこともこき下ろす言葉も発することができる。 「そうよね、そうよね」と同調する自分がいたら、それはエテ公。
(がこつさん
ロビン氏と系統が近いかな
cmk2wlさん悪魔は形而上の概念や宗教的な神話ではなく存在している。古今東西、歴史の転換点や騒動に乗じて姿を現してきた。可能であれば、世論に乗じて暗い精神の闇から這いずり出てくる。福島は安全だと言ってる輩の顔をよく見てみるといい。指摘しなければ奴らは怯まない。)
cmk2wlさんの水式空気清浄機はかなり効果があるようですが
もぐらさんも実家を追い出されたとき緊急カンパで救われましたから捨てる神あれば拾う神ありですね


カミュに「優しい無関心」という言葉があるが、これを言い換えると他人になるべく期待しないこと。そして、他人からもなるべく期待されないようにすること。そうすると、人間関係で「悩む」ことは激減する。」中島義道
話違うののですが、募金で集めたお金をどうやって 貧者を 決定して 渡すのですかね。  (個人情報をもらせないのに)
砂糖は江戸時代中期からですね、高価なので庶民はほとんど使えなかったみたいですが
ガンに効く民間療法でカナダのメープル重曹ってのもありますね
リドリー・スコットのキングダムオブヘブンという映画は十字軍、とくにテンプル騎士団が悪役でサラディンがかっこいいです

薬害ぞんべー
安保徹先生でさえ亡くなったもん!素朴な研究医者。
ヤクザでさえ背乗りされた?
義理人情とか言われてたよね
田舎だとどこの誰かとか噂とかツーツーだけど逆に守られてる事もあるね。
江戸の長屋の良さとも似てるね。
田舎は勝手に玄関に野菜が置いてあって、誰が持ってきてくれたかピンと分かったり都会にはない繋がりがあった。玄関の鍵すら閉めないとか…安全過ぎて危ないくらい。
フェミの思想もよくないな。義理人情、男、母を批判してるかも
女子供守りたかったら地域の繋がりあった方がいい
ある先生がイスラムの一夫多妻と日本の女性の貧困を比べて、イスラムの男性は福祉だってジョーク半分で言ってた。
お寺破壊も、住民帳?みたいの無くなって、どこの誰か分かるもの無くなるからダメだ
うちはあるかどうかわからんな。お寺と関わりが無くなる新興宗教もやっぱダメだね!
死んだ後の改名の為の寄付がどうたらこうたらの話聞いた事あるけど、カルトよりはマシだね。大金払ったのにいい名前もらえんかったとか。
繋がりがないと母に負担が掛かるの当たり前だ。批判すべきは母じゃない。環境因だ。フェミは間違っとる


うさぎもっちー
一応京都のど真ん中よりちょっと外れあたりは、まだ大丈夫そうです。地元ネットワークすごく強い。
私京都嫌いだったんですけれど、街中の古いところに住んで印象が変わりました。いけずな人もいますが、人のつながりが強固ですごく地元密着でつながりがあって、安心感が街にある。特に今いる地域がそうなんでしょうが。
家買うとしたら、古くて人の繋がりがしっかりして、自分に合う所がいいと思うようになりました。
京都もものすごく小さな商店街が多くて、今住んでるところからチャリ範囲で10の商店街があります。
新興住宅地は人間関係がなくて、辛かった…
自営業で子供見ながらみんなで子供見る、ていうのが一番理想だよな、と思いました。小さな商店見てて。
ヴィンランドサーガというバイキングの漫画に白人の奴隷も出て来ますが、民族的に白人だから、じゃないです。知りませんでした。
ソルフェジオyoutubeで聞いて見ましたが、どうも今ひとつ気持ちいい音がない。
試したことありますよーw>ヘミシンク リラックス目的でしたけど。
読書感想文書かせるのは日本だけだそうで。欧米は最初から論述的なものを書くそうです。小学校でも。
つーか、あれ先生受けするものを読んで書かなくちゃいけない、てのが。。。
基本素直にいうこと聞いてりゃいい、というのが日本の教育ですものね。労働者育成。学校に期待する方が無駄なのかな。
日本の学校教育は奴隷教育、と友人に言ったら、ボカしつつ私だとわかる風にtwitterでディスられたことが^^;
香水も自分で作った方が安い。合成香料も一切入らないし。材料も間違いない。
あ、なるほど。>中古 そう、便可愛いんですよね^^;

イーベイでアンティーク探すとよいよ>香水瓶

できるだけ蜂蜜食べてます。ないしはできるだけ未精製のいいお砂糖。
女子大の家政は化学ですね。食品とか特に。
初期にちらっとお声だけ聞きましたが、その時よりとても聞きやすいです。
外郎売がいいってねここねこさんだっけ?が書いてた記憶が。

クロウ
自営業潰しておいて職の多様化とか言ってる...
菅原道真は藤原氏を雷で逆襲したと思われてるから怨霊になった
神として格を上げて懺悔した
自分は陰謀論漁ってたら青汁で思考停止してたのでなんで?なんで?なんで?ってなりましたね
青汁というのは動画の最後が宗教の誘導とか浄水器っていうのを青汁cmってことですね

jiangmin
倫理法人会というのも怪しい。

Chimaera925
商工中金もロータリー絡み。笹川もロータリー入りしている。陰謀論の出版関連の活動資金もここらへんから
高須はロータリー経由でメーソン
ヤクザの娘はお嬢様よりまともだったなぁ
んだね。半グレにアウトソーシングしている
一方で子供を守れと叫ぶ側も一緒。マッチポンプ
フィクションで金持ちを持ち上げるようになった流れがな
当時は成金なんて悪いことして成り上がったなんて言われたり、不細工や馬鹿として書かれていた
今は金も美貌も知能もあるパーフェクト超人
セレブとか言ってスレイブを持ち上げる
配色のセンスが違うんだよな
地域の繋がりを分断して顔見知りを無くす事で、社会的信用が金や身なりになる。積み重ねが要らない。
ムラ社会の悪い側面だけ宣伝されて個人主義、個人主義でもない自己中心主義が広められた
一昔前は玄関に鍵をかけなかった
個人情報保護だの叫ばれる前は個人情報オープンだった訳で。そいつを守らせることで価値が生まれる。
独占と寡占が進んだね。多様化と言いながら請負や下請けばっかし
台所が現代のシステムキッチンになったのもニュータウンから。それ以前は地面に座って調理していた。
土下座、座礼が屈辱的なものとされるのは椅子の文化の視点から。
地域の繋がりを断ち切るから、国、政府に依存するようになる。中央集権と支配の構造
あいつら、やたら寡占・独占したがるんだよな。そ
女の社会進出なんて言っているけど、自営が破壊されて大企業に寡占・独占されるまでは自営の家は通勤要らなかったから子育てしながら働いてたんだよな
んで、民族意識を無くした子供が難民キャンプで量産される
イニシエーションスピーチ
新会員は、入会後間もなくプログラム委員会の指示で、例会時に自己紹介を中心としたイニシエーションスピーチ
わざわざ、イニシエーションなんて書かないよなぁ
ロータリークラブ会員になるとこのような義務があります
▲卓話をする会員
▲毎週例会に出席する(都合がわるく、所属クラブの例会に出席できない場合は、2週間以内に他のロータリークラブに出席して代わりにします〈メーキャップという〉)
▲会費を払う(6カ月17万円、例会時の食事を含みます。その他、多少の寄付があります)
▲会員としての社会活動、奉仕活動に参加します
▲例会以外に、ほぼ毎月行われる親睦活動に参加します(自由参加、参加会費を徴収)▲年に1~2回ボランティア活動への参加します▲入会後、いろいろな委員会に所属して、活動します
▲入会後、自己紹介や年に1回,卓話(スピーチ)をおこないます
【寄付】△スマイル(各種奉仕活動費用に充当)-当クラブのニコニコ年間予算は200万円を予定しているため、1人年 35,000円以上を目標に自ら進んで寄付をしてほしい
△米山奨学金(海外からの留学生の奨学金)-通常、毎年、クラブとして1人年20,000円(前期10,000円、後期 10,000円)以上の寄付が要請される 累計10万円以上になると米山功労者となる
△ロータリ財団(海外の大学へ留学する国際親善奨学生への奨学金、その他)-毎年、クラブとして1人120ドル (円に換算して)の寄付が要請される。 最初、100ドルの寄付でポール・ハリス・準フェローとなり、累計1,000ド ルになるとポール・ハリス・フェローとなる
△その他-赤い羽根、オリンピック等の寄付がある
(上納金による選民
メーソンって、何であんなにカネ持ってるの? 以前から不思議。 東京タワーの隣のデケェビル持ってたり。 あのビル、かなりの大きさだよ)
金というハードル使って秘儀参入できる人間を絞る
キリストの復活ごっこもあるな
(イニエーションといえばけもフレ最終回のかばんちゃんもキリストの受難っぽい展開でした

ぞんべー
たけしの事故と片目とか!

クロウ
オシリス儀式みたいなのしょっちゅう出てくる
日食とか月食とかもそういう意味見出してるのかな)
戦争が霊性進化うんぬんってのもモロにこれだな
クロウリーの法の書にも書いてある
ロータリーは話題に出るけど、ゾンタクラブ(女のロータリー)は話題に上らんな
共同参画も絡んでる
国際ゾンタは奉仕と支援を通して全世界の女性の地位向上のために活動する世界的な社会奉仕団体です。1919年11月8日にアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファローにおいて設立されました。世界67ケ国に1,200以上のクラブがあり、約30,000人の会員で運営されています。
ゾンタクラブの会員は、世界的な友好を通して理解・親善・平和の促進のために共に助け合い、女性の平等の権利、政治的な均等、教育と健康の享受、女性と子供に対する暴力の根絶など、国際ゾンタが提唱するプロジェクトを支援するために活動します。
ピンクリボンもコレだろう
女子大も絡んでる
2007(平成19)年、本学創立100周年を記念して、国際理解と社会奉仕、女性の社会的地位向上を目指す団体「仙台Ⅰゾンタクラブ」から、これからの社会を担う前途有為な人材への支援として、本学に在籍する大学院女子学生を対象とした支援金(名称:仙台Ⅰゾンタクラブローズ支援金※)が贈呈されました。男女共同参画委員会では、
この支援金をもとに、世界で活躍できる女性の人材育成並びに本学における男女共同参画を推進することを目的として、女子大学院生が国際学会で研究発表を行う際の渡航費用を支援します。
競走馬にローゼンクロイツ(笑)が居るな
MTGはストーリーが面白い
MTG作ったのは数学者ってのが面白い
模倣と代用
Prayは祈る。Playは演じる、遊ぶ、ごっこ遊び、演奏する。儀式では後者を行うことで前者の条件を満たして結果を導く。もっとも、状況や環境、用い る象徴体系(象徴は結果が伴えば何でもいい)、知識、技術、条件等が同一ならば状況再現可能な技術でなければ単なるごっこ遊び。オカルト趣味。
言葉にしてしまうとどこからか漏れてバレる
靖国なんてモロに儀式の施設だし
鎮魂は国策。死んだら仏様ってのも明治の廃仏毀釈から。
天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の六道を繰り返し生まれ変わる事を輪廻転生と呼ぶ。
迷信打破運動したのに国家神道、靖国、大本教、それの鎮魂帰神法。
墓や先祖供養は御霊信仰と祖霊信仰。偽経の盂蘭盆経や父母恩重経から。
死者が祟るから鎮める。大宰府なんてのはまんまだな。死後に死後天変地異が多発したから祀られた
祟られる自覚があるから鎮魂するんだよ
食うものが無いから草を食わせて肉を食う
肉はごちそうってイメージになっているけど、食うものが無かったから肉を食うしかなかった
温暖で肥沃な大地を持つ文明を羨み、憎んでいる
マニフェストデスティニー【Manifest Destiny】 〔明白な運命の意〕 アメリカの西部開拓を神の意思による当然の運命という考え方で正当化した標語。一九世紀末以来の海外領土膨張政策の弁護にも利用された。 大辞林 第三版
旧約の神は妬む神
気がついたら部屋が荒れてトーストになっているなんて事がないように祈るよ
戦後の給食で米国の余剰小麦や脱脂粉乳
ニーチェも永劫回帰
>ゼノンを始祖とするストア派の思想を次に見ていきましょう。ストア派は「自然と調和して生きる」ことを理想としました。そして、人間にとっての自然(本性)とは理性(ロゴス)であり、理性に反する情念(パトス)
を抑制する禁欲主義こそが自然に従った生き方であると考えました。情念とは死の恐怖や怒り、驚きなどを指しますが、これらに動かされることのない、まったくの自由な境地であるアパテイアを理想とし、この境地こそ最高善、幸福であるとしました。
>なお、ストア派によれば、先ほど述べたように人間の自然とはロゴスであり、一人ひとりの人間は、みんなロゴスを宿していることになります。今までのギリシア世界はポリスの中に住む人間のみに同じ思想、観念を見いだしていましたが、そうではなく、
異民族においてもみんな平等にロゴスを宿していると考えたんですね。ポリスという小さな枠組みを飛び出して、すべての人間は同じロゴスをもったとする考えから生まれた世界市民主義(コスモポリタニズム)という思想は、ヘレニズム時代のギリシア世界の拡大を背景に、さらにはローマ万民法、キリスト教や近代の自然法思想にも影響を与えたと言われています。
>エピクロス派の思想  ストア学派の禁欲主義に対し、エピクロスは、幸福とは快楽であり快楽が最高善であるとして快楽主義を説きます。「禁欲主義より快楽主義のほうが自分はいいなあ」と思った人いませんか?(笑)しかし、ここでの快楽とは、刹那的・肉体的な快楽(食欲を充たすとか)ではなく永続的・精神的なものであり、世の中のわずらわしさ(政治的なものも含まれます)を避けて、個人的な魂の平安(アタラクシア)
を求めて生きることで快楽を得られるとしています。エピクロスは、動揺のもととなる世俗から離れて、「隠れて生きよ」と説いて「エピクロスの園」といわれる学園を開きました。そこでは彼と同じ理想を求める人々が性別や身分を超えて、精神的な快楽を求めて生活する姿が見られたそうです。
アクエリオン ロゴス かつて、人の声が万物の真理を呼び起こしていた時代があった。だが、ある発明によって人類の歴史は大きな転換期を迎える。
「文字」それは優れた伝達手段として瞬く間に普及したが、声と真理との間に「ロゴスワールド」を誕生させてしまう。それから数千年後――文明の発達はロゴスワールドを肥大化させ、文字の暴走を引き起こした。これに対抗できるのは「創声力」と呼ばれる、真理の力を引き出せる創声部の若者たち。
幸福会ヤマギシ会は自らの活動目的を「すべての人が幸福である社会」[5]、「全人幸福社会の実顕」とし[26]、そのための行動原理として「無所有・共用・共活」を内容とする理念ヤマギシズムを掲げる[26]。ジャーナリストの米本和広によると、幸福会ヤマギシ会は世界を「の理想社会に塗り替え、世界中の人を幸福にしたい」という目的を有している
るいネットも近い匂いがする
大摩邇もその系列だな>ガンの自然治療
あとはケイシーのパロディか
あの手の農場はマジックマッシュルームや葉っぱがやれる所も
Yakuzaはロータリーみたいなものだと国外での説明を見たことがあるな
禅病や野狐禅を引き起こして好転反応だの覚醒だの言って、精神疾患を量産している
医療と宗教、布教はセットだよ
病原菌ばらまいて治療して「奇跡だ」と入信させる
(菊池さんがその話を書いてましたね 原住民に皮膚病を蔓延させてから治療と布教)
大学の哲学は哲学してなかったな。哲学史じゃねぇかよ、と
哲学じゃくて神学じゃねぇかよと
魔術書みたいなレトリックだらけだから、それを剥ぎ取らないと使えない
ニーチェですら神学から逃れられなかった
哲学は道具としか見たことがねぇな。それに依存するものじゃねぇし
ソフィーの世界をお勧めしておくのが無難かと
道徳の授業ってのは、求められた答えを察して答える技術だからなぁ
筆者の気持ちを書きなさいなんてのもこれか
ようは、思想のマスゲーム
おかげで議論が成立しない
「言い訳するな」だもんな。反知性主義
土台に妬みや恨みがあるから。我々の幸せを許さないのだ。
宇宙全てを喰い尽しても連中の欲望は止まらないだろう。地球は連中にとって小さすぎるのだ
日本の神道カルトは出来の悪い海賊版だな
同人本の海賊版
そして、同人本を元に宗教画(現代では映画やドラマ、アニメ)が作られる

特権特権言いながら、誰が与えたとは言わない
(女は)直感で判断するから洗脳しやすい。思考誘導された結果、生まれた直感を自分のひらめきだと錯覚しやすい。
自分の直感を信じるから、一度信じれば疑わない
裏切られても理由を探して信じる。疑う技術が無い。
そして、ホモを作り出す為にな。
馬鹿というか、訓練を受けていない。
消費者になる教育とは相反するから都合が悪いのだ
みのもんたが「体にいい」というだけで売り切れだ
サロンが作りにくいのだよ
バーなんて低俗な奴だらけだしな
んだね。自分で製造すると安く作れる
塩と重曹だね、歯磨きは
重曹は使いすぎるとエナメル層削るからほどほどに
砂糖類は飢餓感出るからね
あの手のモノは麻薬と一緒。俺は一日1~2食だけど、なんともない
水を1リットル飲むのは拷問なのに、ジュースなら飲めてしまう。やばいぜ
何かそれだけを摂取して何かが改善するなら医薬品。薬事法にひっかかる。
要らんものを摂らないで人体の自然治癒力や免疫力を高めるのが一番の薬
喰える動植物の知識はあると便利だね。キノコはやばいから避けるけど
風呂で皮膚が柔らかくなると悪魔が入ってくるだったか
相手の手口を学ぶと、大体テンプレだから、基本の手口を知りましょう、と
ワンパターン過ぎるんだよ
百科全書派寄りだから、その手のサロンが欲しいな
基礎学問やっている奴が何故か居ねぇんだよ
だから、簡単にレッテル貼りや詭弁が簡単に引っかかる
弁証法くらいやれよと
金髪碧眼の良い宇宙人
前世系のおねーちゃんに付きまとわれたときは大変だったな
危ないウンタラ号ってアングラ系雑誌は、キ印系のテキスト書いてたけど、本物のキ印の読者が増えまくってヤバかったみたいだね
ネタで書いていたのに、本物が集まって洒落にならない状況に
俺は魔術云々書かないから面倒臭ェのが来ないで済んでる
神秘を否定しないとどーにもならんよ
カレンダー見てやってくる大魔王か
使ってる心理誘導のテクがテンプレすぎて見飽きたな。青汁陰謀論
日本はその手の技術が遅れている。海外で流行ったセールスのテクニックからどれだけ遅れているんだよ
邦訳されていない文献読んでる奴あまりいないんだよ、あの界隈。ゴリ押しだけ
避けると今度は遺伝子組み換えなんだよなぁ
極力避けるけど。まともなものが無い時は喰わない。
人間、食わなければ死んでしまうのだ。誰かから盗んだりだました訳じゃないのだから問題無いさ
Audacityで音を編集しているけど、ラックのアンプやエフェクターで済ませているからノイズ除去くらいしかやってないよ
i7を魔改造して使ってるなぁ
BTOか中古買って改造
そりゃ、発声良くなるわ
前より呼吸が深くなったね
前は過呼吸気味だったけど
精神も安定してきたようだ
呼吸を聞けば精神状態や健康状態がなんとなーくわかる



グッドマン
日本の場合だと「よく頑張った」って称える人が多いけど、向こうの場合は負けたら「ざまーみろ!」という精神だから。


D
俺が会ったロータリーの奴らは兵庫県、やっぱ兵庫県ヤバそう
競馬でメーセージ&シンボルあるから競艇でもありそうだね
三ツ矢サイダーの元を作った奴もロータリー(兵庫
年齢で区別するのもね、新しい視点で勉強されると困るから大人になって勉強は恥と植え付けた
ライトワーカー=宇宙人の生まれ変わり 海外の手法 主にアメリカw
PCは買うならBTOとかが無駄がないと思う、量販店みたいにいらないソフトが無いから

ねここねこ
陰謀論本で示される解決策(笑)にねこたさんがいっている昔の日本人の良さを取り戻そうっていわないのってそもそもそれを知らない奴ばかりが書いているからだろうね。知ってても書かないだろうけど。
陰謀論で有名な成甲書房を作ったのは反日パルチザンの朝鮮民主統一救国戦線・常任議長の朴甲東で1919年3月11日生まれ(日付!)。反日じゃねーか!
成甲書房を作った朴は朝鮮民主主義人民共和国が建国されると、文化宣伝省ヨーロッパ部長になる。金日成の粛清により逮捕、監禁。釈放されると翌年に北朝鮮を脱出し、日本へと逃れて金日成政権批判を続けた。
朴は朴正煕とも親交。 朴正煕に、アメリカに秘密に、中ソとの国交回復のために北京・モスクワに赴く全権密使になることを依頼されるも、その直後に朴正煕はKCIA部長の金載圭に暗殺される。成甲書房の朴は欧州系で反米。
欧州系で反米で反日の成甲書房から出版許可された陰謀論者一覧(ブラックリスト):
太田龍(アイクと仲良し)、
鬼塚英昭、
落合莞爾(ねこたさんのマニ教陰謀論を盗作) 、
ジョン・コールマン、
副島隆彦(エキュメニカルを意図的に無視)、
布施泰和(竹内文書野郎)、
船瀬俊介、
コシミズ(モグラさんに「お前欧州系だろ」って論破されまくって草)。
宇宙人陰謀論者でユダヤ陰謀論者の太田龍『縄文日本文明一万五千年史序論』の出版社が 成甲書房。縄文系うんぬんはカルト思想。全員混血して区別の意味がない。
古代の~族なんてみんな混血して消えてるよ。純粋な血筋を強調するのはカルト。
国際縄文学協会の会長=半田晴久=大本教系ワールドメイト教祖かつ紅卍字会員。 名誉会長=エミリー・ロスチャイルド。縄文系と弥生系の対立って要はツチとフツの焼き直しでしょ。陰謀論出版社人脈に大本系がからんでいるかから陰謀論の黒幕にならない。
フェイド大帝が考古学のスポンサーがカルトばかりってばらしてた。大森貝塚で縄文(←注目!)土器初めて見つけたモースがAPS(アメリカ哲学協会←ノーベル賞受賞者などが入る)の会員。モースが貝塚ほじくるまで それまで日本人が一人も縄文土器見つけれ なかったのオカシイと思わなかったのかって指摘。
国際縄文学協会のHPみると、 1万2000年以上前を強調しているから神智学、エコを強調しているからニューエイジ系。
平田篤胤 「仏教は嫌いだけどキリスト教はOK! ∵聖書のアダムとエヴァの話は日本原産! 漢字は嫌いだけど、ハングルをモデルに神代文字を捏造するのはOK! 日本の疑似伝統を叫ぶ朝鮮半島人脈の和風キリスト教徒のお手本! 国家神道=天皇一神教の原案は私の神学!」
文字の捏造は恥だと思わない平田篤胤の後継者が平田鐵胤で明治天皇の侍講。神職試験が平田篤胤説である皇典講究所(神社本庁と國學院大學の前身)の卒業生が、大本教の出口王仁三郎。
「より古い文明が偉い」って思想がカルト。古くても悪行三昧(仏教用語)なら偉くない。別に外来の王だろうが新興だろうが善政なら別にいいだろ。
(匿名
現代日本人の縄文人由来DNAは10%程度、沖縄やアイヌでも30%程度です
縄文学者の小林達雄氏はとにかく縄文は中国の影響を受けていないから素晴らしいという論調ですね
縄文時代(当時は神代)に文字が無かったことが恥ずかしいから文字まで捏造したのが平田篤胤)
日本超古代文明で思い出しましたが、最近は縄文「文明」とか言い出してますね)

イスラムが商業がらみのロータリーを警戒しているのは当然。イスラムは商人の宗教だから教義作った勢力が商売は詐欺と麻薬こそが最高に儲かるって知っててそれをいかに抑えるか、商人の欲望の暴走を抑えるかに主眼が置かれている印象。法人禁止と利子の姿勢など。
イスラム教は、神の裁きと地獄が、健全な商売の担保となり信者ほど

アプレイウス『黄金のロバ』みるに、イシス教はオシリスの密儀も高位だと受けられるみたい。王様の耳はロバの耳!

私のブログにコメントくれる人の大半が工作員なんだろうな。だいたいが「お前が書いていることはでたらめだ」で草。その根拠が主観的すぎて草。私は、「すごーい!」「いつか、誰かが私を打ち負かすだろう。だがそれは今日ではないし、お前にでもない。」みたいな感じで華麗に無視。

「いつか、誰かが私を打ち負かすだろう。だがそれは今日ではないし、お前にでもない。」このMTGの科白を峨骨さんが言っているイメージで思い浮かべると、工作員のコメントの邪気が弱まる不思議。すごーい!

峨骨‏が紹介していたMTGの「友人は知りたいことを教えてくれるが、敵は知らなければならないことを教えてくれる。」は本当に有用。なぜ儀式をするのか知らないと奴らの行動原理はずっと意味不明のままだ。私のスピ対策質問集は敵のお陰で完成した。私に絡まなければ作らなかったのにねえ。

ねこたさんはデュエル・マスターズの分析しているけど、これはマジック:ザ・ギャザリング(MTG)派生だからMTGの分析もやってほしい。デッキをライブラリー=図書館と呼ぶとか。
藁人形論法って名前からして偶像攻撃儀式っぽい。 ゴブリンの戦術家「俺以外の全員──突撃!」←このカードがあてはまる事例が多すぎる!この場合は藁人形に突撃させる。
死者を祀っているところは基本的に避けるべきで行っちゃいかんよ。  MTGメインデザイナーのリチャード・ガーフィールドは計算科学の科学学士。ベル研究所(起源はグラハム・ベル)に勤務した後、ペンシルベニア大学で統計学を専攻。

MTGも土地がないとマナが出せないから死ぬ=負ける設定。餓死も想定してそう。 
MTGは支配層が大好きな多元宇宙論。次元を渡れる能力者「次元を渡り歩く者」(プレインズウォーカー)になれるかは生まれつき決まっていて「灯」と呼ばれる素質を覚醒させないといけない。あれ、グノーシスでは神性を火花というよね。ストア派のロゴス=神は「技術的(創造的)な火」と呼ぶ。
泥棒の守護神ヘルメス(生まれてすぐに泥棒)を崇めているから奴らが泥棒でおかしくないよ。 
MTGで最強クラスの魔道士になれる素質である「灯」は原文だとThe Sparkスパーク(火花、閃き)だから誤訳。火花!グノーシスとストア派が元ネタだ!
グノーシスだと人類全員に火花があるとする。MTGは選ばれたごく一部のみ。選民思想で改悪しているね。意図的な誤訳疑惑。セプチュアギンタもヘブライ語聖書に誤った母音を付けて訳したんだろうな。
魂は心臓にある(ストア派)。イブ(心臓)は魂の一部であり感情、思考、意志の座(エジプト)。心臓を捧げよ!(進撃の巨人)は意図的だね。

もともと知らない内容を口頭で聞いてもよくわからないからコメントできない人が大半でしょう。真に重要な箇所は文字で見せないとね。
私のイスラム圏でのメーソン禁止についての英語版ウィキの要約と『グノーシスの神話』記事より引用する。
“ストア派のクレアンテース『ゼウス賛歌』(ストバイオス『詞華集』に収録)を引用する。…
万物の中にあまねくロゴスをゆきわたらせ…敵対するものも友となる。…善きものを悪しきものに結び、あらゆるものを一つに調和させただ一つロゴスを万物の上に永久に在るものとされた。…
ストア派ではゼウスは…
実質上は宇宙万物に内在かつ遍在し、すべての事物を導くロゴス、つまり万物の理法と同一である。
この理法は世界の中に現れる悪をも善きものに結びつけ、あらゆるものを一つに調和させる力である。
まさしくストアの予定調和説である。
ストア派はこの理法・ロゴスが大宇宙の中では恒星天(地上から数えて第八天)にもっとも濃密に宿っていると考えた。そこから地上に向かって七つの天を下降するにつれて、その遍在の濃度は薄くなってゆく。地上では人間種族がそれに最も多く与っている。
さらに小宇宙として個々の人間の内部でも魂が八つの部分からなり、その全体を統括する第八の指導的部分
にロゴスが宿る。
こうしてストアでは宇宙万物と人間がマクロコスモスとミクロコスモスとして大小の同心円として対応する。”
もっとゆっくり読むんだ。説明がわかりやすいのは私ではなく『グノーシスの神話』の著者だよ。

『グノーシスの神話』の著者いわく、チャネリングにあらわれるニューエイジ的世界観はグノーシス主義ではない。
グノーシスは世界を巨悪とみて、それを拒否あるいは逃避して生きようとする。
他方、新霊性運動あるいはニューエイジでは、すべてを受け容れる愛にみられるように、世界は調和的とみる。。
ニューエイジ運動の世界観では、目に見える宇宙的世界(コスモス)の中ではすべてが調和的に完結しうるのであり、その外部でしか解決できないような悪は不在。
その点では、ニューエイジはストア哲学の世界観のほうに本質的に似ている。
ストア派は古代グノーシスの対極。
ニューエイジのいう人間がそれぞれ分有する神性の観念はストアの言うロゴスに対応し、
カルマの法則もストアのいう宇宙の理法(摂理)に含まれるといえよう。ストアもまた宗教と倫理と科学(自然学、心理学)を統合した「科学=宗教複合的な世界観」である。
巨悪を不在とし、個人的な悪も調和的に解釈するイデオロギー。
個々人の災いも、万物を貫く理法=ロゴスあるいは自然と一致して生きるための訓練であり、やがては全体の善に仕えるものとなるはずである。
ストアも調和的思想体系である点でニューエイジと同じ。
ニューエイジはストイックで内向的。
ニューエイジではグノーシスは擬態的に見出されるに過ぎない。
ニューエイジ
=グノーシス+ストア派。
弁神論=善の唯一神が悪を創った矛盾に対する言い訳 
の都合から、悪については調和的にした。矛盾を少なくするため。
あとグノーシスの悪観念だと広まりにくい
ヤマギシ会所属歴ありで「大本教は研究しない」宣言をした島田裕巳『日本の10大新宗教』の私の記事がある。自我を無くしたいならヒンドゥー・バラモン・ヨガか仏教の修行すればいいじゃん。ヤマギシもわざと間違ったやりかた=リンチをやっているね。抑圧されるだけで全然我執が消えない。

マクロビオティックの創始者である桜沢如一の日本CI協会は、1950年頃は「世界政府協会」と称してた。 「半農半X」の塩見直紀の活動拠点が大本教の本部がある京都府綾部市。若杉ばあちゃんも在住。
若杉友子(1937年生まれ)の座右の言葉が『天産自給』。大本教、出口王仁三郎師の言葉らしい。2013年3月11日、京都の綾部で野草料理家の若杉ともこさんと出口春日(はるひ)さんによる大本勉強会があったらしい。出口ハルヒ。涼宮ハルヒ(=神)の元ネタでしょうね。谷口は谷口一族(生長の家)でしょう。だから大ヒット(予定調和)。大本のボスは神って言いたいんでしょ。
ロドリゲスといえば日ユ同祖論と中ユ同祖論の源流を作ったイエズス会士を思い出す。日油同祖論の英語版ウィキのほうが日本語版より中核を書いている法則。
哲学も宗教も社会システム。外部への行動に影響するのにただの心の問題とかただの人生訓なわけないだろ。
真に一神教なら聖典の改変は許されない。翻訳すら改変に当るので解釈者(ラビやウラマー)はヘブライ語とアラビア語で読む。真に一神教なら法律書=聖典の解釈書。日本の法律書は西洋由来で聖書なんて出てこないから一神教精神ではない。
耶蘇教は聖書より上の本があるから一神教ではない。「ダンテの神曲、ミルトンの失楽園、ギリシア哲学などにもとづく神学者の勝手な解釈と妄想(聖書に書いていない)>聖書」。絶対にイスラムとユダヤ教ではありえない。
ダンテの神曲はイスラムの影響を受けているのに取り入れたカトリック。

飲食物と日用品、特に女子供向けに毒を混ぜる理由は極限の女子供嫌いからだろうね。女子供嫌いは中世カトリックからきっちり受け継いだプロテスタントと新キリスト教。女子供が大嫌いでカモとしか思っていないんだろうな。処女懐胎と三位一体に女がいない時点でわかるけど。

洗礼を受けていない赤ちゃんは悪魔だから死んでも別にいいって言ったのも(中世)カトリック。しかも赤ちゃんは悪魔だから洗礼を嫌がったのがカトリック。優秀な医者である産婆を殺したカトリック。
カトリック「性行為で生まれる赤子は悪魔につかれている。洗礼を受けなければ自動的に地獄に落ちる」。人類史上最悪のごみ候補。 教義の根幹にかかわるから今も謝罪(のふり)してないだろうな。ゆっくりと学ぶ吸血鬼 第8話後編その2『女神ヘカテと魔女と吸血鬼』の動画オススメ。
ねこたさんが食べているの私が避けているもの多いね。映像なしのほうがいいのでは?ぜんぜん使っていないし。産地偽装対策の一つが、物理的に日本で作れないあるいは西日本でしか作れないとれない食材を選ぶこと。
カメラに何かかぶせないの?)


2017/5/1~5/2
魔法少女と中東のイルミナティ 陰謀論のお茶の間 in どこか
魔法少女と中東のイルミナティのお話
https://live.fc2.com/7179598/?t
(コメント抜粋
リトルウィッチアカデミアの新OPがYouTube公式で観れますが、ねこたさんのツイート通りで世界中の様々な国・人種の魔女がルーナノヴァに集結している感じがよく出ていますよ

大田俊寛先生の宗教学本では古代のシャーマンと精神科医が同じカテゴリーで笑いました

最近出た戦国時代の日本人奴隷を調べた本を読んでも、人身売買を正当化するキリスト教社会のご都合主義っぷりがすごい
キリスト教徒じゃない日本人(他のアジア人も)は人間ではないから奴隷にしてもOKという理屈でした
「大航海時代の日本人奴隷」という本で、ちゃんと一次資料にあたって書かれたものです

商売繁盛だとお稲荷さんが多いですね 江戸時代以降に作られたブームというのはもぐらさんのブログで知りました

鹿は日本でも古代から神の使いですね 弥生土器にもシャーマンと一緒に描かれています
縄文など狩猟採集時代には鹿はいちばん大事な食料でした 角や骨は道具にも加工しやすいですし

マトリックスもシステムが敵だってバラしてましたね

国家神道が和風キリスト教だというのは衝撃でした
以前とまべっちの番組を観たら事務所にフルールドリスの壁掛けがありましたよ
だからもぐらさんは、ゲームの達人のおっさんに潰されたのか
(支援と称して金を渡してから、返せといったな)

フルードリスはドラゴンアッシュ(青山大)が大プッシュしてたなぁ
もぐらブログは今となっては情報が古すぎるから、子子子子子さんのブログを読んだ方がいいっすよ
もぐらさんは2chの国際情勢板にいたころから異彩を放っていましたね

リトアカ今回はアッコが名門男子校に侵入してホーリーグレイルを盗もうとしてました

充電しながらやるの気を付けて下さい。 スマホが熱くなったら、辞めた方が良いですよ。 そのまま続けるとバッテリーが膨張してパンパンになります。

wikiだと クルアーンにおける第89番目のスーラは暁である。 だって、イルミってことかな?

ねこたさんがしてた女性の智者の話で思ったのが、ハガレンって男の錬金術師しか出て来ないのに、煉丹術は女性道士なんだよね。やっぱ意味あるんだろうね
お嬢様ってサイコパスみたいな人が何気に多くてこわい
最近はアッキーのおかげでお嬢様のやばさも少しは知られたかも
お嬢様ってナチュラルに人を選別しますよね
造り酒屋のお嬢さん知り合いに何人かいるのですが、仏教徒なのでそういうのなくて。
でもキリスト教の名門学校出身なんですけどね。>造り酒屋

傾国の美女みたいなのの量産化に成功したのがお嬢様なのかな?
ホモが女嫌いのホモを増やす為にお嬢様を量産してるとか、悪夢じゃないか・・・

松下政経塾はおっさんみんなで風呂で体を洗いっこする伝統があるとか聞いたことがある・・・
この間スピンに利用された成宮寛貴は、ケツ成り上がりだったね
ファッション業界なんてホモばっかだぞ
ホモが多いから、女性のふくよかさを否定するファッションばかり作る

伊集院光が落語家弟子時代にシャワーに入っていたら、ある師匠が入ってきてお尻を触られた話をしていたなぁ
ファッションモデルのガリガリで背が高い体形は、ホモおっさんの理想の少年像の投影みたいよ
ファッション業界の人が書いてますた。その人は女性です。
ニコニコ動画なんて淫夢っていうホモジャンルが大人気だしね
日本でも戦国武将はそうですね衆道
長野の神社で武田信玄が高坂弾正に出したラブレターが展示されていました

ハリウッド映画で刑務所が出てくると絶対ホモ出てくるよね
中曽根が女装癖のあるホモだっけ? 夜になると仲間を官邸に集めてたとか
生まれ持ってホモな人は別に何も思わないんだけど、わざと増やそうとするのは嫌悪感しか感じないです。
ホモにあこがれる女性が腐女子と呼ばれるのがおもしろい
ホモとか色々、すごく恨みで動いてるんですね。すごい執着だ…。仏教徒には理解できない感覚ですね。

学生服は明治時代の軍服が元ですね
そういえば、服ってほとんど素材を除いてイノベーションが起きていない気がする。
ファッションは、インターカラー(国際流行色委員会)が二年前に今年はやる色を決めてる。で、今年は緑

常に相手の土俵(西欧思想)で戦っていたら勝てませんよね

多分、労働教のせいだよ。自給自足社会では男の自殺率は低いと思う
狩猟採集社会では男はライオンのオスと同じであんまり働かないみたいです
デザイン系の業界いたことあるけど、カルトの人多かったなぁ
お嬢様はヒス系でも天然系でも思い込みが強くて怖いんだよなぁ
カルトもマウンティング野郎も、強面だったりマッチョだとビビって一切手を出してこないけどね。やっぱり、耶蘇系思考の奴は卑怯なんだよ
精神科医って、最後は自分が病むんでしょ? 医術としてどうなの?
ハリーポッターで、マグルとか言って一般人を差別してる描写があるけど、あれが魔導師の気持ちでしょ。身内以外にはなにしてもいいって考えじゃないの?

年金記録って派遣の外国人が書類処理してるんだっけ?無茶苦茶だよね
それで僕の記録も消えたんだな 職員に「うそつき」って言われたw

ivory
聞いた限りだと金集めor話題作りの為に表面的な特徴だけ繋げて、それらしく言葉で信憑性を持たせた理論だと思います。>日本ケルト同祖論
形のなくなったローマの話?を聞くたび本当にゾッとする
フルードリスってミツバチの形を変えたものとも言われてますね ミツバチは欧州じゃ色々と深い意味のある虫ですし


峨なんとか
定義が明確でないから簡単にレッテル貼りに使える。
あとは深く考えさせないで済むし、定義が無ければ解釈できない。解釈する者の言いなりになる
そういや、そろそろアルテミスの誕生日だな
試練与えている気になっているのもあるだろうな。
カーネギーメロンのとまべちの解釈本は酷いね(笑
苫米地は聖マウリツィオ・ラザロ騎士団大十字騎士
イタリアのサヴォイア家
話し慣れたのか、発声がよくなっているね
お嬢様……うっ、トラウマが
アッキーはテンプレだね。よく苦しめられたよ
暴走機関車。
お嬢様を漫画の世界で夢見ていられる人は幸せだね
あいつらに理屈は通じない
パンドラはもうちょっと可愛げがあるはずだ
(ホモでなりあがりは)
音楽業界にもよくいるぜ
新宿二丁目出身の芸能人も居るよ
売り専(男に体を売る男)上がりも結構居る
ジャンポール・ゴルチェなんてわかりやすいね
俺は売らなかったけど、結構いい金出すよ
近頃は奨学金払えなくて男に体売る男(ホモでない)も居るみたいだね
大学時代、指導教官がホモだったけど好みの男と二人っきりにすると単位くれて便利だったなぁ
ゲイバーにも連れて行かれたけどね
AVもゲイを作るのに役立っているだろうなぁ
注視と同一視。女優に注視すると、そっちに同一視する訳で。
自己愛の延長だからでなはいかな
(女神信仰はアイドルヲタの原点ですね)
アイドルって直訳すると偶像だからねー
ホモは女みたいなメンタリティだったなぁ
女役だったからだろうけど
男役をしてほしいホモは結構多い
何処にも書けないようなエグいネタは結構あるよ(笑
性欲処理のためにホモになる、結構あるね
英国紳士は変態だよ
(英国紳士って小児愛者もおおいよね)

んだ。着方がなってない
(日本は蒸し暑いのに、夏でもスーツだもんね。どうかしてるよ)
日本のスーツは作業着だ
(ネトウヨオッサンたちは、なぜか和服着ないでスーツ着てるよね)
ジャージだと信用されないんだ
スーツ着てたら信用される。だから、空き巣荒らしはスーツだと簡単。俺はやらないけど
(泥棒がスーツ着てれば、日中住宅街をうろついてても怪しまれないからね)
バーの上級国民にもそれはあるよ(笑
(ありますね。持ってるペンでも判断されるそうです。>マウンティング)
会員制の店も出入りしていたから、確かだよ
バニーさんが居る店ね
あの人はどこそこの社長さんだとか会長さんだとか教えてくれる
(あとは履いている靴を見るみたいですね)
靴はわかりやすいね
面白いよ、あの世界の人々は。簡単に誘導できる。
麻生はスーツに拘ってるな
リッツ・カールトンはうすっぺらいね。バーを見れば大体ホテルの格は解る
(私はそういう思考をアンインストールしたくて、ねこたさん読ませてもらってます。)
んだ。相手の一番嫌がる事をやらないと意味が無い
女の直感や霊感(宗教的なものではないよ)を低下させるような教育しているからねぇ
男性化した女でもある
お嬢様学校はある種、男社会みたいなもんのじゃねぇかな
ヒエラルキーの作り方は一緒だぞ
(片方の性別を一か所に集めると、その集団の中で男役女役が生まれる気がする
女子校での王子様的な憧れの先輩、とかいますね。)
耶蘇教の支配圏内だけじゃないかな? 東南アジアとかだとおっさんは自由にふらふらしてる気がするなぁ
あるある。よく自殺に巻き込まれた
路上ライブやっていると訳アリが集まるのだよ
女だらけの職場はキツいよ
あれは死ぬ
血尿出て、「辞めよう」と思ったね
カルトに論理なんか通じないね。潜入した時にわかったよ。
車で(わざと)拉致られて、脱出したよ(笑
カルトはかろうじて言葉が通じるけど、お嬢様は言葉が通じない
家にもたまに来ていたけど心理操作したほうが手っ取り早かった。言語は通じない。
脱洗脳は別の洗脳
俺の周りに心理操作するヤツは居るのに、俺に仕掛けてくれないからネタにできないのだよ
心理学の重要研究集に目を通しておくと大体読める
俺は技術を悪用するヤツはくたばれと思っているよ
俺もやつらの技術利用しているんだけどね(笑い
私利私欲の為に使わないという近いを立てているから使わんよ

jiangmin
日本人には漢籍の訓詁学がある。
↑アレクサンドリアからバグダードへ -占星術の歴史- PART1/8
星の名前のはじまり―アラビアで生まれた星の名称と歴史, 近藤 二郎

薬害ぞんべー
賢くなって欲しくないから悪魔って付けたんだね。
西暦とか年の数え方自体キリストの死を基準に数えてたり耶蘇基準が出来上がってるのなんでだー
検証できるものだけ、言葉で共有できるものだけ使っていくのが陰謀論検証だっけか
陰謀論者って、利権に不利な情報流しても宗教に守られてるならある意味安定して情報流せる人だね。個人でやると潰されそう。

クロウ
多様に解釈できるようにわざと抽象的にいいますね占い師
仮面ライダーフォーゼは占星術vs科学でした
あ、秋葉原は裏路地のはずれにいけば行くほどpc安いですよ
箱入り娘ってパンドラのことだったのか!
ケツ社員からくるワードセンスすごいww
宝塚ってレズ多いイメージあります
饗宴のソクラテスくっそ笑ってしまった
やーさんもスーツ
会社って登りつめた役職が捨てるの勿体無いっていうのもあるのかなと思いました。
物理でなんとかするしか
身内が神道系のカルト宗教脱退したんですけど
教祖が死んで、教祖全然力ないじゃんってなってやめたみたいです
カルトの勧誘きたらソクラテス問答法ごっこしたい

ねここねこ
差別用語認定すれば差別を創り出せる。耶蘇の手口。 ビッチ(雌犬)はアルテミス=ディアナの持つ最も聖なる添え名。差別用語か知らないが悪名に変えたのが耶蘇。つまり、リトルウィッチアカデミアはリトルビッチアカデミア。

元ネタ考えるとマリアは文字通りビッチでルシファー(正しい聖書解釈)って耶蘇神学者に言ったら怒られるだろうな。 魔術の女神でもあるヘカテーはディアナと同一視される。リトルビッチのダイアナはディアナだからルシファーでありビッチ(聖なる称号)でありヘカテーだから学院史上最高の実力。

大田俊寛先生の『現代オカルトの根源』は必読書認定した私。大田俊寛先生は日ユ同祖論を否定しているのが重要。AUMの元ネタが神智学でナチズム入っているってばらしたのが素晴らしい。

アルテミスの誕生日であるタルゲリオン月の6日前後に起こるであろうこと言っておく。鹿、熊、犬(ディアナと同一視されたと前述)、弓、月、女の子がらみの事件とニュースが増える。去年も増えていたっけ。

占星術と星座の知識がないとリトルウィッチの話は意味不明だよ。リトルウィッチは熊関係の星座が重要。熊がらみなら旧約聖書のエリシャが子供に「ハゲ」ってバカにされたので、二頭の熊を召喚して子供を42人殺した話があるが、エジプト神官が坊主だったことと関係あるのかも。

日本ケルト同祖論って何?日本列島に住んでる人(これ日本人なの?)がケルトまで行ったってこと?デマ臭いね。
船長は新約が愛読書でフラットアースなのに原始仏教徒(農耕禁止)で農耕している矛盾のかたまり。古代史の資料出さないし。ストア派重視は評価している。

なぜ船長が掲げるシンボルが西洋の4分割盾に666トリスケリオンなんですか?船長は仏教についてあまり知りませんよ。

国家神道のモデルが平田篤胤で、平田篤胤が耶蘇だったことは意外と知られていたけど陰謀追及に絡めたもぐらさんは偉大。エキュメニカル、選帝侯、ユダヤの定義は定義になっていない(ユダヤは893利権名)、哲学的思考法、情報判断の仕方など土台を整備したからすごい。

般若心経を曲解しまくる、とまべちの仏教解釈本なんて読まずに原典のスッタニパータの翻訳を読みましょう。

ルミアの母(金髪碧眼)が「アルザーノの白百合」で、英国女王がモデルって露骨すぎる。ナムルス(白髪赤目=アルビノの天使)の件は知っているよ。私は1巻と6巻は読んだから、ナムルス(ルミアそっくり)がルミアの持つ天人の要素の一部なんじゃないの?

魔煌刃将アール=カーン強すぎだろ。あれで影だもんな。魔王はヘルメス・バロール・オーディンの三位一体だろうね。アール=カーンの武器、
左手に持つ魔術を打ち消す赤き魔刀「魔術師殺し(ウィ・ザイヤ)」
・右手に持つ霊体そのものを傷つけられる黒き魔刀「魂喰らい(ソ・ルート)」の名前の元ネタに心当たりがありますか?

禁書目録ってイスラム出てこないよね。ロクアカに戻るけど、アール=カーンの影が学園地下迷宮地下89階で門番を務めるけど、なぜ89なんだろう。下に何があるか分かっていてその上に学院を作ったよね。学院作ったやつが怪しい。

ヨクシャー(どうみてもヨークシャー)地方にあるアルザーノ帝国魔術学院は修士生や博士生を含めると1800名ほどが在籍(666じゃねーか)。女生徒がへそが出ている制服って若い男ほいほい以外に意味があるのだろうか?

ヨークシャーの紋章は「ヨークの白薔薇」。学院のモデルがわからない。シェフィールド大学、リーズ大学、ヨーク大学など特定出来ない。

マナを感じるために腹を出しミニスカ?男は短パンでへそ出しルックにはしない謎。

クルアーンで調べてくれてありがとう。89. 暁 (アル・ファジュル)ってアルザーノのアル(冠詞)か!中身は審判の日。アール=カーン(これも「アール」だからアラビア語なんだろうね)は審判者=門番。

タウム神殿だからマニ教で調べると、マニが最初に中世ペルシア語で記し、彼の庇護者ともなるササン朝第二代の王であるシャープール一世に献げた『シャープーラカーン』のカーン?ペルシア語には不定冠詞はない。定冠詞の働きをするی i という後置詞がある。ペルシア語ならアールやアルはつけない。

アレクサンドリアからバグダードへ -占星術の歴史動画の山本啓二氏(京都産業大学文化学部教授)。山本 啓二 | 京都産業大学のサイト行くとプロフィール画像が右目に眼帯で左目出しで草。

ニコ動は耶蘇原理主義で同祖論否定派側なのに、レスリングと、い/ん/むというホモネタが大きなジャンルになっているから露骨。ギャグにしているから馬鹿にする意図かもしれない。
(匿名
ニコ動はカトリックの麻生の親戚が持ち主だから、ねここねこさんの話通りかも)

パンドラって見た目だけいいバカ女=災厄ですよね。 『マギ』にマギ、らんま(両性具有)、セリカが三つ編みなのは三相一体のシンボル?特にマギは男も三つ編みだから意図的。

イタリアもフランスもカトリック圏だからバチカンの影響はあって当然。 リトルウィッチ最新話で男子校でアマンダが男装して決闘して男に勝利。聖杯探しも入っているから、ケルト+女性優位の話)

>あるある。よく自殺に巻き込まれた 「一緒に自殺しませんか?」って言われたことありますか?
(峨骨
一緒に自殺は無いかな>ねここねこ
殺して欲しいはあったよ>ねここねこ
メンヘラはね、誰でもなるよ
俺もその系統の話はしたくないな。ゴミしか無いから)

リトルウィッチ見ると、筋肉と物理は大抵のことを解決してくれることがわかる。カルト脱会させるにはカルトに匹敵するショック(物理攻撃とか身近な人の死とか)がないとダメだろうね

アラートの音を小さくできないの? びっくりするし何言っているのかわからなくなる。  とまとさんが日本の役員が下っ端にセキュリティ任せたり、住所を年賀状とかで教えるあたり無防備っていってた。要は明らかな悪に直接攻撃を加えないことが諸悪の根源。イスラム圏は明らかな悪は直接攻撃食らうから正常。日本も昔は一揆とか直接攻撃だもんね。おねしょた兄貴も悪は直接殺せば解決するって言ってたね。

>私利私欲の為に使わないという近いを立てているから使わんよ  本格的正統ヨガや密教や仏教は修行第一段階が道徳を守る宣言。師匠に「守ります」と何度も声に出すことで強力な道徳的縛りをかける。もちろんカルトはやらない
(峨骨
師匠は居ないけど、そんなペテンみたいなものでどうこうするのは格好悪いからね。))

ねこたさんは下ネタはダメだけでビッチはダメと言ったけど、うんこはいいの?
コメントしようとしてやめたコメント↓
メス犬の息子を意味するson of a bitchは元はキリスト教用語。
このサノバビッチは現代は罵倒語だが、
本来は異教の女神の霊的な息子という意味。
異教徒叩きが日常語になった一例。


Desty氏の質問に答える 陰謀論のお茶の間 in どこか
生のフリーメイソンの情報をもたらしてくれたDesty氏の情報に答える。
https://live.fc2.com/7179598/?t
(プラス
うちの母天理教信者

匿名
第一次世界大戦ではメイソン独自のシンボル付けてお互い避けたという話も
なんかこうイエズス会と薔薇十字団が中心にいるよね
スーフィーをゲームの達人が持ち上げてたから、かんけいはありそうですね
満州国作ってネストリウス派の痕跡消してたのかも
イラクとキリスト教知らなかった
イスラエルのシンボルもイエズス会が本格的に動きだした後に出来たもんね
ただ属性だけでつなぎ合わせるって詭弁というか論理学的にアウトだよね
シンボルで刷り込みされてない日本人はザビエルを追い返したよね
親の世代から完全に天皇制に洗脳されていて、「天皇は神」の観念から抜け切れない世代には天皇制=インチキ耶蘇教 というのが最も説得力があります。ただし、インチキ耶蘇の意味が十分に分からないとダメで、そこが問題なのだけれど。
独・マックスプランク研究所のJanet Kelsoのチームは現代人の遺伝子の中に、ネンデルタール人やデニソワ人との交配によって残り続けている「彼ら」の遺伝子をさがしていた。
目をつけたのがTLRの遺伝子。これまでの研究データもとにピックアップした。TLR(Toll Like Receptor)は細胞の表面にニョキニョキと生えているタンパク質。免疫で非常に重要な役割を果たす
血筋の概念がね。全ての人類は最古の血筋から始まっているわけで。
関係ないかもしれないけど。白人は納豆の研究をしつこく延々としているそうです。だから遺伝子組み換え大豆?
納豆は菜食主義者だったヒトラーのお気に入り
遠まわしに日本ディスりまくってるけどさ、甲骨文字や漢字の発達の歴史は?
祇園がシオンだってのと同じ理屈ですね、祇園精舎の祇園なのに
文字と音って英語みたいにズレちゃうことありますからね
大母音推移が起きていたのに印刷技術で今の音と文字がgdgdにw
書記文字は取り換えられる。つまり、書籍はいくらでも書けると。
明治期に翻訳語を作ったのがメイソンリーの西周ですね
近代って自国語を作っていた時代ですよね
日本語って逆に音よりも文字がメインな感じがしますものね
肉体=卑しい → 肉体労働=卑しい、ですか?
キリスト教=肉体嫌悪か。前身のケルトは霊肉同一、ゾロアスターで二元論、キリスト教で霊肉分離か・・・?
自分がしたくない、というのは分かるのだけれど、肉体労働に支えられてるお前はなんなんだよ、と思う。
そういえば、地元のお金持ちの子が行くカトリックの学校は、「悪い虫がつかなように」て高校の説明会で言ってたです。兄がそれ聞いて怒ってたw
親がすでに洗脳されているのかも。娘を大事にするのは親のエゴだということに気づかない。私が知っているお嬢様は、晩年あまり幸せではないみたいです。自分で気付かない限り治らない。耶蘇教が元凶だということを誰か教えてあげて。ねこたさんの考えは正しいと思うけれど、今の一般の日本人にはそういうこと思いも及ばない。
自殺考えてる人に中田先生の本をプレゼントしたら結構明るくなったよ

ホーソンの『緋文字』なんかはピューリタンであることの辛さや卑しさが凝縮してるよね
牧師と女性が姦淫して女性だけが罰せられる話>緋文字
浮気したら女性だけがガンガン責められる話なんだけど、周りの人の態度が卑しいのよw

コンビニの募金箱に「ロータリークラブを通じて活用されます」とあって、入れなかった^^;

なるほど。私結構いらないものをタダで回してたんだけど。良いことだったんだ。イスラム的にも。

建て替え年数なんてメーカーが言ってるだけ。
井筒先生の本、読み始めたばかりですが、イスラム教徒のほうが人間としてまともに生きられそうだと思いました。
あしながおじさんとかも、お金持ちが孤児院に事前をする話が結構出ますね
支那・朝鮮系の官僚的支配者の思考回路も、弱者に厳しいね
こっそり集合住宅の入り口にいらないもの置いてくるんで、繋がりはできないんですけどね。
家畜奴隷には横のつながりをもたせない、個人主義の実態か
個々に分断させて、下々を依存させて支配する・・・ だねえ
貧しいことが卑しいことでない。>横の助け合い
2500年前の中国の支配のノウハウで古典の管子で牧民編ってあるんですよ
まだ中国は 衣服足りて礼節を知るで、結構 民百姓をうるおしてやってから搾取してるからまだ賢い
民を牧場の牛のように面倒みるって意味です
バカを統治させるってもまだ組織が大丈夫って事はエゲレスでも、バカを裏で操ってるって存在がいるってことですか?
裏の操縦者がしっかりしてるからバカが上でもってことですか?
西原さんもメイソン関係者か、と思うと好きだったので複雑。
バニヤンの詩にもコンパスでてきませんでしたっけ?


薬害ぞんべー
私、蛇が昇ってくマークのスキンケア捨てた。敏感肌用も嘘じゃ〜ってわかったし。
漢文よりも英語に力入れる学校とかも言語破壊?

jiangmin(わ)
イエズス会とモルモンの語学教育は有名。
劇画作家の平田弘史は先祖代々天理教だったが棄教したそうな。
農業⇒太陽信仰
航海や遊牧など長距離移動すると、北極星などの動かない星を信仰するようになる
古代日本では太陽信仰だったが蘇我氏が入って来てから一時期シリウス信仰になった。シリウスは南の北極星。詳しくは栗本慎一郎『シリウスの都 飛鳥』を参照
中国の占いの紫微斗数の紫微も北極星のこと
そういえば中田氏を担いでる豊島区のバーエデン怪しいよね。
天皇は諱。生きてるうちは天子
中国の常識らしい
そう、だから、明治日本が生きてる王に天皇号を冠したのは、中国から見ればカルト
そういえば、『極東シベリアの考古学』全3巻をお薦めします。ロシア語の論文集の邦訳
斎藤成也『DNAから見た日本人』もお薦め。日本だけに全てのDNA型が生き残っているという話。日本は他民族国家
シュペングラー『西洋の没落』
オヤジギャグ語源噺はだいたいゴミです。
言語と文字を一セットのものととらえるのも現代人の偏見。
近代以降でも国策で書記文字を取り替えた例は多い。トルコとか。
松本克己『世界言語への視座』がお薦め。
古代ペルシャ語は楔形文字
中国も漢字が共通だけど話し言葉は通じない
ロシア語の正書法改革は実は革命前から準備されてた
つまり革命とは関係ない
岩波文庫の『千字文』を読みながら智永の『真草千字文』で習字をやろう!
ロシアとトルコの「第二言語としての国語」の研究を振興しないとESLに負ける
ところが日本などのロシア語学科には非スラブ人の第二言語としてのロシア語を研究している教員は専任にいない
語族の系統樹は図書館で言語学事典でもみて
淑徳与野とか調布双葉とかって二軍なん?
日本の大企業は幹部候補のホワイトカラーも全員現業をローテーション研修で全部経験するよね。
藤原肇は石油会社を興す前に、全行程を経験するために、油田の坑夫までやったそうな。そこまでやって初めて全体が見える
本物のお嬢様は一戸建てでは。集合住宅住まいは下層
戦争景気でコモディティは短期で上がりますよ。田中貴金属で金地金を買うべし。
麻布にあるサウジがやってるアラブイスラーム学院で2年間のアラビア語コースを修了すると、イスラム圏の大学に留学する際に推薦状を書いてくれるらしいので、それで留学するのもお薦め。
そういえばサウジが豚肉を輸入しているというニュースがしばらく前に出ておどろいた。


うさぎもっちー
始皇帝が文字だけを無理やりまとめた>中国
自国の文化の元となっているものを辿れない、勉強できない、ということが何を意味するか。>漢文をしない
〇〇語、というもの自体も作られた概念。スペイン、ポルトガル、イタリア語、は、普通に通じるし、方言みたいなもの。トルコもその辺がものすごくデリケートな問題になっている。
トルコは単一言語を標榜してるけれど、実際はたくさんの全く違う語族の言語がたくさん国内にあって、それが厄介な問題に。まあスレチですが。
あー、そっかー、私の雇用主は多分お嬢様だったんだ。>契約書なしのバイト先 社員から色々言われてた^^;


クロウ
星々の多神教を潰すために太陽神崇拝を広めたっていうのもありました
耶蘇はマイナスからのスタート


D
北朝鮮のミサイルも名前が北極星ってどう解釈すればいいのだろうか
だから死ぬ時天皇万歳と叫べと洗脳してたんだな<死の儀式疑惑
戦闘機は上から見たら十字架

峨骨
薩長神社に拘るね。薩長軍人が祭祀を行った東京招魂社、靖国は戦勝祈願の神社で薩長閥、明治政府の為に戦い戦死した兵士を北欧神話で言うところのエインヘリャルのように祀り、死しても尚、戦いに備えさせる場所。慰霊なんて建前だ。中央に構えた大きな本殿に対して、隅っこに小さくあるのが慰霊社。
改名前は東京招魂社。招魂は中国の道教や儒教由来で死者の魂を招き、鬼として守護させる儀式。招魂場の発案は高杉晋作。長州藩を中心に建設され招魂社の原形となる

明治前の日本ですら藩を跨げば別の国だったくらいだしな。同祖なら、何故あそこまでばらばらなのか。

言文一致運動も燃やさない焚書と言えるだろう。明治以降に西洋の書籍や物事、概念を翻訳するために大量の言葉が作られた。そして膨大な数の同音異義語が生まれた。片仮名語が増えたのは戦後な。明治の中央集権の為に共通規格の標準語 が求められ、言文一致の文学が共通規格の標準口語成立を助けた。

同祖同祖言う癖に、ブラジルに棄民した日本人(日系ブラジル人!)を外国人のように言うよな(笑

日本は変だよな。書き言葉の文化なのに、書面の契約が軽い。言葉の文化ならば言葉の契約が重い。

お嬢様は異教徒というより宇宙人みたいなものだ
「私がこう思うから」で済まされるから、理屈が通じない
お嬢様はスーパーご都合主義
麻生の洗礼名は「フランシスコ」
韓国系キリスト教の中小も契約書無かったなァ

内部進学上がりはお嬢様だね。大学からだとキャバ嬢みたいだけど
SSK淑徳、杉山、金城
うん、純金お嬢様怖い
お高くとまっているお嬢様は見なかったな。常識が通じなかったけど
いきなり家にやってくるのもマウンティングだったのか
現実で来ちゃったとかやられると怖いよな
玄関前で座り込まれるよりはマシだけど
しかも、「娘にまとわりつく悪い虫め。来い」とか親から呼び出し食らって、「すまん、娘の暴走だったから来なくていい」だからなぁ
「傷物にしやがって」とか言われても、怖いから手を出さんよ。俺にも選ぶ権利があるというのは理解して貰えなかったな
ガキの頃、小学校の校門で純潔キャンディ配ってる奴等が居たなぁ
メディアの影響もでかいだろうな。アニメなんかでも日本だとマッチョがギャグキャラ
学祭招待された時は地味だったなぁ>金城
社会人って概念は歪だ。生まれたらその社会の構成員、社会人なのに日本では限定的・特権的なものになる。
増税前の駆け込みでも上がるだろな
切捨て教
遠くの貧乏人助けるのはあいつら好きなんだけどな
金でしか関係性を作れなくする、と
卑しいことが豊かである。聖なるものと邪なるもの、あらゆるものをひっくり返す
ブレイクは神曲の挿絵も描いていたっけかダークソウルのソラールのマークで笑える>太陽 バケツヘルムで太陽万歳、雷の槍を投げる
最近開発中のゲームで鎌を持つ裸エプロンの老人に追われるホラーゲームがあったな
MTGの白もだな
白のカードに十字軍に神の怒りに騎士
100均の描いて消せるマグネットのボードでいいんじゃなかろうか

ねここねこ
フェイド大帝が全文読む価値あるとおすすめしているサイトを紹介。オカルト百科 9.薔薇十字団運動とアンドレーエの項目をどうぞ
と学会メンバーがこのサイトの運営者に噛みついたが、あなたの文のここが間違いあとここもなどコテンパンにされていて苦笑。
メイソン系組織は沢山あるし抗争もある。「ヘッセン(ロスチャイルドの親分)の黄金薔薇十字団VSヴァイスハウプトとクニッゲのイルミナティ」知らん奴がヘッセンとロス茶とイルミ語っても騙りにしかならない。ロス茶がイルミ側なわけねーだろ完全に親分の敵じゃねーか。
七四年に創設されたヴァイスハゥプト(三二歳)の啓蒙主義結社「イルミナティ」は、バイエルンの地方組織にすぎず、イェズス会残党の激しい攻撃にさらされ、メイソンリーに援助を求めていた。
おりしも、八〇年、黄金薔薇十字団の黒幕のヘッセン=カッセル方伯の腹心クニッゲ男爵(二八歳)は、嫉妬による陰謀に巻き込まれ、宮廷から追放されてしまう。
そして、彼は、「イルミナティ」に乗り込み、たちまち啓蒙主義メイソン五百名以上を参加させ、これを反黄金薔薇十字団運動の拠点としてしまった。
黄金薔薇十字団のモデルの薔薇十字団の起源は1614年にヘッセンのカッセルで出版された匿名の1冊の小冊子。ヘッセン!ちなみに白雪姫もヘッセン州の民話。王子様がヘッセン家疑惑。『グリム童話』のグリム兄弟はヘッセン州出身。ヘッセン系結社員疑惑。
英和辞典のJesuitの意味 1イエズス会 (the Society of Jesus) に属する修道士,イエズス会員.2[しばしば j] 陰険な人; 策謀家. 英語圏はプロテスタントだからね

剣のザインは7。釘のヴァヴが6。キリストの受難の象徴=3本の釘は数秘術だと666なのは慧眼。 ヘブライ語/ヘブライ文字 [ 魔術入門 ]に一覧がある。ヘブライ文字で調べると同祖論カルトサイトだらけなので注意。

アイヌ優遇の理由の一つが、アイヌの最高神がフクロウだから。東京グール(最強クラスのグールが隻眼の梟。グールはイスラム系なのは意図的)とゴールデンカムイおすすめ。
隻眼の梟。せきがんのふくろう。一つ目フクロウが最強クラス。 仏教の法輪を丸に十字に上書きしたいんだろうなとマキャベリズム見て思った。
オウィディウス 『変身物語』はローマ・ギリシア神話紹介本の巻末出典にあるほど重要な原典。
『変身物語』でアポロンは金髪でフェニキア紫の服着ているよ。 
ケレスもミネルウァも金髪で、太陽は世界の眼であり一つ目とも書いてあってびっくり。
本当に原典を読むのは重要。何を抜いてあるか一目瞭然!
諱で呼ぶのは「生ける屍」ってことかも。名前自体が死の儀式疑惑。死者を崇めさせる天皇崇拝か。

「『神道』の虚像と実像」(井上寛司)がすごい。神道はもともと中国の「ジンドウ」で、仏教下の神々を指す仏教語。それが14世紀に日本で「シントウ」へ転換した。「神道」は結局、道教用語であり仏教用語だった。当時の神道(笑)の教義に密教や仏教や道教や修験道が混ざっているからもう何でもあり教になっている。

神道とほかの宗教を分ける要素にアニミズムを持ってきても、仏教の一切衆生悉有仏性とどうやって区別するのだろうか。また付喪神は神道のアニミズムではない。真言宗の説く非情成仏(道具たち=非情物も成仏できる!)が出典の付喪神絵巻の元ネタ。

神道、神器、天皇、随神は道教用語。記紀は露骨に道教の変形。5~6世紀の道教家の陶弘景が道教の一派「神道」の起源。「神道の道教」世界を構想。道教の剣と鏡=天皇大帝の象徴を重視。日本思想の起源なのに無視される陶弘景。

仏教哲学とイスラム神学を超える思想を作れるとは思えないな。思想も文明も技術も自作できるなら盗んでしかも元ネタを潰す必要がない。

古ノルド語とケチュア語と日本語の日常語の発音を比較した一覧表を出してください。どんな言語でも多少の共通点はある。アラビア語とヘブライ語ぐらい似てないと似ているとは言えない。

日ユ同祖論があるのになぜユダヤ・アラブ同祖論がない?言語・感性・生活習慣・宗教も似ているのに アラビア語とヘブライ語で似た単語は、天使のマラークとマラキム、ルーフとルアク、アッサラームとシャロームとか沢山ある。
アラビア語とヘブライ語は数字や人称代名詞など日常語が類似。私は両方とも勉強した。

>語学参考書  語学については私のブログにいろいろ書いてある。 私の今の英語テキストは日本語版記事がない英語ウィキ。 九姉妹神ロッジも日本語記事なし。英語版だとメンバーまでのっている。

プーカッカお気に入りのコードギアスの主人公が通う学校もお嬢様(息子もいる)養成学校なのかなあ。主人公に人を操る能力を授けるC.C.(シーツー)という魔女いて、髪の色が緑。cは3番目のアルファベットだから33。続編アニメ放映決定してPVもきてた。ねこたさんが見たら面白いのでは。

ビッチは元は月の女神で処女神アルテミス・ディアナの聖なる呼び名。処女の女の意味なのに意味を真逆にして叩く耶蘇教。徹底的に女嫌いの耶蘇。セム系一神教なら産めよ増やせよという神の命令に従うはず。

お嬢様にどうやって選民思想を植え付けるのか気になる。技術が知りたい。授業で直接教わるとは思えないし。
ねこたさんは英語学習に抵抗があるの?英語版ウィキのストア派の記事と日本語版比べて読んでみては?勉強してから読むのではなく、読むために読みながら勉強。何回も読んだらわかってくる。

カルヴァン派の病人量産する教義 
予定説。 人が救われるのは、人間の意志や努力なんてまったく関係なく、神がすべて決めているから願っても無駄
①全的堕落
(堕落後の人間は全員汚物。自分の意志で神に仕えることを選べない)
②.無条件的選び
(誰が救われるかは神があらかじめ全て決める。予定説)
③制限的・限定的贖罪
(キリストの贖いは救いに選ばれた者だけのため。全員を救うためにしたことではない)
④不可抵抗的恩恵
(神の恵みを拒否できない。被造物たる人間の意志なんてどうでもいい)
⑤聖徒の堅忍
( いったん予定された人間は、最後まで堅く立って耐え忍び、必ず救われる。
選ばれないと決まっていたら何やっても無駄))


峨骨放送2017/5/4
峨骨‏ @Chimaera925 2017/5/4 17:56:09
エンデのモモ朗読。宗教改革、ルター派、カルヴァン派と灰色の男、時間貯蓄銀行について 18時からツイキャスで / 何となく韓非子朗読 http://twitcasting.tv/chimaera925/show/
(峨骨‏ @Chimaera925 6 時間6 時間前
もう休みも終わりって事で何かネタ投下するかな。エンデのモモ朗読、その前にそれが書かれた時代背景、灰色の男、時間銀行、世俗化して法衣からスーツに着替えたカルヴィニズム(プロ倫も一部朗読)なんて解説入れないと子供向けと勘違いされそうだけど。レジュメ作ったほうが良いのだろうか。
1件の返信 1件のリツイート 7 いいね
• 峨骨‏ @Chimaera925 6 時間6 時間前
ルター派とカルヴァン派の生活や思想の違いや比較を入れずに、プロテスタントで一括りすると非常にわかりにくい。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
• 峨骨‏ @Chimaera925 4 時間4 時間前
なんか、宗教改革以前に贖宥状とフッガー家について語るだけでお腹いっぱいになりそう。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
峨骨‏ @Chimaera925
色々はしょっているけど、ルター関連書いたらボリューム満点に。これとカルヴァンだけで結構あるぞ。モモの朗読にたどり着けるんでしょうか。
さっきの原稿はここにアップしておいた http://fast-uploader.com/file/7049451507211/ … パスはchimaera925で。三日後には自動消去されます。
2章から盛り上がってくるんだけど、来週あたりにまた朗読やるよ。これを7時間もやるなんて本当に超人だなぁ。

日本の児童文学や翻訳された児童文学って、「子供はこの程度しか理解できない」とか「これくらいが妥当だろう」と子供を低く見積もっているのがなぁ。漢字もっと使って振り仮名振ればよいものを、平仮名増やす。今手元にあるのは古い版だから比較的マシだけども。
モモはどっちかってと子供向きじゃないな。時間泥棒やら時間貯蓄銀行、灰色の男を額面どおり受け取って単純に読むとスピってしまいかねん。
ざっと2hくらいで1部読めるのか。3部構成だから、これを2回で完結。6hもあればこれくらいのハードカバーは一冊朗読できるのか。

現代日本語は書き言葉だから、平仮名で読みの音だけ書いてあってもパッと意味を理解して読めないわけよ。明治に西洋の学問輸入して大量に訳語を作った結果、同音異義語が多いわけで。工業、興行、興業、鉱業、航業、工業、功業、鋼業、全部「こうぎょう」だ。あまりにも同音異義語が増えて片仮名語。

カタリーナ・フォン・ボラ http://www.geocities.jp/takahashi_mormann/Articles/katharinavonbora.html … >夜明けとともに起きて働く彼女を市民は「明けの明星」と呼び、夫ルターは敬意をこめて、「私の女主人」「ボラさん」と呼んだ。腎臓が悪く短命を予告されたルターが結婚後、太って63歳まで長らえたのはカタリーナ(略

第1部 外国人クリスチャンの結婚生活 http://www.ffj.gr.jp/new/bookspdf/fmsmarr.pdf … ルター >私は狂わしいほどの愛に夢中になったわけではありません。しかし、私が妻を見るに、彼女をフランスやベネチアと交換したいとは思いません。なぜなら彼女も神が私に与えてくださった賜物ですし、
>他の女性に比べたら欠点が少ないかもしれません それが、1年たつと、「私は彼女をクレススの全財宝とも取り替えようとは思いません」と言い切るほど、この結婚を喜んでいる。

カルヴァン >結婚の前年に友人にあてた手紙の中で、結婚について次のように書いている。「私が妻の中に何を探し求めているかは、ご存知のとおりです。私は女性の美しさに一度取り憑つかれると、あばたもえくぼになるような恋愛狂気族の一人ではありません。私を虜にする女性の魅力といえば、貞節、
>思いやり、慎み深さ、経済観念、忍耐ということです。最後に、私の健康に気を配ってくれることを望んでいます」 >彼女の病気は進行して行き、1549年に召された。カルヴァンは、超多忙な生活の中で最後まで付き添った。彼女の連れ子の世話の約束、キリストによる恩寵、永遠の生命についての
>希望を妻に語った。そして悲しみつつも祈り、静かに息を引きとっていく彼女を看取った。 >この後カルヴァンは、もう再婚しなかった。彼の身辺事情から言えば、宗教改革者として、いよいよ多忙を極め、助け手を必要としていた。彼が再婚否定論者であったとは知られていない。

対称的だなぁ
峨骨‏ @Chimaera925 29 分29 分前
返信先: @Chimaera925さん、@lakudagoyaさん

ログはそのまま公開してありますよ。一分飛び飛びかもしれないけど。
やってみるとキャスティングは難しいね。リテイク出来ない、編集できない、喋り通しだと休憩入れるタイミングが無い。これを長時間できるねこた氏はすげぇなと思いましたよ。


宗教改革の話でルターを出したけど、エラスムスに触れると混乱するだろうからガッツリ削った。エラスムスの視点で宗教改革の時代を見るのも面白いんだよな。手元に痴愚神礼讚があるから、それを朗読して当時の形式化した教会や聖職者の偽善を(内部改革の為に)皮肉っている。宗教改革に影響を与えたん

( ルター「人間の自由意志とは罪を犯させるだけのもの」
私「お前の宗教改革も罪だな!」


”『奴隷意志論』 (De servo arbitrio) とは、1525年末に発表されたマルティン・ルターの著作。デジデリウス・エラスムスの『自由意志論』に対する反論として著された。

初期の宗教改革は、人間の知性に信頼をおく人文主義的な要素と結びついていた。そのため、ネーデルラントの人文主義者エラスムスと、宗教改革の推進者マルティン・ルターの間には親交があった。しかし、ルターが聖書至上主義的な姿勢を強めるにつれて、人文主義者の主張と距離を生じていった。エラスムスは、1524年に発表した『自由意志論(De Libero Arbitrio)』において、人間の自由意志は楽園からの追放、原罪の後にも残されていると主張したが、
ルターはこの主張に反論し、翌1525年末に『奴隷意志論』を著した。彼によれば、人間の自由意志とは罪を犯させるだけのものであり、自由意志に基づく努力により神の救済が得られるのは誤りである。そして、ただ神の恩寵と憐れみによって人間は救済されるとする。この一連の論争により、宗教改革と人文主義の間の亀裂は決定的なものとなった。

「聖書のみ(Sola Scriptura)」
「信仰のみ(Sola Fidei)」

外部リンク

Bondage of the Will(奴隷意志論)の英訳

参考文献

長谷川輝夫ほか 『世界の歴史17 ヨーロッパ近世の開花』 中央公論社、1997年。

邦訳

山内宣訳「奴隷的意志」(『世界の名著23 ルター』に収録,抄訳),中央公論新社,1979年


トニー・レモン‏ @tortoise3333 2014年5月7日

人間の自由意志は罪を犯させるだけのものだとルターは言っている、つまり自由とは理性(責任)の葛藤と言うわけやな。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
自分がリツイート
筆硯独語(HikkenDokugo)‏ @HikkenDokugo 2012年12月3日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E6%84%8F%E5%BF%97%E8%AB%96 … 人間の自由意志とは罪を犯させるだけのものであり、自由意志に基づく努力により神の救済が得られるのは誤りである。そして、ただ神の恩寵と憐れみによって人間は救済される
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
自分がリツイート
丸山文隆‏ @Fumitaka1984 2016年5月25日

すごい常識的なエラスムスに対する『奴隷意志論』の罵倒の数々はほんとに驚嘆に値する。
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
自分がリツイート
DancingDax‏ @DancingDax 2月15日
返信先: @DancingDaxさん

ルターもエラスムスの『自由意志論』への反論として「奴隷意志論」を書いた(読んでません)が、カルヴァンはそれを徹底した。
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
自分がリツイート
むしもり‏ @mushimori 2016年12月5日

ルターの奴隷意志論て全訳無いのか…。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね






峨骨‏ @Chimaera925 57 分57 分前
子子子子子氏が補足してくれている。ありがとう。エラスムスに触れると、エラスムスの自由意思論とルターの奴隷意思論、不自由意思論の論争だけでなく、エラスムスの親友のトマス・モア(愚神礼賛が執筆されたのはモアの家)やその往復書簡のネタも出したくなる。きりがない。
あ、原稿にマイスターホラ書こうとして削ったやつが残ってた。単なる消し忘れって事で。カタリナは出すか出すまいか迷って、尺考えて削ったんだよな。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
峨骨‏ @Chimaera925 53 分53 分前

長文はブログなりなんなり使ってもいいんだけど、アップローダーに転がしておくのも手だなぁ。広く読まれたいって訳でもないし。呼吸法やら何やらのテキストも、ああやってアップローダーに鍵付けて転がしておくのも悪くないな。拡散するのはネットの長所でもあり短所でもある。ただ、完全に会員制で
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
峨骨‏ @Chimaera925 52 分52 分前

やるほどでもないって場面ではアップローダー使った往復書簡みたいなのも悪くは無いかな。相手もメールアドレス公開しなくていい訳で。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
峨骨‏ @Chimaera925 43 分43 分前

ネットの情報伝達は不特定多数、多くの人にどのように情報を伝え、やりとりするかといった手法はよく考えられるけど、拡散させすぎない手法ってのはあまり考慮されない。一昔前ならファイル偽装使ったんだけど、ここじゃ変換されて使えないんだよな。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

峨骨‏ @Chimaera925

webページ借りて、metaタグかrobots.txtでロボット検索の巡回を回避してやるのも手だけど、わざわざそこまでやる気も無い。Twitterやブログなんて路上で話しているようなものだし、日本語でツイートするとNTTだったか。超能力(笑)でメッセの中身を知る奴も居るか。

どうあれ、とにかく完成させるのが大事だ。多少出来映えが良くなくとも、完成させれば次へ進めるし実績になる。どんなちっぽけな事でも、成し遂げられたというのは自信に繋がる。何も成し遂げられずに出来映えをあーだこーだ粗探ししてくる奴が居たら、鼻で笑ってやりゃいい。
あの朗読、需用あるか知らないがノイズ除去ってmp3に加工してアップローダーに放流するか?まだ残っていればだけど。あの音声はちょっとな。あれの録画聞いていると、音声加工したくなる。
いや、むしろゼロから朗読してノイズ除去して最適化された音声を公開したくなるぞ。
現代はシェアの時代だのなんだの言われるけど、俺は全く信用していない。シェアしましょう、分かち合いましょうとか言ってる奴はノウハウや情報を独占して、一方的に手札をオープンにさせられるだけだろう?そして、オープンさせた連中の手札が増えて、ますます強くなる。蜂に蜜、秘密を集めさせる。

通信の秘密なんてのも、これっぽっちも信じていない。ささやかな抵抗として紐付けしなけりゃ解らんようにはする。全部紐付けしてあれば、簡単に情報なんて抜けるけどいちいち紐付けする手間がかかれば、包みをほどくだけで食えるものが真っ先に手を付けられるだろう。よほど重要度が高けりゃ別だけど



峨骨‏ @Chimaera925 17 分17 分前

返信先: @Chimaera925さん

7:39 - 2017年5月5日
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
子子子子子の胸は肩パッド入り記事更新 ツイート内
テキスト




峨骨‏ @Chimaera925 17 分17 分前

返信先: @Chimaera925さん
セキュリティ云々の事はあまり考えていない。どれだけセキュリティに気を使おうが、人間が介する時点で人間がセキュリティホールみたいなものだ。システム上の強固な扉があっても、人間に開けさせりゃいい訳で。完璧なものはない。

峨骨‏ @Chimaera925 1月7日
言文一致運動も燃やさない焚書と言えるだろう。明治以降に西洋の書籍や物事、概念を翻訳するために大量の言葉が作られた。そして膨大な数の同音異義語が生まれた。片仮名語が増えたのは戦後な。明治の中央集権の為に共通規格の標準語 が求められ、言文一致の文学が共通規格の標準口語成立を助けた。
1件の返信 9件のリツイート 6 いいね
• • 峨骨さんがリツイート
峨骨‏ @Chimaera925 1月7日
返信先: @Chimaera925さん
その結果、古文がすらすら読めなくなると。明治はまだまだ英語を訳すための訳語が不足していて翻訳が不十分だったから大学は英語。英語を身に付けていた者がエリートだった。訳語をふんだんに使った会話が知的とされていた、今のカタカナ語だらけのよくわからん会話みたいにな。
1件の返信 10件のリツイート 8 いいね
• • 峨骨さんがリツイート
峨骨‏ @Chimaera925 1月7日
返信先: @Chimaera925さん
その歴史を繰り返している。漢字を知ることが日本語を知ることなのに、漢字の数を削るわ、新聞やメディアは漢字で書けばいいものを難しいからと平仮名混じりにしたり、カタカナ語にしたりしてますます古典が読めなくなっている。その上、カタカナ語、特に和製英語のせいで英語ができないしな。
1件の返信 10件のリツイート 6 いいね
• • 峨骨さんがリツイート
峨骨‏ @Chimaera925 1月7日
返信先: @Chimaera925さん
カタカナでふりがな振らずに正しい発音を聞いたまま読めばいいのに、カタカナ語にしてしまうから、聞き取れないし話せない。英語教師もカタカナ語で英語を発音して、正しく発音すると笑われる。意味不明な授業だったな。
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
• • 峨骨さんがリツイート
峨骨‏ @Chimaera925 3月27日
返信先: @Chimaera925さん
「こうぎょう」一つ取っても興業、工業、鉱業、鋼業、航業、海外から輸入したはいいが、当てた訳語が同音異義語だらけで漢字で見るか、文脈から想像するかしないと理解できない。日本語を母国語としない日本語学習者は困惑するだろうな。

峨骨‏ @Chimaera925 2012年1月13日

書店でエラスムスの痴愚神礼讃を購入し、喫茶店に入る。顔馴染みの店員に目配せし、席に着くなり供された何時もの珈琲で唇を湿らせつつ、草臥れた営業帰りのサラリーマンと有閑マダムのお喋りと、クラシック、煙草の煙が行き交う店内で静かに頁を捲る。この本は当たりだな。

峨骨‏ @Chimaera925 2016年11月15日

どのような人間でも、欠点なしには生まれてきませんし、いちばん優れた人間とは、いちばん大きくない欠点を持っている人のことでしょう。

エラスムス 痴愚神礼讃より
>このご連中(説教坊主達)の話を聞いていますと、市場の道化師どもを師匠にとったのではあるまいか、だが道化師のほうがはるかに上手だ、と思いたくなりますよ。とにかく両方とも非常に似ていますから、そのどちらかが、もう一方に修辞学を教える先生だったことは誰一人疑えませんね 痴愚神礼讃より

峨骨‏ @Chimaera925 2012年10月23日
1/3 戦争こそは、ありとあらゆる輝かしい武勲の舞台であり源ではないでしょうか? ところで、結局は敵味方双方とも得よりも損することになるのに、なにがなんだかわからない動機から、こんな争いごとをやり始めること以上に阿呆なことがあるでしょうか? 

2/3 ……戦争のときには、あまりものを考えず、前へ前へと突進するような、太って脂ぎった人間が入用なのです。 ……この後期このうえもないしろものは、居候や女衒や盗人や強盗や無作法者や阿呆や借金で首がまわらぬ人間、要するに世のなかの残滓みたいな連中がやらかすものでして、

3/3 けっして、灯火を掲げて夜も眠らない哲人たちにできることではありません。  エラスムス「痴愚神礼讃」より
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね

峨骨‏ @Chimaera925 2012年10月22日

ダンテの「神曲」読んでるけど冷静に読むと痛い小説だ。だが、面白い。ネットの二次創作の痛い小説と同じで「主人公が自己投影丸出しで遠回しに自己賛美」どころか自分自身出しちゃうんだけど完結しているから凄い。大抵の作者はエタるけど、ダンテはあのボリュームを書ききった。完結させるのが大事だ

峨骨‏ @Chimaera925 2012年10月22日

虚栄心等を煽って無償でユーザーにコンテンツを作らせマーケットを開拓する手法は奈良時代の荘園と権力者の台等の構造に似ている。墾田永代私財法で農民が豊かになったかと言えばそうではない。文字が書けず農具が買えない農民は所有権を主張出来ない。そして権力者が働かず莫大な土地と財産を得た

自立した価値観や自尊心から無償で作製するならば必要無いわな。注目されたい有名になりたい、ちやほやされたい、そんな目的を持つ人々ならば大きな荘園の持つ引力に惹かれ、その引力を増大させるのに貢献するのだろう。

プロデビューなんかを餌に人集めるのは古典的な手法だな。

賞賛があるだろう。喜び組のサクラがその中にどれだけ居るか知らんけど。自尊心が高いが、現状の評価と乖離している場合そんな身元もわからん賞賛の中毒になるのだろう。だから某動画とかでガキがAVまがいの生放送したりする。




検索結果
1377夜『モモ』ミヒャエル・エンデ|松岡正剛の千夜千冊
http://1000ya.isis.ne.jp/1377.html

“ログはそのまま公開してありますよ。一分飛び飛びかもしれないけど。”
とのことですが文章でも載せておく。
原稿をそのまま載せるのはまずいので自分なりに要約したものをのせる。
(でも峨骨さんの感想や分析の部分抜いたら載せる意味あまりないから大部分同じ)

・時間貯蓄銀行の灰色の男たちが灰色である理由。
エンデが生まれた西ヨーロッパで、黒は神父や牧師が着る踝丈の僧衣、カソック、スータンの黒。
これが灰色になっている。灰色になった経緯や時間貯蓄銀行の正体は、西ヨーロッパの宗教史を追うと判る

・16世紀の宗教改革、贖宥状(しょくゆうじょう)、免罪符をルターが批判。
ヨーロッパ、特にドイツで贖宥状が大量に販売されていたのは、ブランデンブルグ選帝侯ヨアヒム一世と弟、アルブレヒトによる。
アルブレヒトはマクデブルグ大司教位とハルバーシュタット司教位を持っていた。
しかも、選帝侯である兄の支援を受けてマインツ大司教位を得ようとした。
本来、司教位は一人の人間が一つしかもてず兼任できない。
アルブレヒトは教皇庁から司教を兼任する特別許可を貰う為に多額の献金をしたかった。
ヨアヒム一世はフッガー家に借金していたから返済したかった。
そこで、贖宥状を販売というフッガー家の入れ知恵を受けいれた。

・フッガー家は百合の紋章。
ハンス・フッガーの長子アンドレアスの家系は「鹿の紋章」。
フッガー家は当時のドイツ南東部のバイエルン公国の大富豪。香辛料貿易などから始まり、金融や鉱山で富を為す。スペイン国王やローマ教皇の御用銀行。アシエントでスペイン・ハプスブルク朝に対し巨額を貸し付け大儲け。

・戦争をヨーロッパ各地で行う為には莫大な戦費がいるが税収では賄いきれない。
よってスペイン国王は商人から借りる。将来得るであろう国家の収入を使って利息をつけて返すと約束。
つまり、国家の収入が増大しないと返済できないので、戦線を拡大しないといけなくなる。
日本の日露戦争では借金してロシアに勝利したが、その莫大な借金は米国から借りていた。
しかし莫大な金は返済できないし、国民に言ったら蜂起してしまうので、外に目を向けさせ戦争に誘導された結果が太平洋戦争。
太平洋戦争は借金と利子によって引き起こされた。返済が終わったのは1986年。
これが時間貯蓄銀行の手口。人々の時間や金、命を吸い上げる。手口が違うだけで同じもの。

・ヨアヒム一世と弟、アルブレヒトはサン・ピエトロ大聖堂建設献金と称して贖宥状販売の独占権を獲得して売りまくる。一枚でも多く売れれば懐に金が入り、ローマ、教皇庁からの覚えが良くなる。
詐欺師。詐欺。宗教のガワを剥ぐと金融、カネのお話。
「買えば煉獄の霊魂の罪の償いが軽くなるよー!」とキャンペーンのスタッフ、もとい説教師に人々が群がる。
ルターは「贖宥状を購入してコインが箱にチャリンと音を立てて入ると霊魂が天国へ飛び上がる」と皮肉っている。
ルターはアルブレヒトに贖宥行為を濫用しているのではありませんか、と書簡を送った。
これが95ヶ条の論題。ルターは神学的な問題提起をして内々に話し合いをしたかったから庶民に読めないラテン語で書かれていた。が、話し合いの場は設けられなかった。
しかし、この書簡がドイツ語に翻訳されて大きな火種になった。信者たちにただひたすら信仰することを求め、信者たちが労働をして富を得ても、それを教会が寄付しろと持っていく。教会のみを肥え太る。
カネカネ言ってるカトリック教会が腐敗してるのではと不満を持っていたドイツ人は広めて――当時は現代みたいにメディア普及していないから口コミで――いった。
上記もありルターは95ヶ条の論題をまとめなおして発表。
カトリック司祭のウィンピーナは「信仰の問題に関して疑問を投げかけることはけしからん。教皇に対する挑戦者だ!」と反論。アルブレヒトは下っ端の神父に金のなる木を潰されてはたまらんと教皇庁に報告。
が、教皇庁はルターをなだめて穏便にやれよと丸投げ。
この頃はまだ神学論争のレベルだった。
しかし、それでは収まらず政治レベルのお話になってくる。
破門される頃になると、諸侯や民衆の支持を集めるようになっていた。
当時の皇帝、カール五世は「この問題を放置しておくとドイツが分裂してヤバイんじゃね?」と考え、ルターを帝国議会へ召還し、撤回せよと求めたが、ルターは拒否。
そこでカール五世はルター帝国追放の布告を出した。その処分が下されるまでにルターは消息を絶ったように見せかけて、ユンカー・ゲオルグ、「騎士ゲオルグ」、聖ゲオルギウスかよ(笑)と偽名でやり過ごした。

・潜伏期間の間に再洗礼派、アナバプテストがやって来て、ルター過激派とも入り混じって教会の破壊やら何やらでヴィッテンブルグはもう大変。暴力革命なんてアホかとバカかととルターが表舞台に戻る。
ルターはもともと分離して教会を作る気など無く、カトリックの内部から立て直そう、信用を回復しようとしていたが、破門されてしまったし過激派の脳筋どもは暴れるしで新しい典礼やら、なんやら定める必要があった。
ドイツ農民戦争も脳筋が暴れた結果引き起こされた。煽動したヤツも居るだろう。

・重税で困窮する農民が「聖書に書かれていないことは認めることができない」というルターの言葉に励まされた。
「農民が領主に仕えなくてはならないとは聖書に書いてない」とかつてのルターの同士、トマス・ミンツァーが革命のリーダーとして煽った。
15世紀後半から農民の暴動は既にあったが、再洗礼派が過激な説教や、ルターの説を利用。
「農民が領主に仕えなくてはならないとは聖書に書いてない」が加わって暴動が一層激化。
なおルターはミンツァーや農民を非難。
1524年、西南ドイツのシュヴァーベン地方の修道院の農民たちが、賦役・貢納の軽減、農奴制の廃止など「12ヶ条の要求」を掲げて反乱を起こし、拡大し農民戦争勃発。
ルターは農民ではなく市民や貴族、諸侯に付いて暴徒の反乱を求め、民衆には平和な抵抗を求めた。
暴力ダメだと。
農民側に付いても宗教改革は無理だもんね。
暴動は鎮圧され、ミンツァーは処刑され、ルターの評判も下がった。
行き過ぎた暴走を抑える為に何らかの重石が必要だと考えたので、
領邦教会(領邦ごとに教会が国家教会として組み込まれたもの。領邦君主が領内の教会の首長となり監督する体制)が考え出され作られた領邦教会、国家教会システムがドイツから北欧にまで波及した。
だからあのあたりはルター派が強い。

ルターはもともと修道士だから「祈り、働け」がセット。信仰しつつ働け
だがこれ単体ではプロテスタンティズムと資本主義に繋がってこない。
ルターは結婚して妻子に恵まれ、食生活も豊かで太っていた。
そこまで質素な食生活ではなかった。ルター派が強かったドイツは英国みたいに質素な食生活ではない。ドイツ人は食べる事を楽しんでいる。

・英国でも宗教改革前はそこそこまともな食事を取っていた。それが宗教改革でカルヴァン派になると質素で粗末なものになる。オートミールが申し訳程度に入ったお湯みたいなヤツとか。
カルヴァンは妻子を早くに無くし、質素な食生活だったとされる。
カルヴァンが粗末な食事を摂っている手前、その信徒は贅沢しにくい。
カルヴァンは宗教改革の際に「働かざる者食うべからず」と聖職者を批判した。
カルヴァン主義を支持したのは己の才覚や努力で富を為したと考えるエリート選民思想を持った中産階級や成金。
カルヴァン派の予定説では、神の救済に預かる者は最初から定められており、禁欲的に天職に勤める事で成功する者であるとしている。つまり、富を築いた者はなるべくしてそうなった、と。
ここで言う禁欲=目標(利潤の追求)の為に全精力を傾ける禁欲さ。
その禁欲の為には食事の準備や食べる時間が勿体無いし、たくさん食べると休息が必要だから長時間働けない。
産業革命期を見て見ると英国では、「労働時間が長ければ長いほど生産性が上がる」と考えられていて、
14時間~18時間の労働が行われていた。
低賃金の長時間労働だから食えないのもあっただろうけど、もっと働かないと食えないから食わないで働いた。住宅事情もあるだろう。調理器具やキッチンと食文化の関係は深い。集合住宅でオーブンと湯湧かす程度のキッチンじゃ大した物は作れない。宗教色が抜かれて世俗化した結果、これが資本主義精神になってしまったのではないか。


産業革命なる言葉は80年代に作られた言葉。実態は資本主義の革命。
当初、投資で生活する金貸し達はジェントルマンではなかった。ジェントルマンの語源はGentry、領主から土地を買った郷紳、地方名士、地主階級で、貴族階級の分類に入る。土地を所有している為、そこから不労所得を得ていた。
働かずに金が入ってくるシステムを所有している。やがて資本家や投資家もジェントルマンの一員となる。19世紀中頃からはロンドン金融街の金貸しこそがジェントルマンと呼ばれ、彼らは政治力を持っていた。

・ヨーロッパ中世ではカトリック教会によってキリスト教徒間の利子つき貸借は原則禁止。
が、貨幣経済が広く浸透した13世紀頃より徴利禁止の規定は次第に空文と化し、実態としては利子取得は一般的に行われるようになった。
16世紀には宗教改革の指導者のカルヴァンが5%の利子取得を認め
イギリスでは1545年にヘンリー8世が10%以内の利子取得を認める法令を発布。
これを皮切りにプロテスタント諸国では利子取得が是認されるようになった。
17世紀の学者クラウディウス・サルマシウスは正当な利子を擁護する論文を書いた。
産業革命により経済が活発化した19世紀前半には、カトリック教会も利子を容認。
シルビオ・ゲゼルは金利が社会にもたらすさまざまな悪影響について考察し、自由貨幣と呼ばれる減価する貨幣の導入で金利を廃止しようとした。

カルヴァンが認めた利子。フッガー家の紋章をちらりと横目で見ながら、カネを貸し付けて利子や利息で儲ける。それで増えて返ってきた金を貸し付けると更に増えて返ってくる。こうして利益が利益を生み、格差が格差を生む。富める者がますます富み、貧しい者がますます貧しくなるシステム。
競争に勝つには投資しなくてはならない。飲食店にしたって設備投資しないと市場から淘汰されてしまうなんて状況になったら、借金して設備投資しなくてはならない。
ライバルよりも早く、多く顧客や収益を獲得しなくてはならない。借金を返済する為にも早く、今すぐに成果が欲しい。そうなると良心を捨ててひたすら稼ぐヤツが生き残る。
日本が日露戦争で多額の借金こさえて太平洋戦争へ突入したのもこれ。植民地を拡大して成果を上げないと返済できないのだから。
こうして資本主義は悪い方向へ洗練されていった。
ブラック企業なんていわれているけど、ああして労働者から搾取し、産地偽装やらなんやら不正行為して利益を上げないと生き残れないからやる。短期の利益と引き換えに、人や社会を食い物にしていく奴がますます富み、倫理観や責任感が強く、良心を持った者は成功せずに淘汰。
非良心的な、悪辣な行為で富を得た者が予定説や禁欲、利潤の追求を正当化し、褒美を受ける。
我利我利活動しているものに蓄財した金を貸し付ける者はますます富む。

そのようなカネを使って設備投資した商品の料金には利子、利息が含まれる。こうして循環が停滞していく。
これこそが時間貯蓄銀行。我々の時間や金、財産、未来、子孫のそれらに及ぶまで奪い掠め取る灰色の男の正体。というわけで、モモ本編に移ろうか。
(朗読開始)

マイスターホラ
カタリナ・ルター(旧姓:カタリナ・フォン・ボラ/Katharina von Bora, 1499 - 1552年)は、宗教改革者のマルティン・ルターの妻。出身は貴族。ローマ教皇を首長とするカトリック教会の修道女でだったが、26歳の時に修道院を脱出し、41歳のルターと結婚して牧師夫人となった。ルターの著書に「私の女王」として言及がある。
カタリナは結婚し夫の助け手としてルターに従った。宗教改革の家庭観において重要。
プロテスタントは聖書に根拠がないとして聖職者の独身制を否定し、そのため教役者は結婚するようになったが、カトリック教会側は非難。ルターは教皇の神学者らに対し、結婚して満ち足り、子供が与えられて幸せだと反論した


(ねここねこ補足。

時間を司る「マイスター・ホラ」。
マイスター=賢者。
ホラ=時間。
ズルワーン?
ロクアカの時間天使ラ=ティリカ?)


山田信雄‏ @yamada_nxb 1月15日
・バチカンの財政管理と投資を行う宗教事業協会(IOR、俗称バチカン銀行)が存在(1929年イタリアの独立承認時に創立)。1978年IOR改革を掲げた教皇ヨハネ・パウロ1世は33日で急死し、マネーロンダリングの疑いが。現教皇フランシスコは金融安全委員会を発足
・贖宥状は今の建設国債に当たる。ドイツではフッガー家がマニュアルを作成し、優秀な説教師を集め贖宥状を販売。 ・日本にはカトリック系大学が20校(立教、明治学院、同志社、青山、関学はプロテスタント系大学)、カトリック系学校法人は239社ある。


贖宥状/免罪符 - 世界史の窓
http://www.y-history.net/appendix/wh0903-001.html
” 中世末期のローマ教会が信者に販売した。免罪符とも言う。
 贖宥状は免罪符とも言う。贖は「あがなう」こと、宥は「ゆるす」ことを意味し、罪の許しをお金であがなう(買う)ということになる。一種の「お札」でそれを買った人は現世の罪が許され、天国に行くことができる、また死んだ人のために買えばその人も救われるとされた。教会は贖宥状を販売して教会の収入にしていた。教会が贖宥状を販売する際は、贖宥状説教師を派遣して、町や村の広場で十字架と教皇旗を掲げ、その功徳を説いて売り歩いた。1517年のドイツにおけるローマ教会の贖宥状発売は、ローマのサン=ピエトロ大聖堂の大改修の費用を得るためという理由であった。サン=ピエトロ聖堂は前教皇ユリウス2世の時に始まり、現教皇レオ10世(メディチ家出身)が進めたもの。特にドイツの農民は、贖宥状を購入するという形でローマ教会から搾取されたので、ドイツはローマの牝牛と言われていた。ドイツの高利貸し業者フッガー家がかかわっていた。
 1517年、この贖宥状発売に対して疑義を呈したのがルターの『九十五ヶ条の論題』であり、そこから宗教改革が始まる。
Episode 贖宥状発売の「三位一体」
 ローマ教皇のドイツでの贖宥状発売を引き受け、実際に説教師を村々に派遣したのはブランデンブルク選帝侯の子のアルブレヒトであった。アルブレヒトは1514年にマインツ大司教に選任されたが、その時ローマ教皇に納めるお金をフッガー家から借金しており、その返済に迫られていた。アルブレヒトは贖宥状の販売を引き受けるたが、その売り上げの半分はローマ教皇のもとに送られ、半分はフッガー家のものとなる約束だったのだ。実際、この時の贖宥状説教師にはぴったりとフッガー家の手代が付き添い、お金を回収していた。つまり、この時の贖宥状の発売は、ローマ教皇レオ10世、マインツ大司教アルブレヒト、フッガー家の三位一体で行われていたという事になる。<会田雄次・中村賢二郎『ルネサンス』世界の歴史12 河出書房新社 p.262-265>
”)


ルシファーとテルマエ・ロマエのお話 陰謀論のお茶の間 in どこか
いよいよルシファーの元ネタ朗読とテルマエ・ロマエに絡んだお話を。
https://live.fc2.com/7179598/?t
(コメント抜粋

匿名
インド以外にエジプトも沐浴するんですね
ローマ帝国はシルクロード通って日本まで来てますよね、正倉院に贈答品が残ってる
漢の辺境警備隊がローマ軍らしき部隊と交戦した記録もありますね
西欧は文化も思想も借りパクなのに、詐欺と暴力だけで世界を牛耳ろうとするから世の中が地獄化するんだなぁ
もぐらさんの元奥さんなんかおかしいよね
忍者ぱっとり君といえば、ぶらり旅動画でモラトロジーに突撃インタビューしてましたね
地獄を顕現といえば、スイスのCERNの粒子加速器とかヤバそうだね
サイレンはセイレーンと吸血鬼とゾンビと人魚と耶蘇教を混ぜたホラーゲーム
工作員は、確かに常にマジで、一切笑いの要素がないですよね。あっても嘲笑スタイルで、上から目線で馬鹿にするタイプの笑いっていう
ウチも母親がカルトで親父の給料半分もってってたからキツかったナ-(遠い目
付き合い絶たせるのはカルトの基本やね
他にも冠婚葬祭は収入源にもなるし、親が死んだら乗っ取るチャンスだしね
欧米の植民地政策の基本だよね。わざと近隣と仲違いさせて支配しやすくする
徳のある人間を高い地位につかせないことと、徳を身につけさせないことか
地中海周辺って全然世界史の教科書に載せてないですね。ほぼスルー。
秀吉は大河ドラマだと大体、晩年ダメオヤジになった描写を必要以上にされますよね。


クロウ
だからビジュアルばかりアピールしてくるのか

D
西欧叩くと四面楚歌に....
SIREN情報あざっす

薬害ぞんべー
男の人の方が日中仕事してるし、主婦が勧誘されるの多いよね

プテ
池上がわかりやすいのはごまかしてるからだよw
でも古代からやったら効率いいよね。今より地理的にも重要なできごと密集されてるし
天皇だ八紘一宇だはほんと臭いね。田中智學って元ネタらしいんだけど、八紘一宇親父からは聞いたことないw元ネタを明かさないやつは胡散臭い
なんか荒んだ家だな?住んでんのか?って思ったら公明党のポスター貼ってあること多いね

ねここねこ
ユの派閥が知りたい。紅卍と大本に言及できる立場。 風の子関係で謝罪させる前にナチス日蓮カトリック系boグループは叩かない謎。
生放送録画公開しなくても一回放送した時点で録画されているから個人情報とられたくないなら放送できないね。
工作員は日常的に教団で使う用語を使うから思わず文章に出ちゃう。正教会系の用語を使う工作員は見たことないね。奉神(=カトリックにおける典礼)とか使っている人を見たことがない。
松窪は私がブロックしている貴重な人材(皮肉)。 そういえば、ロクアカで奉神戦争ってあるけど本作は英米系っぽいのに宗教用語が反英米なんだよね。
ユダヤユダヤ言ってると友達(20世紀少年的な意味で)がたくさんできるね。本来の神道は道教と仏教が混ざっているし、天皇崇拝は絶対しない。松窪は竹内文書好きそう。

とまとさんいわく、地獄を現世に顕現させる地獄教らしい。 竹内文書といえばSIREN(サイレン)というゲームの登場人物がこのカルト文書由来の名前。竹内伝書(たけうち・でんしょ)が登場。本作がヤソ異端の話で、神=邪神への歌の名前が奉神御詠歌(ほうしんごえいか)。
来日していきなり個人情報聞くって欲望と目的に正直だね!マウンティングはとんでもなく下品だと思わないお嬢様。 SIREN(サイレン)の分析過去にしたけど書いたやつどっかいったけどある程度覚えてるからゲーマーがいるこの放送で言っておこう。
創価の母体が大日本皇道立教会という右翼組織だと寸止めは絶対言わない。サイレンに登場する民俗学者が竹内多聞(たけうち たもん)で城聖大学に勤務って城聖!創価大学じゃねーか!
サンカも乗っ取られて別物になっているんだろうな。 サイレンの奉神御詠歌(ほうしんごえいか)の“御主(おんあるじ)”は昔のゴッドの訳語。原罪否定の異端派が日本に流れ着いた設定っぽい。教団ボスが女性だし。
秀吉はフィクションで不遇な感じがするよね。  原罪(アダムとイブ)否定ではなく本作の原罪は神の肉を食べたことだから本来の原罪は否定という意味。本作の神=堕辰子(だたつし)=堕天使+黙示録の龍。この邪神を崇める眞魚教(まなきょう。「生(なま)」の逆さ読み=死) のルーツは飛鳥時代。
儒教が紫(フェニキア色)を卑しいと言っていることが気になる。 本作最強の武器が宇理炎(うりえん)=ウリエル。不死を消し去る煉獄の炎。ウリエルをカトリックが認可していないし、同祖論に使われる第四エズラに登場するから採用したんだろうな。
本作の神=堕辰子(だたつし)=堕天使+黙示録の龍の首を切った剣には木る伝(きるでん)=ケルビムの力が宿っている。このラスボスと戦う場所が「いんふぇるの」。中核は言ったからあとはデスティさんに丸投げ!
私のコメント保存は当てにしないこと。)

【書評】大田俊寛「オウム真理教の精神史」 で中核派と大本教の共通点がわかるらしい。

ーーこっからツイート――
ヘイズ中村‏ @HeithNakamura 3時間3時間前
日頃、たいしたことない日常料理をカキコしているわけですが。基本的な家事、食べられるだけの料理、ボタン付け+アルファの裁縫、応急の大工仕事、ちょっとした配線、そして救急処置、くらいは覚えておこう。生命の木よりもよっぽど役に立つ。文字だけ魔術師・夢見る魔女ほど情けないものはない。






なえなつ‏ @japan19890108 1時間1時間前
返信先: @DummyLostonlineさん

ここで重要なのは不買対照をあえて指定しない所ですね訴訟や脅しが怖いし(笑)
メガバンクはあとこちに融資等をするので兵器開発などにも利用されてしまいます。
不買運動とメガバンク使用しないというのはセットでやるべき運動ですね。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
なえなつさんがリツイート
名も無き者‏ @DummyLostonline 3時間3時間前

名も無き者さんがなえなつをリツイートしました

素晴らしい提案だと思う。
特に銀行と不買に触れている点が素晴らしい。
何故なら、この二点に触れていない世直し的なモノは全て偽物だと言って良いから。

名も無き者さんが追加
なえなつ @japan19890108
日本を正常に戻す方法
→なるだけ原始的な生活をし資本主義から出来るだけ離れる
→徹底的な不買運動を広める
→メガバンクは使わない…
1件の返信 3件のリツイート 2 いいね

ねこた‏ @lakudagoya 50分50分前

陰謀論コミュニティでやってきた事を総括するならば、沢山の労力を使っても損得の面で見たら絶対に損することしかやってない自覚がある。

いつも損ばかりする立ち回りをする事はいつもの事なんだね。

とりあえず陰謀論コミュニティの総括でした。


ねこた‏ @lakudagoya 53分53分前

ねこたさんがDestyをリツイートしました

そう。資本をダブつかせてるヤクザとかプチブルがお小遣い稼ぎにとんきんに来る若者を搾取するんだね。

あとサヨクの欠点はコミュニティってものは強制力がないと機能しないと気付いてないお花畑脳。

おいらは日本中に交易文明作りたい。モノだけに限らず知識や技術なども。 RT

ねこたさんが追加
Desty @ChroahDesty
返信先: @lakudagoyaさん
商業圏作るなら規律が強いイスラム型が理想ですね

シェアハウスで家賃48000円に加え共益費もあるって完全に搾取ですな
そりゃあヤクザも小遣い稼ぎに運営しますよ...
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 57分57分前

てか、自分が何かやりたいことあるなら率先して私財を投じて自らが動かないとついてこないよ。

それでも浮いてるけど、自らが私財を投じて動いてると何か影響力あるからね。

で、大変だけど消費社会ではない何かって楽しいよ。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

シェアドヤのタダ働きは生きがいがあるね。

夢があるけど、元々怠け者なんで疲れる。

しかし飽きもせずに連日働いてる。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

おいらは、このシェアドヤのために沢山の金や資材や労力をつぎ込んでる。

それはここを拠点にやりたい事があるから。

で、大企業依存を壊すためのシステムの設計図を引いてるけど、これ魔導師さんのお仕事なんだよね。

システムの設計は魔導師さんのお仕事だからこそ建築がメイソンだよ。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前
返信先: @ChroahDestyさん

とんきんのシェアハウスとかもコインランドリーとかも搾取ばかりです。

近くの駅前のシェアハウス、家賃48000円と共益費が15000円ですよ。フルで入っても会社に77万入ってきて月数十万の搾取があります。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前
返信先: @ChroahDestyさん

うーんおいらとしては、イスラーム商業ネットワークをモデルに商業圏作りたいですね。

とにかく、大企業の搾取を挟まないシステムを作ろうかと。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

とりあえず、活動資金にしたけど、スーパーファミコンのソフトに囲まれてると幸福感に包まれてた。

こういう魂が宿ったものがなくなるって事はね、日本人の物づくりの破壊よ。

日本の職人文化を破壊したくてやってるのやつらは。

職人文化こそが文明の蓄積だからね。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

忍者パッとりくんとか何でユダヤ教と耶蘇教を区別しないん?
 
こいつらの言うユダヤってメシアニック・ジューかよ?

ユダヤ教の超正統派などは戒律が厳しいのに、何でその辺を全くスルーでクリスチャンと区別しないん?

ネストリウス派はユダヤと同じぢゃねーよ!バーカ!
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

でもクリスチャンは、原子力の崇拝や資本主義の崇拝するやつも多くてこいつら本当に一神教なのかよと。

アメリカのヒーロー崇拝も多神教でしょう?

一神教なら預言者を崇拝する事もしないでしょう。

こいつら、本当に日本人以上に偶像崇拝の徒ではないかと思うわけ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ユダヤやイスラームはヤハウェやあっらーさん以外神になりえないし、モーゼもムハンマドも預言者なんだよね。

だから、ユダヤやイスラームの感覚では、原子力の扱いをユダヤ法やイスラーム法で解釈して扱いを決めることはできるけど、それそのものの崇拝は多神教になるので認められない。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

おいらはいくら研究してもクリスチャンってのはよくわからない。 

ユダヤやイスラームは部族社会の慣習をそのまま共同体の掟にした感じだけど。

耶蘇教は何でも耶蘇教になるし、軸のないアメーバだから原子力崇拝もキリスト教の信仰になる。 

ユダヤやイスラームはそんな事ない。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ねこたさんが燈火をリツイートしました

なんか、統一教会のダミー団体みたいだなぁ。 RT

ねこたさんが追加
燈火 @to_moshibi
【アイプス会】

地球上に生きる全ての人間に幸せを与えることを目的として活動をしている団体で、根本的な教えとして2編からなる心の指南・純潔の原則・善い…
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

今日も働きすぎた。
明日から怠けるぞー

でもとりあえず一通り綺麗になったので良いかな?

さて、メモとして反天皇サヨクと大本教と中核派。反天皇なのは出口王仁三郎を天皇にするため。

サンカは自分が天皇になりたかった。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ねこたさんがDestyをリツイートしました

自分たちで商業圏作るのはどうなんですか?大企業依存しない商業圏作るのでは? RT

ねこたさんが追加
Desty @ChroahDesty
原始的な生活をするのは難しいな
不買運動を広めるのが一番近道かな?可能性が高いし、実行できる
でもみんな生活苦しくてもブランドを買うぐらい、ブランド崇拝だから近くて遠いことなんだよね... https://twitter.com/japan19890108/status/868113023226925057 …
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

消費とマウンティングしかできないキリスト教お嬢様は究極の依存体質なんだね。

バリキャリを見下してるのに、自分らは何もできないからね。

その依存体質がつまんねーからひたすら消費とマウンティングしかできないんだろうな。

西欧の作るライフスタイルは全てがつまんねーもん。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

クリスチャンお嬢様教育って自立ではなくて、依存体質を作り出すための仕組みではないのかね?

下賤を高貴にしたマイノリティも宗主国の後ろ盾がないと雑魚同然だし。

欧米の博物学に縋らないとアイデンティティの確立さえできない。

だから自立して何かやる発想が生まれないわけ。
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 4時間4時間前

端的にいうとマルクと神殿は地図上の方角と同じようにあわせるので絶対方位が絡んでる。でも、アストラル神殿は物質的位置関係は関係なくて自分から見ての相対方位であることに注意するの。これ間違うと何のことがわかんなくなるからです。
0件の返信 0件のリツイート 4 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 4時間4時間前

方角というのには二種類あるの。それは地図上で示されてる絶対方位のことで東経や北緯などで示されてる。でも、それとは別に相対的方角があるのです。相対的方角はいま自分のいるところからみてどっちなの? ということ。この二つの関係は常にテンプルアレンジメントで使うからです。
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 5時間5時間前

地球はまんまるいので自分探しをして地球を何周しても未来はまだずっと先にある状態に気づく。西に進めっていっても西を飛び越えて極東に到達するの。西ってどっち? それはただの進む方向。だから西からだってさらに西に進める。西という場所があるわけじゃないからです。
0件の返信 1件のリツイート 5 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 5時間5時間前

本当の意思と思えるものがはっきりしてなくても心配は要らないの。それはこの先何年も、何十年も先にまで続いていく意思のことだから、未来が遠すぎて霞んで見えるからです。地平線の先に目印が見えてくるまではたいていぼんやりしてるものと思う。
0件の返信 0件のリツイート 4 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 5時間5時間前

なにかをするときってただの欲望以上のものでないと続かないと思う。そんなに熱くなくてもいいけど、何十年も続くような意思があること。根本的に変わらないような想いがその軸の上にあるから。
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 5時間5時間前

魔法の訓練もよほど必要に迫られていないときちんとすることは多くないように思う。多くの場合、欲望によるものではなくて危険回避だったりそういうのかな? どうしても必要にならなければいきあたりばったりで物事をこなしちゃうから計画性がない。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
Angeliqua@らっこイーター‏ @Ripple1975 5時間5時間前

真剣に悩んだことがないと自分の中で言葉の定義をしなおしたり、既存の知識を再確認することなんてないのでは? と思うの。必要は発明の母とはいうけれど、必要がないと大抵は興味が持てないので結果としてやらないことが多い。興味を持つことって結局は必要性の発掘だともいえるかな?

ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

大体、自民党に縋らないと生きていけないって支配者でなくて奴隷だよ。

この国は物質的には特権階級に見えて実質的な奴隷なんだなと思った。

そもそも本当に権限や金や力があるなら、自民党なんざとっくの昔に殲滅してるはずなんだけど。

すべてが仮初のもの。日本のものはね。
0件の返信 7件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

もし成り上がりなら、少なくとも豊臣秀吉とか、あとは新興勢力ならばモンゴルみたいにちゃんと統治をしないとね。

何でモンゴルのように新興勢力になってより良い統治をって発想がないわけ?クリスチャンお嬢様って。

ひたすら自分たちだけ贅沢して為政者の仕事しないのは何でよ?
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

特権階級ってさ、日々酒飲んでやつらの仮初の権力と贅沢にまみれて形而上のものを作るとかいう意識がないのがまずい。

こいつら特権階級でなくて、単なる成り上がりなんだろうけどさ。

本当に下賤を高貴にするって最悪だな。
0件の返信 3件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

おいらの目標は、とんきんの外食依存をどうぶち壊すかだね。

美味しくて安全な食材を循環させる方法を考えてる。

ゴミみたいな食材を出す飲食店マジで多いよ。

さぁそこを粉砕できれば良いのだけどね。
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

今日はすげー疲れてるので久しぶりに外食した。

つまみばかり作ってご飯焚いてなかったんだよね。

少し松屋より高いくせに美味しくない事はないのだけど、なんつーか食べる感動がないわけ。

やはり実家から送ってきた食材を調理したが良かったのかね?

というくらい金と満足感がね。
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

あとね、シェアドヤ運営に頑張ってるけど、いくら権力持ってても形而上のものを作らない限り何の意味もない。

少しだけ権力あって影響力あったとしても、それはやつらの手のひらの上で保証されてるだけで本当の意味での力ではない。

やつらのシステムにあり続ける限りはそれは仮初に過ぎない。
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi 5月25日

国破れて山河がないと言うのに何を保守するのだか…私には全くわからない
1件の返信 6件のリツイート 4 いいね
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi 5月25日

見えるものが見えず、見えないものが見えるものが多すぎる
そういうときは語らずひっそりしているのが一番良いのだな
1件の返信 4件のリツイート 4 いいね

魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi
返信先: @douteimaturiさん、@kitsuchitsuchiさん

カエサルのものはカエサルへ、イエスのモノはイエスへ、そして私のものは私へ
自由にして自在なる何かのモノは全てででしかない

1
いいね
子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側

8:23 - 2017年5月27日

ねこた‏ @lakudagoya 5月26日

前に日本のためにの人が、フリーメイソンの作る社会ってリゾート地で特権階級が乱交パーティーやってんのをSNSに上げるようなくっだらない社会だと。

特権階級の親は遊び回りたいから、子供を全寮制学校に放り投げて楽したい魂胆だとさ。それが子供のためだと信じてるくさいんだよね。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 5月26日

ただ、生活に困窮してる人はシェアドヤは有り難いのではないかと思う。

ただ、物凄く神経使うのでどちらにしても大変なのだけど。

確かにこの家賃(水光熱費コミ)で働くと金が余って仕方ないだろうね。

だから地方でバイトして生活カツカツの人は良いのではないかと思うよ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 5月26日

もーね、こんな忙しいと陰謀論どころではないよ。

しかし、他人との共同生活は精神的に不安定になった時が大変なので、小さい頃から全寮制学校に監禁されてた特権階級はその復讐として一般人をいじめるそうなので、あまり正当化すべきものでもないような気がするよ。


ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

超〜古い漫画ノウハウ本は手塚治虫の
奴と石ノ森章太郎の奴しか読んだ事
ないので、他のノウハウ本にも載ってる
のか分からないけど、ぐだトマトさん
の知ってる限りだと現在でも再販が
続いて入手出来る本ではその本にしか
このテクニックは載ってない。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

一例を挙げると、昔のとある漫画
ノウハウ本に載ってたバトル中に
闘ってる二人のキャラのコマ内での
位置を次のコマで左右反転させて
入れ替えると激しく動いてる錯覚を
与えるという小ワザがある。

これと同じワザをさっきのスコセッシ
監督の撮影術本でも紹介されてたよ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

スピルバーグとタランティーノの
方は本当に三件引っ掛かれば多い方
って感じだな。

個人的にはこの三人の中だったら
スピルバーグ監督のが一番欲しい。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

検索で出てくる誰が何をフォロー
しているので〜たを追っ掛けてくと、
元スクエニの菊ちゃんと大塚先生は
確実に知ってたなw
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 1時間1時間前

三月中旬に発売されてて、
熱帯雨林レビュー一件も無しって
凄いな…

因みに本の題名で直検索掛けると
多くはないけど、それなりにツイート
されてるのは明らかになる。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
🌸くまざわ書店 武蔵小金井北口店‏ @kbc_koganei 3月24日

【新刊】『スコセッシ流監督術』クリストファー・ケンワーシー(ボーンデジタル)観客を引き込む画作り。制作者目線で各ショットを読み解く。映画・映像作家志望だけでなく、「映画の見方」がわかれば観賞が楽しくなる。
0件の返信 6件のリツイート 8 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
二語商店‏ @25LABO 3月19日

【3/19発売】名監督の技を盗む! スコセッシ流監督術 クリストファー・ケンワーシー (著), 平谷 早苗 (編集), 株式会社Bスプラウト (翻訳) ボーンデジタル
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2時間2時間前

各ショット毎のキャラクターの配置
位置の分析とか、やたらと細かく分析
されてて凄い。

そして案の定、ツイッターで検索
掛けると自分のツイート含めてたった
三件しか出てこないw
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2時間2時間前

ボーンデジタルの監督術シリーズ凄い。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 3時間3時間前

誰かと思ったら鬼畜島の人か。
確か第一巻主人公のTシャツが
某カルトのロゴだったっけ?
http://kichikujima.seesaa.net/article/442831571.html


外薗昌也‏ @hokazonomasaya 11時間11時間前
返信先: @nyaanyaa56さん

ボツったネーム……時間経ってから他所で出して売れちゃったことありました、
あの編集様はどうなってしまったのか……
遠い目
1件の返信 9件のリツイート 7 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
萌㌠‏ @nyaanyaa56 11時間11時間前
返信先: @hokazonomasayaさん

他所で出してヒットしたら担当者が上から「何でアレ採用しなかったんだ!」と怒られるから、動き止めますよね。
1件の返信 1件のリツイート 5 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
外薗昌也‏ @hokazonomasaya 5時間5時間前
返信先: @umeon2010さん

ネットの普及で出版社も青息吐息、以前のような威圧感は無くなりました、いい時代になりましたよ、( ´ ▽ ` )ノ
0件の返信 7件のリツイート 6 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
umeo,梅澤雅俊‏ @umeon2010 5時間5時間前
返信先: @hokazonomasayaさん

作る物は面白くても、業界そのものはつまんなそう。早く、個人出版が主流の時代になって欲しいです。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
外薗昌也‏ @hokazonomasaya 15時間15時間前
返信先: @Mpochicrownさん

化石になってたらラッキーな方です
殆どが化石燃料になり燃やされて終わりです
0件の返信 9件のリツイート 12 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
Mポチ‏ @Mpochicrown 15時間15時間前
返信先: @hokazonomasayaさん

死蔵されたネーム達が化石化してるのですね。たまに程度の良い化石が発掘されたりするのですね。
1件の返信 6件のリツイート 6 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
外薗昌也‏ @hokazonomasaya 15時間15時間前

出版社から提出したネームの返答が来ない時はポシャったと分かる
しょうがないから他社に持って行こうとするとイヤがられる
でも自社で載せる気はない、かと言って他社でヒットされたら面白くないしメンツ丸潰れらしい
そんなこんなで死んでしまったネーム地層の上で漫画業界は成り立っている
6件の返信 1,356件のリツイート 966 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
Tak Yanagida (柳田)‏ @tyanagida 2014年10月29日

自由に動かせる正積・正距方位図法の地図サイト作りました。名付けて「どこでも方位図法」。スマホは未対応。PC版Chrome推奨。http://maps.ontarget.cc/azmap/ 画像はシドニー付近を中心にした例。
21件の返信 1,807件のリツイート 1,982 いいね
ぐだトマトさんがリツイート
吉村拓也‏ @hanari0716 7時間7時間前

【手が苦手!!】って人に

試してもらいたい✨6つの注目点✨

【注目パーツ】
①指の爪をカクッとする
②指の長さを明確に!
③手のシルエットで男性か女性かわかるように!
④爪の形は男女で違う
⑤モノを持つ時は5本指の役割を考えて
⑥女性は指先から1つ目の関節を無くしてもいい
2件の返信 1,318件のリツイート 3,622 いいね

ぐだトマト‏ @pteras14 2016年10月15日

ただ、不思議な事に現代日本は
「武士道」も、「禅」も、「家康」
も、「朱子学」もベースになって
ないと思う。

強いて言えば、
「藤原道長の血族システム」、
「室町末期の下剋上システム」、
「平安の荘園制寄生虫システム」、
「孝謙、後醍醐のオカルト傾倒」、
「田沼式拝金主義」。
1件の返信 10件のリツイート 15 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14

これにGHQ時代の
「真赤朝の歪んだ石屋思想」
明治/大正の
「薩長土肥式戦闘民族化」が
掛け合わさってより凶悪化してる
イメージ。

ねこた‏ @lakudagoya 6時間6時間前

大体、軍国主義バカが焚書したがるのって教会と何も変わらないよ。

どっちもカルト。西欧だけの性癖だよね。

だから西欧型の軍隊は嫌いなんだよ、カルトだからね。

大体修道騎士以外の発想がね。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 6時間6時間前

西欧ってのが、発想が軍国主義バカしかないという性癖だね。

商業社会と言っても農民いじめしかできない。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 8時間8時間前

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

港区のフリーメイソンロッジのお向かいさんは聖公会の教会(笑) RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
天皇陛下の教育係が聖公会とクェーカー教徒であることも知らない保守系とは一体何を信じてるのか
1件の返信 5件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 8時間8時間前

図書館が閉鎖されて本が焚書される夢を見た。

軍国主義が図書館の蔵書を全て焚書にして語学研究さえも許さないみたいなね。

やばいなー

生々しかったよ。
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi 3 時間3 時間前

今、世界に民主主義というのはシリアかアフガンにしかないのです
民衆やその集団が武器を持って相手をぶち殺してでも力と権利を確保する社会が最も民主主義的な社会であって、相手を殺して・根絶やしにして・略奪してでも権利を確保できる・する社会の事を指すわけで民衆は直ぐに暴動を起こすのです
1件の返信 2件のリツイート 2 いいね
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi

SNSが発達したのはそのガス抜き装置としてであって、この装置がある限りは本当の意味での共謀が行われる事はあり得ません
私自身もツイッタをやっているのはエロ絵と中田先生の監視以外の目的以外ではしていないので後は片手間みたいなものです

ねこた‏ @lakudagoya 18時間18時間前

なんか、一族が知識や技術を独占する事に生理的な嫌悪感を持ってたわけだけど、やはりこいつら半島由来の連中なのね。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前
返信先: @Federicopaniniさん

その共産スパイって北朝鮮や中国ですか?
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前

なんか平安貴族を前面に出す明治以降の公家文化ってのはこう、田舎者にはなじまない気がする。

あの華やかな贅沢文化ってものが生理的に遠い世界つーか。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前

江戸時代に冷や飯を食わされてた公家のルサンチマンが明治以降の「日本の伝統」に固執させるのか。

それに漬け込んだヤソか。いつもの如くな。
0件の返信 3件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前
返信先: @Federicopaniniさん

本来はそうではないのですが、華族にしても武家の子孫にしても有名無実化してるので、ただの成り上がりが上流階級ぶってますね。

でも若者にはそれらが上流階級と見えてしまいますね。多分成金と本物の上流階級の区別がつかない社会ですから。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前
返信先: @Federicopaniniさん

私は文革に大してはかなり否定的です。
毛沢東主義も好きではありません。

しかし、昔のサヨクの方には民衆のために頑張ってた方もいまして、その人たちが戦後は知的インフラを支えてました。右翼にもそれを望みますね。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 19時間19時間前

旧華族的な意味合いではなくて、本当は在日の成り上がりかも知れないけど、上流階級的な人たちはいるよ。

そういう意味では知り合いの陶芸家もそうかもね。

その人たちの文化などを観察してた。

もうね、旧華族云々って今や武家の末裔なみに有名無実化してるよね。
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi 15 時間15 時間前

国破れて山河がないと言うのに何を保守するのだか…私には全くわからない
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
魔法おっさん(30代住所不定無職童貞)‏ @douteimaturi

見えるものが見えず、見えないものが見えるものが多すぎる
そういうときは語らずひっそりしているのが一番良いのだな

ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

つい思い込みが先走った。申し訳ない。
でも毎日工作員相手にしてるとついな。
すまないね。

ただ、天皇崇拝者は女の世界にも相当にいるけど、殆どが階級社会用語のためのトップとして天皇崇拝してるような感じだなと。

そのイメージが積み重なったことはすまない。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

なるほど、資本主義に対する見方がズレてました。戦後の資本主義はどちらかというと、ナチスのような資本主義で19世紀末のむき出しの資本主義とは違いますね。

文革についても知らなかったのでがんばりますね。
ふぎさやか‏ @maomaoshitai 4月12日

「混血が進むと民族が滅びてしまう」という意味が、申し訳ないのですけどよくわかりません。つまり他民族の血が混じると純粋な民族が消えてしまうということでしょうか。最初からそんな純血の民族はいません。

ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

旧貴族ではありませんが、今は成り上がりが上流階級ぶってますね。

中曽根康弘とも知り合いで、天皇も家に来た陶芸家のお嬢様を観察した結果です。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

ですので、天皇崇拝者の方もサヨクなみの民衆の暮らしを守るとかのイデオロギーを出して行動すれば反感もあまりないのではと思います。

民草の生活を守る思想、昔の天皇の話にもあったでそ?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

あなたの中ではそうでないかも知れませんが、世間一般ではそんな認識です。

それ以外の天皇論を聞いたことありません。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

ねこたさんがをリツイートしました

いえ、上流階級は存在しますね。 RT https://twitter.com/Federicopanini/status/867748054820036608 …

ねこたさんが追加
このツイートはありません
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

こんなシェアドヤ暮らしのニートの言説に噛みつかないでいいほどゆとりをもたらすのが権力者の仕事だろうに。

人がゆっくりする時間さえも必死に書き込みさせる天皇崇拝システムとかいらねーだろと思う。

必死にならずとも幸せに豊かな暮らしを保証するのが特権階級の仕事なんだけど。
1件の返信 0件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

昔の武士は治水工事に失敗したら切腹とかあったわけ。

上のものが緊張感を持って精一杯何か成し遂げるってのにはお嬢様文化はないわけよ。

むしろ何かあるたびに切腹してた武家の文化が西欧は邪魔だったんだよ。
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

天皇崇拝するならさ、サヨクなみに民衆の暮らしを守るとかそういう事を言わないと説得力がないよ。

むしろ大多数の天皇崇拝は、民衆を生贄にして天皇の名のもとにひたすら悪さするイメージしかない。

しかも天皇崇拝って究極の無責任の正当化にしか見えないんだよね。
1件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

おいらは正直、サヨクの文化は大嫌いだよ。でもね、建前でもサヨク的なイデオロギーを喪失すると愚民化政策や超格差社会が正当化されるので、サヨクでなくても公平性とか啓蒙主義のイデオロギーは大事だよ。カルトに足かせを填めるという意味でもね。
 
サヨクは建前でもうまく使うべき。
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

おっと説明が良くありませんでしたね。
皇室に憧れて皇室を中心としたヒエラルキーの階級社会に憧れて、資本主義を擁護して民衆のためには何ら貢献しない人々がいます。

いえ、私はそんな人たちを生で見てきたのでわたしの批判は的外れではありませんよ。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

大体、共産主義と天皇崇拝って無神論か神権政治かの違いでしかないぞ?

根っこは西欧の思想があるから何も変わんないんだよね?
0件の返信 9件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

そろそろ「バカはブロックね」を発動したいね。

毛沢東主義の人の話を喩え話として持ち出しただけでも罪悪感持たせるのが教会となーにも変わらなエセキリスト教なんだね。

天皇崇拝も毛沢東主義も強権的政治と民衆の犠牲という部分では違いはなかろうに。
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

毛沢東主義の大躍進政策の失敗なんかをあげつらってだから共産主義は悪いんだみたいな罪悪感を持たせる。

天皇崇拝の名のもとにやった第二次大戦でも相当人が死んでないか?インパール作戦とか。

なんかこう、サヨク嫌いのレトリックはさ、詭弁の塊にしか見えないわけよね。
1件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

おいらの言いたいことは共産主義擁護ではなくて、資本主義擁護のやつらは何か民のためにやってるか?って話。

子供が毎日ご飯も毎日食べれないほど追い詰めてさ、それで天皇崇拝とかふざけるなボケが!と。

毛沢東主義もおいらは好かんけど、人の手本になる事少しはやってから言えと。
0件の返信 0件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

もうね、カルト信者見てると、中田考氏みたいに「バカはブロックね。」とか言いたくなる。

共産主義にこだわってさ、論点をずらしてカルト信者だから共産主義なるものは受け入れられないんだよね。

天皇崇拝のキリスト教お嬢様は見本となる事をやってるか?と言ってんだよ。
1件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

そこは論点が違いますね。
キリスト教お嬢様で天皇崇拝で資本主義擁護のやつらは毎年何万人も自殺してるのに問題ないと抜かし、自分だけ贅沢してるわけです。

私が言ってるのは、資本主義擁護のお嬢様は自ら率先して民のためにやってますか?勉強してますか?って話ですよ。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前

なんというか、宗教の人の共産主義嫌いって、おいらが指摘した「ここがダメだからサヨクはいけないんじゃー!」ではなくて、もうね、脊髄反射的に共産主義やサヨクを憎んでるの。

実際に、まるで伝染病のようにサヨクを嫌うしさ。

魔女狩りと変わらないよその態度はさ。
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 20時間20時間前
返信先: @Federicopaniniさん

それは神道カルトも同じ穴の狢でしょう?

共産主義者がーとかでなくて、天皇崇拝の資本主義擁護のやつらはそれくらいの情熱で何かやってますか?って話。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

神道家って所詮、マオイストを批判できないって。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

カソリックの信者ってイルミナティ思想を批判するくせに、教会こそイルミナティよりも悪質なくらい知識を独占して愚民化政策してることは悪くないとか抜かすの。

教会がバカな民衆から知識取り上げて管理するってイルミナティ思想と何が違うんだよ?根底の思想が全く同じじゃまいか。
0件の返信 5件のリツイート 8 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

おいらは、サヨクの問題点を指摘したよ。

完全相対主義及び、博物館思想における多次元文化主義及び、サヨクの組織論は間違ってるとね。

あと内側に閉じたサヨクの世界も良くないし、弱者を甘やかして悪いことやり放題も良くないよ。

どちらにも与する気はないけどね。
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

神道家ってカルト信者みたいなものだからな、マオイストをカルト信者とは言えんでそ?

右翼も左翼もどっちも与しないけど。

共産主義を疫病のように嫌うやつらって共産主義の具体的な問題点を挙げるのではなくて、自分たちがカルト信者だからそこを破壊した毛沢東が憎いだけだろと。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前
返信先: @Federicopaniniさん

共産主義という名のカルトですけど、下層民生贄資本主義カルトよりマシでしょう。

あくまで一例ですけど、天皇崇拝の下層民生贄カルト信者にここまで凄い生き方してる人いますか?いないでしょう。

戦争あったのに責任も取れない腑抜けですしね。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

最近のいいとこ出身のやつら見てるとさ、ひたすら我欲と我執ばかりで、下々の者にお手本になるような生き方をしてないね。
0件の返信 0件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

奴隷をこき使ってるキリスト教お嬢様って、下のやつらを見下すくせに、下々の者が見本になるような生き方してるのかな?

ひたすら自分だけ贅沢してマウンティングして、そういうのって昔の人に比べたら人間精神の劣化したと思わないかな?

ひたすら我欲と我執ばかりで恥ずかしいよ。
0件の返信 0件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

昔の人は偉い人いるんだよ。
そのプロレタリア革命戦士の方は35年間ずっと毎日仕事して夜から勉強会だよ?

口先だけでなく、自分も倒れるまで働いてるの。

なんというか、資本主義を擁護して共産主義叩くキリスト教お嬢様って率先して人々の見本となるような生き方してないでそ?
1件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

某プロレタリア革命戦士の偉人は、夜12時まで労働してそれから勉強会とかやってたらしい。

マオイスト凄いわ。

人をこき使う側になって優雅な生活してるキリスト教お嬢様とは違う。

口先だけでない、行動で示すマオイストなんだね。

こんな人はお嬢様にはいないわけでそ?
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 21時間21時間前

全寮制学校ごっこ in シェアドヤライフ

今日は疲れた。昨日ほどでないけどよく働いた。

しかし、半日労働して学校生活だとしたらかなーり毎日しんどいと思うぞ。

学問だけでなく、体力とコミュ力が物凄くいると思う。

健康的と言ったら健康的だけど健康的過ぎるかな?

Desty‏ @ChroahDesty 3 時間3 時間前

フリーメーソンは慈善団体
ロータリーは慈善団体
秘密なのは儀式だけw
あのさぁ、内部見たことあんのかね?
慈善団体って言ってるから慈善団体ナノ!!
って信頼するのはどうかと思うぜ?
院長の成果が出てるな~
まあ他の組織もヤバイけどさ
1件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya
返信先: @ChroahDestyさん

談合団体でしょうか?
中身の内容詳しくお願いします。
18:41 - 2017年5月25日
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側 ツイート内
テキスト




新しい会話
燈火‏ @to_moshibi 2時間2時間前

現代では企業などあらゆるところで髭を剃らせる方針を採っていることが多いですが、それ自体が形を変えた去勢みたいなものではないかと思います。髭