読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

【空飛ぶレイシズム】 稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』②。 支配層が用意する娯楽=デモ=麻薬=宗教行為。 工作員の仕事=良心を麻痺させる宗教行為。 デモやるなら皇居や銀行や軍需企業の前でやったら? 

娯楽は支配層が用意する。
デモも支配層が用意する。
宗教も支配層が用意する。

宗教とデモも麻薬であり、娯楽の一つ。

宗教=麻薬=執着による苦しみをもたらす依存性の病。
酔っぱらっているんだからさぞ気持ちいいんだろうなあ。
状況を悪化させて回りに迷惑かけても知らんぷりだし。

人工芝=偽の反対派を作って真の反対派を潰す支配技術

のことを教えても、
「俺は酔ってねえ!」を連呼しながら毒酒をあおる中毒者みたいに拒絶するし。

搾取システムを崩すという発想自体を奪うために、
拝金教、
デモ教、
選挙教、
過労死教、
犠牲大好き教
などの宗教を布教。

支配層が報道させるデモという「娯楽=麻薬=宗教」
=偽の反対活動
=推進派の無自覚な味方(=信者)を増やすための布教活動。

なんでもかんでも「囮X=首相・ユダヤ・在日」のせいにして、顰蹙を買う発言者やサイトも、実は推進派。
やらせデモや不正選挙と同じく、反対するフリをするガス抜き担当。
寸止め陰謀論者に、陰謀に気づいた者を洗脳させるのと同じ手法。
煽ってるのは体制側のカルト要員で、大衆を騙すことで給料をゲット。
「仕事だから」どんな卑劣なことでもできる。
支配層に貢献する工作員の仕事=良心を麻痺させる宗教行為。
「仕事だから」という呪文を連呼すれば、一般人を残虐な兵士にすることすら可能。

首相の上司にして親戚の偽天皇や
三菱重工や
ムサシや
(不正選挙=票の改竄し放題な秘密選挙。
記名投票でないと選挙は無意味)
生長の家や
神社本庁や
大本教や
神道政治連盟や
日本会議や
キリスト教原理主義勢力の施設の前で、
彼らが戦争法案の黒幕だと叫びつつ、
宗教法人課税、
預金引き出し、
不買運動、
ストライキ、
頼母子講(グループでタンス預金)、
逃散(一斉引っ越し)
を呼び掛ける真の反対運動を潰すのが仕事=布教活動。

支配層が用意する「抵抗の機会」と「選択の機会」(茶番)の目的は、
偽りの選択肢を「選ばせて」「自分で決めた」と錯覚させることで、
「コミットメントの一貫性」を成立させ、
「自分は奴隷ではないと確信させる」こと。

支配層があなたを支配できるのは思想で価値観を操作して、搾取システムから抜け出せないようにしているからだよ。
システムと思想こそが支配の本体であり、人間はシステムと思想の手下。
システム(銀行=キリスト教製)と思想(キリスト教製)を叩かない反対派はほとんどが偽り。

真に効果のある反対運動を潰す為の偽の類似品を見分ける便利な基準が二つあるよ。

①「一か所に大人数」を集めようとしているかどうか。

②「正義のために」「とにかく」「いろんな事情はおいといて」「今日だけは」「頭数がどうしても必要だから」「なにも考えないで」「とりあえず集結しよう」など反知性主義的な言葉が並んでいるかどうか。

「人間は集団になると馬鹿になり、簡単に操られてしまい、地獄に誘導される」
という人間の性質を悪用するのが支配層のいつもの手口。
カモ=魚を集めて一網打尽。
キリスト教では、信者は魚と羊(家畜)だよ。

実在しない有色人種であるイエス・キリストは
「人間をとる漁師にしてあげよう」って言って弟子をスカウトしたんだよ。

支配層側の聖職者
=羊の皮を被った狼
=魚(儲)を狩る側だよ。

牧師の「牧」は、家畜を飼いならすって意味だよ。

奴隷=羊を地獄に誘うハーメルンの笛吹き牧師は、

「天皇、三菱重工、不正選挙、票の改竄、記名投票でないと無意味、ムサシ、
生長の家、神社本庁、大本教、神道政治連盟、日本会議、キリスト教原理主義、
宗教法人課税、預金引き出し、不買運動、ストライキ、頼母子講(グループでタンス預金)、逃散(一斉引っ越し)」

という真の解決策に繋がることを言いませんよね?
「」内のことに言及するとブロックしてきますよね?
私のツイッターなどをどうぞ)

本記事のここまでの短い記述を隠すために、大量の論点ずらし情報を流しているのが支配層だよ!

真の反対者よ、”非”団結せよ!


デモの主宰者の「赤い盾」や「赤旗」にちなんで「赤」字(笑)




“7 空飛ぶレイシズム

ほとんど指摘されないものの、UFOカルトには、さらに危険な要素が含まれている。
それはレイシズム
である。
欧米のコンタクティたちの記録を読めば一目瞭然なんだけれど、地球の救世主あるいは創造者とされる宇宙人は、多くの場合、金髪碧眼の存在なのだ! これはアダムスキーからマイヤーにいたるまで共通している。マイヤーの場合なんかは、宇宙人(女性)のカラー写真までが何枚も撮影されているから露骨である。これを眺めてもらうとわかるけれど、いったいどこが宇宙人やねんと言いたくなる。彼女たちはいわゆる理想的な美しいブロンド娘なんだ。そう、白色人種たちにとっては、救世主は金髪碧眼の美しい存在でなければならない……。
十九世紀頃から、ヨーロッパではキリストは金髪碧眼であったと唱える人々が登場し始めた
。これはもちろん「歴史的事実」に抵触するから大きな勢力とはなりえなかったけれど、救世主が宇宙の彼方からやってきたのなら、そんなことはもうどうでも構いやしない――我々を救うのは金髪碧眼の存在だと堂々と主張できるんだ。
コンタクティの亜種ともいうべきものに「星の乙女(スター・メイドン)」というのがある。安物の歌謡曲の題名みたいだね。これはもうまともに扱う気がしなくなるほど阿呆らしいんだけど、ちょっと我慢してください。実は、彼女たちは自分が宇宙人だと言い張っているんだ。ただし、これにはヴァリエイションがあって、あるひとは前世が宇宙人だったと唱え、あるひとは文字どおり最近地球にやってきたと言うわけ。当然のことながら、宇宙人は地球人に較べて遥かに優れた存在だとされる。もう勝手にしなさい。
 ともかく、ここで重要なのは、貴種流離譚妄想の変形たるこの世界では、レイシズムが通常のコンタクティよりさらに露骨なことで、ある「スター・メイドン」などは、金髪碧眼白皙の北欧人種は高度に進化した金星人の子孫だと公言してはばからない――ナチ・レイシズムはかくも露骨なかたちで、甘美な夢として円盤の世界に生き残っているのだ。
 レイシズムと宇宙人の関係は、しかしながら、コンタクティやUFOカルトの世界だけに限られているのではない。第三種接近遭遇を扱ったUFO文献を読み進んでいくにつれて、レイシズムが欧米の宇宙人目撃体験の多くに浸透している
ことを、僕は確信し始めた。
 ただし、基本的に目撃者が恐怖や不安にさいなまれる第三種接近遭遇においては、レイシズムの表出がコンタクティとは別の形態をとるのはいうまでもない。
つまり、宇宙人たちが救世主とみなされる場合には、彼らは「高等人種」のイメージで描かれたわけだが、宇宙人が敵意や邪悪を秘めた存在の可能性が強い場合には、彼らは「劣等人種」のイメージで描かれることになる。宇宙人は背が低く、眼が「東洋人」のように吊り上がっていたという報告で、欧米のUFO文献は溢れているといっても過言ではない。そして「悪い」宇宙人たちの皮膚は、黒っぽい、あるいは灰色である。
 小人型「円盤搭乗員」は、妖精という観点だけからではなく、この観点からも、もういちど捉えなおさなければならないだろう。「円盤搭乗員」たちの像の裡には、確かに人種的偏見、あるいは、異人種への恐怖が噴出しているのである。まあ、そもそも、妖精伝承そのものが異文化、異人種との遭遇の記録と解せないこともないんだしね。小人と並ぶ円盤世界の奇怪な住人「黒服の男(メン・イン・ブラック)」(これについては後の章で詳述)についても、彼らの特徴のひとつが「東洋人」的風貌である事実に僕たちは注目しなくちゃいけない。

 UFO体験とレイシズムの関係を如実に示す例をここでさらに挙げておこう。
「謎のヘリコプター」というのをご存じだろうか。これは外見や飛び方はどう見ても普通のヘリコプターなんだけれど、正体不明、つまり、そんなヘリコプターは、軍用、民間用を問わず、目撃時には飛んでいなかったのが判明するというもの。円盤と同時に目撃されることもあれば、単独で目撃されることもある。円盤現象を考察するうえで、それ自体かなり興味深い存在なのだが、ここでは深く立ち入らない。
 さて、七〇年代前半、英国ではこの「謎のヘリコプター」がかなり頻繁に出没して話題を呼んだ。とりわけ、七三年から七四年にかけて英国北部地域に目撃報告例が集中した。基本的には「謎」に終わったんだけれど、報告例のなかには凄いのがまじっている。たとえば、七二年のとある例――夜間、ひとりの男が正体不明のヘリコプターが着陸するのを目撃、そこに車が一台やってきた。ヘリコプターから降りて、その車に乗り込んだのは……
 宇宙人ではない。
 妖精でもない。
 なんと不法移民だっていうんだ。目撃者は車の運転者はパキスタン人(!)だったと主張している。
 露骨ですねえ。
 隠しようがない。身も蓋もない。
 宇宙人と異人種とが時に相互に置換可能だっていうこと、社会の安定を覆す存在として一部の人々が恐怖あるいは憎悪する移民がUFOに投影されうることは、この例からも明らかであろう。”
稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』p.64-66(7 空飛ぶレイシズム)



岡城 敦士 - 探求 ‏@ats8u 8月5日
敵陣営と同じ意見を持った偽の「草の根運動」を作って、そこに草の根運動の人的資源を吸い寄せて、後で自滅させるのは、非常に基本的な人民統制の手法だ。 https://twitter.com/Entelchen/status/512551058389106688 …
Cäsi ‏@Entelchen 9月18日
市民運動を潰す基本は、推進側が即座に同じような市民運動に見える団体をつくって、いかにも反対であるかのように見せかけながら「でも現実的に考えると」と囁いたり、実は推進側に有利な法案を支持したりすること。草の根運動に対してこうした工作運動はアメリカで「人工芝運動」と呼ばれる


J・ナナミ ‏@pinkglalem 2015年8月31日
デモでは何も変わらない。あの国会前のデモの人数を見て思ったンですけど...あの数が一斉に銀行へ行って取り付け騒ぎを起こしたら...日本は変わるョね。あの数の人々が一斉に宗教団体の本部や寺院、教会へ行って「税金払え」って言ったら...日本は本当に変わるョね。

なんで、「宗教法人は税金払え!」って、デモしないの...?シュプレヒコールをあげないの...?

政治を憎悪するのは、シナリオ通り。最初から仕組まれてる。プロレスの悪玉に罵声を浴びせるのと同じこと。ショーの一部でしかない。でも、主催者側に観客 が「お金返して!」って言い出したら...つまり、政治をウラでコントロールしてる銀行や宗教法人にデモの対象が移ったら...?

法人税を上げると、企業が海外に逃げるというなら...宗教法人に課税して、ヤツラを日本から追い出せ...!!#宗教法人課税


岸辺のアルバム ‏@umitosuzu 8月28日
天皇や皇族に戸籍がないということがどんなにたいへんな特権か、マイナンバー制にからめて考えればわかるよね

otgism ‏@emoemorocka 2015年8月30日
うまくコントロールされることを、みんな繋がってる、ひとつになった、と言うんだね


八田押造 ‏@hattaosuzou 2015年8月31日
この国の人たちは誰も政府の言うことを聞きません。何のモラルも有りませんって言われるようになったらええ国になるんちゃう?www

なんか、奴隷根性と言うか、突然ヒーローが表れて助けてくれるみたいな感覚の人って多いですよね。RT @onishimadzu ほんとですね。結局は支配されてしまう指導者を求めなくなれるといいんですけどね


ルイ・フェル ‏@Lui_Feru 8月20日
議会に対して熱くなってる人たちには悪いですが、事前通達がある国会の質問なんて、権力側にとって何も怖くないと思うよ

ヒラ:// ‏@punanny_chang 2015年8月31日
沖縄を見ればわかるけど過去、デモの団体名を明確に伝えたメディアがあったでしょうか?ということなんだよね。 裏がある、って感知出来ないのは危険だね。そりゃナチス化も簡単だろうよ。
https://twitter.com/punanny_chang/status/638131448063504384 …
NO WAR NO NUKES ‏@yamakawatanbo 8月21日
今まで肝心なことは無視してきた。デモの告知などしたこともなかったテレビが、わざわざ『8・30国会10万人大行動』の日時を告知した。テレビは悪魔組織の媒体だ。それがわざわざ告知した魂胆は、これだけ反対してるんだから国民投票で負ける訳が無いと思い込ませる為 不正国民投票への誘導だろう

狼たちはAT娘にむせる ‏@wolvesknow 8月28日
何でもかんでも放射性物質のせいにして、顰蹙を買う発言者やサイトも、実は推進派の側なんだよね。ラジオフォビアは頭がおかしいと、レッテル貼るのに便利。そして、事実は隠蔽される。チェルノのケースをよく学んでるよ。

ナチスピカチュウ ‏@welten456 2014年5月18日
すべての仕事は、人の良心を麻痺させるために存在する。資本主義を生み出したのは、仕事に打ちこみ貯蓄を良しとするプロテスタンティズムだ。つまり、仕事とは宗教だ。信仰の度合において、そこに明確な違いはない。そのことにみんな薄々気がついてはいるようだが、誰もそれを直視したくはない

Copy writing ‏@Copy__writing
日本のコミュ力は「みんなで盛り上がり、盛り上がれない奴をいじめる能力」であり 「みんなで押し黙り、発言する奴を叩く能力」であり「みんなで間違いを犯し、正論言う奴を追い出す能力」だからな by 空き管

cxjr ‏@cxjr 8月29日
仮に戦争になったら戦争八百長説を唱える者は国民に弾圧されるだろうね。

風の子  ‏@makeanovel 2015年8月30日
今日あるとかいうデモを推してる人物のタイムラインを眺めて、おお、これがそっち系の人リスト~みたいに見物しちゃったわ。 あ、この人も、あ、この人も!みたいなね。わかりやすー!みたいな人から、なぜに?って人まで、正体見たり!リストとして活用だわさ。

「とにかく」「いろんな事情はおいといて」「今日だけは」「頭数がどうしても必要だから」「なにも考えないで」「集結しよう」とかそんなフレーズが並んでて怖すぎます。 そんな考え無しの人々が集まったデモって、どこへ連れていかれるのよ?

昔からデモや運動は権力者側に乗っ取られてきた。そして人々の正義感や善意を利用し誤誘導、活動も潰す
RT @punanny_chang さらに切ないのは集まるほとんどの人が真剣に平和を願ってるのね。 でも実際はその思いのまったく真逆の連中が頭にいるという。 こんなの見てられない

一定の時間大声を出したりして盛り上がり、アチラ側の用意した達成感や満足感を味わわされる。こんなに人数集まったし大成功だ!という演出と、権力者側の妨害もセットでアチラが演出して、民衆は大満足~(させられて)終わる RT @mla999 @punanny_chang ガス抜きに利用

そういう、なにもしないよりは悪あがきでもなにかしたほうがいいという根性論がまかり通ってる社会だからこそ、そういう心理に働きかけてデモへの参加を突きつけてる。 「なにもしない人は悪者」(働かない人はダメ、ニートは悪)みたいな精神論が、デモにも。 でも、それを利用して誤誘導される。

なにもしないよりは悪あがきでもやったほうがいいという謎の精神論
が存在して、だからデモも所詮ガス抜きって知ってるけど参加したほうがいいとかいう理論にorz RT @whatyoumustcall だから もっと みんな もっと絶望して投げ出して良いんだよ ちゃんとするほど搾取


民衆が自ら選らんだことにさせる、もはや定番の作戦なんですね。。 奴隷にも「自分で参加してる・選んでる」っていう肯定的な気分を与え続け、そして自分で選んだからと諦めさせ
。。 RT @naaaaaagi66 まさに!ハメルンの笛吹きに導かれ、屠殺場に自ら入っていく民衆

そうなんです。戦争を防ぐののひとつの方法?として、みんなバラバラ、違うことをして一丸にならない精神があると思うけど、戦争前からむしろそうなってどうするという RT @mla999 怖いですね。戦争に向かわせる時も、同じ言葉をそのまま使いそうな。そして群れが一斉になびきそうな感じ

うんうん。あとは選挙に行かなかった人があとから文句言うのはおかしいキャンペーンをアイドル使って少し前の選挙でやってたし。 RT @naaaaaagi66 よく「選挙で選んだ愚民が悪い」とか言いますね…不正選挙でこの理論、自虐史観を刷り込まれてることにも気づかない>_<

Y.T. ‏@CrimsonSmash555 2012年9月5日
キリストがガリラヤ湖で、後の一番弟子となるペテロをスカウトした際に「これから魚ではなく人間を取る漁師になってみないかい!?」と言った。ペテロはその時に漁師を辞めているのだが、その後のペテロの話では度々、魚という言葉が登場する。魚=人として置き換えて読むと、全てつじつまが合う

風の子  ‏@makeanovel
焚書という言葉を知ったのは華氏451という小説でだったのだと思うんだけど、ブラッドベリはこの小説は国家による検閲じゃなくてテレビによる文化破壊について描こうとした、とあるね。で、ネットの世界は言論の自由があるとみせかけて、情報を集めて一気に消すための、最後の仕上げ段階が今かも?

(だから私のブログも突然消滅するかもしれないから保存して以下省略)



前回の記事
UFO体験≒妖精体験
稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』①。 
進化論は「優れた・強い・進化」の根拠にならない。生き残れたのは運が良かっただけ
【祝! 100記事達成!】
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
の補足。

ラエリアン・ムーブメントは、
宇宙人(エロヒム)が人類を地球上に創造し、聖書はその事実を記述したという教義を持つ典型的なUFOカルトの一つ。
ラエリアン・ムーヴメントの創始者クロード・ボリロンは、世界を破滅から救う理想の政治形態として、傑出した天才、エリートたちによる世界統治を提唱していますから、実にNWOプラトン哲人政治が大好きな支配層に都合がいいですね!

聖書の人類創造の記述が正しいと信じたい人を取り込める供犠、もとい教義なのがポイント
ね。

英語版ウィキのラエリアンの項目では、エロヒムの代名詞がTheyだったので創造主は複数。
実は、エロヒムが複数形だから神は複数いる、という主張は誤りなのです。
エロヒムがエル(バアルの父)の複数形なのですが、ヘブライ語では複数形が文字通りの複数あることを意味するだけではなく「偉大な」というニュアンスを示す用法があります。
さすがに、創造主を唯一神ではなく複数とする記述をユダヤ教徒が放っておくことはないでしょうし、「偉大な唯一神」という意味でしょうね。

つまり、ラエリアンは聖書の解釈を(恐らく意図的に)間違えているってこと。

ラエリアンは既存のキリスト教を否定する、SF風の新キリスト教
ある程度は既存のキリスト教を否定しつつ、ある程度は肯定。


ヘブライ語では複数形が文字通りの複数あることを意味するだけではなく
「偉大な」というニュアンスを示す用法があります


創世記第一章第一節。 「はじめに神は天と地を創造された」
「創造する」の意味で「バラー」という動詞が使われています。 
ここではエロヒム(エルの複数形)は「偉大なエル=神」と訳す方が自然。
なぜなら、動詞バラーが 「文法的には三人称・単数・完了・男性形」だから。
(『はじめての聖書ヘブライ語』 青木偉作著 国際語学社 p.52より
著者はヘブライ大学国際政治学科卒)”
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
今週のジャンプの『BLEACH』(ブリーチ)でファーティマの手が登場。
ギリシア哲学(特にプラトン)とキリスト教「思想」(人は単なる部下)が真の黒幕であり、黒幕の中核(源流。本体)はインド=イラン「思想」。
思想は領土がなくても生き残る霊魂

馬と馬車と金属加工の技術を持った秘教集団。
トラキアの「死は善。生は悪」が悲劇の起源?良ツイート集。

漢語の「神」は、鬼神的な意味も持っています。そのため漢訳聖書では、「神」と訳されず、「上帝」と訳されました。
 そうしたことからも、至高の創造者に「神」の語を当てることには、昔から日本で議論がありました
。しかし最近では、キリスト教的な天地の創造主を意味する語としての「神」の理解が、一般の人々の間でも進んできているように見受けられます。
 さて創世記1:1の、
 「はじめに神は天と地とを創造された」
 の「神」は、原語でエローヒームです。この言葉は、じつは複数形です(単数形はエローアフ)。なのに「神々」と訳されないのは、「創造された」の動詞が単数形だからなのです。
 主語が複数なら、動詞も複数形であるはずですが、そうなっていないのです。つまりこの複数は、普通の複数ではありません。これは多神教と関係がなく、またじつは神の三位一体とも関係がない、と言われています。
 この複数形は、「畏敬複数」と呼ばれるものなのです。ヘブル語では、大いなるものとか偉大なものなど、畏怖の対象となるものは、複数形で語られるからです。たとえば「海」なども、一つしかないのに、複数形で語られています(創世1:10)
。”
神の御名と神聖四字
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/045kaminomina.htm
“彼らは絶対認めないと思うけど、そもそもキリスト教はユダヤ教派生ではなくミトラ教派生だから、旧約の神と新約の神は別の神。

旧約の神=嵐と雷の神バアル(エルじゃないよ)を凶悪化した悪魔。

新約の神=太陽神ミトラを凶悪化した悪魔。

嵐と雷の神と太陽神が同じなわけないでしょ?
ユダヤ教は現世利益で、キリスト教は来世利益
だし。

エロヒムがエル(バアルの父)の複数形だから ヤハウェはバアルではないって?
だからこそ黄金の牛を崇めていたら激怒したって?

ヘブライ語では複数形が文字通りの複数あることを意味するだけではなく
「偉大な」というニュアンスを示す用法があります。

詳細は過去記事
今週のジャンプの『BLEACH』(ブリーチ)でファーティマの手が登場。
ギリシア哲学(特にプラトン)とキリスト教「思想」(人は単なる部下)が真の黒幕であり、黒幕の中核(源流。本体)はインド=イラン「思想」。
思想は領土がなくても生き残る霊魂。
馬と馬車と金属加工の技術を持った秘教集団。トラキアの「死は善。生は悪」が悲劇の起源?良ツイート集。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
をどうぞ。

キリスト教がユダヤ教嫌いなのは、そもそもキリスト教の神(ミトラ)とユダヤ教の神(○バアル。×エル)は別の神だからさ。
フィクションでも反映されていますよ。
あの超有名なワンワールド世界政府じゃなかった、ワンピースにね。

ワンピースのエネルの笑い方が『ヤハハハ』なのはエネルの元ネタがヤハウェだからですよ。エネルは雷神(神は自称だけど)で雷になる能力はゴロゴロの実という”悪魔”の実。ヤハウェも雷神。

白ひげ(旗が卍→✝)のグラグラの実は人工地震だね。”
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
紐付き陰謀論者に騙されない為には彼らの本や講演に一切触れずにまずは心理学の学習から。
宗教=麻薬=執着による苦しみをもたらす依存性の病

有色の猿(新約)がヤハウェ(旧約)を倒すワンピースの「D」は現実の海賊国家の黒幕ジョン・ディーが元ネタ。キリスト教の神(ミトラ)とユダヤ教の神(○バアル。×エル)。は別の神。白ひげ(旗が卍→✝)のグラグラの実は人工地震。




・“7 空飛ぶレイシズム

ほとんど指摘されないものの、UFOカルトには、さらに危険な要素が含まれている。
それはレイシズムである。
欧米のコンタクティたちの記録を読めば一目瞭然なんだけれど、地球の救世主あるいは創造者とされる宇宙人は、多くの場合、金髪碧眼の存在なのだ! これはアダムスキーからマイヤーにいたるまで共通している。マイヤーの場合なんかは、宇宙人(女性)のカラー写真までが何枚も撮影されているから露骨である。これを眺めてもらうとわかるけれど、いったいどこが宇宙人やねんと言いたくなる。彼女たちはいわゆる理想的な美しいブロンド娘なんだ。そう、白色人種たちにとっては、救世主は金髪碧眼の美しい存在でなければならない……。
十九世紀頃から、ヨーロッパではキリストは金髪碧眼であったと唱える人々が登場し始めた。これはもちろん「歴史的事実」に抵触するから大きな勢力とはなりえなかったけれど、救世主が宇宙の彼方からやってきたのなら、そんなことはもうどうでも構いやしない――我々を救うのは金髪碧眼の存在だと堂々と主張できるんだ。
コンタクティの亜種ともいうべきものに「星の乙女(スター・メイドン)」というのがある。安物の歌謡曲の題名みたいだね。これはもうまともに扱う気がしなくなるほど阿呆らしいんだけど、ちょっと我慢してください。実は、彼女たちは自分が宇宙人だと言い張っているんだ。ただし、これにはヴァリエイションがあって、あるひとは前世が宇宙人だったと唱え、あるひとは文字どおり最近地球にやってきたと言うわけ。当然のことながら、宇宙人は地球人に較べて遥かに優れた存在だとされる。もう勝手にしなさい。
 ともかく、ここで重要なのは、貴種流離譚妄想の変形たるこの世界では、レイシズムが通常のコンタクティよりさらに露骨なことで、ある「スター・メイドン」などは、金髪碧眼白皙の北欧人種は高度に進化した金星人の子孫だと公言してはばからない――ナチ・レイシズムはかくも露骨なかたちで、甘美な夢として円盤の世界に生き残っているのだ。
 レイシズムと宇宙人の関係は、しかしながら、コンタクティやUFOカルトの世界だけに限られているのではない。第三種接近遭遇を扱ったUFO文献を読み進んでいくにつれて、レイシズムが欧米の宇宙人目撃体験の多くに浸透していることを、僕は確信し始めた。
 ただし、基本的に目撃者が恐怖や不安にさいなまれる第三種接近遭遇においては、レイシズムの表出がコンタクティとは別の形態をとるのはいうまでもない。
つまり、宇宙人たちが救世主とみなされる場合には、彼らは「高等人種」のイメージで描かれたわけだが、宇宙人が敵意や邪悪を秘めた存在の可能性が強い場合には、彼らは「劣等人種」のイメージで描かれることになる。宇宙人は背が低く、眼が「東洋人」のように吊り上がっていたという報告で、欧米のUFO文献は溢れているといっても過言ではない。そして「悪い」宇宙人たちの皮膚は、黒っぽい、あるいは灰色である。
 小人型「円盤搭乗員」は、妖精という観点だけからではなく、この観点からも、もういちど捉えなおさなければならないだろう。「円盤搭乗員」たちの像の裡には、確かに人種的偏見、あるいは、異人種への恐怖が噴出しているのである。まあ、そもそも、妖精伝承そのものが異文化、異人種との遭遇の記録と解せないこともないんだしね。小人と並ぶ円盤世界の奇怪な住人「黒服の男(メン・イン・ブラック)」(これについては後の章で詳述)についても、彼らの特徴のひとつが「東洋人」的風貌である事実に僕たちは注目しなくちゃいけない。

 UFO体験とレイシズムの関係を如実に示す例をここでさらに挙げておこう。
「謎のヘリコプター」というのをご存じだろうか。これは外見や飛び方はどう見ても普通のヘリコプターなんだけれど、正体不明、つまり、そんなヘリコプターは、軍用、民間用を問わず、目撃時には飛んでいなかったのが判明するというもの。円盤と同時に目撃されることもあれば、単独で目撃されることもある。円盤現象を考察するうえで、それ自体かなり興味深い存在なのだが、ここでは深く立ち入らない。
 さて、七〇年代前半、英国ではこの「謎のヘリコプター」がかなり頻繁に出没して話題を呼んだ。とりわけ、七三年から七四年にかけて英国北部地域に目撃報告例が集中した。基本的には「謎」に終わったんだけれど、報告例のなかには凄いのがまじっている。たとえば、七二年のとある例――夜間、ひとりの男が正体不明のヘリコプターが着陸するのを目撃、そこに車が一台やってきた。ヘリコプターから降りて、その車に乗り込んだのは……
 宇宙人ではない。
 妖精でもない。
 なんと不法移民だっていうんだ。目撃者は車の運転者はパキスタン人(!)だったと主張している。
 露骨ですねえ。
 隠しようがない。身も蓋もない。
 宇宙人と異人種とが時に相互に置換可能だっていうこと、社会の安定を覆す存在として一部の人々が恐怖あるいは憎悪する移民がUFOに投影されうることは、この例からも明らかであろう。”
稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』p.64-66(7 空飛ぶレイシズム)


(謎のヘリコプターって、特定の内容を含むツイートをすると飛んでくるとう噂のあるあのヘリかな。

宇宙人が人間より劣っているってのが全然出てこないのが不自然。
ま、自称宇宙人が、人間より劣っているなんて言わないか。

貴種流離譚妄想
=日ユ同祖論教
の信者が自分達は聖書の民の末孫と言って変な選民思想持っているのと似てるなあ。
聖書の民は宇宙人とも言ってそう
だね。

「実在しない架空の先祖がいくら凄くても、変な選民思想持っているお前は全然凄くねーよ!」

自分は地球人より劣った宇宙人妄想って聞かないなあ


有色人種かつキリスト教圏でない人なら救世主たる宇宙人は金髪碧眼じゃないんだろうなあ。
イエスは実在しないけどどうみても有色人種で、見た目は今のアラブ人みたいな感じでしょ。

19世紀ごろって科学と進化論とインド思想(もどき)を取り入れた新キリスト教を支配層が広め始めた時期と重なりますね。

白人種は有色人種よりも日光に弱い傾向にあるんですけど、なぜわざわざ日中活動するのに日光に弱い姿を選んだの?
白人種に宇宙人=霊が憑依しただけって説明もできるけどね。

霊が意志を持っているのではなくて、霊が憑依すると憑依された側の意志が変化するってのはどう?

つまり、霊は人間的な意志はない、自然現象みたいなものってこと。
で、同じものがとりついても、人によって悪行をするようになったり、やたら善行を積むようになったりする、自然災害や自然の恵みみたいなやつだな。

で、日本では「魔が差す」の「魔」である鬼や天狗、狸、狐、悪霊、善なる仏、天女、観音、菩薩、神仏習合で仏教化された八百万の神々、

キリスト教圏ではゴッド、イエス、マリア、天使、サタン、悪魔、吸血鬼
世界中に伝承がある妖精、小人、巨人、
科学的に表現すれば地底人、宇宙人、レプティリアン、ドラコニアン--「人」を省きたいからエイリアンとしたほうがいいかな。
これだと罪の責任を負わせられないから厄介だなあ。
事件の原因が、レプティリアンという悪霊のせいでも今の司法じゃ裁けないや。
霊体なら地球外とは限らないなあ。
地球外かどうかこだわる意味もなくなってくるなあ。
というか、そんなに簡単に行き来できるなら、別に地球外出身とか地底出身だから何?
~国出身なのと何が違うの?
結局、「俺たちは偉い!凄い!特別!」って主張したい選民思想が底にあるんじゃないの?

まともな食べ物を作っている人が一番偉いし凄いし特別だと思うんだけど。

白人至上主義者は人類が南方の黒人起源説が大嫌い!
だから、人類が北方で白い肌の宇宙人起源説が大好き!
見事に真逆だね!

キリスト教原理主義=白人至上主義=金髪碧眼最高!
ゴッド=救世主=宇宙人。
金髪碧眼が多いのは北欧。
北欧貴族のスウェーデンボルグが宇宙人カルトの源流。
出所がわかりやすいなあ。
北欧系はキリスト教原理主義ではなく、
エキュメニズム推進=宗教統一賛成派だから注意ね


明らかに白人の方が有色人種よりも色覚異常(Color Vision Deficiency, CVD)が多いとわかる色覚異常世界分布地図↓

色覚異常の世界分布_convert_20150620131113
(http://tedxtalks.ted.com/video/TEDxSapporo-Kazunori-Asada-Colo)

アトランティスやムー大陸云々という思想も白人至上主義者に都合がいいです。

言っておきますけど、ギリシャ人もローマ人も金髪・白い肌・碧眼ではありませんよ。黒髪・浅黒い肌・黒(茶)目です。 
当時の金髪なんてバイキングの蛮族だし、WASPな英国王室がギリシャとローマは我々の先祖とか言い出したら大ウソですのでご注意を。キリスト教のアホな迫害のせいでイスラムに頼らないと文献すら読めなかったくせに
ね。

ネズミさん ‏@Nezmi_san 2014年5月7日
【宇宙人の歴史】
・近世以前:地動説よりも古く、世界各地の神話に共通している。ルキアノスでは竜巻で月にいったなど、月に人が住んでいた、人間同様戦争をしていた。
・近世:太陽系の理解が深まる。鉄道ができ、文学が登場、創造主の天地創造の延長で宇宙人が書かれた。

・19世紀末、SFにおける宇宙人(HGウェルズ):火星人が地球侵略、宇宙人は「敵」として描かれる。また、宇宙冒険など様々な宇宙人が登場。
・第二次世界大戦後:宇宙人の描き方が多様化、「人形使い:寄生型宇宙人による侵略」、姿を見せない宇宙人侵略、体内で活動する流動体型の宇宙人等

(ウルトラセブンに登場する宇宙人は様々だった、この時代は侵略者) この時代は、{人間型、動物型、ロボット、異型、幽霊}これはスタートレックやスターウォーズに代表される。1938年はラジオ局による火星人襲来パニック、宇宙人が軍に隠されている(エリア51)軍事機密と宇宙人が繋がる。

さて、本題はフリーメイソンのスポークスマンでスピルバーグの10人「ハローバイバイ関」のいう宇宙人との接触についてだが、その前にスピルバーグの映画の歴史を・・・ ・1977年公開 未知との遭遇:意地悪な宇宙人
・1982年公開 E.T.敵ではく友好的な宇宙人

さて宇宙人がこの歴史からみれば、昔から語られている話であって、千差万別しかもスピルバーグですら宇宙人像が変わっている。 で、関が言う「宇宙人」これは何故か「フリーメイソン」が情報を知っており、「新時代」と称するタイミングで出て来るという。しかも宗教がらみだ。

昔は「自由な発想」で展開していた宇宙人が、何故か「フリーメーソン・ブランド」のみとなり、フリーメーソンだけが宇宙人と人間との接触を知っているとい う筋立てなんである。フリーメーソンは西洋の話であってそれ以外の大陸では接触もなく、エルサレム=キリスト・ユダヤ教に主に関わる感じだ。

歴史を追っていけば突然そんな、何でメイソンとイスラエルに限定されちゃったの?ということだろう。しかも何故メイソンだけが知りうるのか?である。その話と宗教が統一される話、火星に行く話、宇宙人はまるで「米英」だけを選んでるかのごとくだ。

宇宙人の立場からして、なぜメイソンを選んだのか?宗教なんてどーでもいいだろ?とならないのか?そもそも「何でメイソンが支配層を使って宇宙人を隠していたのか?」という事にもなる。「選ばれしもの」なる選民思想のあらわれではないのか?である。

宇宙人の立場からして「メイソンだけを選ぶ」「約束する」なる事があるというのは余りに出来すぎているだろう。それは過去の宇宙人像からして、何故かここ 数十年のハリウッド映画が作ってきた宇宙人像を使って99%を洗脳し、何か利を得ようとした詐欺であるとしか思えないのである。

メディアを使った繰り返しというのは、洗脳したいということだ。そもそもキリスト教は信じるものだけ救われるのだから、大多数への洗脳は不要だ。大抵為政者というのは情報を与える時はコントロールしたいときなんである。しかも宇宙人が為政者を気に入るというのも解せない。

ハリウッド映画を見ていない、宇宙人を知らない世代がいたとすると大笑いしかないだろう。だが、フリーメーソンが力を入れて洗脳するのであれば、その裏の意図を読み取らないとならない。無論、キリストを利用したように宇宙人を利用する立場で考えないと。

さて、数年前に「イルミナティカード」の分析ツイをしていたのだが、このカードは陰謀のカードとしてみると面白い。このカードには宇宙人やUFOが少々出 てくる。このカードの目的は世界統一(NWO)であって、「宇宙人を偽装してする方法」というのがある。
ほぼ関が言ってる内容はカードで示せる。

「シェールガス」なんてのはタコの絵の掘削装置。金塊を海水から作る装置、気象を操作する装置、様々暗示しているのである。グリーンなんちゃらも陰謀なんである。

95年の「イルミナティカード」は自分も最初はバカにしていたのだが、よく調べると極めて戦略的で未来暗示が含まれている。軍事的に開発した技術、ウイルス、衛星兵器、FRBの詐欺、オバマへのバッシングに至るまで様々である。

フリーメイソンがかなりの力を持って軍事、化学、政治、経済を牛耳っていたとしても、やはり出来ることと出来ないことがあろう。もしUFOなどが出来てい ればさっさと宇宙に出かけている。庶民に隠す必要もない。だからある部分は出来ていてある部分は詐欺の2極でできている。ここを見抜くべき。

そういう目でハローバイバイ関の都市伝説(メイソンのスポークスマン)を見るといい。{隠し通すもの、オープンにするもの、洗脳系詐欺}この3つだろう ね。どれが本当でどれが嘘か、嘘と嘘の関係を読み解くと未来が見える。なぜなら支配層が「ボール」を握っているから。何処に投げるかを予想する。

フリーメーソンのすべては「世界統一(NWO)」でしかない。さて、宇宙人やUFOと仲がいいなら世界統一など「みみっちい」話であろうね?統一不要だ。 どんどん宇宙に出て行けと、なんでちっぽけな地球にこだわり、世界統一の為の労力をかける必要もない。イラクで無用な殺戮も不要。でしょ?

ネズミさん ‏@Nezmi_san 4月18日
人間夢みなきゃ?と言うのは嘘、逆で都市や田舎の閉塞感が生み出す逃げ場。あのアポロの時代は宇宙飛行士100、今はAKB48、作り出される。親バカは「宇宙飛行士、ありゃ嘘だ」と言えなかった、受験社会だからだ。「本当に本当の事」を言って言い聞かせる、これが真の親だろ



宇宙人が霊体で憑依させると能力が非常に高くなるなら
(能力が下がる場合もあるだろうね)、
宇宙人に「選ばれた」のではなく、宇宙人を「呼び寄せて憑依させて活用した」から支配層になれた可能性。

宇宙人、「人」を抜きたいからエイリアンには人間的な意味での「意志」はないのでは?
それだと
エイリアン=地球外からの自然現象説になるね。

正確には、
エイリアン=憑依させると強力な力が得られる存在。

エイリアンに人間的意志があるかどうかが分かれ目
ですね。

自然現象説だと、ゴッドを宇宙人におきかえたキリスト教の変形が作れないのがポイント。
宇宙人がゴッドであるためには「人型」で「意志」が必要。
「だから」、「少なくともキリスト教圏のエイリアンは人型」だと発表される。
「実際にエイリアンがいてもいなくても、姿が人型でも人型でなくても関係なく」
「人型として発表される」、という説はどうかな。
エイリアンの実在とエイリアン思想は別
ってことです。

あと、人間は物事を擬人化して理解する傾向にあるので、得体の知れないものについつい「人間的な意志」や「人型の肉体」を想定してしまいます。
多神教は、恐るべき畏怖すべき存在=自然を擬人化して分類して理解しようという試みが起源
でしょうね。



knznymmmy ‏@knznymmmy 3月15日
ガリレオが木星の衛星を見つけたのはもっと早い だったらスウィフトがどこかでその話を聞きつけて んじゃま、俺は火星で創作すっかと 思いついたとしても不思議ではない 結局UFO信者の言う事には毎回飛躍がある 「UFOかもしれない」から 「UFOに違いない」への飛躍

サージ船長 ‏@alo353 3月22日
@knznymmmy @kitsuchitsuchi 少し話が脱線しましたが、今世の中に流布している宇宙人情報はすべて、現代の人間が思い付くレベルの稚拙な情報しかないんです。つまりすべてがフェイクだと簡単に言い切れてしまう。宇宙人という位置づけが、かなり下等に描かれているんです。

U ‏@wayofthewind 3月22日
「宇宙人」という概念を積極的に広めているのは、アングロサクソンですしね。 米国人の三割が「聖書の神は宇宙人だ!」と信じているという調査結果も(笑) 黒幕は 、いつものようにキリスト教財閥。 @alo353 @kitsuchitsuchi @knznymmmy

UFO(未確認飛行物体)の目撃情報が増えたのは、航空機が飛ぶようになって以降。 うちゅーじんの仕業なら、太古から飛んででもいいのにね。 なぜか地球人基準で、航空機の実用化に合わせてのご登場(笑)

英国なんかでは一時期、宇宙人ジョークが大流行して、エイプリルフールに「宇宙人来襲だ!」なんてラジオで放送して物議を醸したくらい(笑) 宇宙人ネタの背後には、タヴィストック人間研究所や人智学協会とかがいるんだろうな。 金星人は金髪碧眼とか、狙いがわかりやすい(笑)

「肉体を持ち、重力に縛られている」という宇宙人像が、そもそも地球人基準(笑) そういった情報を意図的に広めているのはなぜか? という視点で分析していくと。いろいろと見えてきそう



U ‏@wayofthewind 3月23日
肉体をそなえた人間以外の存在というのが、意外と身近なところで暗躍しているのは感じることがあります。 確率的にはあり得ないことが、現実でも頻繁に起きますからね。 キューピットや妖精さんみたいな存在が、偶然を操ったり、人と人の縁を調整しているような(笑)@alo353

ぴいぷう妖怪 ‏@pirorinpipipi 3月23日
@wayofthewind UFOに宇宙人は乗ってなく、人間が製造したUFO型人工衛星無人機もしくは人間が乗っているUFO型飛行機。宇宙人だか悪魔とやらは肉体を持っていなく、支配者の人間(特殊な血族)に憑依しているのではないか?と妄想してますw

U ‏@wayofthewind 3月23日
オカルトの領域になってしまいますが、憑依というのは的確かもしれませんね。 才能の世界なんかでは、一時期だけ活躍して、その後は抜け殻になるという例が非常に多い。 スランプになったクリエイターは「降臨してこない!」とか口走りますしね(笑) @pirorinpipipi

人間は脳波を発している。 脳波は微弱な電磁波で、脳というのは発信するだけでなく、受信する機能もあるんですよね(笑) どこから何が発信されているのか? そこに興味があります。@pirorinpipipi


ぴいぷう妖怪 ‏@pirorinpipipi 3月23日
@wayofthewind 妖怪ウォッチの♪ゲラゲラっポー♪メッセージビュンビュン♪は頭を空っぽにしてメッセージ受け取れってこと?と妄想しました。瞑想で雑念なくして頭を空っぽにしますよね。

サージ船長 ‏@alo353 3月23日
@wayofthewind @pirorinpipipi 間違いなく大脳の視床下部でしょう。 pic.twitter.com/QShc4JemRt

かあこ ‏@0nigiri_3_ 6月26日
@lakudagoya @makeanovel @MomoRaburin  私も全然詳しくないですが、宇宙人の定義が人間に近い形でもなく電波かも?っていうのが面白いなと思いました。一般にはETみたいな情報を流してるけど本当は電波だった、、みたいなのだったら面白いなと。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 6月26日
@onigiri3_ @makeanovel @MomoRaburin あはは。その可能性あるかもですね。まあ、そうなっちゃったらもううちゅー人自然現象になっちゃいますぞ?うちゅー人はETみたいだからプレミアがつくのですっ!力説
そう、プラズマだったら単なる鬼火で終了ですよ(笑)肉体がなければ仏や天使でもいいですしね


ヒラ:// ‏@punanny_chang
宇宙人なんでしょ?半魚人だの爬虫類だのなんで地球のものさしで想像するのかね?その時点でとらわれちゃってるって思うんですけど… https://twitter.com/kitsuchitsuchi/status/634833050048729088 …
魔世ねーず ‏@kuromitsu_2014 6月27日
@onigiri3_ @lakudagoya @makeanovel @MomoRaburin  宇宙人の姿ですか?  私たちは、哺乳類ですが、爬虫類人類、半魚人、鳥類人、昆虫類人、両生類人、甲殻類人とかがいるっていう話もあります。ちょっと想像できませんけどね。

ヒラ:// ‏@punanny_chang
水素だ炭素だっていう原子レベルの話ならわからないでもないけどよその惑星に地球と同じものある、ってなんで断言出来る?人間の姿だって重力の作用を加味してのことだし魚だ爬虫類だ、ってのはまったく同一の環境下のなかでこそ説明つくしミリ単位の誤差でまったく違う生き物になってるかもしれない

菊池 ‏@kikuchi_8
神話や物語、偽史としてなら面白いですが、証明されている訳でもない事を事実として前提にすると結論もその前提に沿ったものにしかならないです。所謂「偽史」の類はある種の政治的意図をもって唱えられている場合がとても多いです。例えばチャーチワードは白人優越主義者でした。

ジェームズ・チャーチワード
ジェームズ・チャーチワード(英: James Churchward、1851年2月27日 - 1936年1月4日)は、アメリカ合衆国在住のイギリス人でムー大陸についての著作を書いた作家である。
父ウィリアム・チャーチワードが1890年に『ブルックリン・タイムズ』土曜版に沈んだ大陸についての投稿をしたとされ、ジェームズは父の遺志を継いだという。また。1931年4月20日アメリカ心霊現象研究協会(ASPR)で講演会を行なうなど心霊団体にも関わっていた。講演録は、ハンス・ステファン・サンテッスン『ムー大陸の理解』(1970年)に収録されている。1936年1月4日、84歳のときロサンゼルスで講演中に倒れ死亡。墓はニューヨーク郊外にありムー帝国の紋章が刻まれている。
主張
チャーチワードは、1868年にインド(又はチベット、ミャンマー)でイギリス陸軍に所属していた際、寺院の僧に絵文字のある粘土板(チャーチワードはナーカルとよぶ)を見せられたという。1880年にイギリス陸軍大佐で退役し、この絵文字を解読したところ、ムー(チャーチワードによると発音はMOO)大陸の聖なる霊感の書であったという。友人のウィリアム・ニーヴンがメキシコで発見した石板を見せられた際にナーカルと同じ絵文字があったことがムー大陸の著作をするきっかけとなったという。絵文字はマヤのトロアノ絵写本、チベットのラサ記録に記載されていたという。
だがその後、マヤの トロアノ絵写本は解読され別内容と判明、チベットのラサ記録は偽造文書であった事が発覚した。また、イギリス陸軍にも在籍の記録がないため、大佐での退役 を始めとする軍歴は総て詐称とみなされている(経歴を信じるならば、16歳ですでに陸軍在籍、陸軍大佐で退役したのは28歳ということになる)。これらの 事実のほかにも数多くの矛盾点が見出されている事から、ムー大陸の存在は学問的には完全に否定されている。
ちなみにムー大陸の「ムー」とはチャーチワードが解読したとするナーカル文字に「ムー」という解読不能な言葉が繰り返されることから命名されたもの で、「ムー大陸」という大陸があったという意味ではない。おそらく英語の「THE」のようなものと解釈される。ムー大陸の証拠とされるイースター島のモアイ像などがあるものの、地球物理学の観点から「太平洋に沈んだ大陸は存在しない」ことが証明されている。
現在では、チャーチワードは白人優越主義者であり、この一連の主張も、その主義の裏づけとするべく創作されたものとする声が強い。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89)


・「MJ-12」文書という、円盤がらみの機密文書のコピーという体裁のものは、本物の機密文書なんて見たことが無い僕たちが漠然と機密文書に抱くイメージにそこそこ適合しているところが鋭い。達者である。さらに捏造者の賢かったのは、「MJ-12」という名称自体はでっちあげなかったこと。アメリカ軍、政府関係機関などでは正体不明、非公開のプロジェクトは有象無象あって、そのひとつが拝借されている。
文書ほど現実から遠いものはないが、人間の創造力の中では現実を映したものとして登場している。したがって、現実を変容させようと思えば、文書を偽造すればいい

「神智学=インド風の新キリスト教」関係の人が、
「シオン長老の議定書=ユダヤ陰謀論=キリスト教の伝統」
の布教に協力していたことを思い出しました。今も協力しているけど。
つまり、ユダヤ陰謀論は囮にして偽り。
完全に支配層側のメイソン=新キリスト教徒である自動車王ヘンリー・フォードが、「国際ユダヤ人」なる反ユダヤ本をプロデュースして、50万部を売り上げるベストセラーになって、16ヶ国語に翻訳されたってことは、ユダヤが正しい黒幕であるなんてありえないってことです


「シオン賢者の議定書」とオカルティスト - Biglobe
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/seiji/protokor.htm

Mizuki Rena ‏@mizukirena 2014年5月13日
シオンの議定書:文書・偽文書/反ユダヤ。 1905年ロシア秘密警察のピョートル・ラコブスキーがねつ造。 この文書のために1918~20年のユダヤ虐殺で一万人以上が死。米でヘンリー・フォードが新聞に掲載し、米国中に反ユダヤ感情を広めた。強く悪用したのはナチス・ドイツ。最近でもある。

IRON THUMB ‏@IRON_THUMB
T型フォードの大量生産で名を馳せた自動車王フォードが神様になっている(胸で十字を切るかわりにTの字を切る)(ウィキペディア「すばらしい新世界」)

かあこ ‏@0nigiri_3_ 7月16日
@kitsuchitsuchi @makeanovel ハクスリーの描いた新世界の中ではキリスト教→フォード神に変わる。子供のころから性に開放的な価値観を植え付けていてキリスト教の性表現規制とかとはは真逆な感じ。目指してるのがそこなら今までの価値観がまたぐるっと変わるのかな?)


・アメリカ政府がUFO関連文書を持っているのは当然。自国の領土に正体不明の飛行物体がうろうろしていたら本気で調査する。

(たまに本物が混じっているのでしょうね)

・仮定される主体の性質、目的とはどう考えても矛盾する現象があるとする。したがって、この現象の存在自体が、陰謀理論の基盤を覆すことになるはずだ。でも、陰謀理論家は慌てない。落ち付いたもんである。
なぜなら、彼らによれば、そういった現象は主体が自分の存在を隠蔽、真実を混乱させるためにわざと仕組んだということになるからだ。

(カルト信者が、自分達が明らかにおかしいから迫害されているのに、「俺たちが正しいから迫害されるんだ!」って言うようなものですね。
もちろん、カルトの教義には「我々は正しいがゆえに迫害される」という内容を組み込んでおくのですよ


私もブログの性質上、いろんな意味で凄いコメントが来ることがあるんだけどさ、相手があからさまに電波な暗号みたいな、でもドス黒い怨念が伝わって来るようなものだと、逆にこちらの正しさを確信しちゃうことはあるよ。
だって予想通りの反応すぎるから。
カルト信者にありがちなテンプレの柔軟性がない思考だから簡単に反応が読めちゃうんだよね。

私も都合が悪いものを全部支配層のたくらみにしてしまわないように気をつけないとね。
検証作業が単なる陰謀パラノイアにならないようにしなきゃ



陰謀理論、陰謀史観が突出してきたのはフランス革命以降のことで、衰えずに現在に至ってもきわめて元気そのもの。
陰謀理論は、ユダヤ・キリスト教的な、第一原因へ、直線的な因果律、原因から結果へまっすぐとのびていく連鎖が世界を支配している思想と繋がっている。
陰謀理論は絶対神の支配する世界という像の陰画あるいはパロディになっている。
ユダヤ人とか宇宙人とかいうのは影の神、悪魔と同義なのだ。
「影のブラザー」は19世紀の神智学の世界で信じられていたもので、真理を追究するオカルティストたちの前に現われて恫喝、邪悪の道にひきずりこもうとする謎の存在だという。悪魔の神智学版


一神教、特にキリスト教は絶対に敵が必要な教え。
イスラムやユダヤは悪魔崇拝批判をやたらとすることはないです。
だから、悪魔崇拝批判といったらキリスト教。
キリスト教は絶対に悪魔が必要であり、悪魔を攻撃することで自分らは正しいと確信します。絶対に敵が必要だからこそ陰謀論が発達するのでしょうね。
単一の組織がすべてを牛耳っているとかね。
実際は、複数の組織が共倒れしない程度に利権争いをしている
と今の私は考えております。

陰謀論が活発なのは、火の原因である支配層が火消しのために寸止め陰謀論を流布させているからだろうね。
イルミナティ陰謀論の発明者であるイエズス会士バリュエルは、フランス革命の正しい犯人--百科全書派など――を指摘していました



円盤目撃事例で鳥があんまり言及されないのは興味深い。
円盤と鳥を同時に見ても不思議はないはずで、そのとき鳥たちが異常行動をした例は寡聞にして知らない。
いっぽう、円盤が出現したとき、犬や猫が騒いだり怯えたりする事例は掃いて捨てるほどあって、つらつら思うに、人間と心理的にも密接な関係にある家畜はともかく「反応」してしまうらしい。
いったい何が言いたいのかというと、何かが空を飛んでいるのを人間は見てきた、あるいはそう思ってきた――これが今のところ絶対安全な前提だということだ。つまり、それが何であれ、膨大な数のUFO、ではなく、膨大な数のUFO体験が存在すること、それだけはけっして疑えない。なお、UFO目撃報告例の九割以上が説明可能、すなわちUFOでも何でもないことは忘れないように



1947年にアメリカで円盤騒動が勃発する以前から、何かが空を飛ぶのを人間は見ていた。
1946年にスウェーデンで発生したのが「幽霊ロケット」騒動。多くの人々がドイツのV1号に似た葉巻型の物体が空を飛ぶのを目撃、報告例は約1600件にも達している。
結局、幽霊ロケットの正体は不明のまま終息を迎えた。
なお、これより10年ほど前の1933年から37年にかけてもスウェーデンとノルウェイの国境地帯で、謎の飛行物体が頻繁に目撃されている。

(スウェーデンとノルウェーは真の海賊王国家だと私は考えています。
北欧は金髪碧眼が多い。金髪碧眼の宇宙人=善という価値観を流すと一番都合がよい勢力。

だから、この騒動は、私、気になります。

宇宙人説の源流であるスウェーデンボルグはスウェーデンの貴族だし。

事件の日付や発生時間帯などを調べると面白いことがわかるかも。
支配層が日付や被害者あるいは加害者の年齢などの数字に拘るのは、天体の影響力とゲン担ぎを重視しているからだと考えております。18、666、33、46、23、13は超有名。

なお、数秘術は後付けでどうにでもなるので、決定的証拠にはならないので注意。
あくまで調べるとっかかり程度にするほうがいいです。
あまりに同じ数字が目立つなら別ですけどね


Psalm 23         詩篇23
Lord is my shepherd    主は我が牧者なり

プロテスタントの聖職者
=“牧”師。

イエスが漁師をスカウトする際のセリフが
「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」(マタイ4:10)
でわかるように、聖職者=漁師=魚を集めて狩る側。
信者は魚にして羊。
信者は聖職者に集められ、捕まえられ、飼われる側。
聖書に思いっきり書いてあるのに疑問すら抱かない魚羊が多いんだろうな。
魚と羊って足すと「鮮」ですね。
韓ユ同祖論の文「鮮」明かな?


ちなみに、「明」って「日」+「月」。
ホルスの右目は太陽=日。
ホルスの左目は月

「明」と書いて「ホルス」とよむDQNキラキラネームはどうかな?
表向きの名前はアキラで、真名はホルスにしたら何の問題もありませんね。
鷹司明なら、ホルスマスターホルスですね。

五摂家
近衛、「鷹司」、一条、二条、九条

清華家
三条、久我、西園寺、徳大寺、花山院、今出川、大炊御門
※のちに、広幡・醍醐を加えて9家

数字が入っているので数秘術に都合がいい
ですね。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei
五摂家の中では鷹司家が重要くさい。
三菱や三井などの財閥系の黎明期 の頃に鷹司家が結構活躍している。
日本会議の役員って 北白川宮、鷹司家、徳川家、 長宗我部氏の末裔がいるんだなぁ。 実は江戸時代って滅んでなくて ずっと続いてるんじゃねーの?


knznymmmy ‏@knznymmmy
【定期】阪神大震災、東北大震災その他 大事件が○時46分に起きるのは偶然か故意か
KJVの創世記で46番目の単語は
(つまり聖書全体でも46番目だが)
"light" → illuminate → illuminati


風の子  ‏@makeanovel 9月13日
911同時多発テロ2001年9月11日8時46
東日本2011年3月11日2時46分
阪神淡路大震災1995年1月17日5時46分
ロサンゼルス地震1994年1月17日
湾岸戦争1991年1月17日
サンフランシスコ地震1989年10月17日 


日付けが戦争が茶番だと示す具体例↓
✝偽天皇財閥=プロレス893✝
偽天皇が軍のボス。
皇族が軍幹部。
「鳩」は✝の聖霊の象徴。


xtra heavy ‏@xtraheavy 8月19日
気味が悪いな…戦争の始まりと終わりが聖母マリアの祝日だよ。
>「聖母の被昇天」8月15日(終戦記念日)。
「無原罪の聖マリアの祭日」12月8日(真珠湾攻撃)>聖母の被昇天
- Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%AF%8D%E3%81%AE%E8%A2%AB%E6%98%87%E5%A4%A9 …

ken ‏@kenkatap 2012年7月11日
日本プロレス
【wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9 …】
力道山が1963年に亡くなった後の構成は会長・児玉誉士夫、
副会長・田岡一雄(三代目山口組
組長)、
町井久之(東声会会長)
▼浜松より西の興行は田岡
▼関東は町井
▼東北以北は児玉の盟友である岡村吾一の影響下にあったとされる

J・ナナミ ‏@pinkglalem
南京事件の黒幕は皇族。戦前の皇族男子は軍幹部でした。南京占領は、全世界に宣伝された歴史的な快挙であり、暴動で失敗する前に、捕虜を定期的に処分して南京市民の反乱を予防しました。コレはサヨクでも云々しないことです。虐殺は勅令だったのです。

大日本海軍の最高司令官は昭和天皇。陸軍は秩父宮。

中央銀行(日本銀行)と欧州の王族の模倣である皇室無くして、植民地支配は可能であろうか?


ロバチェフスキーだっけ?ユークリッド幾何学を証明するための理論追求が非ユークリッド幾何学を生んだ。つまりこのことは何を意味しているか?この世界を 構成し説明している法則(神)が存在していないことを意味している。科学の立場は無機質だョ。我々は現実世界ではなくフィクションの世界にいる。

神が代理人(教会、宗教家)をたてた時点で、それはオレオレ詐欺と同じインチキ
だョ

仕事が出来ないアトリー ‏@atoli92 2月19日
卒論で「鳩は子供達にキリスト教を親しみ持ってもらう為の道具」としたけれど、キリスト教圏内に入って本当にそれを実感したわ

Hirohito
https://en.wikipedia.org/wiki/Hirohito#Foreign_honours
Foreign honours

Belgium : Grand Cordon of the Order of Leopold (Belgium)
Brunei : 1st Class of the Order of the Crown of Brunei
Germany : Grand Cross Special Class of the Order of Merit of the Federal Republic of Germany
Thailand : The Most Auspicious Order of the Rajamitrabhorn
Brazil : Grand Cross of the Order of the Southern Cross
Philippines : Grand Collar of the Order of Sikatuna [65]
Poland : Order of the White Eagle (Poland)
Finland : Grand Cross with Collar of the Order of the White Rose of Finland; conferred in 1942 (Finland and Japan were on the same side in World War II 1941–1944), the swastika collar was replaced by fir cross collar within the state visit of the president of Finland Mauno Koivisto in 1986
Italy : Knight Grand Cross with Collar of the Order of Merit of the Italian Republic
Norway : Grand Cross with Collar of the Order of St. Olav
Spain : Knight of the Order of the Golden Fleece (6 October 1928)[66][67]
Sweden : Knight of the Royal Order of the Seraphim
Denmark : Knight of the Order of the Elephant
Greece : Grand Cross of the Order of the Redeemer
Greece : Collar of the Order of Saints George and Constantine
United Kingdom : Honorary Knight Grand Cross of the Royal Victorian Order (GCVO) – conferred in May 1921, revoked in 1941[citation needed]
United Kingdom : Honorary Knight Grand Cross of the Order of the Bath (GCB) – conferred in May 1921,[68] revoked in 1941.[citation needed]
United Kingdom : Knight of the Order of the Garter (KG); conferred in 1929, revoked in 1941, restored in 1971[69]
United Kingdom : Honorary General in the British Army; conferred in May 1921[70]
United Kingdom : Honorary Field-Marshal in the British Army; conferred in June 1930,[71] revoked in 1941.[citation needed]
United Kingdom : Elected a Foreign Member of the Royal Society (ForMemRS) in 1971[72]”
This page was last modified on 18 August 2015, at 21:47.


偽天皇に名字も国籍もないって最高にスパイに向いているんじゃないかな。
英国の官報のLondon Gazetteロンドン・ガゼットに、昭和天皇ヒロヒトが英国の【Field Marshal】陸軍元帥 だと記載されております。
しかも、英国のガーター騎士団メンバー。
きっと本当は国籍は存在していて、英国籍なんだろうね!


昭和天皇は英国の陸軍元帥だったと官報の記事。日本国民を焼き殺したのは昭和天皇ですか? 
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/506.html
“◆ロンドン・ガゼット1930年6月27日掲載記事
http://www.london-gazette.co.uk/issues/33619/pages/4028
War Office,
27th June, 1930.
REGULAR ARMY.
General His Imperial Majesty Hirohito, Emperor of Japan, E.G., G.C.B., G.C.V.O., to be Field-Marshal. 26th June 1930.
《拙訳》
陸軍省、
1930年6月27日。
正規軍。
英国陸軍大将である裕仁天皇陛下、日本の天皇、ガーター勲章、バス勲章、ロイヤル・ヴィクトリア勲章、英国陸軍元帥に。1930年6月26日。
■■■次に、昭和天皇が、1921年5月9日、英国王から英国の陸軍大将に任命された記録を、ロンドン・ガゼット・付録から紹介する■■■

◆ロンドン・ガゼット・付録1921年5月13日金曜日掲載記事
http://www.london-gazette.co.uk/issues/32324/supplements/3917
FRIDAY, 13 MAY, 1921.
War Office,
13th May, 1921.
His Majesty the KING has been, graciously pleased to appoint His Imperial Highness Hirohito Shinno, Crown Prince of Japan, G.C.B., G.C.V.O., to be General. Dated 9th May 1921.
(Substituted floor the announcement published in the London Gazette No. 32317, dated 9th May 1921.)
《拙訳》
1921年5月13日金曜日。
陸軍省、
1921年5月13日。
イギリス国王陛下は、裕仁親王殿下、日本の皇太子、バス勲章、ロイヤル・ヴィクトリア勲章を、英国陸軍大将に任命したことを雅量に満足しておられる。1921年5月9日付け。
(1921年5月9日、ロンドン・ガゼットに掲載した公告である底本を補記)
■■■昭和天皇が英国陸軍元帥を解任されたという記事は、ロンドン・ガゼットに見当たらない■■■

◆ロンドン・ガゼットのサイト内検索>Hirohito
http://www.london-gazette.co.uk/issues/all=Hirohito/start=1


内海 奈美子 ‏@utsuminamiko 8月15日
この人、南京大虐殺に関わった旧皇族です⇒朝香宮鳩彦王https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%A6%99%E5%AE%AE%E9%B3%A9%E5%BD%A6%E7%8E%8B … 中国でも南京大虐殺の主犯はこの人だと思われている⇒松井石根https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E7%9F%B3%E6%A0%B9 … 南京大虐殺に旧皇族が関わっているのが中国全土に知れ渡ったら一大事だねw

@utsuminamiko 調べてみればわかるけど、朝香宮鳩彦王が何で罪に問われなかったかと言うとGHQの方針だったらしい。中国人もびっくりかもしれないんだけど松井石根は実は中国文化が大好きな人だった。中国人に対しても親近感をもっている発言をいくつも残している。)


・例を挙げていけばきりがないが、空を飛ぶ謎の物体の目撃譚が、第二次世界大戦後のアメリカで突如湧いて出たものではないのは事実。
謎の物体の正体とされるものが、飛行船から飛行機、ロケット、さらに宇宙船へと「進化」している。これはテクノロジーの進歩に歩調を合わせている。
もしくは、アメリカの飛行船騒ぎ

(実用に耐える飛行船が初めて試験飛行に成功したのは1901年なのに、1896から97年にかけて葉巻型で下部に操縦室があり強力なライトを備えた飛行船が上空に登場。目撃者は着陸した搭乗員たちと会話し、どう見ても普通の人間である)
に顕著なごとく、一歩先んじているというほうがより正確だろう。
飛行船が「見える」と飛行船が現実のものとなる。
人間が空を飛ぶという夢が現実味を帯び始めた19世紀末以降、空に「見える」謎の光や物体はもっぱら何らかの種類の乗り物と解釈されることとなった。UFOは世につれ、人につれ、というわけ。
19世紀以前は空を飛ぶ何かを乗り物だと誰も基本的には考えなかった。災厄や宗教的奇蹟の到来を告げる超自然的な予兆だと解釈された。

(葉巻型飛行船については、公式記録された年よりは前ってだけで実験段階のものが目撃されたんじゃないの?
最先端技術は公開されると、厳密に言うと最先端ではなくなるのさ。
公開される前が最先端



日本の近世の随筆録を検索してみれば、かなりの頻度で空に光り物が目撃されていたのがよくわかるだろう。
流星、稲妻、人魂、火の玉などをひっくるめて、空中を飛行、あるいは浮遊する妖しい光はみんな光り物と呼ばれた。
なお、ケルトの妖精にも不思議な光がしばしば随行する。

・幕末の“ええじゃないか”のさいに光り物が飛んだという記録もある。
宗教的狂乱状態と光の結びつき
は、UFO体験を考察する際に、重要なカギを提供するように思われる。その典型的例として「エグリンの光」が挙げられよう。

 今世紀初頭(原文ママ)、英国ウェールズ地方をメソディスト派の熱狂的な信仰復興運動が席巻したのだが、その大きな推進力になった人物のひとりにメアリ・ジョーンズという説教師がいる。ウェールズ西部、メリオニスシャの小さな村エグリンを活動拠点としていたジョーンズには、他の説教師には見られない特異な点が存在した。
つまり彼女が集会を開いた礼拝堂や訪れた家の周辺で、異様な明るさの光の球が頻繁に出現したのである。これは限られた場所で起こったのではなく、彼女が説教旅行を実施した広い地域に及んだ。また、彼女自身と信者たちだけでなく、ジャーナリストをはじめとするかなりの数の第三者もまた謎の光を目撃した。ジョーンズは
1936年に没したがこの現象が起こったのは信仰復興運動が頂点にあった
1905年のみであった。

カトリック圏を中心に昔から聖母マリアが顕現するという奇蹟が起こっている。
現在でも世界各地で散発的に進行中であり、今世紀のもっとも有名な聖母マリア顕現事件で、教会も奇蹟と公認したのが「ファティマの奇蹟」。
ポルトガルの一寒村ファティマに住む三人の子供たちの前にマリアの幻影が最初に出現したのは
1917年五月だった。
同年九月、この頃すでに聖母出現の報せは広く知れわたっているなか、コーワ・ダ・イリアという谷間に集まった三万人近い大群衆の頭上を、楕円形の光る球が移動していったのである。
さらに大騒ぎになった翌年十月の出現のおりには、巡礼者ばかりでなく、ジャーナリストや科学者などを含む六万の人々で谷間は埋められた。
そして空う覆う雲の間から、「銀の円盤」のような「太陽」が出現、激しく回転しつつ極彩色の火花をまきちらした……。

神秘主義と光は強固に結びついている

ミルチャ・エリアーデの論考「神秘的な光の体験(『悪魔と両性具有』所収)」に従うならば、ヨーガの修行では星の像、満月の円盤、真昼の太陽、火の輪などを見る体験が悟りの到来を告げる徴候とされる。
イランでは古来、光の顕現を救世主の誕生を告げる徴と考え、これがマタイ伝の霊の記述にも影響を与えたらしい。
また、エスキモーのシャーマンは千里眼能力を得る際に、「天啓の光」というものを経験するという。この光を体験したときに空高く上昇する感覚に襲われるのだが、これはエスキモーに限らない。
円盤が発射した光線に引き上げられて円盤内部に運び込まれる体験と類似。

UFO目撃者の中には、目撃後に一種の人格変換が観察される人々が存在するという報告は、示唆的。光が彼らを変えたのか、変わろうとした彼らが光を必要としていたのかは視点の相違に過ぎない。
僕は何もUFO体験が実は宗教的体験であったと主張しているわけではない。
人間はどういうわけか光を見る生き物なのであり、その体験は長い年月をかけて練り上げられた宗教システムにあっては整合的に組み込まれたというにすぎない。
仮に宗教なんか存在してなくとも光が飛ぶのは見えちゃうんだから。
事実と虚構、現実と非現実の境界に絶対的なものがあると思っちゃいけない。

(宇宙人による遭遇や誘拐が結社への勧誘とイニシエーションを意味している場合があるでしょうね。

超常の存在
=人格に相当するものがあるかは不明のエイリアン

と定義すれば、

――憑依されたか憑依させたかは問わず――
エイリアンと同化した存在
=結社員は「宇宙人」と呼ばれてもおかしくないのではないか?

支配層は「最初から人格がある人型宇宙人」という実際とは異なる、支配層に都合がよい姿に捻じ曲げて発表させているのでは?
エイリアンXには人格がなく、それが人間に憑くと、憑かれた人によって、Xの要素がどのていど反映されるかが決まるのでは?
人によっては爬虫類っぽい顔になるのでは?

で、憑依されやすいあるいは召喚しやすい血液の種類があって、それがRHマイナスでしょうね。大けがしたら真っ先に死ぬ血液を持っているなんて普通は嫌だろうけど、それを補って余りあるメリットがあるからでは?

支配層なら、大怪我をしにくいようにできるし、すぐに処置できるように備えることもたやすい。
血は命。血は魂。あるいは血は命と魂の通貨。
物質と非物質の境目。


血液は400ccあたり1万8千円。
献血といえば赤十字、赤十字といえば天皇家。
支配層の血統重視は異常

献血で血を抜かれる側はボッタクられていますね。

強制的に狐憑きにして、廃人にならなかったら合格とかやってそう。

結社員
=宇宙人と人の融合体


ってまんまウルトラマンですね。

産みの親の円谷はカトリック。一家全員がカトリック。
腕を十字に組んで放つ必殺技。
初代ウルトラマンにはノアの神も登場
します。

「世界シンボル事典」の聖書の「ノア」の項目にフリーメイソンの結社員のことを「ノアの息子たち」と呼ぶと書いてあるそうです。

ファーティマ朝。シーア派。

原田 実 ‏@gishigaku 2013年8月30日
飛神明(伊勢神宮の八咫鏡が光りものになって飛来するという噂)の流行にのっかったUFOカルトでもある
@tsukasafumio 吉田兼倶の唯一神道を調べてたら、経緯がまるきり江戸しぐさなので笑った。それで吉田家は日本全国の神職の任命権を得ちゃったのだから、実は笑えない



1905年にもしかしたら世界中で同じような現象が起こっていたかもね。

信仰覚醒運動と言えばメソジスト。
メソジストと言えば青山学院と関西学院。
18世紀に誕生したメソジストは、日本では1873=明治6年に開教。
現在、戦争に協力した日本基督教団に合同。
✝「覚醒」=洗脳✝

アメリカのメソディストによる信仰復興運動=ホーリネス運動から派生したのがホーリネス派。
ホーリネス派は聖書無謬説、禁酒禁煙などファンダメンタリズムの傾向を持つ。
日本ホーリネス教会は中田重治により1917年の創立。
中田重治は日ユ同祖論者。聖書の人物が実在していることが前提の同祖論を信仰していてもおかしくない


ken ‏@kenkatap
日本プロテスタントの三大源流=
▼札幌バンド▼横浜バンド▼熊本
バンド
【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89 … 
札幌農学校クラーク博士の感化でキリスト教信者に
▼内村鑑三、新渡戸稲造
▼青年達は、1878年、メソジスト派の宣教師M.C.ハリス(青山学院
・神学部教授)から洗礼を受けた

フス戦争・15C
=《キリスト教改革フス派(プロテスタント先駆、ボヘミアとポーランド中心)》
vs
《それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国》
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%88%A6%E4%BA%89 …
▼フス派=カトリック司祭ヤン・フスがチェコで始めた改革派
▼チェコとポーランドに勢力拡大

プロテスタント先駆=ヤン・フス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%B9 …
カトリックは1411年破門、火刑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%B4%BE …
影響受けた人物=青山学院の源流メソジスト教会創始者=J・ウェスレー=覚醒運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BC …

山本五十六
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AD#.E6.88.A6.E6.AD.BB.EF.BC.88.E6.B5.B7.E8.BB.8D.E7.94.B2.E4.BA.8B.E4.BB.B6.EF.BC.89 …
ナチスドイツより剣付柏葉騎士鉄十字章授与
▼この勲章受章者は160名しかおらず、山本は唯一の外国人受章者
▼平民が国葬にされた戦前唯一の例
▼海軍兵学校時代は座右に聖書を置いていた
▼少年時代の米国宣教師の元で聖書の勉強


山本五十六の兄=日本キリスト教団・東金教会の最初の伝導者
http://www.t-chapel.com/Tokigane/shisetsu/index.html …
東金教会(千葉県東金市)は米国ペンシルベニア州に生まれた米国福音教会(メソジスト)の流れを汲む教会
▼高野牧師在任中、士官であった山本五十六元帥は、しばしば東金の地を訪れた

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi
サイコパス:動機がある者に実行手段を与えることで、新たに犯罪を創造する或る免罪体質者(システムで裁けぬ存在。支配者と変革者の比喩)は、紙の本を買いなよ、物理的感触故に自分の感覚を調整する為のツールだから、と言う。
貴方の犯罪係数を教えて下さい。

人を色分けして支配←シビュラ(アポロンの神託を告げる巫女)の託宣?
公安のマークは錬金術の神ヘルメスの杖カドゥケウス(ケリュケイオン)。
2の5・6話はゲームの敵を倒すと現実で人が死ぬもの。軍人ではなく民間人に無人機を操作させて無自覚な大量虐殺をさせる現実の予告

#サイコパス2 は攻殻機動隊と同じくキリスト教原理主義(WASP至上主義)の戦争屋側を批判する内容。反米、反スカル&ボーンズ、反右翼。
攻殻機動隊で知るロックフェラー1・2
http://www.mkmogura.com/blog/2009/12/27/586 … http://www.mkmogura.com/blog/2009/12/28/587 …

欧州貴族(スピリチュアル=新キリスト教)側は反厚生省・反CIA・反ロックフェラー、911自作自演暴露が特徴。
笑い男事件≒グリ森事件
インターセプター≒アポロ捏造
少佐も神意キリストも飛行機事故 グリ森と日航機123便 http://www.mkmogura.com/blog/2009/12/29/588 …

△一つ目の東金財団のマークにもある丸に十字は、
白人至上主義と大本教系=和風耶蘇教のマークでキリスト教支配の証。
右目を隠す東金33子。東金18。
一期の槙島聖護の元ネタは槇島城=北朝足利側の城。槇島城の戦いでキリスト教側の織田信長に敗北。
偽天皇は南朝+キリスト教側。

サイコパスは一期22話、二期11話で合計33話。
霜月=11月。
東金市に北朝宗教の天台宗の妙泉寺がある。
槇島城=北朝側。
北朝系は黒幕=悪。南朝系は味方。

日本を支配するシビュラの本体(脳の集合体)に至る通路の入口に
九曜紋 =細川九曜(北朝の細川護熙)+九曜紋(大本教)。
大本教は昔は十曜紋ではなく九曜紋だった。
シビュラが自己進化の為に自己の一部だった東金(北朝)を排除する内容。
細川護熙はイエズス会製の上智大学卒。弟は赤十字


東金とは東金教会のことなのでは?)


・1968年11月1日の明け方、フランス南部に住む某医師が、自宅の窓から銀白色に輝く二つの円盤を目撃した。それはやがてひとつに溶けあい、爆発音とともに消滅した。
朝になってその体験を聞かされたとき、医師の妻は驚いた。
円盤を夫が目撃したことではなく、彼が数日前に斧で怪我をした箇所が完全に治っていた事実にである。
さらに事件からほどなくして、医師は10年来苦しんでいたアルジェリア戦争での後遺症が消失
してしまった。
十一月八日には医師の下腹部に原因不明の三角形の痣のようなものが出現、数日後に彼はそれと円盤を関連付ける不思議な夢を見る。ほどなくして彼の子供にも同様の三角形が現われた。

以降この痣は父子ともに消えたり出たりをくりかえし、確認、撮影されている。
この医師は事件後テレパシー能力や予知能力を獲得したと主張。
また、彼の家の時計や電気回路にしばしば原因不明の故障が発生しているという。
そればかりか医師は体が空中に浮遊した(!)ことがあるとまで語っているんだ。

実のところ、UFO体験者が超能力を得たと語ったり(コンタクティに多い)、
その家にラップ(不可解な音がする現象)やポルターガイストなどのいわゆる心霊現象が起こったとかいう報告例はけっして少なくないんだ。
神秘的な光の体験によって超常能力を獲得するとされるエスキモーのシャーマンたちが頭に浮かぶ。
超越的な光の体験、超自然的治癒、超能力の獲得という過程はシャーマンそのものだ。
聖痕(スティグマ)、身体浮揚という要素に注目すれば、教会公認のシャーマンというべき西欧の聖人たちと重なる。聖人伝にはこの手の話が詰め込まれている。

円盤自体がPK(念力。サイコキネシス)によって出現した実体だと唱える人もいる。


(円盤に遭遇すると怪我が治るっていいな。
結社のイニシエーションと同じ作用を引き起こす自然現象に遭遇してしまったのかも。


風の子  ‏@makeanovel 8月2日
近所のお母さんとの世間話で聞いたちょっと興味深かった話。その方の学生時代の彼氏が今官僚なんだそうだが、つきあってた頃就職活動の時期くらいにその彼がスピリチュアルっていう訳じゃなくて人の心を読むみたいなテレパシーみたいなののちゃんとした技術があるってハマって習得してたと。

興味あるっつーのは、以前にコナン・ドイルとかフィリップ・K・ディックとか、発明家のエジソンがオカルト研究みたいなのにはまって、死後の世界との交信を試みたりしてて、なにしてたかっつーとテレパシー研究みたいなことで、案外ほんとになにか秘密の方法って存在するのかな?とか話してたの関連で

その方の彼氏も官僚になったということはわりとエリート階層な人なのかなというのと(詳しい学歴経歴は知らないが)、就職活動の時期にいろんな人と接触しそうだから、結社?とかそういう人脈でそういうテレパシーの技術とかを誰かから伝授されたりするのかなとか(カルトが絡んでたかもだけど)。

かあこ ‏@0nigiri_3_ 8月3日
@makeanovel エジソンの時代にそういう研究を熱心にやってたのだから、そういう技術が本当はあってもおかしくないとも思えるよね。庶民に利用させたい(出してもいい)技術はあの頃よりすごく発達してるわけだから。

knznymmmy ‏@knznymmmy 8月3日
わたーしにかーえーりなーさーいー
うまーれーるまーえにー

って訳でもねえんだが
自然に触れてるとニャンゲンは退化しきった
野生だか野性だかの
いろんな能力が復活するのは本当

縄文時代の遺跡の発掘をする前は しばらく山籠りするっていう人の話を 読んだことがある そうすることで色々目覚めて 感覚や発想がが石器時代的になるらしい だから「は?何これ?マジわけわかんねえ」って発掘が出ても 「あれ?もしかしてこうじゃね?」って 閃く事があるらしい

テレパシーってのもぶっちゃけあるよ 本当に「それ」がテレパシーかどうかなんて 知った事じゃない 一般人、現代人の感覚からすれば テレパシーに「見える」っていうそれだけの事 これも縄文時代と山籠りの話同様 ニャンゲンが本来持っていながら失ってしまったもの


Shinya Watanabe 渡辺真也 ‏@curatorshinya 8月12日
双子のうち一人が交通事故に遭うと、事故を知らないもう一方も体に異変を感じるという話があるけれど、これは二人の肉体に宿った魂に、重なり合いがあるからではないか?ウサギの親子を離れ離れにさせてその子供を殺すと、その瞬間に母ウサギが異常行動をする、という研究結果も同様のことではないか?

私の沖縄出身の友人に、ユタだった叔母の葬儀で身体を火葬している際、叔母の娘二人にその魂が憑依してしまったのか、「熱い、熱い!」と騒ぎ初めてしま い、叔母の妹、すなわち友人の母がお祓いした、という話を聞いたことがある。魂は一つではなく、重なり合いや連続性を持ったものなのではないか?


長い記事を読んでくれてありがとう!
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2016.02.25 10:57  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yomenainickname.blog.fc2.com/tb.php/101-c6d443b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)