読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

ねこた‏ @lakudagoya 3月20日 から 笑われ男が自分でカレイドスコープグループ関係者ってばらして爆笑。 

追加中。ぶっきょうのひとつまえの記事は更新bしたらここに書く
一つずつ保存ではない方法を試すと本当に早い。笑われのお笑い劇場第二段追加
笑われ男が自分でカレイドスコープグループ関係者ってばらして爆笑。
カトリック保守でルフェーブル派疑惑。
原理主義っぽいコールマン情報流すのは、反エキュメニカルが共通からだろうね。
カトリック保守がプロテスタント原理主義と組んでもおかしくない。

村手 さとし‏ @mkmogura 2012年7月15日
@lanekota そこまで綺麗には別れない。基本はそうだけど。 イルミ、仏メソの帰一教路線に憤慨したバチカン系が、それよりはまだましと同じキリスト教の新教徒と一緒に、イルミ叩きをする場合もある。

もぐらさんの指摘そのまま。







今川杉作という仏教背乗り工作員が沸いてるよ。みなでフルボッコにしよう!悪の魔導師を倒す旅に出よう! 陰謀論のお茶の間
(笑われ男がカレイドスコープの一人って自白。
ディズニーの『ピノキオ』の元ネタがアープレーイユス の 黄金の驢馬
アプレイウスはカルタゴで初等教育受けた。アテネで哲学・修辞学などを修業した後、イタリア、ギリシア、アジア等に旅行し、神秘宗教や魔術などの知識も吸収する。アレクサンドリアへの旅の途中で熱病にかかり、熱心な看病をしてくれたトリポリの友人シキニウスの母親プデンティラと結婚した。カルタゴに居住し、文学活動の傍らアフリカ各地を旅した。哲学者として市民の尊敬を得、カルタゴやマダウロスにアプレイウスの彫像が建てられたと伝えられている。


ちょっと前ポンペイ展でもイシスを信仰していたような痕跡がありました
フランスのエッフェル塔の公演にイシスの像があるようですね。

ねこたさんのブログと子子子子子さんのブログ読んでおけばシンボルの話は大体わかる
エキュメニカル賛成か反対か表明すると派閥バレバレだよね わら割れへ
笑われの脅しが893まんまで草
笑われってグループだったの?エキュメニカル系の世界連邦反対だから、原理主義とかルフェーブル側?
あー、だからカントの「世界平和のために」って妙なストア派っぽいとおもえたのね
そもそも西洋知識人はギリシアローマの古典を多読するのがふつう。影響あって当然。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いから周りもブロック  とにかくシンボル解釈の話をするんだ(工作員が嫌がるから)
カントがスウェーデンボルグに対して書いた『視霊者の夢』をぜひ
別の世界についての以上の見解は論証することはできないが、理性の必然的な仮説である。スウェーデンボルクの考え方はこの点において非常に崇高なものである。byカント
要は、カント「スウェーデンボルグのスピ思想は論証できない。仮説としてはあり」。啓蒙主義系結社とスピ系結社の対立というか水と油。
カントやストアって都合悪いのかw
ゼウスも英雄を星に買えちゃいますよね
ラプトは最近になって麻生叩きばっかり
いけにえの儀式は邪魔者を消したり、大衆を儀式によってまとめるなど支配の技術の一つだよ。
工作員はブラックボックスの部分を上手く料理するから騙されちゃう
日銀のHPにうちは占いを参考にしてるって書いてあったはず
中国の殷の遺跡にも生け贄らしき人骨がゴロゴロ見つかる
西洋医学は化学的な根拠でやるけど、東洋医学は根拠は無いけどこうしたら治ったっていう積み重ねっていうのがありました。
支配層の裏の占い師は博識だからね。人脈とか世界情勢の知識もこみの占い。
「化学的な根拠=根拠は無いけどこうしたら治ったっていう積み重ね」 経験の集積が科学の中核
スピ系は理性自体が神秘的って思想を拒絶するよね
どこらへんから理性が超能力ってとられ方をしなくなったんでしょうか?


笑われが反エキュメニカルのコールマン側=英米系原理主義なら、たしかに奥田と同じくプロテスタント側だな(笑)
説明のうまさよりもそもそも説明してくれないのが工作員

あいつらは西洋陰謀論流すのが仕事だからね

ギリシア神話「困ったらお星さまにしとけ」。星が神だからだろうね。
ねこねこさんが 頑張ってくれるので、心強いわ
「逃げないで」って笑われはミッションか使命感でやっているってバレバレ。必死すぎだろ笑
思想に詳しい人は具体的人脈も洗えるけど、具体的人脈洗える人が思想に詳しいとは限らない。
コールマン陣営の笑われに対しては笑っとけばいいよ
笑われが陰謀論初心者のなえなつさんにコールマン陰謀論情報を送りまくったのはなぜ。初心者は騙しやすいからか(・・?
マニさんの布教の王道が病気直し
カレイド氏と飯山一郎氏のケンカおもしろかった
なぜプロテスタントでたたかれるのは新興ばかりで老舗ルターカルヴァンでないのか
スウェーデンぼるぐはちょう優秀な発明家だもんね
バチカン(反知性主義)VS反バチカン(知性主義)という構図なんどえすか?
科学主義の産業の業界をバックにしたヤソ一派が主導権をにぎってるのですかね



笑れ男のコメント
2chからキマ★スタ
当グループで宣戦と決定した
ちょっと呼んでくるわ
ブログコメ書いといた、明日連れてくるから
明日は逃げないでくださいね、当人呼んできますので
ブロガーは貴方を敵視してる人が殆どなんですよ!

(ねこたさんを敵視しているブロガーの具体的名前を列挙してくれないかな。耶蘇と大本カルトばかりだったら爆笑)
明日の展開によってはブログで対応しますので

(そんなに圧力かけられちゃうと、ストア、えきゅめにかる、シンボル解釈もっとやりたくなるねー。逆効果工作員の笑われ笑い)

あなたがMI6を否定したんでしょ
精神を病んでいる低知能ブロガーってみんな言うてますが

(MI6の用語解説 - イギリスの情報機関。  精神を病んでいる低知能ブロガーってみんな言うてますがってカレイドじゃねーか
みんなって誰だよww

みんなぢぁなくてアンタがいってんぢぁないの?
オクダ君ネタにするねこたさんを攻撃するってオクダ君の仲間かよw)

ガレイドさんもそうですが

(おここで笑われがカトリック保守のるフェーブル疑惑(笑))

(カレイド関係者かという文脈で)
そうですよ

散々馬鹿にしてましたよね
明日呼んできますんで、逃げないで下さいね
(キリスト教徒なら 汝の敵を愛せよ
信仰告白した笑われ。表立ってツイートで加齢度ですって書けないのかよ笑われは
カレイド関係者だと隠すのって卑怯だねー笑われ
もぐらさんも加齢度はカトリックって書いてたよね
ゲームの達人かもしれんけどな
カレイドさんは敬虔なクリスチャン。しかし、女性を含めて複数で書いてる。
そういや、カレイドさんはスタッフ変えた?文体がとても軽い人がいるけど。春の人員整理?
反知性主義って最終的に知性主義に負けるよね

明日はおクスリ用意しとけよ
(笑われはお薬きれていらいらしてるのかな)
カレイドさんはライン通話もいいそうだ
コッチのラインID kaleido.group
(笑われさんカレイドさんだったか・・・はぁ・・・
陰謀論やってればラインがやばいってわかってるのに何でラインで話そうとしてくるの?
韓国耶蘇だから???
コッチのラインID kaleido.groupってグループってバレバレじゃん
ラインって韓国系(笑)   ライン会話はやめとこうよねこたさん
カレイドってガラの悪い集団だったんだね)
じゃぁスカイプ教えておくわ
カレイドもオレもブロックしたままじゃねーか)

スカイプ用意しろと言ったのに笑われ氏が反故にしやがった。 陰謀論のお茶の間 https://live.fc2.com/7179598/
(コメント抜粋
理性は神の出先機関?
井筒俊彦先生の本で似たようなこと書いてあったのですが、イスラムの神秘思想も知恵の館を経由してストア派を継承してるのですか?
アリストテレスのネオプラトン解釈ですね。
音楽は学校の授業から耶蘇ちっくですねえ
日本の学校自体が神学校に似てるらしい
リベラルアーツに音楽入ってましたよね
軍隊と神学校って関係あるのですか?
奉安殿って耶蘇チック
軍隊と宗教は相性が良いらしい 日本だと国柱会と陸軍、大本と海軍
ねこねこさんはヨガはやらないんですか?
ねこたさんは大本教の話をしているときが一番楽しそうですね
原爆地上起爆説について 大本系のガセ?
せんばかもパク付いてたなw
神道カルトも神人一体説あるね
工作員はやっぱり無駄にナルシストなんすね
すぐ訴えるとかいって脅しだすなw
え?LINEて個人情報抜き取る気じゃないの?
ねこたさん2chにスレ立てまくられてます;
LINEとかやめたほうがいい
2chってことはとーいつがらみか?
2ちゃんは統一のなわばりだから分りやすいなあ
スカイプはニックネーム以外の情報を全て空白しておくんだよ



ねここねこのコメント
音楽家が結社で地位が高い理由だよね。ベートーヴェンはメイソン正式メンバーじゃない。つまり非公式=より高位のメンバー
もぐらさん「イルミ、仏メソの帰一教路線に憤慨したバチカン系が、それよりはまだましと同じキリスト教の新教徒と一緒に、イルミ叩きをする場合もある。」
カトリック保守はプロテスタント原理・福音派と組むことあり。、エキュメニカル反対派という目的は一致。カトリックとプロテスタントが組む例。
ヴァイスハウプトのイルミナティ=プロテスタント系啓蒙主義=反カトリック+反教会+反王政+反スピリチュアル←王侯貴族と教会が叩く理由。
オルフェウスは詩と音楽の神。オルフェウス教が原罪思想。耶蘇教が盗んだっぽい。
イエズス会によって日本に設置されたセミナリヨ(神学校)=近代日本の教育の原点▼それまでの日本の教育にはなかったものとして音楽と体育が重視
セミナリオでは音楽も体育も文化祭もピクニックもやっているってまんま今の学校だね。学校教育には科学重視の百科全書派の思想が入りまくっているけどね。

神学校を日本に作ったイエズス会を作ったロヨラは軍人で貴族。ザビエルは貴族。ユダヤではない。神学校には耶蘇軍人=騎士団思想が入っているだろうね。バスク怪しすぎ。
♰煉獄のカレイドスコープ 笑われ♰が韓国系諜報装置のライン進めてて爆笑。
耶蘇に変身した疑惑のミトラス教は軍人信者が多い。  私のブログ見たらヨガ本のメモあるよ。呼吸法やっているよ。
霊操読むとわかるけど、あれやると精神病むよ。『霊操』、岩波文庫のカトリックの翻訳者が冒頭当たりで禅との類似点を騙っているが、禅=仏教はカトリックの根本を否定しているから表面的。
アリストテレスの不動の動者。支配層の理想。肉体=神殿だから体育がある。
大本と名乗るくせにオリジナルがない。悪魔の実=マニマニの実の能力者か!
ワンピースの悪魔の実は何の比喩なのか。食べると強大な力を得るが、泳げなくなる。WASP漫画の海賊主人公が悪魔の力を持つ。耶蘇は悪魔大好きだな。
工作員って法的制裁とか脅し大好きだよね。 ねこたさんが男(笑)。男の娘? もぐらさんもカレイドはカトリック?って言ってた。
どんどん自白していくカレイド(笑)。人脈自慢(笑)。私の記事のクオリティで毎日かいてみたら?ストックなしでな!
自分がやっていることを相手がしていることにする手口が本当に好きだよね耶蘇は。
工作員って法的制裁とか脅し大好きだよね。 ねこたさんが男(笑)。男の娘? もぐらさんもカレイドはカトリック?って言ってた。
スカイプって常に調子わるいくそアプリだよね


クロウ
音楽も数学的に規則正しく作らないと良いものができないみたいです



笑われ男のコメント
残業でした
スカイプでいいですよ
そっちの教えてください
ちょっと謝罪したいのですが
うちの若い衆が頭にきて ねこた さんを攻撃してるみたいで
で、事の発端はおたくなんでカレイドさんにねこたさんが謝罪と言う形で終わらせませんか?
(「若い衆が頭にきて 」 なら 止めれば!!)
なんせ威勢がいいもんで、、、
その点は私が謝りますね
(私 「で、事の発端はおたくなんでカレイドさんにねこたさんが謝罪と言う形で終わらせませんか?」 は? 笑われが代表してねこたさんに謝ったら?

私ではない人
一市民に脅しかけてないで巨悪に威勢のいいところを見せろよ!w)

(ねこたさんがスカイプ準備して会話しましょうというときに)
いやデッス
だって貴方キモチワルイモン
病気でしょ?
クスリのんでネロ!
(レッテル貼りとか人格攻撃は話をするうえでどうかと思いますよ)
じゃーな、メンヘルBBA
(人格攻撃は奴らの常套手段だなwww
で、でたー一方的に喧嘩吹っかけて逃げる工作員の定番スタイルー!
ま、勢力があるように見せかけるあたりも低級ですね)
ここから録画させてもらいますので、そこだけは謝罪しますね
(笑われはそもそもスカイプする気なかったのでは? 情報がさらに洩れるし。 ところで録音してる?コメント保存してる?
「カトリックかもしれない」が誹謗中傷になるって図星(笑) 誹謗中傷って個人攻撃のことでは?で個人攻撃先にしたのは枯れ井戸グループ。 立場を隠して工作って卑怯だなー

クロウ
このままじゃ逃げ男になっちゃうぞ)
そもそもカレイドの情報は俺ら全員が教えて書いてもらってますね
(だからねこた一派は~とかいってたんだw)
だから人に喧嘩売るとこういう風になるんです
Nさんからしてみたら貴方は醜い仕打ちですよね?
だから貴方は2chで工作員とかメンヘルとか言われるんです。
なおみさんはコッチのグループですし
(2chなんて便所の落書き出されてもな
2ちゃんってそもそも機能してないでしょw利用者人数もう全盛期の1/10だよ?w

カレイド様を罵倒してるとこういう結果になるんです
(カレイド教祖様w
様って信者丸出し oeeee
カレイド様おもしろいですね、北系のローマンカトリックかな)
コールマンは例えでしょ
(カレイドスコープの正体は)元宮内庁の官僚ですよ
(籠池氏と菅野氏擁護してますね>カレイド様のブログ
宮内庁は耶蘇だらけだろwww)
あの方は全てを見通す存在なのですよ!
(ねこたさんと私の文体全然違うじゃん。 信者脳の笑われが陰謀論初心者のなえなつさんにコールマン陰謀論情報を送りまくったのって初心者は騙しやすいからだろ?卑怯すぎる)
貴方もカレイド様と一緒に計画を実行する役目なんですよ!
(御立教あそばされましたかwww
じゃあやっぱり高麗系クリスチャン?>カレイド、笑われ男さん
神の御経綸ってやつだろwどうせ
宮内庁は高句麗系のクリスチャンばかりですよ??


カレイドがカトリック保守ならば、boとpとwakeupと街の猫と発明家などナチス八紘一宇カトリック日蓮系グループの一角ですね。笑われのこの動きも納得。)

カレイド様を操っている大いなる「存在の御加護」をフォーシングしてみませんか?
(噛みつく用工作員として精神病患者を飼ってる とか菊池さんが言ってたけどマジっぽいね)

(放送がきれた?)
一応念磁場で遮断しておいた
(ひえ、念磁場wwww)

少しは反省せぃ!
ちょっと気分悪かったから切らせてもらぉたわw
「大いなる存在」のお力を借りればなんでもきる。
(クリスチャンじゃなくて、もしかしてオウム残党?
笑われの名にふさわしい働きしてんじゃんw
なんか脅しのかけかたが、黒猫に似てるな 笑いのセンスもw
正義の味方はね、自分を救世主にしたてるために悪を作るんやで



カンパネッラ 『太陽の都』朗読と解説
https://live.fc2.com/7179598/
(コメント抜粋
forging  Christianで検索したらザクザク出るなぁ
あの方とか大いなる存在、念磁場に全て持っていかれた感が。文証クラスのパワーワードだよ。
プラトンの哲人皇帝いいですね
管理なければサイコウですね
管理社会嫌なら国家を潰して世紀末にするしかないね^^
職人を下と見るのは中国・朝鮮もだねえ 王族貴族がやるもんじゃないって
でもユートピア思想を実現しようとしてヒドイことになってましたよねw
形而上学を前提におくと性善説に傾きすぎちゃうのかも
イギリスの法の支配とかも形而上学をベタに考えすぎていますし
中学の社会の地理なんて未だにボストンが栄えていることになってるよw

クロウ
手塚治の火の鳥の共産主義はトップが人工知能でしたね


ねここねこ
哲学書は翻訳が複数あるなら比較している人の意見を読むこと。翻訳どころか改悪のやつもあるし。カントは光文社が新しいから読みやすい(日本語になっているという意味)。
昔は異なる宗教同士の論戦が娯楽だったらしいけど、たしかに面白いよね。笑われとのやりとり。
本来のユートピア思想って権力の暴走防ぐ装置あるのに今の支配層は意図的に抜いているからな。禁欲なきストア派。殺人推奨のマニ教。戒律なき仏教・密教・バラモン教・拝火教。って最悪だな。

カンパネッラはカトリック教徒でありながら、輪廻転生思想を支持。カンパネラいわく「世界霊魂」によって、万物に生命が与えられる。そして、この「世界霊魂」は、太陽の熱によって生み出された存在である。スキピオの夢で太陽は宇宙の霊で総司令とあったが元ネタ?

釈放され、教皇の御前で儀式もおこなったカンパネッラであったが、著作の刊行準備、討論、宣教師学校の設立などの活動をやめず、著作の出版は禁じられて再逮捕の危険を感じたため、1634年12月フランス王国に亡命した。フランスでは、哲学者ピエール・ガッサンディや枢機卿リシュリュー・国王ルイ13世に迎えられた。って異端派の結社員だね
太陽=形而上学を極めた哲人(おそらく全知全能に近いことが求められる)。人工知能が現実的かもね。見た目はミクな!

峨骨
銀河鉄道の夜のカンパネラはトンマーゾ・カンパネッラから取られたんだけっけか
ジャガイモ電池で稼動する人工知能を希望

ねここねこ
火の鳥の人工知能コンピュータって人工知能同士で核戦争起こっているから統治に失敗。
ジャガイモ電池で稼動する人工知能を希望←ポータル2のポテトGLAたん?

峨骨
GLAたんに統治されるなら仕方ない>ジヤガイモ電池

ねここねこ
ポータル2ってゲームのラスボスがWheatley(ウィートリー)といって、「必ず間違った選択肢を選ぶ世界最高の人工知能=史上最大の間抜け」。今の支配層じゃね?
ウィートリーは「必ず」間違った選択肢を選ぶ=正しい選択肢が「必ず」わかるから避けられる(つまり最高の人工知能)。奴らわざと悪い選択し選んでいる疑惑(奴らにとっては良いのかもしれないけど)。

峨骨
月に飛ばされるんですね、わかります。
ちょっと設定弄るとFalloutシリーズのVaultにありそうな感じだな。核戦争に備えて企業が作った核のシェルターで一つ一つのVaultが実験場となっている。

(働けなくなったら自殺するという場面があるらしいその文脈で)
21エモンで似たような話が>働けなくなった者が自ら
確か機械に処理されに行くんだったかな。

ねここねこ
告解と懺悔は弱みを握るのに最適だね)



ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

カレイドスコープはさ、カソリックかも?と書いたら、いいえカソリックではないって冷静に対応すればよかったのね。

で、あのファビョり方見てたら誰でも図星だと勘違いするじゃん。

もっと冷静に言えばよかったのにね。

世界連邦のネタ言ってた中の人だってカレイドの中の人なの?
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

FC2Livecastが不正落ちしまくるから新たな配信ソフト入れてるよ。
うまく入るといいんだけどね。

それまでにオーディオミキサー色々いじったり面倒ですべ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

配信ソフトがぶっ壊れたから今、入れなおしてる。
9時までに設定とか間に合うかな?

いかせん回線がうんこだからこそ、ダウンロード←インストールに手間かかんだよ。

回線がうんこなくせにソフト100メガ近くあるんだよね。はぁな感じだお。ご飯食べながらダウンロードしたで。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

おーい笑われ氏さんよ、スカイプのID教えてくれ。
ラインをPCで流す技術は持ってない。

スカイプ配信は今から生放送ソフト入れなおして色々設定しないといけないので早めによろしく。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

さて今日はカレイド氏が生放送に出演されるご予定なので、準備するかね。

スカイプ設定しなきゃな。誰かテスト参加して欲しいでよ。

ラインの通話を流す方法は知らないね。

グッドマンさんはそのへんの知識持ってそうだけどなぁ
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ㅤさん
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

@zonbey お、ありがとうね。大人の幼稚さは精神病理だと思い始めた今日この頃。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 7時間7時間前

ユートピア文学3冊揃い踏み。
借りてきたよー
0件の返信 4件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 9時間9時間前

カルトも企業も人間を幼稚にさせるからダメだよ。

特に金稼ぎだけしか考えずに生きてきた大人は、それ以外が幼稚な事ってよくある。

企業に生きることをすべて全振りしてたのが良くない。

そして常に上にマウンティングしたがる大人は、言って聞かせることができないから困るわ。
0件の返信 11件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 9時間9時間前

幼稚な大人の対応するのは大変よー

企業の中でしか生きて来なかった大人は物事を相対化するという事ができないんだよねー

こういう馬鹿な大人は、カルト工作員なみに対応が大変。

企業もカルトだから、企業の中でしか生きて来なかったらカルトの中の人と似たようなものに洗脳されるのかね。
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
返信先: りてらしさん
ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前

@mod_str えーそうなの?カレイドさんは私がいじめた事になってるけど、これ見たらお互い様でないのかな?と。

でもその後魔龍さんが取り上げたりして大騒ぎにはなりますね。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前

ねこたさんが石部金吉をリツイートしました

日本はいろいろな意味でゆるゆるですよねw

日本人にはわかる人がいないとタカをくくってるかなー?と。 RT

ねこたさんが追加
石部金吉 @kinkichi_ishibe
こういう西洋なら秘密結社の高位にならないと明かされないようなメタファーをアニメでオープンにやってしまう遠慮なさがじゃっぷらんどの恐ろしい?ところじゃ。リアルで珈琲噴いたぞちくしょう
1件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 10時間10時間前

だってさ、ウェイクアップ氏のように「文証」とか書いちゃったら日蓮宗系の人だと疑われるでそ?

煉獄で焼かれるなんざカソリック独特の表現をしてたら疑われるよー?

で、悪魔崇拝だから悪という循環理論を言ってたらそりゃー宗教の中の人と言われても不思議ではないでしょう?
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
返信先: RUMBLE COYOTE (Rin)さん
ねこた‏ @lakudagoya 11時間11時間前

@raburadoru44 はい。ちょっと今はスマホ修理中なので。

ではまた。

昨日の生放送は録画もあります。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 11時間11時間前

カレイド氏だって誹謗中傷してるぢゃん。

精神を病んでいる低知能ブロガーたちを「お掃除・除菌」
2件の返信 3件のリツイート 7 いいね
返信先: RUMBLE COYOTE (Rin)さん
ねこた‏ @lakudagoya 11時間11時間前

@raburadoru44 どうも。昨日の生放送凄いことになってました。

ねここねこさんとこにログがありますよ。

りんさん関係なくてカレイドスコープ氏の私怨でした。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 11時間11時間前

カレイドスコープ騒動にしても、あれ私はカレイドスコープの宗派はカソリックかも知れないと書いただけぢゃん。

そしたらあんなファビョった記事書いたでそ?

おいらはカソリックかも?と書いて誹謗中傷なんざしてないのに、相手は誹謗中傷してきたわけよね。それなのに私を恨んでた。
0件の返信 3件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 11時間11時間前

笑われ男氏はカレイドスコープの関係者であったか。

世界連邦ネタやってたN氏はカレイドスコープの中の人?

なんか雰囲気は似てると思ってたけど、仕事の丁寧さとか。

カレイドスコープの人は私に私怨があったわけね。

しかし、カレイドスコープって複数人でやってんの自白したんだよね?




ねこた‏ @lakudagoya 31分31分前

よし!
今から悪の魔導師を倒す旅に出たいから準備するお。
まってて!
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 51分51分前

ほい。これが件の歌詞の元ネタが書いてある本だべ。
これ流石にこの本しか情報源がないからわかんないよねー
結社はそうタカをくくってたはず!

アープレーイユス の 黄金の驢馬 (岩波文庫) を Amazon でチェック! http://amzn.to/2n8X2so @さんから
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 55分55分前

ほい。まず先にこの歌詞の画像を見てくれ。
「燃える星」ってわかるか?それはシリウス
「薔薇」「春の女神」ってのは、わかるかい?

これはルキウス・アプレイウスの「黄金のろば」を読んでないとわからない。
これは「黄金のろば」に出てくるイシス様の祭りの様子を描いてるんだよ。

ね?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

この歌詞も結社謹製だよーん!おし解説するぞ!待っておれ。

「白妙の詩」を歌ってみた。【まやろーやる】 http://nico.ms/sm16567402?ref=twitter … #sm16567402 #ニコニコ動画
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

ようやく、悪の魔導師を倒す旅に出れる。
俺は勇者だったんだ!
ドンキホーテのように風車に突っ込んだ勇者だよw
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1時間1時間前

もはや静謐のハサンさんが、シーア派系だということすら忘れられてるのでございました。

もちっとカルトの教義だけでなくて、他の事も勉強しようね?w

稲田朋美が「生命の実相」しか読んでなさそうなにに似てるw

で、この本イデア論のパクリという中国の偽くまモンかよw
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ねこたさんがぐだトマトをリツイートしました

この手の作家多いですねw
あえて知らないフリしてるわけですけど、茄子きのこや佐藤優が露骨にイスラームやカソリック嫌いで親イスラエルでシオニストちっくなのに、昔の犬HKの世界遺産番組とか露骨に親イスラームで反イスラエルのこの構造、英仏に別れてプロレスで草生えるのですが(笑) RT

ねこたさんが追加
ぐだトマト @pteras14
「カトリック」の語源を知ってる奴が
「ぼくぅ〜同人サークル出身なので
キリスト教とか詳しく無いんですぅ〜」
なんて言い訳が本気で通用すると…
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

@pteras14 いやー露骨ですねw
カソリックなのに妻帯ってきのこの敬愛する英国国教会かな?と思ったけど違うか。

このあたりの詰めが甘いのは、きのこも石橋くんもカルトの教義しか勉強してない証拠なのかなー?って最近のヒット作品見て思いましたw
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ねこたさんがぐだトマトをリツイートしました

きのこワザとやってるのねw
最近、佐藤優の本を読んだら露骨に中田考氏の悪口が書いてあって、きのこは佐藤優と同じキリスト教福音派陣営かな?って思いました。

静謐のハサンさんがシーア派系だったという事すら忘れられてるきのこってカルトの教義しか勉強してないのかな?w RT

ねこたさんが追加
ぐだトマト @pteras14
@lakudagoya
きのこはワザとやってると思いますよ。
初代fateに言峰という牧師がいて、服装
もプロテスタントですが、公式設定上…
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

漫画「マギ」の編集者もきのこもそうだけど、カルトの教義以外勉強してないんだね。稲田朋美が「生命の実相」以外読んでないようにw

酒と豚に関してはどう考えても清浄にならんしね。

じゃあスーフィズムやオマル・ハイヤームのルバイヤートって何なの?ってあれは比喩だよー勘違いしないでー?
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

@pteras14 どうも。イスラム圏でもいくら世俗主義とは言え、飲もうと思えばキリスト教徒の村に行くとか、異教徒からしか買う方法ないですしねぇ。

トルコ、世俗主義のフリして結構その辺が。

で、深読みしてしまいましたが、やっぱきのこダメぢゃんって思いましたw
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

きっと、静謐のハサンさんはスンニ派住民の中でタキーヤやってたんだよ(笑)

でもタキーヤやってると、普通にスンニ派に偽装なので、酒は飲めなくなるのであれはクルアーンを燃やしちゃうプロテスタントの牧師と同じイスラム嫌いか。カーフィルに偽装するなら別だけど。

きのこあかんでw
2件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

@pteras14 どうも、画像ありがとうございました。てっきり深読みしてしまいました。普通のスンニ派住民っぽいですねw

いくらアサシンの拠点に酒の川が流れてたとしてもこれはちょい無理そうですね。

で、このスンニ派住民、虐殺されそうなので、中東がどうなるか予想できますね。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

訂正します。
とまーてさんから画像を出してもらいまして、ハサンさんの村の人はどうやら普通のスンニ派住民だと判断できそうなので、カシミールのイスマーイール派ではないとわかりました。

そう考えたら、茄子きのこは、イスラーム嫌いのクルアーン燃やす牧師と同じ行動原理かな?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

で、おいらはこのイスマーイール派のニザーリーの神話にあるシャーリアの破棄を表してるのではないか?と思ったの。

あと茄子きのこや佐藤優はサラフィー主義者の有名人の中田考氏を嫌いなのかな?と考えた。

でもそれは考えすぎだったようだ。すまないね、とまーてさん。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

@pteras14 あーどうも。その辺見落としました。イスマーイール派とかではないのですね。となると、あれはクルアーンを燃やしたプロテスタントの牧師のような行為なんですかね?

ちょい考察書き直してました。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

Fate GOに出てくる静謐のハサンさん。
この人はイスマーイール派のニザーリーだよ。で、カシミールとかにイスマーイール派がいるけど、戒律に緩くてね、女性は肌を隠してなかったりするの。

で、イスマーイール派の7番目の周期に来る人はシャーリアを破棄して人類に秘儀を開示するの。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

ちょっと待って、静謐のハサンさんについては考察しなおすよ!
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 2時間2時間前

あー燈火さんのツイート見たけど、北アフリカってシーア派系の王朝あったよね?イドリース朝もだけど、ファーティマ朝もあったぢゃん。

こいつらアサシンの後裔だろ?

で、プレ薔薇十字団などの耶蘇教神秘主義グループなどに智慧を与えたのはこのシーア派系の残党ではないかね?異端コミで。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3時間3時間前

燈火さんありがとう。
ほれみんあ、ガンダムのGレコを見て、カリフ制復興を思いつかないやつはダメだぞ?w

今中東でやってるレコンキスタって耶蘇教によるイスラーム背乗りだからね!イスラム国の動きとかぶるよ。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3時間3時間前

シンボル読めるって便利だね。
おっと、レコンキスタと言えばGレコだけどちゃんと中田考氏のこの本も読むんだぞー?w

中田考 の カリフ制再興 ―― 未完のプロジェクト、その歴史・理念・未来 を Amazon でチェック! http://amzn.to/2o9c6YW @さんから
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3時間3時間前

ねね?さっき貼ったモロッコは薔薇の国の動画と繋がるでそ?(ちゃんとPCで見てね)
だってさ、レコンキスタでユダ公が追放された先がモロッコでそ?
れ、錬金術をもたらしたアラブ人の根城ってどこかな?スペインに決まってるでそ?w
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3時間3時間前

で、さくっと答えを言ってしまうと、これは中東のヘルメス主義者を現してる。
某結社員の回顧録に、薔薇十字団って何よ?て聞かれたら、モロッコ在住のカバリストなどに留学に行った耶蘇教神秘主義者のグループでないの?答えてた。

そう、中東のヘルメス主義者が答えなんだよ!
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

この世界遺産の番組は露骨にイスラムびいきだよ。
まぁ、世界遺産って元々アブ・シンベル神殿をアスワンハイダムの工事から守るために始まったもんだしね。フランス系だよ。

フランスの百科全書派はご先祖様であるイスラム勢力に敬意を払ってこの番組を制作したわけだよ?わかるかな?w
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

この意味全くわからないよね?
なぜイスラム圏であるモロッコでヘルメスの歌を流すの?って。普通ギリシャ神話というと西洋のイメージあるじゃん。

アンダルシアってイスラム王朝があったとこじゃん。

で、この不可解な謎を解いてしまったのがねこたさんなんですよ。
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

さっき貼ったユーミンの歌が使われてるテレビ番組。
さっきのユーミンの歌の意味はわかったかな?
「Flying Messenger」って歌詞のタイトル何の意味かわかる?ヘルメスだよ。ギリシャ神話の。

何でこれがモロッコやスペインで?
1件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

次にこの動画をPCで見てみて。昔の犬HKの世界遺産の番組。
ほら、モロッコのマラケシュ。

やたらと「薔薇」というキーワードが引っかかるよね?
これがわかったらば、さっきのユーミンの動画の意味がわかる。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

殆どがカルト教義しかやってないけど、日本社会の政財界やマスゴミなどは西欧の秘密結社の智を修めてるなではないか?

レナウンのCMや昔の犬HKの世界遺産のユーミンのテーマソングなどはちゃんとわかってる人が作ってるよ。

例えばこれ。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 4時間4時間前

都市伝説ファンとして秘密結社の位階制度を考察するのがワクワクする。

でも神道カルトは気持ち悪くて西欧の結社の智慧の臭いがしない。

でも日本の企業でも政財界でもマスゴミでも上の方はカルトの教義ではなく、西欧の智もちゃんと修めた層がいるかもね?
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 5時間5時間前

とまーてさんの好物を食べるお
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
返信先: 峨骨さん
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

@Chimaera925 失礼しました。書き直しです。

この国は法律嫌いな人多いですね。学校でも会社でも法律を軽視する教育してて、商売人って自分こそ法だと思ってそう。気持ち悪い。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

ローマ法よりもイスラム法のシステムのほうが一般人に扱いやすいかな?

ローマ法のシステムはあまりに酷いわ。

約款つけまくって逃げるとか。例外でゴリ押しとか。

もちろんイスラム法にも穴があるけど、ローマ法は一般人に優しくないし、説明もしないのが良くない。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
返信先: 峨骨さん
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

@Chimaera925 そうですよね。世の中って、知識や技術、道具にしても扱い方を誤ると事故が起きて危ないから秘匿されてるのだけど、免許制にしたらそれらの恩恵に預かれる層が利権集団と化してるけど、でも生活に必要となってるところがどんだけこの世の仕様は因果なのかとため息が出る。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

秘密結社の位階制度と今の役人の運転免許利権を比較しような?♡

世の中の構造がクリアに見えてくるよ。

免許制は役人の天下り先を増やすけど、世の中利権なんやなと。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

峨骨さん、免許制についてはそのまんま秘密結社の位階制度などが当てはまるのではないかな?

危ないものだから、免許制が利権の構造になるという役人発想ワロスw

なぁ?稲田朋美さんよ、人類はやっぱり進化してねーよな?(笑)

あと法律にして今のはシステムがうんこだよ!
1件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

峨骨さん、懐かしいの。それ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

拉致被害者って北朝鮮の工作員らしいでよ? RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
北による日本人拉致って
統一教会合同結婚式で日本人が7千人消えたりとか
大韓民国が竹島襲撃して44人殺傷
3000人拉致したことを隠すためと…
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

日本の同性愛人脈に対する偽装結婚は統一教会が信者を送り込んでるのでは?

やたらと日本人と外人を混血させる番組は統一教会らしい。

で、統一教会による日本人拉致の話はタブーなのが2ちゃんねるだ。

その時からモグラくんこれ言ってて偉いなと。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 22時間22時間前

ねこたさんがTakaをリツイートしました

安倍の嫁は統一教会の偽装結婚という噂も。RT

ねこたさんが追加
Taka @taka3
まるでウリスト教でワロタw https://twitter.com/kikuchi_8/status/845842539454185472 …
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

ねこたさんが菊池をリツイートしました

これは大笑いですね。 RT

ねこたさんが追加
菊池 @kikuchi_8
安倍昭恵氏と籠池氏の妻のメールのやり取りが公開されていたが「全うな人間が全うな事をしようとしているのを阻止させるサタンの仕業と思います」とあった。昭恵氏は「神様はすべてご覧になっています」と。反日右翼勢力はどうしてこうも発想がキリスト教的なのか。彼らの言う「伝統」は偽…
0件の返信 8件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

カルトの教義にまみれてても、アニメやゲームは教養主義ってスタンスは捨ててはいけないみたいだなw

Fate GOは相当にイギリス系の思想のやつ出るね。

フランス系はやたらとカントが好き。

で、英米系メイソンはフリードリヒ大王などのドイツ系啓蒙主義が嫌いだという法則w
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

とまーてさん、Fate GOのネオエルサレムのネタがわかったよ!

スウェーデンボルグのニューエルサレム教会かな?もあるけど、これフランシス・ベーコンのニュー・アトランティス=ベンサレムでないの?

新しいアトランティスこと孤島にあるベンサレム。

あー繋がった!
0件の返信 3件のリツイート 8 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

書き直すよ!
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

グッドマンさん良くないと思ったのは、丸に十字だからって勝手にドルイド教認定しない!

まず、ドルイド教とは何か?と定義しないと。

で、シンボルが同じだから同じ宗教!?って

「日本人の精神には八紘一宇がー!」

というものの誘導でないかな?魔導師さん特有の思考でないかな?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

モグラくんは多分わからずにその当時使ってたのでモグラくんのブログは関係ないです。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

神道カルトの使うレトリックである

・物事のくくりを記紀神話でする
・定義を明確化しない
・出典を引用しない

は、驚くほど依存を作り出して読者をコピペ装置にする。

これは東大法話のような神道カルト特有のレトリックだよ。

しかも低学歴をターゲットにして悪質だね。
0件の返信 10件のリツイート 8 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

例えば、物事を調べる上において、アカデミズムのくくりを使うと、みんなが調べられるじゃん。

例えばマニ教ならマニ教の本を借りてこれる。そして自分の論を立てれる。

けど、マニ教を東方ミトラ教と言ったらなんの事かわからず、読者は調べられない。

そこに神道カルトは依存を作り出す。
1件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

燈火さんに是非叩いて欲しいのは神道カルトのレトリックだね。

これこそが、依存を作り出す悪質さを元に設計されてるとわかるもの。

たとえば、世界史を解説するときに記紀神話のくくりを使う。

これはアカデミズムのくくりを使うよりも悪質なのは読者が調べられないのだよ。
1件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

スマホ修理に出しちゃうけど、せっかくだから沢山借りてきたのに生放送やりたいネタは沢山あるのにね。

工作員さ、おいらが消えたら、おいらが出したネタでまた嘘つくんだろ?息を吐くように嘘をつく人っているんかな?

さゆふらっとまうんどがやってるね。あと落合なんちゃらとかな。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 23時間23時間前

@pteras14 ですよねw
結社員というかカルトがゲロった珍しい例かと。

裏にどの神道カルトがついてるんだろ?

で、カルトの教義以外の教養がなかったり、やたらとマグノシュタット編だけ濃いネタ出してるあのバランス感覚のなさ、違和感ありまくりですねwイスラームがない千一夜もw
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
返信先: ぐだトマトさん
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

@pteras14 とまーてさんがこのまとめを知らなかったのは意外でした。

結社員露骨ですね。
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

おいらは、世界史の真実とか知りたいわけだけど、それをやるとカルトがうじゃうじゃ沸いてくるね。

やつら何でそんな必死なんだろうと思ってたら、真実に迫られるのが怖いからこそだってわかったね。

素人に本気で世界史の真実を探求させる気はないのかね?
0件の返信 5件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

正直、こんななりすまし日本人やカルト陰謀論者がいたりする所からは足を洗いたいよ。

あとこういったカルトは、たまに司令塔から攻撃命令出るわけだから、攻撃命令が出て沈静化の繰り返し。

で、誠実なやる気のある素人がカルトの専業に駆逐されて誰も残らなくなるのさ。
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

これはヤクザのテキ屋と同じだよ?
素人が屋台出すと地周りのヤクザに攻撃される。

で、陰謀論コミュのテンプレ以外の陰謀論やってるやつがいたりすると自分らの商売の邪魔になるからスクラム組んで邪魔したり攻撃したりする。

カルトとヤクザ、ここまで繋がってるのがよく見えるわけよね。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

この界隈は、信仰告白してる人のほうが誠実さがあるもの。

思考の軸を隠してるやつの殆どは悪意も漏れなく隠してるね。

これは華僑ビジネスと同じでね、表面上はニコニコしてるけど、一旦、リバースカードオープン!となると途端に悪意むき出しになって焦りに満ちた態度を取るからテンプレだわ。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

この界隈、相当になりすまし日本人が多いよ。

某氏はここまでチョソ臭がする場所はないと言ってたね。

思考回路と美意識は誤魔化せないポイントさ。

でもそんなやつでも、悪意がなければあまりタッチしないね。譲れない思考の軸や目的はしっかりと見た上でだけどさ。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

と考えると、笑われ男は当たり屋のヤクザや地上げ屋と同じ発想してるのがわかるもの。

何でか陰謀論コミュに正常な気が少ないのかと言えばチンピラみたいなのが仕切ってるからだろ?

ブログやツイートが雑然としててさ、美意識が日本人てないとわかるね。

あとはブログのレイアウトなどもね。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

ヤクザのやり方は、所詮右手左手のマッチポンプの事件起こして救済な。

発想が耶蘇なのがわかる。

英仏の資本主義と自然主義の戦いみたいなもんだ。新約聖書にも書いてあるだろ?

ヤクザが仕切ってる芸能界もイエズス会の霊操みたいな耶蘇教神秘主義の気持ち悪いのに蔓延ってるだろな?
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

あと、譲れない思想の軸が見えることはよくあるけど、まぁ悪意がなかったり露骨にアレでなければ、日本のためにの人みたいに一応軸は見るがあまり気にしないね。

判断基準は悪意かな?

あと相当にカルトとヤクザがいるのわかる。福音派系のヤクザだね。ニコニコもやつらのシマだもんな。
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 24時間24時間前

あーおいらの直感はよく当たるなぁ

アプローチの仕方、纏ってるオーラが病んだ感じとかでわかるよ?

某氏に至っては腹の中にサイケデリックな色した変なものが見えるもの。誰とは言わないけど。

ほのめかし野郎のオーラはくすんだ濁った色して、腹の中に何か隠してるのがわかるわけよ。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
返信先: 燈火さん
ねこた‏ @lakudagoya 1日1日前

@to_moshibi あー起きてますよ。笑われ男の宣戦布告からグループで動いてるの見えますね。

あと、これはヤクザの連係プレーもなんですが、私を擁護する側にも工作員がいますね。

行動原理は常に真実に近いものを恐れてるから必死さがあるのです。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1日1日前

直感的にこいつ工作員とわかるね。様子見てたらすぐボロを出す。

あとアプローチの仕方がテンプレだなぁと(笑)

腹に一物抱えてんのが見えるよ?

陰謀論コミュの必死さの正体がわったよ。それはね、やつらの必死さは常に真実に近いものを恐れてるという恐怖心から生まれてるのかな?
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 1日1日前

行動原理は全て、世界史の謎に迫る話を追いかけたら神道カルトに絡め取られるように、やつらの行動原理は真実を恐れてるに尽きる。

真実が怖いからこそ、誤誘導や馬鹿にしたりして感情に訴えかけるそんな事ばかり。

嘘で塗りつぶさないと支配できないっていう反自然発想だよね?
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月26日

ほほほ面白いね。
最近、おいらに対する攻撃が来てるけど、司令塔でもいるかのような動きをしてて草だよ。

裏での繋がりがよく見えてるね。うん。

人を馬鹿にしたり、茶々入れたりしてやる気を失わせる目的なんだろ?

陰謀論コミュに幻滅するように連携プレーをしてるわけね?
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

地上起爆説は大本の陰謀なんだよ。プルトニウムは重いんだよ。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
地上起爆説ってあるのは知ってますが
広島の写真見ても
地上で爆発したような痕跡は見られず
それどころか広島原爆ドームの壊れ方は…
1件の返信 3件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

峨骨さん、酒の製法に対する特許もあるでよ?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

戦争で負けたフェニキア人は、今度はローマを贅沢で滅ぼそうとした。

質実剛健で戦争が強かったローマは傭兵に頼るようになって戦えなくなったわけ。モンゴルもそれでダメになったよね。

だからおいらはお嬢様と間近にいたからわかるんだ。お嬢様の贅沢文化は国を滅ぼすために仕掛けられた罠だ。
0件の返信 10件のリツイート 9 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

お嬢様教育は真っ先に叩き潰さないと日本がボロボロになる。

なぜに愛国心ある人たちもお嬢様には無批判なのか?

それは女を嫁がせることで組織を背乗りする藤原氏のシステムそのものだからだよ。

その中核こそがキリスト教お嬢様教育だからタブーなんだよ。
1件の返信 7件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

日本社会を壊したお嬢様は断罪されずにのうのうとしてる。

日本社会の流動性を破壊して国に階級社会を持ち込んだお嬢様は本当は公開処刑でもいいんだぜ?

お嬢様に社会的責任を問わないってダメだ。

そして名門校私立校によるコネ入社ばかり蔓延るとどんどん日本企業がダメになっていく。
0件の返信 6件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

日本社会を破壊する、流動性をなくする毒としてはキリスト教お嬢様学校の暗躍はあるよ?

だって、それらの名門校を出た母親が学校選民思想による階級社会を推進してる。

カソリックの神学において階級社会は是とされるから。

やはりお嬢様がしゃしゃり出てくると日本がダメになるな。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがおりたをリツイートしました

学閥は怖いです。これらの日本社会の流動性を壊した背景には、名門校私立校などの選民思想を持つ母親の影響もありそうですね。学歴がないと知的な仕事はできないという思い込みを蔓延らせた。学歴がアイデンティティになってるから、流動性のある社会が許せないという。 RT

ねこたさんが追加
おりた @toronei
@skn9x パソナ、リクルート、SFCなどの学閥ですよ。
0件の返信 18件のリツイート 11 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがおりたをリツイートしました

この日本社会の流動性を破壊したのはやはり学閥や学歴選民思想だったのですね。 RT

ねこたさんが追加
おりた @toronei
高校で営業所の倉庫のバイトやる→頑張るので高校卒業したらうちにこいと営業所の現地採用で正社員に誘われる→ルート営業やるようになる→評判がいい→本社に転属される→企画営業に回される→成績優秀→出世ルート→社長まで駆け上がる とか、昭和どころか平成一桁ぐらいまで普通にあっ…
1件の返信 22件のリツイート 14 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

お嬢様の世界がつまらないのは、未来を作ることではなく、見栄の張り合いだけしかしないから。

でも女を思想で動かすことはほぼ無理だね。

だからこそ、別の方法を考えないといけないけど。

女の集団には司令塔がいる。でもそれは悲しいかなカルトのようになるからそうはしたくない。
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

為政者の仕事をこなすのに、お嬢様教育では全然ダメだ。

旧ソ連だって、女性将校が沢山いたのに、日本の女の世界は為政者の精神してない。

何でお嬢様の世界はこういった日本の未来を作らず、マウンティングばかりするんだろうね?

マウンティングより未来を作るほうが楽しいよ。
0件の返信 4件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

公開処刑はデメリットが多いから、やはりアサシンがいいな。

末端の奴隷ではなくて、司令塔を破壊する。犠牲は最小限。

司令塔を破壊したら下は総崩れになるから。

日本のカルトは上級司令官さえ破壊したら事足りる。

設計図描いて命令を各所に出してる士官クラスだけ潰す。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

おいらが特権階級の妻であったならば、日本を破壊する国賊に天誅を下す私設KGBやモサドを作るよ。

でもお嬢様で蝶よ花よと少女マンガのような世界で育てられるとそんな武人のような精神はつかないのだな。

イスラム国のように公開処刑してもいいけど、それには理論武装が必要。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

社会秩序や道徳を守るために命張ってでも戦うってのが特権階級なんだよ。

国の価値である社会秩序や道徳、民衆の文化などかけがえがない国の宝である無形のもの守るという事が大事だと最近痛感するよ。

これらはきっと成り上がりのなりすまし日本人にはきっとできないものだろうな。
0件の返信 11件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがDestyをリツイートしました

そりゃ、キリストの血だからでそ?

ねこたさんが追加
Desty @PleiaDesty
何故
ウイスキーは野蛮で市民の酒、密造酒の歴史で度々弾圧、規制され
ワインは高貴で高級で上流な酒なんだ?
1件の返信 6件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

革命前のイランでも格差が拡大しまくってた。

なぜ欧米が支配すると、物凄い格差が拡大して階級社会になって、社会秩序がない退廃が蔓延するのだろう?

オマーンやアルジェリアなどの部族共産制の一部の村で部族の掟の中に暮らす人々は貧しくても美しいね。それらを破壊したのが欧米。
0件の返信 6件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

フィリピンとかでもやつら、農村共同体を破壊してるからな。

辛うじて山奥に残ってるだけだけど。

サヨクのグリーンコープとか取ってたから、如何にフィリピンの農民はかわいそうか知ってる。

耶蘇はこうやって共同体を破壊して階級社会と掟がない無秩序の社会に作り変えてしまう。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

上の者に逆らってはいけないという、「ローマ人への手紙」が根拠となって階級社会が是とされてるらしい。

で、階級社会でない貴族から平民まで一体化してたカタリ派のコミュニティを破壊したのは、単に異端ばかりではなく、貴族と平民が一体になった共同体が悪かったからだろ?
0件の返信 5件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

国のためとやってる女も結局は耶蘇汚染が凄まじいから、耶蘇のやり方の軛から逃れられないわけ。

女の世界の耶蘇汚染をどうにかしやいといけない。

上智の神学生に聞いたけど、カソリックは階級社会を是とする思想があるって。

ロマ書にそう書いてあるからなんだそうな。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

生放送でも言ったけど、特権階級の妻は権力持ってるのだから、それを使って日本を壊そうとする国賊を始末してもいい。

本来は有閑マダムのサロンでやる事は国賊どもの始末や国の産業の発展や知的分野の展望などを話し合うためにあるもんだ。

でも女の世界は耶蘇汚染が半端ないからそうはならぬ。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

いつも思うよ。おいらが、知り合いの陶芸家の妻のような権力持ってたら、日本を壊そうとする国賊どもを叩き出すための私設KGBが作れるのになと思う。

今の陰謀論コミュとか、あらゆる悪質な対日工作が野放しにされてるので、それらの根城の耶蘇教名門校の関係者を暗殺するとかやりたいな。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

社会に毒を流すやつが沢山いて、貧困層がその毒に真っ先にやられていたならば、それらの毒を流す国賊どもを殺しに行くのが特権階級の仕事なはず。

でもそれをやらず、毒にやられてる貧困層を「育ちが悪い」とか言って差別する精神性、とてもじゃないけど為政者の精神性ではない。
0件の返信 16件のリツイート 15 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

「日本のために」の人は民族派右翼のような感覚かな?

ただ、今の「お上品」な知的階級はダメだ。

悪政をするやつは「天誅!」とか言って暗殺する気概がない。

ヤンキーの中に南米やフィリピンのような退廃的な無秩序が蔓延るならばそれを蔓延らせてるやつを殺しに行かなければ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

アジア主義はイエズス会謹製の陰謀だけれども、まだあの武闘派知識人の感覚があるからマシだわ。

少なくとも、白人社会の極端な階級差別主義に対するアンチというイデオロギーがあるからね。

おいらは中村天風みたいなの嫌いだけど。

武闘派知識人の伝統は捨てるべきでなかったよ。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

まだ「日本のために」のような人は民族派右翼のような感覚があるからいいのだけど、お嬢様教育受けた人たちは愛国心って天皇を中心としたヒエラルキーと階級社会を守ることだと思ってる。

なぜに女子校文化って民族派右翼でテロやってたような愛国心みたいなのが育たないのかな?
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

なぁ?いくら親がちゃんとした収入があって、生活破壊するほどパチンカスとか母子家庭でなくても人生詰む。

日本社会ってそうやって困ってた人を人間扱いしないんだもの。

キリスト教お嬢様学校出の母親とかヤンキーの団地の母子家庭を軽蔑しこそしても、その原因を絶とうという愛国心はない。
0件の返信 4件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

毒親とカルトのコンボはダメだね。
幼稚な毒親だと性格や人間関係が詰む。

未だにその後遺症から抜けきれず。

人に迷惑かけたのもカルトで相当に抑圧されてたからとわかったね。

人に迷惑かけたくないのだけど、カルトは絶対に許せない。悪政がカルトの原因になるからあかん!
0件の返信 4件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

アルカイダやイスラム国のせいで駆逐されたイメージだけど、昔は魔法使いというとターバン巻いたアラブの魔法使い(インドではない)がいたけど、あれは神秘主義者なのかな?

このあたりのスーフィーの影響なんだろうね?

大本の罠にハマりたくはないのだけど。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

おねショタおじさんありがとう!

シンボルが同じなら同じって大本の発生源ですよな。

土地の慣習など完全無視ですね。

西欧の背乗り野郎は意味もわからず背乗りしてそれのネタ元を特定しようとしたら、大本の罠なのでぐぬぬぬぬです。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

なんというかね、親が持病でカルトに縋っただけで人生破滅が待ってるぞ。

腎臓とか透析するよりカルトがマシって感じでさ。

いくらマトモな家庭でも家庭崩壊が待ってる。うちは両親とも真面目でそれなりの収入があったのだけどこれだからね。

母子家庭よりもマシなのかも知れないが酷いわ。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

自作
半額で買った100g50円の牛肉いっぱいカレー
0件の返信 1件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがアイゴ⊙コウダユウをリツイートしました

これはタロットカードの「力」を連想しますね。 RT

ねこたさんが追加
アイゴ⊙コウダユウ @rai5asa1
スーフィーの賢者
手綱がわりに蛇を持ちライオンに乗る
ライオンがオスではなくメスである理由はなんだろう?
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

なぜいんこ真理教が重要なのだろう?

それは、いんこ真理教は日本のカルトやメイソンやロータリークラブを集めたものだったと。

これほどまでに日本の裏社会の構造がよくわかるものはない。

有名大学のロータリークラブ系のサークル(政治サークルもか?)やカルトサークル他ね。
0件の返信 8件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがアイゴ⊙コウダユウをリツイートしました

もうひとつ魔導師の原型発見。 RT

ねこたさんが追加
アイゴ⊙コウダユウ @rai5asa1
イスラームの神秘主義者は杖を持ってるからね
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがぐだトマトをリツイートしました

常温核融合の人も阪大でしたよね。その人が内部にやつらの手先がいると言ってましたし。

リチャード・コシミズがそれに擦り寄ってて、いんこ真理教との繋がりが見えますね。 RT

ねこたさんが追加
ぐだトマト @pteras14
阪大の周りって(内部もだけどw)
カルト多いだろ?w
インコ教の教祖も阪大だったろ?w
手塚治虫も………
0件の返信 7件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがアイゴ⊙コウダユウをリツイートしました

うん。スーフィーとウラマーを合体したイメージなのかな? RT

ねこたさんが追加
アイゴ⊙コウダユウ @rai5asa1
@lakudagoya
やっぱそこら辺ですよね
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがアイゴ⊙コウダユウをリツイートしました

むしろイスラーム学者が魔法使いの原型でないかな? RT

ねこたさんが追加
アイゴ⊙コウダユウ @rai5asa1
ゲームとかで魔法使いの格好ってあるけどあーいう格好の元ネタって多分神秘主義者やシャーマンだろうな
1件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

日本のためにって民族派右翼みたいなものだとは思ってたけど、アジア主義だもんな。

あー石部金吉さんのdisり対象だったな。

でも何で出雲派のほうが本丸は耶蘇だけど末端はこんなん伝統派なのかな?

この人の耶蘇嫌いは過去においらのせいかも知れない。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

当たり前のように耶蘇教神学の権威正当化ロジックで天皇論を語るのって本当に民族主義なんだろうか?と思う。

この日本のためにの人のような感性をもっと大事にした民族主義あっても良いかも?

出雲も耶蘇教化してるのは知ってる。 

民族主義なら日本の感性や思考を守らないとな。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

あ、そうそう。
おいら親が神道カルトだったから、出雲派と大和派があるの知ってるね。

ただ大和派は色々と臭すぎる。

それもわかった上でね。
0件の返信 1件のリツイート 6 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

@bang_gun_finger まぁ、そうかも。ゆとりを持っていきますわい。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがをリツイートしました

出雲派の方で民族派右翼かもですね。派閥争いあるかもですよね? RT https://twitter.com/kinkichi_ishibe/status/845448260772769792 …

ねこたさんが追加
このツイートはありません
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

@bang_gun_finger わかりました。その辺気をつけますよ。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

@bang_gun_finger よく考えればそうかもですけどね。

ただ、こういうホモ人脈とか弱いのでこういう生々しい話はためになりますね。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

@bang_gun_finger 陰謀は表立ってはないと思いますよ。ただ前に本部で働いてる人の話を聞いたときに中核だけは何かあるような気がしましたが見えてきません。

ただ大本教と比べると遥かにマシですね。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

@bang_gun_finger 天理教見えてこないのですが、やはり内部の人の話し聞くと何かあるかもって思えますよ。

全くのステルスだから不思議ですね。
1件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんがBobcatをリツイートしました

本当に。こうやって壊していくカルトが多いことで。 RT

ねこたさんが追加
Bobcat @1002bob
日本社会にいると気がつかなかったけど、日本人って《謝罪》とか《非を認める》とか《辞任》とか相手にさせて優越感に浸るのが好きよね。クレーマーも多いし。そうやって責める文化だからこんなに自殺する人が多いのでは。
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

ねこたさんが47NEWSをリツイートしました

エキュメニカルの陰謀のおままごと。 RT

ねこたさんが追加
47NEWS @47news
英、3宗教指導者が連帯訴え テロ非難、黙とう http://bit.ly/2ngfi4U
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

日本のためにのアカウント見ると、日本の血族的秘密結社の内情を垣間見れるね。

特定の血族のみに情報が独占されてるのは良くないわ。

他人と情報共有しないのは日本の特権階級の特徴で、自分たちの暗黙の了解にしてしまう。

これを変えないとダメだ。
0件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

日本のためによく止まるけど、ためになるよね。

うん。

金光教とヤクザやロータリークラブと英米系メイソンと神道カルトとヤクザについては知らなかったわ。

日本のためには大本教よりのアジア主義かも知れないが、子孫繁栄を言ってるあたりマトモな部類ではないかな?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月25日

宮内庁の巫女さんもカソリックだらけとかな。耶蘇に背乗りされとるな。

宮内庁の巫女さん、なんかテレビに出たとき雰囲気が耶蘇臭いと思ってたら案の定であった。
0件の返信 10件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ネトウヨと金光教。初めて聞いたもんな。凄い。
0件の返信 16件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ビッグイシューは詐欺師団体か。ボランティア団体真っ黒だもんな。発想が耶蘇。
3件の返信 6件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ネトウヨと金光教。タブーやな。
金光教と天理教はタブー度高め。
なりすまし日本人も沢山おるんやろうね。
1件の返信 14件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

同性愛人脈とシャブか。私にはない視点がこの人は凄い。例え民族派右翼でも。イエズス会の利権にも連なるわけか。 RT
1件の返信 7件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

出口王仁三郎と鳩ぽっぽはメスティソ説が。ラテンアメリカの支配方式だな。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

共産党幹部と自民党の蜜月について。興味深い。
0件の返信 7件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

フリーメイソンロッジの前でデモかぁ。素敵!

民族派右翼でも面白いことは歓迎さ!
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

欧米のセレブって退屈なのだな?
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

日本のためにの人、民族派右翼の末裔かな?
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

女性活動家は耶蘇か。警察官僚にカソリック多いのね。

長州と共産党の幹部とか凄いな。 RT
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

明治以降の満州罰の話は貴重。
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ロータリークラブとメイソンの具体的な繋がり凄いね。そこまで頑張ったとは。
0件の返信 8件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

一考の価値はあるよ。カソリックの中のメイソンよりの連中か。 RT
0件の返信 5件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

右翼とフリーメイソンとヤクザと最近のアニメの繋がりが見えた!
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

これはためになるなぁ。
いんこ教のネタはね。
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

これはためになるな。
英米系フリーメイソンとネトウヨやヤクザ。アニメの世界の乗っ取りまで繋がってくるな。

最近のアニメがアーリア臭いのはフランス系サヨク結社から英米系が背乗りしたせいか? RT
0件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ロータリークラブといんこ真理教と大本教の関係とか。凄いネタだわ。 RT
0件の返信 7件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

つまるところ、日本は18世紀の耶蘇教新興宗教カルトであるメイソンその他にとって都合の良い安住の地だったのでは?(笑) RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
西洋では逆に日本陰謀論とかあるかもしれないな?
でもそれは日本から見たユダヤ陰謀論のように軸がなくてふにゃふにゃしたものに見えるはず、なぜなら西洋が作り上げた幻だからだ。
この長期的戦略は意図されてるね…
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

日本陰謀論?日本を操ってるイエズス会やメイソン、ナチスその他秘密結社の陰謀論でしょ?

日本を使ってNWOを達成しようと頑張ってる。(笑) RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
西洋では逆に日本陰謀論とかあるかもしれないな?
でもそれは日本から見たユダヤ陰謀論のように軸がなくてふにゃふにゃしたものに見えるはず、なぜなら西洋が作り上げた幻だからだ。
この長期的戦略は意図されてるね…
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

伝統的なユダヤ共同体であるゲットーが解体されたのが18世紀ですね。詳しくいえばフランス革命後ですが。そこからユダヤ人が耶蘇化=世俗化しました。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
というか日本陰謀論は既にあるか天皇陛下が世界を牛耳ってるってやつ、あれは西洋で流してるのかな?(笑)
ということなユダヤ界隈の住み分けと日本人の住み分けって18世紀には既に予定されていたんじゃないの?…
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なえなつさん、ヤンキーがなぜ耶蘇臭いのかと言えば、無秩序で退廃的で反知性主義だから。

これこそがフィリピンや中南米などの耶蘇に破壊された国の姿だしな。

本来は武闘派知識人ってものが存在するはずだけど、武闘派知識人ってやつらが嫌うから徹底的に解体されて残ったのがサヨクだよ。
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

ビンゴ! RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
一部自称保守の好きな土人って言葉は
部族社会を憎む思想入ってるのか?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

大本教の連中はアーリア人気取りの名誉白人マインドです(笑)
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

やつらが、アニメやゲームに最高の叡智を詰め込んでるのは、将来カルトと言うか結社の手羽先を集めるためでもあるのでは?

智慧の欠片を埋め込んでるのは、誘導してる意図をずっとアニメの解析をしててわかったのですよ。

で、アニメと学校は正統派と異端の耶蘇教の両建てシステムです。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
はーまさかだよ
18世紀秘教からの
エスペラント→大本教→手塚治→アニメ、ゲーム
朝鮮半島特需→高度成長期…
0件の返信 6件のリツイート 8 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

結社性の高いアニメを解析してわかったのですが、あれ最高のやつらの智慧を詰め込んでて、ちゃんと手がかりを元に辿れば、真実にたどり着けるようになってる。

で、そうやって子供に最高の智慧を洗脳してそれで賢いのを更に選別して大学時代に有名大学で青田買いするシステムになってる。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
はーまさかだよ
18世紀秘教からの
エスペラント→大本教→手塚治→アニメ、ゲーム
朝鮮半島特需→高度成長期…
0件の返信 11件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

茶番ばばんばばん!大本教! RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
なぜユダヤ教徒の子が作ったエスペラントを
陰謀論者が全く触らないのが不思議に思ってたんだよ
その理由がこれが長期的な計画を元に作られていたから
なわけだね、大本教がなぜNWOや神の国、世界連邦を…
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

エスペラント語ってなんか古典ラテン語に似てるようで違うんだよなー

やはりラテン語がモデルであったか。

エスペラント、ユダヤ陰謀論者のアキレス腱見つけたー!
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ユダヤ陰謀論者のアキレス腱!
エスペラントはユダヤ謹製!

見落としてたわー!
さすがなえなつさん!

なえなつさんのレベルアップは目覚ましいでよ。
0件の返信 5件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

モグラ君の偉いのは、エスペラント語や大本教、エキュメニカル、バチカンの公会議で認められたユダヤ利権、ロンバルディア人などの陰謀論者が触りたくない所を触ってるからですよ。

エスペラント=大本教がユダヤ陰謀論やってて、エスペラントがユダヤ製だとバレると困るもんね。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
なぜユダヤ教徒の子が作ったエスペラントを
陰謀論者が全く触らないのが不思議に思ってたんだよ
その理由がこれが長期的な計画を元に作られていたから
なわけだね、大本教がなぜNWOや神の国、世界連邦を…
0件の返信 6件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

○○製作委員会って欧米の結社資本でね? RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
@lakudagoya 道理で道理で結社性の高いアニメは作画がなぜ崩れないんだという特徴がやっと理解できましたよ。作画が崩れないということはお金が投入されてる証拠、作画が崩れると話が良くても誰も見ませんからね・・・
お陰で分かりました。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ほーい、なえなつさーん!
エスペラントのミクの歌。

大本教やってね?(笑)
0件の返信 3件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

用意周到過ぎてクソワロス
「日本の」アニメだとしたら、エキゾチックな東洋のものだと錯覚させれるからね。

で、中身はバリバリ西洋古典だからあっちの人にもウケる。

まさかエキゾチックな東洋のアニメがゴリゴリの西洋思想だとは気付かないから盲点よなー。反発食らわないしね。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
はーまさかだよ
18世紀秘教からの
エスペラント→大本教→手塚治→アニメ、ゲーム
朝鮮半島特需→高度成長期…
0件の返信 6件のリツイート 1 いいね
返信先: なえなつさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@japan19890108 エスペラントはモグラくんのネタだよ。モグラ君にリスペクト。
1件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

手塚治虫は満州閥。映写機が普及してない時代からディズニーの映画見まくってたらしい。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
ああああああああ!
あーーーー!
となるとだ!
今のアニメ製作現場の元になったのは誰だ!…
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
返信先: なえなつさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@japan19890108 ふふふ。大当たり。ここの考察に自力でたどり着いてくれてありがとうね。

日本を利用して世界を文化汚染するからこそ、最高の叡智をアニメに投入してる。
1件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なえなつさん大当たり。あっちでやるとキリスト教原理主義団体の反発とかネタ元割れる危険性があるのでわざと日本に作らせて逆輸入っすな。
0件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

こういうの脚色入ってると思うけど、これある世界だぞ?

なぜに女の世界は欧州貴族の猿真似をする事が至上の価値になってんだ?

意味わからん。

https://tokyo-calendar.jp/article/8285 ?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ニートには図書館は身近でも、なぜ博物館や美術館(この三者は同じものらしい)は敷居高い気がするのは何でだろう?

古代エジプトとか好きだけど、なんか入らないんだよな。

美術館意味が分からない。

博物館はなぁ、意味わかるけど敷居が。

よくわからないぞ。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

図書館はよく利用しても、博物館の意義がよくわからなかったけど、日常生活で美術館や博物館の意義を語ってる人たちに違和感を感じてたのだよね。

ああ、博物館って貴族文化なんだよな。だから博物館に行かない層を見下す知的階級はこれだから理解できないってわかったよ。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

18世紀の貴族文化の呪いは恐ろしいよ。今ですらその18世紀の貴族文化の猿真似をするかってのが女の世界の価値観なのだから。

子供を博物館につれていきたがるやつって何でこう鼻持ちならないような感覚かなって思ったら、やはり貴族文化ですよな、博物館。その違和感わかったぜ。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なぜこいつらはここまで富に飢えてるのか?

大きい家に住んで、世界中のものをコレクションしたいと思う所有欲なんだろうね?

この使い切れない富やコレクションを際限なく所有したいと思うこの精神性こそ彼らの精神文化かも?

シュティルナーもう一回借りてきて読むよ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

欧州貴族の中核にある思想は博物館だね。

これは食料支配などもそれらの延長線上にあるもの。

彼らの発想はほんと女だな。

世界中の物質や文化、自然を全て所有して自分が上になるってマウンティングするという事が行動原理。

世界を全て私物化して支配しないと許せないという性癖。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

経済的に成功して18世紀に華麗な貴族文化を作ってしまったせいで、逆にそこから動けなくなってしまった。

19世紀以降はそれらを大衆化する事をやってきた。

結局18世紀の華麗な宮廷文化と博物館の思想を技術革新で拡張してやってる感じがして新しいことやってないのがなぁ。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

結局、西欧の限界は18世紀の貴族文化を中心としてそれ以降の新しいもの作れないとこにあるんでね?

技術革新で規模を拡大してるけど、やることは変わってない。

博物館と見せびらかしの宮廷文化だけ。

で、なぜそこから動けないかというと、それを特権階級のロールモデルにしてしまったせい
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

日本の漫画やアニメは18世紀に秘密結社が作った秘教の話なんだけどさ。

なぜか西欧でやると鼻持ちならない貴族文化なんだけど、これを日本で加工するとなぜか親近感のあって近づきやすいものになるわけだよね。

これは本当に不思議。だからこそ日本が利用されてるという事でもあるけど。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧の限界は、18世紀の貴族文化を頂点としてそこから動くことができないって事。

基本、18世紀の貴族文化を技術革新で拡張するだけで別の形が作れない。

日本のマンガやアニメはカルトが作ってるとはいえ、別の文化の形を提示してるがゆえに叩かれてるって事があるのかも?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

15世紀から18世紀にかけて形成された宮廷文化にまだ縛られてるよな。

結局、今のホワイトカラーの文化だって18世紀の貴族文化がやっと19世紀半ばに庶民化したものの劣化コピーだしね。

旅行や博物学なども元々は貴族文化の庶民化したものだよ?

それについていけないの当然じゃん。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

誰かが、マナーや宮廷文化なるものはDQNな土着貴族を骨抜きにするためにでっち上げた教会の陰謀とか言ってたな。

その可能性もあるかも?

そもそもテーブルマナーにしても、イタリアからフランスに持ち込まれたナイフとフォークの食事が原型だっけ?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

「ミュージアムの思想」見てたら、西欧の貴族文化なるものは儒教以上の形式主義だな。

この形式主義としての精神文化って、これジョルジュ・デュメジルが言うところの「祭祀史上主義」のアーリアの価値観の変形かな?

それについていけない庶民文化としてのカウンターカルチャーがあるような。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧についてわかったことは、特に上の方に行くと儒教以上の形式主義に見えた。

で、いつもの常ながらそれらの苦しさを緩和させるものが庶民文化にあるけど、それらを輸入しないから日本では西欧の価値観が普及すればするほど苦しくなるわけ。

緩衝材がねーから苦しいわ。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ツイートのツッコミについては間違いもあったから生放送でやるよ。

一旦消した。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ただ、歴史の真相に迫りたいたいだけの素人に神道カルトの洗脳工作とかさ。

この行動原理を見てると、余程真相に迫られるのが嫌で仕方ないのかな?

真実を極端に恐れるこの性癖、やはりやつらと同じ発想してんね?

現場の人は無意識だと思うけどさ。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

陰謀論は対日工作だろ?
これを攻撃したら、被害者面するからね。

自分らが対日工作の加害行為をやってるのに。

まぁ、自分らが加害行為やっててそれに反撃したら被害者面するの耶蘇だな。

ローマ時代からの耶蘇のやり口。

ローマの神々を冒涜しててそれに反発すると被害者面。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

神道カルトの言葉の使い方は陰謀論視聴者をレベルアップさせない。

永遠にお客様状態にする。

それ良くないことだよ。

で、真相に迫りたい人をみんな神道の色眼鏡を押し付ける。

これ指揮取ってんの本当に日本人の発想か?

あまりに動きが北朝鮮のマスゲームみたいなんだよ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

神道カルトさ、本人は意識しないで使ってるだろうけど、言葉の使い方が非常に悪意を持って詭弁で組み立てられてるのがわかる。

東大法話のような独特のレトリックだね。

ここまで陰謀論やる人を依存させて思考停止するためのレトリックを発達させたもんだとほんとビックリするよね。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なえなつさんも、最近レベルアップしてきて考察が冴えてきたね。

アカデミズムのくくりを使うと、神道と違ってリサーチする事で自分で論を建てれるようになるからレベルアップができる。

紐付き陰謀論者のやる事は、ほんま悪意に満ちてて、表現方法や言葉の使い方がとても良くないね。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧のゴミな学術観念もクソだが、せめてみんなが調べられるようにアカデミズムの用語を使おうよ?

なんでも神道のくくりにすると、みんながその情報に依存しないといけなくなるじゃん。

このあたりの親切さがないな、神道カルトは。

陰謀論にしても如何に依存させるか。悪意に満ちてるよ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

結局陰謀論コミュはナチズムで、いんこ真理教に汚染されてるのだったでござる。

こういうの晒すとさ、おいらが悪者にされるけど、こうやって巧妙なカルト謹製嘘を流す加害行為をしたやつは被害者面すんだよね。

てか、世の中の真実に迫りたい人に何で神道イデオロギーを押し付けんの?
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

結局ナチズムですか

こいつ、シュタイナーの思想のコピペ野郎だよな。

アーリア人って、言語学上の仮想民族であくまで便宜的な用語だぞ?

マックス・ミュラーは大慌てで否定したけどな。

西欧の結社謹製の思想に縋るのに愛国心とか。まず愛国心あるなら西欧の結社謹製の思想を捨てろよ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ネアンデルタール人(白人)はルシファー人種ってナチズム?

これからのアクエリアンエイジは、モーゼの呪いから開放されるんだってー

アブラハムの宗教潰すの?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

八咫烏って藤原氏の事だったの?知らなかった!
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
返信先: 松窪 努さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@Federicopanini ひとくくりにされるけど、違う。まぁこいつらがプラトン主義者なのは間違いない事実ですが、かなーり東方の影響を受けてるかと。

東方思想系ギリシャ哲学みたいな。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: 松窪 努さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@Federicopanini 多分ですが、東方の思想をプラトン主義の用語で語ったのでないの?

よくあるじゃないですか。聖書を使いながら別の思想語るみたいな。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

耶蘇教のやった事 

古代末期 哲学の背乗り

大本教などの神道カルトがやった事

アカデミズムの背乗り

歴史は繰り返すんだねー?(笑)
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
返信先: 松窪 努さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@Federicopanini あー関係ないですよ。本人たちはプラトン主義者だけど東方の影響受けてた。

で、近代の学者がプラトン主義をまとめて新たな流れとして新プラトン主義とつけたので。別物と考えてもらえれられば。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

神道カルトは二次創作もしてないからな。

単なるコピペブログだもん。

おまいら同人活動と違法コピーを勘違いしないか?

あ、日本の霊性とか言いながら、中国人だもんな。わりいわりい
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
返信先: 松窪 努さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@Federicopanini いえ。あれ近代の学術用語ですから。シルクロードみたいな観念です。

シルクロードも新プラトン主義も近代の学術用語が一般化してるものがあるので要注意です。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

カントの本は少しだけ読んだけど、これストア学派のパクリではなくてオマージュ認定してもいいのでね?

ちゃんと消化してるからオマージュだよ。

二次創作としては完成度高い同人。

単なるコピペではないから。

で、今の世界連邦はみんなカントのコピペだね。陰謀の中核。
0件の返信 5件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがをリツイートしました

あー新プラトン主義って近代の用語ですよ?古代のその思想の信奉者たちは、カルデアの宗教の影響受けた的な事言ってますので、あくまで新プラトン主義って学術において、プラトン主義の時系列的なくくりですから。 RT https://twitter.com/Federicopanini/status/845123502508142592 …

ねこたさんが追加
このツイートはありません
1件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

神道のアカウントさ、思考がテンプレ化しててよくわかるなー

縄文主義(笑)もフランスあたりが背乗りしてんな。

日本で守りたいものあるやつってさ、その縋ってる思想すらフリーメイソンやイエズス会謹製って所が泣けてくるよな。

自作してない思想に縋るとかどれだけ奴隷根性なん?
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

悪意お疲れ様です。
おまいらの腹の中はよくわかってんよ。

さあさあ、焦燥感が伝わってきたのが見えたぞ。

人に快感を与えるオーラが不快モードに転化したね。

こんなサクラまみれだとはね。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

古事記を聖書にするのは無理があるな?

じゃあ何で、司馬遷の史記は聖書にならんの?

記紀神話って中国の歴史書を手本に書いた史書でないの?

この古事記を聖書にするのアイディアもどーせイエズス会謹製だろ?

全く神道カルトは日本人のアイディアですらない。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

古事記を日本版聖書にしたいやつらの意図がよーわかるなぁ。

このアカウントは、紅卍会の臭いがするぞー?

神道とか言って道教結社の影響とかな。

結局満州閥かい。

おまいらの犯行だろ?

満州閥といえばイエズス会の暗躍とかな。法輪功も似たようなもんだろ?
0件の返信 7件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

聖書古事記同祖論乙。やはり神道カルトかな?何で世界史の秘密に迫ると神道系のアカウントとかブログばかりがヒットすんのよ?

真実に近い情報に迫りたい人にみんな神道というイデオロギーを宣伝してるよね。悪質だよね。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
返信先: 燈火さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@to_moshibi このケルトおじさんの妖精話、宇宙人の元ネタをバラしてくれるから助かりますね(笑)

で、ケルトネタはこいつの創作が結構多いのでは?
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

えーこれフリーメイソンなどの入れ知恵ですか?(笑)

道教結社の理論を神道(笑)とまぜこぜした縄文主義。

みんな!こういうの見たらフリーメイソンの入れ知恵なので気をつけてプロパガンダと情報を分離しようなっ!♡

おっ!神道って密教だったの?(笑)
0件の返信 3件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

前に「日本のために」の人も、まわりにフリーメイソンの知り合いがいると言ってたよ。

てか、これって神道とかそういう家系の人の周りにはメイソンが擦り寄ってくるんでね?

で、変な同祖論とか吹き込んでそうだわ。

そしてネットで西欧の秘教の影響受けた変な言説がはびこるわけよ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なえなつさん、たまに神道系のアカウントで秘教に詳しいものあるけど、あれ確実にメイソンや神道カルトが憑依してるよ?

日本のためになどの、神道の家系の人の周りにはメイソンがすり寄ってくるよ?

だから古代中世と近代の西欧が持ってきたものは区別したが良いと思うよ?でないと罠にハマる。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

なえなつさんがRTしてる「京都の神主」とかもろにフリーメイソンなどが憑依されてる臭い。

で、古代には中東や中央アジアの影響受けてたけど、近代のやつらは疑ったほうがいいよ?なえなつさん。

近代の神道や藤原氏の末裔などの中東秘教ネタは確実にメイソンから吹き込まれてるよ?
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

こうやってコントロールするわけですよな、人の人生も。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
天皇陛下と美知子様の出会いとかバシャールとアスマーの出会いなんて台本だろ
あーそういうことね
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

燈火さん、補足な。
イギリスってところは昔から派遣とかネオリベ臭いものが大好きな国で、普通国家がやることをこいつらは結社にアウトソーシングするの。

まぁ、この国は国家=結社みたいなもんだからな。

だからブラバッキーにしても民間が新しい宗教国策で作ったりするんだぜ?
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

みんあ勘違いしてるけど、結社の本場はドイツだぜ?

ナチスをフロントにしてた老舗オカルト結社はイギリスでなくてドイツだぞ?

各種キリスト教神秘主義もドイツ系が多いよねー。ヤーコプ・ベーメとか。

イギリス=結社ってのはあくまでも近代の見方だよ?
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

やつら欧州貴族はずっと15世紀から教会に代わる権威や文化などを求めてた臭い。

ここが全てのスタート地点なんだよな。

博物館の思想で古代マンセーやりたがるのもそこにあるわけよ。

文化も何もかも支配してた教会に如何になりかわるかってのが行動原理かもな。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

結社の本場はドイツですよ?
イギリスには度々ドイツの思想などがやって来たとか。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
イギリスは魔術結社などが発展した場所でもあります、血筋にも強くておそらく囲ってたアスマーを使いフランス側のアサドと結婚させたと見ることが可能です。アスマーの慈善活動やモデル活動はどちらも西洋チックなものでそれを「薔薇」だの「ダイアナ」「アントワネット」など呼ばせ臭いも…
0件の返信 5件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧は耶蘇教に文化を破壊されたために、中国拳法とか精神文化つきの武術さえないから、元々欧州貴族の遊びだったスポーツを精神文化にしたくさい。

他の地域はそれらの武芸は残ってるからね。

うーん精神文化を欲しがるのは、教会に対抗するためか。ここが中核かもな。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@yoshimichi0409 確かにシルクロード交易で一部は伝わってるのは事実かもですが、やはり大量に流入したのは18世紀まで待たねばならないかと。

西欧の思想のイレギュラーさがやつらの陰謀の中核であるので気になってました。お付き合いありがとうございます。では。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

オリンピックでも、黒人が活躍するようになったら、スキーとかウィンタースポーツでシコシコするし。

フィギュアスケートもスキーのジャンプも日本人選手が活躍したらルール改定したがるし。

このルーツに常に飢えてる精神性ってとこが節操のなさを生み出してるのだろうか?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

最近の研究で、ヨーロッパが古代ギリシャ・ローマの文明を受け継いでないのがバレて来たからな。

黒いアテナとかイスラム起源説とか。地中海文明はむしろ西アジアやエジプトに関係あるのがバレてきたとか。

で、無理になったら北方起源説でアーリア人なんだよな。節操がねぇや(笑)
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

欧州貴族ほど軸のない連中はないもんな。

15世紀からローマ人の末裔の家系図をでっち上げるわ。

「ウリたちはカエサルの子孫ニダ!」とか

最近はインド・イランの宗教を背乗りしたがる。

なぜにこれほどまでにルーツに飢えてるのだろうか?

ギリシャ・ローマは無理あるからイランとか
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@yoshimichi0409 なるほど、中東はバアス党と言い社会主義の残党みたいなのが結構いますね。

クルド人や中央アジアの騎馬民族には女性が強かったりするものもあるので、それらのイスラーム以前の男女平等の宗教がとてもきになっていました。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@yoshimichi0409 あーやっぱり日ユ同祖論みたいなもんですね。

15世紀からこれらの歴史捏造はやってますけど。

ギリシャ・ローマの起源説以上になぜ欧州貴族がインド哲学を自らの精神文化にしたがるのかその感覚がよくわかりません。異文化かぶれでなくてルーツにしますし。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧とギリシャ・ローマの違和感が感じるポイントがわかった。

それは、元々欧州貴族というか西欧には耶蘇教一色だけど文字にされない思想があってさ、たまたま16世紀にギリシャの古典が流入してきたからそれを使って教会に追いやられた自分たちの思想を語ってるのだろうか?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

そもそもさ、ギリシャ文明は西欧が受け継いだフリしてるけどさ、フランシス・ベーコンの思想にしてもてめーら16世紀になるまでギリシャの古典に気楽に触れれる環境でなかったろ?

16世紀のベーコンの思想はやはりその当時からしたら新しいものなのかね?

よくわからない。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@yoshimichi0409 そうなんですか。ありがとうございます。

欧州貴族の先祖がゲルマン人としても、彼らは中央アジアから来たとイランあたりと同祖論をするので彼らの思想の中核がよくわからないのですね。

そこが気になってたりします。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

博物館というか単に学術研究施設として古代ギリシャ・ローマ時代にアレクサンドリア図書館(図書館以外に植物園や動物園や音楽堂もあった)はあったのだけど、これ本当に今の西欧の博物館の思想はここから来てるのかな?  

なんか凄く違うものを感じるのだけど。そこを知りたいのね。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

クローンの思想は北欧あたりの文字にされない精神文化があるのかな?

科学や技術革新で神を見る神秘主義があるくさい。

これ北欧の思想に耶蘇教神学をトッピングしたものだろか?

それこそが欧州貴族の精神文化の中核にあるのかね?博物館の思想以上にさ。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

あ、そうそう。
欧州貴族はゾロアスター教の教義を自らの宗教の中核にしてるけど、「本当に」ゾロアスター教の国教時代のペルシャでやつらの喜ぶ宗教の政策やってたの?

そのあたりがすげー怪しくてさ、アルメニア人の修道士やネストリウス派の修道士側の記録を見ないとよくわからんよ?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

西欧はやっぱ頭おかしいわ。
先祖崇拝にしても、子孫をクローンを作ることで憑依して永遠に生きるとか何ウパニシャッドをパクってるような変な先祖崇拝の精神文化持ってるしな。

子孫を遺伝子操作で改良したクローン作って、洗脳施設で試験管の中で育てるように作るってあれなんなん?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

女性の政治参加をするクルド人ですが、共産党の末裔以上にイスラームではないクルドの伝統宗教に女性教皇というか指導者がいるって本当かな? RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
クルド人女性は昔から美人が多い事で古くから知られている。この兵士らは社会主義を掲げるPKK=クルド労働者党のゲリラ戦士。PKKは単なる部族主義ではなく女性の政治参加を重んじ共同体自体の変革も行いながら独立を目指している。左翼という意味でソ連の後継国露とは相通じる面もある。…
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@yoshimichi0409 どうも。そうなんですか。

ソグド人とクルド人が近くてスラヴもその仲間に入るのですね。

この人ら本当に欧州貴族のご先祖様なのでしょうか?

それにしては顔が違うなと思いますけど。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信先: 黄皇大栄さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

@ououdaiei ほんと意味わからん連中ですよなぁ。

唐の時代に来た耶蘇は中国社会で問題起こさなかったらしいですか。

やっぱ頭おかしいのは西欧だけです。やつらおかしいから、先祖崇拝をクローンを作ることで子孫に憑依する気でいるかも?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月24日

日本で欧米かぶれの精神の中核にあるのは女々しさだったり、なぜか特権階級なのにコンプレックスだったりするね。

耶蘇にかぶれると女々しくなるみたいですよw

これらすべて奴隷根性で、何でここ数十年でここまで精神が卑しくなったか?

背乗りされてる?

気質なんてそう変わらんから。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

クルド人もヨーロッパ人より顔は濃いしな。

クルド人の女性兵士っていわゆる西欧よりも東欧やロシアに近い顔してる。

アーリア人とか言うなら、東欧やロシアが主役のはずなのにな。
2件の返信 9件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

「欧州貴族のご先祖様はソグド人ニダ!」

ってやつか。

でもソグド人の顔はなんかモンゴル人や中央アジア系に見えて所謂ヨーロッパ系には見えないよ。一部ロシア人に見える。

てか、浅黒い肌のソグド人がどうやったら北欧みたいに金髪碧眼になるのか意味わからない。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ソグド人は黒海沿岸のアラン人とも関係あるんだってさー?

今の欧州貴族の一部ご先祖様でね?(笑)

で、ムスリムの商人が台頭するまで東ローマから中国でシルクロード公益を牛耳ってたのはソグド人だったんだよ?

あれー?ソグド人に関してはタブーが多いのは欧州貴族のご先祖様だから?w
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

で、この中国社会に同化したソグド人などを見てると、西欧の思考法の世の中純粋なアーリア人(笑)がいるんでないかというような思考法そのものが、ありのままの現実ではない偏見のフィルターではないか?

西欧の思考法を外していくと全く違う世界が見えてくるから面白いな。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

中国の回族の一部は先祖がソグド人だよ。

彼らはゾロアスター教だったけど、中国社会に溶け込んでゾロアスター教を捨てたか、ムスリムになってしまわれた。

だからさ、西欧のアーリア人(笑)イデオロギーって本当なんかな?といつも疑問で疑問で仕方ないのだけど?
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

もしナチスの言うようにアーリア人(笑)が選民思想持ってたら、なぜ青い目のソグド人は中国社会に溶け込んでしまったのか?

もしアーリア人(笑)の特徴が差別なら、他の中国人を差別して更にゾロアスター教を墨守してる事になりそうだけど、実際は中国社会に溶け込んで一部が回族になった。
0件の返信 6件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

中国のやり方は、異民族は文化汚染と混血によって溶け込ませるってやつな。

白系ロシア人もソグド人(胡人)もユダヤ人も中国化してしまう。

この辺のやり方は東ローマが積極的にパクるようになった手法。

アーリア同祖論で変だと思うのは、何でソグド人は中国に同化したの?
1件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

あと面白いのは、中国はパクリをする場合は堂々とやるので笑える。

色変えただけのくまモンとか、女々しさがないから中国人のパクリはギャグにしか見えない。

やはりこれを見て思うのは、この女々しさがない文明って事は、軸がある揺らがない強国だってことだよ。
0件の返信 8件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

で、韓国だけを馬鹿にできないのは、日本もそういった欧米コンプレックスからの
「イエスもモーゼも日本人ニダ!」ってやってたんだから。

大本教などの神道カルトと同じことを韓国はやってるわけね。

大本教のやってることはほんと韓国のやってることより悪質だもんね。
0件の返信 9件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

あのユダヤ人やアラブ人の旧約聖書の世界そのままで生きるのを見てると、稲田朋美などか盲信する「人類の進化(笑)」ってのが嘘っぱちにしか見えなくてワロス

欧米人の中東コンプレックスがアーリア同祖論に走らせてるのだな。

で、ナチス
「イエス・キリストはアーリア人ニダ!」
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

古代ユダヤの再現VTRでクソワロタのは、イエスの弟子のユダの顔がアルカイダやイスラム国のテロリストにしか見えんかった事だな。

やっぱザ・アラブ人顔は悪役なんだな。

しかもイエスの顔だけ露骨に白人臭くて、欧米の連中のウリナラファンタジーってものがよく見える作品だったでござる。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

西欧は「契約社会(笑)」とか言うくせに、その中東の商業民の契約社会の感性が身体化してない。

いつも日本のキリシタンどもの言ってる「西欧は一神教」「西欧は契約社会」「一神教だから二元論(笑)」という説明にどうも腑に落ちない違和感のようなものをずっと感じてたわけよ。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

古代ユダヤの熱心党ってメンバーの顔かたちも雰囲気も今のイスラム国と大して変わらなかったんではなかったのかね?

ユダヤ人やアラブ人ほど「人類の進化」などとは無縁の世界で生きてる人たちはいない。

未だに旧約聖書そのまんまの感性と世界観の中に生きてるから面白いの。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

今、中国のパクリ問題だって日本もやりまくってたじゃん。

手塚治虫もディズニーのパクリしてたしな。
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

そもそも

ウリたちの起源はアーリア人ニダ!

なんて揶揄されてるネタだって、韓国人が欧州貴族のコピペしただけだし。

戦前は日本人だって同じ事言ってたしな。

半島は関東軍のコピペをしてるだけだよ。
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがMoE用語もとねたをリツイートしました

北欧とゾロアスター教神話の関連性でアーリア同祖論するのかな?

4本の川といえばエデンの園から流れるチグリスユーフラテスその他2本の元ネタかね?

やはり北欧神話とイラン神話がアーリア同祖論の元ネタか。 RT

ねこたさんが追加
MoE用語もとねた @MoE_Origin
【もえようごもとねた】アウズンブラ:北欧神話の「原初の牝牛」その体から流れ出した4本のミルクの川で、原初の巨人ユミルを養ったとされる。アウズンブラという名の意味は諸説あるが、有力な説の一つとして「豊穣を司る、角なしの牛」ではないかと言われている。 #MasterofEpic
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんが石部金吉をリツイートしました

太陽=イエス・キリストって何のコンスタンティヌス帝が信じてた無敵太陽神というイデオロギー何でしょうか?(笑)

こいつは、死ぬ直前まで洗礼受けてなかったのに耶蘇教を太陽信仰として利用しようとしてくっせーやつだなと。で、こいつらの部下がミトラス教の可能性があんなと。 RT

ねこたさんが追加
石部金吉 @kinkichi_ishibe
↓の本はこれだよ~。帰ってから無頭人と岡本太郎関連書籍探したけどあんま持ってなかった。バタイユの眼球譚も持ってたけど余りに怖くて新聞紙に包んで捨てちゃったんだよ…
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

女性の社会進出なるものは企業の奴隷化を進めるためのダメなものだね。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
返信先: 石部金吉さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

@kinkichi_ishibe 是非石部金吉さんにはアジア主義に並行して日本の自然崇拝や老荘思想に背乗りしたケルトなどもdisってくれると嬉しいです。

アジア主義disりは楽しみなので。
1件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

石部金吉さんの保守人脈の分析とアジア主義disりはためになるなー

やはり保守思想って耶蘇教なのかな?と。

あまりにも田舎者には保守思想も天皇崇拝もよそ行きな感じがして。

あと西欧の智だって異教徒にはよそ行きなんだよね。

やはりクリスチャン見てると西欧の智が体に馴染んでる
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

あと、注意点なのが書物としての旧約聖書は新しい可能性があります。

もしかしたら新約聖書が書かれた後に旧約聖書がそれらの内容にあうように編纂された可能性があって、元ネタ本とか似ても似つかないような様々な世界中の神話や伝承を集めて織り込んだ可能性がありますよ。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
じゃあどうすればこの悪魔のような三つの存在に抵抗できるのか?
新しい宗教を作り上げ統制し対抗することにいきついたと
なのでユダヤに紛れたフェニキア人や遊牧民族がもう属性を徹底的に破壊する必要があった、なので神官や哲学者を集め怨念をこめて作り上げたの…
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

その旧約聖書の成立も古くないよ。精々紀元前3世紀頃のプトレマイオス朝下だろうね。だからユダヤ教も新興宗教の可能性あるけど、あれは部族の慣習を宗教にしたものだし。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
そもそも旧約聖書だって意図して編集して作られたもの、ユダヤ教の神官達が自分達の利権維持のために都合よく作り上げたのが旧約聖書だよ、教義薄れちゃ神官ニートできないからね?
だから新約聖書だって同じこと目的があって作られた編集した…
1件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

すまんすまん!
大本教ってコピペ教だったな!(笑)

ほら、中国人も顔負けなパクリ商品をよく出すよな〜

あ、おまえらピュアな日本人(笑)と言ってるくせに中国人だったっけ?(笑)

なんと!大本教は中国のコピペ商品の元ネタだったでござる。

な、なんだって〜!


ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

世界連邦だってストア学派やカントなどのコピペだしな。

カントの本借りてきたよ。

世界連邦にカントが抜けてたのは痛恨の極みであった。

驚くほど大本教がカントのコピペでワロス
0件の返信 8件のリツイート 11 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

戦前の日本とパーレビ王朝時代がよく似てるのは、格差が拡大して食うに困る人が増えてたのにそれらの不満を国王崇拝するようなもので誤魔化してたわけです。

ほんと英米のやる事はどこに行っても同じで笑ってしまいます。

今の安倍のやり方だってパーレビ朝と全然進歩してないもの。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya パーレビ朝時代のイランは米英の傀儡国家の性格が強かったと見るべきでしょう。古代ペルシャ帝国に王制の正統性を求めるなど日本の近代天皇制と共通する処も多々ありますね。実態は西欧の王権神授説に倣った統治をしてたと言えます。
0件の返信 5件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

結局、日本の伝統(笑)だと思ってたものは欧州貴族のやった歴史・民族神話の捏造のコピペであって、背後にあるのは博物学の味方による天然記念物を保護するような伝統主義(笑)がある。

博物学の思想こそが欧州貴族の思想の根底にあるものであって、パーレビ朝は固有性の信仰ですな。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya パーレビ朝時代のイランは米英の傀儡国家の性格が強かったと見るべきでしょう。古代ペルシャ帝国に王制の正統性を求めるなど日本の近代天皇制と共通する処も多々ありますね。実態は西欧の王権神授説に倣った統治をしてたと言えます。
0件の返信 3件のリツイート 5 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

@yoshimichi0409 なるほど。でもイスラム革命を支援してたのもフランスなので、今のフランスがイスラム国を支援するのも不思議な話ですが。

やはり英仏プロレス構造はあると思いますよ?
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

天皇崇拝は欧州貴族のコピペ。
日本の神道カルトはフリーメイソンのコピペ

あー日本の伝統(笑)と鼻息荒く言ってるやつに違和感感じてたけど、こいつら西欧のコピペだからすげー違和感あったわけか!

すげー慧眼だな。桜井啓子先生の本は。
0件の返信 11件のリツイート 9 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

天皇崇拝は日本の伝統でなくて、欧州貴族のコピペな。

だから生長の家などの盲目的な天皇崇拝者に違和感があったのか。

欧州貴族がローマ貴族の末裔(笑)を自称するように、適当にでっち上げたと。

全てが欧州のコピペ。

だから馴染まないような気持ち悪さがあるのかね?
0件の返信 9件のリツイート 11 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

そもそもみんな勘違いしてるけど、天皇崇拝のような王族崇拝は日本の伝統でなく、民族の神話としての王家が古代からの末裔とする歴史捏造は15世紀から欧州貴族がやって来たわけです。教皇の権威に変わって世俗の王の権威を担保するために。

こんなの欧州貴族の歴史のコピペに過ぎない。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya パーレビ朝時代のイランは米英の傀儡国家の性格が強かったと見るべきでしょう。古代ペルシャ帝国に王制の正統性を求めるなど日本の近代天皇制と共通する処も多々ありますね。実態は西欧の王権神授説に倣った統治をしてたと言えます。
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

王族崇拝って生放送でもやったけど、これ日本ではなくてゴリゴリの欧米謹製の思想だしな。

15世紀から民族主義の神話としての王室神話の捏造と王室崇拝が教皇の権力に変わって宣伝されたのだよ?

そう考えるとパーレビ朝の国王崇拝も日本の天皇崇拝も根底となる思想が同じでしょう?(笑)
0件の返信 8件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

それは知らなかったです。
だからこそシリアのアサド政権は狙われたわけですね。

今の英米はバアス党政権が嫌いなようで。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
アサド大統領はムスリムで小宗派アラム派の出身だが基本的に世俗主義のアラブ社会主義の立場にある。欧米の支配から自立し宗派や民族を超え共存共栄する国造りをシリアはして来たので仏の手先では全くない。寧ろ仏はIS等ワッハビ派を支援して政権転覆を計ったのが事実。アサド=仏の手先は…
1件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

流石よーすけさん!
そうなんです。佐藤優って一見啓蒙主義に見せかけて、西欧的な価値観を疑わないし、左翼っぽいからウケがいいのですが、やはり軸は耶蘇なですよね。

佐藤優見てると、西欧の鼻持ちならない傲慢さというものがひしひし見えてます。中田考氏嫌いみたいですが。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya 佐藤優の本、読まれた様ですね。耶蘇教の原理主義者特有の語りには窮屈なものを感じます。一見、啓蒙的な語り口なので左派の間で受けが良いのは確か。只、そこら其処にイスラムを蔑視するなど毒も多いのも事実。参考に読む程度なら問題ないでしょう。


ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

あのイスラム国で殺された後藤を「召命を受けた」と持ち上げてる佐藤優気持ち悪い。

あいつたぶん死んでないし、保険金かけてそれ受け取って暗躍してるんでないの?
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

佐藤優は、イスラム国に殺された後藤を持ち上げてるな。

こいつ安倍のまわりの耶蘇教カルトで中東で胡散臭いことしてたやつらだろ?

こいつらが日本での日蓮宗系のカルトや半島の韓国系キリスト教とヤクザの人脈に繋がるんだよね?

ほんまわかりやすいね。
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

西欧のやる事がゴミなのは、なんでも依存体質を作り出す阿片窟発想だな。

シリアにしても少数派に権力握らせて多数派が独立運動しないようにしたとかね。

少数派は欧米に媚びるしか権力を維持できない。

で、アサド大統領のケツ持ちはフランスで、アサド派は左翼が多いのはわかるよね?
1件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

佐藤優の本読んでると、西欧的な息苦しさにうんざりするなー

わかりやすいけど。

ドイツの神学とか窮屈さが半端ねえもん。

こんな西欧の詭弁的な価値観についていけない人たちがイスラム国などに行きたがるのよくわかるよ。

この人左翼なんだけど、西欧かぶれは気取ってるからな。
1件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

佐藤優の本を読んでたら、プロテスタントの人の根底にあるのはイスラム嫌いなわけで、過去のユダヤ嫌いが化けたものだと思う。

だから創価学会におもねる佐藤優と、ユダヤ陰謀論叩きをする工作員どもは思想か同じなわけ。

恐らくそれらの日蓮宗やキリスト教原理主義勢力が暗躍してるよ。
0件の返信 6件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

何で西欧って聖書原理とか言いながら、中東の感性とこれほどまでにかけ離れてるのだろうね。

あのアラブ的な泥臭さがない。

なんか聖書の世界観をストレートに理解するなら、中東を見てから聖書読むと腑に落ちるのに、あのネット上の聖書解釈は聖書原理と言いながらアラブのセンスがない。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月23日

この本見てると、西欧の価値観ってものが中東人の感性からかけ離れたものだってよーわかった。

ゼロからわかるキリスト教
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

アメリカに移住したレバノンやパレスチナやエジプトのクリスチャンは、西欧人よりもユダヤ人に親近感を持つらしい。

これは草が生える。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西アジアの連中はユダヤ人顔負けのズルさがあるよな。

アルメニア人とかギリシャ人も負けていない。

で、ユダヤ人に限らずにムスリムもクリスチャンもユダヤ人のような生活習慣と部族社会を保持してるからな。

中東は本当に面白いな。

西欧が全く別世界に見える。
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧って理想主義の綺麗事のお花畑的なお馬鹿さがあるんだよな。

それに比べるとギリシャとかとにかくしたたかで抜け目ない。思想はアーリアなのに。

東ローマとか、ユダヤも顔負けなズルさで有名だった。

このあたりの現実主義の感覚、西アジアなんだよなー西欧ではない。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ローマ人ももっと質実剛健なんだよなー

なんか共和制末期のローマの文献とか見てたら、西欧と根本的に価値観違うくねーか?と思う。

ローマ人って西アジアみたいにもっと直截的に考える。

あんな形式主義で頭のくらくらするような西欧のような思考あんましないんだよね。
0件の返信 6件のリツイート 4 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

@yoshimichi0409 どうも、この西欧の特徴はケルトの習慣らしいです。

アーサー王物語のように王家のみならず、庶民も他の家に出すことはよくあったようで。

修道院の教育などもあり、子供を他人に丸投げする事に抵抗感がないみたいですね。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

欧州貴族の形式主義の強迫観念は、儒教以上の形式主義だから恐れ入る。

これは儀式至上主義のアーリア人(笑)の特徴だー!

とジョルジュ・デュメジルあたりの思想引用してシコシコするんかね?

西欧ってギリシャ哲学はやはりよそ行きの価値観だと「ミュージアムの思想」見てよくわかった。
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

神道カルトの思想の多くはカントが元ネタかよ。西欧かぶれの馬鹿はさっさと死んでほしいわ。 RT

永遠平和のために (岩波文庫)
0件の返信 6件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

大衆嫌悪の価値観が根底にあるからこそ家庭破壊が推進されるわけですね。

一般人のつつましい普通の暮らしは付加価値のないから奴隷的な価値でかまわないという観念が奴隷化を邁進してますね。

常に進化して凄くあり続けないと生存権まで否定されるって感じでこまったものです。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya 構いませんよ。大衆嫌悪の強迫観念で社会を運営するから多くの人々が不幸になる訳ですね。日本の学校や企業社会が典型でしょう。意味不明な規則で雁字搦めにし去勢してしまう。その結果、奴隷的な主体性を持つ者ばかりが増え社会の不活性化に繋がってるのは事実でしょう。
1件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

この西欧の特権階級によくある性癖である、子供を全寮制学校に早くから放り込む事がよくわからないのです。

西欧の血筋至上主義は凄まじいのに、自分は子育てしないのが謎で。

また遺伝子操作で親のクローンを作りたがるSF映画の宇宙人のような気持ち悪さが不気味で仕方ないです。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya 子供を早くから寄宿舎に入れたりするのも家族的部族的な共同性を否定する発想に基因してると言えます。よく子供が寝てる側で両親がセックスするのは虐待に当たるとか訳に分からぬ理屈を西欧の識者は言いますね。人間生活に対する憎悪が無ければあり得ぬ発想です。
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

やつらは、異常なまでに血筋にこだわるのに、子供は自分で育てないで他人に丸投げしますね。

よく西欧の血筋主義とアラブなどの氏族社会は同じような印象操作がされますが、家族から離れて一人暮らしする事を頭おかしいように考える氏族社会とは本当に正反対なものではないですか? RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya 子供を早くから寄宿舎に入れたりするのも家族的部族的な共同性を否定する発想に基因してると言えます。よく子供が寝てる側で両親がセックスするのは虐待に当たるとか訳に分からぬ理屈を西欧の識者は言いますね。人間生活に対する憎悪が無ければあり得ぬ発想です。
1件の返信 3件のリツイート 0 いいね
返信先: よーすけさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

@yoshimichi0409 おはようございます。本当にそーなんです。ママ友の価値感は本当に西欧の支配者のそれですね。

試験管の中でホムンクルスを作るように外部の不純物とは全く隔離した純粋培養の子育てをします。
 
日本に情がなくなってるのもお嬢様の子育てのせいかも?
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

何回も引用RTすみません。感動したもので。

西欧の特権階級の根底にある思想は、とにかく泥臭い大衆とは違う洗練されたお上品なもので雁字搦めにしないといけないという、物凄い強迫観念を含んだ形式主義が凄まじいのですね。

それがあるから多くの人が不幸になる社会が生まれるわけで。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
あるがままの人間生活に対する嫌悪感が西欧の支配層に存在するのは確か。西欧貴族層には古くから一種独特の大衆嫌悪の伝統がある。英国などで見られる階級社会は其れ抜きにあり得ない。 https://twitter.com/lakudagoya/status/844585027916591104 …
1件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

西欧の特権階級は、大衆は自力で何もできないし、徳を獲得することもできないという強固な思い込みに囚われてますね。

だから2500年前の中国の政治思想にすら未だにたどり着いてないわけで。

この思い込みから来る貴族崇拝って日本人には本当に意味わからないもののひとつです。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
あるがままの人間生活に対する嫌悪感が西欧の支配層に存在するのは確か。西欧貴族層には古くから一種独特の大衆嫌悪の伝統がある。英国などで見られる階級社会は其れ抜きにあり得ない。 https://twitter.com/lakudagoya/status/844585027916591104 …
1件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

やつらの性癖は、世界中の物質や文化を所有したがる所有欲と大衆嫌悪というものが根底にあると思われます。

日本のお嬢様教育受けたママ友も、行動原理がヤンキーと違う存在になるために、幼稚園に入る前から子供を努力させてるように見えます。

そこは本当に慧眼でした。ありがとう。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
あるがままの人間生活に対する嫌悪感が西欧の支配層に存在するのは確か。西欧貴族層には古くから一種独特の大衆嫌悪の伝統がある。英国などで見られる階級社会は其れ抜きにあり得ない。 https://twitter.com/lakudagoya/status/844585027916591104 …
0件の返信 6件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

よーすけさんうまい!
西欧の特権階級は、アラブの部族社会のような泥臭く生きる大衆から如何に離れた生活文化を作るか?という事に物凄い心血を注いできたわけです。

その大衆嫌悪の精神がママ友にも受け継がれてて泥臭い生活から離れた神の如きものにならないといけないという性癖がある。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
あるがままの人間生活に対する嫌悪感が西欧の支配層に存在するのは確か。西欧貴族層には古くから一種独特の大衆嫌悪の伝統がある。英国などで見られる階級社会は其れ抜きにあり得ない。 https://twitter.com/lakudagoya/status/844585027916591104 …
1件の返信 7件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

二回も投稿に失敗したよ!

イエズス会は、同性愛OK、女性聖職者解禁予定、科学肯定と過度に急進的で知られてます。カソリックの中で軍隊色が強いのも特徴。

前法王(保守派)がネット嫌いで、現法王(イエズス会)がネット肯定派なのが実にわかりやすいやつらだなと(笑) RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108

イエズス会のような
科学肯定のカトリック改革派が
完全に支配権を持ったということだ…
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

徹底的に日本は何かに依存しないといけないシステムになってるよ!

しかもこの国は特権階級ですら骨の髄まで自立心がない。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
って思うと
日本って独立心をくじくシステムになってるよね
一度転ぶと立ち上がれないようになってる
なーるほーどねー…
1件の返信 6件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

恒例の春分の日の生贄殺人事故また起きたか。
 
よりによってスイスとはね。

おいらが言ったよね?

悪の魔導師さん春分おめでとうございます!

でもテロは勘弁してね!と。

こんなド直球で来られたらやつらを叩かないとな!
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

修道院ってクルドやアフガンのような土地に根ざしたDQNを作らないためにあるのだな。

断種して根無し草にしておけば、自らの自由を守るために戦うとかしないからな。

やつらにとって都合のいい奴隷ができる。

やつらはなんでも中央集権でないと許せない性癖があるみたい。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

修道院って男を断種するためのシステムだよな。

賢い男に子供を残させない。

西欧はこれを繰り返してきたから馬鹿になったのかね?

修道院って所は男を断種して、国家という特権階級のために奴隷にするためにあるんだね。

悪質な仕組みだよ。
0件の返信 6件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

人類愛みたいなのは、極めて根無し草的な価値観だよね。

あ、軍隊に入るのってある種の出家だからな。

あそこまで西欧が生活管理や思想管理をしたがる性癖も修道院文化だね。

これトヨタなどもそうで、やつらの性癖をそのまま受け継いでるわけよ。

修道院文化は移動しない。
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

そもそも砂漠の水や食料などが限られたオアシス都市で、軍隊などの無駄飯食いを置いておくゆとりはない。

あの右翼によくある軍国主義馬鹿などは、極めて西欧的な価値観と言えるな。

自衛隊だって、根無し草を前提としてるもんな、アルカイダ・スタイルのような家族つきのものではない。
0件の返信 2件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧 根無し草思想(そのくせ血筋主義)

中東 部族社会(氏族社会は血筋主義に見えて一夫多妻で離婚も認められてるので西欧のような限定的な血筋崇拝はない)

あと西欧は騎士道(笑)とか言うけど、部族社会って成人男性はみな戦士だから。だから軍人が特権階級化しないんだよ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

カソリックの神父があそこまで女々しい顔をしてるけど、アラブの族長は実に男らしい顔してる。

修道院に入る根無し草になった男は断種された宦官だよな。

アフガンやクルドなどのDQN度が高い軍閥はそんな宦官みたいな発想しないもの。

非常に男らしいわけよ。
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

これはアフリカには通用しても、DQN度が高いアフガンやクルドなどにはあまり通用しないですね。

やつらあまりにも独立心が強すぎる。

耶蘇教のやってるやり方見てると、独立心の強い誇り高い部族を、母親が息子をダメにするかのように援助で依存体質にして骨抜きにするんですよね。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
部族社会が嫌いだから
アフリカが徹底的に骨抜きにされてるんだよね
まず途上国というレッテルを貼って
援助漬けにして自立心を破壊し支配層を背乗りして…
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

なえなつさん、フェニキア人はあまりにも悪だから、アンチ・ユダヤシステムが良いかも?

フェニキア人の評判はとても悪くてあいつら人さらいで生贄ですよ。
1件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

やつら徹底してるのは、知識と力(武力)を得るためには、かならず修道院のような根無し草施設に入って洗脳されなければいけないとしてるのは、クルドやアフガンなどの土地に根ざした軍閥化を防止するためでしょう?

あとアルカイダ・スタイルだと真っ先に安倍みたいなのは暗殺されるけら。 RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
核心ついてますね
かならず軍隊は根無し草ではなくてはならない
これも一種の骨抜き体制なのでしょうね RT https://twitter.com/lakudagoya/status/844577776724193280 …
0件の返信 4件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

もしアルカイダ・スタイルの軍隊を容認したら、クルドやアフガンなどの軍閥みたいな地方の独立国家になるので、それやると特権階級のために生贄になってくれない、領域国民国家を否定する事になるからアルカイダ・スタイルの根無し草でない軍隊は忌避されるのでしょうね? RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
核心ついてますね
かならず軍隊は根無し草ではなくてはならない
これも一種の骨抜き体制なのでしょうね RT https://twitter.com/lakudagoya/status/844577776724193280 …
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

で「良きサマリア人」ってなんだろうね?

サマリア人って今でもイスラエルにいるけどこいつらユダヤ人disり勢力だぞ?

あれー?ここでもユダヤ人disり勢力が素晴らしい人の典型として出されてる。

あんまりにも怪しくないか?新約聖書。

そして新約聖書はユダヤ属州の人はほぼ読めん
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

これは文献にも書いてあるけれども、スキピオが戦ったハンニバルの軍隊の構成員はケルト人傭兵な。

この時代からフェニキアとケルトの蜜月関係あるのではないか?

フェニキア人はギリシャの神殿も押さえていた。

だからドルイド教圏も抑えていた可能性あると考えて自然だろ?
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

じゃ、何で新約聖書は反ユダヤ主義が展開されてるのか?

そりゃ、当然だよ。

あれシールズと同じでローマに歯向かうバル・コクバみたいなDQN過ぎるユダヤ人を骨抜きにするために愛と平和のイエスで、ユダヤが悪いローマ帝国悪くないという思想に誘導したのではないかね?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこねこさん、ここでブログの記事に対して返礼とさせてもらいました。

地中海のユダヤ=フェニキアの血族的な商業ネットワークを潰すために、ユダヤ人の下層民を扇動してローマ帝国の御用学派の思想に洗脳しようとした。

なぜ新約聖書のパウロ書簡がセネカの書簡と同じスタイルなの?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ここで、おねショタおじさんの「イスラエル=カルタゴ説」が火を吹くな。

イスラエルの12士族=フェニキアの主要な植民都市とするならば。

その地中海全域に張り巡らされてたフェニキア人の血族的な商業ネットワークの利権を潰してきたのはローマなんだ。

そのトドメが新約聖書だったろうよ
0件の返信 2件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

これで見えてきたな。
ローマ帝国は、フェニキアに関連のあった土地を軍事征服してる。

何のためにそれをやったか?

それは、フェニキアの血族的な商業ネットワークを潰すためだった。

部族社会の商業ネットワークこそユダヤの力の源泉としたならば、それを否定するのは当然だね。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

しかし、耶蘇教はここまで真っ向からユダヤの部族社会に喧嘩売ってる価値観はないな。

ねこねこさん、きっとフェニキア人の商業ネットワークは部族社会的なネットワークでなかったの?

それを潰すために下層のユダヤ人を取り込んだ耶蘇教というものをユダヤ教からの派生としてでっち上げた。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

もっと東ローマが頑張ってくれたら、こんなつまらない西方耶蘇教の修道院文化で世界中が汚染されることもなかったでよ。

あまりに日本社会で当たり前となったものが、東方教会エリアでは当たり前でなかったということがかなりカルチャーショックを受けたわけ。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

そもそも、東方教会の修道院は世俗から隔絶されたものだし。カッパドキアやアトスとかすげー辺鄙な土地にあるよな。

やはり、西欧の企業や学校のような時間管理やトップダウンはベネディクト会の修道規則がベースでないかな?

ベネディクト会はもっと叩かれていいんでないのかね?
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

東方教会の修道院はまた違う思想があるんだよね。

アトスやメテオラなどの修道院に行った人の本かブログで書いてあったのが、修道院長を中心とするトップダウンではあるけど、今の企業の元になった西方のベネディクト会のような時間管理や規則みたいなのあんまない自主的な要素があるくさい。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

結局、西方の耶蘇は世俗化しても修道院文化から抜けられないのさ。

学校も病院も軍隊も企業も修道院。

こいつらには中央集権のトップダウンの思想しかない。

だから、アルカイダ・スタイルのラフな格好で戦う軍隊とか絶対にないわけ。

おいらはアルカイダ・スタイルが好きだがね。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ユダヤ教徒の超正統派が子沢山でイスラエルのユダヤ人人口がそのうち超正統派で占領されてしまうらしいけど、この人ら非常にアブラハムの宗教としては正しい人たちなわけで。

この人たち見てると、あまりに西欧がイレギュラーで異質のものにしか見えないわけ。あの気持ち悪さの根源はなんだろう?
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧の価値観の根底にあるものはね、全てが人為的な反自然なもの。

ここまで意図的に悪や嘘を蔓延らせるにしたって、金を流して紐付きを飼っておかねばならない。

ニャンゲンを弱らせる食べ物にしても、常に毒を盛るシステムが稼働してないといけない。

チューブに繋がれた老人みたいな反自然
0件の返信 1件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

何でこんなに耶蘇教ってアラブの要素がないのかな?

あのお花畑的な西欧の理想主義はズルいユダヤ人にはウケないのだもの。

そもそも独身主義が神聖とか、氏族社会では絶対に肯定されない価値観だもの。

トルコとか結婚しない男はゴミのように扱われるとかそんなんでないの?
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

補足しますが、ムスリムはイエスが処女から生まれたことを否定はしないみたいですが、古代ユダヤの当時、仮に本当に処女から生まれたとしても、どう考えても不貞の子扱いしかされずに、部族社会の中で爪弾きになると思われます。

設定があまりにユダヤ人ウケしないんだよ。そこが謎なんだ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

汝の敵を愛せって、ローマ帝国を愛せって事かな?

これ部族社会では絶対にありえないよ!アラブの部族とか見てると恨みは末代まで忘れない奴らだぞ?

「カエサルのものはカエサルに返しなさい」

そもそも宗教=生活のユダヤ人に聖と俗をわける感性はあまりない。

あまりに謎が!
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

そもそもイエスの「処女から生まれた救世主」という設定そのものが、ユダヤの部族社会を否定する意図が見えるんだよね。

この感性、西欧の視点にどっぷり浸ってるとわからないけど、中東の部族社会のものの見方からすると、イエスの言ってることはあまりに部族社会ではダメな事ばかりだよ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

そもそも、処女から生まれた救世主という観念は、その当時ここまでユダヤの部族社会に喧嘩売ってる観念ないぞ?(笑)

ユダヤ人のような移動する人たちは土地に根付かないから、血族の繋がりだけが地縁のようなものでこれを失えば頼るものがなくなるから、絶対に不貞は許されないわけ。
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

イスラーム型のNWOが強いのは、社会秩序が乱れたらますます仲間が自動的に増える事だね。

フェミなどが暴れて社会秩序が乱れると女子供を守れなくなるから、イスラーム的な価値観が普及する。

いやぁ、ここまで完成された社会システムなんだね。

やつらのNWOは非効率に見えるw
0件の返信 4件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

いやー日本人に憎しみを持つ連中の態度はまるで遊戯王のリバースカードみたいだなw

ずっと伏せてる間はニコニコだが、発動すると一気に必死で敵意むき出しになんだよなー

あーわかりやすいねー

本当にリトマス試験紙のような連中だなw

ほのめかしは忘れないんだね。ご苦労な事だよ。
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧のような人口増加を嫌う思想からは、ラマダンで一ヶ月ただで貧乏人食べ放題のような価値観は生まれないね。

なぜにここまで西欧はユダヤやイスラームなどのアラブの価値観と全く違う思想してるのか?

てか全くの正反対に作られてるところが草なんだか。

そこまたやりたいでよ?
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

アブラハムの宗教って、本当は子孫繁栄を肯定してるのに、西方の耶蘇だけ何であんなに子孫繁栄嫌いなのか?

あまりにユダヤ教の価値観を否定してるぞ?

ユダヤ教徒の超正統派は人口増加してるけど、それは聖書に従った生き方してたらそうなるわな。 

で、何でそこから人口増加思想が?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧が科学技術というか戦争や破壊のための技術のみを磨いてきたのは、人口増加で増え続ける連中を一発逆転するには、エヴァに出てきたあれのように一気に地球上を消し去る技術が必要だから。

そもそも、チャールズ皇太子の語録にあるような子孫繁栄を憎む価値観が根底にあると思う。
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

西欧のSFのような理想の根底にあるものは、部族社会のような泥臭いけれども普通のニャンゲンの営みそのものを嫌ってる所がスタートのような気がする。

このアンチ泥臭い生活、アンチ部族社会という思想があって、それを実現するために科学技術を発展させるって感じがする。結社見てると。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

何で西欧の発想はこんなにクネクネとした理解不能な迷信的な思考なのかね?

SFのような管理社会ってメンテナンスできなくなったら一気に崩れるけど、イスラームを使ったNWOはニャンゲンの原始的な営みなので、絶対に崩れないぞ。天変地異が起こっても子沢山なら生き残る可能性も高いしな。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

世界で一番わかりやすい陰謀論があるとしたら、イスラム教徒の陰謀論だな。

世界中にイスラーム商業圏を広げて世界中をイスラーム化するの。ムスリムは子沢山だからあっという間に人口増加で世界を取れるよ。

なぜに西欧型のNWOはこんなにわかりやすさがないクネクネした発想なんだろね?
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

フランスの絶対王政のアイディアを持ってきたトマーゾ・カンパネラはユートピア文学書いてるけど、こいつの絶対王政論はペルシャのパクリという説がある。

ルイ14世は「太陽王」と言われたけど、こんな異教かぶれのカンパネラの影響受けてたことをpさんはどう考えておられるのかな?(笑)
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

SFによく出てくる社会ってユートピア文学の焼き直しだもんな。

西欧が大好きな中央集権管理社会って部族社会のアラブ人が一番嫌いなものではないか。

この中央集権管理社会ってユダヤやアラブではなくて、やはりペルシャなどのアーリア思想を改悪してるのかな?絶対王政もペルシャのパクリだし
0件の返信 6件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

古代ユダヤの部族共産制もオマーンの集落みたいなものだったのな。

部族社会では、少ない水と食料を分け合って暮らすために族長が公平に分配するの。

この部族共産制とユートピア文学にあるような中央集権的な国家ととてもじゃないが似てるとは言い難い。発想が根本的に違うというか。
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

そもそもソ連のような中央集権の共産制度とオマーンやアルジェリアなどのごく一部の集落にある少ない水と食料を分け合って暮らす部族共産制って同じものなのか?

博物館の思想を持つユートピア文学の理想国家はとてもじゃないが、オマーンなどの部族共産制と同じには見えないわけよ。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

徴兵制にしても、イスラム国の戦士のスタイルじゃだめなのかな?
 
アルカイダ方式とか。

何で軍隊は修道院のようでないとダメなのかな?

古代ユダヤの戦士もアルカイダスタイルだよ?

まぁ、これやると安倍とか稲田朋美は真っ先に暗殺されそうでなので絶対にやらないな。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

お!蜂の巣をつついたみたいだな。おいらは。

昨日のリバースカードオープンのような悪意剥き出しは面白かったぞ?
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

西欧の常に修道院や刑務所などの人間を檻の中に閉じ込めたがる性癖がありますね。

軍隊にしてもラフな格好で戦うイスラム国の戦士などと違って修道院=軍隊の思想が強すぎるかも?

軍隊を修道院化しないと、安倍や稲田朋美のようなのは速攻で暗殺されそうですが。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
近代の刑務所や学校制度は修道院をモデルに設計されているのは確か。根無し草的人間を育成する事で賃金奴隷として働かせ易くする目的が当初からあったと言える。所謂パノプティコンである。イジメが横行したり、学校以外に行き場のない子供がイジメで自死する程脆弱化するのもこの仕組み…
1件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

生放送でもやりましたが、耶蘇にかぶれると独占欲や支配欲などが強くなるようです。

博物館の思想はやつらの世界を全部自分のものにしたい願望で、これは食物支配などにもつながってくるようです。

欧州貴族500年の世界を所有したい文化は博物館思想にあるようで。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
女々しいというより我欲が強すぎるというべき。人が抱く欲望など所詮限られたものでしかない。同胞が衣食住に困らず安心して暮らせれば良い訳で其れを保障するのが国家の役目であるはず。自国民から収奪し私腹を肥やす輩が蔓延るのはエリート層が常に劣等感に苛まれてるからだと思われる。…
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月22日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

西欧のNWOには、ソ連時代やSFのような中央集権管理社会でカースト制度敷かれてて住民は移動する自由もないってのがスタンダードですよね。

やつらのルーツが遊牧民とか言うならば、なぜこんな封建国家の発想から抜け出せないのか謎です。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
ユダヤとイスラムは同じ中東から発生した宗教共同体と捉えると分かり易い。世界観も両者は近いと言える。どちらも商業に長け移動する人々であるのは確か。島国的世界に生きる農耕民族には理解し難い面もあると言える。 https://twitter.com/kikuchi_8/status/844318841932935168 …
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

鹿目まどかって何でピンク色の紙してんの?

それは薔薇色だからさ。

で、鹿は死と再生のシンボル、薔薇は秘密。薔薇十字団の陰謀!

By イエズス会プロデュース!ってやつかw
1件の返信 3件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ほのめかしこええぇ!
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ヒラノくん、うまいコメントができなくてすまないです。 

ロジックがたまにおかしくなりますので、気をつけますね。

考えてるうちにコメントできなくなりすまないです。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

毎日生放送頑張ってるのであまりツイートそのものは減らしたい。  

あまりに誤解を生むことが多いので、生放送で話を聞いてもらったほうが早いかな?

誤解されまくりはそろそろ疲れてきたからツイートではなくて生放送主体で行きたい。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ねこたさんがバステルカラーをリツイートしました

ぬ?丸に十字のミトラさん? RT

ねこたさんが追加
バステルカラー @the_tohu1211
#けものフレンズ考察班
#けものフレンズ
アプリの方にも黒セルリアンはいたんだな
普通のより強めでなんかやばいやつ(適当)
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

カリフ制と魔法少女

とかやりたいで。

領域国民国家に囚われない魔法少女
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

みなさま生放送主張ありがとうございました!
また楽しみにしといてねん!
0件の返信 2件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
「お嬢様と果たすべき義務について」 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
311自作自演テロとストア学派の終末論 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
「組織は背乗りされやすい」 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
「やつらの世界征服思想と博物館」陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
共産主義ってユダヤの陰謀なの? 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回 陰謀論のお茶の間
何でも盗んできて起源主張する欧州貴族(笑) http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
偽日本人の根拠がミュージアムの思想 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
「ミュージアムの思想」読み上げてます。 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回
「ミュージアムの思想」読み上げるよ 陰謀論のお茶の間 http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

朗読会第五回 陰謀論のお茶の間
やってます! http://live.fc2.com/7179598/
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

FC2ライブで 20時51分から 放送開始しました http://live.fc2.com/7179598/?t #fc2live
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

よし朗読会のタイトル画像できたぞ。開演はまだまって。
もう少しで開演するよ!
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

工作員って騙す事が目的なんだから、こんなん貧弱な環境では騙す事もままないでそ?w

綺麗な映像、クリアなサウンド、ボイトレ、池上なみのわかりやすい解説でないと騙せないぞ?w
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

大体工作員なら200kbpsの速度規制中に生放送(笑)とかするわけねーだろ?w
光回線ぐらい引いてそうだぞ?w

速度規制つうよりデータ150Mくらいあまってるけどさ、すぐ使い切るからね。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

家族のスマホがデータの使いすぎでテザリング規制を食らってるでござる。
だから今日も速度規制中生放送なんていうゴミな環境ですw
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
返信先: 燈火さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@to_moshibi あー青い血ってのは血管で、肌の浅黒いムスリムのスペイン人に比べると青い血管が透けて見える事を誇りにしたとか。

欧州貴族ってぬめっとした気持ち悪くて酷薄な顔の人がいますね。あれがどこが良いのかわからんです。
1件の返信 1件のリツイート 3 いいね
返信先: Destyさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@PleiaDesty すまないです。いつかYou Tubeアップロードします。

回線がうんこなので暫く時間もらいます。すみません。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
返信先: 亡国のプティラノドンさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@dhtdhtdhtdht 時間があえばどうぞです。準備しますね。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ねこたさんが石部金吉をリツイートしました

ついでにスピ系死ねとdisってるのがウケました。いつの時代もスピ系否定派はウケないもんだなとw

で、イルミちゃんのメンバーにセネカくんの本を勧めてていて草w

ねこたさんが追加
石部金吉 @kinkichi_ishibe
思考で真理を捉えようとするアダム・ヴァイスハウプト先生「世の中が合理主義で動かないのはおかしい。合法的に合理主義で動く世の中にできないなら革命で潰してしまえ!!理性、理性、理性!理性万歳」そんな本です。
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
返信先: 亡国のプティラノドンさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@dhtdhtdhtdht 大急ぎで全部読みましたが良かったですよ。

博物館という思想と、やつらがブランド品を集めるかのごとく世界中の文化を集めたがる性癖や耶蘇教なのに贅沢文化のルーツとかとても良い本でした。今日はこれを朗読しようと思います。ありがとう。
1件の返信 2件のリツイート 4 いいね
返信先: 燈火さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@to_moshibi @japan19890108 横から失礼。もしくは、欧州貴族のルーツは中央アジアでと言いたいかも?

黒海沿岸に近いところに住む人たちは近親婚をしていた人たちがいたみたいで。

この起源説をほのめかしてますしね。
1件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@dhtdhtdhtdht プティラノドンさんこんにちわ。「ミュージアムの思想」読みましたがすごくいいほんですね。
1件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ねこたさんが燈火をリツイートしました

近親婚を繰り返してた欧州貴族はそれを正当化する教義が耶蘇教にないとわかると、ゾロアスター教から引っ張って来て自らの教義にしたというわけですな。

ゾロアスター教よ近親婚の推奨とカースト制度の正当化こそ彼らの理想の教義だと思ったのではないか? RT

ねこたさんが追加
燈火 @to_moshibi
ブルーブラッドが高貴なる血を意味するという背景には、このような近親婚を繰り返すことの正当化もありそうですね。

欧州の王族や貴族など上位側は血統を重視し、同格の家系同士で結婚す…
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

領域国民国家にとらわれない魔法少女これな。

領域国民国家に囚われない魔法少女とカリフ制の復興について考えてみる。

ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団 飛翔!<ノーブルウィッチーズ> (角川スニーカー文庫)
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

領域国民国家(中田考用語)に縛られない、魔法少女ってこれドルイダスでないの?

古代ケルト社会では、部族を越えて移動できるのはドルイドだけだったんだよ?

グランクレスト戦記 1 (ヤングアニマルコミックス)
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

そもそもさ、一般人が領域国民国家に縛られてるのに、聖職者や王侯貴族だけが移動の自由があるのはあれケルトなどのドルイド教社会だよ?

後の中世ヨーロッパ社会になるけど。

領域国民国家に縛られないのは特権階級だけって発想が現代もグローバル社会(笑)では徹底されてないか?
0件の返信 6件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ちょっと待ってよ!

SF映画で展開されるNWOの理想は、強固なカースト制度が敷かれてて住民は移動の自由がないの。

そして下のカーストは徹底的に人間扱いされない。

で、この発想とさ、ラマダン一ヶ月食べ放題の発想と比較してみると、全く真逆の価値観だとわかるんだけど?
0件の返信 5件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

例えばラマダンにしてもだよ、食べ物にありつけない人が沢山いる中世において、丸々一ヶ月貧乏人が食べ放題ってのは物凄く魅力的な事なわけよ。

中世ヨーロッパではしょっちゅう農民が餓死してたからね?

西欧のやりたいNWOって中世ヨーロッパ社会の再来ではないのかね?
0件の返信 7件のリツイート 8 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

もしNWOとして成功させたいなら、イスラーム圏の拡大によるNWOのほうが成功するよ。

だって、異教徒も改宗によってビジネスチャンスの拡大と教育による社会的上昇というものが開かれてるのだから。

それに比べると、SF社会のようなNWOって庶民から搾取する事しか考えてない。
0件の返信 7件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

西欧のNWOってさ、理想はSFのような社会だろ?

琉球王国のような庶民が移動の自由がない所に閉じ込めててさ、強固なカースト制度で隔離されて暮してるの。

これは一般人が気軽に移動するイスラーム型のNWOとは違うよね?

西欧だと移動するのは特権階級だけだけど、中東そうでない。
0件の返信 7件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

イスラム国の人ら見てみ? 
こいつらは、イスラム国で出稼ぎに行くために簡単に移動する。

今でさえ、イスラム世界の人たちはイスラム世界ならどこでもビジネスチャンスを目指して移動するわけ。

これは燈火さんの書いてる、琉球王国の移動制限とは真逆の発想だよね?
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

西欧のNWOってすげー下手くそだよな。

発想がグロテスクなだけで、イスラム商業圏の拡大による商業の活性化と人口増加のようなシンプルな強力さがないのはどういうわけだ?

西欧のNWOってイスラム商業圏の拡大とは真逆ではあるよね?

だってこちらは移動する事が前提だし。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ほんと世界征服を考えるならば、世界中のシンボリズムを切りそろえて無理矢理太陽信仰で統合するより、全世界にイスラム商業圏の拡大と人口増加で仲間を増やしていったほうが世界征服としてはこんなシンプルでわかりやすいものはないわな。

そう考えると西欧のNWO下手くそ過ぎるぞ!
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

イスラエルにいる超正統派はアメリカなどの西欧よりもイランとかに住んでたほうが過ごしやすいだろうな。

だから、ストレートにユダヤ的な価値観の普及ならば、全世界のイスラーム化。特に中田考氏の目指してるカリフ制の復興のほうがユダヤの世界征服と考えるならばごく自然な無理しない考え方だ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

自然に考えればだよ?
ユダヤ教徒の世界征服と考えるならば、ユダヤによく似た宗教であるイスラームを作って世界中をイスラーム化するほうが、ユダヤの価値観が世界中に広がるのではないか?

そのイスラム商業圏の中ではユダヤ人は悠々と金儲けできるしな。

そこの考察路線はなしかな?
0件の返信 5件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

ユダヤ教徒の超正統派は、隣に女性が座っただけで大騒ぎ。

超正統派のシナゴーグは男性の席と女性の席がわかれてる。

これはムスリムも同じなんだよね。

もしユダヤが世界征服企んでるならイスラム社会みたいになるんじゃね?
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

耶蘇教カルトシステムがここまで世界を覆い尽くされてしまったから、ここまで自殺者が絶えないのか。

企業社会の中でしか生きてこなかった大人が子育てすると、壊れることが多い。

イエズス会の復讐マジパネェ
0件の返信 8件のリツイート 6 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@bang_gun_finger その通りなのが怖いのですよ。個人的に親に恩を感じてないという問題ではなく日本社会が隅々まで耶蘇教カルトのシステムで覆い尽くされてるという事を指摘してるんです。

カルト信者(企業を含め)でないと生きれないからここまで自殺者が多いのかと戦慄します。
2件の返信 0件のリツイート 1 いいね
返信先: ヒラノさん
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

@bang_gun_finger 言い方が良くなかったですね。私は日本企業の洗脳構造を批判してるつもりでしたが、そうは聞こてなかったらすみません。

同じくカルト信者も企業戦士も被害者であろうとは思います。失礼しました。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

あー遅くなりましたが悪の魔導師の皆さん春分おめでとうございます!

テロは勘弁して下さいね。
0件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

西欧の行動原理はママ友だな。
おいらの分析当たってる。

あの独占欲の強さと、マウンティングしたがる性癖はママ友だ。

何であそこまで女々しくなったのかな?

西欧の女々さに生理的な嫌悪感があるね。

女々しくなるとろくな事にならないので、女々しさを植え付ける思想は叩き潰すべし。
0件の返信 6件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

日本の武家はそんな女々しさがないけど、公家や朝鮮臭い人らは凄く女々しいでしょう?

あの白足袋族の女々しさは生理的な嫌悪感のレベルだよ。

みんな王侯貴族というと、女々しいものだと勘違いされてるけどそれは違うものではないか?

女々しさを嫌う人たちは駆逐された臭いよ。
0件の返信 7件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月21日

「ミュージアムの思想」
見てたら、西欧って徹頭徹尾行動原理がママ友なんだなと。

世界中の文化を集めたがるのは、ブランド品を集めたがるものだし。

女って所有欲強いでしょう?

そしてコレクションしたものをママ友同士で社交界とかで見せ合うの。

全てがこんな思想だから恐れ入る。
1件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

ローマ軍=根無し草の集う修道院ってのも重要ですね。

今の自衛隊なんかもそれです。

このローマ軍の組織が耶蘇教の修道院になり、その構造が西欧の中心ではありますね。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya おはよう。この仮説、案外妥当かも知れません。ローマ帝国の国家イデオロギーだったストア派をベースに基督教=耶蘇教が形成されたという説はありですね。ユダヤ教との繋がりよりも強いでしょう。あとローマ軍≒修道院というのも目の付け所として良いと思います。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

誰も耶蘇教の成立にローマ帝国の国家のイデオロギーであったストア学派の影響を意図的にスルーします。

もしも、耶蘇教が「本当に」ユダヤ教からの派生ならば、ローマ軍のような根無し草的な精神性は否定されるはずです。

このあたり完全なタブーですよ。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya おはよう。この仮説、案外妥当かも知れません。ローマ帝国の国家イデオロギーだったストア派をベースに基督教=耶蘇教が形成されたという説はありですね。ユダヤ教との繋がりよりも強いでしょう。あとローマ軍≒修道院というのも目の付け所として良いと思います。
0件の返信 5件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがなえなつをリツイートしました

うまい!良くまとまってる。
藤原氏と大陸の道教結社やマニ教と暗躍した事を見ると、日本と中国の近世の歴史が見えてくるよ。

しかしなえなつさん、レベルアップのスピード早い! RT

ねこたさんが追加
なえなつ @japan19890108
まとめてみるよ(素人視点
イエズス会「ヒャッハー世界征服まじか!なんだこの日本とかいう島国余裕だろ」
宣教師「宣教に聞く耳もたないし侍やばいしかも支配層は強力で仏教徒…
0件の返信 7件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

世界中で支配者がでたらめで我欲と我執だけなのは耶蘇教のせいですね。

そして耶蘇教は貧乏人の不満を煽って権力を拡大します。

階級社会を是とする耶蘇教が格差社会を作り出してるのにです。

ユダヤにやられたい放題やめるなら階級社会をやめれば良いのにね? RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
ズルはいけないと言いつつ支配層がデタラメするのが耶蘇教世界の特徴です。庶民には禁欲を強制し上層部のみ好き勝手するのを正当化する機制に結局はならざるを得ない訳です。NWO推進するソロスやヒラリーなどのグローバリストが恐ろしいほど他者に冷酷非情であるのは偶然ではないで…
1件の返信 6件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

流石です。西欧の血生臭さは部族間抗争するアラブ人の感性でないですよね。

ユダヤ人は世俗的なズルさがありますが、耶蘇は綺麗事言いながらえげつないことしますよね。

その西欧の妥協を知らないヒステリックな感性はほんとそのままですね。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
@lakudagoya 西欧の血生臭い宗教戦争も新約の根無し草的理想主義がかなり原因してたと見るべきです。其れが近現代では、左翼の内ゲバや粛清政治に受け継がれたと思われます。部族間抗争はリアルな利権争いなので一定程度進むとお互いにケリをつけ停戦合意するのが鉄則です。
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

日本の教育界は耶蘇に支配されてて、キリスト教名門校出のママがキリスト教教育がない田舎者を差別するという構造。

やたらとキリスト教名門校はしつけにうるさいでしょう?

おいらも元キリスト教徒のお嬢様の子供と遊んだときに、エデンの園に侵入する蛇扱いされた経験がショックでした。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
ユダヤやアラブの社会では、子供は部族社会の宝という認識が当たり前に根付いている。明治以前の日本の民衆世界でも一緒でしたね。子供に躾と称して厳しい掟を強要するのは英米など西欧世界の事です。猟奇的人物が英米で昔から多く現れるのもその所為でしょう。日本はその真似をした訳です…
1件の返信 8件のリツイート 6 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

昔の日本はアラブやユダヤと似てたんですね。
やたらと子供を厳しくしつけならぬ「調教」するのは、キリスト教名門校が多くないですか?

キリスト教お嬢様学校出のママは、子供をしつけない日本の田舎者を差別しますけど、あれは西方のキリスト教徒の価値観だったのですね。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
ユダヤやアラブの社会では、子供は部族社会の宝という認識が当たり前に根付いている。明治以前の日本の民衆世界でも一緒でしたね。子供に躾と称して厳しい掟を強要するのは英米など西欧世界の事です。猟奇的人物が英米で昔から多く現れるのもその所為でしょう。日本はその真似をした訳です…
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

部族社会が当たり前の所は他者と自分らを区別するんですね。

で、人類みな兄弟みたいなNWOの思想はユダヤとは真逆の価値観を行ってるのがわかるでしょう?

で、何でローマの御用学派の思想がイエスやパウロの口から出てくるのは、それはローマ帝国の国益に適った思想というわけです。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
ユダヤは自分ら同族にはトコトン優しいのは確か。ただ他者には冷酷非情な振る舞いをする。これはアラブの商人にも言えること。でも他の部族が彼らを助ければその返しに友好的にもてなすのも彼らが得意にしている。予め人類愛とか強要するよりも他者として認めた上で付き合うのが彼らの生き…
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ユダヤ人のズルさと、イスラム商人のイメージの悪さは似てるよなー

その昔の西欧の本にあるようなイスラム商人のようなズルさみたいなのが新約聖書にはないんだよね。

そこが謎だ。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんがよーすけをリツイートしました

そうなんです!流石よーすけさん。
旧約聖書の世界は抜け目ない商売をして部族間抗争をするアラブ人と全く矛盾はないのですが、なぜか新約聖書の理想主義はそのアラブ商人のようなしたたかさがないからいつもいつも違和感感じてて、何でお花畑左翼みたいなんだろうと疑問です。 RT

ねこたさんが追加
よーすけ @yoshimichi0409
旧約聖書と新約聖書の発想はパラダイムが全く異なる。旧約は基本的に世俗的で部族社会の精神で貫かれている。生き残る為には泥臭い商売をし敵対する部族とも戦わざるを得ない事は前提と言える。ユダヤやアラブなどセム系種族の世界そのもの。その意味で新約は浮世離れした国家イデオロギー…
1件の返信 0件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

西欧特有の子供を他人の家に預けるという習慣はケルト特有のものらしいです。

ユダヤじゃねーや。

http://web.kansya.jp.net/blog/2014/02/3066.html …
0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

驚いた。イスラエルの高級レストランに子供連れていってる。

これヨーロッパではタブーでしょう?
 
ユダヤの習慣はやっぱいわゆる西欧と違うなぁー
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ユダヤの習慣はアラブに近いなぁ

子供に甘いのはアラブの特徴。

ユダヤ人もアラブと同じで子供好きか。

これ子供に厳しいヨーロッパ社会とちゃうな。習慣が。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

修道院とか、子孫繁栄の否定と部族社会からの根無し草を肯定することを絶対にユダヤやイスラームはしないもの。

ラビは結婚しないとなれない。

大体旧約聖書は部族社会の考え方してるのに、それを無視するなんてユダヤ人にとっては神との契約の反故だろうに。

修道院はおかしいよ。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ユダヤやイスラームでは、部族社会を絶対に否定しない。

イスラーム社会などで秘密結社が背信行為とされるのは、部族社会があるから。

ユダヤが同胞に優しい秘密結社性は部族社会でしょう?

で、日本がユダヤに嫌われていないのは、部族社会だと助けてあげると他の部族にも義理尽くすから。
1件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ユダヤ人

自分の部族=ユダヤ教徒だけ救われる
耶蘇教=キリストを信じたら全てが救われる

このね、部族社会の否定ってなんなんだよ?

ローマ軍ですか?(笑)

ローマ軍では同じ部族同士固まらないように徹底的に根無し草にされてたけどな。

その根無し草こそ修道院だよ?
0件の返信 10件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

何で欧米人は日本人にアラブ・イスラームを知らせないの?

それやっちゃうと、耶蘇教がユダヤ教からの派生でないのがバレちゃうから。

ユダヤは悪魔、イスラームは怖い。

なぜユダヤとイスラームはワンセットでネガキャンされてんの?

だってそこから耶蘇教眺めたらおかしいの丸見え!
0件の返信 6件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

耶蘇教がサマリア人のようなアラブ臭さがないのは、あれはね、和風キリスト教の神道のような違和感があるの。

ただの自然崇拝からなぜバラモン教のインド哲学の劣化コピーが出て来るの?

みたいな。

だから、ユダヤ=フェニキアを潰してローマの御用学派の思想に誘導しようとしたのね。
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ユダヤ人見てみなよ、同胞には無利子で金を惜しみなく出すのに、クリスチャンの白人の従業員にはとことん絞るでしょう?

こんなユダヤマインドからどう捻ったら人類愛なんざ出てくるんだよ!

そう考えると、新約聖書で語られてる理想はユダヤ人をストア学派に誘導するようにしか見えないの!
0件の返信 9件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

耶蘇教はユダヤ教からの派生ではない。ユダヤ=フェニキアを潰すために仕掛けられた偽ユダヤ教だよ。

だからおかしいんだ。

汝の敵を愛せとかそんな部族社会ではありえないことを言うなんて。

そして人類愛なんざ、これ自分の部族だけを守るユダヤ教にこんな思想ないでしょう?
0件の返信 9件のリツイート 7 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ローマ帝国の戦争の歴史をよく見てみい。

フェニキアの支配してたエリアつぶしだぞ?

で、カルタゴが崩壊してフェニキアの親戚のユダヤんとこに逃げたけど(おねショタおじさん説)、それを追い回して潰したのがローマ帝国。

だから、新約聖書がユダヤ思想否定になるのは当然なんだよ!
0件の返信 13件のリツイート 5 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

新約聖書のおかしさは、ねこねこさんがブログに書いてたけど、新約聖書ってユダヤ=フェニキアの残党を潰すために、ユダヤ教の派生のフリした耶蘇教というものを作り、でもその中核はユダヤ批判とローマ帝国の御用学派であるストア学派の思想に誘導したのではないの?と書いてるけどそうだと思う。
1件の返信 9件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

おいらは、新約聖書を見ていつも感じることはよ、あれユダヤ教世界の題材なのに、書いてるやつのユダヤ臭さを感じないね。

あの泥臭い部族社会の世俗的なしたたかさがないの。

ユダヤ人こんな寓話的なお金嫌いな発想しないんだよ。

あまりに部族社会を無視してる。敵を愛せなんざ無理。
0件の返信 5件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

サマリア人というイスラエルに住んでる人たちは、古代ユダヤ教の習慣を未だに守ってて、司祭職は世襲なんだよね。

サマリア人を見れば、あの旧約聖書そのままの生活習慣がわかるんだよね。

で、何で耶蘇教ってのは、あのアラブ臭さがないのかね?

泥臭い部族社会のような慣習かさ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ただ、ヤズィーディーは司祭職が世襲だけど、ケルトはそうでないわけ。

あれ?ちょっと待って。

何で耶蘇教ってのはユダヤ教からの派生とか言うくせに、神殿を守ってたレビ人のような世襲の司祭制度を捨てたの?

あまりにも耶蘇教の司祭制度はドルイド教のそれじゃん。
0件の返信 3件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

別にケルトのみならず、トラキアとか遊牧民な人たちは輪廻転生を信じてたよ。

ヤズィーディーみたいなのって、大陸の遊牧民によくある考え方でないの?

だから、ケルトとヤズィーディーの関係を詰めたがよくね?

輪廻転生を信じるカースト制度の民族ってさ?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

資料が根本的に少なすぎて、ストア学派とケルトは比較ができない。 

ストア学派とケルトのハイブリッドがグノーシスかも知れんがね。 

ストア学派の人たちは輪廻転生は信じてなかったよ。

でもケルト人は輪廻転生を信じてたね。

うーんここの接点はないのかなー?
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
返信先: 峨骨さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

@Chimaera925 そうですね。そのパターン多いですね。

なんか、揚げ足取りって総会屋みたいなひといるんだなと。

ストレートな書き方なので、そこが良くないのですが、なかなかうまくいかないものです。

ありがとうです。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

国際金融の中心地のスイスもドルイド教圏だよ。

スイスが国際金融の中心地になったのは、イタリアの商人が移動してからだけど。

くさ過ぎるぞ。

西方の耶蘇教はミトラス教とドルイド教のハイブリッドではないのかね?

そして教義はストア学派の背乗り教というね。
0件の返信 6件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

あのね、フェニキアと言えばその行動原理はヴェネツィアに受け継がれてる。

西ではローマの文明が消え行く中でヴェネツィアなどのイタリアだけがそれを保持してた。

やはりくさいよね。

で、ストア学派とケルトの関係性をやりたいんだけど、だって耶蘇教はストア学派の背乗りだし。
0件の返信 7件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

カルタゴと言ったらフェニキアでしょ?

だからさ、文明破壊やるのにフェニキアとかケルトの関係を知りたいのよ。

ドルイド教についてはわかってないことが多すぎる。

こいつらがもし、ルソー教の元ネタだとしたら?英仏が資本主義と農本主義で組んで世界を破壊して回るのわかるよ!
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

なぜに西方の耶蘇教のみにこんな文明や知識や技術を憎む思想があるの?

東方教会エリアでは制限こそかけられても教会の知識の独占とはならなかった。

で、カソリック教会ってローマではなくてぐちゃぐちゃになったローマから逃げてきた北アフリカのカルタゴで思想形成されてんだね?
0件の返信 4件のリツイート 5 いいね
返信先: 峨骨さん
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

@Chimaera925 そうですか。たまに自然主義馬鹿とかそんな書き方したりするので気になってました。気にし過ぎかも知れませんが、感情的に不快感与えるのはどうにもできないですね。

わざわざありがとうございます。
1件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ニューエイジや自然主義農本カルトなどの、哲学や科学技術を否定する自然主義野郎の腹の中に黒いものが見えてたのはそういう事だったのか。

それらは知識と技術の独占やりたいんだ。バチカンみたいに。

哲学や科学技術を否定しない自然主義なんて一人しか見たことないね。うん。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

老荘思想の無為自然を背乗りして、宮崎パヤオのような人為的な機械文明を否定するのは、中世のカソリックよりも悪質なネオ中世だよね。

このニューエイジ自然主義野郎が科学技術などが嫌いで、哲学などの思弁的なものを毛嫌いするのは、やはり中世の耶蘇教の再来だよね?悪質やわー
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

峨骨さん、良くない書き方があれば失礼しました!
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

西方の耶蘇教の反知性主義は、ニャンゲンのやる事に価値を見出さない思想なのね。

だから科学とか技術とかニャンゲンの知識や創意工夫を使って何かやる事ってのがダメなの。

お!そう考えると、おフレンチ系のニューエイジ臭い農本主義ってものがニャンゲン力を否定なのでや耶蘇教だとわかるね?
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

西欧の学問はほんま智慧がなくなるよな。

なぜに耶蘇教の修道院の自己否定が解除されたら人間中心主義が強欲思想に変化するのさ。

こいつらバランス感覚ねーよ。

で、耶蘇教お嬢様文化のルーツわかったでよ。

なぜに耶蘇教なのに贅沢文化はルネッサンスの影響らしいで。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

陰謀論コミュでさ、様々な人と話したけど、発展するような議論できた人何人いたっけ?

10人もいないよねん?
 
殆どの人は特定の教理を守るための潰し合いの話しかできなかったでしょう?

やつらの日本人に議論させないって陰謀が効いてるよなー。悪辣なやつらのせいでさ。
0件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

人格がー!というより、音に関してはオーディオインターフェイス買え!が有効。

ただ漠然とした人格どうこうといって、武器や道具に金をかけない旧日本軍体質ってさぁ?

この歪んだ精神主義は日本文化ではなくて、耶蘇によって歪められたものだよ。

イエズス会は悪質なやつらだよ。新教もね。
0件の返信 1件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ヒューマニズムってのは、人間中心主義の強欲思想ではなくてだよ、耶蘇教の修道院の自己否定をやめて、やればできる子って話なのにね。

自己否定なんざ反自然なものが生まれたのはさ、耶蘇教だけだよ。

それも特に西方の耶蘇教限定ね。

東方教会はそうでない(ロシアは違うけどね)
0件の返信 2件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

書き直し。
おいらが前に言ったのは!人格否定や属人的な事を否定するのは将としてダメだとね。

タバコ害の人とかね。

技術や知識や作品に対してクレームつけるのはよろしいが、属人的な事はダメだよ。そこがわからない馬鹿多すぎる。

陰謀論コミュもそれだから発展しない。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

オーディオインターフェイス(外付けサウンドカード)もマイクもウェブカメラもお小遣いある分だけ金はかけるよ。

サウンドについては、技術がいるから勉強しないとだけど。

ちゃんとどこがいけないのか、人格と区別して批判することができないやつ多すぎる。何かあると個人に責任転嫁だよ。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

人格的な事は、仏教やヨーガや各種精神療法見てたらわかるけど、治すの大変よ。

だから、人格のどうこうより、知識や技術や作品にクレームつけたが直しやすい。

生放送ならオーディオインターフェイス刺して音良くしろとか、ボイストレーニングやれとか。そっちが楽だもん。そこわかってないな。
0件の返信 0件のリツイート 2 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

峨骨さん、ユダヤ人は子供を肯定して育てるのに、耶蘇教の修道院は自己否定プログラムをずっとやってた。

アウグスティヌスという男は女好き以上に性悪なやつだな。

これ怖いっすよ。本当に何にもできなくなる。

親父なんてそれで子供をダメにしてきたのに反省がないカルト脳だよね。
0件の返信 7件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

うちの母親、カルトから抜けれないから、カルトの事批判したらヒステリー起こすよね。

こんなのはネット上にいる工作員も同じで、プログラム以外の事を質問するとエラー起こすような自爆装置付きな感じ。

こんなテンプレな対応ばかり見てきたからカルト汚染は本当に深刻だなーと。
0件の返信 3件のリツイート 3 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

あら、岩爺さん死んだのね。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

ねこたさんが峨骨をリツイートしました

うまい!本当にそれ。
例えば音楽の作り方にしても、ここを改善すれば上手く行くのにそうやらないで漠然的な批判をさせて潰せというのは団塊の新左翼マスゴミ脳ですね。

そんなバケツリレーが蔓延れば蔓延るほど懐の深さがなくなり、価値観が偏狭になり力を発揮できない。これ凄く怖い。 RT

ねこたさんが追加
峨骨 @Chimaera925
@lakudagoya そうだね。具体的な助言は一粒の金よりも価値がある。

その手の洗脳の怖さは、誰も幸せにならない所。そして、誰もおかしいと思えなくなる所。皆で足並み揃えて不幸になる罰ゲームみたいなバケツリ…
0件の返信 5件のリツイート 4 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

最初に人格否定するのはカルトの洗脳プログラムだからね。

それが当たり前になってるね。

旧日本軍の同窓会として企業があつてそれが受け継がれてる。

カルトに無意識に染まってる。怖いね。

学校も会社もそれ以外の多様性がないのはカルト支配のためだよー
0件の返信 13件のリツイート 20 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 3月20日

峨骨さん、峨骨さんのツイート読んで企業だけでしか生きてこなかった親は企業というカルトの洗脳受けてるんだってわかったよ。

「すべてダメだから潰せ」
というマスゴミ脳は怖いね。

○○はダメだから潰せではなく、どこを改善したら良くなるか言うことは大事だと思うよん。


∸――
アープレーイユス の 黄金の驢馬 (岩波文庫)

『ぼくたちが聖書について知りたかったこと』 池澤夏樹  小学館
2012-10-29 10:15:26 | 本
 最近関心を抱き始めた著者であることと、書名に惹かれて本書を読んだ。
 根底には聖書についての関心がある。欧米の歴史や芸術、ものの見方は聖書を抜きに理解できない部分が多い。信仰者でないので、聖書も表層的な部分読みに終始してきた。そんな門外漢が読んだ感想、印象だが、記録を兼ねてまとめておきたい。

 著者は「まえがき」の冒頭に、「信仰は魂に属するが、宗教は知識である」と記す。そして、文末に、「キリスト教の前にはユダヤ教がある。・・・ユダヤ人のいない西洋史はあり得ない。・・・・すべての源泉は聖書だ。旧約と新約。古い約束と新し約束。神と人の間の契約。こういうことについて一定の知識を得てはじめて、世界の正しき姿が見えるだろう。」と述べる。著者の知的関心をベースにして、ヘブライ語研究、古代イスラエル宗教思想史の研究にたずさわった碩学・秋吉輝雄の門を敲いた結果が本書である。池澤の疑問・質問に、秋吉が答える対話形式の本だ。話言葉であり、読みやすい。
 著者は若い時から宗教に関心を持ち、キリスト教の方に誘われる要素があったが、知識の範囲、知的・哲学的関心の範囲に留まると明記する。その著者の立ち位置からの疑問、質問が次々に発せられる。それに対し、秋吉氏がわかりやすく、簡潔に、ストレートに自らの考えを話す。まず、著者の聖書の読み込みが半端じゃないと感じる。それを受けての回答であるので、簡潔な説明はかなり深い、また巨視的な一方で根源的な部分にも及ぶ。本書の読後感を一言で述べると、常套句だが「目から鱗が落ちる」である。エッ!と思うことも数々あった。そんなことすら知識レベルで知らずに、聖書を部分読みしていたのか・・・・という思いが強い。宗教知識に対し知的好奇心を喚起される本である。
 
 本書は、三部構成になっている。そして、8つのコラム記事が載っている。
 第一部 聖書とは何か?
 第二部 ユダヤ人とは何者か?
 第三部 聖書と現代社会

 私にとって目から鱗の箇所が数多い、第1部から少し拾い出して、ご紹介しよう。その記述に至る二人の対話の思考プロセスを追うことが、本書を読む醍醐味だろう。
「*印」は引用文とそのページ、矢印以降には関連箇所の要約付記あるいは私の印象を記しておきたい。

*聖書は、いまからおよそ2500年前、古代のイスラエル諸部族の間で語りつがれてきた物語やリストを広く集めて編集し、一巻のスクロールに書き写したものを出発点としています。 p20
 →いわゆるモーセ五書:創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記
  ヘブライ語で書かれていて「ミクラー」(原義:朗読されるもの)とも呼ばれる。
  記録する文字はカルデア文字を使用(=当時の中近東の国際文字)
  当時のヘブライ文字には母音を表す文字がない。記録は正しい発音を口伝で伝える。つまり音読、朗誦が義務づけられる。この箇所を読みちょっとびっくりした。

*聖書はさまざまな記事(資料)を寄せ集めて構成されていますから、羅列的な部分や、ストーリーを中断する挿入が多々あります。・・・・個々の記事は独立したものとして拾い読みされるものではなく、物語の大きな文脈に照らして理解されなければならない。また、その集大成がなされたからこそ、古代イスラエルの部族宗教であることを脱し、聖書(律法)の宗教、ユダヤ教への道を拓いたのではないかと思うのです。 p23

*ヘブライ語では動詞の形そのものは変化しない。それが過去の話なのか現在の話なのかは、状況語で判断するしかないのです。動詞の形を見ても過去と未来は区別できない。ヘブライ語には過去形というものがない。  p24
 →ヘレニズム世界の共通語・ギリシャ語に翻訳されることで、ギリシャ語文法に時制があるために、時間軸が導入された。つまり、過去・現在・未来という形で未来志向になった。ヘブライ語はすべて直接話法なので、直線的な未来志向にはならない。天地創造も過去のことではなく、いまだ終わっていない。→これは聖書理解の変容に繋がるのでは? 仏教がシルクロードを経てくる過程で変容してきたように・・・。
 →ヘブライ語の聖書に見るユダヤ人は、歴史を並列的あるいは横軸としてとらえているようである。「すべての時代」が同居している感覚。

*旧約聖書あるいは新約聖書という呼称はキリスト教会の用語であることに注意する必要がある。旧約聖書はユダヤ教によって伝えられた書に基づく書ではあるけれども、旧約聖書=ユダヤ教の聖書ではない。   p26
 →「律法」、「預言書」、「諸書」の三部作が、アレキサンドリアで70人の翻訳者が同時にギリシャ語に訳した。セプトゥアギンタ(70人訳聖書)の段階で、39巻に分割されて構成・配列された。「旧約聖書」はギリシャ語版を踏襲している。
 セプトゥアギンタの名の由来は旧約聖書偽典の一書「アリステアスの手紙」による。
 →ユダヤ教では、神の言葉はやはりヘブライ語でなければだめだという主旨から、紀元90~100年頃、地中海に近いヤムニアでユダヤ教の最高法院の会議を開催し、現在のヘブライ語聖書におさめられた24巻を正典と決める。
 選定基準は①ヘブライ語で書かれていること。②文書の作成年代がギリシャ語時代(前4世紀末)に移る前までのもの。③著者がはっきりしているもの。ただし伝承でもよい。
 こういう基準においても、あの「雅歌」が正典の一部になったのだ!
 著者は「古典文学全集のなかに民謡的な恋愛詩が含まれるのは当然ですよ」と言う。
 →397年にキリスト教会では、カルタゴ教会会議を開催し、現在の新約27書が新約として、アポクリファ(外典)を含む旧約46書と合わせて、聖書として正典化した。
 →今まで、旧約聖書がユダヤ教の聖書と思い込んでいた間違いに気づかされた。

*原罪というのは、キリスト教の用語で、ユダヤ教では原罪とはいわないと思います。強いて言えば、生きるべく造られていたにもかかわらず、死を宿命づけられてしまった、ということですね。これがぼくの原罪の理解なのです。知恵を得て、死を宿命づけられ、エデンを追われた人間。エデンならぬ現世では死ぬ者として生きねばならない。この宿命が原罪だと思います。  p51

*アダムとイヴがエデンの園を追われる話ですが、ギリシャ語訳には「かくも美しき(エデンの園)」(「創世記」3章23節)という一語があります。しかし、ヘブライ語の原典にはこの言葉はない。・・・・しかし、ギリシャ語に倣った伝統的な神学では「美しきエデン」、すなわち楽園という印象がすでに定着し、くつがえしがたい趨勢になってしまっている。 p56
 →やはりキリスト教でも解釈に変容が起こっているのだ。仏教の伝播と同様に・・・
  池澤「それはやはりギリシャ流の楽園の思考が混じり込んでいるということですか。」秋吉「そうだと思います。プラトンのイデアの世界ですね。」 p56

*キリスト教は、「新約聖書」を本来つながらないはずのユダヤ教の聖書につなげて編んだわけです。それが可能だったのは、70人訳ギリシャ語の過去から未来へとつなぐ書物の配列・配置換えがあったからで、そのギリシャ語訳聖書を背景として、イエスの物語も作られている。  p57
 →新約聖書の配列も、過去・現在・未来の3つに区分された時間軸で配列されている。
   過去;教会の起源を語る書  4福音書と使徒言行録
   現在;現実の諸問題を扱う書 ○○の信徒への手紙、△△への手紙、◎◎の手紙
   未来;未来を描く黙示録   ヨハネの黙示録
  池澤「新約の言葉にはそれに対応する部分が旧約の方に見つけてある」p57

*今日多くのキリスト教会では聖餐式にワインを使いますが、最後の晩餐で杯に入っていたものは、アルコール抜きのぶどう液のはずです。  p58
 →なぜ? 本書で理由を確かめてください。なるほど・・・と感じますよ。

*ユダヤ人であれば、14という数は特別な意味を持った数字であることがわかります。この14という数は、ダビデ(DWD)という名、その構成文字を数値に換算した値です。p66
 →新約「マタイの福音書」1章17節に出てくる「14代」の14という数字の解釈
  
第2部、第3部からは、特に印象深い対話部分からの学び、印象をいくつか簡略にまとめておこう。括弧内の数字は部を示す。

・サルトルとエマニュエル・レヴィナスのユダヤ人についての定義をもとに論じられているが、ユダヤ人に間違ったイメージを抱いているということを痛感した。(2)

自然魔術師、革命を企てる ~カンパネラ~
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/magic/kanpanera.htm

・「イザヤ書」のインマヌエル預言の「おとめ」(若い女という意味)が、ギリシャ語で「パルテノス」と訳されたことにより「処女」となった。そして「処女が身ごもる」と変容したという。翻訳するということは難しい。この訳語で、マリアの処女懐胎につながっていく結果になったとか。 (3)

『ガリレオの弁明』 澤井繁男訳、工作舎、1991年 ISBN 4875021860/ちくま学芸文庫、2002年
『太陽の都』 近藤恒一訳 岩波文庫、1992年 ISBN 400336791X
『太陽の都 詩篇』 坂本鉄男訳、現代思潮新社 ISBN 4329003155




∸――


お読みくださり感謝。
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

はるか昔の読書メモ発掘『』『』『阿頼耶識の発見』 

工事中 スキピオの目の記事は正解の名著版の翻訳も読んだのでそこに加筆しました超重要個所見のがしてたぞかなり前の読書メモをふと発見すると記事成ったりすると言うか読書メモとり過ぎて存在忘れている奴もあるからなあ私が連続で突如記事上げだしたら発掘したと思ってくれメモ大抵は塊だ





ymmr‏ @kh_yama 2011年7月15日

講談社現代新書 「『神道』の虚像と実像」(井上寛司)、読了。神道はもともと中国の「ジンドウ」で、仏教下の神々を指す仏教語、それが14世紀に日本で「シントウ」へ転換した。神社、国家神道の成立プロセスを明快に解説しており、非常に面白い。良書です。




理性は神秘的だと言う思想をスピ系は嫌う。
スピ系を否定する啓蒙主義派閥が崇めているのが理性だから。
啓蒙主義の百科全書派は、
「百科事典=言葉で定義が書いてある」でわかるように言葉を重視。
スピ系は言葉を軽視するわりに、スピの言葉で書かれた競技からわ全く自由でないのが泣けてくる。

仏教は理性「も」非理性「も」重視で両者の中道が目標。


仏教は偽物対策に、
これがなければ仏教ではない三要素(または四要素)を定めており、
三法印(四法印)という。
仏教カルトが抜いたり、弱めたりしているのが三法印(四法印)。
“三法印とは
①「諸行無常」=万物は常に変化し一定の物は無い。
②「諸法無我」=存在するすべてのものは実体がない。
③「涅槃寂静」=輪廻の苦を抜け出せば煩悩に迷うことのない境地に至る。
この三法印に、「④一切皆苦(すべては思い通りにはならないという人生の実態)」を加えて四法印とする場合があります。
四法印とは「物事は常に変化しており、それ自体で存在し続けるものはないのに、ずっとあり続けると錯覚し、執着して苦を招くことになる」ことを戒めるものです。”
(14)仏教の本質とは
http://shukyo-kataru.com/archives/31






∸――



だから仏教は面白い!



∸――


仏教思想のゼロポイント







---


• 『阿頼耶識の発見 よくわかる唯識入門』(幻冬舎新書、2011年(平成23年))
横山 紘一(よこやま こういつ、1940年 - )








∸――


未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん
http://rongo.roudokus.com/rongo11_12.html

until:2013-7-2 @Ripple1975

インド思想史略説
http://user.numazu-ct.ac.jp/~nozawa/b/bukkyou1.htm#ch2.2
無記
http://user.numazu-ct.ac.jp/~nozawa/b/muki.htm#top

無記
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E8%A8%98

The unanswered questions
http://en.wikipedia.org/wiki/The_unanswered_questions

ラスボスがシステムそのものなんですよ個人はあくまでもシステムの手先。お賽銭(戦争屋の集金装置)やユダヤ陰謀論(戦争屋=キリスト教の隠れ蓑)は善意を悪行に変えるシステム。 奴隷に奴隷じゃ無いと信じさせる儀式が選挙。嘘がお金になることを変えるには、真実がお金になるように、真実の改善者にお金が集まるようにしないといけません。それが本ブログの目標です 。カイジの名言。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-42.html

「『人は信じたいものを信じてしまう』という強制力を数の力で強化して価値観に閉じ込めて支配。「事実と事実に抱く感情を分ける」ことで個人の好みに依存することを排除して対抗可能。願望で事実を捏造してはいけない。.陰謀論は他人と共有できるもので行う検証作業なので、完全に主観依存のスピリチュアルや宇宙人等の反証不可能なものを持ちこんではいけない」とレプティリアンの土偶は言わない。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


神道について知る前に【20120211】
http://www.mkmogura.com/blog/2012/02/11/1062


プラトンの『国家』の中核の要約版(原初に比べて蝶短くまとめました)
プラトンは優生学と職人軽視(肉体労働しない者が一番偉い)と理性崇拝と知性主義(馬鹿は人間ではない)と偽りの公平感を与える儀式(選挙など)の基盤。マギの弟子のプラトンの『国家』は『マギ』の一つ目フリギア帽子モガメット学長の演説の元ネタ。プラトン『国家』 藤沢令夫訳、岩波書店〈岩波文庫〉
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

「運」を「選択」にかえてみよう。
偶然や奴隷の自由意志(笑)を装った詐欺

共通の敵を作って大衆操作~キリスト教は支配の為に悪魔もスピリチュアルもレプティリアンも作った。小林泰三『ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚』~
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-6.html






∸――
お読みくださり感謝
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

デザインとか芸術界が描き方物語論都会とかポロ蔵ミングとかフォントとか色集めるつまりとまとさんツイート集にもなりそうだなあ 






∸――
フォント









∸――
物語論、描く技術論

冨樫義博「絵が上手くなるには とにかく描け!」 村田雄介「その通り。とにかく描くことが重要!」【画像】
http://www.saikyo-jump.com/archives/50911108.html
”練習するって何も考えずに描くことじゃないからな
描いてるうちに感じた違和感をあとから理論なりで修正してけばいいわけで ”

Free_From_Soul‏ @FreeFromTheSoul 3月21日

@yopon_622 @kanenooto7248 そういえば、プログラミングを始めた時「とりあえず電卓でもいいから一個作ってこい。そしたらいくらでも矯正してやる。だけど、何も作ってもない人間にはアドバイスのしようもない。」って言われたことを思い出した。何事も行動って大事よね。

∸――




ぐだトマト‏ @pteras14 3月21日

900Pのゴミを描くくらいなら1コマの
絶妙な風刺漫画の方が良いと思うん
だけどなぁ……

おっと!w
尾田大先生、生意気こかせて貰って
サーセン!ww

いかんせんWindows95みたいな
生き方しか出来ない不器用な人間な
もんでww


ぐだトマト‏ @pteras14 3月22日
中国人に「何故パクるのか?」と尋ねたら
「何故パクらないのか?」と返された。


中国人に「何故違法コピーをするのか?」
と尋ねたら、「何故違法コピーしないのか?
常識から考えて普通するでしょ!💢」
と逆ギレされた。


ちなみに中国では赤ちゃんが産まれると
赤い布で包む習慣があるらしい。

その中国人に理由を聞いたら、
「お祝儀一番たくさん集まる色だから」
だそうだ。

神社の鳥居が赤いのは……ハッ‼︎





ぐだトマト‏ @pteras14 3月21日

分割法って拡大と縮小で使わなかっ
たっけ?

絵画手法の一つ。


金田陽介@4巻発売中‏ @yousukekaneda 3月15日

下描きを1ページ1時間と決めタイマーをセットし、過ぎたら未完成だろうと次のページを描く、ノルマ分終ったら未完成だったページに戻りまた描く、っていう方式に変えたら原稿スピ-ド劇的に上がった!いつもダラっと描いてたからな・・

ぐだトマト‏ @pteras14 3月22日

今週号のマギにねこたさんが求めてる
奴等の動機に関する答えが描いてある
んじゃないかな?

( 2017/03/17 なのはフライングだろう。
マギ 342話ネタバレ画バレ&343話最新情報 Magi   2017/03/17
http://mangamania.net/post-17763/
”アラジン(笑った・・・!?)

magi341_09

アラジン「今までおじさんが大切にしてきた人達よりも・・・
おじさんは本当は何を考えているの?」

シンドバッド「アラジン、出会いが人を進化させると言ったな?
聖宮と人間の進化について語り合えるのは初めてだ
君となら語り合えそうだ」

magi341_10

「七海に覇を唱え、世界の頂点へと
歩んだ男の内には!?述懐(じゅつかい)へ・・・」

・マギ 341話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

アラジン
「【運命】?」

magi342_02

シンドバッド
「そうだ、それが君の言う
【運命】ってやつじゃないのか?
アラジン・・・・・・




マギ 342話 ネタバレ 最新 確定

『革新者(かくしんしゃ)』

ナレーション
「迷宮(ダンジョン)
【ゼパル】内部」

シンドバッドと対話するアラジン

シンドバッド
「アラジン、君となら
語り合えそうだ」

語り合うなら地上でも
出来たはずだよ」

シンドバッド
「そうだな」

アラジン
「おじさんは僕達と力比べが
したかったんじゃないのかい?

おじさんが世界で一番神様に
ふさわしいんだって証明する為に」

シンドバッド
「・・・少し違うな!アラジン
俺は別に世界で一番に
なりたかったわけじゃないよ」

アラジン
「えっ?」

シンドバッド
「俺よりも世界は正しく導ける者が
いるのならそれでも構わないさ

そこで、見込みがあるかもしれない
君達4人を聖宮へ呼んだわけだが・・・

まだまだ、俺の力を
譲り渡す気にはなれないな!」

アラジン
「シンドバッドおじさん・・・」

E3839EE382AE20342E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20343E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-200

セレンディーネ
「汝に問う!

理不尽な世界の中では、
人間は己の意志で

生きるべきか?
他者に導かれるべきか?」

アラジン
「理不尽な世界の中だからこそ・・・
ぶつかり合いながら、

少しずつ変わりながら
僕達は自分の意志で

スクリーンショット 2017-03-20 11.09.06

生きていけるよ
それが、僕の答えだ」

シンドバッド
「・・・」

E3839EE382AE20342E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20343E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20E69C80E696B0E794BBE38390E383ACE794BBE5838F-101

アラジンを見つめる
シンドバッドとセレンディーネ

スクリーンショット 2017-03-20 11.08.05

シンドバッド
「そうだな・・・アラジン
理不尽な世界の中で

俺も聖宮へ来る直前に
そう理解した」

アラジン
「じゃあ、おじさんはなぜ、
それでも世界を変えようとしたの?」

シンドバッド
「俺がそうしたかったからさ
君の言うとおりだ、アラジン

何も変わる事ができない事ほど
辛い事はない

だが世界を変える事なんか
誰にも望まれていない事も
理解していた

かつて仲間だった者達にすらも
俺が革新者である事は
もう望まれていなかった」

アラジン
「・・・?かつて仲間だった者達?
何の事を言っているの?」

国を作り、同盟を作り、
争いをなくそうと誓った・・・

俺達はまさに、
革新者だった」

アラジン
「・・・どういう事だい?」

シンドバッド
「築き上げたものを、
愛しすぎてしまった・・・という事さ

ジャーファルは
【国際同盟】と【七海連合】を
守る事に必死だ

煌帝国の国際同盟離脱を
阻止するべきだと、

血相変えて
飛び込んできたよ」

背景にはジャーフォルが
シンドバッドに話す場面

ジャーファル
【レームと煌が手を組めば、
あなたが生涯を懸けて

シンドバッド
「シャルルカン達は、
昔のシンドリア王国を
懐かしんでいる

当然かもしれない
あの島に俺達だけの楽園を
作る事がゴールだったから」

背景にはシャルルカンが
シンドバッドの事を話す場面

シャルルカン
【王サマが王様だった頃の
シンドリア王国が
大好きだったんだよ】

シンドバッド
「昔が懐かしい、
昔のままでいてくれと
言われると、
それが俺には辛かった

より良い方へ変わり続けたい
前へ進み続けたい」

アラジン
「【運命】?」

シンドバッド
「そうだ、それが君の言う
【運命】ってやつじゃないのか?
アラジン」

magi342_02



聖宮の空を見上げるジュダル

ジュダル
「太陽が傾いてきてるじゃねーか」
スポンサーリンク

白龍も聖宮の空を見上げている

アリババは太陽を指さして
アルバをせかしている

アリババ
「早く!!」

アルバ
「まぁまぁ」

笑顔でそう言うアルバ

家族を守りたいっていう
気持ちとか・・・」

シンドバッド
「その通りだ
自分の家族を守りたい、

俺達人間誰もが持つ、
自然な気持ちだ

そして皮肉な事に・・・
その当然の気持がぶつかり合った

目を閉じて少し俯くシンドバッド

アラジン
「・・・」

シンドバッドの顔を見ながら
アラジンが過去の自分を回想する

幼いアラジン
【皆、最初はそれぞれ
世界を良くしようと
考えているだけなのに・・・

どうして上手く
いかないんだろう?】

アラジンの脳裏に
過去の描写が浮かぶ

人々
【守るために!守るために!
守るために!守るために!
守るために!守るために!】

magi342_03

家族一人を守る為に
剣を取る父親から、

大帝国を守る為に
兵を起こす母親まで

シンドバッド
「人は夢を描き、夢を叶え、
築いたものを守ろうとする時に、

人は武器を取るんだ
そして、どんな事もする・・・」

magi342_07

アラジン
「・・・」

シンドバッド
「なんの事はない
俺が憎んでいた戦争は、

世界ではなく人間が、
そういう風に
できていたんだ」

アラジン
「・・・悲しいね・・・
やっと分かったよ
おじさんは悲しいんだね?

人間が人間らしく
生きる限り

世界のシステムを
何度作り変えても

戦争や理不尽は
なくならないんだから

だから人間の心そのものを・・・
ルフで書き換えてしまったのかい?」

シンドバッド
「・・・アラジン
君は俺が神の力を行使する事に
批判的なようだな?」

アラジン
「ああ、僕はおじさんの
やろうとしている事には

賛同できない
前にも言っただろう?」

magi342_05

シンドバッド
「しかし君は・・・そもそも
一体【誰】が俺を

神の座に着かせたのか、
考えた事がるのかね?」

アラジン
「【誰】が・・・おじさんを
神様にしたかだって・・・!?」

シンドバッド
「ダビデやアルバやウーゴでさえ、
シンドバッドは死ぬと考えていた

しかし俺は蘇った
これは一体どういう事だ?

これそこがソロモンの
意志ではないか?」

magi342_06
「その真意とは・・・!?
そして、物語は新局面へ!!」”



ぐだトマト‏ @pteras14 3月22日
ぐだトマトさんがサテー@聖牌戦争1巻発売中をリツイートしました
商業用か芸術用かで異なるけど ロバート・マッキーのSTORYに 書いてあるよ!
ぐだトマトさんが追加
サテー@聖牌戦争1巻発売中 @syatey_12
今週のけもフレと最近のガンダムを見て、良いシナリオってなんだろうな…、と考える機会になっているのだけれど、数年前とある作家がいっていた「”登場人物の生涯に責任を持つ”これが最低条件です」って言葉を思い出した。個人的には、それだ。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね

マッキーの和訳本が入手しづらいから 出血大サービスで書いてあげるけど、 良いストーリーは「主人公が非可逆的な 選択の結果によって生き方その物が 変化すること」。 尚、これはあくまで商業作品のみが 対象だからアート系(ミニシアター系) はこれに従わなくてもOK。

「登場人物の人生に責任を持つ」 ?? これ日本語なのか? ワザとらしく曖昧などうとでも取れる 様な文章だなー これ言った奴、多分本心は他人に 物を教えたくないんだろうなぁ。 自分の引き出しが減るから。

アドバイスってのは「具体的」に 「的確に」にするもんだ。つまり 「精度」が肝だってその作家に 言ってやりな!
換言すると「精度の低い」アドバイスは ク◯の役にも立たんってこと。
おっとww また他人に嫌われるツイートを してしまったww
あ、言っておくけど読んだのは マッキー一冊だけじゃないからね?

その「非可逆的な選択/決断を主人公に ストーリー上のいつ&どこで起こさせる か?」が次に重要になってくるんだけど、 それは教えたげない。 どーせ君達は本心ではぐだトマトさんの 事を馬鹿にしてるからね。


けものフレンズに関しては最終回 次第だが、概ねアリストテレスの 詩学に基づいてるよ。 デウス・エクス・マキナが登場しない 事を祈るよ。

マガジ◯の編集は4コマでも週刊物でも モノクロで1万/枚、カラーで2万/枚って 言ってたよ!
ぐだトマトさんが追加
ミn@A3!沼の民 @halcamint
@KawasYuki 突然のリプですみませんが、日本の相場ですと一枚が一万円で普通ってことですか?もしかして、依頼した内容がものすごく複雑なデザインで料金と割り合わないから安いと判断したじゃないですかね?(;゜∇゜)
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね

椚座 くにゅくにゅ/// 淳介‏ @kunukunu 3月24日
TLに流れてくる二次絵を眺めていると、何となくそのときどきの流行り廃りがわかる気がするんだけど、最近は、カリッと塗った絵よりも、柔らかい色使いで輪郭をぼやかした感じの絵柄が増えたよな。一言でいうと、グラブル的っていうか。
個人的にはアニメ塗りみたいな、輪郭がはっきりしてる絵の方が好きなんだけどね


ちなみに今はスッキリ系とパズドラ みたいな奴が流行ってるんだぜ? 後、乙女系とか。



え⁉︎ なんでスッキリ系とかこんなしょー もないどーでもいい下らない事を 一杯知ってるのかだって? OJTで教わらなかったのかい? 会社で一番情報を持ってるのは社長 じゃなくて窓際エクセルおじさん だって事を?

エクセルおじさんはね、 こーゆー下らないデータをひたすら 表に打ち込んで、あまり意味のない 統計処理をして、カラフルなグラフで 職場の笑いを取る安っぽいコメディアン みたいな仕事をする人の事なんだ。


ぐだトマトさんは別に富野シンパでは ないし、全面的には賛同出来ないけど アニメ制作に関してだけは概ねマトモな 事を言ってると思う。
後、ぐだトマトさんは柳沼先生と違って 作画至上主義者ではない。勿論、アニメ である以上、面白い動きしてくれるに 越した事は無いし、自分も元3DCG屋 だったからアニメーターの言い分も 理解出来るけども。 作画や動きだけだったらFLASHアニメ なんざ全部駄作だったろう。
0件の返信 0件のリツイート 0 いいね


ぐだトマト‏ @pteras14 4時間4時間前
万年筆でペン画の練習始めてみた。 グプティル先生の本やってるけど、 やっぱ万年筆だと筆圧表現は出来ないなぁ。 漫画家用のペンとインクだとデカイ 机が要るのよね…… で、デカイ机がウチのボロアパートに 入らん。



荻野謙太郎(マンガ編集者)‏ @gouranga_ 2016年12月3日
ネームは見開き2ページ単位で切る。見開きは大ゴマ(≒インパクトのある絵)から考える。大ゴマを作れないような見開きはダメ。1見開きに1コマはキャラの全身を入れる。
これを愚直に守るだけで、読み易くてパッと見おもしろそうなマンガが作れます。基本は大事。





∸――
プログラミング


世界一わかりやすいCプログラミングの授業 2005年刊 Lepton著
あ、そうだLepton本は C90で書いてあるんだぜ 私が好きなのはC99だ 違いは色々あるんだけど 例えば int main(void){ .... } が main( ){ .... } になってる事とか


lepton本の駄目なところのひとつは
おねえさんキャラと厨房キャラの対話で
進めていくんだけど
ネタがつきて「○○はlist1を見てね」
を連発するんだよな
で、勿論、list1はキャラ設定抜きの普通の口調だしさ
lepton本のダメなところはHPで正誤表公開とか やってねえんだよな ええ、もちろん、間違ってる所がありますとも 例えばp78のソースの(7)の所 これはちゃんと読んでいきゃ気付くからまだいい
オブジェクト指向? 何を言ってんだ? Cでオブジェクト指向ってのもできるけど Cはオブジェクト指向にゃ不向きだと思うんだが
ちなみに今更objective-cやるぐらいなら swiftやった方がいいんじゃね?と思うから もうね、色々と残念クオリティとしか思えない
p182とかp188にも意味不明なソースが出てくる if(s[0]==' '){ puts(s); } なんだこりゃ?行頭に謎の半角スペースがあるという前提で 書いてあるがそんなルールはC言語には無い 多分こいつの使ってるテキストエディタの変態仕様か?


プログラミング学習シリーズ C言語改訂版 2 はじめて学ぶCの仕組み 大型本 – 2009/2/13
倉 薫 (著)
さて、lepton本はさくっと終わらせて 次は倉本 … 上下2巻
これはC99を採用 かつ、C99で新導入された機能がどれか明示してあるので C90の環境しか無くても困らない というか今更C99が動かないゴミ環境ってあるのか?? 少なくとも勉強用の環境はwinなりmacなりlinuxなりだろ? もうC99ぐらい動いて当然と思うけど
「そもそもプログラムって何なんなん?」的な 所から書き始めてあって まあ、ガチ初心者でも一応は読めるかなと 最低限拡張子レベルの基礎知識は持ってないと話にならないが
拡張子(かくちょうし、英語: filename extension)とは、ファイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列。
拡張子の関連付けを変更することで、自分の起動させたいソフトに変更することができます。
ファイル上で右クリック→プログラムから開くでは、その時だけ起動するプログラムを選ぶこともできます。
起動するプログラムを変更することができます。アイコンの見た目も少し変わります。
identifierの意味や和訳。 【名詞】1証明する人[物], 鑑定者.2〔コンピュータ〕識別名, 識別子(【略】 ID).3〔言語〕確定詞(determiner)《the, this, that, my;a, an などidentifier識別子とは、(1)プログラムの中で、変数や関数などに付けられた名前のこと、あるいは(2)インターネットにおけるドメイン名やIPアドレスなどのことである
A filename extension is an identifier specified as a suffix to the name of a computer file. The extension indicates a characteristic of the file contents or its intended use.
suffixの意味や和訳。 【名詞】【可算名詞】【文法】 接尾辞 《‐er,‐less,‐able suffix 【他動】 ~を末尾に付け加える 《文法》~に接尾辞をつける 【名】 末尾
この倉本 特に1巻は致命的なウソがあるんだよなあw しかも私が昔 出版社にメール送りつけてやったのに 1年以上も放置していたという手抜きぶりだ こんなウソ本を書いた倉クンですら「企業の研修担当です(キリッ」 だってさ 嘘つき先生にカネ払ってまでウソ教えてもらうとか真性ドMだな
とりあえず、最低限、正誤表は必見 ま、グチグチ言い訳くさい説明しか書いてないけどさ 本の中じゃ言い訳よりもタチの悪い単なるウソしか書いてねえからw まあ、そういう痛いミスは数箇所しか無いんで そこだけ注意すりゃ全般的にはいい本なんだよな

ちなみにインプレス社の大津真クンの本にも 正誤表の間違いがあったからフォームから 注意してやった事がある その時は8時間後には 「さーせんでした。HPの書き直ししました」 ってメール来てたよ。 アホの倉に爪の垢煎じて飲ませてやりたいね

さて、倉本1巻も後半戦だが まーた、このオヤジがウソついてるのに気付いた。 p226 構造体の要素にアクセスする時 ポインタだとドットが使えないという話題。 演算子がこれ(↓)  ->  なんだが倉クンは なぜこうなるのかが不可解で理由が思いつかないそうなw
お前はバカか! こんなバカ親父でも企業の研修担当です(キリッ だからな そりゃあ日本の景気も悪くなるってもんだよ これはC言語の本1冊ちゃんと読めば気付く 構造体を指すポインタがpだとして メンバーmemにアクセスするとする
普通はドットを使うから *p.mem と書いてもいいんだがこれはアウト 理由は簡単。優先順位の問題で これは *(p.mem) と解釈されちまう だからそれを防ぐには (*p).mem と書けば良い これが面倒だから -> が存在する
ウソだと思ったら -> が出てくるソース たとえば倉本のソースでいいから (*p).mem の形式に書き直してみ? ばっちり動くからさ で?演算子の優先順位って 200pぐらいの厚みの入門書読めば 絶対に出てくるんだけど? 倉クンは30pあたりで挫折したクチかな?


倉本のおかしい所を指摘するシリーズ 「→は紙面の都合で折り返していることを表しています」 という注釈が何回か出てくる バカの倉は知らないのだろうか? C言語は改行は自由に行える pythonとかVBAみたいに行の定義がうるさい言語とは違う
「紙面の都合で」ってのは 「本当は改行したくないorしちゃいけないんだけど」って意味だろ? 「本当」もクソもねえよ #define の途中とか 識別子の途中とか 数カ所の例外を除いてCの改行はやりたい放題だ どうも倉クンはこのへんがわかってないっぽい
だから倉本は改行のしかたの説明が出てこない 見やすく、わかりやすく、もしくは 遊び心を入れて (スゴイ人はソースでAA書いちまったりする) 自由に書けるのがCのいい所だ センパイの教えを墨守して 意味もわからないまま カルト宗教じみた文体にしがみつくのは エクセルだけで十分だ



【今日のC言語】 int num1 =123; const int * intp = &num1; int const * intp = &num1; int * const intp = &num1; int * intp const = &num1; 以上の4つの違いは?

あ、こういうのもあるな const int * const intp = &num1; よし では 以上合計5つで何が違うのかを説明せよ
https://twitter.com/mryensrh11/status/836827607706521601

では答え合わせ constが保護する対象は2種類ある (a)どこを指しているのかというアドレス (b)もうひとつはその指している先の値 たとえばポインタをアナログ時計の針に喩えるなら *intpとはすなわち、時計盤の数字に相当する

ポインタ=針が指し示す値を 変えるには2種類の方法がある。 (a)時計の針が回って別の数字を指す (b)針は回さないで、時計盤の数字を書き換える で、constが保護する対象というのも (a)(b)の2パターンがある

私のソースはどう見ても 2パターン以上あるが constの仕様が理解できれば 本質的には2種類だとわかる

アステリスクより左にconstがあれば(b)を禁止できる アステリスクより右にconstがあれば(a)を禁止できる アステリスクの左右両方にconstがあれば(a)(b)両方禁止 これが正解
だから const int * intp int const * intp この2つは同じ意味

では const int const * intp これはclangではwarningだがgccはスルー 実際問題clangでも正常動作はする 単に無駄な書き方だというそれだけの話
ひとつ可能性があるとしたら const int * const intp と書きたかったのを間違えて const int const * intp と書いてしまったのか?という問題
https://twitter.com/mryensrh11/status/836999218749288448

回転は禁止 だけど別の数字がほしい んじゃ、残された手は ホワイトで文字盤消して マジックで書き直せよって話だよ で、左のconstは数字の所が保護対象 数字が保護されるなら? そりゃ、マジックで書き直し禁止だよな それでも違う数字がほしいなら? 回転して違う数字指し直せって事
これなら画像1枚頭の中に覚えておきゃ 一気にクソ長い文章2つが暗記できる
あ、ちなみにコレ(↓) int * intp const この位置のconstはエラー
ポインタってのはアナログ時計の針と それが指し示す数字 にも似てるっちゃ似てる なにせ「ポイント」するんだから「ポインタ」じゃん? って話だよ で、ポインタのわかりにくさってのは 「針」と「数字」の両方を一度に話題にする必要性や 「針」と「数字」の混同にもある


だから陰謀論と似てるっちゃ似てる同じなんだよ
1ビットで物事を考えるなって事
短絡的な思考で朝鮮ガー ユダヤガーとか
言ってるうちはせいぜい月刊ムー程度なんだよ
敵か味方かってマルバツ、イチゼロでしか
物事を考えていないからおかしくなる
例えばさ、 「敵の敵は味方」と思ってフラフラ寄っていくから サクっと刺される 正解は「敵の敵は別の敵」おk?

斬新だな 「日ユ同祖論がわかればC言語がわかる」 本屋でこんな本売ってたら 思わず立ち読みしそうだな ニコラスマクラウドがデニス=リッチーで アイデルバーグはブライアン=堪忍はんか? K&Rが第4エズラで・・・いまいち面白くねえな
【今日のC言語】 printfの書式で"%.2f"を指定すると 実数はどのように処理されるか? 【アホの倉のこたえ(第2巻p35より)】 小数点以下第3位が四捨五入されます ↑ これはウソですw
んー。ちょっと説明しようと思ったけど 小数がCの内部的にどう処理されてるかとか 2進数とか色々書かないとダメっぽいからやめた
とりあえず printf("%.2f\n", 2.23500); これが2.23でまさかの切り捨てか?と思いきや printf("%.2f\n", 2.22500); これも2.23なのでまさかの切り上げというのがヒント

あ、それとISOやANSIの仕様書を見ても printfの%fについて四捨五入とは書いていませんw


倉本のウソを指摘シリーズ 第二巻編 P28 intに収まらない数字はlongと解釈される ↓ されません! アホかお前は ansiやisoでintやlongがどう規定されているか 読み直してこい
p164 ビットをシフトしたら補完される 新ビットはゼロ ↓ これもウソ Cにそういう規定はない 仕様上はここは 「処理系依存」 論理シフトたか算術シフトとか知らないのか?
まー、なんだかんだで 倉本はいい本だと思うんだな それだけに、こういうサクッとウソをつくところが すっげえいらつく 要は倉クンがしーげんご忘れてるくせに 偉そうな顔してしゃしゃり出てくるのが 根本的な問題かと
例えばホムペの正誤表がどうとか書いたけどさ あれも根本的なところは じゃば脳だから起きる問題なんだよ

C言語テキスト読み直し計画 lepton本 倉1 倉2 柴田入門 ←今ココ 柴田中級 林シニア あんま入門書マニアになってもしょうがねえんだけどな だけど100点満点の本が無い以上 複数冊を複数回読むってのはセオリーではある

んで、まあこの後は英語版K&Rでも読もうかなと 更にこの上のレベルの本も持ってるっちゃ 持ってるんだよな けどC++とかJavaとかPythonもあるんだよな
そんな私がほしいのは S・P・ハービソン3世とG・L・スティール・ジュニアの Cリファレンスマニュアル これそのうち古本で売り出されねえかなあと 密かに願ってる
ちなみに柴田ぼーよーの明解C言語入門も これC90なんだよな 2004年の本だけどw 例えばp89 配列の要素数に変数は使えませんってのはC90 C99以降は変数が使えるようになっている まー、C90とC99はそんなに違わないから ビクビクしなくてもいい

柴田本はなあ いいんだけどなあ コンパイラとかの説明が全然ねえんだよなあ 巻末に紹介コラム数ページぐらいつけてもいいと思うんだよ テキストエディタで保存して 拡張子はドットCで $ gcc test.c -o test とかさ ぜんっぜん説明しねえのもどうかと思うのさ
一応「入門編」だぜ? そりゃまあ、gccだかclangだかの仕様に踏み込んじゃうと 完全に処理系依存の話題が出てくるからさ それってC言語の仕様と無関係な話だよねって 話題もバカスカ出るんだけど そりゃーしょうがねえだろうよ
で、言語仕様にピシっと律儀な書き方が目立つ 柴田せんせえなんだけど 時間の説明の所じゃ ういんどーずの仕様に偏った書き方をしちゃうという 失態があるんだよな あんた特定製品にゃ肩入れしないで 不偏不党、中立公正な書き方するんじゃなかったのかよ
柴田本のソース一個ずつ打ち込んでいったら 時間の所で急にわけわかめになる箇所が出てくる linux環境での話だけどね んで、なんだこりゃあ?と思って調べたら そもそもwindowsのC言語が間違った実装になっていて んで、それと同じ間違いを柴田せんせんまで踏襲している


柴田ぼーよーの明解C言語入門編のもうひとつの特徴は
他の本よりも応用的な内容が一部出てくるんだよな
たとえばC言語の仕様になるべくガチであわそうとする所もそう
倉みたいに気やすく「intで表しきれない時はlong」とか
テケトーすぎる事を書いちゃったりしない
もう一個はソースのレベルが たまに高い 少なくともド素人向けではない 例えば1000未満の素数を一覧表示する5章のプログラム どうすれば処理手順が縮められるか? これは確かに大事な事だけど アルゴリズム的なものとか 数学的な発想とか べつに上級ってわきゃねえけど ド素人には高度
他にもビット演算使っちゃう p163とかさ いや、もちろん演算子ぐらいひととおり 触っておく必要があるしさ ビット演算で1と0だけのクソの役にもたたねえ ゴミソース写経するのも苦行だけどさ でも、生まれて初めてプログラミングしましたレベルだと ん?みたいな感じになると思う
で、このビット演算なんかも intが何バイトかわかりゃしねえぞって前提で書いてあるんだよね そりゃ確かにCの仕様上intが何バイトか 1バイトが何ビットか そういう規定は無い ただ、まあ、大抵の環境じゃ8ビット=1バイトで intは4バイトだろうよ
ビット演算って結局何なんなん?ってのは 例えばネットワークプログラミングとかじゃ 大事なんだけどさ 要は特定のビットを 狙い撃ちで1にしたり 狙い撃ちで0にしたり 狙い撃ちで反転させる必要があるのさ 勿論、それは他のビットはノータッチでって意味でね

amazon.co.jp/dp/B01N25W1CZ ブロッキングPROXY,TOR,VPN 掲示板の管理人がPHP使って TORや串をブロックする方法だってさ なんでもTORは、ほぼ100%ブロック可能だが 串は6,7割しかブロックできないとか

グレゴリオ暦とユリウス暦の違いも考慮しないといけないし
国によってグレゴリオ暦導入のタイミングが違うから
それも勘案する必要が出てくる
たとえばロケールとかそういう話も出てくる
もちろんOSごとの仕様の違いとか
大丈夫なんだろうか?って話込みで

これ入門書で出しちゃだめだろ
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
魔王アモン‏ @mryensrh11 3月6日

あー、4で割り切れるかどうかだけじゃなくて
100で割り切れるかどうか と
400で割り切れるかどうか も考慮するの?
ってここまで考えて まだシロウトレベル
「きちんと」にはなっていない
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
魔王アモン‏ @mryensrh11 3月6日

たとえばp239には「うるう年をきちんと計算してどうこう」
って出題が出てくる。

うるう年の計算ってマジ大変なんだぜ?

バカは4で割り切れたらうるう年でしょ?
程度にしか考えてねえだろうけど
それ大間違いだからな?
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
魔王アモン‏ @mryensrh11 3月6日

私はleptonだ倉だ林だって読んでるから
柴田入門ぐらい自分で考えて回答が出せる
だからエクササイズ本は買わない

もちろん、柴田せんせえの方が
洗練された回答を出してるかも知れないけどさ

ただ、柴田本はちょっとこれ
入門者にはどうなのよ?みたいな出題も無くはない
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
魔王アモン‏ @mryensrh11 3月6日

柴田本の特徴の1つは
練習問題の回答がねえんだよな
別冊でエクササイズ本があって
そこには入門編の全出題の回答込みで
書いてあるってふれこみだ

わたしゃエクササイズ本買ってないから
知らないけどね

【保存版】WEBデザイナー初心者が読むべきおすすめ本13冊 | 転職キックオフhttp://転職キックオフ.com/web%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%82%80%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E6%9C%AC/
javaプログラマー向け学習のための本(新人から5年めくらいまで)を考えてみた http://qiita.com/bonybeat/items/a7ed6cc96d256570ac74 … 57冊 5年で読むっつーのなら月1冊消化か 「ガチ新人むけ」から始まってるから 大学時代から何かしてたって人は除外してるっぽい ちょっとキツイだろ
http://qiita.com/bonybeat/items/a7ed6cc96d256570ac74

超絶初心者のためのフロント入門(HTML、CSS、JavaScript) http://qiita.com/shuntaro_tamura/items/c9b2fec0f3a9f7d1e987 … 筆者自身も書いてる通り、 色々と「ざっくり」すぎるけど まあ、わかりやすいのは、わかりやすいかな?
http://qiita.com/shuntaro_tamura/items/c9b2fec0f3a9f7d1e987



∸――
とまと

最低帝国が過去の存在になった=お隠れになったので心配。だからおsのうち消えるから保存しとけってあれほど本ブログに院応用はいくつかあるけどねえ





未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

新春分あけましておめでとうございます。デイビッド・ロックフェラーの訃報がこれにあわせているよね。耶蘇教成立理由メモ集め。 

随時追加情報は言った追加 


峨骨‏ @Chimaera925 2017年3月21日
ロックフェラーが死去か。人の死を喜ぶ趣味は無い。6回だったか心臓移植してあの歳まで生き延びた。外食せず、有機野菜しか食べない完全なベジタリアンで、水道水も飲まなかったと聞く。あの一族の人間はちょくちょく妙な死に方するけど、まともな死に方だな。それだけ健康に気遣っても101歳か。

おねショタ魔法使い初級おじさん‏ @douteimaturi 2017年1月1日
不思議だよなぁ、ただ寒いだけの日を新年とか言うのだから
そう考えると春分の日を軸に新年と言った方が自然です
因みに私は右翼なので春分の日を新年とします、なので私にとっての新年はまだ当分先です

おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2016年10月6日
やっぱり、ヤソは明白な邪教だわ
何で邪教かって?
奴らはヤソ以外を悪魔つきだと考えているところなわけで
そんな全方面に喧嘩売っている宗教が平和言うのは
ヤソ以外全部滅びせば平和という事を言っているわけで
こんなおぞましい邪教が世界中を汚染し、
破壊しているのは必然の事態と言える


”ノウルーズ(ペルシア語: نوروز、nowrūz‎)は、イラン暦の元日。地域によってはナウルーズ、ナイルーズ、ネヴルーズなどとも言う。ペルシア語で、ノウ(now、نو)は「新しい」、ルーズ(rūz、روز)は「日」を意味する。太陽が春分点を通過する春分の日に当たり、農事暦上重要であることから、イランを中心に、中央アジアからアフリカまでに及ぶ広い地域で祝われる祭日である。国際連合総会は、2010年2月23日にこの日を「ノウルーズ国際デー」として正式に承認した[1]。

フェルドウスィーの王の書では、イランの古代の王ジャムシードによって作られたとされている。ノウルーズの習慣はゾロアスター教の新年の祝祭に由来すると言われ、古代のサーサーン朝時代に既に大々的に祝われていた。サーサーン朝時代には春分に祝われるノウルーズと秋分に祝われるミフラガーンのそれぞれあったが、ミフラガーンはミフル神を祝う祭日で、新年はこのノウルーズかミフラガーンの日に定められていた。ノウルーズの習慣はアケメネス朝の時代よりもずっと昔から祝われてきたとされている。

イランでは国家祭日とされ、年末の水曜日(チャハールシャンベ chahār-shanbe)には家の前かみんな集まる場所で火を焚いてその上を飛び越え、健康を祈願するチャハールシャンベ・スーリー(چهارشنبه‌سوری chahār-shanbe sūrī)という儀式や、スィーズダ・ベダルと呼ばれる新年の13日目に集落の郊外にある山野に出かけて行われる終日の祝宴など、ノウルーズ前後の年末年始には何千年前の習慣とみられる春の訪れを祝う儀礼が行われる。ノウルーズの当日には、親類や友人の家を訪問して新年を祝賀する。

イラン独自の習俗としてはハフト・スィーン(Haft Sīn:7つのS)があり、頭文字がスィーン Sīn で始まる7つのものを集めて祝われる。代表的なものとしては、リンゴ(sīb、سیب)、ニンニク(sīr、سیر)、酢(serke、سرکه)、ヤナギバグミ(Senjed、 سنجد)、スーマック((en、ウルシ科)の実(Somāq、سماق)、青草(sabzeh、سبزه)と甘いプディングのサマヌー(Samanū、سمنو)である。

中央アジアではノウルーズは広く祝われ、ソビエト連邦から独立した中央アジア5か国ではいずれも国家の祝日としている。トルコではクルド人の祭日として知られ、国民融和のための休日とされているが、同時にクルドの民族運動が一年でもっとも盛り上がる日でもある。

イランのノウルーズは、例年はグレゴリオ暦の3月21日に当たるが、西暦2004年は閏年でグレゴリオ暦の2月が1日増えたため3月20日である。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

”イラン暦(イランれき、ペルシア語: سالنمای هجری شمسی؛ گاهشماری هجری خورشیدی‎)は、イランを中心に中東の広い地域で使われている暦法の総称で、太陽暦。ペルシア暦、ペルシャ暦、イラン太陽暦とも呼ばれる。欧米では“anno Persico/anno Persarum”(英訳「Persian year」)を略してA.P.と表記する。

20世紀以降、イランとアフガニスタンで使われているものはグレゴリオ暦の算出法を採用し、西暦と日付が完全に対応するように改められたが、紀元を預言者ムハンマドのヒジュラの年(西暦622年)に置くため、ヒジュラ太陽暦(en)とも呼ばれる。また、アフガニスタンで公式に採用されたものはアフガン暦とも呼ばれる。

ペルシア(イラン)ではアケメネス朝時代までバビロニアから伝わった太陰太陽暦を用いていたが、その後、新たにエジプト由来の太陽暦が伝わった。

ペルシア暦は、サーサーン朝が国教としたゾロアスター教の宗教儀礼と密接な関係を持つ。春分の祭りノウルーズ(「新しい日」の意)と秋分の祭りメフラガーン(ミフラジャーンとも。本来は「ミスラ祭」の意)という二大祭礼を持ち、時代と暦法の種別によってそのどちらかが新年の最初の日となる。

イスラム化以降、ペルシアにはヒジュラ暦が導入されるが、ノウルーズの祭礼は農事暦上の春分の祝いとして純粋太陰暦であるヒジュラ暦によらずに存続した。

11世紀頃からは、ノウルーズを新年とし、ヒジュラを紀元とする太陽暦が再び作られるようになり、セルジューク朝期のウマル・ハイヤームらの天文学者によって改良が施されてきた。

1925年の改良では、グレゴリオ暦の算出法を採用し、西暦と日付が完全に対応するように改められた。この現行暦法では、1年の12ヶ月はそれぞれがセルジューク朝期につけられたペルシア語による名前を持ち、前半の6ヶ月が31日になっている。最後の月は例年は29日だが、定期的に回ってくる閏年には30日となる。新年はファルヴァルディンの1日と同時に始まるのではなく、太陽が春分点を通過する瞬間とされる。

イラン暦の閏年は、アケメネス朝の頃には120年に1回置かれた。ウマル・ハイヤームの『ジャラーリー暦』ではこれを改め33年に8回置いた。現在のイラン暦では128年に31回閏年を置く。なお、グレゴリオ暦では400年に97回、閏年を置く。

1975年にはモハンマド・レザー・パフラヴィー国王のもと、アケメネス朝のキュロス大王がメディアを滅ぼしてペルシア帝国を建国した年(紀元前550年)からの2500周年を祝うイラン建国2500年祭がとり行なわれ、イラン暦がヒジュラ暦に代わる国家の公式の暦に採用されるとともに、イラン暦の紀元がヒジュラ紀元からキュロスの建国の年を元年とするキュロス紀元に改められた。1979年にイラン革命が起こってパフラヴィー朝の王制が廃止されるとキュロス紀元から再びヒジュラ紀元に戻されたが、イラン暦はそのままイランの公式暦として使用されている。

また、アフガニスタンでもヒジュラ紀元のペルシア暦が公式の暦として採用されている。”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%9A%A6


主に耶蘇教成立理由メモ集め。

ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月28日

ポエニ戦争でスピキオにコテンパンにされたのがフェニキアで、
更にカエサルにコテンパンにされたのがケルト。
で、クレオパトラはオクタヴィアヌスにやられた。

さて、ローマにコテンパンにやっつけられた三者ですが、もし彼らがローマに対して復讐するなら何がいいんでしょうか?

よーく考えよー

あもんたん、キリスト教の背乗りネタの話ならフェニキアとケルトの関係とかどーよ? このあたりも主婦の陰謀論コミュではタブーかも? ストア派・ケルト・フェニキアこのあたりのトリニティは陰謀論でも今までにないネタだろ? あと、ルソー教的なケルト+エジプト+ストア派のトリニティも。



・ミトラが原始キリスト教(「人気だった聖霊降ろしorグノーシス」or正教会)を乗っ取った説。
元の原始キリスト教がどのようなものか教義知りたい(上記カッコ内に近いと予想)。

・ローマが対ユダヤ用に創ったから新約が反ユダヤ。ヤソはいくら何でもユダヤ教の根本を否定しすぎ。

・ローマがフェニキアを滅ぼしたとはいえ、有用な生き残りは取り込んだはず。エジプトもケルトもね。
フェニキア人がユダヤ教徒になった説があるが、フェニキアの残党の中には耶蘇になった派閥も、
ユダヤ教徒になった派閥も、ユダヤ人だと名乗るだけで中身単なるバアル教である派閥もあるとすれば成立。
人身御供はがユダヤ教、賛成派がバアル、ケルト、エジプトというか古代宗教の主流派すべて。ミトラ相撲しえお生贄に捧げる。
ミトラすと表記しているのはローマのミトラだとややこしいから。ペルシャのミトラとインドのミトラもあるし。
ミトラ信仰とミトラ協程度の分け方では不十分。

・フェニキアをスカウトした疑惑でフェニキアが強くなりすぎてヤソ化したフェニキアがローマを乗っ取った疑惑。
復讐。アーリアのドルイドはアーリアだから混ざっているだろうね。ケルトとエジプトとフェニキアがミトラす今日に合流カモ。ミトラス-耶蘇。
ローマがこれらの灰差hをスカウトして対ユダヤ教部隊ミトラスにした可能性。
ストア派を改悪して耶蘇を混ぜたのも復讐。水と火、洪水と焼尽。
・フェニキアらが乗っ取ったキリスト教が耶蘇で西ローマで、
元のキリスト教を残している残そうとした派閥が東ローマ=反知性が弱め疑惑。
・ユダヤ反乱のたびにミトラス教に動きがないか。
・ユダヤ関係なかった原始キリスト教アーリア系をアンチユダヤ用に改造したのがカトリック疑惑。
・なぜキリスト教が国教になったのか。上記の4勢力なら納得。復讐するならケルトやバアルやエジプトの古代宗教を復活させるのでは?破壊されつくされたから教義が散逸?
更なる内紛で古代宗教復活は罰は駆逐された?
東に逃げた勢力もあるだろう。東ローマと中東。
・使用用語の再定義と造語が必要。
・既存の研究の言葉の縛りを逃れないといけない。
・カトリックに排除された異端がユダヤ教と手を組んでイスラムを創った疑惑。
イスラムはユダヤをきちんと受け継いでより普遍的にしている。
・なぜギリシア語で新約が書かれたか。アラム、ヘブライ、ペルシャ、アラビア、ラテン、アヴェスター語でもなく、サンスクリットでもヒエログリフでもフェニキア文字でもない。出自がばれるからか。布教するために現地の共通語を使ったか。当時のアレクサンドリアってギリシア語圏だったっけ。
ストア派言語はギリシア語だっけ。教義がプラトンと親和性があるからか。ピュタゴラスか。公用語化。公用語ならアラム語ではだめなのか。当時はアラム語の権勢はどうだったのか。
・ユダヤ戦士vミトラス戦士=ローマ。

ミトラス教ってローマの軍人だよね。あ!ユダヤ教戦士と戦ったよね。ミトラスが反ユダヤの耶蘇になってもおかしくないね。
水戸ラスの教義は秘密だったから、元信者でないと教義を盗めないよね。やはり耶蘇の教義は水戸ラスの軍人がらみかねえ。
ローマに恨みを持つケルト、エジプト、フェニキア(おそらくこいつらの三位一体がミトラスと結んで作ったのがカトリック)にとってストア派は敵だから、壊したんだろうね。

一定の時期に必然的に起こる大地の洪水や大火のために、我々は、永遠とはいわずとも、永続的な栄光すら得ることはできない。火と水の洗礼の元ネタ疑惑。

耶蘇に乗っ取られる以前のローマは極めて非宗教的な文明。宗教に対して非常に淡白な質実剛健。
カトリックシステムが軍隊的なのはミトラす軍人が作ったからかも。そのまま耶蘇化してもおかしくない。末端は半致死絵が望ましいが上層部は知性が必要。後に上層部も耶蘇反知性になって悲惨最悪。
エッセネ派が実在したかは不明だがユダヤ教ではなくアーリア系で原始キリスト教の一派疑惑。

必読書。新旧約聖書、タルムード、教会史、猶太戦記、コーラン、アラビア語、聖書アラビア起源説




・コーラン成立期とニクダー成立期がかぶる。
私の読書メモには、 ソドムとゴモラは火山によって消滅したとされているが、現在それだとされている地域に火山活動の形跡が全くない。 などいろいろ書いておりますが、
コーラン(クルアーン)の本文は、マソラ学者たちがヘブライ語聖書正典の原文に母音付加し、校合(写本などを比べて、本文の異同を確かめたり誤りを正したりすること)しはじめたのとほぼ同じ時期に編纂された。 伝統的にイスラム教徒が最も信頼をおいている決定版のコーラン経典は、カリフ・ウスマーンの治世期、すなわち紀元後644年から656年のあいだに編纂されたとされている。そしてその経典中の、イスラエルのヘブライ人の族長やユダヤ教預言者たちについて触れた箇所には、明らかにアラビア半島西部の地名がいくつも引用されているのである。

これって、コーラン創った勢力が「同時に」旧約の内容をコーランに都合よく母音を付けた疑惑が。 それだとなぜ舞台をアラビア半島から離れた場所に移したのかが問題になりますが、アラビア半島が争いの場所にならないように遠ざけたのかもしれません。

新旧聖書クルアーンの三つ巴になるのは確実ですから。 実際、今のエルサレムあたりは戦乱が多いですし。 ヘブライ語原典とセプチュアギンタを比較するとおかしな母音をつけまくっている可能性が高いです。
更に困ったことに、古ヘブライ文字=フェニキア文字であり、 ヘブライ文字ニアリーイコール アラム文字ですから、ヘブライ文字自体がそもそも捏造説があります。 アラビア語やイスラームを学ぶと案外突破口が見えるかもしれません。

庵野監督が元オウム信者の疑惑がある。
オウム教のロシア向け放送の名前が「エウアンゲリオン=エヴァンゲリオン」。
エヴァの英語版出版人のMatt greenfield Anno hideakiで検索した結果は後述。
真言オーム真理教がロシアから放送していたラジオ番組エウアンゲリオンは古典ギリシア語で「福音」。
オウムの中核は✝だから当然ともいえます。
上述の放送機関は1992年4月1日~1995年3月23日。
エヴァは1995年10月4日から。
オウムの思想的後継者。

東浩紀「庵野は元々のエヴァの筋書きを大きく変えた。 理由はインコ教の教義と共通点が多過ぎたから」

アニメ界もはじめから怪しいぞ。
手塚治虫は、映写機の全く普及してない時代に、小学二年生の頃からディズニーアニメを観まくっていたので怪しいな。
案の定、手塚治虫の親父や先祖を辿ると面白いよ。
手塚の父は亡命ユダヤ人と関係があったらしいので、フグ計画辺りに絡んでるかもね。

当時普及していないものに多く触れたり、和訳本どころか原書すらほとんどない時期にそれらを間違いなく知っていた人は怪しい。

エヴァの庵野←神智学(インド風キリスト教)→オウム

なのか、庵野が信者かは不明ですがシンパではあるでしょうね。

当時普及していないものに多く触れたり、和訳本どころか原書すらほとんどない時期にそれらを間違いなく知っていた人は怪しいがらみで思い出したのですが、
イスマーイール派は人類史を七周期にわけました。
神智学と人智学もです。
ブラバッキーやシュタイナーらはどうやってイスマイール派の思想を知ったのでしょうね?おそらくメーソン経由。



∸――

レイジングぎゅう‏ @6isnot4 2月19日

「私たちを引き止めているのは聖パウロを恐怖させた律法の耐え難い軛では全然なく、ただの薔薇の生垣である。戒律(ミツヴォート)にしたがう義務はだから私たちにとって宿命的な不幸ではなく、楽園の最初の芳香を運び来るものなのだ、と」(レヴィナス『タルムード四講話』)

歩く人‏ @hitsujiaruki 1月8日

「他者に食糧を提供するとは食糧に食事の性格を保つことです。決して生きる上での必要最低限を供与することであってはなりません。他者に食糧を提供する時はどんな程度のことであれ、他者の気紛れを満足させることが必要です。そうでなければ全ては崩れ落ちてしまうでしょう。」タルムード新五講話

日本におけるアルメニア語学の権威、佐藤信夫先生。まさかアラム語も守備範囲でいらしたとは。 アッシリア語入門―現代アラム語

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2010年7月8日

@barhebraeus ミルトスの『現代ヘブライ語入門』もそうだったよね?アラム語もそう? :活用に3語根q-t-l を使うのはアラブ文法学の伝統のよう。面白いのはヘブライ語も全く同じ意味の3語根q-t-l (殺)を例に活用を読みながら説明するようです。


蒙古語入門―シリア系文字と文法
山中 元 / 国際語学社 (2006-08) / 1,944円 / 2 users
タグ 県立 ★語学 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会・政治 登録日:2016年11月11日 22時18分14秒 2016/11/11
読了: 2016年11月20日
どうしてモンゴル語とシリア系文字がむすびつくんだろうとまずは思うけど、古代メソポタミアの共通言語であったアラム語のエデッサ方言(シリア語)がネストリウス派の布教に用いられ、中央アジアにもたらされた。それがウイグル文字に取り入れられて、それを参考にモンゴル文字が作られたということらしい。(パスパ文字はまた別の文字、ややこしい。)現代ではモンゴルではキリル語表記が主流、中国の内モンゴル自治区ではモンゴル文字も使われているとのこと。

アラム語の入門・学習用リンク集 (Aramaic Language) - 主に言語とシステム開発に関して
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110129/p1


外国人に出会った時に仲良くなるための,最低限の必須フレーズ集 (どの言語にも当てはまる,基本の初歩会話集のテンプレート)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130702/ListOfCommonLanguageBasicPhrases


冒頭の表を,手軽に作成するための雛型を記載しておく。

コピペ用である。

この空欄に,さまざまな言語での用例を当てはめてゆけばよい。


〜語の最初歩のフレーズ集 (対人関係の構築のために)




















日本語 〜語
こんにちは  
ちょっと

すみません  
あなたは

〜語を

話しますか?  
はい,いいえ  
お会いできて

嬉しいです

(初めまして)  
私の名前は

〜です  
私は〜語を

学んでいます  
私は

日本人です  
あなたの

お名前は?  
どうぞ書いて

下さい。  
〜さん  
ありがとう  
私は〜に

住んでます  
あなたは

どちらの

出身ですか  
どうぞ  
ごめんなさい  
さようなら  



∸―




タルムード入門〈1〉 単行本 – 1998/7
A. コーヘン (
タルムード入門〈2〉1998/8
A. コーヘン、 Cohen,Abraham
タルムード入門〈3〉1998/6
A. コーヘン、
ミシュナ〈4別巻〉アヴォート (ユダヤ古典叢書)2010/6
専三, 長窪


タルムード四講話 新装版
 エマニュエル・レヴィナス(内田樹訳)『タルムード四講話』国文社


ギリシャ語とペルシャ語はインド・ヨーロッパ語族


その割には,ペルシャ文字は,アルファベットがヘブライ文字のアレフベート構成とどことなく類似しており,どうもセム語くさい。

その理由は,ペルシャ文字が語族を超えてアラビア文字から借用されているから


中田考‏ @HASSANKONAKATA 2016年7月14日

大雑把に言うと、アラム語話者のイエスの律法の教えを保存していたペテロや主の兄弟ヤコブらヘブライニストが主導したエルサレム教団がユダヤ戦争で消滅し、
パウロらヘレニストのアンティオキア教団の律法蔑視の教えが後のキリスト教になったからです https://twitter.com/YUChurch_youth/status/753557666153193473 …

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2010年5月26日

『旧約聖書ヘブライ語独習ー聖書アラム語文法付』神学部図書館で借りてくる。やはりヘブライ語は天国の言語アラビア語が堕落し崩れた言語だとの思える。イスラエルの民がイラク、シリア、シリア、エジプト、パレスチナと移動して言語混交が進んだせいだと説明してもいいけど、それじゃつまんないよね。

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2016年8月13日

全く影響を与えていない、と言っていいと思います。 https://twitter.com/lakudagoya/status/764202382792142848 …
ねこた‏ @lakudagoya 2016年8月13日

@HASSANKONAKATA 私はアラビア語読めないので、一般的な文献にはアリストテレスやプロティノスなどがイスラーム世界で好まれたとありますが、ギリシャの古典の中でもストア学派の文献は(あまり現存がないですが)どう扱われたか非常に気になっていた次第です。わざわざすみません。
@HASSANKONAKATA 専門外なのにすみません。これは別にキリスト教の話ではないのですが、イスラーム世界にはギリシャの古典が取り入れられましまよね? その中でアリストテレスなどが好まれたみたいですが、ストア学派の文献はイスラーム世界にあるのか気になってまして。

著書の中でイスラームは移動の自由を重んじると書いてあったのはもの凄い衝撃で。 カリフ制が求められる意味もわかりました。


@HASSANKONAKATA わざわざご返答頂き感謝します。

あら、そうなんですね。

キリスト教史を調べますと、ストア学派はキリスト教に他大な影響を及ぼしてるのに、イスラームでは記述を見ないので不思議だと思ってました。

朝からお忙しい中感謝です。それでは失礼いたします。

ねこた‏ @lakudagoya 3月20日
老荘思想の無為自然を背乗りして、宮崎パヤオのような人為的な機械文明を否定するのは、中世のカソリックよりも悪質なネオ中世だよね。 このニューエイジ自然主義野郎が科学技術などが嫌いで、哲学などの思弁的なものを毛嫌いするのは、やはり中世の耶蘇教の再来だよね?悪質やわー

ニューエイジや自然主義農本カルトなどの、哲学や科学技術を否定する自然主義野郎の腹の中に黒いものが見えてたのはそういう事だったのか。 それらは知識と技術の独占やりたいんだ。バチカンみたいに。 哲学や科学技術を否定しない自然主義なんて一人しか見たことないね。うん。
なぜに西方の耶蘇教のみにこんな文明や知識や技術を憎む思想があるの? 東方教会エリアでは制限こそかけられても教会の知識の独占とはならなかった。 で、カソリック教会ってローマではなくてぐちゃぐちゃになったローマから逃げてきた北アフリカのカルタゴで思想形成されてんだね?

カルタゴと言ったらフェニキアでしょ? だからさ、文明破壊やるのにフェニキアとかケルトの関係を知りたいのよ。 ドルイド教についてはわかってないことが多すぎる。 こいつらがもし、ルソー教の元ネタだとしたら?英仏が資本主義と農本主義で組んで世界を破壊して回るのわかるよ!

あのね、フェニキアと言えばその行動原理はヴェネツィアに受け継がれてる。 西ではローマの文明が消え行く中でヴェネツィアなどのイタリアだけがそれを保持してた。 やはりくさいよね。 で、ストア学派とケルトの関係性をやりたいんだけど、だって耶蘇教はストア学派の背乗りだし。

国際金融の中心地のスイスもドルイド教圏だよ。 スイスが国際金融の中心地になったのは、イタリアの商人が移動してからだけど。 くさ過ぎるぞ。 西方の耶蘇教はミトラス教とドルイド教のハイブリッドではないのかね? そして教義はストア学派の背乗り教というね。

資料が根本的に少なすぎて、ストア学派とケルトは比較ができない。  ストア学派とケルトのハイブリッドがグノーシスかも知れんがね。  ストア学派の人たちは輪廻転生は信じてなかったよ。 でもケルト人は輪廻転生を信じてたね。 うーんここの接点はないのかなー?

別にケルトのみならず、トラキアとか遊牧民な人たちは輪廻転生を信じてたよ。 ヤズィーディーみたいなのって、大陸の遊牧民によくある考え方でないの? だから、ケルトとヤズィーディーの関係を詰めたがよくね? 輪廻転生を信じるカースト制度の民族ってさ?
ただ、ヤズィーディーは司祭職が世襲だけど、ケルトはそうでないわけ。 あれ?ちょっと待って。 何で耶蘇教ってのはユダヤ教からの派生とか言うくせに、神殿を守ってたレビ人のような世襲の司祭制度を捨てたの? あまりにも耶蘇教の司祭制度はドルイド教のそれじゃん。

サマリア人というイスラエルに住んでる人たちは、古代ユダヤ教の習慣を未だに守ってて、司祭職は世襲なんだよね。 サマリア人を見れば、あの旧約聖書そのままの生活習慣がわかるんだよね。 で、何で耶蘇教ってのは、あのアラブ臭さがないのかね? 泥臭い部族社会のような慣習かさ。

おいらは、新約聖書を見ていつも感じることはよ、あれユダヤ教世界の題材なのに、書いてるやつのユダヤ臭さを感じないね。 あの泥臭い部族社会の世俗的なしたたかさがないの。 ユダヤ人こんな寓話的なお金嫌いな発想しないんだよ。 あまりに部族社会を無視してる。敵を愛せなんざ無理。

新約聖書のおかしさは、ねこねこさんがブログに書いてたけど、新約聖書ってユダヤ=フェニキアの残党を潰すために、ユダヤ教の派生のフリした耶蘇教というものを作り、でもその中核はユダヤ批判とローマ帝国の御用学派であるストア学派の思想に誘導したのではないの?と書いてるけどそうだと思う。

おねショタ魔法使い初級おじさん‏ @douteimaturi 3月23日
ペルシャの太陽暦にはمهر メヘル月というのがある で、この月の始まりは9月23日
でなにを表しているかというと秋分の日なのね
このメヘルという単語は何を意味しているかというとミトラの事です
つまり、ミトラ月と言えるのですが勿論مهرには 別に太陽や友愛という意味もあります

つまり、ナチスとかが過去にした秋分の日のお祝いや弱くなる太陽に対しての儀式の元ネタはなんの事はないミトラ教が元ネタだったわけです
現代のイランがイラン太陽暦を使うのは本来の意味でのアーリア人としての生活習慣とイスラームという最強のNWOが混じった結果なのでしょう

即ち、NWOと博物的性癖を除去した
完全に生活としての民族主義の融和は
千年以上前にとっくのとうにされていたのです
結局、世界史を見る場合は西洋、正しくはアルプス山脈を越えた先の野蛮人共の戦争史
を除去した古代から近世の歴史・思想史・社会史・貿易史・戦争史をみれば全て事足りるでしょう

ここで一つの答えとして言えるのは
NWOは本来の意味として言えるのは社会的規範と基準が公平の元で与えられたものでしかなく、
究極的には本当に良い社会規範であるならばどの場所でも行使されるのです
それを押し付けなければならないなら、それはNWOではなくタダの悪政と暴力です

NWOを構成する為には最低でも五つの基準がなければなりません
1、不動の唯一である事
2、絶対に公平である事
3、無謬な私欲のない指導者が存在する事
4、その指導者に従う哲人達が統治する事
5、そして、それが永続に人類が滅ぶ瞬間まで続く事
何だ奴らのNWOってシーア派じゃねえかw

つまり、NWO構想の元ネタはイスラームの超絶劣化コピー・コピー機に一兆回くらい刷った位汚れたものでしかないのです
またはストア学派やアリストテレス哲学の劣化したものでしかないのです
ならば、今あるまだマシなNWOを選択した方がいいわけでそれがイスラームとして存在しているのです

でも、イスラームは危ないとか規律がというでしょうが極論を言えば
1、唯一なる「何か」は存在し、それ以上の存在はない
2、その「何か」が人類に与えた最期の指導者はムハンマドである
これだけを信じていればいいです、
後は極論必要もなく・守る必要も知る必要も全くないです 極論ですが

えーなんでー? と、思うでしょうが本来のその真意に関してはわからないのです
例えば、クルアーンは預言者がなくなり30年後に編纂されたものですが
そのクルアーンも本来の読み方や解釈の情報については預言者とその家族又は「何か」しか知りえません
だから、解釈が如何様にも出来るのです

また、伝承も後々になって編纂されたものでどこまで正しく・また本来の解釈方法がされているかもわかりません
だから、神秘主義者は一杯いるし・顕教の学者が平然と密教的な事を言っていたりするので
解釈と教条論が未だ固まっていないと言うことも出来ます、
この論法はかなり危険なので使えませんが

で、本気で信仰を隠すのであればシリアのアサド大統領のアレウィー派のように
ある時はシーア派12イマーム派の礼拝・
ある時はスンニ派で礼拝・
または酒を出したりしてキリスト教のように隠す事はいくらでも可能です
または多神教徒のように偽る事もできます、これが信仰隠しの姿なのです

日本の様な土地ではタキーヤ・信仰隠しが成立するので
シーア派やスンニ派の神秘主義なら多神教者のように生活しても何ら問題はありません
伝聞として大川周明先生や井筒俊彦先生はムスリム名を持っていたそうですが
別に日本でいる限りはタキーヤが成立し、仏像拝もうが酒飲もうが問題にはなりません

えげつない事を言えば、中東に行ったとしても日本人の様な明らかな東アジア人であれば多神教徒だからと偽る事もできます
これがタキーヤ・信仰隠しの破壊力で信条さえムスリムであれば、彼・彼女はムスリム・ムスリマなのです
なので、ISがシーア派や神秘主義者を容赦なく殺戮するのはこの理由です

信仰隠しされると見た目はスンニ派の礼拝していても信条はシーア派なので全く見分けがつきません
それが理由でISやサラフィージハーディはシーア派に関しては改宗を迫らず・即座に殺してしまうのです
なので日本人や朝鮮人・中国人でイスマイール派以降のシーア派は妖怪みたいな存在でしょうね






































ねこた‏ @lakudagoya 3月20日
ローマ帝国の戦争の歴史をよく見てみい。 フェニキアの支配してたエリアつぶしだぞ? で、カルタゴが崩壊してフェニキアの親戚のユダヤんとこに逃げたけど(おねショタおじさん説)、それを追い回して潰したのがローマ帝国。 だから、新約聖書がユダヤ思想否定になるのは当然なんだよ!

新約聖書のおかしさは、ねこねこさんがブログに書いてたけど、新約聖書ってユダヤ=フェニキアの残党を潰すために、ユダヤ教の派生のフリした耶蘇教というものを作り、でもその中核はユダヤ批判とローマ帝国の御用学派であるストア学派の思想に誘導したのではないの?と書いてるけどそうだと思う。

耶蘇教はユダヤ教からの派生ではない。ユダヤ=フェニキアを潰すために仕掛けられた偽ユダヤ教だよ。 だからおかしいんだ。 汝の敵を愛せとかそんな部族社会ではありえないことを言うなんて。 そして人類愛なんざ、これ自分の部族だけを守るユダヤ教にこんな思想ないでしょう?

ユダヤ人見てみなよ、同胞には無利子で金を惜しみなく出すのに、クリスチャンの白人の従業員にはとことん絞るでしょう? こんなユダヤマインドからどう捻ったら人類愛なんざ出てくるんだよ! そう考えると、新約聖書で語られてる理想はユダヤ人をストア学派に誘導するようにしか見えないの!

耶蘇教がサマリア人のようなアラブ臭さがないのは、あれはね、和風キリスト教の神道のような違和感があるの。 ただの自然崇拝からなぜバラモン教のインド哲学の劣化コピーが出て来るの? みたいな。 だから、ユダヤ=フェニキアを潰してローマの御用学派の思想に誘導しようとしたのね。


おねショタ魔法使い初級おじさん‏ @douteimaturi 2016年9月25日
やっぱり、思ったのだけど 旧約聖書に書いてある都市というのはあれ全部カルタゴとその衛星都市の話でそこに出てくるヤハウェというのはローマ人自身をさしたもの語りという妄想 いや、根拠はと言われると奴らの言う10支族はカルタゴから東に逃げたと考えるなら結構辻褄が合うんだよね


ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月25日
アウグスティヌスもテルトゥリアヌスもカルタゴ出身か。 うわーくっせー。 あっら!アラブの春! しかし何でカルタゴ出身のフェニキア人の系譜に繋がりそうな教父たちによってケルト神学が取り込まれたの? そのあたりもつっこんでみないとね。 これは主婦の陰謀論者だと仲間はずれネタ








∸――
お読みくださり感謝

未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

『グノーシスの変容』。『ユーラシアの神秘思想』。『ハタヨガの真髄』②。『スキピオの夢』 

我は知恵の衣をまとい
知識の王冠を戴き
洞察の玉座に座する者なり


∸―
右が太陽で左が月なのはエジプト思想だと強調されるが、
インドも右が太陽で左が月なのは隠される。

∸―

マニ教「世の中糞(文字通り)」

マニ教では太陽と月は分離した光の集積所であり、
物質世界は文字通り悪魔のクソと死体でできているので、
肉体=物質=悪。

光側の生ける霊は、光側が殺した闇の悪魔の
皮から天を、
骨から山を、
糞から大地を創った。
汚れが最も少ない光を集めて日月とし、
やや汚れたものを星とした。

マニ教はグノーシスは絶対に残しつつ、
表面の要素と用語は乗っ取り対象と同じ言葉を使い、
対象に憑りつき破壊。
同じ用語でも中身は別物。
パッケージは同じでも別の味のラーメン。
毒ラーメンならぬ毒アーメン。
標的と同じ用語を使って乗っ取る技術を一番悪用しているのが耶蘇教系。
超有名ゲームはマニ教神話が元。
ゲームを広める結社員がマニ教系なのは明白。
しかしこいつらはマニ教信者ではない。
殺しに加担し、性交し、所有欲にまみれているからだ。


---

キリスト教は、ユダヤ教つぶしのためにアーリア系が、
ユダヤ教の少数派を取り込みつつ、
ユダヤ教の後継者のふりをして作ったカルト疑惑。
派生ではなく派生のふり。
律法完全否定で、反ユダヤで、ローマ思想なのはユダヤ教と敵対する側だから当然。
ユダヤ教はヤハウェが人身御供否定なのに、
キリスト教は教祖が生贄になったことに感謝する。


『グノーシスの変容』



・グノーシス派では「知ること(グノーシス)」が救済。
アイオーンは元来ギリシア語で、(ある一定の長さの)「時、時代、世代」の意味であるが、
グノーシス神話では、至高神の最初の自己思惟、あるいはその思惟から流出し「プレーローマ」の中に充満する、擬人化された神的存在である。


・“知恵(ソフィア)がおまえを招いている。【89】ところが、お前は闇に飢えている。お前がそうするのは、お前自身の欲するところによるのではない。そうではなくて、お前の中に宿る野獣の本性がそうしているのだ。知恵はお前を招き、やさしくこう言う、「おお、お前たち無知なる者、お前たちはすべて私のもとへやってきて、選び抜かれた善き理解力を受けなさい。私はお前に大祭司の衣を与えよう。それは知恵だけで編まれた衣である」。
§13 最悪の死とは、無知以外の何のことであろうか。最悪の闇とは、忘却に落ちること以外の何のことであろうか。お前の慮りをただ神一人に向けよ。金銀を愛するな。これらには何の益もない。むしろ、知恵を衣のように身にまとえ。知識を王冠のように頭上に戴け。洞察を玉座として、その上に座せ。なぜなら、この三つこそお前のもの。お前はこの三つを、上なるところで、再び手にするだろう。
『グノーシスの変容』p.352(本書収録の『シルウァノスの教え』内『「ソフィア」の活喩』『ナグ・ハマディ文書』の一つ)より)

※活喩法(かつゆ ほう)
=無生物を生き物(特に人間)であるかのように表現する方法。「嵐が吠える」「花が笑う」など。


『シルウァノスの教え』
は四世紀前半に制作された写本で、
成立場所はアレクサンドリアとすることが研究上の多数意見。
その理由は、本書の神学、とりわけキリスト論が先在の神の子の「受肉」の出来事に重点をおく型であることである。
また、これが古代キリスト教会の中では、アレクサンドリアのアタナシオス(三~四世紀)によって代表されたからである。
『シルウァノスの教え』では
「キリスト=神的ロゴス=真の友かつ神かつ師。
キリストは神だったが、お前のために人間となられた。
キリストは『人間を着た』方」である。

・『シルウァノスの教え』では
人間は「肉体」「魂」「叡智(ヌース)」の三つから成るとする。
「叡智―魂―物質(地)」の三層構造でも考えられている。
中期プラトン主義、あるいは新プラトン主義の影響がみられる。

ただし、叡智についての発言はストア派との関連を示すものかもしれない。
というのは、
「お前の指揮者(ヘーゲモニコス)〈と〉教師を受け容れなさい。指揮者とは叡智のこと、教師とはロゴスのことである」という場合、「叡智」は端的にストア派の述語である「ヘーゲモニコス」およびロゴスと並立しているからである。

キリスト教の文書なのロゴスはイエスとされるが、必ずしもそう解釈しきれない個所も少なくない。
『シルウァノスの教え』はストア派の四大情念論も知っていると考えなければならない。
快楽、欲望、苦痛、恐れはそれぞれ主題化されている。情念を含む悪徳がカタログ的にリストアップされているのもストア派の倫理学の定型に従っている。

「ところで、われわれは神は身体的だと言うとすれば、それは不当である」
とあるが、「神は身体的だと言う」のは実はストア派を指している。
ストア派によれば、神は可視的宇宙に内在する。
他方で存在するものはすべて三次元の「身体」を持たねばならない。したがって、真の存在である神こそ「身体」を持たねばならない。
「からだ」すなわち「生き物」としてのこの宇宙全体が神に他ならない。
ストア派のこの論はヘレニズム期にはあまりにも周知のものであった。本書が具体的にストア派の名前を挙げずに匿名で言及するのはそのためである。

本書はストア派の神論に反対する。
その点では、たとえば新プラトン主義の創始者プロティノスの反対論(『エンネアデス』)と同じ論調になっている。
古代キリスト教の周辺で、プラトン主義派哲学とストア哲学の両方との接点を持つ思想だということでは。アレクサンドリアのフィロンの名前が思い浮かぶ。

『シルウァノスの教え』は、古代末期のヘレニズム文化圏に広まっていた文学形式「ディアトリベー」(=ギリシャ語で「時間に追われずに議論を交わすこと」)に形式が似ている。
「ディアトリベー」では、実際の著者が「私」で登場し、架空の対話相手と議論する疑似的な対話文学である。
この対話形式もストア派との共通項の一つである。

・『シルウァノスの教え』では人間を二種類に分ける。

天的な人間(神にかたどって生じた)

地的な人間
(土の塵から匠によって「形づくられた」。
土の塵+命の息)

ヴァレンティノス派のグノーシス主義では、人間を
霊的種族、心魂的種族、肉的種族の三種族に分けることを本書の作者は知っていると思われる。
『シルウァノスの教え』はアレクサンドリア神学であり、グノーシス文書ではない。

ヴァレンティノス派は、
キリスト教的グノーシス主義の最大派閥でありローマ中心の西方派と、
エジプト(アレクサンドリア)中心の東方派に分かれて展開した。


『完璧な教え(アスクレピオス)』(ヘルメス文書の一つ)
・生殖行為の神秘
ヘルメス「秘儀の本質を摑みたいと思うなら、男と女が営む性交のことを考えてみなさい。それは見事な模像となる。すなわち、男は(快感の)頂点に達すると、精液が放出される。その瞬間に女はその男の力を受け取り、男も女の力を受け取る。というのも、これが精液の働きなのだ。それゆえ、性交は隠れたところで行われる。

(セックス肯定。つまりマニ教系グノーシスの否定。性に厳しい宗教、特にキリスト教の否定)

『感謝の祈り(アスクレピオス)』でも、
「私たちはあなたを知りました。あらゆる種子の子宮よ。私たちはあなたを知りました。父の本性の中で孕む子宮よ」と述べて、至高神を明瞭に両性具有の存在として描いている。

至高神を両性具有とすることは神話論的なグノーシス主義にも見られる特徴。

が、この一点のみをもって『感謝の祈り』と『完璧な教え』をグノーシス文書とするには足りない。

両性具有の完全な神=キリスト教で有名な父なる神の否定。
イエスは男で、三位一体に母はいない


『感謝の祈り, 完璧な教え(アスクレピオス)』は三世紀末までには成立。
成立場所は間違いなくエジプト。ヘルメス文書の大半がエジプト起源。

・“ヘルメス「アスクレピオスよ。お前はエジプトがヘルメスの模像であることを知らないのか。いや、もっと言えば、天と天にあるすべての力たちの住処であることを知らないのか。もし私たちが真理を語るべきならば、この私たちの国は世界(宇宙)の神殿なのだ。
『グノーシスの変容』p.334 
(本書収録の『完璧な教え(アスクレピオス)』5 黙示録――エジプトの宗教の没落と世界の老化(ヘルメス文書の一つ)より)


この「地上の君主たち」がプトレマイオス王朝とアレクサンドリアを暗示するものだとすれば、もともとの『完璧な教え』の成立地はアレクサンドリアに特定できるだろう。

(エジプト=ヘルメスの模像=世界(宇宙)の神殿。
要はエジプトこそが理想であり世界の中心ってこと。
日本に置き換えると、大本教など日本起源説カルトの主張になります。)

至高神を両性具有とすることは神話論的なグノーシス主義にも見られる特徴。
が、『感謝の祈り』と『完璧な教え』をグノーシス文書とするには足りないと前述した。

プラトン主義は哲学との関連は
ヘルメス「主であり、父である神、すなわち、最初の『独り子なる神』を創造した方が、そのように生じたことを眺め降ろす」に最も明瞭に認められる。
可視的世界を「独り子なる神」と呼ぶことは、プラトン主義の学派哲学の伝統に属するからである。

・至高神によって世界の秩序が保全され、邪悪が取り除かれること、時には世界が洪水で滅ぼされ、燃え盛る業火で焼き尽くされても、世界と自然は再び、かつ周期的に再興されることが語られる。

「神の自然が意志であり、その意志は善なるものなのだ」
にはストア哲学の宇宙論、世界大火説と世界周期説、そして予定調和説
の影響が明瞭である。

(またストア派か)


・『メルキセデク』はグノーシスのセツ派との密接な関係を持っていると同時に、グノーシス主義的な「仮現論」を否定する個所もある。
仮現論
=イエスの肉体は、その神的本質にとっては仮の宿りに過ぎないので、十字架上で受難するイエスはあくまで「肉的な部分」(=代価)「模倣物」であって、真の本質、すなわち活けるイエスは「十字架の傍らで喜んで笑っている」
という見方はグノーシス主義化したキリスト教の最も顕著な特徴の一つ。


グノーシス主義セツ派に属する
『ゾーストリアノス』
のゾーストリアノスとは、ゾーロアストロス(ゾロアスター)の曽祖父と系譜学的ではみなされる。
本書のあとがきは暗号であり解読すると、
「ゾーストリアノスの真理の言葉。真〔理〕の神。ゾーロアストロス〔の〕言葉」
であり、ゾーロアストロスは古代ペルシア以来のゾロアスター教の始祖。



『ゾーストリアノス』では
至福=叡智=真の自己認識(グノーシス)

三重の力を持つ霊
=処女なる見えざるバルべーロー
=完全なる処女(パルテノス)なる男性の三重の種族


セツ派ではバルべーローは両性具有とはいえ、女性が勝った存在で代名詞は女性形が用いられることが多い。
が、『ゾーストリアノス』では「バルべーローのアイオーン」(ギリシア語、男性名詞)という表現が多い。


∸――

『ユーラシアの神秘思想』


マニ教「世の中糞(文字通り)」

・仏教の三身説
この世の無常と苦を説く仏教では、
死体の腐敗、散乱して消滅するさまを心に描く九想観という瞑想法がある。
死体の膨張→変色→破壊→血が地面に垂れ→
膿ただれて腐敗→鳥獣に食われる→筋骨頭手が破散→
白骨のみになる→火に焼かれた骨が灰と化す
の九段階を観想。
貪欲を退ける行で極めて即物的な肉体を対象としてなされる。

実は、九想観は九相観とも書き、心=想と、対象=相 の密接不離な関係を前提とした仏教の身体観を表している。
大乗仏教の基本哲学の一つ、唯識では、主観も客観もともに心が現しだしたものだとする。
この観点からすれば、九想観は肉体の変異を通して心の変異を実現するものと考えることができる。
身体は物質的に独立した存在としてあるのではなく、心の映像である。
つまり、心のあり様の変異は、そのまま可視的な身体のあり様の変異につながる。
身体と心との密接な関係をこのように主張するのが九想観。

唯識思想
大乗仏教の唯心論。
ヨーガの体験をもとに、一切の存在は心の創り出した像に過ぎないとする。
玄奘三蔵(七世紀)により中国に伝わり、のちに日本で紹介されて法相宗となる。


サーンキャ哲学
インドの六派哲学の一つで数論派ともいう。
純粋精神であるプルシャが、
物質原理であるプラクリティを観察することにより、
25の原理を数える世界が展開すると説く。
物質は三徳(トリグナ)のバランスが揺らぐことにより、諸現象を出現させるが、
解脱はこのような物質から離脱して純粋精神に帰一するとする。
プルシャ=精神は神にあたるもので、心や意識ではない。
心は物質的なもの、プラクリティとしてとらえられ、感覚器官で認識しうる、さまざまな対象から区別されていないのである。

佛教における物心一如。
仏とは超越的な人格ではない。
自己の心の真実を表現するものである。
心の真実とは大乗仏教の仏性(悟りに達するための種子)。
種子はあらゆるう衆生にそなわり、生きとし生けるものの本質、本性。
その本質である己の心が顕れた状態を仏身という。
仏身には三種ある
①法身
真理たる永遠不滅の法=ダルマ。
密教では大日如来。

②応身
この世にあらわれた歴史的具体的存在。
釈迦如来。

③報身
①と②の中間的存在で、阿弥陀如来のような神話的な存在。
①は精神的原理の擬人化
②は物質的肉体
③は半ば精神的で半ば肉体的な身体。

即身成仏の身は単なる肉体的身体ではない。
霊肉不二。物心一如。心身一如。

禅のいう心とは肉体に対立する存在ではなく、二元分裂以前の、肉体を包含した自己の生命そのもの。
西洋流の神秘主義と禅を結びつける仕方に伝統的な禅を学んだ人は反発する。


・五代の瞑想法
密教には五大を対象とする五大観という瞑想法がある。
地に象徴される心の奥底にある煩悩を、
水によって洗い清め、
次に火によって焼き尽くして灰と化し、
それを風によって吹き払い、
最後に全く清らかな空の境地に達しようとする観法である。
この観法は地よりも水のほうが微細であり、水よりも火のほうがより微細であるととらえ、粗雑なものから精妙なものへの瞑想を通じて自らを変容させようとするものだった。


こうした五大観はその起源であるインド思想に影響を受けた近代ヨーロッパのオカルティズムにおいて新しい意味付けをされて甦った。
黄金の暁教団、ゴールデン・ドーンのタットワ瞑想がそれである。
地、水、火、風、空をそれぞれ大地、水、火、空気、霊と解し、その形と色を瞑想。
テージャスと呼ばれる火は三角形で赤、
アーパスと呼ばれる水は銀色の三日月、
アーカシャと呼ばれ霊は藍の卵形というようにである。


・密教的身体観の淵源はバラモン教哲学、ウパニシャッドの五蔵説。
五蔵説では心身の二元論的発想を超越して人間の多層的構造を主張する。
人間は五層からなる。
①食物所成蔵 アンナマヤ・コーシャ
②生気所成蔵 プラーナマヤ・コーシャ
(プラーナ=気=半ば物質で半ば精神的な存在)

意識所成蔵 マノーマヤ・コーシャ
マノー=意識。
ある種のオーラとして存在し、それが変化すれば、
肉体=食物~の複体である②生気~ にも影響が出る。


④知識所成蔵 ヴィジュニャーナマヤ・コーシャ
知識=ヴィジュニャーナ(一般に精神的な存在の代表)

⑤歓喜所成蔵 アーナンダマヤ・コーシャ
アーナンダ=歓喜は神的な存在。

蔵と訳されるコーシャは本来「容器」を意味し、ジーヴァートマンと呼ばれる個我を包みいれているという、いわば生命の入れ物である。

ジーヴァートマン
=ジーヴァ(生命)+アートマン(我)。
個人的存在の原理的なもの。
輪廻の主体ともされる。
 パラマートマン(神的で超越的なものとされる)とは区別される。

(仏教では輪廻の主体は存在しないので注意)

食物~だけが目で見える物質的な存在で現実の肉体に相当する。
それ以外の四つも形や色や働きを有する。
層の上昇に応じて肉体と精神の区別が明白でなくなる。
正確には区別自体が無意味になる。
主客の二元対立は克服され我と他は合一し、個と宇宙は一体となる。
梵我一如。身体は絶対者の働きとして理解される。
身体はエネルギーであり宇宙的な存在そのものと解される。
身体は幻、マーヤーではなく、力、シャクティである。

・神智学とスピリチュアリズムの身体観はウパニシャッドの五蔵説に似ている。
神智学一般では身体を地上の現象的経験の集積である低我と、輪廻の主体である高我からなると考え、
真の霊魂は高我だが、
低我も死後にアストラル界で存在するという。
それゆえスピリチュアリズムのように死者との交信は可能だと述べるが、それによりさまざまな危険がもたらされるとも警告している。
低我は肉体、アストラル体、メンタル体の三層からなるとし、
その上層に当る高我はコーザル体、ブッディ、アートマー、モナドの四層からなるとする。
身体は七層からなる。
各層を太陽系の七惑星やクンダリニ―・ヨーガのチャクラに対応させるのも神智学の身体観の特徴。
ただし二層に細分したメンタル体の高層部分にコーザル体を比定し、両者を一体と考えたり、
ブッディ、アートマー、モナドの三層を一体だと説いたりすることが多々あり結局五層説に集約できる。
神智学の祖であるブラヴァッキーは自著『神智学の鍵』で七という数字を重視。
身体を
①ルーパ
仏教での色身=物質的肉体=食物~。

②プラーナ
=生気~

③リンガシャリーラ
サーンキャの微細身(みさいしん)。
意識~と密接。
ただこれはアストラル的なニュアンスを豊富に持つので、
生気~に比定することもできる。

④カーマ(欲望)

以上の下位四層。



⑤マナス
=意識~

⑥ブッディ(覚知)
知識~
  ④と⑥は相反する二つの力
で、両者の中間層である⑤マナスの状態を決定する。
カーマがマナスを支配すればブッディは消滅し、
ブッディがマナスに存在すればカーマは無となる。

⑦アートマー
アートマンに相当。究極の存在。梵我一如状態。
全宇宙を映す鏡モナドと同一視。
至高の歓喜~と直接結びつく。

の上位三層に分けた。
インド思想からの影響が如実。

ブラバッキーは最終的には
ルーパ(肉体)、プラーナ(生気)、リンガシャリーラ(微細身)の下位三層と
悪に対する善として位置づけられる覚知状態にあるマナス(意識)
および絶対至高のアートマー(霊我)の上位二層からなる。
合わせて五層が身体を構成するとした。七層は五層説に集約される。
(インド思想が元ネタだから似ていて当然)

ところでスピリチュアリズムの身体観。
幽体に注目。
スピリチュアリズムが興った当初、幽霊現象や対外遊離経験を説明するための仮説だった。
後にエクトプラズムという半物質の存在が確認されたことで、それを通して肉体と結びついている、もう一つの身体とみなされるようになった。
幽体は霊魂の身体であり意識状態と深く関係し、
ウパニシャッドの五蔵説の
③意識所成蔵 マノーマヤ・コーシャ
(マノー=意識。
ある種のオーラとして存在し、それが変化すれば、
肉体=食物~の複体である②生気~ にも影響)
に相当すると言えるだろう。

一方、
①食物所成蔵 アンナマヤ・コーシャ
にあたるスピリチュアリズムにおける肉体と、
この幽体を媒介するエクトプラズムは流体で種々の形をとり、肉体の孔から流出する上記のようなものだとされる。
これはまさに
②生気所成蔵 プラーナマヤ・コーシャ
(プラーナ=気=半ば物質で半ば精神的な存在)
の様態に類似。

(③意識所成蔵 マノーマヤ・コーシャ
マノー=意識。
ある種のオーラ。
肉体=食物~の複体である②生気~ にも影響。

④知識所成蔵 ヴィジュニャーナマヤ・コーシャ
知識=ヴィジュニャーナ(一般に精神的な存在の代表)

⑤歓喜所成蔵 アーナンダマヤ・コーシャ
アーナンダ=歓喜は神的な存在。
蔵=コーシャ=容器=ジーヴァートマンと呼ばれる個我を入れる生命の入れ物。

ジーヴァートマン
=ジーヴァ(生命)+アートマン(我)=個人的存在の原理的なもの。
 パラマートマン(神的で超越的なものとされる)とは区別される)

(神智学はスピリチュアルの源流の一つ。私と定義が違う。スピが神智学より先って言っている人もいる。根本思想を考えると明確に分けられない。今のスピリチュアル思想の源流は神智学)


・西洋降霊術は、旧約にある死霊の口寄せに起源が見いだせる。サムエル記にはイスラエル初代の王サウルの求めに応じて、かつて彼を見出して王とした士師サムエルの例が巫女を通じ語った記述がある。
また古代ギリシャにもネキュマンティオンという死者の霊を呼んでお告げを聞く場所が各地にあった。
十九世紀の近代西洋魔術の第一人者エリファス・レヴィいわく
人間は死後天界に行く霊魂のほかに、
地上に置かれた死体あるいは肉体と、
大気中に残る幽体の三種の存在を持つ。
幽体は不可視だが、死後しばらく活動しやがて天界に吸収される。
降霊術で呼び出されるのが幽体。

古代ヨーロッパにも肉体とは別種の体を肯定する思想がある。

・キリスト教の身体観
新約では身体を意味する語が二つある。
①肉体=サルクス
死体にも用いられる物質的存在

②生命体=ソーマ
死は免れないが創造主によって作られた尊厳ある存在。
神の恵みにより復活させられる体、天界の住人となる霊の体。
栄光の体であるともいわれ、十字架にかけられたのちに復活したとされるキリストの体もさし、信者は聖餐の秘儀を通してこのキリストの体と交わることができるという。
キリストの体は、教会と呼ばれる信者の集まり(エクレシア)とも同一視され、構成員たる信者はその肢体とされた。この教会は単に信者の共同体を意味するだけでなく、理念的にはすべての被造物を包摂して、宇宙を聖化する働きを有していると考えられている。
したがって生産を通じてキリストの身体と交わるということは、教会の肢体になることで一人一人が聖なる宇宙と合一することを意味している。
キリスト教では物質的な肉体とは異なる、霊的な身体の存在を主張し、それが個人・人類・宇宙を一貫する、キリストの生命、すなわち神の働き(キリスト教用語で恩寵)により支えられていると考えられている。

驚きのインドとグノーシスの劣化コピー臭。
キリスト教の身体観にはアウグスティヌスのマニ教思想、肉体=悪が混ざっているから、肉体軽視傾向。
マニ教叩く割にはマニ教的思考がちらほら。あきらかに女の産む力を憎んでいるし


・イスラム教のコーランでも生命体としての体を、単なる肉体と区別している。
イスラム神秘主義のスーフィズムでは、生命体としての体はさらに死すべき肉体と、終末に復活する不滅の身体に分けられるという。

オームは聖なる音声とされる真言、マントラのうちでも最も根本的かつ聖なるものとされ、
天A 空U 地M
の三界を表すとともに、これらがたどる
創造、維持、破壊の三期をも表示するといわれる。
つまり全宇宙の時空を包含するとされる「梵」の象徴である。
眠・夢・覚の三つの状態を繰り返すことで日常的に存在し続け「我」の象徴でもあると解釈される。
個は宇宙であり、宇宙は個である、梵我一如。

A―創造―天-ブラフマー ―覚
U-維持―空-ヴィシュヌ ー夢
M-破壊-地-シヴァ ―眠



・①食物所成蔵 アンナマヤ・コーシャ
アンナ=食物。

ウパニシャッドのうち、「梵歓喜」という個所では
虚空から風が生まれ、
風から火、
火から水、
水から大地、
大地から植物が生まれ、
その植物が食物となって肉体を生かすとある。
人は死ぬと肉体は大地に帰して、
今度は他のもののための食物となる。

ウパニシャッド哲学での
食物とは単に肉体を養うだけではなく、肉体そのものをも生じさせる。

この思想の背後には、精子が月から雨に運ばれて大地に降り、それが植物に宿ってから、食物として体内に入るという、バラモン教における神話的な肉体形成説があった。
食物によって存在するものが、食物~というからだ=入れ物。

中世に盛り上がり、近世以降、邪教として抹殺された密教の一派、立川流の肉体形成説は古代インドの伝統に忠実だった。髑髏本尊。立川=武蔵の国の立川。

②生気所成蔵 プラーナマヤ・コーシャ
(プラーナ=気=半ば物質で半ば精神的な存在。生命エネルギー)
プラーナは人間の姿をした体を形成するとウパニシャッドではいう。
食物~と重なりあって、頭、胸、胴、足を有するとされる。

プラーナを活性化し、生気~を調整すれば、
肉体=食物~の健康をも保てる、
というのが古代インドの健康観。
そこからヨーガが実践される。

ヨーガは八段階の修行から成る。
まず、ヤマ(制戒)という不殺生・真実・不盗・不淫・無所有の五戒を守ることが第一段階。
第二段階がニヤマ。
ヤマは~するな、
ニヤマは~せよ、というもの。
両者がヨガの基礎として道徳を位置づける。
日常の種々の行為に伴る不満や葛藤が修行を邪魔するから。
ヨガのように深層意識にまで明るみに出すので、不満や葛藤が鬱積したエネルギーとして心の真層に溜まり、それが瞑想の過程で解放される例が少なくない。
往々にして悲劇を招く。だからヨガは瞑想に入る前に道徳的実践で日常行為を純化し心を清めておく必要がある。

(道徳が第一と二段階なのが極めて重要。選民思想などの暴走を防ぐため)


ヨーガの口伝では、魚は呼吸法を意味する。

③意識所成蔵 マノーマヤ・コーシャ
マノー=意識。
ある種のオーラとして存在し、それが変化すれば、
肉体=食物~の複体である②生気~ にも影響が出る。
ウパニシャッドでは、デカルトのコギトにあたるマナス、すなわち意識と、
ヴィジュニャーナである知識が、
ともに物体的な容器=コーシャに結び付いて広がりを持つ――延長的性格を有する――身体を形成する。

④知識所成蔵 ヴィジュニャーナマヤ・コーシャ
知識=ヴィジュニャーナ(一般に精神的な存在の代表)
とは仏教の唯識学派(ヴィジュニャーナ・バーディン)の「識」で、
知覚と認識の両者を包含する意味を持つ。

※唯識学派
あらゆる存在は、心の本体である識の働きにより、仮に現れたものにすぎない。
瑜伽派ともいう。
中観派とともに大乗仏教を代表する学派で、その始祖は3~4世紀の弥勒とされる。
日本の法相宗。

⑤歓喜所成蔵 アーナンダマヤ・コーシャ
アーナンダ=歓喜は神的な存在。
歓喜と訳すアーナンダは、仏の十大弟子の中で多聞第一とされ、美男で有名だった阿難の原名。
佛教では慶喜と訳される。
ヒンドゥー教の芝やヴィシュヌもアーナンダと称される。
本来は、幸福、喜びの意味。

・ウパニシャッドからわかるのは、知識は我=アートマンの本質をなすものであり、その究極の形は主客の合一だということである。
この合一は性的エクスタシーを暗示する。
知ること=成ること。
知識と存在の同一視。
究極の知識は絶対の存在である梵として説明される。


・師、グルは密教では阿闍梨にあたる。
阿闍梨は次の十三の徳を備えないといけない。
(詳細は省略。技術に通じ、慈悲ある温和な性格で我がなく菩提心があるなどが条件。
つまりグルへの帰依の前に本当にグルに値する存在かどうかの判断基準がある)

・時間は古代インドではカーラといい、運命や死の意味でもあった。通常の人々にとってはいかんともしがたい不可避の力。


・近代医学が進歩したドイツでも、太陽光に裸体をさらせば、周囲の病原菌は死に、体内のエネルギーは満たされ、煩悩は消え、意欲が目覚めるなどと主張された。
これはナチスの奨励したワンダーフォーゲルに理論的支持を与えた。
ワンダーフォーゲルは神秘思想的伝統を持つ。
ナチズムに影響された人々はワンダー・フォーゲルで春の太陽光を浴びるべく山を歩くのが、古代アーリア人の風習だと信じた。
このような考え方は、すでにゲーテに求められる。
それはペルシアの神秘主義詩人ハーフィズ(十四世紀。イランを代表する詩人。イランのシーラーズ出身)に影響されてつくった『西東詩集』である。
この作品でゲーテは、バルゼ人、ゾロアスター教徒である古代イランのアーリア人について述べ、太陽信仰をうたっている。
アヴェスタでも太陽は悪を駆逐し、万物を清めるものとして崇拝されている。
アーリア人のミトラ起源の弥勒を信仰した朝鮮の花郎道も山歩きの風習を伝えていた。

※花郎道は古代朝鮮の新羅の青年戦士組合の習俗。歌舞宴遊などの行事を通じて志操を高め、武技をねり、国のために貢献することを目的とする。宗教秘密結社的性格を濃厚に持っていた。

元朝末期の中国でおこった白蓮教に弥勒信仰が見られる。
弥勒信仰は大本教にもある。

(仏教が大嫌いな大本教は、キリスト教やインド・イラン思想を日本の伝統とほざいて布教してくるから超悪質)

・ヘブライ語のメシアは本来、油を注がれた者の意味で、王の称号にすぎない。
キリスト教の終末とメシアの結びつき思想は、ユダヤ教にもともとあったものでは無い。
対して、ゾロアスター教にはサオシュヤントという終末時に出現し、悪を征服する人物が登場する。
拝火教以前からイラン人が信仰していたミトラは、世界の更新者として終末と復活に深くかかわっていた。救世主を待望するイラン人の信仰は、彼らがイスラム教に改宗してからも生き続け、シーア派のイマーム信仰にまで影響している。
イマーム(指導者は、スンナ派ではカリフと同じとす)るが、
シーア派では不可謬の聖者とされ、マフディー=メシアに限りなく近いとされる。
(キリスト教の中核はアーリア系であって、現世利益重視のセム系でないよ)


・ヴェーダの六芸
=発声学、語源学、韻律学、文法学、祭事学、星学。
四つが言語関係。

不立文字の禅ほど多くの語録を残したものはない。
(言語もちゃんと重視。スピ系は言語をはじめから捨てろと曲解)

・イスラム神秘思想には照明学派というものがある。
スーフィズムというイスラム神秘思想の中で独特の位置を占めるのがイラン人のスフラワルディー。
彼はガザーリーの約百年後に生まれ、三十六歳の若さで急死。
東方神智学の祖とされる彼は、古代ペルシアの霊的伝統を復興し、神がノアの洪水以前の予言者に掲示した教説を明かそうと企てた。
彼は拝火教概念を積極的に導入し、光の哲学と称するべきもので、後継者は照明学派と呼ばれた。
ゾロアスター教の光輪思想が影響している。
光輪、クワルナフを保持する者は、大地を支配すると信じられた王権のシンボル。帝王叙任に際して神から授けられる。
仏教の光背の起源説あり。
万物の原型=イデアとして天使を考える際にも、スフラワルディーは拝火教の大天使アムシャ・スプンタを借用。
ゾロアスター教の、各々の大天使が特定の被造物のグループの守護者である説を継承。

イデアに比定されるスフラワルディーの天使はプラトンのイデアとは必ずしも同じではない。
彼には新プラトン主義の影響もある。
照明学者には「光中の光」とされる神的本質が発光し、その強度に応じて世界が、階層的に形成されるとする。
これはプロティノスの流出説にならったもの。
ただ、ミトラ教でも太陽が七条の光により火の粉を降下させて、物体に生命を呼び出すとする説があるので、流出説自体がペルシア的だと言えないこともない。


・スーフィズムは9世紀に基本が確立された。
愛とグノーシスとファナーの三要素があると言われる。
ファナーは神との合一を意味する。


・拝火教では正しい教義によって善悪の区別をして悪を排斥しつつ最終的には全存在が浄化され悪がなくなることに重点を置く。
対しマニ教の最終的な結論は文字通りの分離であり、明暗の二元は原初と同様別々に分かれて厳として存在し続けるのでマニ教のほうが徹底した二元論

マニ教がグノーシス思想と言われるのは、霊肉二元の世界に立脚し、現世を否定する厭世的な態度によるところが大。

ゾロアスター教の世界史では
①創造 ブンダヒシュン
②混交 グメーズィシュン
③分離 ウィザーリシュン
の三時代からなり各々に三千年が割り当てられる。
この最後には終末の審判
がおとずれるとする。

「生ける霊は、光を飲んで弱った悪魔を殺し、
その皮を拡げて天とし、
骨から山を、糞から大地を創った。
汚れが最も少ない光を集めて日月とし、
やや汚れたものを星とした。」
とするマニ教は、我らの住む世界は悪魔の死骸から作られたというのである。
けがわらしい悪魔のけがわらしい糞なのである。
この世界において目にするもの耳にするもの全てが嫌悪の対象になるのがマニ教。

この世界の創造者はミフルヤズドすなわちミトラ神。マニ教ではミトラは真の神ではなく、プラトン哲学におけるデミウルゴスにすぎない。

光の要素である精液を漏らした闇の男。
漏れた精液を種として大地から植物が生じる。
ゆえにマニ教では植物は霊的として特にメロンやキュウリが好まれた。
光と精液の密接化関係は、カシミールのシヴァ派でも説くもので、そこでは精液がうやうやしく女によって受け取られ、聖なる器に注がれた。
マニ教神話では、闇の女たちは創造妊娠であるにもかかわらず、実際に子供を産む。生まれた子供たちは怪物で、植物のつぼみを食べて再び光を悪なる物質=肉体に閉じ込める。
ゆえに子供を産む女は男よりも罪深いとされた。


「男女、二体の悪魔が選ばれる。
男の悪魔は、
植物の蕾を食べた怪物の男のすべてを食べ、
女悪魔は、怪物の女のすべてを食べた。
そののち、男と女の悪魔は性交し、
アダムとイブが誕生した」

人間の創造は、光明主が意図して行ったのでも、生ける霊が行ったのでもない。
つまり神意ではなく、肯定すべきものでもない。
人間の創造は、闇の勢力が光=霊を物質の中に閉じ込めようとして行った悪しき事業。
しかも共食いによって。人間とは食人、カニバリズムと性交の結果生まれた呪うべき存在となる。
しかし、人間の中にある霊魂だけは何としても救わなくてはならない。
それが光明主としての神の糸。結果人間は神と悪魔、光と闇の戦場となる。
人間における光は霊である。
闇である肉は、肉体と肉欲からなる。
肉体は悪魔の子である怪物を材料として作られ、
肉欲は光を物質の中に閉じ込めようとする悪魔の意図にならうものである。
肉体も肉欲も悪魔の遺産。
子を産み繁殖するのは光を拡散させ救済を困難にすることなので、マニ教では子供を産むのは肉欲に囚われて性交するよりも罪深い。
逆に、ゾロアスター教では子供の誕生を善の戦士が増えることとして歓迎する。
なおゾロアスター教でも乱交によって何者が父親かわからない子を産むのは、精子をごちゃまぜにする行為として厳しく禁じられた。
(邪教じゃねーか!
生殖は悪なので、マニ教神話では光の勢力は誕生せず召喚される。
光と闇の勢力対立を騙るスピ系サイトが多いのはマニ教がスピリチュアル新キリスト教の中核の一つだから。だから肉体を捨てましょうとか、肉他は牢獄とか、霊魂は肉体より上位とかほざくでしょ?
なお西洋魔術では肉も霊も同じXの変化したものにすぎず優劣はない。
拝火教では物質=悪ではない。アフラ・マズダ―は物質も創造している。

マニ教はグノーシスは絶対に残しつつ、表面の要素と用語は乗っ取り対象と同じ言葉を使うことで対象に憑りついて破壊。
同じ用語でも中身は別物。パッケージは同じでも別の味のラーメン。
毒ラーメンならぬ毒アーメン。
この標的と同じ用語を使って乗っ取る技術を一番悪用しているのが耶蘇教系。
巷で有名なゲームそのまんまなのがマニ教神話。
ゲームを広める結社員がマニ教系なのは明白。)


キリスト教の悪魔サタンも、イスラム教の悪魔シャイターンも、神には直接対抗できないものとして矮小化されている。
サタンは堕天使ルシファーと同一視されるし、
シャイターンは悪しきジン(精霊)の代表でしかない。
ユダヤ教のタルムードでも悪魔は神より下位の悪の天使と考えられている。

ジン
イスラム教の精霊。人間と同じく神により創造された。思考力を所有する。
普段は不可視の存在だが、煙や雲のような気体状のものから凝結して顕現するとされた。
変幻自在で、人間の祖であるアダムよりも古い創造物で、また土から創造された人間に対して、
炎から創造されたと説かれる。

タルムード
聖書に基づく口伝であるミシュナと
ミシュナに関する論議を集めたゲマラからなる。
紀元前二世紀から後五世紀にかけて成立したものと考えられている。

ヘブル人のあいだで悪魔というものが現実的意味を持つようになるのはバビロン捕囚後。
それまでも雑多な悪霊に対する迷信は存在したが、説明する確かな観念はなかった。
捕囚以後は悪霊は善なる天使と戦う存在として位置づけられる。
悪霊たちの上にあって悪の軍団を率いる悪魔が考えられるようになる。
この傾向は黙示文学によてとくに発達。キリスト教のサタンに継承された。
サタンをシャイターンとして悪しきジンの頭目たるイブリースのこととしたのが、イスラム教の悪魔。
捕囚以後のユダヤ教に大きな影響を与えたペルシアのゾロアスター教の思想が注目される。

(バビロン捕囚自体がねつ造疑惑。
実は交易を求めて自分たちからペルシャに行った疑惑。

しゃいたん って書くとかわいいね。フンババをふわわと書くとかわいいね)


・『アヴェスタ』の除魔書(ウィーデーウ・ダート)にある、アンラ・マンユの悪しき創造物が

竜と冬、ハエ、戦争と略奪、アリと毒草、疑い、泣哭(きゅうこく)と呻吟、
売春婦、暴政、男色、埋葬、妖術師、不信、火葬、生理不順、
外国人の王、炎熱
など。
アンラ・マンユが創造した病気の数は9,9999  九万九千九百九十九あるとされ、
身体的障害も造ったとされたためこの種の人々はゾロアスター教徒から隔離された。
病気をもたらすノミやシラミ、水を汚す亀やカエルなども悪魔の被造物として悪とされた。
悪の動物の代表が爬虫類であり、地獄がすみか。
ゾロアスター教には爬虫類を探し出して殺すための特別の日があった。
竜は爬虫類の最大なものとして、悪魔の強力な被造物とされた。

(外国人の王は悪の親玉の創造物!
爬虫類人が悪魔の代替物なのはゾロアスター教由来なんだろうな。
身体的障害も造ったとされたためこの種の人々はゾロアスター教徒から隔離されたって、
イラン版ノアの箱舟での人間選定基準とかぶる。
この記述を見つけたナチス大歓喜。


ねこた‏ @lakudagoya 18時間18時間前
ねこねこブログコメント
ゾロアスター教世界では障害者は悪魔が作ったものとして隔離されたそうだが、
やつらの思想のルーツもこれかもね。
セム系一神教はそんな発想あまりないもの。
てか、それなら近親婚やりすぎて異常ばかり生まれてるやつらって悪魔の創造物かよ?(笑)


∸―

右が太陽で左が月なのはエジプト思想だと強調されるが、
インドも右が太陽で左が月。


“インドでは、右の鼻の穴の呼吸は熱く
左のそれは冷たいといわれている。
つまり、右の鼻の呼吸は太陽の呼吸であるから、右のナーディ(エネルギーの通る小穴)はピンガラー(火の道)と呼ばれる。
左の鼻の穴の呼吸は月の呼吸で、左のナーディはイダーと呼ばれる。月はこのイダーの中を旅し、を全組織の上にふりまく。
太陽はピンガラーを旅し、全身を乾燥させる。人間の身体は小宇宙である。月は上あごの根元に位置し、胃の炎を常時燃やすことができる、冷たい神々しい蜜を落としている。”
p.288『ハタヨガの真髄』

“ 人間の体は小宇宙である。ハタは、ハとタの二音節からなり、それぞれが太陽と月を意味する。
太陽と月のエネルギーは、ピンガラーとイダーという二つの主なナーディを流れるといわれている。
ピンガラーは太陽のナーディで、右鼻腔から始まり脊椎最下部に至る。
イダーは月のナーディで、左鼻腔に始まり、脊椎最下部に至る。
この二つのナーディの間に、火のナーディであるスシュムナーがある。前述したように、スシュムナー・ナーディは神経エネルギーの流れの中心的経路であり、メールダンダ、つまり脊柱の中を通っている。ピンガラーとイダー、またスシュスムナーもいろいろなところで互いに交差している。
これらの交差点がチャクラ(輪)といわれ、はずみ車がエンジンを制禦するように、チャクラは体の機構を制禦する。主なチャクラは、
肛門の上、骨盤近くにあるムーラダーラ・チャクラ(ムーラは根・原因・を意味し、アダーラは支持とか活力部という意味)、
生殖器の上にあるスワディシュターナ・チャクラ(スワは生命力・魂、アディシュターナは座とか住居という意味)、
へそにあるマニプーラカ・チャクラ(マニプーラはへそ)、
へそと心臓の間にあるマナス・チャクラおよびスーリャ・チャクラ(マナスは心、スーリャは太陽)、
心臓部にあるアナーハタ・チャクラ(アナーハタは心臓)、
咽頭部にあるウイシュダ・チャクラ(ウイシュダは純粋)、
眉の間にあるアーンニャー・チャクラ(アーンニャーは支配)、
胸腔にあり、千枚の花びらをもつ蓮とよばれているサハスラーラ・チャクラ、
額の上にあるララータ・チャクラ(ララータは額)である。

これらのチャクラは、ホルモンその他の内分泌を体組織に供給する内分泌腺に相当する。ムーラダーラ・チャクラとスワディシュターナ・チャクラは生殖腺にあたる(男性では睾丸・陰茎・前立腺、女性では卵巣・子宮・膣)。 
この二つのチャクラの間に、愛と情熱の神カーマにちなんでつけられたカーマルーパとして知られている生殖腺の座がある。胃・膵臓・肝臓・脾臓などの内臓は、たぶんマニプーラカ・チャクラに相当する。
二つの副腎はスーリャ・チャクラ、マナス・チャクラのことであろう。
アナーハタ・チャクラは心臓とその周辺の主血管のことである。
ウィシュダ・チャクラは、甲状腺・副甲状腺・胸腺にあたる。
アーンニャ・チャクラ、サハスラーラ・チャクラ、ララータ・チャクラは、脳・脳下垂体・松果腺にあたる(タントラのテキストによると、プラーナ―ヤーマの目的はわれわれの体内にある神聖な宇宙の力、クンダリニ―をよびさますことである)。
クンダリニ―はムーラダーラ・チャクラ(脊椎最下部にある下部神経の中心点にまきつき眠っている蛇)に象徴されている。この潜在エネルギーが目覚め、脊椎をそれぞれのチャクラを通ってサハスラーラ・チャクラ(頭の中にある千枚の花弁をもつ蓮、脳の神経網)までのぼっていき、そこで絶対最上の魂と融合する。これはたぶん、前述のウッディヤーナとムーラ・バンダで体得された偉大なエネルギーをたとえられたものであろう(クンダリニ―を目覚めさせ、昇らせていくとは性エネルギーのの昇華を象徴するものであろう)。”
p.462-464『ハタヨガの真髄』

∸――
キケロ『スキピオの夢』

キケロの思想は、当時ローマで主流だったストア哲学にローマの伝統的価値観を取り込んだ折衷的なものらしい。
紀元前106 - 紀元前43年まで生きた人の思想。

PDF]「スキピオの夢」 研究 池田英三[訳註]
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/34270/1/2_PL1-32.pdf
“(大スキピオ)「…その祖国を保持し,助長し,盛大に導いた人々のためにはすべて,天界に特定の割り当てられた場所があって,そこで彼等は,祝福されたる者として,永久の齢を享受している.

彼等はあたかも牢獄から釈放される如くに,肉体の束縛から飛び去ったのであって,お前達の所謂生とは本当は死に外ならないのだ.

人間が生れ来った所以のものは,この宇宙の中央に見える,あの地球と言われる球体を管理せんがためにであって,そしてこの人間には,お前たちが星座とか星辰とか呼んでいるあの永久の火焔から,魂が与えられており,それらの星は球状・円形で,神的なる精神を以ていきづけられ,それ自身の輪環・円圏を驚くべき速さで旋回している.

第九番目に位する地球は,世界の中央部を占めて,不動のままに常に同一の所在を保っているからである.

一定の時期には必然的に大地の氾濫と焼尽とが生ずるのであってみれば,我々の獲得しうる栄誉は,単に永遠的ではない許りでなく,また永続的であることすら出来ないのである .

「げにもお前は勉励すべきであり,そして可死的であるのはお前ではなしにこの身体であることをさとるべきである.つまりお前自身とはお前のその姿が現わしているものではないのであって,各自の精神こそが各個々人なのであり,指差し示され得るその形体がそれであるのではない.さすれば,お前はお前自身が神であることを知るべきである.
(引用者注。ここまで本文。ここから注釈)

「人間には......火焔から,魂が......」これは,魂は火であるというヘラクレイトス・ストアの考え方によるものであり,従って天体は勿論魂を有する存在なのである.“


<資料>マールクス・キケロー「国家について」〔二〕 M. Tullius Cicero, De Re Publica (2) (translated and annotated)
http://ci.nii.ac.jp/els/110000401367.pdf?id=ART0000840235&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1490010495&cp=
この岡 道男 [訳註]版だと
“一定の時期に必然的に起こる大地の洪水や大火のために、我々は、永遠とはいわずとも、永続的な栄光すら得ることはできない。”

“死すべきものは君ではなく、この身体であると心得よ。じじつ、その形が表わすものは君ではなく、各人の精神、つまりそれが各人である。指でさし示すことのできる姿ではないのである。したがって君は神であると理解せよ、もしほんとうに生活し、感じ、記憶し、予見し、また最高の神がこの宇宙に君臨するごとく、その監督する身体を支配し、統治し、動かす者が神であるならば。しかも不死なる神自ら一部死すべきものである宇宙を動かすごとく、不滅の魂が脆い身体を動かすのである。”


こっちのほうがわかりやすい。



・祖国に貢献すると死後に天界=星々(神々)の世界に行き永遠に生きる
・いわゆる肉体ある生は死である。
・肉体は束縛にして牢獄である。
・星座と星辰=永久の火焔。
・人間は星という永久の炎から魂を授かる。

・“一定の時期には必然的に大地の氾濫と焼尽とが生ずる”
=洪水と火焔
により人間の獲得した栄誉も永続しない。
火と水の終末論!

・人間の本体は精神。人間は神。
神が宇宙を動かすがごとく、人(の本体である精神)は肉体を動かすから。
(人間が神であることを知れってグノーシス)


(“第九番目に位する地球”ってベートーベンの第九の真の由来?
ベートーヴェンはどう見てもメーソンなのにロッジに記録なし=会員ではないことになっている。
つまり通常会員より地位が高い
と考えられる。
イルミナティ
=科学容認で科学重視で反カトリックでエキュメニズム賛成のキリスト教カルト
のワンワールドソング交響曲第9番を作っていて採用されているし。
ストア派混じっている歌詞だし。





ベートーヴェン交響曲第9番(第九)の歌詞の日本語訳
http://kcpo.jp/legacy/33rd/B-Sym9/Sym9-trans.html
“喜ばしきかな、太陽が壮大なる天の計画に従って飛ぶが如く、

*兄弟達が己〔おの〕が道を駆け抜ける、勝利に向かう英雄のように喜ばしく。*
抱〔いだ〕かれよ、数多〔あまた〕の者よ!
この口づけを全世界へ!
兄弟達よ!星空の彼方に
愛する父(なる神)がおられるはずだ。
地にひれ伏さぬのか? 数多の者よ。
創造主(の存在)を感じるか? 世界よ。
星空の彼方に求めよ!
星々の彼方に彼の御方(神)がおられるはずだ。”)

ねこた‏ @lakudagoya
何某のタイムラインに触発されて、マルクス・アウレリウスとキケロの「スピキオの夢」を読んでみた。

たまたま「世界の名著 13」を借りてきてたのでどれも収録されてる。

何というかマルクス・アウレリウスの本を読めば読むほどキリスト教的な道徳がストア派の背乗りに見えて仕方ないのだが。
ストア派の研究をポツポツしたりしてるよ。 「スピキオの夢」全部読んだよ。すげーヤバイ情報盛りだくさんだた。
げーパウロの言う火と水のバプテスマの元ネタはストア派の終末論かよ。 ストア派に関してネット情報と紙情報を読み比べたけど、ネットには大事な事は一切記されてないよ。


あと、ストア派が面白いのは、グノーシスの思想の背景がすっきり理解できる。
「スピキオの夢」で「人間は神なり」という一文があったのだけど、それであー!と全部を理解した。
グノーシス派の人たちが死んだら惑星の層を抜けて天に至るって話の元ネタはこっちだったんかよ!

面白いなぁー!
この本に収録されてる「スピキオの夢」を読みながら、エヴァの「魂のルフラン」を聴くといいよぉ〜! 世界の名著〈第13〉キケロ,エピクテトス,マルクス・アウレリウス (1968年) を Amazon でチェック!
ねぇ?みんな。世界の陰謀を発くなら「スピキオの夢」はちゃんと読んでおこうな?
ストア学派の思想がこれほどわかる本も少ないの? 世界の名著〈第13〉キケロ,エピクテトス,マルクス・アウレリウス (1968年)


キケロの「スピキオの夢」とかマルクス・アウレリウス「自省録」とか見てますと、ローマ人は質実剛健な文化あったんだなと思う。

なんかなーキリスト教お嬢様教育の理念とか見ると、古代ギリシャ・ローマに比べて女々しいというか質実剛健で簡素な美しさがないんだよね。
ストア学派によると、宇宙は火で焼き尽くされるか洪水で滅ぼされるかだもの
これ「スピキオの夢」って本に書いてあるよ。ストア学派の終末論は火で焼き尽くされるか洪水かのどちらなの。 「カルデアの神託」にも神的な火の崇拝が書いてあるよ。断片だけどね。 新プラトン主義って何?

「スピキオの夢」を見ると、ストア学派の人たちはヒューマニストだったんだなと思った。
智者は恒星天というお星様の世界に行く
のだもの。

世界の名著〈第13〉キケロ,エピクテトス,マルクス・アウレリウス (1968年)



<資料>マールクス・キケロー「国家について」〔二〕 M. Tullius Cicero, De Re Publica (2) (translated and annotated)
http://ci.nii.ac.jp/els/110000401367.pdf?id=ART0000840235&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1490002877&cp=

以下、『世界の名著13』内の水野有庸が翻訳した『スキピオの夢』。
全18頁しかないのによくもこれだけ重要個所を詰め込んだものだ。
この水野有庸の翻訳が一番重要。
やはり注釈が大事。
古代にできた重要本!って神道カルトあたりが捏造しまくっている聖典(笑)があるけどさ、
「では解釈書や注釈書が時代ごとにあるはずですよね?著者名と書名を教えて」
と聞くと黙るよ。
四書五経の注釈書何冊あると思ってんの?
仏典も聖書もコーランもすさまじい量だよ?
当然、偽書か判断するための基準もできているよ。
偽書を創る奴らって解釈書までは捏造する知恵がないからね。
時代ごとに創らないといけないから大変だよね。
当時の知識人が一切言及しない理由もでっち上げないといけないし。
つまり既存の資料の中身を改竄する手法のほうが多いだろうね


違う翻訳で再読すると見のがしていた重要個所が浮かび上がる。
邦訳が複数ある重要な本は読み比べが有効。


引用で誤字脱字は気を使うが、
特にひらがなやカタカナが連続するところ、
特に「てにをは」、
漢字の送り仮名に注意。
ゆっくり音読が有効。
黙読だと見のがす。
漢字は句読点の代わりになるので、文章の区切りとしても重要。
引用すると文書を書いた人の文章の癖が良くわかる。

太陽は、ほかのことごとくの、光を放つものの群れにとって、その総司令、その首領、その光度の調節者。宇宙の霊であって、そのほどよい和らぎのみなもと。太陽がそなえている力はまことに強大で、あまねく万物を、自分の光で輝きわたらせるほど。この太陽に、従者のように侍り従うのは、片方ではウェヌスの、片方ではメルクリウスの進みゆく道。
しまいに、最下の輪を、月が、太陽の放つ光に照らし出されながら、回(めぐ)ってゆく。けれども、その下には、死すべきものが、崩れ滅びゆくものが、あるばかり。その例外は、神々の恵みによって人類へ授けられた知性だけ。つまり、月より上が、あらゆるものの不滅である所なのである。それからもう一つ、宇宙の中央にあって、九番目のものである地のたま(「たま」に傍点)は、動かずにいるばかりか、下の極みをもなしており、したがって、目方のあることごとくのものは、自分の落ち癖によって、その上へと、ひた走りに急ぎゆく」

『世界の名著13』内の水野有庸 訳『スキピオの夢』、
九(キケロ『国家論』第十七章p.74

・75頁の大スキピオが語る諸天体の軌道の概略図

円(楕円ではない)の外に円が続いている図。
中央が地球。
地球の一つ外が月。
月の一つ外が水星。
以下、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、天球(恒星天)
の順に外に位置している。

太陽=宇宙の霊は光を放つもののボス。
金星と水星は太陽の従者。
太陽神が最高神の思想は多い。
キケロは太陽派っぽい。
神々が与えた知性は滅びないという思想


当時から土星までは見えていたことがわかる天体描写。
宇宙には和音が響いている

(らしいが宇宙は真空なので音なんて以下略)

“ そればかりではない。はるか将来に生まれてくる世代が、すすんで、われらひとりひとりの功(いさお)を、跡絶(とだ)えなくその父祖が語るのを継いで、つぎの世に伝え残すようなことをしてくれるとしても、一定の時がいたればかならず襲ってくるはずの、地上の各地に及ぶ洪水と劫火のゆえに(3)、われらが手にすることができる誉れは、永遠であることはおろか、年数(としかず)のながいものでさえないのである。
 また、おまえのことが後世の人々の語りぐさになろうと、それに格別どれほどの意味があろうか。過去の時代の人々は、後世の人々にくらべて、人数も少なくないばかりか、優れた人物であったにちがいないのに、この人々の口からは、おまえの話など、出たわけもないことを思えば。

(3) たとえばストア派の考えかたによると、一定の周期が回ってくるごとに、天体を構成するアイテールの勢力が極大に達して、その火力により全宇宙は炎上し、滅び去る。逆に、海をはじめとする水の勢力が宇宙の火の勢力に打ち勝つと、全地上は洪水に襲われる。ストア派以外にも、たとえばルクレティウスが、『万有について』第五巻第三八〇~四一五行で、類似の考えを述べている。”

『世界の名著13』内の水野有庸 訳『スキピオの夢』、
十三(キケロ『国家論』第二十一章p.78(注釈はp.79)

火が先。水は後。
世界が始まって間もない黄金時代が最高でだんだん劣化していくって思想。
進歩主義=だんだんよくなっていくって思想と真逆。
進化論ではなく劣化論。
末法思想も劣化論


ねこた‏ @lakudagoya 2016年7月23日
マタイによる福音書 3章 11節 「わたしは、悔い改めに導くためにあなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方はわたしよりも優れておられる。わたしはその履物をお脱がせする値打ちもない。その方は聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。 」 え?311人工地震テロ?




聖書だと水が先。水の洗礼者よりも火の洗礼者のほうが上。
ストア派だと火が先)

人=心(が本体であり、肉体は本体ではない)
“神であるぞ、おまえは。”p.81
の文の次にその根拠が続く。
滅するものを不滅のものが動かしているから人は神。
自分で自分を動かすものが不滅。
魂は自分で自分を動かすことにかけてはほかに類のないもの。
∴魂は不滅。
動きのはじめをなすもの(万物を産むもの)とは、自分が自分によって動かされるもののことである。
これは生まれることも死ぬこともない。


(殺人大好きカルトになるのをどうやって防ぐのか?

魂はある一定量最初からあったってこと?
魂の数はあらかじめ決まっている疑惑)

・魂を幽閉する肉の快楽に溺れるな、神々も人間も従うべきである法を犯すな。

・注釈
(スキピオを取り巻く一座の談話が発展し、スキピオが自分が見た夢をみなに聞かせる気になった。このスキピオの夢は長年口外しなかったものであった。)
小スキピオがこの夢を見たのは紀元前149年。
この談話は前129年で、小スキピオ暗殺の直前。

(公式の信用できない耶蘇教成立年代より前かつそこまで前ではないことが重要。

本書は短いし内容も素晴らしいから、外国語学習に便利。
生徒にあらかじめ日本語訳で代表的作者の本のうち短いものを読ませて、一つ選ばせて学習してもらうとよいのでは?






∸――

ねこた(おしまい!) ‏@lakudagoya
シルヴァノスの教えにこんなものがある
「最悪の死とは無知以外の何のことであろうか?金銀を愛するな。これらには何の益もない。むしろ智慧を衣のように身に纏え。知識を王冠のように頭上に抱け。洞察をその玉座としてその上に座せ。お前はこの3つを上なる所で再び手にするだろう。」

このシルヴァノスちゃんの教えはグノーシスの文献からの引用なんだけど、これ経営者とか立派な大人が座右の銘とすべき言葉だよ。テルマエロマエでハドリアヌスが風呂で思惟するように、経営者は実務よりも思考を研ぎ澄まして欲しいと思うのはネトゲ廃人ニートのプラトニズム的な妄想かしら?(笑)


この世界はロゴスで動かされてる。ストア学派は、この世界を動かす原理の事をロゴス(摂理。そーめんのおめめのプロビデンスと言ったがいいかや?)と言ったが、新約聖書の言葉は神であったという一文は、極めてストア派的な世界観が潜んでるのがわかるだろう。それを実行してるのが耶蘇教な。

後の耶蘇教のフレームとなった、国家を越えた人類愛とか、奴隷制度はアカンのや!全ては神の前に平等!とかその他諸々の事は、実は耶蘇教が言い出す前はストア派の哲学者が言ってたりしたんだよね。マルクス・アウレリウスとかの本、この人耶蘇教大嫌いなのに、何でこんな耶蘇教臭い発想してんの?とか


となると、アダム・ヴァイスハウプト他が神の代わりに崇拝した「理性」というのは、ストア派の哲学者の皆さんが崇拝した、自然法則=神そのものであるロゴスの事じゃないかな?ニャンゲンの理性じゃなくて、この世界を動かしてる自然法則そのものという汎神論的な世界観だと矛盾も出ないよね?


ぬーん、ぬこたさんはこんなブログ見ちゃうと、もっとバビロニアやエジプト学頑張って日ユ同祖論いぢめに精を出さねばにゃーと思いまする。http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/28761416.html … ふーんアカシアの木がホルス君の樹かー。このー樹何の樹日立の樹。ヒラムは何でアカシアの元に眠るの?
(生命(いのち)の樹の秘密にせまる Part7 アダムとアダパ
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/28761416.html)

そもそもよく考えると、フリーメイソン=ユダヤって大本教系陰謀論のとこじゃなってるけど、じゃあ何でフリーメイソンの神話にあるヒラムは太陽が中天に昇るころ、午後の祈りを捧げてたの?ユダヤ教に午後の祈りとか太陽礼拝の儀式とかあったっけ?ヤハウェは嵐の性質を持ってるのにこりゃないだろ?w

あとフリーメイソンの職人の位階の儀式で聖書で神が太陽を中天に固定するシーンを引用しちゃったりしてるんだけど、なんかーユダヤライクじゃないよねっ!あとユダヤって物凄く部族っぽいのに、何でメイソンだけストア派ちっくな階級や人種や宗教に囚われないなんていうお題目を唱えるの


note*** ‏@n_plus 2015年9月10日

“ストア派によれば、世界は物質的で、神あるいは自然として知られている理性的な実体であり、能動的・受動的の二種類に分けられる。受動的な実体は物質であり(…)「運動を加えられないと動かないままでいる」” ストア派 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E6%B4%BE …

ねこた(おしまい!) ‏@lakudagoya 2015年11月16日
手元にヘルメス文書のアスクレピウスの邦訳のコピーがあるのだけど(引用元 グノーシスの変容よりhttp://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A3%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B3%E3%82%B9%E6%96%87%E6%9B%B8-%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%AE%B9-%E8%8D%92%E4%BA%95-%E7%8C%AE/dp/4000226290/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1447668451&sr=8-1&keywords=%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%AE%B9 …)これに日本雛形論のよーなエジプト雛型論があんのだよね。出口は日本を世界の雛形と言ったけど、この本にはエジプトこそ天のイメージだと書いてる。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 1月3日
あちゃ〜‼︎
で、出たよ〜
アレキサンドリア図書館w

#FateGO
#FGO pic.twitter.com/nhdmtz16td

フェイド大帝さんがまた優しく 説明してやる! 耳の穴かっぽじってよく聞くがよろし! この連中はね、アレキサンドリア (エジプト)に人類の真の歴史書や 神学書が蔵されてたと信じ込んでてね、

で、特にキリスト教の興りに ついてバチカンにとって都合の 悪い事が書かれていたと 思い込んでてね、この図書館に 放火したのはカソリックだ! と断罪してるわけ。

この主張をしてる連中は グノーシス主義の一派である 中世のカタリ派(異端として バチカンに潰された)の子孫を 自称してて、「ウリ達のご先祖様に 賠償を要求するニダ!」と 憤ってカソリックを脅迫してるの。

で、このカタリ派と何の関係も無い 日本や韓国、イソラエルの キリスト教系カルトも群がって 一緒にカソリックを叩いてるわけ。 当然得をするのはアングロサクソン系 のプロテスタント陣営とおフレンチ の無宗教(新左翼)主義者ね。

で、アレキサンドリアと 原始キリスト教の関係なんだけど、 新約聖書のパウロの宣教録を 読むと、パウロってのは アンティオキア(現シリア辺り) とか、コリントス、ローマの 話はよくするけど、

当時の大都市のアレキサンドリアの 話には余り触れたがらないのよ。 「アポロ」という同じキリスト教の 宣教師のライバルが先行で布教してて これに勝てなかったんだねぇ。

今のバチカンのカソリックってのは 基本的にパウロのキリスト教の事を 指すのよね。 聖書が1巻本になったのもずっと 後で、マルキオン聖書に対抗して エイレナイオスの時代に纏められた のが原型だと言われている。

だから、キリスト教ってのは 最初の頃は沢山宗派があったの! で、特に人気があったのが グノーシス主義だった事が 過去の資料(エウセビオスの教会史とか) から分かってるわけ。

第2章のネロ編でネロに仕えてた 宮廷魔術師が速攻で殺された話 あったろ?w グノーシス派の有力な教祖の 一人であった魔術師シモンだと 言われてる。

グノーシス派で特に有名なのが ヴァレンチノス派ね。 fategoスレでこの名前出た時は 流石工作員共と笑ったけどねw

でローマでの布教編を読めば 分かるけど、パウロがやってくる 前からどーもプリスカ夫婦という 怪しい二人がすでにローマで キリスト教を布教しててローマから 追放処分を受けてた事がわかる。

ローマやアンティオキアに伝わってた キリスト教が、「アレキサンドリアに だけは伝わってなかった」って 不自然だろ?w 仏教学の見地からだとカソリックの ロザリオが仏教の数珠由来で ある事が分かってるので、

アレキサンドリアはインドとも 貿易をしていた事が考古学から 明らかになってるから、 初期キリスト教はインドの方の アーリア系宗教からの影響が 強かったのではないかと 言われている。

当然、キリスト教の元ネタが インドやイランのパクリの 可能性が高い事は、西洋白人様 やパウロ派(つまりカソリック) に取って都合が悪いから、 アレキサンドリアを焼いたの ではないかとこの連中は 疑ってる。

まぁ、日本の場合は戦後アメリカの 影響が強いから(実際は明治時代から) プロテスタントや、カソリック以外 に有利な言論をデ○ズニーとか 使って、子供から刷り込んでく 政策を取ってるので、

こう言った事情に疎いと 速攻でカモられる。 ゲームやアニメ、受験用の 日本史だけじゃなく、世界史も ちゃんと勉強しろってこった。 以上!)

席ゼキ ‏@seki_zeki 2015年7月29日
プラトンの四元徳「知恵、勇気、節度、正義」
アリストテレスの五つの徳目「学問的知識、技術、思慮、知恵、知性(直知)」

ストア派の徳「思慮、勇気、正義、節度」
妨げの情念「苦悩、恐怖、欲望、快楽」

トマス・アクィナスの三元徳「信仰、希望、愛」四元徳の上位

マルクス・アウレリウス ‏@MAureliusBOT 4月6日

ストア派哲学によれば、人間は肉体(肉)、霊魂(息)、および叡智(指導理性)から成る。指導理性は宇宙を支配する理性の一部、すなわち神的なものの分身であって、これが人間の心の中に座を占めるダイモーンであり、人間の人間たる所以のものである。(訳者解説)

メガネ民族の大移動 ‏@wndwpn 1月12日
ストア派の教えに「失ったと言うな。お返し申したと言え。悪人に奪われた?殺された?それを与えし者(神)がなんぴとを通してお前から取り返そうがガタガタ言うな。自分の持ち物は一時預かってるものと心得よ」とかいういかにも厳しい一説がある。やっぱストア派ってカッチョ良いわ

哲学科の鶴丸国永bot ‏@tetsu_tsuru 2015年12月9日
λόγος (ロゴス/logos)とはlegein(拾い集める・数える・物語る)に由来し、言葉・事柄そのもの(真相)・法則・根拠・尺度・理性・理法・摂理などの意味を持つギリシア語の単語だ。英語のlogicの語源でもある。ストア派や新約聖書では神に等しい意味が与えられているぞ

康平 ‏@actorkouhei 2015年7月26日
ヘレネス「やべぇギリシア崩壊したし二つの派閥に別れよ」

ストア派「偉大な神が創った世界の中で神が与えてくれた知性を使って徳を積んで善く生きて行こう。」
エピクロス派「苦しいことを避けるために、よく考えて行動し(思慮)、欲張らないで(自足)、正直で静かに(正義)生きていこう。」)



閉店です ‏@lakudagoya 2015年5月3日
みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから








閉店です ‏@lakudagoya 2015年5月2日
「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」ほんと面白かったなあ!その辺のマニ教を解説した本より内容が濃くてストーリーが良いね。





神話10 マニ教の教説
http://gnosticthinking.nobody.jp/gnosismyth010.html
“イブン・アン・ナディーム『学術書目録』およびテオドーロス・バル・コーナイ『評注蒐集』より

■1.光と闇の原理

 世界の太初に存在したのは、「光」と「闇」という二つの原理であった。光と闇は互いに分かれて存在しており、それぞれの大地には「光の王」と「闇の王」が住んでいた。光の王は自らの分身として、「柔和」、「知識」、「理知」、「奥義」、「洞察」を持っていた。これに対して闇の王の分身とは、「霧」、「火焔」、「熱風」、「毒」、「暗黒」である。

■2.闇の王が光の存在に気づく

 あるとき闇の王(「サタン」や「イブリース」と呼ばれる)は、自分より高いところにある光の輝きに気づいた。彼はその高貴さに驚愕すると同時に、それを手に入れたいと欲する。他方で光の世界もまた、闇の王の行為に気がつき、彼が死と破壊を企てていることを認識した。

■3.原人の創造

 闇の王の征服に対抗するために、光の王は「原人」を創造する。原人は、「大気」、「風」、「光」、「水」、「火」という五つの神々を、甲冑として身に纏った。「彼が身に纏った第一のものは静かな大気であり、次には燃えさかる光に満ちた高貴な大気を、あたかもマントを着るかのように羽織った。さらにその光の上に重ねて、今度はアトム(原子)で満ち満ちた水を着て、さらに吹きまくる風で覆った。それに加えて火を楯と槍のように手に取ると、楽園から下方に向かって突撃し、戦いの場となるべき場所に接する領域の境のところまでやってきた」。

■4.光が闇に呑み込まれる

 光の王が原人を派遣したのに対して、闇の王もまた、五人の種族(「濃煙」、「炎」、「闇」、「熱風」、「霧」)を集めて自らの甲冑とし、原人に立ち向かった。闇の王と原人は長い間戦い続けたが、やがて闇の王が勝利を収めたのである。闇の王は原人が持っていた光を呑み込んでしまうとともに、原人とその配下の種族を闇の世界に監禁してしまった。

■5.光と闇の混合

 原人が闇の王に敗れるのを見た光の王は、原人を救済するために「光の友」を派遣した。これによって原人は監禁を解かれ、何とか救い出されたが、彼がその身に纏っていた五つの光の要素は、闇の要素と混合してしまった。原人は闇の大地の最深部へと降りていき、暗黒の五つの種族の根を断ち切って後続が育たないようにするとともに、彼に属する天使の一人に、光と闇の混合物を光の世界と闇の世界の境界にまで引き上げるように命じた。

■6.世界の創造

 光の王は、配下の天使の一人に、これらの混合物を素材として世界を造るように命じた。そこで天使は、十の天と八の大地を造り、各天使にそれぞれの支配を委任した。次いで光の王は、太陽と月を創造し、「光の船」として大空に浮かべた。このようにして、現在ある世界が創造されたのである。

■7.光の使者とアダマスの派遣

 原人や神々の祈りに応えて、光の王は「第三の使者」を呼び出した。光の使者は世界に到来し、その姿を現したが、それは男性でも女性でもあるものであった。闇の神々は光の使者の姿を目にし、そのあまりの美しさに、彼への情欲で一杯になってしまう。「その情欲の直中で彼らは、あの光、すなわち五人の光り輝く神々から彼らが呑み込んでいた光を、自分たちの内側から漏らし始めた」。光の使者は、彼らが漏らした体液から「光」と「罪」を分離し、「光」を回収する。そして、地に落ちた「罪」の部分からは、闇の王に似たおぞましい獣が生み出された。光の世界は「アダマス」を派遣し、これを討伐させたのだった。

■8.人間の誕生

 光の使者が去ってしまってなお、闇の神々はむなしくその美しい姿を追い求めていた。すると、闇の王の息子のアシャクルーンが彼らに、「お前たちの息子と娘たちを私のところに連れて来なさい。この私が、お前たちが見たという姿と同じものを造ってやろう!」と呼びかける。彼らが子供たちを連れてきてアシャクルーンに引き渡すと、アシャクルーンは男の子を、その連れ合いであるネブローエールは女の子をそれぞれ食い尽くし、その後に性行をして、息子と娘を産み落とした。光の使者に似ているこれらの子供たちは、アダムとエバと呼ばれた。

■9.イエスの派遣

 天使たちの求めに応じ、アダムとエバを闇の勢力の支配から解放するために、イエスが派遣される。イエスはアダムに近づき、彼を死の眠りから呼び覚ました。また、アダムに取り憑いた誘惑の悪霊を追い払い、無数のアルコーンたちを捕縛した。さらにイエスは、アダムに生命の木の実を食べさせたので、これによってアダムは自分が何者であるかを知ったのである。悲嘆のあまりに、アダムは次のように叫ぶ。「禍いだ、禍いだ、私のこの肉体を造った者、私の魂を食い尽くす者、私を奴隷の身に貶めた謀反者たちよ!」

■10.カインとアベル

 その一方でエバは、一人のアルコーンの性欲の対象となり、はなはだ醜い男の子であるカインを産んだ。さらにカインは母親のエバと交わり、それによってアベルが産まれた。カインはなおもエバと交わり、二人の娘を産む。その名は「世界の賢女」と「所有欲の娘」であり、カインは「所有欲の娘」を、アベルは「世界の賢女」を妻とした。その後、天使の一人が「世界の賢女」のもとにやってきて、彼女と交わったため、二人の娘が産まれた。これを見たアベルは、カインが自分の妻と交わったのではないかと疑い、カインを非難したため、カインは激しく腹を立て、アベルに襲いかかって石でその脳髄を打ち砕き、殺してしまったのである。

■11.セツの誕生

 エバと交わったアルコーンは、自分の息子が引き起こした惨劇を見て困惑した。彼はエバに魔術の言葉を教えて、アダムに魔術をかけるように命じた。しかしエバはアダムと交わり、一人の優美な、見目麗しい息子を産んだのだった。アルコーンはこれに怒り、その子どもを殺そうとしたが、アダムは息子を連れてその場を離れていった。そしてアダムは息子の周囲に三重に円を描き、「光の王」、「原人」、「生命の霊」の名前を記して神に祈りを捧げた。これを見たアルコーンたちは、一目散にそこから退散した。アダムはこの息子にセツと名づけた。

 アルコーンはエバに、アダムを自分たちのところへ連れて帰るように命令した。エバはアダムのもとを訪れ、再び肉欲のままに彼と交わろうとしたが、セツはこの行為を非難して言った、「さあ、私たちは立ち上がって東の方にある光と神の知恵に向かって急ぎましょう」。こうして、アダムとセツ、「世界の賢女」とその娘たちは、連れだって光の方へと歩んだ。これに対し、エバ、カイン、「所有欲の娘」は奈落に落ち込んだのだった。

■12.人間の運命と終末

 死を迎えるに際して、人間の運命は三つに分かたれる。「真実なる者」が死ぬと、光の神々が彼を迎え、彼は光の船である月を通過して光の世界へと帰って行く。その肉体は闇に属するものであるため、奈落へと投げ捨てられる。「真実なる者たちを守る者」が死ぬと、光の神々とともに、悪魔たちもまたそこに現れる。彼は光の神々に取りなしを求めるが、その罪障が完全にぬぐい去られるまでは、救済されることはないのである。「所有欲と肉欲の支配のもとに屈服してしまった罪人」が死ぬと、悪魔たちだけが現れ、彼に拷問を加える。それは世界の終末まで続き、最後には世界とともに奈落の中に投げ込まれてしまう。

 世界の終末に際しては、「原人」や「生命の霊」といった光の神々が来臨する。彼らは世界の周囲をめぐり、その中を眺めおろして、「真実なる者」たちを救い出して光の世界へと帰昇させる。また、太陽と月は闇と混じり合った光を抽出し、これを光の世界へと手渡すのである。光が闇から分かたれるとき、世界の運動を支配していた天使たちが撤退してしまうため、世界は崩壊して火が激しく噴き出す。この火災は一四六八年の間続き、これによって世界は完全に燃え尽きてしまうのである。”

マニ教 [ヘレニズム・ローマ]
http://morfo.blog.so-net.ne.jp/2011-05-15
神格を固有名詞ではなく普通名詞で表現して世界各地で布教しました。
…原初に善悪の2つの原理「偉大な父/闇の王」を立てるので、「絶対的2元論」だと言えます。

光の国の「偉大な父」の回りには、5つのシェキナー(光輝・住居)である「知性/知識/思考/思慮/決心(あるいは柔和/奥義/洞察)」がいます。
これらはゾロアスター教のアムシャ・スプンタの相当する大天使的存在で、これらは光の国の大気を形成しています。そして、光の国の大地は光の5元素である「空気/風/光/水/火」で構成されています。

一方、闇の国の「闇の王」の回りには、5つのアイオーン(悪霊)であり闇の大地を構成するや闇の5元素である「煙/火/風/水/闇(あるいは霜/熱風)」がいます。
その後生まれる宇宙はこの光と闇の5元素の混合体です。
このように、ロゴスやイデアの有無ではなく、元素まですべてを善悪の2つの原理で考える点がマニ教の絶対的2元論の特徴です。

ズルワンに相当する「偉大なる父」は、アナーヒターやに相当する「生命の母」を、そして、息子でアフラマズダやミスラ、ロゴスに相当する「原人間」を、次に5大元素の大天使に相当する「5人の息子」を生み出します。

「原人間」は「5人の息子」をにして、「闇の王」とその「5人の息子」と戦い、まるで毒を盛るように、自ら彼らに食われます。
つまり、「原人間」やそれから生まれる霊魂は、堕落によるのではなく、自ら悪を克服するために悪の中に身をたとする点がマニ教の大きな特徴です。

「偉大なる父」は、「原人間」達を救済するミスラに相当する「光の友」、「偉大な者」、「生ける霊」を生みます。この3者にはほぼ共に働くので、一体の存在とも考えられます。
宇宙は闇の中に残った光を分離するための機械として、悪のアルコーン達の遺体から作られます。
宇宙はゾロアスター教のように悪を閉じ込めて撃退する「牢獄」ではなく、光の「分離器」なのです。太陽と月は分離した光の集積所です。


また、12宮の霊である「12人の処女」は抽象的に「王権/知恵/勝利/確信/廉直/真理/信心/寛容/正直/善行/正義/光」と呼ばれます。
そして、宇宙には10天と8地があります。

次にやはりミスラに相当する「第3の使者」が生み出され、彼が宇宙を働かしま悪魔達の情欲を刺激して光を回収しますが、悪達は光の回収を防ぐために光を人間に集めて欲を植え付けます。
つまり、人間が生殖によって子孫を残すことは、光を奪われないための悪魔の陰謀
なのです。
この考え方にも徹底的な現世否定主義的な絶対的2元論があります。

次に「輝くイエス」が人間に対する啓示者として現れます。
彼は、「偉大なる父」からの使者であると同時に、「闇」の中に堕ちた「光」の人格化でもあって、「原人間」の受苦の象徴でもあるのです。
その後に現れたマニ自身は、キリスト教のヨハネ福音書に語られる「救いの霊」、「真理の霊」だと考えました。そして、終末には「光の狩人(大いなる思考)」が最終的な救済者としてやってきます。”

マニ教からボン教、そしてトンバ教へ
http://mikiomiyamoto.bake-neko.net/waroflightanddarkness.htm
” マニ教はライバル宗教そっくりにメタモルフォーゼし、核となる魅惑的な二元論コンセプトだけは残して、キリスト教や仏教を侵蝕していった。聖アウグスティヌスとマニ教司祭フォルトゥナトウスの公開討論(註12)では、マニ教司祭はおのれをキリスト教徒と称し、聖書を手に持って巧みに引用しながらディベートをしているのだ。また中国では、マニ経典を仏典や道教の経典(註13)のようにみせかけたりもした。チベットのボン教経典が仏典そっくりに編纂されるのは、あるいはそのような融通無碍なマニ教方式だったのではないか?

 博覧強記のトゥクァン・ロサン・チューキニマも、マニ教のことは知らなかっただろう。仏教のメガトン級の波が押し寄せる前に、マニ教の波がチベット高原に届いていた可能性はないだろうか。もし上述の三名のボン教徒がマニ教徒であったと仮定するなら、それはマーニーの生存した3世紀からの数世紀の間に起ったことにちがいない。マーニー自身、シンドやバルーチスタンまで行って布教をしているので、カシミールやプルシャでもマニ教のことは知られていたかもしれない。通常、マニ教は国教として受け容れたウイグル人によって西域からチベットにもたらされ、その存在は知られていたと考えられているが、そうだとすると、7、8世紀のこととおもわれる。

 このように、光と闇の神話がマニ教→ボン教→トンバ教と送られてくる可能性を吟味し、その背景を焙り出してきた。しかし、マニ教の二元論的哲学がトンバ教に受け渡されたかといえば、かならずしもそうとはいえない。マーニーはこの世の苦しみは肉体が悪魔によって造られたことに起因していると考え、光の国への魂の解脱をめざすことから二元論を展開した。しかしナシ族は形而上的な思考法には馴染みがなく、魔を跋除し、災いを防ぐためによむ百近くの経典のなかに二元論的神話を取り込んだのだ。日常的には二元対立的なものは見当らず、白、清浄への志向性がナシ族の特徴である。

 「白と黒の戦争」では、戦いにおいてつねに光、白、善の側が勝利を収める。物語としてはマンネリかもしれないが、そうして精神のホメオスタシスが保たれるのだ。ひとが重い病に臥したとき、トンバがやってきて儀式をおこない、そのなかでこの物語をよむ。それは物語の形式をとった祭詞・呪詞であり、炉辺で語られるたのしい神話・伝説の類とは意味合いがまったくちがうのだ。

 さて、マニ教が直接トンバ教に影響を与えたかについても、いちおう吟味してみる必要があるだろう。洛陽や泉州をはじめ中国各地に拡がったマニ教も、中国西南まで達したという証拠を見出すことはできない。

 ただ気になるのは、年代すらも曖味な伝説的なトンバ教中興の祖阿明(アミ)だ。その名前からしてマニ教を彷彿とさせる(中国東岸のマニ教は明教とよばれた)が、二元対立というより、光、白、善、清浄を志向する伝道者(ボン教徒だったかもしれない)であり、あるいはナシ族は無量光仏アミターバ(阿弥陀仏)とダブらせて考えてきたかもしれない。アミターバもまた中央アジア起源(註14)とも、ゾロアスター教起源(註15)ともいわれるのだ。


註1 アラビアのイスラム学者イブン・アン・ナディームが十世紀末に著した『フィーリスト』等術書目録)のマニ教に関する一節。ハンス・ヨナス著『グノーシスの宗教』(人文書院)より引用。矢吹慶輝『マニ教と東洋の諸宗教』大貫隆『グノーシスの神話』などにも訳がある。

註13 仏典のような「摩尼光仏教法儀略」、道教経典のような「老子化胡経」。

註14 浄土経典の翻訳者が唐代以前は西域や北インド出身が多いことから言われてきた。(矢吹慶輝『阿弥陀仏の研究』)

註15 光明神という点で共通する。岡田明憲『ゾロアスターの神秘思想』

アフラ・マズダーは天(望ましい統治)、水(完全性)、大地(献身)、植物(不死)、動物(善なる心)、人間(聖なる霊)、火(秩序)という七段階を経て世界を創造した。それに対し、悪の霊は天に穴をあけ、水を汚し、大地を砂漠化し、植物を枯らし、植物や動物に死をもたらし、火を消した。

 ゾロアスター教はこのような宇宙観にしたがい、死体を悪に打ち負かされたものとみなし忌避することはあったものの、マニ教のように生きているじぶんの肉体を嫌悪することはなかった。マニ教のこの(霊にたいする)物質否定・現世否定は神学上の重大な論点であり、同時代のキリスト教やグノーシス主義、のちのカタリ派などの異端に大きな影響を及ぼした。

 マニ教(摩尼教)はとくに中国において、しばしばゾロアスター教と混同されてきた。しかしゾロアスター教が古代宗教的、民族宗教的性格をもち、布教活動を積極的にはしなかったのに比べ、マニ教はカリスマ的開祖による「創唱宗教」であり、燎原に火が燃え広がるように勢力を拡大した。その中味もゾロアスター教だけでなく、仏教、キリスト教、新プラトン派、ピタゴラス派などの教義や要素を取り入れた宗教のごった煮のような宗教だった。そのようなものが生まれたのには、マーニーが文明の十字路とよべるバビロニアに生まれ育ったことが大きく作用しているだろう。

 マーニーの父パーティクはメディアの都ハマダンのベルシア人だが、何らかの理由でベルシアの首都クセノフォンに移ってきた。あるとき「偶像の館」(偶像崇拝の寺院)で、肉、酒、女を遠ざけよという神の声のようなものを聞き、それから「沐浴を実践する人びと」という宗教(イラクからイランにかけて現存するマンダ教か)を信仰するようになった。この啓示があってから間もなくの216年4月14日、妻マリアムはマーニーを産んだ。

 マーニーは12歳のとき、双子の精霊から父の宗教を離れよという啓示を受け、24歳のときには伝道をせよという啓示を受けた。まずはインドへ向い、シンドやバルーチスタンに到達した。なぜインドへ向かったのかはわからないが、このときに仏教やバラモン教の影響を受けたことは十分に考えられる。

 マーニーはバビロニアに戻り、シャープフル一世(在位240~272)の弟ぺーローズを改宗させた。それがきっかけで王宮に呼ばれ、「シャープフラガーン」という預言書を提出し、王から寵愛されるようになった。このあと「生ける福音書」「いのちの宝」「プラグマティア」「秘儀の書」「巨人の書」「書簡」などの七巻の教義書(ほとんど題名のみ知られるが、トルファン文書の断片などから一部は復元された)のほか、「讃美歌と祈祷集」「宇宙図と注釈」を著したという。また弟子たちによって「ケファライア(講話集)」が編纂された。

 仏教経典や聖書が弟子や使徒によって書かれた、あるいは(言葉を)書き写したのにたいし、マーニーはみずから教義を記し、伝教しようとしたのは特筆すべきことだろう。しかも各言語で明示し、辺境の国々まで広まることを望んでいる。またマーニーはブッダ、ゾロアスター、イエスにつづく使者としておのれをとらえていた。さまざまな点でマーニーのアイデアは斬新であり、一種の宗教革命を起したといえるだろう。

 マーニーは高弟をローマ帝国に送り、布教させ、成功を収めた。ディオクレティアヌス帝からカトリックなどとともに弾圧を受けたものの、その後も布教活動はうまくいき、北アフリカにまで教えを広めることができた。しかし国内ではゾロアスター教勢力の抵抗にあうなかでシャープフル一世が没し(272年)、後ろ盾をなくしたマーニーは投獄されるはめになった。そして26日後の277年2月24日に獄死した。連体はふたつに裂かれ、首は門に吊るされたという。

 サーサーン朝およびゾロアスター教は、マーニーの勢いに恐れをなしたからこそマーニーを死に至らしめ、また死後も禁令を発布したのである。しかしその死によってマニ教は奇妙な展開をみせることになる。マーニーは自らの殉教を予想していたのか、多くの教義書を著したほか、教団組織(註18)を組み立て、教団の確立と発展のお膳立てを整えていた。その結果、ベルシア内では勢いを失ってしまうものの国外に活路を見出し、西方はガリアやスペイン、東方は中央アジアから中国へと伝播していったのである。

 とりわけ中国東岸の福建では長く生き延び、14世紀初頭までその活動を確認することができる。「夷堅志」に書かれた喫菜事魔とはマニ教のことだったのである。「摩尼光仏教法儀略」「下部讃」「摩尼教残経」などのマニ経典は、根本義を二宗三際と表現している。二宗とは明暗の二原理、三際とは原初、中間、終末のことであり、宗義はほぼ原型のまま伝えられたと考えられる。清代に入ると、福建のマニ教は次第に秘密結社化していき、解放(1949年)前まで存続したともいわれるが、その実態はあきらかになっていない。(註19)

 マニ教の神話はゾロアスター教の系譜につらなる光と闇の神話である。『フィーリスト(学術書日録)』の冒頭部分は宇宙開聞からはじまる。(註20)

 マ二は教えている……世界の太初を成すのは二つのもの(本質)、すなわち光と闇である。この両者は互いに分れている。その光は第一の大いなる栄光の存在であって、いかなる数による限定も受けず、神そのもの、光の楽園の王である。彼は、柔和と知識と理知と奥義と洞察の五つの分身(註21)から成り、さらに、愛と信仰と誠実と高潔と知恵という五つの霊的属性から成る。

マ二がさらに主張するところでは、この光の神はこれらの属性とともに、初めを持たない存在である。この神と同時に初めなきものがさらに二つあって、その一つは大気の圏(光のエーテル)、もう一つは大地である。マ二はこれに付け加えて言う、その大気の圏は柔和と知識と理知と奥義と洞察という五つの分肢を持ち、大地は低層の空気の流れ、風、光、水、そして火という分肢を持つ。闇はこれと別の存在であり、その五つの分身は霧と火炎と熱風と毒と暗黒である。

 マ二は教えている……かの光の本質は闇の本質に直接鐘を接していて、両者の間には何の隔壁もない。光は上方と右側と左側に向かっては無窮であるが、その(下方の最も低い)部分では闇に接している。同じように闇も下方と右側と左側に向かっては無限である。

 このあとの展開は以下のごとく。

 暗黒の大地からサタンが生じる。その頭はライオン、身体は竜、翼は鳥の翼、尻尾は魚の尾鰭、足は地を遣う動物の足のごとくだった。このサタンは、イブリース(註22)(ギリシア語デミウルゴスの転靴。時間の上で永遠なる者、原悪魔)という名のもとに闇から生じたあと、万物を呑み込んで、破滅を広げながら深淵に向かって下降していった。

 そのあとサタンは高い所を欲すと、光の大地(プレーローマ)はそれに気づき、洞察、知識、奥義、理知、柔和の世界を送った。

 光の楽園の王は、右手の霊、5つの世界、12の要素から原人を招喚した(生み出した)。(註23)原人は五大要素(大気、風、光、水、火)の神を鎧のごとくまとい、敵の領域と接する場所へ向かった。

 サタンも濃煙、炎、闇、熱風、霧という五大要素の種族をまとい、
原人と立ち向かった。やがてサタンが原人にたいして勝利を収め、原人の光を呑み込むとともに監禁した。(*神的自然の一部が物質に捕らわれたことの象徴)そこで光の楽園の王はもうひとりの神を送り、サタンを打ち破った。彼は「光の友」と呼ばれた。

 それから「喜悦」と「生命の霊」が境界に至ると、奈落で原人と天使たち(五大要素)がサタンや「倣慢な押し迫る者たち」、「闇の生命」に取り囲まれているのを瞥見した。「生命の霊」が稲光のごとく大声で叫ぶと、原人は別の神になった。

 原人とサタンが闘ったとき、光の5つの部分と闇の5つの部分とが混じりあった。すなわち濃煙が静かな大気と、炎は火と、光は闇と、熱風と風は、霧は水と混じりあったのだ。(*現実世界は対立する要素が混じりあって形成されている)

 光の楽園の王はこれら混じりあったものを素材にして世界を造るよう命じた。

それは光の敵分を闇の部分から解き放つためだった。王は10の天と8つの大地を造り、一人の天使には天を支え、別の天使には大地を保つよう命じた。各天には12の門を設けた。各門の玄関に6段の階段を設け、その一段ごとに30の通路を、各通路に12の列を設けた。

 王は世界の廻りに溝をこしらえ、分離した闇を投げ込もうとした。それから世界の光を抽出して太陽と月を造った。

【評注蒐集によれば】大いなる父は求めに応じて第三の使者を呼び出した。使者は12人の処女を呼び出した。船(太陽と月)が天の真ん中に達したとき、使者は自分の姿をあらわした。それは男でもあり、女でもあった。男のアルコーン(闇の子)は女の姿を見て、女のアルコーンは男の姿を見て、情欲でいっぱいになった。その情欲のなかで彼らは呑み込んでいた光を漏らしはじめた。その漏れた光にアルコーンたちの罪も、パン生地に混じった頭髪のように、闇の大地から昇る月に混じり込んだ。(註24)

 アルコーンたちと星辰の一人、押し迫る暴力、所有欲、肉欲、罪が互いに性交し、最初の人間アダムが生まれた。そして第二の性交からハヴァー(エバ)が生まれた。

 5人の天使は、神の光が汚辱のなかにあるのを見た。そこで彼らはイーサー(イエス)を送り出した。二人のアルコーンは、イーサーと付き添っていた神の二人を監視し、二人(アダムとエバ)を釈放した。

[評注蒐集によれば】イエスは彼(イエス)の魂が万物になかにあって猛獣の歯牙、象の歯牙の前に投げ出されていること、呑み込む者たちの口に呑み込まれ、吸い込む者たちのロに呑み込まれ、犬たちに食われ、すべて存在する物のなかに捕らえられ、闇の汚物のなかに繋がれていることを明かした。(註25)

 アルコーンは彼の娘であるハヴアー(エバ)と寝て、その結果容貌の醜い赤い男、カインが生まれた。つぎにカインは母親と寝て、その結果白い男、ハービール(アベル)が生まれた。カインがまた母親と寝ると、二人の娘、「世界の賢女」と「所有欲の娘」が生まれた。カインは「所有欲の娘Lを要り、「世界の賢女」はハービールに与えた。「世界の賢女」は光と神の知恵から流出してきたという。その後ひとりの天使がやってきて彼女と交わり、「助けに来りませ」と「助けを与えたまえ」を産んだ。ハービールはこのことを知って怒り、母ハヴァーに告発した。カインは逆上してハービールに襲いかかり、石で脳髄を打ち砕いて殺した。そして「世界の賢女」を妻とした。

 もし死が一人の真実な者に近づくと、原人が光の神を指導的賢者として派遣する。また三人の神々と真実な者の魂に似た乙女も到来する。サタンもあらわれるが、神々によって追い払われる。神々は真実な者の手をとって月の領域へ、原人のもとへ、生ける者たちの母であるナナハのもとへ登っていき、最初に光の楽園にいたときの状態に戻る。太陽と月と光の神々が彼の身体からもろもろの力を引き出し、残りの部分は闇に属するので、奈落へと投げこまれる。

 人間の魂が分れる三つの道がある。それは真実なる者の道、真実なる者を助ける者の道、罪人の道である。

 太線は炎熱のサタンと混じりあった光を、月は寒冷のサタンと混じりあった光を賛美の柱に沿って抽出する。月はこの光を太陽に手渡し、太陽はさらに上なる賛美の世界の光に手渡す。もはや(光と闇が)分離することができなくなったとき、(大地と天を担う)天使たちが手を引き、その結果至高のものが最下層のものと混じりあい、激しく燃え盛り、光が解き放たれるまで燃え尽きることはない。この大火は1468年つづく。

 この期間のあと、闇の霊は光が解放されたことを知って意気阻喪し、用意された墓のなかに入っていく。光の楽園の王はこの世の大きさほどもある岩で墓を封鎖する。


 時代を飛んで、12、3世紀、南フランスを中心として数十万人とも数百万人ともいわれる信徒を獲得した、異端ですますにはあまりにも大きなカタリ派に目を転じてみよう。彼らはみずからも宣するように、マニ教そのものといってもいいほど、マニ教の教義に基づいていた。パウロ派(註26)、ブルガリアのボゴミール派(註27)を経由して(上述のフォルトゥナトゥスが仏シャンパーニュに逃れ、それ以来マニ教が伝承されてきたという言い伝えもあるが)、ここにマニ教が蘇ったのだ。

 カタリ派が勢力を拡大したのは、当時のカトリック教会の聖職者が聖職売買を行うなど、腐敗堕落しきっているのを目の当たりにし、人びとが幻滅させられていたところへあらわれた禁欲的な宗教だったからである。カタリ派の完徳者(パルプェ)は粗末な衣裳をまとい、托鉢しながら放浪生活を送り、祈りと瞑想に耽った。人びとの目には、その清貧さはカトリックの聖職者以上に、使徒たちの姿に近いと映ったのだ。

 上に述べたように、マニ教徒は、現世はサタンが造った(正確には光と闇の混合物から造った)悪しき世界とみなし、ひたすら悪しき肉体を離れて天に昇ることを欲していたので、カタリ派がこういう清貧生活を送るのは当然だった。

それに対抗するには、似たような生活を送るのがもっとも有効な手段だった。そこで聖ドミニクス及びドミニコ会が無所有と断食の生活を標棟し、カタリ派撲滅に尽力をそそぐ。ドミニコ会からは多くの異端審問官が輩出された。

 しかしいっこうに衰える様子のないカタリ派にたいし、教会側はついに1209年、アルビジョア十字軍を派遣する。兵士の数は30万人ともいわれ、フランスの南北戦争とでもいうべき大戦乱となった。しかし、最終的には1244年、難攻不落のモンセギュール要塞の陥落で幕を閉じた。これ以降二元論は欧州の表舞台から姿を消す。

 カタリ派はフォルトゥナトゥスの伝統を受け継ぎ、聖書を多用した。彼らは聖書のつぎの一フレーズにこだわった。

  万物は言(ことば)によってつくられた。言によらず無がつくられた。

これは「ヨハネによる福音書」(1章3節)のカタリ派のラテン語からオツク語への翻訳である。(註28) 日本聖書協会発行の聖書の訳では、つぎのようになる。

  すべてのものは言(ことば)によってできた。できたもののうち、一つとしてこれ(言)によらないものはなかった。

 そう、これは四世紀後半のアウグスティヌスとマニ教徒フォルトウナトクスとのあいだの論争の再燃なのだ。

一見するとカタリ派の解釈はこじつけのようにおもえる。しかし無(nihil)は副詞であるとともに、名詞でもあり、アウグスティヌスもしばしば名詞として用いていた、とネッリは言う。「何も作らない」ではなく、「無を作る」というふうに。このほか聖書では「コリント人への第一の手紙28章4節と13章2節でのみ「無」と訳されるが、他のすべては「……でない」と副詞として訳されている。

 カタリ派の解釈によって、「無」が存在感をもつようになる。ひとたび存在と非・存在という二元対立を認めてしまうと、悪も実体化してしまう。唯一の神が万物を造ったとするなら、悪をも造ったということになるではないか。

 マニ教徒がアウグスティヌスにたいして攻めたポイントもここだった。そこでアウグスティヌスは考え方の転換をはかった。

「悪は何らかの実体であるというマニ教徒に反論して、われわれはつぎのように主張しよう。悪は実体ではなく、存在性の高いものが低いもののほうへ向かう性向であると」(『セクンディヌスへの反論』)

 しかしまさにこのアウグスティヌスのことばから、カタリ派は悪しき実体という概念を借用したのではないかと、ネッリは指摘する。アウグスティヌスのいう価値の低下した実休を、歴史的にそうなったと考えるのではなく、超時間的に捉え、原理として捉えればそれでよかったのである。アウグスティヌスはマニ教徒から反・マニ教徒の側にまわったわけだが、ある意味ではことばの転換ですむようなものでもあった。

 もう一度「ヨハネによる福音書」に戻ろう。カタリ派の視点からすると、正統派の訳にも疑念がなくはない。「すべてのものは言によってできた」の一節ですむのに、なぜ「できたもののうち……」と同じ意味の一節を加えなければならなかったのだろうか。

 ネッリも言うように、「ヨハネ」にはおびただしく光ということばが登場し、「人々は光よりも闇を好んだ」(23章19節)というようなフレーズもある。また物質世界を否定する箇所も多い。なぜか「ヨハネ」は二元論的な傾向を多分にもち、そんなほのかな異端の匂いを、真正な異端派は逃さなかったのだ。青葉(ロゴス)と神を同一とするヨハネの見方は神秘思想家、たとえば近年では神智学のシュナイダーらの共感を呼んだ。



註16 バビロンにはゾロアスター以前に光、善を代表するベル・マルドゥク(Bel Marduk)と暗闇、死、地下を代表するネルガル(Nergal)という神がすでにあったという。(Yuri Stoyanov 2000)

註17 バングエスト、ニョリ『ゾロアスター教論考』(平凡社)

註18 すべてを統括する教長(サーラール)の下に二大の教師(ハモージヤグ)、その下に72人の監督(イスパサグ)、その下に360人の長老(マヒスタグ)、その下にすべての選ばれた人(アルダワーン)というヒエラルキーを作った。アウグスティヌスはマニ教徒だった頃、「選ばれた人」 ではなく、一般信者である「聴聞者」だった。もし「選ばれた人」だったら歴史は変っていた?

註19 Lin Wushu 'On the Spreading of Manichaism in Fujian, China'

註20 大貫隆『グノーシスの神話』

註21 シェキナー。神の肢体、アイオーンとも。矢吹訳では寛容、知識、知性、不知覚、識別力の五眷族。

註22 アラビア語。ベルシア語でアーリマン。シリア語やコプト語の資料ではギリシア語の質量、ヒュレーをあてる。プラトンやアリストテレスのヒュレーとは異なり、能動的な邪悪さをもつ。

註23 グノーシスの流出原理。ベルシアでは光の神をあらわすオルムズドの名でよばれた。

註24 マニ教徒が地上で回収した光は、讃美歌に載せて月に送られる。月がそうして満ちて満月になると太陽に手渡し、欠けていく。

註25 マニ教の教理「受難のイエス」を示す。受難とは光の捕縛のこと。

註26 ユスティニアヌス帝に追放されてブルガリアに住みついたマニ教の一派。物質および物質と結びついた生活は悪であり、悪事をおこなう神が創造したと考えた。

註27 ブルガリアがビザンツ帝国の支配下にはいると一挙に帝国内に弥漫した二元論的異端宗教。修道士バシレイオスが創始。パウロ派を受け継ぎ、教義や組織はマニ教に酷似している。ボゴミール派の子孫はサラエボあたりでイスラム教徒として生き残っているという。(Paul Kriwaczek “In Search of Zarathustra”)

註28 ルネ‥ネッリ『異端カタリ派の哲学』

グノーシス主義のバシリデース派の世界種子について述べたい。ヒッポリュトスの『全異端反駁』から知れるバシリデースの教説は以下の通りである。(註34)

 世界の種子は自らの内にすべてを持っている。ちょうど芥子の種がすべてを一緒に混ぜ合わせて、きわめて小さな中に包括してもっているのと同様である。つまり芥子種は根、幹、枝、葉の他に、その木から生まれる数えきれない量の他の新たな種子を自分の中に持っており、その実った種がさらにまた他の木の種子となるというように度重なって行く、その可能性をすべて持っているのと同様である。


 絶対的な無としての存在しない神(原初の状態)から発生する世界種子は、宇宙卵と言い換えてもいいだろう。それは一種の可能体なのである。世界種子の概念はヒンドゥーにもみられ、ムーラプラキリティとよばれる。また現在のビッグバン理論の特異点もいわば世界種子といえるだろう。


ねこた‏ @lakudagoya2:54 - 2017年3月19日
ねこねこさん、新記事お疲れ様。
ディアトリベーって代表作はセネカくんの「書簡」だよ。

パウロさんのお手紙もこの手法が取り入れられてるねぇ?

ねぇ?

この前おいらが朗読したお手紙もそうだねぇ?




【エロ画像集】
黒幕=「意味の範囲が広すぎる曖昧語」とする陰謀論は嘘!         
「イルミナティ・メーソンというユダヤが黒幕」は「支配層は悪魔」と同じく嘘!     
ノーベル賞はエキュメニカル・スウェーデンボルグ賞!(ロスチャイルド賞は嘘)     
~文章技術について私が守っていること①~  
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

イマさんのジャパリパーク
http://ataraxiaaquaria.seesaa.net/article/447464292.html
”イラン版のノアさんであるイマさんは、アフラ・マズダーに呼び出されて以下のものを作るように言われました。

イマよ、この世界に致命的ながやってくる。猛烈で破壊的な氷結に襲われる。 物質世界に破滅的な冬がやってくる。雪が降り積もる。最も高い山々にまで。バル(地下室また地下の格納所)を造れ。馬場の四隅の届く長さに。そこに羊や牛、人間、鳥、そして赤く燃える炎の種子を運び込むのだ。

汝はそこで地上で最も優れた男女の種子、地上で最も優れたあらゆる家畜の種子、地上で最も優れたあらゆる樹木の種子、最も香りが甘くて最も実ったあらゆる果実の種子を運び込むのだ。

これらの種子はどれも2つずつ運び込み、人々がバルにいる限り尽きないように保存すること。

身体に障害のある者や腹の飛び出た者、不能なものを正気でない者やハンセン病のものは入れてはならない

「神々の魔術 上巻 180項より」

イマさんのジャパリパークその2
http://ataraxiaaquaria.seesaa.net/article/447464856.html
”イマさんが作ったバルというかジャパリパークの詳細

最も大きい場所には9つの通路を作る。 中ほどの場所には6つの通路。最も小さい場所には3つの通路。

最も大きい場所の通路には男女1000人分の種子を運び込む。中程の場所の通路には600人。最も小さい場所の通路には300人の種子を運び込む。

「神々の魔術 上巻 184項より」



ここまではゾロアスター教の文書の引用部分。ここから先は作者の注釈。

これをハイテク種子銀行(絶滅する危険のある種子を保存する場所)の仕様書と考えるのは奇抜すぎるようだ。

だがバルの他の「技術的な」面についてはどう判断したら良いのだろう?

例えば照明装置だ。この場所に扉をこしらえ、それをアフラ・マズダーから与えられた黄金の指輪で封印する。

さらにイマは「自ら輝く窓」も作る。

この「自ら輝く窓」とはいかなるものかとイマが説明を求めたところ、アフラ・マズダーは「考案されてない光と考案された光がある」と謎めいたことを告げた。

前者は星や月や太陽のことで、長い冬の間はバルの中から見ることができない。

後者は「人工の光」で「下から輝く」


イマは指示されたとおりバルを完成させた。

それ以降バルは「自らの光で輝いた」これを成し遂げたイマは



こられの謎の光源は旧約聖書ではゾーハルと言われてます。あの「光輝の書」のあれです

ここからゾロアスター教の文書の引用

1.6キロの長さの床に水流を作った。常緑の土手に取り鳥を住み着かせたそこには尽きることのない食料がある。更に居住するための建物を作った。バルコニーと中庭と回廊のある家だ。

「神々の魔術 上巻 185項より」



彼は男女の種子を運び込んだ。あらゆる種類の樹木の種子と、あらゆる種類の果実の種子を運び込んだ。彼が運び込んだあらゆる種子はどれも二つあり、人々がバルにとどまる限り、尽きる事がないように保存された。

「神々の魔術 上巻 185項より」



40年ごとに、どの男女にも二人の子が生まれる。男と女だ。これらすべての家畜でも同じだ。そして、イマが作り出したバルの人々はこの上なく幸せな人生を送る。

「神々の魔術 上巻 185項より」



ここから作者の意見

興味深いことにこの訳者は、古代の様々な注釈を引用した脚注を書いている。

それによると「バルの住民は150年生きた。誰も死ななかったという人もいる。」

さらに興味特に興味深いのは。

すべての男女の間にできた子は性的結合ではなく、「バルに保存されていた種子」によるものだと言う。

イマに繋がる、謎の失われた技術に関する手がかりは他にもある。

奇跡の杯は、世界中で起きてることを見ることができる。また宝石が散りばめられたガラスの玉座「ガラスの馬車とも称される」は空を飛ぶことができる。



以上バルの中身でした。”

§
§
ナグ・ハマディ写本(ナグ・ハマディしゃほん、The Nag Hammadi Codices)あるいはナグ・ハマディ文書(ナグ・ハマディぶんしょ、The Nag Hammadi library)

燈火‏ @to_moshibi 22:03 - 2017年3月20日
子子子子子(ねここねこ)さんのブログですが、最新の記事の文字がとても読みやすくなっていていい感じになっています。

個人的には字体の変更と文字の色分け具合がうまく作用していると思いました。



ねこた(おしまい!) ‏@lakudagoya 2015年8月20日
ぬこたさん色々面白い本読んだんだ。「マヌ法典」「聖書外典偽典 5」(第四のエズラ書収録)「グノーシスの変容」「初期ギリシア哲学」「聖別された肉体」「タルムード」などなど。やっぱね、本は読むべきだよ。ネット陰謀論の嘘も本を読めば一刀両断なんてのも多いよ。

「神秘のカバラー」を読んだ後に「私は、これで生命の樹を理解した」と、もしそう思うのなら、あなたは生命の樹を殆ど理解していない 証拠である。

 まずは、「パス」だ。
 生命の樹において、「パス」は「セフィラ」と同じくらい重要だ。
 しかし、「神秘のカバラー」には、セフィラについては詳述されていても、パスについては、殆ど記されていないことに気づくであろう。
 パスを理解するのは、まずセフィラについて、ある程度の知識が無ければならない。
 だから、初心者は、まず「神秘のカバラー」を読むことが求められるのだ。
 では、パスについて知識を得るのに良書は何か? と問われれば・・・
 ガレス・ナイトの「A Practical Guide to Qabalistic Symbolism」である

『エゾテリスム思想』(文庫クセジュ)

世界の名著一覧見てたら第一巻がインド思想(優遇?)で、 ヴァーツァーヤナ「論証学入門」(服部正明訳) マーダヴァ「ジャイナ教綱要」(宇野惇訳)
ティトゥス・ルクレティウス・カルス(ラテン語: Titus Lucretius Carus, 紀元前99年頃 - 紀元前55年)は、共和政ローマ期の詩人・哲学者。エピクロスの思想を詩『事物の本性について』に著した。

物の本質について
http://blog.livedoor.jp/nina313/archives/52196659.html

ルクレティウスにおける原子の集合論とその射程 Tutrone, "Between Atoms and Humours"
http://d.hatena.ne.jp/nikubeta/20121101/p1



エピクロスの宇宙論を詩の形式で解説。説明の付かない自然現象を見て恐怖を感じ、そこに神々の干渉を見ることから人間の不幸が始まったと論じ、死によってすべては消滅するとの立場から、死後の罰への恐怖から人間を解き放とうとした。6巻7400行からなる六歩格詩『事物の本性について(英語版)』(ラテン語: De rerum natura)を著して唯物論的自然哲学と無神論を説いた。
影響

ルクレティウスの著作は長い間知られていなかった。1417年にイタリアの人文主義者ポッジョ・ブラッチョリーニ(Poggio Bracciolini)によって、ドイツの修道院で『事物の本性について』の写本が再発見された[1]。同書はルネサンス期の思想に大きな影響を与え、原子論が発展する原動力となった。
ルクレティウス入門
http://origine-mundi.xyz/lucretius-for-beginners/
『物の本質について』(樋口勝彦訳、岩波文庫)
『万物の根源/世界の起源を求めて』(塚谷肇訳、近代文藝社)
『事物の本性について』(世界古典文学全集21、藤沢令夫・岩田義一共訳、筑摩書房)
ウェルギリウス『アエネーイス』と併収

世界の名著一覧見てたら第一巻がインド思想(優遇?)で、 ヴァーツァーヤナ「論証学入門」(服部正明訳) マーダヴァ「ジャイナ教綱要」(宇野惇訳)



お読みくださり感謝!
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

『アイデア大全』はスゴ本! 「類義語による言い換えで言葉で縛る術を破れ」←タルムードでやるから叩かれる 

『アイデア大全 創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール』(読書猿/フォレスト出版)はスゴ本! 
「類義語による言い換えで言葉で縛る術を破れ」←タルムードでやるから叩かれる

  タルムードの弁証法
     一文から多くの意味と発想を得る技術

開発者
歴代の
タンナイーム
(1世紀の初めから、ミシュナ―の完成する200年ごろまでのユダヤの
ハハーミーム=賢者の名称。複数形。単数形はタンナー。
彼らの遺産がミシュナと呼ばれる口伝律法の修正である。)

アモライーム
(タンナイームの後、3世紀から6世紀、
イスラエルの地とバビロニアのコミュニティにおいて教授した
ハハーミーム=賢者。
彼らの成果がゲマラと呼ばれるミシュナへの注釈である。
タルムードはミシュナ=口伝律法、
とゲマラ=注釈から成る)
(要は賢者)

①もとになる文章を選ぶ
②重要語句の1~2語に下線を引く。
③下線を引いた語句を次のような語句に入れ替える
同義語、類義語。
同じ単語の別の意味、より古い意味、語源。
文脈からそうあるべき語。
元の語句と直線関係はないが、入れ替えても意味が通る語句。
④語句を入れ替えて作った文章の妥当性をチェックし、その文意を解釈する(意味を発掘する)。

⑤必要なだけ ③と④を繰り返す。

タルムードに見られる最も簡単な例。
「人がもし、他の人に対して罪を犯すと、
神(エロヒーム)がその仲裁をしてくださる」
(サムエル記Ⅰ 2-25)

エロヒームは元は、権威や権力を意味する。
権威や権力とは罪を裁く存在。
エロヒームを裁き人と解釈すれば、
裁き人が仲裁をしてくださる
となる。
作業を続けると裁き手の仲裁とは審判であり、判決でもあるからさらに、
裁き人がその審判を行う
と読める。
到達した表現は元の文言からするとほとんど正反対ともいえる主張

人間の聖邪理非の判定は、地上の裁きの場によるのであり、神はかかわらない。
地上では神ではなく人間たちの間で裁きを行う。


を含むものになっている。
聖書や解釈が奥深く持っていた意味を掘り起こし、
聖書と解釈の間の、また異なる解釈同士の間に発見された齟齬や矛盾を調停していく。

書かれたものを宗教の中心にすえる最初の宗教であるユダヤ教は、
テキストを読み解釈することを生活と社会の中心に置く共同体でもある。
聖なる成文律法は変更することが許されぬゆえ、
彼らは聖典の解釈をその周囲に蓄積することで、時代・場所によって際限なく変化する生活や社会という現実と聖典を結び付け続けた。

タルムードは、
成文トーラーとは別の口伝トーラーを編纂したミシュナと、
ミシュナを解釈したゲマラから構成される。
口伝はさまざまな学派で別々に伝承されてきたものだが、
ミシュナは少数派の伝承をも併記する。
この解釈の集大成であるゲマラでは、複数の解釈が論争された過程ごと記録される。
正典を引用し、推論を加え、互いに論駁しあう様を学ぶことで、学習者には聖典と口伝、口伝と解釈、解釈同士の間の矛盾を発見し、論駁による新解釈を生み出すことが推奨される。

今回取り上げた技法は、現象学とタルムードに深く学んだ哲学者レヴィナスがタルムードで繰り返し用いられていると指摘する
「我々が範例的と呼ぶ思考方法」を元にしたものである。
強力な推論法を用いて解釈の複数性を追求しながら、恣意的な妄想に陥らないために、
タルムード解釈では「読みの歴史的継続性」と「注釈の伝承」が重要となる。
これは師から弟子への対面による口伝によって担保
される。

トーラーの教えにおいて議論と論争は常に推奨された。
ユダヤの賢者は伝統的に2つのタイプに類型化される。

「水一滴も漏らさぬ漆喰を塗った水槽」
師の教えを一滴も漏らさず吸収した賢者。

「湧き出る泉」
批判精神に富み常に論争を挑み納得いくまで主張する賢者。

タルムードはパレスチナとバビロニアの両地で律法研究の基本資料となり、別々に編纂され、
パレスチナ・タルムード(390年ごろ)と
バビロニア・タルムード(500年ごろ)
となった。

神意や超自然の力で問題解決はダメで、理性的議論と対話で問題解決せよ、神の声が~は反則だ、
というユダヤ教の確実に頭が良くなる生活習慣
が耶蘇は気に入らんのだね。

ユダヤ教徒に弁護士が多いのは当然だ。タルムード解釈がそのまま応用できるからね。

直線関係は直接関係の間違いな気がする。

キリスト教は一神教のくせに、人定法>神定法。
聖書より上の聖典が多すぎる。
福音書が四つあって互いに矛盾している時点でめちゃくちゃ。
一神教なら法律書は聖典の解釈書にならないとおかしい。
一神教の根幹を破るのが西方キリスト教=ご都合主義的アンチ論理的思考カルト



  TAEのマイセンテンスシート
  言葉にしがたいものを言葉にする工夫

①取り組もうとしている課題を記入
②課題についてどんな感じがするかを身体感覚として味わい、浮かんできた単語やフレーズを書きだす。
ある程度出せたら重要だと感じるもの数個に下線を引く。

③ ②の単語やフレーズを読み返し、そこからいくつかの語を組合わせて、しっくりきそうな短文を作り、仮マイセンテンスとする。
④仮マイセンテンスの中で重要だと感じるごく(キーワード)に線を引き、その語句を空所(ブランク)にしたものを記入。
⑤仮マイセンテンスで線を引いたキーワードを記入し、辞書的な意味も記入。
⑥ ④を書いた空所(ブランク)のある文を読み返し、空所(ブランク)を埋めてしっくり語句やフレーズを二つ考える。
それぞれを記入し、これらについても辞書的な意味も記入。

⑦ ⑤と⑥のキーワードを④の空所のある文に当てはめて、もう一度読み返す。
キーワードで埋めてできた短文は、キーワードの辞書的な意味で解釈しては意味が通らないことが多い。
これらのキーワードは通常以上/以外の意味を担わされている。
辞書的な意味と比較して、その意味を書きだす。
少し長くなってもかまわない。かけたらその中でも最も重要な語句に線を引いておく。
→言葉にできそうでできない何かをつかむためには、ここが最も重要になる。
無理強いしなければ表せなかった何かこそ、言葉にできなかったものを言語化する手がかりになる。


⑧ ⑤、⑥、⑦で記入した三つのキーワードと、⑦で書いた辞書以上/以外の意味を書いた文で下線を引いた語句を、まとめて記入し、それぞれにどんな感じがするかを味わう。
⑨感じた後、思いついた短文をマイセンテンスとして記入。
⑩ ⑨のマイセンテンスを他の人に説明するつもりで補足説明を考えて記入。
これが「言葉にならない何か」を求めて得られたとりあえずの結果
となる。

タルムードとの共通性
「この感じ」から生まれるつぶやきを書きだすこと、
そこから短文をつくり、あえて空白を空けてそこを埋めようとする言葉を召喚すること、
辞書的な意味を超えた意味に注意を向けさせ、
その言葉で意味したかったことは何かを求めさせる。

「短文をつくり、あえて空白を空けて、そこを埋めようとする言葉を召喚する」
ことは、レヴィナスがタルムードの中で繰り返し用いられていると指摘
する方法、
「我々が範例的と呼ぶ思考方法」を思い出される。

タルムードはユダヤ人にとって聖書と並ぶ法的/生活規範の源泉だが、その内実は聖典の周囲で何百年かけて行われた議論の蓄積であり、絶えず襲ってくる現実と、聖典と伝承の間に矛盾を発見し、神意や奇跡に頼らず議論を尽くして解決していった記録である。
この範例的思考方法は、聖句や伝承の文言について、ある語句を、
元の意味や語源を示す語、
より広い意味や限定された意味の語など関連する語、
文脈から考えて取り替えうる後などに置換しながら思考を進めていく。
この方法は、ある理念を別の風土に移植して、その理念から新しい可能性を収穫するものであると、レヴィナスによって解説されている(『タルムード四講話』)。

文章の重要語を空白にして、その空白に真により近い言葉を召喚する技術!
ロゴス使い=魔法使いの技術!
魔法使いはシンボルを使うんだから、シンボルの一種の文字を使って当然。

①自分である単語を定義する。
②辞書の定義と比較。
③ ①に含まれる辞書以上/以外の意味を抜き出して
=区切って=明確化して=意識して=記憶して=いろいろなことに使う。


悪魔崇拝、ユダヤ人、イルミナティでやってみよう!
これらは大半の人はまともな定義でないのにまともな定義だと思い込んでいるだけの代表的バズワード。
これらの語を含む文章で、これらの語を空白かぎかっこにするとバズワードなにがよくわかる。

これは翻訳サイトでもできる。
翻訳こそが上記の技術が使われる分野。
単語だと効果が薄そうだけど。
悪魔崇拝→Devil worship→悪魔の礼拝。
単語だとあんまりだね。
悪魔は悪いX。
Xを個別具体的に言えないから悪魔と言う。
空白にすると「( )を崇める宗教を信仰」。
具体的に何?ってなりません?

ユダヤ人だと、
「( )=( )を母とする人でかつユダヤ教徒。」
( )の定義に( )があるので定義になっていない。
この定義ではない定義はなんとイスラエルの帰還法という公式な法律。

イルミナティの定義に啓蒙主義も反カトリックも王政否定もないなら嘘の定義。
イルミナティの定義に上記の悪魔崇拝とユダヤ人が入っていたら嘘の定義で確定。


辞書活用法を見ると、
カトリックが
「百科全書派
=メーソンの内、言葉を定義するのが大好きな派閥で、フランス革命の中核」
を弾圧した理由がよくわかるなあ。
ローマ法王がメイソンはマニ教=グノーシス系だと言ったことも重要。
知性と理性の集大成にしてロゴスの本である百科事典を、
反知性主義の既存のキリスト教が叩くのは当然。

無自覚含めクリスチャンがタルムードを叩くのは、
タルムードが理性的議論で問題を解決していく、頭が良くなる本にしてイエスを叩いている本だから。
神意や奇跡に頼らず議論を尽くして解決する姿勢が気に入らないから。
読ませたくないから叩くのは、中国叩きと同じ。
中国古典、特に思想系と歴史系は必読書



  シソーラス・パラフレーズ
  類語辞典を発想の支援ツールにする

①問題を2~3語のキーワードを含む簡単な文で表す。
あるいはもっと簡単に、問題を形容詞+名詞や動詞+名詞の2語で表す。
②類語辞典(シソーラス)などを使い、キーワードのそれぞれを類義語に置き換えることを繰り返し、
置き換えた文を次々つくっていく。
→一文の中のすべての単語を入れ替えてもいいし、一つずつ入れ替えて文をつくっていってもよい。

いかにして散らかった部屋を整理するか?
部屋を片付ける
→空間を整理する
エリアに分けてとりかかかればいいのか!

→スペースを放棄する
部屋の一角に未整理ゾーンを設けて、片づかないものはそこへ押しやることで他の部分を片づける。

アイデア生み出す発想法には、言葉遊びに類するものが少なくない。

言葉を意味で分類し関連語を示した辞書
=シソーラスの語源はギリシア語で宝庫。
シソーラスの発明者である、19世紀のイギリスの医師ロジェは、
類語を意味のグラデーションをなすように配列し、
意味の近しい語は近くに、
意味がずれるごとに離れたところに配置している。
置き換えながら意味をずらしていく目的に合致したレファレンスツールである。

ソシュールは、言語をはじめとする記号をヒトが取り扱う際に、記憶の中で潜在的状態で存在している記号のシステムがどのように働くかを説明して、
記号同士の位置づけに関する統語
(シンタグム=語の並べ方=統合の軸)
的な関係と、
記号同士の代用に関する範列
(パラディグム=語の選び方=選択の軸)
的関係を区別している。
シソーラス・パラフレーズは、タルムードの弁証法と同様に、範例的関係=記号同士の代用関係に根差した技法である。取り替えられるキーワードは文の同じ位置を占めることができるものであり、代替されるがゆえに同時にはあらわれないもの、文を作る際に我々が無意識に選択しているものである。

耶蘇教聖典では唯一絶対不変存在は言葉と論理構造だから、新約盲信人はおフランス系辞書陣営を攻撃。
いろいろ用語を言い換えてみました。
言葉で縛る術を破るのに非常に有効なのが類義語による言い換え!


言葉を入れ替えていくって既存の短編にやったら別物の短編ができそうだね。
これは二次創作なのだろうか。登場人物名や設定まで言い換えたら別物になるね)

 
   ノンストップ・ライティング
   反省的思考=理性のストッパーを置き去りにする

各準備をしてタイマーを十五分間にセット
タイマーが鳴るまでとにかく何でもいいから書き続ける
手を止めてはならない
読み返してはならない
消すなんてもってのほか
下記誤りや句読点や文法、改行や段落なんて気にしない
漢字が出てこないなら平仮名でもカタカナでもいい
主語と述語がちぐはぐでも単語の羅列や繰り返しでも構わない
満足がいかなくてもそのまま進む
もうだめだ欠くことがないとなったら「もうだめだもう書くことがないと」書く。
何でこんなことしなきゃならないんだと思ったらそう書く。
とにかくタイマーが鳴るまで手を動かす。
怖い考えやヤバい感情に突き当たったら〈高い確率でそうなる〉
「ようやくおいでなすった」と思ってすぐ飛びつく
恐らくはそれが書くことを邪魔しているメンタルブロック(あるいはそれにつながるもの)である。
同時にそれはどこかで聞いてきたようなお行儀のいい言葉以上・以外を書くためのエネルギーの源泉
となる。
書きなぐることでアイデアが見えて来る
自己監視と自己検閲を防ぐ。
自分のアイデアが評価されるかもしれないと思うこと(評価観念)は創造性を下げることが実験で確かめられている。
最強不可避の批判者とは自分自身である。
仮想の読み手は素早く反応できないので際限なく書き続けることで逃れられる。

心理療法やストレス解消に使える。
物質的でない思考を物質化させて内容を固定することが重要。
一番消したいところが最重要!
一番消したくなるところ
=一番避けたいところだけもう一回書いて保存したらいいよ



レヴィ・ストロースは書き殴ることから始める。
自分が何を言いたかったのかを見つけるために書きなぐる。
頭の中にあるような気がしていたものはすぐに消え去ってしまう。
書きつけて物質と化した思考のみが、扱うことができる。

書きなぐった原稿の行間にサインペンや色鉛筆で加筆。
原稿が解読不可能な状態になると不要な部分を白く塗りたくり加筆訂正できるようにする。
これも不可能になると切りとって原稿に張り付ける小さな紙きれを使って書き直すべき部分を書き直せるようにする。
コラージュみたいになっている。
(『作家の仕事部屋』ジャン=ルイ・ド・ランビュール/岩崎 力

書きなぐれ、そのあとレヴィ=ストロースのように推敲しよう/書き物をしていて煮詰まっている人へ
http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-461.html)


   フィンケの曖昧な部品
  テーマはとにかく後回し

球体、半球、立方体、円錐、
円筒、ワイヤ、チューブ、正方形の板、
L字、直方体、フック、車輪、
十字、リング、取っ手
の十五の部品から三つをランダムに選ぶ。

選んだ部品を組合わせて(拡大回転縮小などOK)
できるだけ自分にとって面白い形をつくり紙に描く。
何を表すか考えない。一度書きだしたらこれ以降は変更しない。

描き出した形に名前を付ける
発明品だと考えて用途と各部分の機能を考えて発明品に名前を付ける。
何かの分野の抽象概念を図式化したものだと想定して、
各部分を表すものと考え、全体の概念名を付ける。
一つの図形についていくつも考えてよい。

創造的アイデアが生まれる条件
・あらかじめテーマを設定するよりも、テーマ設定を後回しにせよ
・組合わせる部品は自分で選ばせるよりもランダムに決定して押し付けよ
・誰かが組み合わせた形を解釈するよりも、自分で組合わせて創った形を解釈せよ。

(部品をさらに足したり、減らしたりしたら面白そう)


   コンセプト・ファン
   固着をはがし、見本から脱却

紙の真ん中に最初の問題を書き丸で囲む。
そこから右側に放射線を描き思いついた複数の解決策を線に沿って書く。

問題をより広い展望でとらえなおすためにステップバックを行う。
問題が生じたのはなぜかと問い原因や背景となっているより根源的な問題を最初の問題の左側に書き丸を囲む。

ステップバックした問題から右側に放射線を描き思いついた複数の解決策を線に沿って書く。
以上を必要なだけ繰り返す。

創造性を押しとどめるのは恐れと固着。
真似しろと言わなくても、見本となりそうなものを少し見せるだけで、その後に生まれるアイデアは見本から強い影響を受けることが実験で示されている。



    仮定破壊
   暗黙を引きずり出せ

検討したい問題の情報を集めて図解する

3列の票を創る。
左列に状況、中列に前提、右列に破壊とタイトルをつける

図解を眺めて状況欄に書きだしていく
状況欄から一つ選びその前提や糧や思い込みや暗黙のルールなどを考え前提欄に書く
前提欄の一つを選びそれを壊しひっくり返して新たな前提や家庭新しい観点捉え方新ルールなどを間が破壊欄に記入。


デュルケム『宗教生活の原初形態』にて
儀礼という様式化された行動が集団を創り出し、
また集団を持続=再生産するのに不可欠
であることを指摘。
儀礼とは集団の外から見ればなぜそんなことに意味があるのかわからない(ほど細かい)ものだが、
集団内の人からすればその細かい所作の一つ一つが時に深刻なほどに重要であり、
自分がしくじれば外から見れば不可解な程に恐怖や後悔の念に駆られ、
また他人がその儀礼に従おうとしていないところを見ると冒瀆されたかのような激しい怒りを覚えるものである。
同じ儀礼をおこなうものが仲間であり違う儀礼を行うものは仲間ではない。
詳細に定められた儀礼は習得に少なくないコストがかかるがゆえに、
集団に属したふりをして集団維持のコストを負担せず利益だけを持っていこうとするフリーライダー(ただノリ野郎)を見分けるのに都合が良い。


儀礼に習熟するには神話=教典の学習が不可欠だし、
物理的動作=儀式でないと人間は確信を得られないことが重要。
あなたの神話=あなたがそれに従って生きている思想
と儀礼=毎日行っている動作は何ですか?
これがない人は存在しないので、
「ない」とか「無宗教」という人は自分に無知なだけ!
神話と儀式を操るものがいつの時代も支配層


 ルビッチならどうする?
  自分の脳内師匠に聞け
 “How would Lubitsch have do it?”
これといった人物を決めておき、行き詰まったらその人ならどうするかを考える。

映画監督ルビー・ワイルダーにとっての師匠エルンスト・ルビッチから命名された手法。
孟子は「孔子ならどうする?」という
私淑(直接教えを受けることはできないがある人をひそかに尊敬し模範として学ぶ)
により儒教を発展させた。
私淑の対義語は親炙(ある人に親しく接してその感化を受ける)。
私淑がなければ孔子の教えが儒教となることはなかっただろう。


   ディズニーの3つの部屋
   夢想と実務と批評の分離

夢想家と実務家と批評家の名前がついているが、
これだとアイデアを束縛しかねないのでやめた方がいいと思う。
よって固有名詞を書かない



紙を1枚用意して線などで3列に分ける。
夢想か、実務家、批評家の項目に分ける。
夢想家から書いていく。
それに対してどうやったら実行できるかを実務家欄に書いていく。
次に「なぜすべきでないか?」を軸に、実務家欄の記述に対して批評し批評家欄に書く。

会議室をそれぞれ分ける(部屋を変える)ことができないならせめて紙の上で分ける。



  オズボーン・チェックリスト 
 観点の強制増殖=変形法をあらかじめ作り全て当てはめる

他への転用は
応用は
変更したら
拡大したら
縮小したら
代替したら
再配列、アレンジしたら
逆転したら
結合させたら

過剰、欠如、転倒、誤った配置を上記は含む。

(・極端化
・陳腐化
・過剰化
・過少化
・結合
・分離
・逆転
・巨大化
・縮小化
・違う使い方
・違う手順
・違う観点
・以上の観点自体も疑う対象にする。
・毎日新しいことを1つは探す。

画像検索でこれらのワードを入れるのも手)




    モールスのライバル学習
  メルセゲ流「敵の真似が最強」

先行者やライバルの解決法を応用


  源内の呪術的コピーライティング
  ニセ伝統も捏造文化も三代続けば一般化

 使えそうな、類似の、既存呪術を探す。
俗信、迷信、民間信仰、都市伝説、疑似科学などがソースとして利用できる

新しい要素を追加したり、古い要素と新しい要素を入れ替える。

由来を捏造する。
元になった歴史的事例が語られ、時に著名人が事例の登場人物。

人間の脳は連想的な関係が見つければ他の関係も成り立つかのように誤動作することがある。
類似と接触と近接。

(悪用されまくり)


 赤毛の猟犬
 カワウソ祭

インキュベーション(アイデアの閃き、育成)の為の仕込み。
問題についての情報を集めて1項目ずつカードに要約
全てのカードを読み通す(途中で中断せず一度に頭に入れる)。
できればどんな組み合わせがあるかを徹底的に考える。
アイデアが生まれるのを待つ。なにか別の作業をするか休憩をとる。


“だっ‐さい【×獺祭】
1 《「礼記」月令から》カワウソが自分のとった魚を並べること。人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところからいう。獺祭魚。おそまつり。うそまつり。
2 《晩唐の詩人李商隠が、文章を作るのに多数の書物を座の周囲に置いて参照し、自ら「獺祭魚」と号したところから》詩文を作るとき、多くの参考書を周囲に広げておくこと。“
https://kotobank.jp/word/%E7%8D%BA%E7%A5%AD-561256


  ポアンカレのインキュベーション
  数学の傑物は閃きをイルミネーションと呼んだ

意識的かつ集中的に問題に取り組む
その後しばらく問題から離れ別の活動を行う、休む、散歩に出るなど
し知恵ると閃きが訪れる
閃きについて再び意識的かつ集中的に取り組み検証する。
ポアンカレはひらめきをイルミネーション(天啓)と呼んだ。

(イルミちゃんがやってくるんだから、光の天「思」でいいのでは?
ぺ天使でないか検証必須)


天啓は無意識からではなく、固着からの解放で生まれる。

ポアンカレは、意識的作業に挟まれた無意識のプロセスを重視した。
無意識の勝枝堂をメインとする彼の考察は、後の研究で実験的に反証された。
問題から一時的に離れることは、
休みなく活動を継続する無意識に続きを任せる
というよりも、次のことをもたらす。

上手くいかないアプローチや観点への固着から離脱すること。

長期記憶において問題に直接関連する情報だけでなく、間接的に関連する情報についても活性化が拡大すること(活性化拡散※)。

問題とは関連のないランダム刺激にさらされること。

休息によって認知資源が解放され認知能力が回復すること。


※活性化=長期記憶に格納された情報が取り出しやすくなること。
活性化のレベルはその情報が最近使用されたかどうか、使用頻度に左右される。
長期記憶はネットッワーク上に構築されており、ある情報が活性化されると、その情報と関連したネットワーク的に近接する情報もまた活性化される。
こうして活性化はネットワークを伝って広がっていくのが活性化拡散であり、自動的に生じると考えられている。


ポアンカレのインキュベーション(孵化)の正体が無意識のハードワークでないこと知ることは次のような恩恵がある。

発想法にまつわる神秘主義の一つを粉砕できること。

無意識という何でも説明できるマジックワードを使わずとも、霊感/天啓を理解できる道を開く。

ポアンカレのアプローチもまたほかの発想技法と同様の原理の上に成り立つ陸続きの手法
であると判ること。



     夢日記
    寝ているからこそ創造的

眠る前に説くべき問題や課題に十分に浸っておく
眠る
起床後すぐに夢を記録する
記録を書く愛間にも記憶はどんどん消えていくので単語やフレーズの断片でもいいので書けるだけ書く。
夢の記録を習慣化すると夢を覚える力も記録できる量と質も改善していく
夢の記録を読み返し解決に使えないか考える

夢を見てるときの脳の活動は発想法のテクニックに酷似
している。

悪魔のトリルという曲は、ジュゼッペ・タルティーニの作品。
1713年の或る夜、彼は夢の中で魂と引き換えに悪魔と契約した。悪魔のヴァイオリンを弾いてみるように手渡してみたところ、
それはそれは素晴らしいソナタの演奏を披露される。
優れた技術と知性に満ち溢れこの世のものとも思えぬ美しい演奏に魅了されとりことなったあまりの美しさに息を詰まらせた彼ははっと目が覚めると急いでで飛び起きてヴァイオリンを摑み夢で聞いた悪魔のソナタを再現しようと慌ててメロディを奏で始めたことで作曲されたソナタは彼の今迄のどの作品よりも素晴らしい曲となった。
(Tartini Violin Sonata in G minor ''Devil's Trill Sonata''
https://www.youtube.com/watch?v=z7rxl5KsPjs

技術と知性あふれる存在が悪魔って典型的な耶蘇思想の夢
インキュベーターの意味はインキュベーションを与える存在。
つまり魔法使いを育てる大魔法使い。

理性的宇宙存在QBが合理的営業を行うとかなり反発されるよね。
一つは必ず願いをかなえてくれるのはかなり良心的。
耶蘇の神はかなえてくれないからね。
そういえば悪魔も願いをかなえてくれるよね)




∸――
nullmyjokes‏ @nlmjks 3月10日

読書猿さんのアイデア大全2回くらい空読みした。「目を引いた文字列があったページだけ記憶に残すように読んで、目を引く文字列がないところは飛ばす」って言うのがここでいう空読み
結果二回とも目にとまったのはモールスのライバル学習とタルムードの弁証法。なるほど、めちゃくちゃ楽しいな

ほんのあや‏ @aya_stroll 2月25日

個人的に印象深かったのは、「源内の呪術的コピーライティング」と「タルムードの弁証法」です。私の中ではこの手のものは発想法というより、悪質なプロバガンダの手法として認識されてたので、「いままで黒魔術だと思い込んでたけど、使い道次第なんだな!」と認識を改めました。







∸―



読書猿さんの良記事の一部紹介


無料でここまでできる→日本語を書くのに役立つサイト20選まとめ
http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-715.html



∸――

アイデアの生み出し方~『アイデア大全』のレビュー
http://ada-bana.hatenablog.com/entry/2017/03/12/104735?utm_content=bufferf9b7d&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

【おすすめ】アイデアが浮かばない時に読みたい発想力・想像力を高める本5選
http://stockeizoku.hatenablog.com/entry/2017/02/13/170326

ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ(伊:Giambattista della Porta 、1538年 - 1615年2月4日)は、ルネサンス期のイタリア、ナポリの博学者、医師である。中世の魔術師・錬金術師と近代の科学者との間の存在である。

裕福な家に生まれ、家庭で教育をうけた。1558年に出版された著者『自然魔術』には、実験を重視する近代の科学的方法の萌芽と言うべき多くの記述がある。例えば「カメラ・オブスクラ(画家用のピンホールのある暗室)のピンホールにレンズを用いると、像が鮮明になる」ことなどが記述されていた。ナポリで出版された『自然魔術』(ラテン語)は各国語に翻訳されてベストセラーとなった。1560年には自然科学の最初の学会ともいえるOstiosi(怠け者たちの会:Academia Secretorum Naturaeとも)を自宅に開き、科学実験を行ったが、時の教皇パウルス5世により禁止された。1563年に暗号解読術の著書を、1586年に『観相術』を出版した。文芸の分野でも20ばかりの悲劇・喜劇を創作し、後の人々に影響を与えた。

『ポオ評論集』(岩波文庫)

ポーの代表的な詩論である『某氏への手紙』、『詩作の哲学』、『詩の原理』の3編が収められています。
その他は、ディケンズやホーソーン、フェニモア・クーパーの小説、ロングフェローの詩の批評文など。
ポーの知性が優美な形で示されていて、上質のワインでもすするような感覚で楽しめました。
(もっとも、それは、ひょっとしたらポー自身のというよりも八木敏雄氏の訳文の格調の高さによるものかもしれません)

『詩作の哲学』と『詩の原理』については、すでに昔から創元推理文庫の『ポオ 詩と詩論』に収録されていて、古くからのポーのファンにとってはおなじみの評論文です。
(『詩作の哲学』は、創元推理文庫では『構成の原理』というタイトルです)

『金枝篇』(全5巻)、岩波書店〈岩波文庫〉 改版1967年、重版多数
『初版金枝篇』(上下)、吉川信訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2003年
『金枝篇』(全10巻、別巻1)、神成利男訳・石塚正英監修 国書刊行会 2004年より刊行中、完結時期未定
『図説 金枝篇』 サビーヌ・マコーマック編 東京書籍 1994年/ 講談社学術文庫上下、2011年4月・5月


今度は、八木敏雄氏の訳。

詩の原理を語るといっても、わたしはそれを徹底的に論じようとか、深遠めかして談じようとかいう意図はない。いわゆる詩なるものの本質を、極めて恣意的に論じながら、わたしの審美眼(テイスト)に最も適い、かつわたしの心に最も明確な印象をのこしているイギリスやアメリカの小詩篇をいくつか引用して考察してみようというのが、わたしの主たる目的である。



永橋卓介訳 『金枝篇』、岩波文庫全5巻:簡約本の訳。
神成利男訳、石塚正英監修 『金枝篇‐呪術と宗教の研究』 (国書刊行会、全10巻別巻、2004年から順次刊行、2012年に第6巻を刊行)、第3版13巻本の完訳。
吉川信訳 『初版 金枝篇』(ちくま学芸文庫 全2巻、2003年)
吉岡晶子訳 『図説 金枝篇』(東京書籍→講談社学術文庫 全2巻、2011年)、S・マコーマックが第3版を要約し、挿絵を付けたもの。


アイドルは殺されなければならない『金枝篇』
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2013/09/post-9ee5.html


自分にとっては非常に重要な問題であったこの一人称の訳し方のほかに、八木敏雄氏の訳によって面目をあらたにしたと思えるのは、引用される詩の訳に関してです。
『詩の原理』のなかで、ポーは、現代では忘れられている詩人、特に日本では無名といっていい詩人、の詩をいくつか優れた詩として紹介し、解説しています。
(これは、言い換えれば、『詩の原理』は優れた詩のアンソロジーとして読むことができるということです)

デュルケム『宗教生活の原初形態』
『作家の仕事部屋』ジャン=ルイ・ド・ランビュール/岩崎 力


しかし、今回、八木敏雄氏の訳で読み直してみると、詩としても優れた詩だという感触を確かにつかむことができました。
ということは、ポーの審美眼、選択眼の確かさもまた再認識できたということです。
優れた詩の批評家、鑑賞家としてのポーの名誉が回復されたという思いです。
私にとっては創元推理文庫で最初に読んだときから20年ぶりぐらい? の名誉回復です。

ということで、今回のこの岩波文庫本で、「わたし」という一人称による落ち着いた、格調の高い文章と優れた詩という2つの楽しみを与えられて、充実した読書の時間をすごせました。

批評文と詩のどちらも読むことが好きな人間には『ポオ評論集』はかなりおすすめです。


キケロの弁論について
アリストレてス弁論術
クインティリアヌスの弁論家の教育
ハーフェズ占い」
セビリアのイシドルスについては『語源』第六巻が上智大学中世思想研究所(編訳・監修)『中世思想原典集成5 後期ラテン教父』平凡社1993年、505–565頁に、また(続)上智大学中世思想研究所編訳『中世思想原典集成 5 後期ラテン教父』平凡社、1993年

セビリャのイシドールス(西: San Isidoro de Sevilla、羅: Isidorus Hispalensis、 英語:Saint Isidore of Seville、560年頃 - 636年4月4日)は、中世初期の神学者で、後期ラテン教父の中でも最も重要な神学者の一人であり、カトリックでは「インターネット利用者およびプログラマー」の守護聖人[2]。 30年以上セビリャ大司教を務めた。中世のヒスパニア[3]の地域で書かれた後の歴史書はすべて、このイシドールスの歴史を範としていた。

後に編纂された『ハーフェズ詩集』は、東西の文化に影響を与え、ゲーテは晩年、ハーフェズの詩に感銘を受け、『西東詩集』が綴られた。ハーフェズの詩についてゲーテは「ハーフェズの詩を理解するには 魂まで一汗かく必要がある」と語ったという。
恋と酒と自然の美などを主題とした作品が多く、民衆に広く愛され、現代でも「コーランなくとも各家庭にはハーフェズ詩集あり」とまで言われている。また、詩集を用いた「ハーフェズ占い」なるものも存在し、街中でおみくじのように売られていたり、各家庭ではシャベ・ヤルダー(冬至の夜)にこの占いをする。
5. 後期ラテン教父

669pp、ISBN:4-582-73415-4、発行年月:1993.9、本体価格: 6,214円
ボエティウス『ポルフュリウス「イサゴーゲー」註解』 21-168
ボエティウス『三位一体論』 169-194
ボエティウス『エウテュケスとネストリウス駁論』 195-238
ヌルシアのベネディクトゥス『戒律』 239-328
カッシオドルス『綱要』 329-418
ブラガのマルティヌス『田舎者たちへの訓戒』 419-440
グレゴリウス一世『対話』 441-504
セビリャのイシドルス『語源』 505-566
セビリャのイシドルス『著名者列伝』 567-600
トレドのイルデフォンスス『著名者列伝』 601-622
リギュジェのデフェンソル『火花の書』 623-668


クルアーン(コーラン)を全て暗唱する者の称号をハーフィズという。ムハンマド・シャムスッディーンも暗誦者であってハーフィズの号を冠しており、それが『ハーフェズ』というペンネームの由来になっている。
• 「自然魔術」 デッラ・ポルタ 青土者
※抄訳である。
「自然魔術 人体編」 デッラ・ポルタ 青土者
※これは「人相術」の抄訳である。
「魔術と錬金術」 澤井繁男 ちくま文庫ハーフィズ著『ハーフィズ詩集』(東洋文庫 299)(黒柳恒男訳) 東京, 平凡社 , 1976.12 ISBN 4582802990

桑原武夫編訳、『百科全書 序論および代表項目(16篇)』 岩波文庫、初版1971年。1472年にドイツで出版された『語源』

『ビュフォンの博物誌』 荒俣宏監修 ベカエール直美訳 工作舎 1991年 ISBN 4-87502-190-9

ベーコンの学問の進歩における情報伝達の技術の項目が気になる。

。またイシドールスの発意によって、セビリャの聖堂学校に倣う形で、ヒスパニア内のすべての大聖堂に神学校設立を命じる法令が出された。イシドールスはゴート族の野蛮な習慣の広まりを、教育によって食い止めようとしたのである。彼の熱意によって、セビリャでは学芸が盛んになり、この時代の啓蒙運動の中心となった。七自由学科のほかにギリシア語とヘブライ語の学科も設けられ、法学と医学についても関心が寄せられるようになった。すべての司教はこの教会会議で定められた教育の方針を義務づけられた[12]。
死後

イシドールスは最後の偉大なラテン教父であり、古代のキリスト教哲学の掉尾を飾っている。イシドールスは疑う余地無く、この時代で最も教養ある人物であり、中世の教育活動に計り知れない影響を広範囲にわたって及ぼした。イシドールスと同時代人であり、友人であったサラゴサの司教ブラウリオは、イシドールスを、ヒスパニアの高度な古代文明に氾濫した蛮族の野蛮の津波からイベリアの人々を守るために、神によって遣わされた人物であると考えて、653年の第8回トレド教会会議で「驚異の学者、カトリック教会が誇る当代の栄光、最近の時代における最大の教養人であり、常に賞賛とともに呼ばれるイシドールス」[13]と述べた。この賛辞は688年に開かれた第15回トレド教会会議で正式に承認された。

ダンテの『神曲』は、教会の神学者や学者の中で、サン・ヴィクトルのリカルドゥスとベーダと並んで、イシドールスに言及する[14]。
1598年カトリック教会によって聖者として列聖され、1722年には教会博士と宣言された。
カトリック教会では、1999年にインターネットの守護聖人の候補として提案され、2003年に正式に「インターネット利用者およびプログラマー」の守護聖人と認定されたが、イタリアでのインターネットを利用した世論調査では、6位にさえ入っていない([1]、Googleによる英語訳:[2])。
SF作家フィリップ・K・ディックの『戦争が終わり、世界の終わりが始まった』[15]に登場する主人公、博識なアマチュア学者ジャック・イシドールはこの聖人にちなんでいる。

パンドラの玉手箱
パンドラの水瓶座の時代
かめとはこ。
残ったものは希望ではなく耶蘇でした。

アランポーの構成の哲学は自作の創作過程を分析したもの



『語源』("Etymologiae")[18]やその他の著作でのイシドールスの簡潔で明快なラテン語は、古典的であるとは言えず、西ゴート族の言葉の影響を受けた俗ラテン語である。これは過渡期の著述家の大部分に見られる特有の欠点であり、またこのことから西ゴート族がヒスパニア社会に顕著な影響を及ぼしたことが判明する。イシドールスはおそらく、ラテン語を母語とする最後の話者の一人である。
『語源』

アラビア人が古代ギリシア哲学の叡智に触れるはるか以前に、イシドールスはアリストテレスを同国人に紹介している。イシドールスはカトリックの同胞のために、一般的な知識を体系的に編纂した最初のキリスト教著述家であり、主著『語源』はまさに百科辞典的な、総合的な内容を持っている[19]。 この全20巻448章にわたる中世最初の百科事典で、イシドールスは古代から彼の時代に至るまでの、聖俗両面にわたる、あらゆる学問体系を集約した。この著作のおかげで多くの古典時代の著作の記述が断片的に散逸を免れた一方、この著作が原著作よりも重んじられることが多かったために、原著作で散逸してしまったものが多いことも事実である。

『語源』に対する高い評価は、百科事典的な著述活動に刺激を与え、中世以降の時代に大きな実を結ぶことになった。この著作は、中世の収集図書の中で最も人気がある概説書[20]で、ルネサンスの時代まで継続した人気を保ち、1470年から1530年の間に10版を重ねるほど印刷され続けた。12世紀にイスラームを経由して再輸入される[21]まで、西ヨーロッパ人にとって、イシドールスはアリストテレスやその他の古代ギリシャの著述の貴重な情報を提供したが、ギリシャの古典全体から見れば、それは限られた一部に過ぎなかった。『語源』は中世の説話集に、好んで引用された。
地球の形状について
イシドールスは『語源』で、地球が球体をしていることを説いている。『語源』での言及の仕方は曖昧であったので、一部の著述家は円盤状と書いてあるのではないかと考えた。しかしイシドールスの他の著作を参照すれば、彼が明らかに地球を球体と考えていたことがわかる。イシドールスは伝説的で証拠がないにもかかわらず、地球の裏側に人が住んでいる可能性を認めていた。 イシドールスの円盤状のアナロジーは中世の地球球体説論者[22]によってしばしば引用された。



レイジングぎゅう‏ @6isnot4 2月19日

「私たちを引き止めているのは聖パウロを恐怖させた律法の耐え難い軛では全然なく、ただの薔薇の生垣である。戒律(ミツヴォート)にしたがう義務はだから私たちにとって宿命的な不幸ではなく、楽園の最初の芳香を運び来るものなのだ、と」(レヴィナス『タルムード四講話』)

歩く人‏ @hitsujiaruki 1月8日

「他者に食糧を提供するとは食糧に食事の性格を保つことです。決して生きる上での必要最低限を供与することであってはなりません。他者に食糧を提供する時はどんな程度のことであれ、他者の気紛れを満足させることが必要です。そうでなければ全ては崩れ落ちてしまうでしょう。」タルムード新五講話

日本におけるアルメニア語学の権威、佐藤信夫先生。まさかアラム語も守備範囲でいらしたとは。 アッシリア語入門―現代アラム語

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2010年7月8日

@barhebraeus ミルトスの『現代ヘブライ語入門』もそうだったよね?アラム語もそう? :活用に3語根q-t-l を使うのはアラブ文法学の伝統のよう。面白いのはヘブライ語も全く同じ意味の3語根q-t-l (殺)を例に活用を読みながら説明するようです。


蒙古語入門―シリア系文字と文法
山中 元 / 国際語学社 (2006-08) / 1,944円 / 2 users
タグ 県立 ★語学 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会・政治 登録日:2016年11月11日 22時18分14秒 2016/11/11
読了: 2016年11月20日
どうしてモンゴル語とシリア系文字がむすびつくんだろうとまずは思うけど、古代メソポタミアの共通言語であったアラム語のエデッサ方言(シリア語)がネストリウス派の布教に用いられ、中央アジアにもたらされた。それがウイグル文字に取り入れられて、それを参考にモンゴル文字が作られたということらしい。(パスパ文字はまた別の文字、ややこしい。)現代ではモンゴルではキリル語表記が主流、中国の内モンゴル自治区ではモンゴル文字も使われているとのこと。

アラム語の入門・学習用リンク集 (Aramaic Language) - 主に言語とシステム開発に関して
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110129/p1


外国人に出会った時に仲良くなるための,最低限の必須フレーズ集 (どの言語にも当てはまる,基本の初歩会話集のテンプレート)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130702/ListOfCommonLanguageBasicPhrases


冒頭の表を,手軽に作成するための雛型を記載しておく。

コピペ用である。

この空欄に,さまざまな言語での用例を当てはめてゆけばよい。


〜語の最初歩のフレーズ集 (対人関係の構築のために)




















日本語〜語
こんにちは 
ちょっと

すみません
 
あなたは

〜語を

話しますか?
 
はい,いいえ 
お会いできて

嬉しいです

(初めまして)
 
私の名前は

〜です
 
私は〜語を

学んでいます
 
私は

日本人です
 
あなたの

お名前は?
 
どうぞ書いて

下さい。
 
〜さん 
ありがとう 
私は〜に

住んでます
 
あなたは

どちらの

出身ですか
 
どうぞ 
ごめんなさい 
さようなら 



∸―




タルムード入門〈1〉 単行本 – 1998/7
A. コーヘン (
タルムード入門〈2〉1998/8
A. コーヘン、 Cohen,Abraham
タルムード入門〈3〉1998/6
A. コーヘン、
ミシュナ〈4別巻〉アヴォート (ユダヤ古典叢書)2010/6
専三, 長窪


タルムード四講話 新装版
 エマニュエル・レヴィナス(内田樹訳)『タルムード四講話』国文社


ギリシャ語とペルシャ語はインド・ヨーロッパ語族


その割には,ペルシャ文字は,アルファベットがヘブライ文字のアレフベート構成とどことなく類似しており,どうもセム語くさい。

その理由は,ペルシャ文字が語族を超えてアラビア文字から借用されているから


中田考‏ @HASSANKONAKATA 2016年7月14日

大雑把に言うと、アラム語話者のイエスの律法の教えを保存していたペテロや主の兄弟ヤコブらヘブライニストが主導したエルサレム教団がユダヤ戦争で消滅し、
パウロらヘレニストのアンティオキア教団の律法蔑視の教えが後のキリスト教になったからです https://twitter.com/YUChurch_youth/status/753557666153193473 …

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2010年5月26日

『旧約聖書ヘブライ語独習ー聖書アラム語文法付』神学部図書館で借りてくる。やはりヘブライ語は天国の言語アラビア語が堕落し崩れた言語だとの思える。イスラエルの民がイラク、シリア、シリア、エジプト、パレスチナと移動して言語混交が進んだせいだと説明してもいいけど、それじゃつまんないよね。

中田考‏ @HASSANKONAKATA 2016年8月13日

全く影響を与えていない、と言っていいと思います。 https://twitter.com/lakudagoya/status/764202382792142848 …
ねこた‏ @lakudagoya 2016年8月13日

@HASSANKONAKATA 私はアラビア語読めないので、一般的な文献にはアリストテレスやプロティノスなどがイスラーム世界で好まれたとありますが、ギリシャの古典の中でもストア学派の文献は(あまり現存がないですが)どう扱われたか非常に気になっていた次第です。わざわざすみません。
@HASSANKONAKATA 専門外なのにすみません。これは別にキリスト教の話ではないのですが、イスラーム世界にはギリシャの古典が取り入れられましまよね? その中でアリストテレスなどが好まれたみたいですが、ストア学派の文献はイスラーム世界にあるのか気になってまして。

著書の中でイスラームは移動の自由を重んじると書いてあったのはもの凄い衝撃で。 カリフ制が求められる意味もわかりました。


@HASSANKONAKATA わざわざご返答頂き感謝します。

あら、そうなんですね。

キリスト教史を調べますと、ストア学派はキリスト教に他大な影響を及ぼしてるのに、イスラームでは記述を見ないので不思議だと思ってました。

朝からお忙しい中感謝です。それでは失礼いたします。




お読みくださり感謝。
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

「真のキリスト教」摩尼教/光の仏陀(摩尼光仏)かイランを強化した老子(老子化胡)か/宋・元・明代の明教-喫菜事魔/カルト作成マニュアルとマニ教について情報あつめるところ。マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 

カルト作成マニュアル
①ベースとなる宗教から戒律と欲望を抑える教えと技術を抜く。
 または、神格化して弱める。
②反知性主義(論理的思考と知識を得ることの禁止)と
ご都合主義(軸のなさ)を中核にする
③支配と搾取に使えるところだけを色々な宗教から盗んでくる

①が最重要。⓵をきちんとやれば②は自然と達成される。

実際、仏教カルトは、仏教が持つ戒律、無常、無記、空、縁起、
「欲望を無くし平静な心を獲得せよ」をゴッド化させたりしつつ、
キリスト教(②が中核)を混ぜたものばかり。
特に日蓮宗が耶蘇教と親和性が高いので日蓮系カルトが多い。

八紘一宇ワンワールド世界連邦思想の根本はストア派のコスモポリタニズムの改悪版。
本来のコスモポリタリズムは人間は理性を持つから全員仲間なので、人種差別はありえない。
しかも、ストア派の目的が「平静な心の獲得」(仏教的だから支配層が嫌う)なのは完全に無視。
これも①をストア派に使って改悪した実例。
支配層は、ストア派のうち支配と搾取に利用できるところを盗んできただけ。

支配層は輪廻思想を持つ派閥もあるが、これも都合がいいところを盗んできただけ。
バラモン=当時のインドの最上位の支配層は同性愛禁止、肉食禁止、武器商人禁止、欲望を抑える修行必須
だが、今の欧米系の支配層は完全に無視。

以上を見ると支配層の宗教を既存の宗教で表すなら、
改悪版マニ教。
マニ教戦術をとるが、マニ教の殺生禁止、無所有、性行為禁止、菜食主義は絶対に守らないという最悪の毒竜ヒュドラ。
奴隷いじめられっ子がいじめっ子になると最悪になる実例が今の世界。
地獄教や蠱毒教が一番近いかも。


ストア派の欲望を抑える教義だけ抜いてあるから支配層はストア派ではなくストア派からもパクっただけだろ。
コスモぽたリズムですらないよ。人種差別してるし、理性否定の反知性だし。

奴ら上層はマニ教でもないよ。マニ教は殺生禁止。都合が良いところだけつまみ食い。

キリスト教というのはコンスタンチノープリ教会の事を指すものでグノーシス主義やイエスの死を認めない人々をキリスト教というのです 西方にあるのはグロテスクな多神教であって、キリスト教ではありません 便宜上、ヤソと言っているのであって正体はただの気色悪い穢れた多神教ですに賛同
マニ教が真のキリスト教を名乗ったって本当に本来のキリスト教に近いからかも。

でもマニ教って殺人絶対禁止じゃん。せいこういも禁止。結局のっとり戦術だけ盗んだんでしょ。あと物質=悪も支配に都合が良い。
マニ教思想だと必然的に商業奨励、牧畜民族礼讃思想になり、農耕民族否定思想になってしまう。でも聖なる食べ物であるブドウ、キュウリ、メロンは農作物だという矛盾。
入れ物は悪でも中身は善だから作ってOKという教義。

宗教の役目の一つは死などの悪を説明すること。死後はどうなるかなどの現在の技術ではわからないことを説明すること。


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
そうだな、マニ教の既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦は、例えば仏教をターゲットにしたら、仏教によく似た思想のヒンズーっぽい西洋初のスピリチュアルを大量に投下して、既存の仏教の認識を偽物であるスピに書き換えて、そうやって内部から破壊していくという作戦なのですよ。

みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから


おねショタ魔法使い初級おじさん @douteimaturi
仏教系の檀家系カルトがどれだけマシか、よくわかった
神道系カルトは経典や軸となる宗教思想がないから、どこからか借用、盗まざるおえないという事実があるので仏教系と違って経典主義をとる事が出来ないのね
で、万教帰一して色んな所から盗んでくる

神道系カルトが言っている事は単純で良いことをしなさいという部分なんだけど、その言葉の背景がないから色んな所から盗んでくる
キリスト教、イスラーム、儒や仏教、他にも現地的なアニミズムまでいろんなところから盗んで権威付けする
だから、神道系カルトが気持ち悪いのはここから発生している

悪の魔術師が存在するなら、彼女が作った最大の失敗物が神道カルト
基礎や宗教論としての土台を持たない、又は己の集団の正当性しか興味のない集団というのがどれだけおぞましい存在かは彼女自身ここまで無限増殖するとはわかっていたのだろうけど、醜いものを作ったと確信して作ったのだろうなxm

今日はマニ教の本が届いたので読んだのだけど、マニってお医者さんで治療しながら布教していたというのが見えてきて、これって中国のやそと道教を混ぜたような太平天国やイエスと全く同じじゃんと思って
やっぱり、薬学や医術というのが布教ツールとして優秀で魔術師が魔術師所以なのだろうと思う

実際のところマニの落ち目はペルシャでは治療失敗とマズダグ教との対立だし、ローマ世界ではやその異端ややそ教を乗っ取ろうとした動きによって弾圧されたわけで本来ならばこういった背乗りしようとする宗教は寄生元に殺されれば消えているものが残ったのは殺虫しきれなかった部分にあるのだろうと思う

マニ教が残ったのはやそ教世界で罵倒語として残ったのもさることながら、地中海世界に広まっていたグノーシス主義が大きいのだろうと思う
私思うにグノーシス的な思想に汚染されて居なかった初期ローマが地中海世界を支配したのは思想的な部分において独立性を持っていた部分が関係している気がする

ただ、現代でマニイズムすなわち一神教的多神教、万教帰一の思想というものが再発したのは工業化と共通規格、大量生産という産業思想が関係しているのではないかと思う
それは博物学、文化人類学の発達が様々な集団に値札をつける事によって共通性を見ようとした部分があるのかもしれない

その中で固有という曖昧なものを取り出していく中で発生した副産物が優生学や自民族主義とするならば、そこで絶対善と絶対悪が分かれそこに体系化されていない宗教が発掘されたのであるならば、それを説明するために無理矢理な比較をする事となりそれが現代の民族や宗教対立の根っことなっている

つまり、現代のマニイズムは共通規格と大量生産という産業思想に学術的な固有性の発見という知識とそれを信じる人々の善悪二元論により再興されたと見なさざるおえない
つまり、万教帰一という思想は正しく近現代において再興される条件が揃って、当然のように復活したのである

カルトの性癖
贖罪意識、転生論、宗教内階位とその細分化と絶対地位の制定、善悪の創造とその善悪二元化と詭弁術による他宗教の弾劾とその美味しい部分の取り込み
これがマニ教の習性でシンクレティズムを目的とした宗教と結果としての宗教は全くの別のである

悪の魔導師は女性だろうね シバの女王やドルイド神官の女性神官、多分完全に役割が違うのだろうと思う 預言者が男しかいないと言われていても、その思考に納得して子供たちを教育するのは女性なのでやっぱり女性を納得させられる教えというのが魔導士の魔法の一つなのだろうと思う

∸――

『よいこの黙示録』と「敵(支配層)と古典の真似」で、労働カルトを作ったカルヴァン派系支配層の視点を獲得しましょう!
(◞≼◎≽◟)☝本当は教えたくないのですが、選ばれたあなただけに特別に今だけ、教祖として成功する秘訣の続編をお届け!
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
”~破壊(する対象は異教)の章~

①外見を変えずに中身(設計図)だけひそかに変える
 =マニ教とイエズス会戦術で都合が悪い勢力を乗っ取ろう

マニ教の概要は本記事にある過去記事へのリンクからどうぞ。

異教撲滅マニュアル

異教の外見を変えずに中身(設計図)だけひそかに変える。

⓵経典は布教する土地の現地語に翻訳。
教義の厳密な訳出よりは各地に伝わる在来の信仰や用語を利用し、入信者が理解しやすいように翻訳

②相手の宗教を否定せず積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込み、違ったものに作り変える
(改良版を売る。我々は実は君らの宗教の改良版または元祖だよ戦法。
仏教を破壊したいなら、取り込むふりをしつつ、仏教の中核である
「A. 嘘を見破るのに有効な論理と論理的思考を重視する姿勢
B. 一神教と新プラトン主義を完全否定する無記と空と無常と縁起の思想」
を抜く)

③現地の言葉を学び、文化を研究し、現地の改宗者にスパイをさせ、現地の宗教の儀式をやりながら入り込む

④教義のうち、絶対に変えない個所は最小限にする
特にマニ教では「構造=設計図」が重要であり、布教のためならイエス論(マニ教は自称「真のキリスト教」)ですら変えてOK。
簡単に憑依できるのでマニ教が徹底して弾圧されたが、全然死滅していないことから、生き残りのために有効な技術。

(マニ教の設計図
A. グノーシス主義
B. イエスの絶対性
A. グノーシス主義のみが必須要素)

イエズス会は
A. 一番偉いのはローマ教皇=権威
B. 聖霊は父と子から出る=不滅の絶対的善なる存在
の二つだけを認めるよう要求。残りは改変OK。
AとBが両方とも存在しないカルトはない。
日本では
A. は、頂点=現人神(グノーシス的)=偽天皇や、
非人紙(=紙幣。あらひとがみ=人に非ざる紙)など。

B. は労働と民主主義と資本主義と秘密選挙など。




②やばくなったら分裂しよう

やばくなったら、今の団体を消して新しく作った団体に吸収させたらいいのです。
あらかじめ無関係を装っている裏部隊を作っておきましょう。
メンバーさえ生き残れば団体が消えても問題ありません。

スウェーデンボルグ派キリスト教の和訳である大本教は弾圧されたのに、大本教勢力が今なお隆盛なのは、分裂して名前と外見だけ変えたり、異教に寄生する戦術でたくみに生き残ったからです。

ノウハウを蓄積したらマニュアルを作って売る商売もすべきです。いわゆる子会社を作っておくのです。

イエズス会VSロシア正教
http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38094379.html
”佐藤優氏の『国家の崩壊』(にんげん出版)

▼(以下引用。P99)
(イエズス会について)
ロシア語で「イェズィット」(イエズス会)という言葉があるんですが、それは嘘つきだとかペテン師、強盗だというのとほぼ同じ意味なんです。ロシア人にとっては、イエズス会はそういうイメージなんです。どうしてかというと、ほかのフランシスコ会などはカトリックの伝統のまま入って来ますけれど、イエズス会はロシア語を上手に勉強して、ロシア正教と同じような儀式をやりながら入って来るわけです。ロシア正教会と全く同じ形式で来るんです。だからかえって怖いということです。これは全世界どこでも同じで、中国の典礼問題などもその表れです。ロシアでもイコンを崇拝することぐらいイエズス会の連中は平気でやる。
 そのうえで、「ただし、二点だけ認めてください」というんです。
第一点は、「一番偉いのはローマ教皇だということは認めてください」と言う。
もう一点は、聖霊がどこから出てくるかという問題なんです。
この問題では論争があって、ロシア正教会だと、「聖霊は父から出る」という考え方なんです。それが、カトリックだと「聖霊は父と子から出る」という考え方なんです。そこで、第二点として「聖霊は父と子から出るということを認めてください」と言う。「この二点だけ認めてくれれば、後はロシア語を使っても、神父さんが結婚してもいいですよ」と、カトリックであるにもかかわらず言うんです。
 要するに、本当に守らなければならないところのギリギリは何なのかということを、イエズス会は徹底的につめているんです。それ以外は、全部妥協してしまう。だから、イエズス会は怖いという意識が、ロシア人の中にあるんです。
▲(引用終わり)

▼(以下引用。P316)
(ロシアのアイデンティティとは何か)
 しかし、このように、ロシアをまとめているものを、これだという積極的あるいは肯定的な形でとらえるのではなくて、これでもない、あれでもない、という消極的あるいは否定的な形でとらえるというのは、実はロシアの伝統的思想に合致するものなんです。
キリスト教の神学には肯定神学と否定神学があります。肯定神学というのは、神は愛である、というように肯定的な規定で神をとらえるものですが、それに対して、神はこれこれのものではないし、これこれのものでもない、と否定の規定を重ねていくことによってしか神をとらえることはできない、とするのが否定神学です。つまり、ロシア・アイデンティティのこのようなとらえ方は、否定神学のとらえ方と同じだということになります。
▲(引用終わり)”

つまりイエズス会は支配用宗教で絶対に必要なのは
①一番偉いのはローマ教皇=権威
②聖霊は父と子から出る=不滅の絶対的善なる存在

の二つだと考えているってことです。
確かにこれら二つが両方とも存在しないカルトはありませんね。
日本だと
①は、頂点=現人神(グノーシス的)
と非人紙(=紙幣。あらひとがみ=人に非ざる紙)で、
②は労働と民主主義と資本主義です。


ダビデの星がユダヤだけのシンボルになったのは十七世紀からでキリスト教が決めた(ユダヤではない)ので日ユ同祖論(キリスト教製品)に使えない。マニ教の概要(山本由美子『マニ教とゾロアスター教』 など)、ダイアン・フォーチュン『神秘のカバラー』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
”マニ教の概要。
前の記事でエヴァは、マニ教の要素もあると述べました。
山本由美子『マニ教とゾロアスター教』 山川出版社〈世界史リブレット〉、1998年4月 を主に参考にして述べます。

マニ教(マーニー教。摩尼教、明教、二宗教)
三世紀のマニ(マーニー)がササン朝ペルシアにて創始。
中核は善悪二元論(拝火教+グノーシス主義)。
物質・肉体=悪。
霊魂・精神=善。
菜食主義(肉食禁止)と飲酒禁止。
一日一食。週一度に断食。
動物を殺すことも、植物の根を抜くことも禁止。
食べて良い代表的なものは果物であり、透き通った野菜。
きゅうりやメロンは最も良いとされた。
(衰弱死しそうなんですけど)
白い衣服を着る。
現世否定。性欲否定。
性欲否定は神話の表現にも表れていて、光=善の側は産むとか生まれるという言葉が使われず、「呼び出す」という言葉を使います。
(苦しいですね。性欲否定の宗教の致命的な問題点は、生殖しないと信者がどんどん減ってしまうというものがあります。まあ、だから積極的に広めまくったのでしょう。子宝沢山は惡なのですから)
信者減少対策として、マニ教は、平信徒(聴聞者)と選ばれた者(アルダワーン=義者=拝火教で善をおこなった信者を呼ぶ言葉)に分けました。
聴聞者はそれほど強く戒律を守らなくて良く、結婚も子づくりも許されるとし、生産活動をして選ばれた者を支える役割にしました。戒律を厳密に守ると生産活動が不可能になりますからね。
アルダワーンには女性もなれます。布教師にもなれます。しかしマニ教神話は男性優位っぽいです。でもグノーシスは女性優位なんですよね。
マニ教の神話は色々混ざっています。長いので面白そうなところだけピックアップします。

・はじめに光明の父もしくは偉大な父(ズルワーン=時間)と呼ばれる存在が光の王国にあり、
光の王国は上・東・北・西の方位にあり、
光の五元素(光、風、火、水、エーテル)をその実体としていた。
闇の王国は下・南にあり、光の五元素に対応する五つの闇の元素からなっていた。
(はじめが父なので、男性優位思想。グノーシスは女性優位なのにね。
しかし神話に反して、女性が「選ばれた人(アルダワーン)」になることはタブーではなく、女性の布教師も珍しくはありませんでした。
ゾロアスター教ズルワーン主義=拝時教、の影響って凄いですね。
南になにか恨みでもあるのでしょうか。理由が知りたいです。
時間=変化の前提が始まりとは哲学的に感心しました。
時間=時計・天体の動きの周期・暦は農業用だったのに今や奴隷を長く働かせる為の道具になっております)

・光明の父(偉大な父ズルワーン=時間)が、生命の母を「呼び出した」(産むが使えないので)。
この生命の母が最初の人である原人オフルミズド(アフラ・マズダーの中世ペルシア語形)を呼び出した。(処女懐胎以上にファンタジーですな)
・光明の父は、生ける霊(ミフルヤズド)も呼び出した。
ミフルは契約の神ミスラの中世ペルシア形で、このころは太陽神と同一化されるようになった。ミフルヤズド(ミスラ神)は、インドにおけるミトラ神、ギリシャ・ローマにおけるミトラス神に相当する。仏教における弥勒菩薩(マイトレーヤ)もまたミスラ(ミトラ)に由来するともいわれている。
(ミトラ=密特拉〔中国語〕の漢字表記の頭は「密」なんですよね。密教にもミトラの要素あるし。
マニ教においては光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された。ソグド語で日曜日の事もミールと呼ぶようになった)

この世界は倒された闇の悪魔たちの屍体から創られた。悪魔からはぎ取られた皮から十天が創られ、骨が山となり、身体や排泄物は大地となった。闇のアルコーン(執政官。高位の悪魔)たちは鎖で空に繋ぎとめられた。
汚されていない光の元素から太陽と月が創られた。
少し汚されたものから星が創られた。
(マニ教では、十層の天と八層の大地からなるという宇宙観。なんと日本でマニ教の宇宙図が見つかりました)

・闇は、虜にした光の元素を取り戻されないように、物質がすべての悪魔を飲み込み統合して一つの大悪魔を創った。同様に女の悪魔たちも一つの大悪魔となった。その男女の大悪魔によって、憧れの的である第三の使者(光明の父が呼びだした)に似せてアダムとイブが創られた。ゆえに、アダムとイブは闇の創造物でありながら、大量の光の要素を持っていることになる。
自分が光の要素を持っていることを知らないアダムに、自らの光の本質存在を知らせるために、第三の使者の化身であるイエスが送られ、アダムにグノーシス(知識)を与えて覚醒させる。覚醒したアダムは自らの内なる光の本質を救うために物質の連鎖を断ち切ろうと禁欲を誓う。
しかし、アダムよりは少ないがやはり光の本質を持つイブはグノーシスをイエスから与えられなかった。その理由を理解できず、アルコーンと交わってカインとアベルを産む。嫉妬に駆られたアダムは、自らを抑えきれずイブと交わり、セトが生まれた。かくして、人間の生命の営みが始まった。
(男尊女卑)

・この世界は物質である限り、闇のアフリマンの支配下にある。しかしグノーシスを得た人が少しでも光の元素を救いだそうとするので、戦いは続いている。
囚われの光の粒子は、閉じ込めている物質が壊されると解放される。それはまず光の柱を通って月に集められ、月が満ちると太陽に移され、その後に新しい天国に呼び集められる。
(囚われた光の粒子の経路は光の柱→月→太陽→新しい天国)

・いずれ光と闇の最終戦争が起き、イエスが正邪を分ける判事としてあらわれる。世界の終わりには神が支えることをやめるので天地は崩れ落ち、1468年間も続く大火によって全て物質的なものは消滅する。イエスは光の王国と合体した新しい天国に戻り、二つの原理はもはや混じり合うことはない。

「白衣白冠の徒」といわれた東方のマニ教(明教)は、景教(ネストリウス派キリスト教)・祆教(ゾロアスター教)とともに、三夷教ないし三夷寺と呼ばれた。

キリスト教の異端派がマニ教の変形である例はいくつかる。
アルメニアから始まって、黒海沿岸に広まったパウロ派は、使徒パウロの書簡を重んじる二元論的世界観を持っていた。

ブルガリアに発してコンスタンティノープルにも根拠地を置いたボゴミール派は、サタンによる創造神話や旧約聖書の否定など特徴的な教義が、異端審問の記録により信仰内容が良く知られている。ボゴミール派がブルガリアとビザンツ帝国が栄えたのは九世紀から十二世紀までである。

特にマニ教的だったのが十一世紀から十三世紀に北イタリアから南フランスにかけて受け入れられたカタリ派であるが、フランス統一をはかる北フランスのカトリックの王家により弾圧された。地中海沿岸の南フランスに栄えたのがカタリ派である。
ただしそのように非難されても、信者自身はマニ教との繋がりを認めてはいないが、宇宙の創造に悪魔が介入していることを認めたり、酒や女の快楽を否定し、結婚をよしとせず、水による洗礼を行わないように、非常にマニ教的である。女性の地位も高い。注意しないといけないのはマニ教だと非難したのはカトリック側であることだ。
(マニ教を守るためかもしれません。マニ教勢力の存在を明確に認めると狙われるから)

マーニーは珍しいことに、自分で教典を書き、バビロニアを中心に教団を形成した預言者。
マニ教団勢力は、サーサーン朝(ササン朝。ペルシャ=イランの拝火教国家)に迫害されるほどに勢力が強かった。
本拠地はバビロンだったが、マニ教が目覚ましい発展を遂げたのはまずローマ帝国領のシリアやエジプト、その他の地中海沿岸地方であった。エジプトではアレクサンドリア(錬金術=科学の聖地)を中心に発展したことは、元マニ教徒のキリスト教の教父アウグスティヌスが記している。アウグスティヌスの母はクリスチャンだったが、彼はカルタゴでマニ教に出会って信者(聴聞者)となった。
(アウグスティヌスがマニ教の影響からキリスト教の二元論を強化したと思います。善悪の戦いの強調の源流は拝火教ですけどね)
当時のアレクサンドリアやカルタゴでは様々な宗教の間で公開討論会のようなものが行われ、自己の宗教の優位性を論理的に主張することが普通に行われていて、一種の娯楽だったらしい。
折衷主義のマニ教はどのような論点も自己のものとして取り入れることができるので、非常に論争しにくい相手だったであろう。
(何でも信じているか
、何も信じていないか、どちらも最強なんですよね)
三世紀から千年以上もユーラシアの西はスペイン、東は中国福建省の泉州にまで広がったが、現在では消え失せしまっている世界宗教。実は中国では生き残っています。
そして現在の統一宗教=イルミナティ教のモデルでしょう。

預言者マニ(マーニー)は自分で経典を書いた。予言者が自ら教義書を書いたのは、マニが史上初であろうことは先述したが、マニが主として経典にアラム語を用いたのには、当時の中東世界の共通語として広く意思疎通に用いられていたからであろう。
彼は速やかに経典を各地の言語に翻訳させたが、その際、彼は自身の教義の厳密な訳出よりは各地に伝わる在来の信仰や用語を利用して、入信者が理解しやすいように、自由に翻訳することを勧めた。場合によっては馴染みやすい信仰への翻案すら認め、このことは異民族や遠隔地の布教に有効であった。
マニ教は他の宗教と論戦しながら改宗を勧めていったのだが、相手の宗教を否定せずにむしろ積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込んで、違ったものに作り変えてしまうことにひいでていたので大変議論がしにくかった。特有の概念や神の名を異なる脈絡で言及するので強い違和感を与えるものの反論しにくかったはず。
(改良版を売る戦術ですね。マニ教は実は君らの宗教の改良版に過ぎない戦法)
しかし、各地ごとに布教目的で柔軟に用語や教義を変相させていったため、普遍的な世界宗教へと発展した反面、教義の一貫性は必ずしも保持されなかった。
(だから消えても影響が残りまくったのがマニ教。
道教みたいですね。神道・天皇・神器は道教用語であり日本由来ではないのです。全部中国産。年号だって漢文から。どこにヘブライ語があるの?)

中国(唐)にマニ教が伝わったのは七世紀。694年、マニ教の教師(佛多誕)ミフル・オフルミズドが、はじめて唐の宮廷を訪れ、則天武后と会見してマニ教の信仰を説いて布教が許された。マニ教はバビロニアの優れた天文学と暦の知識を持っていて、暦の改定を進めていた当時の唐には魅力的だった。
八世紀、758年の安禄山の乱において、弱体化していた唐朝を支援して乱の鎮定に尽力したウイグル王ヤブグ汗(ウイグル族は中央アジアのトルコ系部族)がマニ教に改宗し、ウイグルの国教とした。768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院大雲光明寺が建てられた。
マニ教の教義はすでに各地で仏教や、ゾロアスター教、キリスト教の教義との混淆を深めていたが、この時期になると、さらに中国独自の宗教である道教の教義とも同一化されるようになった。マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりとみなされたりした。
マニ教の後ろ盾となっていたウイグル汗が840年に、キルギスに敗れ、ウイグルの領土が高昌(ホッチョ)とその周辺地域に限られるようになると、中国各地でウイグルにたいする反感が吹き出し、ウイグル人の巣窟とみなされた各地のマニ教寺院が破壊された。
842年から4年間続いた武宗(道教重視)による「会昌の弾圧」は、マニ教のみでなく、拝火教、キリスト教、仏教をも含むすべての外来宗教を弾圧したものであったが、マニ教の受けた打撃は大きかった。
 仏教では、寺院4600寺が廃され僧尼26万5千人が還俗させられたので、「会昌の法難」と称している。
福建の泉州に逃れたマニ教徒はこの地で秘密結社のような組織になったという。
マニ教経典は、一見仏教の典籍の一つのようにされ、一部のマニ教徒は道教の一派のように振舞っていたこともある。キリスト教の一派とみなされたことも多く、マルコ・ポーロが泉州であったと述べている「キリスト教徒」はじつはマニ教徒だったといわれる。結局、中国のマニ教徒は十五世紀くらいには姿を消し、これによってマニ教は事実上消滅した。
と思われたが↓
“元を倒した新たな王朝を築いた朱元璋が新王朝の国号を「明朝」としたのも、元朝打倒の原動力になった明教にあやかってのこと
出典中国におけるマニ教
マニ教は843年に唐の武宗によって禁止された後も「明教」と呼ばれ流布しつづけた。”
“中国・福建省でマニ教の寺院が複数現存していることが近年確認されている”
“何百年前に滅んだはずのマニ教が、中国では細々と生き残っていて、寺もあれば信者もいて、毎年マニの生誕祭が開かれている”
“御本尊の摩尼光仏”
【歴史】マニ教 ー消えた世界宗教の謎ー
http://matome.naver.jp/odai/2134904705662315701

ササン朝書記にゾロアスター教の根幹を揺るがす重大な異端がズルワーン主義(拝時教)。すべての始まりにズルワーン(時)という神がいた。つまり善悪の出会いや創造は<(無限の)時>という枠組みの中に置かれることになった。ズルワーンは宇宙の創造を思いたち、その仕事を託す為の創造主を生み出そうとした。しかしその間に彼は創造が良いことなのかどうかに疑念を持ち、その疑念から醜悪なアフリマンが生まれた。思い直した彼が完全なものとして改めて産みだしたのがオフルミズドでその出来栄えに彼はすっかり満足して、ズルワーンは彼に創造の仕事を託して隠居した。オフルミズドは宇宙創造に取り掛かったが、不満を持つアフリマンがことあるごとに邪魔をしたため、両者はついに闘って決着をつけようということになる。
こうした神話はなぜ双子と言われる対立する二霊が存在したかという疑問を解決してくれるが、善悪の絶対的な対立を出発点とする、ゾロアスター教の最も重要な世界観と矛盾する。つまり、悪の存在理由と悪からの解放という他の宗教が解決できなかった問題に第一義的に取り組んだゾロアスター教の独自性を失わせるものなのである。
しかし、独自の教団も形成せず、ゾロアスター教を否定したわけでもなく祭儀上の問題も起こさないズルワーン主義は、ゾロアスター教の祭司たち(マギ)にも容認された。ササン朝初期にズルワーンという言葉を用いた人名が頻発するので、排斥されていなかったことが明らか。伝統的なゾロアスタ教の聖数3と7に加えて、ズルワーンの聖数4が色々な場面で見られるにも、ズルワーン主義の隆盛を示すものだろう。
(ギリシアではズルワーンはアイオーン。クロウリーの言うイオン=時代でもあります)

・マズダク教
恐らくマニ教の影響を受けたマギであるマズダクMazdak(5~6世紀。ササン朝期)が提唱。全ての不幸の原因は所有欲にあるとし、現世に欲望を持たず、無所有を徳とする。不殺生、禁欲、婦女子と財産の共有(土地と女性に執着しないため)、肉食の禁止などを主張した。
なお、その詳細を復原することは,資料の不足のために不可能。北方よりのエフタル族の侵入と飢饉で混乱する当時の社会情勢を背景に,急速に人心をつかみ,国王カワード1世(在位488‐496,499‐531)が、貴族、高級聖職者階級の権勢を制する意図もあってその信奉者となったことから王宮内にも勢力を拡大したが、マズダク教の影響力は社会不安を増大させるとして弾圧に転じた。
528年皇太子ホスロー(ホスロウ)に命じて、マズダク教の主だった指導者を一堂に集めさせて全員殺した。命運は絶たれたが影響は残り、イランで異端的な動きが起こると必ず言及されるほどである。

『マニ教とゾロアスター教』 山本由美子 (山川出版社)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50699870.html
“【折衷主義的】
 マニ教は、すべての文化を混淆する傾向をもつヘレニズム文化の隆盛期に、古代文明の中心地バビロンにおいて、イラン人でありながら、ユダヤ教系の宗教集団に入っていた両親のもとに生まれたマーニーにより始められた。したがってマニ教はそもそもの誕生から、複数の民族や伝統、神話群と深く関わっていたのである。おそらくマーヒー自身も、自らの受けた天啓が、特定の民族やグループにのみ向けられたものとは考えもしなかったことだろう。彼は多様で異質な世界を受け入れ、そこに共通するもの、翻訳可能なものを積極的に取り入れて自らの信仰体系をつくりあげていった。その結果、それはだれにでもとりつきやすいもののようにみえながら、余りにも多種多様な神話や観念、倫理観を呑み込んでいるため、怪物のような複雑さをもつものになってしまった。マニ教は史上まれにみる折衷主義的な宗教である。(p.6-7)

【マニ教の二元論】
 マニ教の思想は折衷主義的な二元論にもとづいている。マーニーによれば世界は対立する2つの原理からなりたっているという。一方は光で他方は闇である。光は霊的なものであり、闇は物質的なものであった。この点では同じ二元論でも善悪、生命と死の対立を根本とするゾロアスター教の二元論とは異なり、ギリシャ哲学の二元論の影響を感じさせる。マニ教の物質や肉体にたいする嫌悪感は極めて強く、その現世否定は仏教の影響と考えさせるほどである。(p.31)
 ふぅ~~ん
 この世界は物質であるかぎり、闇の力であるアフリマンの支配下にある。しかし、グノーシス(知識)をえた人びとが少しでも光の元素を救い出そうとするので、戦いは続いている。囚われの光の粒子は、閉じ込められている物質が壊されると開放される。それは、まず 「光の柱」 をとおって月に集められ、月が満ちると太陽に移され、その後 「新しい天国」 に呼び集められるという。いずれ光と闇のあいだに最終戦争がおき、そのとき、イエスが正邪をわける判事としてあらわれる。
 月と太陽に関する記述があったので、書き出しておいた。
 最期の記述は、露骨にキリスト教的である。マニ教には、いろんなイエスが登場する。

【マニ教の隆盛と衰退】
 折衷的な教義をもつマニ教は、相手の宗教を否定するのではなく、むしろ積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込んでしまうので、当時、イランの正統として確立していたらしいゾロアスター教は、議論をしにくく、徐々にその地盤を侵食されていったらしい。
 しかし、最終的にイランにおいてマニ教は衰退してゆく。世俗の政権の後ろ盾をもたなかったからだという。
 マニ教が拡大している時期、折衷主義は長所として機能するけれど、いざ衰退期になると、それぞれの宗教から異端とみなされ弾圧されるようになる。折衷主義という独自性のなさは、そのような宿命をもっている。

【中国のマニ教】
 694年、マニ教の教師(佛多誕)ミフル・オフルミズドが、はじめて唐の宮廷を訪れ、則天武后と会見してマニ教の信仰を説いて布教が許された。(p.70)
 祆教(ゾロアスター教:631年)や景教(ネストリウス派のキリスト教:635年)より遅い。
 マニ教は、バビロニア伝来の天文学と暦の知識が魅力となり、急速に拡大していった。それに怖れを感じた唐朝は732年に中国人の改宗を禁じる法令を出したという。
 758年に起こった安氏の乱を鎮圧することに功績のあったウイグル族の王ヤブク汗はマニ教をウイグルの国教とした人物であった。そこで、
 768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院大雲光明寺が建てられた。(p.71)
 長安以外にも、洛陽など揚子江流域に複数の 「大雲光明寺」 が建てられた。この時期、マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりであるという折衷説も取り入れられていたという。
 しかし、やがて・・・

【会昌の弾圧】
 中国各地でウイグルにたいする反感が吹き出し、ウイグル人の巣窟とみなされた各地のマニ教寺院が破壊された。842年から4年間続いた武宗による 「会昌の弾圧」 は、マニ教のみでなく、仏教をも含むすべての外来宗教を弾圧したものであったが、マニ教の受けた打撃は大きかった。
 仏教では、寺院4600寺が廃され僧尼26万5千人が還俗させられたので、「会昌の法難」 と称している。
(p.72)
 さすが中国。やることが派手である。会昌とは当時の年号のこと。
 この難を逃れたマニ僧は、福建の泉州に移り、秘密結社のようにして存続したらしいけれど、15世紀ともなると、マニ教は中国から完全に姿を消してしまったという。

                 <了>


 『マニ教とゾロアスター教』
http://d.hatena.ne.jp/itumadetabeteru/20081029
“マニ教の特徴は折衷主義的なところだそうだ。さまざまな宗教や神話のごった煮状態。
二元論だが、それはゾロアスター教の二元論とは違う。マニ教の場合は、世界は光と闇という二つの原理から成り立っていて、光は霊的なもの、闇は物質的なもの。だから当然、人の肉体という物質的なものも闇であって、結果、現世否定に至る。このあたり仏教の影響が感じられると著者は書いている。

マニ教の開祖マーニーの父親はアルサケス王族出身で、母親も王家につながる家の出とされる(つまりゾロアスター教の伝統を持つ人たち)。マーニーが生まれたのは216年で、4歳のとき父パテーグが酒、肉、女を断てという声を聴き、家族ともどもグノーシス主義のグループにはいった。バビロニア(現在のイラク南部)で生まれ育ったので、ユダヤ教的教養にも触れることができた。12歳のときにマーニーのもとに精霊が訪れ、新しい信仰への自覚を持つにいたる(若い…)。24歳のときに再び精霊が訪れて彼に伝道を命じたので、まず両親を改宗させ(!)、インドへ向かった。このとき仏教やヒンドゥー教の知識を得たのだろう、と著者は書いている。このインド遠征で仏教徒であったバルーチスタンの王を改宗させたそうな。
バビロニアに戻った彼は、サーサーン朝の王宮にまねかれ自らの思想を書いた書物を王に差し出した。「予言者が自ら教義書を書いたのは、史上彼がはじめてであろう」(P.27~28)(それだけでなく、マーニーは教団の形成も自ら行った)。マーニーは絵師であり医者でもあった。サーサーン朝の二代目シャープフル一世はマーニーを寵愛したが、これは王が彼の医師としての能力を買い、その思想を危険視しなかったからで、新宗教の教祖としての影響力はさほどでもなく、王の身内や貴族が何人か帰依した程度だった。王の死後、マニ教やそのほかの宗教の拡大を憂慮していたゾロアスター教の祭祀長キルデールは、王朝の後継者争いを期に発言力を増大させ、異端(キリスト教やユダヤ教、仏教、マニ教)の弾圧に乗り出した。もともとはあらゆる人々に開放された普遍宗教であったゾロアスター教は、このころ改宗を受け入れず、伝道活動もしないイランの民族宗教になっていたので、改宗をせまるキリスト教やマニ教は脅威だったのだ。
 
マーニーの宇宙観というのが複雑でおもしろい。最初にズルワーン(単に時をあらわす普通名詞)という「偉大な父」がいて、「闇の王子」の攻撃を予測したズルワーンが「生命の母」を呼び出し、この「生命の母」が最初の人である「原人オフルミズド(アフラ・マズダー)」を呼び出した(マニ教では性的関係に対するタブーから「産む」というとき「呼び出す」という言葉を使う)。オフルミズドは戦いに敗れ闇に呑み込まれる。これが第一の創造の物語。オフルミズドが助けを求めたのに応じるためにズルワーンは第二の創造を始める。まず「光の友」が呼び出され、ついで「偉大な建設者」が、救い出したオフルミズドを住まわせるための「新しい天国」を作るために呼び出される。その後「生ける霊(太陽神たるミフルヤズド)」が呼び出され、「生ける霊」は右手を伸ばし、闇に横たわるオフルミズドを引き上げ、新しい天国に連れて行く。
オフルミズドはこうして救われるが、彼とともに囚われの身となった光の元素は小さく砕け散って、多数の闇の眷属に呑み込まれている。これを救うために「生ける霊」と五人の息子たちは大戦争を起こす。このとき倒された闇の悪魔たちの死体から現世界がつくられる。その他の闇のアルコーン(位の高い悪魔)たちは鎖で空につなぎとめられた。救い出された光の元素のうちまだ汚されていないものから太陽と月がつくられ、少し汚されたものから星がつくられた。しかし約3分の1の光の元素は救い出されずに残った。

この残された光の要素を救い出すために宇宙には動きが与えられ、第三の創造がおこなわれた。ズルワーンはまず「第三の使者」を呼び出した(第三の創造では、このほかに「光の乙女」、「輝くイエス」、「偉大な心」、「公正な正義」が呼び出された)。
「第三の使者」は輝くばかりに美しく、その使命は男女の闇の「アルコーン」を誘惑して(「光の乙女」や、輝く肢体の若者の姿になって)彼らが呑み込んでいる光の元素を吐き出させることにある。
男の「アルコーン」が欲情して放出した精液の一部が水に落ち、巨大な海の怪物となるが、これは「生ける霊」の五人の息子の一人「光のアダマス」に倒される。
残りの部分は大地に落ちて植物になった。
女の「アルコーン」は地獄で胎み、流産して大地に五種の動物(二本足のもの、四本足のもの、飛ぶもの、泳ぐもの、這うもの)をつくる。
闇の側では、せっかく虜にした光の元素を取り戻されないように「物質」が「肉欲」の姿をとって、すべての男の悪魔を呑み込んで一つの大悪魔をつくり、同様に女の悪魔たちも一つの大女魔となった。
その両者によって、あこがれの的である「第三の使者」に似せてアダムとイヴがつくられた。
そのかたちをつくった物質には光の元素が呑み込まれている。したがってアダムは闇の創造物でありながら、大量の光の要素をもっていることになる

・・・・・・このアダムに・・・・・・「第三の使者」の化身である「イエス」が送られ、アダムにグノーシス(知識)を与えて覚醒させる。覚醒したアダムは・・・・・・物質の連鎖を断ち切ろうと禁欲を誓う。しかしアダムより少ないにしろ、やはり光の本質をもつイヴは、グノーシスを与えられなかったので、その理由を理解できず、「アルコーン」と交わってカインとアベルを産む。嫉妬にかられたアダムは、自らを抑えきれずイヴと交わり、セトが生まれた。かくして、人間の生命の営みが始まったという。
(P.35~36)
というわけで、物質的な(闇の支配下にある)この世界では、グノーシスをえた人びとによる戦いが続いている。いずれ最終戦争がおき、イエスが判事としてあらわれる。天地は崩れ落ち、物質的なものは消滅する。マニ教徒の使命とはすなわち、グノーシスを得て現世の救済に貢献することである。
 
マニ教の本拠地はバビロンだったがマニ教がめざましい発展をとげたのはシリアやエジプトなどの地中海沿岸地方だった。ローマ帝国では、その版図の大部分にマニ教が広まり、キリスト教を国教としなかったらマニ教が国教となっただろうといわれるほどだったそうだ。キリスト教化されたヨーロッパでもマニ教的二元論は連綿と生き残り続ける。アウグスティヌスはカルタゴで初期のマニ教と出会い、無頼の生活から抜け出す。
当時のカルタゴやアレクサンドリアでは宗教間の公開討論が一種の娯楽になっていて、キリスト教とマニ教の対決はとくに人気があった。アウグスティヌスもこれにひきつけられたが、キリスト教の司教アンブロシウスに出会い、論争よりも真の救いが重要だと気づき、改宗する。かえってマニ教に敵愾心を燃やすようになったアウグスティヌスはマニ教の欠陥を述べ立てたが、これが西欧におけるマニ教観に多大な影響を与えた。
 
750年にウマイヤ朝を倒したアッバース朝がイスラームのカリフ位を獲得し、その首都がバビロンに移される。三代目カリフのときにマニ教徒の弾圧が起こり、結局、十世紀ごろにはマニ教は中東世界から消滅する。
七世紀後半から8世紀前半にかけて唐に伝わったマニ教は、安禄山の乱(758年)の鎮圧に貢献したウイグル王の後ろ盾もあり、中国全土に広まった。
マニ教の教義はすでに各地で仏教や、ゾロアスター教、キリスト教の教義との混淆を深めていたが、この時期になると、さらに中国独自の宗教である道教の教義とも同一化されるようになった。マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりとみなされたりした。
(P.71)
しかし、ウイグル王が死ぬとウイグルに対する反感がマニ教寺院に向けられ、各地で破壊活動が起きた。福建の泉州に逃れたマニ教徒はこの地で秘密結社のような組織になったという。
マニ教経典は、一見仏教の典籍の一つのようにされ、一部のマニ教徒は道教の一派のように振舞っていたこともある。キリスト教の一派とみなされたことも多く、マルコ・ポーロが泉州であったと述べている「キリスト教徒」はじつはマニ教徒だったといわれる。

(P.72)
結局、中国のマニ教徒は十五世紀くらいには姿を消し、これによってマニ教は事実上消滅した。
””

サドカイ派が一番ユダヤ教らしい現世利益志向。ユダヤ教のメシアは現世利益を齎す政治的指導者。ユダヤ教は中国と同じく子孫繁栄などの現世利益用。エッセネ派とパリサイ派はユダヤ教ではなくゾロアスター教の変形。聖書アラビア起源説の資料。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
”マニ教はゾロアスター教とは相いれない教義です。
農耕は善で、子作りも善のゾロアスター教。
農耕は悪で、子作りも悪のマニ教。
なのでマニ教の神話では、光=善側は「生まれない」。「流出」します。

キリスト教が性に厳しく、二元論なのは、アウグスティヌスが元マニ教信者だったからでしょう。

マニ教概説・序説
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/mani-ri.html#top
”「マニ教」の項目でも述べているように、マニ教は何よりも「グノーシスの宗教」であり、その「基本的な教え」は、グノーシス的現存在姿勢から導かれていたためであるとも言える。様々な宗教の神の名や神話要素を、適合する形でマニ教神話に取り込み、「マニ教グノーシス主義神話」を構成するのがその特徴であるためである。

  マニ教は、グノーシス主義の反宇宙的二元論を前提にし、「光・霊・善」と「闇・物質=肉・悪」の二元論より成る。イラン型グノーシス主義の特徴として、これら二つの原理が、世界には原初のときより、並列して存在していたと教える。

--------------------------------------------------------------------------------

  ステージ1) 「原初の対立」 原初、「光の王国」と「闇の王国」があり、光の王国には「光明の父」または「偉大な父(ズルワーン=時)」が存在し、闇の王国には、「闇の王子=アフリマン(アングラ・マインユの中世ペルシア語形)」が存在した。闇の王子アフリマンは光の王国を垣間見て、光を我がものとしたいという欲望を抱いた。しかし、光明の父はかねてこのことあるを予見しており、予めに、「生命の母」を流出し、生命の母から「原人オフルミズド(アフラ・マズダーの中世ペルシア語形)」が流出する。

  オフルミズドは息子でもある五つの「光の元素」を武器に伴い、闇の王国にくだり、戦いを挑むが敗北する。彼は光の元素ともども闇に飲み込まれ沈む。オフルミズドは光明の父に救いを求め、光明の父はオフルミズドを救うため、「生ける霊ミフルヤズド(ミスラの中世ペルシア語形・太陽神)」を流出し、ミフルヤズドによってオフルミズドは闇から救い出される。しかし、彼と共に闇に飲み込まれた夥しい「光の元素」は、依然として闇に沈んでおり救われない。

  ステージ2) 「世界の起源」 この光の元素は小さく砕け散って、闇の神々=アルコーンたちに飲み込まれているため、生ける霊ミフルヤズドとその五人の息子は、闇の勢力と大戦争を起こし、多数のアルコーンたちを倒すと共に、光の元素を救済する。このとき倒された悪魔=アルコーンたちの遺骸から、地面や山々、天が造られ、「この世」が創造される。救い出された「光の元素」から、太陽と月が造られ、また十分に浄化されていなかった光の元素からは星が造られた。

  しかしなお、多くの光の元素の粒子が闇に飲み込まれているため、光明の父は更に「第三の使者」を流出する。第三の使者は燦然とした美に満ちあふれ、男の悪魔=アルコーンの前には素晴らしく美しい娘として姿を現し、女の悪魔=アルコーンの前には輝く手足の美青年として現れた。そのため、闇のアルコーンたちは誘惑され、欲情し、男のアルコーンは光の元素を含む精液を射精し、その一部は地上に落ちて、五種類の植物となった。他方、女のアルコーンは流産して光の元素を放出し、地上に五種類の動物を生み出した。

  ステージ3) 「人間の起源」 闇の勢力は、光の元素を取り戻されないように、光の元素を閉じこめた「物質の肉体」より、最初の人間、つまりアダムとヘーヴァを造った。二人は、自分たちの内部に「光の元素」が含まれていることに気づかないまま眠っていた。しかし、アダムたちに「グンーシス(叡智)」を教えて覚醒させるため、「第三の使者」の化身である「真実開示者イエズス」が地上に訪れた。開示者イエズスは、アダムに智慧を教えて彼を覚醒させる。

  グノーシスを得て覚醒したアダムは、物質の生殖の連鎖を断ち切るため、ヘーヴァとの性的行為を避けるが、ヘーヴァはグノーシスを与えられなかったので、アダムが禁欲する理由が理解できず、アルコーンと交わり、カインとアベルを生む。アダムは嫉妬に駆られてヘーヴァと交わってしまい、こうしてセトが生まれ、セトを先祖として、多数の人類が、この世に誕生した。

--------------------------------------------------------------------------------

  このようにして存在する我々人間は、闇の物質で造られた世界に生き、我々自身の肉体もまた闇の物質である。しかしアダムとヘーヴァを通じて、またセトを通じて、我々の内部には「光の元素の破片」がひそんでいる。この闇の世界から救済されるためには、我々は、「グノーシス」すなわちマニ教の啓示を知り、真実に覚醒し、内部の光の元素をまず月に、それから太陽へと帰還させ、最終的に「光の王国」へと戻さねばならない。

  マニ教徒は、グノーシス(智慧)を知り、闇のアルコーンの策略である「生殖行為」を避けねばならない。また光の元素を少量とは云え内に含む、人間以外の動物や植物を無用に害したり殺すことを止め、人間や生物の内部に隠されている「光の元素」を純粋に抽出して、光の王国への帰還を促進させねばならない。やがて、光と闇のあいだで「最終戦争」が起こり、物質の世界は滅び、光と闇の二つの原理は、完全に分離され、再び混じり合うことはない。これがマニ教の神話であり宇宙論であり、救済論、そして教義である。
(…)
  西方グノーシス主義(シリア・エジプト型グノーシス主義)は、生殖行為を絶対的に禁止したため、世俗的一般大衆への布教という観点から見れば、理念的で、永続しない教えであり、また知的選良だけに開かれた宗教だとも言える。これに対し、イラン型グノーシス主義の最高形態であるマニ教の信徒論は、おそらく仏教の出家信徒集団と在家信徒集団の二分構造から着想を得たのか、信徒を、厳格なマニ教の戒律に従い修行する「選良者」集団と、緩やかな戒律のもと世俗生活を送りつつ、選良者たちの生活を支える「聴講者」集団の二重構造とすることで、「世代に渡り持続するグノーシス主義宗教」を実現した。

  宗祖マニは、預言者であり使徒であったが、同時に巧みな教団組織者であり、彼はマニ教の教義と神話を「福音書・教典」を著すことで明らかにしつつ、同時に、増大する信徒の数に応じて、その共同体を律する組織編成原理をもみずから構築した。「選良者」と「聴講者」の関係は、キリスト教の「修道士」と「平信徒」の関係に似ているとも言えるが、根本的に異なるのは、キリスト教の修道士は、みずからの修道共同体のなかで、生産活動を行い自給自足したという点である。マニ教の「選良者=修道士」は、その宗教の本来の教えの通り、生殖行為を行なわず、かつ物質的生産活動を一切行わないという原則で律せられていた。

  マニ教の選良者(完全者)=修道士は、仏教の出家僧と同様、物質的生産活動には従事せず、従って彼らが生存を続けるに必要な一切の物資は、在家信徒である聴講者からの「布施」によってまかなわれていた。マニ教の修道院は、キリスト教のそれと似て、様々な精神活動・信仰生活のための施設を備えていたが、農業・畜産を含め、生産のための施設、また例えば食料貯蔵庫の役割をする倉庫などは備えなかった。衣食住のための物資的基盤は、在家信者である聴講者が、日毎に修道士に布施を通じて提供したのである。

  マニ教の選良者と聴講者は、一方は霊的な修行に励み霊的慰めを聴講者やその他この世の人々・生命にもたらすことを使命として他方と区別された。選良者は男女共に、「白い衣服」をまとい、それ故、マニ教徒は「白装束」とも呼称された。マニ教の聖職者階級は、選良者のなかから選ばれ、マニの後継者と見做される「教長」を頂点に、その下に、三段階の聖職者組織があった。最上位には、キリストの十二使徒に倣った十二人の「教師」がおり、更にその下に、七十二人の「司教」、その下に三百六十人の「管理者」がいて、マニ教教団の組織運営や布教に当たった。これ以下の一般修道士は男女共になれたが、上級聖職者であり定員の定まっている以上の三段階の聖職者職は、教長も含めて男性だけがなれた。

  マニ教信徒には当然のことながら「戒律」が定められていたが、それは目的とするものは同じでも、選良者と聴講者ではおのずから異なるものであった。無論、前者の戒律はきわめて厳しかった。しかし、選良者たちは、この厳格な戒律を喜びを持って遵守したのだということも重要である。修道士に課された五つの戒律は:

      マニ教選良者(修道士)の五つの戒律

  「真実の戒律」 偽りを述べ実践してはならない。真理とは開祖マニの福音であり、マニ教の教えに敬虔に真摯に従順であらねばならない。

  「非殺生・非暴力の戒律」 動物や植物を傷つけ殺してはならない。この戒律の故に、マニ教修道士は生産活動に一切従事できなくなる。麦を収穫すれば、それは麦を傷つけることになるからである。(この戒律の神学的根拠は、物質の微妙な混合体の内部に閉じこめられた「光の破片」が、収穫の際に必要となる作業が齎す「暴力」によって傷つけられるためである。光の元素は適切な方法で回収されねばならなかった)。

  「貞潔の戒律」 マニ教の教えからして性的行為は禁じられる。マニ教の選良者は、男女共に独身である。また物質である肉体の快楽は、光の霊の解放を妨害するためのアルコーンの策略であるので、肉体的快楽の回避、節制、断食等を守らねばならない。

  「食物の戒律」 肉・醸造物(ワイン・ビール)・乳製品を食してはならない。これらの食品を製造するには、原料に含まれる光の破片を損なう過程が含まれるからである。選良者は(また聴講者も)「菜食」を基本とする。

  「清貧の戒律」 修道士は「無所有」を原則としなければならない。これはイエズスの説いた清貧の理想であり、「所有物」とは物質の「この世」のものであるので、それは不要である。



  修道士つまり選良者の義務は、宗祖マニに倣って、世界中を放浪し真理の福音を伝道して行くことにあった。従って、修道士は定住者ではなく、仮に一箇所に長く住んでいたとしても、神または上長の命令があれば、ただちにどこへでも伝道の旅に赴く必要があった。それに対し一般信徒つまり「聴講者」は、通常は定住者であり、結婚し、家族と共に生産活動に従事して暮らすのが普通であった。しかしこの二つの信徒の区別は、相互補完的であり、一方が他方に対し絶対的に優越するというような関係ではなかった。それぞれは、光の救済というマニ教の使命において、異なる役割を果たしたのである。

  一般信徒つまり聴講者の守るべき信徒義務行為は五つに分かれていた。これはイスラーム教の「五柱」つまり「信仰告白・祈祷・喜捨(ザカート)・断食・巡礼」と極めて類似しているが、マニの称号「預言者の印璽」を、ムハンマドもまた名乗ったように、本来、マニ教の宗教体系よりイスラーム教が模倣し受け継いだものである。マニ教聴講者の五つの義務は:

      マニ教一般信徒(聴講者)の五つの義務

  「戒律(十戒)」 第一戒の「偶像崇拝の禁止」から「選良者への尊敬」等、選良者=修道士の「五戒律」に当然ながら前提されていた戒律を含め、選良者の五戒とほぼ同等の内容。ただし生産活動や生殖行為が可能なように、緩やかさを持った戒律。例えば、妻は一人で、心より愛さねばならず、断食のとき等、重要な場合には、性的行為は避けること、等。

  「祈祷」 在家の信徒である聴講者は、一日に四度の祈祷が厳密な手順で定められていた。日中は「太陽」に向かい、夜間は「月」に向かい平伏して祈った。また太陽も月も見えない場合は、光の王国のある北の方向、あるいは北極星に向かい祈祷した。

  「布施」 在家信徒の布施は、修道士の「清貧」戒律に対応するものだと言える。聴講者は家族と生活する以上、無所有では生活が成り立たない代わり、収入の十分の一または七分の一を、選良者やその共同体に贈与することで、この世でのマニ教徒としての義務を全うした。この布施によって、清貧かつ生産活動を一切行えない修道士は生活することができた。またマニ教の教会組織も、これによって成立した。カトリックの十分の一税と類似するが、中世カトリックのこの制度は宗教的搾取の税であり、世俗領主の課す税と内実的に何ら変わるところがない。それに対し、マニ教の「布施」は、教会やその選良者信徒にとって真に必要な世俗的物資であった。無所有・清貧が理想であったので、喜捨は信徒にとっても望ましいことであった。

  「断食」 物質から離れることを宗旨とするマニ教においては、断食は極めて妥当な宗教義務であった。週ごとの断食は太陽の日、つまり日曜に行われ、この日は、聴講者も修道士と同等の生活を送ることとなった。また年間の断食があり、「ベーマ祭」に際しての断食がもっとも重要であった。(イスラームの断食月ラマダーンは、マニ教のベーマ祭断食月の模倣と云うべきである)。

  「懺悔」 聴講者も選良者も、週ごとの懺悔と年間の懺悔を義務としていた。聴講者は週ごとに、選良者の元で、戒律を守らなかったこと、罪などを誠実に告白した。マニのこの地上での最後の日を記念するベーマ祭前の三十日間の断食の終わりの懺悔は集団で行われ、この儀礼によって、過ぎ去る一年間の罪が赦された。


  マニ教の祭礼や祭日は、キリスト教より導入されたものを含め、複数があったが、なかでも、もっとも重要なのは、「ベーマ祭」の典礼であった。ベーマとはギリシア語で「座」を意味し、ベーマ祭礼のときには、誰も座ることのない椅子の座が準備された。ベーマ祭礼は、春分とマニの殉教を記念し、祭礼の最後の日は、マニの魂がこの世界から離れ、光の国へと昇天して行った日に当たっていた。準備された空のベーマ(座)には、この日、マニの霊が宿ると信じられた。


--------------------------------------------------------------------------------

[TOP] [BACK] [NEXT]
 マニ教の終焉と位置付け 

  マニ教はすでに述べたように、グノーシス主義宗教であり、東方型(イラン型)グノーシス主義の典型的世界宗教であった(「イラン型」「シリア・エジプト型」という区別や、「グノーシス主義」の概念については、本サイトの「グノーシス主義基本用語集」の「ヘレニク・グノーシス主義」の項目を参照)。マニ教グノーシス主義は、世俗的生活を行い、生産活動や生殖行為も行う「聴講者」信徒のクラスと、専らマニ教の宇宙観・救済論に従い、霊的生活に専念した「選良者」信徒のクラスの二つの集団で教団を構成することにより、互いに補完的な構造を造ることで、永続する宗教共同体を構築することに成功した。

グノーシス主義宗教の固有の特徴として、「教えの神髄」は、外的な構成神話の内容にではなく、「反世界的な二元論」と「救済されるべき光の霊」そして「救済者の啓示」という、グノーシスの構成要素こそが本質だということかも知れない。

  マニ教は、どの宗教と出逢っても、相手の宗教が神聖なものとして崇敬・保留する神の名や、信仰神話を勝手に内部に取り入れて、独自の解釈と意味付けを与えるというグノーシス主義宗教の特徴を遺憾なく発揮している。そのため、成立の故地イランにおいては、民族宗教ゾロアスター教の「異端」として迫害され、地中海世界では、キリスト教の「異端」として、これも迫害された。七世紀にイスラーム教が成立して後は、マニ教が教化した広大な地域に、マニ教の伝統を逆に利用してイスラームの布教が行われたというのが、より事実に近いにも拘わらず、イスラーム教側からも「異端」の誹りを受ける。ヒンドゥー教からも仏教からも「異端」とされた。これらは、マニ教が他のグノーシス主義宗教と同様に、既存の宗教や哲学の用語・固有名・概念を援用して、その「創作神話」を構成するという処からおそらく来ている。
””

⓵「事実と意見を区別」
②「思う、感じる、感情表現の禁止」を守れば論理的文章がすぐ書ける!←そんなことより 「丸に十字」「人型の十字架」「エプロン」のマンダ教だ! 青木健『古代オリエントの宗教』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-115.html
”・マーニー教は、マンダ教徒が最終的に定住したメソポタミア南部よりティグリス川を北へ300キロほどさかのぼったメソポタミア中部において、マンダ教に百年ほど遅れた三世紀前半に誕生した聖書系宗教である。
三世紀の段階では聖書ストーリーが伝播した東限がメソポタミア。

マーニー・ハイイェー(216~277年)はイラン系のパルティア王家の血統をひく(とされる)ものの、幼少期から、ユダヤ・キリスト教系の洗礼教団に属した。
出身母体がユダヤ教の聖法とイエスの救世主性を同時に承認するタイプのエルカサイ教団である。
マニはササン朝ペルシアの首都クテスィフォンで「真のキリスト教」として開教する。
マニ教とは他の宗教による蔑称である。
マニにとってのパウロは、アダム、セト、エノシュ、シェム、エノクに等しい真理の啓示者であった。パウロ以外は天使的存在を介して真理を受取った。対してパウロはイエス本人から直接真理を啓示された。
 
マニは、重層的なイエス論を構築し、「~のイエス」は六つを下らない。マニ教には一般にグノーシス主義的と言われる神話構造があり、別々の役割を担っている神話の登場人物にイエスの名を次々に当てはめていく。
遍在して何役もこなし、それぞれの役柄の整合性があまりとれていない点においてマニ教でのイエスはヒンドゥー教のシヴァに近い印象がある。
マーニー教はマンダ教と同じく旧約を否定するのでアダムの原罪はありえない。

マニ教神話では世界の原初はエデンの園の楽園追放ではなく、光の父から派遣された原人が闇の種族との戦闘にやぶれて捕囚された敗北の瞬間からはじまる。
光の父は原人を救出するために、生ける精神を派遣し闇の種族と戦い、首尾よく宇宙を創造して闇全体の封印に成功する。しかし闇の種族はアダムとイブを反対創造し、その中に捕虜にした光の要素を逆封印した。こうして光の要素は人間の肉体に捕えられ、本来の故郷を見失ったまま増殖して、闇の種族とともに暗黒の中を彷徨うべく運命づけられている。
このようなグノーシス的神話構造を採る場合、忘却された天上界のドラマを地上に伝え、人間存在の真意を人類すべてに明かすグノーシス(認識、叡智)を齎す存在が不可欠。捕囚されたままの眠った旧人に対し、使徒からの啓示を受けて真の自己に気づいた人間だけが覚醒した新人に進化できるのである。
グノーシスをもたらす役割はマンダ教では聖書の脇役であるアベル、セト、エノシュ、洗礼者ヨハネなどであり、
マニ教では旧約のモーセを否認し、ザラスシュトラ、ブッダ、イエスなどが使徒たちであるとされている。

歴史上パレスティナ以東の宗教が地中海世界に大規模に流入したケースは、
2~4世紀にローマ帝国で大きな勢力を保ったミトラ教と
4~5世紀に興隆したマニ教の二つのケースのみである。

マニが24歳のときにペルシア皇帝への献呈を前提として執筆したパフラヴィー語文献『シャーブフラガーン』の中では、マーニー教の最高神格「光の父」が時間の神ズルヴァーンに、
原人が善の神オフルマズドに、
闇の王が悪の神アフレマンに改称され、外見上はイラン系宗教に見えるように粉飾されている。
こうも簡単に置換されてしまう事実は、マニ教では「構造」が重要であり、布教のためならイエス論ですら代替可能であるというマニ教理解に一定の根拠を与えている。

(マニ教が布教したいのは
①イエスの絶対性
②グノーシス主義の二つであり、
②グノーシス主義が最優先事項なのでしょう。
「グノーシス主義=二神論=実質的多神教」こそが真のキリスト教であり、
「悪魔を産んだくせに最善(笑)の唯一神」教は、真のキリスト教ではないと考えていたということです。

ねこた(ツイッター閉店中) ‏@lakudagoya 2015年5月3日
みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから

ねこた(ツイッター閉店中) ‏@lakudagoya 2015年5月2日
「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」が面白かった!マニ教の本買わなくても内容がわかるよ。http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4797.html …

マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 第一話 メソポタミアで逢った、ような・・・
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4797.html)”


マニ(マーニー)
http://www.y-history.net/appendix/wh0101-142.html
"3世紀のササン朝ペルシアでマニを創始した宗教家。弾圧されて獄死した。
 3世紀頃、ササン朝ペルシアの時代にバビロニア生まれの教祖マニ(またはマーニー)が、ゾロアスター教をもとに、キリスト教や仏教の要素も取り入れて折衷した新宗教。マニはシャープール1世には保護されたが、次のバフラーム1世によって処刑された。ゾロアスター教を国教とするササン朝のもとでは、その後もマニ教は厳しく弾圧された。

マニの生涯
 マニ(マーニーとも表記される)はササン朝ペルシアの時代のイラン人。216年4月14日、メディアのハマダーンで、パルティアの王族(つまりアルサケス家)につながる父パテーグの子としてバビロニアに生まれた。父はキリスト教グノーシス派の洗礼者教団に加わっていたいたので、マニもそのような教養のなかに育った。
マニ教の創始 マニは12歳の時、双子と呼ぶ聖霊の訪れを受け、新しい信仰への自覚をもつにいたったという。24歳のとき、ふたたび聖霊の啓示を受け、インドに旅をして仏教なども知ることとなり、新しい宗教マニ教を創始した。それはゾロアスター教の善悪二神の対立を基本とし、種々の神話やキリスト教、仏教の要素などを採り入れた折衷宗教であるが、
霊と物質の対立というギリシア的要素も加味され、悪に属するとされた物質世界の未来をきわめて悲観的に考えた。
シャープール1世の保護 バビロニアに戻ったマニは盛んに伝道活動を行ううち、ササン朝のシャープール1世の弟を改宗させ、その推薦でクテシフォンの王宮に招かれた。その時マニは自ら教義を『シャープーラカーン』と呼び中世ペルシア語の書物にまとめ、王に差し出した。預言者が自ら教義書を書いたのは、史上、マニが最初であったろう。シャープール1世自身もマニ教に帰依したと言われるが、それを示すはっきりした証拠はない。
マニの医学的知識が重用されたことは確かで、遠征にしばしば同行した。

積極的な伝道 
世界に教えを広めることを自らの使命と考えたマニは、生前すでにローマ、エジプトや中央アジアなどの異民族のもとへ伝道団をおくり、聖典の翻訳も進めた。この伝道は成功したが、同じように伝道を行っていたキリスト教教団と各地で対決することとなった。
弾圧と獄死 
ゾロアスター教の祭司団は、マニの成功に危機感を強めた。その祭司長で王宮でも隠然たる力を持っていたキルデールは、マニの排除を劃策したが、シャープール1世の生存中は成功しなかった。272年、シャープール1世が亡くなるとマニは伝道に専念しようと王宮を辞したが、ギルデールは王位継承にも介入して、意のままになるワフラーム1世を立てて、マニの行動にさまざまな弾圧を加えた。マニはワフラーム1世に迫害の中止を訴えたが、王は「お前は歓迎されていない」と冷たい言葉を発し、訴えを取り上げないばかりか彼を捕らえて投獄した。マニは26日後の277年2月14日に獄死した。その時マニは重い鎖をつけられたとか、死刑になって体を二つに切り離されたという説もある。しかしトゥルファンから出土したパルティア後の文書に、彼はかなり自由に信者と面会したと伝えられており、刑死したとは考えられない。<山本由美子『マニ教とゾロアスター教』1998 世界史リブレット p.13 同書では、マーニー、シャープフル1世、サーサーン朝と表記している>

マニ教

3世紀のササン朝ペルシアでマニが創始した、ゾロアスター教と仏教、キリスト教を折衷した宗教。地中海世界、中国などにも伝えられ、影響を与えた。

ヘレニズムの環境
 マニ教はゾロアスター教・キリスト教・仏教を折衷し、初めから世界宗教として成立した。そのような新しい宗教が成立した3世紀の世界は、ヘレニズム的な環境が色濃く残っている時代であった。マニ教の直接的な母体となったグノーシス派はプラトンやアリストテレスなどのギリシア哲学の思弁法とユダヤ教の世界観が結びついたものであった。キリスト教も同様な背景をもっており、当時のこの二つの宗教は同等の重みで存在していた。
 ヘレニズム的環境とは、多様な文化が共存し、他の人々の信仰や生活慣習には介入しないという、寛容な環境であり、そのような環境でマニ教のような折衷宗教が現れることは不思議ではない。

(引用)歴史的にはこのような寛容さは普通のことであった。政治的権力の変遷が、民族構成の変化を意味することはきわめて多かったにもかかわらず、異なる民族が共存するのは当然だった。支配者と民衆のあいだで宗教が異なることもしばしばあったが、支配者が自らの宗教を押しつけることはほとんどなかった。<山本由美子『マニ教とゾロアスター教』1998 世界史リブレット p.24>

 世界史を学ぶなかで、このようは「ヘレニズム的環境」が普通だったことを知ることは、重要
なことではないでしょうか。以下、山本女史の書物をもとにまとめます。( )のなかは引用者のつぶやき。

マニ教の教義
 マニ教の教義とその宇宙観は、基本的にはゾロアスター教の二元論をもとにしているが、グノーシス主義(ヘレニズム世界で流行した神秘思想。プラトンやピタゴラスの哲学をもとに「隠された真の知識」を意味するグノーシスを知ることで救済されると説く)の影響を受け、宇宙を霊的な光と物質的な闇の対立とする。そして物質や肉体を嫌悪するという現世否定は仏教の影響と考えられる。さらに壮大な宇宙草創物語が語られ、光と闇の闘争は最終的にイエスが登場して救済されるというキリスト教に結びつく。と言う具合で、とても短文ではまとめきれない教義を展開しているが、要するにゾロアスター教・グノーシス主義・仏教・キリスト教を折衷した宗教であるということを知っておけば良い。(現代の新興宗教で言えば、「○○の科学」と言ったところか。)

マニ教の戒律
 徹底的に現世を否定するマニ教徒は、現世ではどのように生きていけば良いか。それはマニの示す戒律を守ることとされた。マニは「人間には自分のなかの救われるべき本質を自ら救わなければならないという使命がある」として、
不殺生・肉食を慎む・酒を控える・性的な禁欲・無所有の五戒を勧めた。具体的には、五感を抑制するため白い衣服を身につけ、一日一食の菜食主義、週一度の断食、一日4~7回の祈祷、信仰告白、洗礼(水は使わない)などを守った。
マニ教最大の祭りはベーマ祭といい、年末(春分の頃)行われるマニの死を記念し手行われる。ベーマとはマニが降臨すると信じられた玉座のこと。信徒は平信徒(聴聞者)と「選ばれた者」(アルダワーン)に分かれ、厳格な信徒集団を作っていた。(日本で時々現れる白装束の集団がマニ教徒であるかどうかは、知りません。)

マニ教団
 マニはササン朝のシャープール1世の王宮に迎えられ、保護されたが、王自身はゾロアスター教であったので、マニ教が公認されたわけではない。マニ教の急速な発展を脅威と捕らえたゾロアスター教祭司団によってマニは獄死した。マニは生前に自ら聖典を書き、弟子も多かったので、その死後、バビロニアを中心にマニ教団が成立した。しかしササン朝の中心部では布教が禁止されたため、彼らの布教活動は周辺に向かった。説くに西方のローマ帝国領内のシリアやエジプトでは盛んに布教が行われ、北アフリカのカルタゴまでおよんだ。

マニ教とローマ帝国
 ちょうどそのころ、キリスト教もローマ領内で布教活動が行われていたので、当初、ローマ帝国はこの両宗教を同じような危険な宗教と捉えて、たびたび弾圧した。ローマ皇帝ディオクレティアヌスは、キリスト教徒ともにマニ教も弾圧した。297年、エジプトに「反マニ教宣言書」を送り、焚書や信徒、教師の死刑、財産没収、強制労働を命じている。ローマ帝国がこれだけ厳しく弾圧しようとしたのは、それだけマニ教の布教が広がっていたことを示している。その痕跡は、マニ教教典はギリシア語に翻訳されており、現在もエジプトのキリスト教徒コプト教会にはコプト語のマニ教聖典が伝えられているところにもみられる。

Episode マニ教がローマ帝国の国教に?

(引用)当時のマニ教の隆盛ぶりは、ローマ帝国がキリスト教を国教としなかったとしたら、マニ教が国教となっていただろうといわれるほどであった。ローマ帝国でキリスト教が公認され国教となってからは、マニ教は異端の一つとしてあつかわれ、排斥された。しかしマニ教的な思考法、その魅惑的な神話群は人々を魅了しつづけ、キリスト教化されたヨーロッパにおいてもその影響を受けた二元論は連綿と生き続けた。<山本由美子『同上』 p.34>

(マニ教がローマの国教になるかもしれなかった、なってもおかしくなかった、という指摘は斬新な響きがあります。)

マニ教の伝播
 ゾロアスター教はイラン人以外の民族にはひろがらなかったが、マニ教はキリスト教や仏教の要素も取り入れた世界宗教的な教義を持っていたので、他の民族にも受容しやすかった。
キリスト教への影響 西では西ローマ時代のカルタゴの教父アウグスティヌスも一時その信者となったことは有名である。アウグスティヌスは若い頃にマニ教の信者となったことを、その主著『告白』で述べており、そこからキリスト教の信仰に転じたことから「神の国」の理念を作り上げた。  中世のキリスト教でもマニ教の影響は強く残っており、カタリ派などの異端も生み出した。マニ教と同じく5~6世紀のササン朝ペルシアにおいて、ゾロアスター教から分かれた新興宗教にマズダク教がある。
東方への伝播 イラン系民族であるソグド人は、サマルカンドなどを拠点に中央アジアのオアシス地帯で早くから交易に従事していたが、そのソグド商人の商業活動によってマニ教は広く東西に伝えられ、イラン人以外にも広がった。
 中国では7世紀末の唐の則天武后の時にマニ教が伝えられた記録があり、さらに安史の乱が起きると、援軍として入ったウイグル人がマニ教をもたらした。ウイグルがマニ教を国教としたので、唐代の中国に広がり、「摩尼教」と言われようになった。長安の都にはネストリウス派キリスト教の景教、ゾロアスター教の祅教とともに三夷教といわれ、かなりの信徒がいた。しかし、9世紀になるとウイグルがキルギスに敗れて後退すると、中国の摩尼教寺院も破壊されるなど、次第に衰え、843年の唐の武宗の会昌の廃仏の際に、摩尼教寺院も廃止された。

Episode マルコ=ポーロが遭ったキリスト教徒
 中国の摩尼教は難を逃れた一人のマニ僧によって福建の泉州に伝えられ、一種の秘密結社のようなかたちで存続していた。しかし、摩尼教としてではなく、仏教や道教、ある場合にはキリスト教の一派のように振る舞ったようで、マルコ=ポーロが泉州で遭ったという「キリスト教徒」とはじつはマニ教徒だったといわれている。その後中国ではマニ教は全く姿を消した。
 中央アジアではウイグルの勢力が衰えた後も、サマルカンドやトゥルファンなどのオアシス都市で信徒が残っており、彼らが遺した壁画や教典が発見されている。壁画のなかでマニ教徒だとわかるのは、剃髪しておらず白い衣服を身につけているからである。13世紀ごろまでにはマニ教の痕跡はまったくなくなり、イスラーム化の勢いが強かったことを示している。<山本由美子『同上』 p.72> "



Werner Sundermann, ‘MANICHEISM iv. MISSIONARY ACTIVITY AND TECHNIQUE ’
「マニ教 iv 伝道活動と技法」

http://www.iranicaonline.org/articles/manicheism-iv-missionary-activity-and-technique-

MANICHEISM
iv. MISSIONARY ACTIVITY AND TECHNIQUE
The main primary sources on the beginning of Manichean missionary work are the Cologne Mani Codex…
The Manichean Missionary History, strictly speaking, consists of Middle Persian, Parthian, Sogdian, and Old Turkish fragments of a hagiographic description of the beginnings of the missionary journeys of Mani and his first disciples…. These texts are parts of a comprehensive hagiographic and homiletic description of Mani’s life and the beginnings of the Manichean church preserved in Middle Persian, Parthian, Sogdian, and Old Turkish and also in the Third Coptic Homily…
The beginning of Manichean missionary activities. Hardly any other religion has undertaken its missionary activities with a view to winning the world for the truth of its faith in a better designed and more systematic way than the Manichean church. According to its hagiographical tradition, as attested in the CMC… and in Ebn al-Nadim’s Fehrest…,
the missionary work is based on a command given to Mani by his Sysygos (spiritual Twin) when he had completed his 24th year of life. According to the CMC, the command was: “You have not only been sent to this religion [of the Baptists], but to every people, every school, every town and place; for [by you this] hope will be explained and proclaimed in all [zones] and regions [of the world]. [Men] in great numbers will accept your word. So step forth and walk about; for I shall be with you as your helper and protector at every place where you are proclaiming all that has been revealed to you. So do not worry and do not be distressed” ….
Therefore, the worldwide mission is inseparably tied with the separation of Mani and his followers from their paternal, Elkhasaite community and with the foundation of the Manichean church. What really happened is that Mani himself came to be the first missionary of his community.
The time of Mani’s first public appearance was connected by the Manichean tradition with one of the coronations of the Sasanian king Šābuhr [Šāpur] I (r. 241-72) which is dated, on the strength of the Manichean dates, to 18 or 19 April 240 …. This synchronism may reflect more or less exactly the actual time of the beginning of the Manichean world mission.
Characteristic methods of the Manichean missionary activities. Three main methods of Manichean missionary work can be distinguished.
The first was the recourse to already existing diaspora groups of Mani’s paternal Elkhasaite community.
The second method was to turn first to the ruler of a territory or to members of its ruling class, in order to win them over or get their permission to conduct a mission among their subjects. The first method was naturally restricted to the beginnings of Manichean history and to areas where pockets of baptists had settled. The second method, even if it failed often enough, yielded Manicheism’s best gains. There was also a third method: Christian polemicists in the Roman world report that in the 4th century Manichean preachers liked to attract the attention of the general public by making spectacular appearances in the forum, in public baths, in front of the Christian churches, etc. (Brown, 1969, pp. 100-101). Such actions were meant to attract people by public disputes but bore the risk of involving the preachers in arguments with representatives of the naturally hostile clerical or secular authorities, and sometimes also with philosophically trained opponents like St. Augustine (354-430). The outcome was therefore often doubtful, as in the case of the discussion of the Manichean electa Julia with the Christian bishop Porphyrios of Gaza (346-420), as reported by Marcus Diaconus (Burkitt, 1925, pp. 8-11). Evidently, women too played their part in Manichean missionary activities (Scopello, 2001). …
In Rēw-Ardaxšihr, Mani stayed with the local baptists, the adherents of his paternal community. Thus, Mani evidently followed the method of St. Paul who on his missionary journeys used to turn first to the Jewish communities in the diaspora and then to the gentiles (Tardieu 1994, p. 69).
…Mani cannot have been the first Manichean teacher to preach his gospel in Parthia. At an earlier time, he had sent his disciple Mār Ammō to that region. So Mani may have gone to the northeast of Iran in order to support Ammō’s work. The Parthian fragment M 502d may possibly be understood to describe Mani’s stay in Marw (Sundermann, 1981, pp. 124, 126).

Palmyra became, it seems, the pivot of further Manichean missionary work in Roman Syria and perhaps further afield in the Arabian peninsula and in Egypt. This is documented by a unique fragment P 15997, still preserved, of the Coptic church history, edited by M. Tardieu (1992, pp. 15-24). The text relates that at the court of queen Thadamor (i.e., Palmyra), the teacher Abiēsou (Syr. Abī-Yešūʿ) installed himself and enjoyed the protection of the queen, which must have been after Addā had first missionized in Palmyra. Abiēsou then sent (according to Tardieu) the deacon (bishop) Sēthel and Abizaxias to an unknown place, “the tower of Abīran.” There they attracted the attention of “Amarō, k[ing of the sons of La]him,” who treated them in a friendly manner and allowed them to stay in his realm.

Manicheism in Arabia. The emergence of Manichean communities among the Arabs already in the third century is proved by a letter of Mani to (Syr.) Ḥaṭṭā (Ar. al-Ḵaṭṭ), on the coast of either Oman or Bahrain or a particular settlement in the gulf of Bahrain…. That Manicheism went further on to the Arabian peninsula, up to the Hejaz and Mecca, where it could have possibly contributed to the formation of the doctrine of Islam, cannot be proven. A detailed description of Manichean traces in the Arabian-speaking regions is given by Tardieu (1994).
Missions to Egypt. It is certain that Manicheism spread in Egypt already in the 3rd century CE ….
Addā was not the first missionary to have reached Egypt. Before him, Papos was there, and he arrived no earlier than 244 (following Puech, 1949, p. 134, n. 191). But the claim that Papos was the first to missionize in Egypt may have concerned Upper Egypt only. In the view of Tardieu (1982), Addā’s mission to Egypt was the final part of his western journey. Before that, he had successfully worked in Palmyra, and, when in 268 CE queen Zenobia started her invasion of Egypt, Addā joined her army. He arrived in Alexandria in the first months of 270 (pp. 9-10). Already ca. 285-90 the letter of a Christian bishop preserved in the papyrus Rylands 469 warns of the Manichean heresy, and about 297 the Roman emperor Diocletian (r. 284-305) ordered its persecution (pp. 10-11). The Manichean headquarters in Alexandria was closed down, and Manicheism found a new home and a publishing center in Aṣyuṭ and Hypsēlē, where the pressure of the political and clerical authorities on the “Persian” sect was less oppressive than in the north (pp. 12-13). Thus, the Sub-Akhmimic dialect became the language of Manichean literature in Egypt.

Manicheism in Africa beyond Egypt and in Europe. Manicheism must have penetrated North Africa beyond Egypt already in the 3rd century, because the anti-Manichean decree of Diocletian (issued probably in 297 CE) was addressed to Julianus, the governor of Africa Proconsularis (present-day Tunisia and Libya). The great name of Manichean evangelism was Adimantus, who is reported to have written a polemic treatise against Moses and the other prophets of the Old Testament. As early as St. Augustine, he was identified with Mani’s disciple Addās, and this opinion is now largely accepted…
The methods, means, and limits of the Manichean missionary technique in the western part of the late Roman empire have been retraced in an exemplary way by Brown (1969, pp. 92-103). Manicheism must also have advanced into Italy and certainly to other parts of western Europe, which is proven by the presence of Manicheans and their high¬-ranking sympathizers in the city of Rome in 383/84 CE, when Augustine lived there (Brown, 1967, pp. 69-70).
St. Augustine encountered Manicheism in Carthage and Hippo Regius in the 370s, and he confessed later that he had been its lay follower for nine years. He became the determined adversary of the Manicheans and competed with the most ardent propagators of Manicheism in North Africa, the bishop Faustus, the presbyter Fortunatus, and Felix “the doctor,” in public disputations in 392 and 404 …. St. Augustine’s activities essentially contributed to the decline and disappearance of Manicheism in North Africa at the turn of the 4th to the 5th century.
A mission to Armenia? …
the story of a spectacular conversion after the marvelous healing of a young girl is also an old, familiar motive of the Manichean hagiography…
and the existence of a Manichean community in Armenia already in the 3rd century is proven by Mani’s “letter to Armenia”

Manicheism in Byzantium. We simply do not know by whom, when, and by which route Mani’s gospel was taken to Asia Minor and to Byzantium, which from 330 CE was the capital of the Roman empire. We can only state that by that time Manicheism was already present there, more or less tolerated until the end of the 4th century and even supported by adherents and sympathizers in the ruling class, such as the dux, comes, and magister peditum Sebastianus (d. 378) who was supposed to be a Manichean auditor…; the pagan rhetor and literate Libanius (d. 393?), who intervened in favor of the Manicheans (de Stoop, 1909, p. 70); and also the liberal Christian comes, proconsul, and praefectus praetorio Strategius Musonius (d. 371) who informed and advised the emperor Constantine the Great (r. 305-37, sole ruler from 324) on Manichean affairs. All these personalities have a Syriac background (Brown, 1969, pp. 96-97), and that points to Syria as the immediate starting point of the Manichean mission to Byzantium.
In the late 4th century, a leading figure of Manicheism in Asia Minor seems to have been Agapius the “doctor,” known to us through Photios (d. ca. 900) as an exegete who tried to outwardly adapt Mani’s doctrine as much as possible to the Christian dogma. An oeuvre of 23 volumes is ascribed to him (de Stoop, 1909, pp. 66-69). Manicheism advanced beyond the capital Byzantium to the Balkans, where it is attested by a tombstone in Salona (in Dalmatia, near present-day Split, Croatia) which dates, according to F. Cumont, about 300 CE (see Adam, 1969, pp. 106-7).
Missions to northeastern Iran and Central Asia. According to the Manichean Missionary History, Mani sent from Ḥulwān (MPers. hlwn), a town at the western fringe of the Iranian plateau, on the way from Ctesiphon to Parthia, a group of missionaries under the teacher Mār Ammō and a prince Ardavān to Abaršahr, that is, Khorasan …. Ammō was familiar with the Parthian script and language, which may have made him fitter than others for that task. Ammō is regarded as the founding father of the particular East Manichean church later known as the community of the dēnāwarān (see DINĀVARIYA), and he paved the way farther east to the territory of the Uighurs, where Manicheism was to gain its greatest missionary success in their conversion.
Ammō preached his gospel in Marw, and he crossed the frontier to the Kushan realm, probably at Ṭāleqān (Henning, 1945, p. 88 = 1977, II, p. 228). Mani himself may have followed him and visited Marw at a later time (see above). Ammō’s crossing the border was regarded as leaving Iran and entering that vast Central Asian territory which the Manicheans themselves used to call Ḵwarāsān, that is, “the Orient.” Ammō’s work in this part of the world was exalted by an impressive legend ….
There is no need to doubt the credibility of Ammō’s passing the Kushan watch post. That means that from the northeastern part of the Sasanian empire Ammō first advanced to the Kushan dominions, not to Sogdiana. An early origin, in the 3rd century, for Manichean communities in the Bactrian area may therefore be assumed. This is confirmed by the report of the Chinese chronological and geographical works Ce fu yuan gui and Tai ping huan yu ji that in 719 CE a king of Čaḡāniān sent a (Manichean) teacher (mōžak), well-versed in matters of astronomy and other sciences, to the Chinese imperial court, where he was supposed to display his great erudition (Chavannes and Pelliot, 1913, pp. 152-53). It may also be mentioned that a Manichean magical text, M 1202, still in the Parthian language, was composed, according to Henning, in the Indo-Iranian frontier area, “probably in or near Balkh” (Henning, 1947, p. 50 = 1977, II, p. 284). A unique Manichean text, M 1224, in Manichean script and Bactrian language (Gershevitch, 1984, pp. 273-80), attests to a Bactrian-speaking Manichean community either in its home country or in the Turfan oasis, where the text was found.
Sogdiana also must have been reached by the end of the 3rd century. This follows from the Parthian letter of a Manichean archegos (probably Mār Sīsin) to Mār Ammō …. The letter was written in Marw and sent to the addressee in Zamb on the Oxus near Āmol… on the route from Marw to Bukhara and Samarkand.

Until the 8th century, Manicheism must have spread along the northern Silk Road (Marazzi, 1979, pp. 239-52), for the colophon of the Mahrnāmag (M 1), finished either between the years 808-21 or 824-32 (MacKerras, 1990, p. 322, n. 13), mentions Manichean communities in Uč, Qarašahr, Aqṣu, Kāšḡar, Kučā, Qočo, and Bišbalïq (Henning, 1938, p. 566), and the Mahrnāmag itself, in an unfinished state, was kept after 762/63 in the monastery of Arg, that is, Qarašahr. Thus, Manicheism existed already in Central Asia when the Manichean church gained its greatest success in history, the conversion in 762/63 of the ruler of the Uighur steppe empire, Bögü or Bügü Khan. This happened, according to Chinese sources and the Chinese version of the Qarabalḡasun inscription, in the Chinese town of Loyang, and it was the result of the instruction of the Uighur Khan by some Manichean clerics….
However, since Manicheism was already present in Central Asia, it is possible that the conversion actually happened, or was at least initiated, in Central Asia before the epochal year 762/63 (cf. Clark. 2000, pp. 83-123). The conversion of the Khan entailed the organized adoption of the Manichean faith by his people and by the Uighur aristocracy in particular (Marazzi, 1979, p. 241). The multilingual Uighur inscription of Qarabalḡasun (soon after 821) reports how that was effected. According to the inscription it was not done without some coercive measures (the burning of “idols,” etc.; Chavannes and Pelliot, 1913, pp. 190-98).
Why did Bögü Khan make the Manichean doctrine the official religion of his state? A possible explanation is that he chose a religion already present in Central Asia but not yet professed by any political power of the time, as Buddhism, Christianity, Islam, and (briefly later) even Judaism were. The idea may have been to strengthen and consolidate the establishment of the Uighur state with a religion of its own (Sundermann, 2001b, pp. 160-61).
The Uighur steppe empire collapsed in 840 under the onslaught of the invading Kirghiz tribes. Some of the Uighur tribes settled in the Turfan oasis and established there the kingdom of Qočo. Manicheism continued to be their religion, but it was unable to proselytize the Buddhist majority of the country, and so it was, by and by, superseded by Buddhism from the tenth century on.

Missions to China. Early Manichean missionaries to China presented themselves first at the imperial court. This was an application of the second of the three methods of proselytization (see above). The first relatively safe attestation of Manicheism in China is for the year 694 (for earlier dates, see Lieu in EIr. V, 1991, p. 478), when, according to the admittedly late (13th cent.) Chinese history Fo zu tong ji, a “bishop” (fu-do-dan, i.e., MPers./Parth. aftādān) arrived at the court and proclaimed the “wrong religion” of the “Book of the Two Principles” (Chin. Er song jing). In 719, a Manichean teacher sent by the East Iranian ruler of Čaḡāniān appeared at the court (see above, under “Missions to Northeastern Iran and Central Asia”). Schaeder thought that it was he who introduced the western-style planetary week of seven days in China (1948, p. 12). In 731, a Compendium of the Doctrines and Styles of the Teaching of Mani, the Buddha of Light was composed by the Manichean bishop *Mihr Ohrmezd and then translated into Chinese (see otherwise Lin Wushu, 1991, pp. 225-32) on behalf of the emperor, in order to help him better appraise the alien faith (Haloun and Henning, 1952, p. 188). Already in 732, Manicheism was acknowledged by the Chinese authorities as an admissible religion for the western barbarians living in China, that is, for the Sogdians and Uighurs, but it was declared a prohibited religion for the Chinese subjects of the empire (Lieu 1992, p. 231).
Manicheism had another chance in China after the conversion of the Uighur Khan Bögü in 762/63, and during some 70 years between that date and 840 when Uighur influence on Chinese politics was strong enough to protect their coreligionists in Tang China (Lieu 1992, pp. 235-37). However, the situation deteriorated after the downfall of the Uighur steppe empire. The Manichean communities lost their powerful protectors. The Manichean religion, among others, was forbidden and persecuted, and it disappeared in the capital of the Tang empire and the neighboring regions, except for some late, isolated adherents.
Manicheism found a new refuge in the southern Chinese coastal province of Fujian, where it may have survived until about 1600 (Lieu, 1992, p. 301) and where a Manichean temple in Buddhist disguise exists to this day in Quanzhou (P. Bryder, 1988, pp. 201-8). The question as to how Manicheism arrived in Fujian has been no less disputed than that of the arrival of Manicheism in Egypt (see above). Two solutions seemed possible: Fujian was a refuge of the persecuted Manicheans from north China, or Manicheism came by sea to China independent of the earlier north Chinese communities. T. Moriyasu was able to prove that the first option is the correct one. He explained the first two syllables of the title hu-lu fa-shi of a Manichean teacher who went to Fujian in order to instruct his co-religionists as being the Turkish word uluḡ “great.” This points to the ultimately Central Asian origin of south Chinese Manicheism (Moriyasu, 2000b, pp. 432-37).
It is only natural that Manicheism must have had its adherents in the western Chinese frontier town of Dunhuang. Its presence there is attested by a moderate number of Manichean, mainly Chinese texts (the Hymn Scroll, the Traité manichéen, that is, the “Sermon on the Light Nous, and the Compendium of the Doctrine of Mani”) discovered in the book deposit in cave 17 (Sundermann, 2002, p. 201).
THE ADAPTABILITY OF THE MANICHEAN MISSIONARY TECHNIQUE
The worldwide range of Manichean missionary activities entailed the problem of what may be called the acculturation of Mani’s message to the ambience of many different religious traditions. A well-balanced adaptation to the languages and ideas of the peoples beyond the Mesopotamian homeland of Manicheism was inevitable.
The solution for the Iranian part of the Sasanian empire was designed by Mani himself and imitated by his pupils (Sundermann, 1979, pp. 95-133 = 2001a, pp. 121-63). Mani self-confidently gave some of the deities, demons, and mythological figures of his complicated doctrine the names of Zoroastrian mythological persons (see MANICHEAN PANTHEON). This did not mean an adaptation of Manichean to Zoroastrian theology, let alone a derivation of Manichean from Zoroastrian theological ideas. It was simply meant to give Manichean mythological names a familiar Zoroastrian ring. Moreover, since the Manichean figures had, of course, some similarity with the Zoroastrian ones, Mani’s aim was to teach non-believers what their gods and demons had actually been charged with and what they were still doing.
Similar but not completely identical systems of theological names were created in Parthian (perhaps by Mār Ammō) and in Sogdian (by Mār Šād Ohrmezd?). The Sogdian system became a model for the Old Turkish (van Tongerloo, 1988, pp. 215-16) and, in a less direct way, the Chinese one (Bryder 1985, pp. 120-23).
The terminological adaptation of Manichean theology to local patterns remained a particularity of eastern Manicheism. It had no parallel in western Manicheism, whose missionary weapons may have been forged by Mār Addā (and perhaps by Mār Pattī). The only exception is the frequent use of Christian names and terms. But this practice is based on the Christian roots of Manicheism. It is more than an outward adaptation to the local belief of those people who became the object of Manichean missionary work.
It seems that the Manichean missionary technique found effective means to overcome the gap between the Manichean and alien worldviews, linguistic traditions, and literary means. The gap was uncommonly wide and deep in the case of the Chinese-speaking Buddhist and other denominations. In a religious ambience where terms for “god” or “soul” did not exist or were meaningless, it must have been hard work to make the Manichean doctrine understandable. This has been pointed out repeatedly by P. Bryder (1992, esp. pp. 338-41; 1993). According to him, the word replacing “god” is fo, literally, “the Buddha.” Perhaps the somewhat enigmatic da sheng “great Saint” was used in the same sense (Sundermann, 1996, p. 111).
Success and failure of the Manichean missionary work. Mani’s message of self-knowledge, god-knowledge, and world-knowledge was addressed to every human being. It was successfully spread over the orbit of the ancient world from the Atlantic Ocean to the China Sea. Yet, wherever Manichean communities were established, they remained small minority groups. Living in the diaspora was the never-ending, universal fate of the Manicheans, and that must have been true even in the kingdom of Qočo, where Manicheism was for at least one century and a half the religion of the ruling class. Even so, it was outnumbered by the local Buddhist community. Both in the Roman empire and in the countries of the Silk Road, the merchant was the backbone of the Manichean missionary activities (Brown, 1969, p. 102; Lieu, 1992, pp. 228-29), and Manichean monasteries, it seems, were actively involved in the banking business (Lieu 1992, p. 238; see also Sundermann, 1996b, p. 111 = 2001a, p. 737). Since, according to the Manichean ethics, the businesses of the merchant and the moneylender were the only immaculate worldly professions, it is imaginable that to win over traders and dealers for the new religion was easier than to convert people with any other social background. ”

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 2015年5月16日
マニさんの関連調べると、サウロがパウロと名乗るよーに、オリエント系の連中がギリシア名を持つのはよくあるんだよね。例えばアブザクヤーさんはアビザキアス。マール・アンモーはアディマイオス。アーリマンがアレイマニオス。ってか日油同祖論信じてるやつ、ユダ公が凄いなら何でギリシア名名乗る?


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
マンダ教の聖典「銀座騾馬」の 英語版が絶版で手に入らねぇ! いや、まぁネット上なら無料で 転がってるんだけどさ……

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya 多分これが元祖キリスト教じゃない ですかね 洗礼者ヨハネとノアしか認めないし、 アブラハム、モーセ、イエスは 偽物ってw ちなみにマンダ教の人間の図の 頭の部分が三角目玉ちゃんw 十字架は只のカカシw pic.twitter.com/ETmsc2yqn5






帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei どうもこんばんわ。マンダ教面白いですよね~ヘタウマイラストなのに、三角目玉ちゃんってwwwそいえば、アメリカという語源は、マンダ教のメリカが語源という説をふりーそーめんの本で読んだ事あります。この教団怪しいからこそ、イラクで迫害されてるんですわ~

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya メイソンのエプロンみたいなのも 着けてないっすか?w

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei だって、そりゃ大帝、マンダ教はモーセをdisっててファラオこそ智慧の主!みたいな厨二病っぽい教義なんですし、メイソンのエプロンのようなものつけてるのは、ファラオに対する賛美じゃないですか?白い子山羊の皮のエプロンはファラオもつけてましたよ(参考世界史人)

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya 一応、頭に水ぶっ掛けて聖別する 儀式ってインドとかにあるんですよね。 王族の戴冠式の儀式だったらしいですが… 密教の灌頂の元ネタですね。 さて、中東のセムが先なのか、 それともインド/イランの アーリアの方が先か……

そう言えば魚のコスプレが好きな ダゴンちゃんやオアンネスって ミトラ帽の元ネタなら、 ダゴンちゃんがヨハネのご先祖様 クサくないですか? 海だか、湖からやって来た賢者 のイメージにも合ってるし。 イエスも魚がシンボルですし。

アンデレもペテロも漁師でしたから、 釣っちゃったのかもしれませんね。 ダゴンちゃんをw


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei私は原始耶蘇教の火と水の洗礼も、元ネタはインド・イランだと思うんですよね。所詮ユダ公なんて、アーリア思想のパクリです(笑)マンダ教の聖典を見たら極めてウパニシャッドに似てますね。ただ、マンダ教徒の顔はセム系なので、影響を受けたんでしょうが。

ダゴンちゃんがヨハネのご先祖様とは随分と面白い考察をされますね。その流れダイレクトに大当たりだったりするかも?しかしむさいオッサンが人魚姫のコスプレすんなwww
ダゴンちゃんを吊り上げたとか、そりゃ大物を釣り上げましたね(笑)ニャンゲンを漁る漁師にしてあげようってダゴンちゃんの必殺技にゃのかw

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya だって川がこんな状況だったら 本当に人間だって釣れそうw pic.twitter.com/pCB5qfej3Z






帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei いや、本当にそうですね。この人たち、洗礼者ヨハネのコスプレと言っても差し支えないです。ただ、白装束や教典などを見ると、アーリア系の影響力が強そうです。しかしなんで、イスラームやユダ公に比べたら、耶蘇教まわりはアーリア臭いんですか?













Mandaeism
https://www.youtube.com/watch?v=4IAgxu1hPGw
この動画でマンダ教徒が何かの葉っぱを、頭に巻いた頭巾と額ではさんでいる
音声によると恐らくlaurel(月桂樹)。永遠の命を象徴するらしい。



マンダ教の図を見ると人間の頭部が丸に十字=グノーシス主義のマークになっているな。




画像探しのコツは
「Mandaeism」や
「Mandaeism 画像」など
英語で検索すること。

あとは英語版ウィキの活用。
Mandaeism
http://en.wikipedia.org/wiki/Mandaeism
画像なら英語に自身がなくても大丈夫。
言っておきますが私も英語版ウィキを辞書なしですらすら読めないです。


神話12 マンダ教の教説
http://gnosticthinking.nobody.jp/gnosismyth012.html

マンダ・マニ・拝火・ミトラ教など古代宗教

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
注意書き★世界のユダヤ同祖論はイエズス会が開発した製品ですので、ネットや本での使用は無料ですが、著作権はイエズス会が持っております。












帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
マンダ教のよいとこは、マニ教みたいに人様の宗教に寄生して内部から破壊しないこと。自分たちだけのコミュニティ作ってその中で厨二妄想をやってるところ。あとグノーシスなのに子孫繁栄ってのもポイント高かったりする。マンダ教のように人畜無害ならグノーシスも悪くないよ?


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
そうだな、マニ教の既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦は、例えば仏教をターゲットにしたら、仏教によく似た思想のヒンズーっぽい西洋初のスピリチュアルを大量に投下して、既存の仏教の認識を偽物であるスピに書き換えて、そうやって内部から破壊していくという作戦なのですよ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
イルミちゃんをマニ教だと叩いたのはたしか、イエズス会のバリュエル神父だろう?(笑)そいつらは、マニ教と同じ作戦で世界中を食い荒らしてきたのに、なんでも悪いものはイルミちゃんって盗人猛々しいよなぁ。あっ、これって八百長プロレスなんだよねぇ?バカチン市国とグラントリアンの対立もさぁ?

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@alo353 @sydneyminato なるほど、みんなが作った世界の中で如何に支配するかとやってきたのがイルミなんですね。完全に相手の思考にハマってました。イルミの戦術はマニ教と同じで寄生型なのですね。イルミを叩くだけでなく自分が考えて行動しないと社会は変わらないのですね。
この寄生戦術のルーツがどこにあるかといえばマニ教だと思います。イルミちゃんというかそーめんのルーツと言っても差支えがないグノーシス思想ですね。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月12日
@izimo_ssp @kiraaea @ekousagitan マジ福音派は国や派閥に関係なくヤバイです。あいつらの本体はマニ教ですよ。プロテスタントの牧師の多くがメイソンです。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
マニ教の宗教破壊工作は恐ろしいと思ってるしアカンのですけど、純粋にマニ教の聖典を読んだ感じでは、透き通るような知性というものを感じたので、耶蘇教神秘主義哲学より遥かに面白いと思ってる。でもマニ教の聖典が面白いという話とその機能が悪質とい話はまったく別物だからね?

ニューエイジやスピリチュアルの本質はマニ教で、それはずっと古代からあらゆる宗教に取り憑いて内部から破壊をやってたんですよ。まあ、カトリックがマニ教を批判したのが生贄・乱交じゃ本質外してるよ?宗教破壊工作だからいけませんと正面からやるのが一番いいんだよね。

禅宗にふりーそーめんが取り憑いて世界に広めるのも、エックハルトとセット売りして禅の本質を骨抜きにするつもりかね?純インド産ヨーガが流行らず、アメ リカ産ニューエイジ系のヨーガばっかりになってるように。ほんま、マニさん戦術の宗教乗っ取り作戦は怖いですわ。マニ教の本質は本当に怖い。

イスラム国ってエジプトのアズハルがキレるくらいコーランの極端な解釈をしてトップダウンの組織でやっていって、二元論的思考で動いてる。そういうイスラ ム国みたいなおかしなのが出てくるのは、プロテスタント系が仕掛けたイスラーム乗っ取り作戦ではないか?マニ教的ですね、プロテスタント。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月9日
@kefcoms いや、あなたのこと揶揄してないですし。プロテスタントというのは、元はカトリックとは違うグノーシス系キリスト教の影響を受けてます。薔薇十字団というものがありますが、ルター家の紋章は薔薇と十字です。あと二元論はマニ教の影響があるでしょう。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月4日
というか大本系のユダヤもザラスシュトラも耶蘇教も何でも神道!ってのは、マニ教のコバンザメ戦法とまったく同じではにゃいか?

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国に残ってるキリスト教異端はかなり面白いぞ調べると。女真族とかモンゴル族なんかとのキリスト教異端とマニ教の絡みとかな。もうごちゃごちゃカオス過ぎて情報洗うの半端なく大変だな。あとは弥勒講と摩尼光仏とのシンクレティズムとかな。景教信じてた秦氏はもしかしたらマニ教かも知れんぞ(笑)

おっとここでも今日夕方つぶやいたマニ教の宗教乗っ取りの話が出てくる。国内の天皇崇拝してるキリシタンな、あいつら本物のキリシタンじゃないねん。異端 派なんだよ。本家のヨーロッパのキリシタンだったらイエスとヤハウェ以外を拝むのはご法度だからな。日本では主に中国由来の異端キリシタンが暗躍

日本でのいんもーの考察がヨーロッパやアメリカのものに比べて複雑な理由は、恐らく日本では7世紀あたりからマニ教がキリスト教や大乗仏教を偽装して入り 込んでるし、江戸時代末期だってそうだ。国内でこの前マニ教の天体図が見つかったのは偶然じゃないぞ。ずっと前から日本はマニ教に狙われてた。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
@bakkajyane_www そうですね。自作自演ですね。まあ、グラントリアンとバカチン市国のプロレスもありえますしね。グラントリアン中国路線だとマニ教とかああいうのとか、笹川とかですね。極右の思想調べたら極左的な思考してますしねw




帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月12日
デュエルマスターズのライトブリンガー(ラテン語訳でルキフェル)の英知ソロモニアスって、なぜか名前がギリシア人みたいなのを見て、マニ教の創始者のマニさんのお友達のアブザクヤーさんが、ギリシア世界でアビザキアスと名乗ってたのを思いだしたw pic.twitter.com/zZMiI0Yzmb

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
ねこたさんが、マニ教の聖典をただ読みできるサイトを教えるね?http://gnosis.org/library/manis.htm … 俺、小学生以下の英語力なんで無理っす!

Manichaean Writings
http://gnosis.org/library/manis.htm


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国の秘密結社といえば、禁制品の塩の密売に絡んだ白蓮教とか明教がある。特に白蓮教なんかはヤバくて、こいつらはマジで弥勒下生を信じてて魔法使ってたとかね。しかも今のスピみたいに女が多かった。恐らく大陸の白蓮教やらそいつらはマニ教の末裔だろう。それが列島の弥勒講とかと連動してたか?

そーいえば、今のスクエニの前身であるスクウェアが潰れる原因作った、あのヒゲこと坂口博信のファイナルファンタジーの映画さ、ガイア思想をベースとして るとか。おっと、ここでもマニ教的な光と闇のネタばかりやってきたアーリア神学大好き!なスクエニだなぁ。流石紐付きとしか言いようがないぜ!

マニ教は、ユダヤ教に並んで書物の宗教だと言われてる。魅力的な神話を書いた経典をたくさん作って信者を獲得していった。この布教のやり方ってさ、マスゴ ミで宣伝しなくて、雑誌や攻略本や口コミだけで広がっていったテレビゲームと同じ宣伝手法だよね。ステルスにじわじわ広がるから大人が畏怖する。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@kikuchi_8 @bakkajyane_www それがいいと思います。天皇崇拝者の民衆生贄論者もマルクス的な二元論で実は極左なんでしょうね。クリスチャンもアカも二元論でマニ教やゾロアスター教由来の西方耶蘇教こそ悪魔。それこそが対立を作り出してますね。

STB ‏@RC_StB 5月2日
@lakudagoya @alo353 @sydneyminato 連中の立脚基盤・連合の根拠は最終的には思想か血統ですね グノーシスは強く疑われる 何せ日本最大の小売り企業のロゴがアイオーンなのですから マニ教ならば時系列的に最初の世界帝国アッシリアの統治手法も接種したでしょう

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月30日
日本の精神的な部分は仏教に由来してるものが多い。儒教やその他の影響力もあるが、日本の美点は仏教由来のものが多い。いくらマニ教やらなんやらに乗っ取られてしまった葬式仏教でもな(笑)この内向きな精神性は、キリスト教が世界を支配する上で邪魔になるんだよねきっと。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月21日
20)高学歴層の肉体労働軽視は、マニ教の影響を受けたアウグスティヌスの肉体観と、カトリックの神学ならびに、ギリシャ哲学の影響だよね。特にプラトンの「パイドン」とアリストテレス。お嬢様学校で西洋の教育を受けるということは、この思想に自ら洗脳されに行くこと。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
@alo353 ディオニュソスみたいです。メドゥーサといい、ティターン族といい、ゼウス陣営に逆らったほうには何か秘密がありますね。死んだ巨人の体から生命が生まれた話はマニ教にも北欧神話にもありますね。日本はバラバラにされてゼウスに王位を簒奪された。

菊池 ‏@kikuchi_8 5月6日
@lakudagoya こんばんは。昨夜もありがとうございました。ほんとそうなんですよね。つかみはOKという所から入って、段々と変質&方向転換している、気づいたときはカルト戦士に、というオチがあまりに多すぎる気がします。マニ教的なごった煮戦術ですね。神智学はその後裔ぽいです。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国にあるマニ教寺院の摩尼光仏って、なんの光の戦士(笑)だよ?てか、キリシタン臭いマスゴミがゲームを蛇蝎のように嫌ってたのは、テレビで宣伝しないくせにゲームが人気あんのは、雑誌や攻略本で密かにステルスに動いて子供たちの心を掴んで大人の世界を食い荒らしてたからだろう。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
仏教を激しく憎んでる神道カルトが、マニ教と同じ手法を使いながらスピリチュアルを洗脳していってるのは、和風クリスチャンである神道カルトがそれだけ仏教を破壊したくてたまらないということだろう。スピリチュアルと仏教では、似ているようで実は違ってスピはキリスト教の変形だからだ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月30日
@izimo_ssp あと、ふりーそーめんが何故石工組合とか言ってるのは、別に石工でなくとも織物組合もそうですけど、都市における手工業者とその国際的なネットワークを中世南フランスにあったマニ教臭いカタリ派が隠れ蓑にしてたからなんです。だからそーめんには流浪の仲間を匿う規則があるの

@izimo_ssp あっははは!面白いですね。で、マジな話をすれば、そーめんは魔法使いのとんがり帽子を冠った救世主ミトラスがキリストの元ネタとわかりましたがそれは序 の口で、マニ教の宗教乗っ取りについて調べてみてください。そうするとなぜ、世界は似非キリスト教があるのかわかります。

きょーどのひと@ニーシャープール ‏@toquzoguz1055 2012年10月15日
@kaito07291981 マニ教は第四の世界宗教になれる可能性を秘めた、あるいは現在のキリスト教を駆逐できていれば正統派キリスト教になっていた可能性を秘めた、すごい宗教なんだぞ!!!!!
単なる新興宗教が500年を経た後に一国家の国教にまでなったり、地理にして発生地のメソポタミアから西はローマ帝国、東は中国にまで広がったりするもんかね!(※私は別にマニ教信者ではない

根本的な自身のマニ教神話構造は維持しつつも、各地の神話に寄生しまくって原型がわからなくなる謎宗教なので広がりやすかったそうな。青木健先生の『マニ教』が面白いよ

♪えめらだちゃんだぞ♪ ‏@Emeradasann 2012年8月1日
@nabeyan4649 ざくろといえば老子はざくろから生まれた伝説がマニ教のアレにあるとかなんとか。老子化胡経だったかな、多分。中国の伝説ならざくろじゃなくてすももだったと思う。唐の初代皇帝、李淵の李の字も、あれはすももを漢字で書くと李になることからきてるとかなんとか
マニ教は分かりやすく言うと寄生虫みたいな宗教である。もともとはササン朝ペルシアにできたグノーシス派の、まあカタリ派キリスト教みたいな新興宗教であったが、国教であったゾロアスター教神官団に弾圧されてコソコソしはじめるあたりからマニ教の寄生歴史ははじまる。
今はないよ。15世紀に滅びました。多分教義ともともとあった土地の宗教との折り合いが悪かったんだろうね。マニ教はとにかく世界中のあちこちに広まったが、至る所で土地の宗教に排除される傾向にあった。天山ウイグル王国が唯一の例外で、マニ教は国教になりました。


なぜ寄生虫か。マニ教はイランの宗教だからイランの神とかそういうキャラの名前を神話に用いていたが、しかし世界中に広まっていくとなるとそんな身内ネタはなんのことだかわからない。だからその土地の神の名や絵画のノリをパクったりして土地の宗教にこびりついていたのだ

森安孝夫先生の話を真面目に聞いてました。あと色んなマニ教学者の論文とか、一般書のここが間違ってるなあ とかを先生と見てました。一般書は三冊だけです。青木健『マニ教』と大貫隆『グノーシスの神話』とミシェル・タルデュー『マニ教』。青木本は間違い激しいです。
青木本なら間違い激しいですけどとにかく読みやすさは随一です。面白いですよ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
まーねこたさんは、グノーシスがどれが「好き」かと言われたら、マンダ教だね。マンダ教の厨二っぽさはぶっ飛んでる。マンダ教の聖典がただ読みできるのはこちらhttp://gnosis.org/library/mand.htm … マンダ教好きだよ!ラブ~


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
ほうほう、統一教会の文鮮明が韓ユ同祖論やってるんだそうな。ということは、統一教会系こーさくいんが日本でやたらと渡来人の日油同祖論を展開するのは、本体の思想に韓ユ同祖論があるんだろうな。忍者パットリ君もそういう風な展開してたしなー。面白いなぁ~在日人のウリナラファンタジーはっ!

面白いなぁ。日油同祖論の言いだしっぺは日本では酒井勝軍だと思ってたけど、聖公会の佐伯好郎だって。経歴を見たら、おや?「景教」学者とある。景教、中 国まで食指を伸ばした原始キリスト教で今のアッシリア教会だ。秦氏は景教徒のクリスチャンだったという説がある。景教学者が唱えた日油同祖論♪

なーんだ。日油同祖論って、単なるネストリウス派のクリスチャンが日本にやって来てまんまと支配者サイドに納まっただけで、ユダヤまったく関係ないぢゃ ん!なんなんだよ~単にクリスチャンの日本侵略が16世紀のフランシスコ・ザビエルからじゃなくて、7世紀からってことだろう?


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 小ネタ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4696.html
“         ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l    トゥルファンから出土したウイグル王国時代の文献「マニ教寺院経営令規文書」によれば
       У      ヒ"           l    マニ教寺院には個人に所属する子供と寺院全体で所有する子供がいたという。
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /     だからマニ僧に使える少年たちがいたこと自体は事実だろう。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       問題は、この少年たちはなんなのかってことだ。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ

                       __
.                      /二二\
                  -――〈二二二ニ\
                  /  /    \二二二ニ\
                  /    /        \二二二ニ\ ___ノ{
              //   /|        `<二二>'´  <
                // //_ {  |  |       /        `ヽ
              /イ // ` ∨ |  |  |  |{ /´}}       \
             八 }/芹ミ  \l-- リ|l   リ   l/}/ /     乂{
.             /)从ヒリ   _\/`|l   ,/   /ノレ'__,     l  ll|
           〈 //i  ,    芹ミxリ  /   //}フ^X    | Ν
           ∨分、     ヒzヅ/ 〃   //イ∨´  ∨   l /    新しく入った「選ばれた人」候補が、
            《∨//\ー    厶イ , /´ ̄ ̄ ̄`ヽ}ハ ∧{    年長者の下で教育を受けてたんじゃないの?
           〈/∨//父ーァ―‐=彡イ/   _____」  ノ'
             /∨///〉 ∨ ̄ // } /\`ー―<
               / /\/《__,}{__//  込__/  -=ニ}
           / /  ∨イ襾ト、\ // 〈   ┬=彡'
              /       / |ll:i:|| i \} {ll / \{ !


※選ばれた人 マニ教聖職者の別称。流石に厨臭すぎて今まで出さなかったけど解禁。
618 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:25:59 ID:/gTVaKQg0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |     それなんだけど・・・
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',    出家すれば割と簡単に僧侶になれた仏教と違って、
   \         、               /    ',   マニ教では一度俗事に染まった人間は原則聖職者になれないんだろう?
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i


                         __
                     ´         、
                 ´               `  .
                 /                     \

               /                   /           ',
                     /  /
          ,′         /   / ',                |
.             |      // /   |             |   |
          l   .:|   ,.斗/ //      !   }:       | ┐ / }
          |  .:|   /  /   \   |  ′/     ハ∨/ /{     少なくとも建前上はそうよ。
.             |{、 :l /x=ミ      ` ート./ /      /{ r‐⌒┐}}
.             \ ∨ {::ハ`      x==ミj/|/|    / ノ(_   r'ノ     だから一般信徒は来世で「選ばれた人」に
.              ヽ|  Vソ      |:::しト、   |/   /} |/ //⌒}}     生まれ変わることを目指して功徳を積むの。
               厂|             辷ソ   ,/ // |/> ´ ̄}
             /  丶   ′        厶イノ_ .ノ/    `ヽ
            {       \   、            /  /      /
             \     \    ̄       イ   ,/      /
         /\    \        ー┬─   ´   |`ヽ /       ,/   ─ 、
.        /   \ー─\   _ |\ __,. -‐= ̄ ̄}    /─/   ⌒ヽ
             ヘ── ´/::} \ | | |      /、   /  /    / ̄ノ
       \  / /   /::/   :| | |   =‐ ´ />─ 、 /     /  ̄
.    ___ヽ/ /  / ̄ ̄ ̄`ヽ/⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ̄\  {  __
.   /       / /  {        ─{ ,/──       }      ヽ  ̄ ̄   `ヽ
   ′      / /   }       / ̄{        /        }───`ヽ  }
619 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:28:32 ID:/gTVaKQg0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i  で、聖職者の生殖・結婚は禁じられている。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


        /          / /\   \  \   \
.        /      /     //              \   ヽ
        /       :|   /,      } |        :.    ,
       |    斗- / /     ⌒¨ 八ト、  i    ゚⌒Y⌒゚
.     ;  | {   {八:/ /          ノ\  |  i  《  }{   》
.      i  !八  i{ 厶ァ      ア勹心 \ |  i  》 ( う )《
.      {     \ィf厂ハ        ) ハ㍉ |  i  《  }{   》
        八   八 し/j          し// }   ′ .:.:.:.ノ。__人__。      もちろんよ、暗黒の物質の再生産ですもの。
         \ { ∨ソ         Vこソ  / .:.:.:.:/)  j{:.:.:.:\
.           ;个:::::   '      :::::::::::::: / ./.:.:厶ノ 厶-‐=ニ二}   一般信徒に対しても子供を作らないように薦めているわ。
          ノ人                   厶イj/.,__/:        八
      /二ニ≠‐- .,_     `  '      / /         -──}
     ノ       ‐- ⌒>            <′/:.:.:.   ,.. -‐===┘
    (,_______       .:.:\:.:_)ぅァ‐=≦:.:.:.:.:.:.:{__〈:.:.:/:.:./-------   .,
.        ̄ ̄ `ヽ .:.:.:.:.:.:.:.j⌒二ニ====tr==彡}∨:.:/.:.:.:.:.:.: -‐=ニ二}
    /二ニ=‐-=辷ア\__,ノ¨\       ||l   ノ. ∨____.:.:./:     ---{
   ノ       / ̄ ̄ ⌒V》  :r──-ミ ||l   仆=ミ____/:.:.:.:./. ____}
  (,______  /       V》  {///////\⌒Y'///////} \/:.:/
      ̄ ̄′         V》 ∨///////}//{///////ノ  ∨:.(______
 ノ二ニニ7        \ V》 }///////ノ__人//////{    V⌒ヽ:.:.:.:. `ヽ


                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l     つまり一般信徒は聖職者になれず、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ     聖職者に生まれつく者もいない――
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
620 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:34:04 ID:/gTVaKQg0

 __                   __
.::::::::::::::::::::......               }::`ヽ ....... /:}
:::::::::::::::::::::::::::::\        _    ..::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       { \...::::::/i::::::O::::::::::::O::::.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      /:::::::::/ .乂:::::::::::::::::::::::ノ∧ __    それじゃあ新しい聖職者、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...... ___.:':::::::::::A..ヽ_ _..>::::::;:-‐´∨:::`´丿   つまり少年たちは一体どこからやってきたんだろうね?
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j   厶:::::::\
  ` ‐-=ニ:::::ニ=-‐ ´   (/{:/ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .  \:::::::\
                  「:::::_:_ノ-‐ ´∨:::::|         Vヽ}ヽ}
                ∨:|      ∨::|
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋
┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃
╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
622 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:38:09 ID:/gTVaKQg0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、        この点に関して明記した文献は見つかっていないけど、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐   一般信徒の子供から選ばれたと考えるのが妥当だろう。
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   布施の一環として一般信徒が教団に子供を差し出したことは
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :  マニ教徒自身による文献にも記述されている。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
623 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:40:49 ID:/gTVaKQg0

              /              )    \
            /     /       く        ヽ
           /     /    / /、           Vーヽ
.           /  /  /     / /   i! i  l    /  }}
.          i   i  i      / /    i }   l    i V=ヽ
           i |  l  i   ,  //      i /  | i    iK }}
          l l  l 斗 ´  //     `サA‐- | i    i_}_ノ
          i l   i |l _/ l     _リ ヽ イ i    iマ
            i |  i iV-‐pTj }     てt_トxV V /  /∧  それが何か問題なの?
           ヽ i i τ ̄        ̄τ  ,' /  イ=ノ
.             \\ ""     、    ""  /イ /) }
               \l\           ι /, イ~ノ- ― - 、
            __\    ⊂⊃    ´´, y`彡 _   {
            「    三>       _  -イ/ 彡-イ -―_ >
             } _二二ニ_`/ ̄::::::/ ,| >  彡<二三 /
             ー->二 )) | ヽ -― ¨  | イ/ ィニ二三 ̄}
              <  ̄ r -.. _/| l l l    ,,..` ー<三二_ _{
              /⌒ー}::::::::::::\,┴、|_,,,.. .-..‐. ̄//      Y
.            /   /.:::::::::::::(:::::::/ー:::::::::::::::::::::::::V /     ヽ

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /    歴史家タバリーは、アル・マフディーが
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\   マニ教弾圧に際して行った声明を伝えているんだけど・・・
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄
625 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:46:13 ID:/gTVaKQg0

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
    彼らは子供らを闇の迷いから救い出し、光の善道に導くと称して道々で子供をかどわかす。
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::;  ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;   ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::; .
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '      l ;
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '     _,,,,,,__| ! _,,,,,,._
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '                   :::::::::,.!`':~:::::::::::::`'丶、
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,            ,..-/::/〃::/:::::,::::::::::::::`:、
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '             ///7ナ/!/ | /!i::::;::::::::ノ
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '              .//r'rp゙、'   l7~i!!、l::::::::ヽ
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......'       .{'! ' '、'''リ   ィo'、t!イ/::::::}ヽ おっさん、
     ' ,                     ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::       .t  ,_~ ,.  {.''''リ !.レr‐<゙ヽi いいところにつれてってくれるって
                              ,....':::::::::::::::::;::::; '       . ',  i'~''' ー--,~ " ィ 丿   ほんとうかー?
         ____              ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,    . ヽ,'、     /  , ...、‐´
        /⌒  ⌒\                                イ゙ヾ= ," -.ヾ;::::ヽr‐''"h
       /-=・=- -=・=-\    そうだお、とってもいい所へ・・・       '";;;;;\  イ ヽ,  レVヾ  '/
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                            ;;;;;;;; 'ヾ,ー ';ト、;ヽ,  /  r ´
     |     トェェェイ     |  光の世界に連れて行ってあげるお・・・   ;;;;;/   ~~  i;;;;;;i,/  /
     \    ヽニニソ    /
626 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:49:10 ID:/gTVaKQg0

                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、    弾圧した側の言い分だから鵜呑みにはできないけどさ、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \   一般信徒から半強制的に子供を差し出させるようなこともあったんじゃないかな・・・
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \    
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \  
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }


.             , ':/           |
            /:::'           |
            ':/:    ::'::::/    '  |
             |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! | |
           ,.、!:::::::::.  ' ::/!斗‐ト/ ,::/ |
           {l`!l;::::::::::. '::/´ ,/__j/ j/  |
        ,...ミj !;::::::::.レ' ,ォ===ミjヽl  |
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"      ',   |
.        r-`-"jj∥{\ト、 `ー---'     |
       j::::::::::::`ヽ:入_,ミ ,  | ll il||    ,|
       {;_:_:`ヽ::..\ 人       rー|
.      `ー-`ヽ ::::::..   >     | |
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ `-― 、
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄/  , ― ' :
    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、 |  | ./ ̄ ̄) :
          y  ̄  r - ー― ヽ|  |/ / ̄ ̄) :
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >:::|   〃 /¨_ :
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://|  ::   '´ , )
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / |      / :
                                          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                          d⌒) ./| _ノ  __ノ
627 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 21:52:19 ID:.E.Hu.Z20

デウシルメかよ
628 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 21:53:15 ID:HF9yu4qU0
乙でした
うん、まぁ頑張れマミさん、弾圧する側がディスるなんて慣れてるだろ
629 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:55:33 ID:/gTVaKQg0
終わり。
今回の話は自分の憶測じゃ無くてこれの74ページあたりで指摘されてることです。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004721601
630 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 22:40:43 ID:wBbv2jPc0
乙でした。
まあ教義があんな無茶なものである以上、運用に支障をきたすのは当然だな・・・
632 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 23:05:33 ID:.r7fcs820
セックル禁止系の宗教に常に付きまとう問題だよねー
633 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 23:15:05 ID:lecOPYgY0

でも日本仏教でもお稚児さんってあったし、住職の性処理させて、
固い絆を作る美談にもなっていた。あと現代カトリックの聖職者の少年虐待は
深刻な問題。
634 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 23:47:49 ID:/gTVaKQg0
実際口減らしも兼ねて宗教施設に子供を寄進する行為自体は珍しくないし、
マニ教だけをあげつらうのもアレですよね。

神父の性犯罪については町山智弘も紹介していた「フロム・イーブル」ってドキュメンタリーがありますね。
まあ宗教に限らず業界を単一組織が何世紀も寡占してたら、問題起きて当然だと思います。


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 予告風ネタ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4513.html
“確か出家したら生殖は罪悪だから禁止のはず、マニさんは教義上では生涯童貞だったと思う。
560 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/13(木) 00:54:52 ID:me441hRQ0
生殖目的でないなら良いんだっけ?
561 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/13(木) 22:52:32 ID:zXcutJpw0
それはカタリ派や
563 ◆OkhT76nerU 2012/12/15(土) 20:45:14 ID:VhbW7bH60
結婚している俗信徒でも子作り非推奨。
というか快楽全般に否定的で、沐浴も快楽を伴うから(と水中の光の要素を損なうから)
という理由で好ましくないとされます。
566 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/15(土) 22:38:38 ID:Wsu/f11o0
>>563
じゃあ皆クッサーなんですか?
567 ◆OkhT76nerU 2012/12/15(土) 22:52:08 ID:VhbW7bH60
(光の要素的に)清浄な地下水や泉の水ではなく、「悪魔の汗」である雨水の混じった川の水で沐浴してたみたいですね。
逆に飲むのは前者じゃなきゃダメ。
まあこうしたルールがどの程度守られてたかは時代や地域によってまちまちだと思います。
581 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 17:31:31 ID:h.DHqVqY0
一般信徒は結婚してもおkなんだから、生殖禁止の戒律を厳密に守らなきゃいけないのは聖職者だけだったんでは?
子作り非推奨云々はそこまで布教の障害にはならなさそう
582 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:16:32 ID:GS6wwdDw0
キリスト教では信徒は正常位じゃないとダメらしい。
そういう細かい定め決めたのもアウグスティヌスだったと思う、あの人若いころは私生児作りまくったけど。
583 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:35:49 ID:AE0x9dA60
教会が推奨する子供のつくりかた
ttp://tokoya.txt-nifty.com/photos/uncategorized/2012/06/14/sff3_2.jpg

尚、数件ほどこれで出来た報告があるとかなんとか
584 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:42:12 ID:m44IRRsA0
スポイドで取って注入したらどうなんでしょ
585 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:44:52 ID:5TuuoLXg0
>>584
それはそれで、神に対する不敬らしいです
586 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:49:22 ID:OkoKkwx.0
一物以外は挿れちゃいけないんだよな
指であっても異物挿入だとか
587 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:55:15 ID:6xpRm4ZU0
でもキリスト教の中には生殖医療は神の仕事のお手伝いだって言って肯定する派閥もあるという
588 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 23:11:12 ID:IGLDraOI0
そりゃ現代にはそういう派閥もあるってだけの話でしょ
592 ◆OkhT76nerU 2012/12/24(月) 11:01:01 ID:e2YH63KI0
手元にある『体位の文化史』によると、カトリック教会の公式見解では

キリストが捕らえられた日である木曜日と、死んだ日である金曜日と聖母マリアの日の土曜日と、
主の日である日曜日と、死者の日である月曜日と、四旬節の期間と、復活祭と、聖霊降臨日と、
クリスマスはセックス禁止でさらに信者が過去に正常位以外の体位でやるという罪を犯していない場合に限られるそうです。
どの程度守られてたかは怪しいもんですが。

この本は体位に限らず性に関する様々なネタを扱っていてそこそこ面白いです。
後背立位→<城壁のナポレオンの体位> 騎乗位→<ヘクトルの馬>など。
この手の話が400ページに渡って続くので、読んでると途中で胸焼けがしてくることでしょう。



マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 日本に現存する真のキリスト教絵画について
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4509.html



                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \         それにしても見事に仏教化したもんだね・・・
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \      >>325でも「完全に仏像」とか言われてるし。
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }



          -―
  ,    ̄            ̄    、
/                   \\\
                       i \ \
                   i!  ..|:::i:::.\ \
      i!               i !:::::::::|:::i :::. i ヘ
.      i!                  i! V/:::|::|| i i i ヘ
     i! i!  i!       :  ::: i!ノヘ  | |  i } } |
   _ i!  i!        :::::: T´i   \| |  i/ |
  // ヘ /ヘ、     i::::::::::. i! ____   ヽ     な、何言ってるのよ!
  {{  _ V  i ヽ:::.\::::.\::::. i!    /    \
   \ f `´ヽソ :::::.\::::.\  ヘ /          }   もっとちゃんと見てってば!
  {{ ̄(    ) ̄ヽ    \ \、\ ハ〃   ,、  l
  \_フ/   へ   }}\    \\`       / \ i
    人`´ ))\/{ ヽ ー ― -―  し  |   //
      ーイ  ヘ \  ヽ          ̄ /
484 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:07:07 ID:IhRGzZaw0

         |/............./|......../....///    ヽヽ..............ヽ...`i
         |......,  メ _|.....././///     `i..|、..............i..... i
         |.....| /  |`メ <一/        i..|ヾ、..........|...l. i
         |.....|/ ,===サ==、 ̄         _.i.LiA..........|....|..i
         ト....| て /ミl、j彡| フ`       `三  |' ' ヽ.......|....|..i 、     まずは顔ね。
         |ヽ..i 弋ゞー一 ´        フ心全,、  i.......i.....|...|ヾ、
           |ヽヽ ヽヾ\ヾ\        l.L之 ミlヘ、 i...../....i....|  `   一般的な仏像と違って、頬がぽっちゃりしてて眉が上がってるわ。
          |ヽヾ`  `       ,.   、  `ス /  |../|.../....|
          |. ヾヽ          `    `ヽ\ 、  /レ i/|.../      唇が細いのも特徴ね。
、           |:. ヽ`      、            /  l .l../
\        |:::  ヽ       `ー-一        /:ヽ、 .レ
.. \          |:   ヽ、                   丿::>ー、__, 一フ⌒
:::. \       .|    ト 、           ,  ´::::::::::::::::::::::::::::/.../......
:::::.. \        |    へー> 、 _ ,  一  \::::::::::::::::::::::::/....../...............
::::::::. \      .|   /|... ̄`.┐|...┌----人  ` `>:/...../......................./


485 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:10:48 ID:IhRGzZaw0

                         __-‐=ニニニニニ=‐-__
              { 、     x≦ニニニニニニニニニニム
              .ゝ\、.,_∠ニニニニニ,..ニ=ァ'⌒ヾニニニニ,__
              ,. ´   _.⊥._ニニニニア" / ´ ̄ ̄ V'´    L.,_
        ー=≦/ ,x‐ァ'´r'::::::::`ヾニァ'´ /   ,. -‐  `ヾ"´ ヽ ト、/
              /  / ./    .:::::::::::::/ー=彡   ,     ,       i   \
         _/   i :{ ..::::::::::::::::::/  /    / ./´ , 1!   }  |   ハ
         ]  八,人 :::::::::::::::/  /    //   / リ   ;  ;  !     ,
         }  __(,. ≧=-=彡仏/    /´ ̄`ヽ/ /   / / |    ′
         |   ヽ         =ミ/    ,' 厶イ / /:,  7¨゚7ヽ |      i  それからヒゲも伸びていて、肩にも髪がかかってるでしょう?
         l   :V≦ニ=ニ二ミメi   i: /::; 抃、 /イ , / / |   | }   |
         j    (_,..二ニニ二.,_}|    |/込nソ   }/},仇7卞  j λ   L,
         从    r≦     ミ/|    | `¨`      込nソ1  / }: }∠__彡
           }ハ  /'`゙'<三⊇} lハ  |,      '   `¨`/|  /1 .厶===ミ、
           ノ/     `ヾハ} `\|::\  r  マ    イ[:! ,/.::|: /‐-=≠'   Y
                   r==ニ≦='′ //\| ` `__,. -=≦ヽ _|/ .:|/    -‐=孑′
                 ̄`ヾ`ヽ_,xく \ \    |/ .// i/Y⌒ヽー-=-‐≦..,
                 ,.⊆ニ彡' Vハ\\ \   ./  // .|ハ|   ヽ   `ヾ) )
                   {   ),ノ  Vハ \\ \/  //   |ハ|     \ヒ≦彡'
                }  ´    Vハ  \\ ヽ. //   :|ハ|      ノ  ソ)



              _
         ,   ´        `
        /     _         ヽ
      /         `,       \ ヽ
   / / /    /  ハ ヽ  ヽ     i  〉-、
.  / /  i  l   / /  i i.  i ヽ   /lヽ|}ソヽ
  l /{  i   i   | /   i ハ _|  |  ゝ|( ^-ソ
  i/ i   i  _ /|/    _lノ-V .l\l    フヒ_.ハ
  { ∧  ヽ |∨_|_    リ_ V  |   人_人_ノ-、
.  `{ \ \|-┳    ━┳  i   /)イ    }    本当はもみ上げもあったんだけど・・・
      _\\ ┃      ┃  / //  彡 ,.ィ
     ( ー-`l `       ι /イ 〈  彡  /      前世紀に仏教僧が、
     } 三 二>   ==っ    イ  ヒ∠_´ 二 ニ}    仏像に近づけるために削り取っちゃったみたい。
     ヒ___ , > _  <- ´}   /  彡 .}
      ,∠_∠ , -,=ニ、 || _ニ二 \ _{ 彡  >´
.     {彡/´     }  /`l    ノ /  ー-‐<ヽ、
      ヒ/  y  l  /llヘ   } /     / ,イ
     /  /   レィ_/__||__\ ノ   / /_ ノ  ヘ
     { 、 /    // l l   ´   /_´     , 〉
     丶`{ ー‐ l l- l l -―   \  ー ´  /
       \丶    l_l  l_l       〉    /
.        \\            /    /
486 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:15:06 ID:IhRGzZaw0

                      ______
         _,r =- _ r 、>ァ7////////////\
        __>-   rヘ }ヾ'////////////////ヽ
       7   -=  》 ☆ }i´ ̄ ̄ >-=7//////,}
       / /     {{_イ_/′   ´      ̄ ̄ ̄ \
       .′        /   /      /  }i      ',
       }イ /´   イ  / /    /ィ´  /ハ }    i
.       /イ-=ィ/}'| i| |   /   | /  ∨ /  ′
      /´       | l|     /‐-  }イ  ‐- V  /
              Vハ  /ィ笊、     ィ笊、}iイ/             服装で言うと、真ん中の紐の上下二つの結び目、
              . ‐`く:{\i{ト乂リ     ヒツ / /  ̄ ̄ `ヽ         胸の赤い四角のバッジ(セグメンタム)ね。
            /    ゝ_Ⅵ       `    /イ   /⌒V _
              V⌒\     }\   ` ´ . イヽ{    i{   /´  >、     私の教会の高位聖職者は赤か金色の縁取りのついた
            / ̄ ̄ ヽ\  /∠.}≧r - イ ̄7=-\_ゝ=イ   /  /     白いショール(袖がないのでガウンとは呼ばない)を羽織るの。
         {__   .}i=}イ \ _ У_/   }:::::::}` ー|  !一'/⌒ヽ
          ー‐\ イ^   -=7  「_}   ̄}  \:::ヽ   \ \7=-  }  後ろの波打った後光も中国仏画にはない表現よ。
            __} /   /|:::| {_ィ ハ \一′   \|     ̄/    }イ
.         / /¨¨ ´ / |:::|  / /i i\ \      }   __,/
        {  ′   /   |:イ .厶' | |  \/     ∧/ ̄ {
.          ヽ{     {   /´    ヽ 、         //ハ  /^\      ____
                  \ {         } ト=- __. イ'//,i:Y     >=-- y ´      ` ー――――― 7┐
               ⌒\    /イ ゝ =――ヘ V/,|、\      _,/                      |::::|
                    }>ーzく_///∧ ∨///∧V//,≧\_ /   =ー --      、        |::::|
                  \一 ヽ///∧ ∨///ΛV/// /^   ⌒ヽ              \ __   /:::イ
                     }   \'/∧ ∨////ヽV/イ        \          /::/:ヽ /::::/{
                     __/⌒   } V'∧ ∨/////'/            \           /::::/:.:.:.:.:.∨:::/:.:ヘ
                /     /ヽイ_}'/Λ V'///ィ′         ___\      |:::::|:.ー::一.:ヘ/.:.:.:.:}
.           /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / ⌒ヽ/∧ V/' /|       /:::::::::::::::::::::ヽ     |:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        /          / /      |\'} }iイ i|       /::::::/ ̄「:.ー‐:}     /::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        /     /     /       | `¨´      /::::::/   :.:.:.:.:.:/    /::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      く::\   /     /        |      ヽ   /::::::/     i:.:.:.:.:{___ /::::∧:.:.:.:.:.:./
      i:.:.\::\/     /::\        ′       \i:::::/         :.:.:.:.:.\::::::::::::::イ:.:.\:.:./
      |:.:.:.:.:.\::\     i:\::::::\               _」::イ        :.:.:.:.:.:.:.:.:ー一.:':.:.:.:.:.:`:{
     V:.:.:.:.:.:.:\::\   ヽ:./\::::::ヽ   /        ,.:':::У|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:./
     \:.:.:.:.:.:.:.:\::\_,}':.:.:.:.:\:::::\/_         /::/:.:.:|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:./
       \:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=ーイ:.:.:.:.:.:.:.:.>イ:::::ヽ ____/:://:.:.:.:.| -――― -:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.}/
         ` ー― 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:ハ:::::::::::::::::::::::::/、/:.:.:.:.:.:|/////////イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´
487 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:19:52 ID:IhRGzZaw0

             /:ミ:::::/              、 ヽ
         /::{{::冫、 /             }   ゙
        彡斗ャ∧},/            ハ     ゚
     `ー´ {{  {{;';'j,′     /    〃 V   %
     /´   ゞ==7"       _/___// _..斗-   }!
   彡    {{´// i} {i   ;  // / /     !|   }       /
   // /  ~ / j 、  { ///     ,芹ミxリ  ;}      /
   /   __∠__,ヘ {ミ  ', { ,x:=ミ、    らノ! ノ     /
   /} ,/ }      `ヽ \\.ヽ xxx     、 xxx|ニ二)\,/       /   服装の特徴について分かったところで、
   И/辷ニ≫ 、   ヽ>.._` ゝ    、  ,   イ -ァ" /{!     /     日本に現存する真のキリスト教絵画についても説明しちゃうわ!
     ´         `>、 f´   _]> ., _  ,..イ/⌒ミk"   \___,/
      厂 ̄`ヽく ノ´___  》 ̄”¨ヘ /7/¨~´   i´{    /
      <二>、  〉/´ ,ヾk¨=⇒ーV二]ヾ、     \\_,/
  ,r…‐- .._ 彡 ソ/=‐ ´  ゙|}  \/ハ%ヾヽ.\     ̄´}
 /   ――=≪´”       :i}   / /  .%:. 〉〉``ヾ、_彡'
 { /     /          j;}  / /     %,/    ヽ



        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐   現在、日本では七点のマニ教絵画が発見されている。
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   しかも、その全ては2006年に最初の発見報告が出てから
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :  わずか3年のうちに出てきたものだ。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  まだまだ出てきてもおかしくないね。
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
489 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:28:15 ID:IhRGzZaw0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       これらはどれも12~13世紀に描かれた
       __     //.      __,l       宋元江南仏画というジャンルに属する物なんだけど、グラーチの美術史的研究によれば
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ       その源流は10世紀前後の中央アジアのウイグル絵画、果ては西アジアに遡るものとされる。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  布教の際には、聖典よりこうした絵画が使われたのかもね。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ



             /l      ...  -‐…‐- ...
         《_  ___ヽヽ___ , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         ゝ~ ......>,,∧.:::::, -  ~~ ゙   ‐- ..:::::::::ヽ
       ∠´ァ  :::/ ∧ / ,,- "~~``   、 丶  ヽ:::::::〉
     i __ ,ノ  :::::::|-,,,,/  "         }  ヽ  ヽ/
     ヽ _ _ , ::::/~ ` /      ,     人   ヽ  l
        フ  ヽ‐/ l,      /  , /  ヽ   i  l
      ,ノ  ッ :::::::l、l ' . /  /  /' /   ll l〟|   l
      ~~~ラ :   ノl  l l /-‐‐"//   '゙゙~`}トiル l l   l
        {  /v~"{ `、 /l/  ´      ´ ll l/   ,  つまり私の『アルダハング』の子孫ってわけ!
        ゛V´  ,、.,,ト ヾ / ' ___ 、     , ___  、l/ /ソ,〟- 、
           /  ヽヽ、ヽ "  ゙'     "  ~゙' /-フ/'"  ‐- l
          〈- 、   ヽ| `゙ : : :    .    : : : "/-'´   ,, -‐〉__
         /~`~、ヽ    ヾ〟_    .,___,.     _ '´{   /_~-~´  ヽ
        〈_-、  ヽヽゝ、 ノ  >ト 、 __ ,, 、'`<    `、/~~/   _ =´''
     /゛゛`ヽ、`ヽ、 ヽ〉- '    `Yヽ:::::::::::{彡ミ}::ヽ   ~"{  /~, -"~ `ヽ.
    /  〟´~~`ヾ-- "  - 、、-'''\ ヽ::/∧/ノ┘::ト,- ‐ 、  `‐ ,~´-‐''''ゝ、 ヽ
    {  /         /   //  , - ゙H∧::":::::::/l     ヽ         〉 ノ
    ゙ /         /  ∥/  /〃{ l::::::/ ゝl     l        "
   ヽ{        /  / ゙、 / /レ1 ~~   》   V
            /   , '   / / /   |     /丶、  ヽ
            、 /    / /゙゙/"   |     /~、ヽl}  〉
             ヾ{    、 / /    |    {  ヽ /- '
             ヾ    ~ ‐┼‐   |    |  /|
               lゞ、    ヽ     |    | / 丿
              | `T T゙゙゙゙゙゙゙| | ‐---|    /イ
488 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 22:26:14 ID:VWfCpeCU0
新たなマニ教の経典とか出てくる可能性もあるのかな?
内容も厨二乙じゃなくて、仏教とキリスト教が完全に理論的に融合している感じのやつ。
490 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:32:08 ID:IhRGzZaw0
>>488
トゥルファンの発掘調査は現在も続いてるし、
偶然民家や寺院の屋根裏から古い紙束が大量に見つかるようなことはままあるので、可能性としては十分あるかと。
491 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:32:47 ID:IhRGzZaw0




            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、       これが最初に発見された、大和文華館所蔵のマニ教宇宙図だ。
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    これは長らく仏教の六道図だと見なされていた。
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   「六道」っていうのは天道・人道・阿修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道のことで、
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /   宗派によっては阿修羅道を脱落させて五道とする場合もある。
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/
492 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:35:39 ID:IhRGzZaw0

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ    従来の見方だと最上段が天道、2段目が釈迦・道士・儒者の儒仏道三教合一の場面、
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l    3段目が現世の四身分(役人・農民・職人・商人)に代表される人間道、
       У      ヒ"           l
      /、 r、 γl /        ーァ/    4段目が死者が裁きを受ける場面、
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       5段目が地獄道とされていた。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ      でも、これじゃ天道・人間道・地獄道の三道にしかならないよね。
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ



          ////////////////〃==…=ミ////i}
       //////////彡"~´          `V/
      f_///fヾ、,-、"´              }    ヽ
   .__彡"__,.斗ゞr㍉,) .,′  /     / ,ハ    ’
   ,/≠´   (二(::::)_) ′'" ̄`  // / }     ,
   {〃  i{  〃(_ノ i{ i   /   / // `ト、
   从{!   乂∧   ,-{ {: / /  /    j'}     i}
    ゝjー- {! '。 { r{: v/,x=ミ、    _   }   /j
     〈-、  `ヽ、.込  { 、 、、     =ミ、 '  У     それはこの絵が、私の教えに基づいて描かれたからよ!
      ’,ヽ、  ヾ ヽ、.ゝ      ′ 、、、厶彡
  γ・━…ー‐-㍉   }`} \_  ( ̄ ァ    少ム==,     前にも言ったでしょう、人間は死後天国に行くか、
  }! __,,..====ニf“¨ ̄ ̄{:{ヽ __´_,. <彡_>‐‐ヲ     現世で生まれ変わるか、地獄に落ちるかの三つの道があるって!
  ~“== rニニ==≧x.,___ヾ、___,/ >ミx≦__=<_
  / ̄7´     ||||   ̄~”ヽ弌マ"´  `ヾx ヽ三≧;
  ヽ ,/         |||j .,      マヘ\    ヽ. \`У
   `7    \  |||〃      マ;ヘマ\    \ ハ三≫
   ∧      ヾ }/          ハ;ヘ;マ ;ヽ    ゙vヘミ:x
  ∧         ,′       ν}ムt=! ;}       :. }ノ
  ,′    _二ニi{          }__} }_/  .,rfヽ   ゙
.  、___/o __:.           } }   /Y \ }
      ヾ/    .. . . . . . . . . . . . . . .≠. . j|_/入\.ハ
       ヽ    ゝ_: : : : : : : : : : : ノノ: ._j:::1_/ )(\j\ヽ
       __ヽ   ./ ゙l` …―…'' "_,/”ム::j::i:=f≫xノヽ::v
       `ヽヽ /  __L,,...-‐“¨~〃 /i{::::::::!:::i}::::::::{:::::::ム
         i} ̄ "´〃      ノ  i{ ゞ::::::::::iト:::::::{:::::::::ハ
493 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:38:50 ID:IhRGzZaw0

                 ..-...―.....-..... 、
            ,-、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
          ,へ{-i´::::::::::: , 一 ー - 、_:::::::\
           /  || |:::::: /          \:::::}
        /廴 r⌒/         /     \
      /  > ̄>       /       ハ     ヽ
      フ ((   /     /  // /  l i     i
     /ス| \/  /    イ イ /  _ i-|‐    i
        レ从/   | -―-x / //   __ リ |   i }
           / イ  | i イ/ ― ´   イ P:::::)ヾ / K _ ,、          それに4段目で雲に乗って死者の裁きを見ている女の人たちが
         // ヽ ! i i /リ __      ゝ- l /ノ/ /  ̄ ヽ        1段目にもいるでしょう?
        ´    \从  ´ ̄`  、     / //フ   //ノ , 、 ヘ
         , /`< >ー      r -、  ´/ /, - 、/_/ / /   これは善なる死者の魂――光の要素を導く「光の処女」なの!
        {      ヽ\    `ー  /  /    \- 、 /  /
        ゝー―-..,,   > ` >  < |ニ レ  i    _    /  /_/ ̄\
         | ̄ ー-一_>ノ <二 ̄〉 i ̄  _ |  |  //⌒ /\// ̄ ヽ ノ
       <      \    \ \ ノ/ ̄ /   | / / _/ /::::::人     V
          ̄ ` </ ̄ フ-―ニ(二)´ ̄ >ー - ! /  , ...::::::::/::\
       _,,.._∠´/   ハ、 /≠=||    ゝ _ |`::´::::::::: ヘ、::::/::\
       /´ /  /    /  / || フ |        \ヽ、::::::::::/  /、::::::〈
     | / /     /  // || / /        \ヽ::::::::`..フ  /|:::::}
     レ  ヽ    /    // =/ /        . . } \:::::::::::::::て_,,..ゝノ
         \   /   l_i   || ̄     . . . : : :/ / \ ::::::::::::::/
         人`ーl   . . : : : == : : : : : : : : : : : :/..../    ̄ ̄
       l ̄ !  ー{ . : : : : : : : : :|| : : : : : : : : :_,,..イ:::::/
      |  \_ へ _   ,,.. -――┬――――/
        ハ      /   ヽ壬...::::千:::::::| |::::::::::::::::::/
      /     /      |::| |=キ=//::::::::::::::::/



               「 ̄\  -─-  / ̄|
                >、            く |
              /  /         く ヽ、
             /  λ  ー    、__  Y  ヽ.
             /  / !          人   }     服装から言っても、2段目中心の主尊は摩尼光仏だ。
       _ -─⌒ヽ/  /  ゝ、 `ー'`‐'  イ  |   |
     /   - 、/  /   / `  ̄ ヽ    .|   |     画面右側の座っている白衣のマニ教僧が説法をしていて、
    /    (( >ーミヽ八   |        )  |   |     その前で立って手を合わせているのは補佐のマニ教僧、
   /     >   `>) |   |       /  .|_,,.-ー-、
  /  _,,,,-'"´     /イ.|  λ |   /   《イ ´´ |ソ    画面左の紅衣を着ているのは高貴な身分の俗信徒で、
  | (: o:      /   |  ノ|._-┴-メ__人   |    ヽ   その前に立っているウイグル風の人物は従者だと推測できる。
  八   ̄(:o::{o/    冫彡 く............. `ヽ、  ヽ    `゙'ー.,____
   \  ( ̄|    /入/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 \:o::|\: :\: :o::)
     ヽ|  ヽ   |..../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_   ̄  \o:) ̄
         ヽ  |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ≡≡、
          `ー|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
494 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:41:36 ID:IhRGzZaw0

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ   続いて紹介するのが山梨県の栖雲寺が所蔵する絹絵だ。
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /     これまた長らく虚空蔵菩薩像と見なされてたけれど、
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\    2006年に景教絵画の可能性が指摘されたことを切っ掛けに
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )   マニ教絵画説が出てきて、マニ教イエス像として認知されるようになった。
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄

ttp://www.city.koshu.yamanashi.jp/shisei/files/20121012/%E8%99%9A%E7%A9%BA%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%80%80%E3%80%80.jpg

495 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:44:14 ID:IhRGzZaw0


                /            〉    \
                /                    ヽ
               //            /..イ          '.
                 // /    .′  //  !             '.
            .′ ′  /   //   i: !      '.   |
            i! i !   -/―/ j/      _j:/|  ハ   / '.  ¦
            i! i !   | /  /      |`ト、; |  ′ } r=ミ
            i! i !   |ァ==ミ        -ノ、V ヽ| /   ,.=!! 〃
            i!ハ '. Kl rし.::ハ     xァテミメ从 ′  《r⌒ヒ》    ほら、この絵でもセグメンタム付きの
                 ヽY V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈  /弋__ノ    ショールを着ているでしょう?
                    小ゝ,,,,    ,    ヽ:::゚ソ / ./‐、《__》_》
              rく:人          ,,,,,  // f⌒ }>─┐
                  ノ ヽ::ヘ.    、 _       / ィーァ'´     イ
                (     \::> 、      _..   イ |/      _j
              入    ゙ー‐} ー┬  __ .===く   _ ..‐ ¨¨′
            rく::::::::::ア ー―┘ r==‐ ¨¨. ----- <:::::( _ .. -―┐
            {   ̄ ̄ ̄ヽ    |    / ´  ̄ ̄ ̄ ̄<      {
             ゝ ____j   /  // ...:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:... Y ¨ ̄


       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V    景教は支配者側の宗教だったから、仏教に偽装する必要はないしね。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    この画像じゃ分からないけど、
.       / 个 . _  _ . 个 ',    セグメンタムの中には女性、恐らくは光の処女の顔が描かれている。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄
498 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:04:38 ID:IhRGzZaw0

               _/`ヽ
           / ̄  `ー‐  ¬
         / ●      //      『宋会要輯稿』にある1120年の記事には明教の記述があって、
          { (__   ●  / l/
         \ `ー'  , |       それによると温州(浙江)には仏堂に偽装した集会場が40カ所以上あり、
          | iヽ   イ!  |       毎年正月の日曜日には僧侶と「聴者」が中心になって祭壇 ―多分ベーマ壇だろうね― を設置して
          | 乂}   `| |      愚民の男女を煽動して夜に集まり、
          | ノ  ,:コ、 |
         〃/  // |  、‐- 、    様々な経典と共に「妙水佛幀、先意佛幀、夷數佛幀、善悪幀、太子幀、四天王幀」
         ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ    という「繪畫佛像」を持っていたそうだ。
            {    |::::∨ ̄  \
           rヽ    、_、   、\
         \      \ ヽ  、)
           ー----一'^ヽ _)ー'



                    / ,r' /       }       \
                   /'/ , ' , '      _ ノー、  、  ヽ   \ー
                  / /   / ,/  /,.ィ"´   ヽ_ヽ  l    '.
                /'  '!    l_/-‐''//i/     ´l ヽ`丶、'.   |
                l'  l l   l |  //  ヾ、     l   ! |  ヽ.  !
                   |!|   从 |i_,,       ノ--ノ人   ヽ. |`¨´
                   l !   | ,-''斥芯ヽ     ァ笊込、 ヽ  ヽ!  そのうちの「夷數佛幀」が、イエス仏の肖像画なの!
               ___  ゙.ヽ  ヽ!  {l::u:::l}      {!:u::l} 〉イ `ソー'-
              ,r' / `ヽ. Yヽ  \  '.;;;;;ノ        '.;;;;;ノ  /  イ、!ヽ ,r'、__
             ,r/ ,'ヽ  ヽ! lrヽ ヽ  ー    ,    ー  /,ィヱ'ノ / ,| i ヽ
           ,.-|  {   ヾ  ヾ、ミヒーヽXxx       Xxx "´/r-'' / //l   ト`ー、
         ,r'"| λ   ヽ  l |   !  ̄l"ト、     <   フ    _ノ!il   l  l i/ l l ! |  |    ___
    ,イヾ、  l   i ト ヾ.\ \l __l | _ノノl `r 、        _ <") l ヽ、 _ゝ y' // / //,' !  /´ヾヽ
    // ヽヽ l   ヾ ヾ、\ ヽ、 ̄ _ノ  l <! - -‐ i,>)    ヾ、三 /    , 'y'   /,ィ"   l |
   ノノ   ヽヽゞヾヾヽ、≧  ,r─--<__   _,| `゙-;---''´ |_      ヽ´、_//  ,イノ/    l l
   "´     ゝ、ノ`ー──‐/       `""` ` / |   / `''ー''"" ̄ ̄ト、 `""ー''´ゝ'      ノ'
499 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:06:36 ID:IhRGzZaw0

           |\           /|
           |\\       //|
          :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.          V            V    残りの5点は個人蔵で、2011年の大和文華館開館50周年記念特別企画展I『信仰と絵画』で
          i{ ノ    `ヽ   .}    公開されたらしいけど画像が見つからなかったよ。
         八 ●   ●   八
          / .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃   ',  『大和文華』121号に載ってるらしいけど売り切れだった。
.       ./ ..l ./⌒l,  __, イ   ',
.     _/  ...il /  /     '...  ',__

                     //                   ヽ
                     / /  _  ―  ̄ ¨ ― 、 \
                    / / / /               \  ',
                   i  / /                  \ i
                 /v‐ 、 /              l:   、   ' , i
                 { | ヽ               l::  ヽ:.    i
                      >r )/_   .::/   /       /:    i::   / }ヽ
                 { ゝ_) /  ::::/   /    /   イ     l::   〉 l_}
                、 /(_)   ::i   /  .::/' /  i i   l:  { ( ) }
                  / V::|:{ :i    :l  ー―-≠-/ /   i i    l   l/_ノ  常設展示してほしいわね、人類の遺産なんだから・・・
.              /ヘ   ',l:ノ):.i   i //::/  / ´    \i_i   l   イソ\
             <   \  ',ヘ\.i  |/ xぅテ=ミ         |:l`ト  l   /::l:/  へ、
         ___\     ヘ\\ l 弋゙z'ソ       マミヾ|、 l /  /` >  /
           /\:::::.:.\  ...::::::::〉 ̄\| ハ ヽ       弋l_jソ}`l/  /,..ノ /   /_
          /   \ー‐\:_:::::::/    |:、      ::、   ハヽ¨´ /:/ (:::..    /.::
       {       \  / ̄   :i  |:| >             ´/   \:::...../ー
       >、    .::::::>/     :i |:| : \  ー -  _ ,, -イ: /::     |` ´   /
       (  ( `ー 、::_/       ,:i-―.... ̄:⌒Y¨Y ̄.....‐-.ノ/、/:       \  (::::
       \\    \. .       ヽ::::::::::::::: ,;;;;;辷ノ;;;;;; ::::::::::::::/:    . . . . ノ  \:::...
         > >      \: :ヽ: . .  〉::::::::: ;;;;;;//| |\;;;;;,, :::::::/   /: : :/     ̄



 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i       学術的にも美術的にも価値あるものだよね。
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧      マニ教はかつてのキリスト教のライバルとして欧米では関心が高いから、
/ .\                        /  ',      個人蔵のものはヘタをするとそのうち海外の美術館に売られちゃうかもね。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i
501 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:10:58 ID:IhRGzZaw0
とりあえず自分が日本のマニ教絵画について調べてわかったのはこのぐらいです。
ciniiで調べたところ『大和文華』はお茶の水大付属図書館なら見れるみたいですが、
そこまで足を伸ばす余裕がなかったんでこれで許してください。
497 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 22:58:16 ID:3MXkGFps0
コーランの最古版もモスクの屋根裏から見つかったし、これからが楽しみだな。
マニ教は流行らないだろうけど
502 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:37:33 ID:paVy0rlE0
乙でした
遣唐使あたりが持ち帰ったんだろうか?
505 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:40:52 ID:IhRGzZaw0
>>502
宋元仏画の中に紛れ込んでいた代物なので、遣唐使が持ってきたって事はないでしょう
504 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:40:09 ID:1J4nEyiQ0

マニ教の文物が日本に伝わっていたとは知らなかった。面白かった。
506 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:41:29 ID:VWfCpeCU0

マニ教の死生観の遠藤周作が思い浮かんだ来世になんか似ているぞ。
輪廻転生はするけど天国は存在するという、異端レベルじゃないってやつwww
510 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:52:28 ID:IhRGzZaw0
>>506
日本人カトリック作家の代表格が
「最悪の異端」と似たような来世観を持ってるとは感慨深いですね。
508 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:48:44 ID:3MXkGFps0
乙乙! 宋代の美術品やらは日本の方があるんじゃねってくらい持ちこまれてるらしいしな
514 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/10(月) 14:17:24 ID:sacD7uX60
>>501
国立国会図書館と、東京国立博物館の資料館に大和文華121号の所蔵ある。
どちらも面倒(特に東博は平日しか開いてない)だが、御茶ノ水に比べればマシでしょう。

ホントは荒川区中央図書館併設の郷土資料室にあるのが一番楽だけど、
何故か121号だけ無い・・・!司書さんに確認したから確実。借りパクした奴はマジで死んでいい


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 後書き
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4508.html

解説は身も蓋もないことを言いそうなキャラということでQB。
青木健『マニ教』をメイン資料にしていたからか(というか4話あたりまでほぼこれだけで描いていた)、
「このスレを見てから、青木健先生の本を読む度にキュゥべえのAAが浮かんでしまうようになったw」というレスを頂きました。

        l、            /
.        l \         //
        ,.l  ヽ- ─ - 、/ /
     . / l /       `ヽ/ヽ
    /  //  ○   ○  ', ヽ  ボクトケイヤクシテ『マニ教』カッテヨ!!
  ヽ/  / l           lヽ ',
 /\/   l   (_ノ_ノ    ,' l  l
イ  /ヽ   ゝ、       .. ´  .l  l/
 レレ       ` ー─ ´    /´l、
                     レレヾ

無自覚とはいえ存命のアカの他人に変なイメージを与えるってどうなんだろう・・・
418 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:57:30 ID:gnph.ETA0
自分も描きながらうっすら感づいてはいましたが青木先生の著書については色々批判もあるようで、
某ブログ管理人さんからの又聞きによると、

「イラン史に詳しい人曰くいい加減で投げたくなるような部分もあるが、それだけで一冊まるまる否定するともったいなさすぎる鋭い指摘が沢山ある」
とのこと。
『マニ教』のp38でボイスによるマニ教原点の抄訳を「誤植が多く、そのまま引用すると研究者が無知を暴露してしまう恐ろしい本である」
とか書いてるくせに、アンタ自身がそのクチかいw


とはいえここまで詳しくマニ教扱ってる本はないし、今更路線変更できないんでそのまま描きました。
まあ最初に「話半分で聞け」って言っといたし別にいいよね!


人_人_人_人_人_人_人_/  __           __
             (  ⌒ヽ\      //⌒
        予張.       > |   ‘,\ _ / /  }
        防.っ      (   |>=-'     `  ⌒ ヽ       rx
        線て.       >´ /           \  \ (ニ| iニ)
        !て      (  /                 (ニ| jニ)
          良      >   ●      ●            |/      .
          か..    (                   }    __  __,
.          っ.       > i    ー'ー       人   | | | /
          た      (  |\           /  ゚。  V | /  __,
                > | __ ーr  _   イ  /     / i7i7}/
             (  |⌒ヽ }        {  {{___, ノ\   /
425 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:10:44 ID:4FjiT7Ec0
1800年も前の弾圧されて滅びた宗教なんざまともな資料残ってる方がおかしいよね
ところでボゴミル派とかカタリ派みたいなグノーシス主義の流れを組むマニ教に近い異端キリスト教って
欧州でマニ教が滅びて数百年も立ってからいきなり出てきたというのは、何らかのマニ教絡みの経典なりが残ってて影響を受けたと見ていいのかな
(…)
実はマニさんの父のパティークとシリア伝道に行った「教師パティーク」は別人だという説もあるんですが、
同名異人を増やしてもややこしくなるだけだし、何よりメソポタミア→イラン→インド→イランに帰国→再度インドへ→メソポタミアで謁見に同行
→シリア伝道→メソポタミアに帰還というメチャクチャな移動を一人でやっていた方が明らかに面白いんで同一人物説で。


   /      _>‐i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\: :\ |            l
   !  _>       l:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:ハ:.、:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ        /l
   ! | f⌒;     l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ノ l:.:l、:.:.!/_ヽ:.:.:.:.:.:|: \:|         / ,
  ム l弋ノ     'l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/  !:.l !:〃⌒ハ|:.:.:.v: : :ハl         / /
  /  ぃ         l:.:.:.:,:.:.:.:.:.:./:.:__x≦、 ヽ///!| ヒ:i , l|:.:.:.:l /: :|      / /
‐く  ハ V       'l:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂 ヒj ヽi \//| ノ'ー=彡ノ: /∨: : |       / /
_  \l VV         l___:.:.:.∧___ ィ彡'〃 V   ゞ彡イ: : 〉!: : ,'    /,. ゙    俺はスペシャルで!
 `ヽ| い        /⌒ヽ`ヽ、     /   ヽ     ! |: : l l: :/    //
   Ⅵ  弋 _____/    ヽ V   /   _ r'゙     /: !: ://:∧ .//        パルティア貴族で!
   l|    V:::ヽr、ヽ     V Vト 、_____ r' /: : !イ/ //}「 ∠
   l|     ∨:::ヽl }\     Vl Ⅵ^ ー――く7 イ: : : /: / j〃 // ヽ、       長老なんだよおーーッ!!
   弋     ヽ:::::`く  \  K 弋       l //: : : レ'i  / /´ >、 i\
     ヽ     \::::::\  `く  \ \___///: : : :/ l  ̄ //::::::::>、 \
      ` 、    丶、:::::ヽ、 \  丶、_/ ̄ ̄\: : / 丿 /イ::::::::/:::::::l 、 ヽ
       \      丶、:::丶、 丶、  ヽ      y/l ̄ゝ__ゝ:/::::::::/  ` 、'、
    , -- 、   \      `ヽ、::丶、 `''┴―― /´/:::::::::ヽ  \_;/     `\

『マニ教』いわく、シリア伝道に行ってから一年での突発的な帰還は(エルカサイ教団への入信・出奔などの)
マニの父の行動パターンを彷彿とさせるので、やはり両者は同一人物のような気がする、とのこと。
さぞかし生きてて楽しかったことでしょう。
426 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:11:08 ID:gnph.ETA0

その親父に捨てられた空気な母、マルヤム。
「マルヤム」って要するに「マリア」のことなので、もしかしたらマニさんとイエスの共通性を強調すべく捏造された名前なのかも知れません。
もちろん元々彼女がキリスト教徒だった可能性もありますが。
(…)
アンモーといえば、作中説明はしませんでしたが東方マニ教会は早くからそれなりに独自性を打ち出しており、
(ミトラ神の位置づけの理解にアンモーとマニの間でズレがあった模様)
サーサーン朝の弾圧でメソポタミアの本部が弱体化した際一時的に独立しています。具体的な争点や相違がわからんから端折ったけど。

     _________________
    |                            |
    |        デーナワリー派         |
    |_________________|
         ⌒≫:.:-|::ト:: \_/:.:∠ ̄ ̄|::|
       /: }三.|::|三≧==≦三≧、 |::|
      /:.:.:.\≠|::| : : : : : : : : : : : :.:.:|::|ヽ
       .′ : /:.: .|::| : : /|: : :/ : : 、: :.:.|::| ',
    .ノイ: :/:.:/:.: .|::|:/ !:.;/ヽ.:i\: : :|::| :
        |: :.:.:.′ .,'|::|  \i/  ヽj/ ヽ|::|ノ
        |: {⌒i八{ |::|  ┃    ┃  |::|
        | : 、_,. .|::|    _     ノ|::|
        |: : /: : :` |::|_=─‐┴┴=≦ __|::|
        |: / : : : (___)) 〈()〉 (_(__)
        |/|: : : : / ヽ/   .人  ヽ、
        | : : :/|: /   /'⌒Y⌒マヘ.
        .ノイ}/从:{   /^ト-u个-u}_;}
         , -(-、 `⌒`ーl、___〕___〕
       {::   .}    `ー‐┴─┘
          `ー‐'

           /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
          / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
         //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
         .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | |  |/ /`V=、
        . || |  l  | ,X= |         \|| l }=| c | |l     ━━┓┃┃
         ! ! ヽ ゝ| ´⌒ヽ      , ´⌒ヽ.  .| /  A iiiゞV..        ┃   ━━━━━━━━
           ヽ ヽ!{     }     {     }  /  /=ヾ|、X        ┃               ┃┃┃
            `ー乂__,ノ     乂__,ノ /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,                        ┛
             /|     '          / ノ/リ-'ノ- '´  ――|
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ―゚ 。゚ 三 ≧     ゚'ゝ  イ /     -- 二二,!
        /__-== 三       ≦。    |        ___ 。 -=≦        ,ァ-  .|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       ゚ ・ ゚。  三<       、,Jト   | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ≦ ッ       ッV´≧   ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―。 ゚ 。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。 '''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
430 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:30:27 ID:BIj/rmJY0
正直言うと、耳慣れない文字が多くて弟子の方は把握できんかった。
印象的だったのは、病気の娘治したり、文字を発明したりするところだったなあ。
431 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:36:47 ID:gnph.ETA0

ウマイヤ朝下で再統一されましたが、その後またもや再分裂し、アッバース朝初期に
「アフリカから来たアブー・ヒラール・ダイフーリー」によって再統一されたそうな。このへんの詳しい経緯も不明。
アッバース朝の弾圧が始まって以降イラクから中央アジアに脱出したマニ教徒と、中央アジア土着組の折り合いも悪かった模様。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    畑耕すな泉で物を洗うな!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !   光の要素粗末にすんじゃねえ!
     /     `ー'    \ |i
   /      アンアン ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

                                           ____
これは薬草育てて医療器具洗ってるんだお!              / マニマニ \
                                        /_ノ  ヽ、_   \
マニさんはお医者さんでもあったじゃねーか!           /(●)三(●))   .\
                                       |   (__人__)      |
田舎モンにはイラクの先端医療はわかんねーだろうけど!   \ ヽ|r┬-| /   /
                                       /   `ー'´      \
(…)
ローマ帝国でのマニ教について調べる際、参考書としてアウグスティヌスのマニ教理解についての論文や
「異端」を題材にした本を読みましたが、ズバ抜けて面白かったのが以前も名前を挙げた『異端者たちの中世ヨーロッパ』。
値段も高くないしイチオシです。

///////////////////;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;ヽ//////
////////v- =ニ.. _///{;;;>ー=ニo、;;;;;;;;;;o;;く///////
V///////{ : : : : : : :`/ : : : : : : : : : : <;;;;;;;;;;;;ノ////////
. V//////{ :.:.:.:.:.: : : :./」 : : : /\ : : : : : : : : :>x///////
 ,iV/////〉 :.:.:.: : : :,’ /::ト. :./  、 ∨ : : : : : : : : : : : 〉///////
 i;;;V//// :.:.:.: : : : ,' じ'’∨  /:::} V : : : : : : : : :////////
. {;;;;;∨//{_:_:_:_:_:_:_:{::::   .    じ'’  } : : : : : : ://////////
 ',;;;;;;;\///////.八    .   :::: ,.ィ : : : : : : ////////////
  ∨;;;;;;;;\/////.γ≧=ー-o=チ:::Λ : : : : :////////////
   \;;;;;;;;;;;>-,,,,,,,`:::o::::::::::::::o:::::::::Λ : :////////////
    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ ̄。7 ̄`冖ト、/7//////////////
      ` - =ニニ/ 。/      i;;;;;;;\////////////
       r、_ ,.イ_/\    ト、;;;;;;;;;;;;</////////
       { __      r-、 / \;;;;;;;;;;;;;;</////
          `ゝ ... ___i  /    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                `'´

こっちの見解だと当時のカトリック知識人が地理的にも時間的にも隔絶しているカタリ派やボゴミール派をマニ教起源と見なしたのは
「異端が本質において同一であるという異端観に由来するものであり、
なんらかの系譜や伝播の事実に言及したものではない」だそうな。>>1もこっちに賛成です。
440 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:12:21 ID:DGuxrAlo0
>>436

これは自分の説明不足のせいなんですが、サーサーン朝&神官団の奉じたのはあくまで「ペルシア的ゾロアスター教」であって、
それがゾロアスター教のすべてではなく、特に地方では様々なバリエーションがあったはずです。
つい「ゾロアスター教」っていうとローマ帝国のライバルの国教=キリスト教に匹敵する大宗教って考えちゃいますけど、内実は割とバラバラです。
なんせ長らく聖典が確立されてなかったぐらいだし。
(…)
アッバース朝のマニ教弾圧に関してなんですが、7話投下後読んだ『ギリシア思想とアラビア文化』によると、
アッバース朝政権成立はペルシア人の支持によるところが少なくなく、またダマスカスに本拠地を構えたウマイヤ朝と違い
アッバース朝の本拠地イラクはペルシア人人口が多く、政権内にも多数の官僚を抱えていたのでペルシア感情を慰撫する必要からやったと見るべきだそうです。
(…)
サーサーン朝のやっていたギリシア哲学研究の継続にもサーサーン朝イデオロギーの継承という側面があり、
アッバース朝は実務面のみならず統治理念という意味でも、かなり意識的にサーサーン朝を参考にし、箔付けのために後継王朝を標榜しました。
ペルシア系知識人としてもそういうことにしておいた方が違和感なく体制側と結託できるので、
国祖アルダフシール一世や名君ホスロー一世を理想とする君主鑑をバンバン書いたそうな。


                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/


この説を採るなら、マニ教弾圧は君主の気まぐれどころか相当高度な政治的判断です。
前近代の人間が妙なことをやったとしても、よく調べるとそれなりの合理的判断が働いていたというのはよくある話。
「何をもって合理的とするか」が現代人と異なってる場合もありますが。
447 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:51:25 ID:DGuxrAlo0

なおマニ教を痛烈に攻撃した当時の御用学派ムウタズィラ学派ですが、
ただでさえ小難しくて人気はなかったのに、その後「コーラン被造物説」を唱え、
これを受けたカリフ、マアムーンがミフナ(異端審問)始めて一気に顰蹙を買います。

                                                      ノ )¨¨:、-.、__
          --――――--                          ________j |ヽ  ;  i ヾ¨;_
        /        、      ヽ\                      i´!|        |三三「 } }  } } .}j
      / ̄ ̄`   .,_   \     }  }ヽ                     | i!|           l| |l  し! / ./イ |
.    /    _/   ̄ ̄`ヽ.,___ノ ノ '.                    | i!|        《___》  `¨`¨   .|
.     /      ヽ           `¨¨¨ l }                   | i!|                   |
   /       ̄/ ,:     ':,       jノ                        | i!|                   |
   /     '''フ /        !   /   |                        | i!|                   |
  ノ: : : : -==/ /  ̄ ̄`丶、|   /   .!                    | i!|                   |
  \: : :___: /   ¨¨弋ツ¨:.:.:.  /-―― 〉                   | i!|                   |
    ヽf  ヾ       '"    ト、¨艾`/    コーランは永遠なる神の言葉ではなく                  |
    | :.:.:{            |   │     その被造物に過ぎん!   | i!|                   |
    ヽ`′             |     ′                     | i!|                   |
     `ー!          ':.:.:/   /                         | i!|                   |
      │:、     ,,-――‐; /                      | i!|                   |
      │ \   ` ――‐‘ /                             | i!|                   |
      │ ':, 丶     ̄  /                          | i!|                   |
      │  ':,  ` .,___,ノ|                         v/三二二二二二二二二二二三/
      r┴――‐┐┌――‐┴┐         / ̄ ̄/¨¨¨ヽ―- 、___/: : : :/: : : : ::i : : : : : : : : :│
      |: \/////┬/////////|__,.. --― ': : : : : : /:.:.:.:.:.:/ : : /////: : : //: : : : : ::!: : : : : : : : : :|
    /|: : : \///|l|l|//////////////: : : : : : : : : : : /:.:.:.:.:.:/: : :////: : : /: :/: : : : : : :!: : : : : : : : : :|

あるいはマアムーンの要請を受けて「コーラン被造物説」が提唱されたのか。
どうもこの辺りの話は、コーランの権威を盾にカリフ権を制限しようとする法学者に対し、
神学に対する哲学の優越を確立させて世俗権力を理論的に正当化しようとする意図が働いていたみたいなんですが。
449 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:58:06 ID:DGuxrAlo0

ミフナは大して効果が上がらず、特に鞭打たれても自説を曲げなかったイブン・ハンバル(後のスンナ派四大法学派ハンバル派の祖)が
逆に大衆のヒーローとなってしまったので、そのうち形骸化し、評判落としたムウタズィラ学派は御用学派から転落。


           <     :,   \
         /         }   } \
        /__,. ----==- 、ノ>―‐z.._ヽ
      /   /               } }
      /    {                | |
   r=彡 __ム  ___,ノ      ゝ.,__ |ミ|
   ヽ: . . : . . :/                |:./
    ∨: . . : .7     ●      ●  j/
      \ -、/    u ゚//////////゚u  | }
      {: . .     u    r~~‐;   u .リ
      ゝ _,、 u   /: : : : : :|  u )
           `  ...__└~~‐’   イ
             }三三r「{ ̄
            ィ´:.:.:o===o、
             /:.:||:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.||:、
          /:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.リ:.:i

マニ教と同じく、かつて一大勢力を誇り歴史上に足跡を残したが異端に転げ落ちた一派がここにも・・・
451 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:59:10 ID:DGuxrAlo0

ムウタズィラ学派は思想界の辺境に追いやられて、圧倒的多数のスンナ派からは
批判的文脈で言及される程度でほとんど忘れ去られますが、各地のシーア派に保護されて一応現在でも生き延びてるそうです。
諸行無常。
(…)
どこまで調べても牟羽可汗の入信の理由はわからず。なんなんだよホント。


    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |.   マ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|.... ニ   〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ.... 教... (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕..... ェ.. 丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ..... !.... |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::| 新 オ お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./| た レ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::| な に は |::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光  と    〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}  だ  っ   丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈  ! て    |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|    の    |::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j         |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
457 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:19:00 ID:20rT37As0
仏教勢力対する対抗勢力を築きたかったんじゃないか?
458 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:20:22 ID:O32eUiX20
遊牧民の資料のなさは本当困る
459 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:22:23 ID:DGuxrAlo0

           ,. -  ̄ ̄` ゛ ヽ、
         /          \
        /         }       ヽ
       /   |       ハト、 |    ’
        /   l   //  i|,.斗─  | :|        ウイグル王国時代の遺物が見たかったら
       {   /|__ ./    .リ リ\| :| :|        このサイトがオススメよ!
      丶  {´\|       _,  } ハ/
        イ ィ=ミ    ィ=ミ ムイノ        ttp://dsr.nii.ac.jp/
     _ /|           /〉//У ̄ ̄`ヽ
    /   `ヽi^ixx  、__,   xxrvィY´  rニニイ}
    辷> 、 〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /} {  / 、 x‐=ミ
  x‐=ミ ノ/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}\{_У     }
  {__  \|  /   / l ./|   | /  |  ヽ∠ニニソ
  ゝ─‐ヽ | /   ∧ |/ .l  |./   |.  \ __


¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.    『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブの項目から
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.    「マニ教」で検索すれば色々出てくるよ。
  .,:′           `ー'^ー′    }  i
 人                   .:   |
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |
460 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:26:48 ID:DGuxrAlo0
>>457
だったらゾロアスターなりネストリウスなりでもいいわけだし・・・



                 从人ノ、
               ゝ从    ゝ - ―― - 、
              ゝ 〃   /////////////\
               _フ /    f/////////////////\
           ⌒7 /   f⌒Y Y´       ̄` ー-、//ノ
              厶イ   f´¨`Xノ          ト<
               ノ/   `Y´              ′
              ´/    ,.イ ′′ _,∠/ //  ハ}   '.
             厶イ从i'′i | !   〃/× / /  i   i!i
               '′_ ヘi「{   ィ斥ハ、 .'/ .-‐ ,ヘ ハ!
                    }   \A人  ゞ-゚'′   ィ斥厶ィ/ ノ    さらにここでは、ベゼクリク石窟を
             __  .ゝ.   \i ト、!    , ゝ゚゙从/      セカンドライフ上で再現もしているわ。
            {i \   \  ∨i\  r_ァ   仆、_
             ゛、  \厶_\ ii「丶゙ .z-  ≦=- /      ttp://www.youtube.com/watch?v=1pWaHs2PyWA&feature=plcp
                 > -―iー、__`ー' __\f`>-=x __ ̄
         ´`ー―/   __|ヽ_)  ` i二)、r'''`ー/  ヽ、= 、
            i  ir" |-、__    i'-‐`ー=-ー''',,  ヽヽ ソ
            、  {i .|`ー--'、   |`ー" .|'''' ̄_rー  .ヽi
             ヽ、_`-ヘー、--'  .,/、>-ミi.'--ニ'''  〃`ヽ
              v ニ 、`_-==-'/      i`ーヘ=="   ヽ
               ∨ {!    `     }    \      ヽ
                 ',  ヾ        /    ノ\    ノ


 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |  なんで今更セカンドライフ・・・
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i
462 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:29:30 ID:DGuxrAlo0
                     -―― ー-
                     ´          `丶、
                /                     \
                       /        \   ヽ
               /           /、        ヽ  ハ
                /           / '. !  i|        }
             ′| | | . イ /  `ト}-- |、._|_    |  |
               | | l  ムイ /!/    !.| | i|  }     |   |
               |! {  { |i /_{'     jノーィ==ミハ }    !   !       ほら見て!
               |イ|、 、 Ⅵ==ミ     " .:.:.:  }/ /  '-、ノ `ヽ
             |j \ヽ `¨:.:.:.:.     .:.:.:.:.: ムイ /´ノ> ´ ∧    ぬり絵まであるのよ!
                   ゝトゝ.:.:.:.:. ′ _  ∠ イ¨´/ /   ヘ
                 K ヽ、   マ   ノ   . イ {_/./ /  /彡ノ   ttp://dsr.nii.ac.jp/kids/asobu/nurie/
                 } ー ≧  _ ¨´_ <  }ハ ヽ/ / .イ ー ´
                〈ー -=ニ三 / rzzvzzz彡ヘ、{_/ |/`ヽ
               r≧ー―‐≧'_ノ  }i{´    Vi7ー<//}
                  ノー r ´ ̄ }iム-‐ ムY、⌒ヽ /i/   `ヽイ
                  ー 、./  く::::::::/⌒ヽヽ\::::::ハ       〉ニ二⌒ヽ
              r≦/ ∨  〉::/⌒¨¨     ::::::::{ /    {    Ⅵノ
               / /   /   {::::{ >}     |::::::ノf      、   ノ´
             /   ./    ヽ`77     |一 }       ヽ
                〈     {      //ヽ _  ⊥  /
             \  へ    // f´     〉/         〉


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l  どういう層を想定しているんだろう・・・
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
463 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:35:44 ID:DGuxrAlo0

中国のマニ教についてはciniiで見つけた『中国社会におけるマニ教の認識』が参考になりました。
他にも色々調べたけどまとまった情報は得られず。
(…)

もう知ってる人も多いと思うけど、ここで現代中国のマニ教寺院の話が読めます。
つーか日本語じゃこれぐらいしか情報が見つからなかった。せっかくだから簡単にはわからん話を書きたかったんですが。

ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/yomimono/mani.html

                         _  ___
                        _ヲ,7____|、
                        彡☆j   i 、 ヽ
                        ' |´`/ // ヽレ)ノ
      ____              Z_z(| | ┃ ┃ |!z                 / ̄ ̄\
     /-‐  ‐-\            Zニハゝ''' ヮ''ノz_Z            _ノ ヽ、_  \
   /  一   ー \          乙´       ,ろ           (●)(●)   |
   | ⊂⊃  __'__  ⊂|          /│  摩尼 │\           (__人_.)   |
   ヽ         ィ‘        <  \____/  >          |`⌒´    |
    │       │              ┃   ┃              ヽ,_   _ノ
  /│  明使 │\             =   =              /    \
 <  \____/  >                             /│  霊相 │\
     ┃   ┃                                <   \___/   >
     =   =                                    ┃   ┃
                                               =   =
470 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:51:55 ID:DGuxrAlo0
もう遅いし、とりあえず今回はここまで。
続きは多分今週中にやります。
479 ◆OkhT76nerU 2012/12/02(日) 22:14:36 ID:uc32GexI0
マッコーリー大学のサイトに現代中国のマニ教について書いてあるっぽい記事を見つけた。
ちゃんと読んでないけど。

ttp://www.mq.edu.au/research/centres_and_groups/ancient_cultures_research_centre/research/cultural_ex_silkroad/zayton/“







マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 最終話 わたしの、最高の宗教
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4422.html
      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i  東方マニ教会はアンモーの頃から仏教徒と積極的に交流して、
       八    、_,_,     八  教義に仏教用語を取り込んでいた。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


                                           _//_\い\
                                 _  -―┐ <_://::::::::::\} }〉〉  -―‐-
                                   ´ /     { ̄_ノ{/`丶、::::::∨///⌒\ }
                          /  /     -‐ァ    | ー=ヘ::::::レく∠ニニニヽ/./
 ┌─┴─┐      ,r'""´`゙゙''、,     /   /   /    /         \:::::::::::::::::::::::∨
   ノ  レ       /       l,   / / / /\    /        ̄|   ヽ::::::::::::::::::::_>
   ─┬─      rヽ  .,‐- ,- |  〃   //汽   /'  / /      |    ハ\:::::厂\
   ─┴─       ヾ   `゙" ,l ゙´| ./ //  /   r';:〉 // /⌒/\/        '.  ̄   ヽ
 ヽ ├──      . _>    -=='./  |/  |/∨、、、ヾ'   /≧x.///   /   /  }        '.
 ヽ ┌┬┐    _/|, `゙ヽー--ノヽ、,_   ∧   '      r';;:::犲'   /   /   ′  }   }
   . ┼┼┼ rー'""l,  'l,     / .| ||/`>、、          ヒ:.ン/   /      /
 /  └┴┤/    |   'l,    /  .|./》/ ∧.   〔::y    、、、/ //  /       /     ,′
       /  , | ヽ   ヽ,、/.@ / 《l,l / ヽ 丶      -=彡   '⌒)'  /        /
       /  、,ヽ|/ ヾ。ツ`' 「ゞ / /《ヾ  /゙ヽ   >‐-;    イ、_ ∠  イ     /      /
      ./  ///l`゙'゙ー-'"  / // ノ// //`l、二   }   __,|_⌒/     /
     ,|.  /// |  |___,,,ノ≡≡ツノ//_,,-‐'"".l,    厂 ̄ ̄\__\/  /     /
     | /// /|    /二=‐'"´´/ /`゙゙'ー-、,_.l.=ニ二|:::::..    -=ニ二         /
 .    |/// / |   /|三="´  / //"´´゙'ー、|    |/       ´        /
     ///ノ   ノ ノ ノ‐-二‐'"´ ノ/r=、,_ー-、_|   /     /  /      /
140 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:46:59 ID:SLJnG6Qs0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V    乞食などの仏教との
  ./     /v⌒;                  i    表面的な類似性によるところもあるけど・・・
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧    何より環境によるところが大きかった。
/ .\                        /  ',   中国やインドから、仏教徒のキャラバンが頻繁に行き来していたところだからね。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i



    / : : : : : : : : : : / .,': : :,′       | : : : jヾ: : : : : : .: .: .: .:i;;;;;;;;;;;;;;;;\
   〃: : : : : : : : :/: :./ .|_: :,′       l: .: .:,′ヽ: : :} : : : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   {: : : : : : : : : :′:/ー┼‐ト、       j: : :/-‐一\.!.: : : : : :..:|;;;;;;;;;;:/
.    : : : : : : : : : :i: :/   ヽ、|         厶イ     .}i : : : : : : |;;;;;;/:}
    '.: : : :i: : : : :ト/   ||||            ||||   リ : : : : : : |/ : :/
    ' : : :|: : : : :|    ||||            ||||     | : : : : : : |: : : /     ミフラグ   パリニヴラーニグ
     \ト: : : : |    ||||            ||||     | : : : : : : |⌒ヽ    弥勒菩薩?  涅槃?
          \: {    ||||            ||||   ノイ: : : : : :k⌒ }
           / ヽ                         |: : : : : ′} /    なんか格好いいじゃん!
.          {///////          ////////|: : : : /  /
        八             __          .: : ://ー       今度作る讃歌には仏教用語入れてみっか!
        /: : :>、        (::::::::Vノ        / : :.//
.      / : : /: : ::,>, ...  ______  ......   イ: ://
    / : : :/: : :/ :/: : : !: : : :',       /: : :/: : : :\
  / : : :/: : :/ : :/: : : : : \ : : ',      ./: :/: : : : : : :',
143 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:50:11 ID:SLJnG6Qs0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V   それに啓示とか預言者みたいな概念は、
.       i{ ●      ● }i   セム系一神教の文脈を知らない相手には伝わりづらいしね。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',  得意のパクリ体質も相まって、必然的にマニ教はどんどん仏教化していった。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄



    //. /: /: : : : : : : : : /: : : : : :|: : : : : :ヽ: : : : : : ヽ: : ヽ\\
    /   /: ://: : : : : : ,/: : : : : : :ハ : : : : : : ',: : : : : : : ヽ: :ヽ .ヽヽ
       /: :/ : : : : : : //イ : : : : // |: : : : : : : | : : : : : : : |: : ハ  V
     ': :〃:/: : : 、 // ||: : : : /イ   !: :!: : : : :リ、: : : : : : :ハ: : :|
      |: :! ! |: : : : /ヽ |: : : :/〃   |: :| : : : /: :!: : : : : : | ヽ: :!
     V:| |: V: : l_l { \_: : |_,{{   |: ハ_:_:./_!: |: : : : :!: :|  V
      V .|: :ハ:/、/≧=ァミ: :| ヽ ーj/¨|: / |`リ、: : :/: :リ
       |: | ,ヘ:ハ弋:::ノ `ヽ     〒テニzzレ|: /: :/: :/
       |: :\| \{ヽヽ        弋:::::ノ〃リ/: :/: :/    別にいいじゃねーか、マニだってゾロアスター教の神格使ったし。
       /: : : : \       '   ヽヽヽ /ノ:/: /
        /: : |: : : : |> .   ‐‐、      イイ : : イ      要するに光と闇の戦いの構図を崩さなきゃ
.      /: : イ: : :/: ! : : 个.- ニ′-‐: ニ :´:|: : : : |      名前は何だっていいんだろ?
     /: //⌒Y_ノ/⌒j′    |⌒ヽ-イ⌒ヽ: : |:ヘ
.    /: /′  {    |´  、    ´7   }   〉: ヽ:ヘ
   /::/ヘ    ヽ   ヽ    ′ /   /   / \: : :ヘ
 /: /   \    \  \-----/  /  /   \: :ヘ
146 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:52:09 ID:SLJnG6Qs0



                           /Vl/)
                          /。。。./
                     ヘ.   , ---、'´
               lヽ 、__/ハ、 /,´l ̄lヾi
             ,, ==、、/ >     ヽー-ノ_ノノノ
      (二⌒o_i|__/ l     ( ')lー'´ー '
      (´ー' {o||    八( ')  ,_ ノ
       > }oゞ__/  ` ー  イ        これは9~10世紀のウイグル王国時代に描かれたマニ教絵画なんだけど、
       し´ ̄ ゛=''ー---,'   |/´`)      天使が蓮華の上に乗ってるあたり仏教の影響が見えるね。
    , ―― 、  γ'   ゛=''    | /´
  /      ー'           ノ'        上にある白色の礼帽は教祖マニの象徴だよ。
 /     γ´ ̄ヽ、  )__,| /'´
 |      i'     ) ./,´  | (
 |     /、    (,,,) ´   t...)
 |     / ゝ ___ノ´ ̄`ヽ
 ゝ            /⌒ν
  \          /
     <____ノ






                  _.//{          _ _
                /.ヘヽl        /JJ、
               ///`´        ./.-っ(_ハ
                 / /.._/          / / /`′
      .-、      / /.__/            ∠`ヽノ
     /.-、ヽ.   _.../ /.__/          /:.:.:`ソ′
.       l l  ⌒/ /..__ハ       /:.:.:.:.:.:/
        l l  /∠.._//      .-く:.:.:.:.:.:.:./
\=ミー、 _.-'7 lブ.∠__//    _. -'へo\:.:.:/
  ヽ}ミヾ彡 `ー'.∠..._∠-'Z_. -‐'´    .ゝo V
  ノ ミ.:゚・。彡'´Ll.!ヽ(.:.:.:.:彡 ̄     / ./-‐'
  / ミ.:.:..:.:゚。 /三{ ハ.:.:.:.:.:..ミ.    / ./                                            ,.       、
 メ ミ.:.:.:.:.:..:ト、__j__r' },゚.:.:..:..:..ゝ ‐'  /                                             i  >ー  < /
メ ミ.:.:.:.:.:..:.メ。 `i´ ハ.:.:.:..:..:..:ゝ  /      他にもガネーシャなどのヒンドゥー教の諸神格が           Y o   o  Y、
:彡.:.:.:.:.:.:.:.:メ ゚。 、レ 。゚ .l.:.:.:..:..:..:.:ゝ''´       マニ教の守護神として描かれている細密画も発見されている。  ./i  、,._,    i \ィ=x
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ____゚。ハ。゚___.}.:.:.:..:..:..:..ゝ                                               / ヽ、     ノヘ  \ }}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:メー--゚X.゚--ーl.:.:.:..:..:..:.:.:〉                                             ,〆、 / /    \ ', __シ
149 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:55:18 ID:SLJnG6Qs0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   こんな感じにかなり仏教に影響されてきたマニ教だけど、
       八    、_,_,     八  中国という中央アジア以上に異質な環境の中、マニ教は更なる変化を強いられた。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__




        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |  こっちじゃ刑死は不名誉?
   \        lェェェl /
    /         ヽ   殉教の尊さがわかんねーのかお!?
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿
151 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:57:15 ID:SLJnG6Qs0

               +
                  (
            . -  ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、  +
       +   ,. ´                ヽ
              '                  ',
         /                     ',
            ′                  ',   +
    +   '    .u               .!
         i        _.ノ      ,;―  /  +
       ,-- 、     x= j     .-     ′
       〈 入 | '  ,ィfう圷       fラか /      世界中に私の教えを広めるとは言ったけど、
      丶_, ヘ.   込ぅシ       ヒツ /      流石に中国での布教プランまでは考えてなかったわ・・・
         .   \ .   、、、、       、、, j
             ヾ         ′  , '       あっちの事情は全然分からなかったし・・・
            .>‐‐> 、  ―  .... '
            /    \ーz ト-、>‐、
        ノ ´  ̄     }トr<7斗‐┐}
   .r‐<        /  }  }}____j ゝ
   {{_ ..---─   / ___ レ'ヘヽY`ヽ\
   ∠_  ̄` ___/´ ̄     \\ \\




              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ    まあ、ローマ帝国からインドまでを射程に入れてたってだけでも
       __      //   =   =l    君は3世紀人としては異常なまでに視野が広いと思うよ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
154 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:00:56 ID:SLJnG6Qs0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    それでもマニ教聖職者たちは、正しく教義を伝えようと
       八    、_,_,     八   彼らなりに努力はしてたみたいなんだけどね・・・
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄



           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |  マニさんは、
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |  フレーシュタグ・ローシュン(光の使者)なんだお!
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈




                   rfニ、ヽ
                   l。 。 f9i
                   t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
ふれーしゅ・・・ なんだ?    `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
                   ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
漢語でおk            /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
                  ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
                  l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
                 /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
                /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
                ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
                   !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
                  /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
             . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
             `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
             -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
             、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
             ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
156 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:03:38 ID:SLJnG6Qs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u| えーと、漢字にすると・・・
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
157 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:07:21 ID:SLJnG6Qs0

                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     | 仏夷瑟徳烏慮詵。本国梵音也!
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |
           i´ ̄ ̄`i                 l   |



               rfニ、ヽ
               l。 。 f9i
               t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
                `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
               ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
何言ってんだお前    /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
               ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
               l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
             /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
             /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
             ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
               !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
               /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
          . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
          `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
          -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
          、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
          ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
158 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:08:31 ID:SLJnG6Qs0

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |  うう、漢字は音写しようとするとイミフになるお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |   こうなったら・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
160 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:09:45 ID:SLJnG6Qs0

                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ   摩尼光仏!
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |   マニさんは光の仏陀なんだお!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ


                   ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
                   j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
               r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
うおおおおお!!    `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
                にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
そりゃスゲェ!!    ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
               ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
               W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
                 ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
                 lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
                 ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              .    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;
161 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:10:23 ID:Eb3MWMSI0
なぜそれで信じるw
162 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:11:48 ID:SLJnG6Qs0

        ∨ \   ./
       ∨ /\/
.        ∨ ./    、_ ,,                         、_ ,,
        /   '        ̄                           ̄    こうしてマニは仏陀になった。
.       /   ‘
      /   :
.     /    .l
     /
.    /       ‘,                  ゝ ^ヽ _ノ


                         丨    .   │
                 ,, - ―┼ー-.、     人
               /         ヽ ̄. Y  ̄
              /           ヽ  │
.                {   _            .i
               i   '⌒       _   . │
              ,-i         "⌒   j     頭が軽い・・・
             l 6{   -      _     .i-、
                  ヘ{ ´ ̄ヽ     _   ♭ノ    こんなサッパリした気持ちで布教するなんて初めて!
              人    ,     ` /
             '⌒i::|  个 、 、_ ,   _..イ`T^T^¬、
            /  i::|  i\ヽ`ー‐≦ /}  i:::::}   ∧
.           /   ::|   \\_}V{_//   i:::/
          _/     リ    __>ヲ}_{F<     !/  /   }
       〈     i/    フ_/ 卅V^i_〉   \ /
          、     i     `¨   i/´ ̄ `ヽ   ∨   /



              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l     眩しいから頭を戻してくれないかい?
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  絵画の中の君は頭剃ってなかったんだし。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
166 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:14:14 ID:SLJnG6Qs0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    唐代にマニ教聖職者が玄宗に提出した『摩尼光仏法儀略』の中でも、
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.   マニ教が教義を中国向けにアレンジしつつ、
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   仏教に得意の浸透を図ったことが見て取れる。
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/



           *  ______
     / ̄|  +   /        ヽ   + 教祖のマニさんはこんな偉大なお方なんだお! 
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |  マニさん   ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ マニマニ     .|
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  アンモーちゃん   .: アンアン        |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |  メロン・キュウリ・ブ : ドウ 光の要素     |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |
169 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:16:08 ID:SLJnG6Qs0

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ マニさんこと光の仏陀は蘇隣国(バビロニア)の抜帝(パティーク)の王宮で、
  |     |r┬-|     | 金薩健種(カムサラガーン家)の満艶(マルヤム)から生まれたんだお。
  \      `ー'´     /

                                              ,  ── 、\、
                                           _  ´ ̄ ̄ ̄`  \j \
                                         ,  ´     ‐-、ヽ.   `  L.
                                    、__/ /   >― ヽl     \\
      /   /     |  ヽ    {    |    ゙:..    .   `¨¨¨¨ア    /  / ヽ ⌒     ヽ.ヽ
         .:       |   _.. \  |i、  ..」_     ::.   }     /   ,     /,   | ト、      ∧゙l
      i   jl    | |/    \{^\ 卜、`ヽ  j::  jノ     /   /   ,  /  '| | \     |
      |   |{    ト、{ _.ニミ、     ィ''Tミxト,               /   /    |  | / /l ム≦ ヽ ム  .′
     ! 从   { ィf゙.::://ハ      |//:j|ハ| /^リ/     / . イ |     |  |/l ///ィf:Tソ l/l|/
      ,::/癶ト、  Ⅵ{iイ//:::}       {//:リ }イ       ー ’ ´ l .|     | /.〃//  ̄     ソ/ ヽ
      }/八 `个 .._`ゞ、辷ノ     ,.  ー'  jl1            l ,|     | { /j/´      r └一ソ
      j/  ヽ、|   ¨「       ,. -┐    人|           _ノ八 l l ト.| ヽ ,      /l    く
      }     |i    ト、     `ー ゙  / |            ̄  ヽ| .ヘ|个. ゝ__一’ /.⊥.   、ヽ
       ,.゙    |l、   ゞ    ._     ..イ      .              ノ' (,_/ へ.   / //|    N
     /      メ癶,   \    /マ〔 : il    i                 〉 〈(_({.三´三 ィ レノ | |
    /       〃 : . \   \   ∧: :i|     |                 {/|∧      ||||ム∠.___
   {       /: : : : : : .\    ヽ  ノ}: i|     |          , ――‐┬’´  \    .」/l/l/ /     ` ‐-、_



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i まずは王族の生まれってところが強調されてるね。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


             rf´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` .
         (`Y´`斗 ´ ̄ ̄`ー 、  〉
         _(__i/   ,〃\    ヽ'
        彡ィ//   _//   \   !
         从{ l! /   /       )ィ  i   重要なのは光のイエスに使徒としての使命を与えられたことであって、
        `i |l ノ    `ヽ   リ .'   肉体の由来なんかどうでもいいんだけど・・・
         r=-'|l ●   ●  ノ. |/-=-v
.       ゝ--|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃/r/____}
.      {`ー< /⌒l. __,  イ ̄`ヾー┐
        `ーァ/  /><l |    〉ー ′
        /〈 ̄ l 半  人.  / `ヽ
172 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:18:21 ID:SLJnG6Qs0

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |  マニさんの母満艶は斎戒潔斎して、
    \      `_⌒ ´  /  清浄なまま胸からマニさんを生んだんだお。
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /                 ィヘ
     \_/    \_ノ              _,ィ  ̄`ヽ:\
                            / {/o /}/i}::::|l
                            {-人 ァ o人::!{
                    .         )` /¨ ! ̄}_-{从
                             {_, _j` 彡′


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ─      ─ }i     明らかに清浄なまま母の脇から生まれたという
       八    、_,_,     八 =3  仏陀生誕のパクリだね。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
174 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:18:25 ID:Eb3MWMSI0
滅びた王家の出身
なるほど、ブッダっぽい
175 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:19:48 ID:SLJnG6Qs0

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \     マニさんは神験九徴、
     |       (__人__)   |    時代の人々に抜きん出ていて道を熟知していたお。
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  その体質は孤秀にして、その叡智は日月を貫いたお。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


               _,,.. -―-ー-....,、
              ,..-''゙´          `゙''‐、、
             /       ヽ ,'          \
  , /     ./    ,   ,/             \
 〈 〈       / ,  /   '   /\          ヽ
       / / /       i /  ヽ  ,         ヽ
      rーx, /      ,ト/、     ', ハ ',  ,i    ヘ\
      {{⌒Y^V   ,  ノノ \   ∨ハ ,' / }    }゙`'ヽ
      _」γ√ {   i /_,,zvzz,ヽ    |/ 从-ノ ∧     }
      《て ・ フ_j,   |,//´了マミ|'      イテミッ、 | ,}   i     、、
   ,.   Y'个ハ、i   i  |弋ノッ       iイわ'ヽ| } ノノ   ,   ヽヽ
 _ノヽ_  ヽ_入j r \ |  `-ー´       弋ン'  }_ノノ'   _ノヽ_   ' '  これは問題ないわね。
. `Y´   ,r-、ミ_!  <_乂  〃〃     '      ,イメ,___   `Y´
     /゙゙`'ー  \__,,、 ヽ      、     ″″ノ´   `ヽ、
     |_     ヽ\. \       `ー ´     / --r´二}
     _ ̄'''>ー、__У  |>ー,,,__   __,,,, イ (  / /
     {  ̄`-<--、_} ̄`\ \/ ̄[ンー''レ--〉彡<_ヽ-ー-┐
     L二ー /    { : : : : \r┴,/: : : : :.{   ヽ, 〈  =ニ二~}
.      \〈 ̄    ヽ } : : : : :. ヽ  〉--: : : }    i、\-< ̄
      | ,)丿     | }: : : : :.ノ'- 'ヘ、,;_: : : } |     i,  `'ゝ>
    ~゙|゙~´       i }_,; -イ: |    ヾ, :\、 |、    i   乂 
    /         'i   /.: :|      ヾ_ノ i V     \
177 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:22:23 ID:SLJnG6Qs0

           ____
         /      \
        / \    / \    マニさんは二宗三際の教義を開元し、
      /  fてハ`  ィて刀 ::\  その言葉は明快、その理論は直截、
      |      (__人__) :::::::::::|  その品行は方正、その証拠は真実だったんだお。
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \


     l、    /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
  __| V   / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
  \      //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
  <     .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | ∧ |/ /`V=、
  /     . || |  l  | ,X= |         \|(__;)}=| c | |l
. '一 7     ! ! ヽ ゝ|, ´⌒ヽ     , ´⌒ヽ.  | /  A iiiゞV
           ヽ ヽ!{     }    {     }  /  /=ヾ|、X
            `ー乂__ノ    .乂__ノ  /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,    自分で教義を一から考え出したことになってるじゃない!
             /|     '      ∥∥ / ノ/リ-'ノ- '´  ――|   啓示はどこにいったの?
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ――-、ー ヽ、 |    |   ,. イ /     -- 二二,!
        /___   ` ヽ、 |_____|- '´  |        ___  `ヽ、    \|ー -=---、__,.|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       /   ` ヽ<´`ヽ ,.ノ、     ̄l ||  | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ,/ ̄ ̄ '、::'、  r---- 、_, |l|  ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―-、_/     、:::、 .|    _ Y'''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
     ____, /     ヽ 、::、 ヽ    __ ,| ,!-     |   |_ ヽ--――
     /    /      ヽ 、::゛、|      |'ヽ     /   |`゛ヽ


                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \      そんな事を言ったところで、
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \    中国人に伝わるわけないじゃないか。
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }
180 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:25:30 ID:SLJnG6Qs0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       でもいくらマニ教側が仏教との類似性を主張しても、前回少し触れたように
       __     //.      __,l      仏教勢力からは異郷から来た不可解な「邪道」と見られていた。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   つまり、マニ教を明らかに仏教と異なる他者と見なして距離を取ろうとしていた。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  実際まるで関係ないし。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ


           i|||||ミ,' ./           ',ミl|l|l|l|l|l|l|l}l|
          /⌒V  |  / ̄ ̄`     ,_',リ|l|l|l|l|l|l||l|
          { l  ,'  |  ニニニヾ       i|リ/l||l|l|l|l|l|
          ヽ   i  |  卞O≧   ,  ___|リ|l|l|l|l|l|l|l|l|
           |ハ   |     ̄    l  ≦O|>/l|||/`,||l
           ||||||!   |         l    リ l|l|l /|l|l
        ___||||||l         ^ ^    / ///|l|l||l
    _,,.-‐''"   ||||||ハ    ,' _,,.-‐ー-、 :    /' ,'l|l|l|l|l|l|
_,,.-‐''"       ||// ∧    ヽ、 ̄ ̄ >,'  / /l|l|l|l|l|l|l|
          ノ∧ | \    丶ニニ/   //l|l|l|l|l|l|l|l|    おめ゛え゛ーーのせき゛ね゛ぇーーか゛らー!
          /   l    \        /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l l|
         /    l     \,   ,. < /l|l|l|l|l|l|l|l|l| リ



                                           メ ,, -──- 、._\
                                         メ/ u    ゚ 。 \\
                                       / /    ノ  ヽ、   \\
                                        ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
                                       \\    (__人__)   /く<
                                        ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
182 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:28:12 ID:SLJnG6Qs0

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  中国に根付くために先行宗教と仲良くしたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも仏教は邪道扱いしてくるんだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから道教と仲良くするお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '  そこでマニ教は、中国で仏教と並ぶ地位を占めていたもう一つの宗教、
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }  道教にも接近を図った。
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /   道教は、必ずしもマニ教に敵対的というわけじゃなかったんだ。
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡
184 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:30:44 ID:SLJnG6Qs0


   , _-- ,
 , ' .,' . ',.  '.,
 !  {'ー':::', . ',
 ',  ヽ:::::ノ  /
  丶    /
   .`¨¨´                                道教経典には『老子化胡経』と総称されるジャンルがある。
                              _
                                ,. 'r─., `ヽ    これらは老子が中国を離れ西方に向かった後の事蹟を記したもので、
                           ,'  ',__ノヽ .',    老子を釈迦の本体または師、あるいは釈迦の本体を
                            ',  {:::::::::::}  ,    老子の弟子である尹喜ということにするのが基本的なパターンだ。
                           .ヽ .`¨¨¨´., '
            l                    ` ー‐.'´
          `ー―,
188 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:33:05 ID:SLJnG6Qs0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                  つまり仏教を道教の文脈に取り込んだ上で、
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   道教の優位性を主張してるわけだね。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :  日本にも本地垂迹説っていう似たような考えがあるだろう?
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
189 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:33:59 ID:SLJnG6Qs0

      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:   そして道教は、マニ教にも同様の取り込みを図ったんだ。
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.       敦煌文献の『老子西昇化胡経』にはこんな記述がある。
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.
190 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:35:41 ID:SLJnG6Qs0

その後450年を経、私(老子)はおのずと光明の気に乗り、すべての欲望を捨てた境地を出て
西那玉界の蘇隣国に飛んで入り、王室に生まれて王子となった。


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、
.       | /  /  /´/'´_, -ェェェェュ、゙ト、lli、   \ i 丶、 ヽ ヾ-、,_
.        l /, イ   /  / /タ'゙´ ̄`ヾミミlト、li、 、  ヽ|    ヾi, lヽ、 `'-、,_
       // , '   /  / /シラ/ '´   `ヽ、\i|ト、li、i   ゙i\ `丶、 lii ヽ  ``'-、ヽ
.      ,′イ     / /彡イ        ヽ.ヾilli| |   |  ヽ丶 ミlll|  ゙、     ヽヽ
      i /      / /彡ソ′_ン--、      ', ヾl|; !    l    iヽ ミiト、  ',     | l
    /     , ´ ノFレ'f  ̄ <-⌒ヾ丶、  ', lリ     l    i _ ミi、  i     ノノ
    ,'      _,ィ个シ   巛l川∟__ ヽ-、ヽ、  ゙!、  ,′,   | Yヽ ミ、 | ,〃´
   l  _,,、-=ニ三ニシ    ンン ン"´     ヾミヽ, ヽ ! i    | lヒニi, ミ! l| r爪
    | /シ三ニ=‐''゙´     シ ´   `ヽ、    lミミ\ ヽ  |   liノ=二! Y! リ リ州ト、
   |!ツ´  丶  /″     r'´ , ---、\ヾ i、ヾミ,\   _, -'´-三イ ミl ト化㏍ヒ_
 fて,!l{    , i lァ, /   /    ,、-''ン_,,``ヾミミミ\ミ゙ー≒ニ三フ/ 、ミミ! | ヾ爪´
 \/.)ー-ニ」_l_!_i/r |シ / /_ _,r‐=ニ`⌒    `"''ヾー=二三-''´i人リハミi !
   ゙トニL_ヽ、ヽ、\ヽ ̄ヽ ̄ヽ`ヽ7′_ ,.、、 ,_、    "''-iミY ̄ニ-、_.ソ ノリ /
    |   `'ー-ニL_>_冫 ! ン ヽY_ィ_ ィ、_,r -、、      ミl|三二ニ.イ三リメ
   |゙、   ヽ ヾヾヾ''´_二ニTシ _三-ー_二  ̄`     _ l|⌒ー''´ l三!/ }
   l!、   _,、-'´∠´_ 三ニヨンイ   _ニ--、       '",ィリ!     lハ! ゙if′
    i、  ー--∟_   _ィ-'ヤ i    サrュ、`ヾ'、    ヾ'゙ソ iミ!リ  lリ |!
    ゙、  `、   ヾ丁ヒ_」ソハ    ミニ^Y 、ヽヾ、   、ハ| "`,"_ィ  l!
     ゙ト、       ヾ、 `ヾミミ、、   -≡三ミミミミミ、  ヾ!'´ ̄仄 ー=ヤ
      ヾヽ、      ヾ、  ヾミミミミ、、     `ヾf-シン ー`)  lY′ 、_丿
        \        `f" ̄>=ニニヾ、   ヨ辷ェ' _ _,,ィi′ 冫=シ ラ|
          `i、      ヾノ-<二ニ-イ ソ `ヽ、 i、   _∠!   K=ー -!、
         !ミヽ、ヾ   、|     l! |'    ,r\ _, イ _丿 | \_ ィ ハ
         ヽ   ヾ、、 /      ヌ   i 「   `フ´ ̄     l、   l、 |
          i) ヾ ` fl{      厶-、_ Xr  ,レ′       `ヽ、!ヽ'
          iツ    jl !     /:Y   f二ュiフ
            ぐ     リ     i ソ  イ ィタi′
          i `''´           |` v' i「 ソ
192 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:37:02 ID:SLJnG6Qs0

その後出家して道に入り(捨家入道)、末摩尼と名乗った。


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
                  ヾiヽlリ `「|i |! li |
                r´. ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!.` ̄`l
               |   ||ヽ>-.只ー_、^||  {
               |   || /`ソフ`||;つ ` }}  ,`ヽ
             (´`ヽ、 ノ // .|| ヽ\ ヽ ´ .ノ
              \  ./  `  || ` ´  ヽコ
               [二{      ||     }_l
              |ヽーヽ、____;ノll;;ヽ、_.ノ ヽ
              |   l}::::}}::ロ=fj.=:::{{:{ヽ  }
              j   {.|:::}}::ロ=fj.=::{{::|\""ソ
              「   __l.l:::}}::ロ=fj.=:::{{:|、 ヽ /
              ヽ/´ ヽ::jj:::::::::||::::::ヾ::::iヽ、 |
           r ´//  \:::::::::||::::::::::ヾ´ `ヽ
           {/ /  /´  ゙゙゙゙ ii""´´ヽ    ヽ
          / /   /    Y {    ヽ   } \
          ヽ/   /     i  |    ヽ   | /
          (    /      |  |    ヽ    /
           \ /       |       ヽー  /
             `ヽ、     ┌─      ヽ ノ
               |ヽー――  }__ , - ー ´
               |____/    |____,|
.               } | | .{    } | | | {
.               | | | |     | | | | |
195 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:39:44 ID:SLJnG6Qs0

私は大いなる教えの輪を転じ、戒律と智慧を説き、三つの時代と二つの世界(二宗三際)の教えを説き、
天と人を教化し、その本質を明らかにした。それは上は光の世界から、下は暗い闇の世界にまで及んだ。
ありとあらゆる人々は、皆この救済に預かった。


                   __
                /   _`ヽ、
               /ト、 ,-__, ー_ i、
            lイミF fr'三テ fヨ!
               ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
              jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
              jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
             ヾiヽlリ `「|i |! li |
.                ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!
                /  ̄} マヽマ \
            /    ノ   |_|ヽゝ /
             へ、 へ     |   }、
         / /  | ̄ | ̄キ ̄|  \
        / /  /ー  _キ/\ ノξ
       ξ/  /           }^
            ヽ-ヽ-―ヘ\_ <´
             / /,_|__| |ー-/
               `´{::::::\ 丿|ヘ_ノ/
              `  ̄ ´  \/

                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::|  ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::l ハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、        f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|   ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::
196 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:41:21 ID:SLJnG6Qs0

摩尼の後450年を経て、金気はまさに興り、私の教えはまさに盛んである。
西方の聖なる姿は自ずから鮮やかである。中国にこの教えがもたらされたのはその証である。


                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,., 
                             ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                  /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \ 
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \  
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /
197 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:43:52 ID:SLJnG6Qs0

まさにその時こそ黄白の気は合わさり、三つの教えは混じり合って一つになり、私の下へ帰一するだろう。
祠や精舎は、棟を接して立ち並ぶであろう。


                                         /   _`ヽ、
                                        /ト、 ,-__, ー_ i、
                                     lイミF fr'三テ fヨ!
                                        ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!.        -‐-ミ
                                       jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}.     Y㏄㏄㏄ヽ
                                       jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!      ゝ-‐==‐-く
                                      ヾiヽlリ `「|i |! li |.    /㏄ ㏄㏄ ㏄ ヽ
                                      ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!.    i/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ}
                    ト、                         マヽ_ノ ,ハ     j ⌒ヽ , ⌒  i、
                   ト、ヽ                        マヽ_ノ ハ.   {i   ̄` i| ̄` .{ }
               〉〉 〉                        マハゝー ム.... {   ./ 二ヽ  }′
                 // /                            マム__ 厶......ヽ .ノ.  ̄ ) /.    
         ___,,, ,,,, ,,,,,_゙/ /    ,イ    /{ィ   _              マム    ム  ヽ _ _ ,, イ
       ,r ´    ;   \..゙ーr--'ーゞ"´ ̄ ̄` ー-ミ_/フ     _       ゞハー―ハ  从ノ`ハ
.     /   /    /`ヽ  ヽ イ‐r‐r‐r‐rーr‐r‐r‐r‐rミ  ̄ `ー∠ィ´       ', ハー―‐ハ {; ー|ー`}                /
    /  .// l/  从  γ、.゙}/ヽ/ヽl/} Λ/ヽ//⌒フーム  `ヽ、__, Vヘ__ノハ イ ー‐|ー`}`                 /ミ
    '´|  l ii     ii | l弋ノ. '`´⌒⌒⌒⌒ーミ厶ィ´/}// `ヽミ  `ヽ/|  ', ',     ハ| ___|__}               /ミミ
     ヽ乂 ||      || リ´)          `ヽヽ   `ヽ⌒ヽ{//  `フーミ`ヽ、 }ーヽニ=-'{   {}  ハ            /ミミミ
    l二入____ワ___.,ィ7´彡            \\   \ `ヽr<イ/ ヽ  ヽィ_く ヽノノ}ー‐‐|―'´ト、            _,ノミミミミ
    辷彡┘ // ..  ゙辷ヨ           \\,  `ー=ミ `ヽ/ーく ハゝハィ `ヽノ イ、___|__イ }    __rvvヘノミミミミミミミ
    乂... // __..... 乂                 \\     `ヽrゞィー'⌒Λ ミヘゝミノ {     {}   ヽ,リ   _ノヽノ'"´ミミミミミミミミ
.      /∠r'"´     ̄ `ー 、             ヽー―ミ 、ハミマームハ  ミハ  } /ヽ___|___リ  ノヽノミミミミミミミミミミミミ
.     //                ' ,              ̄ ̄`ヽミゞミマ__イヽ   ハ ノ     {   イヽイトノミミミミ /'"´彡彡
.   ∠ノ´                ',                  `ヽハ  ノ/ ハ  ハゞミー―‐‐|―'"´/ミミYミヽ,rー'彡彡彡彡
                        }                      `Y´ ノ/ Λ   Vミミミヽ__ノ|ヽ__ノミミヽミミヽ彡彡彡彡彡


             }YY}
            /…/
             ≠ ≠
         ∠} /
     {> ⌒。Y
    / (°~ /^)   『老子西昇化胡経』はマニの本体を老子とし、さらにマニ教の伝来を
  ≠ ≠(^Y   /    都合良く道教の権威付けに利用しようという意図が見える。
 /…/  У   {
 {ハハ{ (      ヽ    マニ教を「外道」のひとつとしてしか認識していなかった仏教に対し、
     (ノ⌒ヽ、 _ノ、   道教はマニ教の教義をある程度理解した上で取り込もうとしたようだ。
    /⌒ ー‐U }
  /          /
  {   ___ /
  ヽ (
    \)
199 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:46:10 ID:SLJnG6Qs0

                   /               `ヽ
                   /                \
                              }        ヽ
                 /  /            ノ /    、
                  .′ /  /  /    / 〈   !   |    }
                _| /  /  /   / /  '. |  l   l
             _{{ヾV  /  /   〃 /    '. !   !   iイ}__
               {{ヾV  | -/、 __/|./   __}_八..‐/ /  /{人 }  なるほど、私は老子でもあったのね・・・
                 、、ノ    | /  Ⅵ` !/    ´ レ  ∨ /  /i:Lノノ
            r―‐くハ人丶Ⅳ ィ斧ミ ′    ィ斧ミヽ}/ .イi:iムィ´ ̄}
           ノ==ミヽ、ヘヽ\ 弋zン        弋zン// ノ ≠==ヘ
          く≧===ミヽ、\≧xゝ' ' '    ,   ' '∠イ__¨´/     _ノ
       rー――=ミ`ヽ __>‐く ゝ、`ー―- 、 -――-っ / 〉‐-ミ .ィ¨¨¨´
      ノ___    , く ̄   _マム斗<二ニニ=-=ニニ二ソ 、/__   `丶≧≠´ ̄ ̄ ̄}
     く≧===ミ丶/  ヽ /     ` ー――っ        `ヽ  / ヽ    ´ ̄ ̄ ヽ
       ___){   ∨         ..⊆ニニニ 、       ∨  '.   . ィ´ ̄ ̄
    .. ´       人 r‐┴―‐ 、}-:i´ー― 、`ゝ-―‐-≧x、ィ{,-‐ ¨¨}  V´  ヽ、__
 /    ..-―≠ /|      ヽi:i:i:i:i:i:i:i//¨マムi:i:i:i:i:i:i/       、   ヽ       `ヽ
./ /  ./   / / ノ___    /ー‐ 〃i:/  マム‐一〈      __〉、_〉―― 、 ハ  \
{ {  /      ヽ  ムイ人人ノ`ヽ/   /i:i:i/    マム  ヽ  ,斗ヘト、 }ゝ        ∨ .}    〉
ヽ ヽ 〈        \/     ヽ人}  /i:i:i/       マム   Ⅳヽ}ヽノ ヽノ          }ノ   /



              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|       
              |/,ヽ     ヽ      『摩尼光仏法儀略』にもほとんど同様の記述がある。
       __      //   =   =l      おそらく『老子西昇化胡経』とほぼ同時期に成立したんじゃないかな。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、   道教がマニ教を取り込もうとしたのが先か、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))  マニ教が道教に浸透しようとしたのが先かはわからないけど、
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ  互いにマニを老子になぞらえることで接近を図ったみたいだ。
203 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:48:42 ID:SLJnG6Qs0

        |\           /|
        |\\       //|  こんな風に、中国ではゾロアスター教に同化しようとした時と違って
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 神話はそのまま登場人物だけ置き換えるようなことはせず、
.       V            V   もっとダイレクトに教祖マニ自身を仏陀や老子ということにした。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   まあ孔子が悪魔の軍勢と戦って気絶したり
.       / 个 . _  _ . 个 ',  孟子が全裸になって悪魔を誘惑したら、完全に邪教扱いされたろうね。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


           / ̄ ̄\
          /     ノ ヽ
          |       (● )
          |  //// (__人)
           |         ⌒ノ
           |        }
           ヽ        }
  _Л        ヽ     ノ           Л_           ,   -z―─―-  、
  E.:  ̄ ̄ ̄ ̄⌒  "     ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ :∃       ,  ' ´弌孑y ´' zk  三ニ`丶、
  ^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ¦   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^     , '   ...::::::::::::::::::::::::::::::::.... ≠ニ三丶、
           /⌒ヽ、/.⌒ヽ、           /z'' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... ー ニ三\____
          /.    |.|    :::ヽ         /y' .:::::::::≠:::::::::::::::::::::, - ─ - 、  ー≠ニ三三三`丶、
         |..     |.|     ::::|       . /≠' .::::::::ニ=::::::::::::::, '           \       ''''ニ三 n
         人     |.|    :::/        /    .z::::=三:::::::::/                \  /  ̄ ` ー 、 `\
          ヽ、_ __ 人_ _ __ ノ          ≠=:::::ー=    /              / /((○)) ((○)、三)
           \  .Y   /          z   三  '''' ,'                  ,' /  '⌒ __´___⌒‘ゝ'  ギャー
            \ | /             ニ ー=, z≠!               V       |r┬-|    |
            / /| .|             ー' 三ニ ,kz'!               \    | |  |  /
            |⌒| | .|っ            ,ィk =ニ=  ,z|                 ノ       | |  |  \
            |  |   ̄               ≠三 ¨  ',              /´       `ー'´    ヽ
             ̄


            ,. -  ̄ ̄`´ ゛  ヽ、
          /            \
        /          >     ヽ
       /          /ヘ .、  ヽ  ヽ
      /        / //   ゙、.}   !   |
      |  i / |  /,´/     i |ヽ、 |   |
      |  | |  /_ イ /'’  ‘'ー=:.|l`ヽ | l  | ちょっと残念・・・
      | l | l xァ示ミ    ッ示ミリ  リ|   /
      i  V{ l {{ vぅリ     vぅリ }}  l} /|、  , -、
   ____ノヽ ヽ{ ` `~      `~ ´  イ,イ/ ,>'´  ヽ
  /--、ヽ、`ヽ .{ "     ′    "  イノ`'´    /,ソ
  ト、  ` `ヽ从      , -(       ノ/ /    /
.  `ー-、     }>..         イ/ ./   /  /`ー,
 __     \ \  ヽ f=-、ー ,.ノ,=} /   // __, /   ,,ィ
/___` ー、---,.‐-=厶rr_' __`-i i´___ `ヽ -‐- 、,/   ,/
{  `ヽ   /   ',.ノ'´  __Y`f-   ` ー    ',   ム-==-、
. ̄`゙ー、  ′  }     r |__|-     /   i / ,. ―-,}i }
.r,r {ー‐' `ト.、  {      //l|ヽ、    /.     l ´  / ,/
{  ヽ  ノ| \  {ヽ、   //.| | | |`ヽ、/ }  /´|  / ,/
ヾ ーr'  |   / .| |`ー'// | | | |   .| | ヽ  |./ ,/
205 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:50:28 ID:SLJnG6Qs0

     ハ-ハ
   //Cω)
 c'ヾ、/ノ)  |   でもこうした努力も空しく、
 (⌒フ( )ljlj    前回見たように843年、「会昌の廃仏」で中国本土から追放され、
  ソ´  ̄


     _-三三三三三三三三三三   _ゝ
    _,∠三三三三三三/〃//三三  __)
     /イ 〃^'^'^'^'^'^'^'^'^'^'^' ゝ三三_>
      l/,.へ、     ,;彡⌒'  }三三 \   摩尼僧はいったん頭を剃って、
      l⌒' ミ;,_   、,_シ/-、  ヾ三三 <  仏教僧の姿に変えてから殺害すべし!!
     :l ∠ュゝ)   ムュ-‐丶  l三  ∠
     〆  , ''´         ``'  |/   ア
    {;'   {      )          /へ
     .l    `ー── '_,, --、       、     /⌒
     :|   ∠⌒ニニ=== ゝ     }l
      ',  {            }    ,;
     丶 ヽ、__,∠三三ヲ   ,〃
      ヽミ   -=─     _,ノ
       ,.へ,_       _,ノ=7'´  /三
     / 三|\  ̄ ̄ ̄  /    /三
     三三三|   >──≦、   /三三
207 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:52:06 ID:SLJnG6Qs0

  ハ--ハ、
 (CωCヾ.、__,、
 /|フ ヽ.´\l|}_ぅ'  10世紀末にはウイグル王国の国教でもなくなって、
,==( ljlj )<^ヽ、   マニ教は根絶したかに見えた。
tttフ     `)ノ


              E@ヨ
               ノ
              (
       x=ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ=x
    ィ三三三三三三>ニ==≦x三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三/´         .`゙<三三三三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙/    #       >ニ==三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙               /      `゙<三三三三三三三三
三三三三三三{             /′          ⌒ヾ三三三三三三
゙゙三三三三三∧            /                ゙マ三三三三三
三三三三三三∧          /                  ゙≦三三三三
'゙三三三三三三∧、       /             ⌒ヽ     `゙ゞ=三三
  三三三三三三z>ニ=圦                 Vx、       }三
   ゙三三三三三三三三三ゞx \              }三≧x     ノ三
          三三三三三三ニヾx \               {三三≧三三三三
            三三三三三ヾx_ ヽ          V三三三三三三
               三三三三三≧ノノ≧x=ニ三{    ー-=三三三三
                  三三三三三三三三>x      x}三三三
                    三三三三三三三三三三三三三三三
208 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:53:23 ID:SLJnG6Qs0

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /    ところが宋代に入り、マニ教は何故か中国東南部の
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\   福建省や浙江省で「明教」の名で記録に復活する。
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、   もちろん信者はソグド人でもウイグル人でもなく中国人だ。
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄


          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  明  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/  (●)  (●)  \  マニマニ~
      ||ト|     /_人_\    .|
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ
210 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:55:23 ID:SLJnG6Qs0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.  一体どこからマニ教が伝来したのか、二つ説がある。
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /  一つ目の説は海のシルクロードを通じてメソポタミアから流入した、って説だ。
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/


                                                 /
                                              /`ー´
                                              /
                                             (,
                                   竜城○ ○棘城  ,/´
                           盛楽○        、--、  _    (´
     ○敦煌                     ○平城  ノ  / /  ̄|   `ヽ
           ○酒泉    、´ `~ ̄`).○左国城,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
                   ノ統万城/   中山○.(_  ,‐-っ,      く   `|
                   ノ   ○ く         ./`‐´ /´      )  /
                 く´~       ( ○平陽  /     /        レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~○洛陽      \
       `ヽ,  ´‐‐―`      ○長安                `>
        `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´   福州● |
          |,       _/~          建康○       ノ´
     成都○ |,    ,,ノ~                     泉州●ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
                    /


                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       けど、マニ教徒が南海貿易に従事していた証拠がないし、
       __     //.      __,l       アッバース朝の弾圧下で遠方伝道に力を入れる余裕があったとも思えない。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   それに泉州に来た商人の大部分はイスラーム教徒だったから、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  現在この説はあまり支持されていない
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
211 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:57:10 ID:SLJnG6Qs0

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ    有力とされるもう一つの説は、江南の明教徒は
        { { /       ハ }    弋リ   '    中央アジアから華北経由で伝播したマニ教徒の裔だという説だ。
       ヽУ     l ノ/        l
       У      ヒ"           l    明末に何喬遠(かきょうえん)が記した地方史、『閩書』(びんしょ)の七巻にも、
      /、 r、 γl /        ーァ/    「会昌の廃仏」の際、マニ教僧の呼禄法師が福州に逃れ、北山下に葬られたとある。
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       他にもいくつかこの説を支持する証拠があるし、通説といえるのはこっちだね。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ


               ,.   -―-
             ´        `ヽミ
           '             ヽ
             /     /     |     ' .
         〃ヽ′     /    / |
      ,み、ノ{⌒)   /   //  ノ\     ;
.       {{ 叭0双´  〃-‐≠~ / / ―-}  | i
       ゝ彳メ、丿\ⅱ /_  { ´   ノヘ } !
     _,.ノ 乂八 へ 从斤テc、    ィテc 从ハ|  「呼禄法師」って、「フローフ・ハーン」の音写かしら?
   /   ``丶 `ーヘ >、ゝ- '     ゝ-' 〃
  ,.≦三≧x、  ヽ, r/ ム ゙゙゙゙ _ _ ' ゙゙゙ 厶\, ヘ、
  {   `ヽノ`ヽノ / / r个s。.      イ ̄/   /
  辷ミ、  i _/⌒'ヘ   〈Yー‐[ ̄__ <彡   ∠、
       ) 〔 /     |   ト 、 _]>―<ヽ`ー‐'У `ヽ
√ ̄≧彡' ノ/     j   }  } }    〈 './ ̄   /
{  (ー=≦ /     /\ ノ イ_\   }  !`ー<ミヽ、
乂 \   〈    /    ̄/| ̄ | i\ノ  \    ) )
.  `` \ ヽ. _/\__/|_|   |_|   ヽ /  / ´
        ヽ/     /          } 〉


※フローフ・ハーン:マニ教教会の第五位階に相当する説教師の職名
212 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:59:00 ID:SLJnG6Qs0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ
       __      //    (' )  fj    経緯はともかく、江南で生き残ったマニ教 ―というか明教― は、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ    支持基盤を下層農民に変えて為政者に対する秘密結社化していった。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ
  i          〉,|     //7)/ //./
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ


                         __
                       '"     `
                  /              \
                , '                   ':,
            ,                       ,
           .′           / /\     \\::. __
           | .: .::  |  | | / l,'  ハ  \   ';:∧{ 〉
           |:::.:::|  |  | | ‘ |/ ̄ ':.「V }  }{ ハ~}
           |::::l::l:. /⌒| | i  |  _jノ_」.:|  l`Y^7"}      秘密結社・・・
          .八 ::::::::. l:::..八∧|   ィ灯心, |::|  | j∨∨
               \\:: ァ'灯心、     `¨´  |/ /,'八. \/゙\    なかなか心躍る響きだわ。
              .\\ . `¨´  、   ,,,,...ムイ/  \/::  /_   
              ., -‐}::ヾ .,,,,     ,   仆´ __ ,/:::::: /_/\  心ない人々の眼を躱して、影ながら真理を説くのね。
             .< ::::\_,,仆___ `   /ノ/ // `  、//:: /_
          ..r─\:i.斗 `ーt-、  `ヽ彡" ,/ //   /⌒ヽ/⌒':, }
          ..| \⌒| |  || ,}    }__,/__,//  /    }    }/
            r─\ :::ソ |  ,イ廴_,/〉::::::::::::\  //    ゙ヽ   /
        八{ ̄⌒/   \ У/〉  `7:::::::::::/  /      ':,/
          .\  \    / ,//    /|\ ::: |  /        /
              〈\ 〈//   ||:Г\|   {  \_//
              i  / 〈_____| j:」       |    /、
               |  /      /、{        〈     /
                  _ノ/     /  ヽ       |    ´l
                 {`{      /          .|    i
                 |         / _     __l    i
         ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ー| ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄  \    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               {    |       {             ノ
213 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:59:18 ID:W50iTsIk0
ダイハードなマニさん
215 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:02:28 ID:Jd0IP.JE0
ゴキブリなみのしぶとさだなw
219 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:04:06 ID:gdcUsldM0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                  南宋の陸游の『渭南(いなん)文集』によると、
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   江南で頻発する農民反乱の中核には明教があったとされる。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :  明教その他の反体制宗教は、その祭祀の内容から
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  「喫菜事魔」とか「事魔食菜」とか呼ばれた。
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 妖幻邪人が良民をたぶらかし、朝廷の憂となること、福建の明教が最も甚だしい。
 秀才や官僚、軍人の中にもその教えを信奉する者がいるほどである。
 
 その神は明使と呼ばれ、肉仏、骨仏、血仏などの称号もある。
 その信者は白衣に黒い被りものをし、街の中に社を設けている。この邪教の神像は、印刷物として流布するものもある。
 
 (中略)漢の張角、晋の孫恩、また近頃の方臘は皆この仲間である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
221 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:07:57 ID:gdcUsldM0

           __ ___, ___
           li'T lll─「l三i∥/|l |l l|
           |l |l |l|⊂|l二l∥T|l |l l|
           |l |l |l| /⌒⌒,l|_| ll |l l|
           |l |l |l| lヲ_~ー }l|ノーl |l l|
           |l |l |l| {"ニ^_ノl|レノ\ゞ
           ゙' ゙' ゙/|`'"厶∥_/:::\
           __/::ゝ| /: : ∥:::::::::::: \
          _/:::::::::::::/l/: :/∥:::::::::::::::::: ヽ
 _   _, ィ´:::::::::::___| ,.へ._∥__::::::::::::::::::::::|
 ≧_` ̄}i : : |:::::::::::_|__\ \_l|_|:::::::::::::::::::::\
  ⊂イ |: : :|:::::::::{l〈      \ノ")/:::::::::::::::::::::::/
    | |: :|:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄`ーイ/:::::::::::::::::::::::::::::|
    | |: : :l::::::: ̄| ̄ ̄ ̄ ̄7::::::::::::::::::::::::::::::::|
    | |/|:::::::::::|       /\:::::::::::::::::::::::::::::|
    レイ.: : :|:::::::::::|     〈   \:::::::::::::::::::::::|
     | |: : : :|:::::::::::|       ヽ  〈:::::::::::::::::::::::|              _/`ヽ
     | |: : : :|:::::::::::|       i\ |::::::::::::::::::::::|            / ̄  `ー‐  ¬
     /|.: : :|:::::::::::|       〃./ |::::::::::::::::::::::|           / ●      //  なんで明教が農民反乱の中核になったかは諸説ある。
    /  |: :: :|:::::::::|、     〃 〈  \::::::::::::::/\          { (__   ●  / l/
   l.  |: : : :|:::::::::::| `==彳 ハ   ヽ:::::::/\. \        \ `ー'  , |   中世ヨーロッパではカタリ派みたいな二元論が
   |_/: :_:L - '"ト 、 ___| lト、  |:::::∧  \  \       | iヽ   イ!  |   カトリックへの対抗原理になりえたけど、
     ̄ ̄       |          l|ハ 、  l:::/: :ヽ  \-‐\     | 乂}   `| |   中華王朝への対抗原理になるかというと微妙だね。
               〉、_      _」 | ヽ /: : : :\   \__ >   | ノ  ,:コ、 |
       /⌒ヽ._/    厂丁「 ̄ | l弋ノ∨| : : : : :\        〃/  // |  、‐- 、
        /l   /::`丶、/、リリ |  _l |__|L_L_.二\      ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
       ノ l⌒ 〈:::::::::::::::`T壬. | ̄::/ ̄ヽ、::::::::::::::::::\  \     {    |::::∨ ̄  \
        ̄`ー- 、ヽ::::::::::::ヽ_/::::::∧  〃 \::::::::::::::::::::\  \   rヽ    、_、   、\
           ̄\::::::::::::::::::::/ >‐iト、  l、::::::::::::::::::::::::>、_/   \      \ ヽ  、)
             ` ー--‐イニ=|_l|__ >=> 、_;: ‐'´         ー----一'^ヽ _)ー'
222 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:09:06 ID:gdcUsldM0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′  仏教・道教・儒教がすくい取れなかった
.       V            V    雑多な民間信仰の受け皿になったからかもね。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    マニ教はすぐアメーバみたいに変形して
.       / 个 . _  _ . 个 ',   先行宗教に擬態・同化するし。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄

                            _____
                      r― 、. ,ィ´
                  __}     Y               `ヽ
                <        |
                  >      |                    ∧
                 /      ,―ゝ--------=`丶           / ∧
                   ///    | ./         __ヽ /       /  }
                   ,′/ |/ _|      ´     ∨ /
                    // ,  ´   !     ト、      ∨       彡'
                 /        {     ,xr===ミ:::x`ー―==<ヽ
               , ´       ,x≠=x、      y  }::::., `Y:ヽ      |`ヽ
                 /      〈::{ , }::::., `ヽ   ト-イ::::::., }::∧ /    |   \     __
          __.  { /     N トノ:::::.,   `ー'弋::::::::::::ノ    ∨   ./}. !    λ   /    Y
       f´    ヽ ∨   ∧  /  弋:::::丿        ,,,,,,,,,,,   }   /:::| {    {:∧. /     ト、
.γ ⌒ヽ   !     ∧./   {.  ∨{ ,,,,,,,,     _ , - ァ         | イ:::::| |   f´::::∧/      .!∧  }ヽ
. |  { i_j.  ,イ    / :∧(_)  Ⅵ        } ヘr´         ィ::::::彡'  ゝ' /:::::/::/       |:::∧/::∧
. |  `ー 彡.       / }    < ソ    , ´  `ヽ     r:::::::::::::::::::/   r==― 、-------―------彡'
 ゝ__彡´`ー===――==='        `¨ー--'              r―――'
            (______                       ゝ-ミ
                       ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                   `Y
                              `ー―――――――― ==  '
224 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:10:25 ID:gdcUsldM0

       ,.       、
        i  >ー  < /
          Y o   o  Y、      なんにせよ、こうした農民宗教化・民間信仰化によって、
        ./i  、,._,    i \ィ=x  明教の教義はいよいよオリジナルのマニ教から離れていった。
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ




               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l  明教大要!
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、  _y──‐ l               /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ
225 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:11:30 ID:gdcUsldM0

         ,,..-''"´ ̄ ̄"''-,,
         /   -..,,_      '.,
      ../   -‐t.j-`''‐  _,,..-.',
      ,'    `゙''    .‐t.j-、l
        l      r''´  ヽ`゙''  |  清浄光明、大力智慧!
      ',        `t'´`j-'′  ,'
        \       ̄     /
         .`l-―――‐-..,,__ /
      ___|_:::::::::::::::::::||::::|
   r:ヽ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::',o└-..,,__
  /::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::ヽ、
 ./::::::::::::/ ̄ ̄l`゙l::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::|:|
../::::::::::::/   ̄ヽ┘::::::::::::::::::|o::::::::::::::::|::|
/:::::::::::/  . ̄ヽ|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::|



                      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                       >                 <
                       > 清浄光明、大力智慧!  <
                       >                 <
                      /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
         ___                  ___                   ___
        /     \               /     \                /     \
      / \ , , /  \            / \ , , /  \             / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \         /  (●)  (●)   \          /  (●)  (●)   \
     |     (__人__)     |         |     (__人__)     |          |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/         \     ` ⌒ ´    ,/          \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \          ノ          \           ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ     ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ      ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l               ( l  l  l  l l                ( l  l  l  l l
ヽ      /               ヽ      /                ヽ      /
226 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:11:56 ID:gdcUsldM0

                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i |
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i
      ゛'''──ー /          i `ヽ     i
           /         i   ヽ     ハ
           {               }.   }   /
           !、       _.入.__/  /
           /  ̄ ̄ ̄ ∨/////イ  ./     無上至真、摩尼光仏!
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ



                      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                       >                 <
                       >  無上至真、摩尼光仏!  <
                       >                 <
                      /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
         ___                  ___                  ___
       /     \              /     \              /     \
      /   \ , , /\           /   \ , , /\            /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \         /    (●)  (●) \         /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |        |       (__人__)   |         |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/         \      |r┬-|  ,/         \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ          , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ          , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i         l_j_j_j と)         i         l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l          ̄`ヽ        | l           ̄`ヽ        | l



            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、     あの設定過剰の神話を中国の貧農向けに要約すると、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    だいたいこうなったみたいだね。
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }  
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /  
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/
230 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:14:41 ID:gdcUsldM0

.             , ':/           |
            /:::'           |
            ':/:    ::'::::/    '  |
             |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! | |
           ,.、!:::::::::.  ' ::/!斗‐ト/ ,::/ |
           {l`!l;::::::::::. '::/´ ,/__j/ j/  |
        ,...ミj !;::::::::.レ' ,ォ===ミjヽl  |
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"      ',   |
.        r-`-"jj∥{\ト、 `ー---'     |    私の福音が影も形もないじゃない・・・
       j::::::::::::`ヽ:入_,ミ ,  | ll il||    ,|
       {;_:_:`ヽ::..\ 人       rー|
.      `ー-`ヽ ::::::..   >     | |
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ `-― 、
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄/  , ― ' :
    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、 |  | ./ ̄ ̄) :
          y  ̄  r - ー― ヽ|  |/ / ̄ ̄) :
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >:::|   〃 /¨_ :
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://|  ::   '´ , )
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / |      / :



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 清らかな光とか大いなる叡智とかのニュアンスは残ってるじゃないか。
.       V            V   
.       i{ ●      ● }i   特にこの「清浄光明、大力智慧」の八文字は有名なキャッチコピーだったようで、
       八    、_,_,     八   明教関連の文献に頻出する。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
231 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:15:08 ID:gdcUsldM0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    それはさておき、『宋史』みたいな王朝側の記録によると
       八    、_,_,     八   宋代で最大規模の民衆反乱、方臘の乱にも明教が関わっていたそうだ。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄

                            _
                            〉ヽ-、
                <^ヽ 〈\  __  ⊆_ く、
                 }  |  )ノ<、 ヽ 'ーっ <
                 {  7    レ' ハ └‐′
                 \_ノ       ヽ、つ

           ...............                           ...............
         ...:       :.ゝ                       ...:       :.ゝ
        ..:::::     .::::‘=ミ                    ..:::::     .::::‘=ミ
       ":::::::      ..::::)  ミミ       ..─ヽ     ":::::::      ..::::)  ミミ
      (二二(三○三)二二)        //:::::ゝ   .(二二(三○三)二二)
      б   \  /   つ       //::::::::::/   .б   \  /   つ
       |  θ   θ   .ソ     . /.し:::/    .|  θ   θ   ソ
       .|   ..⊂⊃...  /      / ../          .|   ...⊂⊃...  / <⌒:ヽ.
        ∴∴r⌒ヽ∴∴     /し/           ∴∴r'⌒ヽ∴∴   `ヽ、::\
        ∵∵∵∵∵∵   ./.../                 ∵∵∵∵∵∵     ,.ヘ /
     ....──゛∵∵∵〃─┬/./               ....──゛∵∵∵〃─''..  / /
    │ \ ヽヽ  〃 ./t┘L.            │ \ ヽヽ  〃  ./,r'く /
    /  ィ   ヽソ/ ..イ   7                 /  ィ   ヽソ/   ../{_/ )
   /   ∥   // イ\   \               /   ∥   //   イ  ゝ、 \



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       これは1120年10月、搾取された農民の不満を背景に勃発したものの、
       __     //.      __,l      翌年5月、『水滸伝』の四奸の1人として有名な童貫率いる禁軍に鎮圧される。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   そして、方臘たちがなぜ一時的とはいえ江南一帯を制圧できたのかというと
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
232 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:17:28 ID:gdcUsldM0

彼らは明教の教えに従って怪しい魔術を駆使し、人形に魔術をかけて魔鬼として戦わせ、


          _,-、_  ,,,-== , - -_
         ‘─i_|-‘ _i_  ,;//  (⑪ ⑪
         ll l.l  ヽ  ̄'i ゝ  (__人)ヽ.     __
         ll l.l_/'i_  ヽ  iヽ i__l;l ;;lヽ. ,,/i ,-、ヽl
         ll ヾ-─< ヽ > ̄; ; ノ ;l、、二/-'  l_l'
         .ll  ll   i__  i. ヽ. ;; ; l / l      || ||
         .ll  ll    ヽ. ;i  丶; ;;;/ l/      .|| .||
         .ll  .ll_   ヽ;i   l ;;l :l       || .||
         .ll  / ,,,;i ,--、  l;;  ll~ l        ||  ||
         .ll /i、''''i/,l__l  l;;  l /        ||  .||
         i-'i''l  ;l'     .l;;  l ./     ,─、 ||_ .||
         l__l_l  ;l    l;;;  ’;l      l__lヾ~i  l_
           .l l,,,,,l    .l;;;; ;;;l       _ l; ヽ-ソ;i l
           '-;ヽ;l    .l  ;;;l      l iヾ-;;;'_l__l
            l_l;;l    .l;;;;; ;;l      l__l  ̄-┐l
                 .l;;;;  ;l、          l_l
                 .l;;;;  l'ヽ_
                 !  ;l;;;,,,,,,,,'─、
                 ‘─' ̄‘─''~


婦女子には顔を妖怪のように塗らせて官軍を脅したからだという。


        ,. -‐v―- 、
                ヽ
      /  //_/ノハL!L!i
   r‐、 i  彡  _ノ  ヽ、_ .i ,-ァ
   ヽ ヽ!_彡  ⑪   ⑪   く  
    [i 6  ● (__人__) ●ト、/
    . ト-' 、   ` ⌒´  ノ
        >  ___ <_
      /ヾ ヽ   ヾ ヽ\
     /   | ◯ ̄ ̄ ◯ |/ヽ



     l、    /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
  __| V   / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
  \      //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
  <     .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | ∧ |/ /`V=、
  /     . || |  l  | ,X= |         \|(__;)}=| c | |l
. '一 7     ! ! ヽ ゝ|, ´⌒ヽ     , ´⌒ヽ.  | /  A iiiゞV
           ヽ ヽ!{     }    {     }  /  /=ヾ|、X
            `ー乂__ノ    .乂__ノ  /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,  私の教えに魔術なんかないわよ!?
             /|     '      ∥∥ / ノ/リ-'ノ- '´  ――|
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ――-、ー ヽ、 |    |   ,. イ /     -- 二二,!
        /___   ` ヽ、 |_____|- '´  |        ___  `ヽ、    \|ー -=---、__,.|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       /   ` ヽ<´`ヽ ,.ノ、     ̄l ||  | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ,/ ̄ ̄ '、::'、  r---- 、_, |l|  ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―-、_/     、:::、 .|    _ Y'''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
     ____, /     ヽ 、::、 ヽ    __ ,| ,!-     |   |_ ヽ--――
     /    /      ヽ 、::゛、|      |'ヽ     /   |`゛ヽ
234 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:19:10 ID:gdcUsldM0

      ,、____,-、 _,ー,_,、,、_,-、    ,-、     |ヽ, =='> <ヽ,    <ヽ,. ニニニニ'>
    ,、//. ` ̄ ̄| | `7  く | 三. | ===´)| 〈 r'`>   `´ ==='>/,_ー'`> /.〈____,ー、
    ヽ, 'yヽ.,   | |  /ノ| |`__`' ̄`'  / / | ` く   lヽ∧ == ノ' | | ̄ ノ'| |ー┐┌‐‐'
     7 ./ .,、_| |  ,、,=`ヽ_)∧|ヽ,./ノ._| |ヽ.ヽ_ _`y' /_.==_ =' `='>  | |_/ /_|ヽ、
    <_,ニ、入_ノ くノ.|__二二ノ `´ '´ `ヽ__ノ `ヽ' `ヽ_/ .|_三_|  | |    | | `ヽ---‐、_)
    ===================================================================


  ., --ん       ,,,,,,,_
___( ソ_∨_|Yy   /ソ   ヽ /ゝλノヽ             ノ              ゝ     ∠二 ヽ
\。ト ゝイト|   ミ6 `ハ′| | )=(  |  _ミソ _ _フ   ミ彡λ彡  ゝ((ノ ヾ)  / ((ノヘ))    .||┐-L丿
 (⌒~フ/ヽ/   (∧ヽ===ゝ∧||ヾ 丿 ヾミ6_ ゚_ ゚)   6* ゚ー゚)   §6 ゚ -゚)  丶6゚ ー゚)     ヽ- 「ノミ)
  [=丿/人h  ≪_ )〉彡ヾ >||     (_ 〉て

ヽ  (__)=-,ヽ_)   (_〉~ミヽ)   O~ ヘく    (ミゝ~彡入|
 《_)=彳_/<)   《_)__ノ___ト/_ノつ     《_)_ノトノ   《_/|_/<)   《/|=--〈)   U===|ヽ)   ||」~|~|_|||_)
  /_ノ」「|__ゞ   /_ノ」 |「_ヽ ||     /_ノ」「_ヽ  /_ノ」「__ヽ   /_ノ」_|_ヽゝ  |__/__|    L}/《_~~|
  ~~|=/|=|    ~~|==/==/ ⇔     ~~|=/=/~   ~|=/|=/    ~~|_〈〈~~   (__〉__〉     }=||=/~
     ̄  ̄       ̄  ̄ ̄          ̄  ̄     ̄  ̄       ̄             ̄  ̄




     ハ-ハ
   //Cω)  『水滸伝』でも、終盤に梁山泊の好漢たちは
 c'ヾ、/ノ)  |   方臘の乱の鎮圧に向かうんだけど
 (⌒フ( )ljlj
  ソ´  ̄
235 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:19:55 ID:gdcUsldM0
..l  l  .!   .i   │    !    l    l    /            /   || .|.|/      /       ,/
 .l  ! l        .,!    !    l    ./     /           /    | |.| .|      ./        /゛
.  l  ! .|l  .. .|   !   il゙  .l  .!   ./    /       |ヽ    ||.| | | |.  ./      ,/
 h, l、} l|  l、 l. .l!   l!  .|,! .l゙   /   ./ /      .| `,    | | | | | |/      /         ,..-'
  リ、 'l、 .l.! ll ||  .l,!  !.ll゙  |.! .l  、 ./ .、 ./ .〃  ./   / .l  `、/ ! |j |j      ./゛          ,..r'"
  l.ヽ.l.l !| || .|.! .|.! .|.l.!  | ! l゛ / .l゙ ./ / ,i|′.〃  ./ ./l      | /      / . ,, ‐     ,..-'´
、  l ゙/Λ.l ! .l.! !.! l | i|.!|  l゙,! ! 〃 ! ./ / .,〃 〃 ./ . |` ,/  ,、/|  |     . /  /    ,/´
..l;; ..l .゙ll,.゙ll│,!|.! l ! ! .il]l゙,/l゙.l !.// ./ ./ ./ .// .//  / / .|  .,/   |  |  .,/ ,y!″   ,..-'´          _..-''
゙'ヽヽ ゙l、゙‐ ".l !.l!│l .| .|l|.l/.ll゙ !゙/ l l゙ / ./ / /.,// / ./ ./\ \    |  !/. _.;;!!"  ._/´       _..-'"゛
, .゙'ム'、 .l   l.l│.l.| .,! !l |! .「 l/ ! / / / ./ / . ,i"ノ゛ " / .〃 , \ ヽ,   | |.,..;;ソ"  .,..-'´      ,..-'"゛
ヽ ゙ヽヽl   !!│|l゙ .| !|    |" ,! / /./ ,i′ ././  ./,.〃/ . /\j  .| .|'ン', /      _..-'"゛     ,.. -''″
 ヽ   '♭  リ│l .|.!ゝ    .゙ / / ./   /″ / ,i'/゙‐゙., / _/.,,-'ン| .|    ;‐i   .,..-'"゙.,,iv‐  _.. -''″
  .ヽ   .゙.    .ゝ.|l     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//゙ /| |   lニ ニl rir.i /7_,, -'"゛
、.ヽ ゝ           !        )                  >'´._.ir| |   〈/!_|  l,!l,!//゛
.ヽ. "            ゙     <   ハァァァァッ!!!   >/彡‐{j        .//              _,,..
.., .ヽ       ____    / <                 (!!'彡‐'´ ...-彡            _,,, -‐''"゛
.,.\ ゙-    /      \. ″/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y\  ._,, -'"゛       _,,.. -‐'''"゛
       /  ヽ、   _ノ\          /          _.. -''″     ._,,.. -‐''"´         _,,,.. -ー''
     /     (●)  (●) \                ´,.. -''',゙,,.. -‐''"´       ._,,,.. -ー'''''"´
'ー..   |        (__人__)    |       /)/)/)    _,,.. -‐'''"゛    . _,,,.. -ー'''''"゙´
     \      |r┬|   /     「////  '''"゛  _,,,,.. -ー''''',゙____
 .   γ⌒      `ー'      ⌒ ̄ ̄' ̄´  (        : ,゙,゙二==''''^゙゙´
     i  j            ___、__,、_`つ         二二二ニニニニニニニ===──────
     ヽ、 l           /′                ――――――――――――――――――――――‐
  _/つゝ、,,!             }            ー`-ニ二二,゙,゙;;;;¬――-
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             ,,,_          ̄ ゙̄^'''''''''――-..........,,,,__
-'''"`` ̄/            \        ー ..,,, `゙'''ー-..,,_                        ̄ ゙゙̄"'''''¬ー
    ./     /´`\      \ \、  ー ,,   `゙''ー ,,_  .`゙'''ー-..、
236 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:20:32 ID:gdcUsldM0
                      __    ./^┃ / ̄\  / ̄\
        、′‘ ・. ’、′    ┃__)  '/___┃ |  _  |   ┃.|\  /┃|\  /┃
・.  ’”; ’ 、′‘ ・  . ’、 .,' ┃  ) /  ┃ \_┃  \_/ | \/ ┃| \/ ┃ ”;  ’、.・” ;
、′‘ ・. ’、′              ̄ ̄         ’、′‘ ’、   。・”;         、′‘ ・.
、′‘ ・. ’”  ;   ’、 ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・. ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・.
       ’∩ミ′・         へ从へ人 へ ,, 从(⌒,,Y从人⌒) へ 从  ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・.
・. ’、と(・∀。'')つ、・’,, へ从(⌒,,Y从人⌒) へ 从 人从(⌒,,Y从人⌒) へ 从 人
′‘ ‘ ・.∨  ∨ ∪ミ‘ ・Σ( (( ′‘ ・.人 ) ) ・. ’”;   )ζ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”;
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ))へ从从へ从( (     )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’、 ′‘ ・. ’、
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・.⌒( ⌒⌒ζ Σ⌒ \ ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.・. ’、′‘ ・. ’、′
   \ γ   γへ从 ( 人. ’、)从 ・. ’ 从 ・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ⌒ \人人 ’、人人 ’、′‘
、′‘ ヽ  γ ((  人  ( ζ Σ⌒ ⌒ へ从へ  |)) __λ  ) ((  ( (  (( )⌒)へ从 人 从へ从へ
 ヽ Σ( (( __ ⌒へ从从へ从 ′‘ ・.   | ) ∧  ∧ 人  从. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”;
 Σ( ⌒( ∬∬∬∬⌒ )ノ⌒( ⌒).Ⅴ         _( ;・Д)ヘγ_)\  人  从 ( ソ从へへ从  人从
        (゚Д゚;∬ ヒー   ;;   ; ;;      ⊂´と´_,,  ,ゝつうわぁぁぁ!!
        /にニつ /  ;;
237 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:21:03 ID:gdcUsldM0

            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....              ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  それまでいくら死線をくぐっても誰一人犠牲を出さなかった彼らは、
.       V            V    この戦いで72人戦死してしまう。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   三六天罡星と七十二地煞星の生まれ変わりの好漢たちの
.       / 个 . _  _ . 个 ',   三分の二を葬り去るだなんて、明教軍の武力は剛勇無双、妖力は驚天動地だね。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__

                     -
                ´         ` ー  、
             /              ヽ
        /  /           /  ヽ  ヽ       /
       / /       / /ヽ    ヽ  ',      /
\       / ,′  !      / /   ヽ i     i     /
  \   j  {   、{  / /j/     ゙j } ! i   |    /
   \  {  ヘ   \_/! //       _厶イ }   |   /
     \{ ; ∧ { ∨`Vー''    `"´/   } /}  /.} ./       /
      | ,′`、.{   \        /  .j/ ;  / /  i      /
     ヽ. V{ ゝ トゝC /      \ つ。///    '      /
、     '      | 〃〃         〃〃0| "´     /      '    そんな軍隊があるなら
 \     ',    !              !  i  /      /     世界中で苛められたりしないわよ!
   \         \      (  )     イ   |      / {
  } ̄\      { ,> .       . < i   !    /   \
  {   ヽ.       ____ ミエ壬 _____      /    /
  {ミ、   、 ヽ ̄   ー‐._`Y^Y´_      ノ   /     /
    _.>、 }  ヽ     __⊥⊥___`ー   {    f   /
.r ⌒ヽ.  ヽ. !   i|   r ´// | |ヽ\\   |    i /{  __
{   ,/ ̄ ̄´i}   |/―‐//――‐i i一\_,j    |V  ¨"   } ヽ
ヽ  {       |      /./    | |        j ゙ー―-、  .j  i}
  \{     |     / /       ! |         ,′     ゙ / ,/
   \_,   ヽ    { {       | |      /      У/
238 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:23:01 ID:rGe/ejD20
ごもっともw
239 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:23:07 ID:gdcUsldM0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ        まあそうだよね。
       __      //    (' )  fj        現代の学者からは方臘の乱と明教の関係にも疑義が出されている。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ        実際は徽宗の重税に対する反乱だったみたいだね。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、    
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))    体制側の認識パターンが固定化されて、
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ    反社会的集団=喫菜事魔=明教と短絡したみたいだ。
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ  
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ  もちろん反社会的集団のすべてが宗教的動機に基づいていたわけじゃないし、
  i          〉,|     //7)/ //./        「喫菜事魔」と呼ばれた宗教がすべて明教と関連していたわけでもない。
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ


      ハ        ハ
 /  / |     ヽ | |
 | {/  Jiト、 \   | /|
 | | ゝー十弋ニ |    ト、|
从(     __ ヽハ  }ノ
  ヽ   彡ァ=ミzx | ,/^} /
   u.   {三}_ヾjイ⌒|/    どうしていつもいつも、都合の悪いことは
  }     :{ r~i( ノーノ     私たちのせいになるのよ・・・
  l.     i j  Jr≦/^ 、  
r===== ォ ;し ij //    \
 ー ‐1j } } /7     /}
≧ュ __  j イ ,/     /彡{/{
二.| } f/二二く   / ̄ /  、
  i| ゚/ /   /\_/ _/      \
  i| ./ /    h   /      /
二i|/ //ニ ニ 」、_/   xr== ≦__
_匸]_r=≦´  ∨ ヽ、_/_ 二ニ=ァ  )
  | | |        ∨,|       /  /
  | | |           Ⅵ  }    ,/  /
 [  ̄]   ニ= <  |i|  ,     {  ∧
  | | |        ヽi| ,/     、  {'∧
  | | |         マ      \l' ∧



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l    まあ『崇寿宮記』を見る限り、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ    もっと要領よく生き延びてたセクトもあったみたいだけど。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
241 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:25:01 ID:gdcUsldM0

       r、        //|
       | ヽ\ ,.,__,. --       |/ >'´      `ヽ ヽ
      / /           ヽヽ
     /  イ  ●     ●  .,| ヽ   これは南宋の黄震が1263年に崇寿宮という道観(道教施設)のために記した題記なんだけど、
    ./  / |       ._     ,}  ヽ  実は崇寿宮は道観に偽装したマニ教寺院だった。
    /   | ヽ    )-'´`    ノ ヽ  ヽ
   ,/   |   i`ー-,   -r‐'´  ゙、.  ヽ
 __,./__,/>,|/,>_,..{  ,/|   , ヽ    l|   |
 ´ ̄   ̄ ̄/ ヾ_,>,|.  / ,. ヽ    r,.. ノ
 ―――--、'   ヾ_t,'´ /  ヽ


            }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
          ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
          \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
    ({     \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/     })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       | 宮 寿 崇 |      |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ
243 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:26:35 ID:gdcUsldM0

         ノ;;;ノ ゙'''‐- ;;;;;;;;;;;;;;;;;.. -''"ヽ;;;;i
         i;;;ノ     、     ,   ゝ;;l
        .|/ /ヽ、___i    ./_,..ノ\ i;|
       ,'ヽ.´''こニ‐-、ヽ    /,-‐ニニ` |__   摩尼の教えは儒教、仏教、道教の三つを合わせたようなものだというが、
       .|.ヽ| ゝ、 ○ ).`ヽ .ノ ( ○ .ノ  rヾi  この三つは天と地ほど違うじゃないか。
       (ゝ.|.   ゙''"´   { }  `゙'''"   |) ノ
       ヽ \  ,.. - _ i i _  、_   ノ /   これを一つにして、
        ト| :i´,..-‐'' ゝ(__)‐' 、..,、ヽ/|ノi   しかも儒者である私に題記を書かせるとは一体どういうことだ?
        .i ゝ人ゝ   ,..、_,..、   _ノノ / i
        |   ヽ ヾ''‐--'''‐'''ー-''" 'ノ'   |
       _,.|    ゝ、 `''‐‐‐'´ ,.ノ´    .|_
.  ,ノシ''''´ ノ  i    \     ノ    i    |`iゝ=ヘ、 ,......
/ ./     '  ノ    ヽ`゙''''''''''´ノ    ヽ  .|`|`'''' `i`ヽヽ


         ____
       /      \
      / ─    ─ \   我々の師である老子は西方へ行き、そこで化身して摩尼仏になったんですお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  その教えは戒律を守るのに最も厳格、日にただ一度のみ食事をし、身を慎んで外出しませんお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
244 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:27:53 ID:gdcUsldM0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    我々の住む場所のことは当初は「道院」と言っていましたお。
  |       ` ⌒´   |   それは我々が摩尼の香火を奉るため、またその根本は老子であるためですお。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \   この説はちゃんと根拠があって、道教経典である『老子化胡経』に明らかなように、
     |       |::::::|   ,---、 老子は光明の気に乗って西那玉界に入り、王子として生まれ、
     \       `ー'   しE |  出家して道と一体になり、末摩尼と名乗られたんですお。
     /           l、E ノ
   /            | |  老子が再び化身して、摩尼となって法を説いたんですお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


           /ミミミ、ミミ、   V///イィ/彡彡'´ ,二ミ、
         /ミミミ、ヾヾ、ミ、 l′′ / ,ィ彡彡二三≡ミ、
         ./ミリ`ヽミミミ、ミミミヽ/,ノ//イィ ´  彡彡三三彡i
        |ミシ   ` ミミミ、///,ィ彡彡彡彡'´`ヽ三≡=|
       __レ'´      ` ̄`ー―=´ ̄ ̄     |三三ミ|
      j ノ ,、       、ヽ、            ヾミミミリ
       /.l∠ミミヽ、   /  j   、           ミミミ/
     { ト、__≧ミ三ミ、 {   入     ,ィ、    ミミリ、   ふーん・・・
      .ト .) `ヽ.弋_,>、_`ヽ ` レヾミ≧辷彡≡ミ、   ミ/r、|
      V   `ヽ`ー-'´  ノ    、_>tァ―ゥ、_,  `   レ 7 |
       |      ̄.  /     `ー`=´ ̄     / / ノ
      l、   / _,′.:.:..   `ー‐'´      / /´
      / |ヽ /  ( ,ィ‐ 、 ヽ  \       ,ィ′∧
    _/ | /    廴  ノ-‐'    ',   ,.-‐'/ー'´ ├-、
,ィ´ ̄ ,イ.  ! !      ̄          i  /  ./    |  `ー-、
   / |  ∧  <__,ィ‐、__          | /  /     .ト、
  /   .|   Y `弋ー‐-、.\_,、   | __,/      | `ヽ、
. /.  ,イ    廴 i、 `ー-‐`ーァ´    /'´        jゝ、 ヽ
. | / |    |. ,>‐-<´     __,.イ              |
./    .|    ヽ、    Y ,/´  /     ,             |
′    |      `ー----‐'´   /    /          |
246 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:29:35 ID:gdcUsldM0

  .′ ′  /   //   i: !      '.   |
  i! i !   -/―/ j/      _j:/|  ハ   / '.  ¦
  i! i !   | /  /      |`ト、; |  ′ } r=ミ
  i! i !   |ァ==ミ        -ノ、V ヽ| /   ,.=!! 〃
  i!ハ '. Kl rし.::ハ     xァテミメ从 ′  《r⌒ヒ》
      ヽY V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈  /弋__ノ  道教との同化は結構上手くいったみたいね!
     小ゝ///   ,    ヽ:::゚ソ / ./‐、《__》_》
    rく:人           ////゚ // f⌒ }>─┐
   ノ ヽ::ヘ.    r‐ァ        / ィーァ'´     イ
  (     \::> 、      _..   イ |/      _j
    入    ゙ー‐} ー┬  __ .===く   _ ..‐ ¨¨′
  rく::::::::::ア ー―┘ r==‐ ¨¨. ----- <:::::( _ .. -―┐
  {   ̄ ̄ ̄ヽ    |    / ´  ̄ ̄ ̄ ̄<      {
  ゝ ____j   /  //          Y ¨


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|      道教の世界観の中に埋没している、とも言えるけどね。
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l      とはいえ先に挙げた『老子西昇化胡経』とほぼ同一の説明をしてるし、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      少なくとも南宋期までは元々のマニ教団の伝統を
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  それなりに保持できている集団が残っていたようだ。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
247 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:30:33 ID:gdcUsldM0

        ,r'´               `ヽ
          /                  !
       /    ,.'"´  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``ヽ、 i!
       /l   ,r'´              ゙, ,|
     /:/  ,イ                 ! !
     l/  /:;;   ,f三''≡=、   ,r=≡ミ、 jリ
    /  / ト、      ⌒ヽ   r'⌒    |
   ,/  / /゙i |   ーゝtェァ )  j;,.tェァ‐  .|
   /  /;;i (,ソ       ̄`    ´ ̄    !
  ,/  /;;;;;ヽ ^ヽ        i    ト、     ト、
 /_/;;;;;;;;;;;ト、ノj       ノr=- イヽ、   ト、!
 :;:;:;:;:;:;; , イUリイ      ,ィ彡彡川ミミヽ  j!:::ト、
 -‐''"´    jト、      '"にニニフ   ノ「``ー- 、、、
         i  ヾ、     -─-    ,イii!      ``
         |  i;: ;:; ヽ、、、、_ _ ,,. イjj:l;:;! i
         |   ゙i ;:i;:i;i:;:;i:;:;j:;i;:jk;i:j;i;ji:;ji| l!
         |    ゙i;:;:ji:ji;:i;:j;i:j;i:;j:;j:i;j:i;j:;;!. /
         |     !ji;:j;:ji;:j;:j;:j;i:;j:;j:;i:;ijj!/               _/`ヽ
                                      / ̄  `ー‐  ¬
                                     / ●      //
    元代に入るとまた状況は変わる。            { (__   ●  / l/
                                     \ `ー'  , |
    新たな支配者モンゴル人たちは、             | iヽ   イ!  |
    明教に対する先入観もなければ興味もなかった。    | 乂}   `| |
                                     | ノ  ,:コ、 |
                                     〃/  // |  、‐- 、
                                     ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
                                     {    |::::∨ ̄  \
                                     rヽ    、_、   、\
                                     \      \ ヽ  、)
                                       ー----一'^ヽ _)ー'
248 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:32:05 ID:gdcUsldM0

ヾ;;ヽ;;;;ゝヾ''          ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ
:::ゞヾヽ;;;;ゝ;;,,. ,.,.. ... .,,. ..;ヾ;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾ:;;
ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾヽ;;.rヽ.  ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ:;;;:
;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili|