読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

随時整理中 おきばしょ2 凄いかもしれないサイト発見わたし子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2017年1月9日からと復活ぬこた ‏@lakudagoya 2017年2月8日からツイート保存 

随時整理追加中  ダンガンロンパの新作出たけどさダンガンロンパ出してるところのシンボルが右向き髑髏じゃん。
右向=右目見せるから右目側。論破論理だからねえ。探偵ものは論理重視傾向。魔法使いがやっぱり生き残ってたな。
ナチスっぽい格好の民俗学者が死ぬ 腕にマル十字っぽいの付けてたし
悪の秘密けしゃぼす自称君はもろにメーソン柄の服だし。
者クマは左目が凶悪で黒色。右目は穏やかな目で白。腹は白。要は右目優遇。
キャラ属性で誰が生き残るか予想がつくなあ



すごいかもしれないサイト見つけた
かもしれないっていうのは警戒する為。だってカルト系のやつばかりだもん。
なんと2007年の記事で大本教や、メーソン=(薔薇十字系というよりは)マニ教系というシュタイナーの考えなどを紹介していて、メーソンとユダヤはイコールじゃないと言い、何よりもイルミナティ陰謀論の発生源が二人のカトリック信者(一人が私が良く紹介しているバリュエル神父でイエズス会士)だと指摘。あれ、ロビソンはカトリックか調べても出なかった記憶が。
イエズス会関係者の2冊の本とあるが、これはバリュエルがfirst two volumes of his eventual four volume studyのことか?
全四冊の内二冊ってことか?
もしかしたら読者の中にはねここねこはこのサイト知っていなかったことに驚きとか言われそうだけど題名だけは何か聞いたことがあったぞ。
けんさんありがとう

ken ‏@kenkatap 2014年6月1日

マニ教とフリーメーソン・・・
【悲しき秀才・改 http://sassasa1234.seesaa.net/article/64281261.html …
▼マニ教は根本的に非キリスト教的
▼光の国は戦いでなく、柔和、寛大、慈悲によって闇の国を克服
▼フリーメーソンは薔薇十字会の流れにも結びついているが、本来マニ教の霊統に属するものである

2007年11月03日
マニ教とフリーメーソン・・・
http://sassasa1234.seesaa.net/article/64281261.html
”とりあえず「フリーメーソン」≠(不等号)「ユダヤ」ということは理解していただいた上で。

「マニ教」 ルドルフ・シュタイナー(西川隆範・訳)より
 

 聖アウグスティヌスはマニ教に対して戦ったが、カトリック教会に加入する以前は、マニ教に属していた。

マニ教は、西暦三世紀に生きたマニという人物によって樹立された。マニ教は中近東の国王たちによって支配されていた地域、つまり小アジアの西方で発生した。マニ教は最初は小さなセクトだったが、やがて力強い霊的な流れになった。

中世のアルビ派、バルド派、カタリ派はマニ教の霊統を受け継ぐものである。さらに、神殿騎士団とフリーメーソン(*1)もこの霊統に属する。フリーメーソンは薔薇十字会などの流れにも結びついているが、本来マニ教の霊統に属するものである。

 

 マニの生涯はつぎのようなものである。

 中近東に、非常に学識に富んだ商人がいた。彼は、『秘儀の書』『聖職者の書』『福音の書』『宝の書』という四冊の本を書いた。この商人は死に際して、これらの本をペルシア人であった彼の未亡人に残した。そして、この未亡人はそれらの本を、身請けして自由にしてやった奴隷に残した。その奴隷がマニである。

 マニはこれらの本を学び、またミトラ神の秘儀に参入した。マニは「寡婦の子」、マニ教徒たちは「寡婦の子どもたち」と呼ばれた。マニ自身は自分を、キリストが人類に約束した「聖霊」と呼んだ。マニは自分を聖霊の受肉のひとつだといっているのであって、彼が唯一の聖霊だといっているのではない。聖霊は人間に再受肉してあらわれ、自分はそのような聖霊の再受肉のひとつだと考えているのである。
 
 マニが告げた教えに対して、カトリック教会に移ったアウグスティヌスははげしく戦った。アウグスティヌスはファウストゥスという人物が語るマニ教の教えに対して、カトリック的な観点から戦った。ファウストゥスはアウグスティヌスの敵対者だった。

 通常マニ教は、その悪に対する見解によって、西洋キリスト教と区別されている。カトリックは、悪はもともと神的なものが転落したもの、もともと神の善霊が転落したものと考えている。それに対してマニ教は、悪は善とおなじく永遠のものであり、肉体の復活はなく、悪がなくなることはないと教えているのではないか、と考えられている。悪は善と同じく昔から存在するものであり、なくなることはないというのが、マニ教の教えだと思われている。

 このような教えを説いているのなら、マニ教は根本的に非キリスト教的であり、まったく理解しがたいものである。
 
 ここで、マニ自身が語る神話によって、本来どういうことが問題になっているのか、真相を究めようと思う。秘儀参入に関係する霊統はすべて、みずからの本質を顕教的神話のなかで表現している。マニ教の神話は宇宙的、超感覚的な神話である。

 昔、闇の霊たちは光の国に進撃しようと思った。光の国の境まで来て、光の国を征服しようとした。しかし、彼らは光の国に対してなにもできなかった。そして~ここが大事なところなのであるが~彼らは光の国によって処罰された。しかし、光の国には悪しきものはなにも存在せず、ただ善だけが存在していた。だから、闇の悪魔たちは、もっぱら善なるものによって処罰されたのである。
 
 どのようなことがおこったのだろうか。光の国の霊たちは、自分たちの国の一部を取って、それを物質的な闇の国のなかに混ぜたのである。光の国の一部が闇の国と混ぜられたことによって、闇の国のなか真に混沌とした渦が生じた。この渦から、いままでになかったもの、すなわち死が生じた。闇の国はたえずみずからを消耗し、みずからを消滅させる萌芽を内に担ったのである。そして、このようなことが生じたことによって人間が発生した、と語られている。原人(*2)は闇の国と混ざり、閻の国に存在すべきでないものを死をとおして克服するために、光の国から派遣されたのである。
 
 重要なのは、光の国は戦いによってではなく、柔和、寛大、慈悲によって闇の国を克服するということである。悪に対して戦うことではなく、悪と混ざることによって、悪を救済するのである。光の一部が悪のなかに入り込むことによって、悪はみずからを克服するのである。

(中略) 

 カトリック教会のもっとも重要な人物であるアウグスティヌスが、なぜ『神の国』において教会の現在の形態を創造し、なぜ未来を準備する形態のはげしい敵対者にならねばならなかったかが理解できる。アウグスティヌスは現在の教会の形態を作った。ファウストゥスは未来の形態を準備しようとする。

 このような対立が紀元三、四世紀にあらわれた。この対立は、神殿騎士団、蓄薇十字会、アルビ派、カタリ派に対するカトリック教会の戦いとして表現されている。これらの異端は物質界では根絶やしにされたが、その内的な生命は活動をつづけている。のちに、この対立は弱まったが、西洋文化から生まれた二つの流れ、イエズス会(アウグスティヌス主義)とフリーメーソン(マニ教)として表現されている。カトリックや高位のイエズス会士のことはよく知られているが、もう一方のマニの精神において戦う流れはその表面しか知られていない。

 イエズス会(アウグスティヌス主義)とフリーメーソン(マニ教)が対立している。古代の霊統の子どもたちである。イエズス会にもフリーメーソンにも、古代の霊統の儀式が継承されている。イエズス会の教会には、修練士、学究生、霊務幇助士、立誓修士の四段階の秘儀参入があり、本来のフリーメーソンの秘儀参入の位階も同様である。この両者は平行線をたどりながら、まったくべつの方向にむかっている。・・・(後略)


(*1)原注:シュタイナーは一時期、フリーメーソンの高位指導者として活動しており、神智学協会内における「認識儀式」はフリーメーソン儀式を基にしていた。

(*2)引用者注:原人=アダムだ・・・(碇ゲンドウの口調で)

・・・わかりやすく言うと、マニ教神話では、光の国の霊たちが自分たちの国の一部(光の要素)を取って、それを物質的な闇の国のなかに混ぜたことが人間の発生(肉体+魂)ということです。

<心に青雲>殿的に言えば、これが「弁証法」の始まりでもありますね。相互浸透。


「・・・フリーメーソンは薔薇十字会などの流れにも結びついているが、本来マニ教の霊統に属するものである。」

↑ここ、試験に出ますから・・・(笑)


ついでに言っとくと、出口王仁三郎とシュタイナーの比較研究するんだったら、このへん押さえないと意味ないですよ~ 八幡書店さ~ん(笑)

あと、ムーから勝手に引用させてもらったお礼に言うと、ナオと王仁三郎の対立(大本vs皇道大本/旧・愛善苑)と、ブラバッキーとシュタイナーの対立(神智学vs人智学)も比較してみて~(笑)”

2007年10月31日
昭和神聖会よりも過激(笑)
http://sassasa1234.seesaa.net/article/63619888.html
”出口王仁三郎が「昭和神聖会」の次にやったことは、より過激にパワーアップ(笑)

終戦直後に「愛善苑」を設立。(現在の宗教法人愛善苑とは別もの)。

この活動と、霊界物語特別編「天祥地瑞」の内容がリンクして、第三次大本事件へとつながって行く。

このあたりについてはたぶん誰も書いてない・・・

つーか、わかっててもヤバすぎて書けない(笑)

お楽しみに~


2007年11月06日
「イルミナティの陰謀・・・」という陰謀(笑)
http://sassasa1234.seesaa.net/article/64986757.html
”真面目な話しますと、さすがの私からしても「イルミナティの陰謀」ってのは箸にも棒にもかからないシロモノでして。

目くらまし用語、撹乱用語ですね。

まあ、欧米では昔から「イルミナティの陰謀」論はメジャーで、1960年代以降のカウンターカルチャー・ムーブメントと並行したオカルトブームも、ほとんどに「イルミナティ云々」
という話が絡んできますね。

『コスミック・トリガー ~イルミナティ最後の秘密~』 ロバート・A・ウィルソン 八幡書店

<コスミック・トリガーの謎 超人結社イルミナティの陰謀> (昔のムーの特集の採録)

なんかっていえばイルミナティ、イルミナティ・・・

逆に、カウンターカルチャー・ムーブメントの背景を知るには勉強になりましたが。


で、イルミナティ話の元ネタをたどっていくと、イエズス会関係者の2冊の本に行き着く、と。

『フリーメーソン、啓明結社ならびに主要結社の秘密会合において実行されたヨーロッパの全宗教全政府に対する陰謀の証拠』 ジョン・ロビソン
Robison, John: Proofs of a Conspiracy against all the Religions and Governements of Europe carried on in the Secret Meetings of the Freemasons, Illuminati and Reading Societes. 1797

『ジャコバン主義の歴史のための覚書』 バリュエル神父
Barruel, Abbé Augustin: Mémoires pour servir à l'histoire du Jacobinisme. 1803

原文読んだわけじゃないですけどね。日本語訳あるのかな?

まあ、この2人のよく出来た陰謀論話を下敷きに、いろいろなバリエーションが創作されてきたんでしょうね。

本物の陰謀を隠すのに、とにかく便利なイルミナティ、ってところじゃないでしょうか。

参考:
http://www.masonicinfo.com/illuminati.htm

<追記>
「明るいシリウス 我らの未来」
というのが彼らのスローガンだったような。。。”



子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年11月25日
もぐらさんによるとイルミナティ=科学重視メーソンで
スコットランド・フランス系(百科全書系)
スウェーデン系(スウェーデンボルグ、ノーベル賞)
ニューエイジ
バチカンのエキュメニカル運動(宗教統一)

ダンガンロンパ2ではメーソンに興味津津で殺人鬼マニアの欧州の王女が生き残り組。

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年11月4日

市松模様が大量のダンガンロンパは大東社側。
野球の天才で山羊ヒゲのレオンは、アイドルを殺した犯人だと論理的に断定され処刑される。
レオン=ライオン=英国。山羊=悪魔。聖書は非論理。野球は読売CIA正力。英米系WASP側に嫌がらせ。
アニメ九話で裁判所の内装がエジプト風+メノラー。


ツイート保存




ぐだトマト ‏@pteras14 1月4日

アガルタぐらいマニアックでも
何でもないだろ。

ナチスの密教結社の緑龍会が本当は
青龍会の誤訳で空海が中国で修行
した寺の名前から来てるとかなら
まだしも。

#FGO
#FateGO

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2017年1月9日

”フェイド大帝が調べたところ、旧ナチスのハウスホーファーの
「緑龍会」はどーも誤訳らしい。実は正しくは「青龍会」くさい。
青と緑を間違えたんだね。
これの何が重要かと言うと、旧ナチスとチベットの関係。チベットのオカルトと言えばチベット密教。
日本で密教と言えば空海の 真言密教。天台宗の台密。 で、この空海が密教を習った 唐(中国)の寺の名前が、「青龍寺」"
緑龍会=ナチ系真言密教。 支配層は天台宗系は叩き(日蓮宗は優遇)、真言宗を優遇。 古日本語の青は現代の藍、緑、青を含む。 青≒緑←意図的誤訳?@kikuchi_8









ken ‏@kenkatap 2012年12月23日

天皇・北朝宗教=天台宗【虚空と君のあいだに http://www.mkmogura.com/blog/2010/11/26/972 … ▼北朝天皇のお墓、泉涌寺を廃仏毀釈で、一時は閉鎖寸前まで追い込み、そして「真言宗」に改宗させたことでもわかるとおり▼その神道勢と一緒に天皇すり替えを加担した仏教部の中心が、真言宗の本山、「高野山


平兵衛:大阪はピノチェト政権 ‏@heibay 2011年5月10日

徳川家達(いえさと:16代徳川将軍家)1903年(明治36年)貴族院議長 明治40年天皇家菩提寺 泉涌寺が天台宗から真言宗へ 北朝天皇家の寺に何か問題があり改宗させられたのであろう。 日露戦争あたりから北朝勢力復活か?

平兵衛:大阪はピノチェト政権 ‏@heibay 2012年10月27日

大日本皇道立教会(現創価学会)が設立のあたりは、天皇家菩提の泉涌寺が天台宗kから真言宗に変えさせるなど、宗教弾圧があったと考えられます。北朝天皇が南朝天皇に代わったことの由来でしょう。)





閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月8日
なぜに「真の日本人」と称する人たちは、真性のピュアな民族主義のはずなのに、従軍慰安婦の問題で騒ぎ立てる朝鮮人のように、日本人一般大多数に対する憎しみがあるのは何故だろう?

「真の民族主義」でさえ、根っこが反日であればそれは一般人の生活が良くなるわけないなと思った。

この国では、「真の民族主義」ですら根底にある感情は一般人多数に対する憎しみないしは、ルサンチマンの裏返しとしての選民思想だ。 更にもっと突っ込めば、その「真の日本人」論争にある属性は全てなぜかキリスト教の信仰に根ざしてる事がわかるのが不可解でしょうがないと思う。

「民族主義」だって、オリジナリティと同じで19世紀のロマン主義で創作された観念だから。

民族主義を主張する人たちは、一番民族の固有の思考回路を壊すはずの西欧の学問に対して一ミリも批判しないどころか、西欧の博物学的な価値観で自分たちの特異性を語るという性質がある。
彼らが、民族主義を掲げながら、反グローバリズムを唱えながら、西欧の智の体系に対しては一切批判しない事は不可解でしょうがない。 また彼らが西欧に対する熱烈なまでの信仰心を持つのは、西欧のバックアップがなければ、選民思想で「俺すげー」する事すら不可能という事にあるのではないか?

考えれば、考える程、原発論争にしても陰謀論にしても、西欧の智の体系は出力された「結果」を「盲信」するか「選民思想」に走るかというものを作り出す洗脳装置にしか見えない事だ。 どう考えても、西欧の思考法には土台が腐ってる。だから考えれば考える程発狂する。
民族主義だって、西欧に「戦争用」に創作された観念だもの。 それまでは、宗教で集団が分類されていた。または部族単位。 凄いな。民族主義にしても、オリジナリティにしても、全てがラノベの創作観念を現実に押し付けてるからこんなおかしな事になるわけか。 実用性皆無だもの。

ユダヤのタルムードの解釈やイスラーム法の解釈のように、限定的思考法をしないから、出力された「仮説」と現実の区別がつかないのか。 こんな馬鹿丸出しの思考法をしてたら、そりゃーユダヤ教に食い物にして下さいという状態じゃあるまいか。 そこを指摘しない人は多いのは何故かな?
「真の日本人」にしても、言葉に縛られる。じゃあ「真の日本人」の定義は何ですか? サンカの真の日本人説にしてもDNA鑑定がなかった時代だよね? ふふふ、どんなものでも「論説」に落とし込んだ時点で、三段論法になりさえすれば破壊できるわけだ。

よく見えないカルトの幹部についてわかった事を書いていく。 カルトというと、このついったーにも沢山いるけれども、露骨に頭悪そうな人たちがいる。 けれども、東大や京大のエリートからカルトの幹部候補生が選ばれてると来る。 こんな頭悪い集団に何故エリートが?と不可解だったのだけど。
恐らく、そこでリクルートされる統一教会の原理研などの幹部は、ネット工作のように露骨に頭悪い「カルト臭い」業務ではなくて、秘密結社の思想を洗脳するためのアニメやゲーム会社の社長や、出版社のお偉いさんなど、カルトには見えない「綺麗な」仕事につくと思われる。
例えば、菊池氏と論争して日蓮宗系のカルト信者とバレたウェイクアップ氏のように、元ジャーナリストで一児の母、で今はオーストラリア在住のような、見た目おしゃれでとてもカルトとは想像もつかないような「綺麗な」仕事を与えられるのでないか?と思うわけですよ。
今の時代、東大京大出ても正攻法では官僚だとか大企業のエリートコースが精々だもの。 若者が憧れるような仕事には簡単につけない。 けれども、統一教会の原理研のような表面から見たら馬鹿馬鹿しいカルトだけどそこに所属さえしたら無数のバラ色の未来が開けるのであるならばそちらに行くだろ。


そういった人たちは、大学在学時代から色々とうまみを与えられるのだろう。

またオウムに釣られた理系のように、今の西欧の学問の智ではわからない秘教的叡智を与えつつ釣るという方法も考えられられる。

共産党の民青でいい大学通ってる子を青田買いする事もあるだろうと思う。


さて、考察がまとまったので、またな。

いやー見てると思った以上にカルト信者の巣窟だねぇここは。

日本は日本人が想像してる以上にカルト国家で、論説を展開してる人を見ても譲れない思考の固定された糸がミエミエすぎてよくこれで人を騙した気になってるんだなと感心するよ(笑)

「真の日本人」と称する方々も、従軍慰安婦問題を持ち出す朝鮮人の方々なみに、日本人一般大多数を憎んでるのならば、それは国民の生活が豊かになったりはしない。 いくら西欧の博物学的な価値を積んで「特別だ」という選民思想を焚き付けても幸せになれないのは、根底にある感情が奴隷根性だから。


「西欧人と日本人は特別な血筋がー」と言うのは、「特別な血筋(と主張するもの)」以外持ってなかったのだろう?

つまるところ文化も大多数の人を幸せにする社会システムも思想も何もかもなかったってわけだろ?

血筋崇拝は2500年前の中国の政治思想にも勝てないのだから。
優生学が言うように、「本当に」西欧が特別な血筋で本当に優れてるのならば、東洋思想より凄い政治思想や社会システムが生まれないのはおかしい。 イスラーム哲学の初心者に完膚なきまで土台から木っ端微塵にされるレベルの智の体系で「優れてる」ってそれはとても考えられない事だよ。

あきれた事に、陰謀論者の中にすらそういう西欧の博物学的思考を相対化できずに、マイノリティは世界中の文化の画一化の中でオリジナリティ(笑)を保ってて偉いとかそんな価値観に洗脳されてるのだからどうしようもない。 陰謀論者でも殆どが西欧の価値観を脱却できない点で負け組だよ

「ユダヤが悪い」だの「日本人は特別」だの、パプア・ニューギニアのカーゴカルトのような発想してる人たちがいるけど、そいつらだって西欧の思考というフィルターを通じてでしかすげーと認識できないのさ。 諸悪の根源は西欧の智の体系だよ。 で、これは東洋思想にも憑依するから要注意。

戦前の思想家(笑)だって、彼らの思想は東洋思想と耶蘇教をアマルガムさせただけの代物だから。 もう、耶蘇学問というものと混ぜる時点で負けが確定してる。 西欧を叩いてる民族主義(笑)こそ、西欧の思考回路から抜けれないってパターンが多いのは民族主義すら西欧の価値観だからね。

日本を救うのは、特別だとか博物学的な価値ではないよ。 大多数の人が幸せになるように頑張る「青雲の志」だよ。 戦前戦後の人たちには、そういう清らかな青雲の志を持った人かいたのだけど、博物学的な価値を担保された特別な血筋の人たちは心根が卑しいのは本当に不思議で仕方ありません。

「博物学的な価値」ってのは、所詮18世紀の社交界でアフリカから捕まえてきたライオンを披露して「お〜」とか言う見世物のためだからね。 こんな宴会の余興みたいなもんいくら積んでも社会は良くならないよ。 こんな貴族の暇つぶし学問が社会に役に立つわけない。

「大卒は役に立たない」って、大学行くのが無意味ではなくて、西欧の智の体系そのものが修道院とかで論じられる空理空論の類で、博物学なんざ貴族の暇つぶしの同人活動のようなものだから、最初から役に立つようにできてない。 そこを指摘してると思うのだけど。

生活に何一つ役に立たないどころか、世界に害毒ばかりもたらして、更に頭の悪くなる機能つきのクソ学問。それが西欧の智の体系。 きっと、大卒以外は伝統智の中で生きてるんだよ。中国思想などの生活智をベースとした価値観でものを見てるから西欧の智の伝統は不可解に見えるんだよ。

西欧人が「伝統を守れ」と言うのは、博物学的な価値の高い見世物としての文化を守れって意味だから。 見世物ばかり集めても幸せになれない。 西欧の智の体系はこうやって人を不幸にする思考回路が埋め込まれてるわけ。 短絡的で破滅的で社会秩序すら何もない退廃的なものね。

頭の悪そうな軽薄なカルトの教義に縋ってる国会議員とか見てると、こいつらの盲信してる「人類の進化」って本当かね?と思う。 東洋思想には既に進化の過程を経なくても反証性の高いものがあるけど、それらを見たら「進化」なんて嘘っぱちにしか見えないわけで。

ユダヤやイスラームなどの中東の部族社会マインドを見てると、文明を憎んだり、社会秩序(特に共同体の掟)がない西欧って、本当にアブラハムの宗教か?と思う異質さを感じる。 一神教の皮をかぶった西欧のイレギュラーな気持悪い思想が悪の根源でないかと思う。
部族社会を動かすルールはどう考えてもDQN的な価値観なのだよね。 それに比べると、西欧のあの去勢されたような女っぽさは何だろうか? 中東の部族社会のような荒っぽさから去勢されてないと人間にならないという強迫観念が、特にお受験ママとかに強い傾向だよ。

昔の人は、西欧の教育は馬鹿になるとわかってた人が多かったのだけど、今や受験崇拝でそんなのすらない。 このお受験信仰もそうだけど、特定の陰謀論者への盲信も含め、西欧の智って何でここまで何もかも「何かに対する猛烈な信仰」や「選民思想」を生み出すような思考回路なんだろうね。

そもそも、「コルプス・クリスティアヌム(キリスト教共同体)」にローマ法が入ってる事自体おかしい。 ローマ法なんて、完全に自己都合でできる人為法を聖書解釈に適応しても一神教として機能しないだろう。 マニ教モドキのアメーバ的な存在になるのは決まってるの。

閉店です ‏@lakudagoya 2月9日
おおっと、燈火さんに差し上げたいネタを忘れてた。 ポケモン「サン&ムーン」は密教の日輪と月輪でないかな? ポケモン「サン&ムーンのキャンペーン」を見るたびに言おうとずっと思ってた。 このあたりは、ユダヤ・カバラ背乗り思想あたりも絡んできて胸熱だな。

(ソルガレオがにちりん、ルナアーラががちりんポケモン。



↓右に太陽、左に太陽が来るようにしている。



火と水、太陽と月など相反する要素の二元論の思想だろうね。 ついでに密教はやつらの大好きな太陽信仰なのでは? 最近、密教思想の押し付け臭いアーリア思想のラノベが沢山あって、エホバの証人の宣教なみにウザいと思う今日この頃(笑)

やつらの密教かぶれは、チベットもだけど中央アジアのイスラーム以前の宗教に関係あるんでね? あの時代、大乗仏教だか密教だかバラモンだかよくわからない宗教が中央アジアにはあった。 またぞろアーリア人(笑)の元ネタという所だろうよ。 そこがルーツだと主張したい歴史捏造ドラマだな。

燈火さんのネタでもう一本。 仮面ライダー?だかの「RX」の太陽信仰って、あれ古代のキリスト教マークのPX(カイとロー)か?と間違いそうだった。 コンスタンティヌス大帝が空に浮かんで見えたのがこれだし。 Rって何?Rosicrucianか?まさかな?(笑)

密教というか中観仏教以降の仏教には、バラモン教から取り入れた要素が色々あって、その要素がやつらの好きな部分でね?って話。 密教についてはよくわからない。 火を崇拝するような頭おかしい連中の系譜が、やつらの思想のパクリ元臭いという事だけわかってそうな気がする。

キレもない考察だけするようになって、賞味期限切れかもね。 最近、ラノベ見てるとあまりにも、エホバの証人の宣教並に押し付けがましい密教思想の押し売りにやれやれな感じ。 これらのアーリア思想(笑)には、血筋崇拝を入れろという指示が露骨に見えてて頭悪いなと思った。

最近のラノベで血筋崇拝のゴリ押しされるのって、安倍晋三のように政治学の授業に一回も出席しないけど卒業してたという、頭悪くても、実力もなくても凄いと思えという特権階級の究極の甘やかしに見えるな。

で、それすらもイギリスが背後にいてゴリ押ししてるという情けなさ。

TUNER ‏@stone_cold_1 2月9日

@lakudagoya ラノベは知りませんが進撃の巨人も王族じゃないと使えない能力とかありますよね。


閉店です ‏@lakudagoya 2月9日

@stone_cold_1 あーやっぱし。そんな思想の押し付けばかりですね。ラノベもそうですよ。


子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年11月25日

進撃の巨人:巨人ユミルの死体を材料に世界が創造される北欧神話(+ギリシア神話。タイタン=巨神)。東洋人が絶滅寸前で白人だらけで偽の王が君臨する階層世界。大義の為に死ねというナチス的戦争屋が喜ぶ話。ドイツ語の歌詞。体重や誕生日は数秘術用に設定。壁を崇める宗教で壁の秘密を探らせない。

竹河巻 ‏@takekanomaki 2016年10月14日

『進撃の巨人 answer』で作者が言っていた。
“東洋”とは“東の海”を意味する、『進撃』の“東洋”は現実世界の”東洋”ではない、と。
マーレから見て東の海にあるのはパラディ島では?
86話では国土とあるけど元からそうだったのかな?

閉店です ‏@lakudagoya 2月9日

クルディスタンのヤズィーディーとか、中東に残ってるエスニックな集団の中には、カースト制度が教義に入ってるものがある。

アンチセミズムってユダヤがーとかでなくて、それらの宗教を駆逐したセム系一神教が許せないという欧州の特権階級のルサンチマンではないかと思うことがある。

欧州は辺境だったので、色々と気持ち悪いものが残ってたのだろうな。 日本の気持ち悪いものの多くはクリスチャン謹製だけど。 そいつらは、大文明圏の辺境で優れた文化も社会システムもないから、血筋がー!とか言ってシコってるだけかも知れないね。

中世の欧州とか見たら、琉球王国や李氏朝鮮なみに悲惨。 東ローマの豊かさに比べたらゴミのようなもので、あーだから東ローマの文化レベルの高さや凄まじい豊かさは無かったことにされてるのか。 東ローマの実態がリアルにわかるだけで、自分らのブランドが崩れるから。

東ローマ帝国の皇帝の寄進で建てられた修道院の豪華絢爛な金の壁とか見ながら思ったのは、「特別な血筋がー」とか言うならば、何故に上下水道を引く技術もなかったのかね? そして本当に特別ならば、東洋思想よりも優れた思想を生み出せるはずなのにそれもない。 何かがおかしい。

「特別な血筋」のクセに便所紙にもならないこんな頭の悪くなる思想しか生み出せないって何かおかしい。。。 ネアンデルタール人?の血筋やRh−の特別な血筋は本当は劣勢でないのか? ついでに西欧かぶれになればなるほど精神まで劣化するので淘汰されるべきはこっちの人たちかもね。

本当に優生学の言うことが本当ならば、世界中の思想のオリジナルを破壊しなくても、自分らの優れた思想が世界中のものを駆逐できるだろう? またスピリチュアルのようにインド哲学の背乗りの軽薄な劣化コピーをしないといけない時点で何もないって言う事の証明でないか。


もし戦争すると考えるならば、敵の兵力や戦術、武器の質などがわからないと作戦すら立てられないのに、敵を単に悪魔だと騒ぐだけではそもそも戦争以前のお話だ。

こんなのは、ラノベクラスの戦争ものの小説見てもわかる事だけど。
もし陰謀論を戦争だと例えるならば、敵を正確に分析する事も放棄するようなクリスチャン陰謀論者のブログのようなものは、軍師にとってこの世界から消滅すべき邪魔なものだと思うな。 あれだけ戦争でダメなパターンの思考を凝縮したものはなかなかないわ。

よく戦争もののラノベで本当は千の兵力しかないのに、一万もの大軍に見せかける陽動作戦を音や霧などの自然環境を使ってやる話はあるけど、その陽動作戦にまんまと食いつくどころか、更に敵を10倍だと思い込むような軍師として絶対にダメな思考がクリスチャン陰謀論者のブログには詰まってる。
クリスチャン陰謀論者のブログって、戦争をする軍師の立場からしたら一番いけない思考パターンの集大成だな。 どう考えたら、こんなゴミどころか、もっとも邪悪な有害物質のような思考になるんだろうね。 これだとユダヤ様にカモって下さいと言ってるのと同じだよね。

ユダヤ思想って、構成が極めて中国思想に似てるんですけど(たとえ話によって説明する所や、実際に生活に使える処世術としての側面がそっくり)、中国思想ってもしかして悪魔崇拝でしたっけ?(笑) もしかして、ユダヤ思想って単に東洋思想の1カテゴリーに分類できる代物では?(笑)

何のことはない。ユダヤ思想なんてただの東洋思想その1だ。 きっと、中国やペルシャなど様々な所からパクってるだろうね。 パクってるというか、編纂された場所がバビロニアだから様々な文化や宗教や思想の影響を受けるのが当たり前だったんだろうなと。 そんな話だよ。

東ローマ帝国ですら、中国のパクリを堂々とやってるのに、メソポタミア在住の人たちがやらないのも不思議な話だ。 帝国に攻めてくる異民族に金銀財宝を渡したり、皇族の娘を嫁にやったり、豪華絢爛な文化で侵食するのは昔から中国が周辺の蛮族に対してやってた事のパクリだもの。

東ローマ帝国は6世紀に絹の製法を盗んで来たくらいだから、それ以外の情報も仕入れてただろ。 しかし、東ローマ帝国の皇帝は随分と中国皇帝に近いようなポジションになってて笑える。 中国思想がどれくらい耶蘇教国家の成立に影響を与えたか気になる所なんだよね。

東ローマ帝国と言えば神学論争が有名だけれども、なぜに悪魔崇拝&異端の歴史で修道の中心地だったカッパドキアなどは無かったことにされてるんかね?

異端や異説などは教育水準の高いところで生まれるならば、西よりも東に注目しても良いんじゃないかな?
東の異端のボゴミール派も確か震源地はカッパドキアだよな。 この東の耶蘇教やイスラームなどの影響を意図的に無視してるのは、東方の流れを正確に書くと、西ヨーロッパ中心史観に傷がつくという女々しい意図をもって意図的に無かったことにされてると思う。

ユダヤがー!とか言ってる人を見ると、和風キリスト教臭い空気を感じ取ってしまう。 そして、日本人が特別だとかアーリア人(笑)の主語を日本人にすり替えただけのような事言ってる、博物学的な思考に洗脳された東洋主義者(笑)も、あーカルト沢山いて気持悪いなと思うわけ。
結局、一般人の多くは大本教に洗脳される事に最適化された思考回路をしてるくさい。 だからもうツイートするのも嫌になったんだ。 最近は美味いもの食うのに凝ってるから、陰謀論のカルト臭さの愚痴はここまでにしたい所。

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月10日

鯨漁なんか倫理的だと思うんだよね。
畜産よりライオンがシマウマ取って食うのに近いし、一頭で多くの肉が取れる。
欧米人はなんで家畜ばっかり差別するんだろうね?
自分たちの畜産という文化を温存したままで、動物殺しの罪悪感も背負わずに済む理屈をでっちあげてるようにしか見えないんだよね。 https://twitter.com/youkopyua/status/829638969654603777 …

閉店です ‏@lakudagoya 2月10日
@dhtdhtdhtdht 本当に西欧のキリスト教の価値観は意味わからんです。

まだまだイスラム原理主義のほうが理詰めで考えたらわかりやすいです。

動物愛護にしても聖書に根拠なんてどうでも良くて、誰かがこれが尊いと言うと盲信してるだけのように見える。これは原発盲信もそうで。
@dhtdhtdhtdht 結局、何でもキリスト教にできるから定義ができないのかも。聖書なんてあってないようなもんですし。 原発。放射能つき飯は嫌ですが、原発にしても西欧のどちらも偽の二元論など頭悪くなるの罠が仕掛けられてるので要注意です。

キリスト教ってなぜか軸のないアメーバのように見えてきてしまう。 なぜに部族社会的なDQNさを捨てたのだろう。 捕鯨についても、原発についても誰かが盲信しろと言ったら盲信する態度が、ひたすら何につけても偶像崇拝に見えて仕方ない。

こんな鯨にしても、原発にしても偶像崇拝のように何かに盲信するような態度ではユダヤ様に食い物にされるのも当然のような気がする。 正直考えて、処世術的にも戦略的思考にしてもこんな頭悪くなるのような西欧の思考が諸悪の根源でないかと思える今日この頃。日本人は真似したらいけません。


亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月9日
広瀬某「娘婿の夫の姪がロスチャイルドに嫁いでいる。あいつもロスチャイルドファミリーだ!」
正直、ロスチャイルドを煙幕にして何かを誤魔化したいとしか思えないぞw https://twitter.com/lakudagoya/status/829815935036829697 …

閉店です ‏@lakudagoya 2月10日
@dhtdhtdhtdht ロス茶だから悪いってのも循環理論ですね。悪魔崇拝と同じロジックです。

こんな頭悪い思考してたら、別にユダヤでなくても、もし隣に中国人でもいたら同じく迷信深い思考をするクリスチャンは食い物にされてたような気がして仕方ありません。

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月10日
@lakudagoya
>こんな頭悪い思考してたら
これ今の日本人にそのまま当てはまるような(笑)
自分たちの精神に問題があるのに誰かに責任転嫁するのはルサンチマンだと思います。

あと、復活されたんですね。また鋭いツイート期待しております。

閉店です ‏@lakudagoya 2月10日

@dhtdhtdhtdht 復活したかどうかはまだ未定ですけど、このルサンチマンは一般人のみならず、特権階級のアイデンティティを形成してるものなので、マトモな保守思想が生まれないわけです。

ルサンチマンと被害者意識を焚き付けるのが西欧の工作ですし。

日本のみならず、世界中の博物学的な価値を持つ特権階級って、アイデンティティの基盤が韓国の従軍慰安婦問題の活動家のように、被害者意識とルサンチマンなので、マトモな保守思想が生まれるわけないなと思った。 なぜ特権階級なのに奴隷の発想なのだろう?というのが不思議だ。
韓国の従軍慰安婦問題の人が日本を憎むのはよくわかるのだけど、「真の日本人」などのピュアな民族主義や背後にフランスなどが憑依してそうな白足袋族などの京都の特権階級のアイデンティティの基盤がルサンチマンの裏返しとしか思えないような選民思想というのがよくわからない所。

フランスの特権階級はやたらと京都が好きだけども、「日本の固有の文化」とかで、海外の勢力から凄いと認定されたような、博物学的な価値を持つ特権階級がなぜに、国内ではアイデンティティの基盤をルサンチマンと被害者意識なのが謎なのだよ。 王者の風格がないというか。

特権階級の精神の基盤がルサンチマンと被害者意識では、マトモな保守思想なんて生まれるわけないもの。 なぜにここまで奴隷根性が蔓延ってしまったのだろう? この特権階級のアイデンティティが「奴隷根性化」ってのも大きな問題だと思うぞ。

さぁて、ローマ史に詳しいと、古代ローマで耶蘇教が下層民の被害者意識とルサンチマンを煽って活動してたのは周知の事実だけど、なぜに今特権階級と言われる人たちまでも精神の中核が古代ローマのキリスト教徒のような被害者意識とルサンチマンがアイデンティティなのだろうか?

「本当の日本の支配者」とか言われてる人たちは、何でここまで精神が卑しく、時にヤクザのような胡散臭さを感じるのだろうか? そして民衆を生贄にするとか、ルサンチマンの裏返しのような選民思想とか、なぜに「やつら」と変わらない思考なのか? こいつら単なる手先の奴隷だろ?

もしかして、陰謀論の世界で「真の支配者」と言われてる人たちも、精神が卑しい時点で偽物でないかと思う。 手先が骨の髄まで奴隷根性で売国に勤しむのも、アイデンティティを形成してる中核の部分がやつらから与えられたものだとしたら、そこの辺りに秘密があると思うな。

「あいつもロス茶でこいつもロス茶」 「あいつもユダヤこいつもユダヤ」
結局、ロス茶やユダヤの悪を作り出してる「元凶」って何なんですか? 西欧の中核となる理論は全て循環理論で「悪魔崇拝だから悪い」「ユダヤだから悪い」それが崩壊すると神学的に問題でも起きるのかな?

ユダヤ叩きでも、マトモなユダヤ本を参考にしない中途半端さ。この和洋折衷のダッサイ和風キリスト教風味がなんか、添加物だけで作られた豚骨ラーメンを好むような日本人の中途半端な軽薄さを感じるようで嫌だ。 こんなんだからマガイモノ食品と大本教が蔓延るのもよくわかる。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月12日
@dhtdhtdhtdht 気がつけば西欧の思考に完全に背乗りされてそうですね。

博物学的なオリエンタリズムとしての日本上げとか日本凄いとか愛国心をくすぐりつつ西欧の思考に洗脳されるので、見世物としての「文化」よりも思考回路を守らないとという保守思想はないですよね。

在外人の日本上げって、オリエンタリズムと博物学なんだよね。 日本の祭りを遥か2000年前に滅びたローマの多神教の生きた化石のような目で見て「価値がある」とかさ(笑) 所詮、見世物なんだよね。 見世物としての文化だけ残して思考回路は全部西欧化させるバナナ野郎。

(西欧のプロトコールってこえーよな。得体の知れない恐ろしさがある。 http://www.protocol.jp/index.html 西欧の恐ろしさは、イスラム原理主義のように軸がない得体の知れないけど、虚飾性にだけ全振りしたこの性質なんだよね。

少なくとも、サラフィー・ジハード主義に関しては、イブン・タイミーヤの思想を読み解く事で異教徒でも理解する事ができる。 サラフィー・ジハード主義って預言者の時代になかった&もしくは言及されてないものには判断を保留するってもんなのね。 でも西欧のものは理屈でわからない。

まだハルマゲドンを待望してる頭のおかしい聖書原理主義のほうがわかるってやつだ。 まだまだディスペンセーション主義とかのほうがわかりやすい。 聖書原理も神学がわかれば理解できるけど、この神学という軸のない言葉でのマナーやプロトコールや帝王学なんざ「ユダヤ」並にバズワード。

何で西欧って中身はないのに「なんか凄い」と思わせる虚飾的な霧のような発想なんかね? 異教徒でもイスラームの法解釈はとてもわかりやすいのに。 この違いはどう考えても思考法の土台が腐ってるとしか思えないのだが。

これ、骨の髄まで西欧かぶれの人が「日本人としてのアイデンティティをー」とか言ってる。 やはり日本人としてのアイデンティティなんちゃらなんて、西欧の思考法をするようになって「発見」された博物学的な価値観なんだね。 http://www.protocol.jp/index.html)

だから「西欧」の価値観に一般人よりも洗脳が深いクリスチャン右翼みたいな人たちが、一般人よりもやたらと和風や日本人のアイデンティティに煩くて、それを一般人が指摘されたらコロリと騙されるわけか。 「日本万歳」は西欧かぶれのバロメーターだな(笑)

なぜに西欧かぶれってこんな醜い顔になるのだろうね? http://www.protocol.jp/instructor.html 西欧かぶれの怖いところは、この何もかも贅沢文化を付随させる所だな。 簡素な美的感覚ってものが駆逐されつつあるような気がして仕方ない。

(贅沢文化がついてくるキリスト教お嬢様教育って本当に帝王学として機能してるだろうか? 中国の歴史を見れば贅沢で滅びるパターンが山のように転がってるので、在来型の帝王学である中国の古典を読んでるなら、支配者層なら国の滅びるパターンは避けようとするよね。)

帝王学としてなら、中国の古典に優るものはそうそうないなー。 ローマ史も参考にはなるけど、中国の古典ほどの実用度は高くない。 で、在来の学問にはプロトコールの教室のような華やかで虚飾的な部分が本当にないので、なぜか凄く地味なイメージがある。

東洋思想いいよー。近世以降の西欧の思想はハッキリ言ってゴミ。 というか世界にどうやって有害物質を撒き散らすかという汚染で偉大だと認定されたものばかりに見える。 だからやればやるほど頭悪くなったり、発狂したりするのか。 それで凄く納得してしまってる。


浪費させて国力を削ぐのは、もう2500年前からやられてきた手段。更に贅沢漬けにする事で反乱をも潰してる。 日本の特権階級は見事にそれでやられてるわけ。 あれだけ高い金出してお嬢様学校に行かせても国家を運営する側の視点がつかない。 如何にその視点を持ってる人の少なさと言ったら

中国は攻めてくる遊牧民を贅沢で汚染して骨抜きにするの何年やってると思ってんだ。 チンギス・ハーンはそれがわかってたから、イスラム系の官僚を使ってたのだけど。 うーんやはり、キリスト教系名門校は奴隷根性と奴隷側の視点しか見につかなくなるもんだなと思う。

西洋古典なら、別にキリスト教でなくても良いからね。 というか、キリスト教が広まる前に書かれた古典のほうが良いものがあるってのも皮肉な話だな。 ギリで教父哲学までは読めるけど、それ以降は?だな。 で、古典好きは結構イレギュラーなんだよね。

見世物としての博物学的な「文化」には税金にタカって保護して、日本の守るべき思考回路や道徳、商習慣は徹底的に拝金主義のネオリベ思想で破壊する。 こんなん見世物だけいくらあってもしょうがない。 欧米人の文化を守れとか言うのは世界に見世物小屋的異郷の地を残せって話だから。

だからテレビで言う「日本文化」ってものがまるで博物館のガラスケースの中にあるような違和感を感じてたのさ。 更にこの手の和風趣味には、西欧かぶれした嫌らしい欧州貴族猿真似の気持ち悪い世界までついてくる。 和風趣味だって欧州の評価が中心の見栄の張り合いの世界。

この国は、一般人は金稼ぎしかできず、文化事業は大抵カルト宗教に牛耳られてる。 庵野秀明がいんこ教の疑惑か。ありえるな。 あのサンプルは、いかにカルト宗教の幹部が世間一般ではカルトに見えないような「きれいな仕事」についてるかよくわかる例って事ね。

日本のカルト宗教の教義が、西洋の神秘主義思想の劣化コピーなのは何でだろう?と思ってたのだが、一般の奴隷信者はあんな頭悪くなる教義信じるけど、上層部には秘教部門があって、組織内組織で結社やイエズス会にも繋がってて、そこで悪の魔導師がいると。そこの人たちは外部からの勧誘だと。

で、恐らく日本のカルト宗教の幹部は奴隷信者の叩き上げでなくて、外部から有名大学卒のエリートを青田買いしてくるのであろうね。 おっと、共産党の民青みたいなやり方。 それらの特権階級は、ネット工作員のように頭悪くなる教義を鵜呑みにしてるのではなくて、秘教的な解釈をしてるはず。

おいらはね、なぜ日本の悪の魔導師さんは大本教などのカルト宗教絡みが多いのか気になってたんだ。 あんな頭悪いカルト挟まずに純粋に、秘教伝統だけやらないのは何故なのかな?って。 西洋のリベラルアーツをやりつつ、秘教伝統に手を出すならカルトにならないはずなのにって。



でもその正体がわかったよ!

リベラルアーツやキリスト教文化をしっかりやって秘教伝統をやるのは「秘教趣味者」なんだ。

それとは別に、社会の中核の支配の現実的な方法論として用いられてる所があって、それがカルト宗教の上層部などのインナーサークルであると。
参ったなー、やつらは組織を常に二重三重構造にするのにこれに気が付かなかったって。 カルトの幹部候補生は統一教会の原理研などからリクルートするの、はぁ?と思ってたけど。 まさかこんな構造になってたとは思いもよらなかったな。 なぜこんな構造がずっと隠されてたのだろう?

単なる「秘教趣味者」には、現実的な出世の手段としてバリバリにこれらのものを使う世界があるとは夢にも思わないであろうな。 「秘教趣味者」の多くがごく普通の人だから。陰謀論ですらトンデモだと思うような感じだもの。 たまにその世界の欠片を見ても想像さえできないみたいな。

「日本は世界有数のカルト国家」この言葉はとても重い。頭悪い神道カルトにハマってる安倍の嫁のような感じじゃない。 宗教はひとつの国家内国家だ。 恐らく、ミニ版KGBのような工作活動などの知的な犯罪や陰謀をやってる可能性がある。 でも頭悪いカルトにハマるなんてその程度だけど。

恐らく、カルト宗教の上層部にいながら結社や外国の諜報機関の手先をやってるような人たちは、恐らく一般人の奴隷信者のようにカルトの教義には囚われてないと思う。 それでも、安倍の嫁のように頭悪い神道カルトを信じてる手合も多いだろうけど。 これが大企業ともグルだよ。

庵野秀明があの事件を起こしたいんこ教信者。 このケースは芸能人のみならず、各界の著名人は殆ど当てはまるだろうね。 恐らくほぼ全ての世界がそれらの人脈の暗躍があるんだろ。 船瀬俊介が黒いペンタゴンと叩いてもカルトには逆らえなかったんだろうね。
なぜ陰謀論の世界では殆どがカルト宗教の信者がやってんだろ?と思ってたのだけど、政財界はもとよりこんな全ての世界にカルト宗教の信者によって幹部が占められてるのならば、ネット工作費用なんて幾らでも出るでしょ?って。 更に言えば陰謀論コミュはカルトのシマなんだよ。

この構造に言及したのは、とまーてさん他数名かな?   あれだけ陰謀論者がいても、この部分は一番のアキレス腱だから絶対に触れない。 ユダヤの陰謀はこれだけあっても、カルトによる各界の人脈支配は絶対に言及にされない。 これは何の詐欺かな?


松下幸之助の根源の社って、始めて聞いたときはこんな軽薄なもの信じるバカだなと思ったもん。

商売ばかりで、思想のオリジナルを知らないからこんな石屋教の理神論の劣化の劣化コピーを有難がるんだね。

で、松下幸之助は思想だってニューソートのパクリだし。
スーパー行けばわかるけど、そこで流れてる音楽の軽薄さ、商売人なんて金稼ぎばかりやり過ぎて、美意識がないのわかるだろ? 軽薄な音楽、古代思想を使いまわしたマガイモノの軽薄な思想など、本当にカルトって商売人に最適化されたものなんだねと思った。
商売人は金は稼げても、思想は何一つ自作してない。 日本のカルト絡みの上層部も国家戦略すら自作してない。 この国では、どの分野見渡しても命令を実行するだけで自ら思想や国家戦略を考えたりするって部分が本当にスポイルされてるもの。 完成された奴隷国家だよね。

さてさて、アリストテレスの教育論を見てみましょう。
奴隷には技術的な教育だけして、自由人はそうでないものを。
安倍の文系の予算削減は、この思想ね。 ルサンチマンと被害者意識がアイデンティティの基盤の京都のエスタブリッシュメントがこんな事考えるんの?違うでしょ?

よく陰謀論では、「京都には日本の真の支配者がいてそいつらが支配のための作戦立案をしてる〜」 とか言われるけど、なぁんでその作戦の設計図が、マキャベリの君主論とかアリストテレスの奴隷の教育論とかの骨の髄までの西洋思想の使い回しなのぉ? 本当に設計図書いてるか?(笑)

「日本の真の支配者」なんて言われてても、何でそんなに欧州貴族も黙る権力持ってんなら、マキャベリの君主論などの西洋邪悪支配術や中国の兵法書よりも凄い支配技術などの智の体系を持たないのは何でよ? そして何故にアイデンティティの基盤がルサンチマン何だ? 本当に支配者の態度か?

大体、京都の支配者(笑)が立案してると言われてる計画なんて、なんでここまで西洋の古典的な支配術そのものなんですかねぇ? どーせこの計画書なんてイエズス会のお偉いさんが書いてるのではないのかね? 対象を弱体化させる支配手法は西洋特有のもんだね。思考回路が日本でないわ。

ルサンチマンとその裏返しの選民思想がアイデンティティの基盤の京都の支配者なんて、漢字が読めない安倍と同じでとてもじゃないけど、作戦を考えて世界中を出し抜くような事できないだろうな。 そもそも、アイデンティティの基盤をそこに置いてる時点で奴隷根性に憑依されてる。

例えば、宇野正美とかが言ってたけど、日本の真の支配者(笑)はもう一般人は自動車離れさせるのに決めたとか。 この思想は、資源や地球上の物質をエリートが管理するという優生学の裏返しとしての自然主義という西欧の思想がないと思いつかない。 これ日本の思想じゃないだろ?
日本の支配者と言いながら、漢字が読めない安倍のように自分らで作戦を立案したり、計画の設計図を書いたりもできない奴隷根性丸出しの「なんか凄そう」というイメージだけの存在。 そもそも、自前の智の体系を持ってない時点でやつらとは戦えないわけなのね。


戦前の知識人は統治論として植民地主義と人種差別の毒抜きのため儒学をベースにした近代社会の設計図を書こうとした。

でもね、儒学って普遍主義だからロマン主義の観念である、博物学的な価値を認めないものだからね。

だから博物学的な価値に縋る支配者(笑)はそれは取れない。
琉球王国もそうだけど、欧米によって博物学的な価値を与えられたマイノリティって、現実の統治論は全く持たないから、博物学的な見世物としての価値を与えられる以前はゴミ扱いだったんじゃないかね? そんなやつら、現実的な政治能力ないから最底辺なのは当然だろ。

やつらは文明を憎んでるから、マトモな社会秩序とか道徳とか真っ当なものを持ってる所を文化破壊で壊し、逆に現実的な政治技術も道徳もないような、最底辺を持ち上げる。 西欧の博物学的な発想は、そういった下賤を高貴にするような社会にとって毒でしかない発想をするようになる。

(下賤を高貴に=いじめられっ子をいじめっ子に)

やつらが自然崇拝を持ち上げるのも、マトモな文明や社会秩序を憎んでの事だからね。 あと資本主義がクソだから、農法主義しかない発想は、倫理観のある商業という事を思いつかない、ニューエイジ版中世の封建国家で支配するって気がするなぁ。 カルトやニューエイジの動向見てると。

農本主義って、ニューエイジとか好きそうな世界連邦運動臭い結構それらの講演とか本とか見てきたけど、なぜかそれらは文明を憎んでるんだよね。 琉球王国や李氏朝鮮のような反知性主義社会にしたい本音を隠してバラ色のユートピアを宣伝して回ってる気がするんだね。

西欧が言う博物学的な価値って、あれ王侯貴族のコレクションの見世物だからね。 そもそも西欧の学問がこんな、王侯貴族の暇つぶしの同人活動のような社会にとって何ら現実的な益のないものだもの。 博物館に行くのが豊かさってのも欧州貴族の猿真似なんだよね。

反知性主義的なニューエイジ臭い自然主義による閉鎖世界での封建支配って何の中世ヨーロッパですかと。 こいつらが商業の毒を説いて資本主義がダメだから商業を持たない敬虔なキリスト教国家みたいな事言うのだよね。 で、なぜか知性や文明を憎んでるって人を支配したいだけだろ?

だからさ、自然主義は結構だけどさ、資本主義がクソ過ぎるからそれ以外の価値観で生きたいってのはわかるけど、なぜに文明を憎むわけ? 宮崎駿と同じ思想だよね。 そもそも自然崇拝と文明の二元論的な対立は西欧お得意の偽の二元論でないのかね? 精神と物質みたいなさ。

別に自然崇拝が悪いとは言わん。でもあれ、西洋邪悪文明を攻撃してるように見せかけてガチ西欧の思考だもの。 更に言えば言ってる背後が世界連邦臭いので、ああ中世ヨーロッパの王族の田舎臭い封建社会の発想しかないのかとわかった。

文明を憎む世界連邦運動臭い自然主義と資本主義は多分同根だね。 どう考えても、今の資本主義はどれだけの文明や文化を壊してきたかって。 で、ここで問題なのはなぜに西欧から「文明を憎む」ような世界でも極めてイレギュラーな思考が生まれたのか? そこを解明しないといけないぞ?

今の資本主義のような無茶な自然の使い方してると、あれいつかは崩壊するよ。 なぜ資本主義とタイムリミットつきの終末論などがプロテスタントから湧いてきたかを考えないと。 世界中の文明を崩壊させたくて逆に無茶な資本主義や科学主義やってる気がするよね。

よく言われる通説が「文明を破壊するのは一神教」という話。 確かにキリスト教はローマの多神教文化を潰したのだけど、これだって違和感あるんだよね。 西ローマ帝国崩壊で西欧ではローマの科学技術は消えたけど、東の方ではギリシャの古典も科学技術も生きてたのだよね。

6世紀にユスティニアヌス帝が建てた教会や修道院がまだ残ってる事を考えると、6世紀にはまだそれらの建築技術はあったんだよ。 で、何で西欧だけそれが失われたんだろう? 東ローマ帝国を調べれば調べるほど、キリスト教がローマの文明を破壊したってなんか変だと思う。

9世紀頃のアラブの使節が、アヤソフィアの中で見た機械じかけの動物やせり上がる皇帝の玉座なんかの記録を見るとまだ東ローマには科学技術残ってたんだよ。 だから東ローマ帝国ではローマの科学技術もギリシャの古典も残っていた。西欧の略奪の記録を書いた人もホメロスを引用してる。

じゃあ質問の範囲を狭めて聞こう。 何でローマ帝国の版図の中でも元ドルイド教圏だったキリスト教世界のみなぜローマの文明が見事に失われたのだろうか? もしかしたら、文明の破壊=一神教という定説を覆す秘密が残ってるのかも知れないというのはロマンなんだろうか?
ただ、ドルイド教に関しては扱いは極めて要注意で、ドルイド教に文明を憎む思想があったのか文献には一切残ってない。 だから、ドルイド教というラベルは違うかもなんだ。 でも、西欧には「文明を憎む」という謎思想が間違いなく存在する。この得体の知れない思想の正体知りたいよ。

あと、口伝宗教ってゾロアスター教の変遷を見たならば、ズルワーン主義が二元論的なゾロアスター教に変質したりするのを見ると、当てにならないのだよね。 だから真実は永遠に闇の中。 でも西欧には、なぜか一神教世界の中ではイレギュラーな「文明を憎む」という思想が存在する。

逆に西欧って「キリスト教」というラベルをつけると見えないものがあるのかも。 例えば人工的に超人を生み出したい思想は、北欧の文字にも言葉にもされない無形の工業文化がある所の伝統のようなもので、オカルト思想を纏ってようやく実体が生まれたようなそんなのあるんだろうなぁ。

ヨーロッパは辺境だったから、クルディスタンのヤズィーディーのようなアーリア系の変な宗教が残ってるんだろうなぁ。 それも大部分がキリスト教によって破壊されたので、教会に対するルサンチマンとセム系より古いんだというアイデンティティにしがみついてるのだろうなぁ。






(ぐだトマト ‏@pteras14 2017年2月12日
エリートや知識人が変なカルトに
群れるのは、多分、平安時代の
寄進地荘園という古典的脱税テクの
現代版だろうね。
宗教法人だと税金掛からないから。

後、この国は「法人化」すると商法
とか会社法が憲法を出し抜いて
最高法規性を持ってしまうのが問題。




そりゃ、お前さん、なんの為に 司法権を独立させてるの?って話よ。 誰も裁判所に行かなかったら、実質上 行政権と立法権しかねーじゃねーかw しかも立法権の方は「法人野郎」 の立てた候補しか当選出来ない様に 骨抜きにされてるww
ト◯タはまだマシな方ってのも問題だな。 中小/零細ブラック企業だったら実質上 労働基準法なんか守ってないっしょ。


トヨタの独自の暦って宗教みたいだな。 トヨタの幹部はエジプトかぶれなので、どこかで石屋のメンフィス・ミツライムのような儀式やってるかもね。 そこを誰かすっぱ抜いてくれれば愉しいけど。 日本の大企業の秘教思想かぶれの度合いを調査したいけど、なかなか機会がないねぇ。
トヨタにしてもさ、松下幸之助にしてもさ、なぜに企業が作るこういった「文化」はなぜプラスチックのような軽薄な感じがするんだろ。 商人の作るものは本当に本物感がないね。 マニ教の偽物作り技術が商人に重宝されるのもわかる気がする。 マガイモノ売ってなんぼだもの。

商人が文化や宗教作るとロクなものが出力されないのは何でだろう?  商人の宗教の成功例はイスラームくらいだろうに。 何というか社長の自慢話本を見たらば、なぜここまで知的レベルが残念なのかなと思う。 それなのに、金儲け万能主義っておかしい。
商人って、何でもできて何でも知ってるように見えて、なぜに全てがマガイモノなのだろう? 社長ほど軽薄なカルトや自己啓発にハマる。 秘教趣味でも、キリスト教神秘主義じゃなくて大本教やスピ系一択とか。 あの全てが軽薄な感じがする企業文化ってものが好きになれない。
ああ、日本企業が大学院卒や博士号持ってる人を嫌うのは、経営者がカルトにハマるほどの軽薄な知性だから、高学歴がいるとカルト信者に洗脳しづらいから嫌がるってわけか。 ここまで日本が世界でも類を見ない低学歴社会なのは、カルトが原因なんだね。



この国、骨の髄までカルト国家だよ。

あと宗教色のない陰謀論者についてだけど、中核派などの左翼の一部が大本教に繋がってるのそのあたりの疑惑を考えてるんだ。

陰謀論コミュの凄い系の一部はそれかも知れないとね。

どちらにしてもカルトなんだよね。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
ドルイド教、文献が少なすぎて思想を知ることは壊滅的に無理。

ただ、元ドルイド教圏だけローマ帝国の文明が徹底的に破壊された思想の秘密は知りたい。

ヤズィーディーのようなアーリア思想その1なのかなぁ?

セム系一神教よりは古いだろうけど。
あと、生きた化石としての秘教にしても、ナマの生きた伝統と欧米の博物学的な価値を与えられた干物では全然別物。 ヤズィーディーやスーフィズムの一部のようなナマモノは恐らくイスラム圏にしか存在しない。 あとは局所的にも中国の一部ね。 だからイスラム国がですよね。

あとさ、魔女のハーブがー!とか言われるけど、ハーブの本場は中東っすよ。 この土地の伝統医学ですよね。 また、女性は表に出ないからわからないけど、現地の女性相手に治療してるマジもんの魔女は中東に存在すると思う。 これらの人たちの伝統はマジで古代から連綿とですよ。

本物の魔女がイスラム圏にいるかも知れぬ。 西欧のマガイモノと違って。 ただ、西欧の連中が勝手に「魔女」認定してるだけで、ハーブ治療の伝統医学はイスラム法的に問題ないから。 ただ変に教会が伝統破壊してた西欧と違って、イスラム圏の場合これらは殆ど手付かずの可能性が。

なぜに魔女の知恵を語るのならば、あれだけハーブの使用法を極めたイスラム医学は無かったことにされてるのだろうか? 中世イスラムの医学書を無視して魔女のお話は不可解なよーな? なんか西欧の話は、こうやって大事な所が無かったことにされてる感じがするんだよね。
例えば、ユダヤ人がイスラム資本を持ってきて西欧を経済的に間接支配してた話とか、キリスト教徒の陰謀論者は絶対に触れないね。 変なプライドのせいで、あれもこれも無かったことにするのはマジやめてくれ! 結局、西欧人のプライドに配慮した世界史を陰謀論という型で押し付けられてる。

西欧の説明に納得しないのは、なぜかいつも大事な所を隠してる気がするんだよね。 魔女の説明についても神話的過ぎる。 例えば欧州貴族や天皇家が古代エジプトの子孫って話もさ。あまりにも非現実的だよね。 モグラブログに張り付いてたカルト信者はどう足掻いても盲信してたけど。

例えば、預言者ムハンマドの子孫はイスラム圏全域に存在して、もちろん中国の回族の中にもいるのね。 でも普通に考えると、中国よりも中東に多くいるのは当然だよね。 それと同じように考えると、古代エジプトのファラオの子孫は現地のエジプトのほうが沢山いると考えて自然だよね?
じゃあ何で、エジプトから程遠い欧州に古代エジプトのファラオの子孫が沢山いると考えるの? これは先程の、中東よりも中国の回族の中のほうに預言者の子孫が沢山いるって話なみにおかしい事なのだけど。 なぜ陰謀論ではこんな話が当たり前のようにまかり通ってるわけ?

キリスト教系の陰謀論の記事はこんなばっかり。 じゃあ100万歩譲って、ケルトとエジプトが交易があったとしても、それらの考古学的な証拠を出さないといけない。 何でこんな和牛ひと切れだけ入れて和牛100%という詐欺的な思考がまかり通るのは何でだろ?
ユダヤが悪い、イルミが悪いというくせに、なぜキリスト教陰謀論者はこんな迷信的な思考をしてるのだろうか? これではユダヤ様に永久に食い物にして下さいと言わんばかりの頭悪くなる発想。 まずこのおバカを真っ先に改善して欲しいなぁ。

考古学を扱うならせめて、BC何年頃か書いてね! 日本は秘教のルーツらしいけど、これBC何年くらいの話だろうね?   近代になって企業がそれらのシンボルを使ってても、どーせ石屋だか耶蘇による博物学的な設定や解釈を吹き込まれたんだろうね。

金髪のパキスタン人がいるエリアで、あなた達はアレクサンドロス大王の部下の末裔ですと言ったりする詐欺。石屋が世界中でやってるぞ〜 日本の古くからの秘教のルーツも、後付された価値観の可能性がある。 古代からマジで連綿と続いてるものは中東にあるものがちょっとでないかな?

「日本のために」みたいな人を見ればわかるけど、神道の家系とかああいうとこには、石屋がすり寄ってくるからね。 実際に本人も周りに石屋の友達がいるって言ってたし。   それで適当な西欧の価値観での「日本凄いとか」「実は日本は」なんて話を持ち上げながら吹き込まれるのだろうね。



だから、日本の秘教の話も西欧の博物学以上の意味づけしかできないのなら、後付の価値観ね。

ナマモノの中東の秘教の凄さは、博物学的な後付の価値観におさまらない思想を持ってる所かな?

そのナマモノの言葉は西欧の後付の価値観をゆうゆうと上回る所が凄いなと。







シャフト一つ及ばないクロウ ‏@crow5874 2017年2月13日
じゃぱりぱーくってノアの箱船的な?
(じゃぱりぱーくは「けものフレンズ」の舞台となる世界。 )

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
@crow5874 ノアの方舟つーより、ゾロアスター教の神話にある、イマ(閻魔さん。ノアのイラン版パクリ元)とその地下施設の種子貯蔵庫でしょう。

そこでは、人類を人工的に作ってたとか。

氷河期にあわせてイマさんは、ノルウェーの地下施設のようなもの作ってたそーです。

シャフト一つ及ばないクロウ ‏@crow5874 2017年2月13日
@lakudagoya
そうだったんですか。
そもそも動物園って種の保存が目的ですしね。
面白そうなので調べておきます。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
@crow5874 これ日本語訳の本が引用でしか存在しないけど(グラハム・ハンコックの「神々の魔術」で引用)、旧約聖書はイラン宗教からもパクってた可能性あると思うと面白いので探してみて下さい。


閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
ゾロアスター教の神話では、氷河期が来るとイマさん(閻魔さん)は、ノルウェーの地下施設みたいなのを作って種子とか何でも保存して、人間も人工的に作っちゃうそーですよ? で、進化とかまたナチ臭いワードが「けものフレンズ」から出たけど、あの進化だとか稲田朋美臭い思想って何なのあれ?

北欧には進化を続けて人類を人工的に作っちゃう思想があるみたいで、単にブラバッキーのおばちゃんに洗脳されただけではない思想があるのかね? その言葉にされない北欧地域のよくわからない思想がブルーブラッドよ思想の一部なのかね? よくわからない。
また北欧は、中央アジアと関係あるから、アーリア人の末裔とか言って、ゾロアスター教文献(日本語未訳だが引用あり)にあるような、イマさんが作った氷河期の地下施設を再現してるわけではないよね? そんなお台場のガンダムのようなノリで作ったなら気持ち悪いのだけど。
北欧が中央アジアの思想にしがみつく意味もわかんないのだが。 もし欧州貴族が中央アジアから来たとしても、密教やゾロアスター教入った大乗仏教徒その1だと思うのだけど。 今更そこにアイデンティティを持ち出すのもお台場のガンダムのような気がしないでもない。

せっかく、シンボルがあっても語る言葉や思想を持ってない時点で厳しいのだな。 仮に大本教が言うような超古代日本文明があったとしても、遺物や遺跡から推測されるだけで文字で書いたものが見つからないとどうにもこうにも。 思想や知識として残ってないのは厳しいねぇ

(おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2月11日
けものフレンズは無為自然
荘子の無用の用等がけものフレンズの正体なので荘子と老子の説く、小国寡民があの世界
けものフレンズをシーア派的に見ようか? カバンちゃんの正体はعقلアグル、知識及び技術というものは悪意や個人利益等による汚染がない限りは如何なる存在、如何なる状況でも必ず良い結果がやってきて、それは来訪神のように通り過ぎて行くの 知識や技術は必要な時に必要として用いられるのでね
あの世界は無知なのではなく、無用の用と用とする時に用を用いる世界で完知された世界なの
だから、そういう世界では無駄に意味を作り出す言葉は存在する必要がないの 言葉が最低限の世界は象徴も最低限にしか存在しない、それは認識や必要が完全に共有されているから象徴で誤魔化さないの
そして、純然に技術と知識を用いる事が出来るのは困ったことはあっても「不足しているものがない」から
不足しているのものというのは物質的な物から、抽象的なモノまで不足していない世界であり、
不足していないからで不足していないが故に様々な存在がその特性を使い切れる世界なのである
知識が不足すると無知と有知で別れる
物が不足すると過剰と不足で必要と不要で別れる
能力が不足すると無能と有能で別れる
心情が不足すると妬みや嫉妬、傲慢と軽蔑で別れる
シーア派的にはعدلアドル公正・公平が完成された世界であり、このけものフレンズは絶対公平世界と断言でき
ディストピアとか、ユートピアというアホで抽象的な下らない・ゴミ・核廃棄物以下の物ではなく 公正が完成された世界であり、象徴的な思考をする必要のない「用が完結した世界」なのであって、それは荘子が説く世界であり シーア派的にはアッラーの公正で満たされた世界となる

おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2017年2月13日
象徴があっても、思想があったとしても現代にも出てこないというのは再現性がないもの
再現性がないものは不要なものであるか、元々ないもの
元々ないものであるなら、それは復元のしようがないわけで
元々ないものを復元しよいなんて土台無理ってこと
厳しいけど、意味ある文化なんてそうないんだよ
これも勘違いしているけど、文化というのは根本的にその文化集団に属しているもの以外にとっては全く無意味なの
例えば、食文化なんかわかりやすいけど片方常に米を炊く文化があれば、パンを作る文化があり
米を炊く文化はどこでも米を炊こうとし、その逆もまた真であるのだよね
じゃあ、じゃがいもを茹でる文化の人達にとって米や麦というものは価値があるのだろうか?
食料以上の価値はなく、そこには文化的な意味を持っている物ではないということ
特性帯びるのは文化というか、生活によって発生しているわけで別に何か意味があって行っているものでは根本的にないという事
ここで分かるのは文明は文化の延長では全くないこと
文明はどこの土地だろうが、猫も杓子も関係なく共通した認識の中で共有しあえるものであって、それが文化と文明との大きな違い
で、文明というものには必ず普遍的で不変な知識と技術が存在するのそれを満たさないと文明ではないわけ
言うなれば、米というものを炊く・生産するという技術や知識というのは文明で
その米の食べ方や集団的意味を与えるのが文化と言っていい
んで、シーア派が言うتخت قدرت خدا 全ての力の土台はアッラーさんが用意されたもので文明というのはこの土台を意味するの、それは文化ではないの
なので、全ての種子を集めて保存するというのと全ての知識を集めて保存するというのは全く違うか、真逆な事をしているの
種子=文化
・知識=文明なので種子が幾らあろうとも文明の種にはならんし、
知識さえあれば場合によっては特定の文化を再度発見することができる
なので、文明=知識を集めるの
そんな事を言うと特有の文化が消えていくのはー、と言うのだろうけど
言語何かもそうだけど、何で言語が消えるのかはピジンができないからであり、結局はそれで商売できるのかという事でしかないの
そこから考えるように文化というものは「実用性」によって消える用な代物でしかないのよ
言い方を変えれば、日本のような高度に翻訳文化が発生した土地は様々な文明をつまみ食いした文化を作り出すのが容易いという事でもあるのね だから、文化が素晴らしいというよりも何時でも・如何様にも文明を自由に選択できるというのが強みなわけでそれは文明を盾に文化を守っているとも言える
なので、どっかの文明に被れる必要がないのだからさっさと様々な文明を総合研究して自家薬籠中みたいなものを作り出せばいいわけ
所謂、西洋文化も中華文明もインド文明もイスラーム文明もギリシャ文明も日本にはクソだってわかった・わかっているのなら勝手に作ればいいわけ、ちょー簡単でしょ
思想的に独立するというのはこういう事で思想が独立していれば、文化は不動なの
だから、文化が不動な人々は他の文明は利用しても文化は動かないわけだから、何処にいたって己の中にあるとらわれるべきものは不動なわけ
これが文化を守る魔法でこの魔法はオカルトではなく、反証・合理・論理
なのさ
だから、儀式や物質では文化を守ることはできないし、それを守る事が文化を守る事ではないのよ
文化を守るというのはその社会の独立した行動様式を守る事であって、それを弄られると独立した動きができなくなり まるでおもちゃの様に操られては不要になれば捨てられるわけ、でそうなっているよね?
なので、博物学的な英国面・石屋面に堕ちたこと自体が悪の根源なわけ
でも、簡単にそれは捨てれるんだよ?
何でかというと、日本は大量に「自国の言葉と意味で解釈し」翻訳されている古典が腐るほどあるから
なので、困ったら古典を読めばいいし、簡単に帰られるわけこれってかなりの利点なんだよ
例えば、ウルドゥー語やパシュトゥーン語なんかはカントやデカルトですら碌に翻訳されていないし、全部英語となるわけ 但し、英語となるともちろん「英語風の解釈で汚染」されているわけでそこにはその言語独自の意味で解釈されていないわけ その時点でその文化はかなり弱いわけなのだよ
でも、パシュトゥーン人何かがそれでも独自の文化を守れているのはその文化が絶対であり・固定化された生活だからで不動な軸を持っている上に物理的に強い人達だからというのもあるわけ
文化を維持するというのは物理的強さと集団性が必要なのだけど、それは当然ファシズム如きの下らないものではない
そもそも、こういったものを現代の学術的方便で言い回す事が大間違いでファシズムや社会主義という単語以前に彼らはその様な生活をしてきたわけだから、そういった単語で表現する事が意味なく・大間違いなのね
なので、こういった単語はそういう風に見える程度の意味合い以上は持たないし、持てない
なので、そういう風に見える程度の意味合いしかない言葉をそうなければならないとか、それが彼等の固有の文化なんて誇大妄想に取り憑かれる事が迷妄そのものでしかないの
それって、最初商人が来て・やそ乞食が来て・最後に軍隊が来るの精神版なの
だから、左翼というのは文化侵略の手羽先なのよ
それで発生した右翼という発想も文化侵略の手羽先から守るという思想が発生した時点で二元論が発生し、文化探しを始めては物質や儀式としての文化を見つけては己の固有というのを見つけだそうと躍起になるわけ
で、記号化された固有というのは博物でしかないのよ、その時点で完全敗北なのよ
そう考えると西洋の豚共は邪悪で悪辣な流石邪教を捏造するその性癖には驚きを隠せない
イスラームではوطن バタンやأمة ウンマというのには二つ意味がある、
一つは己が属している母集団=故郷と
二つは必ず帰る元がある=イスラームがあり
形而上と形而下で両方の意味での母集団があると見る
なので、形而上での帰る元を想定しない限りは永続的な循環論が続くだけで意味がない
それで捏造したのがヤソ多神教なのだけど、これが大失敗
だって啓典もねえ、預言者がいねえ、思想もねえ、そんなゴミ以下のケツ拭く紙にもならないものを前提にしたので絶望な迄に大失敗したわけ
せめて、仏教か儒教を前提にした上で捏造すりゃ良かったのにただの少しは利口な革命戦士には脳内妄想を外部化するだけの能力がなかったんだろうし、あれってただの英国とフランスの代理戦争以外の意味がないからそこまで手が回らなかったのだろうね
なので、皇道立教会みたいなもん作ったのだけどね
なので、ぜーんーぶ物質で誤魔化したwww
ヤスクンニ神社や軍珍神社みたいな象徴もテンちゃんという物質もテンちゃんだけがする儀式も皇族という象徴もぜーんーぶ物質で物神をこねこねシコシコ作って誤魔化したわけ
で、右も左も物神に取り憑かれているでしょ?
なので、イスラームは全否定すんの
象徴が何故に絶対悪なのかというと、それ自体に全く全然意味がないのにそこに無益に意味を与えてしまうからなんだよ
但し、アッラーがそういう風に作ったのは知恵と知識というものの副産物であり、やっぱりそういう風に認識してしまうのだからそれを外部化するのはやめましょうというのよ
物事って、至極単純で明快で完結しているの もし、そうじゃないのならどっかが間違っているのではなく根本が間違っている事を疑ったほうが早い
確実に土台のどっかが大間違いだから、上に立ち上げているものがズレているわけ
なので、困ったら土台を調べる事 これ以外の方法はまずないです


〔 ピジン言語(Pidgin language、単にPidgin)とは、異言語間の意思疎通のために簡略化された接触用言語。

社会言語学たん ‏@socioling_tan 2016年12月1日
ピジンの具体例はたくさんあるけど、例えばハワイに移住した日系人のピジン英語(英語+日本語)、旧満州国でのピジン日本語(日本語+中国語)などが挙げられるわ。ピジンはベースとなった言語より文法などが簡略化されているのが大きな特徴よ。これを母語とする人間が現れると、クレオールになるわ。

木村接骨院 ‏@kimuraseikotuin 2月9日
ピジンが話されている環境で育った子どもたちが、ピジンをまねするのではなく、一貫性のある文法規則を備えた言語を自然に生み出し…中略…
こうして子どもたちが使うようになった独自の言語を、「クレオール」といい、この現象を「クレオール化」と言う。
─酒井邦嘉『言語の脳科学』p279〕

菊池 ‏@kikuchi_8 2017年2月13日
よく哲学などで「真の自己」とか言われる。しかし「真の自己」という概念を対象として持つと、それが「取り付く島」となり、かえって執着が増す恐れがある。真の自己を対象的に求めようとするより、心に起こる執着や妄執、妄念が払われて心が自然に働いている状態を「真の自己」と呼ぶのでは、と思う。
「真の自己」は哲学や禅の哲学的解釈などで言われる事が多いが「大我」なども同様である。印度哲学のアートマン、神秘主義やスピの「真我」など。これらは全て対象的な概念であり執着の対象となる「取り付く島」となる。認識は認識主観と認識対象で構成されるが、これ等の概念は全て後者の範疇である。
古代印度にヤージュナヴァルキヤという哲人がいた。「アートマン」は「ではない」と否定表現でしか示せないと説いた。これは実質的に認識作用の事である。認識主体は気絶や熟睡などで途絶するので「常住不変の実体」ではないが、認識主体を認識しようとした途端認識対象となり認識主体は無限後退する。
「認識主体」を認識しようとすると、それは「認識対象」になってしまい認識する事が出来ない。自分の顔を見る事が出来ない様に「認識主体」を認識する事は原理上不可能である。そもそも認識主体と認識対象は相互依存的に成立するもの、と考える方が整合性があると思う。能知と所知の不二性などと言う。
「真の自己」は概念なので、どこまでも認識対象である。認識する当の本人は「認識するもの」であり「認識されるもの」ではないので「真の自己」には到達できない。「真の自己」を対象的に求めるより妄執や煩悩を払う事に集中した方がよいと思う。真の自己がもしあるとすれば実体ではなく心の状態では
「空」とか「無我」も対象として捉えると当然概念である。これも「取り付く島」となり、執着の対象となる。執着を断つために説かれた「空」も概念として固執するとかえって執着の対象となり本末転倒となる。認識対象はなんであれ執着の対象となる。概念としての「空」「無我」も例外ではない訳である。
原始仏典ではよく「自己を整える」と言う。対象的に「真の自己」を求めるのではなく己の心を整える事が重要だという事であろう。「真の自己」は「アートマン」みたいに形而上学化されがち。だから「本当の自分を探そう」などと洗脳誘導にも使われる。問題はあくまで現実に働く具体的な自分の心である。
概念を対象として立てて執着するのではなく、むしろそういった執着を少しずつ減らしていく所に自ずと現れる心の自然な働きに仮に名前を与えて「真の自己」と言うと解釈する方が合理的。重要なのは「真の自己」を対象的に求める事ではなく、悪感情や煩悩などをその都度払う「心の剪定作業」だと考える。
「自分探し」がブームだが「本当の自分を探そう」という洗脳誘導もあるので注意が必要。宗教団体と比較すると自己啓発セミナーなどがカルトだと気付かれにくいように「〇〇(神や教祖)を信じよう」ではなく「自分を探そう」だと警戒されにくい。対象として浮かぶ概念である点で「自分」も〇〇も同じ。
「自分」も概念である以上「対象」であると知れば「自分探し」教もカルトと同じ構造だと分かる。メーソンの「心内の声を聴く」(心内の声を聴いて国境を脱するというNWO誘導)心霊術系の思想が典型である。反宗教に見せる神智学や理性主義も宗教と同じ構造である。全ては認識の構造から来ている。
吾人が認識論的考察を重視しているのは表面に惑わされずに思想生成の構造を根本的に分析できると考えるからである。「表面」とは「宗教」「反宗教」などの表面的ラベルである。例えば既成宗教を否定する神智学系の神秘思想は別の宗教を提示しているに過ぎないし、ソ連型共産主義は無神論カルトである。
一見「反宗教」「非宗教」に見せつつ実はカルト、という事が多い。神智学やニューエイジ系の思想にその傾向がみられる。宗教批判しつつ別の宗教を提示している訳である。左翼過激派も「カルトみたいなもの」だろう。宗教・反宗教問わず「思想」は「概念の塊」である。思想を絶対化すればカルトである。
どのような思想も言葉、概念、イメージで出来ている。これらは全て認識対象として心に浮かぶものである。だから、執着の対象となる。思想やイデオロギー、宗教が原因で争いが起きるのはかかる認識の機制から来ていると分析する。知覚で認識される「物」への執着が争いを起こすのと仕組みは同じである。
一つの判断を下すとそれとは別の判断は排除される。現実的に検証できる事柄であれば証拠に基づいて真偽が判定できるが、現実的に検証できない形而上学的命題においては必ず二律背反に陥る。形而上学に対して無記であるのは思考経済の為という以上に争いを防ぐ為でもあると思う。「平和」の為である。
例えば「空」と言うと実在論者から反発を受ける事もある。こちらはあくまで一つの世界観モデル、認識上のモデル(モノの見方)として言及しているに過ぎないが絶対の世界観に固執する人にはそうは受け取られない。こうして思想に関する見解を語るだけでも望まぬ争いを仕掛けられる可能性は常にある。
このように認識と執着の発生メカニズムからして「思想」は取り扱いが難しい代物である。「思想」の為に人の道を踏み外さないようにしたいものである。

峨骨 ‏@Chimaera925 2月13日
自分探し?本当の自分?そんなもの無ェよ。最初からありもしないものを有ると信じさせて、今の自分より良いものだと思わせれば、劣等感を持った連中は簡単に言いなりになる。そうして植え付けられた自分なんて概念は連中の考えた都合のいい概念だ。自分なんざありはしない。環境から染み付いた癖だ。
最初から無いものをあると信じさせておけば、最初から存在しないのだから何とでも言える。主観であるとさえ錯覚させておけば現実に無くとも、信者はそれが現実であるかのように振る舞う。宗教なんざ、まさにそれだ。そして力を持つ。あるいは、あるものを無いと信じさせる。使い古された手口だ。


―――
西洋魔術の「真の意志」とは他者、特に支配層が都合よく埋め込んだ欲望(真の自己や意思に擬態)を区別して消去する作業を通じて見えてくると思う。当然執着と欲望を弱めることが必須。)

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
おねショタおじさん凄い。ありがとう。他の文化圏ではシンボル同じでも解釈や意味づけは別物なのね。 知識や思想があっても、確かに使えなくなるものはそうかも知れない。



(姫様が金髪で、赤髪の魔女が主人公の、ドイツ系アニメの終末のイゼッタ。
敵のシンボルが単眼のフクロウだった。
大きな目ではなく単に顔なしかもしれないけど。




メーソン柄ミサイル↓



最近ナチズム臭いアニメが多い。 そのナチズムってなんか適当に作った感じが強いから大事な所をくり抜いた、イスラム色を完全に抜いたアラビアンナイトのような違和感が。 ラノベの「ロクでなしの魔術講師と禁忌経典」とか、貴族主義の押し付けがましさにうんざり。

やつらって、自分たちの思想のルーツがチベット密教だと思ってる臭い。 このよくわからない中央アジアの密教の正体なんだろうね? てか、今更なんでそんな事言い出すのだろうね。意味不明。



文明を憎まない自然主義ってないのかな?
自然主義を取るのは、文明を永続的に継続するにはイデオロギーに関係なく自然主義は取らざるを得ないから。
あと反知性主義者じゃない自然主義者ってなかなかいないんだよね。 それって難しい注文なのかな?

宮崎駿は何であんな頭悪い思想してるのかな? 西欧おバカ思想の原因を一般人に押し付けて。 中庸を知らない頭悪い西欧人のやることを人類のグローバルスタンダードだと想わないで下さい。
宮崎駿って持ち上げられてるけど、文明を憎む思想が何で子どもたちにとって良い思想なんだよ? 文明がなくなれば、社会秩序も道徳も何もかも破壊されるのに。 大人ってやはりアホや。
だからあんなマニ教だか耶蘇臭い絵本を有難がってるわけか。

(おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2017年2月13日
文明を憎まない自然主義はイスラームです 自然法というシャリーアがあり、そこに人間が探し出し見つけ形とした叡智は自然法によって用意されていたものだからです
そもそも、文明と自然は対義語ではなく
自然の反対は不自然、即ち人口というのもアッラーの前では自然発生したものにすぎないのです
なので、人口ではなく人間の悪意や憎悪で組織を運営したりものを開発するような不自然な事が自然の反対なのです
つまり、自然と文明ではなくそれ自体には感情も何もないもので根本的に悪意と焦燥感に駆られた悪意ある構造という不自然なモノだけが反自然の全てなのです)

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 19 時間19 時間前

宗教信者と宗教っぽい学問信者で似たも同士なんだから仲よくすればいいのにね。
されても困るか(笑) https://twitter.com/lakudagoya/status/830791463155818496 …

閉店です ‏@lakudagoya 19 時間19 時間前

@dhtdhtdhtdht どちらも盲信的過ぎる態度ですね。

学歴崇拝が何であそこまで中身関係なしに敬虔なのがよくわからないです。


燈火 ‏@to_moshibi 17 時間17 時間前

イスラム世界と東ローマ帝国が高校の世界史など歴史関連で軽視されがちなのは、おそらくですが西欧中心史観に陥っている影響が強いのがあると思います。あとは知識や智慧や技術がそれらから多く生まれた事実を隠す狙いもありそうです(もし知られれば西欧に憧れを持たせる手段をとれなくなるため)。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
@to_moshibi TBSオンデマンドで「東ローマ帝国」があってたのですが、あれを見たら東ローマの豪華絢爛な文明は凄くて、西欧なんて後進国のようにしか見えなくなったので、西欧のブランドイメージを破壊されるので特に東ローマは無かったことにされる傾向がたかいのでしょうね。

燈火 ‏@to_moshibi 17 時間17 時間前

@lakudagoya 嫌な部分は隠すということですね。歴史関連ではよくありますね。

(うろ覚えですが)東ローマは首都の宮殿内はエレベーターのようなものがあったと本で読んだことがあります。他にもギリシアの火など技術面で凄かったので、一部が隠したがっているのかもしれません。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
@to_moshibi ああ、あったみたいですね。

東ローマの科学技術は残ってたのに、何でローマは6世紀に滅びたとしつこくテレビで主張されるのは、西欧人の自尊心を満足させるための史観の押し付けて、ネトウヨも南京大虐殺は叩いてもこういう西欧中心史観は無視しますね。

燈火 ‏@to_moshibi 7 時間7 時間前

@lakudagoya 返信が遅れてすみません。

本当に西欧中心史観にはうんざりしますよね。ローマ帝国自体が15世紀まで続いているのにビザンツ帝国などと表現して古代のローマ帝国と別物のように扱うなど、色々と変な所があります。西欧中心史観に疑問を持つ人が増えてもいいでしょう。

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月13日
子供たち向けに書かれてる絵本って、何であんな教会の説教だとかマニ教臭い話ばっかなんですかね? しかも、ストレートに読んでもよくわからない象徴表現ばかり多様して、大人がわからないのに子供たちにわかるわけねーだろ?と。 だから俺は絵本が大嫌いだったんだ。
母親が好む絵本だとか童話って例外なく耶蘇臭い話なんだよな。 中二病の子供たちが好むのはグノーシスで、なぜに母親は正統派耶蘇教の話が大好きなんだ? 絵本だとか童話ってあの福音派並に押し付けがましい態度が大嫌いだったんだね。

耶蘇と並んで「真の耶蘇教」を自称するマニ教の話も母親に受けが良いね。 正確にはマニ教の影響を受けたアウグスティヌスの神学だが。 二元論、なぜ母親にこんなに好まれるんだ。 あの子供の本の二元論のきつさは、プロテスタントの神学の影響受けてるのかね?

本屋行っても、神学書なんざカール・バルトくらいしか置いてねーよ! 組織神学以外の神学ないんか? でも、子供の世界はどっぷり神学思想だよね。 日本昔話って結構仏教説話が多そうだけど、なぜに子供の世界はここまでプロテスタント神学臭いアウグスティヌス主義に塗りつぶされてるのか?

アニメってカルトの神学だよ。 世の中は神学で動いてる。 もっと世間の人は神学のえげつなさを知るべき。

耶蘇教で二元論がきつくなったのはルターのせいか。 ルターの影響を少なからず受けてるわけね。 フィオーレのヨアキムとか神秘主義でよく出てくるけど、こんなくっさい人物だったとは? やっぱ、世の中は神学だ。 どこつついても耶蘇臭いのがこの国かよ?
西欧の思考って何で何から何まで不幸になるものの集大成なんですかって。 西欧や北欧の一部にはこの世に対する絶望があるからと正当化してた人がいたけど、じゃあなんで中東の中のグノーシス宗教の名残のあるシーア派の異端やスーフィズムは世界を破壊して回らないか不思議でしゃーない。

そもそも、この世に対する絶望があるから世界中を破壊するとか設問が間違ってるような気がする。 中東の秘教が好きなのは、そのほっとするような普通さかな? そもそも、西欧の思考では、設問も答えも全て間違ってるゴミなものだという時点でおかしいわ。
ドルーズ派にしても、マンダ教にしても中東の秘教は凄く日常生活の中に息づいてる感じがいい。 そのまま占星術に使える暦の中で生活してるイラン人の話とか。 中東の秘教を見て、ますます西欧が世界を破壊してグロテスクなNWOとか作りたがるのが異常にしか見えないのだが。

もし本当に西欧が特別な血筋なら、何でこんな頭の悪くなるゴミのような智のシステムと、世界中の優れた文明を破壊して、劣ったものを押し付けてでも上でいないといけないという「性癖」があるのですかね? これ見ると本当に特別な血筋だから優れてるって本当か?

もし西欧が優れてるなら、何で思想的にも東洋思想よりも優れたものを生み出せないのだろう?

社会システムも思考もゴミで、特別な血筋がー!ってのは、マトモな文明も作り出せない人たちが縋るものじゃないかな?

もし旧人だとしても淘汰されるのはそっちだろうに。
東洋思想などを知ってよくわかった。 特別な血筋がー!とかそんなものに縋るのは、マトモも社会システムも道徳も凄い文明が何もない所が縋るもんだと。  本当に万人を幸せにする社会システムや道徳があれば、そんな博物学的な見世物としての価値に縋る必要性がないもの。

そもそも真っ当な社会や食生活などを破壊してまでも自分が支配しないといけない、上に立たないといけないとか、マトモな文明や社会秩序や道徳がある社会を破壊しないと自分たちが栄えないという悪意というかちょーマイナス思考が劣性でないのかな?

中央アジアは元仏教圏だったので、もし欧州貴族が中央アジアがルーツだとしたら、仏教的な思考を持ってきてないのが不思議。 グロテスクな選民思想丸出しの神秘主義とかそんなものばかりじゃないだろうに。

そもそも、優生学とか言って優れてるなら、何でよその中央アジアやインドの文化を引っ張り出してアーリア人(笑)なんて言う必要があるのか? アーリア人なら、西欧や北欧はそのご当地アーリア思想はどこに持っていったんですかと(笑) あまりにツッコミ所多すぎ
アーリア人(笑)なんて、そんな事言ってるやつに限って、博物学的な対比で日本人は特別とか言うから、あなたはナチスの残党ですかとツッコミたくなるわ(笑)  日本人は特別とかいう発想もナチスのお下がりだからねー。

ゾロアスター教の文献の「ブンダヒシュン」には、黒人は悪魔(デーヴァ=インドの神族)が作ったと書いてあって、これ見つけた頭の悪い白人至上主義の馬鹿は、「この宗教こそ俺らの元の宗教だ!」とキャッキャウフフしたのだろうけど、これ本当にそうなの?
そもそも、白人至上主義と言うけど、イラン人って金髪碧眼じゃないだろ?w
特にアーリア人の土地こと「エーラーン・シャフル」と呼ばれたエリアはイランのかなり南部。 テヘランの周辺ですら日差しが強くて日中はかなり温度が上がるのに北欧のような金髪碧眼がいるって嘘のようにしか見えない。

そして、いくらペルシャ帝国がゾロアスター教が国教だとしても、あそこは多民族国家な上に布教しないから、トランプとその取り巻きが喜びそうなキリスト教原理主義臭い白人至上主義政策が本当に実行されてたかとても怪しい。 あーアーリアネタは凄く恣意的過ぎて現実感がねーなー(笑)
そもそも「アーリア人の侵略」って本当かね? パキスタンあたりの遊牧民が旱魃で食うに困ってインドに一部が「移住」しただけでないの? そして遊牧の文化とインドの農業の文化の混合が起こっただけかも。 この何で「侵略」なんて、西欧の馬鹿っぽい思想が真実とされるんか?w

何でパキスタンの遊牧民が「移住」した話が、輝かしい建国神話(笑)みたいな扱いなんだよ。 侵略して文化を押し付けて白人至上主義政策を敷いたとか、頭悪いやつらの願望をそのまま投影するような神話の押しつけはほんと気持悪いね。

なんかな、最近アーリア思想つーかナチズムのゴリ押しがウザいからつっこんでみたけど、大本教やナチスの言うアーリア人って凄く恣意的だな。 現実を一切無視してる完全なファンタジーじゃん。 しかもグロテスクなだけで、思想性がオリジナルの断片の寄せ集めと言ったら。

なんか、中央アジアの宗教にしても、自分たちのご都合主義の宗教というユートピアを探していて、たまたまご都合主義に近そうなもの見つけて自尊心を満足させてるようなそんな感じ。 この軽薄な思想性のないアニメってこんなノリで作られてるんだよね。 しかも戦争馬鹿という単細胞だし。

仮にサンカがインド系移民だとしたら、イギリスに移住したパキスタン系移民は2000年経ったら選民思想丸出しで他のイギリス人を差別するの? なんかサンカにしても何にしても超古代を持ち出して権利を主張する話は戦時中の強制連行なんかよりずっと根拠が胡散臭い気がするのは何でだろう?
サンカの話は、超古代の権利を持ち出してパレスチナ人を迫害するイスラエルみたいだな。 しかし、何でそういったサンカなどの「ピュアな日本人」の話が、日本国の発展じゃなくて、大多数の一般国民に対する憎しみという、従軍慰安婦問題のような感情なのが意味がわからない。
何でこういった「超古代」の話は、常に被害者意識とルサンチマンばかりで、その超古代文明の末裔という「属性」がキリスト教の信仰に紐付けされてて、選民思想の元になるそんなパターンしか世界中に存在しない。 そういった超古代の権利書でプラスな話はついぞ聞いたことない。
だから博物学的な価値を付与されたマイノリティは、西欧によってアイデンティティの基盤が被害者意識と選民思想になってるので、ひたすら売国に熱心になるという。 世界中の下層民や被差別民に被害者意識と選民思想を煽って偽の貴族主義を作るのが特別な血筋のやる事なのか?

アーリア人論争で変だと思うのは、イランによくある灌漑設備のカナートのような施設は、水が蒸発するのを防ぐために地下に水を流すわけで、そもそも金髪碧眼の人らが存在するほど日差しがきつくないなら、地下に流す必要もないのだが。 インド人もイラン人も金髪碧眼じゃないしなー。



西欧の価値観についていけなくて困ってた人生だった。

イスラム国に行くような人たちは、きっと近代のリア充的な価値観についていけなかったんだよ。

なんだかんだ言って中世的な価値観は生きやすいのだろうね。

普通の人生が肯定されるつーか。

2ちゃんねるの鬼女版のまとめとか恐ろしくて見れないよ。 何でキリスト教お嬢様教育受けるとあそこまで精神が劣化するのだろうかと疑問で仕方ない。 偏狭で差別的な精神性つーか。 あれは悪の温床としか思えない。 あの恐ろしさって体感したことあるか?ないな?俺はある。
イスラーム主義の人たちが西欧の教育を良くないように思ってるのは、あの道徳や社会秩序を重んじない所だよ。 特権階級になればなるほど道徳や社会秩序から自由になると考えてて、道徳なんてものは下層民に押し付けるものだと思ってる。 そういう我欲に満ちた態度が許せないと思う。
何で西欧って、道徳や社会秩序ってものは特権階級の完全なご都合主義を下層民に押し付けるためだけの愚民化政策の装置だと思い込んでるんだろうね? 今の安倍もそういう態度だし。 西欧ってものは、マトモな倫理観も社会秩序も道徳も何もない所だったのでないの?だからあそこまで邪悪。

世界でも邪悪の根源のひとつはローマ法の解釈術だと思う。 あの完全に自分のご都合主義で軸がないものを押し付けれる。 キリスト教の聖書解釈もローマ法の解釈使うから完全に自分本位の人為的なものができる。 そもそもあれを使って一神教とか言ってても一神教として機能しないもの。

聖書解釈の柱がこれなので、部分智と整合性のない聖書解釈がまかり通る。 聖書解釈ならユダヤ教のものが正しいと思う。だって、動かせない軸として律法があるから。 そもそも人間が法律を作れる時点で一神教でないから。
キリスト教お嬢様教育の隠れた需要のひとつが、ローマ法によるご都合主義解釈の習得があると思う。 日本社会はそういう考え方は基本しないから、日本社会でお互い譲り合って暮らしてる中で、ひとりだけ自分本位のやつがいると利益がフリーライドできるから経営者にとって使えるのだろう。

お嬢様と自分の思考回路の違いは何だろう?と考えたら、ローマ法の考え方の有無だったのか! と気付いた時には遅かった。 西欧の思考にハマればハマるほどこれらの毒が効いてくるから怖い。気をつけないと。 社会を運営するにはそれでも法律は必要だとは思うのだけどね。
田舎者のヤンキーとは価値観が違うとよくお嬢様は言うけど、そりゃ宗教と文化的な背景が違うなら思考回路も違うさ。 こういう所を言葉にしないでなんかよくわからないものにして差別するとか頭悪い。 オスマン帝国の宗教ごとのミレット制が凄く正しくて合理的に見えるぞ?

(ミッレト - 世界史の窓
http://www.y-history.net/appendix/wh0803-034.html
"オスマン帝国のキリスト教徒・ユダヤ教徒などの宗教団体。団体ごとに自治を認める寛容な宗教政策がとられた。
 オスマン帝国での宗教政策で、メフメト2世の時に始まるという。メフメト2世はイスタンブル再建にあたって、ムスリム以外の異教徒を、三つの宗教共同体(ミッレト、またはミレット)に組織した。3つとは、ギリシア正教徒、アルメニア教会派、ユダヤ教徒でありすべての非ムスリムはこのいずれかに属し、各ミッレトはその長を任命し、ミッレトごとに貢納の義務をもつかわりに、彼らの固有の信仰と法と習慣を認められ、自治を行った。オスマン帝国での寛容な宗教政策であり、イスラーム世界のズィンミー(納税することによって自分たちの信仰を認められた被保護民)が生かされている。

Episode ミッレト制という用語は西欧人が用いた
 ミッレト制はメフメト2世の時に始まるとされてきたが、不思議なことに同時代の史料には全く現れてこない。元来ミッレト(またはミレット)とはアラビア語で「宗教」を意味する「ミッラ」を語源としており、現在のようなミッレト制という使い方はされなかった。どうやら近代に入って西欧人がオスマン帝国でのムスリムと非ムスリムの共存するシステムを解りやすく説明するために用いたため、広く流布するようになったらしい。<鈴木董『オスマン帝国-イスラム世界の柔らかい専制-』1992 講談社現代新書 p.86>")

おいらが、イスラーム社会が物凄く合理的に見えてしまうのは、こういったお嬢様と付き合った時のトラブルや苦労の種が全部潰されてた事かな? 中東は様々な民族や宗教の集団がいるから、そこでうまくやっていくための智慧が詰まってた事さ。 あと暗黙の了解を全て言語化してる所とか。
だからおいらは、カルト臭い政治家が信じてるような「人類の進化」なんか一切信じてない。
西欧の言う「進化」って古い文明圏には先取りしてたもの。
あーこんな古い文明圏だけにある智慧みたいなものを西欧が破壊して回ってるんだよね。
おいらが東方の秘教が好きな理由は、西方のほうに比べてイマジネーション豊かなんだな。 この東方の味をしめると、西方が窮屈で退屈に見えてくる。 この窮屈で退屈な世界に子供を押し込めるのが「教育」だと思い込んでる所が嫌だ。 凄く「去勢」が大好きな感じが。

特に19世紀に書かれたものを見てたら、何でこんなに退屈で窮屈な価値観に恐怖心からしがみついてるんだろうか?と疑問で仕方ない。 まるでイスラム国の恐怖政治のように「常識」から逸脱するという恐怖感で生きてる。 それだって、何らかの宗教的な根拠とかない迷信的過ぎるものだし。

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月13日

一般人に尊法精神云々言うのおかしい。
法を守らなければいけないのは公務員。「~してはいけない」ではなく「~した場合公務員が書かれているように処理します」が正しいし、また現実的にそうでしかありようがない。
いけませんと言ってもやる奴はやるんだから(笑)


どうしても各自が「自分は書かれたこと破っちゃいけないんだ」と思わなきゃいけないとしたら、北朝鮮並のゴリゴリの思想統制を敷くかイスラム国化するしかないんじゃないか?
つまり法律とか社会科学とかの問題ではなく、宗教とか洗脳の所轄事項。

閉店です ‏@lakudagoya 2月13日

@dhtdhtdhtdht どうもイスラム国の運営の方法見てますと、あの運営のやり方は西欧謹製の頭の悪さが垣間見えますね。知恵がない。

人が生活する上で必要な法律や規範がなぜ必要かという納得の上に作られたものが必要ですね。

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月13日

@lakudagoya
クトゥブがそもそも怪しくないですか?
アメリカに留学してたこともあるみたいだし、「こいつ工作員なんじゃないの?」と思ってしまうのは短絡的ですかね?
変な原理主義は時系列的にアメリカのキリスト教が先らしいですし。

閉店です ‏@lakudagoya 2月13日

@dhtdhtdhtdht あ、それモロに工作員じゃないですか?w

こいつの論文、自由意志を完全に否定してるの書いてるのでプロテスタントくせーなとw

こいつは、西欧の「堕落」した価値観で原理主義にかぶれたパターンで日本上げとは逆バージョンですね。




閉店です ‏@lakudagoya 2月13日
@dhtdhtdhtdht 同じようなやつ沢山。で、西欧かぶれのくせに民族主義の選民思想を唱えるカーゴカルトみたいになるんですよ?(笑) 保守派って何でここまでクリスチャン臭いのかよくわからないなと思ってました(笑)

@dhtdhtdhtdht そもそもイスラーム原理主義なるものが、日本上げ愛国ポルノと同じで西欧の価値観を挟まないと生まれないものではないですか? そして、なぜかプロテスタントのピューリタン臭い法学だけをピックアップしてるのですよね。イギリスは。
@dhtdhtdhtdht なんというか、この手の保守派って常に西欧に対してどうかってのが日本人の誇りに繋がってて、自己完結してないんですよね。

頭の中身西欧なのに、やたらと和風や偽伝統までも大和魂とかいいだすので一般人は騙されちゃうのかな?

お嬢様と付き合うのは大変やで。 そもそも人工的に作ったエデンの園みたいに原罪のない世界で隔離してお花畑に育てましょうって、まるで世界に災いをもたらすためにパンドラを送り込んだ、バチカンあたりの陰謀でないかと本気で考えてしまうのだよね。



それを考えると、イスラーム勢力を支援したのは異端派の暗躍を考えてしまうんだよね。

異端審問したら地獄行き
知識を隠すのも悪


この「異端派には智慧を。正統派には盲信を」という構造を考えた上で子供の世界と女の世界を対比すると面白い。

世の中の不思議は、もっとも原理主義と言われてるイスラーム勢力が、なぜに西欧とその価値観に支配された世界に効果的にネガキャンのために怖さや不自由さを「見せる」事に特化した偶像崇拝そのものの発想をしてるのが不思議で不思議で仕方ありません。
そもそも、偶像崇拝を禁止する思考を持ってる文明強いなと思う。 大本教の手羽先どもがユダヤが悪いと朝から晩まで吠えてるけど、こいつらはユダヤがなぜ強いのか?というマトモな分析をしたことないのはなぜだろう?




閉店です ‏@lakudagoya 2月13日

@dhtdhtdhtdht こいつの記事読みましたが、「光の家」というワードでマニ教を連想しましたが、黄金時代というキーワードで、これイスラム版アクエリアンエイジ詐欺の可能性があるなと。偽イスラムとまではいきませんけど、この愛と平和の砂糖菓子味から石屋臭い耶蘇の臭いがします。
ギュレンにしても、アフマディーヤムスリム協会にしても、バハイ教のような西欧的価値観の保持と、甘ったるい砂糖菓子のような中身のない愛と平和みたいな感じが凄く、石屋臭い耶蘇の臭いがする。 そしてどいつもこいつもマフディーを名乗る。 あーわかりやすいなー西欧の工作員は。
何で西欧って中身のない具体的な話をしない愛と平和とかそんな砂糖菓子のようなものが好きなのが意味わからない。 あの甘ったるさと気持ち悪さとスイーツ脳ですぐわかる。 こういった西欧謹製の偽イスラムみたいなものは、領域国民国家大好き!西欧の法律大好き!だもの(笑)
@dhtdhtdhtdht あれ日本でやたらと光の時代がー!とか新たな時代がー!とかニューエイジやスピ系が煽ってたでしょう?  黄金の時代って占星術的な観念による宇宙周期論でインド哲学やギリシャ神話あたりからのパクリですねw それ中東でダイレクトにやれないからああやってる。

中東ではアクエリアンエイジ詐欺ができなかったので、ギュレンは西欧的な価値観に日和るイスラーム主義やるしかないのかな?   ついでに弱者救済やらないと求心力得れない中東と違って、日本は本当に騙し放題で笑いが止まらないでしょうねぇ。 石屋からしたら天国だろうに。

サイード・クトゥブが内村鑑三ってたとえがうまいなぁー 日本によくいるクリスチャン保守みたいなものか。 西欧的な価値観にかぶれればかぶれるほど、原理主義的な伝統主義にハマるようでw で、カーゴカルトみたいなのが一丁上がりっと(笑)


愛と平和の甘ったるい砂糖菓子の鯵で耶蘇臭い石屋の詐欺がわかりやすいわー

プテラノドンさん曰く、あのカレーに白砂糖を振りかける味付けってやつか。

何でもかんでも白砂糖かけりゃいいと思ってる発想だもんなぁ

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月13日

クソッwwよくわからんがおもしろいw https://twitter.com/lakudagoya/status/831250247821037570 …
閉店です ‏@lakudagoya 2月13日

お嬢様と付き合うのは大変やで。

そもそも人工的に作ったエデンの園みたいに原罪のない世界で隔離してお花畑に育てましょうって、まるで世界に災いをもたらすためにパンドラを送り込んだ、バチカンあたりの陰謀でないかと本気で考えてしまうのだよね。

閉店です ‏@lakudagoya 2月13日
@dhtdhtdhtdht これフェミを考察する上において重要です! 女を利用して社会を破壊したりする手法がカレーに白砂糖なのですよ。 だから、この手の白砂糖のような甘ったるさをふりかけたものは、世界支配の陰謀の手法でもありますね。
@dhtdhtdhtdht これ、続きがあるけど、その人工的なエデンの園で子育てしたい母親にとって、余計な情報を吹き込むおいらは、まるでエデンの園に侵入する蛇のような扱いをされてたわけですよ(笑)

亡国のプティラノドン ‏@dhtdhtdhtdht 2月13日

@lakudagoya
グノーシスだと善玉ですねw
違ったかな?

閉店です ‏@lakudagoya 2月13日

@dhtdhtdhtdht あ、グノーシスのオフィス派だと正解ですね。

で、フェミを叩くならお花畑の世界で純粋培養されたお嬢様が如何に社会を破壊する恐ろしい存在なのかということを考えたが良いです。

ここは割りと盲点なので、社民党のナントカよりも怖かったりしますぞ?

@dhtdhtdhtdht あとお嬢様の恐ろしさは、フェミよりも猛毒な所あって、嫁ぐ事で組織の実権を握ってわがままをするわけですが、男と張り合うフェミよりも純粋培養なので、社会常識というタガがないぶんまじこえーです。 

この被害にあってきたので、わかります。フェミもクソですが。

女が入っていきづらいものでも、白砂糖をまぶしてわかりやすくは入りやすくすれば、見事にスポイルする事ができます。 何でも白砂糖を振りかけるアフマディーヤムスリム協会だとかギュレン主義だとかは、そういう愛と平和と優しさの味で世界支配する人たちなのです。

甘ったるい愛と平和と多様性とか言ってるスイーツ脳なものはすべからく全てが西欧の陰謀の出先機関なのだよね。 全部に白砂糖がまぶしてあるので、ある意味わかりやすい。 こうやって、女が好むようなスイーツ脳で洗脳していくんだね。 武器のない平和な島(笑)とか。

何で武器がない平和の島(笑)とか、先住民やマイノリティを理想化するのか?  これ障害者番組もそうだよね。インディアンとかも。 西欧こそ、これだけ戦争作ることに全振りしてるくせに、それらと繫がった手羽先が愛と平和とか言うの。




カルロス・カスタネダや江戸しぐさのようなものを捏造するのも結社員のお仕事です。

そして海外旅行に行って超古代核戦争の「痕跡」を見つけてくる簡単なお仕事です。

閉店です ‏@lakudagoya 2月14日
偽イスラムに近いものほど、何でこんなに甘ったるい砂糖菓子のような味がするんだろう? この中身のない愛と平和と多様性のスイーツ脳って、創価や障害者支援のみならず、ニューエイジ臭い自然主義やそれに伴うロハス的な商品にも共通の味の素だよね。 優しさを演出できる味の素みたいな。

大体、「良きサマリア人」ってなんなんでしょーね? サマリア人は今でもユダヤ人を大嫌いなのに。
おーい!サマリア人はユダヤ人と敵対してた勢力だぞ。 ユダヤ戦争で負けて栄えたのはサマリア人だよ。 ローマとサマリア人はなぜか仲良しだった。



何で西欧ってあんなに女っぽいのかな?

部族社会的なDQNさをとことんまで嫌うような感じが。

今でも部族社会って復讐だー!とか言って敵対部族に報復してるのに、愛と平和とかの綺麗事ってなんか中東の部族社会とかにはないセンスだなと。
いや、あの中東の部族社会の中で愛と平和とか言って独身でニートしてたら、間違いなくゴミ扱いされそうな悪寒がする。 あまりに西欧の愛と平和って、中東の部族社会から生まれそうにない感性だなーと。 凄くケルトとかそんな感じがするんだよね。あの女っぽさ。
西欧の愛と平和って、未だに旧約聖書そのものの世界を生きてる中東人見ると、西欧の綺麗事言ってスイーツ脳にする感性はあまりにかけ離れてるような気がする。 なよなよした女が好むような、愛と平和って、部族の誇りなどの価値観と正反対かなーって。
フランスとかセンスが女っぽいんだよね。特に元ケルト圏ほどそういう感じ。 アラブの怖い顔した髭面のむさいおっさんの世界に憧れる女子はいない。 女っぽいって、あのスイーツ脳なとこがウケるのかな?   未だに女の世界の理想はマリー・アントワネットだしな。
ローマ帝国に噛み付いたユダヤ人とイスラム国の感性はほぼ変わってないと思う。 あのイスラム国の戦闘員のようなむさい顔したおっさんが新約聖書の世界の登場人物。 古代ユダヤの再現映像にユダが露骨にアルカイダのテロリストのような配役なのは意図的でしょーか?(笑)
あー考えれば考える程、愛と平和とか中東の部族社会から出てきそうにないなぁ。 凄くイレギュラーな感性なのだよね。愛と平和って。  だから、ローマ帝国の御用知識人がDQNさを抜くべくして色々と仕掛けたんじゃないかな?と妄想してるんだけどねぇ。
ユダって今風に考えれば、イスラム原理主義組織のテロリストで、イスラム国の戦闘員みたなもんだ。 そんなフィルターをかけて見ると生っぽく見える。 だから愛と平和なんてあんななよなよした感覚やっぱ違うよ!
お嬢様はフェミよりも猛毒だから気をつけろ! 結局組織は男社会なんでフェミはなかなか管理職になれないけど、お嬢様は嫁ぐ事で容易に実権握ったりするので、それの暴走は、フェミよりも悪いものがある。
社会で男と張り合ってるフェミよりも常識のない妄想を押し付けてくるこえーよ!



人工的なエデンの園で純粋培養で育てられたお嬢様は社会経験ないまま組織の実権を握るけど、男と張り合ってきたフェミよりも社会常識というタガがないので、ものすげーわがままをして組織を潰したりするのよくある。

マジで純粋培養お嬢様はサイコパス以上にこえー存在っすよ!


@dhtdhtdhtdht あとお嬢様の恐ろしさは、フェミよりも猛毒な所あって、嫁ぐ事で組織の実権を握ってわがままをするわけですが、男と張り合うフェミよりも純粋培養なので、社会常識というタガがないぶんまじこえーです。 

この被害にあってきたので、わかります。フェミもクソですが。

黄皇大栄‏@ououdaiei 2月14日

@lakudagoya  お嬢は姫のような家や他者を背負う気概を感じない。権力の怖さは、まだフェミは知っている。でもお嬢は知らんので、恐ろしい・・。

ねこた‏@lakudagoya 2月14日

@ououdaiei 少なくともお嬢様教育って統治者側の教育じゃないですよ。

中国の古典で、国が滅びるパターンがお嬢様文化には埋め込まれてるわけで怖いです。

お嬢様教育よりも儒学をって誰も言わないですよね?

フェミは男社会の中核には入れないけど、お嬢様は嫁ぐ事で男社会より上位の世界に入るので、本当に権力持ってるのはお嬢様だ。 でもお嬢様文化見てみると、極度に西欧かぶれなんだよね。 男の世界以上にこれは凄い。 だから東洋思想なんざ顧みられない。兵法は必須なのにね。

俺、お嬢様の思考を観察してたんだ。 こいつらは、キリスト教教育のせいで物事を自己都合のローマ法的な解釈をするんだよ。 耶蘇教神学と同じくな。 だから、マジで理詰めの話が通じない。 まだ男と張り合うフェミのほうが説得というカードが切れるだけマシ
おいらは社会秩序の必要性から法治国家を誰よりも望んでるのに、ローマ法をここまで憎むことがあろうとは。 お嬢様ってその親もだけど、マジで交渉という観念がないんだよな。 自分がそう思い込んだら一点張りでさ、利害を調整して丸く収めるような事が一切存在しない。
何でヤンキーよりも、お嬢様はあそこまで自己都合の考え方ができるのだろうか? そこの思想の根源が気になる。 なんか、根拠もないのに物事に対する狂信的なまでの信念とか、やはり受けてきた宗教教育と一般教育の違いで理解するのに相当に苦労して神学書に手を出してしまった。

男は各界で一流になるのは、運もだけど実力や器も問われる。 あそこまで厳しく精査されるのに、お嬢様だけは「お嬢様学校に行った」というブランドや家柄だけで、事業に必要な専門知識とか資格とか統治術とかそんなものは問われないよね?   これエリートのフェミより杜撰な人事でないか?

俺の人生は、お嬢様とつき合いで苦労して神経すり減らした感じだよ。 お嬢様を理解できなくて、キリスト教神学書まで手を出した苦労をわかっておくれ。 その後遺症がきついぜ。 結局、宗教の違いによる思考回路の違いは思った以上に苦労する。 ムスリム相手に豚を出すような所が毎日。
お嬢様こえー! 無罪なのにあれとは。 やつら凄いモンスタークレーマーなので大変だぞ。 凄い些細なことで物凄いクレーマーになるんだ。 で、やつらによる女をつかった世界支配は2000年かけてやってる大プロジェクトなので、絶対のタブーなんだ。

カルトで、臭いがきついと言って空気清浄機2台買わせたりな。 お嬢様のローマ法の解釈のような神学思考によるクレームは面倒くさいから普通の人は折れちゃうんだよね。 この思考回路の違いから、面倒ごとが嫌で被害にあってる人は多いよ。本当に。 敵はローマ法にありか!

マジでパンドラの箱の凶悪バージョンをやってるように見える。 それをバチカンあたりの陰謀に見えてしょうがない。 お嬢様教育って女を純粋培養でモンスター化させてお花畑で育てる事で、日本中の組織を破壊して回るんだよね。 これだけはマララを攻撃したやつ正しいって思えた。



このお嬢様で文化と組織破壊を世界中でやろうとしたけど、パキスタンでは現地人に阻まれて拒否されたりな。

日本もこれくらいの気概を持たないとだめだぞ?

女のお花畑妄想を助長するような事は一刻も早くやめないと。  

結婚式場とかおしゃれなカフェとか。
女の世界とキリスト教や西欧かぶれの闇はもっと深い。 このあたりは絶対のタブーだよね。 女でイスラーム主義にかぶれる人はいなくても、なぜかキリスト教学校や子供に読ませたい本が教会の説教みたいなの。 中田考氏のカリフ論の本でなくて。

もう、女の世界のあれは聖書も教義も何も関係ない。 女の世界ですげー苦労して未だに後遺症がやばい。 女性の社会進出も邪悪な思想だけれども、家庭に入るために純粋培養で育てるのは世界でももっとも邪悪な思想のひとつで、フェミなんか冗談にしか見えないほど凶悪っす。

mothman‏@shortcakebomb 2月14日

@lakudagoya お嬢様というものもファンタジー世界だけの生き物として物語に封じ込める必要がありそうですね。

ねこた‏@lakudagoya 2月14日

@shortcakebomb ほんまに。あれを破壊するだけで世界は平和になる。

女を組織から排除するだけでこんなに楽になるのか。 特に純粋培養のお嬢様は、全部自分のワガママと思いつきを押し付けて実現しようとするからさ、それに付き合わされるほうはたまったもんじゃない。 それで随分と棒に振ってしまったんだよー。とほほ。

プロに頼んだら早いことでも非常識なまでに自分の妄想だけで押し付ける。 仕事にならねぇ、困る。 お嬢様はこんなにも恐ろしいものなんだね。 でも世間のイメージだけは絶対に良いよね。   この言葉と実体の乖離をさ、イスラーム法学の思考で木っ端微塵に粉砕したいわ。







サージ船長 ‏@alo353 2016年10月13日
肌寒く、小氷河期のはじまりのようですね。太陽崇拝のネオプラトニズムが流行し、コペルニクスが地動説を唱えた頃のようです。 ゲーテ曰く、「地動説は、我々が毎日経験する感覚と矛盾した、理解しかねる理念に基づく理論だ。我々は認識も理解もしないことを、安易にただ口まねするだけである」








菊池 ‏@kikuchi_8 2月17日
参考。唯識は現在でも十分活用できる考察が多い。個人的にはフロイトやユングなどより参考になった。https://twitter.com/kikuchi_8/status/828258668852371456 …
菊池‏@kikuchi_8 2月5日
唯識が言う対象を識別した際の意識の展開過程
①卒爾心(そつにしん)対象に気づく漠然とした認識)
②尋求心(じんぐしん)「これは何だろう?」と推求する心
③決定心(けつじょうしん)「これは〇〇だ」と判断する心
④染浄心(ぜんじょうしん)対象に執着する心➄等流心(とうるしん)執着心の持続。

菊池 ‏@kikuchi_8 2月
対象認識の発生プロセスを唯識の用語を借りて分析①卒爾心(対象に気づく)②尋求心(「これはなんだろう?」と対象を推求)③決定心(対象について「これは〇〇だ」と判断)④染浄心(対象に愛着や嫌悪が発生)➄等流心(染浄心の継続)
〇「気を付ける」はできれば①~③で行う。④からは誘導の領域。

言葉は強力である。ある言葉を繰り返し刷込まれるとその言葉が示す概念が実在する様な感覚になる(宗教や形而上学)。我々が認識している「世界」も自分で知覚して確かめたものは少なくて(特に国際政治)、大半が誰かが与える情報によって構築されている。だから情報をしっかり吟味する事が不可欠だ。

「意志を強制して対象を操り支配する」というのが「魔術」の本質だが、その定義からすると情報操作や洗脳宣伝、思想工作などはまさに「魔術」そのものだと言える。これらは人間の概念的思考に働きかける。情報も思想も言葉≒概念の塊なので「魔術」を破るには言葉の性質を見破るのが近道だと考える。

言葉の性質の一つが何度か述べている「名と義の相互客塵性(言葉の表記とそれが示す概念・事物の結びつきは本来必然的ではない)」。ある事物をある名称で呼ぶのは社会的な慣習・約束事に基づく。だが、繰り返し使用している内に必然だと思えてくる。西洋のロゴス中心主義はここから来る。魔術の源泉。

ある事物をある名称で呼ぶと実質が無いのにその名称通りの性質があるように思えてきたり(「安倍は愛国保守」等)、証拠もないのに何かの存在を名辞で示すとそれが実在と思えてくる(造物主概念やイデア論など)。ある意味言葉は人間の心理的環境を作り出す力がある。だから魔術師は言葉≒概念を操る。

対「洗脳」「魔術」対策で着目すべき言葉≒概念の性質は主に二つあると思う。
①仮構作用。仮構とは言葉によって事物存在を認識の中に立ち上がらせる作用である。「丸いざらざらしたそれ」を「りんご」として立ち上がらせるなど。知覚が伴わない概念的存在は言葉とイメージ(表象)のみで立ち上がる。

②執着の対象。知覚的存在にしろ概念的存在にしろ、概念によって「それ」として認識された対象は苦(不快)・楽(快)・不苦不楽(どちらでもない)いずれかの値を帯びる。苦は引き離し、楽は引き寄せる。この時点で行動が促される。まとめると言葉の魔術は①対象ひいては環境を作り出し②行動を操る。

言葉の二つの性質①事物存在を認識の中に立ち上げる②認識者の行動を促す。かかる性質を持つ言葉=ロゴスを操作する事で魔術師は人の「(心理的な)環境」を作り人の「行動」を促し操作する。言葉の性質を悪用した技術である。よって対処法は言葉の性質を見破り言葉の魔術を無効化する事と結論できる。

唯識で言う「遍計所執性」とは概念の仮構作用によって立ち上がった事物存在に執着している心理状態を示す。つまり言葉の魔術に嵌められている状態である。「遍計所執性」を破り言葉の魔術に惑わされなくなった心理状態を「円成実性」と名付けた。唯識はある意味「魔術の破り方」そのものだと言える。

吾人が唯識を頻繁に活用しているのは魔術を破る為のヒントがあると見ているからである。国際秘密力は「意志を強制する技術=魔術」を駆使して世界を支配しようとする。印度で1500年以上前に生まれ、日本では1300年以上の歴史を持つ「唯識」という学問は「魔術を解除する方法」としても読める。

一神教や神秘主義などに憑依されていない伝統的学問を活用して魔術を破る。これぞ「破国際秘密力」の醍醐味であると思う。唯識は日本の伝統的学問の中でも極めて論理性が高い。陳那(ディグナーガ)などの論理学を伴うので当然と言えば当然であるが。論理性の高さ故どうしても活用する頻度が高くなる。

とはいえ、唯識を金科玉条にしては元も子もない。どのようなものであれ、あくまで「学問として活用する」「参考程度」という姿勢が大切だと考える。何分1500年以上前のものなので不合理な点も無きにしも非ずである。活用できる部分を活用すべきであろう。思考し活用するのは常に自分自身である。





閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月19日
菊池氏のRTにエアリプ。

おばちゃん、それ古典的な記憶術やで。ローマ時代からあるやつ。

4福音書を12宮に関連付けて覚えた強者の話とか。
記憶術って便利やで。
本は一度読めば大抵どの本に何が書いてあったか思い出せる。
商品の棚に置いてあるものも大抵記憶できるから、買い物の無駄足が無くて良いな。
後はインプットに少し時間かかるけど、図書館や大型書店の本棚にどこにあるのか覚えたり。
でも日常のは忘れる。
知識は記憶術を駆使すれば、世界で一番軽い資産になるわけ。
金塊は重くて持ち運べないけど知識や智慧は空気よりも軽いからね。
ほーしゃのー等で脳みそのハードディスクがやられない限り。
あと、記憶術便利なのは一度読めば記憶できるから、本を借りて済ますことができる所かな?
遊牧民が知識や智慧を重んじるのは、持ち運べる中で一番軽い資産だから。
今のようにトラックがあるわけじゃないから、遊牧民は家畜かアクセサリーか知識か智慧くらいしか資産を持てない。
それだから、あまり持っててもしょうがないので溜め込む事があまりないから金離れが良い。

記憶術は古代の哲学者が使ってた通常能力です。
書物文化のあるギリシャ・ローマでも本を丸ごと覚えたりするの普通なのに、書物を使わないケルトとかどうやってたんだろ?
賛歌や詩の文化は文字を持たない地域の記憶術でもあるよ。
ほれヴェーダ宗教。




おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2017年2月13日

おねショタ魔法使い初級おじさん ‏@douteimaturi 2017年2月13日




閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月14日

閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月15日




燈火 ‏@to_moshibi 2016年8月25日
現在アニメが放送されている『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』は電撃文庫から出版されているラノベ作品ですね。私は設定を見ただけなのですが、血統主義がとても強く反映されていそうな作品だと思いました。
設定が「~の名門出身」などそのようなものばかりでした。まあ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』に限らず、最近のラノベ作品はそうした傾向が非常に強いですので、下手をすれば知らないうちに高貴な家系素晴らしいの思想を刷り込まれる可能性は否定できません。




閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月1日



マキアヴェッリの君主論、オーウェルの1984年と、動物農場。この三つを読んどけば、支配者層が未だにこれを超えられず、繰り返していることがわかる。強固なシステムを作ったので、今はどんな馬鹿でも回ってるわけ。壊す糸口も見つかるはず。

小3から英語をとか言ってるようだが。文化破壊は言語から。移民大国にし、民族浄化するには、日本語を壊していくこと。計画的ですなー。1984年だと、ニュースピーク。グッドの対義語はアングッドでええやん、みたいなね。母国語を破壊されたら、文化も消える。計画通りだなー。


↓ 久しぶりに少し読み返したが、現在の状況そのものだな。1984。まだ読んだことがない生徒は、せっかく無料で読めるリンクなので、是非。二分間憎悪とか、Twitterでいつもやらされてるよね。







閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月1日









閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月1日




閉店です ‏@lakudagoya 2017年2月1日



Angeliqua@安眠中 ‏@Ripple1975 55分55分前

古代の知とはただの死体。実際にオシリスは冥界に復活してるのです。すなわち、世人には見ることができない場所のこと。かれの陽根は失われ、イシスが木製のシンボルによって代替とした。彼女は魔術の神様。このレトリックの意味するところがわたしの考え方なのです。
オシリスの身体は知的財産のことで一種の伝統のこと。それが三度にわたって破壊されたためもはや原型が分からなくなったの。だから、これを接ぎ木して使うにはこのような「魔法」が用いられた。このようなやり方自体が魔法なのです。不思議に思うかもしれけないけど、陽根を見つけるのが力なのです。

これと同じ伝説というか伝承が存在してるのです。ソロモン神殿のこと思い出してみて?
王様というのはその一族が滅んでしまわない限り必ず復活します。これはただの為政者との違いで、彼の特徴的な力なのです。ドラゴンはどこかがちぎれても必ず蘇る。それ自体が杖の象徴で陽根なのです。



魔術師は歴史を保存する者でもないしそもそも歴史研究家でもない。それは伝承の実践者なのですから歴史検証はほかのひとがすること。それが正しいとか間違いとかいうのはそのひとたちに任せておきます。わたしたちにはそれは関係ないから。
歴史的事実だけ書き連ねれば、西洋の伝統や先史以前の信仰なんてとっくの昔に途切れています。それはほぼ間違いなく近代の産物でしかなく、形自体は本当に最近生まれたのです。だからといってそれが使えないものとするのは問題がまったく別だと思うのです。

西洋占星術だって実のところそんなに古くはないの。中世といわれた広い時代には数学そのものが衰退しており、いろんなものが迷信の中に埋もれていった。だから後代の人たちがそれを組み立てなおし使えるように改変したのだと思います。
事実は事実であり幻想は幻想。形をとるか身をとるかの問題なのです。

それ故に、わたしはどれが正しい伝承なのかということは考えないの。それを言い出したらみんな神話の中に埋没してしまうのです。つまり、蛇さんのしっぽは見えない。だから堂々巡りになってしまうウロボロスの蛇さんなのでそれを引っ張り伸ばして杖とします。

狼たちは知っている ‏@wolvesknow 2月15日
「自分の武器を発掘して特化させる」という峨骨氏の言に一票。昔、通知表が1と2しかない中2男子が居た。どの科目なら勉強する?と尋ねると、理科だと。そこで、理科しか勉強させなかった。中3になった頃には、理科だけは中学の試験で上位10%になった。続く
そこから、彼は気づいた。なんだ、やればいだけなのか。と。そして、他の科目も勉強を始めた。結果、不可能と言われていた公立高校に合格。もし私が、英数国からやらせたり、苦手克服を掲げていたら、公立高校は受ける事もできなかっただろう。続く

苦手克服をテーマにすれば、常に意欲は削がれるし、効率も悪い。まずは、強みをもっと強くする。これは、勉強法の本にも書いた。なのに、世間では常に、苦手克服ばかりを追い求める。入試は合計点での争い。まずは、取れる所から取る。得意なものをもっと得意にすること。まずはそこからなのに。終り




峨骨 ‏@Chimaera925 1時間1時間前

能力の特化のさせ方、伸ばし方が興味を惹くらしいので、さわり程度突っ込んで書いておこうか。才能の有無などと言うけれど、結果が出たものを人は才能があると評価し、自身もその結果、手ごたえをもって自身に才能があると評価を下しているに過ぎない。その評価によって、ますます励むから伸びる。

そこに結果が伴うと才能があった、と後から評価が付いてくる。才能という評価は後出しじゃんけんみたいなものだ。人は大きな目標を立てて、高いハードルを設け、挫折する。たまたま挫折しなかった者は才能があると。実際問題、高いハードルなど無くとも些細な成功体験を積み重ねてやれば手っ取り早い。

自我、自分らしさ、本当の自分などというものは存在しないと以前書いた。では、自我、自分と呼ばれるモノは何か。赤子を見れば解るように快・不快で出来ている。外界、環境から受ける刺激に快・不快を示し、快を学習し、不快を学習する。これを複雑化させたものが人格と呼ばれるもの。

快・不快を自在に入れ替えられれば簡単に自分を作りかえることが出来る。不快なものを継続する事はできない。これを快に置き換え、継続するための環境を作り、小さな成功体験を積み重ねる。これが近道。故に、どのように努力するかではなく、どのようにして快感を憶えるか、好きになるか、これがネック

報酬系、何かを達成したら自身に褒美を与える、これは正解のように見えて誤りだ。その達成すべき課題そのものが目的になっていないから、報酬の為に嫌々やっているに過ぎない。これでは益々嫌に成ってしまう。力ずくで書き換える荒っぽい手段(魔術は意識の変容の技術だ)もあるが、あれは結構リスキー

なので、穏便な手段で考えてみよう。嫌いなものを好きになる手段として、好きなものとの同一視が挙げられる。嫌いなものを好きなものと同一視する。初歩段階として、嫌いなやつと応対するときに、好きなものや人物をその背後に投影して、その背景に投影したものに挨拶してみよう。

嫌いなやつを通して、好きな人物や好きなものを見る。意図的に投影した価値観と嫌いなやつの価値観を混同させていく、そうすると最終的には嫌いなやつは好きな人物にならないまでも、好感くらいは持てるようになる。この書き換えのテクニックを駆使してやると、大抵の事は嫌々やらずに済む。


人間は物質や存在そのものを見ているのではなく、背景にある自身の作り上げた幻想、投影されたものを見ている。それが自身の快・不快や環境から植えつけられたものかはまた別のお話になるけれども、それそのものを見ていない。対象を通して自身の内面を見ているのだ。

内面が恐怖で満ち溢れていれば、自身を守らねば成らないから、全ての存在に敵としての幻影を投影する。敵でもないものに敵を見る。そうすることで自分を守っている。書き換えを習熟して応用が利くようになると、それらの幻影を全て手放す事が可能になる。好きな色を付けられるのだから拘る必要が無い。

「このような人間だ」と他者や環境から纏わされた幻影に従ってやる必要も無くなる。多くの自分の意思だと思っているモノは、そのように外から来て纏わされ、繰り返し染み付いた習慣みたいなものだ。期待だったり蔑みだったり、そのような呪いが自分だと思っているものを作っている。

呪いを解くのに手っ取り早いのは環境を変えること、人付き合いを変える事。自分から良い匂いをさせたければ、良い匂いのする環境や場所に身を置く。それが叶わぬならば、良い匂いのする幻想を投影して、染まらぬ事。

くん とう -たう [0] 【薫陶】 ( 名 ) スル 〔香をたいてかおりをしみこませ,土をこねて形を整え陶器を作る意から〕 三省堂 大辞林

品行下劣な人間に囲まれて気高く生きようなんて、本当に苦痛でしかないからな。大抵の人間は、内面で劣悪な環境と戦って、抗いきれなくなると力尽きて溺れるように染まっていく。気が付かない所から腐り落ちるように染まっていくのだ。戦うのはしんどいだけだ。同化、同一視の応用で境界線を引く。

閉店です ‏@lakudagoya 2時間2時間前

人は環境によって変わるならば、選民思想なんざ無効じゃん。

特権階級は生得的に自分が優れてるから何でも良いんだとか言うけど、単に環境が良かったからに過ぎないと。

この結果論の馬鹿さは進化論の馬鹿さみたいだな。

確かに環境変わると人は変わるのは間違いないよ。暫くは後遺症あるけど

峨骨 ‏@Chimaera925 2時間2時間前

血筋、血統への崇拝も無効だ。金持ちの家の子供と貧しい家の子供が生まれたときに取り違えれば、貧しい家の子供は金持ちの家の子供のように育つし、金持ちの家の子供は貧しい家の子供のように育つ。血統が全てを決めるならば、取り替えられた金持ちの家の子供は金持ちの家の子供らしく育つはずだ。


峨骨 ‏@Chimaera925 2016年9月6日

犯罪者の子供は犯罪者になる。これは貧困等の環境が原因でそうなる可能性が高いってだけだ。金持ちの子供と取り換え子しても割合はそう変わらんだろうよ。しかし、優生思想に染まった者は、原因は貧困や環境ではなく遺伝子、血で決まると考える。だから貧困対策や環境改善などせず、自己責任と。

峨骨 ‏@Chimaera925 1月12日

優秀な者の複製を作ったら、優秀な者になる。これは優生思想だ。能力や才能、優秀さが遺伝すると考えるような遺伝子を崇拝するオカルト。犯罪者の子供が犯罪者になるのは環境だし、金持ちの子供が金持ちになるのも環境、世襲。遺伝ではない。環境と偶然の産物。一卵性双生児でも全く別の個体になるしな

峨骨 ‏@Chimaera925 2時間2時間前

進化論やカルヴァン主義を下敷きにした血統思想や選民思想は世襲を正当化する為の道具でしか無いからガバガバだな。信じさせさえすれば目標は達成するからガバガバでも問題無いのだろうが。一度信じさせてしまえば多くの人間は疑わない。

峨骨 ‏@Chimaera925 2016年9月7日

>他人を自分の思うように動かすために、その人を特定のタイプの人間として位置づける説得のテクニックを「オルターキャスティング」と呼ぶ。

血液型診断や「日本人は勤勉だ」「日本人は優れている」なんて言葉もそうだし、新渡戸の「武士道」、ルースの「菊と刀」もこれを使ったプロパガンダ。
フィラデルフィアで「武士道」が出版されたのは1900年。日清・日露戦争の間。内村鑑三「日本及日本人」「余は如何にして基督教徒となりしか」「聖書之研究」、アーネスト・フェノロサ「世界史上日本の位置」、岡倉天心「東洋の理想」「日本の覚醒」、ラフカディオ・ハーン「神国日本」出版もこの頃
新渡戸と内村は札幌農学校時代から交遊があり、二人ともキリスト教の洗礼を受けている。熱烈なクリスチャンの新渡戸は武士道を最初は chivalry(騎士道)と表記していた。そして、日本的なものから騎士道の対比として武士道なる要素を創作し、そこにキリスト教を接ぎ木した。

札幌農学校https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E8%BE%B2%E5%AD%A6%E6%A0%A1 … >クラークはわずか8ヶ月の滞在ではあったが、彼に直接科学とキリスト教的道徳教育の薫陶を受けた1期生からは佐藤昌介(北海道帝国大学初代総長)や渡瀬寅次郎(東京農学校講師、実業家)

>2代目のホイーラー教頭もクラークの精神を引き継ぎ2期生からは新渡戸稲造(教育者)、内村鑑三(思想家)、広井勇(土木工学)、宮部金吾(植物学)、伊藤一隆(中川翔子高祖父)らを出した。彼らは「札幌バンド」と呼ばれ
>3期生の斎藤祥三郎は外務省翻訳官となり、その子斎藤博は駐米大使在任のまま、アメリカで客死。他に各市県の知事・市長を歴任した高岡直吉,英語教育者佐久間信恭(五高,高等師範学校,大阪外国語学校等教師),
>北海英語学校(現北海高等学校)設立者大津和多理,4期生には、国粋主義者志賀重昂(しげたか),ジャパンタイムズ主筆頭本元貞,英語青年を創刊した武信由太郎,農商務大臣秘書官等から実業を経て衆議院議員となった早川鉄冶等



閉店です ‏@lakudagoya 1時間1時間前

血筋崇拝ってもはや、アブノーマルな性癖なんだな。

本来権力者って、こんな人間をダメにする悪なるものから全力で守るのがお仕事だけど、その過去の指導者が全力を尽くして頑張って作った道徳や社会秩序を文明を憎む西欧は全て破壊してしまうから恐ろしい性癖だわ。

前に貧乏人と金持ちの取り換え子事件あったなぁ。 金持ちの家に生まれた子は取り換え子でトラック運転手になって、その逆の子はいい大学出て不動産屋経営していいおもいしてた。 で、最近の悪質なやつはこの環境だろ?って話すら、カルマで運が悪いのも自己責任にしてるからな。悪質。

ひたすら現状だけ良ければ勝ちなんだって、究極の今さえ良ければ思想そんなのばかり。 資本主義みたいな短絡な発想だな。 で、何で日本の中産階級以上はここまで際限ない自尊心を肥大化させないと満たされないくらい飢餓感に満ちてるのか? 健全な自尊心が形成されてないなかなぁ?


峨骨 ‏@Chimaera925 1時間1時間前

存在しないものを存在すると思って戦おうとするから疲れる。存在しないものは存在しないのだ。ありもしないものを在ると主張する連中が、それが「存在しないとする証拠を出せ」とほざくが、つまらぬ詭弁だ。本来ならば、ありもしないものを「存在する」と主張するものが存在証明をしなくてはならない。

存在を証明できないから心の問題や信仰の問題に摩り替える。どころか、無いというなら無い事を証明しろ、と他人に証明させようとする。だったら、「俺が神だ。神でないと言うのなら証拠を出せ」と言ってやろうか。下らん、実に下らん。存在するという主張に存在証明は内包されていない。

悪魔の証明 https://kotobank.jp/word/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E-1724807 … >証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法的表現であるが、



>転じて一般に、証明が極めて難しいこと全般に対し用いられている。例えば、赤いカラスがいないことを証明するためにはすべてのカラスを調べなければならず、立証することは事実上不可能である。特にこうした「事実の不存在の立証が求められること」を悪魔の証明と呼ぶことが多くなっており、
>卑近な論争でも盛んに用いられている。 出典|(株)朝日新聞出版発行

最初からありもしないものを存在すると主張して、存在しないというのなら存在しない証拠を出せと論戦吹っかけてくるような間抜けとやりあう必要は無い。暇つぶしに相手にする程度なら、先に存在する証拠を出させて一つ一つ駄目出ししておけばいい。「ある」と主張する者にそれを証明する義務がある。


閉店です ‏@lakudagoya 1時間1時間前

峨骨氏の方法論は仏教に近いよね。変な固定観念から自由になって楽に生きれるだけで有利になるの。

やつらは、人間をひたすら弱体化して能力を出させないことで自分の優位を守りたい性癖という臆病な心に特権階級は満たされてるよね。

峨骨氏の方法論はそれから身を守る良き方法に見えた。

あの気持ち悪いまでに選民思想だとか精神病患者の夢のようなのって、西欧の思考は心が壊れるんだよ。 だから、西欧の教育や思考回路などから自由にならないと抜けれないの。 だから、特権階級も心を壊され飢餓感を与えるために小学生からカルトの洗脳施設のような所で育てられる。



ある意味、特権階級も被害者ではあるよね。

まともな安心感とか健全さを与えられずにカルトの施設で純粋培養なんてさ。

だからさ、その猛毒思想を生み出す発生源を隔離するか消滅させなければいけない。

特権階級が全寮制にこだわるのは洗脳のためだからね。


峨骨 ‏@Chimaera925 1 時間1 時間前

方便
1 《(梵)upāyaの訳。近づく意》仏語。人を真実の教えに導くため、仮にとる便宜的な手段。
2 ある目的を達するための便宜上の手段。「うそも方便」
3 (多く「御方便」の形で)都合のよいさま。

出典 デジタル大辞泉

ありもしないものを方便として使う。方便の前段階で歪んでいるから、存在しないものを存在させてはいけない。真実や目的が既におかしいのだから、方便もそりゃおかしなものになる。

峨骨 ‏@Chimaera925 2016年6月14日

峨骨さんが峨骨をリツイートしました

洞窟の外に世界や太陽はない。そもそもそんな洞窟など存在しないし、イデア界など存在しない。物理の問題にある摩擦係数ゼロの床と同じだ。プラトンは比喩を使って、仮定を同意させる事で、その存在があると信じ込ませた。まやかしの洞窟は二重構造。
峨骨 ‏@Chimaera925 2016年5月29日

イデア論 洞窟の比喩 https://m.youtube.com/watch?v=3nylI0o_RmY … メディアがやっているのはこういうこと。芸能人も政治家も国家も影絵。洞窟の囚人は影絵から目が反らせない。影絵を作り出している光源を見る事もない。プラトンは自身の語る実在ない『国家』論のペテンの手口を自白している。




閉店です ‏@lakudagoya 2月17日

正男君を持ち上げてたリチャード・コシミズはやはり華僑の手先なんですね。イエズス会や生長の家や大本教が華僑に繋がるのもわかりますし、安倍がアジア主義のように日本を中心としたローマ帝国築きたがるのは華僑なんですね。

モグラ君やっぱり凄い。うん。 RT https://twitter.com/mkmogura/status/832437001966063616 …
村手 さとし ‏@mkmogura 2月17日
父親がアメリカに担がれてたが、自国核開発を願い、結局kciaに殺された大統領の娘の弾劾とかについてのニュース。
それが訪朝したときから仲よかった金正男の暗殺。慶尚出身。
米の飼い犬に過度な躾の顛末。
CIAよ、なにを無理やりやらせるつもりだ。
本気で東アジアを中東化させる気かよ。

あー、正男の母親が慶尚道の出身、朴槿恵と、そこ出身。書き忘れて送ってまった。
飼い主に逆らった父親も含めて、アメリカの紐付きで保守なら慶尚出身は、やっぱりねーの話。
マサオは逆に、マレーシア、シンガポとかでわかる通り、華僑人脈を頼りにしてた感じ。
彼を殺して1番特をするのはアメ
















――
庵野監督が元オウム信者の疑惑がある。
オウム教のロシア向け放送の名前が「エウアンゲリオン=エヴァンゲリオン」。
エヴァの英語版出版人のMatt greenfield Anno hideakiで検索した結果は後述。
真言オーム真理教がロシアから放送していたラジオ番組エウアンゲリオンは古典ギリシア語で「福音」。
オウムの中核は✝だから当然ともいえます。
上述の放送機関は1992年4月1日~1995年3月23日。
エヴァは1995年10月4日から。
オウムの思想的後継者。

東浩紀「庵野は元々のエヴァの筋書きを大きく変えた。 理由はオウム教の教義と共通点が多過ぎたから」

アニメ界もはじめから怪しいぞ。
手塚治虫は、映写機の全く普及してない時代に、小学二年生の頃からディズニーアニメを観まくっていたので怪しいな。
案の定、手塚治虫の親父や先祖を辿ると面白いよ。
手塚の父は亡命ユダヤ人と関係があったらしいので、フグ計画辺りに絡んでるかもね。

当時普及していないものに多く触れたり、和訳本どころか原書すらほとんどない時期にそれらを間違いなく知っていた人は怪しい。

エヴァの庵野←神智学(インド風キリスト教)→オウム

なのか、庵野が信者かは不明ですがシンパではあるでしょうね。

当時普及していないものに多く触れたり、和訳本どころか原書すらほとんどない時期にそれらを間違いなく知っていた人は怪しいがらみで思い出したのですが、
イスマーイール派は人類史を七周期にわけました。
神智学と人智学もです。
ブラバッキーやシュタイナーらはどうやってイスマイール派の思想を知ったのでしょうね?おそらくメーソン経由。
――

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 2014年8月26日
インド神学では聖音オウム=新秩序創造の為の破壊。
オ=創造=ブラフマー
ウ=維持=ヴィシュヌ
ム=破壊=シヴァ
の三神一体(トリムルティ)。
エヴァの元ネタのエウアンゲリオン(福音)放送をしたオウム。
二ノ国の灰の女王の傍にオウム。
@ekousagitan @lanekota



オウム真理教放送
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%9C%9F%E7%90%86%E6%95%99%E6%94%BE%E9%80%81
”オウム真理教放送(オウムしんりきょうほうそう)あるいはエウアンゲリオン・テス・バシレイアス(古典ギリシア語:ΕΥΑΓΓΕΛΙΟΝ ΤΗΣ ΒΑΣΙΛΕΙΑΣ, εὐαγγέλιον τῆς βασιλείας, euangelion tēs basileias)は、1992年4月1日から1995年3月23日まで放送されたオウム真理教のラジオ番組放送局である[1]。
放送開始の経緯

そもそも、ロシアの国営放送局の国際放送機関である「ロシアの声」(当時はモスクワ放送)の送信機を保持するロシア通信省が、所有する送信機の無償貸し出しを開始したことから、日本では放送内容の問題で放送できないオウム真理教の布教を目的に、関連番組を専門に扱うことを目的として、1992年4月1日から「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」という番組題で放送開始した[1]。

題名はギリシャ語で「御国の福音=神聖世界の絶対的真理、あるいは神聖世界の絶対的真理の告知」という意味だった。当初はこの番組題のみがアナウンスされたが、すぐに「オウム真理教放送」という名称があわせてアナウンスされるようになった[1]。
放送形態の変遷

番組は当初、静岡県富士宮市にあった同教団総本部のスタジオで編集・制作され、モスクワ市にあるロシアの声のスタジオに空輸し、ウラジオストク中継基地から日本に向けて放送された[1]。

当時は、22:00-00:00(以下、時間はすべて日本時間)の1日2時間の日本語による放送が実施されていた。前半1時間は短波15.315MHz(1992年6月以降は17.710MHz)、後半1時間はロシアの声日本語番組でも使用されていた中波720kHzを通じての放送であった[1]。

しかし1993年元日から、短波は季節ごとの周波数変更があることなどから中止、中波は一部地域での受信状態の問題があることから周波数が変更され、1476kHzでの放送となった。これに伴って、放送時間は22:15~翌日の1:15に拡大・変更。その後1994年元日から00:00~03:00に変更され、衛星中継による生放送番組も行われるようになった[1]。

他方短波では、1992年6月15日より、英語による番組が05:30と13:30の1日2回(各30分間)、ロシアの声の全世界向け英語放送の一部周波数を利用して放送されるようになった。また、同年9月1日からは、ロシア国内向けのラジオ放送、マヤークを介したロシア語放送も行われるようになった[1]。

ところが、1995年3月20日に発生した地下鉄サリン事件の影響も絡み、同年3月23日放送を最後に放送中止となり、そのまま廃局となった[1]。
参考文献

井上順孝編『情報時代のオウム真理教』(春秋社 2011年)

脚注

^ a b c d e f g h オウム真理教放送の開始から中止まで(アジア放送研究会制作「オウム真理教放送録音集」解説文から)

関連記述

オウム真理教モスクワ支部

外部リンク

アジア放送研究会による解説
Radiofly・オウム真理教放送

最終更新 2016年11月19日 (土) 16:52 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。

「Matt greenfield Anno hideaki Aum Shinrikyo」や
「Matt greenfield Anno hideaki Aum Shinrikyo Russia」 
で検索

POST GAME: Aug. 16, Tokyo Summer Comic Market
https://whyweprotest.net/threads/post-game-aug-16-tokyo-summer-comic-market.45286/
"One of the anime/manga series parodied in this manga has a peculiar relationship to that most famous Japanese cult, Aum Shinrikyo - now known as Aleph.

That cult infiltrated government agencies, harassed critics, made sarin gas, tried to bring about the end of the world and then paid those those "new religious movements academics" Gordon Melton and James R. Lewis to come and defend them - you know the drill.

The Evangelion anime started airing on TV a few months after this attack (the manga had already started), and its apocalypbic themes seemed to jive with what Japan had been going through.

The US and UK distributor, ADV commented on it like this to Anime Insider magazine in 2004:

CULT FOLLOWING

‘EVANGELION’ CREATOR HIDEAKI ANNO’S SHOCKING RELIGIOUS INFLUENCES

In March 1995, 10 members of a religious sect called Aum Shinrikyo released deadly sarin poison gas on the subways of Tokyo during rush hour. Twelve people died; thousands were injured. The attack drew worldwide attention.

Elements from the Aum cult’s violent and shocking worldview later turned up in the unlikeliest of places: Neon Genesis Evangelion. Or perhaps it isn’t so unlikely; Evangelion creator Hideaki Anno drew from a wide range of religions and philosophies when creating his masterpiece.

Explains ADV co-founder Matt Greenfield, currently hard at work adapting the Evangelion director’s cut for English-speaking audiences, the parallels between Aum and Evangelion are prominent. “The objective of the Aum cult was that they were going to cause a massive disaster which they would not claim responsibility for,” Greenfield says. The motive was that countries would blame each other, leading to conflict. “Basically [Aum] was trying to start World War III, the idea being to wipe out all human life so everything could be started over…with them, of course, being the survivors. This is actually basically what Evangelion is! Ultimately, it’s about restarting the human race.

Was Anno himself a Aum cultist? “There’s a space in his life that he doesn’t talk about,” Greenfield says, “but I can’t say ‘Yes, he was in a cult’ or not.”

However, Greenfield does say that the Russian-language broadcasts that Aum produced to promote its beliefs were titled Evangelion. Spooky…
-Tom Root"

Aum Shinrikyo (Tokyo Sarin Death Cult) Anime - The Internet - YouChew
http://youchew.net/forum/index.php?/topic/75229-aum-shinrikyo-tokyo-sarin-death-cult-anime/
” Posted December 29, 2010

On 2010/12/29 at 10:40 AM, The Neoprene Junebug said:

Hideaki Anno was a member of this cult in the early 90s.


JazzDanceForChildren

Crouching Spider, Hidden Wagon

I've never seen any of his stuff, but I know it's supposed to be really trippy and weird. While I smoke pot, that's not the same as doing LSD which is what these Aum guys did. The closest thing I ever did was a hallucinogen called DMT once and yeah, if you deprived me of sleep, put me in these bizarre religious ceremonies, and put the stuff in my food and told me I was gaining extrasensory perception and was gaining absolute knowledge and becoming one with the fabric of the universe, yeah, I'd probably believe you.
(…)

NAveryW

A Good One

Posted December 29, 2010

On 2010/12/29 at 10:40 AM, The Neoprene Junebug said:

Hideaki Anno was a member of this cult in the early 90s.

An unsubstantiated rumor, like most things said about Anno on the Internet. Matt Greenfield is apparently the one to start the rumor, and almost everything he's said about Evangelion is wrong. But there are connections between the Aum Shinrikyo attacks and Evangelion. According to Azuma Hiroki, otaku scholar and acquaintance (friend?) of Anno,
Evangelion's scenario had to be changed because after the Aum Shinrikyo attacks, Anno considered certain elements of the story "too close to reality" and he feared it would "not be suitable for broadcasting".

Azuma Hiroki said:
But anyway, the original scenario is so shockingly close to the political motivation of the Aum Shinrikyo group, they fight against the upshot of the enemy, without knowing what the enemy really is. The angels change their form for example into pyramids, into shadows. I asked Anno about such abstract characteristics of the angels. He said that this reflects the feelings of his generation. For his generation the enemy is not political. It is also not definite. I mentioned to Anno that such abstract characteristics of the enemy are very close to the conception of Aum as enemy (e.g. poison gas) which he admitted. He also admitted the similarity of >>Evangelion<< with Aum. Nevertheless it is too simple to conclude that Anno was sympathetic with Aum. He emphasizes the closedness and exclusiveness of this group. They lost any contact with reality. In Anno's view this again is very close to the situation of anime fans. In fact >>Evangelion<< criticizes anime fans, and anime culture: it begins with ambiguous flirtations with conditions central to Aum, and ends with its critique as launched on the situation of anime fans.



正教会についての参考書案内(一般入手可能なもの)
http://kliment.cocolog-nifty.com/kandazoshi/2014/06/post-78ca.html

ネット上で無料で正教会が公開している手引書pdfがあります。

ロシア正教(東方教会、ギリシャ正教)、各分派に関する文献
http://www.coara.or.jp/~dost/17-i-1.htm

東方正教関係の文献目録(和書)
http://athos.world.coocan.jp/bunken.html


oyomikudasariお読みくださり感謝します。




スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yomenainickname.blog.fc2.com/tb.php/135-227d8f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)