読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

三角一つ目『とんがり帽子のアトリエ』と、『鋼の錬金術師』の作者の師匠作の『魔法陣グルグル』一つ目! 

随時追加 三角目玉ダジャル?








主人公の後の師匠キーフリー(鍵不要)は右目を隠す。
お城のお祭りで、主人公に魔法の絵本(魔方陣集)とペン(杖)を売ったのは、顔の上半分を大きな目玉つき仮面で隠している敵っぽい魔法使い。
@0nigiri_3_
@mryensrh11
https://twitter.com/lakudagoya/status/769690734282756096 …






大きく描いた魔方陣は小さいのより強い。
きれいに描いた魔方陣は汚いのより長持ち。
大きくてきれいな魔方陣を描くために、何の魔法かわからない模様の上に紙を置いてなぞるとココの母親が石化。左目魔法使いは禁忌の魔法陣が含まれる絵本を”彼ら”のものだと予想。
主人公の記憶を消すと”彼ら”

を追えなくなるので秘密を持つ側=弟子にすることにした。
魔法は選ばれた者だけが使える、仕組み不明の便利な奇跡だとされているが実は具体的な仕組みがわかっている技術。
魔法使いは生まれつき魔法使いだというのが嘘。
魔法は魔法インクで魔方陣を描くだけで誰でも使えるので制御がきかず危険。

目撃者の記憶は消去。
現実の事実を暴露!
昔は魔法は特別ではなかった。
⓵決まった図形の組み合わせ
②特殊な製法の墨(インク)
で誰でも簡単に使えるから争いが起きた。
良識ある人は争いを拒み「魔法使い」として結託し人々から魔法の記憶を奪い秘密を守れる弟子にのみ伝授。
「結託の日」


結託の日以来、変身、年齢変化、扉や乗り物なしの瞬間移動、思考と感情の操作、傷つける、癒すなど人体にかける魔法は禁止。道具に描く魔法が主。治療も禁止!記憶を消す魔法は人体にかけるが例外的にOK。
「知らざる者」(ふつうの人)=魔法使いでない人
→知識と技術の有無=血筋と無関係な秘教




魔法陣グルグル

ミグミグ族は神の踊り子であり、
一つ目太陽の杖で踊るように描くのだ。










--
何度もアニメ化されたのだから何かあるでしょ。
作者ってハガレンの作者の魔法結社の師匠疑惑があるんだけど!

衛藤ヒロユキ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E8%97%A4%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%A6%E3%82%AD
”なお『鋼の錬金術師』や『アルスラーン戦記』で知られる荒川弘は1999年~2000年に彼のアシスタントであった。 荒川は自作のファンブック等にて、衛藤に漫画のノウハウを多数教授されたと語っている。”

途中でも気にせずに
ガンガンオンラインの公式
http://www.ganganonline.com/contents/guruguru2/
を読んでください。

こちら
http://www.ganganonline.com/contents/kitakita/
は舞勇伝キタキタ。
この外伝、おやじが44歳で、王女と少年が両方13歳って数字は注意深く選んでいるな。
本当に11の倍数と13が好きだな。素数好きかい?
キタキタ外伝第一話の見開きカラーでおやじの背景が太陽光とバラ。
バラ。
起こしてはならない奇妙な幻獣である神キタキタのマークに一つ目(と足とすね毛)。
この神は恐れられているらしいが適当に祭られている。

ぐるぐる模様といえばケルト。
タイトルのデザインに三角があるな。色は赤と青が交互。ぐるぐる2つ(濁点)と三角2つ(濁点)は黄色。


・ギャグ化したドラクエ。

・漫画原作の33章が最初のほうがカラー。


・光魔法キラキラはあらゆるものから剣を取り出せる。
四大元素に対応する四本剣を手に入れると、最後に四本の力が勇者の体内でが合体して最強にして伝説の一本の剣が勇者自身から生まれる。
(武器が奪われないな!)

・ククリは二本の長い三つ編み。ツインテールなど二本の強調された髪の毛の部分は角を意味することがある。初音ミクもかな?ラブライブに露骨なキャラがいる。たしかニコ。


2の[第58章] 秘境ズックニィ(3)
でククリは二本角の魔王そっくりとある。
日本の長い三つ編みと二本角が対応しているでしょ?

でね、ククリが魔法修行するときに師匠に丸坊主にしろと言われていやがる場面があるのね。結局、ククリは短髪で妥協。
丸坊主にしないと、修行中は不安定なので、悪魔に髪の毛をとられたらヤバイかららしい。
なんか理由に納得した。髪には魔力が宿る。ひげにも宿るらしい。
髪の毛って電波送受信アンテナっぽいよね。
ククリの髪の毛が魔王の角の比喩であるなら、
切るのを嫌がった理由が単に女の子だからだけではないのだろう。
三つ編みは力だ!


・魔技師。マギ。

・プラトーン教ってプラトンでしょ。インドの輪廻思想を持っているプラトン。
プラトーン教のシンボルが書きかけのケルト十字だが、
もしかしたら、太陽十字を三日月十字に変えたのかも。
三日月の円弧の部分を上にして倒した感じだ。
プラトーン教の巫女のジュジュ(呪呪、授受)がトランス状態になって戦う。




ヒロインが三つ編み(魔法結社員の証)で闇属性。
勇者が光属性で金髪。

魔神ベームベームを召喚する魔法陣
(二つの一つ目を瞳が重なるように十字に重ねた、丸に十字の変形)
を伝えたのが頭に太陽をつけたおやじの踊りなのが重要。
太陽ってことが重要ね。
丸に十字って太陽十字だからね。
ベームベームは地下から生える大樹に目玉が複数と角がたくさんついた感じなんだよな。
色は緑。瞳は赤。
雷攻撃の前に英語で皆踊れと言う。キタキタ踊りがらみだからだね。
魔法陣をキタキタ踊りの腰の振り方の中に隠していた。



・ククリの杖ってベームベームを模しているの?
魔法修行も回転に慣れる(バランス感覚の体得)と感情制御とイメージ訓練だったりきちんと正しい修行だし。最後の修行が毒キノコを食うなんだけどね。


・ニケは勇者だと思ったら盗賊に適性があったってこれ、
ドラクエへの風刺でしょ。
家に勝手に入って箪笥とか本だなとかあさったり壺壊したりするでしょ?


・ニケ(勝利の女神の名前)は盗賊=運がいい。

『魔法陣グルグル』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E9%99%A3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%AB



oyomikudasarikansha
スポンサーサイト

実質ラスボスが中国思想とシステム(孔子と老子=儒教+道教)で白人礼賛のNieR:Automataニーアオートマタ 

随時追加 量が少ないなあ ほかのゲーム考察したらここに乗せようかね

CV石川由依キャラ 「心臓を捧げよ」と「人類に栄光あれ」に何か通ずるものがあるなあと感じて。

--
パスカルが非常にひどい目にあう作品。






古代エジプト人たちは人間の霊魂が5つの部分からなると信じていた。
「レン(名前)」、
「バー(魂)」、
「カー(精神)」、
「シュト(影)」、
「イブ(心臓)」である。
更に、人間の体「ハー」、
他の魂には「アーク(魔術)」、「カイブト」、「カート」などがある。

古代エジプトでは「霊魂は不滅とされ、死者は(天国で)復活する」とされていた。
死者の「バー(魂)=鳥の体に人の頭」の「拠り所」として、
死者の体をミイラにして保存した。
昼にバーは飛び回り、夜はミイラに宿る。
(つまり「ミイラ」が無ければ、天国に行けないのだ)

実は古代エジプトの「天国」は
「王が逝くラーの天国と
平民が逝くオシリスの天国」があった。
「天国は様々」という事だ。ファラオだけがラーの天国に行けたが、後に貴族も行けるようになったらしい。
オシリスの天国は「豊穣の国」であり、死後も「飢える事が無い」を意味する。

「死後に飢える?」妙な話だが古代エジプトでは西岸は死者の国(墓)があり、
「供え物」をすることでバー(魂)が飢えないようにする必要がある。現世と死後は繋がっているのだ。
バー(魂)とカー(精神)が死後の世界を維持する為に必要、カーは飲食によって維持され、死者には飲食物が捧げられた。

「供え物」をカー(精神)が(もちろん)直接食べる訳ではなく、そこで消費されるのは供物の中の「カーウ」とされる。
因みに「死後の維持」には「供え物」以外に70日間の「ミイラ化」作業と祭司による儀式はもちろん「死者の書」、などもろもろの準備が必要となる。

「なぜ準備が?」
理由は死者(平民)には
「来世復活=天国行き」もしくは
「本当の死(二度目の死=消滅)」の二択(審判)があるのだ。
ミイラ化で重要なものはイブ(心臓)であり、
オシリスの神前の「二つのマアトの間」の裁きでは天秤の片方に心臓
もうひとつには「真実を表すマアトの羽」が置かれる。


「マアト(真実・秩序)の間」では「四十二のノモス神」に「四十二の否定告白」を受ける。
嘘や悪事によって心臓は重くなるとされ、マアトの羽より軽ければ、「アメミト(怪物)」に心臓を食われ「完全な死(消滅)」となる。司祭がミイラの心臓を加工するのはそのためで「現世アシスト」である。

古代エジプトは5つの魂だと言った。残りの「レン(名前)」「シュト(影)」は何だろうか?
「シュト(影)」はよくわからない。人は影なしに存在できず、影も人なしにはと信じられ
影はそれが現す人間の何がしかを含んでいる」された。
問題は「レン(名前)」である、これは「アンク」と関係がある。

人と動物の違いこそ「レン(名前)」だろう。(ペットに名前を付けることはあろうが)バー(魂)は動物にも存在する。
アンク=生命という説明が多いが、あれは「名札付きペンダント」である。
古代エジプトでの外来者の識別はアンクで行われ、名札がチェックされる。天国でもそうなる。





ここまで語った「キーワード」や「数字」に何か「現代または他の宗教に通じる」ものが多いはずである。
(これを前知識として、さらに数々のエジプト神を探ってゆくと、様々な事が繋がりを持って見通せると思われる)



NieR:Automataの実質のラスボスが孔子と老子
(=概念情報=ネットワーク=「システム」)
って露骨に中国思想の中核である儒教と道教を敵視しているな。
思想とシステムが敵。
ロウシとコウシが灰色っぽい髪の毛で、
前髪ぱっつんで、
碧眼の女の子の姿。
赤い服。

概念情報にとって時間は意味がない。
概念情報は私たちは一つであり複数であり、
有限であり無限であり、
完成された精神のありようだと言う。
光が見えると言う。
未来へ進むと言う。


「キリがない、殺せない」概念情報ネットワークの倒し方が面白い。
論理学習ネットワークを利用して弱点を形成する。
敵の論理思考回路をインタラプトして演算遅延を発生させる作戦。
敵を破壊せず、一定数、一定時間存在させる。
敵自我データ飽和率100%すれば、
敵自我が分裂を開始すると予測。

要は処理落ちさせようってこと。
数を増やさせればそれぞれに論理思考回路があるので、データの量が素早く扱えないレベルになるからそれまで耐えろ。

敵自我が2つの勢力に分裂。
主人公を壊す派と壊さない派で対立して殺しあう。
報告:飽和した自我が相互に闘争を開始。まるで人間。

物理的個体のロボットになったコウシとロウシのフォルムが一つ目玉っぽい。

・主人公が銀髪の白人モデル。
はいはい白人にしないとスポンサーが嫌がるもんね。
儒教や道教を筆頭にした中国思想の英知が大嫌いだもんね、ヤソ勢力は。
この手のゲームってイスラーム圏だと受けるのかなあ?

アダムとイブが敵なので既存の聖書思想の否定でもある。

A2も2Bも右目側。


・AI ものだと記憶の捏造とか入れ替えとかによるトリックがやりやすいけど、
ロボでなくても人間自体が簡単に記憶を捏造してしまう。
記憶の入れ替えは人間には難しいけど。





・人間の後を追ったり従うよりも、
神秘と魔術を探求する機械生命体のほうが面白そう。






















人類に別に栄光がなくてもいいよ!
読了謝謝!

結社名でメイソン以外思い浮かばない奴は読むな!→ドラえもんの暗記パンとYahoo!とヤプーとラピュタの元ネタはメーソン製の『ガリヴァー旅行記』!←けものフレンズへも影響? 

「ゆでたまご、大きい端からむくか、小さい端からむくか?」
「ハイヒール、ローヒール、どちらをはくか?」







※スウィフト流で書く。つまり毒舌で皮肉的で諷刺する感じ。。

メーソンは一次予選通過者の集まりのようなもので、
そこから本命をスカウトするための人材紹介業者でもある。
複数の結社を掛け持ちしていないと妄想してないよね?


メイソン以外の友愛結社の名前をあなたはどれくらい知ってる?
フラタニティとソロリティぐらいは常識だよね?

ギリシア文字三文字の、
アルファ・カッパ・ラムダ
Alpha Kappa Lambda (ΑΚΛ) ぐらいはご存知だよね?
ギリシア文字を使った結社は他にもあるよ。
日本語で調べてもろくな情報はない。


ドラクエの教会のマークがあるぞ!

Alpha Kappa Psi (ΑΚΨ) という、
最古(1904年)にして最大のビジネス系友愛結社もある。
それって金融系ならインサイ以下略

白人男性限定とは限らず、
Alpha Kappa Alpha (AΚA) のようなアフリカ系女性系結社
とかもある。
ギリシア文字なのが重要。
Greek-lettered fraternity
Greek-lettered sorority
などで検索しておくれ。
メーソン以外の結社の勉強をしましょう。

あとたぶん、薔薇十字団正統会員のほうがメーソンよりも格上。

まさかと思うが陰謀論界の大多数は メーソン、イルミナティ、スカルアンドボーンズしか知らない? それしか存在しないと思ってるんじゃ...






















メイソンの話が出たので今回はメイソン員の作品のうち、特に影響力が強いものを扱う。
異世界ものね。
異世界転生ものってはやっているよね。

異世界転生/死んでないが行ったものって要は現実が辛すぎるから生まれた新興宗教の聖典群候補のこと。
候補なのはまだ聖典確定までには至っていないから。売れ行きで判断するのだろうか。

なろうやカクヨムにある異世界もので、ガリヴァー旅行記と、芥川の河童に匹敵するものがあるなら教えてください。
いや、このバケモノ二人と比べるなよって突っ込みが以下略。
第三者視点では両作の主人公は頭がおかしくなった人になっている。
ガリバーは馬小屋エンドだし、河童は主人公が精神病院にいる。

芥川龍之介『河童』の生命の木を崇める生活教ってグノーシス主義もどきっぽい。
芥川の時代ってグノーシスなんて和訳での情報があるかどうかすら怪しいのになあ!
あと河童の世界がどう見ても英米がモデル。
河童の職工をぶっ殺して肉にして食う河童の国。
やばすぎるでしょ。
主人公23号(23かよ)は精神病院にいて、そこに来た人に河童の国のことを語る筋書。

読むのに抵抗があるなら、読まずに聞けばいいのさ!
芥川は短編と中編しか書かないから楽。

なぜ芥川を取りあげたからというとね、
上記のギリシア文字のカッパで思いついたギャグに一人で爆笑して追加
げふんげふん、
キリスト教臭い異世界転生ものが嫌いだからだよ。
異世界が中世ヨーロッパ風ばかりなのはやめてほしいな。



イスラームの方が異世界じゃん。
あなたもイスラーム圏に行ったら現実に簡単に異世界にいけるじゃん。
時間感覚も激変する。礼拝が基準の体感時間。

もっとイスラムか和風にしようぜ!
あ、河童の国は英米モデルだったわ(笑)
でも、明治あたりの英米モデルの異世界作品なんて見かけないでしょ?

中世欧州がモデルか不明だが、
割と面白いネット小説を発見。
異世界転生ものの中では異色の作品。

『異世界転生したけど日本語が通じなかった』


ガリヴァーもとにかく言語学習と安全の確保を最優先にしているけど、徹底的に言語学習のページを割いているのではない。
異世界という舞台で英国に対して言いたい放題言うのが目的だからね。
「何」にあたる言葉をまず知り、それをもとに名詞を子供に聞いて覚えまくる実際に言語学者が使った手段は使っていない。

今回扱うのが小説だから書いとくけど、
パクリとか言われるのは最近の有名作品と似ているからであって、
古典からとれば堂々と元ネタを公言されるし、
よく勉強していると高評価まで得られるぞ。
古典は現代と発想が違うので必然的に現代では真新しい独創に見えるのがよい。

さて、本題。
『船医から始まり後に複数の船の船長となった
レミュエル・ガリヴァーによる、
世界の諸僻地への旅行記四篇』
"Travels into Several Remote Nations of the World,
in Four Parts.
By Lemuel Gulliver, First a Surgeon,
and then a Captain of several Ships"


『ガリヴァ旅行記』 中野好夫訳

まずは影響力。














ガリヴァーでも白い肌が上等という表現もあし。
ヤプーを元ネタにして、
ウルトラマンAの異次元人ヤプールが誕生。
ウルトラマンAはかなりキリスト教色が強い。


なぜ、内閣評議会から子供部屋までと言われるほどに読まれているのですか?

ロンドンのロッジ所属の結社員製だからです。
ロンドン大ロッジがフランスのユグノー系、つまり非国教徒系なのと、
スウィフトが反イングランドだから、その宣伝でしょ。

『黄金のろば』みたいに布教と宣伝の役割もあるから広まり、生き残った。


スウィフトはアイルランド側。
しかもメイソンのニュートンが嫌い。
ニュートンを二度以上諷刺しているので、
ニュートンとは別派閥のロッジ?
アイルランド系ロッジと
スコットランド系ロッジと
イングランド系ロッジがあったのか?

以下によるとスウィフトはロンドンのメイスンロッジ
Goat-at-the-Foot-of-the-Haymarket
に所属。

”Jonathan Swift
November 30, 1667 - October 19, 1745
Born in Dublin, Swift took religious orders in 1694 and was appointed Dean of Saint Patrick’s Cathedral, Dublin in 1713.
Author of such social satires as Gulliver’s Travels (1726) and A Modest Proposal, Swift is recorded as having expended a third of his income on charity.
Member: Lodge Goat-at-the-Foot-of-the-Haymarket, No. 16, London
Note: Thought to be a member. ”
http://freemasonry.bcy.ca/biography/swift_j/swift_j.html


スウィフトJonathan Swift (1667-1745)は聖職者であり知的な上層階級と密接な関係を持っていたのでそのつてで入会したのだろう。
スウィフトはアイルランド王国のダブリン生まれ。
決してアイルランド人ではなく、父が職を求めてダブリンに行っていただけであった。
でも活動見るにアイルランド側。
イングランド側ならガリバー旅行記は書けないだろう。
スウィフトは晩年の32年間、ダブリンのセント・パトリック大聖堂の司祭長を務めていた。

”トーリー党政権の凋落の前、スウィフトはイングランド教会への赴任・昇進を望んでいた。しかし、アンはスウィフトが友人のサマセット公チャールズ・シーモアの妻エリザベス・シーモアを戯詩『ウィンザーの予言』で激しく非難したためスウィフトを疎ましく思うようになり、こうした努力を妨害した。結果、スウィフトはダブリンの聖パトリック寺院の首席司祭に転任、ホイッグ党の復帰により昇進の望みを完全に絶たれた。
『ガリバー旅行記』の執筆

政治的には敗北者となってしまったスウィフトにとって最善の行動はイングランドを去ることであった。彼は失意のままアイルランドに帰ったが、「穴の鼠のように暮らす」という状態で事実上の追放であった。しかし、一旦アイルランドでスウィフトはパンフレット執筆能力をアイルランドの主張を支援することに振り向け、彼の最も記憶すべき作品群の幾つかを生み出した。『アイルランド製品の広汎な使用の提案』(1720年)、『ドレイピア書簡』(1724年)、そして『穏健なる提案』(1729年)で、彼はアイルランドの愛国者としての地位を得た。

そして、この数年のうちに彼はその最高傑作を書き始めた。『外科医にして諸船の船長レミュエル・ガリヴァーによる世界の諸僻地への四部から成る旅行記』、むしろ『ガリヴァー旅行記』として知られている。ほとんどの題材は、前の10年間における彼の政治的経験が反映されている。例えば、巨大なガリヴァーがリリパットの宮殿の火災を小便で消し止める挿話は、不適切な作法で善い事を行うという、トーリー党の違法な和平条約の隠喩と見ることができる。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%88#.E3.83.86.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.AB.E5.8D.BF.E3.81.A8.E3.81.AE.E5.87.BA.E4.BC.9A.E3.81.84


”[7]『旅行記』【『ガリヴァ旅行記』】が発表された一八世紀前半とは、スペイン継承戦争に勝利したイギリスが、東インド会社を設立し、新大陸とアジア・アフリカにむけて本格的な植民地侵略を開始しようとした時期に相当している。第一の航海に従事したガリヴァーの楽天的な世界見聞欲は、まさにこの時代にふさわしい感情であったといえる。(四方田『空想旅行の修辞学』pp.20-1)”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html

第一篇 リリパット国渡航記
1699年5月4日 - 1702年4月3日

人間山(=小人が主人公に名付けた)いわく、
常人の1/12程の身長の小人の国。

卵の殻の剥き方と、
靴の踵の高さで不毛な神学論争と政治闘争を描く手腕に脱帽。
読者には、宗教論争と政治論争は、
卵の剥き方とか靴の高さとかのくだらないものだと認識させることができる。

プリンセス・プリンシパル考察記事(最終話まで完成しない)
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
のためにも、

カトリック教徒と
国教会信徒
教義はカルヴァン主義に近い。儀式はカトリック)、

非国教会(ピューリタン=カルヴァン派、長老派=カルヴァン派など)
の違いをこの機会に知っておこう。

ピューリタンがアメリカ大陸に行くことが多かった。
カルヴァン系だらけなのだから、
英米がカルヴァン派に基づく資本主義カルト=労働教なのは当然と言える。


小人国では、
穿いている靴の踵の高低から来た、
二大政党の呼び名が登場。

「高踵党 ハイヒール High Heels」
(トーリー党、高教会派)
vs
「低踵党 ロウヒール Low Heels」
(ホイッグ党、低教会派)

陛下御自身用の靴は宮中の誰よりも踵が低い。

もともと、ゆで卵は大きいほうの端を割っていたのだが、
現皇帝の祖父君というのがまだ幼少時に割った拍子に小指を怪我された。
以後、小さい端を割ることとし、破れば厳罰にした。

(指を傷つけた王は、
ローマ教皇パウルス3世と離婚問題から対立して破門され、
カトリックからイングランド国教会を分離したヘンリー八世らしい)

茹で卵を
大きい端っこから割るか、
小さい方の端っこから割るか
の宗派対立が描かれる。
卵はイースター・エッグ。

太端宗 Big-Endian
(カトリック)
vs
小端宗 Little-Endian
(プロテスタント)


翻訳によっては、大端宗派と小端宗派。

卵の小さい端を割るくらいなら死んだほうがましだと死刑に甘んじた者は前後数回、計一万一千人に上がっている。

宗教上の分裂はブランデクラル(これは彼らのコーランである)第五十四章にあるわれらの大預言者ラストログの根本教義に反するというのがだが、
これはしかし、たんなるこじつけにすぎないと考えられる。
なぜなら経典本文には
「すべて正しき信徒は、その便宜に従って卵の端を割るべし」
とあるからだ。
ガリバーは、各個人の良心に任すべきであり、でなければ少なくとも主権者の権限で決定すべきだろうと書いている。

コーランとしているのはさすがに新約聖書だとまずいからだろう。
この小人の国はどう見てもイスラーム国じゃないし。

予想通り、本作は最初はジョナサン・スウィフトの原稿通りには出版されていない。
出版社により、大きな改変を加えられた初版が1726年に出版され、1735年に完全な版が出版された。


ちなみに、この用語はコンピュータの「データの並べ順」を表す言葉として使われている。

上の端=上位バイトからメモリに並べるやり方=ビッグエンディアン。

下の端が先=下位バイトから並べていくやり方=リトルエンディアン

影響力がありすぎるな。


英国について分析している、偉大なる知識人の方々は当然、
以下の知識は常識であるから、お読みなってはならない。

イギリス国教会 - 世界史の窓
http://www.y-history.net/appendix/wh0903-051.html
”ヘンリ8世及びエリザベス1世の制定した首長法(国王至上法)、エドワード6世が制定した一般祈祷書、エリザベス1世の時に完成した統一法、および信仰箇条などの規定からまとめると次のような特徴がある。

イギリス国王が教会の首長となること。
(国王が教会の最高統治者となる。)
主教制による教会組織。
(国王-大主教-主教-副主教-司祭長-司祭)
教義はカルヴァン主義に近い。
(信仰義認説、聖書主義、予定説など)
儀式はカトリックのものを残す。
(聖職服の着用、聖餐式の時の跪拝など)

ピューリタン革命
 イギリス国教会制度は、エリザベス1世の統一法制定で一応完成したが、次のジェームズ1世は絶対王政の強化をめざして国教会による宗教統制を強め、カトリック信者とプロテスタント(カルヴァン派が多く、ピューリタンと言われた)は厳しく弾圧された。
カトリックはイングランド北部からスコットランドに勢力を残しており、
ピューリタンは都市部の中産階級に多かったが弾圧されてアメリカ新大陸に移住するものも多かった。


国教会(アングリカン=チャーチ)は名誉革命でイギリスの国家宗教としての地位を確立したが、同時にその内部に「高教会派」と「低教会派」という分裂と対立が生じていた。
高教会派(ハイ=チャーチ) 教会・聖職者・典礼の権威を高く保とうとし、国教会からピューリタン的要素を排除することに熱心であった。彼らの一部は名誉革命と議会王政を否定して臣従の拒否を宣言し、ジェームズ2世の息子をジェームズ3世として復権させることを支持していた。(ジェームズ2世の息子はフランスのルイ14世によって保護され、ジェームズ3世と称していた。彼を支持するイギリス国内の勢力をジャコバイトといった。)

低教会派(ロー=チャーチ) 伝統と典礼よりも聖書にそくした信仰を重んじ、ピューリタンたち非国教徒との協力・興隆を排除しなかった。つまり、1689年の寛容法の精神に忠実に、非国教徒共に「名誉革命体制」を担っていく主体だった。但しこの両派は共にプロテスタント国教会の中の二つの傾向であって、その違いは不分明で、中間派が存在した。<近藤和彦『民のモラル』2014 ちくま学芸文庫 p.94>”


イギリスの宗教各派
http://www.y-history.net/appendix/wh1001-033_2.html
”大きな対立軸としてカトリック教会とプロテスタント(新教徒)の対立がある。
さらにプロテスタントの中にも国教会(アングリカン=チャーチ)と
それ以外の非国教徒(ノンコンフォーミスト Noncomformists )の違いがある。
非国教徒はさらに独立派(清教徒、ピューリタン)・長老派(プレスビテリアン)の二派があり、対立していた。

国教会内部には、主教と典礼の権威を重視し、ピューリタンを否定する高教会派と、
聖書にそくした信仰を重視しピューリタンなど非国教徒に理解を示す低教会派の違いがあった。名誉革命体制を支えたのは低教会派であった。”




”[17]【隣国ブレフスキュの海岸に行き、艦隊を退治するガリヴァ】
……北東海岸へ引き返すと、減潮時の一時間ばかり前を見計らって、上着と靴と靴下とを脱いで、革チョッキのままジャブジャブ海のなかに入って行った。……。三十分とかからないうちに敵の艦隊に到着した。さあ、敵の驚くまいことか、我輩の姿を見ると我さきにと海にとび込んで、海岸へと泳ぎついた。それは三万人は降[くだ]らなかったろう。そこで我輩は例の綱を取出すと、一艘[そう]一艘舳[へさき]の穴に鉤をかけ、綱の端を全部ひとつに結び合わせた。こうしているうちにも敵は何千本という矢を我輩に対して射かけるので、両手、顔に刺さるものも少なくない。たまらなく痛いのはとにかくとしても、仕事の邪魔になることおびただしかった。いちばん心配したのは眼だったが、もしここで妙案を考えつかなかったら、潰[つぶ]れていたことは間違いない。というのは例の秘密のポケットに、いろいろなちょっとした日用品と一緒に眼鏡を入れていた……我輩はこいつを取り出して、しっかり鼻にかけた。もうこれで大丈夫、敵の矢などなんの糸瓜[へちま]とばかりに、平然として仕事を続けた。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.57-8)

[18]リリパットで彼がもっとも警戒していることは、失明の危険である。……ブレフスキュの艦隊と一戦を交えるときにも、敵の放つ数千本の矢は「仕事の邪魔になる」程度のものではなるが、「もっとも心配したのは眼であった」と記されている。ガリヴァーは眼鏡をしっかりと鼻にかけて、この困難を克服する。(四方田『空想旅行の修辞学』p.173)”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html


第二篇 ブロブディンナグ国渡航記
1702年6月20日 - 1706年6月3日


ガリバーを捕まえた農夫が身長60フィート(約18m)もある。
小人国にいたガリバーが巨人国で小人の立場になる。

”[26]人間という奴は図体[ずうたい]に比例していよいよ野蛮残忍なものと決っているようだから、だれかこの巨大な野蛮人のひとりにでも捕まろうものなら、一口に喰[く]われてしまうことは火を見るよりも明らかだ。……。【畑の中にいたガリヴァは、巨大な農夫につまみ上げられる。】……こうして地上六十フィート【約18m】ばかりに吊[つ]り下げられている間は、決して下手にもがくまいと決心した。ただ困ったのは、我輩が指の間からずり落ちては困るとでも思ったのか、我輩の両脇腹[わきばら]を猛烈にしめつけることだった。我輩はただ天を仰ぎ、手を合せ、その時の我輩にふさわしいような、情けない哀れっぽい調子でなにか言ってみた。というのは、実は今にも地面にたたきつけられはしないか、実際嫌[きら]いな小動物を殺してしまおうと思う時、われわれがよくすることなのだから、そればかりが心配だった。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.104-5)”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html

(金髪碧眼の白人女王礼賛の進撃の巨人ナチスはこの恐怖をうまく描いている)

巨人の国の法律は単語数が国語アルファベットの字数22文字をぜったい超過してはならない。
だが実際は22語に達しているものはほとんどない。
法律に対して注釈を書くと死罪。


第三篇
ラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、
グラブダブドリッブおよび日本への渡航記
1706年8月5日 - 1710年4月16日


宮崎駿『天空の城ラピュタ』の元ネタの一つが飛島ラピュータ。
地上のバルニバービ(=アイルランド)は、
天上の首都ラピュータ(=イングランド)に搾取される存在。
La Puta (ラ・プータ)はスペイン語で売春婦を意味する言葉なので、
ラピュタという名前は呪詛である。

反乱などへの対処は二つある。

ラピュタをその地域の上に鎮座させ太陽光と雨をさえぎる。
罪の軽重によっては大石の雨を降らせる。


ラピュタをその地域の頭上に落下させて全滅させる。
これは最後の手段。
実は、ラピュタが浮くための磁石の底が地面とぶつけることで壊れることを防ぐために避けられるのであって、
決して人民がかわいそうだからではない。

(えげつないな。
天空から殺りく兵器の雨は航空機爆撃として実現してしまった)

巨大な磁石により天空に浮かぶラピュタは、天上の抽象的存在のシンボル。
抽象的思考すぎて具体的物理的ことがらからかけはなれすぎて役に立たなくなっていることを皮肉っている。

ラピュタ人はあまりに思索にふけりすぎて周りがおろそかになりすぎるので、
金に余裕のある人は、膀胱をふくらませたのを連枷(からさお)のように短い棒の先につけて持っている
「たたき役(たたきに傍点)」(原語はクリメノール)
を一人、召使として常備しておき、外出、訪問といえばむろん同伴を忘れることはけっしてない。たたき役の役目は二人以上の人間が寄ると、この膀胱で話し手の口と、それから聞き手側、それは時には聴衆という場合もあるが、その右の耳とを静かにたたく。
また、主人の外出にも付き添ってときどき主人の目を軽くたたいてやる。

というのは瞑想に夢中になっているので崖から落っこちたり、柱に頭を打ちつけたり、人に突き当たったり、あるいはこっちが突き飛ばされて溝に転げ落ちたりする危険が大いにあるからだ。
叩かれる側の彼らはいくどとなく自分の仕事を忘れてしまって、主人公(一人称が吾輩)をほったらかしにしてしまうので、そのたびにたたき役が彼らの記憶を呼び戻してやる。
この国の人々について詳しく述べているが、これは以下ニュートンを含めて当時の数学者らを諷したもの。スウィフトはある事件により、ニュートンに含むところ(=恨みや不満)があったことは有名。

(スウィフトはメイソンだから、ニュートンがメイソン使って大儲けしていたの知っていたのでは?)

陛下の両側には例のたたき棒を持った侍童が一人ずつ控えている。陛下の考えごとが終わると、一人は口許を、いま一人は右の耳をそれぞれ軽くお打ち申上げた。陛下は何か言われたかと思うと、たたき役が主人公のもとにやって来て静かに右の耳を叩き始めたので主人公は不要だと伝えたが、そのせいで陛下や全宮廷の人々によっぽどの馬鹿だと思われた。

(強くたたくと普通に死ぬ武器だからね。なぜ左ではなく右の耳限定なのだろうか。口を叩くのか。目を叩くのはまずくないか?

叩き人が持っているのって道化師とか狂人とかタロットの愚者が持っている武器じゃね?
この叩き人は宮廷道化師がモデルっぽい。









ラピュタは天文学が発達している。

”彼らはまた火星の周囲を廻転する二つの小星、すなわち衛星を発見しているが、その内側のものは主星の中心からその直径の三倍距離、外側のものは同じく五倍距離にあり、前者は十時間、後者は二十一時間半の週期で廻転している。だからしてそれぞれの週期の次乗と、火星の中心からの距離の三乗とが、殆ど同一の比例をなすような関係にあり、このことは他のすべての天体を支配している引力律が、ここにも作用している事実を証明している。”

火星の月を予言したガリバーのジョナサン・スウィフト
http://zatugaku-matome.com/kasei-tuki.html
”「彼らのはまた火星の周囲を廻転する二つの小星、すなわち衛星を発見しているが、その内側のものは主星の中心からその直径の三倍距離、外側のものはおなじく五倍距離にあり、前者は十時間、後者は二十一時間半の周期で廻転している」。現在の計算では、フォボスとダイモスの軌道はそれぞれ、2.76と6.9倍だから、実に正確な予言と言えるだろう。
火星に二つの衛星があるということは

ところが、これには裏がある。火星に二つの衛星があるということは、ガリバー旅行記の24年後、ドイツの作家、エバーハルト・クリスチャン・キンダーマンの小説、飛行船早回り世界一周物語、18世紀フランスの啓蒙作家ボルテールの風刺物語、ミクロメガスの中でも、火星には2個の月があると書かれている。

つまり、当時のヨーロッパ社会では、火星日衛星説は常識だった。というのは、あの偉大なドイツの天文学者ケプラーが、火星の衛星は2個あると言っているからだ。ケプラーはこう説いている。金星には衛星がない。地球には一つ。火星の向こうにある木星には四つとすると、火星に衛星があるとすれば二つ・・と。

このケブラーの推理をスウィフトやボルテールが読んでいた、というのが今では定説となっている。しかし、スウィフトがなぜ、衛星の軌道まで知っていたのか。やはり、偉大な予言と言える。”

(結社から得た秘密の知識ですらねーじゃん。
ケブラーの説は秘密じゃないって意味ね)

“ラピュータ国の科学者が火星には2つの衛星があると述べる場面がある。これは火星に実際に2つの衛星(フォボス・ダイモス)が発見されるよりも早い指摘であった。これにちなんで、フォボスのクレーターには本作に関する人物の名前が、またダイモスのクレーターの一つには作者のスウィフトの名が与えられた。ちなみに作中のこの箇所にはケプラーの第三法則について言及があるため、火星の衛星が2個ある件についてもヨハネス・ケプラーの予想を引用したものと考えられる[5]。なお、このケプラーの予想は当時は有名だったと思われ、スウィフト以外にもヴォルテールが火星の2個の衛星について言及しており、同じくダイモスのクレーターにその名が与えられた。また、原典であるケプラーの予想は間違った推論によるものであり、実際に火星の衛星が2個であったのは単なる偶然の一致である[6]。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98


ブルードラゴン・でえもん、じゃなくて(本当に青竜魔が元ネタかもね)、
ブルードラえもんにアンキパンという、そのパンに暗記したいことを書いて食べると記憶できるというひみつ道具があるが、
元ネタっぽいのがガリヴァ旅行記に登場。

数学教室での驚くべき数学の教え方。
まず問題と証明とを、頭脳丁幾(セファリックチンキ)でつくったインキで薄い煎餅(ウエーファー)の上に青書する。学生たちは絶食しておいた上でこれを嚥(の)み、その後三日間はパンと水以外一物も食べない。
すると煎餅が消化するにしたがって、丁幾剤(ちんきざい)が頭へ上って行って、いっしょに問題も上ってゆく。
ただ問題は今日までいっこう効果が上がっていないということであるが、
それは一つに調剤量、あるいは調合法のなにか誤りと、
また一つには学生のわがままが原因である。
というのはこの薬を嚥むと彼らはひどく胸が悪いものだから、そっと抜け出しては作用しない前に吐き出してしまうし、それになかなか処方通りの長い節食を守ってくれないのである。

(わかりやすい、うまい勉強法を開発するほうがいいな!

算数と数学嫌いの原因は
1 教師が嫌い、クソ
(人格と教え方が悪い。
正確が最悪でも教え方が最高なら数学好きが増える)

2 勉強方法が悪すぎる
(教師がクソでも、うまい勉強法を実践するなら何とかなる)

3 勉強時間が少なすぎる
(1と2が同時発生すると3も同時に起こる。
よってますます数学嫌いになる悪循環。


誰もがどこかでつまずいた→小学校の算数から大学数学まで126の難所を16種類に分類した
http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-626.html

を見るとよくわかるが、
論理的思考力と国語力を先に養えば、つまり先延ばしすれば問題なくクリアできるものがある。
数学の文章題が小学生には理解できなくても、
先延ばしして中学生にやれば理解できるだろう。
数学能力の問題ではなく、
国語力の問題だからだ。
数学も語学だからね。








とまとさんツイートと、とね日記のオススメ本を読みましょう)


”ラピュタ島と呼ばれるこの浮島では、男たちは音楽、天文学、数学に熱中し、まったく現実離れした抽象の世界に遊んでいた。一方、女たちは夫を馬鹿にして、下のバルニバルビ島に逃亡し情交にふけることを夢見ているといったありさまだった。バルニバルビ島に降り立った主人公は、最新流行の新学問の粋を集めたというラガド翰林院[アカデミー]を訪れた。
 人間の糞便を食物に戻そうと悪戦している者、胡瓜から日光を抽出しようとする者、すべての言語を廃止して物体言語を用いんとする者、翰林院はこうした気狂い科学者で一杯だった。とりわけ奇怪だったのは、世界中の書物を集めた完璧なる百科全書を作らんと、印刷機を操作しているグループだった。

[37]【空飛ぶ島】ラピュタではあらゆる現実の事物が抽象的論理によって裁断され、本来備えているべき物質性を抑圧されている。住人の服装は、太陽、月、星といった天文学的符牒、あるいはフィードル【バイオリン】、フルート、ハープといった楽器の形態に応じて規格化されている。(四方田『空想旅行の修辞学』p.255)

[38]食事が運ばれてきた。……。第一のコースには、正三角形になった羊の肩肉、同じく偏菱形[へんびしがた]に切った牛肉、それに擺線形[サイクロイド]に切ったプディングとが出た。第二のコースは提琴[フィドル]の形に括【くく】りあわせた二羽の家鴨、それぞれ横笛[フルート]およびオーボエに似たソーセージとプディング、竪琴[ハープ]の形になった犢[こうし]の胸肉、そして召使どもは、われわれのパンまで円錐[えんすい]形、円筒形、平行四辺形……その他さまざまの数学的形態に切ってくれるのだ。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』p.206)

[39]【ごちゃごちゃした下世話な現実世界を、頭で考えた理想的・抽象的・人工的な観念の「型にはめる」。】
……【羊の肉を正三角形に切り取るとは】どのようなことであるか。それは本来は無定形であり、それゆえに大地の豊饒に強く結びついていた食物を、ある幾何学的フォルムのもとに囲い込むことであり、物質をイデア化【理想化・抽象化】することである。こうしてラピュタの物体はすべて物体であることを忘れた抽象的な存在へと上昇する。いや、そもそもラピュタという大地から分離した飛島の存在じたいが、地上的な現実を嫌悪し、天空と幾何学的イデアに憧れる哲学者たちが住まうにふさわしい、抽象空間であるといえるだろう。(四方田『空想旅行の修辞学』p.257)

[40]【ラピュタの男たちは、いつも抽象的な思索にふけって現実に対応できない究極の「頭でっかち」である。】
ところどころに召使らしい服装をした男がだいぶいた、それらはみんな手に、膀胱[ぼうこう]をふくらませたのを……短い棒の先につけて持っている。……彼らはこの膀胱でもって、しきりに傍[そば]に立っている男の口や耳をたたくのだ。……思うに、この国の人間というのは、始終なにか深い思索に熱中していて、なにか外からそれぞれの器官に刺激を与えてでもやらなければ、物も言えなければ、他人の話に耳を傾けることもできないらしい。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.203-4)

[41]……ラピュタにおいてとりわけ興味深いのは女性たちである。終日思索に耽り不安に脅える男たちとは逆に、「島の女たちは生命力にあふれている。したがって夫たちを軽蔑している。」彼女たちは知的には卓越していても性的能力の劣るラピュタ男よりも、下島から来訪する下賤な男たちを好み、せっせと姦通に勤しむことになる。(四方田『空想旅行の修辞学』p.257)

https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html


飛島(ラピュタ)の国王の支配範囲にある大陸一帯はバルニバービと総称され、その首府はラガードー。

ラガードーの学士院の教授の中には自国語の改善について考えている人々がいる。
多綴語(ポリシラブル)を単綴語(モノシラブル)に変え、一切の動詞と分詞を省略し、対話を簡単にするという。理由はあらゆる事物は名詞にすぎないからだ。
他の案は、言葉を一切全廃してしまう。そのほうが簡略であり、健康にも非常に良いからだ。言葉を発すると一語一語腐食作用によって肺を削っているのでそれだけ生命を縮めるからだ。
そこで便法として提案されたのは、言葉はモノの名なので現物を持っているほうがいいとしている。知識階級や識者たちはこの物々表現の新方法を守っている。要件に応じて大きな包みを背中にしょってゆかねばならない。
彼らが往来で出くわすと、荷物を降ろして話をし(物を見せる)終わるとしまって別れる。

やばい



バルニバービの首都ラガードーの学士院の医学者

”国家内に政党の軋轢がはなはだしくなった時も、彼は驚嘆に値する調停法を提議した。それはこうだ、まず双方の政党から領袖を百人ずつ選んできて、これを二人ずつ、似寄った頭の大きさの者同士の組にする。さてそこで腕のよい二人の手術者に命じて、同時にこの各組の者の後頭部を鋸で挽き切らせて、ちょうど脳髄が二等分されるようにする。こうして挽き切られた後頭部は、双方取換っこをしてそれぞれ反対派の者の頭にくっつけるのだ。事実これはよほどの正確さを要する仕事ではあるが、なにうまくさえやれば治療は疑いなしと、教授はわれわれに保証した。つまりはこうだ、半分ずつの脳髄を合せて、一つ頭蓋の中で勝手に討論さえさせておけば、まもなく双方に了解ができて、ちょうど中庸的な考えが生れてくるばかりか、自分らは世界の動きをただ監視、支配するためにのみ、この世に生れて来たというような気持でいる連中の頭に、もっとも望ましい思考の恒常性というものをつくり出してくれる。もっとも党派の主脳者間に、量の点でも質の点でも、脳髄の差等があることも考えられるが、先生にいわせると、彼の学問上から断言して、そんなことはほとんど問題でないという。”
スウィフト作、中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』


二人とも殺せってことだな!)


原文です、お祓いにお使いください!
”When parties in a state are violent, he offered a wonderful contrivance to reconcile them. The method is this: You take a hundred leaders of each party; you dispose them into couples of such whose heads are nearest of a size; then let two nice operators saw off the occiput of each couple at the same time, in such a manner that the brain may be equally divided. Let the occiputs, thus cut off, be interchanged, applying each to the head of his opposite party-man. It seems indeed to be a work that requires some exactness, but the professor assured us, “that if it were dexterously performed, the cure would be infallible.” For he argued thus: “that the two half brains being left to debate the matter between themselves within the space of one skull, would soon come to a good understanding, and produce that moderation, as well as regularity of thinking, so much to be wished for in the heads of those, who imagine they come into the world only to watch and govern its motion: and as to the difference of brains, in quantity or quality, among those who are directors in faction, the doctor assured us, from his own knowledge, that “it was a perfect trifle.””
http://www.gutenberg.org/files/829/829-h/829-h.htm










上記の内容が
名作アニメのサイコパス『PSYCHO-PASS』で、
支配層であるシビュラシステム
=多数の脳の集合体を皮肉るのに引用される。


人体の脳の活動を統合し思考力を拡張、高速化するシステムは実はもう40年以上も前から実用化されていた。此の技術を秘匿し慎重に運用したからこそ我が国は目下のところ地球上で唯一の法治国家として機能出来ている。(グソンくんの撮った映像が流れる)

目下システムの構成員は247名。内200名程が順番にセッションを組むことで此の国の全人口のpsycho-passを常時監視し判定し続けることが可能だ。(此処でグソンくん撃たれる)

結局のところ機械的なプログラムで判定出来るのは精々が色相診断によるストレス計測までだ。より深遠な人間の本質を示す犯罪係数の特定にはもっと高度な思考力と判断力が要求される。其れを実現しうるのが我々なんだよ。(デジカメ、ジャミる)

マ先「お笑い種だな、人間のエゴに依存しない機械による公平な社会の運営、そう謳われていたからこそ民衆はシビュラシステムを受け入れてきたというのに。其の実態が人間の脳の集合体にであるきみ達による恣意的なものだったのか

いいや。限りなく公平だと思う。民衆を審判し監督している我々は既に人類を超越した存在だ。シビュラシステムの構成員たる第一の資格は従来の人類の規範に収まらないイレギュラーな人格の持ち主であることだ。徒に他者に共感することも情に流されることもなく、人間の行動を外側の観点から俯瞰し裁定出来る、そう云う才能が望まれる。例えば此の僕やキミがそうであるように。

僕もね、psycho-passから犯罪係数が特定出来ない特殊な人間だ。お陰で随分と孤独な思いをしたものだ。そのようなシビュラの総意をしても計り知れないパーソナリティは免罪体質と呼ばれている。凡百の市民とは一線を画す新たな思想と価値観の持ち主、そう云う貴重な人材を見つけて取り込むことでシステムは常に思考の幅を拡張し、知性体として新たな可能性を獲得してきた。

ああ、斯うしてシビュラシステムの一員に加えられたのさ。始めは戸惑ったがね。直ぐに其の素晴らしさが理解出来た。他者の脳と認識を共有し理解力と判断力を拡張されることの全能感。神話に登場する預言者の気分だよ。何もかもがわかる。世界の全てを自分の支配化に感じる。人ひとりの肉体が獲得しうる快楽には限度がある。だが知性が齎す快楽は無限だ。
聖護君、キミなら理解出来るんじゃないか。

マ先「そうだな、想像に難くない(以下略)」

僕もキミも此の矛盾に満ちた世界で孤立し迫害されてきた。だがもう其れを嘆く必要はない。僕たちは共に運命として課された使命の崇高さを誇るべきなんだ。
キミも又然るべき地位を手に入れるときがきたんだ。

マ先「つまり、ぼくも又シビュラシステムの一員になれ、と?」

キミの知性、深遠なる洞察力、其れはシビュラシステムの更なる進化の為に我々が求めて止まないものだ。強引な手段でキミをシステムの一員に取り込むことは出来なくはないが、意思に基づいた行動のみが価値を持つと云うのはキミの言葉だったよね。キミならば僕の説明を理解した上で同意して呉れると判断したんだ。

マ先「(本を持ちながら)機械の部品に成り果てると云うのもゾッとしない話だな」

勿論此れはキミの固体としての自立性を損なうような要求ではない。現に僕は斯うして今も藤間幸三郎としての自我を保っている。キミは只ひとことyesと頷いて呉れるだけでいい。
此処にある設備だけで厚生省に向かう道すがら外科的な処置は完了する。槙島聖護と云う公の存在は肉体と共に消失するがキミは誰に知られることもなく此の世界を統べる支配者の一員となる。

マ先「まるでバルニバービの医者だな

何だって!?

マ先「スウィフトのガリバー旅行記だよ。其の第三篇。ガリバーが空飛ぶ島ラピュータの後に訪問するのがバルニバービだ。バルニバービのある医者が対立した政治化を融和させる方法を思いつく。ふたりの脳を半分に切断して再び繋ぎ合わせると云う手術だ。此れが成功すると節度のある調和の取れた思考が可能になるという。此の世界を監視し、支配する為に生まれてきたと自惚れている連中には何よりも望ましい方法だとスイフトは書いている

聖護くんは皮肉の天才だな。”
http://i-ne.jugem.jp/?eid=97
17話の局長による超長台詞 【PSYCHO-PASS】



他のマッドな研究。
ガリバー旅行記でラピュタ人が蜘蛛の巣から繊維
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11108421151
“ガリバー旅行記でラピュタ人が蜘蛛の巣から繊維を作り出す研究をしていましたが、先日日本で実現化しました。
これ以外にラピュタ人は
キュウリから日光を取り出す研究
屋根から作り始めて土台を最後に作る建築物の研究

土地を人力で耕さずに作物を作る研究

氷から火薬を作り出す研究

大理石を柔らかくして枕を作る研究
空気を固める研究
国語や言葉を簡単にする研究

頭を良くするインクの研究
をやっていましたがこの中で実現化した成功した研究ってありますか?

(1)空気を固める研究
空気の主成分である窒素や酸素を液体にするまでは実用化されています。固体化まではできてません。
(2)国語や言葉を簡単にする研究
エスペラント語というのを作りましたが普及していません。どれくらい、簡単かはしりません。
(3)土地を人力で耕さずに作物を作る研究
トラクターなどの人間を補助する機械を作り出し、耕作が随分楽にできるようにはなっています。
また、一部の作物では光と水だけで栽培できるようになっており、耕作は不要です。
(4)屋根から作り始めて土台を最後に作る建築物の研究
一応、屋根から壊し始めて土台を最後に壊すところまでは実用化されています。
(5)キュウリから日光を取り出す研究
キュウリではありませんが物質から地上に太陽を創りだそうと核融合の研究・実験を始めましたが日本国や世界で見渡してもあまり進んでいません。”

(排泄物を摂取物に変換する汚物まみれの研究者も登場する。実現したら食糧問題が解決されるな!
シドニアみたいに光合成できる人間を創る方が簡単そうだけどな!

胡瓜から日光を抽出する研究を、植物を電池にして電灯をつける研究と解釈するなら実現しているな。

触覚と嗅覚で使える絵の具の開発研究をしている盲人が登場するが、既存の絵の具でも触覚や嗅覚でどの色か判定している人がすでにいそう。

蜘蛛の糸をつかった繊維をつくりだすのは実現した。
実は注釈に

当時ボンと呼ぶ1フランス人が蜘蛛の糸で靴下、手袋などを試験的に作り、その利用法について論文まで1710年に出版した。

とあるので、十八世紀初めのフランスで実現していた。
今の研究者はこの論文を読んだのだろうか)


ラピュタの次に、

小島グラブダブドリッブの魔法使いの種族と会う。


グラブダブドリッブとはだいたい、魔法使いの島というような意味。
酋長がいて治めていたがその種族は一人残らず魔法使い。
結婚も種族の内輪同士だけで、最年長者が王あるいは酋長になる。
酋長及び彼の一家に侍している召使は死霊。
酋長は魔法で死人の中から誰でも好きなものを呼び出して二十四時間に限り(それ以上はダメ)いろんな用を命じることができ。
だがその代わり一度呼び出したならばよほど必要でもない限り三か月間は同一人を呼び出すことはできない。

酋長はバルニバービ語をよく解する。
酋長がひょいと指を一つ動かし人払いを命じると、忽然として亡霊召使が消えうせた。
亡霊は食事を運んだりできる。

(物理的干渉が可能。
この魔法使いってかなり高位だね。
なお以下のように箒は登場しない。











死者の中から好きな人を呼び出してやるが、質問は彼らの生存期間中にかぎると言われる。
ホーマー(ホメロス)とアリストテレスの霊と、彼らの注釈家たちを呼んでもらう。
(面白い!)
ホメロスは注釈者を詩人の精神の中へ入り込むことなどできない凡庸の器だとたちまち看破。
アリストテレスは注釈者にかんかんに腹を立ててしまい、いったい他の奴らもみんな、こいつら同様の大馬鹿野郎であるのかと聞いた。
デカルトとガッセンディを召喚してもらい、彼らの体系をアリストテレスに説明してもらう。
ガッセンディ(ピエール・ガッサン)は十七世紀のフランスの哲学者で、エピクルス(エピクロス)哲学の近世における再興者で、アリストテレスを批判し、またデカルトのもっとも頑強な論的。
大哲学者アリストテレスは彼がその物理学においては誤謬を犯している、それは誰しもやむをえなかったのだ、多くの点で彼もまた憶測に基づいて推理を進めなければならなかったからと率直に認めた。
エピクルスの教説をできるだけ甘口にしたガッセンディも、
デカルトの渦状説(この宇宙は大小無数の粒子がそれぞれ一つの枢軸を中心とする旋回運動よりなると考え、太陽系その他の天体現象まで説明しようとした)も、
ともに論破されうると発見した。
そして彼はあの引力説(再びニュートンへの風刺)もまた、今日でこそ学者たちが熱烈に支持しているが、同じ運命を免れるものではないことを予言。
彼のいうには、自然に関する諸種の体系も結局は新しい流行にすぎないので時とともに変化するものである。

(フィクションで過去の大哲学者を呼び出させて、ニュートンの説も単なる流行だと批判させる作者(笑))


次に
大きな島国であるラグナグ王国

のストラルドブラグ(老いる不死人間)かどうか見分ける為の特徴。
ごくまれに、前額、それも左の眉毛のすぐ上に、赤い円痣(まるあざ)のついた子供が生まれることがある。この斑点は約3ペンス銀貨大のもので、年とともに大きくなり、変色する。
十二才になると緑色になり、
そのまま二十五歳まで続いてこんどは濃紺色になる。
四十五才になると漆黒になり大きさも英シリング銀貨くらいになるが、それからはもう変化しない。
全国を探しても千百人を出ない。
特定の家系に生まれるのではない。
まったく偶然の結果生まれる。
親が不死でも子が不死にはならない。
不死だが老いは進むので記憶力がなくなり、性格も悪化していく。
この不老ではない不死の人により、ラグナグの人々は長寿の願いがそう強くない。
(不死だけでなく不老も伴わないとダメな理由)

八十才がラグナグ王国の最高齢。
ストラルドブラグ(老いる不死人間)同士で結婚することがあれば、
八十才で国家の好意で解消される。みずからには何の罪もなくて、永生という宿命に呪われている彼らである、さすがに国法も、せめて妻などという重荷による不幸の倍化だけは助けてやるのが当然の慈悲であろう、と考えるから。
満八十才に達すると不死者は法律では死んだも同然となり、財産は嗣子が相続する。
不死者には生活費がわずかに充当される。
八十歳以降は信用や利潤に関する仕事にはいっさい無能力者となり、土地購入も借地契約もできないし、民事刑事を問わず境界線の決定というような問題でさえいっさいの係争に対して証人となることは許されない。


”[42]【次に訪れたいくつかの島の一つ、ラグナグ島で、ガリヴァーは不死人間ストラルドブラグの存在を知る。】
……以下は我輩の答えだが、もしさいわいにストラルドブラグに生れたとしよう、さすれば……まずあらゆる手段方法をつくして金儲[もう]けをしようと思う。そのうえ節約に努め、管理をよくしていけば、二百年もたてば王国第一の金持になることはまず確かだ。次にはごく子供の時から学問研究に身を委[ゆだ]ねる、さすればこれもやがては国中第一の学者になれる日が来るはずだ。さらに最後には、多少でも重要な社会的事件が起れば、細大洩[も]らさず詳細にこれを記録しておき、また歴代の諸王、大臣たちの性格を公平に書きとめて、それぞれ要所に我輩自身の評語を記入しておくのだ。それから風習、言語、流行、服装、食物、娯楽等の変遷[へんせん]もいちいち精確に書きとめておく。こうしておけば我輩は、やがて知識知恵の生ける宝庫ともなり、国民の神託となることほとんど疑いないと思う。……。我輩の話がすんで、例によってその要点が一同に通訳されると、彼ら【ラグナグ人】はにわかに自国語でしきりにガヤガヤ話しはじめた。なかには失礼にもなにか笑いだしたものさえある。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.269-72)

[43]【ラグナグ人が語る、不死人間ストラルドブラグの実態】
……通常彼らは三十歳ごろまでは挙動すべて常人と同じことだが、それからは漸次意気銷沈[しょうちん]しはじめて……やがて八十歳に達する……【そうなると】彼らはもう他の一般老人のあらゆる痴愚と弱点とを網羅[もうら]しているばかりでなく、おまけに決して死なないという恐るべき見込みから来る、まだまだたくさんの弱点を併せ持つことになる。すなわち頑固[がんこ]で、依怙地[いこじ]で、貪欲[どんよく]で、気難し屋で、自惚[うぬぼ]れで、お喋舌[しゃべり]になるばかりでなく、友人と親しむこともできなくなれば、自然の愛情というようなものにも不感症となり、それはせいぜい孫以下に及ぶことはない。……彼らは青年ないし中年時代に見物したことの外は、なにひとつ記憶はない、しかもそれもひどく不完全なものにすぎないのだ。……。
 九十になると歯と頭髪が脱落する。この齢になると、もう味の感覚などもなくなってしまい、ただなんでも手当たりしだいに、味も食欲もなく飲み食いするにすぎない。しかも彼らの罹[かか]る病気の方は依然として殖えることもなければ減ることもない。話ひとつしても、日常普通の物の名は忘れる、人の名前は忘れる、どんなに親しい友達や親戚[しんせき]であってもそうなのだ。本を読んでも同じ理由でいっこうに面白くない、なにしろかんじんの記憶力がわずか一文章の最初から終りまでさえもたないのだから。(同書、p.272)”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html



江戸時代の日本にも訪問し、エドに行って皇帝(=将軍)に謁見し、踏み絵を辞めてくれと嘆願している。ガリバーはオランダ商人のふりをした。
なんと、踏み絵をやめてほしいという要求が通ってしまう。
ナンガサク(長崎)にも当然行っている。


(いきなり英国とオランダ以外の実在の国が登場。
なんか変なのがリアル。
真にキリスト教徒なら踏み絵に躊躇しないはず。
偶像崇拝禁止が本来の教えだし。


世俗権力の皇帝=将軍、
宗教権力の皇帝=天皇
とみなされていたらしい。

”場所が江戸であることからも容易に想像できるが、ここでスウィフトが指している「日本の皇帝」は明らかに徳川将軍のことである。当時の西洋諸国において、江戸幕府の将軍は皇帝として認識されていた。ガリヴァー旅行記の1年後に出版されたエンゲルベルト・ケンペルの日本誌においても、征夷大将軍が「世俗的皇帝」とされている。天皇は同書において「聖職的皇帝」と呼ばれており、共に皇帝として扱われている。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98)


第四篇 フウイヌム国渡航記
1710年9月7日 - 1715年12月5日


・ガリバーは最初は最初は魔法使いが馬に変身した姿だと思った。

・蹄(ひづめ)と「骨交(あくと)」(これで一文字+ルビ)で器用に挟んだりする馬。

「骨交(あくと)」
http://www.weblio.jp/content/%E9%AA%B9
の意味が分からなかった。
「はぎ」と読むらしい。
原文は
pastern
有蹄類のひづめとくるぶしとの間。

What should I look for in pastern and foot conformation?
http://www.horseinfo.com/info/faqs/faqconformQ6.html


・フウイヌム国の理性なきヤフーと言われる動物は醜く、悪臭を放ち、いがみあう欲望丸出しの生物であり、人間そっくり。
理性あるフウイヌム馬は主人公もヤフーだとみなす。
フウイヌムにとってヤフーは家畜として飼われているので、主人公も家畜扱い。

また、サーチエンジンYahoo!の名前の由来であり、
ヤフー!創始者のジェリー=ヤンとデビット=ファイロによると、「ならずもの」という意味をこめたらしい。

ヤフーム!の方がよくないか?


家畜人ヤフーが黄褐色(”brown buff ”)の皮膚なのでどう見ても黄色人種差別なんだけど。
しかも顔は平たくて、鼻は落ち込んだようで、唇は厚く、口は広く割れている。こうした差異くらいはすべての野蛮人に共通のものだとも書いている。



"[46]【ガリヴァは理性を持つ馬フウイヌムが治める国で、見るもおぞましい動物に出会う。】
……我輩は畑の中になにか動物が五、六匹と、またこれも同じ種類の動物が一、二匹、樹[き]の上に登っているのを見た。その形というのがまたひどく奇妙な醜いもので、さすがに我輩もちょっとギョッとなって、しばらく茂みの蔭[かげ]に臥[ふ]せり、あらためて見直してみた。……頭と胸はいちめんに濃い毛――縮れたのも、真直[まっすぐ]なのもあるが――が密生している。山羊[やぎ]のような髯[ひげ]をはやしているうえに、背中から脚および足首の全部へかけては、長い毛並みが深々と生えているが、その他の部分は全部無毛で、黄褐色[おうかっしょく]の皮膚が、裸で見えている。尻尾[しっぽ]もなければ、臀部[でんぶ]にもまったく毛はない、あるのはただ肛門[こうもん]の周囲だけだったが、おそらくはそれは地面に坐[すわ]ったり(これが彼らのいちばん普通の姿勢だが)臥せったり、あるいはしばしば後足で立ち上ったりする時に、彼らの臀部を守るように、自然がそこに生やしたのだろう。……。雌は雄ほど大きくなかった。顔には長い真直な毛が生えているが、その他の部分は、肛門と恥部とを除いては、ただ一種の柔毛[にこげ]のようなものに蔽[おお]われているだけだ。乳房はちょうど前足の間からブラリと下っていて、歩く時などはしばしば地面まで届くことさえあった。雌雄ともにその毛色は褐色、赤、黒、黄とさまざまだった。我輩ずいぶん旅行もしたが、実際これほど不快な、またこれほど見るからに激しい反感を感じた動物というものはなかった。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.288-9)

[47]【ガリヴァはこの動物に襲われる。】我輩は、一散にとある立樹の傍へ駆けよると、樹幹を後盾[うしろだて]に、短剣を振り廻[まわ]しながら、辛[かろ]うじて彼らを禦[ふせ]いでいた。だがついに奴[やつ]らのうちの数匹は、背後の枝をつかむと、ヒラリと樹上に躍り上がって、我輩の頭上から彼らの排泄物[はいせつぶつ]をジャージャーやりはじめた。しかしこれは我輩、樹幹にピッタリ身を寄せて、なんとかうまく逃れてはいたものの、なにしろあたり一面に落下する汚物のたまらないこと、ほとんど息も塞[つま]りそうだった。(同書、p.290)

[48]主人の馬は、召使のひとりである栗毛の仔馬にいいつけて、彼ら【その醜い動物】の中でも最も巨大な奴を、縛[いまし]めを解いて庭のなかへ連れ出させた。我輩は、この獣とピッタリならんで立たされ、主従ふたりは実に仔細[しさい]にわれわれの顔を見比べていたが、その時また何度も例のヤフーという言葉が繰り返されたのである。だが、この見るも不快な動物に、これはまた完全な人間の形態を見出[みいだ]した時の我輩の恐怖と驚きとは、実に名状すべからざるものだった。顔は平たくて、大きく、鼻は落ち込んだようで、唇[くちびる]は厚く、口は広く割れている。だがこうした差異くらいはすべての野蛮人に共通なもので、つまり幼児に地面を這[は]い廻[まわ]らせたり、背中に負って、母親の肩に顔を擦りつけさせたりするところから、顔の造作が歪[ゆが]んでしまうのである。ヤフーの前足と我輩の前足と、違うところといっては爪の長さと、掌[てのひら]の粗さと、その渋紙色と、それに手の甲の毛と、ただそれだけだった。足もまた、似た点も同じなら、違った点も同じだ、ただこの方は我輩の靴と靴下とで、馬にはわからないが、我輩にはよくわかっていた。要するに、前にも言った毛深さと皮膚の色とさえ除けば、あとは身体[からだ]中すっかり同じなのだ。(同書、pp.297-8)

[49]【上の引用におけるヤフーの描写について。】われわれはこの一節に、十八世紀イギリスの知識人の典型として設定されたガリヴァーの、人種差別思想と植民地主義的傲慢を容易に読み取ることができる。ヨーロッパ人の白い皮膚こそが唯一の人間の範であり、それ以外の形状は未開=野蛮なものに他ならないという観念のことである。……。近代人のイデオロギーたる進歩信仰にいち早く異議を唱え、古代人を擁護したダブリンの司教【スウィフト】には、加速度的に進行してゆく大英帝国思想と、その根底にある〈美〉と〈理性〉の主人としての人間という信仰をどこまでも虚構の産物として見る、距離の意識が保たれていた。(四方田『空想旅行の修辞学』p.362)"

・ガリバーはヤフーの毛髪で創った弾機(はじき)でもってウサギや鳥をとらえたこともある。

・フウイヌムとはこの国の言葉で馬という意味であり、語源は自然の完成物。

フウイヌム語には、嘘や偽りということをあらわす単語がない。
よって「ありもしないこと」と表現する。

・フウイヌムは、ガリバーの外皮がヤフーと違っていること、頭と顔以外は普通の毛髪や皮膚が全然ないのを見て非常に驚く。

(服を着る発想がない。
服という単語もないだろう。




裸になって嘘偽りのないことをお目にかけてほしいが、自然が隠せと教えているある部分だけは露出を勘弁願いたいと言うと、主人におかしいと言われる。
自然がみずから与えておきながらそれを隠せと教えるなどとはとうてい考えられない。

・馬の知るヤフーに比べて、主人公は皮膚がやわらかく、肌が白く、滑らかで、からだの方々に毛がなく、四足の爪の形状とその短いこと、きざな話だがいつも後ろ足二本だけ歩くことなど、ほかのヤフーどもとはがいぶ変わり種のようである。

・馬は船を知らない。

・ガリバーは、吾輩の国ではとにかくヤフーが唯一の支配的生物だと主張し、馬についてはヤフーが皮膚を磨いてやったり、たてがみを梳いてやったり足をほじくってやったり、食物をやったり、寝床をこしらえてやったりすると言った。
主人は、たとえヤフーどもがいかにその理性を自負しようともフウイヌムがお前たちの主人であることは明白だ。
(面白い視点)
そのあとガリバーは馬が受けるひどい扱いについても言及し、主人は立腹する。

・馬の国の言葉は単語の数がそう多くない。フウイヌムの感情や欲望は人間ほど種類が多くない。

・主人公の肉体をこき下ろす馬。顔が平たい、鼻が飛び出している、両目が真前についているので頭を向けないと左右どちらも見えない、前足を口もとまで持ってこなければなにひとつ食べられない。だから自然はただその必要のためだけにそうした関節を与えてくれているのだろう。足にいくつも裂け目がある。

(ヤフーは視野が狭い←文字通り物理的に狭い。
自然崇拝っぽいなフウイヌムの宗教。

馬がただの馬の見た目なのが重要。
翼があったりしたら面白くなくなる。)

・馬の国では動物という動物はことごとく先天的にヤフーを嫌悪している。

・フウイヌム語には権力、政府、戦争、法律、刑罰という言葉が存在しない。

・金銭が存在しない。よって、それに関するものも存在しない。
糊口をしのぐための、物乞い、窃盗、詐欺、売春斡旋、
偽誓、阿諛、買収、偽造、博打、
嘘八白、追従、恐喝、金銭目当ての投票、
売文、星占い、毒殺、淫売、偽善、
悪口、自由思想(過激思想)の鼓吹もない。

戦争が存在しない。よってそれに関するものも存在しない。
大砲、重砲、小銃、騎兵銃、拳銃、弾丸、
火薬、剣、銃剣、攻城、退却、攻撃、奇襲坑道、
対敵坑道、砲撃、 海戦、千人の乗組員もろとも沈没した艦船、
敵味方双方に出た二万人の死者、断末魔の呻き声、
四方八方に飛び散る四肢、
黒煙、阿鼻叫喚、 混乱、馬蹄による圧死、敗走、追撃、勝利、
犬や狼や猛禽の食うがままに放置された死屍累々たる戦場、
略奪、強盗、凌辱、償却、破壊もない。

・病気もない。
フウイヌムも死ぬ直前数日間は衰弱して気分がすぐれないとか、何かけがをして手足を傷つけることもあるのは理解できる。
が、自然、すなわち万物を完全へ、完全へと促し進めるこの自然が、われわれの肉体の中に、いかなるものにせよ、苦痛を生ぜしめようなどとはとうていありうべからざることである。むしろそうした不可解な禍の存在理由こそ、聞きたいと言う。

・ヤフーは光る石が大好き。
胃へに持ち帰って隠しておくのだが、ほかの仲間に見つかりはしないかとあたりを警戒する。
どうしてこうした不自然な欲望があるものか、またどうしてこんな石がヤフーどもに役に立つものか、フウイヌムには分からないが、
主人公が人類の習性だといって話したあの貪欲とまったく同じ原理に基づくものに違いない。
一度実験のために、その石を一つかみほどとってくると、紛失に気付いたヤフーは泣きわめいて悲しんだ。
主人は召使(当然馬)に命じて石をもとに戻した。
するとたちまち元気も起源も回復したヤフーはもっと屈強な隠し場所に移しそれからきわめて従順な動物になった。
(宝石だろうね。
この実験の動機は悪徳ではないのかな?

この石がスクーン石の比喩ではないだろう。



・ヤフーはある木の根が好き。その木の根の汁は酒と同じ効果がある。

この国で病気になるのはヤフーだけらしい。
フウイヌム語には病気を呼ぶ名前はすべてを含む総称
「フニア・ヤフー(ヤフーの禍)」
があるのみ。

”[54]我輩はこの国へ来て、まだ一年とは経[た]っていなかった。だがすでに我輩はこの国の住民をすっかり敬愛するようになり、もう二度と人間世界へは帰るまい、余生はこの実に感心なフウイヌムらの間で過し、ここには悪徳の手本もなければ、誘惑もないのだから、もっぱら徳を修め、善行を積んで、一生を終りたいと堅く決心したのであった。
(スウィフト『ガリヴァ旅行記』p.340)

[55]そもそもこのフウイヌム族というのは、先天的に道徳的な性向を賦与[ふよ]せられているのであって、だからいやしくも理性的生物に、どうして悪なるものが存在しうるか、彼らには全然理解もできないのである。彼らの大原則は、理性を磨[みが]け、そして一にも二にも理性によって行動せよ、というのである。……。
 友情と仁慈とはフウイヌムの二大美徳である。しかもそれは決してある特殊な相手に限られるものではなく、全種族に行きわたっている。
だからして、どんな遠い国から来た未知の旅人でも、まるで隣人同様の厚遇を受けるし、たとえ何処[どこ]へ行っても、まったく自宅同様の心安さでいられるのだ。(同書、pp.355-6)

[56]【フウイヌムの優生思想】
【フウイヌムは】結婚の際には、子供に不快な混血種が生れて来ないように、十分毛並の色を選択することを忘れない。男では力が、女では美しさが、最も尊重されている。だがそれは別に愛のためではなくて、種の退化を防ぐためである。その証拠に、女の方が力で勝っているような場合には、配偶者の選択はかえって容貌[ようぼう]に重点が置かれるのだ。若い者同士が夫婦になるのは、ただ両親と友人たちが決めるからそうするので……彼らもそれが理性的動物としての一つの義務だと考えている。
(同書、p.357)

[57]【フウイヌムのヤフー大虐殺】
……ヤフーが子を産み出すと、子孫はみるみる蕃殖[はんしょく]して、たちまち全国土に氾濫[はんらん]、蔓延[まんえん]するに至った。そこで、この害を除くために、フウイヌムらは大山狩りを行って、とうとうヤフーらをことごとく包囲してしまった。そして年老[としと]ったのはことごとく殺してしまい、若いのだけはフウイヌム一頭について二匹ずつ、小屋を作って飼うことにした
……。(同書、p.360)”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html

・吾輩はこの国へきてまだ一年とたっていなかったが、住民をすっかり敬愛するようになり、もう2度と人間世界へは帰るまい。余生はこの実に関心はフウイヌムのあいだで過ごし、ここには悪徳の手本もなければ誘惑もないのだから、もっぱら徳を修め、善行を積んで一生を終わりたいと堅く決心した。


平然とヤフー絶滅論を出すフウイヌムにも悪徳はあるでしょ。
主人=主馬と呼んでいることも重要。ガリバーはどうみても主人を神格化している。
馬の神か!
家畜人ヤプーはこのあたりから着想を得ていて、
ヤフーをモデルにヤプー=黄色人種を創作



・フウイヌムの思想
そなたども(ヤフー)の政治、法律の諸制度は要するにお前どもの理性、したがってその徳性に重大な欠陥が存在するためであることは明らか。
なぜなら
理性的生物を統治できるものはただ理性あるのみだ。

(理性主義。

嘘とか虚偽とか戦争とか拝金主義の概念がなくても
優生学思想も差別も普通に実行してて理性的で道徳的ってめちゃくちゃ怖いな
。)


・友情と仁慈を重んじるフウイヌム。
原文は、

”Friendship and benevolence are the two principal virtues among the Houyhnhnms”
http://www.gutenberg.org/files/829/829-h/829-h.htm

なので、メイソンのモットーではない。

・フウイヌム族は理性的生物に悪なるものが存在しうるか理解できない。彼らの大原則は理性を磨け、一にも二にも理性によって行動せよ。
見解(オピニオン)という言葉の意味、すなわちある問題をめぐっていろんな議論が成り立ちうるということは主人に理解させるのに骨が折れた。
理性というものはただわれわれに確信のある問題だけにイエスだとかノーとか答えることを命じるのであって我々のしらないことはどうにも言えないはずだ。
だから間違った命題や、疑わしい命題に関して喧嘩したり口論したり討議、断定したりなどするのはフウイヌムたちの知らない悪である。

よく吾輩が物理学の体系を説明してやると彼はいつも笑っていたものだ。

(フウイヌムって他の思想を認めないのでは?)


・フウイヌム国ができて以来唯一というべき討議ともいうべき問題が、この地上からヤフーを撲滅するべきやいなや。
ヤフーはけっして最初からこの国にいたものではない。或る時突然山の上に二匹のヤフーが現れたというのである。そしてどんどん数が増えた。そしてフウイヌムはヤフーを殺しまくり、若いのだけはフウイヌム一頭につき二匹ずつ小屋を作って飼うことにした。
そしてこれ以上は望めまい程度まで飼いならされ、モノをひかせたり運ばせたりするくらいの用には立つようになった。
この伝説には多大の真実があるようであり、ヤフーが断じて、
イルヌニアムシ(原住民)でないことはフウイヌムならびに他の動物がヤフーに対して抱いている激しい憎悪を見ても明らかである。

大昔フウイヌムの山の上で発見されたのちのヤフー族となったと言われる二匹のヤフーは、吾輩の知る限りでは、この二匹こそどうも英国人だったらしい
ので、たとえばその子孫らの顔のぞうさくなどから見ても変わり果てているがそうらしく吾輩には思えた。

これって英国人はヤフーって言って非難している?
アイルランド人とは区別しているだろうし。

いつ肌が黄褐色になったのか謎



・フウイヌムは文字をもたないので知識はすべて伝承。
病気にかからないので医者の必要もない。薬草を調合した薬はある。
太陽と月の回転によって年の計算はするが、小さくに週にわけることはしない。
触の性質もしっているが天文学の進歩はこれがまずせいぜい。
詩においてフウイヌムに匹敵するものはあるまい。
鉄の使用を知らない。

死ぬときに未練はない。
死ぬ=シュヌウン(原初の母の許へ帰る)。
不慮の傷をのぞけば死因は老衰だけ。
70から75まで生きる。まれに80に達することがある。
(当時の人間より長生きってこと)

邪悪なものを表現する言葉がないので、
必要ある時は形容詞ヤフーをくっつけて表現する。

・フウイヌムの歩き方などを真似、習慣になった主人公。
人間に馬みたいだと言われても褒められている気になる。話し方も馬みたいになることがあり馬鹿にされるが苦にならない。
(馬鹿って訳語は意図的?
馬の骨、馬脚をあらわす)

フウイヌムを出るための船と帆にヤフーの皮を使用。船の隙間はヤフーの脂肪でつめる。
(自分はヤフーだとみなしているけど、ヤフーの毛と脂肪と皮を普通に使っているのがおそろしい)


《我輩は、自分の家族、友人、同胞あるいは人類一般といったものを反省してみると、どうもその形態からみても、性質からみても、まぎれもなくヤフーに相違ないように思えるのである。ただほんの少しばかり開けていて、言葉を話す能力を持っているとはいうものの、理性はかえって悪徳を助長、倍加することに悪用されるだけで、その点では、自然が与えただけの悪徳を、ただそのままで持っているこの国のヤフーの姿の方がずっと我慢できた。我輩は、フウイヌムらと話をして、彼らの姿を見るのを楽しみにしているうちに、とうとう彼らの歩き方、身振りといったものを真似てみるようになり、今ではすっかり習慣にさえなってしまった。だからこの友人たちから、貴様の歩き方はなんだ、まるで馬じゃないかなどとあけすけに言われることがあるが、我輩にはかえってそれが賞められているような気がしてしかたがない。》P370 

・主人公を追放せよという議決が下る。
フウイヌムの大会議の議決はフヌロアインと呼ばれ、近い言葉で訳すと、警告。
理性的生物に対して強制というものがあるはずのものはない。
あるのは忠告や警告だけだ。
なぜなら理性の命令に従わないような人間はみずから理性的動物であることの権利を放棄するようなものであるからだ。


・人間は言葉を持つが、理性はかえって悪徳を助長することに悪用されるだけで、その点では自然が与えただけの悪徳をそのまま持っているだけのヤフーのほうがまだましなくらいだった。

フウイヌムいわく、
ヤフーはまだ武器や貨幣を作るような知恵が無いから争いは小規模で済むが、お前達のように知恵をつけたらより凄惨な事態を招くのだろうな。

・ひさびさに人間に出会った主人公は
吾輩はフウイヌムたちの国から追放された哀れなヤフーである、だからこのまま見逃してもらいたい、とポルトガル語で答えた。
馬がいななくような吾輩の珍妙な声音にはとうとう彼らの方で吹き出してしまった。

嘘をつくというヤフーの支配国にのみ特有な能力はすっかり忘れてしまった。
(要は、この旅行記に嘘はないってこと)

服を提供されてもヤフーの体についたものはつけたくないので断った。

ヤフー族の一匹=妻と交合し、すでに一人ならず子までなしていることを考えると恥辱、当惑、恐怖ともまったく名状しがたい気持ちに襲われる。
妻に抱き着かれてキスされると気絶するほどにヤフー嫌いになった主人公。

はじめの一年間は妻子といっしょにいるだけでもたまらなかった。
においが我慢できない。
今日でさえなおパンに手を触れたり、ひとつ容器から物を飲むようなことは断じてさせないし、彼らに手を取ってもらうこともない。
金をためて一番に買ったのは二頭の種馬の子だが、立派な厩を造って飼っている。
次の吾輩のお気に入りは馬丁である。
彼が厩から持ってくる香りをかぐと心が読みがったような気分になる。
二頭の馬は吾輩のいうことをたいていのことならわかってくれるので、毎日少なくとも四時間くらいはいっしょに話をすることにしている。
彼らは馬勒(ばろく)も知らねば鞍も知らない。

ヤフーのにおいが我慢できないので鼻の穴にはいつも芸香(ルー)かラヴェンダーかたばこの葉をしっかりつめている。


(この馬って知能はヤフー並みじゃないの?
会話って幻聴?


バッドエンドじゃねーか!



”[59]『旅行記』には、一元的なユートピアは登場しない。ブロブディンナグは、国王のおおらかな政治方針のもとに統治されてはいるものの、乞食や皮膚病といった汚穢【おわい】が充満する国家であり、また「他の多くの民族が悩まされるのと同じ病弊に犯されていた」とされている。加えて学問は恐ろしく未発達である。逆にラピュタは、円形の閉鎖空間という点でもっともユートピア的地形を示しているが、住民たちは抽象的な学問に熱中するあまりに、現実に差し迫る危機を何ひとつ理解できない。バルニバビの土地は荒廃の極みにある。フウイヌムの馬たちは、啓示を欠いた「理性」を盲目的に崇拝し、悪徳から完全に免れてはいるが、同時に感情も懐疑も知らぬ無機的な生活を送り、ナルシス的な世界観のなかに閉鎖されつつ、ヤフーを残酷に排除しようとする。(四方田『空想旅行の修辞学』p.191)

[60]フウイヌムが嘲笑されるとすれば、それは彼らがけっして「他者」と遭遇しないために他ならない。実際、馬たちは対話とも観察とも無縁の存在である。主人馬はガリヴァーと長い対話を続けるが、厳密に言うならば、これは偽装されたガリヴァーの独白にすぎず、主人馬はどこまで進んでも自分の思い込み[ドクサ]から離れることもなければ、新しい認識にも到達しない。(同書、p.357)

【フウイヌムたちは、自らの「高慢」と「偏見」から決して目覚めることがない。ガリヴァはそうしたフウイヌムたちの「偏見」を共有することで、この上なく「高慢」になっていく。】


[62]よく湖や泉に映る自分の姿を見た時など、思わず自己嫌悪と恐怖の念にかられて顔そむけたほど、まだしも普通のヤフーの姿の方がずっと我慢ができた。我輩は、フウイヌムらと話をして、彼らの姿を見るのを楽しみにしているうちに、とうとう彼らの歩き方、身振りといったものを真似[まね]てみるようになり、今ではすっかり習慣にさえなってしまった。だからよく友人たちから、貴様の歩き方はなんだ、まるで馬じゃないか、などとあけすけに言われることがあるが、我輩にはかえってそれが賞められているような気がしてしかたがない。それにこれも正直に言っておくが、よく人と話している場合、我輩は、ふと俄にフウイヌムのような声音や話し方になることがある。おかげでひどく馬鹿にされることもあるが、それがなんと少しも苦にならないのである。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.371-2)



[65]てっきり我輩を死んだものとばかり思っていた妻子たちは、非常な驚きと喜びとをもって迎えてくれた。だが正直なことを言うと、彼らの姿はいたずらに憎悪と嫌忌[けんき]と侮蔑の念を起させるばかりだったし、ことに彼らが近親者であることを思うとよけいにそうだった。……我輩の記憶と想像とは、あげて常にあの高潔なフウイヌムたちの美徳の上にあったのだ。しかもその我輩自身が、ヤフー族の一匹と交合して、すでに一人ならず子までなしていることを考えると、恥辱とも、当惑とも、恐怖とも、まったく名状し難い気持に襲われるのであった。
 家へ入るやいなや、妻は我輩を両腕に抱いて接吻[せっぷん]した。だがなにしろこの数年間というもの、この忌[いま]わしい動物に触られたことなどほとんどなかったものだから、たちまち一時間ばかりも気を失ってぶっ倒れてしまった。(
スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.388-9)

[66]第四旅行記の最終章に記された以下の一節は、ヨーロッパの近代文学において植民地思想を最初に批判したくだりとして、歴史的意義をもっている。(四方田『空想旅行の修辞学』p.21)

[67]【探検物語を終えようとするガリヴァは『ロビンソン・クルーソー』的な植民地主義を徹底的に否定する。】
たとえば一隊の海賊が、暴風雨に吹かれて何処[どこ]とも知らず漂流し、ついにボーイの一人が檣頭[しょうとう]から陸地を発見する。上陸して掠奪[りゃくだつ]する。無辜[むこ]の住民に邂逅[かいこう]して、親切な待遇[もてなし]を受ける。そして国土に新しく命名し、国王のために領有宣言を行って、記念に腐った板切れや石柱を建てる。それから原住民が二、三十人殺され、一組の男女が見本に無理に連れて行かれる。そして帰国すれば、彼らの罪業[ざいごう]はすべて特赦を受ける。さてここでいわゆる神権享有者【神に権力を与えられた国王】の名前によってなされる新領土の礎石がはじまるのだ。すなわち、さっそく船が派遣されて、原住民たちは放逐されるか、殺戮[さつりく]されるかするし、酋長[しゅうちょう]たちは拷問[ごうもん]の苦しさにすっかり所有金[もちがね]を吐き出してしまう。あらゆる残忍、貪婪[どんらん]が公々然と許容され、大地は民の血に腐臭を放つのだ。そしてこの敬虔[けいけん]きわまる遠征に従事する呪[のろ]うべき殺戮者の一隊こそ、実に彼らのいわゆる偶像崇拝者である蛮民どもの改宗、開化を目的に送られるという、近代植民の実情であるのである。(スウィフト『ガリヴァ旅行記』pp.395-6)

[68]ここには大英帝国が一八世紀という「航海の時代」に、大洋に浮かぶ無数の未知の島々で行なった強奪と領土保有の宣言行為とが、いかなる虚飾もなしに語られている……。スウィフトをして時代の膨脹主義的イデオロギーからかくも冷静な距離をとらしめたのは、彼が他ならぬイギリス最初の植民地【アイルランド】に身を置いていたという事実に他ならない。(四方田『空想旅行の修辞学』p.22) ”
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html


名作だったよ。
さまざまものの元ネタになったものを読んでおくと、
派生が元ネタをどう変えたかわかるからオススメ。
~思想の元ネタは~思想をさかのぼり、一番初めを学べばいい。



参考資料

翻訳で読む18世紀イギリス小説 第2部 (2005年12月10日 13:05-15:20)
スウィフトの『ガリヴァ旅行記』
https://www1.gifu-u.ac.jp/~masaru/05/gulliver.html
からいろいろ引用している。
この記事の引用も
スウィフト作、中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』
からなので採用。

ジョナサン・スウィフト著、中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』(新潮文庫、1951年)[原著1726年]

富山太佳夫『「ガリヴァー旅行記」を読む』(岩波書店、2000年)

四方田犬彦「ガリヴァー旅行記」『世界の幻想文学・総解説』(自由国民社、1993年)

四方田犬彦『空想旅行の修辞学――「ガリヴァー旅行記」論』(七月堂、1996年)

スウィフト 世界史の窓
http ://www.y-history.net/appendix/wh1003-074.html





「異世界ファンタジーに日本語や外来語が出てくる問題」の7つの解決法(※ステマ注意)
http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20140928/1411899522
”解決法1. 深く考えない

解決法2. むしろ積極的に混ぜていく

解決法3. 特定の言語のみで記述する

 とはいえ、日本特有の文化を前提とした言い回しや、外国由来の概念を和訳した熟語なども沢山存在するため、言葉の歴史的経緯などを突き詰めていくと語彙選択の判断はかなり難しくなってきます。「矛盾」は中国の故事成語に由来してるからダメだとか言い出すと、使える語彙はかなり限られるでしょう。迂闊に仏教由来の言葉を書いちゃったばかりに作者の死後までネタにされちゃう怖ーい世界です。

解決法4. 日本語話者を主人公にする

 日本人が異世界にワープしたり転生するタイプの作品だと、「主人公の一人称によって地の文を記述する」ことでかなり無理なく言語の問題をクリアできます。もちろん現地の人々は現地の言葉を喋っているはずですが、主人公本人にさえ理解できていれば「日本語で認識し直している」という体裁で日本語一人称の記述を理由づけることが可能でしょう。

解決法5. 異世界語が日本語に翻訳されているという設定にする

解決法6. 逆に異世界人に日本語を喋らせる

 逆転の発想として、異世界に日本語を浸透させることでみんな日本語を喋っている、という状況を作り出してしまうパターンも考えられます。日本語を喋る、ということは文化背景のある言い回しや日本語に取り込まれた外来語等も扱えるということになるので、中国由来の故事成語はどう扱うべきか等の諸問題が一挙に解決してしまいます。私の知るところでは、

解決法7. 典礼言語扱いする


 大雑把に言うと、日常言語としては使用されていなのだけど、宗教的、神秘的文脈においては「秘された言語」として儀式的に使用されていることにするパターンです。仏教におけるサンスクリットの梵字や真言のように、あえて現地語に翻訳せず原語のまま記述・発音することである種の意味や力が生まれるという発想を利用するわけですね。”

「ドン・キホーテ」はスゴ本
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2010/02/post-279f.html
”冗談さておき、「ドン・キホーテ」がスゴいのは構造とキャラクターが互いに影響しあっているところ。実はこの物語、次のような多重入れ子構造になっているのだ。

  セルバンテスが編集する
  [
    無名の誰かが翻訳する
    {
      ベネンヘーリがアラビア語で書いた
      (ドン・キホーテとサンチョの物語)
    }
  ]

 つまり、「ドン・キホーテとサンチョの物語」は、いったんアラビア語で記され、そいつをセルバンテスが偶然発見し、アラビア語に堪能な人に翻訳してもらったという触れ込みで始まるのだ。”

もしも日本語が通じずに他の言葉を習得するには?
https://togetter.com/li/1147737

異世界に転生して日本語が通じなかった場合の対処法が判明
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52198988.html




https://kakuyomu.jp/works/1177354054883808252/episodes/1177354054883866227
” 1906年、とある東京帝国大学の学者であった彼はアイヌ語の調査のために北海道に渡った。

 彼はとにかく「何」という一言を求めていた。それが分かれば物を指して、「何?」と訊くだけで名詞をどんどん習得していくことができるのだ。彼はそこでアイヌの子供にわけのわからないぐちゃぐちゃを描いて見せた。すると、アイヌの子供たちは怪訝な顔をして、「へマンタ?」と訊いてきたのである。アイヌ語の「何」を指す単語へマンタを習得した彼は、滞在した40日の間、大抵の話は出来るようになっていた上に大体のアイヌ語文法と多くの語彙、口承伝承の調査が出来るようになっていたのである。

http://d.hatena.ne.jp/gornergrat/20120120/1327073036
”確か中学時代(昭和29年ごろ)の国語の教科書に「心の小径』という教材があった。私は余り勉強は熱心でなかったのだが、その概要を今でもよく覚えている。国語の授業で教えてくださったのは今もご健在のK子先生である。

 これは金田一京助が25歳の時、アイヌ語調査のために樺太へ渡り、全く知らないアイヌ語をどのようにして収集したかについて書いたものであった。今はその教科書は手元にはないが、十数年前に購入した新潮新書「金田一京助」(藤本英夫著)には、教材のもとになった一部が載っている。 

 ただ私は「何?」という一語がほしくなった。それさえわかれば、心のままに、物を指して、その名を聞くことができるのである。そこでふと思いついて、もう一枚紙をめくって、今度はめちゃくちゃな線をぐるぐるぐるぐる引き回した。年かさの子が首をかしげた。そして「ヘマタ!」と叫んだ。するとほかの子供も皆変な顔をして、口々に「ヘマタ!」「ヘマタ!」「ヘマタ!」

 「うん! 北海道で『何』のことを『ヘマンダ』という。これだ」と思ったから、まず試みようと、身のまわりを見回して、足元の小石を拾って、私からあべこべに「ヘマタ?」と叫んでやった。

 驚くべし、群がる子供らが私の手元へくるくるした目を向けて、口々に、「スマ!」「スマ!」と叫ぶんではないか。北海道で「石」のことを「シュマ」という。してみると、「スマ」は「石」のことで、そして、「ヘマタ」はやっぱり「何」ということに違いなさそうだ。

 中学生の私は、アイヌ語やアイヌ人、樺太、そして金田一京助についても何の知識もなかったと思う。それ故にかえってアイヌ語やアイヌの子どもたちに興味を持ったのかも知れない。特に、アイヌの子どもたちから「ヘマタ」を引き出して、その言葉を駆使して次々にいろんな物の名称や表現の仕方を収集していった発想に感動したに違いない。

 著書『金田一京助』によると、彼がオポチョッカ村に40日の滞在後、帰る頃にはたいていの話は支障がなくなった上、樺太アイヌ語文法の大要と、4000の語彙と『北蝦夷古謡遺篇』3000行の叙事詩の採録ができたのである。”




読者に感謝しないこともない!

追加中『ドラクエ11』、『街 〜運命の交差点〜』『ダンガンロンパ』シリーズ、『英雄伝説 軌跡シリーズ』 ,『がっきーの真実TV』(『グレンラガン』『不思議な少年』『デミアン』)随時追加 

追加中 


チンチコール!
『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』
ドラゴンクエスト11 、DRAGON QUEST、DQ11






ぐだトマト‏ @pteras14
ちゅーか、神聖ローマ帝国の二頭鷲
じゃないっすか……

こういうのってプランナーさんは
カッコイイからと思ってやってる
のでしょうか?
それともやはり変なカルトに
入信しないと企画職に就けない
とか制限とかあったりします?
大人の事情とかで。

がっきー@『七海の623』1巻発売中!‏ @gakky88NSR
やっぱりローマから始まるんですねぇ。
企画は何も知らないと思います。
上から「これをモチーフに」と言われるだけかと。


ぐだトマト‏ @pteras14
なるほど、返信有難う御座います!
じど〜しゃギョーカイもクルマの
車名とか決める時にマニアックな
ギリシャ語とか、星の名前とか
良く出てくるんですよw

大人の事情のため、
誰が決めてるのかよく分からないの
ですがw
候補名リストにその系統の単語とか
よく載ってますね……



いいからこれをお読み!(お転婆お姫様風)



どんどん増えていく素晴らしい考察↓










△一つ目!














Gのレコンギスタって、グノーシスの再征服ってことだからね。 今、また勢いを増してるから。 戦前からグノーシスは入ってきてて、戦後は国が広めているし、今はもう全て囲まれているからね。 「そんな事言ったらなんでもグノーシスじゃんw」って、正にその通りになってるんだよ。

グノーシスは「悪魔崇拝」とか言われてヤバイみたいに思われてるけど、それは「カトリック」から見た視点であって、グノーシス自体は平和的でなんでも受け入れる寛容な派閥だったんだよ。 それは今も変わってない。




続き。 グノーシス思想で描かれるドラクエ11でゾーンを入れてきたのは「ついに」という感じ。
実際のゾーンは認識力が拡大し色んな人や物と『繋がる』ことができる。
ドラクエ11のゾーンは能力アップ+『れんけい』ができるようになる。
わかってる人が作ってるよね。

ワンピースの『見聞色の覇気』は同じものだね。
認識力が広がって気配や見えないものを感じられるようにり、先読みも可能になる。
ワンピースは正にフリーメイソン、グノーシス主義のメッセージをファンタジー化したものだからね。
Dの一族だからね。

(WASP英米系ならグノーシスに反対するはずだがとりれているほど。
ゾロが金光・大本教系=グノーシス寄り。悪鬼は実は善神という善悪逆転もグノーシス的)














光を司る天使はルシファーで、カトリックでは人間に知恵を与えた蛇として堕天してサタンとなる。
だがグノーシスではルシファーは人間を愛し、偽の神から解放するために叡智を与える光の天使となる。
1件の返信 1 retweets 2 likes
がっきー@『七海の623』1巻発売中!? @gakky88NSR 19 時間19 時間前

竜の女王は勇者に光の玉を渡した後、卵を産んで絶命する。
この卵は後にドラクエⅠの竜王になる存在。
以前も話したけど卵はグノーシス主義では重要な存在。
卵は世界であり、殻を破壊することで成長し、神へと近付く。
殻は何重にもある。
殻とは精神であったり、物理であったり、概念である。
1件の返信 1 retweets 2 likes
がっきー@『七海の623』1巻発売中!? @gakky88NSR 19 時間19 時間前

殻を破ると前の世界は崩壊する。
卵を産んだ竜の女王は卵にとって以前の世界であり、卵が産まれたことにより崩壊したわけだ。
ドラクエシリーズでは度々こういう表現が用いられる。
ドラクエⅢでアレフガルドが平穏を取り戻した時、元の世界に戻れないのは、崩壊したいるからだ。
1件の返信 1 retweets 3 likes
がっきー@『七海の623』1巻発売中!? @gakky88NSR 19 時間19 時間前

ドラクエⅥでも、夢の世界と現実の世界は、現実が戻ると夢の世界には行けなくなる。
そして、夢の世界の卵から未来が産まれて、光に包まれて終る。
あれは実は夢の世界(精神世界)の方が本物で、産まれたのは神の世界。
現実世界も夢の世界も消えて、神の世界に帰ったという事だろう。
1件の返信 1 retweets 2 likes
がっきー@『七海の623』1巻発売中!? @gakky88NSR 18 時間18 時間前

もしかしたら、産まれたのは次のドラクエの世界かもしれない。
Ⅷでレティス(ラーミア)が異なるドラクエの世界を行き来している描写がある。
ドラクエの世界はロトシリーズ、天空シリーズと、シリーズで世界が別であるが、ラーミアによって繋がっていもいるのだ。
1件の返信 2 retweets 3 likes
がっきー@『七海の623』1巻発売中!? @gakky88NSR 18 時間18 時間前

ラーミアはグノーシスで言うアブラクサスだ。
卵より産まれ、世界を破壊し、異世界を超える力を持つ鳥と人間の姿をした天使。
これも女性の体をしている。
竜の女王や精霊ルビスなど、重要な天使を女性として描くのもグノーシスの特徴かもしれない。
それは真の創造主のソフィアが女性だからだ。







(ゲーム・アニメ・マンガ考察以外もすごいぞ!



( なえなつ‏ @japan19890108 7分7分前

そうそう工作員うんぬんというのは
批判による「取り込み」というのが本質なんだよね







※この記事は、ゲーム考察ですが、分量が少なくて一記事にするには足りないと判断したものの集まりです。
ドラクエ考察はもうお腹いっぱい!
過去記事をお読みください。
過去作は既に分析済み。全作は分析しない。

いつもいつも、
グノーシス派キリスト教(特にマニ教とカタリ派)、
チベットと真言密教、
ユダヤ教異端、イスラーム異端の礼賛で終わり!
反カトリック!

不自然に思わないの?
ドラクエとかが出た当時のグノーシス思想の解説書の日本語文献の数を調べた?
お前らどこからこの情報を得たんだよ!
しかも外国語出来ませーんって公言してる人もいるし!
ネットもないし!
手塚時代なんてもっと希少だぞ!

ゲームに限らず小説もそう!
『ドグラ・マグラ』出た当時の無意識とか心理学の日本語文献の数を調べた?
作者の親父が右翼の大ボスだからそこから情報を得たのだろう。
紅卍、黒竜、大本、頭山、杉山などなど面白いぞお♡

とまとさんツイートみたらがっきー先生ツイートもあるから両方見ようね!

しかし、がっきー先生は元ネタばらしちゃって大丈夫かね?
とまとさんレベルでばらしちゃうと「怒られる」かもね。
つーか、きちんと宗教と神話を学んだクリエイターならこの程度の解説はできるはずなんだけどなー。
忙しすぎるという理由だけではなさそうだ。

青はグノーシスにとって最重要らしい。
私は、
青=左目(月)=青ロッジ
=英米WASP系キリスト教原理主義
が基本だと考えていたけど修正しないとね。
あと、
青=ケセド。
(生命の木視点では左側)

グノーシスは右目寄りで、原理主義と対立するからね。
ナウシカの青はグノーシスの青だろうけど。








グノーシス神話に置き換えると、
ゾーマはデミウルゴス、
ラーミアはアブラクサス、
だと思われます。
精霊ルビスは女神ソフィアですね。

オーブはフリーメイソンがヨーロッパ以外で深く関わった所にある感じ。
ジパング、テドン、ランシール、商人の街、海賊のアジト、サマンオサ。
全ての大陸を網羅している。




(アウクスブルクの宗教和議ではルター派かカトリック派かの2択しかなかった。
ユグノーはダメ。

めぐろ? @mgr3104sts 2016年1月31日

アウクスブルクの宗教和議
・カトリックvsルター派
・領邦君主にのみ信教の自由
・ルター派のみを認める
・ウェストファリア条約で再確認、カルヴァン派も認可
ナントの勅令
・カトリックvsカルヴァン派(ユグノー)
・個人の信教の自由
・ルイ14世(宰相マザラン)が廃止


mare??? @No6nezu 7月24日
マルティンの女性名はマルティナだったり、
ユグノアはユグノーっぽいし、
双頭の鷲はハプスブルグで、
パケ絵は民衆を導く自由の女神で、ほんと、あの、勘弁してほしい)




主人公(勇者=悪魔)をかくまったのが石の村というのは、
カトリックに迫害された勢力の受け皿がメイソンという意味。

11ってヤキンとボアズ。

大地の神に祈る石屋村の主人公とヒロイン。
ヒロイン(村の中では)のエマが金髪碧眼。



主人公が鍛冶をする。金属加工技術者でもあることが重要で、石工技術の一つ。
温度調整するし。称号がクラフトマン。

主人公は悪魔と呼ばれた勇者の生まれ変わり
=輪廻説。



主人公の左手の聖痕(あざ)が三又槍みたいだ。
悪魔の武器であり、ポセイドンとシヴァの武器。
フルールドリスも込めてそう。
雷を呼び寄せることができる。



エマ「魔物に襲われ大変だったときに勇者が現れ世界を救った。
勇者は星になり今もこの世界を見守っている。
あの星よ」

人は死ぬと星になる=ストア派!
星=神。

主人公の旅立ちの服装が紫って竜王の色でありフェニキアの色。
タイトルも紫のドラゴン。



女神像と教会すげえ!

女神像
「神に導かれし 迷える子羊よ
ようこそ 我が主の庭へ」

「神の前に
これまでの行いを 告白なさい」
「そして 冒険の書に
記録しても よろしいですか?」

しかも世界各地にある。

キリスト教じゃねーか!
はいはい、いつものやつね、
キリスト教に頼らないとやっていけませーん(´;ω;`)
女神じゃなくて天使か修道女だろ!
あ、一神教的多神教か!
マークをごまかしてるけどな!
本当は十字架にしたいんだろ?
「Y」を逆にしたようなマークだな。
三本、三位一体、三神一体、三相女神、トリスケリオン、
三つ編み←かつ魔法使いなら重要人物の証!

カトリックだろうから三位一体だろう。






軍師ホメロスが右目隠しで金髪。

主人公が持っている、緑色のユグノアの首飾り。
ユグノア=ユグノー。
ロンドンのグランドロッジを作ったのはユグノー(カルヴァン派プロテスタント)。




デルカダール王
「勇者こそが 邪悪なる魂を復活させる者!
 勇者と魔王は 表裏一体なのじゃ!」

深いな。

勇者が育った村の場所を知るために、
まずは勇者を褒め称えてから、
牢に送る王。
情報聞きだしたいなら、まず褒めるべし!

石の村が焼き払われた
=カトリックの王侯貴族(教会含む)によるメイソン教への迫害



三角岩=ピラミッド
の下の重要な母の手紙によると、
勇者が生まれてすぐに故郷のユグノアの地が魔物に襲われた。
デルカダールはユグノアと親交している。
主人公はユグノアの王子。
ユグノー(カルヴァン派)は悪魔ってことね。
予想通り、
ユグノー、メイソンは勇者側で善、
真の悪魔は迫害してくるカトリック側、
というドラクエやFFなどいつもの主張。
いい加減飽きた。
金太郎飴なのは意図的。
ピラミッドの下にはテオの手紙と魔法の石(青と紫色)もある。
隣の相棒のカミュが青髪。

デルカダールは双頭の鷲だからカトリックのハプスブルクの神聖ローマがモデルかな。
皇帝ではなく王だけど。


( 公務員試験用世界史bot‏ @bot67963600 6 時間6 時間前

【絶対主義⑤】《フランス》新教徒と旧教徒によるユグノー戦争(1562)が起きアンリ4世がナントの勅令で宗教の自由認める 
続くルイ13世は三部会を停止、三十年戦争に参戦した 
ルイ14世の時に最盛期を迎え宰相マザラン、財務総監コルベールによる重商主義政策を行った

【近代欧州⑬】宗教戦争:《フランス》
フランスではカトリック派とカルヴァン派が対立し王室や貴族をも巻き込んだユグノー戦争(1562)が起きた
→アンリ4世がナントの勅令(1598)を発して宗教の自由を認めた)

ヨッチ族は勇者にしか見えない。
ヨッチ族の村の中では勇者でなくても見える。
ヨッチ族の家の扉の模様が砂時計っぽい。
ヨッチ族の村にも教会がある。

木霊みたいなヨッチ族の長老ジョロッチ
「それぞれの祭壇にあるのは 冒険の書
それには 異なる世界に生きた
伝説の勇者の功績が 刻まれております。」
「我々 ヨッチ族に与えられた使命は
この冒険の書を守り 正しい勇者の功績を
後世に伝えること……。」


並行世界説って
「神はこの世界にはいないが異世界にいる」って主張に都合がいいなー。

・ベロニカが赤い服に赤いフリギア帽。
ベロニカが子供の姿に変えられたのは、
王の緋衣を着た子供=賢者の石の象徴の表現のためだろう。
緋色は濃く明るい赤色なので赤でいい。
しかも、金髪で三つ編みで魔法使い。

錬 金 術 に お け る 象 徴
http://contest.japias.jp/tqj2010/120192/symbol.html

象徴 意味
王の緋衣を着た子供 賢者の石
緑の獅子 硫酸鉄
太陽 金
月 揮発物、銀”



(これはシンフォギア

・‏ @snacingi 2015年10月1日
ちなみに緑の獅子は、『太陽を食らう緑の獅子』という錬金術の象徴の1つ 緑の獅子は酸、またはアルカエストを表し、太陽は金 そしてこれは錬金術師そのものの象徴でもある ちなみにキャロルが赤い服に子供の姿なのも、おそらくは『王の緋衣を着た子供』という象徴だと思われる(意味は賢者の石)

--

キャロルも金髪で三つ編みで錬金術師=魔法使い。
魔女狩りで父を殺されたから反カトリック。
日本ではなくまずはバチカンを攻撃しろよ。
ケルト系聖遺物を使うからケルト要素もあり)


・あいかわらず11でもドルイドは敵モンスターとして登場。
見た目も悪い。
反ドルイド作品。

・砂漠の国サマディー王国の王子ファーリスが見栄っ張りの実力なし。
主人公の手柄を横取り。
この王子が金髪碧眼。
サマディー王国のモデルはインドだろうだからアーリア人(ねつ造)は金髪碧眼って言いたいんだろう。
でもこの王子はダメな存在として描かれ、
主人公は黒髪なので、ナチス的アーリア主義批判かな。

王子は最終的に奮起して砂漠の殺し屋と戦う。
おかまが助けに入る。
おかま推しは基本。
でも結局王子も奮起するから持ち上げるのね。








峨骨? @Chimaera925 7月10日

ひのきの棒(ゲバ棒)とはした金渡されて、勇者よと言われてその気になる前に、「あ、コレただの鉄砲玉だ」と気付かないといけない。称賛や賛美の言葉の元手はタダだし、鉄砲玉送り込む奴は戦わない。

峨骨? @Chimaera925 2016年10月13日

勇者や英雄なんざ、所詮は権力から送り込まれた鉄砲玉、ヒットマンさ。そんなものを賛美して何になる。命令を下し利益を得る連中は、危険地帯から最も遠い場所に居る。裏切られて地上よりも安全な場所に旅立つ者も中には居るが。憧れをもってホイホイとリクルートされて捨て駒に。よくある話だ。
1件の返信 13 retweets 8 likes
峨骨さんがリツイート
峨骨? @Chimaera925 2016年10月13日
返信先: @Chimaera925さん

勇者や英雄は裁かれても、それを行わせた者は裁かれない。勇者や英雄は命令に逆らう自由はあるが、命令そのものを計画し指導する権限は無い。よく聞く自己責任。責任の所在は命令した者にある。そうでなければ軍人は人殺しなんかやっとれん。しかし、自己責任と。命令を下すものが守られる。






峨骨? @Chimaera925 2016年8月30日

本当の敵は人では無くて思想。国家や企業、人の寿命が尽きても企業が国家を背乗りするように、この寄生虫や亡霊は憑依して衰えた体を捨てて次の対象に憑依する。力を持った者に都合が良く、それらの支配構造を支え、逆らう気力や体力を消耗させ、権力を永続させる為の思想、神話、幻想、プロパガンダ。


峨骨? @Chimaera925 2015年6月24日

血液型による性格診断はナチスの優生学から始まっている。ヒトラーを含む多くのドイツ人はA型でユダヤ人にはB型が多かった。よって劣っているB型は排除されるべし、と結論を導き出した。今日びの自己啓発・能力開発、スピリチュアルもキリスト教から生まれ、選民統治思想と優生学が混じっている。













(ドラクエも内容が素晴らしいから売れたのではなく、売り方がうまいから売れたのが正しい。良い内容が売り上げを伸ばすのは確かにあるが売り方の影響力がかなり強い)
こっからここから


有名な坊さんが夢を記録し続けたよね。
夢の中に出てきた奇妙な単語達










トライフォースは渡来力。 渡って来た力。




(
key"・・・・! 私の古くからのフォロワーならピンと来るかな?"
なぜ彼は定期的にこうつぶやくのでしょうか?”
※画像省略するが、↓のツイートが並んでいる画像。

”U@wayofthewind 2013年1月17日
その昔、悪魔ってやつがやって来て、男には武器を、女には化粧を与えて行きやがった。それで平穏な暮らしはおじゃんさ。”

おまけ。

)





・紫と言えばフェニキア色。
フリギア帽子の赤ずきんちゃんベロニカの目の色も紫。




・主人公は祖父ロウと鎮魂の儀式をユグノア城跡で行う。
人は死ねば皆 命の大樹(空に浮かんでいる)へと還ってゆく。
大樹の葉の一枚一枚が人の魂と言われている。
しかし魔物によって非業の死をとげたものは
未練を残しこの世を迷うという。
そんな魂を救う儀式がこの地に伝わっている。
儀式をすると蝶々(魂のこと)が大量発生。

(大樹崇拝。北欧のユグドラシル?

魔法ってこういうの?







紫の髪の毛のマルティナ姫は主人公側。つまりデルカダールの娘だが反カトリック。
マルティンの女版。マルティン・ルター?
姫は主人公と逃げる途中で川に落ち、主人公は流された。
川に流されたってモーセが元ネタでしょ。
モーセの逸話も元ネタがあるけどね。


グレイグも紫だな!



・ドラクエはテリーのワンダーランドが一番露骨だったが、樹木崇拝も強い、
丸太の国って、領土なき国家マルタの意味もありそう。
ウルノーガってウル+ナーガ?オーガ?








ドラクエの遊び人がレベル積むと賢者になるというやつ。どんな意味がこめられているのかなと。
遊び人=働かない人で、稼ぎの役に立たないってのがあのゲーム内でのプレイヤーからの評価になるんでしょうが。



私が家庭教師やってたときは生徒が勉学に興味を持つかどうかのラインが成績を伸ばせるかどうかのラインだと見抜いてからはひたすら興味を持てる方向の指導ばかりしてたよ。そういうもんです。もちろん興味を持たせるためのテクニックは必要になりますが、そこを考えるのが本質かと。










アラクラトロが左目がつぶれているが右目は無事。
アラクラトロは赤と緑ベースの色の蜘蛛型モンスター。
青もある。
赤と緑ってデザイン的にいい組み合わせだし、
両方とも右目側の色だし都合がいいね。
フランス系の赤ロッジ?
古代エジプトだと赤は悪い色。




りてらし? @mod_str 8時間8時間前

すっかり白人メインになってしまったドラクエとかいうゲーム
(最初から白人メインじゃん)







スポンサーがフランス革命好きなのだろう。




















なえなつ? @japan19890108 8 時間8 時間前

ドラクエ11のほにゃららの奴って
竜玉の緑色のやつじゃん笑
しかしドラクエ考察してる人達はその考察力を
是非陰謀論界に役立てて欲しいが
まあここは蜘蛛の巣だから意味はないが(汗
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
なえなつ? @japan19890108 8 時間8 時間前

ロト紋の「りゅうせい」が好きだわ
アレがスマートになった後のやつね
アレ「りゅうせい」
ピーピーピーピーピーピー
その後の展開も好きでう
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
なえなつ? @japan19890108 8 時間8 時間前

ドラクエ11は三位一体か?
まず普通のED
ほにゃららED
ほにゃららEDの最中にほにゃららしたほにゃららのほにゃらら
になっていて
天空シリーズ、ロトシリーズ、アレがあぼーん?
あれだ漫画ロトの紋章思い出したわ
というかその〇〇〇ピーピーだよね
















ドラクエ11、スカした感じの主要キャラが多いな~(笑)
「女キャラが妙に強気で好戦的」なのは、そういう風潮をはびこらせておきたいからだろう。
ずばり、女性自衛官を増やしたい! 
女子も徴兵したい! ってことだろう。 乗せられないように気をつけて。






『がっきーの真実TV』(『グレンラガン』『不思議な少年』『デミアン』)


”がっきーの真実TV

元ゲーム開発者のグノーシス主義者で現在は漫画家。
漫画描いたり、ゲームしたり、心理学や哲学、世界の真実を語ったりする配信です。
twitter:gakky88NSR



グノーシスな話

(コメント抜粋

”エヴァがマニ教過ぎてびっくり
金融系の人のメンバーは死後もメイソン員だと明かすの禁止らしい
だって金融系だとほら、兄弟は助け合うんでしょ?つまりインサイ以下略
じゃああの儀式って口頭で長い文章覚える練習だよね
たかすさんってメンバーだと公言している時点で大した地位じゃないと思う
ある日本人が日本語文献だとメイソンだと書いてないけど英語文献とかだと普通にメンバーって書いてあったりするから語学力大事
ベートーベンってどうみてもメンバーなのに公式にはメイソン員名簿にないらしいってつまりかなり上位だよね
たかすをATM員って呟いてる人いた
ウメハラ ときどあたりも
メンバーのジャスティンが流行らせた時点でぴこは黒


先生は、何十年も前に支配層側の人から直接メイソン・イルミナティについて聞いたらしい。
高須や関も指令受けて動いていると言っている。
覚醒すると先読みができるらしい。ニュータイプみたいになるらしいと先生は回答)
金融でインサイダーはあたり前って言ってる。
集まりを開くのは口頭で情報を伝えれば、紙や電子媒体で外で漏れないから。
ウメハラは有名になる前から社交界で有名だったらしい。)




(コメント抜粋

”ゾーン人間になれる具体的修行法でいいのありますか?
がっきー先生のドラクエ分析楽しみです。ユグノアってユグノー?

フリーメーソンの近代化 - Biglobeってサイトで、ロンドン大ロッジ作ったのフランス系ユグノー=カルヴァン派ってある。
あ、ドラクエ11の主人公を受け入れたのが石(メイソン)村というのは、メイソンがユグノー受け入れた歴史なのか!
となると、あの王国はカトリック(もしかしたらルター派も)だね。だってユグノーを悪魔扱いしたもんね!
がっきー先生、マンダ教とか好きそう。 人工知能って要は人造の全知全能目指してる?”
デミアンも、メイソンのゲーテのメフィストも結社員にして師匠のことなんだろうなー
デミアンはもとはヘッセは別名で出したつまり自作だと隠していたからよほどやばい内容なんだろうなー。
デミアン分析サイトによると、「移行」するには、「自分自身に到達」しないといけないってこれ、グノーシスじゃん。
「卵のなかから卵の外への移行」「カインのしるし」ほうほうすごいな。



ゾーンには入れる方法は普通にネットにあるらしい。
極限の状態と決意、覚悟が引き金。
そうえば、ユグノー=カルヴァン派肯定って資本主義の元ネタ擁護でもあるな。
トムソーヤーの作者の不思議な少年もデミアンみたいな作品らしい。
デミアンは支配者養成校の存在をほのめかしているらしい。

ヘルマン・ヘッセ『デミアン』の分析
http://guild-elf.jugem.jp/?eid=589)





(コメント抜粋

”山で思い出したけど、剣術の達人の先生が山の天狗だったりするけど比喩かな。
世界の声を聞いたとか認識の拡大って禅仏教とかだと魔境だから執着するな自分が神だと思いあがるなって言われますね。
で、その魔境を超えた境地が悟りらしい。
がっきー先生の梵我一如体験?

ウィキでマーク・トウェインの『不思議な少年』見てる。登場人物サタン - サタンの甥という少年。年齢は1万6000歳。
未来予知や時空移動などの不思議な力を持つ。小暮閣下?サタン「人間が幸福になるには、正気でなくなるしかない」

たまにいるよね 宝くじの番号を予言できたりする人
相手の心理わかるとか初代DAIGOはがっきーじゃん
80年代はそういう覚醒系の漫画はけっこう流行ったけど最近はないね
教科の好き嫌いは教科の内容じゃなくて教師に対する好感度でかなり決まりますよ。
世界と一体となった妄想か、世界と本当に一体になったのかどうやって区別したらよろしいのでしょうか?
グレンラガンも兄貴=思想の偶像に近づこうとしてシモンは強くなったよね。あ、グノーシスのシモン・マグスでしょ主人公。
数学って趣味で学ぶと超面白い。古代の数学から今に至るまで順番に学ぶと本当に面白い。
カミナが上なのはマクロコスモス。シモンが下なのはマクロコスモスでもありますね。魔術的な意味での上下。
ニアがソフィアなのはあっていると思います。ニア=近いってグノーシスに近いことですよね。獣人ってなんの比喩だろう?




ガイナックスはグノーシスを広めるための会社らしい。カミナ=神の名=キリスト。上下左右という名前はごまかすため。
ニアは父を知りたいと思った=好奇心 を抱き、下界に落とされるからソフィア。

「世界と一体となった妄想か、世界と本当に一体になったのかどうやって区別したらよろしいのでしょうか?」
↑実感が大事らしい。
実生活にあっていたら正しいらしい。あっていなかったら単なる願望だから。
グノーシスのことミクシィでちょいちょい書き出したらガイナックスに呼び出されたらしい。
獣人は子供を作れないし、可能性もない、作られた人形的なポジション。デミウルゴスとかの系統かも。地上を支配。
霊性のない偽物の天使みたいな、と回答。

神性がないからグノーシスに至れないってことかな?
らせんは遺伝子であり覚醒の比喩だろうし。天へ行くということは至高神の領域に行くということだろう。
グレンラガン分析は途中でやめている。やっぱまだ記事にしなくてよかったな。
ニアの立ち位置がわかったし。グノーシス系の作品でヒロインは大体ソフィアだけど.
どうみてもキリスト教作ったのグノーシス側だよね。聖典集めだしたのも神学やりだしたのもグノーシスから。)



英雄伝説 軌跡シリーズ


なえなつ‏ @japan19890108 7月26日
銀髪
おい一般人きいとるか?
セフィロスは銀髪だ
東京ぐーるの奴等も銀髪だな?
ガッツも狼さんの影響で銀髪だ
おい聞いとるか?
体が何かに侵食されると銀髪で表現するものらしい
おい?聞いてるか?
準工作員から世界の準工作員へ
(そもそも一般人が見てるか知らないけど)

めい☆おう‏ @rade4053xyui
fate だと エミヤか
ヘルメス主義で、意識変容を表すメタファーとして使われた。これには次の三つの段階がある。
「ニグレド(腐敗)」(Nigredo)黒化(腐敗) : 個性化、浄化、
「アルベド」(Albedo)白化 : 精神的浄化、啓発
「ルベド」(Rubedo)赤化 : 神人合一、有限と無限の合一
















フィオーレのヨアキム - Biglobe
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/yoakim.htm
”フィオーレのヨアキムは、1135年南イタリアのカンブリアで公証人の息子として生まれた。幼い頃から、幻視の才能があったというが、これは後世の創作の可能性が強い。ヴィイルヘルム2世のもとで官僚として働いた後、エルサレムへ巡礼し、この時に神より啓示を受けたと言う。後にシトー修道会に入会(この時は既に中年に達していた)。さらに、その学識の深さなどが認められ、修道院長に選ばれる。
 しかし、1180年から体験した一連の幻視から独自の歴史神学を構築するようになり、シトー会を脱会。生まれ故郷のカラブリアの人里離れたフィオーレの山中に、彼自身の厳しい修道会を設立した。
 そこで約20年間ほどの年月をかけ、著述活動を行った。
 主な著書は「旧約と新約の調和の書」、「十弦の琴」、「ヨハネ黙示録注釈」などである。
 1202年に没。「有徳の誉れ」を受けながら没したものの、著作の一部は異端として断罪された。

 さて、ヨアキムの思想とは、どのようなものだったのだろうか?
 まず重要なのは、聖書の「黙示録」に代表される象徴や寓意を、過去から現在にいたる具体的な出来事と結びつける傾向が非常に強かったことだ。
 もう一つは、これがさらに重要なのだが、後続の「千年王国思想」に大きな影響を与えたということである。
 ヨアキムは、「楽園」が、この地上に到来すると考えた、天国ではなく。それに加えて、この「楽園」が地上に出現した時、既成の権力構造、教会組織は消滅すると考えた。
 そう、これは一種の「革命思想」の根幹
を造ったのである。

 ヨアキムは、人類の歴史を、「三位一体」にあてはめ、以下の3つの「段階」に分けた。

・第一段階
 三位一体の「父」の時代であり、旧約聖書の時代である。 これは「正義」の治世と呼ばれる。戒律の強調、それに立法者として、および人間への絶対的権威としての神の役割が強調される時代である。同時に、血なまぐさい旧約聖書の記述が語る通りの恐怖と隷属の時代でもある。文字通りの「神の下僕」の時代である。

・第二段階
 「子」の時代である。新約聖書の時代であり、キリストから、ヨアキムら自分達が生きている時代が、ここに相当すると考えた。これは、「法」の治世と呼ばれ、神の恩恵の時代であり、福音によって指針がもたらされ、信仰と教養の時代である。神との仲介者として、教会が重要な役割を果たす時代である。

・第三段階
 「聖霊」の時代である。来るべき未来の世界だ。「自由」の治世である。全ての人間に、神より直接、霊知がもたらされ、全人類の全てが修道士のような生活を送る。既成の権力、教会といった体制が消滅し、愛と歓喜と自由の世界になるだろう。

 ヨアキムは、このれらの「段階」を、さらに7つの「時代」に分けている。第一段階は、ユダヤ人7つの迫害によって、分けている。
 一方、第二段階は、キリスト教の7つの迫害によって分割する。この7つの迫害は、7人のアンチ・キリストによって、行われた。ヨアキムは、これらの7人を「黙示録」に出てくる獣の7つの頭に当たると解釈している。それは、すなわち、ヘロデ、ネロ、コンスタンティウス、マホメッド、ハインリヒ4世、サラディンであり、第二段階の終わりに「最大のアンチ・キリスト」が出現するという。

 ヨアキムは、この第二段階が、1200年をちょっと過ぎた辺りで終わると考えた(第一段階がアブラハムからキリストまで42世代続いたわけであるから、第二段階も同じく42世代続くと考えた)。
 この時代に「最大のアンチ・キリスト」が出現する。それは、教会の高位聖職者の中から現れ、ローマ教皇となるかもしれない(!)。そして、この最大のアンチ・キリストが打倒された後、第三段階の地上の楽園の時代が始まるのである。
 しかし、「最大のアンチ・キリスト」は、「最後の」アンチ・キリストではない。最後のアンチ・キリストは、いわゆる黙示録に出てくるマゴクの大君ゴグであり、獣の尾にあたる。
 これが、大破壊でもって悪魔の最後の抵抗を試みた後、滅ぼされる。

 このヨアキムの思想は、考え方によっては、教会にとっては大変な危険思想である。
 理想の国である「楽園」は、地上に出現する。そして、その時、教会を始めとした既成の体制は、ことごとく消滅する。さらに打倒されるべき人類の敵アンチ・キリストは、教会の中から現れる!!
 文字通りの「革命」思想である。
 事実、これは「千年王国」運動の理論的根拠に盛んに利用されることになる。
 「千年王国」運動には、様々な種類があるが、どれも「既存の教会は堕落しており、真のメシア(救世主)を迎えて、これを改革、あるいは打倒しなければならない」という点で、ほぼ一致している。
 ゆえに、このヨアキムの思想が、盛んに「千年王国」思想を唱える者達に、影響を与え、引用されたのも当然の結果ともいえる。これは、フランシスコ会の「小さき兄弟」派や、ペキン修道運動、自由心霊派などにも、つながってゆくのである。

 しかし、ここで強調しなければならないのは、ヨアキムは断じて、反教会の思想は持っていなかったことである。
 反教会を掲げる運動家達は、あきらかにヨアキムの思想を歪めていた。

 そもそも、ヨアキムは1200年の第二段階の終わりに、破壊的な大変動は起こらないと主張した。「最大のアンチ・キリスト」は、静かに現れ、虚偽と欺瞞を通して秘密裏に活動し、先に述べた尾に該当する「最後のアンチ・キリスト」の襲撃を通して、やっと公然と技を行う、という。
 さらに、ヨアキムは、第二段階の危機的状況の打開に大きな役割を果たす「真の聖なる教皇」の存在を強調していることも忘れてはならない。彼は神の加護のもと、最終の敵に対抗するための重要な説教を行うという。

 ヨアキムは、こうした「黙示録」の解釈を通じて、象徴、すなわちシンボリズムの解釈においても、大きな影響を残している。彼は、こうした象徴の解釈のため、広い視野でもって研究を実施した。「シビュラの予言書」をはじめ、占星術的な知識にまで及んだ。これらの成果をまとめた著書として「図像の書」などが、有名である。
 彼のこうした仕事は、天使の階級論や「聖四文字の名」にまで及んでいる。

 ともあれ、後世の彼の評価は、複雑だ。あの聖フランチェスコも、ヨアキムからは少なからぬ影響を受け、ロジャー・ベーコンを含めた、いわゆるフランチェスコ会学派の神学者達もヨアキムを盛んに引用する。だいぶ時代が下がったダンテの「神曲」でも、ヨアキムは天国の住人として描かれている。
 同時に教会にとって、やっかい者とされることの多かった「千年王国」運動の理論武装にも盛んに使われたわけで、教会にとっては、ある意味難しい存在でもあった。


「フィオーレのヨアキム」 バーナード・マッキン 平凡社”

ヨアキム主義
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%A0%E4%B8%BB%E7%BE%A9
”ヨアキム主義(ヨアキムしゅぎ)は、12世紀のカトリック教会に興った予言的・終末論的な歴史思想である。フィオーレのヨアキム(ジョアキーノとも)が唱えた。

概要

ヨアキムは三位一体的構造を世界史に当てはめ、全歴史は三つの時代からなるとした。第一の時代は「父の時代」で、地上においては祭司と預言者の時代であり、旧約の時代にあたる。第二の時代は「子の時代」であり、教会の時代で、キリスト以後現在まで続いているとした。これは過渡的な時代であって、第三の時代である「聖霊の時代」によってやがて克服される。第三の時代において、世界は完成し、地上においては修道士の時代が出来する。ヨアキムの考えでは、第三の時代において現在ある教会秩序や国家などの支配関係に基づく地上的秩序は廃され、兄弟的連帯において修道士が支配する時代が来るとされる。

ヨアキムの思想は問題視され、ローマ教皇国からたびたび警告されたが、ヨアキムは撤回せず、ついに異端と宣言されるに至った。ヨアキム主義は13世紀の西方異端思想に大きく影響を与えた。

ミルチア・エリアーデは『世界宗教史』において、レッシングの『啓蒙の世紀』やシェリング、ヘーゲルなどの絶対者の三段階からなる展開などの近世ドイツ思想における精神史観にヨアキム主義の影響を指摘している。”

千坂恭二‏ @Chisaka_Kyoji 6月5日

B・マッギン『フィオーレのヨアキム。西欧思想と黙示録的終末論』(平凡社)を久しぶりに少し再読。ヨアキムは神と子に続く聖霊の第三の時代を告知した人物で、メレジコフスキーやカンディンスキー、シュタイナーからメラー・ファン・デン・ブルック、A・ローゼンベルクにまで影響を及ぼしている。




街 〜運命の交差点〜

Unknown‏ @japan_revival86 7月28日
チュンソフトの「街」も未だに上位ランクを占めてる名作ゲームだ。俺は高峰隆士のシナリオと七曜会の話が好きだったなあ。
無名時代の有名人とか出ていたな、窪塚とか


U‏ @wayofthewind 7月28日
返信先: @Nirvanawaveさん

チュンソフトの「街」というゲームを思い出しました(笑)

さまざまな人々が、ひとつの世界で、それぞれのタイムラインを生きている。

人の数だけ真実があり、それが世界を多角的に浮かび上がらせている。

どんなエンディングを選ぶかは自分次第なのかなと。

『街 〜運命の交差点〜』

セガサターン・Playstation・PSPで発売されたチュンソフトのサウンドノベルゲーム。

・篠田正志(しのだ まさし)シナリオ:「七曜会」

ヨツビシ
=世界有数の家電メーカーだが、
 裏で武器を開発したんまり儲けている。

ヨツビシ=三菱(重工)は悪という糾弾。

しかもこれを教えられた篠田は父親のコネでヨツビシに内定が決まっているが、
左翼活動ネタでゆすられている最中(笑)
死の商人企業に就職しようとする元左翼だという皮肉。


【街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10588950
コメントで
”三菱なんかもろ自民党とズブズブの関係だもんな。
経団連が政府に武器販売促進させろと圧力かけてますし
三菱の軍事産業は国内トップでしょ
大きな声でいってないだけで財閥系の今も自衛隊関連の部品とか作ってるところある
東海村は住友金属だった なるほど三菱とかけたかw うまいな
三菱は原子力や戦闘機も作ってるから、でもそれだけ幅広いってだけだけどw”

しかも天皇家ともつながっている。

それ以上に驚いたのがティップスで

1997年3月11日に茨城県那珂郡の東海村にて原子力開発史上最大(当時)の事故
とある。。
これ話の本筋に関係ない上に、冒頭で登場(つまり読まれる可能性が高い)。
やっぱり3月11日は日付選んでいるね。




どうみても意図的じゃん。

これ読んだ後に、あの高峰が来てヨツビシは悪だと言っている。
原発って兵器を作るのに都合がいいよね! 武器商人と原発!


( myline1919_bot‏ @myline1919_bot 7月14日
1997年(平成9年)3月11日:動燃事業団東海事業所の再処理工場で爆発火災事故。3月12日:高レベル廃棄物搬入阻止連絡会が、県庁前で抗議の座り込みを開始。3月14日:動燃再処理工場爆発事故の被ばく者の中に、原燃の研究生3人がいることが判明。






秘密結社七曜会に金曜日として入会した正志。
七曜会のシンボルが、
緑色の△一つ目+左向きの鳥
って完全にメーソン。
儀式もメイソンを意識してるっぽい。
チンチコーレ!ってどう見ても下ネタ。
通過儀礼の一つが脅迫。
ゆすりはネタが真実である必要はない、は慧眼。

893に暴力食らったあと、公園に泥酔して寝ているとに偽装されてた放り出された。
服に酒つけて、周りに酒瓶。
フランス外国人部隊の人は見破った。

脅迫のネタ集めは身内から。
そして、別人にそのネタを使わせる。
交換恐喝。
七曜会の原理はネタの取り換えっこ。
親がネタを得、子が脅す。

脅迫ネタのセリ市があるらしい。
ネタを全部言ってしまうと、参加者全員が知ることになって意味がないため、
脅迫される人の社会的地位を目安に値段がつけられるシステム。
ただ、社会的地位が高いと値が高いとは限らない。
それだけ脅迫が難しくなるからだ。
難易度ランクも同時にそえられ、
それと一緒に判断する。

日曜日は何十億の人間を手に入れたい。
要は世界征服。
モデルがメイソンだもんね。

人を支配するには七つの柱がいる。
初歩的な三本柱、金、情報、組織。
中級の二本柱、規律と妄想。
上級の三本柱、暴力と宗教。
支配に必要な方向性は恐怖だけ。
ヤクザの親分を脅迫して仲間に入れた理由。
キャベツ教を組織し広めている理由。

キャベツ教の戦略はこうだ。
ダイエット効果をエサに若い女性を勧誘。
次に「多夫多妻は愛の究極の形」と洗脳し、貞操観念をマヒさせる。
若い男に近づき、色仕掛けで入信させる。
若い男には賃金なしで労働させる。
その中には盗聴行為も含まれ、脅迫のネタを探して七曜会に伝える。
渋谷で布教しているのは、渋谷が若者の流行拠点であり、そこで流行ると日本中に広がるから。

宗教軍団、現代の十字軍を作りたいらしい。
崇徳院を使って世を動かす。
白峰組の白峰と結びつけて布教に利用するのだろう。

真の権力とはオートメーションシステム。
完全ロボット制。ロボットがロボットを自動生産する。

人間は宇宙ってインド。


(現実のカルトがモデル。

脅迫ネタセリは実際にあるだろうね。
カルトの間で出回っていると「噂」の不幸なリストとかと同類。


(街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part142
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12485902

【街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part144
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12532382)

(【街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part28-雨
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10891642

七曜会
http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%83%E6%9B%9C%E4%BC%9A

「街 運命の交差点」七曜会の設定の元ネタ小説「木曜日だった男」
http://game-scope-size.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-18f8.html


”街 運命の交差点” 全シナリオ見直しての感想① 【ネタバレ有】
http://0707tiraura.blog.fc2.com/blog-entry-690.html


”街 運命の交差点” 全シナリオ見直しての感想② 【ネタバレ有】
http://0707tiraura.blog.fc2.com/blog-entry-692.html)

雨宮桂馬(あめみや けいま)[キャスト:あらい正和]

シナリオ:「オタク刑事走る!」

キングポセイドンというゲームをプレイするのだが、
画面に丸に十字。

(【街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part73
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11494517)

市川文靖(いちかわ ふみやす)[キャスト:ダンカン]

シナリオ:「シュレディンガーの手」

売れっ子プロットライター(テレビドラマの脚本のプロットを作る作家)。
( 優れた考察
【名作ゲーム解説】街~運命の交差点-ゲーム夜話【第11回-後編】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31524036

P・グラレム‏ @pinkglalem 2015年9月14日
バター犬太郎さんが自殺か?どーか?は、疑問が残るョね。無茶なプレイ中の事故という可能性もある。
だって、たけし軍団って、ホモ集団なんでしょう...?


ダンカンがアパートに放火したと言うのは、コレを隠蔽する為のデマ情報でしょう?
だって、放火なら刑事事件じゃん。

ダンカンじゃぁないンじゃぁないの?
ビートたけしを庇う為のデマでしょう?
たけしの人脈はホモと創価。松下幸之助は池田大作とおホモダチで、
若い御小姓と楽しむために松下政経塾をつくった。
ソレを真似てつくられたのがたけし軍団。)


高峰隆士(たかみね りゅうじ)[キャスト:増田雄一]

シナリオ:「迷える外人部隊」

フランス外人部隊「レジョン」所属の傭兵。休暇を利用して帰国、渋谷にやってきた。
しかし、何故渋谷にやってきたかは本人でも説明できないまま、ひとり街を彷徨う中で様々な人と出会っていく。

吸っているタバコの銘柄はフランスの「ジタン・ブロンド」。
親の高峰厚士 がヨツビシの重役。
ヨツビシの父に反抗する隆士がフランス系。
そのフランス系が最後に撃たれているけどね。
あれだと生きている可能性はあるね。
一応、殺人したことあるから青虫に撃たれる結末にしたのだろう。


青虫篇。

青虫は右目隠し左目出し。
ぐるぐる眼鏡っていつからだろうね。
眼鏡とったら 33 もいつからだろうね。
33って意図的だろ。
青虫の話がマンガ・アニメ絵なのは実写でパンツ写すとまずいからだろうね。

青虫はたまに左目隠し右目出しになることもあるけど、
ほとんどが左目出し。
青虫とナチス系軍服野郎(こいつは右目出し、左目眼帯だけど)をフランス外人部隊の高峰がぼこぼこにするので、
要は、左目をフランス(右目)が倒すってこと。
ナチス(思想含む)は最初は右目(寄り)、用済みになり処分されると左目(英米)が吸収。
高峰はかっこいいからね。
しかし高峰は青虫に銃撃される。
(モデルガンだから死なないし、重症も負わないと偽って、
本物の銃を撃たせる手口を思い出した)


花火篇。


10月15日、午後8時に生まれた隆士。
そして数が出ると足してしまう私。
33じゃねーか!
(この数字遊びだけで断定は絶対にしてはいけない。
もっと重要度が高い情報があって、
そのうえで応援として数字を使うならok)

生年月日と時間に合わせて花火を上げさせた父。
その時に息子が撃たれたぞ、お父さん。
生贄かな?
死んでるか不明だけど。
全国で花火が上がっている場面で、
広島の原爆ドームと、
長崎の平和祈念像を映しているのが重要。
やっぱり反米だわ。
花火を上げたのがヨツビシの重役だし、原爆意識もあるんだろう。
高峰隆士はフランス外人部隊所属だし、戦争がテーマでもあるし、
そりゃ原爆のシンボルは描写してもおかしくない。

8月6日が主の変容の祝日で、
8月15日は聖母マリアの被昇天の祝日。
あれれ、33って意図的の可能性が上がったぞ。
原爆投下の日がなぜその日なのかっていうと、
宗教的理由が大きいだろう。
宗教ほど数字と日付にこだわるものはないから。


AKIRA 2024‏ @akira_pt4ever 7月27日
”↓ザビエルは1549年8月15日(カトリックの聖母被昇天の祝日)に、現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。

日本を訪問したザビエルは、
「日本人は危険な存在である、最後の一人まで抹殺しなければならない」とイエズス会の本部に報告した。”


原作・監修は長坂秀佳。
経歴はこれでも見ておくれ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%9D%82%E7%A7%80%E4%BD%B3
『帰ってきたウルトラマン』、『弟切草』、『仮面ライダーX』、
『ウルトラマンA』(キリスト教色が特に強い)など。
ウルトラマン系はヤソ異端。
仮面ライダーもおそらくヤソ異端。


この花火の話についてはどうしてもいいたことがある。
言葉で伝えるほうが伝わるぞ!
言わなかった苦しみ、言えなかった苦しみは、言うよりもつらく傷を広げる。
言葉以外の伝え方「も」すること!



(【街】憧れのサウンドノベルを今やる【実況】part167
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13108714
コメント
”制作「高峰の生死は不明」だから分からない。”)


終わりに。
描かれなかった主人公が何人か登場する。
脇役だと思って生きている人はいない。
自分の人生の主役は自分だから。


ダンガンロンパ

『街 〜運命の交差点〜』はチュンソフト。
ヨツビシ=三菱(重工)を叩き、
1997年3月11日に茨城県那珂郡の東海村にて原子力開発史上最大(当時)の事故のことも書いているから、
このときは右目(反英米=欧州側)っぽい。

株式会社チュンソフト(CHUNSOFT Co., Ltd.)は今は存在しない。
現在はスパイク・チュンソフト。
2005年よりドワンゴ傘下(直接の親会社は中間持株会社のゲームズアリーナ)に在ったチュンソフト(1984年創業)とスパイクがチュンソフトを存続会社としてスパイクを吸収合併してできた。

ドワンゴ、ニコ動、生長、統一、左目、麻生、天皇教。
これがスパイク・チュンソフトのダンガンロンパシリーズの話にからんでいるのは間違いない。
右目ごり押しでは作れないってこと。

進撃の巨人とワンピースも出しているから、
右目に配慮した左目かな。

(中村光一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%85%89%E4%B8%80

ドワンゴ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B4


スパイク (ゲーム会社)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AF_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E4%BC%9A%E7%A4%BE)

キャラ属性で誰が生き残るか予想がつく。

ダンガンロンパ出してるところのシンボルが右向き髑髏。
右向き=右目見せるから右目側。論破論理だから。探偵ものは論理重視傾向。
でも、ドクロは左目(スカルアンドボーンズ)への配慮もありそう。
ドクロ本尊の南朝正統宗教の真言立川流かもしれないし、
ナチスのドクロかもしれない。

モノクロ熊はは左目が凶悪で黒色。右目は穏やかな目で白。腹は白。
要は右目優遇。

クマが子供ぶっ殺すから旧約で子供を熊でぶっ殺したエリシャだろ。
クマの正体が絶望の女だからアルテミスかもねえ。



5~10歳までの初潮前の女子が「熊」と呼ばれる巫女としてアルテミスに仕える。黄金の衣を着て踊り、競技をしたり供物を作る。 ・古い時代にはアルテミスに対する人身御供があったが…名残として残った。たとえば男性の喉に剣を突き付けて死なない程度に血を出す儀式…”
くまもんの元ネタ疑惑



子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年11月25日
もぐらさんによるとイルミナティ=科学重視メーソンで
スコットランド・フランス系(百科全書系)
スウェーデン系(スウェーデンボルグ、ノーベル賞)
ニューエイジ
バチカンのエキュメニカル運動(宗教統一)

ダンガンロンパ2ではメーソンに興味津津で殺人鬼マニアの欧州の王女が生き残り組。
(欧州系=右目優遇)

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年11月4日
市松模様が大量のダンガンロンパは大東社側。
野球の天才で山羊ヒゲのレオンは、アイドルを殺した犯人だと論理的に断定され処刑される。
レオン=ライオン=英国。山羊=悪魔。聖書は非論理。野球は読売CIA正力。英米系WASP側に嫌がらせ。
アニメ九話で裁判所の内装がエジプト風+メノラー。

ーー

アニメで農家アフロ黒人がいきなり死んだって露骨だな。
左目陣営に変わったあるいは寄ったっぽいな。
声が女性だから同性愛者ってか?
左目から流血だったはず。
TPPで農業死ぬてか。
311でだいぶ死んだけど。
次に死んだのが牛頭さん。
牛頭はバアルだろ。



最新作。
魔法使いがやっぱり生き残ってた。
ナチスっぽい格好の民俗学者が死ぬ。腕にマル十字っぽいの付けてた。
悪の秘密結社のボス(自称)君はもろにメーソン柄の服。



参考資料



錬金術によると黄金=太陽なのね。月は銀。

福音書ではイエスが釘づけにされたという個所はないのだ。にもかかわらず、彼らはあくまでも釘を打たれたことに固執している。
↓剣のザインは7。釘のヴァヴが6。
キリストの受難を象徴する3本の釘は数秘術だと666なのはあっている。



ヘブライ語/ヘブライ文字 [ 魔術入門 ]
http://magic.dancing-doll.com/magic/hebrew-alphabet.html
をどうぞ。



読感謝!

【311予告?】『HUNTER×HUNTER』ハンターハンター分析。英米系海賊WASPがエジプト風フランス+中国+北朝鮮系を害虫と呼び、311前にバラ原爆の放射性物質でぶっ殺す悪趣味な話! 

作中最強兵器=原爆+薔薇十字





















Mはユダヤ・カバラで王、水、母。
薔薇十字団の『Mの書』も含まれているかも。
額にMがあるのは、
ドラゴンボールのベジータ(一時的)とダーブラ(暗黒魔界の王)、
けものフレンズではサーバルキャットちゃん、
耶蘇臭いアンパンマンのメロンパンナ、
マリオ。
『HUNTER×HUNTER』ハンターハンターのアリの王メルエムは額にMはないが名前に含まれている。
Mで有名なファーストゴミフードってまさか!

ぐだトマト‏ @pteras14 3月6日
確かにオリジナルのサーバルキャット
の額に必ずしもM模様があるわけでは
ないね。

取り敢えずMはフェニキア文字の
メムから来てて、元はエジプトの
ヒエログリフの「水」の意味らしい。

これは生命と死の両方も表してて、
「地下=冥界」
もだとか。

#けものフレンズ考察班

一応ヘブライ語にもメムあるから ヒマな時、ゾハールで調べてみるよ。

ゾハールでメム(ヘブライ語版Mの字)
調べてみたけど、特に対して重要な
意味ではなさそう。

ただメムは「王」を示すから、
ヤハウェ君に「王である私から世界を
造れ」と提言して見事に却下を喰らった
エピソードがある。

#けものフレンズ考察班

何でゾハールに文字の解説があるかと
言うと旧約聖書の創世記が
「ベレシット」という単語から始まる
から。「ベレシット」は当然ヘブライ
文字で綴るのだけど限られた文字で
構成されてるわけ。では何故他の
文字は採用されなかったかをゾハール
は説明している。

#けものフレンズ考察班

ぐだトマト‏ @pteras14 3月6日
セフェル・イェツィラーの解釈の方が
面白い。メムはまぁ、「水」を表す
んだけど、「母」も表す。
で、
ヘブライ文字には三つの「母」が
あって「火」、「水」、「風」の
三元元素ね。その内の「水」がメム。

#けものフレンズ考察班




ぐだトマト‏ @pteras14 3月7日
メムの前の二文字を繋げて読むと
メレク(王)になるとゾハールに
書いてあったよ。


ヤハウェ君がメムを却下した理由も
「お前より二人先輩いるだろッ!💢」
とかいう意味不明の理由w






ねこた‏ @lakudagoya 3月6日
とまーてさん、メムって「メレク(王)」でないの?

これ耶蘇教と関係あるわけないよね?
カバンちゃんが豊穣の女神さま的なポジションならば、メムなどから考えると、ヤズィーディーのマラク・ターウースの孔雀さんと関係ないかな?

で、孔雀さんの羽を纏った「化学の結婚」に出てくる主人公を引き上げたお姉様を連想したのは、流石に妄想し過ぎか?
 
考察にもなってなくてすまん!

ねこた‏ @lakudagoya 3月7日
とまーてさんありがとう!

やはりメムはメレクなんだね。

遊戯王のマリク・イシュタールもマリク(メレク)だし。

ヤズィーディーのマラク・ターウースのマラクもアラビア語での言い方ですよね。

やはりセム語の要素は隠されてるなぁ。




ねこた‏ @lakudagoya 4月29日
けものフレンズのMはマーかな?
マントラっぽい。

あれ統一教会かな?ヤソヤクザ

で、根源にはユダヤカバラ入ってるのかな?

メレク(王)マイム(水)なわけで。

ねこた‏ @lakudagoya 4月30日
けものフレンズのプロデューサーっていつユダヤカバラを勉強したの?

あと日本ではハンコックの本の引用でしか載ってないゾロアスター教の神話の元ネタとかよくわかったね。

おいらもここまでたどり着くの大変だったけど、結社員ってバカでもこんなことがわかるんだね。

メム(水、40・末尾形は600)は三母字(ヘブライ文字の階級。上から三母字。七複字。十二単字
)の一つ。
“In gematria, Mem represents the number 40 in both the Standard and Mispar Gadol Methods of Gematria; However, (mem sofit) final mem's value is 40 in the Standard Method and 600 in the Mispar Gadol method. The Standard Method adds the values of Tav and Resh (400+200) to denote the value of mem sofit.
In the Sefer Yetzirah, the letter Mem is King over Water,
Formed Earth in the Universe,
Cold in the Year,
and the Belly in the Soul.
“https://en.wikipedia.org/wiki/Mem

ヘブライ文字について1
http://anima-mystica.jpn.org/imn/knowledge/knowle003.html

ヘブライ文字について3
(三母字。七複字。十二単字)
http://anima-mystica.jpn.org/imn/knowledge/knowle017.html

ヘブライ語/ヘブライ文字 [ 魔術入門 ]
http://magic.dancing-doll.com/magic/hebrew-alphabet.html

読者寄せ終了、分析開始

ぐだトマト‏ @pteras14 3月7日
リギョール神父は子供じゃないと
洗脳が効きにくいから児童に関する
ギョーカイを真っ先に押さえるのは
鉄板
だって言ってたよ!

子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2014年8月3日
@lanekota @wayofthewind ジャンプ三原則が①親のコネ②血統③勝利
を隠す洗脳だと気付き、操り手と勝利の関係を真剣に考える者は勇者ではなく魔法使い。
派遣切りに遭わぬよう姫と子作りして生き残る、智慧ある勇者が必要。
悪の魔法使い「若いって(騙し易くて)良いのう」

『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』どれも面白い。
冨樫義博の妻が『美少女戦士セーラームーン』シリーズで知られる武内直子。
結社員夫婦かな。
原爆と放射性物質で次々に敵が死んでいく。
311より前の話。
冨樫はあそこまで詳しい古代エジプト神話とフランス系結社と中国の関係の知識をどうやって知ったのかな?
少年ジャンプのスポンサー(英米系海賊WASP)と敵対する、
エジプト風フランス系+中国+北朝鮮勢力を敵=アリンコと呼んで、
放射性物質でぶっ殺す悪趣味な話を偶然書けるわけねーだろ!
「キメラアントの王国=古代エジプト+フランス+北朝鮮」が敵で、
英国”薔薇”十字原爆の放射性物質で滅亡!
原子力利権側のフランス系を、石油利権側のアメリカ系原爆の放射性物質で殺す嫌がらせ。
いくらなんでも詳しすぎるな作者。

暗黒大陸編 随時追加

十字架が五つはある。×も二つはある。
ヒソカと戦うクロロ・ルシファーの服が丸に十字だらけ。本人の額にも十字。
新能力のポケモンサンアンドムーンが、
左手に太陽(の中にプラスだけど丸に十字)で、
右手に月。
左右逆じゃないの? 
結社的に。 
でも目じゃないから別にどっちでもよくね?
もしかして他人の能力だったから逆?
自分視点か他人視点かで左右って入れ替わるじゃん?




一方、
マツシタ・チクロ‏ @otahukucyan 2016年1月5日
フォロワーさんで日光月光菩薩を描いてた方がいて、
そういえば、
薬師三尊の日月の位置は中尊からみて左が日、右が月。
庚申塔も青面金剛からみて左が日、右が月、イザナギノミコトも左目から太陽、中国の盤古も左目から太陽。

右脇侍の月光菩薩   左脇侍(向かって右)の日光菩薩


薬師如来
=薬師瑠璃光如来。
光をもたらす存在。
東洋系は読者視点で左(キャラの右手)が月、
右(キャラの左手)が太陽っぽい。

クロロはルシファーだから光をもたらす存在繋がり。
ボスが光である幻影旅団の名前のモデルはパヴァリア幻想教団(イルミナティ)だろうね。
頭が死んでも組織は残る。
頭よりも手足のほうが大事な場合もある。
実は、薬師如来の概要見てびっくりした。
後述するけどネテロ(腹に薔薇)が薬師如来にして千手観音だから。
あー意図的ぽい。
日光・月光菩薩が薬師如来以外の像の脇侍になっていることもあって、
千手観音像の脇侍が日光・月光菩薩と呼ばれたりする。

子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2014年11月1日
一つ目がウォッチ!
ハンターハンター:幻影旅団=幻想教団(イルミの和訳)。

ファラオ=メルエム
=全てを照らす光は薔薇(結社の象徴)の毒で死ぬ。

イルミ(変身する殺し屋)は針で人を操る操作系能力。




こいつも円に内接する正三角形か。

あと丸に十字と言えば、ゾディアックのマーク。
ゾルディック家の元ネタの事件のシンボルが完全に丸に十字。






もともとは白ひげマークは卍だった。

Zodiac =黄道十二宮。
ゾディアック事件(英: Zodiac Killer)
ゾディアック・キラー
キラー・ゾルディックがキルア・ゾルディック。
キルアの暗殺術「蛇活(だかつ)」や、
カルトの念能力「蛇咬の舞(だこうのまい)」など、ゾルディック家と蛇の関係が興味深い。
グノーシスでは蛇なるルシファー・サタンは智慧を与える善なる存在だから。
キルアの母が単眼スコープなのもわざとだね。
キルアは右目側。知性派だし、左目を別空間にシュートに一時的に飛ばされた。
なお能力は電気だから雷神系、ゼウス、トール、ヤハウェ。

暗黒大陸編に戻そう。
旅団メンバーを全員を殺すと言ったヒソカ。
エジプト風のフィンクスと、
右目=太陽に灼かれて(ライジングサン)な中国人っぽいフェイタンは死にそう。
キメラ・アントの分析を後述するから読むと理由がわかる。

BW号出航セレモニーの司会が左目隠し右目出しなのはなぜ?

暗黒大陸編の主人公は


ではなくクラピカ。






右目側金髪の山の少数民族の唯一の生き残り。両目が赤くなると超強くなる。サンカ優遇。

” クラピカのモデルは”風の谷のナウシカ”の王蟲(オーム)
出典公式ファンブック

確かに目が赤くなるところは似ていますね。”
https://matome.naver.jp/odai/2133381410330719301

金髪でインド要素ってアーリア(笑)だ。
オウムの血の色は青=ブルーブラッド。

クラピカは十二支ん=十二神将の子としてパリストンが抜けた分を埋める形で加入。
レオリオも亥だったジンの抜けた分を埋める形で加入。
パリストンとジンは例外、特別。
十二支には対応する十二神将がある。
子と亥はどの神にあたるのか。
対応が複数の説があるらしい。

新薬師寺 公式ホームページ 十二神将
http://www.shinyakushiji.or.jp/junisinsho/

十二神将
http://dic.pixiv.net/a/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E7%A5%9E%E5%B0%86

十二神将 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E7%A5%9E%E5%B0%86

本地仏で考えるなら、
弥勒菩薩が亥
釈迦如来が子。
ミトラと釈迦は別格。

十二神将は仏教において薬師如来を守護するからネテロは薬師如来? 
観音じゃないの?
クロロが会長になったら笑う。

丸に十字














ネタバレ注意【HUNTER×HUNTER】王位継承戦!カキン王国 王子・念獣一覧(ハンターハンター)
https://matome.naver.jp/odai/2146678363788181001?&page=1

第三王子チョウライが黒人。
念獣も太陽十字だし右目側。
あ、これ死ぬわ。
そもそもカキンはモデルが中国王朝。
ホイコーロだし。


お茶飲んだ翌日、朝五時にすっきりと目覚めて普段行かないコンビニに行くと、普段読まないジャンプが山と置いてあり、ふと手に取って眺めてたらハンターハンターが連載してて、おっと思って読むとメッセージが練りこまれてた。 偶然なんだろうけれども導かれた感を覚えた。今しみじみと感動してる。
冨樫さんからのメッセージは、「ハゲタカ対策に特許をとれ」「麻薬中毒者の更生に使え」「健康調査の臨床試験を公に晒せ」「王になれ」か。 把握です。最後は冗談としてもw



✝キメラ=アント編✝

作者は311を知っていた?

くらげ(暗黒面)‏ @kurage313 2011年8月8日
そうなんだーw RT @norikainigata: 薔薇爆弾という核兵器クリソツな兵器ですお RT @kurage313: 核爆発したんでしたっけ? RT @TanTanKyuKyu: ハンターハンター読んできた。311前にどこまで考えてあったんだろうあれ

Nao‏ @bigapple_ 2011年8月8日
返信先: @huyu_nさん

@huyu_n 薔薇の毒ってかなり放射線を意識した内容になっている気がしたので大丈夫なのかなと。
ワンピースのグラグラの実が不謹慎だと批判された時もありましたが、311前に設定した能力だったのである種不可抗力でした。
でも今回のハンターハンターは確信犯ですからね。。


Blackeyesbeautiee
🌸‏ @Blackeyesbeaut 2014年1月12日
コッペリオンも放射能汚染の東京を描いてる。@co_girl:@onodekita こんばんは。先生、ご存知かもしれませんが、ハンターハンターって漫画に、「貧者の薔薇」という核兵器みたいなのが出てくるのですが。爆発して「毒」を撒き散らして、いっぱい死にます。鼻血出したり。諸に核です

Yonda?‏ @poca_poca 2011年8月8日
冨樫センセの巻末コメント「被災地復興支援を続けるためにも出来る限り長く頑張ります」うん、長期掲載を期待したい。で、その本編は、貧者の薔薇とその毒の話。思いっ切り原爆と放射能。休載から出していたとはいえ、恐ろしすぎるよ冨樫センセ…

週刊少年ジャンプ 2010年13号(2010年3月1日発売)
http://comic-candy.com/archives/2

2010/02/26 - ハンターハンター ネタばれ感想 ~NO.298◇薔薇~ 【ジャンプ13号】.
http://anubis1232001.blog9.fc2.com/blog-entry-59.html


ファラオの聖母=女王

王直属護衛軍の3体にそれぞれ
「ネフェルピトー」
「シャウアプフ」
「モントゥトゥユピー」という、
古代エジプトの神or王族+フランスの絵本のキャラ
の名前を授けた。
胎内で物心ついた王が内側から腹を破ったせいで死亡。
子である王の名前は「メルエム」だというのが遺言。

これ処女懐胎だよね?
王はホルスだからイエスの元ネタの一つ。
でも母殺し。




☆かおりのすけ☆‏ @kaorinosuke 4時間4時間前

大好きなカロリーヌシリーズのユピーとピトーとプフの名が出てきてビックリした。。

キメラ=アントの王
メルエム
=『全てを照らす光』
=アメン・ラー・ホルアクティ(ホルス)
  +オシリス
  +メル・ウェル
=ファラオ
=メル(=ピラミッド△)
 +エム
  (ユダヤ・カバラで、
  ヘブライ文字のメム=王、水、母)


ファラオは神格化されホルス神の化身であるとされる。
太陽神ラーの息子であるとされるようにもなった。

古代エジプト語ではギザのピラミッドを、
「メル(「昇る」。ヒエログリフでは△)」と呼んだらしい。

エム=メムは数字40、末尾形は600を意味する。
メルエムの討伐時の年齢は生後40日だから40日で毒殺。
しかも、40が聖書の重要数字。
『出エジプト記』は全40章。
ノアの洪水で雨が降り続いた日数が40日間。
イスラエルの民が出エジプト後、荒野を放浪した期間が40年間。
イエスが荒野で断食した日数がやはり40日間。
神の裁きや試練を意味する出来事に共通して40という数字が用いられている。


実はエジプトって聖書と無関係らしい。

ガチKGBの黙示録3 出エジプトって何なんなん?
http://codetripleseven.blogspot.jp/2017/02/kgb3.html

ガチKGBの黙示録4 続・出エジプトって何なんなん?
http://codetripleseven.blogspot.jp/2017/02/kgb4.html

メル・ウェル Merwel
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/melwel.htm
” ヌビアのカラブシャ周辺で有力だった神。太陽円盤を頭に載せた若い男性もしくは鷹の姿で表現される。
元々エジプト神話に属していなかったが、ヌビアがエジプトの支配下に入る際、エジプトの神々の仲間入りをした。
ホルス神の一形態と見なされ、オシリスとイシスの息子として表されることもある。

新王国時代、カラブシャに建てられた神殿の主神だが、この神殿はプトレマイオス時代およびローマ時代に建て直しされているため、ギリシア語名「マンドゥリス」で知られることが多い。

王が何かかぶっているデザインなのはファラオ意識。
王の目の色は紫。フェニキア?
体が緑なのはオシリス要素。


オシリス Osiris(仏語:Osiris)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/osiris.htm
“主な称号
真実<マアト>の領主、永遠の主人、永遠に美しきもの

主な信仰
死しても再生する大地のサイクルと、生命の象徴。また冥界の王。死者であるため、手足をぴったりと体につけ、白い布をまとったミイラのような姿で表される。頭に被っているのは上エジプトの王冠「白冠」である。また持ち物としてはファラオの装備品である王勺と殻さお、またはジェド柱とウアス杖などを手にしている。

もとは豊穣神だったのが、やがて冥界神としての属性も備えるようになった。冥界神=地下に住む神が、豊穣と結び付けられるのは、緑は大地の中から芽吹くからである。豊穣神であるため、体は緑色で描かれることが多い。

弟セトに殺され、体をバラバラにされて捨てられたり、そのあとミイラになって復活したりと色々ハードな神人生を送った方。エジプト史上最初のミイラともされ、
まさにエジプトを代表する神の一柱である。


●冥界の王として

「死者の書」への登場回数No.1、必ず出てくる神様。
エジプト史上、最初のミイラとされ、死者はオシリスと同化することによって第二の生を歩むことが出来るとされていた。そのため、コフィン・テキストや死者の書などでは、死者は「オシリス・○○」と呼ばれている。名前に「オシリス」をつけると戒名になる、そんな感じのシステム。。


名前もテーマ。
王は名前を持とうと思わず、配下からも「王」と呼ばれていが、コムギに名前を聞かれて、自分の名前が無いことを疑問に思う。
名前不明ってアメンの属性(ヤハウェの属性でもある)。
ネテロと戦う気がなかったが、ネテロから名前を教えることを条件に戦う。
ネテロが死ぬ前に名前を教える。
イサク・ネテロ46光が名前を教える。
名前にある光は太陽。
名無しだからアメンでもある。
ラーでもありホルスでもありファラオ。
緑の体はオシリスだし、
しましま尻尾の針って蜂モチーフかも。
王が復活後、余の名前、メルエムと呼ぶが良いという。
無償の愛を知るユピーとプフ。そして聖母っぽい絵。
ウェルフィンのコムギの一言によりコムギの記憶を取り戻す。
コムギに自分の名を呼んで貰い、コムギに看取られて死亡した。


王が統治したらハンターハンターの世界の搾取システムはかなり改善されそう。
哲人王支配っぽい。
まあ当然左目陣営の人間はアリを殺すよね。
アリ側が、無能な人間が血縁とコネだけで不相応な地位につくことを批判。
王は北朝鮮のボスがモデルの元首をゴミと言っている。
「なんという不条理 木偶の為政など百害を生むだけ。
痴愚生物の所業と言わざるを得ぬわ」と言っている。

「理解できぬな・・・人類という種のためか?
ならば余の行為はむしろ”協力”だと言っておく
例えば、お前達の社会には国境という縄張りに似た仕切りがあろう。
境の右では子供が飢えて死に、左では何もしないクズがすべてを持っている。狂気の沙汰だ。
余が壊してやる。そして与えよう。平等とはいえぬまでも理不尽な差のない世界を!
始めのうちは”力”と”恐怖”を利用する事を否定しない
だがあくまでそれは秩序維持のためと限定する
余は何のために”力”を使うかを学習した
弱く・・・しかし生かすべき者を守る為だ
敗者を虐げるためでは決してない
貴様とは戦わぬ」

「繁殖に人間を利する事は無くなった
貴様に免じ 特区を設け 人類の永住を許可しよう
食用にする人間も 選定の際に数や質を考慮する」

「人間(ヒト)は我々が更なる次元へ
昇るための贄(いけにえ)…! 最高のな。
究極進化の過渡と心得れば我等に残る
人間の『我』の残滓など瑣末な
不確定要素に過ぎぬ…!!」

爆発の前後で180度違う王の意見だが、人と蟻のあいだで揺れ動いており、どちらでも転びうるのが王。

コムギ

 “麦・・・ぶどうの次に聖書に登場が多い植物
キリストのからだの象徴のパンのもとである小麦は、ぶどうとともに「キリスト教のシンボルの植物」とも呼ばれます。

http://www.nazarene.or.jp/plants-in-bible-3.htm

” 小麦(Wheat)
小麦は、愛と仁慈(=善)を表し、精製された小麦はその真理を表す。善の中でも、より高貴な善は「小麦」や「大麦」で表され、また穀物の中で小麦は大麦よりも高級なため、小麦は天的な愛(=内的な善)を、大麦は霊的な愛(=外的な善)を表す。例:「しかし小麦とスペルト小麦は打ち倒されなかった。」(出エジプト9-32)(内的な善とその真理は破壊されなかったことを指す)
” http://www.geocities.jp/swedenborgjsa/plant.html#015
聖書のシンボル事典・植物編
※出典:The Swedenborg Concordance (Swedenborg Society)
スウェーデンボルグ神学

軍儀の天才。軍儀の元ネタはシャンチー(象棋)らしい。漢字が使われているから中国系。フランス、中国、エジプト。
小麦は目が見えない=両目が閉じている。
作中で相対的にかなりの弱者。
杖の持つところがステッキみたいに曲がっている。
彼女を導く光が王。
光を与える=啓蒙主義の比喩。個人レベルでは最強の暴力を持つ王が、最弱の彼女から啓蒙される。
戦闘能力だけがすごい力ではないと痛感。
人間のいう、弱者をいたわる心、慈愛を獲得する。

丸に十字のゾディアックのゼノ=ゾルディック(中国拳法の達人っぽい見た目)の龍星群(ドラゴンダイヴ)で瀕死になる小麦。東洋の龍でありドラゴンではないけど、キリスト教代表の無明の小麦を瀕死に追い込む。聖書では竜は悪だからね。
東洋竜に乗って表れるのがゼノとネテロなので二人は東洋系なのだろう。

三位一体! 王の側近
H×H28巻の表紙はベラスケスの聖母の戴冠。



ディエゴ・ベラスケス-聖母戴冠-(画像・壁紙)
http://www.salvastyle.com/menu_baroque/velazquez_virgen.html

冠の代わりに丸に十字。
聖霊=白ハトはなし。
ゴッドがプフってプフはベルゼブブだからバアル系。
ゴッドはバアル系だと判ってやってるな。天使はプフの一部。
イエスが魔獣系ユピー。
ピトーがマリアってネフィルティティとネフェルテムと、
バステトとイシスがモデルだと言いたいの?
霊がないから父、母、子の三位一体。グノーシス派は女性優遇。

プフ
プフの技の一つが蝿の王(ベルゼブブ)。蝶々かつハエ。

ラー=ファラオ王の眷属がバアル=プフ。

バアル Baal/Barl
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/baal.htm
エジプトにおけるバアルは、「ラーの息子」などと呼ばれ、アナトやアスタルテと同じく、太陽神ラーの眷属として受け入れられたようだ。
しかしながら、エジプトの神々と共演することは無く、セトと同一視されたにもかかわらず、オシリス神話には登場しない。

本国でのバアル信仰は次第に薄れ、ウガリットの都市文明は、エジプト王国より先に終焉を迎える。(その後、他の地域で信仰されていた可能性はあるが)
その結果、東アジアのバアルと、エジプトのバアルは、全く別の道を歩むことになる。後に悪魔ベルゼブブに進化? したりするのは本国のバアルで、エジプトのバアルは、太陽神の眷属にしてセトの裏の姿となったのである。”

ピトー
ピトーの治療能力発動の為に出す奴が十字架に羽だから天使。
ネフェルピトーが全力で闘う時に発現させる念能力が黒子舞想(テレプシコーラ)。自分を操る。
死後なお強まる念により、ゴンさんの打撃で術者が死んでも術者の死体を操り目的を達成しようとする。
漢字から国士無双。中国要素。エジプト風フランス思想と中国思想は仲良し。フランス革命に易姓革命思想が影響したらしい。

ネフェルティティはアクエンアテン(イクナートン、アメンホテプ4世)の妃で、トゥト・アンク・アメン(ツタンカーメン)の義母。
アテン一神教、アマルナ革命、アメンホテプ4世(後にアクエンアテン)。
アメン(アモン、テーベの町の守護神)を祭る神官対策らしい。
ちなみにツタンカーメンがトゥト・アンク・「アメン」 なのは、アクエンアテンの死後、即位すると伝統的な神であるアムン=ラー(アメン=ラー)の信仰を復活させたから。


バステト Bastet(仏語:Bastet)
“主な称号
ブバスティスの女主人、アトゥムの娘、ラーの瞳

古い本では、バステトはラーの娘とされることがあるが、これは後付の関係。
「ラーの瞳」という称号は、ラーが人類を滅ぼすために自らの眼をえぐって生み出した破壊女神セクメトとの同一視の結果、つけられたものになる。
つまり本来のラーの娘はセクメトであり、セクメト(雌獅子)が大人しくなったものがバステト(雌猫)という解釈が後代に付け足されることによって、バステト=ラーの眼から生まれた娘 されるようになった。

バステトの初期の姿は獰猛なネコであり、ピラミッド・テスキトでは人に危害も加える恐ろしい神として登場する。しかし、同時に「王の乳母」の称号も持っており、のちにこの母性の側面がより強く強調されるようになっていく。ローマ時代には月の女神アルテミスと同一視されるようになった。

現在よく知られているのは新王国時代以降の姿で、しばしばシストルム(がらがら)を手にする姿で表されるバステトは、音楽と享楽の女神である。また、足元に子猫たちをはべらせる姿で表されることがあり、同じく音楽の女神でもあるハトホル同様に母性も象徴した。“
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/bastet.htm

ユピー
ユピーは目玉いっぱい触手いっぱいに一時的になっていた。
プフと同じく放射性物質で死亡。


モントゥ Montu、Month、Monthu(仏語:Montou)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/moutu.htm
” この神は何よりも「戦いの守護者」であったことから、地下世界においては太陽の船を守護する役目を担った。主な持ち物は湾曲した刀。また、隼の頭部を持つがホルスなど隼の神と関係をもつことはあまりなく、アメンやラーなど太陽神たちとの関係が深かった。

右の図はテーベ神殿内、アレキサンダー大王に生命のしるし「アンク」を渡そうとしているモントゥ神。
下の図はベルトのバックルで、的を打ち倒す王の左に曲刀を手にしたモントゥがある。

モントゥの妻は、太陽神ラーの女性形である「ラタウィ」、または「チェネネト」だが、元からの家族設定ではなく後付だったようで、地域ごとに家族を形成する神が異なっている。

モントゥの祭りでは、王が宮廷にモントゥの像を招きいれ、像とともに食事をするという儀式があった。食事後、像が自分の神殿に帰っていくという…。モントゥは戦の神で、実際に自分の守護する一族をエジプトの王の座に持ち上げたわけだから、霊験あらたかな戦勝祈願の神というわけだ。”


” シャイ Shey
古代名:シャイ、シャウ/ギリシア名:-/別称・別綴り:-
性別:男性
________________________________________
――――死後の審判にて運命を告げる神

運命を意味する女神、レネネトと同じく、人の定められた宿命や寿命を象徴するが、シャイはあまり良い意味で使われなかったようだ。運命にも良きものと悪しきものがあったということだろうか。

死者の書においては蛇の姿をとってあらわれるこの神を、ギリシア人は、アガトダイモンと呼んだ。
” http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/shey.htm



” 【ネフェルピトー】(ネコ)

エジプトの王妃ネフェルティティか、
エジプト神話に出てくる太陽神ネフェルティムより。
ピトーは、カロリーヌ絵本の中の「なまけものピトー」から。


【シャウアプフ】(蝶?)

エジプト神話に出てくる運命を司る神シャウより。
プフは、カロリーヌ絵本の中の「おすましプフ」から。


【モントゥトゥユピー】(?)

エジプト神話に出てくる戦いの神モントゥーより。
ユピーは、カロリーヌ絵本の中の「よわむしユピー」から。”
http://blog.livedoor.jp/togasiyosihiro/archives/18369640.html

”今から50年以上もまえ、フランスでひとりの女の子が誕生 しました。この絵本の主人公、カロリーヌです。カロリーヌとなかまたちの楽しいお話は、たちまち子どもたちに人気となり、今もなお愛され続けているのです。

Caroline
カロリーヌ
いつも明るく元気な女の子。
みんなのお姉さん的存在。
Pouf
しろねこプフ
ちょうネクタイをしめたおしゃれさん。
「ぼくじょうへいく」の巻では、一躍
英雄に。しろねこクラブ所属。

Youpi
こげちゃのユピー
むじゃきなユピー。貝ひろいに夢中になる
あまり、海にとりのこされたこともある。

Pitou
ひょうのピトー
美しい毛皮のピトー。高いところが苦手の
ようだが、パリの空をただようという
貴重な体験をした。”
https://www.blg.co.jp/blp/blp-topcm/caro.htm

故ハンター協会会長アイザック=ネテロ








”ネテロ 46歳 冬
己の肉体と武術に限界を感じ悩みに悩み抜いた結果
彼がたどり着いた結果(さき)は
感謝であった
自分自身を育ててくれた武道への限りなく大きな恩
自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが

一日一万回 感謝の正拳突き!!

気を整え 拝み 祈り 構えて 突く
一連の動作を一回こなすのに当初は5~6秒
一万回突き終えるまでに初日は18時間以上を費やした
突き終えれば倒れる様に寝る
起きてはまた突くを繰り返す日々

2年が過ぎた頃 異変に気付く
一万回突き終えても 日が暮れていない
齢50を越えて 完全に羽化する
感謝の正拳突き 1時間を切る!!
かわりに 祈る時間が増えた


山を下りた時 ネテロの拳は
音を置き去りにした
弟子A(気の…せいだよな)
弟子B(一瞬…消えて)
弟子C(音が後から…) 「館長……?」
館長「か…観音様が………!!」
ネテロ「さて…看板かけて闘るかい?」
館長(看板は差し上げまする) 「是非私めを弟子にしていただきたい……!!」

怪物が誕生した

ネテロ「いいよ飯おごってくれたらな」

60年以上昔のことである”
http://tunatu.blog107.fc2.com/blog-entry-1407.html

46なのは意図的。
千手観音=百式観音99の掌は逆66。
けもフレのPPPは666なのと同じ。
ネテロはアイザック=イサクだし


だから、結局仏教+キリスト教。
腹に薔薇爆弾あるし、表は仏教で中身耶蘇。

” 千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)、梵: सहस्रभुजार्यावलोकितेश्वर、[sahasrabhuja ārya avalokiteśvara]、サハスラブジャ・アーリヤ・アヴァローキテーシュヴァラ)は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。
「サハスラブジャ」とは文字通り「千の手」の意味である。この名はヒンドゥー教のヴィシュヌ神やシヴァ神、女神ドゥルガーといった神々の異名でもあり、インドでヒンドゥー教の影響を受けて成立した観音菩薩の変化身(へんげしん)と考えられている。六観音の一尊でもある。
三昧耶形は開蓮華(満開のハスの花。聖観音の初割蓮華と対をなす)、蓮華上宝珠。種子(種子字)はキリーク(hriiH)。
眷属として二十八部衆を従える。

「十一面千手観音」、「千手千眼(せんげん)観音」「十一面千手千眼観音」、
「千手千臂(せんぴ)観音)」など様々な呼び方がある。「千手千眼」の名は、千本の手のそれぞれの掌に一眼をもつとされることから来ている。千本の手は、どのような衆生をも漏らさず救済しようとする、観音の慈悲と力の広大さを表している。

密教の曼荼羅では観音像は「蓮華部」に分類されている。千手観音を「蓮華王」とも称するのは観音の王であるとの意味で、蓮華王院(京都の三十三間堂の正式名称)の名はこれに由来する。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%89%8B%E8%A6%B3%E9%9F%B3

耶蘇の33はインドの33からだろうね。

アリとの戦いの結果の分析

ユピーに結局ナックルらは勝てず、ハコワレを解除。
ハコワレ=天井知らず唯だ我独り損する
は当然、釈迦が言ったとされる(捏造)セリフがモデル。
釈迦由来の能力では王陣営には勝てないってことね。
ネテロも王に勝てなかったし。道連れ自爆は勝利とは言えないでしょ、ネテロ的には。

ユピーと戦ったシュートは右目を隠す。明確な理由があったわけではないらしい。
あるでしょ作者的に。シュート的にではない。
左目側。
キルアの左目を一時的に奪ったのは理由あるねこれは。
キルアが右目なのは兄がイルミだし、爺さんが中国龍スタイルだし、よく考えるタイプだから。キルアは雷。
ゴンは生き方が左目=感情第一だし。
ちなみにユピーは一時的だったけど目玉だらけになったね。

薔薇原爆>メルエム=ファラオ>イサク・ネテロ
英米バラ✝結社>エジプト風フランス結社>ヤソ混じり仏教結社

英国薔薇十字と原爆(アメリカが落とした)で英米要素。

英国薔薇十字協会(SRIA)の、当時の儀式は極めてスコットランド式メーソン的なものだったらしい。
スコットランド系はフランス系と結びついているはずだが、
英国系がフランス系より上って言いたいことはよくわかる。
黄金の夜明け団創設メンバーに英国薔薇十字メンバーがいる。
おそらく、スコットランドからイングランド系に変わっているのでは?
右目中の右目がフランスで、右目の中の左目寄りがスコットランドっぽい。

ネテロは自身に埋めた薔薇爆弾(原爆がモデルっぽい)で自爆して王を瀕死に追い込む。
英国薔薇十字協会が仏教に入り込んでいるってこと?
そもそもアイザック=イサクが仏教技なので違和感。

王は復活するが、結局、爆弾の毒(放射性物質)で王は死亡することに対して一言。
異空間にワープ系の能力で薔薇爆弾置いて閉じ込めたら簡単に勝てるのに。
操作系で操作した凶悪犯に薔薇持たせて自分は別の場所でコーヒーブレイクしてたらいい。

アリの国=北朝鮮

菊池‏ @kikuchi_8 4月28日
金日成の母親は長老派のキリスト教徒らしい。あの時代にキリスト教徒というのは今はキリスト教徒が多い朝鮮(韓国はキリスト教徒が人口の3割)でも珍しかったのではあるまいか。しかも長老派はフリーメイソンと密接な教派である。北朝鮮にオベリスク状の塔や「ピラミッド型」ホテルがあるのも頷ける。

長老派と石屋の関係性とは。1717年に英国で成立した近代フリーメイソン(四つのロッジが合同して大ロッジが成立)の憲章を書いたのはジェームズ・アンダーソンという長老派の牧師だった。所謂「アンダーソン憲章」である。金日成は長老派に近いので北朝鮮に石屋のシンボルがあっても不思議はない。


東ゴルトー共和国 | キルアから見たHUNTER×HUNTER
http://kirua-hunterhunter.com/goruto/
“バルサ諸島の東側に位置する国。同じバルサ諸島の反対側にはNGL自治国があり、誕生したばかりのメルエムは早々に生まれ故郷であるNGLを去り東ゴルトー共和国へ赴いた。バルサ諸島にある国としては唯一ミテネ連邦に参加しておらず、政治的にはマサドルデイーゴによる独裁政治が行われている。
メルエム到来前
生活水準、外交姿勢、情報統制などどれを取っても北朝鮮にそっくりな国。ちなみに総帥であるマサドルデイーゴの名前を入れ替えてみると「ゴールドマサデイ」となり、それぞれゴールド=金、マサ=正、デイ=日となる。このことからも東ゴルトー共和国が北朝鮮をモデルにしていることは明白だと言える。“

朝鮮戦争では、北朝鮮・ソ連・中国連合軍が組織され、
ソビエト連邦は金日成に武器を援助している。
反英米。

時事

空飛ぶTガシ✕パロディマン‏ @tt_white 20時間20時間前
返信先: @kensuuさん

北の独裁国家も絡んできますね
0件の返信 26件のリツイート 22 いいね
かあこさんがリツイート
よしなか ゆうま‏ @yumadman0520 21時間21時間前
返信先: @kensuuさん

そして次は国王(天皇)の生前退位…
0件の返信 72件のリツイート 79 いいね
かあこさんがリツイート
けんすう‏認証済みアカウント @kensuu 21時間21時間前

危険なアリが上陸
半端ない棋士が登場
選挙で勝ったあとにリーダーが速攻辞任

これってもしかして、ハンターハンター新刊のPRじゃない?


ぐだトマト‏ @pteras14 24時間24時間前

オスが居るかどうかがポイントだな。
基本働きアリのメスは有精卵から
しか産まれないから。
無精卵だと必ずオスになる。
オスは働かないのでメスが産まれない
と勝手に自滅する。
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 24時間24時間前

しかも"暖かい季節"交尾をするそうだw
有翅だから空飛ぶよ。
ご丁寧に女王蟻まで届けてくれたのか。
育成キットでも輸入してたのかね?w

まぁ、社会性昆虫って基本ワーカーは
全員メスだから女王の体内から分泌
される成長抑制剤が切れると全員
女王になるんだけどね。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 24時間24時間前

神戸と聞いたらさー、
ピンッと来なきゃダメよ?
漫画描いてる人達は手塚作品繋がり
で勘付いてると思うけど。
(『アドルフに告ぐ』手塚治虫
舞台が神戸)
ぐだトマト‏ @pteras14 2017年7月4日
ヒアリ最初に出たの神戸でしょ?w
今度は大阪か。どうやらマスコミが
また新しい遊びを紹介してくれてる
様だ。



死後に力が強まる念が一番気になる。
優れた芸術家の作品には、作者が死んでも作り手の念というか魂の一部というかそういったオーラみたいなエネルギーが宿っているのは本当らしいが、これは作者の死後強まるのかな。

そういえば、念の修行で神話の活用とか信仰の力とかの話はなかったな。
理論的には魔術は無神論者も使えるからね。この神はゴッドであって神秘ではない。神秘という何かよくわからないものま存在を否定したら魔術の力は弱まりそうだ。
創造神話を信じなくても魔法は使える。黄金の夜明けとかキリスト教が基盤だけど別にキリスト教や新キリスト教信者でなくても術は使える。ある程度は精霊や天使みたいな力の存在は信じる(というより確信)必要はある。私が黄金の暁系の退去を使えるから耶蘇でなくてOK.
クラピカが鎖を具現化させるための修行法や、縛りプレイの誓いで強くなるなど、現実の魔術訓練に応用できる。

子子子子子@黒住も金光も天理も世界連邦側‏ @kitsuchitsuchi 2014年11月1日
クラピカが具現化系の念能力(魔術)の訓練で、
鎖(魔法の杖)のイメージを確立する為に、
一日中鎖を視て聴いて味わって触って嗅いで、
毎晩鎖の夢を見るようになると鎖なしで鎖の幻が見え始め、
幻覚の鎖を明確に五感で実感できるようになると具現化した鎖ができていた。

作者の修行体験が元ネタかもね。








蜘蛛が消えない理由



参考資料

”密教経典としては「薬師瑠璃光如来消災除難念誦儀軌」
「薬師七仏供養儀軌如意王経」等がある。

薬師経に説かれていることから、真言宗(東密)では顕教系の如来とされ、本来あまり重視されない。ただし、「覚禅抄(東密)」において胎蔵大日如来と同体と説かれている。雑密系の別尊曼荼羅では中尊となる事も多いが、純密の両界曼荼羅にはみられない。

一方で伝統的に皇室と結びつきが強かった天台宗(台密)では、薬師如来が東方浄瑠璃世界の教主であることから、東の国の帝たる天皇と結び付けられもした。「阿裟縛抄(台密)」で釈迦如来・大日如来と一体とされているが、顕教での妙法蓮華経に説かれる久遠実成の釈迦如来=密教の大日如来との解釈と、釈迦如来の衆生救済の姿という二つの見方による。

東方の如来という事から五智如来の阿閦如来とも同一視される。

チベット仏教(蔵密)でもよく信仰されており、しばしばチベット僧により日本でも灌頂(かんちょう)が執り行われる。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%A6%82%E6%9D%A5

” ●初期のホルス

エジプト王朝時代の黎明期には既に存在していたと考えられる神。実在の確実視されている中では最初の王「ナルメル」のパレットの裏側には、敵を打ち倒す王の傍らにそれを援護する鷹の姿が描かれているが、これがホルスの原型と考えられている。王朝初期において、王はホルスの化身とされ、ホルスは王を意味する存在だった。
ところが太陽神ラーが国家の最高神になるにつれ、ラーよりホルスがえらいのではマズいということになり、ホルスはラーの息子に一段階下げられた。このとき王の立場も、「神そのもの」から「神の息子」へと変化する。かつての現人神から、神の息子という少しへりくだった立場に下がったわけである。

その後、死せる王がオシリス神と同一視されたことにより、ホルスはオシリスの息子、生きた王の象徴ともされるようになっていった。


初期のホルスには、まだ父の復讐をする必要はない。なぜなら、ホルスの父は「太陽神ラー」で、太陽は夕方になれば死に、朝には生まれてくる、自ら生と死を循環するものだからだ。このときホルスは王の分身として、既に「王」として君臨していたことになる。叔父を倒して王位を手に入れなければならなくなるのは、死せる王としてのオシリスと、オシリス殺害の物語に「王」としてのホルスが組み入れられた後だっただろう。(ただし、異説もある。ホルスの発祥を下エジプトとして、イシス・オシリスとの親子関係は最初からあったとする考え方も出来る)


●王権の象徴としてのホルス

オシリスの息子としてオシリス殺害の神話に取り入れられたことで、叔父セトに奪われた王位を奪還するという役目を演じることになる。王はホルスの化身であることから、この神話は王位継承の儀式として取り入れられるようになった。
初期の王の名前を囲む「セレク」という枠組みの上には、ホルス神がくっついている。時代が進むとセレクはおなじみのカルトゥーシュに変化し、さらに「ラーの息子」名のほうが頻繁に使われるようになっていくが、より古いホルス名のほうも使われ続けていた。

王はホルスの化身とされたため、壁画などで王が表されるときは、オシリスを父、イシスを母としてホルスの役割を演じることが多い。また葬送に関わる儀式では、亡き先王をオシリスに喩え、父の傍らで死を悼むホルス(ファラオを表す)の姿が登場することがある。”
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/horus.htm

名無しの、最初(はじめ)に生まれし創造神アメンってヤハウェの元ネタ?
しかも三位一体で、化身が羊!

アメン Amen(仏語:Amon)
古代名:イメン/ギリシア名:-/別称・別綴り:アモン、アメン・ケムアテフ、クネプ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/amen.htm
“主な称号
隠されたもの、生命の息、祈りを聞くもの、その姿神秘なるもの

ざっくり書くとラー神の信仰中心地が古来よりの宗教都市ヘリオポリス(イウン/オン)で、アメン神の信仰中心地がテーベ。で、国の首都がラー信仰の中心だったヘリオポリス周辺から、アメン信仰の中心だったテーベへと移動したことで地位の逆転が起きたという感じ。二神を合体させた「アメン・ラー」神という名前で呼ばれることも多いが、これはアメン神がラー神の神威を乗っ取った姿でもある。

プルタルコスによると、その名は「隠されたもの」を意味するという。本当の名と姿は決して明らかにされず、本名の刻まれた本体は、冥界の奥深くに眠っているとされた。太陽神なんだから見えるんじゃぁ? と、言いたいところだが、もともと大気や雲に関係していた神とすれば、大気中に存在する「見えない神」のようなイメージがあったのではないかと思われる。

「見えない神」であるとともに多くの異名・別名を持つという中二病設定も持つ神で、アメン・ケムアテフとは「自らの時を完了したものであるアメン」、クネプとは「自らを生む永遠の神」のこと。創造神としての別名である。
他に通称として「アメン・アシャレヌウ」(多くの名を持つ者、アメン)、「形の神秘なる者」などを持つ。


●創世神としての信仰

アメン神が神々の頂点に立っていた時代には、かつてラー・アトゥムとしてラーが担っていた創世神の地位をも吸収する。創世神としてのアメンの姿は、たとえば新王国時代に編纂された「アメン・ラー賛歌」第100連では、以下のような呪文が唱えられている。

  ”原初のとき最初(はじめ)に生まれしもの、おおアメンよ。
  始めに生まれしものにして、
  その隠されたる姿、知られることなし。
  かれの前に生まれたる神はなく、
  いかなる神もかれとともになく、その姿を告げること能わず。
  その名によりて名づけられたる母はなく、
  かれを妊ませ「これこそ私だ」という父もなし。


また同じ「アメン・ラー賛歌」第300連では、アメン、ラー、プタハは三柱同一の神であるという、三位一体的な思想も語られている。


●化身のヒツジ

アメン神は、しばしばヒツジの姿でも現される。

●王の父として

王=ホルスの父は、古王国時代には太陽神ラーだったが、新王国時代にはラーの属性を吸収したアメン=ラー神となっている。特に女王を名乗ったハトシェプストなどは、自らの王位の正当性を主張するため積極的にこの「神の子」システムを利用し、アメン神を実父として繰り返し宣伝した。なお、下のカルナック神殿のレリーフでは、ハトシェプストは男性として描かれている。


【アンモナイト】

化石といったら真っ先に思い浮かべられるだろう「アンモナイト」とは、アンモン(Ammon)の石(-ites)、つまり「アメン神の石」という意味である。アメン神は羊の姿をとる神様だが、その羊の角の渦巻き具合がアンモナイトにソックリなのだ。
【アレクサンドロスとアメンの神託】

アレキサンダー大王がエジプトに来た際、シーワ・オアシスのアメン神殿を詣で、神官に「神の息子」と呼ばれた、というエピソードはあまりにも有名だ。しかし実は神官たちは「神の息子」ではなく、一般信徒に言うように「我が息子」と言ったのではないか、という説もある。「おお、我が子よ(オー、パイディオン)」というギリシャ語をエジプトの神官が「オー、パイディオス」と言い間違えたために、ギリシャ人は「おお、神の子よ(オー、パイ・ディオン)」と聞き間違えたのだ、という説だ。

これについては、エジプト人は代々の王たちを生ける神、神の子として扱っていたため、エジプト人にアレキサンダーをファラオと認めさせるためのパフォーマンスだった説も存在する。ギリシャ人は死者しか神格化せず、生きている神の子はあり得なかった、とはよく言われる話だ。実際、風刺作家ルキアノスの「死者との対話」という作品では、「神」アレクサンドロスが死後自分は神ではないと気づいたという内容が面白おかしく描かれている。”

マジカル・モットー(Magical Motto)、あるいは魔法名について
http://anima-mystica.jpn.org/imn/knowledge/knowle018.html
見えない大学とイギリスの薔薇十字団
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/alcemy/mienai.htm
”そもそもの薔薇十字運動の起源はイギリスにあったという説がある。
 当時、ドイツではプロテスタント勢力とカソリック勢力が対立していた。プロテスタント勢力としてはボヘミア国王フリードリヒ4世であり、カソリック勢力としてはハプスブルグ家の皇帝であった。両者は1620年に武力衝突し、フリードリヒ4世の敗北で終わった。しかし、この時イギリスはフリードリヒ4世を支持しており、イギリス王室はジェームズ1世の娘エリザベスを、王妃として政略結婚させていた。
 言うまでも無く薔薇十字文書は、極めてプロテスタント的である。そして、既存の旧勢力に対する革命的な思想も含んでいた。
 すなわち、この薔薇十字文書は、フリードリヒ4世を支援する政治的な宣伝ビラ的な意味を持っていたのではないか、ということだ。
 では、誰がこんな政治工作をしたのか? それはジョン・ディーではないか、ということだ。ディーは1580年代にはドイツにおり、ハプスブルグ家のルドルフ2世や上記のフリードリヒ4世の盟友であり熱心なプロテスタント信徒であったアンハルト侯らと接触している。この時、ディーはイギリスのスパイとして、密かに政治的工作をしていたのではないか? ということだ。
 薔薇十字文書が、魔術、ヘルメス哲学、カバラ思想を含有しているのは、この魔術師であるディーによって作られたからだ……。
 面白い仮説だが、出来すぎてるようにも思う。

 ともあれ、薔薇十字運動はイギリスでも花開く。
 きっかけは、ジェームズ朝最大の魔術師ことロバート・フラッドの著書と、ミヒャエル・マイヤーの著書が英訳されたことによる。
 フリーメーソンと薔薇十字団の結びつきはドイツの黄金薔薇十字運動で結実されるが、こうした思想は19世紀のイギリスにおいて根付くことになる。

 1804年にヨハン・ゴットフリート・ブーレは、「化学の結婚」が行われたとされる1459年はドイツ、オーストリア等の建築家の親方がレーゲンスブルクで会合を開いた年と一致することを論拠にして、メーソンと薔薇十字団は起源を同じにすると主張した。
 トマス・デ・クインシーは1824年に、フリーメーソンの起源は薔薇十字団にあると主張した。彼が言うには、1633~46年の間に薔薇十字運動はイギリスに入っており、この時イギリスの石工ギルドとの間に、両者の同化が行われたのだと主張した。
 メーソンと薔薇十字のはっきりとした形を持った、かつ物証もある結合は、ドイツの黄金薔薇十字運動であった。しかし、それ以前にも、既に伏線となる動きがあったのではないか、という上記のような魅力的な推測は多くの人によって成され、一概には否定できない説得力を持っている。
 上記のクインシーの推測も全く根拠が無いわけではない。
 例えば、薔薇十字文書が登場した時と、同じ時期に既にイギリスにこの思想を支持し、それに倣った友愛団を組織した宮廷の有力者がいた。宮廷学者にして王の相談役だったライアス・アシュモールがそれである。また、かのアンドレーエの弟子や盟友達が、同じ時期にイギリスを訪れている。注目すべき人物は、サミュエル・ハートリブ、ジョン・デュリー、ヤン・アモス・コメニウスである。
 どちらにしても、薔薇十字文書は、既に1652年に英訳され、出版もされているのである。
 フリーメーソンの発生がイギリスであることを考えれば、メーソンにある象徴の数々が、こうした17世紀に起こったイギリスへの薔薇十字思想の流入と結びつけて考えたくなるのは、人情であろう。

 また、自然科学史において、極めて重要な役割を果たした英国王立学会(ロイヤル・ソサエティ)の設立は、薔薇十字運動にあったのではないか、という説もある。
 1660年に王政復古が行われ、チャールズ2世が即位する。この王の名の下に王立学会は設立された。かつての清教徒革命やクロムェルの恐怖政治によって、流血沙汰にうんざりしていた人々は、なるたけ平和な方法を取るべく努力していた。したがって、「宗教の議論はしない。純粋に科学だけを議論する」、「実験ならびに科学的データの蒐集と吟味、審査を主な仕事とする」という、この王立学会の規則は、こうした政治的予防策に端を発していた。しかし、この規則ゆえに、この学会は人類の科学発展に大きく貢献することになるのだが、それは後の話しである。
 先に述べたアンドレーエの弟子のコメニウスは、この王立学会は、自分らの活動の継承である、と自著に書いている。
 王立学会の起源はオックスフォードの自然哲学および実験哲学に興味を持つ学者グループにある。その主なメンバーとしては、ボイルの法則で有名なロバート・ボイル、ウィリアム・ベティ、クリストファー・レンらがいた。この会合は1648年から始められ、1659年まで続いた。そして、主だったメンバーがロンドンに移って、1660年に王立学会を設立することになる。
 このオックスフォードのメンバー達は、あきらかに薔薇十字運動を知っていた。
 まず、学会の創立の中心人物であったジョン・ウィルキンズは、自著の中で「薔薇十字の名声」からの引用を行っている。また、彼は自著「数学の魔術」の中で、かの永遠に光を放つランプについても考察を行っている。どちらにせよ、ウィルキンズはロバート・フラッドの「両宇宙誌」を土台に思想を構築しており、薔薇十字を知らないほうが不思議
なのだ。
 また、ボイルは手紙その他の中で、「見えない大学」なる理想の学院について言及している。この「見えない大学」とは実在したのか? どのようのなものだったのか? 王立学会の雛形と見て良いのか? これは今も科学史家達の間で議論の絶えない問題である。だが、この「見えない大学」こそが、薔薇十字団の言い換えた名前ではなかったのか? この説は信憑性はともかく大変に魅力的な説ではある。
 
 もっとも、仮に英国王立学会が薔薇十字運動の結果の一つだったとしても、それは厳密な意味での薔薇十字思想を受け継いだものとはいえないと思う。この学会は、病人の治療もしなかったし、社会の改革にも革命にも興味は示さなかったし、またヘルメス哲学の精神の変容の思想も放棄してしまっていた。
 むしろ注目すべき動きは2世紀以上後の1860年代になってから起こる。ずっと上記で書いた通り、薔薇十字とメーソンを結びつける仮説が本格的に紹介されるようになった後である。
 それは、ロンドンのメーソン会員であったロバート・ウェントワース・リトルとケネス・マッケンジーによって行われる。二人は、ドイツで消滅した黄金薔薇十字運動をイギリスに移植しようとしたのである。
 特にマッケンジーはドイツ語に通じており、ドイツ人の薔薇十字団員からイニシエーションを受けたと自称していた。彼はエリファス・レヴィとも親交があったこともあり、一説には彼こそがGD設立の基となった「暗号文書」の著者ではないか、と推測する人も居る。
 リトルは1865年に、「コンスタンティヌスの赤十字」という組織を作った。
 その翌年の1866年にリトルは、エジンバラにあった薔薇十字系の団に入団している。それはフリーメーソンの変形した組織であった。彼はそこであっという間に高位階に昇進する。
 翌1867年に、リトルは「赤十字」を再編成し、ついに「英国薔薇十字協会(SRIA)」を設立した。当時の儀式は極めてスコットランド式メーソン的なものだったらしい。リトルは1868年にマッケンジーから借りたドイツの文書にあった儀礼と比較し、またマッケンジーの助力を得て、儀式を作りなおしたらしい。

 マッケンジーは1872年に英国薔薇十字協会に加入したが、リトルと意見が合わずに1875年に退団している。
 かのブルワー・リットンは、確かに会員ではあったが、本人の知らない間に勝手に1871年に名誉会員にされてしまったらしい。リットンは後から、そのことを知ったが、それを受け入れた。しかし、彼は一度も会合に出席したことはなかったらしい。
 かのウィン・ウエスコットが入会するのは1880年であり、彼は1891年にウッドマンの死によって同団の指導者たるマグスの要職を引き継いだ。リトルが初代、ウィリアム・ロバート・ウッドマンが2代目(1878年に引き継いだ)、そしてウェスコットが3代目である。
 そして、かのマグレガー・メイザースも入団し、これで役者は揃ったことになるのである。



「薔薇十字の覚醒」 フランシス・イエイツ 工作舎
「薔薇十字団」 クリストファ・マッキントッシュ 平凡社
「薔薇十字団」 ロラン・エディゴフェル 白水社

元祖黄金の夜明け団の主要人物の簡単な紹介
http://anima-mystica.jpn.org/imn/gd/history/001.html
”W・W・ウェストコット
 William Wynn Westcott(以下、ウェストコット)はGD団を創設し、その三首領の一人となった人物として、現代にその名を知られる。GD団のもう一人の三首領、メイザースがGD団の歴史上で良くも悪しくもいろんな意味で目立ったため、その影に隠れてあまり評価されないところもあるが、フリーメーソンや神智学、英国薔薇十字協会、ヘルメス協会、八人会などの秘教を研究する様々な団体にも出入りしており、複数の団体の幹部になったり、講演を行ったりするなど、彼の隠秘学に対する知識・実力は相当のものだった。

 ウェストコットは1848年12月27日、イングランド中部のウォリックシャーのレミントンという土地に生まれる。長じるにつれて医学の道を志した彼は、1881年には、ロンドンの代理検死官になり、後にはロンドン北東部担当の正検死官になる。ウェストコットの性格は、温厚であり友好的であったとの記録が残っている。GD団の団員達からの信頼も厚く、よく団員などの様々な悩みの相談にのっていた。この点、後に紹介する三首領の一人、メイザースとは対照的である。しかし、陰では分裂症的な気質も有していたと見られ、オカルト等の趣味は、彼の検死官というきつい仕事の息抜きにもなったとされている。また、彼は細々とした事務的作業にも長けており、GD団の様々な運営に手腕を発したと見られている。

 彼が「暗号文書」を見つけたところから、黄金の夜明け団の歴史は始まる。

S・L・M・メイザース
 Samuel Liddel Macgregor Mathers(以下、メイザース)は、GD団三首領の一人として、また儀式魔術の天才として現代にその名を知られる。ちなみに彼の名前(Mathers)の呼び方は諸説あり、メイザース、マサーズ、マザース、マザーズなどあるが、このHPではメイザースとして統一する。

 メイザースは1854年1月8日、ロンドンのド・ボーヴァロードにて生まれた。彼の性格を言うならば、自己中心的、単純、好戦的、奇人、しかし、自分の信じるもの(主に隠秘学や魔術、戦争理論)には並々ならぬ誠実さと天才さを有する一途な男であったとの事である。メイザースはまた、自分がスコットランドの氏族の血筋であるという奇妙な考えを抱き、名前に氏族「Macgregor」の名を付け加えたり、自らをグランストリー伯爵などと名乗ったりしている。この辺からもよく言えば彼のロマンチシズム、悪く言えば自らを高貴な血筋であると考えたりする妄想癖が伺えるだろう。

 1885年、ウェストコットの家に居候をはじめた彼は、ウェストコットのはじめたGD団設立に手を貸し、やがて、自らを団の秘密の首領の代理人として考える事になる。

W・R・ウッドマン

 William Robert Woodman(以下、ウッドマン)は、1828年イギリスに生まれる。医学を志し、1851年にその資格を得た。彼は、英国薔薇十字協会(SRIA)の最高位である至高術士であり、カバラを深く研究。ウェストコットに隠秘学を教えている。彼はまた、GD団の三首領の一人でもあったが、GD団設立後、すぐ亡くなったこともある為、あまりGD団で目立った活動はしていないととされている。

W・B・イェイツ

 William Butler Yeats(以下、イェイツ)は、1865年、アイルランドに生まれる。イェイツは現在はノーベル文学賞を受賞した天才的な詩人として知られるだろう。しかし、彼は創設初期からGD団に関わっており、ケルトの死せる神々の復活の魔術を研究したり、一時期はGD団の首領も勤めたほど、西欧神秘伝統的「魔術」を深く研究していた面も持っていた人物であった。

フローレンス・ファー

 Florence Farr(以下、ファー)は、1860年生まれ。彼女は当時の有名な舞台女優であった。秘教方面にも深く興味を持ち、GD団の初期から関わり、その芸術的才能から儀式の演出などに才能を発揮したり、また、団内部に彼女が率いる副団体を作るなどして独自に研究も行ったりしていた。

アニー・ホーニマン


 Annie Elizabeth Frederika Horniman(以下、ホーニマン)は、1860年、裕福な紅茶商人のもとに生まれる。ミナ(メイザース夫人)の親友であり、その夫のメイザースともども多額の金銭的援助を行った。彼女は、潔癖性、おまけにすぐ人と喧嘩する性格だったようで、GD団だけでなく、演劇活動でも、よく人と衝突していた模様である。

エドワード・ベリッジ

 Edward W Berridge(以下、ベリッジ)は、1843年生まれ。GD団の初期から関わっており、団の中心人物の一人であった。また、メイザースを崇拝しており、特に親しかった模様である。しかし、1894年頃から霊的性愛等の思想を団内に広めようとしたため、当時の紳士淑女の集まりたる団の幹部達(特にホーニマン)から毛嫌いされるようになる。これに対して、メイザースがベリッジの肩を持った為、団内は大混乱に陥る。

アレイスター・クロウリー
 Aleister Crowleyは1875年、ウォリックシャーのレミントンにて生まれる。実家は裕福なビール醸造業であったが、極端なキリスト教原理主義であった為、彼の人格形成に多大な影響を与えたとされる。成人後、クロウリーはオカルトや錬金術の学習にも手を出し、その方面の知人を通して1898年GD団に入団する事になる。入団後は、魔術の方面に天才的な才能を持つアラン・ベネットに弟子入りし、位階を駆け昇る。しかし、彼の素行や性格の悪さが団上層部に知れ渡ることになり、ロンドンのGD団メンバーに「内陣」への入団を拒否されてしまう。ロンドンのGD団メンバーと仲の悪かったメイザースによって「内陣」入りを果たした彼はメイザースの信者となり、ブライス・ロードの戦いを引き起こすことになる。 ”


朝鮮戦争 - 世界史の窓
http://www.y-history.net/appendix/wh1602-001.html

朝鮮戦争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89#.E5.8C.97.E6.9C.9D.E9.AE.AE.E3.83.BB.E3.82.BD.E9.80.A3.E3.83.BB.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E9.80.A3.E5.90.88.E8.BB.8D

太陽政策
http://www.y-history.net/appendix/wh1703-057_0.html
”1998年に就任した韓国の金大中大統領が掲げた、北朝鮮との宥和政策。
 韓国の金大中大統領が1998年就任に際して打ち出した、対北朝鮮政策。包容政策とも言う。
 1.朝鮮半島での一切の武力挑発を許さない。
 2.北朝鮮による吸収・統一を排除する。
 3.南北間の和解協力を推進する。
 この三点を原則として、北朝鮮との対話を進めるとした。凍りついている北朝鮮の姿勢を、韓国側の熱意ある働きかけで溶かすことができる、という意味で太陽政策と言われた。
 当時、北朝鮮は金日成の喪が明け、金正日が党総書記に就任(97年10月)していた。太陽政策を地ならししたのは現代財閥(ヒョンデ・グループ、韓国最大の財閥)の総帥鄭周永が直接北朝鮮を訪問して金正日と会談、金剛山観光の許可などの交流を実現させた。それを受けて2000年6月、金大中が平壌を訪問し、分断後初めての南北首脳会談が実現し、6月15日に南北共同声明が発表され、統一原則、親族訪問などの人道問題、多角的交流などが合意された。<文京洙『韓国現代史』2005 岩波新書 p.195-197> ”


HUNTER×HUNTERキャラ名の由来 考察
https://matome.naver.jp/odai/2140708119437312301
“”クラピカ
Kurapika

副主人公。
幻影旅団に虐殺されたクルタ族の生き残り。

名前の由来は幽☆遊☆白書のキャラ、蔵馬+当時流行していたピカチュウ?

闇+光=暗い+ピカ=クラピカ?

クルタ族の語源はかつてクレタ島に栄え、滅亡したクレタ文明(ミノア文明)か。

http://huncyclopedia.com/topic/88

出典uwasa-pedia.com
レオリオ=パラディナイト
Leorio Paradinight

副主人公。
医師見習い。

「レオ」ナルド・ディカプ「リオ」

騎士を意味する「パラディン」+「ナイト」から。

http://blog.livedoor.jp/togasiyosihiro/archives/11943943.html
ゾルディック家

出典matome.naver.jp
イルミ=ゾルディック
Illumi Zoldyck

ゾルディック家 長男。

「照明」を意味する「illumination」から?

ラテン語の語源「illumino」は「照らす」という意味で、映画「天使と悪魔」で有名になった秘密結社「Illuminati」は「光に照らされたもの」の意。


出典www.mangajunky.net
アルカ=ゾルディック
Alluka Zoldyck

ゾルディック家 四男。

語源は古代ギリシアの彫像などに見られる、無表情に口元だけ笑っている神秘的な表情、「アルカイク・スマイル」からか。

作者のインタビューで「アルカイク・スマイル」に言及している。

http://torioki.seesaa.net/article/374146936.html

出典matome.naver.jp
カルト=ゾルディック
Kalluto Zoldyck

ゾルディック家 五男。

由来は宗教的崇拝を意味する「cult」。


出典anisaku.blog.jp
王 メルエム
Meruem

エジプト神話のメル・ウェル Merwelからか?

http://www.moonover.jp/bekkan/god/melwel.htm

古代エジプト語ではギザのピラミッドに「昇る」という意味の「メル(ミル、ムルとも。ヒエログリフでは△と書く)」という言葉を当てていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89

エジプト語の「エム」は前置詞なので、メルエムのエムは作者が適当に語呂から付けたのかもしれない。

ちなみに、エジプト語で陛下は「ヘムエフ」”


聖書に出てくる数字には特別な意味があるって、本当ですか?
http://www.icc.ac.jp/kiarakan/2011column/column0424.html
” 旧約聖書におけるイスラエル民族の12部族、あるいは、新約聖書におけるイエスの12弟子がその典型的な例です。もちろん、実際に12部族が存在し、12弟子がいたのですが、これらの12という数字には、それ以上に「完全」という象徴的な意味があるのです。その証拠に、イエスの12弟子の一人、イスカリオテのユダがイエスを裏切り、後悔して自殺してしまった後、残りの弟子たちは即座に、その12が意味する完全性を補うために、マティアという新しい弟子を選出して、数合わせをしているのです。
このような数字を聖書における「完全数」と言いますが、12の他に、7や3を挙げることもできます。また、完全数とは違いますが、聖書に頻繁に出てくる数字に40という数字があります。例えば、旧約聖書では、ノアの洪水で雨が降り続いた日数が40日間、イスラエルの民が出エジプト(エジプト脱出)後、荒野を放浪した期間が40年間。また、新約聖書では、イエスが公生涯(メシアとしての働き)を前に、荒野で断食した日数がやはり40日間。実は、神の裁きや試練を意味する出来事に共通して、40という数字が用いられているのです。
その他、比較的よく知られているのが、ヨハネの黙示録に出てくる謎の数字666ではないでしょうか。これは反キリストやサタン、具体的には、キリスト教の迫害者であったローマ皇帝・暴君ネロを意味するなどと解釈されたりしています。
さらに言えば、聖書に出てくる数字ではないのですが、欧米で好まれる数字が聖書自体の巻数である66でしょう(旧約聖書39巻、新約聖書27巻、合計聖書全体で66巻[3×9=27と覚えると便利])。アメリカの名道"ルート66"が有名になったのはそれが聖書の数ゆえ。ちなみに、熱心なクリスチャンのフィリップス氏は経営するガソリン・スタンドに"Phillips 66"と命名したほどです。”


エジプト神名リスト:ホルアハティ - Biglobe
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/hr-ahty.htm
“主な称号
地平線のホルス

主な信仰
本によっては「ホルアクティ」と表記されていることもある。アクティ、アハティは、「地平線」という意味である。
ホルス神の一形態。太陽光の象徴たる神で、そもそもあまり人間の姿をとらない。
ホルスよりもラー神に近い存在で、太陽の光を鳥の翼を広げた姿に見たてて作られた神と考えられる。光の国のホルスとも呼ばれることから、日の出の時、地平線を黄金に輝かせながら昇る太陽を神格化したものではないかと考えられる。当然、神殿は東向き。(のハズ)

日本にも、朝日を崇拝する習慣はあるので、この感覚は馴染み深いもののはずだ。
日の出を拝みながら「ホルアクティ様」と呟けば古代エジプシャンの気分が味わえる。(多分)


神話

・ヘリオポリスを発祥とした古い神で、ホルスという名前はついているがどちらかというと太陽信仰、すなわちラーに近い属性を持つ。抽象的な概念を持つため、のちにアテン神の一形態としてアテン信仰に取り入れられたこともある。

・ラー・ホルアクティという神名は、鷹の翼もつ太陽神ラーということ。太陽は西の地平に沈み、朝、東の地平から昇ってくる若い太陽の力を体現する意味もあったと思われる。”

ラー Ra(仏語:Rê)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/ra.htm
” 主な称号
天と地の創造者、光の主人

主な信仰
言わずと知れたエジプト神話の主神。ただし古代エジプト時代を通して常に主神だったわけではない。これについては後述。

●太陽神として

太陽のことを「ラー」と呼ぶように、ラーは太陽そのものであり、朝に東から昇り、夕べに西の空へ沈んでいく、一日のうちに死と再生を繰り返す不死の存在でもある。そのため古代エジプトの宗教観には強い影響力を持っており、死者の書には、太陽神の死と再生、および死者による祈りや太陽神の援助を請う祈りが、くりかえし登場する。
また、死者の書自体、本来の名前は「日の元に出づるための書」であり、夜明けとともに復活する太陽のように魂も復活するように、との願いを込めた呪文書で、その最初の呪文は太陽賛歌となっている。

>>参考 「死者の書~全章リスト」

太陽そのものであるラーは、現代までひたすら農業国でありつづけたエジプトにとっては重要な神であり、たとえ民衆の人気を失っても、古代エジプト宗教が捨て去られても、決して存在として消えることはなく、その祭儀は形を変えつつ現在も一部農村に生き残っているという。


●太陽信仰とピラミッド時代

太陽に先端を向ける正四角錐は、太陽の光と輝きを表す。エジプトといえばピラミッドだが、そのピラミッドも、オベリスクも、ベンベン石も、すべては太陽信仰の象徴である。太陽神ラーを主神とする神話体系が作られ、王をラーの息子と位置づけた時代はちょうど巨大ピラミッド建造全盛期であり、国家事業としての大規模な建築が行われるとともに、事業に駆り出された人々に、太陽信仰を浸透させることにもなった。

ただしラーへの太陽信仰は、ピラミッド建造が頂点に達した第四王朝をピークとして、その後は徐々に衰退していく。そして中王国時代になると、それまでの太陽神ラーに変わり、新たな太陽神、アメンが信仰されるようになる。アメン神とラー神を習合させたものが「アメン・ラー神」。また、アクエンアテンが宗教改革を行った一時期だけは、どちらでもない太陽神アテンが信仰されていた。


●宇宙の起源神として

ラーが太陽自身ということは、もちろんラーが誕生するまで世界に光はなかった訳で、ラーは「闇より生まれし光」と呼ばれる。宇宙の魂であり、宇宙の体現であることから、原初の神アトゥムと同化した「アトゥム・ラー」の姿で登場する。

既存の神話ではアトゥムが最初にあり、そこから最初の男女神、シュウとテフヌトが生まれたことになっていたワケだが、ラー神の神官団が、どーしても他の神の上位に立ちたくてラーを原初の神にしようとした結果、アトゥムの中に混ぜ込んだのかもしれない。(そんな政治的後付けの香りのするところが、ラー様神話の素敵なところだ。)

また、地方の神々が、生き残りをかけて「ウチの神様は実はラー様の化身・分身なんですよぅ!」と、こぞって傘下に入ったため、○○・ラーとか、ラー・○○、といった、ラーと同化した神名は非常に多い。ラーはエジプト中の、ほとんどの神々と結びつき、普遍的な太陽信仰の象徴として多くの聖域を持つ。

※右図は、ラーのポピュラーな形態の一つ「ラー・ホルアクティ」。



●大蛇アポピスと戦う者として

光の象徴であるラーは、闇の象徴である混沌の蛇アポピスの宿命のライバルにして相補関係にある。光のない夜の時間、地平の下をゆく太陽の舟は、つねにアポピスに襲われる危険とともにあった。すなわち光と闇の神々が、毎晩宿命の戦いを繰り広げていたのである。なんという中二病設定。
太陽神ラーの化身たる雄猫についてはアポピスの項を参照。


神話
・その時代の政権によって立ち位置が変わります。ものすごくざっくり言うとこんな感じです。

<古王国時代>
ラー神の本拠地ヘリオポリス付近に王権の中心地がある→ラー様age

<中王国時代>
ラー神の本拠地から中心地が次第に遠ざかる→他の神様age

<新王国時代>
中心地がナイル上流のテーベに固定される→テーベの守護神アメンage、ラーはその一部として習合合体させられ「アメン・ラー」に

・とにかく分身が多い。他の神々との結びつきが激しく多い。太陽神様は誰とでも合体できます。




ネフェルテム Nefertem(仏語:Néfertoum)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/nefertem.htm
” 頭の上にロータスの花を咲かせた男性、またはロータスの花の上に座る幼児の姿で表される神。
死者の書 呪文249では「ラーの鼻先にあるロータスの花」と語られ、太陽神に香りで活力を与える存在とされている。また、別名に「ケネル・タウィ」(二つの国の守護者)がある。

ロータスはスイレンの一種で、神殿の中にある聖池などに好んで植えられた植物だ。彼の花は青いロータス。(Nymphaea cerulea/the Blue water lily)その象徴、というより化身であるネフェルテムは、太陽の祝福を受けた子供、または若者とされ、若さやみずみずしさを象徴する。美しい花の化身なのでもちろん美少年設定である。

なんだか爽やかそうなイメージだが、母は人類大量虐殺の恐ろしい女神様、セクメト。また、時に獅子を象徴とするところからして、見た目と裏腹に、怒らせると激しい性格と考えられていたようだ。

母であるセクメトは厄病を制御し、病をバラまくと同時に鎮めることも出来るとされたが、ネフェルテムも同様で、人を罰するとともに癒すことも出来ると信じられた。ネフェルテムは神々の薬師でもあった。
ロータスの実は薬として用いられ、神殿付随の医薬所の守護下に置かれたという。


●生命力の象徴として

ロータスの花自体、若さやみずみずしさを象徴するため、ロータスを象った護符は女性に人気があったようだ。
また、夕方に死んで地下世界で復活を待つ太陽神に活力を与える存在として、その鼻先で咲く再生・復活の象徴でもあった。

また、世界がまだ混沌にあった時代、原初の水から出現した太陽はロータスの花の上で輝き始めたという伝説もあり、二重の意味で太陽神話に結び付けられた存在である。
太陽の復活の神話との関りから、ネフェルテムは形式上「ラーの息子」と呼ばれることがある。


アテン Aten アトン
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/god/aten.htm
”存在するだけで光を与える慈愛の神。太陽の一部であり、太陽そのものでもある太陽円盤。あてーーーーんもとは太陽神ラーから分離したラーの一形態であるが、ツタンカーメンの父であるアメンホテプ4世(のちにアクエンアテンへと改名)の時代に突如として国家主神に祭り上げられる。

アクエンアテン以前の時代には鷹の頭をもつ人間の姿などももっていたが、アクエンアテンによって国家神に祭り上げられて以降は人の姿では描かることは決してなく、右図のような太陽から無数の腕が伸びている姿が唯一のものとなった。
アテンはアテンであり、すべてはアテンから生まれアテンへと還る。そう、アテンこそ全て。アテンを崇めよ。
その強烈なお姿から世界中に熱狂的なファンが推定10億人(歴史上のべ人数)はいるとされるお方である。さああなたもアテンを讃えるがよい。

太陽から無数の光線が手のように伸びてきて恵みを与えてくれるという、日本で言うとこの千手観音的な神様。見上げればそこにいて、どこからでも礼拝OKなため神殿はいらないことになっているが、アクエンアテンがアテン神のために建造して遷都したアケトアテン(アテンの地平という意味)にはアテン神殿があった。逆に言えばそこ以外ではあまり信仰されなかった。

また、その神と語らうことが出来るのは神官ではなく王のみとされたことも特徴である。アテン神を礼拝するアクエンアテン王とその一家の図は有名。”

http://www.shonenjump.com/p/sp/1606/hyskoa/
”冨 僕は「東京喰種トーキョーグール」のキャラクターでは、ジューゾーが好きです。僕もヒソカが好きなんですけど、被っているっていうか、ちょっと頭がおかしい感じで、自分を傷つけて喜ぶみたいなところとか。本編の「HUNTER×HUNTER」でも、良い感じに傷ついていきますよ(笑)。

石 楽しみです(笑)。今回のネームを描き始めてから、一度描いたものが気に入らなかったり、時には描き出してすぐにダメだな、と思ったりしているうちに、何が面白いのか分からなくなってしまって。深刻に捉えすぎていたんですね。担当さんにも「このままだと漫画が描けなくなるかも」と伝えていました。そうしたら「冨樫先生の才能に触れて、石田さんがそんなことを言うようになるなんて、嬉しい。」みたいなことをおっしゃるんです。「こんなに苦しんでいるのに、何を言っているんだろう」って(笑)。担当さんは自分のことを評価してくれると思うんですけど、今回は本当に味方がいない気持ちになりましたね。

── 担当なりの愛ですよね、多分(笑)。

冨 確かに、「何が面白いのか分からない状態」っていうのは漫画家として一番恐ろしい状態ですよね。

石 そうですね。ずっと霧の中みたいな感じでした。冨樫先生がお作りになられた物語を、二次創作のような形で作ること自体、漫画家として良くないことなんじゃないか、みたいなことまでとにかく考えすぎてしまって。
── ネームを考えていた時は、「HUNTER×HUNTER」をめちゃくちゃ読み込まれていましたよね。

石 そうですね。ヒソカが登場する全ページに付箋を貼ったり、ヒソカのセリフ中に出てくるトランプのマークに、法則性がないかとか。

冨 あれは勘でやってますからね(笑)。

石 特に決まりはないんですか?

冨 ほとんどないですね。ただ、ハートはヒソカがお気に入りの人に対して使うみたいな感覚はあると思います。クローバーとダイヤはどうやって使い分けているのか、僕の中でも一切ないですね。

石 自分の分析だと、「ダイヤ」はお話が真面目な時に使われることが多いように感じました。「クローバー」は、ヒソカがちょっと思考を巡らせている時とかに使われているような印象があります。

冨 自分の勘に従ってやっていると、もしかしたらそういう傾向が出ているのかもしれませんね。

石 ヒソカは謎の多いキャラクターなので、それを描くことが本当に難しくて。そういったところにもヒントを求めました。

冨 あの気まぐれ具合をどのくらい出せるかが重要なので、自分の中で「こう動かそう」と思っている時ほど動いてくれなかったりしますね。それよりも開き直って、何も考えない方が勝手に動いてくれるんです。今の本編でのネームもそんな感じで、周囲の環境やバトルの設定だけを与えて、ヒソカの動き自体はキャラクターが動くがままに任せてみると、最後は上手くハジけてくれました。

石 そうなんですね、もう想像だけでヒソカがハジけた様子がうかがえます(笑)。

冨 でも、ちょっとブレーキかけちゃったんだよなぁ。

石 あ、そうなんですか?

冨 彼はもっと行きたがっていたのに、自分の中でブレーキをかけちゃったところがあって。そこは少し心残りですね。

── 冨樫先生は漫画を描いていて、キャラクターをコントロールできない時ってあるんですか?

冨 キャラクターをコントロールできていない時の方が、漫画は面白くなりますよね。漫画を描く時は、最初におおよそのストーリーを考えているんです。でも実際にキャラクターを描きだすと、そのストーリーラインとはまったく違うセリフをしゃべっちゃうことがあって、そのセリフが「こいつに合ってる!」と思うと、最初に考えていたストーリーは捨てるしかないんです。でも、そういうことが起きた時の方が面白いですよ、やっぱり。

冨 最初にヒソカが倒れているシーンがありましたけど、その理由を描かなかったのは意図してやったことなんですか?
(石田スイによるネームより抜粋)

石 はい。あえて冒頭のシーンは、物語の背景を描きませんでした。

冨 それがすごく読者に考えさせるんですよ。

石 ボツにしたネームでは、ヒソカが裕福な家庭の子供だったりとか、逆に貧しかったとか、育った環境に踏み込んで描いたものもあったんですけど、それがすごく違和感があって。ヒソカは過去を語らないキャラクターなんで、そういうのが匂ってしまうと、途端にヒソカじゃなくなる感じがしました。

冨 そうなんですよね。過去を掘り下げるのって難しいんです。どんな物語を用意しても、読者の想像を越えるものにならないっていうか。むしろはっきりするよりも、分からない部分がある方が魅力になると思うんですよ。今回の石田さんの漫画の冒頭も、「なんでヒソカが倒れているんだろう」って考えるのが楽しいんですよね。こんな風にヒソカを描いてくれて、本当に嬉しいです。

石 冨樫先生の中では、ヒソカの過去のイメージはあるのでしょうか?

冨 ないんですよ。だから、なるべく考えないようにしてたんです。でも、今回の石田さんの漫画よりももう少し前のヒソカについては、いつかは語ってもいいのかなって思います。ただ、どこまで遡れるのかは難しいところです。

石 それはすごく興味があります。

冨 僕自身の精神年齢が、多分中二~高二くらいで止まっているんで(笑)。ヒソカについてもそのくらいの年齢の物語は描きたいですね。それ以上過去の話になると、家庭環境とか、どんな親だったのか、っていう話になってしまうので、ちょっと説明しすぎるなって気がします。

石 自分の勝手なイメージですけど……なんとなく、ヒソカには父親がいるイメージがないなって思っています。父親からの影響がなさそうというか。

冨 僕が今まで描いてきた漫画は、主人公も含めてみんな片親だったり、色んな家庭環境のキャラクターが多いんですよね。僕自身はいまだに両親も健在だし、よくある家庭環境でしたけど(笑)。でも、漫画を描いてみたらそういう家庭環境になりますね。特に主人公とか、長く描いていくだろうなってキャラクターは全部、そんな感じです。まあ、元々、漫画の中に親とかは邪魔だと思っているんですよね。

石 確かに自分も、作品的に親の存在が邪魔に思える時があって、例えば「スターウォーズ」では最初に育ての親が殺されたり、「ガンダム」でも最初に親と死別して物語が始まったりとか、実は作品を作る上で「親はいない方が良い」みたいなセオリーがあるのかな、って漠然と考えていていました。

冨 そうですね。基本的に漫画における親っていうのは、主人公がやることを反対する立場の人間ですから。例えば「HUNTER×HUNTER」の主人公のゴンは、現実世界では小学生高学年ぐらいです。もし彼にきちんとした親がいるとすると、自分の子供を危険な旅に出させるわけがないな、とか考え出すと、本当にもう親って邪魔だなと(笑)。それなら最初からいない方がいいなって考えていたら、結局“親を探す”ということが目的になり、そして“親をひどいヤツににする”というコンセプトが出来上がったんです。

石 なるほど……!

冨 ところで、今回石田さんの漫画を読ませていただいて、あの冒頭シーンに続くような形で、ヒソカの過去を漫画にしてみたいなと思ったんですよね。いつになるかはわからないですけれど(笑)。

石 ……!

── それは・・・凄いですね。

冨 読んでみて、あの最初のシーンに繋げたいなという気になったんです。もし石田さんの中で、冒頭のヒソカが倒れているシーンの手前が、白紙というか、こちらで自由にやっていいような感じでしたら描いてみたいなあ、と。あと、漫画に出てきたサーカスの一団もいじってみたいな、と思いました。”
ネームが69ページ(笑)



どうぞお読みくだされ!