読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

「真のキリスト教」摩尼教/光の仏陀(摩尼光仏)かイランを強化した老子(老子化胡)か/宋・元・明代の明教-喫菜事魔/カルト作成マニュアルとマニ教について情報あつめるところ。マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 

カルト作成マニュアル
①ベースとなる宗教から戒律と欲望を抑える教えと技術を抜く。
 または、神格化して弱める。
②反知性主義(論理的思考と知識を得ることの禁止)と
ご都合主義(軸のなさ)を中核にする
③支配と搾取に使えるところだけを色々な宗教から盗んでくる

①が最重要。⓵をきちんとやれば②は自然と達成される。

実際、仏教カルトは、仏教が持つ戒律、無常、無記、空、縁起、
「欲望を無くし平静な心を獲得せよ」をゴッド化させたりしつつ、
キリスト教(②が中核)を混ぜたものばかり。
特に日蓮宗が耶蘇教と親和性が高いので日蓮系カルトが多い。

八紘一宇ワンワールド世界連邦思想の根本はストア派のコスモポリタニズムの改悪版。
本来のコスモポリタリズムは人間は理性を持つから全員仲間なので、人種差別はありえない。
しかも、ストア派の目的が「平静な心の獲得」(仏教的だから支配層が嫌う)なのは完全に無視。
これも①をストア派に使って改悪した実例。
支配層は、ストア派のうち支配と搾取に利用できるところを盗んできただけ。

支配層は輪廻思想を持つ派閥もあるが、これも都合がいいところを盗んできただけ。
バラモン=当時のインドの最上位の支配層は同性愛禁止、肉食禁止、武器商人禁止、欲望を抑える修行必須
だが、今の欧米系の支配層は完全に無視。

以上を見ると支配層の宗教を既存の宗教で表すなら、
改悪版マニ教。
マニ教戦術をとるが、マニ教の殺生禁止、無所有、性行為禁止、菜食主義は絶対に守らないという最悪の毒竜ヒュドラ。
奴隷いじめられっ子がいじめっ子になると最悪になる実例が今の世界。
地獄教や蠱毒教が一番近いかも。


ストア派の欲望を抑える教義だけ抜いてあるから支配層はストア派ではなくストア派からもパクっただけだろ。
コスモぽたリズムですらないよ。人種差別してるし、理性否定の反知性だし。

奴ら上層はマニ教でもないよ。マニ教は殺生禁止。都合が良いところだけつまみ食い。

キリスト教というのはコンスタンチノープリ教会の事を指すものでグノーシス主義やイエスの死を認めない人々をキリスト教というのです 西方にあるのはグロテスクな多神教であって、キリスト教ではありません 便宜上、ヤソと言っているのであって正体はただの気色悪い穢れた多神教ですに賛同
マニ教が真のキリスト教を名乗ったって本当に本来のキリスト教に近いからかも。

でもマニ教って殺人絶対禁止じゃん。せいこういも禁止。結局のっとり戦術だけ盗んだんでしょ。あと物質=悪も支配に都合が良い。
マニ教思想だと必然的に商業奨励、牧畜民族礼讃思想になり、農耕民族否定思想になってしまう。でも聖なる食べ物であるブドウ、キュウリ、メロンは農作物だという矛盾。
入れ物は悪でも中身は善だから作ってOKという教義。

宗教の役目の一つは死などの悪を説明すること。死後はどうなるかなどの現在の技術ではわからないことを説明すること。


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
そうだな、マニ教の既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦は、例えば仏教をターゲットにしたら、仏教によく似た思想のヒンズーっぽい西洋初のスピリチュアルを大量に投下して、既存の仏教の認識を偽物であるスピに書き換えて、そうやって内部から破壊していくという作戦なのですよ。

みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから


おねショタ魔法使い初級おじさん @douteimaturi
仏教系の檀家系カルトがどれだけマシか、よくわかった
神道系カルトは経典や軸となる宗教思想がないから、どこからか借用、盗まざるおえないという事実があるので仏教系と違って経典主義をとる事が出来ないのね
で、万教帰一して色んな所から盗んでくる

神道系カルトが言っている事は単純で良いことをしなさいという部分なんだけど、その言葉の背景がないから色んな所から盗んでくる
キリスト教、イスラーム、儒や仏教、他にも現地的なアニミズムまでいろんなところから盗んで権威付けする
だから、神道系カルトが気持ち悪いのはここから発生している

悪の魔術師が存在するなら、彼女が作った最大の失敗物が神道カルト
基礎や宗教論としての土台を持たない、又は己の集団の正当性しか興味のない集団というのがどれだけおぞましい存在かは彼女自身ここまで無限増殖するとはわかっていたのだろうけど、醜いものを作ったと確信して作ったのだろうなxm

今日はマニ教の本が届いたので読んだのだけど、マニってお医者さんで治療しながら布教していたというのが見えてきて、これって中国のやそと道教を混ぜたような太平天国やイエスと全く同じじゃんと思って
やっぱり、薬学や医術というのが布教ツールとして優秀で魔術師が魔術師所以なのだろうと思う

実際のところマニの落ち目はペルシャでは治療失敗とマズダグ教との対立だし、ローマ世界ではやその異端ややそ教を乗っ取ろうとした動きによって弾圧されたわけで本来ならばこういった背乗りしようとする宗教は寄生元に殺されれば消えているものが残ったのは殺虫しきれなかった部分にあるのだろうと思う

マニ教が残ったのはやそ教世界で罵倒語として残ったのもさることながら、地中海世界に広まっていたグノーシス主義が大きいのだろうと思う
私思うにグノーシス的な思想に汚染されて居なかった初期ローマが地中海世界を支配したのは思想的な部分において独立性を持っていた部分が関係している気がする

ただ、現代でマニイズムすなわち一神教的多神教、万教帰一の思想というものが再発したのは工業化と共通規格、大量生産という産業思想が関係しているのではないかと思う
それは博物学、文化人類学の発達が様々な集団に値札をつける事によって共通性を見ようとした部分があるのかもしれない

その中で固有という曖昧なものを取り出していく中で発生した副産物が優生学や自民族主義とするならば、そこで絶対善と絶対悪が分かれそこに体系化されていない宗教が発掘されたのであるならば、それを説明するために無理矢理な比較をする事となりそれが現代の民族や宗教対立の根っことなっている

つまり、現代のマニイズムは共通規格と大量生産という産業思想に学術的な固有性の発見という知識とそれを信じる人々の善悪二元論により再興されたと見なさざるおえない
つまり、万教帰一という思想は正しく近現代において再興される条件が揃って、当然のように復活したのである

カルトの性癖
贖罪意識、転生論、宗教内階位とその細分化と絶対地位の制定、善悪の創造とその善悪二元化と詭弁術による他宗教の弾劾とその美味しい部分の取り込み
これがマニ教の習性でシンクレティズムを目的とした宗教と結果としての宗教は全くの別のである

悪の魔導師は女性だろうね シバの女王やドルイド神官の女性神官、多分完全に役割が違うのだろうと思う 預言者が男しかいないと言われていても、その思考に納得して子供たちを教育するのは女性なのでやっぱり女性を納得させられる教えというのが魔導士の魔法の一つなのだろうと思う

∸――

『よいこの黙示録』と「敵(支配層)と古典の真似」で、労働カルトを作ったカルヴァン派系支配層の視点を獲得しましょう!
(◞≼◎≽◟)☝本当は教えたくないのですが、選ばれたあなただけに特別に今だけ、教祖として成功する秘訣の続編をお届け!
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
”~破壊(する対象は異教)の章~

①外見を変えずに中身(設計図)だけひそかに変える
 =マニ教とイエズス会戦術で都合が悪い勢力を乗っ取ろう

マニ教の概要は本記事にある過去記事へのリンクからどうぞ。

異教撲滅マニュアル

異教の外見を変えずに中身(設計図)だけひそかに変える。

⓵経典は布教する土地の現地語に翻訳。
教義の厳密な訳出よりは各地に伝わる在来の信仰や用語を利用し、入信者が理解しやすいように翻訳

②相手の宗教を否定せず積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込み、違ったものに作り変える
(改良版を売る。我々は実は君らの宗教の改良版または元祖だよ戦法。
仏教を破壊したいなら、取り込むふりをしつつ、仏教の中核である
「A. 嘘を見破るのに有効な論理と論理的思考を重視する姿勢
B. 一神教と新プラトン主義を完全否定する無記と空と無常と縁起の思想」
を抜く)

③現地の言葉を学び、文化を研究し、現地の改宗者にスパイをさせ、現地の宗教の儀式をやりながら入り込む

④教義のうち、絶対に変えない個所は最小限にする
特にマニ教では「構造=設計図」が重要であり、布教のためならイエス論(マニ教は自称「真のキリスト教」)ですら変えてOK。
簡単に憑依できるのでマニ教が徹底して弾圧されたが、全然死滅していないことから、生き残りのために有効な技術。

(マニ教の設計図
A. グノーシス主義
B. イエスの絶対性
A. グノーシス主義のみが必須要素)

イエズス会は
A. 一番偉いのはローマ教皇=権威
B. 聖霊は父と子から出る=不滅の絶対的善なる存在
の二つだけを認めるよう要求。残りは改変OK。
AとBが両方とも存在しないカルトはない。
日本では
A. は、頂点=現人神(グノーシス的)=偽天皇や、
非人紙(=紙幣。あらひとがみ=人に非ざる紙)など。

B. は労働と民主主義と資本主義と秘密選挙など。




②やばくなったら分裂しよう

やばくなったら、今の団体を消して新しく作った団体に吸収させたらいいのです。
あらかじめ無関係を装っている裏部隊を作っておきましょう。
メンバーさえ生き残れば団体が消えても問題ありません。

スウェーデンボルグ派キリスト教の和訳である大本教は弾圧されたのに、大本教勢力が今なお隆盛なのは、分裂して名前と外見だけ変えたり、異教に寄生する戦術でたくみに生き残ったからです。

ノウハウを蓄積したらマニュアルを作って売る商売もすべきです。いわゆる子会社を作っておくのです。

イエズス会VSロシア正教
http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38094379.html
”佐藤優氏の『国家の崩壊』(にんげん出版)

▼(以下引用。P99)
(イエズス会について)
ロシア語で「イェズィット」(イエズス会)という言葉があるんですが、それは嘘つきだとかペテン師、強盗だというのとほぼ同じ意味なんです。ロシア人にとっては、イエズス会はそういうイメージなんです。どうしてかというと、ほかのフランシスコ会などはカトリックの伝統のまま入って来ますけれど、イエズス会はロシア語を上手に勉強して、ロシア正教と同じような儀式をやりながら入って来るわけです。ロシア正教会と全く同じ形式で来るんです。だからかえって怖いということです。これは全世界どこでも同じで、中国の典礼問題などもその表れです。ロシアでもイコンを崇拝することぐらいイエズス会の連中は平気でやる。
 そのうえで、「ただし、二点だけ認めてください」というんです。
第一点は、「一番偉いのはローマ教皇だということは認めてください」と言う。
もう一点は、聖霊がどこから出てくるかという問題なんです。
この問題では論争があって、ロシア正教会だと、「聖霊は父から出る」という考え方なんです。それが、カトリックだと「聖霊は父と子から出る」という考え方なんです。そこで、第二点として「聖霊は父と子から出るということを認めてください」と言う。「この二点だけ認めてくれれば、後はロシア語を使っても、神父さんが結婚してもいいですよ」と、カトリックであるにもかかわらず言うんです。
 要するに、本当に守らなければならないところのギリギリは何なのかということを、イエズス会は徹底的につめているんです。それ以外は、全部妥協してしまう。だから、イエズス会は怖いという意識が、ロシア人の中にあるんです。
▲(引用終わり)

▼(以下引用。P316)
(ロシアのアイデンティティとは何か)
 しかし、このように、ロシアをまとめているものを、これだという積極的あるいは肯定的な形でとらえるのではなくて、これでもない、あれでもない、という消極的あるいは否定的な形でとらえるというのは、実はロシアの伝統的思想に合致するものなんです。
キリスト教の神学には肯定神学と否定神学があります。肯定神学というのは、神は愛である、というように肯定的な規定で神をとらえるものですが、それに対して、神はこれこれのものではないし、これこれのものでもない、と否定の規定を重ねていくことによってしか神をとらえることはできない、とするのが否定神学です。つまり、ロシア・アイデンティティのこのようなとらえ方は、否定神学のとらえ方と同じだということになります。
▲(引用終わり)”

つまりイエズス会は支配用宗教で絶対に必要なのは
①一番偉いのはローマ教皇=権威
②聖霊は父と子から出る=不滅の絶対的善なる存在

の二つだと考えているってことです。
確かにこれら二つが両方とも存在しないカルトはありませんね。
日本だと
①は、頂点=現人神(グノーシス的)
と非人紙(=紙幣。あらひとがみ=人に非ざる紙)で、
②は労働と民主主義と資本主義です。


ダビデの星がユダヤだけのシンボルになったのは十七世紀からでキリスト教が決めた(ユダヤではない)ので日ユ同祖論(キリスト教製品)に使えない。マニ教の概要(山本由美子『マニ教とゾロアスター教』 など)、ダイアン・フォーチュン『神秘のカバラー』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
”マニ教の概要。
前の記事でエヴァは、マニ教の要素もあると述べました。
山本由美子『マニ教とゾロアスター教』 山川出版社〈世界史リブレット〉、1998年4月 を主に参考にして述べます。

マニ教(マーニー教。摩尼教、明教、二宗教)
三世紀のマニ(マーニー)がササン朝ペルシアにて創始。
中核は善悪二元論(拝火教+グノーシス主義)。
物質・肉体=悪。
霊魂・精神=善。
菜食主義(肉食禁止)と飲酒禁止。
一日一食。週一度に断食。
動物を殺すことも、植物の根を抜くことも禁止。
食べて良い代表的なものは果物であり、透き通った野菜。
きゅうりやメロンは最も良いとされた。
(衰弱死しそうなんですけど)
白い衣服を着る。
現世否定。性欲否定。
性欲否定は神話の表現にも表れていて、光=善の側は産むとか生まれるという言葉が使われず、「呼び出す」という言葉を使います。
(苦しいですね。性欲否定の宗教の致命的な問題点は、生殖しないと信者がどんどん減ってしまうというものがあります。まあ、だから積極的に広めまくったのでしょう。子宝沢山は惡なのですから)
信者減少対策として、マニ教は、平信徒(聴聞者)と選ばれた者(アルダワーン=義者=拝火教で善をおこなった信者を呼ぶ言葉)に分けました。
聴聞者はそれほど強く戒律を守らなくて良く、結婚も子づくりも許されるとし、生産活動をして選ばれた者を支える役割にしました。戒律を厳密に守ると生産活動が不可能になりますからね。
アルダワーンには女性もなれます。布教師にもなれます。しかしマニ教神話は男性優位っぽいです。でもグノーシスは女性優位なんですよね。
マニ教の神話は色々混ざっています。長いので面白そうなところだけピックアップします。

・はじめに光明の父もしくは偉大な父(ズルワーン=時間)と呼ばれる存在が光の王国にあり、
光の王国は上・東・北・西の方位にあり、
光の五元素(光、風、火、水、エーテル)をその実体としていた。
闇の王国は下・南にあり、光の五元素に対応する五つの闇の元素からなっていた。
(はじめが父なので、男性優位思想。グノーシスは女性優位なのにね。
しかし神話に反して、女性が「選ばれた人(アルダワーン)」になることはタブーではなく、女性の布教師も珍しくはありませんでした。
ゾロアスター教ズルワーン主義=拝時教、の影響って凄いですね。
南になにか恨みでもあるのでしょうか。理由が知りたいです。
時間=変化の前提が始まりとは哲学的に感心しました。
時間=時計・天体の動きの周期・暦は農業用だったのに今や奴隷を長く働かせる為の道具になっております)

・光明の父(偉大な父ズルワーン=時間)が、生命の母を「呼び出した」(産むが使えないので)。
この生命の母が最初の人である原人オフルミズド(アフラ・マズダーの中世ペルシア語形)を呼び出した。(処女懐胎以上にファンタジーですな)
・光明の父は、生ける霊(ミフルヤズド)も呼び出した。
ミフルは契約の神ミスラの中世ペルシア形で、このころは太陽神と同一化されるようになった。ミフルヤズド(ミスラ神)は、インドにおけるミトラ神、ギリシャ・ローマにおけるミトラス神に相当する。仏教における弥勒菩薩(マイトレーヤ)もまたミスラ(ミトラ)に由来するともいわれている。
(ミトラ=密特拉〔中国語〕の漢字表記の頭は「密」なんですよね。密教にもミトラの要素あるし。
マニ教においては光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された。ソグド語で日曜日の事もミールと呼ぶようになった)

この世界は倒された闇の悪魔たちの屍体から創られた。悪魔からはぎ取られた皮から十天が創られ、骨が山となり、身体や排泄物は大地となった。闇のアルコーン(執政官。高位の悪魔)たちは鎖で空に繋ぎとめられた。
汚されていない光の元素から太陽と月が創られた。
少し汚されたものから星が創られた。
(マニ教では、十層の天と八層の大地からなるという宇宙観。なんと日本でマニ教の宇宙図が見つかりました)

・闇は、虜にした光の元素を取り戻されないように、物質がすべての悪魔を飲み込み統合して一つの大悪魔を創った。同様に女の悪魔たちも一つの大悪魔となった。その男女の大悪魔によって、憧れの的である第三の使者(光明の父が呼びだした)に似せてアダムとイブが創られた。ゆえに、アダムとイブは闇の創造物でありながら、大量の光の要素を持っていることになる。
自分が光の要素を持っていることを知らないアダムに、自らの光の本質存在を知らせるために、第三の使者の化身であるイエスが送られ、アダムにグノーシス(知識)を与えて覚醒させる。覚醒したアダムは自らの内なる光の本質を救うために物質の連鎖を断ち切ろうと禁欲を誓う。
しかし、アダムよりは少ないがやはり光の本質を持つイブはグノーシスをイエスから与えられなかった。その理由を理解できず、アルコーンと交わってカインとアベルを産む。嫉妬に駆られたアダムは、自らを抑えきれずイブと交わり、セトが生まれた。かくして、人間の生命の営みが始まった。
(男尊女卑)

・この世界は物質である限り、闇のアフリマンの支配下にある。しかしグノーシスを得た人が少しでも光の元素を救いだそうとするので、戦いは続いている。
囚われの光の粒子は、閉じ込めている物質が壊されると解放される。それはまず光の柱を通って月に集められ、月が満ちると太陽に移され、その後に新しい天国に呼び集められる。
(囚われた光の粒子の経路は光の柱→月→太陽→新しい天国)

・いずれ光と闇の最終戦争が起き、イエスが正邪を分ける判事としてあらわれる。世界の終わりには神が支えることをやめるので天地は崩れ落ち、1468年間も続く大火によって全て物質的なものは消滅する。イエスは光の王国と合体した新しい天国に戻り、二つの原理はもはや混じり合うことはない。

「白衣白冠の徒」といわれた東方のマニ教(明教)は、景教(ネストリウス派キリスト教)・祆教(ゾロアスター教)とともに、三夷教ないし三夷寺と呼ばれた。

キリスト教の異端派がマニ教の変形である例はいくつかる。
アルメニアから始まって、黒海沿岸に広まったパウロ派は、使徒パウロの書簡を重んじる二元論的世界観を持っていた。

ブルガリアに発してコンスタンティノープルにも根拠地を置いたボゴミール派は、サタンによる創造神話や旧約聖書の否定など特徴的な教義が、異端審問の記録により信仰内容が良く知られている。ボゴミール派がブルガリアとビザンツ帝国が栄えたのは九世紀から十二世紀までである。

特にマニ教的だったのが十一世紀から十三世紀に北イタリアから南フランスにかけて受け入れられたカタリ派であるが、フランス統一をはかる北フランスのカトリックの王家により弾圧された。地中海沿岸の南フランスに栄えたのがカタリ派である。
ただしそのように非難されても、信者自身はマニ教との繋がりを認めてはいないが、宇宙の創造に悪魔が介入していることを認めたり、酒や女の快楽を否定し、結婚をよしとせず、水による洗礼を行わないように、非常にマニ教的である。女性の地位も高い。注意しないといけないのはマニ教だと非難したのはカトリック側であることだ。
(マニ教を守るためかもしれません。マニ教勢力の存在を明確に認めると狙われるから)

マーニーは珍しいことに、自分で教典を書き、バビロニアを中心に教団を形成した預言者。
マニ教団勢力は、サーサーン朝(ササン朝。ペルシャ=イランの拝火教国家)に迫害されるほどに勢力が強かった。
本拠地はバビロンだったが、マニ教が目覚ましい発展を遂げたのはまずローマ帝国領のシリアやエジプト、その他の地中海沿岸地方であった。エジプトではアレクサンドリア(錬金術=科学の聖地)を中心に発展したことは、元マニ教徒のキリスト教の教父アウグスティヌスが記している。アウグスティヌスの母はクリスチャンだったが、彼はカルタゴでマニ教に出会って信者(聴聞者)となった。
(アウグスティヌスがマニ教の影響からキリスト教の二元論を強化したと思います。善悪の戦いの強調の源流は拝火教ですけどね)
当時のアレクサンドリアやカルタゴでは様々な宗教の間で公開討論会のようなものが行われ、自己の宗教の優位性を論理的に主張することが普通に行われていて、一種の娯楽だったらしい。
折衷主義のマニ教はどのような論点も自己のものとして取り入れることができるので、非常に論争しにくい相手だったであろう。
(何でも信じているか
、何も信じていないか、どちらも最強なんですよね)
三世紀から千年以上もユーラシアの西はスペイン、東は中国福建省の泉州にまで広がったが、現在では消え失せしまっている世界宗教。実は中国では生き残っています。
そして現在の統一宗教=イルミナティ教のモデルでしょう。

預言者マニ(マーニー)は自分で経典を書いた。予言者が自ら教義書を書いたのは、マニが史上初であろうことは先述したが、マニが主として経典にアラム語を用いたのには、当時の中東世界の共通語として広く意思疎通に用いられていたからであろう。
彼は速やかに経典を各地の言語に翻訳させたが、その際、彼は自身の教義の厳密な訳出よりは各地に伝わる在来の信仰や用語を利用して、入信者が理解しやすいように、自由に翻訳することを勧めた。場合によっては馴染みやすい信仰への翻案すら認め、このことは異民族や遠隔地の布教に有効であった。
マニ教は他の宗教と論戦しながら改宗を勧めていったのだが、相手の宗教を否定せずにむしろ積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込んで、違ったものに作り変えてしまうことにひいでていたので大変議論がしにくかった。特有の概念や神の名を異なる脈絡で言及するので強い違和感を与えるものの反論しにくかったはず。
(改良版を売る戦術ですね。マニ教は実は君らの宗教の改良版に過ぎない戦法)
しかし、各地ごとに布教目的で柔軟に用語や教義を変相させていったため、普遍的な世界宗教へと発展した反面、教義の一貫性は必ずしも保持されなかった。
(だから消えても影響が残りまくったのがマニ教。
道教みたいですね。神道・天皇・神器は道教用語であり日本由来ではないのです。全部中国産。年号だって漢文から。どこにヘブライ語があるの?)

中国(唐)にマニ教が伝わったのは七世紀。694年、マニ教の教師(佛多誕)ミフル・オフルミズドが、はじめて唐の宮廷を訪れ、則天武后と会見してマニ教の信仰を説いて布教が許された。マニ教はバビロニアの優れた天文学と暦の知識を持っていて、暦の改定を進めていた当時の唐には魅力的だった。
八世紀、758年の安禄山の乱において、弱体化していた唐朝を支援して乱の鎮定に尽力したウイグル王ヤブグ汗(ウイグル族は中央アジアのトルコ系部族)がマニ教に改宗し、ウイグルの国教とした。768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院大雲光明寺が建てられた。
マニ教の教義はすでに各地で仏教や、ゾロアスター教、キリスト教の教義との混淆を深めていたが、この時期になると、さらに中国独自の宗教である道教の教義とも同一化されるようになった。マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりとみなされたりした。
マニ教の後ろ盾となっていたウイグル汗が840年に、キルギスに敗れ、ウイグルの領土が高昌(ホッチョ)とその周辺地域に限られるようになると、中国各地でウイグルにたいする反感が吹き出し、ウイグル人の巣窟とみなされた各地のマニ教寺院が破壊された。
842年から4年間続いた武宗(道教重視)による「会昌の弾圧」は、マニ教のみでなく、拝火教、キリスト教、仏教をも含むすべての外来宗教を弾圧したものであったが、マニ教の受けた打撃は大きかった。
 仏教では、寺院4600寺が廃され僧尼26万5千人が還俗させられたので、「会昌の法難」と称している。
福建の泉州に逃れたマニ教徒はこの地で秘密結社のような組織になったという。
マニ教経典は、一見仏教の典籍の一つのようにされ、一部のマニ教徒は道教の一派のように振舞っていたこともある。キリスト教の一派とみなされたことも多く、マルコ・ポーロが泉州であったと述べている「キリスト教徒」はじつはマニ教徒だったといわれる。結局、中国のマニ教徒は十五世紀くらいには姿を消し、これによってマニ教は事実上消滅した。
と思われたが↓
“元を倒した新たな王朝を築いた朱元璋が新王朝の国号を「明朝」としたのも、元朝打倒の原動力になった明教にあやかってのこと
出典中国におけるマニ教
マニ教は843年に唐の武宗によって禁止された後も「明教」と呼ばれ流布しつづけた。”
“中国・福建省でマニ教の寺院が複数現存していることが近年確認されている”
“何百年前に滅んだはずのマニ教が、中国では細々と生き残っていて、寺もあれば信者もいて、毎年マニの生誕祭が開かれている”
“御本尊の摩尼光仏”
【歴史】マニ教 ー消えた世界宗教の謎ー
http://matome.naver.jp/odai/2134904705662315701

ササン朝書記にゾロアスター教の根幹を揺るがす重大な異端がズルワーン主義(拝時教)。すべての始まりにズルワーン(時)という神がいた。つまり善悪の出会いや創造は<(無限の)時>という枠組みの中に置かれることになった。ズルワーンは宇宙の創造を思いたち、その仕事を託す為の創造主を生み出そうとした。しかしその間に彼は創造が良いことなのかどうかに疑念を持ち、その疑念から醜悪なアフリマンが生まれた。思い直した彼が完全なものとして改めて産みだしたのがオフルミズドでその出来栄えに彼はすっかり満足して、ズルワーンは彼に創造の仕事を託して隠居した。オフルミズドは宇宙創造に取り掛かったが、不満を持つアフリマンがことあるごとに邪魔をしたため、両者はついに闘って決着をつけようということになる。
こうした神話はなぜ双子と言われる対立する二霊が存在したかという疑問を解決してくれるが、善悪の絶対的な対立を出発点とする、ゾロアスター教の最も重要な世界観と矛盾する。つまり、悪の存在理由と悪からの解放という他の宗教が解決できなかった問題に第一義的に取り組んだゾロアスター教の独自性を失わせるものなのである。
しかし、独自の教団も形成せず、ゾロアスター教を否定したわけでもなく祭儀上の問題も起こさないズルワーン主義は、ゾロアスター教の祭司たち(マギ)にも容認された。ササン朝初期にズルワーンという言葉を用いた人名が頻発するので、排斥されていなかったことが明らか。伝統的なゾロアスタ教の聖数3と7に加えて、ズルワーンの聖数4が色々な場面で見られるにも、ズルワーン主義の隆盛を示すものだろう。
(ギリシアではズルワーンはアイオーン。クロウリーの言うイオン=時代でもあります)

・マズダク教
恐らくマニ教の影響を受けたマギであるマズダクMazdak(5~6世紀。ササン朝期)が提唱。全ての不幸の原因は所有欲にあるとし、現世に欲望を持たず、無所有を徳とする。不殺生、禁欲、婦女子と財産の共有(土地と女性に執着しないため)、肉食の禁止などを主張した。
なお、その詳細を復原することは,資料の不足のために不可能。北方よりのエフタル族の侵入と飢饉で混乱する当時の社会情勢を背景に,急速に人心をつかみ,国王カワード1世(在位488‐496,499‐531)が、貴族、高級聖職者階級の権勢を制する意図もあってその信奉者となったことから王宮内にも勢力を拡大したが、マズダク教の影響力は社会不安を増大させるとして弾圧に転じた。
528年皇太子ホスロー(ホスロウ)に命じて、マズダク教の主だった指導者を一堂に集めさせて全員殺した。命運は絶たれたが影響は残り、イランで異端的な動きが起こると必ず言及されるほどである。

『マニ教とゾロアスター教』 山本由美子 (山川出版社)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50699870.html
“【折衷主義的】
 マニ教は、すべての文化を混淆する傾向をもつヘレニズム文化の隆盛期に、古代文明の中心地バビロンにおいて、イラン人でありながら、ユダヤ教系の宗教集団に入っていた両親のもとに生まれたマーニーにより始められた。したがってマニ教はそもそもの誕生から、複数の民族や伝統、神話群と深く関わっていたのである。おそらくマーヒー自身も、自らの受けた天啓が、特定の民族やグループにのみ向けられたものとは考えもしなかったことだろう。彼は多様で異質な世界を受け入れ、そこに共通するもの、翻訳可能なものを積極的に取り入れて自らの信仰体系をつくりあげていった。その結果、それはだれにでもとりつきやすいもののようにみえながら、余りにも多種多様な神話や観念、倫理観を呑み込んでいるため、怪物のような複雑さをもつものになってしまった。マニ教は史上まれにみる折衷主義的な宗教である。(p.6-7)

【マニ教の二元論】
 マニ教の思想は折衷主義的な二元論にもとづいている。マーニーによれば世界は対立する2つの原理からなりたっているという。一方は光で他方は闇である。光は霊的なものであり、闇は物質的なものであった。この点では同じ二元論でも善悪、生命と死の対立を根本とするゾロアスター教の二元論とは異なり、ギリシャ哲学の二元論の影響を感じさせる。マニ教の物質や肉体にたいする嫌悪感は極めて強く、その現世否定は仏教の影響と考えさせるほどである。(p.31)
 ふぅ~~ん
 この世界は物質であるかぎり、闇の力であるアフリマンの支配下にある。しかし、グノーシス(知識)をえた人びとが少しでも光の元素を救い出そうとするので、戦いは続いている。囚われの光の粒子は、閉じ込められている物質が壊されると開放される。それは、まず 「光の柱」 をとおって月に集められ、月が満ちると太陽に移され、その後 「新しい天国」 に呼び集められるという。いずれ光と闇のあいだに最終戦争がおき、そのとき、イエスが正邪をわける判事としてあらわれる。
 月と太陽に関する記述があったので、書き出しておいた。
 最期の記述は、露骨にキリスト教的である。マニ教には、いろんなイエスが登場する。

【マニ教の隆盛と衰退】
 折衷的な教義をもつマニ教は、相手の宗教を否定するのではなく、むしろ積極的にその宗教独自の概念や神話を取り込んでしまうので、当時、イランの正統として確立していたらしいゾロアスター教は、議論をしにくく、徐々にその地盤を侵食されていったらしい。
 しかし、最終的にイランにおいてマニ教は衰退してゆく。世俗の政権の後ろ盾をもたなかったからだという。
 マニ教が拡大している時期、折衷主義は長所として機能するけれど、いざ衰退期になると、それぞれの宗教から異端とみなされ弾圧されるようになる。折衷主義という独自性のなさは、そのような宿命をもっている。

【中国のマニ教】
 694年、マニ教の教師(佛多誕)ミフル・オフルミズドが、はじめて唐の宮廷を訪れ、則天武后と会見してマニ教の信仰を説いて布教が許された。(p.70)
 祆教(ゾロアスター教:631年)や景教(ネストリウス派のキリスト教:635年)より遅い。
 マニ教は、バビロニア伝来の天文学と暦の知識が魅力となり、急速に拡大していった。それに怖れを感じた唐朝は732年に中国人の改宗を禁じる法令を出したという。
 758年に起こった安氏の乱を鎮圧することに功績のあったウイグル族の王ヤブク汗はマニ教をウイグルの国教とした人物であった。そこで、
 768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院大雲光明寺が建てられた。(p.71)
 長安以外にも、洛陽など揚子江流域に複数の 「大雲光明寺」 が建てられた。この時期、マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりであるという折衷説も取り入れられていたという。
 しかし、やがて・・・

【会昌の弾圧】
 中国各地でウイグルにたいする反感が吹き出し、ウイグル人の巣窟とみなされた各地のマニ教寺院が破壊された。842年から4年間続いた武宗による 「会昌の弾圧」 は、マニ教のみでなく、仏教をも含むすべての外来宗教を弾圧したものであったが、マニ教の受けた打撃は大きかった。
 仏教では、寺院4600寺が廃され僧尼26万5千人が還俗させられたので、「会昌の法難」 と称している。
(p.72)
 さすが中国。やることが派手である。会昌とは当時の年号のこと。
 この難を逃れたマニ僧は、福建の泉州に移り、秘密結社のようにして存続したらしいけれど、15世紀ともなると、マニ教は中国から完全に姿を消してしまったという。

                 <了>


 『マニ教とゾロアスター教』
http://d.hatena.ne.jp/itumadetabeteru/20081029
“マニ教の特徴は折衷主義的なところだそうだ。さまざまな宗教や神話のごった煮状態。
二元論だが、それはゾロアスター教の二元論とは違う。マニ教の場合は、世界は光と闇という二つの原理から成り立っていて、光は霊的なもの、闇は物質的なもの。だから当然、人の肉体という物質的なものも闇であって、結果、現世否定に至る。このあたり仏教の影響が感じられると著者は書いている。

マニ教の開祖マーニーの父親はアルサケス王族出身で、母親も王家につながる家の出とされる(つまりゾロアスター教の伝統を持つ人たち)。マーニーが生まれたのは216年で、4歳のとき父パテーグが酒、肉、女を断てという声を聴き、家族ともどもグノーシス主義のグループにはいった。バビロニア(現在のイラク南部)で生まれ育ったので、ユダヤ教的教養にも触れることができた。12歳のときにマーニーのもとに精霊が訪れ、新しい信仰への自覚を持つにいたる(若い…)。24歳のときに再び精霊が訪れて彼に伝道を命じたので、まず両親を改宗させ(!)、インドへ向かった。このとき仏教やヒンドゥー教の知識を得たのだろう、と著者は書いている。このインド遠征で仏教徒であったバルーチスタンの王を改宗させたそうな。
バビロニアに戻った彼は、サーサーン朝の王宮にまねかれ自らの思想を書いた書物を王に差し出した。「予言者が自ら教義書を書いたのは、史上彼がはじめてであろう」(P.27~28)(それだけでなく、マーニーは教団の形成も自ら行った)。マーニーは絵師であり医者でもあった。サーサーン朝の二代目シャープフル一世はマーニーを寵愛したが、これは王が彼の医師としての能力を買い、その思想を危険視しなかったからで、新宗教の教祖としての影響力はさほどでもなく、王の身内や貴族が何人か帰依した程度だった。王の死後、マニ教やそのほかの宗教の拡大を憂慮していたゾロアスター教の祭祀長キルデールは、王朝の後継者争いを期に発言力を増大させ、異端(キリスト教やユダヤ教、仏教、マニ教)の弾圧に乗り出した。もともとはあらゆる人々に開放された普遍宗教であったゾロアスター教は、このころ改宗を受け入れず、伝道活動もしないイランの民族宗教になっていたので、改宗をせまるキリスト教やマニ教は脅威だったのだ。
 
マーニーの宇宙観というのが複雑でおもしろい。最初にズルワーン(単に時をあらわす普通名詞)という「偉大な父」がいて、「闇の王子」の攻撃を予測したズルワーンが「生命の母」を呼び出し、この「生命の母」が最初の人である「原人オフルミズド(アフラ・マズダー)」を呼び出した(マニ教では性的関係に対するタブーから「産む」というとき「呼び出す」という言葉を使う)。オフルミズドは戦いに敗れ闇に呑み込まれる。これが第一の創造の物語。オフルミズドが助けを求めたのに応じるためにズルワーンは第二の創造を始める。まず「光の友」が呼び出され、ついで「偉大な建設者」が、救い出したオフルミズドを住まわせるための「新しい天国」を作るために呼び出される。その後「生ける霊(太陽神たるミフルヤズド)」が呼び出され、「生ける霊」は右手を伸ばし、闇に横たわるオフルミズドを引き上げ、新しい天国に連れて行く。
オフルミズドはこうして救われるが、彼とともに囚われの身となった光の元素は小さく砕け散って、多数の闇の眷属に呑み込まれている。これを救うために「生ける霊」と五人の息子たちは大戦争を起こす。このとき倒された闇の悪魔たちの死体から現世界がつくられる。その他の闇のアルコーン(位の高い悪魔)たちは鎖で空につなぎとめられた。救い出された光の元素のうちまだ汚されていないものから太陽と月がつくられ、少し汚されたものから星がつくられた。しかし約3分の1の光の元素は救い出されずに残った。

この残された光の要素を救い出すために宇宙には動きが与えられ、第三の創造がおこなわれた。ズルワーンはまず「第三の使者」を呼び出した(第三の創造では、このほかに「光の乙女」、「輝くイエス」、「偉大な心」、「公正な正義」が呼び出された)。
「第三の使者」は輝くばかりに美しく、その使命は男女の闇の「アルコーン」を誘惑して(「光の乙女」や、輝く肢体の若者の姿になって)彼らが呑み込んでいる光の元素を吐き出させることにある。
男の「アルコーン」が欲情して放出した精液の一部が水に落ち、巨大な海の怪物となるが、これは「生ける霊」の五人の息子の一人「光のアダマス」に倒される。
残りの部分は大地に落ちて植物になった。
女の「アルコーン」は地獄で胎み、流産して大地に五種の動物(二本足のもの、四本足のもの、飛ぶもの、泳ぐもの、這うもの)をつくる。
闇の側では、せっかく虜にした光の元素を取り戻されないように「物質」が「肉欲」の姿をとって、すべての男の悪魔を呑み込んで一つの大悪魔をつくり、同様に女の悪魔たちも一つの大女魔となった。
その両者によって、あこがれの的である「第三の使者」に似せてアダムとイヴがつくられた。
そのかたちをつくった物質には光の元素が呑み込まれている。したがってアダムは闇の創造物でありながら、大量の光の要素をもっていることになる

・・・・・・このアダムに・・・・・・「第三の使者」の化身である「イエス」が送られ、アダムにグノーシス(知識)を与えて覚醒させる。覚醒したアダムは・・・・・・物質の連鎖を断ち切ろうと禁欲を誓う。しかしアダムより少ないにしろ、やはり光の本質をもつイヴは、グノーシスを与えられなかったので、その理由を理解できず、「アルコーン」と交わってカインとアベルを産む。嫉妬にかられたアダムは、自らを抑えきれずイヴと交わり、セトが生まれた。かくして、人間の生命の営みが始まったという。
(P.35~36)
というわけで、物質的な(闇の支配下にある)この世界では、グノーシスをえた人びとによる戦いが続いている。いずれ最終戦争がおき、イエスが判事としてあらわれる。天地は崩れ落ち、物質的なものは消滅する。マニ教徒の使命とはすなわち、グノーシスを得て現世の救済に貢献することである。
 
マニ教の本拠地はバビロンだったがマニ教がめざましい発展をとげたのはシリアやエジプトなどの地中海沿岸地方だった。ローマ帝国では、その版図の大部分にマニ教が広まり、キリスト教を国教としなかったらマニ教が国教となっただろうといわれるほどだったそうだ。キリスト教化されたヨーロッパでもマニ教的二元論は連綿と生き残り続ける。アウグスティヌスはカルタゴで初期のマニ教と出会い、無頼の生活から抜け出す。
当時のカルタゴやアレクサンドリアでは宗教間の公開討論が一種の娯楽になっていて、キリスト教とマニ教の対決はとくに人気があった。アウグスティヌスもこれにひきつけられたが、キリスト教の司教アンブロシウスに出会い、論争よりも真の救いが重要だと気づき、改宗する。かえってマニ教に敵愾心を燃やすようになったアウグスティヌスはマニ教の欠陥を述べ立てたが、これが西欧におけるマニ教観に多大な影響を与えた。
 
750年にウマイヤ朝を倒したアッバース朝がイスラームのカリフ位を獲得し、その首都がバビロンに移される。三代目カリフのときにマニ教徒の弾圧が起こり、結局、十世紀ごろにはマニ教は中東世界から消滅する。
七世紀後半から8世紀前半にかけて唐に伝わったマニ教は、安禄山の乱(758年)の鎮圧に貢献したウイグル王の後ろ盾もあり、中国全土に広まった。
マニ教の教義はすでに各地で仏教や、ゾロアスター教、キリスト教の教義との混淆を深めていたが、この時期になると、さらに中国独自の宗教である道教の教義とも同一化されるようになった。マーニーは道教の始祖老子の生まれ変わりとみなされたりした。
(P.71)
しかし、ウイグル王が死ぬとウイグルに対する反感がマニ教寺院に向けられ、各地で破壊活動が起きた。福建の泉州に逃れたマニ教徒はこの地で秘密結社のような組織になったという。
マニ教経典は、一見仏教の典籍の一つのようにされ、一部のマニ教徒は道教の一派のように振舞っていたこともある。キリスト教の一派とみなされたことも多く、マルコ・ポーロが泉州であったと述べている「キリスト教徒」はじつはマニ教徒だったといわれる。

(P.72)
結局、中国のマニ教徒は十五世紀くらいには姿を消し、これによってマニ教は事実上消滅した。
””

サドカイ派が一番ユダヤ教らしい現世利益志向。ユダヤ教のメシアは現世利益を齎す政治的指導者。ユダヤ教は中国と同じく子孫繁栄などの現世利益用。エッセネ派とパリサイ派はユダヤ教ではなくゾロアスター教の変形。聖書アラビア起源説の資料。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
”マニ教はゾロアスター教とは相いれない教義です。
農耕は善で、子作りも善のゾロアスター教。
農耕は悪で、子作りも悪のマニ教。
なのでマニ教の神話では、光=善側は「生まれない」。「流出」します。

キリスト教が性に厳しく、二元論なのは、アウグスティヌスが元マニ教信者だったからでしょう。

マニ教概説・序説
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/mani-ri.html#top
”「マニ教」の項目でも述べているように、マニ教は何よりも「グノーシスの宗教」であり、その「基本的な教え」は、グノーシス的現存在姿勢から導かれていたためであるとも言える。様々な宗教の神の名や神話要素を、適合する形でマニ教神話に取り込み、「マニ教グノーシス主義神話」を構成するのがその特徴であるためである。

  マニ教は、グノーシス主義の反宇宙的二元論を前提にし、「光・霊・善」と「闇・物質=肉・悪」の二元論より成る。イラン型グノーシス主義の特徴として、これら二つの原理が、世界には原初のときより、並列して存在していたと教える。

--------------------------------------------------------------------------------

  ステージ1) 「原初の対立」 原初、「光の王国」と「闇の王国」があり、光の王国には「光明の父」または「偉大な父(ズルワーン=時)」が存在し、闇の王国には、「闇の王子=アフリマン(アングラ・マインユの中世ペルシア語形)」が存在した。闇の王子アフリマンは光の王国を垣間見て、光を我がものとしたいという欲望を抱いた。しかし、光明の父はかねてこのことあるを予見しており、予めに、「生命の母」を流出し、生命の母から「原人オフルミズド(アフラ・マズダーの中世ペルシア語形)」が流出する。

  オフルミズドは息子でもある五つの「光の元素」を武器に伴い、闇の王国にくだり、戦いを挑むが敗北する。彼は光の元素ともども闇に飲み込まれ沈む。オフルミズドは光明の父に救いを求め、光明の父はオフルミズドを救うため、「生ける霊ミフルヤズド(ミスラの中世ペルシア語形・太陽神)」を流出し、ミフルヤズドによってオフルミズドは闇から救い出される。しかし、彼と共に闇に飲み込まれた夥しい「光の元素」は、依然として闇に沈んでおり救われない。

  ステージ2) 「世界の起源」 この光の元素は小さく砕け散って、闇の神々=アルコーンたちに飲み込まれているため、生ける霊ミフルヤズドとその五人の息子は、闇の勢力と大戦争を起こし、多数のアルコーンたちを倒すと共に、光の元素を救済する。このとき倒された悪魔=アルコーンたちの遺骸から、地面や山々、天が造られ、「この世」が創造される。救い出された「光の元素」から、太陽と月が造られ、また十分に浄化されていなかった光の元素からは星が造られた。

  しかしなお、多くの光の元素の粒子が闇に飲み込まれているため、光明の父は更に「第三の使者」を流出する。第三の使者は燦然とした美に満ちあふれ、男の悪魔=アルコーンの前には素晴らしく美しい娘として姿を現し、女の悪魔=アルコーンの前には輝く手足の美青年として現れた。そのため、闇のアルコーンたちは誘惑され、欲情し、男のアルコーンは光の元素を含む精液を射精し、その一部は地上に落ちて、五種類の植物となった。他方、女のアルコーンは流産して光の元素を放出し、地上に五種類の動物を生み出した。

  ステージ3) 「人間の起源」 闇の勢力は、光の元素を取り戻されないように、光の元素を閉じこめた「物質の肉体」より、最初の人間、つまりアダムとヘーヴァを造った。二人は、自分たちの内部に「光の元素」が含まれていることに気づかないまま眠っていた。しかし、アダムたちに「グンーシス(叡智)」を教えて覚醒させるため、「第三の使者」の化身である「真実開示者イエズス」が地上に訪れた。開示者イエズスは、アダムに智慧を教えて彼を覚醒させる。

  グノーシスを得て覚醒したアダムは、物質の生殖の連鎖を断ち切るため、ヘーヴァとの性的行為を避けるが、ヘーヴァはグノーシスを与えられなかったので、アダムが禁欲する理由が理解できず、アルコーンと交わり、カインとアベルを生む。アダムは嫉妬に駆られてヘーヴァと交わってしまい、こうしてセトが生まれ、セトを先祖として、多数の人類が、この世に誕生した。

--------------------------------------------------------------------------------

  このようにして存在する我々人間は、闇の物質で造られた世界に生き、我々自身の肉体もまた闇の物質である。しかしアダムとヘーヴァを通じて、またセトを通じて、我々の内部には「光の元素の破片」がひそんでいる。この闇の世界から救済されるためには、我々は、「グノーシス」すなわちマニ教の啓示を知り、真実に覚醒し、内部の光の元素をまず月に、それから太陽へと帰還させ、最終的に「光の王国」へと戻さねばならない。

  マニ教徒は、グノーシス(智慧)を知り、闇のアルコーンの策略である「生殖行為」を避けねばならない。また光の元素を少量とは云え内に含む、人間以外の動物や植物を無用に害したり殺すことを止め、人間や生物の内部に隠されている「光の元素」を純粋に抽出して、光の王国への帰還を促進させねばならない。やがて、光と闇のあいだで「最終戦争」が起こり、物質の世界は滅び、光と闇の二つの原理は、完全に分離され、再び混じり合うことはない。これがマニ教の神話であり宇宙論であり、救済論、そして教義である。
(…)
  西方グノーシス主義(シリア・エジプト型グノーシス主義)は、生殖行為を絶対的に禁止したため、世俗的一般大衆への布教という観点から見れば、理念的で、永続しない教えであり、また知的選良だけに開かれた宗教だとも言える。これに対し、イラン型グノーシス主義の最高形態であるマニ教の信徒論は、おそらく仏教の出家信徒集団と在家信徒集団の二分構造から着想を得たのか、信徒を、厳格なマニ教の戒律に従い修行する「選良者」集団と、緩やかな戒律のもと世俗生活を送りつつ、選良者たちの生活を支える「聴講者」集団の二重構造とすることで、「世代に渡り持続するグノーシス主義宗教」を実現した。

  宗祖マニは、預言者であり使徒であったが、同時に巧みな教団組織者であり、彼はマニ教の教義と神話を「福音書・教典」を著すことで明らかにしつつ、同時に、増大する信徒の数に応じて、その共同体を律する組織編成原理をもみずから構築した。「選良者」と「聴講者」の関係は、キリスト教の「修道士」と「平信徒」の関係に似ているとも言えるが、根本的に異なるのは、キリスト教の修道士は、みずからの修道共同体のなかで、生産活動を行い自給自足したという点である。マニ教の「選良者=修道士」は、その宗教の本来の教えの通り、生殖行為を行なわず、かつ物質的生産活動を一切行わないという原則で律せられていた。

  マニ教の選良者(完全者)=修道士は、仏教の出家僧と同様、物質的生産活動には従事せず、従って彼らが生存を続けるに必要な一切の物資は、在家信徒である聴講者からの「布施」によってまかなわれていた。マニ教の修道院は、キリスト教のそれと似て、様々な精神活動・信仰生活のための施設を備えていたが、農業・畜産を含め、生産のための施設、また例えば食料貯蔵庫の役割をする倉庫などは備えなかった。衣食住のための物資的基盤は、在家信者である聴講者が、日毎に修道士に布施を通じて提供したのである。

  マニ教の選良者と聴講者は、一方は霊的な修行に励み霊的慰めを聴講者やその他この世の人々・生命にもたらすことを使命として他方と区別された。選良者は男女共に、「白い衣服」をまとい、それ故、マニ教徒は「白装束」とも呼称された。マニ教の聖職者階級は、選良者のなかから選ばれ、マニの後継者と見做される「教長」を頂点に、その下に、三段階の聖職者組織があった。最上位には、キリストの十二使徒に倣った十二人の「教師」がおり、更にその下に、七十二人の「司教」、その下に三百六十人の「管理者」がいて、マニ教教団の組織運営や布教に当たった。これ以下の一般修道士は男女共になれたが、上級聖職者であり定員の定まっている以上の三段階の聖職者職は、教長も含めて男性だけがなれた。

  マニ教信徒には当然のことながら「戒律」が定められていたが、それは目的とするものは同じでも、選良者と聴講者ではおのずから異なるものであった。無論、前者の戒律はきわめて厳しかった。しかし、選良者たちは、この厳格な戒律を喜びを持って遵守したのだということも重要である。修道士に課された五つの戒律は:

      マニ教選良者(修道士)の五つの戒律

  「真実の戒律」 偽りを述べ実践してはならない。真理とは開祖マニの福音であり、マニ教の教えに敬虔に真摯に従順であらねばならない。

  「非殺生・非暴力の戒律」 動物や植物を傷つけ殺してはならない。この戒律の故に、マニ教修道士は生産活動に一切従事できなくなる。麦を収穫すれば、それは麦を傷つけることになるからである。(この戒律の神学的根拠は、物質の微妙な混合体の内部に閉じこめられた「光の破片」が、収穫の際に必要となる作業が齎す「暴力」によって傷つけられるためである。光の元素は適切な方法で回収されねばならなかった)。

  「貞潔の戒律」 マニ教の教えからして性的行為は禁じられる。マニ教の選良者は、男女共に独身である。また物質である肉体の快楽は、光の霊の解放を妨害するためのアルコーンの策略であるので、肉体的快楽の回避、節制、断食等を守らねばならない。

  「食物の戒律」 肉・醸造物(ワイン・ビール)・乳製品を食してはならない。これらの食品を製造するには、原料に含まれる光の破片を損なう過程が含まれるからである。選良者は(また聴講者も)「菜食」を基本とする。

  「清貧の戒律」 修道士は「無所有」を原則としなければならない。これはイエズスの説いた清貧の理想であり、「所有物」とは物質の「この世」のものであるので、それは不要である。



  修道士つまり選良者の義務は、宗祖マニに倣って、世界中を放浪し真理の福音を伝道して行くことにあった。従って、修道士は定住者ではなく、仮に一箇所に長く住んでいたとしても、神または上長の命令があれば、ただちにどこへでも伝道の旅に赴く必要があった。それに対し一般信徒つまり「聴講者」は、通常は定住者であり、結婚し、家族と共に生産活動に従事して暮らすのが普通であった。しかしこの二つの信徒の区別は、相互補完的であり、一方が他方に対し絶対的に優越するというような関係ではなかった。それぞれは、光の救済というマニ教の使命において、異なる役割を果たしたのである。

  一般信徒つまり聴講者の守るべき信徒義務行為は五つに分かれていた。これはイスラーム教の「五柱」つまり「信仰告白・祈祷・喜捨(ザカート)・断食・巡礼」と極めて類似しているが、マニの称号「預言者の印璽」を、ムハンマドもまた名乗ったように、本来、マニ教の宗教体系よりイスラーム教が模倣し受け継いだものである。マニ教聴講者の五つの義務は:

      マニ教一般信徒(聴講者)の五つの義務

  「戒律(十戒)」 第一戒の「偶像崇拝の禁止」から「選良者への尊敬」等、選良者=修道士の「五戒律」に当然ながら前提されていた戒律を含め、選良者の五戒とほぼ同等の内容。ただし生産活動や生殖行為が可能なように、緩やかさを持った戒律。例えば、妻は一人で、心より愛さねばならず、断食のとき等、重要な場合には、性的行為は避けること、等。

  「祈祷」 在家の信徒である聴講者は、一日に四度の祈祷が厳密な手順で定められていた。日中は「太陽」に向かい、夜間は「月」に向かい平伏して祈った。また太陽も月も見えない場合は、光の王国のある北の方向、あるいは北極星に向かい祈祷した。

  「布施」 在家信徒の布施は、修道士の「清貧」戒律に対応するものだと言える。聴講者は家族と生活する以上、無所有では生活が成り立たない代わり、収入の十分の一または七分の一を、選良者やその共同体に贈与することで、この世でのマニ教徒としての義務を全うした。この布施によって、清貧かつ生産活動を一切行えない修道士は生活することができた。またマニ教の教会組織も、これによって成立した。カトリックの十分の一税と類似するが、中世カトリックのこの制度は宗教的搾取の税であり、世俗領主の課す税と内実的に何ら変わるところがない。それに対し、マニ教の「布施」は、教会やその選良者信徒にとって真に必要な世俗的物資であった。無所有・清貧が理想であったので、喜捨は信徒にとっても望ましいことであった。

  「断食」 物質から離れることを宗旨とするマニ教においては、断食は極めて妥当な宗教義務であった。週ごとの断食は太陽の日、つまり日曜に行われ、この日は、聴講者も修道士と同等の生活を送ることとなった。また年間の断食があり、「ベーマ祭」に際しての断食がもっとも重要であった。(イスラームの断食月ラマダーンは、マニ教のベーマ祭断食月の模倣と云うべきである)。

  「懺悔」 聴講者も選良者も、週ごとの懺悔と年間の懺悔を義務としていた。聴講者は週ごとに、選良者の元で、戒律を守らなかったこと、罪などを誠実に告白した。マニのこの地上での最後の日を記念するベーマ祭前の三十日間の断食の終わりの懺悔は集団で行われ、この儀礼によって、過ぎ去る一年間の罪が赦された。


  マニ教の祭礼や祭日は、キリスト教より導入されたものを含め、複数があったが、なかでも、もっとも重要なのは、「ベーマ祭」の典礼であった。ベーマとはギリシア語で「座」を意味し、ベーマ祭礼のときには、誰も座ることのない椅子の座が準備された。ベーマ祭礼は、春分とマニの殉教を記念し、祭礼の最後の日は、マニの魂がこの世界から離れ、光の国へと昇天して行った日に当たっていた。準備された空のベーマ(座)には、この日、マニの霊が宿ると信じられた。


--------------------------------------------------------------------------------

[TOP] [BACK] [NEXT]
 マニ教の終焉と位置付け 

  マニ教はすでに述べたように、グノーシス主義宗教であり、東方型(イラン型)グノーシス主義の典型的世界宗教であった(「イラン型」「シリア・エジプト型」という区別や、「グノーシス主義」の概念については、本サイトの「グノーシス主義基本用語集」の「ヘレニク・グノーシス主義」の項目を参照)。マニ教グノーシス主義は、世俗的生活を行い、生産活動や生殖行為も行う「聴講者」信徒のクラスと、専らマニ教の宇宙観・救済論に従い、霊的生活に専念した「選良者」信徒のクラスの二つの集団で教団を構成することにより、互いに補完的な構造を造ることで、永続する宗教共同体を構築することに成功した。

グノーシス主義宗教の固有の特徴として、「教えの神髄」は、外的な構成神話の内容にではなく、「反世界的な二元論」と「救済されるべき光の霊」そして「救済者の啓示」という、グノーシスの構成要素こそが本質だということかも知れない。

  マニ教は、どの宗教と出逢っても、相手の宗教が神聖なものとして崇敬・保留する神の名や、信仰神話を勝手に内部に取り入れて、独自の解釈と意味付けを与えるというグノーシス主義宗教の特徴を遺憾なく発揮している。そのため、成立の故地イランにおいては、民族宗教ゾロアスター教の「異端」として迫害され、地中海世界では、キリスト教の「異端」として、これも迫害された。七世紀にイスラーム教が成立して後は、マニ教が教化した広大な地域に、マニ教の伝統を逆に利用してイスラームの布教が行われたというのが、より事実に近いにも拘わらず、イスラーム教側からも「異端」の誹りを受ける。ヒンドゥー教からも仏教からも「異端」とされた。これらは、マニ教が他のグノーシス主義宗教と同様に、既存の宗教や哲学の用語・固有名・概念を援用して、その「創作神話」を構成するという処からおそらく来ている。
””

⓵「事実と意見を区別」
②「思う、感じる、感情表現の禁止」を守れば論理的文章がすぐ書ける!←そんなことより 「丸に十字」「人型の十字架」「エプロン」のマンダ教だ! 青木健『古代オリエントの宗教』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-115.html
”・マーニー教は、マンダ教徒が最終的に定住したメソポタミア南部よりティグリス川を北へ300キロほどさかのぼったメソポタミア中部において、マンダ教に百年ほど遅れた三世紀前半に誕生した聖書系宗教である。
三世紀の段階では聖書ストーリーが伝播した東限がメソポタミア。

マーニー・ハイイェー(216~277年)はイラン系のパルティア王家の血統をひく(とされる)ものの、幼少期から、ユダヤ・キリスト教系の洗礼教団に属した。
出身母体がユダヤ教の聖法とイエスの救世主性を同時に承認するタイプのエルカサイ教団である。
マニはササン朝ペルシアの首都クテスィフォンで「真のキリスト教」として開教する。
マニ教とは他の宗教による蔑称である。
マニにとってのパウロは、アダム、セト、エノシュ、シェム、エノクに等しい真理の啓示者であった。パウロ以外は天使的存在を介して真理を受取った。対してパウロはイエス本人から直接真理を啓示された。
 
マニは、重層的なイエス論を構築し、「~のイエス」は六つを下らない。マニ教には一般にグノーシス主義的と言われる神話構造があり、別々の役割を担っている神話の登場人物にイエスの名を次々に当てはめていく。
遍在して何役もこなし、それぞれの役柄の整合性があまりとれていない点においてマニ教でのイエスはヒンドゥー教のシヴァに近い印象がある。
マーニー教はマンダ教と同じく旧約を否定するのでアダムの原罪はありえない。

マニ教神話では世界の原初はエデンの園の楽園追放ではなく、光の父から派遣された原人が闇の種族との戦闘にやぶれて捕囚された敗北の瞬間からはじまる。
光の父は原人を救出するために、生ける精神を派遣し闇の種族と戦い、首尾よく宇宙を創造して闇全体の封印に成功する。しかし闇の種族はアダムとイブを反対創造し、その中に捕虜にした光の要素を逆封印した。こうして光の要素は人間の肉体に捕えられ、本来の故郷を見失ったまま増殖して、闇の種族とともに暗黒の中を彷徨うべく運命づけられている。
このようなグノーシス的神話構造を採る場合、忘却された天上界のドラマを地上に伝え、人間存在の真意を人類すべてに明かすグノーシス(認識、叡智)を齎す存在が不可欠。捕囚されたままの眠った旧人に対し、使徒からの啓示を受けて真の自己に気づいた人間だけが覚醒した新人に進化できるのである。
グノーシスをもたらす役割はマンダ教では聖書の脇役であるアベル、セト、エノシュ、洗礼者ヨハネなどであり、
マニ教では旧約のモーセを否認し、ザラスシュトラ、ブッダ、イエスなどが使徒たちであるとされている。

歴史上パレスティナ以東の宗教が地中海世界に大規模に流入したケースは、
2~4世紀にローマ帝国で大きな勢力を保ったミトラ教と
4~5世紀に興隆したマニ教の二つのケースのみである。

マニが24歳のときにペルシア皇帝への献呈を前提として執筆したパフラヴィー語文献『シャーブフラガーン』の中では、マーニー教の最高神格「光の父」が時間の神ズルヴァーンに、
原人が善の神オフルマズドに、
闇の王が悪の神アフレマンに改称され、外見上はイラン系宗教に見えるように粉飾されている。
こうも簡単に置換されてしまう事実は、マニ教では「構造」が重要であり、布教のためならイエス論ですら代替可能であるというマニ教理解に一定の根拠を与えている。

(マニ教が布教したいのは
①イエスの絶対性
②グノーシス主義の二つであり、
②グノーシス主義が最優先事項なのでしょう。
「グノーシス主義=二神論=実質的多神教」こそが真のキリスト教であり、
「悪魔を産んだくせに最善(笑)の唯一神」教は、真のキリスト教ではないと考えていたということです。

ねこた(ツイッター閉店中) ‏@lakudagoya 2015年5月3日
みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから

ねこた(ツイッター閉店中) ‏@lakudagoya 2015年5月2日
「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」が面白かった!マニ教の本買わなくても内容がわかるよ。http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4797.html …

マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 第一話 メソポタミアで逢った、ような・・・
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4797.html)”


マニ(マーニー)
http://www.y-history.net/appendix/wh0101-142.html
"3世紀のササン朝ペルシアでマニを創始した宗教家。弾圧されて獄死した。
 3世紀頃、ササン朝ペルシアの時代にバビロニア生まれの教祖マニ(またはマーニー)が、ゾロアスター教をもとに、キリスト教や仏教の要素も取り入れて折衷した新宗教。マニはシャープール1世には保護されたが、次のバフラーム1世によって処刑された。ゾロアスター教を国教とするササン朝のもとでは、その後もマニ教は厳しく弾圧された。

マニの生涯
 マニ(マーニーとも表記される)はササン朝ペルシアの時代のイラン人。216年4月14日、メディアのハマダーンで、パルティアの王族(つまりアルサケス家)につながる父パテーグの子としてバビロニアに生まれた。父はキリスト教グノーシス派の洗礼者教団に加わっていたいたので、マニもそのような教養のなかに育った。
マニ教の創始 マニは12歳の時、双子と呼ぶ聖霊の訪れを受け、新しい信仰への自覚をもつにいたったという。24歳のとき、ふたたび聖霊の啓示を受け、インドに旅をして仏教なども知ることとなり、新しい宗教マニ教を創始した。それはゾロアスター教の善悪二神の対立を基本とし、種々の神話やキリスト教、仏教の要素などを採り入れた折衷宗教であるが、
霊と物質の対立というギリシア的要素も加味され、悪に属するとされた物質世界の未来をきわめて悲観的に考えた。
シャープール1世の保護 バビロニアに戻ったマニは盛んに伝道活動を行ううち、ササン朝のシャープール1世の弟を改宗させ、その推薦でクテシフォンの王宮に招かれた。その時マニは自ら教義を『シャープーラカーン』と呼び中世ペルシア語の書物にまとめ、王に差し出した。預言者が自ら教義書を書いたのは、史上、マニが最初であったろう。シャープール1世自身もマニ教に帰依したと言われるが、それを示すはっきりした証拠はない。
マニの医学的知識が重用されたことは確かで、遠征にしばしば同行した。

積極的な伝道 
世界に教えを広めることを自らの使命と考えたマニは、生前すでにローマ、エジプトや中央アジアなどの異民族のもとへ伝道団をおくり、聖典の翻訳も進めた。この伝道は成功したが、同じように伝道を行っていたキリスト教教団と各地で対決することとなった。
弾圧と獄死 
ゾロアスター教の祭司団は、マニの成功に危機感を強めた。その祭司長で王宮でも隠然たる力を持っていたキルデールは、マニの排除を劃策したが、シャープール1世の生存中は成功しなかった。272年、シャープール1世が亡くなるとマニは伝道に専念しようと王宮を辞したが、ギルデールは王位継承にも介入して、意のままになるワフラーム1世を立てて、マニの行動にさまざまな弾圧を加えた。マニはワフラーム1世に迫害の中止を訴えたが、王は「お前は歓迎されていない」と冷たい言葉を発し、訴えを取り上げないばかりか彼を捕らえて投獄した。マニは26日後の277年2月14日に獄死した。その時マニは重い鎖をつけられたとか、死刑になって体を二つに切り離されたという説もある。しかしトゥルファンから出土したパルティア後の文書に、彼はかなり自由に信者と面会したと伝えられており、刑死したとは考えられない。<山本由美子『マニ教とゾロアスター教』1998 世界史リブレット p.13 同書では、マーニー、シャープフル1世、サーサーン朝と表記している>

マニ教

3世紀のササン朝ペルシアでマニが創始した、ゾロアスター教と仏教、キリスト教を折衷した宗教。地中海世界、中国などにも伝えられ、影響を与えた。

ヘレニズムの環境
 マニ教はゾロアスター教・キリスト教・仏教を折衷し、初めから世界宗教として成立した。そのような新しい宗教が成立した3世紀の世界は、ヘレニズム的な環境が色濃く残っている時代であった。マニ教の直接的な母体となったグノーシス派はプラトンやアリストテレスなどのギリシア哲学の思弁法とユダヤ教の世界観が結びついたものであった。キリスト教も同様な背景をもっており、当時のこの二つの宗教は同等の重みで存在していた。
 ヘレニズム的環境とは、多様な文化が共存し、他の人々の信仰や生活慣習には介入しないという、寛容な環境であり、そのような環境でマニ教のような折衷宗教が現れることは不思議ではない。

(引用)歴史的にはこのような寛容さは普通のことであった。政治的権力の変遷が、民族構成の変化を意味することはきわめて多かったにもかかわらず、異なる民族が共存するのは当然だった。支配者と民衆のあいだで宗教が異なることもしばしばあったが、支配者が自らの宗教を押しつけることはほとんどなかった。<山本由美子『マニ教とゾロアスター教』1998 世界史リブレット p.24>

 世界史を学ぶなかで、このようは「ヘレニズム的環境」が普通だったことを知ることは、重要
なことではないでしょうか。以下、山本女史の書物をもとにまとめます。( )のなかは引用者のつぶやき。

マニ教の教義
 マニ教の教義とその宇宙観は、基本的にはゾロアスター教の二元論をもとにしているが、グノーシス主義(ヘレニズム世界で流行した神秘思想。プラトンやピタゴラスの哲学をもとに「隠された真の知識」を意味するグノーシスを知ることで救済されると説く)の影響を受け、宇宙を霊的な光と物質的な闇の対立とする。そして物質や肉体を嫌悪するという現世否定は仏教の影響と考えられる。さらに壮大な宇宙草創物語が語られ、光と闇の闘争は最終的にイエスが登場して救済されるというキリスト教に結びつく。と言う具合で、とても短文ではまとめきれない教義を展開しているが、要するにゾロアスター教・グノーシス主義・仏教・キリスト教を折衷した宗教であるということを知っておけば良い。(現代の新興宗教で言えば、「○○の科学」と言ったところか。)

マニ教の戒律
 徹底的に現世を否定するマニ教徒は、現世ではどのように生きていけば良いか。それはマニの示す戒律を守ることとされた。マニは「人間には自分のなかの救われるべき本質を自ら救わなければならないという使命がある」として、
不殺生・肉食を慎む・酒を控える・性的な禁欲・無所有の五戒を勧めた。具体的には、五感を抑制するため白い衣服を身につけ、一日一食の菜食主義、週一度の断食、一日4~7回の祈祷、信仰告白、洗礼(水は使わない)などを守った。
マニ教最大の祭りはベーマ祭といい、年末(春分の頃)行われるマニの死を記念し手行われる。ベーマとはマニが降臨すると信じられた玉座のこと。信徒は平信徒(聴聞者)と「選ばれた者」(アルダワーン)に分かれ、厳格な信徒集団を作っていた。(日本で時々現れる白装束の集団がマニ教徒であるかどうかは、知りません。)

マニ教団
 マニはササン朝のシャープール1世の王宮に迎えられ、保護されたが、王自身はゾロアスター教であったので、マニ教が公認されたわけではない。マニ教の急速な発展を脅威と捕らえたゾロアスター教祭司団によってマニは獄死した。マニは生前に自ら聖典を書き、弟子も多かったので、その死後、バビロニアを中心にマニ教団が成立した。しかしササン朝の中心部では布教が禁止されたため、彼らの布教活動は周辺に向かった。説くに西方のローマ帝国領内のシリアやエジプトでは盛んに布教が行われ、北アフリカのカルタゴまでおよんだ。

マニ教とローマ帝国
 ちょうどそのころ、キリスト教もローマ領内で布教活動が行われていたので、当初、ローマ帝国はこの両宗教を同じような危険な宗教と捉えて、たびたび弾圧した。ローマ皇帝ディオクレティアヌスは、キリスト教徒ともにマニ教も弾圧した。297年、エジプトに「反マニ教宣言書」を送り、焚書や信徒、教師の死刑、財産没収、強制労働を命じている。ローマ帝国がこれだけ厳しく弾圧しようとしたのは、それだけマニ教の布教が広がっていたことを示している。その痕跡は、マニ教教典はギリシア語に翻訳されており、現在もエジプトのキリスト教徒コプト教会にはコプト語のマニ教聖典が伝えられているところにもみられる。

Episode マニ教がローマ帝国の国教に?

(引用)当時のマニ教の隆盛ぶりは、ローマ帝国がキリスト教を国教としなかったとしたら、マニ教が国教となっていただろうといわれるほどであった。ローマ帝国でキリスト教が公認され国教となってからは、マニ教は異端の一つとしてあつかわれ、排斥された。しかしマニ教的な思考法、その魅惑的な神話群は人々を魅了しつづけ、キリスト教化されたヨーロッパにおいてもその影響を受けた二元論は連綿と生き続けた。<山本由美子『同上』 p.34>

(マニ教がローマの国教になるかもしれなかった、なってもおかしくなかった、という指摘は斬新な響きがあります。)

マニ教の伝播
 ゾロアスター教はイラン人以外の民族にはひろがらなかったが、マニ教はキリスト教や仏教の要素も取り入れた世界宗教的な教義を持っていたので、他の民族にも受容しやすかった。
キリスト教への影響 西では西ローマ時代のカルタゴの教父アウグスティヌスも一時その信者となったことは有名である。アウグスティヌスは若い頃にマニ教の信者となったことを、その主著『告白』で述べており、そこからキリスト教の信仰に転じたことから「神の国」の理念を作り上げた。  中世のキリスト教でもマニ教の影響は強く残っており、カタリ派などの異端も生み出した。マニ教と同じく5~6世紀のササン朝ペルシアにおいて、ゾロアスター教から分かれた新興宗教にマズダク教がある。
東方への伝播 イラン系民族であるソグド人は、サマルカンドなどを拠点に中央アジアのオアシス地帯で早くから交易に従事していたが、そのソグド商人の商業活動によってマニ教は広く東西に伝えられ、イラン人以外にも広がった。
 中国では7世紀末の唐の則天武后の時にマニ教が伝えられた記録があり、さらに安史の乱が起きると、援軍として入ったウイグル人がマニ教をもたらした。ウイグルがマニ教を国教としたので、唐代の中国に広がり、「摩尼教」と言われようになった。長安の都にはネストリウス派キリスト教の景教、ゾロアスター教の祅教とともに三夷教といわれ、かなりの信徒がいた。しかし、9世紀になるとウイグルがキルギスに敗れて後退すると、中国の摩尼教寺院も破壊されるなど、次第に衰え、843年の唐の武宗の会昌の廃仏の際に、摩尼教寺院も廃止された。

Episode マルコ=ポーロが遭ったキリスト教徒
 中国の摩尼教は難を逃れた一人のマニ僧によって福建の泉州に伝えられ、一種の秘密結社のようなかたちで存続していた。しかし、摩尼教としてではなく、仏教や道教、ある場合にはキリスト教の一派のように振る舞ったようで、マルコ=ポーロが泉州で遭ったという「キリスト教徒」とはじつはマニ教徒だったといわれている。その後中国ではマニ教は全く姿を消した。
 中央アジアではウイグルの勢力が衰えた後も、サマルカンドやトゥルファンなどのオアシス都市で信徒が残っており、彼らが遺した壁画や教典が発見されている。壁画のなかでマニ教徒だとわかるのは、剃髪しておらず白い衣服を身につけているからである。13世紀ごろまでにはマニ教の痕跡はまったくなくなり、イスラーム化の勢いが強かったことを示している。<山本由美子『同上』 p.72> "



Werner Sundermann, ‘MANICHEISM iv. MISSIONARY ACTIVITY AND TECHNIQUE ’
「マニ教 iv 伝道活動と技法」

http://www.iranicaonline.org/articles/manicheism-iv-missionary-activity-and-technique-

MANICHEISM
iv. MISSIONARY ACTIVITY AND TECHNIQUE
The main primary sources on the beginning of Manichean missionary work are the Cologne Mani Codex…
The Manichean Missionary History, strictly speaking, consists of Middle Persian, Parthian, Sogdian, and Old Turkish fragments of a hagiographic description of the beginnings of the missionary journeys of Mani and his first disciples…. These texts are parts of a comprehensive hagiographic and homiletic description of Mani’s life and the beginnings of the Manichean church preserved in Middle Persian, Parthian, Sogdian, and Old Turkish and also in the Third Coptic Homily…
The beginning of Manichean missionary activities. Hardly any other religion has undertaken its missionary activities with a view to winning the world for the truth of its faith in a better designed and more systematic way than the Manichean church. According to its hagiographical tradition, as attested in the CMC… and in Ebn al-Nadim’s Fehrest…,
the missionary work is based on a command given to Mani by his Sysygos (spiritual Twin) when he had completed his 24th year of life. According to the CMC, the command was: “You have not only been sent to this religion [of the Baptists], but to every people, every school, every town and place; for [by you this] hope will be explained and proclaimed in all [zones] and regions [of the world]. [Men] in great numbers will accept your word. So step forth and walk about; for I shall be with you as your helper and protector at every place where you are proclaiming all that has been revealed to you. So do not worry and do not be distressed” ….
Therefore, the worldwide mission is inseparably tied with the separation of Mani and his followers from their paternal, Elkhasaite community and with the foundation of the Manichean church. What really happened is that Mani himself came to be the first missionary of his community.
The time of Mani’s first public appearance was connected by the Manichean tradition with one of the coronations of the Sasanian king Šābuhr [Šāpur] I (r. 241-72) which is dated, on the strength of the Manichean dates, to 18 or 19 April 240 …. This synchronism may reflect more or less exactly the actual time of the beginning of the Manichean world mission.
Characteristic methods of the Manichean missionary activities. Three main methods of Manichean missionary work can be distinguished.
The first was the recourse to already existing diaspora groups of Mani’s paternal Elkhasaite community.
The second method was to turn first to the ruler of a territory or to members of its ruling class, in order to win them over or get their permission to conduct a mission among their subjects. The first method was naturally restricted to the beginnings of Manichean history and to areas where pockets of baptists had settled. The second method, even if it failed often enough, yielded Manicheism’s best gains. There was also a third method: Christian polemicists in the Roman world report that in the 4th century Manichean preachers liked to attract the attention of the general public by making spectacular appearances in the forum, in public baths, in front of the Christian churches, etc. (Brown, 1969, pp. 100-101). Such actions were meant to attract people by public disputes but bore the risk of involving the preachers in arguments with representatives of the naturally hostile clerical or secular authorities, and sometimes also with philosophically trained opponents like St. Augustine (354-430). The outcome was therefore often doubtful, as in the case of the discussion of the Manichean electa Julia with the Christian bishop Porphyrios of Gaza (346-420), as reported by Marcus Diaconus (Burkitt, 1925, pp. 8-11). Evidently, women too played their part in Manichean missionary activities (Scopello, 2001). …
In Rēw-Ardaxšihr, Mani stayed with the local baptists, the adherents of his paternal community. Thus, Mani evidently followed the method of St. Paul who on his missionary journeys used to turn first to the Jewish communities in the diaspora and then to the gentiles (Tardieu 1994, p. 69).
…Mani cannot have been the first Manichean teacher to preach his gospel in Parthia. At an earlier time, he had sent his disciple Mār Ammō to that region. So Mani may have gone to the northeast of Iran in order to support Ammō’s work. The Parthian fragment M 502d may possibly be understood to describe Mani’s stay in Marw (Sundermann, 1981, pp. 124, 126).

Palmyra became, it seems, the pivot of further Manichean missionary work in Roman Syria and perhaps further afield in the Arabian peninsula and in Egypt. This is documented by a unique fragment P 15997, still preserved, of the Coptic church history, edited by M. Tardieu (1992, pp. 15-24). The text relates that at the court of queen Thadamor (i.e., Palmyra), the teacher Abiēsou (Syr. Abī-Yešūʿ) installed himself and enjoyed the protection of the queen, which must have been after Addā had first missionized in Palmyra. Abiēsou then sent (according to Tardieu) the deacon (bishop) Sēthel and Abizaxias to an unknown place, “the tower of Abīran.” There they attracted the attention of “Amarō, k[ing of the sons of La]him,” who treated them in a friendly manner and allowed them to stay in his realm.

Manicheism in Arabia. The emergence of Manichean communities among the Arabs already in the third century is proved by a letter of Mani to (Syr.) Ḥaṭṭā (Ar. al-Ḵaṭṭ), on the coast of either Oman or Bahrain or a particular settlement in the gulf of Bahrain…. That Manicheism went further on to the Arabian peninsula, up to the Hejaz and Mecca, where it could have possibly contributed to the formation of the doctrine of Islam, cannot be proven. A detailed description of Manichean traces in the Arabian-speaking regions is given by Tardieu (1994).
Missions to Egypt. It is certain that Manicheism spread in Egypt already in the 3rd century CE ….
Addā was not the first missionary to have reached Egypt. Before him, Papos was there, and he arrived no earlier than 244 (following Puech, 1949, p. 134, n. 191). But the claim that Papos was the first to missionize in Egypt may have concerned Upper Egypt only. In the view of Tardieu (1982), Addā’s mission to Egypt was the final part of his western journey. Before that, he had successfully worked in Palmyra, and, when in 268 CE queen Zenobia started her invasion of Egypt, Addā joined her army. He arrived in Alexandria in the first months of 270 (pp. 9-10). Already ca. 285-90 the letter of a Christian bishop preserved in the papyrus Rylands 469 warns of the Manichean heresy, and about 297 the Roman emperor Diocletian (r. 284-305) ordered its persecution (pp. 10-11). The Manichean headquarters in Alexandria was closed down, and Manicheism found a new home and a publishing center in Aṣyuṭ and Hypsēlē, where the pressure of the political and clerical authorities on the “Persian” sect was less oppressive than in the north (pp. 12-13). Thus, the Sub-Akhmimic dialect became the language of Manichean literature in Egypt.

Manicheism in Africa beyond Egypt and in Europe. Manicheism must have penetrated North Africa beyond Egypt already in the 3rd century, because the anti-Manichean decree of Diocletian (issued probably in 297 CE) was addressed to Julianus, the governor of Africa Proconsularis (present-day Tunisia and Libya). The great name of Manichean evangelism was Adimantus, who is reported to have written a polemic treatise against Moses and the other prophets of the Old Testament. As early as St. Augustine, he was identified with Mani’s disciple Addās, and this opinion is now largely accepted…
The methods, means, and limits of the Manichean missionary technique in the western part of the late Roman empire have been retraced in an exemplary way by Brown (1969, pp. 92-103). Manicheism must also have advanced into Italy and certainly to other parts of western Europe, which is proven by the presence of Manicheans and their high¬-ranking sympathizers in the city of Rome in 383/84 CE, when Augustine lived there (Brown, 1967, pp. 69-70).
St. Augustine encountered Manicheism in Carthage and Hippo Regius in the 370s, and he confessed later that he had been its lay follower for nine years. He became the determined adversary of the Manicheans and competed with the most ardent propagators of Manicheism in North Africa, the bishop Faustus, the presbyter Fortunatus, and Felix “the doctor,” in public disputations in 392 and 404 …. St. Augustine’s activities essentially contributed to the decline and disappearance of Manicheism in North Africa at the turn of the 4th to the 5th century.
A mission to Armenia? …
the story of a spectacular conversion after the marvelous healing of a young girl is also an old, familiar motive of the Manichean hagiography…
and the existence of a Manichean community in Armenia already in the 3rd century is proven by Mani’s “letter to Armenia”

Manicheism in Byzantium. We simply do not know by whom, when, and by which route Mani’s gospel was taken to Asia Minor and to Byzantium, which from 330 CE was the capital of the Roman empire. We can only state that by that time Manicheism was already present there, more or less tolerated until the end of the 4th century and even supported by adherents and sympathizers in the ruling class, such as the dux, comes, and magister peditum Sebastianus (d. 378) who was supposed to be a Manichean auditor…; the pagan rhetor and literate Libanius (d. 393?), who intervened in favor of the Manicheans (de Stoop, 1909, p. 70); and also the liberal Christian comes, proconsul, and praefectus praetorio Strategius Musonius (d. 371) who informed and advised the emperor Constantine the Great (r. 305-37, sole ruler from 324) on Manichean affairs. All these personalities have a Syriac background (Brown, 1969, pp. 96-97), and that points to Syria as the immediate starting point of the Manichean mission to Byzantium.
In the late 4th century, a leading figure of Manicheism in Asia Minor seems to have been Agapius the “doctor,” known to us through Photios (d. ca. 900) as an exegete who tried to outwardly adapt Mani’s doctrine as much as possible to the Christian dogma. An oeuvre of 23 volumes is ascribed to him (de Stoop, 1909, pp. 66-69). Manicheism advanced beyond the capital Byzantium to the Balkans, where it is attested by a tombstone in Salona (in Dalmatia, near present-day Split, Croatia) which dates, according to F. Cumont, about 300 CE (see Adam, 1969, pp. 106-7).
Missions to northeastern Iran and Central Asia. According to the Manichean Missionary History, Mani sent from Ḥulwān (MPers. hlwn), a town at the western fringe of the Iranian plateau, on the way from Ctesiphon to Parthia, a group of missionaries under the teacher Mār Ammō and a prince Ardavān to Abaršahr, that is, Khorasan …. Ammō was familiar with the Parthian script and language, which may have made him fitter than others for that task. Ammō is regarded as the founding father of the particular East Manichean church later known as the community of the dēnāwarān (see DINĀVARIYA), and he paved the way farther east to the territory of the Uighurs, where Manicheism was to gain its greatest missionary success in their conversion.
Ammō preached his gospel in Marw, and he crossed the frontier to the Kushan realm, probably at Ṭāleqān (Henning, 1945, p. 88 = 1977, II, p. 228). Mani himself may have followed him and visited Marw at a later time (see above). Ammō’s crossing the border was regarded as leaving Iran and entering that vast Central Asian territory which the Manicheans themselves used to call Ḵwarāsān, that is, “the Orient.” Ammō’s work in this part of the world was exalted by an impressive legend ….
There is no need to doubt the credibility of Ammō’s passing the Kushan watch post. That means that from the northeastern part of the Sasanian empire Ammō first advanced to the Kushan dominions, not to Sogdiana. An early origin, in the 3rd century, for Manichean communities in the Bactrian area may therefore be assumed. This is confirmed by the report of the Chinese chronological and geographical works Ce fu yuan gui and Tai ping huan yu ji that in 719 CE a king of Čaḡāniān sent a (Manichean) teacher (mōžak), well-versed in matters of astronomy and other sciences, to the Chinese imperial court, where he was supposed to display his great erudition (Chavannes and Pelliot, 1913, pp. 152-53). It may also be mentioned that a Manichean magical text, M 1202, still in the Parthian language, was composed, according to Henning, in the Indo-Iranian frontier area, “probably in or near Balkh” (Henning, 1947, p. 50 = 1977, II, p. 284). A unique Manichean text, M 1224, in Manichean script and Bactrian language (Gershevitch, 1984, pp. 273-80), attests to a Bactrian-speaking Manichean community either in its home country or in the Turfan oasis, where the text was found.
Sogdiana also must have been reached by the end of the 3rd century. This follows from the Parthian letter of a Manichean archegos (probably Mār Sīsin) to Mār Ammō …. The letter was written in Marw and sent to the addressee in Zamb on the Oxus near Āmol… on the route from Marw to Bukhara and Samarkand.

Until the 8th century, Manicheism must have spread along the northern Silk Road (Marazzi, 1979, pp. 239-52), for the colophon of the Mahrnāmag (M 1), finished either between the years 808-21 or 824-32 (MacKerras, 1990, p. 322, n. 13), mentions Manichean communities in Uč, Qarašahr, Aqṣu, Kāšḡar, Kučā, Qočo, and Bišbalïq (Henning, 1938, p. 566), and the Mahrnāmag itself, in an unfinished state, was kept after 762/63 in the monastery of Arg, that is, Qarašahr. Thus, Manicheism existed already in Central Asia when the Manichean church gained its greatest success in history, the conversion in 762/63 of the ruler of the Uighur steppe empire, Bögü or Bügü Khan. This happened, according to Chinese sources and the Chinese version of the Qarabalḡasun inscription, in the Chinese town of Loyang, and it was the result of the instruction of the Uighur Khan by some Manichean clerics….
However, since Manicheism was already present in Central Asia, it is possible that the conversion actually happened, or was at least initiated, in Central Asia before the epochal year 762/63 (cf. Clark. 2000, pp. 83-123). The conversion of the Khan entailed the organized adoption of the Manichean faith by his people and by the Uighur aristocracy in particular (Marazzi, 1979, p. 241). The multilingual Uighur inscription of Qarabalḡasun (soon after 821) reports how that was effected. According to the inscription it was not done without some coercive measures (the burning of “idols,” etc.; Chavannes and Pelliot, 1913, pp. 190-98).
Why did Bögü Khan make the Manichean doctrine the official religion of his state? A possible explanation is that he chose a religion already present in Central Asia but not yet professed by any political power of the time, as Buddhism, Christianity, Islam, and (briefly later) even Judaism were. The idea may have been to strengthen and consolidate the establishment of the Uighur state with a religion of its own (Sundermann, 2001b, pp. 160-61).
The Uighur steppe empire collapsed in 840 under the onslaught of the invading Kirghiz tribes. Some of the Uighur tribes settled in the Turfan oasis and established there the kingdom of Qočo. Manicheism continued to be their religion, but it was unable to proselytize the Buddhist majority of the country, and so it was, by and by, superseded by Buddhism from the tenth century on.

Missions to China. Early Manichean missionaries to China presented themselves first at the imperial court. This was an application of the second of the three methods of proselytization (see above). The first relatively safe attestation of Manicheism in China is for the year 694 (for earlier dates, see Lieu in EIr. V, 1991, p. 478), when, according to the admittedly late (13th cent.) Chinese history Fo zu tong ji, a “bishop” (fu-do-dan, i.e., MPers./Parth. aftādān) arrived at the court and proclaimed the “wrong religion” of the “Book of the Two Principles” (Chin. Er song jing). In 719, a Manichean teacher sent by the East Iranian ruler of Čaḡāniān appeared at the court (see above, under “Missions to Northeastern Iran and Central Asia”). Schaeder thought that it was he who introduced the western-style planetary week of seven days in China (1948, p. 12). In 731, a Compendium of the Doctrines and Styles of the Teaching of Mani, the Buddha of Light was composed by the Manichean bishop *Mihr Ohrmezd and then translated into Chinese (see otherwise Lin Wushu, 1991, pp. 225-32) on behalf of the emperor, in order to help him better appraise the alien faith (Haloun and Henning, 1952, p. 188). Already in 732, Manicheism was acknowledged by the Chinese authorities as an admissible religion for the western barbarians living in China, that is, for the Sogdians and Uighurs, but it was declared a prohibited religion for the Chinese subjects of the empire (Lieu 1992, p. 231).
Manicheism had another chance in China after the conversion of the Uighur Khan Bögü in 762/63, and during some 70 years between that date and 840 when Uighur influence on Chinese politics was strong enough to protect their coreligionists in Tang China (Lieu 1992, pp. 235-37). However, the situation deteriorated after the downfall of the Uighur steppe empire. The Manichean communities lost their powerful protectors. The Manichean religion, among others, was forbidden and persecuted, and it disappeared in the capital of the Tang empire and the neighboring regions, except for some late, isolated adherents.
Manicheism found a new refuge in the southern Chinese coastal province of Fujian, where it may have survived until about 1600 (Lieu, 1992, p. 301) and where a Manichean temple in Buddhist disguise exists to this day in Quanzhou (P. Bryder, 1988, pp. 201-8). The question as to how Manicheism arrived in Fujian has been no less disputed than that of the arrival of Manicheism in Egypt (see above). Two solutions seemed possible: Fujian was a refuge of the persecuted Manicheans from north China, or Manicheism came by sea to China independent of the earlier north Chinese communities. T. Moriyasu was able to prove that the first option is the correct one. He explained the first two syllables of the title hu-lu fa-shi of a Manichean teacher who went to Fujian in order to instruct his co-religionists as being the Turkish word uluḡ “great.” This points to the ultimately Central Asian origin of south Chinese Manicheism (Moriyasu, 2000b, pp. 432-37).
It is only natural that Manicheism must have had its adherents in the western Chinese frontier town of Dunhuang. Its presence there is attested by a moderate number of Manichean, mainly Chinese texts (the Hymn Scroll, the Traité manichéen, that is, the “Sermon on the Light Nous, and the Compendium of the Doctrine of Mani”) discovered in the book deposit in cave 17 (Sundermann, 2002, p. 201).
THE ADAPTABILITY OF THE MANICHEAN MISSIONARY TECHNIQUE
The worldwide range of Manichean missionary activities entailed the problem of what may be called the acculturation of Mani’s message to the ambience of many different religious traditions. A well-balanced adaptation to the languages and ideas of the peoples beyond the Mesopotamian homeland of Manicheism was inevitable.
The solution for the Iranian part of the Sasanian empire was designed by Mani himself and imitated by his pupils (Sundermann, 1979, pp. 95-133 = 2001a, pp. 121-63). Mani self-confidently gave some of the deities, demons, and mythological figures of his complicated doctrine the names of Zoroastrian mythological persons (see MANICHEAN PANTHEON). This did not mean an adaptation of Manichean to Zoroastrian theology, let alone a derivation of Manichean from Zoroastrian theological ideas. It was simply meant to give Manichean mythological names a familiar Zoroastrian ring. Moreover, since the Manichean figures had, of course, some similarity with the Zoroastrian ones, Mani’s aim was to teach non-believers what their gods and demons had actually been charged with and what they were still doing.
Similar but not completely identical systems of theological names were created in Parthian (perhaps by Mār Ammō) and in Sogdian (by Mār Šād Ohrmezd?). The Sogdian system became a model for the Old Turkish (van Tongerloo, 1988, pp. 215-16) and, in a less direct way, the Chinese one (Bryder 1985, pp. 120-23).
The terminological adaptation of Manichean theology to local patterns remained a particularity of eastern Manicheism. It had no parallel in western Manicheism, whose missionary weapons may have been forged by Mār Addā (and perhaps by Mār Pattī). The only exception is the frequent use of Christian names and terms. But this practice is based on the Christian roots of Manicheism. It is more than an outward adaptation to the local belief of those people who became the object of Manichean missionary work.
It seems that the Manichean missionary technique found effective means to overcome the gap between the Manichean and alien worldviews, linguistic traditions, and literary means. The gap was uncommonly wide and deep in the case of the Chinese-speaking Buddhist and other denominations. In a religious ambience where terms for “god” or “soul” did not exist or were meaningless, it must have been hard work to make the Manichean doctrine understandable. This has been pointed out repeatedly by P. Bryder (1992, esp. pp. 338-41; 1993). According to him, the word replacing “god” is fo, literally, “the Buddha.” Perhaps the somewhat enigmatic da sheng “great Saint” was used in the same sense (Sundermann, 1996, p. 111).
Success and failure of the Manichean missionary work. Mani’s message of self-knowledge, god-knowledge, and world-knowledge was addressed to every human being. It was successfully spread over the orbit of the ancient world from the Atlantic Ocean to the China Sea. Yet, wherever Manichean communities were established, they remained small minority groups. Living in the diaspora was the never-ending, universal fate of the Manicheans, and that must have been true even in the kingdom of Qočo, where Manicheism was for at least one century and a half the religion of the ruling class. Even so, it was outnumbered by the local Buddhist community. Both in the Roman empire and in the countries of the Silk Road, the merchant was the backbone of the Manichean missionary activities (Brown, 1969, p. 102; Lieu, 1992, pp. 228-29), and Manichean monasteries, it seems, were actively involved in the banking business (Lieu 1992, p. 238; see also Sundermann, 1996b, p. 111 = 2001a, p. 737). Since, according to the Manichean ethics, the businesses of the merchant and the moneylender were the only immaculate worldly professions, it is imaginable that to win over traders and dealers for the new religion was easier than to convert people with any other social background. ”

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 2015年5月16日
マニさんの関連調べると、サウロがパウロと名乗るよーに、オリエント系の連中がギリシア名を持つのはよくあるんだよね。例えばアブザクヤーさんはアビザキアス。マール・アンモーはアディマイオス。アーリマンがアレイマニオス。ってか日油同祖論信じてるやつ、ユダ公が凄いなら何でギリシア名名乗る?


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
マンダ教の聖典「銀座騾馬」の 英語版が絶版で手に入らねぇ! いや、まぁネット上なら無料で 転がってるんだけどさ……

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya 多分これが元祖キリスト教じゃない ですかね 洗礼者ヨハネとノアしか認めないし、 アブラハム、モーセ、イエスは 偽物ってw ちなみにマンダ教の人間の図の 頭の部分が三角目玉ちゃんw 十字架は只のカカシw pic.twitter.com/ETmsc2yqn5






帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei どうもこんばんわ。マンダ教面白いですよね~ヘタウマイラストなのに、三角目玉ちゃんってwwwそいえば、アメリカという語源は、マンダ教のメリカが語源という説をふりーそーめんの本で読んだ事あります。この教団怪しいからこそ、イラクで迫害されてるんですわ~

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya メイソンのエプロンみたいなのも 着けてないっすか?w

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei だって、そりゃ大帝、マンダ教はモーセをdisっててファラオこそ智慧の主!みたいな厨二病っぽい教義なんですし、メイソンのエプロンのようなものつけてるのは、ファラオに対する賛美じゃないですか?白い子山羊の皮のエプロンはファラオもつけてましたよ(参考世界史人)

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya 一応、頭に水ぶっ掛けて聖別する 儀式ってインドとかにあるんですよね。 王族の戴冠式の儀式だったらしいですが… 密教の灌頂の元ネタですね。 さて、中東のセムが先なのか、 それともインド/イランの アーリアの方が先か……

そう言えば魚のコスプレが好きな ダゴンちゃんやオアンネスって ミトラ帽の元ネタなら、 ダゴンちゃんがヨハネのご先祖様 クサくないですか? 海だか、湖からやって来た賢者 のイメージにも合ってるし。 イエスも魚がシンボルですし。

アンデレもペテロも漁師でしたから、 釣っちゃったのかもしれませんね。 ダゴンちゃんをw


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei私は原始耶蘇教の火と水の洗礼も、元ネタはインド・イランだと思うんですよね。所詮ユダ公なんて、アーリア思想のパクリです(笑)マンダ教の聖典を見たら極めてウパニシャッドに似てますね。ただ、マンダ教徒の顔はセム系なので、影響を受けたんでしょうが。

ダゴンちゃんがヨハネのご先祖様とは随分と面白い考察をされますね。その流れダイレクトに大当たりだったりするかも?しかしむさいオッサンが人魚姫のコスプレすんなwww
ダゴンちゃんを吊り上げたとか、そりゃ大物を釣り上げましたね(笑)ニャンゲンを漁る漁師にしてあげようってダゴンちゃんの必殺技にゃのかw

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月11日
@lakudagoya だって川がこんな状況だったら 本当に人間だって釣れそうw pic.twitter.com/pCB5qfej3Z






帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
@FeydoTaitei いや、本当にそうですね。この人たち、洗礼者ヨハネのコスプレと言っても差し支えないです。ただ、白装束や教典などを見ると、アーリア系の影響力が強そうです。しかしなんで、イスラームやユダ公に比べたら、耶蘇教まわりはアーリア臭いんですか?













Mandaeism
https://www.youtube.com/watch?v=4IAgxu1hPGw
この動画でマンダ教徒が何かの葉っぱを、頭に巻いた頭巾と額ではさんでいる
音声によると恐らくlaurel(月桂樹)。永遠の命を象徴するらしい。



マンダ教の図を見ると人間の頭部が丸に十字=グノーシス主義のマークになっているな。




画像探しのコツは
「Mandaeism」や
「Mandaeism 画像」など
英語で検索すること。

あとは英語版ウィキの活用。
Mandaeism
http://en.wikipedia.org/wiki/Mandaeism
画像なら英語に自身がなくても大丈夫。
言っておきますが私も英語版ウィキを辞書なしですらすら読めないです。


神話12 マンダ教の教説
http://gnosticthinking.nobody.jp/gnosismyth012.html

マンダ・マニ・拝火・ミトラ教など古代宗教

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
注意書き★世界のユダヤ同祖論はイエズス会が開発した製品ですので、ネットや本での使用は無料ですが、著作権はイエズス会が持っております。












帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
マンダ教のよいとこは、マニ教みたいに人様の宗教に寄生して内部から破壊しないこと。自分たちだけのコミュニティ作ってその中で厨二妄想をやってるところ。あとグノーシスなのに子孫繁栄ってのもポイント高かったりする。マンダ教のように人畜無害ならグノーシスも悪くないよ?


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
そうだな、マニ教の既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦は、例えば仏教をターゲットにしたら、仏教によく似た思想のヒンズーっぽい西洋初のスピリチュアルを大量に投下して、既存の仏教の認識を偽物であるスピに書き換えて、そうやって内部から破壊していくという作戦なのですよ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
みんあさ、イルミちゃん調べたかったら、マニ教のグノーシスも調べてね。「マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです」 で検索してみて。これ青木健の「マニ教」という本を買わなくてもいいくらい内容が充実してる。マニ教の恐ろしさは、既存の宗教に寄生して神話を換骨奪胎して乗っ取る作戦だから

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
イルミちゃんをマニ教だと叩いたのはたしか、イエズス会のバリュエル神父だろう?(笑)そいつらは、マニ教と同じ作戦で世界中を食い荒らしてきたのに、なんでも悪いものはイルミちゃんって盗人猛々しいよなぁ。あっ、これって八百長プロレスなんだよねぇ?バカチン市国とグラントリアンの対立もさぁ?

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@alo353 @sydneyminato なるほど、みんなが作った世界の中で如何に支配するかとやってきたのがイルミなんですね。完全に相手の思考にハマってました。イルミの戦術はマニ教と同じで寄生型なのですね。イルミを叩くだけでなく自分が考えて行動しないと社会は変わらないのですね。
この寄生戦術のルーツがどこにあるかといえばマニ教だと思います。イルミちゃんというかそーめんのルーツと言っても差支えがないグノーシス思想ですね。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月12日
@izimo_ssp @kiraaea @ekousagitan マジ福音派は国や派閥に関係なくヤバイです。あいつらの本体はマニ教ですよ。プロテスタントの牧師の多くがメイソンです。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
マニ教の宗教破壊工作は恐ろしいと思ってるしアカンのですけど、純粋にマニ教の聖典を読んだ感じでは、透き通るような知性というものを感じたので、耶蘇教神秘主義哲学より遥かに面白いと思ってる。でもマニ教の聖典が面白いという話とその機能が悪質とい話はまったく別物だからね?

ニューエイジやスピリチュアルの本質はマニ教で、それはずっと古代からあらゆる宗教に取り憑いて内部から破壊をやってたんですよ。まあ、カトリックがマニ教を批判したのが生贄・乱交じゃ本質外してるよ?宗教破壊工作だからいけませんと正面からやるのが一番いいんだよね。

禅宗にふりーそーめんが取り憑いて世界に広めるのも、エックハルトとセット売りして禅の本質を骨抜きにするつもりかね?純インド産ヨーガが流行らず、アメ リカ産ニューエイジ系のヨーガばっかりになってるように。ほんま、マニさん戦術の宗教乗っ取り作戦は怖いですわ。マニ教の本質は本当に怖い。

イスラム国ってエジプトのアズハルがキレるくらいコーランの極端な解釈をしてトップダウンの組織でやっていって、二元論的思考で動いてる。そういうイスラ ム国みたいなおかしなのが出てくるのは、プロテスタント系が仕掛けたイスラーム乗っ取り作戦ではないか?マニ教的ですね、プロテスタント。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月9日
@kefcoms いや、あなたのこと揶揄してないですし。プロテスタントというのは、元はカトリックとは違うグノーシス系キリスト教の影響を受けてます。薔薇十字団というものがありますが、ルター家の紋章は薔薇と十字です。あと二元論はマニ教の影響があるでしょう。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月4日
というか大本系のユダヤもザラスシュトラも耶蘇教も何でも神道!ってのは、マニ教のコバンザメ戦法とまったく同じではにゃいか?

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国に残ってるキリスト教異端はかなり面白いぞ調べると。女真族とかモンゴル族なんかとのキリスト教異端とマニ教の絡みとかな。もうごちゃごちゃカオス過ぎて情報洗うの半端なく大変だな。あとは弥勒講と摩尼光仏とのシンクレティズムとかな。景教信じてた秦氏はもしかしたらマニ教かも知れんぞ(笑)

おっとここでも今日夕方つぶやいたマニ教の宗教乗っ取りの話が出てくる。国内の天皇崇拝してるキリシタンな、あいつら本物のキリシタンじゃないねん。異端 派なんだよ。本家のヨーロッパのキリシタンだったらイエスとヤハウェ以外を拝むのはご法度だからな。日本では主に中国由来の異端キリシタンが暗躍

日本でのいんもーの考察がヨーロッパやアメリカのものに比べて複雑な理由は、恐らく日本では7世紀あたりからマニ教がキリスト教や大乗仏教を偽装して入り 込んでるし、江戸時代末期だってそうだ。国内でこの前マニ教の天体図が見つかったのは偶然じゃないぞ。ずっと前から日本はマニ教に狙われてた。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
@bakkajyane_www そうですね。自作自演ですね。まあ、グラントリアンとバカチン市国のプロレスもありえますしね。グラントリアン中国路線だとマニ教とかああいうのとか、笹川とかですね。極右の思想調べたら極左的な思考してますしねw




帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月12日
デュエルマスターズのライトブリンガー(ラテン語訳でルキフェル)の英知ソロモニアスって、なぜか名前がギリシア人みたいなのを見て、マニ教の創始者のマニさんのお友達のアブザクヤーさんが、ギリシア世界でアビザキアスと名乗ってたのを思いだしたw pic.twitter.com/zZMiI0Yzmb

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
ねこたさんが、マニ教の聖典をただ読みできるサイトを教えるね?http://gnosis.org/library/manis.htm … 俺、小学生以下の英語力なんで無理っす!

Manichaean Writings
http://gnosis.org/library/manis.htm


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国の秘密結社といえば、禁制品の塩の密売に絡んだ白蓮教とか明教がある。特に白蓮教なんかはヤバくて、こいつらはマジで弥勒下生を信じてて魔法使ってたとかね。しかも今のスピみたいに女が多かった。恐らく大陸の白蓮教やらそいつらはマニ教の末裔だろう。それが列島の弥勒講とかと連動してたか?

そーいえば、今のスクエニの前身であるスクウェアが潰れる原因作った、あのヒゲこと坂口博信のファイナルファンタジーの映画さ、ガイア思想をベースとして るとか。おっと、ここでもマニ教的な光と闇のネタばかりやってきたアーリア神学大好き!なスクエニだなぁ。流石紐付きとしか言いようがないぜ!

マニ教は、ユダヤ教に並んで書物の宗教だと言われてる。魅力的な神話を書いた経典をたくさん作って信者を獲得していった。この布教のやり方ってさ、マスゴ ミで宣伝しなくて、雑誌や攻略本や口コミだけで広がっていったテレビゲームと同じ宣伝手法だよね。ステルスにじわじわ広がるから大人が畏怖する。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@kikuchi_8 @bakkajyane_www それがいいと思います。天皇崇拝者の民衆生贄論者もマルクス的な二元論で実は極左なんでしょうね。クリスチャンもアカも二元論でマニ教やゾロアスター教由来の西方耶蘇教こそ悪魔。それこそが対立を作り出してますね。

STB ‏@RC_StB 5月2日
@lakudagoya @alo353 @sydneyminato 連中の立脚基盤・連合の根拠は最終的には思想か血統ですね グノーシスは強く疑われる 何せ日本最大の小売り企業のロゴがアイオーンなのですから マニ教ならば時系列的に最初の世界帝国アッシリアの統治手法も接種したでしょう

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月30日
日本の精神的な部分は仏教に由来してるものが多い。儒教やその他の影響力もあるが、日本の美点は仏教由来のものが多い。いくらマニ教やらなんやらに乗っ取られてしまった葬式仏教でもな(笑)この内向きな精神性は、キリスト教が世界を支配する上で邪魔になるんだよねきっと。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月21日
20)高学歴層の肉体労働軽視は、マニ教の影響を受けたアウグスティヌスの肉体観と、カトリックの神学ならびに、ギリシャ哲学の影響だよね。特にプラトンの「パイドン」とアリストテレス。お嬢様学校で西洋の教育を受けるということは、この思想に自ら洗脳されに行くこと。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
@alo353 ディオニュソスみたいです。メドゥーサといい、ティターン族といい、ゼウス陣営に逆らったほうには何か秘密がありますね。死んだ巨人の体から生命が生まれた話はマニ教にも北欧神話にもありますね。日本はバラバラにされてゼウスに王位を簒奪された。

菊池 ‏@kikuchi_8 5月6日
@lakudagoya こんばんは。昨夜もありがとうございました。ほんとそうなんですよね。つかみはOKという所から入って、段々と変質&方向転換している、気づいたときはカルト戦士に、というオチがあまりに多すぎる気がします。マニ教的なごった煮戦術ですね。神智学はその後裔ぽいです。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
中国にあるマニ教寺院の摩尼光仏って、なんの光の戦士(笑)だよ?てか、キリシタン臭いマスゴミがゲームを蛇蝎のように嫌ってたのは、テレビで宣伝しないくせにゲームが人気あんのは、雑誌や攻略本で密かにステルスに動いて子供たちの心を掴んで大人の世界を食い荒らしてたからだろう。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月3日
仏教を激しく憎んでる神道カルトが、マニ教と同じ手法を使いながらスピリチュアルを洗脳していってるのは、和風クリスチャンである神道カルトがそれだけ仏教を破壊したくてたまらないということだろう。スピリチュアルと仏教では、似ているようで実は違ってスピはキリスト教の変形だからだ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 4月30日
@izimo_ssp あと、ふりーそーめんが何故石工組合とか言ってるのは、別に石工でなくとも織物組合もそうですけど、都市における手工業者とその国際的なネットワークを中世南フランスにあったマニ教臭いカタリ派が隠れ蓑にしてたからなんです。だからそーめんには流浪の仲間を匿う規則があるの

@izimo_ssp あっははは!面白いですね。で、マジな話をすれば、そーめんは魔法使いのとんがり帽子を冠った救世主ミトラスがキリストの元ネタとわかりましたがそれは序 の口で、マニ教の宗教乗っ取りについて調べてみてください。そうするとなぜ、世界は似非キリスト教があるのかわかります。

きょーどのひと@ニーシャープール ‏@toquzoguz1055 2012年10月15日
@kaito07291981 マニ教は第四の世界宗教になれる可能性を秘めた、あるいは現在のキリスト教を駆逐できていれば正統派キリスト教になっていた可能性を秘めた、すごい宗教なんだぞ!!!!!
単なる新興宗教が500年を経た後に一国家の国教にまでなったり、地理にして発生地のメソポタミアから西はローマ帝国、東は中国にまで広がったりするもんかね!(※私は別にマニ教信者ではない

根本的な自身のマニ教神話構造は維持しつつも、各地の神話に寄生しまくって原型がわからなくなる謎宗教なので広がりやすかったそうな。青木健先生の『マニ教』が面白いよ

♪えめらだちゃんだぞ♪ ‏@Emeradasann 2012年8月1日
@nabeyan4649 ざくろといえば老子はざくろから生まれた伝説がマニ教のアレにあるとかなんとか。老子化胡経だったかな、多分。中国の伝説ならざくろじゃなくてすももだったと思う。唐の初代皇帝、李淵の李の字も、あれはすももを漢字で書くと李になることからきてるとかなんとか
マニ教は分かりやすく言うと寄生虫みたいな宗教である。もともとはササン朝ペルシアにできたグノーシス派の、まあカタリ派キリスト教みたいな新興宗教であったが、国教であったゾロアスター教神官団に弾圧されてコソコソしはじめるあたりからマニ教の寄生歴史ははじまる。
今はないよ。15世紀に滅びました。多分教義ともともとあった土地の宗教との折り合いが悪かったんだろうね。マニ教はとにかく世界中のあちこちに広まったが、至る所で土地の宗教に排除される傾向にあった。天山ウイグル王国が唯一の例外で、マニ教は国教になりました。


なぜ寄生虫か。マニ教はイランの宗教だからイランの神とかそういうキャラの名前を神話に用いていたが、しかし世界中に広まっていくとなるとそんな身内ネタはなんのことだかわからない。だからその土地の神の名や絵画のノリをパクったりして土地の宗教にこびりついていたのだ

森安孝夫先生の話を真面目に聞いてました。あと色んなマニ教学者の論文とか、一般書のここが間違ってるなあ とかを先生と見てました。一般書は三冊だけです。青木健『マニ教』と大貫隆『グノーシスの神話』とミシェル・タルデュー『マニ教』。青木本は間違い激しいです。
青木本なら間違い激しいですけどとにかく読みやすさは随一です。面白いですよ。

帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月10日
まーねこたさんは、グノーシスがどれが「好き」かと言われたら、マンダ教だね。マンダ教の厨二っぽさはぶっ飛んでる。マンダ教の聖典がただ読みできるのはこちらhttp://gnosis.org/library/mand.htm … マンダ教好きだよ!ラブ~


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月11日
ほうほう、統一教会の文鮮明が韓ユ同祖論やってるんだそうな。ということは、統一教会系こーさくいんが日本でやたらと渡来人の日油同祖論を展開するのは、本体の思想に韓ユ同祖論があるんだろうな。忍者パットリ君もそういう風な展開してたしなー。面白いなぁ~在日人のウリナラファンタジーはっ!

面白いなぁ。日油同祖論の言いだしっぺは日本では酒井勝軍だと思ってたけど、聖公会の佐伯好郎だって。経歴を見たら、おや?「景教」学者とある。景教、中 国まで食指を伸ばした原始キリスト教で今のアッシリア教会だ。秦氏は景教徒のクリスチャンだったという説がある。景教学者が唱えた日油同祖論♪

なーんだ。日油同祖論って、単なるネストリウス派のクリスチャンが日本にやって来てまんまと支配者サイドに納まっただけで、ユダヤまったく関係ないぢゃ ん!なんなんだよ~単にクリスチャンの日本侵略が16世紀のフランシスコ・ザビエルからじゃなくて、7世紀からってことだろう?


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 小ネタ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4696.html
“         ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l    トゥルファンから出土したウイグル王国時代の文献「マニ教寺院経営令規文書」によれば
       У      ヒ"           l    マニ教寺院には個人に所属する子供と寺院全体で所有する子供がいたという。
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /     だからマニ僧に使える少年たちがいたこと自体は事実だろう。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       問題は、この少年たちはなんなのかってことだ。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ

                       __
.                      /二二\
                  -――〈二二二ニ\
                  /  /    \二二二ニ\
                  /    /        \二二二ニ\ ___ノ{
              //   /|        `<二二>'´  <
                // //_ {  |  |       /        `ヽ
              /イ // ` ∨ |  |  |  |{ /´}}       \
             八 }/芹ミ  \l-- リ|l   リ   l/}/ /     乂{
.             /)从ヒリ   _\/`|l   ,/   /ノレ'__,     l  ll|
           〈 //i  ,    芹ミxリ  /   //}フ^X    | Ν
           ∨分、     ヒzヅ/ 〃   //イ∨´  ∨   l /    新しく入った「選ばれた人」候補が、
            《∨//\ー    厶イ , /´ ̄ ̄ ̄`ヽ}ハ ∧{    年長者の下で教育を受けてたんじゃないの?
           〈/∨//父ーァ―‐=彡イ/   _____」  ノ'
             /∨///〉 ∨ ̄ // } /\`ー―<
               / /\/《__,}{__//  込__/  -=ニ}
           / /  ∨イ襾ト、\ // 〈   ┬=彡'
              /       / |ll:i:|| i \} {ll / \{ !


※選ばれた人 マニ教聖職者の別称。流石に厨臭すぎて今まで出さなかったけど解禁。
618 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:25:59 ID:/gTVaKQg0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |     それなんだけど・・・
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',    出家すれば割と簡単に僧侶になれた仏教と違って、
   \         、               /    ',   マニ教では一度俗事に染まった人間は原則聖職者になれないんだろう?
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i


                         __
                     ´         、
                 ´               `  .
                 /                     \

               /                   /           ',
                     /  /
          ,′         /   / ',                |
.             |      // /   |             |   |
          l   .:|   ,.斗/ //      !   }:       | ┐ / }
          |  .:|   /  /   \   |  ′/     ハ∨/ /{     少なくとも建前上はそうよ。
.             |{、 :l /x=ミ      ` ート./ /      /{ r‐⌒┐}}
.             \ ∨ {::ハ`      x==ミj/|/|    / ノ(_   r'ノ     だから一般信徒は来世で「選ばれた人」に
.              ヽ|  Vソ      |:::しト、   |/   /} |/ //⌒}}     生まれ変わることを目指して功徳を積むの。
               厂|             辷ソ   ,/ // |/> ´ ̄}
             /  丶   ′        厶イノ_ .ノ/    `ヽ
            {       \   、            /  /      /
             \     \    ̄       イ   ,/      /
         /\    \        ー┬─   ´   |`ヽ /       ,/   ─ 、
.        /   \ー─\   _ |\ __,. -‐= ̄ ̄}    /─/   ⌒ヽ
             ヘ── ´/::} \ | | |      /、   /  /    / ̄ノ
       \  / /   /::/   :| | |   =‐ ´ />─ 、 /     /  ̄
.    ___ヽ/ /  / ̄ ̄ ̄`ヽ/⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ̄\  {  __
.   /       / /  {        ─{ ,/──       }      ヽ  ̄ ̄   `ヽ
   ′      / /   }       / ̄{        /        }───`ヽ  }
619 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:28:32 ID:/gTVaKQg0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i  で、聖職者の生殖・結婚は禁じられている。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


        /          / /\   \  \   \
.        /      /     //              \   ヽ
        /       :|   /,      } |        :.    ,
       |    斗- / /     ⌒¨ 八ト、  i    ゚⌒Y⌒゚
.     ;  | {   {八:/ /          ノ\  |  i  《  }{   》
.      i  !八  i{ 厶ァ      ア勹心 \ |  i  》 ( う )《
.      {     \ィf厂ハ        ) ハ㍉ |  i  《  }{   》
        八   八 し/j          し// }   ′ .:.:.:.ノ。__人__。      もちろんよ、暗黒の物質の再生産ですもの。
         \ { ∨ソ         Vこソ  / .:.:.:.:/)  j{:.:.:.:\
.           ;个:::::   '      :::::::::::::: / ./.:.:厶ノ 厶-‐=ニ二}   一般信徒に対しても子供を作らないように薦めているわ。
          ノ人                   厶イj/.,__/:        八
      /二ニ≠‐- .,_     `  '      / /         -──}
     ノ       ‐- ⌒>            <′/:.:.:.   ,.. -‐===┘
    (,_______       .:.:\:.:_)ぅァ‐=≦:.:.:.:.:.:.:{__〈:.:.:/:.:./-------   .,
.        ̄ ̄ `ヽ .:.:.:.:.:.:.:.j⌒二ニ====tr==彡}∨:.:/.:.:.:.:.:.: -‐=ニ二}
    /二ニ=‐-=辷ア\__,ノ¨\       ||l   ノ. ∨____.:.:./:     ---{
   ノ       / ̄ ̄ ⌒V》  :r──-ミ ||l   仆=ミ____/:.:.:.:./. ____}
  (,______  /       V》  {///////\⌒Y'///////} \/:.:/
      ̄ ̄′         V》 ∨///////}//{///////ノ  ∨:.(______
 ノ二ニニ7        \ V》 }///////ノ__人//////{    V⌒ヽ:.:.:.:. `ヽ


                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l     つまり一般信徒は聖職者になれず、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ     聖職者に生まれつく者もいない――
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
620 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:34:04 ID:/gTVaKQg0

 __                   __
.::::::::::::::::::::......               }::`ヽ ....... /:}
:::::::::::::::::::::::::::::\        _    ..::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       { \...::::::/i::::::O::::::::::::O::::.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      /:::::::::/ .乂:::::::::::::::::::::::ノ∧ __    それじゃあ新しい聖職者、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...... ___.:':::::::::::A..ヽ_ _..>::::::;:-‐´∨:::`´丿   つまり少年たちは一体どこからやってきたんだろうね?
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j   厶:::::::\
  ` ‐-=ニ:::::ニ=-‐ ´   (/{:/ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .  \:::::::\
                  「:::::_:_ノ-‐ ´∨:::::|         Vヽ}ヽ}
                ∨:|      ∨::|
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋
┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃
╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
622 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:38:09 ID:/gTVaKQg0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、        この点に関して明記した文献は見つかっていないけど、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐   一般信徒の子供から選ばれたと考えるのが妥当だろう。
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   布施の一環として一般信徒が教団に子供を差し出したことは
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :  マニ教徒自身による文献にも記述されている。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
623 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:40:49 ID:/gTVaKQg0

              /              )    \
            /     /       く        ヽ
           /     /    / /、           Vーヽ
.           /  /  /     / /   i! i  l    /  }}
.          i   i  i      / /    i }   l    i V=ヽ
           i |  l  i   ,  //      i /  | i    iK }}
          l l  l 斗 ´  //     `サA‐- | i    i_}_ノ
          i l   i |l _/ l     _リ ヽ イ i    iマ
            i |  i iV-‐pTj }     てt_トxV V /  /∧  それが何か問題なの?
           ヽ i i τ ̄        ̄τ  ,' /  イ=ノ
.             \\ ""     、    ""  /イ /) }
               \l\           ι /, イ~ノ- ― - 、
            __\    ⊂⊃    ´´, y`彡 _   {
            「    三>       _  -イ/ 彡-イ -―_ >
             } _二二ニ_`/ ̄::::::/ ,| >  彡<二三 /
             ー->二 )) | ヽ -― ¨  | イ/ ィニ二三 ̄}
              <  ̄ r -.. _/| l l l    ,,..` ー<三二_ _{
              /⌒ー}::::::::::::\,┴、|_,,,.. .-..‐. ̄//      Y
.            /   /.:::::::::::::(:::::::/ー:::::::::::::::::::::::::V /     ヽ

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /    歴史家タバリーは、アル・マフディーが
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\   マニ教弾圧に際して行った声明を伝えているんだけど・・・
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄
625 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:46:13 ID:/gTVaKQg0

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
    彼らは子供らを闇の迷いから救い出し、光の善道に導くと称して道々で子供をかどわかす。
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::;  ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;   ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::; .
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '      l ;
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '     _,,,,,,__| ! _,,,,,,._
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '                   :::::::::,.!`':~:::::::::::::`'丶、
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,            ,..-/::/〃::/:::::,::::::::::::::`:、
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '             ///7ナ/!/ | /!i::::;::::::::ノ
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '              .//r'rp゙、'   l7~i!!、l::::::::ヽ
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......'       .{'! ' '、'''リ   ィo'、t!イ/::::::}ヽ おっさん、
     ' ,                     ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::       .t  ,_~ ,.  {.''''リ !.レr‐<゙ヽi いいところにつれてってくれるって
                              ,....':::::::::::::::::;::::; '       . ',  i'~''' ー--,~ " ィ 丿   ほんとうかー?
         ____              ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,    . ヽ,'、     /  , ...、‐´
        /⌒  ⌒\                                イ゙ヾ= ," -.ヾ;::::ヽr‐''"h
       /-=・=- -=・=-\    そうだお、とってもいい所へ・・・       '";;;;;\  イ ヽ,  レVヾ  '/
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                            ;;;;;;;; 'ヾ,ー ';ト、;ヽ,  /  r ´
     |     トェェェイ     |  光の世界に連れて行ってあげるお・・・   ;;;;;/   ~~  i;;;;;;i,/  /
     \    ヽニニソ    /
626 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:49:10 ID:/gTVaKQg0

                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、    弾圧した側の言い分だから鵜呑みにはできないけどさ、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \   一般信徒から半強制的に子供を差し出させるようなこともあったんじゃないかな・・・
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \    
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \  
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }


.             , ':/           |
            /:::'           |
            ':/:    ::'::::/    '  |
             |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! | |
           ,.、!:::::::::.  ' ::/!斗‐ト/ ,::/ |
           {l`!l;::::::::::. '::/´ ,/__j/ j/  |
        ,...ミj !;::::::::.レ' ,ォ===ミjヽl  |
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"      ',   |
.        r-`-"jj∥{\ト、 `ー---'     |
       j::::::::::::`ヽ:入_,ミ ,  | ll il||    ,|
       {;_:_:`ヽ::..\ 人       rー|
.      `ー-`ヽ ::::::..   >     | |
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ `-― 、
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄/  , ― ' :
    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、 |  | ./ ̄ ̄) :
          y  ̄  r - ー― ヽ|  |/ / ̄ ̄) :
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >:::|   〃 /¨_ :
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://|  ::   '´ , )
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / |      / :
                                          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                          d⌒) ./| _ノ  __ノ
627 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 21:52:19 ID:.E.Hu.Z20

デウシルメかよ
628 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 21:53:15 ID:HF9yu4qU0
乙でした
うん、まぁ頑張れマミさん、弾圧する側がディスるなんて慣れてるだろ
629 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 21:55:33 ID:/gTVaKQg0
終わり。
今回の話は自分の憶測じゃ無くてこれの74ページあたりで指摘されてることです。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004721601
630 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 22:40:43 ID:wBbv2jPc0
乙でした。
まあ教義があんな無茶なものである以上、運用に支障をきたすのは当然だな・・・
632 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 23:05:33 ID:.r7fcs820
セックル禁止系の宗教に常に付きまとう問題だよねー
633 名無しのやる夫だお 2013/01/06(日) 23:15:05 ID:lecOPYgY0

でも日本仏教でもお稚児さんってあったし、住職の性処理させて、
固い絆を作る美談にもなっていた。あと現代カトリックの聖職者の少年虐待は
深刻な問題。
634 ◆OkhT76nerU 2013/01/06(日) 23:47:49 ID:/gTVaKQg0
実際口減らしも兼ねて宗教施設に子供を寄進する行為自体は珍しくないし、
マニ教だけをあげつらうのもアレですよね。

神父の性犯罪については町山智弘も紹介していた「フロム・イーブル」ってドキュメンタリーがありますね。
まあ宗教に限らず業界を単一組織が何世紀も寡占してたら、問題起きて当然だと思います。


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 予告風ネタ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4513.html
“確か出家したら生殖は罪悪だから禁止のはず、マニさんは教義上では生涯童貞だったと思う。
560 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/13(木) 00:54:52 ID:me441hRQ0
生殖目的でないなら良いんだっけ?
561 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/13(木) 22:52:32 ID:zXcutJpw0
それはカタリ派や
563 ◆OkhT76nerU 2012/12/15(土) 20:45:14 ID:VhbW7bH60
結婚している俗信徒でも子作り非推奨。
というか快楽全般に否定的で、沐浴も快楽を伴うから(と水中の光の要素を損なうから)
という理由で好ましくないとされます。
566 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/15(土) 22:38:38 ID:Wsu/f11o0
>>563
じゃあ皆クッサーなんですか?
567 ◆OkhT76nerU 2012/12/15(土) 22:52:08 ID:VhbW7bH60
(光の要素的に)清浄な地下水や泉の水ではなく、「悪魔の汗」である雨水の混じった川の水で沐浴してたみたいですね。
逆に飲むのは前者じゃなきゃダメ。
まあこうしたルールがどの程度守られてたかは時代や地域によってまちまちだと思います。
581 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 17:31:31 ID:h.DHqVqY0
一般信徒は結婚してもおkなんだから、生殖禁止の戒律を厳密に守らなきゃいけないのは聖職者だけだったんでは?
子作り非推奨云々はそこまで布教の障害にはならなさそう
582 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:16:32 ID:GS6wwdDw0
キリスト教では信徒は正常位じゃないとダメらしい。
そういう細かい定め決めたのもアウグスティヌスだったと思う、あの人若いころは私生児作りまくったけど。
583 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:35:49 ID:AE0x9dA60
教会が推奨する子供のつくりかた
ttp://tokoya.txt-nifty.com/photos/uncategorized/2012/06/14/sff3_2.jpg

尚、数件ほどこれで出来た報告があるとかなんとか
584 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:42:12 ID:m44IRRsA0
スポイドで取って注入したらどうなんでしょ
585 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:44:52 ID:5TuuoLXg0
>>584
それはそれで、神に対する不敬らしいです
586 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:49:22 ID:OkoKkwx.0
一物以外は挿れちゃいけないんだよな
指であっても異物挿入だとか
587 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 22:55:15 ID:6xpRm4ZU0
でもキリスト教の中には生殖医療は神の仕事のお手伝いだって言って肯定する派閥もあるという
588 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/17(月) 23:11:12 ID:IGLDraOI0
そりゃ現代にはそういう派閥もあるってだけの話でしょ
592 ◆OkhT76nerU 2012/12/24(月) 11:01:01 ID:e2YH63KI0
手元にある『体位の文化史』によると、カトリック教会の公式見解では

キリストが捕らえられた日である木曜日と、死んだ日である金曜日と聖母マリアの日の土曜日と、
主の日である日曜日と、死者の日である月曜日と、四旬節の期間と、復活祭と、聖霊降臨日と、
クリスマスはセックス禁止でさらに信者が過去に正常位以外の体位でやるという罪を犯していない場合に限られるそうです。
どの程度守られてたかは怪しいもんですが。

この本は体位に限らず性に関する様々なネタを扱っていてそこそこ面白いです。
後背立位→<城壁のナポレオンの体位> 騎乗位→<ヘクトルの馬>など。
この手の話が400ページに渡って続くので、読んでると途中で胸焼けがしてくることでしょう。



マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 日本に現存する真のキリスト教絵画について
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4509.html



                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \         それにしても見事に仏教化したもんだね・・・
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \      >>325でも「完全に仏像」とか言われてるし。
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }



          -―
  ,    ̄            ̄    、
/                   \\\
                       i \ \
                   i!  ..|:::i:::.\ \
      i!               i !:::::::::|:::i :::. i ヘ
.      i!                  i! V/:::|::|| i i i ヘ
     i! i!  i!       :  ::: i!ノヘ  | |  i } } |
   _ i!  i!        :::::: T´i   \| |  i/ |
  // ヘ /ヘ、     i::::::::::. i! ____   ヽ     な、何言ってるのよ!
  {{  _ V  i ヽ:::.\::::.\::::. i!    /    \
   \ f `´ヽソ :::::.\::::.\  ヘ /          }   もっとちゃんと見てってば!
  {{ ̄(    ) ̄ヽ    \ \、\ ハ〃   ,、  l
  \_フ/   へ   }}\    \\`       / \ i
    人`´ ))\/{ ヽ ー ― -―  し  |   //
      ーイ  ヘ \  ヽ          ̄ /
484 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:07:07 ID:IhRGzZaw0

         |/............./|......../....///    ヽヽ..............ヽ...`i
         |......,  メ _|.....././///     `i..|、..............i..... i
         |.....| /  |`メ <一/        i..|ヾ、..........|...l. i
         |.....|/ ,===サ==、 ̄         _.i.LiA..........|....|..i
         ト....| て /ミl、j彡| フ`       `三  |' ' ヽ.......|....|..i 、     まずは顔ね。
         |ヽ..i 弋ゞー一 ´        フ心全,、  i.......i.....|...|ヾ、
           |ヽヽ ヽヾ\ヾ\        l.L之 ミlヘ、 i...../....i....|  `   一般的な仏像と違って、頬がぽっちゃりしてて眉が上がってるわ。
          |ヽヾ`  `       ,.   、  `ス /  |../|.../....|
          |. ヾヽ          `    `ヽ\ 、  /レ i/|.../      唇が細いのも特徴ね。
、           |:. ヽ`      、            /  l .l../
\        |:::  ヽ       `ー-一        /:ヽ、 .レ
.. \          |:   ヽ、                   丿::>ー、__, 一フ⌒
:::. \       .|    ト 、           ,  ´::::::::::::::::::::::::::::/.../......
:::::.. \        |    へー> 、 _ ,  一  \::::::::::::::::::::::::/....../...............
::::::::. \      .|   /|... ̄`.┐|...┌----人  ` `>:/...../......................./


485 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:10:48 ID:IhRGzZaw0

                         __-‐=ニニニニニ=‐-__
              { 、     x≦ニニニニニニニニニニム
              .ゝ\、.,_∠ニニニニニ,..ニ=ァ'⌒ヾニニニニ,__
              ,. ´   _.⊥._ニニニニア" / ´ ̄ ̄ V'´    L.,_
        ー=≦/ ,x‐ァ'´r'::::::::`ヾニァ'´ /   ,. -‐  `ヾ"´ ヽ ト、/
              /  / ./    .:::::::::::::/ー=彡   ,     ,       i   \
         _/   i :{ ..::::::::::::::::::/  /    / ./´ , 1!   }  |   ハ
         ]  八,人 :::::::::::::::/  /    //   / リ   ;  ;  !     ,
         }  __(,. ≧=-=彡仏/    /´ ̄`ヽ/ /   / / |    ′
         |   ヽ         =ミ/    ,' 厶イ / /:,  7¨゚7ヽ |      i  それからヒゲも伸びていて、肩にも髪がかかってるでしょう?
         l   :V≦ニ=ニ二ミメi   i: /::; 抃、 /イ , / / |   | }   |
         j    (_,..二ニニ二.,_}|    |/込nソ   }/},仇7卞  j λ   L,
         从    r≦     ミ/|    | `¨`      込nソ1  / }: }∠__彡
           }ハ  /'`゙'<三⊇} lハ  |,      '   `¨`/|  /1 .厶===ミ、
           ノ/     `ヾハ} `\|::\  r  マ    イ[:! ,/.::|: /‐-=≠'   Y
                   r==ニ≦='′ //\| ` `__,. -=≦ヽ _|/ .:|/    -‐=孑′
                 ̄`ヾ`ヽ_,xく \ \    |/ .// i/Y⌒ヽー-=-‐≦..,
                 ,.⊆ニ彡' Vハ\\ \   ./  // .|ハ|   ヽ   `ヾ) )
                   {   ),ノ  Vハ \\ \/  //   |ハ|     \ヒ≦彡'
                }  ´    Vハ  \\ ヽ. //   :|ハ|      ノ  ソ)



              _
         ,   ´        `
        /     _         ヽ
      /         `,       \ ヽ
   / / /    /  ハ ヽ  ヽ     i  〉-、
.  / /  i  l   / /  i i.  i ヽ   /lヽ|}ソヽ
  l /{  i   i   | /   i ハ _|  |  ゝ|( ^-ソ
  i/ i   i  _ /|/    _lノ-V .l\l    フヒ_.ハ
  { ∧  ヽ |∨_|_    リ_ V  |   人_人_ノ-、
.  `{ \ \|-┳    ━┳  i   /)イ    }    本当はもみ上げもあったんだけど・・・
      _\\ ┃      ┃  / //  彡 ,.ィ
     ( ー-`l `       ι /イ 〈  彡  /      前世紀に仏教僧が、
     } 三 二>   ==っ    イ  ヒ∠_´ 二 ニ}    仏像に近づけるために削り取っちゃったみたい。
     ヒ___ , > _  <- ´}   /  彡 .}
      ,∠_∠ , -,=ニ、 || _ニ二 \ _{ 彡  >´
.     {彡/´     }  /`l    ノ /  ー-‐<ヽ、
      ヒ/  y  l  /llヘ   } /     / ,イ
     /  /   レィ_/__||__\ ノ   / /_ ノ  ヘ
     { 、 /    // l l   ´   /_´     , 〉
     丶`{ ー‐ l l- l l -―   \  ー ´  /
       \丶    l_l  l_l       〉    /
.        \\            /    /
486 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:15:06 ID:IhRGzZaw0

                      ______
         _,r =- _ r 、>ァ7////////////\
        __>-   rヘ }ヾ'////////////////ヽ
       7   -=  》 ☆ }i´ ̄ ̄ >-=7//////,}
       / /     {{_イ_/′   ´      ̄ ̄ ̄ \
       .′        /   /      /  }i      ',
       }イ /´   イ  / /    /ィ´  /ハ }    i
.       /イ-=ィ/}'| i| |   /   | /  ∨ /  ′
      /´       | l|     /‐-  }イ  ‐- V  /
              Vハ  /ィ笊、     ィ笊、}iイ/             服装で言うと、真ん中の紐の上下二つの結び目、
              . ‐`く:{\i{ト乂リ     ヒツ / /  ̄ ̄ `ヽ         胸の赤い四角のバッジ(セグメンタム)ね。
            /    ゝ_Ⅵ       `    /イ   /⌒V _
              V⌒\     }\   ` ´ . イヽ{    i{   /´  >、     私の教会の高位聖職者は赤か金色の縁取りのついた
            / ̄ ̄ ヽ\  /∠.}≧r - イ ̄7=-\_ゝ=イ   /  /     白いショール(袖がないのでガウンとは呼ばない)を羽織るの。
         {__   .}i=}イ \ _ У_/   }:::::::}` ー|  !一'/⌒ヽ
          ー‐\ イ^   -=7  「_}   ̄}  \:::ヽ   \ \7=-  }  後ろの波打った後光も中国仏画にはない表現よ。
            __} /   /|:::| {_ィ ハ \一′   \|     ̄/    }イ
.         / /¨¨ ´ / |:::|  / /i i\ \      }   __,/
        {  ′   /   |:イ .厶' | |  \/     ∧/ ̄ {
.          ヽ{     {   /´    ヽ 、         //ハ  /^\      ____
                  \ {         } ト=- __. イ'//,i:Y     >=-- y ´      ` ー――――― 7┐
               ⌒\    /イ ゝ =――ヘ V/,|、\      _,/                      |::::|
                    }>ーzく_///∧ ∨///∧V//,≧\_ /   =ー --      、        |::::|
                  \一 ヽ///∧ ∨///ΛV/// /^   ⌒ヽ              \ __   /:::イ
                     }   \'/∧ ∨////ヽV/イ        \          /::/:ヽ /::::/{
                     __/⌒   } V'∧ ∨/////'/            \           /::::/:.:.:.:.:.∨:::/:.:ヘ
                /     /ヽイ_}'/Λ V'///ィ′         ___\      |:::::|:.ー::一.:ヘ/.:.:.:.:}
.           /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / ⌒ヽ/∧ V/' /|       /:::::::::::::::::::::ヽ     |:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        /          / /      |\'} }iイ i|       /::::::/ ̄「:.ー‐:}     /::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        /     /     /       | `¨´      /::::::/   :.:.:.:.:.:/    /::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      く::\   /     /        |      ヽ   /::::::/     i:.:.:.:.:{___ /::::∧:.:.:.:.:.:./
      i:.:.\::\/     /::\        ′       \i:::::/         :.:.:.:.:.\::::::::::::::イ:.:.\:.:./
      |:.:.:.:.:.\::\     i:\::::::\               _」::イ        :.:.:.:.:.:.:.:.:ー一.:':.:.:.:.:.:`:{
     V:.:.:.:.:.:.:\::\   ヽ:./\::::::ヽ   /        ,.:':::У|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:./
     \:.:.:.:.:.:.:.:\::\_,}':.:.:.:.:\:::::\/_         /::/:.:.:|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:./
       \:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=ーイ:.:.:.:.:.:.:.:.>イ:::::ヽ ____/:://:.:.:.:.| -――― -:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.}/
         ` ー― 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:ハ:::::::::::::::::::::::::/、/:.:.:.:.:.:|/////////イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´
487 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:19:52 ID:IhRGzZaw0

             /:ミ:::::/              、 ヽ
         /::{{::冫、 /             }   ゙
        彡斗ャ∧},/            ハ     ゚
     `ー´ {{  {{;';'j,′     /    〃 V   %
     /´   ゞ==7"       _/___// _..斗-   }!
   彡    {{´// i} {i   ;  // / /     !|   }       /
   // /  ~ / j 、  { ///     ,芹ミxリ  ;}      /
   /   __∠__,ヘ {ミ  ', { ,x:=ミ、    らノ! ノ     /
   /} ,/ }      `ヽ \\.ヽ xxx     、 xxx|ニ二)\,/       /   服装の特徴について分かったところで、
   И/辷ニ≫ 、   ヽ>.._` ゝ    、  ,   イ -ァ" /{!     /     日本に現存する真のキリスト教絵画についても説明しちゃうわ!
     ´         `>、 f´   _]> ., _  ,..イ/⌒ミk"   \___,/
      厂 ̄`ヽく ノ´___  》 ̄”¨ヘ /7/¨~´   i´{    /
      <二>、  〉/´ ,ヾk¨=⇒ーV二]ヾ、     \\_,/
  ,r…‐- .._ 彡 ソ/=‐ ´  ゙|}  \/ハ%ヾヽ.\     ̄´}
 /   ――=≪´”       :i}   / /  .%:. 〉〉``ヾ、_彡'
 { /     /          j;}  / /     %,/    ヽ



        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐   現在、日本では七点のマニ教絵画が発見されている。
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   しかも、その全ては2006年に最初の発見報告が出てから
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :  わずか3年のうちに出てきたものだ。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  まだまだ出てきてもおかしくないね。
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
489 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:28:15 ID:IhRGzZaw0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       これらはどれも12~13世紀に描かれた
       __     //.      __,l       宋元江南仏画というジャンルに属する物なんだけど、グラーチの美術史的研究によれば
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ       その源流は10世紀前後の中央アジアのウイグル絵画、果ては西アジアに遡るものとされる。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  布教の際には、聖典よりこうした絵画が使われたのかもね。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ



             /l      ...  -‐…‐- ...
         《_  ___ヽヽ___ , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         ゝ~ ......>,,∧.:::::, -  ~~ ゙   ‐- ..:::::::::ヽ
       ∠´ァ  :::/ ∧ / ,,- "~~``   、 丶  ヽ:::::::〉
     i __ ,ノ  :::::::|-,,,,/  "         }  ヽ  ヽ/
     ヽ _ _ , ::::/~ ` /      ,     人   ヽ  l
        フ  ヽ‐/ l,      /  , /  ヽ   i  l
      ,ノ  ッ :::::::l、l ' . /  /  /' /   ll l〟|   l
      ~~~ラ :   ノl  l l /-‐‐"//   '゙゙~`}トiル l l   l
        {  /v~"{ `、 /l/  ´      ´ ll l/   ,  つまり私の『アルダハング』の子孫ってわけ!
        ゛V´  ,、.,,ト ヾ / ' ___ 、     , ___  、l/ /ソ,〟- 、
           /  ヽヽ、ヽ "  ゙'     "  ~゙' /-フ/'"  ‐- l
          〈- 、   ヽ| `゙ : : :    .    : : : "/-'´   ,, -‐〉__
         /~`~、ヽ    ヾ〟_    .,___,.     _ '´{   /_~-~´  ヽ
        〈_-、  ヽヽゝ、 ノ  >ト 、 __ ,, 、'`<    `、/~~/   _ =´''
     /゛゛`ヽ、`ヽ、 ヽ〉- '    `Yヽ:::::::::::{彡ミ}::ヽ   ~"{  /~, -"~ `ヽ.
    /  〟´~~`ヾ-- "  - 、、-'''\ ヽ::/∧/ノ┘::ト,- ‐ 、  `‐ ,~´-‐''''ゝ、 ヽ
    {  /         /   //  , - ゙H∧::":::::::/l     ヽ         〉 ノ
    ゙ /         /  ∥/  /〃{ l::::::/ ゝl     l        "
   ヽ{        /  / ゙、 / /レ1 ~~   》   V
            /   , '   / / /   |     /丶、  ヽ
            、 /    / /゙゙/"   |     /~、ヽl}  〉
             ヾ{    、 / /    |    {  ヽ /- '
             ヾ    ~ ‐┼‐   |    |  /|
               lゞ、    ヽ     |    | / 丿
              | `T T゙゙゙゙゙゙゙| | ‐---|    /イ
488 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 22:26:14 ID:VWfCpeCU0
新たなマニ教の経典とか出てくる可能性もあるのかな?
内容も厨二乙じゃなくて、仏教とキリスト教が完全に理論的に融合している感じのやつ。
490 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:32:08 ID:IhRGzZaw0
>>488
トゥルファンの発掘調査は現在も続いてるし、
偶然民家や寺院の屋根裏から古い紙束が大量に見つかるようなことはままあるので、可能性としては十分あるかと。
491 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:32:47 ID:IhRGzZaw0




            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、       これが最初に発見された、大和文華館所蔵のマニ教宇宙図だ。
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    これは長らく仏教の六道図だと見なされていた。
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   「六道」っていうのは天道・人道・阿修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道のことで、
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /   宗派によっては阿修羅道を脱落させて五道とする場合もある。
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/
492 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:35:39 ID:IhRGzZaw0

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ    従来の見方だと最上段が天道、2段目が釈迦・道士・儒者の儒仏道三教合一の場面、
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l    3段目が現世の四身分(役人・農民・職人・商人)に代表される人間道、
       У      ヒ"           l
      /、 r、 γl /        ーァ/    4段目が死者が裁きを受ける場面、
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       5段目が地獄道とされていた。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ      でも、これじゃ天道・人間道・地獄道の三道にしかならないよね。
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ



          ////////////////〃==…=ミ////i}
       //////////彡"~´          `V/
      f_///fヾ、,-、"´              }    ヽ
   .__彡"__,.斗ゞr㍉,) .,′  /     / ,ハ    ’
   ,/≠´   (二(::::)_) ′'" ̄`  // / }     ,
   {〃  i{  〃(_ノ i{ i   /   / // `ト、
   从{!   乂∧   ,-{ {: / /  /    j'}     i}
    ゝjー- {! '。 { r{: v/,x=ミ、    _   }   /j
     〈-、  `ヽ、.込  { 、 、、     =ミ、 '  У     それはこの絵が、私の教えに基づいて描かれたからよ!
      ’,ヽ、  ヾ ヽ、.ゝ      ′ 、、、厶彡
  γ・━…ー‐-㍉   }`} \_  ( ̄ ァ    少ム==,     前にも言ったでしょう、人間は死後天国に行くか、
  }! __,,..====ニf“¨ ̄ ̄{:{ヽ __´_,. <彡_>‐‐ヲ     現世で生まれ変わるか、地獄に落ちるかの三つの道があるって!
  ~“== rニニ==≧x.,___ヾ、___,/ >ミx≦__=<_
  / ̄7´     ||||   ̄~”ヽ弌マ"´  `ヾx ヽ三≧;
  ヽ ,/         |||j .,      マヘ\    ヽ. \`У
   `7    \  |||〃      マ;ヘマ\    \ ハ三≫
   ∧      ヾ }/          ハ;ヘ;マ ;ヽ    ゙vヘミ:x
  ∧         ,′       ν}ムt=! ;}       :. }ノ
  ,′    _二ニi{          }__} }_/  .,rfヽ   ゙
.  、___/o __:.           } }   /Y \ }
      ヾ/    .. . . . . . . . . . . . . . .≠. . j|_/入\.ハ
       ヽ    ゝ_: : : : : : : : : : : ノノ: ._j:::1_/ )(\j\ヽ
       __ヽ   ./ ゙l` …―…'' "_,/”ム::j::i:=f≫xノヽ::v
       `ヽヽ /  __L,,...-‐“¨~〃 /i{::::::::!:::i}::::::::{:::::::ム
         i} ̄ "´〃      ノ  i{ ゞ::::::::::iト:::::::{:::::::::ハ
493 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:38:50 ID:IhRGzZaw0

                 ..-...―.....-..... 、
            ,-、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
          ,へ{-i´::::::::::: , 一 ー - 、_:::::::\
           /  || |:::::: /          \:::::}
        /廴 r⌒/         /     \
      /  > ̄>       /       ハ     ヽ
      フ ((   /     /  // /  l i     i
     /ス| \/  /    イ イ /  _ i-|‐    i
        レ从/   | -―-x / //   __ リ |   i }
           / イ  | i イ/ ― ´   イ P:::::)ヾ / K _ ,、          それに4段目で雲に乗って死者の裁きを見ている女の人たちが
         // ヽ ! i i /リ __      ゝ- l /ノ/ /  ̄ ヽ        1段目にもいるでしょう?
        ´    \从  ´ ̄`  、     / //フ   //ノ , 、 ヘ
         , /`< >ー      r -、  ´/ /, - 、/_/ / /   これは善なる死者の魂――光の要素を導く「光の処女」なの!
        {      ヽ\    `ー  /  /    \- 、 /  /
        ゝー―-..,,   > ` >  < |ニ レ  i    _    /  /_/ ̄\
         | ̄ ー-一_>ノ <二 ̄〉 i ̄  _ |  |  //⌒ /\// ̄ ヽ ノ
       <      \    \ \ ノ/ ̄ /   | / / _/ /::::::人     V
          ̄ ` </ ̄ フ-―ニ(二)´ ̄ >ー - ! /  , ...::::::::/::\
       _,,.._∠´/   ハ、 /≠=||    ゝ _ |`::´::::::::: ヘ、::::/::\
       /´ /  /    /  / || フ |        \ヽ、::::::::::/  /、::::::〈
     | / /     /  // || / /        \ヽ::::::::`..フ  /|:::::}
     レ  ヽ    /    // =/ /        . . } \:::::::::::::::て_,,..ゝノ
         \   /   l_i   || ̄     . . . : : :/ / \ ::::::::::::::/
         人`ーl   . . : : : == : : : : : : : : : : : :/..../    ̄ ̄
       l ̄ !  ー{ . : : : : : : : : :|| : : : : : : : : :_,,..イ:::::/
      |  \_ へ _   ,,.. -――┬――――/
        ハ      /   ヽ壬...::::千:::::::| |::::::::::::::::::/
      /     /      |::| |=キ=//::::::::::::::::/



               「 ̄\  -─-  / ̄|
                >、            く |
              /  /         く ヽ、
             /  λ  ー    、__  Y  ヽ.
             /  / !          人   }     服装から言っても、2段目中心の主尊は摩尼光仏だ。
       _ -─⌒ヽ/  /  ゝ、 `ー'`‐'  イ  |   |
     /   - 、/  /   / `  ̄ ヽ    .|   |     画面右側の座っている白衣のマニ教僧が説法をしていて、
    /    (( >ーミヽ八   |        )  |   |     その前で立って手を合わせているのは補佐のマニ教僧、
   /     >   `>) |   |       /  .|_,,.-ー-、
  /  _,,,,-'"´     /イ.|  λ |   /   《イ ´´ |ソ    画面左の紅衣を着ているのは高貴な身分の俗信徒で、
  | (: o:      /   |  ノ|._-┴-メ__人   |    ヽ   その前に立っているウイグル風の人物は従者だと推測できる。
  八   ̄(:o::{o/    冫彡 く............. `ヽ、  ヽ    `゙'ー.,____
   \  ( ̄|    /入/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 \:o::|\: :\: :o::)
     ヽ|  ヽ   |..../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_   ̄  \o:) ̄
         ヽ  |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ≡≡、
          `ー|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
494 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:41:36 ID:IhRGzZaw0

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ   続いて紹介するのが山梨県の栖雲寺が所蔵する絹絵だ。
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /     これまた長らく虚空蔵菩薩像と見なされてたけれど、
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\    2006年に景教絵画の可能性が指摘されたことを切っ掛けに
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )   マニ教絵画説が出てきて、マニ教イエス像として認知されるようになった。
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄

ttp://www.city.koshu.yamanashi.jp/shisei/files/20121012/%E8%99%9A%E7%A9%BA%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%80%80%E3%80%80.jpg

495 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 22:44:14 ID:IhRGzZaw0


                /            〉    \
                /                    ヽ
               //            /..イ          '.
                 // /    .′  //  !             '.
            .′ ′  /   //   i: !      '.   |
            i! i !   -/―/ j/      _j:/|  ハ   / '.  ¦
            i! i !   | /  /      |`ト、; |  ′ } r=ミ
            i! i !   |ァ==ミ        -ノ、V ヽ| /   ,.=!! 〃
            i!ハ '. Kl rし.::ハ     xァテミメ从 ′  《r⌒ヒ》    ほら、この絵でもセグメンタム付きの
                 ヽY V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈  /弋__ノ    ショールを着ているでしょう?
                    小ゝ,,,,    ,    ヽ:::゚ソ / ./‐、《__》_》
              rく:人          ,,,,,  // f⌒ }>─┐
                  ノ ヽ::ヘ.    、 _       / ィーァ'´     イ
                (     \::> 、      _..   イ |/      _j
              入    ゙ー‐} ー┬  __ .===く   _ ..‐ ¨¨′
            rく::::::::::ア ー―┘ r==‐ ¨¨. ----- <:::::( _ .. -―┐
            {   ̄ ̄ ̄ヽ    |    / ´  ̄ ̄ ̄ ̄<      {
             ゝ ____j   /  // ...:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:... Y ¨ ̄


       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V    景教は支配者側の宗教だったから、仏教に偽装する必要はないしね。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    この画像じゃ分からないけど、
.       / 个 . _  _ . 个 ',    セグメンタムの中には女性、恐らくは光の処女の顔が描かれている。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄
498 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:04:38 ID:IhRGzZaw0

               _/`ヽ
           / ̄  `ー‐  ¬
         / ●      //      『宋会要輯稿』にある1120年の記事には明教の記述があって、
          { (__   ●  / l/
         \ `ー'  , |       それによると温州(浙江)には仏堂に偽装した集会場が40カ所以上あり、
          | iヽ   イ!  |       毎年正月の日曜日には僧侶と「聴者」が中心になって祭壇 ―多分ベーマ壇だろうね― を設置して
          | 乂}   `| |      愚民の男女を煽動して夜に集まり、
          | ノ  ,:コ、 |
         〃/  // |  、‐- 、    様々な経典と共に「妙水佛幀、先意佛幀、夷數佛幀、善悪幀、太子幀、四天王幀」
         ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ    という「繪畫佛像」を持っていたそうだ。
            {    |::::∨ ̄  \
           rヽ    、_、   、\
         \      \ ヽ  、)
           ー----一'^ヽ _)ー'



                    / ,r' /       }       \
                   /'/ , ' , '      _ ノー、  、  ヽ   \ー
                  / /   / ,/  /,.ィ"´   ヽ_ヽ  l    '.
                /'  '!    l_/-‐''//i/     ´l ヽ`丶、'.   |
                l'  l l   l |  //  ヾ、     l   ! |  ヽ.  !
                   |!|   从 |i_,,       ノ--ノ人   ヽ. |`¨´
                   l !   | ,-''斥芯ヽ     ァ笊込、 ヽ  ヽ!  そのうちの「夷數佛幀」が、イエス仏の肖像画なの!
               ___  ゙.ヽ  ヽ!  {l::u:::l}      {!:u::l} 〉イ `ソー'-
              ,r' / `ヽ. Yヽ  \  '.;;;;;ノ        '.;;;;;ノ  /  イ、!ヽ ,r'、__
             ,r/ ,'ヽ  ヽ! lrヽ ヽ  ー    ,    ー  /,ィヱ'ノ / ,| i ヽ
           ,.-|  {   ヾ  ヾ、ミヒーヽXxx       Xxx "´/r-'' / //l   ト`ー、
         ,r'"| λ   ヽ  l |   !  ̄l"ト、     <   フ    _ノ!il   l  l i/ l l ! |  |    ___
    ,イヾ、  l   i ト ヾ.\ \l __l | _ノノl `r 、        _ <") l ヽ、 _ゝ y' // / //,' !  /´ヾヽ
    // ヽヽ l   ヾ ヾ、\ ヽ、 ̄ _ノ  l <! - -‐ i,>)    ヾ、三 /    , 'y'   /,ィ"   l |
   ノノ   ヽヽゞヾヾヽ、≧  ,r─--<__   _,| `゙-;---''´ |_      ヽ´、_//  ,イノ/    l l
   "´     ゝ、ノ`ー──‐/       `""` ` / |   / `''ー''"" ̄ ̄ト、 `""ー''´ゝ'      ノ'
499 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:06:36 ID:IhRGzZaw0

           |\           /|
           |\\       //|
          :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.          V            V    残りの5点は個人蔵で、2011年の大和文華館開館50周年記念特別企画展I『信仰と絵画』で
          i{ ノ    `ヽ   .}    公開されたらしいけど画像が見つからなかったよ。
         八 ●   ●   八
          / .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃   ',  『大和文華』121号に載ってるらしいけど売り切れだった。
.       ./ ..l ./⌒l,  __, イ   ',
.     _/  ...il /  /     '...  ',__

                     //                   ヽ
                     / /  _  ―  ̄ ¨ ― 、 \
                    / / / /               \  ',
                   i  / /                  \ i
                 /v‐ 、 /              l:   、   ' , i
                 { | ヽ               l::  ヽ:.    i
                      >r )/_   .::/   /       /:    i::   / }ヽ
                 { ゝ_) /  ::::/   /    /   イ     l::   〉 l_}
                、 /(_)   ::i   /  .::/' /  i i   l:  { ( ) }
                  / V::|:{ :i    :l  ー―-≠-/ /   i i    l   l/_ノ  常設展示してほしいわね、人類の遺産なんだから・・・
.              /ヘ   ',l:ノ):.i   i //::/  / ´    \i_i   l   イソ\
             <   \  ',ヘ\.i  |/ xぅテ=ミ         |:l`ト  l   /::l:/  へ、
         ___\     ヘ\\ l 弋゙z'ソ       マミヾ|、 l /  /` >  /
           /\:::::.:.\  ...::::::::〉 ̄\| ハ ヽ       弋l_jソ}`l/  /,..ノ /   /_
          /   \ー‐\:_:::::::/    |:、      ::、   ハヽ¨´ /:/ (:::..    /.::
       {       \  / ̄   :i  |:| >             ´/   \:::...../ー
       >、    .::::::>/     :i |:| : \  ー -  _ ,, -イ: /::     |` ´   /
       (  ( `ー 、::_/       ,:i-―.... ̄:⌒Y¨Y ̄.....‐-.ノ/、/:       \  (::::
       \\    \. .       ヽ::::::::::::::: ,;;;;;辷ノ;;;;;; ::::::::::::::/:    . . . . ノ  \:::...
         > >      \: :ヽ: . .  〉::::::::: ;;;;;;//| |\;;;;;,, :::::::/   /: : :/     ̄



 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i       学術的にも美術的にも価値あるものだよね。
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧      マニ教はかつてのキリスト教のライバルとして欧米では関心が高いから、
/ .\                        /  ',      個人蔵のものはヘタをするとそのうち海外の美術館に売られちゃうかもね。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i
501 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:10:58 ID:IhRGzZaw0
とりあえず自分が日本のマニ教絵画について調べてわかったのはこのぐらいです。
ciniiで調べたところ『大和文華』はお茶の水大付属図書館なら見れるみたいですが、
そこまで足を伸ばす余裕がなかったんでこれで許してください。
497 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 22:58:16 ID:3MXkGFps0
コーランの最古版もモスクの屋根裏から見つかったし、これからが楽しみだな。
マニ教は流行らないだろうけど
502 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:37:33 ID:paVy0rlE0
乙でした
遣唐使あたりが持ち帰ったんだろうか?
505 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:40:52 ID:IhRGzZaw0
>>502
宋元仏画の中に紛れ込んでいた代物なので、遣唐使が持ってきたって事はないでしょう
504 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:40:09 ID:1J4nEyiQ0

マニ教の文物が日本に伝わっていたとは知らなかった。面白かった。
506 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:41:29 ID:VWfCpeCU0

マニ教の死生観の遠藤周作が思い浮かんだ来世になんか似ているぞ。
輪廻転生はするけど天国は存在するという、異端レベルじゃないってやつwww
510 ◆OkhT76nerU 2012/12/09(日) 23:52:28 ID:IhRGzZaw0
>>506
日本人カトリック作家の代表格が
「最悪の異端」と似たような来世観を持ってるとは感慨深いですね。
508 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/09(日) 23:48:44 ID:3MXkGFps0
乙乙! 宋代の美術品やらは日本の方があるんじゃねってくらい持ちこまれてるらしいしな
514 クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで 2012/12/10(月) 14:17:24 ID:sacD7uX60
>>501
国立国会図書館と、東京国立博物館の資料館に大和文華121号の所蔵ある。
どちらも面倒(特に東博は平日しか開いてない)だが、御茶ノ水に比べればマシでしょう。

ホントは荒川区中央図書館併設の郷土資料室にあるのが一番楽だけど、
何故か121号だけ無い・・・!司書さんに確認したから確実。借りパクした奴はマジで死んでいい


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 後書き
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4508.html

解説は身も蓋もないことを言いそうなキャラということでQB。
青木健『マニ教』をメイン資料にしていたからか(というか4話あたりまでほぼこれだけで描いていた)、
「このスレを見てから、青木健先生の本を読む度にキュゥべえのAAが浮かんでしまうようになったw」というレスを頂きました。

        l、            /
.        l \         //
        ,.l  ヽ- ─ - 、/ /
     . / l /       `ヽ/ヽ
    /  //  ○   ○  ', ヽ  ボクトケイヤクシテ『マニ教』カッテヨ!!
  ヽ/  / l           lヽ ',
 /\/   l   (_ノ_ノ    ,' l  l
イ  /ヽ   ゝ、       .. ´  .l  l/
 レレ       ` ー─ ´    /´l、
                     レレヾ

無自覚とはいえ存命のアカの他人に変なイメージを与えるってどうなんだろう・・・
418 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:57:30 ID:gnph.ETA0
自分も描きながらうっすら感づいてはいましたが青木先生の著書については色々批判もあるようで、
某ブログ管理人さんからの又聞きによると、

「イラン史に詳しい人曰くいい加減で投げたくなるような部分もあるが、それだけで一冊まるまる否定するともったいなさすぎる鋭い指摘が沢山ある」
とのこと。
『マニ教』のp38でボイスによるマニ教原点の抄訳を「誤植が多く、そのまま引用すると研究者が無知を暴露してしまう恐ろしい本である」
とか書いてるくせに、アンタ自身がそのクチかいw


とはいえここまで詳しくマニ教扱ってる本はないし、今更路線変更できないんでそのまま描きました。
まあ最初に「話半分で聞け」って言っといたし別にいいよね!


人_人_人_人_人_人_人_/  __           __
             (  ⌒ヽ\      //⌒
        予張.       > |   ‘,\ _ / /  }
        防.っ      (   |>=-'     `  ⌒ ヽ       rx
        線て.       >´ /           \  \ (ニ| iニ)
        !て      (  /                 (ニ| jニ)
          良      >   ●      ●            |/      .
          か..    (                   }    __  __,
.          っ.       > i    ー'ー       人   | | | /
          た      (  |\           /  ゚。  V | /  __,
                > | __ ーr  _   イ  /     / i7i7}/
             (  |⌒ヽ }        {  {{___, ノ\   /
425 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:10:44 ID:4FjiT7Ec0
1800年も前の弾圧されて滅びた宗教なんざまともな資料残ってる方がおかしいよね
ところでボゴミル派とかカタリ派みたいなグノーシス主義の流れを組むマニ教に近い異端キリスト教って
欧州でマニ教が滅びて数百年も立ってからいきなり出てきたというのは、何らかのマニ教絡みの経典なりが残ってて影響を受けたと見ていいのかな
(…)
実はマニさんの父のパティークとシリア伝道に行った「教師パティーク」は別人だという説もあるんですが、
同名異人を増やしてもややこしくなるだけだし、何よりメソポタミア→イラン→インド→イランに帰国→再度インドへ→メソポタミアで謁見に同行
→シリア伝道→メソポタミアに帰還というメチャクチャな移動を一人でやっていた方が明らかに面白いんで同一人物説で。


   /      _>‐i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\: :\ |            l
   !  _>       l:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:ハ:.、:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ        /l
   ! | f⌒;     l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ノ l:.:l、:.:.!/_ヽ:.:.:.:.:.:|: \:|         / ,
  ム l弋ノ     'l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/  !:.l !:〃⌒ハ|:.:.:.v: : :ハl         / /
  /  ぃ         l:.:.:.:,:.:.:.:.:.:./:.:__x≦、 ヽ///!| ヒ:i , l|:.:.:.:l /: :|      / /
‐く  ハ V       'l:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂 ヒj ヽi \//| ノ'ー=彡ノ: /∨: : |       / /
_  \l VV         l___:.:.:.∧___ ィ彡'〃 V   ゞ彡イ: : 〉!: : ,'    /,. ゙    俺はスペシャルで!
 `ヽ| い        /⌒ヽ`ヽ、     /   ヽ     ! |: : l l: :/    //
   Ⅵ  弋 _____/    ヽ V   /   _ r'゙     /: !: ://:∧ .//        パルティア貴族で!
   l|    V:::ヽr、ヽ     V Vト 、_____ r' /: : !イ/ //}「 ∠
   l|     ∨:::ヽl }\     Vl Ⅵ^ ー――く7 イ: : : /: / j〃 // ヽ、       長老なんだよおーーッ!!
   弋     ヽ:::::`く  \  K 弋       l //: : : レ'i  / /´ >、 i\
     ヽ     \::::::\  `く  \ \___///: : : :/ l  ̄ //::::::::>、 \
      ` 、    丶、:::::ヽ、 \  丶、_/ ̄ ̄\: : / 丿 /イ::::::::/:::::::l 、 ヽ
       \      丶、:::丶、 丶、  ヽ      y/l ̄ゝ__ゝ:/::::::::/  ` 、'、
    , -- 、   \      `ヽ、::丶、 `''┴―― /´/:::::::::ヽ  \_;/     `\

『マニ教』いわく、シリア伝道に行ってから一年での突発的な帰還は(エルカサイ教団への入信・出奔などの)
マニの父の行動パターンを彷彿とさせるので、やはり両者は同一人物のような気がする、とのこと。
さぞかし生きてて楽しかったことでしょう。
426 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:11:08 ID:gnph.ETA0

その親父に捨てられた空気な母、マルヤム。
「マルヤム」って要するに「マリア」のことなので、もしかしたらマニさんとイエスの共通性を強調すべく捏造された名前なのかも知れません。
もちろん元々彼女がキリスト教徒だった可能性もありますが。
(…)
アンモーといえば、作中説明はしませんでしたが東方マニ教会は早くからそれなりに独自性を打ち出しており、
(ミトラ神の位置づけの理解にアンモーとマニの間でズレがあった模様)
サーサーン朝の弾圧でメソポタミアの本部が弱体化した際一時的に独立しています。具体的な争点や相違がわからんから端折ったけど。

     _________________
    |                            |
    |        デーナワリー派         |
    |_________________|
         ⌒≫:.:-|::ト:: \_/:.:∠ ̄ ̄|::|
       /: }三.|::|三≧==≦三≧、 |::|
      /:.:.:.\≠|::| : : : : : : : : : : : :.:.:|::|ヽ
       .′ : /:.: .|::| : : /|: : :/ : : 、: :.:.|::| ',
    .ノイ: :/:.:/:.: .|::|:/ !:.;/ヽ.:i\: : :|::| :
        |: :.:.:.′ .,'|::|  \i/  ヽj/ ヽ|::|ノ
        |: {⌒i八{ |::|  ┃    ┃  |::|
        | : 、_,. .|::|    _     ノ|::|
        |: : /: : :` |::|_=─‐┴┴=≦ __|::|
        |: / : : : (___)) 〈()〉 (_(__)
        |/|: : : : / ヽ/   .人  ヽ、
        | : : :/|: /   /'⌒Y⌒マヘ.
        .ノイ}/从:{   /^ト-u个-u}_;}
         , -(-、 `⌒`ーl、___〕___〕
       {::   .}    `ー‐┴─┘
          `ー‐'

           /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
          / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
         //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
         .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | |  |/ /`V=、
        . || |  l  | ,X= |         \|| l }=| c | |l     ━━┓┃┃
         ! ! ヽ ゝ| ´⌒ヽ      , ´⌒ヽ.  .| /  A iiiゞV..        ┃   ━━━━━━━━
           ヽ ヽ!{     }     {     }  /  /=ヾ|、X        ┃               ┃┃┃
            `ー乂__,ノ     乂__,ノ /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,                        ┛
             /|     '          / ノ/リ-'ノ- '´  ――|
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ―゚ 。゚ 三 ≧     ゚'ゝ  イ /     -- 二二,!
        /__-== 三       ≦。    |        ___ 。 -=≦        ,ァ-  .|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       ゚ ・ ゚。  三<       、,Jト   | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ≦ ッ       ッV´≧   ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―。 ゚ 。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。 '''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
430 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:30:27 ID:BIj/rmJY0
正直言うと、耳慣れない文字が多くて弟子の方は把握できんかった。
印象的だったのは、病気の娘治したり、文字を発明したりするところだったなあ。
431 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:36:47 ID:gnph.ETA0

ウマイヤ朝下で再統一されましたが、その後またもや再分裂し、アッバース朝初期に
「アフリカから来たアブー・ヒラール・ダイフーリー」によって再統一されたそうな。このへんの詳しい経緯も不明。
アッバース朝の弾圧が始まって以降イラクから中央アジアに脱出したマニ教徒と、中央アジア土着組の折り合いも悪かった模様。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    畑耕すな泉で物を洗うな!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !   光の要素粗末にすんじゃねえ!
     /     `ー'    \ |i
   /      アンアン ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

                                           ____
これは薬草育てて医療器具洗ってるんだお!              / マニマニ \
                                        /_ノ  ヽ、_   \
マニさんはお医者さんでもあったじゃねーか!           /(●)三(●))   .\
                                       |   (__人__)      |
田舎モンにはイラクの先端医療はわかんねーだろうけど!   \ ヽ|r┬-| /   /
                                       /   `ー'´      \
(…)
ローマ帝国でのマニ教について調べる際、参考書としてアウグスティヌスのマニ教理解についての論文や
「異端」を題材にした本を読みましたが、ズバ抜けて面白かったのが以前も名前を挙げた『異端者たちの中世ヨーロッパ』。
値段も高くないしイチオシです。

///////////////////;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;ヽ//////
////////v- =ニ.. _///{;;;>ー=ニo、;;;;;;;;;;o;;く///////
V///////{ : : : : : : :`/ : : : : : : : : : : <;;;;;;;;;;;;ノ////////
. V//////{ :.:.:.:.:.: : : :./」 : : : /\ : : : : : : : : :>x///////
 ,iV/////〉 :.:.:.: : : :,’ /::ト. :./  、 ∨ : : : : : : : : : : : 〉///////
 i;;;V//// :.:.:.: : : : ,' じ'’∨  /:::} V : : : : : : : : :////////
. {;;;;;∨//{_:_:_:_:_:_:_:{::::   .    じ'’  } : : : : : : ://////////
 ',;;;;;;;\///////.八    .   :::: ,.ィ : : : : : : ////////////
  ∨;;;;;;;;\/////.γ≧=ー-o=チ:::Λ : : : : :////////////
   \;;;;;;;;;;;>-,,,,,,,`:::o::::::::::::::o:::::::::Λ : :////////////
    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ ̄。7 ̄`冖ト、/7//////////////
      ` - =ニニ/ 。/      i;;;;;;;\////////////
       r、_ ,.イ_/\    ト、;;;;;;;;;;;;</////////
       { __      r-、 / \;;;;;;;;;;;;;;</////
          `ゝ ... ___i  /    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                `'´

こっちの見解だと当時のカトリック知識人が地理的にも時間的にも隔絶しているカタリ派やボゴミール派をマニ教起源と見なしたのは
「異端が本質において同一であるという異端観に由来するものであり、
なんらかの系譜や伝播の事実に言及したものではない」だそうな。>>1もこっちに賛成です。
440 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:12:21 ID:DGuxrAlo0
>>436

これは自分の説明不足のせいなんですが、サーサーン朝&神官団の奉じたのはあくまで「ペルシア的ゾロアスター教」であって、
それがゾロアスター教のすべてではなく、特に地方では様々なバリエーションがあったはずです。
つい「ゾロアスター教」っていうとローマ帝国のライバルの国教=キリスト教に匹敵する大宗教って考えちゃいますけど、内実は割とバラバラです。
なんせ長らく聖典が確立されてなかったぐらいだし。
(…)
アッバース朝のマニ教弾圧に関してなんですが、7話投下後読んだ『ギリシア思想とアラビア文化』によると、
アッバース朝政権成立はペルシア人の支持によるところが少なくなく、またダマスカスに本拠地を構えたウマイヤ朝と違い
アッバース朝の本拠地イラクはペルシア人人口が多く、政権内にも多数の官僚を抱えていたのでペルシア感情を慰撫する必要からやったと見るべきだそうです。
(…)
サーサーン朝のやっていたギリシア哲学研究の継続にもサーサーン朝イデオロギーの継承という側面があり、
アッバース朝は実務面のみならず統治理念という意味でも、かなり意識的にサーサーン朝を参考にし、箔付けのために後継王朝を標榜しました。
ペルシア系知識人としてもそういうことにしておいた方が違和感なく体制側と結託できるので、
国祖アルダフシール一世や名君ホスロー一世を理想とする君主鑑をバンバン書いたそうな。


                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/


この説を採るなら、マニ教弾圧は君主の気まぐれどころか相当高度な政治的判断です。
前近代の人間が妙なことをやったとしても、よく調べるとそれなりの合理的判断が働いていたというのはよくある話。
「何をもって合理的とするか」が現代人と異なってる場合もありますが。
447 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:51:25 ID:DGuxrAlo0

なおマニ教を痛烈に攻撃した当時の御用学派ムウタズィラ学派ですが、
ただでさえ小難しくて人気はなかったのに、その後「コーラン被造物説」を唱え、
これを受けたカリフ、マアムーンがミフナ(異端審問)始めて一気に顰蹙を買います。

                                                      ノ )¨¨:、-.、__
          --――――--                          ________j |ヽ  ;  i ヾ¨;_
        /        、      ヽ\                      i´!|        |三三「 } }  } } .}j
      / ̄ ̄`   .,_   \     }  }ヽ                     | i!|           l| |l  し! / ./イ |
.    /    _/   ̄ ̄`ヽ.,___ノ ノ '.                    | i!|        《___》  `¨`¨   .|
.     /      ヽ           `¨¨¨ l }                   | i!|                   |
   /       ̄/ ,:     ':,       jノ                        | i!|                   |
   /     '''フ /        !   /   |                        | i!|                   |
  ノ: : : : -==/ /  ̄ ̄`丶、|   /   .!                    | i!|                   |
  \: : :___: /   ¨¨弋ツ¨:.:.:.  /-―― 〉                   | i!|                   |
    ヽf  ヾ       '"    ト、¨艾`/    コーランは永遠なる神の言葉ではなく                  |
    | :.:.:{            |   │     その被造物に過ぎん!   | i!|                   |
    ヽ`′             |     ′                     | i!|                   |
     `ー!          ':.:.:/   /                         | i!|                   |
      │:、     ,,-――‐; /                      | i!|                   |
      │ \   ` ――‐‘ /                             | i!|                   |
      │ ':, 丶     ̄  /                          | i!|                   |
      │  ':,  ` .,___,ノ|                         v/三二二二二二二二二二二三/
      r┴――‐┐┌――‐┴┐         / ̄ ̄/¨¨¨ヽ―- 、___/: : : :/: : : : ::i : : : : : : : : :│
      |: \/////┬/////////|__,.. --― ': : : : : : /:.:.:.:.:.:/ : : /////: : : //: : : : : ::!: : : : : : : : : :|
    /|: : : \///|l|l|//////////////: : : : : : : : : : : /:.:.:.:.:.:/: : :////: : : /: :/: : : : : : :!: : : : : : : : : :|

あるいはマアムーンの要請を受けて「コーラン被造物説」が提唱されたのか。
どうもこの辺りの話は、コーランの権威を盾にカリフ権を制限しようとする法学者に対し、
神学に対する哲学の優越を確立させて世俗権力を理論的に正当化しようとする意図が働いていたみたいなんですが。
449 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:58:06 ID:DGuxrAlo0

ミフナは大して効果が上がらず、特に鞭打たれても自説を曲げなかったイブン・ハンバル(後のスンナ派四大法学派ハンバル派の祖)が
逆に大衆のヒーローとなってしまったので、そのうち形骸化し、評判落としたムウタズィラ学派は御用学派から転落。


           <     :,   \
         /         }   } \
        /__,. ----==- 、ノ>―‐z.._ヽ
      /   /               } }
      /    {                | |
   r=彡 __ム  ___,ノ      ゝ.,__ |ミ|
   ヽ: . . : . . :/                |:./
    ∨: . . : .7     ●      ●  j/
      \ -、/    u ゚//////////゚u  | }
      {: . .     u    r~~‐;   u .リ
      ゝ _,、 u   /: : : : : :|  u )
           `  ...__└~~‐’   イ
             }三三r「{ ̄
            ィ´:.:.:o===o、
             /:.:||:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.||:、
          /:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.リ:.:i

マニ教と同じく、かつて一大勢力を誇り歴史上に足跡を残したが異端に転げ落ちた一派がここにも・・・
451 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:59:10 ID:DGuxrAlo0

ムウタズィラ学派は思想界の辺境に追いやられて、圧倒的多数のスンナ派からは
批判的文脈で言及される程度でほとんど忘れ去られますが、各地のシーア派に保護されて一応現在でも生き延びてるそうです。
諸行無常。
(…)
どこまで調べても牟羽可汗の入信の理由はわからず。なんなんだよホント。


    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |.   マ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|.... ニ   〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ.... 教... (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕..... ェ.. 丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ..... !.... |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::| 新 オ お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./| た レ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::| な に は |::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光  と    〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}  だ  っ   丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈  ! て    |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|    の    |::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j         |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
457 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:19:00 ID:20rT37As0
仏教勢力対する対抗勢力を築きたかったんじゃないか?
458 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:20:22 ID:O32eUiX20
遊牧民の資料のなさは本当困る
459 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:22:23 ID:DGuxrAlo0

           ,. -  ̄ ̄` ゛ ヽ、
         /          \
        /         }       ヽ
       /   |       ハト、 |    ’
        /   l   //  i|,.斗─  | :|        ウイグル王国時代の遺物が見たかったら
       {   /|__ ./    .リ リ\| :| :|        このサイトがオススメよ!
      丶  {´\|       _,  } ハ/
        イ ィ=ミ    ィ=ミ ムイノ        ttp://dsr.nii.ac.jp/
     _ /|           /〉//У ̄ ̄`ヽ
    /   `ヽi^ixx  、__,   xxrvィY´  rニニイ}
    辷> 、 〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /} {  / 、 x‐=ミ
  x‐=ミ ノ/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}\{_У     }
  {__  \|  /   / l ./|   | /  |  ヽ∠ニニソ
  ゝ─‐ヽ | /   ∧ |/ .l  |./   |.  \ __


¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.    『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブの項目から
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.    「マニ教」で検索すれば色々出てくるよ。
  .,:′           `ー'^ー′    }  i
 人                   .:   |
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |
460 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:26:48 ID:DGuxrAlo0
>>457
だったらゾロアスターなりネストリウスなりでもいいわけだし・・・



                 从人ノ、
               ゝ从    ゝ - ―― - 、
              ゝ 〃   /////////////\
               _フ /    f/////////////////\
           ⌒7 /   f⌒Y Y´       ̄` ー-、//ノ
              厶イ   f´¨`Xノ          ト<
               ノ/   `Y´              ′
              ´/    ,.イ ′′ _,∠/ //  ハ}   '.
             厶イ从i'′i | !   〃/× / /  i   i!i
               '′_ ヘi「{   ィ斥ハ、 .'/ .-‐ ,ヘ ハ!
                    }   \A人  ゞ-゚'′   ィ斥厶ィ/ ノ    さらにここでは、ベゼクリク石窟を
             __  .ゝ.   \i ト、!    , ゝ゚゙从/      セカンドライフ上で再現もしているわ。
            {i \   \  ∨i\  r_ァ   仆、_
             ゛、  \厶_\ ii「丶゙ .z-  ≦=- /      ttp://www.youtube.com/watch?v=1pWaHs2PyWA&feature=plcp
                 > -―iー、__`ー' __\f`>-=x __ ̄
         ´`ー―/   __|ヽ_)  ` i二)、r'''`ー/  ヽ、= 、
            i  ir" |-、__    i'-‐`ー=-ー''',,  ヽヽ ソ
            、  {i .|`ー--'、   |`ー" .|'''' ̄_rー  .ヽi
             ヽ、_`-ヘー、--'  .,/、>-ミi.'--ニ'''  〃`ヽ
              v ニ 、`_-==-'/      i`ーヘ=="   ヽ
               ∨ {!    `     }    \      ヽ
                 ',  ヾ        /    ノ\    ノ


 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |  なんで今更セカンドライフ・・・
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i
462 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:29:30 ID:DGuxrAlo0
                     -―― ー-
                     ´          `丶、
                /                     \
                       /        \   ヽ
               /           /、        ヽ  ハ
                /           / '. !  i|        }
             ′| | | . イ /  `ト}-- |、._|_    |  |
               | | l  ムイ /!/    !.| | i|  }     |   |
               |! {  { |i /_{'     jノーィ==ミハ }    !   !       ほら見て!
               |イ|、 、 Ⅵ==ミ     " .:.:.:  }/ /  '-、ノ `ヽ
             |j \ヽ `¨:.:.:.:.     .:.:.:.:.: ムイ /´ノ> ´ ∧    ぬり絵まであるのよ!
                   ゝトゝ.:.:.:.:. ′ _  ∠ イ¨´/ /   ヘ
                 K ヽ、   マ   ノ   . イ {_/./ /  /彡ノ   ttp://dsr.nii.ac.jp/kids/asobu/nurie/
                 } ー ≧  _ ¨´_ <  }ハ ヽ/ / .イ ー ´
                〈ー -=ニ三 / rzzvzzz彡ヘ、{_/ |/`ヽ
               r≧ー―‐≧'_ノ  }i{´    Vi7ー<//}
                  ノー r ´ ̄ }iム-‐ ムY、⌒ヽ /i/   `ヽイ
                  ー 、./  く::::::::/⌒ヽヽ\::::::ハ       〉ニ二⌒ヽ
              r≦/ ∨  〉::/⌒¨¨     ::::::::{ /    {    Ⅵノ
               / /   /   {::::{ >}     |::::::ノf      、   ノ´
             /   ./    ヽ`77     |一 }       ヽ
                〈     {      //ヽ _  ⊥  /
             \  へ    // f´     〉/         〉


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l  どういう層を想定しているんだろう・・・
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
463 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:35:44 ID:DGuxrAlo0

中国のマニ教についてはciniiで見つけた『中国社会におけるマニ教の認識』が参考になりました。
他にも色々調べたけどまとまった情報は得られず。
(…)

もう知ってる人も多いと思うけど、ここで現代中国のマニ教寺院の話が読めます。
つーか日本語じゃこれぐらいしか情報が見つからなかった。せっかくだから簡単にはわからん話を書きたかったんですが。

ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/yomimono/mani.html

                         _  ___
                        _ヲ,7____|、
                        彡☆j   i 、 ヽ
                        ' |´`/ // ヽレ)ノ
      ____              Z_z(| | ┃ ┃ |!z                 / ̄ ̄\
     /-‐  ‐-\            Zニハゝ''' ヮ''ノz_Z            _ノ ヽ、_  \
   /  一   ー \          乙´       ,ろ           (●)(●)   |
   | ⊂⊃  __'__  ⊂|          /│  摩尼 │\           (__人_.)   |
   ヽ         ィ‘        <  \____/  >          |`⌒´    |
    │       │              ┃   ┃              ヽ,_   _ノ
  /│  明使 │\             =   =              /    \
 <  \____/  >                             /│  霊相 │\
     ┃   ┃                                <   \___/   >
     =   =                                    ┃   ┃
                                               =   =
470 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:51:55 ID:DGuxrAlo0
もう遅いし、とりあえず今回はここまで。
続きは多分今週中にやります。
479 ◆OkhT76nerU 2012/12/02(日) 22:14:36 ID:uc32GexI0
マッコーリー大学のサイトに現代中国のマニ教について書いてあるっぽい記事を見つけた。
ちゃんと読んでないけど。

ttp://www.mq.edu.au/research/centres_and_groups/ancient_cultures_research_centre/research/cultural_ex_silkroad/zayton/“







マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 最終話 わたしの、最高の宗教
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4422.html
      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i  東方マニ教会はアンモーの頃から仏教徒と積極的に交流して、
       八    、_,_,     八  教義に仏教用語を取り込んでいた。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


                                           _//_\い\
                                 _  -―┐ <_://::::::::::\} }〉〉  -―‐-
                                   ´ /     { ̄_ノ{/`丶、::::::∨///⌒\ }
                          /  /     -‐ァ    | ー=ヘ::::::レく∠ニニニヽ/./
 ┌─┴─┐      ,r'""´`゙゙''、,     /   /   /    /         \:::::::::::::::::::::::∨
   ノ  レ       /       l,   / / / /\    /        ̄|   ヽ::::::::::::::::::::_>
   ─┬─      rヽ  .,‐- ,- |  〃   //汽   /'  / /      |    ハ\:::::厂\
   ─┴─       ヾ   `゙" ,l ゙´| ./ //  /   r';:〉 // /⌒/\/        '.  ̄   ヽ
 ヽ ├──      . _>    -=='./  |/  |/∨、、、ヾ'   /≧x.///   /   /  }        '.
 ヽ ┌┬┐    _/|, `゙ヽー--ノヽ、,_   ∧   '      r';;:::犲'   /   /   ′  }   }
   . ┼┼┼ rー'""l,  'l,     / .| ||/`>、、          ヒ:.ン/   /      /
 /  └┴┤/    |   'l,    /  .|./》/ ∧.   〔::y    、、、/ //  /       /     ,′
       /  , | ヽ   ヽ,、/.@ / 《l,l / ヽ 丶      -=彡   '⌒)'  /        /
       /  、,ヽ|/ ヾ。ツ`' 「ゞ / /《ヾ  /゙ヽ   >‐-;    イ、_ ∠  イ     /      /
      ./  ///l`゙'゙ー-'"  / // ノ// //`l、二   }   __,|_⌒/     /
     ,|.  /// |  |___,,,ノ≡≡ツノ//_,,-‐'"".l,    厂 ̄ ̄\__\/  /     /
     | /// /|    /二=‐'"´´/ /`゙゙'ー-、,_.l.=ニ二|:::::..    -=ニ二         /
 .    |/// / |   /|三="´  / //"´´゙'ー、|    |/       ´        /
     ///ノ   ノ ノ ノ‐-二‐'"´ ノ/r=、,_ー-、_|   /     /  /      /
140 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:46:59 ID:SLJnG6Qs0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V    乞食などの仏教との
  ./     /v⌒;                  i    表面的な類似性によるところもあるけど・・・
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧    何より環境によるところが大きかった。
/ .\                        /  ',   中国やインドから、仏教徒のキャラバンが頻繁に行き来していたところだからね。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i



    / : : : : : : : : : : / .,': : :,′       | : : : jヾ: : : : : : .: .: .: .:i;;;;;;;;;;;;;;;;\
   〃: : : : : : : : :/: :./ .|_: :,′       l: .: .:,′ヽ: : :} : : : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   {: : : : : : : : : :′:/ー┼‐ト、       j: : :/-‐一\.!.: : : : : :..:|;;;;;;;;;;:/
.    : : : : : : : : : :i: :/   ヽ、|         厶イ     .}i : : : : : : |;;;;;;/:}
    '.: : : :i: : : : :ト/   ||||            ||||   リ : : : : : : |/ : :/
    ' : : :|: : : : :|    ||||            ||||     | : : : : : : |: : : /     ミフラグ   パリニヴラーニグ
     \ト: : : : |    ||||            ||||     | : : : : : : |⌒ヽ    弥勒菩薩?  涅槃?
          \: {    ||||            ||||   ノイ: : : : : :k⌒ }
           / ヽ                         |: : : : : ′} /    なんか格好いいじゃん!
.          {///////          ////////|: : : : /  /
        八             __          .: : ://ー       今度作る讃歌には仏教用語入れてみっか!
        /: : :>、        (::::::::Vノ        / : :.//
.      / : : /: : ::,>, ...  ______  ......   イ: ://
    / : : :/: : :/ :/: : : !: : : :',       /: : :/: : : :\
  / : : :/: : :/ : :/: : : : : \ : : ',      ./: :/: : : : : : :',
143 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:50:11 ID:SLJnG6Qs0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V   それに啓示とか預言者みたいな概念は、
.       i{ ●      ● }i   セム系一神教の文脈を知らない相手には伝わりづらいしね。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',  得意のパクリ体質も相まって、必然的にマニ教はどんどん仏教化していった。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄



    //. /: /: : : : : : : : : /: : : : : :|: : : : : :ヽ: : : : : : ヽ: : ヽ\\
    /   /: ://: : : : : : ,/: : : : : : :ハ : : : : : : ',: : : : : : : ヽ: :ヽ .ヽヽ
       /: :/ : : : : : : //イ : : : : // |: : : : : : : | : : : : : : : |: : ハ  V
     ': :〃:/: : : 、 // ||: : : : /イ   !: :!: : : : :リ、: : : : : : :ハ: : :|
      |: :! ! |: : : : /ヽ |: : : :/〃   |: :| : : : /: :!: : : : : : | ヽ: :!
     V:| |: V: : l_l { \_: : |_,{{   |: ハ_:_:./_!: |: : : : :!: :|  V
      V .|: :ハ:/、/≧=ァミ: :| ヽ ーj/¨|: / |`リ、: : :/: :リ
       |: | ,ヘ:ハ弋:::ノ `ヽ     〒テニzzレ|: /: :/: :/
       |: :\| \{ヽヽ        弋:::::ノ〃リ/: :/: :/    別にいいじゃねーか、マニだってゾロアスター教の神格使ったし。
       /: : : : \       '   ヽヽヽ /ノ:/: /
        /: : |: : : : |> .   ‐‐、      イイ : : イ      要するに光と闇の戦いの構図を崩さなきゃ
.      /: : イ: : :/: ! : : 个.- ニ′-‐: ニ :´:|: : : : |      名前は何だっていいんだろ?
     /: //⌒Y_ノ/⌒j′    |⌒ヽ-イ⌒ヽ: : |:ヘ
.    /: /′  {    |´  、    ´7   }   〉: ヽ:ヘ
   /::/ヘ    ヽ   ヽ    ′ /   /   / \: : :ヘ
 /: /   \    \  \-----/  /  /   \: :ヘ
146 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:52:09 ID:SLJnG6Qs0



                           /Vl/)
                          /。。。./
                     ヘ.   , ---、'´
               lヽ 、__/ハ、 /,´l ̄lヾi
             ,, ==、、/ >     ヽー-ノ_ノノノ
      (二⌒o_i|__/ l     ( ')lー'´ー '
      (´ー' {o||    八( ')  ,_ ノ
       > }oゞ__/  ` ー  イ        これは9~10世紀のウイグル王国時代に描かれたマニ教絵画なんだけど、
       し´ ̄ ゛=''ー---,'   |/´`)      天使が蓮華の上に乗ってるあたり仏教の影響が見えるね。
    , ―― 、  γ'   ゛=''    | /´
  /      ー'           ノ'        上にある白色の礼帽は教祖マニの象徴だよ。
 /     γ´ ̄ヽ、  )__,| /'´
 |      i'     ) ./,´  | (
 |     /、    (,,,) ´   t...)
 |     / ゝ ___ノ´ ̄`ヽ
 ゝ            /⌒ν
  \          /
     <____ノ






                  _.//{          _ _
                /.ヘヽl        /JJ、
               ///`´        ./.-っ(_ハ
                 / /.._/          / / /`′
      .-、      / /.__/            ∠`ヽノ
     /.-、ヽ.   _.../ /.__/          /:.:.:`ソ′
.       l l  ⌒/ /..__ハ       /:.:.:.:.:.:/
        l l  /∠.._//      .-く:.:.:.:.:.:.:./
\=ミー、 _.-'7 lブ.∠__//    _. -'へo\:.:.:/
  ヽ}ミヾ彡 `ー'.∠..._∠-'Z_. -‐'´    .ゝo V
  ノ ミ.:゚・。彡'´Ll.!ヽ(.:.:.:.:彡 ̄     / ./-‐'
  / ミ.:.:..:.:゚。 /三{ ハ.:.:.:.:.:..ミ.    / ./                                            ,.       、
 メ ミ.:.:.:.:.:..:ト、__j__r' },゚.:.:..:..:..ゝ ‐'  /                                             i  >ー  < /
メ ミ.:.:.:.:.:..:.メ。 `i´ ハ.:.:.:..:..:..:ゝ  /      他にもガネーシャなどのヒンドゥー教の諸神格が           Y o   o  Y、
:彡.:.:.:.:.:.:.:.:メ ゚。 、レ 。゚ .l.:.:.:..:..:..:.:ゝ''´       マニ教の守護神として描かれている細密画も発見されている。  ./i  、,._,    i \ィ=x
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ____゚。ハ。゚___.}.:.:.:..:..:..:..ゝ                                               / ヽ、     ノヘ  \ }}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:メー--゚X.゚--ーl.:.:.:..:..:..:.:.:〉                                             ,〆、 / /    \ ', __シ
149 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:55:18 ID:SLJnG6Qs0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   こんな感じにかなり仏教に影響されてきたマニ教だけど、
       八    、_,_,     八  中国という中央アジア以上に異質な環境の中、マニ教は更なる変化を強いられた。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__




        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |  こっちじゃ刑死は不名誉?
   \        lェェェl /
    /         ヽ   殉教の尊さがわかんねーのかお!?
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿
151 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 22:57:15 ID:SLJnG6Qs0

               +
                  (
            . -  ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、  +
       +   ,. ´                ヽ
              '                  ',
         /                     ',
            ′                  ',   +
    +   '    .u               .!
         i        _.ノ      ,;―  /  +
       ,-- 、     x= j     .-     ′
       〈 入 | '  ,ィfう圷       fラか /      世界中に私の教えを広めるとは言ったけど、
      丶_, ヘ.   込ぅシ       ヒツ /      流石に中国での布教プランまでは考えてなかったわ・・・
         .   \ .   、、、、       、、, j
             ヾ         ′  , '       あっちの事情は全然分からなかったし・・・
            .>‐‐> 、  ―  .... '
            /    \ーz ト-、>‐、
        ノ ´  ̄     }トr<7斗‐┐}
   .r‐<        /  }  }}____j ゝ
   {{_ ..---─   / ___ レ'ヘヽY`ヽ\
   ∠_  ̄` ___/´ ̄     \\ \\




              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ    まあ、ローマ帝国からインドまでを射程に入れてたってだけでも
       __      //   =   =l    君は3世紀人としては異常なまでに視野が広いと思うよ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
154 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:00:56 ID:SLJnG6Qs0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    それでもマニ教聖職者たちは、正しく教義を伝えようと
       八    、_,_,     八   彼らなりに努力はしてたみたいなんだけどね・・・
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄



           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |  マニさんは、
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |  フレーシュタグ・ローシュン(光の使者)なんだお!
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈




                   rfニ、ヽ
                   l。 。 f9i
                   t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
ふれーしゅ・・・ なんだ?    `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
                   ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
漢語でおk            /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
                  ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
                  l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
                 /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
                /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
                ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
                   !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
                  /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
             . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
             `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
             -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
             、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
             ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
156 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:03:38 ID:SLJnG6Qs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u| えーと、漢字にすると・・・
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
157 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:07:21 ID:SLJnG6Qs0

                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     | 仏夷瑟徳烏慮詵。本国梵音也!
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |
           i´ ̄ ̄`i                 l   |



               rfニ、ヽ
               l。 。 f9i
               t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
                `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
               ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
何言ってんだお前    /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
               ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
               l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
             /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
             /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
             ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
               !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
               /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
          . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
          `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
          -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
          、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
          ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
158 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:08:31 ID:SLJnG6Qs0

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |  うう、漢字は音写しようとするとイミフになるお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |   こうなったら・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
160 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:09:45 ID:SLJnG6Qs0

                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ   摩尼光仏!
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |   マニさんは光の仏陀なんだお!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ


                   ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
                   j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
               r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
うおおおおお!!    `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
                にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
そりゃスゲェ!!    ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
               ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
               W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
                 ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
                 lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
                 ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              .    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;
161 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:10:23 ID:Eb3MWMSI0
なぜそれで信じるw
162 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:11:48 ID:SLJnG6Qs0

        ∨ \   ./
       ∨ /\/
.        ∨ ./    、_ ,,                         、_ ,,
        /   '        ̄                           ̄    こうしてマニは仏陀になった。
.       /   ‘
      /   :
.     /    .l
     /
.    /       ‘,                  ゝ ^ヽ _ノ


                         丨    .   │
                 ,, - ―┼ー-.、     人
               /         ヽ ̄. Y  ̄
              /           ヽ  │
.                {   _            .i
               i   '⌒       _   . │
              ,-i         "⌒   j     頭が軽い・・・
             l 6{   -      _     .i-、
                  ヘ{ ´ ̄ヽ     _   ♭ノ    こんなサッパリした気持ちで布教するなんて初めて!
              人    ,     ` /
             '⌒i::|  个 、 、_ ,   _..イ`T^T^¬、
            /  i::|  i\ヽ`ー‐≦ /}  i:::::}   ∧
.           /   ::|   \\_}V{_//   i:::/
          _/     リ    __>ヲ}_{F<     !/  /   }
       〈     i/    フ_/ 卅V^i_〉   \ /
          、     i     `¨   i/´ ̄ `ヽ   ∨   /



              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l     眩しいから頭を戻してくれないかい?
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  絵画の中の君は頭剃ってなかったんだし。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
166 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:14:14 ID:SLJnG6Qs0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    唐代にマニ教聖職者が玄宗に提出した『摩尼光仏法儀略』の中でも、
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.   マニ教が教義を中国向けにアレンジしつつ、
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   仏教に得意の浸透を図ったことが見て取れる。
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/



           *  ______
     / ̄|  +   /        ヽ   + 教祖のマニさんはこんな偉大なお方なんだお! 
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |  マニさん   ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ マニマニ     .|
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  アンモーちゃん   .: アンアン        |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |  メロン・キュウリ・ブ : ドウ 光の要素     |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |
169 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:16:08 ID:SLJnG6Qs0

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ マニさんこと光の仏陀は蘇隣国(バビロニア)の抜帝(パティーク)の王宮で、
  |     |r┬-|     | 金薩健種(カムサラガーン家)の満艶(マルヤム)から生まれたんだお。
  \      `ー'´     /

                                              ,  ── 、\、
                                           _  ´ ̄ ̄ ̄`  \j \
                                         ,  ´     ‐-、ヽ.   `  L.
                                    、__/ /   >― ヽl     \\
      /   /     |  ヽ    {    |    ゙:..    .   `¨¨¨¨ア    /  / ヽ ⌒     ヽ.ヽ
         .:       |   _.. \  |i、  ..」_     ::.   }     /   ,     /,   | ト、      ∧゙l
      i   jl    | |/    \{^\ 卜、`ヽ  j::  jノ     /   /   ,  /  '| | \     |
      |   |{    ト、{ _.ニミ、     ィ''Tミxト,               /   /    |  | / /l ム≦ ヽ ム  .′
     ! 从   { ィf゙.::://ハ      |//:j|ハ| /^リ/     / . イ |     |  |/l ///ィf:Tソ l/l|/
      ,::/癶ト、  Ⅵ{iイ//:::}       {//:リ }イ       ー ’ ´ l .|     | /.〃//  ̄     ソ/ ヽ
      }/八 `个 .._`ゞ、辷ノ     ,.  ー'  jl1            l ,|     | { /j/´      r └一ソ
      j/  ヽ、|   ¨「       ,. -┐    人|           _ノ八 l l ト.| ヽ ,      /l    く
      }     |i    ト、     `ー ゙  / |            ̄  ヽ| .ヘ|个. ゝ__一’ /.⊥.   、ヽ
       ,.゙    |l、   ゞ    ._     ..イ      .              ノ' (,_/ へ.   / //|    N
     /      メ癶,   \    /マ〔 : il    i                 〉 〈(_({.三´三 ィ レノ | |
    /       〃 : . \   \   ∧: :i|     |                 {/|∧      ||||ム∠.___
   {       /: : : : : : .\    ヽ  ノ}: i|     |          , ――‐┬’´  \    .」/l/l/ /     ` ‐-、_



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i まずは王族の生まれってところが強調されてるね。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


             rf´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` .
         (`Y´`斗 ´ ̄ ̄`ー 、  〉
         _(__i/   ,〃\    ヽ'
        彡ィ//   _//   \   !
         从{ l! /   /       )ィ  i   重要なのは光のイエスに使徒としての使命を与えられたことであって、
        `i |l ノ    `ヽ   リ .'   肉体の由来なんかどうでもいいんだけど・・・
         r=-'|l ●   ●  ノ. |/-=-v
.       ゝ--|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃/r/____}
.      {`ー< /⌒l. __,  イ ̄`ヾー┐
        `ーァ/  /><l |    〉ー ′
        /〈 ̄ l 半  人.  / `ヽ
172 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:18:21 ID:SLJnG6Qs0

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |  マニさんの母満艶は斎戒潔斎して、
    \      `_⌒ ´  /  清浄なまま胸からマニさんを生んだんだお。
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /                 ィヘ
     \_/    \_ノ              _,ィ  ̄`ヽ:\
                            / {/o /}/i}::::|l
                            {-人 ァ o人::!{
                    .         )` /¨ ! ̄}_-{从
                             {_, _j` 彡′


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ─      ─ }i     明らかに清浄なまま母の脇から生まれたという
       八    、_,_,     八 =3  仏陀生誕のパクリだね。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
174 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:18:25 ID:Eb3MWMSI0
滅びた王家の出身
なるほど、ブッダっぽい
175 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:19:48 ID:SLJnG6Qs0

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \     マニさんは神験九徴、
     |       (__人__)   |    時代の人々に抜きん出ていて道を熟知していたお。
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  その体質は孤秀にして、その叡智は日月を貫いたお。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


               _,,.. -―-ー-....,、
              ,..-''゙´          `゙''‐、、
             /       ヽ ,'          \
  , /     ./    ,   ,/             \
 〈 〈       / ,  /   '   /\          ヽ
       / / /       i /  ヽ  ,         ヽ
      rーx, /      ,ト/、     ', ハ ',  ,i    ヘ\
      {{⌒Y^V   ,  ノノ \   ∨ハ ,' / }    }゙`'ヽ
      _」γ√ {   i /_,,zvzz,ヽ    |/ 从-ノ ∧     }
      《て ・ フ_j,   |,//´了マミ|'      イテミッ、 | ,}   i     、、
   ,.   Y'个ハ、i   i  |弋ノッ       iイわ'ヽ| } ノノ   ,   ヽヽ
 _ノヽ_  ヽ_入j r \ |  `-ー´       弋ン'  }_ノノ'   _ノヽ_   ' '  これは問題ないわね。
. `Y´   ,r-、ミ_!  <_乂  〃〃     '      ,イメ,___   `Y´
     /゙゙`'ー  \__,,、 ヽ      、     ″″ノ´   `ヽ、
     |_     ヽ\. \       `ー ´     / --r´二}
     _ ̄'''>ー、__У  |>ー,,,__   __,,,, イ (  / /
     {  ̄`-<--、_} ̄`\ \/ ̄[ンー''レ--〉彡<_ヽ-ー-┐
     L二ー /    { : : : : \r┴,/: : : : :.{   ヽ, 〈  =ニ二~}
.      \〈 ̄    ヽ } : : : : :. ヽ  〉--: : : }    i、\-< ̄
      | ,)丿     | }: : : : :.ノ'- 'ヘ、,;_: : : } |     i,  `'ゝ>
    ~゙|゙~´       i }_,; -イ: |    ヾ, :\、 |、    i   乂 
    /         'i   /.: :|      ヾ_ノ i V     \
177 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:22:23 ID:SLJnG6Qs0

           ____
         /      \
        / \    / \    マニさんは二宗三際の教義を開元し、
      /  fてハ`  ィて刀 ::\  その言葉は明快、その理論は直截、
      |      (__人__) :::::::::::|  その品行は方正、その証拠は真実だったんだお。
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \


     l、    /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
  __| V   / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
  \      //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
  <     .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | ∧ |/ /`V=、
  /     . || |  l  | ,X= |         \|(__;)}=| c | |l
. '一 7     ! ! ヽ ゝ|, ´⌒ヽ     , ´⌒ヽ.  | /  A iiiゞV
           ヽ ヽ!{     }    {     }  /  /=ヾ|、X
            `ー乂__ノ    .乂__ノ  /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,    自分で教義を一から考え出したことになってるじゃない!
             /|     '      ∥∥ / ノ/リ-'ノ- '´  ――|   啓示はどこにいったの?
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ――-、ー ヽ、 |    |   ,. イ /     -- 二二,!
        /___   ` ヽ、 |_____|- '´  |        ___  `ヽ、    \|ー -=---、__,.|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       /   ` ヽ<´`ヽ ,.ノ、     ̄l ||  | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ,/ ̄ ̄ '、::'、  r---- 、_, |l|  ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―-、_/     、:::、 .|    _ Y'''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
     ____, /     ヽ 、::、 ヽ    __ ,| ,!-     |   |_ ヽ--――
     /    /      ヽ 、::゛、|      |'ヽ     /   |`゛ヽ


                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \      そんな事を言ったところで、
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \    中国人に伝わるわけないじゃないか。
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }
180 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:25:30 ID:SLJnG6Qs0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       でもいくらマニ教側が仏教との類似性を主張しても、前回少し触れたように
       __     //.      __,l      仏教勢力からは異郷から来た不可解な「邪道」と見られていた。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   つまり、マニ教を明らかに仏教と異なる他者と見なして距離を取ろうとしていた。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  実際まるで関係ないし。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ


           i|||||ミ,' ./           ',ミl|l|l|l|l|l|l|l}l|
          /⌒V  |  / ̄ ̄`     ,_',リ|l|l|l|l|l|l||l|
          { l  ,'  |  ニニニヾ       i|リ/l||l|l|l|l|l|
          ヽ   i  |  卞O≧   ,  ___|リ|l|l|l|l|l|l|l|l|
           |ハ   |     ̄    l  ≦O|>/l|||/`,||l
           ||||||!   |         l    リ l|l|l /|l|l
        ___||||||l         ^ ^    / ///|l|l||l
    _,,.-‐''"   ||||||ハ    ,' _,,.-‐ー-、 :    /' ,'l|l|l|l|l|l|
_,,.-‐''"       ||// ∧    ヽ、 ̄ ̄ >,'  / /l|l|l|l|l|l|l|
          ノ∧ | \    丶ニニ/   //l|l|l|l|l|l|l|l|    おめ゛え゛ーーのせき゛ね゛ぇーーか゛らー!
          /   l    \        /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l l|
         /    l     \,   ,. < /l|l|l|l|l|l|l|l|l| リ



                                           メ ,, -──- 、._\
                                         メ/ u    ゚ 。 \\
                                       / /    ノ  ヽ、   \\
                                        ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
                                       \\    (__人__)   /く<
                                        ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
182 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:28:12 ID:SLJnG6Qs0

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  中国に根付くために先行宗教と仲良くしたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも仏教は邪道扱いしてくるんだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから道教と仲良くするお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '  そこでマニ教は、中国で仏教と並ぶ地位を占めていたもう一つの宗教、
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }  道教にも接近を図った。
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /   道教は、必ずしもマニ教に敵対的というわけじゃなかったんだ。
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡
184 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:30:44 ID:SLJnG6Qs0


   , _-- ,
 , ' .,' . ',.  '.,
 !  {'ー':::', . ',
 ',  ヽ:::::ノ  /
  丶    /
   .`¨¨´                                道教経典には『老子化胡経』と総称されるジャンルがある。
                              _
                                ,. 'r─., `ヽ    これらは老子が中国を離れ西方に向かった後の事蹟を記したもので、
                           ,'  ',__ノヽ .',    老子を釈迦の本体または師、あるいは釈迦の本体を
                            ',  {:::::::::::}  ,    老子の弟子である尹喜ということにするのが基本的なパターンだ。
                           .ヽ .`¨¨¨´., '
            l                    ` ー‐.'´
          `ー―,
188 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:33:05 ID:SLJnG6Qs0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                  つまり仏教を道教の文脈に取り込んだ上で、
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   道教の優位性を主張してるわけだね。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :  日本にも本地垂迹説っていう似たような考えがあるだろう?
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
189 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:33:59 ID:SLJnG6Qs0

      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:   そして道教は、マニ教にも同様の取り込みを図ったんだ。
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.       敦煌文献の『老子西昇化胡経』にはこんな記述がある。
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.
190 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:35:41 ID:SLJnG6Qs0

その後450年を経、私(老子)はおのずと光明の気に乗り、すべての欲望を捨てた境地を出て
西那玉界の蘇隣国に飛んで入り、王室に生まれて王子となった。


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、
.       | /  /  /´/'´_, -ェェェェュ、゙ト、lli、   \ i 丶、 ヽ ヾ-、,_
.        l /, イ   /  / /タ'゙´ ̄`ヾミミlト、li、 、  ヽ|    ヾi, lヽ、 `'-、,_
       // , '   /  / /シラ/ '´   `ヽ、\i|ト、li、i   ゙i\ `丶、 lii ヽ  ``'-、ヽ
.      ,′イ     / /彡イ        ヽ.ヾilli| |   |  ヽ丶 ミlll|  ゙、     ヽヽ
      i /      / /彡ソ′_ン--、      ', ヾl|; !    l    iヽ ミiト、  ',     | l
    /     , ´ ノFレ'f  ̄ <-⌒ヾ丶、  ', lリ     l    i _ ミi、  i     ノノ
    ,'      _,ィ个シ   巛l川∟__ ヽ-、ヽ、  ゙!、  ,′,   | Yヽ ミ、 | ,〃´
   l  _,,、-=ニ三ニシ    ンン ン"´     ヾミヽ, ヽ ! i    | lヒニi, ミ! l| r爪
    | /シ三ニ=‐''゙´     シ ´   `ヽ、    lミミ\ ヽ  |   liノ=二! Y! リ リ州ト、
   |!ツ´  丶  /″     r'´ , ---、\ヾ i、ヾミ,\   _, -'´-三イ ミl ト化㏍ヒ_
 fて,!l{    , i lァ, /   /    ,、-''ン_,,``ヾミミミ\ミ゙ー≒ニ三フ/ 、ミミ! | ヾ爪´
 \/.)ー-ニ」_l_!_i/r |シ / /_ _,r‐=ニ`⌒    `"''ヾー=二三-''´i人リハミi !
   ゙トニL_ヽ、ヽ、\ヽ ̄ヽ ̄ヽ`ヽ7′_ ,.、、 ,_、    "''-iミY ̄ニ-、_.ソ ノリ /
    |   `'ー-ニL_>_冫 ! ン ヽY_ィ_ ィ、_,r -、、      ミl|三二ニ.イ三リメ
   |゙、   ヽ ヾヾヾ''´_二ニTシ _三-ー_二  ̄`     _ l|⌒ー''´ l三!/ }
   l!、   _,、-'´∠´_ 三ニヨンイ   _ニ--、       '",ィリ!     lハ! ゙if′
    i、  ー--∟_   _ィ-'ヤ i    サrュ、`ヾ'、    ヾ'゙ソ iミ!リ  lリ |!
    ゙、  `、   ヾ丁ヒ_」ソハ    ミニ^Y 、ヽヾ、   、ハ| "`,"_ィ  l!
     ゙ト、       ヾ、 `ヾミミ、、   -≡三ミミミミミ、  ヾ!'´ ̄仄 ー=ヤ
      ヾヽ、      ヾ、  ヾミミミミ、、     `ヾf-シン ー`)  lY′ 、_丿
        \        `f" ̄>=ニニヾ、   ヨ辷ェ' _ _,,ィi′ 冫=シ ラ|
          `i、      ヾノ-<二ニ-イ ソ `ヽ、 i、   _∠!   K=ー -!、
         !ミヽ、ヾ   、|     l! |'    ,r\ _, イ _丿 | \_ ィ ハ
         ヽ   ヾ、、 /      ヌ   i 「   `フ´ ̄     l、   l、 |
          i) ヾ ` fl{      厶-、_ Xr  ,レ′       `ヽ、!ヽ'
          iツ    jl !     /:Y   f二ュiフ
            ぐ     リ     i ソ  イ ィタi′
          i `''´           |` v' i「 ソ
192 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:37:02 ID:SLJnG6Qs0

その後出家して道に入り(捨家入道)、末摩尼と名乗った。


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
                  ヾiヽlリ `「|i |! li |
                r´. ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!.` ̄`l
               |   ||ヽ>-.只ー_、^||  {
               |   || /`ソフ`||;つ ` }}  ,`ヽ
             (´`ヽ、 ノ // .|| ヽ\ ヽ ´ .ノ
              \  ./  `  || ` ´  ヽコ
               [二{      ||     }_l
              |ヽーヽ、____;ノll;;ヽ、_.ノ ヽ
              |   l}::::}}::ロ=fj.=:::{{:{ヽ  }
              j   {.|:::}}::ロ=fj.=::{{::|\""ソ
              「   __l.l:::}}::ロ=fj.=:::{{:|、 ヽ /
              ヽ/´ ヽ::jj:::::::::||::::::ヾ::::iヽ、 |
           r ´//  \:::::::::||::::::::::ヾ´ `ヽ
           {/ /  /´  ゙゙゙゙ ii""´´ヽ    ヽ
          / /   /    Y {    ヽ   } \
          ヽ/   /     i  |    ヽ   | /
          (    /      |  |    ヽ    /
           \ /       |       ヽー  /
             `ヽ、     ┌─      ヽ ノ
               |ヽー――  }__ , - ー ´
               |____/    |____,|
.               } | | .{    } | | | {
.               | | | |     | | | | |
195 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:39:44 ID:SLJnG6Qs0

私は大いなる教えの輪を転じ、戒律と智慧を説き、三つの時代と二つの世界(二宗三際)の教えを説き、
天と人を教化し、その本質を明らかにした。それは上は光の世界から、下は暗い闇の世界にまで及んだ。
ありとあらゆる人々は、皆この救済に預かった。


                   __
                /   _`ヽ、
               /ト、 ,-__, ー_ i、
            lイミF fr'三テ fヨ!
               ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
              jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
              jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
             ヾiヽlリ `「|i |! li |
.                ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!
                /  ̄} マヽマ \
            /    ノ   |_|ヽゝ /
             へ、 へ     |   }、
         / /  | ̄ | ̄キ ̄|  \
        / /  /ー  _キ/\ ノξ
       ξ/  /           }^
            ヽ-ヽ-―ヘ\_ <´
             / /,_|__| |ー-/
               `´{::::::\ 丿|ヘ_ノ/
              `  ̄ ´  \/

                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::|  ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::l ハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、        f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|   ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::
196 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:41:21 ID:SLJnG6Qs0

摩尼の後450年を経て、金気はまさに興り、私の教えはまさに盛んである。
西方の聖なる姿は自ずから鮮やかである。中国にこの教えがもたらされたのはその証である。


                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,., 
                             ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                  /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \ 
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \  
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /
197 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:43:52 ID:SLJnG6Qs0

まさにその時こそ黄白の気は合わさり、三つの教えは混じり合って一つになり、私の下へ帰一するだろう。
祠や精舎は、棟を接して立ち並ぶであろう。


                                         /   _`ヽ、
                                        /ト、 ,-__, ー_ i、
                                     lイミF fr'三テ fヨ!
                                        ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!.        -‐-ミ
                                       jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}.     Y㏄㏄㏄ヽ
                                       jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!      ゝ-‐==‐-く
                                      ヾiヽlリ `「|i |! li |.    /㏄ ㏄㏄ ㏄ ヽ
                                      ヾiヽ`、 ヾ!i |リ!.    i/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ}
                    ト、                         マヽ_ノ ,ハ     j ⌒ヽ , ⌒  i、
                   ト、ヽ                        マヽ_ノ ハ.   {i   ̄` i| ̄` .{ }
               〉〉 〉                        マハゝー ム.... {   ./ 二ヽ  }′
                 // /                            マム__ 厶......ヽ .ノ.  ̄ ) /.    
         ___,,, ,,,, ,,,,,_゙/ /    ,イ    /{ィ   _              マム    ム  ヽ _ _ ,, イ
       ,r ´    ;   \..゙ーr--'ーゞ"´ ̄ ̄` ー-ミ_/フ     _       ゞハー―ハ  从ノ`ハ
.     /   /    /`ヽ  ヽ イ‐r‐r‐r‐rーr‐r‐r‐r‐rミ  ̄ `ー∠ィ´       ', ハー―‐ハ {; ー|ー`}                /
    /  .// l/  从  γ、.゙}/ヽ/ヽl/} Λ/ヽ//⌒フーム  `ヽ、__, Vヘ__ノハ イ ー‐|ー`}`                 /ミ
    '´|  l ii     ii | l弋ノ. '`´⌒⌒⌒⌒ーミ厶ィ´/}// `ヽミ  `ヽ/|  ', ',     ハ| ___|__}               /ミミ
     ヽ乂 ||      || リ´)          `ヽヽ   `ヽ⌒ヽ{//  `フーミ`ヽ、 }ーヽニ=-'{   {}  ハ            /ミミミ
    l二入____ワ___.,ィ7´彡            \\   \ `ヽr<イ/ ヽ  ヽィ_く ヽノノ}ー‐‐|―'´ト、            _,ノミミミミ
    辷彡┘ // ..  ゙辷ヨ           \\,  `ー=ミ `ヽ/ーく ハゝハィ `ヽノ イ、___|__イ }    __rvvヘノミミミミミミミ
    乂... // __..... 乂                 \\     `ヽrゞィー'⌒Λ ミヘゝミノ {     {}   ヽ,リ   _ノヽノ'"´ミミミミミミミミ
.      /∠r'"´     ̄ `ー 、             ヽー―ミ 、ハミマームハ  ミハ  } /ヽ___|___リ  ノヽノミミミミミミミミミミミミ
.     //                ' ,              ̄ ̄`ヽミゞミマ__イヽ   ハ ノ     {   イヽイトノミミミミ /'"´彡彡
.   ∠ノ´                ',                  `ヽハ  ノ/ ハ  ハゞミー―‐‐|―'"´/ミミYミヽ,rー'彡彡彡彡
                        }                      `Y´ ノ/ Λ   Vミミミヽ__ノ|ヽ__ノミミヽミミヽ彡彡彡彡彡


             }YY}
            /…/
             ≠ ≠
         ∠} /
     {> ⌒。Y
    / (°~ /^)   『老子西昇化胡経』はマニの本体を老子とし、さらにマニ教の伝来を
  ≠ ≠(^Y   /    都合良く道教の権威付けに利用しようという意図が見える。
 /…/  У   {
 {ハハ{ (      ヽ    マニ教を「外道」のひとつとしてしか認識していなかった仏教に対し、
     (ノ⌒ヽ、 _ノ、   道教はマニ教の教義をある程度理解した上で取り込もうとしたようだ。
    /⌒ ー‐U }
  /          /
  {   ___ /
  ヽ (
    \)
199 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:46:10 ID:SLJnG6Qs0

                   /               `ヽ
                   /                \
                              }        ヽ
                 /  /            ノ /    、
                  .′ /  /  /    / 〈   !   |    }
                _| /  /  /   / /  '. |  l   l
             _{{ヾV  /  /   〃 /    '. !   !   iイ}__
               {{ヾV  | -/、 __/|./   __}_八..‐/ /  /{人 }  なるほど、私は老子でもあったのね・・・
                 、、ノ    | /  Ⅵ` !/    ´ レ  ∨ /  /i:Lノノ
            r―‐くハ人丶Ⅳ ィ斧ミ ′    ィ斧ミヽ}/ .イi:iムィ´ ̄}
           ノ==ミヽ、ヘヽ\ 弋zン        弋zン// ノ ≠==ヘ
          く≧===ミヽ、\≧xゝ' ' '    ,   ' '∠イ__¨´/     _ノ
       rー――=ミ`ヽ __>‐く ゝ、`ー―- 、 -――-っ / 〉‐-ミ .ィ¨¨¨´
      ノ___    , く ̄   _マム斗<二ニニ=-=ニニ二ソ 、/__   `丶≧≠´ ̄ ̄ ̄}
     く≧===ミ丶/  ヽ /     ` ー――っ        `ヽ  / ヽ    ´ ̄ ̄ ヽ
       ___){   ∨         ..⊆ニニニ 、       ∨  '.   . ィ´ ̄ ̄
    .. ´       人 r‐┴―‐ 、}-:i´ー― 、`ゝ-―‐-≧x、ィ{,-‐ ¨¨}  V´  ヽ、__
 /    ..-―≠ /|      ヽi:i:i:i:i:i:i:i//¨マムi:i:i:i:i:i:i/       、   ヽ       `ヽ
./ /  ./   / / ノ___    /ー‐ 〃i:/  マム‐一〈      __〉、_〉―― 、 ハ  \
{ {  /      ヽ  ムイ人人ノ`ヽ/   /i:i:i/    マム  ヽ  ,斗ヘト、 }ゝ        ∨ .}    〉
ヽ ヽ 〈        \/     ヽ人}  /i:i:i/       マム   Ⅳヽ}ヽノ ヽノ          }ノ   /



              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|       
              |/,ヽ     ヽ      『摩尼光仏法儀略』にもほとんど同様の記述がある。
       __      //   =   =l      おそらく『老子西昇化胡経』とほぼ同時期に成立したんじゃないかな。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、   道教がマニ教を取り込もうとしたのが先か、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))  マニ教が道教に浸透しようとしたのが先かはわからないけど、
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ  互いにマニを老子になぞらえることで接近を図ったみたいだ。
203 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:48:42 ID:SLJnG6Qs0

        |\           /|
        |\\       //|  こんな風に、中国ではゾロアスター教に同化しようとした時と違って
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 神話はそのまま登場人物だけ置き換えるようなことはせず、
.       V            V   もっとダイレクトに教祖マニ自身を仏陀や老子ということにした。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   まあ孔子が悪魔の軍勢と戦って気絶したり
.       / 个 . _  _ . 个 ',  孟子が全裸になって悪魔を誘惑したら、完全に邪教扱いされたろうね。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


           / ̄ ̄\
          /     ノ ヽ
          |       (● )
          |  //// (__人)
           |         ⌒ノ
           |        }
           ヽ        }
  _Л        ヽ     ノ           Л_           ,   -z―─―-  、
  E.:  ̄ ̄ ̄ ̄⌒  "     ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ :∃       ,  ' ´弌孑y ´' zk  三ニ`丶、
  ^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ¦   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^     , '   ...::::::::::::::::::::::::::::::::.... ≠ニ三丶、
           /⌒ヽ、/.⌒ヽ、           /z'' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... ー ニ三\____
          /.    |.|    :::ヽ         /y' .:::::::::≠:::::::::::::::::::::, - ─ - 、  ー≠ニ三三三`丶、
         |..     |.|     ::::|       . /≠' .::::::::ニ=::::::::::::::, '           \       ''''ニ三 n
         人     |.|    :::/        /    .z::::=三:::::::::/                \  /  ̄ ` ー 、 `\
          ヽ、_ __ 人_ _ __ ノ          ≠=:::::ー=    /              / /((○)) ((○)、三)
           \  .Y   /          z   三  '''' ,'                  ,' /  '⌒ __´___⌒‘ゝ'  ギャー
            \ | /             ニ ー=, z≠!               V       |r┬-|    |
            / /| .|             ー' 三ニ ,kz'!               \    | |  |  /
            |⌒| | .|っ            ,ィk =ニ=  ,z|                 ノ       | |  |  \
            |  |   ̄               ≠三 ¨  ',              /´       `ー'´    ヽ
             ̄


            ,. -  ̄ ̄`´ ゛  ヽ、
          /            \
        /          >     ヽ
       /          /ヘ .、  ヽ  ヽ
      /        / //   ゙、.}   !   |
      |  i / |  /,´/     i |ヽ、 |   |
      |  | |  /_ イ /'’  ‘'ー=:.|l`ヽ | l  | ちょっと残念・・・
      | l | l xァ示ミ    ッ示ミリ  リ|   /
      i  V{ l {{ vぅリ     vぅリ }}  l} /|、  , -、
   ____ノヽ ヽ{ ` `~      `~ ´  イ,イ/ ,>'´  ヽ
  /--、ヽ、`ヽ .{ "     ′    "  イノ`'´    /,ソ
  ト、  ` `ヽ从      , -(       ノ/ /    /
.  `ー-、     }>..         イ/ ./   /  /`ー,
 __     \ \  ヽ f=-、ー ,.ノ,=} /   // __, /   ,,ィ
/___` ー、---,.‐-=厶rr_' __`-i i´___ `ヽ -‐- 、,/   ,/
{  `ヽ   /   ',.ノ'´  __Y`f-   ` ー    ',   ム-==-、
. ̄`゙ー、  ′  }     r |__|-     /   i / ,. ―-,}i }
.r,r {ー‐' `ト.、  {      //l|ヽ、    /.     l ´  / ,/
{  ヽ  ノ| \  {ヽ、   //.| | | |`ヽ、/ }  /´|  / ,/
ヾ ーr'  |   / .| |`ー'// | | | |   .| | ヽ  |./ ,/
205 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:50:28 ID:SLJnG6Qs0

     ハ-ハ
   //Cω)
 c'ヾ、/ノ)  |   でもこうした努力も空しく、
 (⌒フ( )ljlj    前回見たように843年、「会昌の廃仏」で中国本土から追放され、
  ソ´  ̄


     _-三三三三三三三三三三   _ゝ
    _,∠三三三三三三/〃//三三  __)
     /イ 〃^'^'^'^'^'^'^'^'^'^'^' ゝ三三_>
      l/,.へ、     ,;彡⌒'  }三三 \   摩尼僧はいったん頭を剃って、
      l⌒' ミ;,_   、,_シ/-、  ヾ三三 <  仏教僧の姿に変えてから殺害すべし!!
     :l ∠ュゝ)   ムュ-‐丶  l三  ∠
     〆  , ''´         ``'  |/   ア
    {;'   {      )          /へ
     .l    `ー── '_,, --、       、     /⌒
     :|   ∠⌒ニニ=== ゝ     }l
      ',  {            }    ,;
     丶 ヽ、__,∠三三ヲ   ,〃
      ヽミ   -=─     _,ノ
       ,.へ,_       _,ノ=7'´  /三
     / 三|\  ̄ ̄ ̄  /    /三
     三三三|   >──≦、   /三三
207 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:52:06 ID:SLJnG6Qs0

  ハ--ハ、
 (CωCヾ.、__,、
 /|フ ヽ.´\l|}_ぅ'  10世紀末にはウイグル王国の国教でもなくなって、
,==( ljlj )<^ヽ、   マニ教は根絶したかに見えた。
tttフ     `)ノ


              E@ヨ
               ノ
              (
       x=ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ=x
    ィ三三三三三三>ニ==≦x三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三/´         .`゙<三三三三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙/    #       >ニ==三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙               /      `゙<三三三三三三三三
三三三三三三{             /′          ⌒ヾ三三三三三三
゙゙三三三三三∧            /                ゙マ三三三三三
三三三三三三∧          /                  ゙≦三三三三
'゙三三三三三三∧、       /             ⌒ヽ     `゙ゞ=三三
  三三三三三三z>ニ=圦                 Vx、       }三
   ゙三三三三三三三三三ゞx \              }三≧x     ノ三
          三三三三三三ニヾx \               {三三≧三三三三
            三三三三三ヾx_ ヽ          V三三三三三三
               三三三三三≧ノノ≧x=ニ三{    ー-=三三三三
                  三三三三三三三三>x      x}三三三
                    三三三三三三三三三三三三三三三
208 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:53:23 ID:SLJnG6Qs0

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /    ところが宋代に入り、マニ教は何故か中国東南部の
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\   福建省や浙江省で「明教」の名で記録に復活する。
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、   もちろん信者はソグド人でもウイグル人でもなく中国人だ。
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄


          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  明  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/  (●)  (●)  \  マニマニ~
      ||ト|     /_人_\    .|
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ
210 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:55:23 ID:SLJnG6Qs0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.  一体どこからマニ教が伝来したのか、二つ説がある。
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /  一つ目の説は海のシルクロードを通じてメソポタミアから流入した、って説だ。
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/


                                                 /
                                              /`ー´
                                              /
                                             (,
                                   竜城○ ○棘城  ,/´
                           盛楽○        、--、  _    (´
     ○敦煌                     ○平城  ノ  / /  ̄|   `ヽ
           ○酒泉    、´ `~ ̄`).○左国城,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
                   ノ統万城/   中山○.(_  ,‐-っ,      く   `|
                   ノ   ○ く         ./`‐´ /´      )  /
                 く´~       ( ○平陽  /     /        レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~○洛陽      \
       `ヽ,  ´‐‐―`      ○長安                `>
        `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´   福州● |
          |,       _/~          建康○       ノ´
     成都○ |,    ,,ノ~                     泉州●ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
                    /


                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       けど、マニ教徒が南海貿易に従事していた証拠がないし、
       __     //.      __,l       アッバース朝の弾圧下で遠方伝道に力を入れる余裕があったとも思えない。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   それに泉州に来た商人の大部分はイスラーム教徒だったから、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  現在この説はあまり支持されていない
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
211 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:57:10 ID:SLJnG6Qs0

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ    有力とされるもう一つの説は、江南の明教徒は
        { { /       ハ }    弋リ   '    中央アジアから華北経由で伝播したマニ教徒の裔だという説だ。
       ヽУ     l ノ/        l
       У      ヒ"           l    明末に何喬遠(かきょうえん)が記した地方史、『閩書』(びんしょ)の七巻にも、
      /、 r、 γl /        ーァ/    「会昌の廃仏」の際、マニ教僧の呼禄法師が福州に逃れ、北山下に葬られたとある。
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ       他にもいくつかこの説を支持する証拠があるし、通説といえるのはこっちだね。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ


               ,.   -―-
             ´        `ヽミ
           '             ヽ
             /     /     |     ' .
         〃ヽ′     /    / |
      ,み、ノ{⌒)   /   //  ノ\     ;
.       {{ 叭0双´  〃-‐≠~ / / ―-}  | i
       ゝ彳メ、丿\ⅱ /_  { ´   ノヘ } !
     _,.ノ 乂八 へ 从斤テc、    ィテc 从ハ|  「呼禄法師」って、「フローフ・ハーン」の音写かしら?
   /   ``丶 `ーヘ >、ゝ- '     ゝ-' 〃
  ,.≦三≧x、  ヽ, r/ ム ゙゙゙゙ _ _ ' ゙゙゙ 厶\, ヘ、
  {   `ヽノ`ヽノ / / r个s。.      イ ̄/   /
  辷ミ、  i _/⌒'ヘ   〈Yー‐[ ̄__ <彡   ∠、
       ) 〔 /     |   ト 、 _]>―<ヽ`ー‐'У `ヽ
√ ̄≧彡' ノ/     j   }  } }    〈 './ ̄   /
{  (ー=≦ /     /\ ノ イ_\   }  !`ー<ミヽ、
乂 \   〈    /    ̄/| ̄ | i\ノ  \    ) )
.  `` \ ヽ. _/\__/|_|   |_|   ヽ /  / ´
        ヽ/     /          } 〉


※フローフ・ハーン:マニ教教会の第五位階に相当する説教師の職名
212 ◆OkhT76nerU 2012/11/25(日) 23:59:00 ID:SLJnG6Qs0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ
       __      //    (' )  fj    経緯はともかく、江南で生き残ったマニ教 ―というか明教― は、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ    支持基盤を下層農民に変えて為政者に対する秘密結社化していった。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ
  i          〉,|     //7)/ //./
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ


                         __
                       '"     `
                  /              \
                , '                   ':,
            ,                       ,
           .′           / /\     \\::. __
           | .: .::  |  | | / l,'  ハ  \   ';:∧{ 〉
           |:::.:::|  |  | | ‘ |/ ̄ ':.「V }  }{ ハ~}
           |::::l::l:. /⌒| | i  |  _jノ_」.:|  l`Y^7"}      秘密結社・・・
          .八 ::::::::. l:::..八∧|   ィ灯心, |::|  | j∨∨
               \\:: ァ'灯心、     `¨´  |/ /,'八. \/゙\    なかなか心躍る響きだわ。
              .\\ . `¨´  、   ,,,,...ムイ/  \/::  /_   
              ., -‐}::ヾ .,,,,     ,   仆´ __ ,/:::::: /_/\  心ない人々の眼を躱して、影ながら真理を説くのね。
             .< ::::\_,,仆___ `   /ノ/ // `  、//:: /_
          ..r─\:i.斗 `ーt-、  `ヽ彡" ,/ //   /⌒ヽ/⌒':, }
          ..| \⌒| |  || ,}    }__,/__,//  /    }    }/
            r─\ :::ソ |  ,イ廴_,/〉::::::::::::\  //    ゙ヽ   /
        八{ ̄⌒/   \ У/〉  `7:::::::::::/  /      ':,/
          .\  \    / ,//    /|\ ::: |  /        /
              〈\ 〈//   ||:Г\|   {  \_//
              i  / 〈_____| j:」       |    /、
               |  /      /、{        〈     /
                  _ノ/     /  ヽ       |    ´l
                 {`{      /          .|    i
                 |         / _     __l    i
         ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ー| ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄  \    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               {    |       {             ノ
213 名無しのやる夫だお 2012/11/25(日) 23:59:18 ID:W50iTsIk0
ダイハードなマニさん
215 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:02:28 ID:Jd0IP.JE0
ゴキブリなみのしぶとさだなw
219 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:04:06 ID:gdcUsldM0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                  南宋の陸游の『渭南(いなん)文集』によると、
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   江南で頻発する農民反乱の中核には明教があったとされる。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :  明教その他の反体制宗教は、その祭祀の内容から
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :  「喫菜事魔」とか「事魔食菜」とか呼ばれた。
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 妖幻邪人が良民をたぶらかし、朝廷の憂となること、福建の明教が最も甚だしい。
 秀才や官僚、軍人の中にもその教えを信奉する者がいるほどである。
 
 その神は明使と呼ばれ、肉仏、骨仏、血仏などの称号もある。
 その信者は白衣に黒い被りものをし、街の中に社を設けている。この邪教の神像は、印刷物として流布するものもある。
 
 (中略)漢の張角、晋の孫恩、また近頃の方臘は皆この仲間である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
221 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:07:57 ID:gdcUsldM0

           __ ___, ___
           li'T lll─「l三i∥/|l |l l|
           |l |l |l|⊂|l二l∥T|l |l l|
           |l |l |l| /⌒⌒,l|_| ll |l l|
           |l |l |l| lヲ_~ー }l|ノーl |l l|
           |l |l |l| {"ニ^_ノl|レノ\ゞ
           ゙' ゙' ゙/|`'"厶∥_/:::\
           __/::ゝ| /: : ∥:::::::::::: \
          _/:::::::::::::/l/: :/∥:::::::::::::::::: ヽ
 _   _, ィ´:::::::::::___| ,.へ._∥__::::::::::::::::::::::|
 ≧_` ̄}i : : |:::::::::::_|__\ \_l|_|:::::::::::::::::::::\
  ⊂イ |: : :|:::::::::{l〈      \ノ")/:::::::::::::::::::::::/
    | |: :|:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄`ーイ/:::::::::::::::::::::::::::::|
    | |: : :l::::::: ̄| ̄ ̄ ̄ ̄7::::::::::::::::::::::::::::::::|
    | |/|:::::::::::|       /\:::::::::::::::::::::::::::::|
    レイ.: : :|:::::::::::|     〈   \:::::::::::::::::::::::|
     | |: : : :|:::::::::::|       ヽ  〈:::::::::::::::::::::::|              _/`ヽ
     | |: : : :|:::::::::::|       i\ |::::::::::::::::::::::|            / ̄  `ー‐  ¬
     /|.: : :|:::::::::::|       〃./ |::::::::::::::::::::::|           / ●      //  なんで明教が農民反乱の中核になったかは諸説ある。
    /  |: :: :|:::::::::|、     〃 〈  \::::::::::::::/\          { (__   ●  / l/
   l.  |: : : :|:::::::::::| `==彳 ハ   ヽ:::::::/\. \        \ `ー'  , |   中世ヨーロッパではカタリ派みたいな二元論が
   |_/: :_:L - '"ト 、 ___| lト、  |:::::∧  \  \       | iヽ   イ!  |   カトリックへの対抗原理になりえたけど、
     ̄ ̄       |          l|ハ 、  l:::/: :ヽ  \-‐\     | 乂}   `| |   中華王朝への対抗原理になるかというと微妙だね。
               〉、_      _」 | ヽ /: : : :\   \__ >   | ノ  ,:コ、 |
       /⌒ヽ._/    厂丁「 ̄ | l弋ノ∨| : : : : :\        〃/  // |  、‐- 、
        /l   /::`丶、/、リリ |  _l |__|L_L_.二\      ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
       ノ l⌒ 〈:::::::::::::::`T壬. | ̄::/ ̄ヽ、::::::::::::::::::\  \     {    |::::∨ ̄  \
        ̄`ー- 、ヽ::::::::::::ヽ_/::::::∧  〃 \::::::::::::::::::::\  \   rヽ    、_、   、\
           ̄\::::::::::::::::::::/ >‐iト、  l、::::::::::::::::::::::::>、_/   \      \ ヽ  、)
             ` ー--‐イニ=|_l|__ >=> 、_;: ‐'´         ー----一'^ヽ _)ー'
222 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:09:06 ID:gdcUsldM0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′  仏教・道教・儒教がすくい取れなかった
.       V            V    雑多な民間信仰の受け皿になったからかもね。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    マニ教はすぐアメーバみたいに変形して
.       / 个 . _  _ . 个 ',   先行宗教に擬態・同化するし。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄

                            _____
                      r― 、. ,ィ´
                  __}     Y               `ヽ
                <        |
                  >      |                    ∧
                 /      ,―ゝ--------=`丶           / ∧
                   ///    | ./         __ヽ /       /  }
                   ,′/ |/ _|      ´     ∨ /
                    // ,  ´   !     ト、      ∨       彡'
                 /        {     ,xr===ミ:::x`ー―==<ヽ
               , ´       ,x≠=x、      y  }::::., `Y:ヽ      |`ヽ
                 /      〈::{ , }::::., `ヽ   ト-イ::::::., }::∧ /    |   \     __
          __.  { /     N トノ:::::.,   `ー'弋::::::::::::ノ    ∨   ./}. !    λ   /    Y
       f´    ヽ ∨   ∧  /  弋:::::丿        ,,,,,,,,,,,   }   /:::| {    {:∧. /     ト、
.γ ⌒ヽ   !     ∧./   {.  ∨{ ,,,,,,,,     _ , - ァ         | イ:::::| |   f´::::∧/      .!∧  }ヽ
. |  { i_j.  ,イ    / :∧(_)  Ⅵ        } ヘr´         ィ::::::彡'  ゝ' /:::::/::/       |:::∧/::∧
. |  `ー 彡.       / }    < ソ    , ´  `ヽ     r:::::::::::::::::::/   r==― 、-------―------彡'
 ゝ__彡´`ー===――==='        `¨ー--'              r―――'
            (______                       ゝ-ミ
                       ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                   `Y
                              `ー―――――――― ==  '
224 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:10:25 ID:gdcUsldM0

       ,.       、
        i  >ー  < /
          Y o   o  Y、      なんにせよ、こうした農民宗教化・民間信仰化によって、
        ./i  、,._,    i \ィ=x  明教の教義はいよいよオリジナルのマニ教から離れていった。
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ




               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l  明教大要!
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、  _y──‐ l               /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ
225 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:11:30 ID:gdcUsldM0

         ,,..-''"´ ̄ ̄"''-,,
         /   -..,,_      '.,
      ../   -‐t.j-`''‐  _,,..-.',
      ,'    `゙''    .‐t.j-、l
        l      r''´  ヽ`゙''  |  清浄光明、大力智慧!
      ',        `t'´`j-'′  ,'
        \       ̄     /
         .`l-―――‐-..,,__ /
      ___|_:::::::::::::::::::||::::|
   r:ヽ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::',o└-..,,__
  /::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::ヽ、
 ./::::::::::::/ ̄ ̄l`゙l::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::|:|
../::::::::::::/   ̄ヽ┘::::::::::::::::::|o::::::::::::::::|::|
/:::::::::::/  . ̄ヽ|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::|



                      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                       >                 <
                       > 清浄光明、大力智慧!  <
                       >                 <
                      /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
         ___                  ___                   ___
        /     \               /     \                /     \
      / \ , , /  \            / \ , , /  \             / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \         /  (●)  (●)   \          /  (●)  (●)   \
     |     (__人__)     |         |     (__人__)     |          |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/         \     ` ⌒ ´    ,/          \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \          ノ          \           ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ     ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ      ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l               ( l  l  l  l l                ( l  l  l  l l
ヽ      /               ヽ      /                ヽ      /
226 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:11:56 ID:gdcUsldM0

                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i |
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i
      ゛'''──ー /          i `ヽ     i
           /         i   ヽ     ハ
           {               }.   }   /
           !、       _.入.__/  /
           /  ̄ ̄ ̄ ∨/////イ  ./     無上至真、摩尼光仏!
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ



                      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                       >                 <
                       >  無上至真、摩尼光仏!  <
                       >                 <
                      /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
         ___                  ___                  ___
       /     \              /     \              /     \
      /   \ , , /\           /   \ , , /\            /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \         /    (●)  (●) \         /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |        |       (__人__)   |         |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/         \      |r┬-|  ,/         \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ          , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ          , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i         l_j_j_j と)         i         l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l          ̄`ヽ        | l           ̄`ヽ        | l



            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、     あの設定過剰の神話を中国の貧農向けに要約すると、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    だいたいこうなったみたいだね。
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }  
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /  
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/
230 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:14:41 ID:gdcUsldM0

.             , ':/           |
            /:::'           |
            ':/:    ::'::::/    '  |
             |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! | |
           ,.、!:::::::::.  ' ::/!斗‐ト/ ,::/ |
           {l`!l;::::::::::. '::/´ ,/__j/ j/  |
        ,...ミj !;::::::::.レ' ,ォ===ミjヽl  |
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"      ',   |
.        r-`-"jj∥{\ト、 `ー---'     |    私の福音が影も形もないじゃない・・・
       j::::::::::::`ヽ:入_,ミ ,  | ll il||    ,|
       {;_:_:`ヽ::..\ 人       rー|
.      `ー-`ヽ ::::::..   >     | |
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ `-― 、
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄/  , ― ' :
    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、 |  | ./ ̄ ̄) :
          y  ̄  r - ー― ヽ|  |/ / ̄ ̄) :
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >:::|   〃 /¨_ :
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://|  ::   '´ , )
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / |      / :



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 清らかな光とか大いなる叡智とかのニュアンスは残ってるじゃないか。
.       V            V   
.       i{ ●      ● }i   特にこの「清浄光明、大力智慧」の八文字は有名なキャッチコピーだったようで、
       八    、_,_,     八   明教関連の文献に頻出する。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
231 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:15:08 ID:gdcUsldM0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    それはさておき、『宋史』みたいな王朝側の記録によると
       八    、_,_,     八   宋代で最大規模の民衆反乱、方臘の乱にも明教が関わっていたそうだ。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄

                            _
                            〉ヽ-、
                <^ヽ 〈\  __  ⊆_ く、
                 }  |  )ノ<、 ヽ 'ーっ <
                 {  7    レ' ハ └‐′
                 \_ノ       ヽ、つ

           ...............                           ...............
         ...:       :.ゝ                       ...:       :.ゝ
        ..:::::     .::::‘=ミ                    ..:::::     .::::‘=ミ
       ":::::::      ..::::)  ミミ       ..─ヽ     ":::::::      ..::::)  ミミ
      (二二(三○三)二二)        //:::::ゝ   .(二二(三○三)二二)
      б   \  /   つ       //::::::::::/   .б   \  /   つ
       |  θ   θ   .ソ     . /.し:::/    .|  θ   θ   ソ
       .|   ..⊂⊃...  /      / ../          .|   ...⊂⊃...  / <⌒:ヽ.
        ∴∴r⌒ヽ∴∴     /し/           ∴∴r'⌒ヽ∴∴   `ヽ、::\
        ∵∵∵∵∵∵   ./.../                 ∵∵∵∵∵∵     ,.ヘ /
     ....──゛∵∵∵〃─┬/./               ....──゛∵∵∵〃─''..  / /
    │ \ ヽヽ  〃 ./t┘L.            │ \ ヽヽ  〃  ./,r'く /
    /  ィ   ヽソ/ ..イ   7                 /  ィ   ヽソ/   ../{_/ )
   /   ∥   // イ\   \               /   ∥   //   イ  ゝ、 \



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       これは1120年10月、搾取された農民の不満を背景に勃発したものの、
       __     //.      __,l      翌年5月、『水滸伝』の四奸の1人として有名な童貫率いる禁軍に鎮圧される。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   そして、方臘たちがなぜ一時的とはいえ江南一帯を制圧できたのかというと
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
232 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:17:28 ID:gdcUsldM0

彼らは明教の教えに従って怪しい魔術を駆使し、人形に魔術をかけて魔鬼として戦わせ、


          _,-、_  ,,,-== , - -_
         ‘─i_|-‘ _i_  ,;//  (⑪ ⑪
         ll l.l  ヽ  ̄'i ゝ  (__人)ヽ.     __
         ll l.l_/'i_  ヽ  iヽ i__l;l ;;lヽ. ,,/i ,-、ヽl
         ll ヾ-─< ヽ > ̄; ; ノ ;l、、二/-'  l_l'
         .ll  ll   i__  i. ヽ. ;; ; l / l      || ||
         .ll  ll    ヽ. ;i  丶; ;;;/ l/      .|| .||
         .ll  .ll_   ヽ;i   l ;;l :l       || .||
         .ll  / ,,,;i ,--、  l;;  ll~ l        ||  ||
         .ll /i、''''i/,l__l  l;;  l /        ||  .||
         i-'i''l  ;l'     .l;;  l ./     ,─、 ||_ .||
         l__l_l  ;l    l;;;  ’;l      l__lヾ~i  l_
           .l l,,,,,l    .l;;;; ;;;l       _ l; ヽ-ソ;i l
           '-;ヽ;l    .l  ;;;l      l iヾ-;;;'_l__l
            l_l;;l    .l;;;;; ;;l      l__l  ̄-┐l
                 .l;;;;  ;l、          l_l
                 .l;;;;  l'ヽ_
                 !  ;l;;;,,,,,,,,'─、
                 ‘─' ̄‘─''~


婦女子には顔を妖怪のように塗らせて官軍を脅したからだという。


        ,. -‐v―- 、
                ヽ
      /  //_/ノハL!L!i
   r‐、 i  彡  _ノ  ヽ、_ .i ,-ァ
   ヽ ヽ!_彡  ⑪   ⑪   く  
    [i 6  ● (__人__) ●ト、/
    . ト-' 、   ` ⌒´  ノ
        >  ___ <_
      /ヾ ヽ   ヾ ヽ\
     /   | ◯ ̄ ̄ ◯ |/ヽ



     l、    /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
  __| V   / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
  \      //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
  <     .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | ∧ |/ /`V=、
  /     . || |  l  | ,X= |         \|(__;)}=| c | |l
. '一 7     ! ! ヽ ゝ|, ´⌒ヽ     , ´⌒ヽ.  | /  A iiiゞV
           ヽ ヽ!{     }    {     }  /  /=ヾ|、X
            `ー乂__ノ    .乂__ノ  /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,  私の教えに魔術なんかないわよ!?
             /|     '      ∥∥ / ノ/リ-'ノ- '´  ――|
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ――-、ー ヽ、 |    |   ,. イ /     -- 二二,!
        /___   ` ヽ、 |_____|- '´  |        ___  `ヽ、    \|ー -=---、__,.|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       /   ` ヽ<´`ヽ ,.ノ、     ̄l ||  | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ,/ ̄ ̄ '、::'、  r---- 、_, |l|  ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―-、_/     、:::、 .|    _ Y'''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
     ____, /     ヽ 、::、 ヽ    __ ,| ,!-     |   |_ ヽ--――
     /    /      ヽ 、::゛、|      |'ヽ     /   |`゛ヽ
234 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:19:10 ID:gdcUsldM0

      ,、____,-、 _,ー,_,、,、_,-、    ,-、     |ヽ, =='> <ヽ,    <ヽ,. ニニニニ'>
    ,、//. ` ̄ ̄| | `7  く | 三. | ===´)| 〈 r'`>   `´ ==='>/,_ー'`> /.〈____,ー、
    ヽ, 'yヽ.,   | |  /ノ| |`__`' ̄`'  / / | ` く   lヽ∧ == ノ' | | ̄ ノ'| |ー┐┌‐‐'
     7 ./ .,、_| |  ,、,=`ヽ_)∧|ヽ,./ノ._| |ヽ.ヽ_ _`y' /_.==_ =' `='>  | |_/ /_|ヽ、
    <_,ニ、入_ノ くノ.|__二二ノ `´ '´ `ヽ__ノ `ヽ' `ヽ_/ .|_三_|  | |    | | `ヽ---‐、_)
    ===================================================================


  ., --ん       ,,,,,,,_
___( ソ_∨_|Yy   /ソ   ヽ /ゝλノヽ             ノ              ゝ     ∠二 ヽ
\。ト ゝイト|   ミ6 `ハ′| | )=(  |  _ミソ _ _フ   ミ彡λ彡  ゝ((ノ ヾ)  / ((ノヘ))    .||┐-L丿
 (⌒~フ/ヽ/   (∧ヽ===ゝ∧||ヾ 丿 ヾミ6_ ゚_ ゚)   6* ゚ー゚)   §6 ゚ -゚)  丶6゚ ー゚)     ヽ- 「ノミ)
  [=丿/人h  ≪_ )〉彡ヾ >||     (_ 〉て

ヽ  (__)=-,ヽ_)   (_〉~ミヽ)   O~ ヘく    (ミゝ~彡入|
 《_)=彳_/<)   《_)__ノ___ト/_ノつ     《_)_ノトノ   《_/|_/<)   《/|=--〈)   U===|ヽ)   ||」~|~|_|||_)
  /_ノ」「|__ゞ   /_ノ」 |「_ヽ ||     /_ノ」「_ヽ  /_ノ」「__ヽ   /_ノ」_|_ヽゝ  |__/__|    L}/《_~~|
  ~~|=/|=|    ~~|==/==/ ⇔     ~~|=/=/~   ~|=/|=/    ~~|_〈〈~~   (__〉__〉     }=||=/~
     ̄  ̄       ̄  ̄ ̄          ̄  ̄     ̄  ̄       ̄             ̄  ̄




     ハ-ハ
   //Cω)  『水滸伝』でも、終盤に梁山泊の好漢たちは
 c'ヾ、/ノ)  |   方臘の乱の鎮圧に向かうんだけど
 (⌒フ( )ljlj
  ソ´  ̄
235 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:19:55 ID:gdcUsldM0
..l  l  .!   .i   │    !    l    l    /            /   || .|.|/      /       ,/
 .l  ! l        .,!    !    l    ./     /           /    | |.| .|      ./        /゛
.  l  ! .|l  .. .|   !   il゙  .l  .!   ./    /       |ヽ    ||.| | | |.  ./      ,/
 h, l、} l|  l、 l. .l!   l!  .|,! .l゙   /   ./ /      .| `,    | | | | | |/      /         ,..-'
  リ、 'l、 .l.! ll ||  .l,!  !.ll゙  |.! .l  、 ./ .、 ./ .〃  ./   / .l  `、/ ! |j |j      ./゛          ,..r'"
  l.ヽ.l.l !| || .|.! .|.! .|.l.!  | ! l゛ / .l゙ ./ / ,i|′.〃  ./ ./l      | /      / . ,, ‐     ,..-'´
、  l ゙/Λ.l ! .l.! !.! l | i|.!|  l゙,! ! 〃 ! ./ / .,〃 〃 ./ . |` ,/  ,、/|  |     . /  /    ,/´
..l;; ..l .゙ll,.゙ll│,!|.! l ! ! .il]l゙,/l゙.l !.// ./ ./ ./ .// .//  / / .|  .,/   |  |  .,/ ,y!″   ,..-'´          _..-''
゙'ヽヽ ゙l、゙‐ ".l !.l!│l .| .|l|.l/.ll゙ !゙/ l l゙ / ./ / /.,// / ./ ./\ \    |  !/. _.;;!!"  ._/´       _..-'"゛
, .゙'ム'、 .l   l.l│.l.| .,! !l |! .「 l/ ! / / / ./ / . ,i"ノ゛ " / .〃 , \ ヽ,   | |.,..;;ソ"  .,..-'´      ,..-'"゛
ヽ ゙ヽヽl   !!│|l゙ .| !|    |" ,! / /./ ,i′ ././  ./,.〃/ . /\j  .| .|'ン', /      _..-'"゛     ,.. -''″
 ヽ   '♭  リ│l .|.!ゝ    .゙ / / ./   /″ / ,i'/゙‐゙., / _/.,,-'ン| .|    ;‐i   .,..-'"゙.,,iv‐  _.. -''″
  .ヽ   .゙.    .ゝ.|l     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//゙ /| |   lニ ニl rir.i /7_,, -'"゛
、.ヽ ゝ           !        )                  >'´._.ir| |   〈/!_|  l,!l,!//゛
.ヽ. "            ゙     <   ハァァァァッ!!!   >/彡‐{j        .//              _,,..
.., .ヽ       ____    / <                 (!!'彡‐'´ ...-彡            _,,, -‐''"゛
.,.\ ゙-    /      \. ″/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y\  ._,, -'"゛       _,,.. -‐'''"゛
       /  ヽ、   _ノ\          /          _.. -''″     ._,,.. -‐''"´         _,,,.. -ー''
     /     (●)  (●) \                ´,.. -''',゙,,.. -‐''"´       ._,,,.. -ー'''''"´
'ー..   |        (__人__)    |       /)/)/)    _,,.. -‐'''"゛    . _,,,.. -ー'''''"゙´
     \      |r┬|   /     「////  '''"゛  _,,,,.. -ー''''',゙____
 .   γ⌒      `ー'      ⌒ ̄ ̄' ̄´  (        : ,゙,゙二==''''^゙゙´
     i  j            ___、__,、_`つ         二二二ニニニニニニニ===──────
     ヽ、 l           /′                ――――――――――――――――――――――‐
  _/つゝ、,,!             }            ー`-ニ二二,゙,゙;;;;¬――-
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             ,,,_          ̄ ゙̄^'''''''''――-..........,,,,__
-'''"`` ̄/            \        ー ..,,, `゙'''ー-..,,_                        ̄ ゙゙̄"'''''¬ー
    ./     /´`\      \ \、  ー ,,   `゙''ー ,,_  .`゙'''ー-..、
236 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:20:32 ID:gdcUsldM0
                      __    ./^┃ / ̄\  / ̄\
        、′‘ ・. ’、′    ┃__)  '/___┃ |  _  |   ┃.|\  /┃|\  /┃
・.  ’”; ’ 、′‘ ・  . ’、 .,' ┃  ) /  ┃ \_┃  \_/ | \/ ┃| \/ ┃ ”;  ’、.・” ;
、′‘ ・. ’、′              ̄ ̄         ’、′‘ ’、   。・”;         、′‘ ・.
、′‘ ・. ’”  ;   ’、 ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・. ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・.
       ’∩ミ′・         へ从へ人 へ ,, 从(⌒,,Y从人⌒) へ 从  ’、′‘ ’、.・”;  、′‘ ・.
・. ’、と(・∀。'')つ、・’,, へ从(⌒,,Y从人⌒) へ 从 人从(⌒,,Y从人⌒) へ 从 人
′‘ ‘ ・.∨  ∨ ∪ミ‘ ・Σ( (( ′‘ ・.人 ) ) ・. ’”;   )ζ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”;
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ))へ从从へ从( (     )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’、 ′‘ ・. ’、
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・.⌒( ⌒⌒ζ Σ⌒ \ ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.・. ’、′‘ ・. ’、′
   \ γ   γへ从 ( 人. ’、)从 ・. ’ 从 ・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ⌒ \人人 ’、人人 ’、′‘
、′‘ ヽ  γ ((  人  ( ζ Σ⌒ ⌒ へ从へ  |)) __λ  ) ((  ( (  (( )⌒)へ从 人 从へ从へ
 ヽ Σ( (( __ ⌒へ从从へ从 ′‘ ・.   | ) ∧  ∧ 人  从. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”;
 Σ( ⌒( ∬∬∬∬⌒ )ノ⌒( ⌒).Ⅴ         _( ;・Д)ヘγ_)\  人  从 ( ソ从へへ从  人从
        (゚Д゚;∬ ヒー   ;;   ; ;;      ⊂´と´_,,  ,ゝつうわぁぁぁ!!
        /にニつ /  ;;
237 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:21:03 ID:gdcUsldM0

            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....              ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  それまでいくら死線をくぐっても誰一人犠牲を出さなかった彼らは、
.       V            V    この戦いで72人戦死してしまう。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   三六天罡星と七十二地煞星の生まれ変わりの好漢たちの
.       / 个 . _  _ . 个 ',   三分の二を葬り去るだなんて、明教軍の武力は剛勇無双、妖力は驚天動地だね。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__

                     -
                ´         ` ー  、
             /              ヽ
        /  /           /  ヽ  ヽ       /
       / /       / /ヽ    ヽ  ',      /
\       / ,′  !      / /   ヽ i     i     /
  \   j  {   、{  / /j/     ゙j } ! i   |    /
   \  {  ヘ   \_/! //       _厶イ }   |   /
     \{ ; ∧ { ∨`Vー''    `"´/   } /}  /.} ./       /
      | ,′`、.{   \        /  .j/ ;  / /  i      /
     ヽ. V{ ゝ トゝC /      \ つ。///    '      /
、     '      | 〃〃         〃〃0| "´     /      '    そんな軍隊があるなら
 \     ',    !              !  i  /      /     世界中で苛められたりしないわよ!
   \         \      (  )     イ   |      / {
  } ̄\      { ,> .       . < i   !    /   \
  {   ヽ.       ____ ミエ壬 _____      /    /
  {ミ、   、 ヽ ̄   ー‐._`Y^Y´_      ノ   /     /
    _.>、 }  ヽ     __⊥⊥___`ー   {    f   /
.r ⌒ヽ.  ヽ. !   i|   r ´// | |ヽ\\   |    i /{  __
{   ,/ ̄ ̄´i}   |/―‐//――‐i i一\_,j    |V  ¨"   } ヽ
ヽ  {       |      /./    | |        j ゙ー―-、  .j  i}
  \{     |     / /       ! |         ,′     ゙ / ,/
   \_,   ヽ    { {       | |      /      У/
238 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:23:01 ID:rGe/ejD20
ごもっともw
239 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:23:07 ID:gdcUsldM0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ        まあそうだよね。
       __      //    (' )  fj        現代の学者からは方臘の乱と明教の関係にも疑義が出されている。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ        実際は徽宗の重税に対する反乱だったみたいだね。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、    
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))    体制側の認識パターンが固定化されて、
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ    反社会的集団=喫菜事魔=明教と短絡したみたいだ。
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ  
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ  もちろん反社会的集団のすべてが宗教的動機に基づいていたわけじゃないし、
  i          〉,|     //7)/ //./        「喫菜事魔」と呼ばれた宗教がすべて明教と関連していたわけでもない。
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ


      ハ        ハ
 /  / |     ヽ | |
 | {/  Jiト、 \   | /|
 | | ゝー十弋ニ |    ト、|
从(     __ ヽハ  }ノ
  ヽ   彡ァ=ミzx | ,/^} /
   u.   {三}_ヾjイ⌒|/    どうしていつもいつも、都合の悪いことは
  }     :{ r~i( ノーノ     私たちのせいになるのよ・・・
  l.     i j  Jr≦/^ 、  
r===== ォ ;し ij //    \
 ー ‐1j } } /7     /}
≧ュ __  j イ ,/     /彡{/{
二.| } f/二二く   / ̄ /  、
  i| ゚/ /   /\_/ _/      \
  i| ./ /    h   /      /
二i|/ //ニ ニ 」、_/   xr== ≦__
_匸]_r=≦´  ∨ ヽ、_/_ 二ニ=ァ  )
  | | |        ∨,|       /  /
  | | |           Ⅵ  }    ,/  /
 [  ̄]   ニ= <  |i|  ,     {  ∧
  | | |        ヽi| ,/     、  {'∧
  | | |         マ      \l' ∧



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l    まあ『崇寿宮記』を見る限り、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ    もっと要領よく生き延びてたセクトもあったみたいだけど。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
241 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:25:01 ID:gdcUsldM0

       r、        //|
       | ヽ\ ,.,__,. --       |/ >'´      `ヽ ヽ
      / /           ヽヽ
     /  イ  ●     ●  .,| ヽ   これは南宋の黄震が1263年に崇寿宮という道観(道教施設)のために記した題記なんだけど、
    ./  / |       ._     ,}  ヽ  実は崇寿宮は道観に偽装したマニ教寺院だった。
    /   | ヽ    )-'´`    ノ ヽ  ヽ
   ,/   |   i`ー-,   -r‐'´  ゙、.  ヽ
 __,./__,/>,|/,>_,..{  ,/|   , ヽ    l|   |
 ´ ̄   ̄ ̄/ ヾ_,>,|.  / ,. ヽ    r,.. ノ
 ―――--、'   ヾ_t,'´ /  ヽ


            }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
          ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
          \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
    ({     \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/     })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       | 宮 寿 崇 |      |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ
243 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:26:35 ID:gdcUsldM0

         ノ;;;ノ ゙'''‐- ;;;;;;;;;;;;;;;;;.. -''"ヽ;;;;i
         i;;;ノ     、     ,   ゝ;;l
        .|/ /ヽ、___i    ./_,..ノ\ i;|
       ,'ヽ.´''こニ‐-、ヽ    /,-‐ニニ` |__   摩尼の教えは儒教、仏教、道教の三つを合わせたようなものだというが、
       .|.ヽ| ゝ、 ○ ).`ヽ .ノ ( ○ .ノ  rヾi  この三つは天と地ほど違うじゃないか。
       (ゝ.|.   ゙''"´   { }  `゙'''"   |) ノ
       ヽ \  ,.. - _ i i _  、_   ノ /   これを一つにして、
        ト| :i´,..-‐'' ゝ(__)‐' 、..,、ヽ/|ノi   しかも儒者である私に題記を書かせるとは一体どういうことだ?
        .i ゝ人ゝ   ,..、_,..、   _ノノ / i
        |   ヽ ヾ''‐--'''‐'''ー-''" 'ノ'   |
       _,.|    ゝ、 `''‐‐‐'´ ,.ノ´    .|_
.  ,ノシ''''´ ノ  i    \     ノ    i    |`iゝ=ヘ、 ,......
/ ./     '  ノ    ヽ`゙''''''''''´ノ    ヽ  .|`|`'''' `i`ヽヽ


         ____
       /      \
      / ─    ─ \   我々の師である老子は西方へ行き、そこで化身して摩尼仏になったんですお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  その教えは戒律を守るのに最も厳格、日にただ一度のみ食事をし、身を慎んで外出しませんお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
244 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:27:53 ID:gdcUsldM0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    我々の住む場所のことは当初は「道院」と言っていましたお。
  |       ` ⌒´   |   それは我々が摩尼の香火を奉るため、またその根本は老子であるためですお。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \   この説はちゃんと根拠があって、道教経典である『老子化胡経』に明らかなように、
     |       |::::::|   ,---、 老子は光明の気に乗って西那玉界に入り、王子として生まれ、
     \       `ー'   しE |  出家して道と一体になり、末摩尼と名乗られたんですお。
     /           l、E ノ
   /            | |  老子が再び化身して、摩尼となって法を説いたんですお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


           /ミミミ、ミミ、   V///イィ/彡彡'´ ,二ミ、
         /ミミミ、ヾヾ、ミ、 l′′ / ,ィ彡彡二三≡ミ、
         ./ミリ`ヽミミミ、ミミミヽ/,ノ//イィ ´  彡彡三三彡i
        |ミシ   ` ミミミ、///,ィ彡彡彡彡'´`ヽ三≡=|
       __レ'´      ` ̄`ー―=´ ̄ ̄     |三三ミ|
      j ノ ,、       、ヽ、            ヾミミミリ
       /.l∠ミミヽ、   /  j   、           ミミミ/
     { ト、__≧ミ三ミ、 {   入     ,ィ、    ミミリ、   ふーん・・・
      .ト .) `ヽ.弋_,>、_`ヽ ` レヾミ≧辷彡≡ミ、   ミ/r、|
      V   `ヽ`ー-'´  ノ    、_>tァ―ゥ、_,  `   レ 7 |
       |      ̄.  /     `ー`=´ ̄     / / ノ
      l、   / _,′.:.:..   `ー‐'´      / /´
      / |ヽ /  ( ,ィ‐ 、 ヽ  \       ,ィ′∧
    _/ | /    廴  ノ-‐'    ',   ,.-‐'/ー'´ ├-、
,ィ´ ̄ ,イ.  ! !      ̄          i  /  ./    |  `ー-、
   / |  ∧  <__,ィ‐、__          | /  /     .ト、
  /   .|   Y `弋ー‐-、.\_,、   | __,/      | `ヽ、
. /.  ,イ    廴 i、 `ー-‐`ーァ´    /'´        jゝ、 ヽ
. | / |    |. ,>‐-<´     __,.イ              |
./    .|    ヽ、    Y ,/´  /     ,             |
′    |      `ー----‐'´   /    /          |
246 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:29:35 ID:gdcUsldM0

  .′ ′  /   //   i: !      '.   |
  i! i !   -/―/ j/      _j:/|  ハ   / '.  ¦
  i! i !   | /  /      |`ト、; |  ′ } r=ミ
  i! i !   |ァ==ミ        -ノ、V ヽ| /   ,.=!! 〃
  i!ハ '. Kl rし.::ハ     xァテミメ从 ′  《r⌒ヒ》
      ヽY V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈  /弋__ノ  道教との同化は結構上手くいったみたいね!
     小ゝ///   ,    ヽ:::゚ソ / ./‐、《__》_》
    rく:人           ////゚ // f⌒ }>─┐
   ノ ヽ::ヘ.    r‐ァ        / ィーァ'´     イ
  (     \::> 、      _..   イ |/      _j
    入    ゙ー‐} ー┬  __ .===く   _ ..‐ ¨¨′
  rく::::::::::ア ー―┘ r==‐ ¨¨. ----- <:::::( _ .. -―┐
  {   ̄ ̄ ̄ヽ    |    / ´  ̄ ̄ ̄ ̄<      {
  ゝ ____j   /  //          Y ¨


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|      道教の世界観の中に埋没している、とも言えるけどね。
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l      とはいえ先に挙げた『老子西昇化胡経』とほぼ同一の説明をしてるし、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      少なくとも南宋期までは元々のマニ教団の伝統を
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  それなりに保持できている集団が残っていたようだ。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
247 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:30:33 ID:gdcUsldM0

        ,r'´               `ヽ
          /                  !
       /    ,.'"´  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``ヽ、 i!
       /l   ,r'´              ゙, ,|
     /:/  ,イ                 ! !
     l/  /:;;   ,f三''≡=、   ,r=≡ミ、 jリ
    /  / ト、      ⌒ヽ   r'⌒    |
   ,/  / /゙i |   ーゝtェァ )  j;,.tェァ‐  .|
   /  /;;i (,ソ       ̄`    ´ ̄    !
  ,/  /;;;;;ヽ ^ヽ        i    ト、     ト、
 /_/;;;;;;;;;;;ト、ノj       ノr=- イヽ、   ト、!
 :;:;:;:;:;:;; , イUリイ      ,ィ彡彡川ミミヽ  j!:::ト、
 -‐''"´    jト、      '"にニニフ   ノ「``ー- 、、、
         i  ヾ、     -─-    ,イii!      ``
         |  i;: ;:; ヽ、、、、_ _ ,,. イjj:l;:;! i
         |   ゙i ;:i;:i;i:;:;i:;:;j:;i;:jk;i:j;i;ji:;ji| l!
         |    ゙i;:;:ji:ji;:i;:j;i:j;i:;j:;j:i;j:i;j:;;!. /
         |     !ji;:j;:ji;:j;:j;:j;i:;j:;j:;i:;ijj!/               _/`ヽ
                                      / ̄  `ー‐  ¬
                                     / ●      //
    元代に入るとまた状況は変わる。            { (__   ●  / l/
                                     \ `ー'  , |
    新たな支配者モンゴル人たちは、             | iヽ   イ!  |
    明教に対する先入観もなければ興味もなかった。    | 乂}   `| |
                                     | ノ  ,:コ、 |
                                     〃/  // |  、‐- 、
                                     ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
                                     {    |::::∨ ̄  \
                                     rヽ    、_、   、\
                                     \      \ ヽ  、)
                                       ー----一'^ヽ _)ー'
248 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:32:05 ID:gdcUsldM0

ヾ;;ヽ;;;;ゝヾ''          ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ
:::ゞヾヽ;;;;ゝ;;,,. ,.,.. ... .,,. ..;ヾ;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾ:;;
ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾヽ;;.rヽ.  ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ:;;;:
;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili| |i!::..,,.ji;;...
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´       .,,;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;"":..,;,;:.:,,,,.....
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l        :;:;;ゞ::::ゞ   ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:  ;;ゝヾ
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.: ヽ;;;;ゝ
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,  """ヾ:;:: ,,.. .., ..,., ,
Zr、           _,..ィr'二ニ'==--'"
`i、j_;:{_-;'=:-ニ==-'゙¨~    ̄
       ,.       、
        i  >ー  < /      元朝は別に明教を公認はしなかったけど
          Y o   o  Y、      特に取り締まる必要性も感じていなかったみたいだ。
        ./i  、,._,    i \ィ=x  
      / ヽ、     ノヘ  \ }}  この時期、確認されるだけで4つの明教寺院が建立されている。
      ,〆、 / /    \ ', __シ
249 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:34:29 ID:gdcUsldM0

                   ___ _
              /.::::::::::::::::::::::::::|
             /.::::::::::::::: _:_:::::::L
      __ ノ ⌒ヽ/.::∧,. . : ´: : : : : : : :`ヽ
     フ    (( ))y'´. : : : : : : : : : : : : : : : \
  ー<        ゝく/. : : : : : : : : /: : : : : : 〃: : :ヽ
    `フ    (  ./: : : : : : : :./:/: : : : : : /:ハ: : : : :'.
     / /    イ: : : ./: :/: /:/: : :/: ://ハ}: : : :.i: }
   イ /     /{: : : :l: : l:.:/Vl: : /:/ /⌒メ、: :.}: } ′
    l/ |/ //ハ: : : l: : l/´ l: /´     ノ l:/:/
    ノ:´: ̄:`ヽ ハ: : :l: : { , .::T     下::.V: イ
    {: :_:‐- 、: : :.ミV : : l: :.lイ.:::.:.ソ     ー' レ′  なんて言うか既視感のある展開だけど、
     `ー‐、:ミヽ: : : い: :ト、  ,,,,,,,,    '  ゙゙゙゙゙ノ    ようやく自由に活動できるようになったのね・・・
   ノ.´: ̄:`ヽ ): : : ノrく ヽ\.u    _,   . イ\
  (:_:_:‐_ 、: : :\_ソノ ,ハ 丶 _ >  _ イ_ノ: : : )  他に目立った活動はあった?
      `ヽ: : :}  /  ヽ    ̄ノム: : : : : :/
  ,  -‐‐‐‐ )_ノ /     `ー くク〈  ̄ ̄`ヽ:)
 (: : (  ̄  ̄   /  _ _     ヽ_)ヽ
  ヽ: :\_      レ'´    `ヽ    ヽ ))
    ̄     !       \    `Y´`ヽ



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       当時の状況はほとんど記録されていない。
       __     //.      __,l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ       元朝が注意を払わなかったっていうのもあるけど、
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   ちょっと前まで弾圧の対象だった明教は仏教・道教に擬態してたから
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  気づかれなかった面が大きいんじゃないかな。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
250 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:35:27 ID:gdcUsldM0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 数少ない記録のひとつはマルコ・ポーロによるものだ。
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   福州に立ち寄った彼は、そこで不思議な集団の噂を耳にする。
       八    、_,_,     八  
.       / 个 . _  _ . 个 ',  
   _/   il   ,'    '.  li  ',__



         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:   
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::  「何教徒か分からない人たちがいる?」
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´         「気になるな、ちょっと話を聞いてみよう」
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,
  ////////////  / ,rz/
251 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:37:31 ID:gdcUsldM0

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l    や、やる夫たちは平々凡々な農民ですお。
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /    せっかく来てもらって悪いけど、別に面白い話なんかありませんお。
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l



      ,ilil州li!.i! 州 i州!.l州il!__ⅦⅥli, l!州`Ⅶlil `
      ,州州il!il!.州 .l州i!.lil.l|il     ⅥⅦ|l.i州! i!Ⅷ
     州リ'州.il!.州!.i!l州Ⅶ!.li!     ヾi, マトⅦl! .i!`
     ,iリ'il .lili!.ll!i州!.il!lil!.l!Ⅶ i!      ヾ、ヾ,Ⅶ、
    iリ' i! lil!.li!l州l lil!Ⅷ.i! li!. , ‐ ___     ヽ
    il!' l! lil!.li!l州il.lili!lil!  i! _____ `
    il!   li!.lill州lil.州i|l!-‐',ィテニ云ニ气ミ`
    i!    li!lliliハ!ⅦトⅦli .州、 l//ゝリ
    ′   .l州!V ,'Ⅶ Ⅶli!   `ヽー‐'"            「ひょっとして、僕らが弾圧のために
          l州. ヽ, Ⅷ l Ⅶ、            |       探りを入れようとしてると思っているのかい?」
        lilil!  ヽーヽVli、            |
          .lilil    ゝ、_ハ.ヾ         |
         .Ⅷ    lリl州lハ `            |
        lil!    ' |liリ Ⅶl.、
           li!    .リ'  Ⅷlム、    ヽ、.____
252 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:38:29 ID:gdcUsldM0

                                  ー-、
                                   ,....-‐==≧、__
                             ィ州州州州州州≧x `
                            ィ州州}li州|lⅦi州i州Ⅸ}ハ
                           イリ州州Ⅶ}l}i}l|Ⅶ}iⅥ州li州li
                         ,イ州州州|‐Ⅶ州|! }l}ハⅥリ州州
                          /イ州州l  Ⅵヾ! リ__`ソ l州州!
                          ノ'州l}l|.,ィ云ミ   .ィ云ミ、l州州ミ、
                            |! |l州li!l{弋リ .i 弋リ〃リ}!Ⅶ
                            |リ、ハ` ,;,   :{  `, ;;,../リイ{!   「そんなことしないよ。」
                               }! `∧;;;  r―┐;;;;;/{!
                                }!l}\. ゝ ノ ./ハ{      「僕らは君たちの生活を良くしてあげようと思って来たんだ。」
                               r≦}、_>ー<_z|≧
                             _ィ!三ミ== | r==ニ彡ト、
                       ,ィ==ニ三///////l_|_|//////ミ三ニ=―-、
                         iハ/////////////l  |'///////////// ハl
                           l/ハ////////////,l○!'//////////// ハll
                        l'/ハ'///////////,! .!'/////////// /.//|
                       ノ'//∧'//////////,! .!'////////// /.///l、
                       lヘ∨/,∧'/////////,| .|'///////// / ///,ィヽ
                      f' ミヽ'//l//////////l○!'//////// ,' //-=彡イ
                        ハ二ニ.ヽ|//////////| .l//////// , /<ニ彡'〈
                    ,'///////!'/////////| .|'/////// .i〈ヾミ////ハ
                    ,'///.///´l/////////! . |/////// .l V/∧ヽ、_∧
                  ,イ/l_////  ∨///////,l○!///////,.l   V/ヽ、//ハ
                 _ノl三≦ミ彡/    l////////| .|'///////,l   ヽ///ヽ三ミ`i
                 .,}三三三ミV     |i///////,| .|///////il     l/ヽ三ニ'ハ
                /////`ヽミリ    ,'////////| .|///////∧     ヽ'_,.イ//∧
                  //////////′  .〈/////////l○!/////////!     !'///////∧
               ,.イ/////////     ノミニ=-'////| .|////-=ニ彡!     V///////∧
  ,ィ´ ̄>、     ///////////      〈三三二二ニ=| .|=ニニ二三彡!     V////////ヽ
 /  `‐'´  l   ∠三三ミミミミ'/       ハミ三二ニニ三! .!三ニニ三彡'∧      .V////////,ヽ、
./  / rソ=l、 _l≧∠_ `V///,/      ハ∨ヽ、三ニニl○!三三//////ハ        V//////,三ニ>,
|ヽ、/ l ll //  ,  ` ヽ .〉l//      /////∧ヽ、///|  !'//////////∧        l///// , -∠、_
ヽ、|  ゝ.l_ l `ーイ Yヘ、_;;;; |∠シ′ .     //////////////l∧|'///////////∧.      l///ヽ_/   ;; ヽ
_  `ー'´ ̄`ト、|| rY;; //ヽノ、        ///////////////,l/V/////////////〉      .V/∠コi    `;;;;.l l、
       |`';V `l'`l l 〃 У、_      `〉ミ、_/////////.:::::::.V/////////イl         ̄ ̄ ', ;;,|;;,,  ト-'
        `ーl__/ l-'V || .||;;; |ト、     〈三ミニ==‐-、/.:::::::::::.V/三ニ=二彡イ                ', ‐モ;;;r;;l |
            `‐'--' ヽ__ll;;;;; `;;ヘ、  〉::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/.::::::::::::::::::::::彡!、            ヽ ヽ;;|; !;|
                 `V――┘                                    ヽ l;;l;;;!;!
254 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:40:11 ID:gdcUsldM0

彼らのもとに通い詰め、打ち解けてきたマルコらは経典を見せてもらった。


         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州   「このフレーズ・・・ ひょっとして『聖詩編』?」
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }    「とすると、ここの絵に描いてあるのは使徒か!?」
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}    「これを一体どこで?」
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////


        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |    祖先から受け継いだものですお。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ
255 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:42:05 ID:gdcUsldM0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   700年もの昔、我々の祖先はその聖者たちから教えを授かって、
  | / .イ '(ー) (ー) u|  以来代々信仰を続けてきたんですが、近頃は長らく教説を聞かなくなったから、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   教義が分からなくなってきてしまったんですお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    でも、この聖者たちをお祀りするという教えだけは
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\    いつまでも守り続けていくつもりですお。
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!  
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ   「偶像教徒(仏教徒)たちの目をはばかりながら、
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /        隠れて信仰を守ってきたんだね!」
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ       
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ
256 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:43:23 ID:gdcUsldM0

      イリlil.州l! 州Ⅷ   マトⅧ!l|、   Ⅶl|  Ⅵリlil|!Ⅶ州ミミムハ
.     〃i|.i!l liハil|,ルイマ!    ヽ Ⅵ|ヽ   ヾ|   リ' .l州リ'州州l`Ⅶ
.    / .i!|i!l i! Ⅷ.Ⅶ ` - 、    ヾ!   /,ィ二__ lハil l州州i! lil!l
     liイlil, ll|!lリl _,,ィニ三ミ、       イリ''´ ̄`ヾミ.lil,州 州 州|i!
.  ,   i!|州!,|州l .州'´  `ヾ      '''         l州州,州 州li  「君たちは僕らと同じキリスト教徒なんだから、
     |il州ハ洲l.''''           |           ,州州州州,州   代表者をカーンの宮廷に送って信仰を認めてくれるよう直訴するといい。」
       ll州| ハリミヾ、          {         / リ/州州州 lil
        リil|!lヽll.ハ           ヽ            〃 州州リ从i!   「僕らがとりなしてあげるよ。」
.       i ヽーハ        ,、, ―‐..、ァ    〃 ./州Ⅶハ .lil
           l从トヘ,        Y     .|      ./ハⅦV  li!
.             Ⅶl|ヽ、    ヽ    .ノ       .イ州' li/



       r、        //|
       | ヽ\ ,.,__,. --       |/ >'´      `ヽ ヽ
      / /           ヽヽ    マルコたちは彼らをキリスト教徒だと見なしたけど、
     /  イ  ●     ●  .,| ヽ   現代の学者の間では明教徒だというのが通説になっている。
    ./  / |       ._     ,}  ヽ
    /   | ヽ    )-'´`    ノ ヽ  ヽ
   ,/   |   i`ー-,   -r‐'´  ゙、.  ヽ
 __,./__,/>,|/,>_,..{  ,/|   , ヽ    l|   |
 ´ ̄   ̄ ̄/ ヾ_,>,|.  / ,. ヽ    r,.. ノ
 ―――--、'   ヾ_t,'´ /  ヽ
257 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:44:07 ID:gdcUsldM0

偶像教徒の長老から反対の声が上がったものの


                ,.-───- 、
             /          .::\
               /         .::::::::l
            l         .::::::::::|
            | -‐-、  , -‐- .::::::::::::ト、   彼らは以前からずっと偶像教徒でしたしこれからもそうでしょう。
               〉ztァ}  -tz- .::::::/⌒!::i
                i   ´1   ~`` .::::::l 7/::::|   周囲の人々もそう見なしていますし、
              |  ハ_,,、'^ヽ .::::::::レ1:::::|   今更キリスト教徒などとは偽りも甚だしい!
               〕 / r‐-、_, i .:.::::::j!:::|::::::ト、
       _r、      /::l   ⌒  j .:::, '゙1:::|:::::::|::ト、  
    r / i h   /.::::::h      ノイ /.:::,!:::::::|::|:::ト、
    | | | | i /.:.::::::::/::丁二二´__ ノ.::::/:::::::::l::l::::|:::ト、
    | | { | |.:.:.::::::::::/::i:::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::l:l:::::l:::|::::\
   /:| レ'⌒ レ'^i.:::::/.::::|::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::l:l:::::|:::|:::::::::.
  ,/.:::|    /  !:::/.:.:::::|:::::::::::::::::::::::::/ ̄ ヽヽ:l:l:::::l::::!::::::::::
イ.:.::::::| , .イ  /::/.:::::::::::}:::::::::::::::::::::/ こ  | |:l:l:::::l::::::::::::::::
.:i.::::::::::|    /:::/.::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ト、 ー' ,ノノ:||:::::l:::::::::::::::::
::|:::::::::::|  イ::::::i.:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ト、ニニニイ:::,j:::::l::::::::::::::::::
258 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:45:20 ID:gdcUsldM0

最終的にクビライによって、彼らはキリスト教徒として自由に儀礼を行うことが認められたという。


                     -―― ー-
                     ´          `丶、
                /                     \
                       /        \   ヽ
               /           /、        ヽ  ハ
                /           / '. !  i|        }
             ′| | | . イ /  `ト}-- |、._|_    |  |  やっと真のキリスト教に戻れたのね!
               | | l  ムイ /!/    !.| | i|  }     |   |
               |! {  { |i /_{'     jノーィ==ミハ }    !   !
               |イ|、 、 Ⅵ==ミ     " .:.:.:  }/ /  '-、ノ `ヽ
             |j \ヽ `¨:.:.:.:.     .:.:.:.:.: ムイ /´ノ> ´ ∧
                   ゝトゝ.:.:.:.:. ′ _  ∠ イ¨´/ /   ヘ
                 K ヽ、   マ   ノ   . イ {_/./ /  /彡ノ
                 } ー ≧  _ ¨´_ <  }ハ ヽ/ / .イ ー ´
                〈ー -=ニ三 / rzzvzzz彡ヘ、{_/ |/`ヽ
               r≧ー―‐≧'_ノ  }i{´    Vi7ー<//}
                  ノー r ´ ̄ }iム-‐ ムY、⌒ヽ /i/   `ヽイ
                  ー 、./  く::::::::/⌒ヽヽ\::::::ハ       〉ニ二⌒ヽ
              r≦/ ∨  〉::/⌒¨¨     ::::::::{ /    {    Ⅵノ
               / /   /   {::::{ >}     |::::::ノf      、   ノ´
             /   ./    ヽ`77     |一 }       ヽ
                〈     {      //ヽ _  ⊥  /
             \  へ    // f´     〉/         〉


                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧        教祖の君からすればそうなんだろうけど、
     ___    __/  /_   |        多分彼らの自己認識は仏教徒ともキリスト教徒とも異なる明教徒で、
      |―- 、 `´           `>、!        擬態先を仏教から景教(ネストリウス派キリスト教)に代えただけのつもりだったと思うよ。
     ∨  /            ヽ、 > 、 
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \   景教はモンゴル内でかなりの地位を築いていた
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \  元朝公認の宗教だったからね。
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }
260 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:46:26 ID:gdcUsldM0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V   元朝の支配も永久には続かなかった。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   1351年に白蓮教を紐帯とする農民反乱、紅巾の乱が起きる。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


   
   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    | モンゴルを倒して理想郷を築きましょう!  |
    ゝ____________  ______,ノ
                      ∨
                        _,,..,,_ 
                      , '⌒.⌒`',
     .               .((リハ(( ( .i   
                   _)iリ゚.ヮ ゚ リ(
                   と(,i:lxl:::i ).))
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      南無三!      南無三!    南無三!       >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(
261 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:47:27 ID:gdcUsldM0

白蓮教の教祖、韓山童は「明王」を名乗って


           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''-、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  .ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \.//lニ''|':::::::::::_:::::::::::::::.|
   . l::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::::::/::/    ./  |./ │::./  ゙',:::::::::./ ∧
   ./::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::/:/     ノo} //  l::::./ /r、! .!:::::./ ノ::::i
  フ:::::::::::::::::::::::::::::::l (.orヽ、 '-  ━━" /::::.l  ゝ /:::::::ー'::::::/
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::.! `━'ーッ′         /:::::::\_ノ:::::::::::::/!
  \.--―'''゙゙\:::ヽ   r         、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
          l::::::l   `   ___ノ    ミ;::::::::::::::::::::::::::::::::ー'":/
          ヽ::::l、   ̄ ̄           ミ;;;;;;;;ハト::::::::::::::::/
               \              `フ    ゙:::::::::::/
              \       /        |-、
             ,,/ \_r‐'"    ."      ! .`L
              ,r'"   ! ゝ               ヽ .\
         : ,,ノ./     |         ,..      /   l、
____―ー"゛::::\   ./        '"゛      /´,, ‐":::::゙'''ー-_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi../     .、         | .!:::::::::::::::::::::::::::::::\



その後を継いだ息子、韓林児は「小明王」を名乗った。


                        , -yー 、           ////
                  ハハノハxィハ           ////
                      从{ト,ljr_7}}}       ////
                  乂ハ r┐从ト- 、   // n/     持  み
                   r<  レ}ー }ド’ 〃ヽ// r「l !
               ′ l    ト-イ  {{/  //`¨′     っ  ん
              /    !   j  l   /  //
    行          /   /  /   |/  //               た  な
            /   /  /   ////
.     く         〈     {  / //  /!                   な  丸
             .    \///// │
    ぞ           〉 , -‐ | ///|   }l             !! 太
             く ∨ r-L_ / 人  ハ
    ォ         >ー-{  r’7ーく  \/\               は
           //   >┘/   \      \
.    !!     // //  /       \     \
262 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:49:07 ID:gdcUsldM0

そして紅巾軍から勃興した朱元璋はモンゴル人を駆逐し、江南を基盤に「明朝」を開いて洪武帝を名乗った。


       , -.―――--.、
      ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
       i;}'       "ミ;;;;:}
       |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
       |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
      |  ー' | ` -     ト'{
      「|   イ_i _ >、     }〉}
 .    `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'          〃,
       |    ='"      |          //-‐っ
       ヽ 、_  ゛,,,  ,, ' { ____, -‐^ヽ、こ=っ
     / ̄` .' _, ._, ィ ´ ヽ、       __二つ
    (\        ,   ヾ、 ̄  ̄ ̄                    ,   ヾ、
〃ヽ  \ \ ヾ、         \( 、      ,   ヾ、             ,   ヾ、    , ,   ヾ、
ゝ、 ̄ ̄(ヽ、 `,ノ )´( 、 ゝ、     \ヽ),    (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、       ,   ヾ、     (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、
   ̄ ̄ ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´, ヽ ヾ    ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´、(ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、 ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,
    !)ノ'  ノ ,(  `    ´(    (ヽ、ヽ  !)ノ'  ノ ,(  `    ´(     ,ノ ) Y  人 ヽ)ゝ!)ノ'  ノ ,(  `    ´(
   / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , ) Y `i/ ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , !)ノ'  ノ ,(  `  / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,
   ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y!)ノ'  ノ , ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y/ ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(
  i /f  ゛   ) Y´ l'′  / ((  ´!. i /f  ゛   ) Y´ l'′  ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′
       / ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(   )  i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
       ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
      i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
265 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:51:12 ID:gdcUsldM0

                 ____
           , イ ´  ̄       ̄`丶- 、
         /                 \
       / /                   \
     /.//       /       ,      ヽ ヽ
    / / /       /        Λ      .ヽ ヽ
   .// ./     / /    /  / │ .l、    .│ │
   /  │ ,    │ /|   .// /  ││l    │ │
   .l  ││   .│/ |  / //   、 │|. │  ││/.`l
   `  _| │    |l .,lイ´/ |/     ` |.|、│  │ |´ |/.`、
    l´ ヽ ヽ   .|´ .l ./         | `|ヽ、 | .//ヽ │
    ヽ、-ヽヽ  .|, -|─- 、     , -─-.、|  /./ヽ/ヽ|/´
  ┌-- (. ̄/l´\ ヽ  `            / //`l |/´`l_-─┐
  │   `丶ゝ、////       /////.ノ /ノ_/´    (    これってどう見ても明教の影響よね!
  |___ヽ、\l、 `     ,.-─-.、   ´  /ー ´ヽ//  ___|
 , __   `ヾl ヽヽ、     ヽ_ ノ   _ イ    `// /´ ___    ついに私の教えが中国史を動かしたんだわ!
 |    `<二ノl .│   ̄ ─┌──┐- ̄      .|´/(__/´  │
 l__  .l`l_.|ノ___   |  ̄ ┃ ̄ |   _-─ 、 ヽ、/ ,  __.|
 , __)V丿 /´-、 ヽヽ ̄─ ,.、- 、/二// / ´ヽ .ゝ/ //´  __
./___ ノ´ ./´   ヽ__ヽヽ//ゞヾ、.´   ヽ、   │  l ./ ゝ- ´___`ヽ
.(       /    ヽ  ̄ゞ´/ ヘヾ、ー- 、 /   │  ヽ、∠__ヽ│
     _ ノ ___  ヽ  〈ヾ/__,´ヘl、、  /   _ゝ、        ソ
     ヽ ̄     ` ヽ_.|    ,へソ \/ / ´   `ヽ、
      ヽ、       _〉│   │ |ヾ´〈´      ./
        ヽー─-/´  ノl   │ |\ ヽ--─-〈 ´
         〈   ヾ、/´ lヽ、__ , |、_ソlヽ/ ̄ ̄ /´
         ヽ    .`ヽ .ノ    │  │    ./
          │     ./ゞ、___│   ,ヽ   ./
          │   ./ヽ ,ヽ.,、 ノ-─´ ,ヘl  /
267 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:52:01 ID:gdcUsldM0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ
       __      //    (' )  fj      昔はそういう説が採られてたけど、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      明教本来の教義と白蓮教の教義に取り立てて共通点は見えないし、
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、   「明」のネーミングは偶然の一致だったみたいだ。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ
  i          〉,|     //7)/ //./
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ


          / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
       // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
        : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ
       ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
       |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ
       |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、  なんだ・・・
        ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ
        V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}
          i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
         ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ
            丶    、      /  |Ⅵ: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋
        ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"
             / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
             ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /
269 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:53:46 ID:gdcUsldM0

/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ  ところで、朱元璋といえば粛清で有名だよね。
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : /
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ     「光」「禿」「僧」の字を使うものは、
        ハ!      ` ¨´    h    私がかつて僧侶だったことを当てこすっておる!粛清!
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'    「天に道あり」? 
             ',   '''"´ニニ `''''' j!     「道」は「盗」と同音、私を盗人と誹っておる!粛清!
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.
270 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:54:33 ID:gdcUsldM0

           _,xzfゞ仆f川爻ミ从ノソyミゞ、,,、
          ィ毛キハ川ゞj入ヘヘ从ノノ彡爻彡ノハ、
         /爻ゞ!ヘミゞヘヘfj从メ州〈火ノソ爻ミ彡yゞ、
       . /ミミゞ,从爻乂从从乂爻ノノィリ彡ィ彡tノ彡'、
        lミミミ"      ゙゙""゛゙""゙""゙゙゙゙"゙"'彡彡彡ヾ!
        lミミ;゙                 ;爻彳三ゞ!
        lミ;"                 ミ爻三三!
        lミ;                  爻ミミ爻!
        lミ イ≧==x,,゙'  ' ',、x=≠≦ヾ、  'ミミミ彡|
        V ゞイr::;テ=、,`  '' ::ィr:::;テ=、,, _,  ゙;:ミミミミ|
       ハi ';, ''ー=''" ::  :: :::.',` ̄´`ヾ=.  ゙;;ミミソ     明教!
.       {{.|       ::  ::           ゞY`ぃ
.        {{ !      /    ヽ          , ヽ.!    妖しの術で愚かな民を惑わすばかりか、
       {{ '    / ''` ー ''''ノ\         ::ゝソ,    あまつさえ国号「明」を名乗るとは不敬千万!
.        } .|   , '从从从从从从从ヽ       :. //
.       ゝi    从从从从从从从从;、      ,  ノ        _/\/\/\/|_
        ', ノノ从ソ''"-‐'' `ー-ヾ从从ゞ     ,'ー          \          /
               ::.:.:.:.:.:.:.                     <  粛清!!  >
         λ                   !            /          \
         人 ヽ,..   ....          i              ̄|/\/\/\/ ̄
        ///\  ー'' : : ::::.. . . .      ハ
271 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:55:20 ID:gdcUsldM0

     ハ-ハ
   //Cω) たまたま新王朝と名前が一致した明教は
 c'ヾ、/ノ)  |  不敬として一際迫害された。
 (⌒フ( )ljlj
  ソ´  ̄

                                 ____
                               /ノ  ヽ、 \
                           (ヽ /(○)}liil{(○)\
                           (((i )    (__人__)   \
                          /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
                         (___    |ェェェェ|  _ \
                               |        /  ∴∵
                               |       /   ∴∵
     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._              |   r  ̄∴∵    ・・
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,         ヽ  ヽ   ∴∵
               --―---- `''ー 、       >__ノ;:::......  ・・
                         `ヽ 、               , -─‐──‐-、
      /            二二、       `':.、            /、ハ,        \
      /            | {::::`ヽ\       ` 、         /^ <  て        \
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、      l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
        /´          ヽ `ー' /             |       |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
    /-、ヽ        三 ." ̄            | .      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |        ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /       ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /        ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
    | |    ;;; (      / `''"/       /        ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /          `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
    | |  ″        | |       `ー-/              - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
    | |            | |       /                 廴_i!i!ノ


.              ___
.          ´            ` ミ
.      /                マ
       /        〃  ∧      ',_
     ′       /i}  /  '_      (())
.      |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
....   │   i/   レ′      ヽ!   (())  こんな展開ばっかりー!
.     从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、
.   , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉
.  iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ
.  __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
. ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
. ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
.   \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
.   Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
.  乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄
272 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:55:35 ID:gBUHgWBw0
あちゃー…
273 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 00:56:23 ID:7Uc2F0kE0
何度目だこのAAw
274 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 00:56:43 ID:gdcUsldM0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V    まあ、それでも一応明代にも明教の記録が残ってるんだけどね・・・
.       i{ ●      ● }i  
       八    、_,_,     八    前述した明末の『閩書』には、こうある。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 208年3月12日、抜帝(パティーク)の妻満艶(マルヤム)が清浄なまま胸から生んだのが末摩尼である。
 
 彼は大食(アラビア)、仏林(ローマ)、吐火羅(イラン高原東部)、波斯(ペルシア)で宣教し、266年に波斯で没した。
 
 彼の著書は七巻で、彼の教えは大慕闍に託された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※慕闍(モーザク):マニ教教会の第二位階
(…)
   ,.       、
        i  >ー  < /
          Y o   o  Y、    明末のこの記述以降、明教はほとんど記録から消える。
        ./i  、,._,    i \ィ=x
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ
285 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:08:32 ID:gdcUsldM0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ
           \ ,>     `ヽ      多分滅亡したというよりは、道教や仏教、そして雑多な民間信仰の中に
       __     //.      __,l      判別不能なまでに溶け込んで消えちゃったんだろうね。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  教祖マニの開教から13世紀半を経て、ついにこの最後の傍系マニ教も消滅した。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ



                γ>‐┐
           ノ:f ≠ユ'。.         _
            ノ Y j¨ アノ  /`,ニ、 /´
.            -ゝ 爪 ,ノ  `´  /   ,リ
        , イ  _ r'⌒ ー- 、 Y彡-ヽ/=ミ、 ,.ィノ
       ノ (,...ノ `ヘハ-  - 、. ヘゎ r; `ー'"。ζ                 ┌───────────────────────┐
      } ,! (彡⌒゙/ (○ ○)ヽ..Yi  __.。--ミ.'_`ー- 、             │マニ教は――                         │
    // :! j/, =ミ. ゝ(_人_) ノ..゙リ )㌻(   Yヾ.  ハ             │2度と真のキリスト教には戻れなかった。             │
.   //  jr { ___ 〉ハ |_'_//.ィ/rrュ  ,..、} マ:厶リ 、、          │仏教と道教の中間の宗教となり                │
    {nレ'´ ,.=f´  {{ヒ:ハ互,ィノ/{`rく{. マリ } ,.ミ }ヒ彡| } Y         │永遠に中国福建省をさまようのだ。                │
   { ̄ヽ{  :Y⌒リ ー; ! トイ/リ ヽ`ー ` /´ ,ノノ-‐'リ リ:.}         │                                  │
    し'⌒ヽ. Y彳 ∧ :L.ノ゙Yギゝ、    r彳.ィLソヽ'/.         │そして他の宗教と区別がつかなくなってきたので     │
    f     ハ__ヽr:弋  ゙′ ト彡:八.   ノ圭心ヽ リ,イ!         │―そのうち信者は自分を明教徒だと思うのをやめた。....│
   弋   ノ´ ヘ  `ー-、_ノ⌒)! { ` ≠´ ̄ ヾ-ミ ヒノ.          └───────────────────────┘
    γニ´   :i    {{ {弋ィゝ--イ      ノ ; ハ
    _r:'。o   ミ. 八   ,リ{f .>ヤ´  ゝ-‐= 7}、、  ハ
  r'‐-`         `ー彳r=くノ弋.γ7ヽ--‐彡f/  L |
  `し-‐'゙ヽ    `‐{ {   Y'{ (_, |: |: /    ,。-'´ノノ
       ゙Y   / `:ヘ.  _ム.r‐:ァ-‐ヘ二> ミ:r‐ ´
          ゝ.ィ   f¨丶   }n:{          `
          ゝ .__{   \イノハ
             `ヽ 、  j  リ
                 \ r  jヘ
                 ~ヽ  リ
                      }: Y
                     fノノ
293 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:12:18 ID:gBUHgWBw0
他宗教の要素を取りこむことで成り立ち生き延びていたマニ教が、
最後は他宗教の中に溶け込んでいく形で自然消滅…
何とも皮肉な終わり方だな
288 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:09:52 ID:gdcUsldM0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i    結局「喫菜事魔」としてのイメージは消えなかった。
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧    明教教団が消滅したであろう清代になっても
/ .\                        /  ',   「人民を煽惑する左道異端」という認識は続き、
   \         、               /    ',  明代に出された禁教令の条文そのものが『大清律令』に引き継がれた。
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   およそ占い師や巫女がみだりに邪神を体に乗り移らせ、呪符を書いたり水を加持したりし、
   あるいは神が託宣を下し、自ら「端公」「太保」「師婆」と称し、あるいは「弥勒仏」「白蓮社」「明尊教」「白雲宗」などと
   みだりに称え、ひとしなみに左道、異端の術を使い、あるいは密かに画像を隠して焼香する者を集め、
   夜に集まって朝に解散し、善事を行うと偽って人民を惑わす者は首謀者は絞首刑、
   それに従った者は各々杖打ち百回、流罪三千里。
(…)
┌────────────┐
│21世紀初頭 中国福建省   │
└────────────┘



      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
      ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v
319 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:34:15 ID:gdcUsldM0

                 ハ 、
                   ': :ヽ'                , イ
                  /: : : :| ’               / /|
               j: : : : :| ヽ __      ./ /: :|
                厶-‐        ̄  、/ /: : : : :|
               , '                 \: : :|
              / /                   \j
.           /  /                   、 \
        /   /   ,-==-、         ___    i   \
       /     ,                   ' ⌒ヽ   |   ヽ      こんにちは。
        /     i                     |     ヘ
.       /       、                       j       ハ    この辺りに明教のお寺があるって聞いて来たんだけど、
.     /       ヽ      `ー' ー '          ,イ           どっちに行けばいいか教えてくれないかい?
    /        / `  _                 / .|         ’
.   /         j     ンー‐        r‐ '    |        i
    ,            l      /            l        |        |
.   i         ,     / 、        |        |        |
== |            i    ,   ヘ      /. |       |        |
- __l            |     i    i    /   |      |        |ニ====-   、
`.ー-ミュ、        .|ミ、  |   |   /    ヽ、  r‐''ニ|        | _ - ‐ ' _ノ



                             ___
                          /      \
                        /⌒   ⌒   \
                       /(● ) (● )   \
                       | ⌒(__人__)⌒      |
                       \   `⌒ ´     /    おー、わざわざこんな村までご苦労さんだお。
                         /            ⌒ヽ
                       / _        /  |   どうせ暇だし案内してやるお。
                       '、__ヽ (  ̄ ̄ _/
                       /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
                       |   、   |      |
                       、   \__|    | /
                        \_  |  | _ /~´
                        (__/  (__)
320 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:35:26 ID:gdcUsldM0

                __
              / ̄   \
             |       :::|
              |......無 清 ::::|
                |... 上 浄. ::::::|
             |.... 至 光 ::::::|
             |.... 真 明  :::::|
             |       :::::::|
               |.  摩 大 ...:::::::|
               |.  尼 力...:::::::::|
              |.   光 智...  :::|
               |...  仏 慧.   :::::|
            _ |          ::::::| _
    -W-----┘二二二二二二二二二└--ff---\--


      ハ-ハ
 (⌒ヽ// Cω)  この村では明教の摩尼光仏を守り神にしてるんだってね。
  ソc'ヾ,/´   |
   ~^ljj ̄ljlj


      ____      そうだお。
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    お上からは睨まれてたし、特に文化大革命のときとか
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   酷かったみたいだけど・・・
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /   それでもマニさんは、ずっとこの村を守ってくれてるんだお。
321 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:37:14 ID:gdcUsldM0

               .   Å
                  ヨ凬E
                //\\
               /∠^卉^\\
             //;;;::   :::;;;\\
            //;;;;:: 境主宮 ::;;;;\\
         _,,.-''゙//__________ヘヾ-..,,_
    _,,..-‐''"んんんんんんんんんんんんんんん "''‐-..,,_
  匀劜んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん匀
       \| |丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗| |/
        | |;;;;;;;;;;;;;::::::::::::'''''''''''''''''':::::::::::::;;;;;;;;;;;;;| |
  _,Å、    | |;;;:::::::::::::;;       :::::::::::::::::::;;;;;;| |     ,Å、
  _]立[     | |;;:;;;;;:::::              ;::::::;;;;;| |     _]立[
  〉-〈    | |;;::;;;;;;;;:::           ;:::::::::::;;:| |    〉-〈
  〈  ,〉    | |;;::                ::::::;;| |    〈  ,〉
 .| ̄ ̄|   l二l  ;;;;;;;;;;;;;;;::::    :::::;;;;;;;;;;;;;   l二l    .| ̄ ̄|
_| ̄ ̄ ̄|   |  |  ;;;;;;;;;;;;:::::    :::,::::;;;;;;;;;   |  |   | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄/ ̄ ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヘ ̄ ̄ヘ, ̄ ̄ ̄ ̄
  /   /「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄lヘ,   ヘ,
 /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヘ,   ヘ,
/   /「 ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,
   /| ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |   これがウチのご本尊、マニさんだお!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ
322 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:37:42 ID:gdcUsldM0

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l
       У      ヒ"           l  やあマニ、久しぶり――
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ
323 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:38:19 ID:gdcUsldM0



                         _  ___
                        _ヲ,7____|、
                        彡☆j   i 、 ヽ
                        ' |´`/ // ヽレ)ノ
      ____              Z_z(| | ┃ ┃ |!z                 / ̄ ̄\
     /-‐  ‐-\            Zニハゝ''' ヮ''ノz_Z            _ノ ヽ、_  \
   /  一   ー \          乙´       ,ろ           (●)(●)   |
   | ⊂⊃  __'__  ⊂|          /│  摩尼 │\           (__人_.)   |
   ヽ         ィ‘        <  \____/  >          |`⌒´    |
    │       │              ┃   ┃              ヽ,_   _ノ
  /│  明使 │\             =   =              /    \
 <  \____/  >                             /│  霊相 │\
     ┃   ┃                                <   \___/   >
     =   =                                    ┃   ┃
                                               =   =





      {` ヽ、
      l!   ``ヽ、               _, -≠ニ了
        !       ヽ、         , - ' ´    ./
       '         ̄ ̄ ̄ ̄ `¬        /
       ',                         /
        ハ                       /
       //                      /        結構雰囲気変わったね。
      / ./                       ヘ\
.   /  i                          ',  \
^、/   ∧                     ∧   \
\\  / ゙、                    / ',    \
324 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:39:16 ID:6/Y/m4sM0
ええええー
325 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:39:25 ID:fwB6GYao0
完全に仏像じゃないすかwww
326 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:39:26 ID:gdcUsldM0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ─      ─ }i    民間信仰のかたちでとはいえ、まさか21世紀まで生き延びるとはね・・・
       八    、_,_,     八 =3 
.       / 个 . _  _ . 个 ',    そんな姿になってまで。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


          -―
  ,    ̄            ̄    、
/                   \\\
                       i \ \
                   i!  ..|:::i:::.\ \
      i!               i !:::::::::|:::i :::. i ヘ
.      i!                  i! V/:::|::|| i i i ヘ
     i! i!  i!       :  ::: i!ノヘ  | |  i } } |
   _ i!  i!        :::::: T´i   \| |  i/ |      しょうがないじゃない!
  // ヘ /ヘ、     i::::::::::. i! ____   ヽ
  {{  _ V  i ヽ:::.\::::.\::::. i!    /    \     だって弾圧されて、経典も散逸して、
   \ f `´ヽソ :::::.\::::.\  ヘ /          }    もともとの教義なんか全然分からなくなっちゃったのに
  {{ ̄(    ) ̄ヽ    \ \、\ ハ〃   ,、  l    ここの人たちは私を拝み続けてたんだから!
  \_フ/   へ   }}\    \\`       / \ i
    人`´ ))\/{ ヽ ー ― -―  し  |   //
      ーイ  ヘ \  ヽ          ̄ /



        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \  「清浄光明 大力智慧 無上至真 摩尼光仏」って唱えて印を結ぶと、
   |       (__人__)    |  体が赤い光に包まれて、邪気を払うことができるんだお。
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く     マニマニ
   (  \ /__ノi ) , )     マニマニ
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ
327 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:40:14 ID:gdcUsldM0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    マニさんの隣の神様は向かって左が「明使」、右が「霊相」だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   「明使」は「明父」から使わされて闇の王国と戦った神様で、
./     ∩ノ ⊃  /   「霊相」は「夷数」ともいって、人々の霊魂を救うためにやって来た神様だそうだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    明使の誕生日の3月23日には毎年お祭りするお。
  \ /___ /



      ____                                    / ̄ ̄\
     /-‐  ‐-\                              _ノ ヽ、_  \
   /  一   ー \                            (●)(●)   |
   | ⊂⊃  __'__  ⊂|                            (__人_.)   |
   ヽ         ィ‘                            |`⌒´    |
    │       │                              ヽ,_   _ノ
  /│  明使 │\                            /    \
 <  \____/  >                         /│ 霊相 │\
     ┃   ┃                            <   \___/   >
     =   =                                ┃   ┃
                                           =   =

     
328 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:41:23 ID:gdcUsldM0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i  これって・・・
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


                  .  -‐──- ..
        , -─ 、 ,.:.:.:´.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ
       / /    `ヽ   ´ ̄ ̄ `丶、::::::::::::〉
      / /. :/( ̄`y′          \:::/
      / /. :/ /  >/ /  /         ヽ
      / /. :/ / / / /  /   / ハ   }  ハ
      | :/ : :./`V    / ノ / / リム_ハ_ i ハ
      |:ハ .:.:.|  |   ハ ムノ/ l /  / 」 ,ハ:.:}: :ハ    「偉大なる父」に使わされた「原人」と、
         \|\|∧ V:.:| rテ心   /V。不V 〃  }    光の要素を取り戻した「第三の使者」よ。
               ⅥV|弋 :ツ   弋.:ツノ ノ ノ
                 >い 、、、  '  、、、 Kく > -‐ュ
             厂 ̄`ヽ 八    _ _.    ノ V´    ノ
          >=ミミヽヽ〉 >  _  イ  /   彡´__
          厂 ̄`ヽ> ‐'  l>= v'´   }  `ー<> ´ ̄ユ
         〈_‐-ミミヽ>イ:://::ィ´`ヽ\ ⌒ヽ::「`ヽ  >彡´
          ̄`フ´  l:::| ハ::::ィ´`ヽ::}  / ::|   V 、 >‐、
          _, イ ′   |: レV:::::`Y´:::::|  ト、::|   ヽ、   )ノ
           / \  レ く:::::::::::|:::::::::|ヽノ V / ,′ 〉
           /    V   \/\_ノノ   V /  ノ
           〈    八     ̄く_/     V / /
          /\_/    . : : :八: : . : .    V  '.
          /   /   . : : /につ‐ 、: : .    ヽ_ ヘ
          /   /   . :イー‐ ⌒ ー‐\: : .     l
          〈    . : : /{ {:::::::::」」L::::::l }:\: : .   ノ
329 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:41:35 ID:Jd0IP.JE0
経典が散逸しても、教義の根本が変わってないところがすげえよ
流石マニさん
330 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:42:36 ID:gdcUsldM0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   マニさんは肉を食べないから、お供えは野菜や果物だお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    でもマニさんは老子が魂を込めたグァバを食べた王妃様から生まれたから、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    グァバだけはお出ししちゃいけないお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



          / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
       // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
        : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ
       ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
       |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ  メロンかキュウリかブドウがいいんだけど・・・
       |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、
        ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ
        V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}
          i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
         ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ
            丶    、      /  |Ⅵ: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋
        ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"
             / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
             ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /
331 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:43:41 ID:gdcUsldM0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|     かなり変形してるとはいえ、一応慣習が残ってるね・・・
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l    ここ以外にも明教寺院の発見報告がポロポロ出始めたらしいし、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ    福建省中を探せばまだまだ明教徒が出てきてもおかしくなさそうだ。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ




  |l/         \   \__ /  ∨  i|   |
 ̄|ト . ___       _ ‐ i / __ ∨ ll|   |.
  |l__-- ¨´      斗=弐刎「ヾ| リリ   ∧\
茫示刎「`        辷し'炒゚  i//  /  }  \
辷し'炒゚         ´ ̄    /  / \/ l  l|l       でも、世界を救うにはとても足りないわ。
´ ̄         ,       厶イ    // /  リトミ
                    // ̄ `ヽ/   /∧i 「ミ
                   /\     \// リリ  l|
、        -‐ ´     .   \//\     \/ /i l l|
      ._       _. oi〔}    ∨/∧       \ ┴┴v ´ ̄ ̄`
\\  `<≧=--- // //     ∨/∧      /   ∧-=ミ
  \\     \\ // //       ∨/∧   /    //∧   ∨
 \ \ >=-  _〉∨厶斗--=ミ,    }//,∧ -        / ∧
   \ `¨>''" //}_」⌒ヾ   /    l////!  /        // }`丶
332 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:44:24 ID:6/Y/m4sM0
すげえマジで
333 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:44:52 ID:gdcUsldM0
                 _____
              r.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ  ノ}  _
              {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:},ィ´ .レ´ /
             /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ ヾ.、  `ヽ
               /   ヽヽ             }        \
           /       ', (⌒),'     ノイ      _\
           / ヽ ',.ィ  }(´` ´`),.ィ       レi     ヽ `
            /乂. !メ、 ! |(__,、__)        乂r、  }、  !
                 |ニ=ァ .リ ノ  } ヽ    /  /   ヽ j ヽ:j    私が啓示を受けてから18世紀近く過ぎたのに、
               !{リ ' (´ ̄ ミく    ,.:' / γ¨ヽ        人々は未だにその魂の来歴に気づかず、
              ノ   / ̄`ヾ ', '´゙´Y ´! ',  { }  ! ,ィヽ     悪魔の策謀から抜け出せないでいる・・・
                ヽ ___ ゝ二`ヾイ -- ┴-.ヽ. ゝ-ソ ノ { ソ ;}
                  \{ __ -- .マ ___ /  ̄ {. |  У./
                 ̄ `゙ヽ  }二ニ ≧.、   ゞニ´/ヽ、
                ,r ´,ィ´  ̄ ノ ノ        !:ヽ      \ヽ
            / /  / ̄ ̄       |:.| }      } )
             /  {r、 {  |:.:!           !:.} ヾ       ノ/
             ノ     `  }:.!          ;.:/   ヽ   ´ ̄
           ヽ ´  ̄ ̄ //       //   /
                ヾ´  ̄ヾ//-nー――.ァ,-/ ___.ノ
             }   /:.:.:.:.!|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ { --{
334 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:45:29 ID:gdcUsldM0

 | | |  :| ::|     / \\  \   l      |ヽヽ    ,ゝ     ヽ  ヽヽ
 | | l  ::| ::|    /  ,  `  \  \  l     l  ゝ-ニニ ノ   , ___ノ  //
 l | l  ::゙、 ::|   / , r r=t=r-  ` ー\ |    / /.|_ V /  ヽ-' | ヽヽヽノノ-
 ヽヽ ヽ :::ヽヽ ー' ´ ノ//|  ヽ      l    / / |ヽ .l {    l/| >'´  ___
  ヾ  ヽ :::ヽヽ     l//!|        /   / ,イ  |ヽヽヽヽ_,ノノ  , '
      ヽ :::::iヽ    lし l       /   // / /) ,}  }ー >  /
        ゝ     ー ' , ,,     /  /  / /'´/ /// / /           現在の地球の総人口はおよそ70億人。
       /     / / / /    / /   / /  ,// 7/ /       /    
      r´             /' ´    /// ̄/  / /     ,   /      光の要素は手がつけられないほど拡散して、
      ヽ                   / / ̄ ̄  //     /  /  /    この世界は暗黒の物質で満ち溢れているわ。
       ヽ    , -―             /      レ     /  /  / /    
        !_  /               /      L__   /  /  /ー-,
         .ヽ              /       ,. イ イ`ヽl  l  /  /
          ヽ            /       //     ー-, 、---<__
           ヽ        , ' _, -     //      ,- '´  , '  ̄ノ;;;;
            ヽ    __, イ ̄ ヽ、   //     , -'´  ./   /;;;;/
              ̄ ´        \//     ./   /   /;;;/
                        / /     /   /   /;;;/
335 ◆OkhT76nerU 2012/11/26(月) 01:46:06 ID:gdcUsldM0

/    //´ `ヽ !{  // //´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ、////////////////////
/    { {    }.| ,-、/ //                ````ヽ////////////
     ||     !/::::ヽ//                        ``ヽ////
   /  ヽヽ_r´:::::κ/      /                 ヽ    ̄ヽ´ `\
  /  /r ̄/::::::://    /                    }     ヽ::ヽ ヽ\
   //´  ιr、://    /          , ´           |      、‐::ヽ ヽ \
  //   /.´///    /         /   ,        , '  ヽ    .i `:: ヽ ヽ
  ゝ___/////    /        /   /         /:::    ヽ   .|  | |  ';
./ / /´νィ,rヽ/ /  /   /   / __ ィ/      /  , /i::::    }    .|  } |   .}    
,r―'´ ̄ ̄f fヽ| /  /   ./  /, ' ´ /      /  / / ::|:::|    .|   .|  |::::|  ;'   
       | | | /::  /   /  /´  /      /´ /´ /  ::| .|     |   .| /::/:::: / }   
.      { { | ;::::  |  / /`ヽ/ ___ , -ィ/´ /´  /  ::| |     |  i .|ィ::/:::::/:/}    このままじゃ世界が滅びるとき、
.      ヽ .| |::::   /|/   ./ `/、 / _, /´   /    :: |∧ |   .|  | }:::::/:::::/ }   多くの光の要素が巻き込まれてしまう。
.       ヽ| |::::   f | .__//_∠\´     /     :: / :::| |   ! |  |::´:::::´::::::_::_:}   
         | :::|:  | 彡芯卅卅|C゛ヾ, \,  /       ___,|,-|  ./ }:: |/ `ヽ、-‐ヽ::ヽ  イエスとザラスシュトラと仏陀と老子の後継者として、
        /ヽ::::  |   |Yへじんリ }         ー=二_  :::::| |    /:::}/    \ノ:/  見過ごすことはできないわ。
::::::::..    i /|||||ヽ:: |    弋、___ソ /         /芹卅Cヾゞ::::||   /}:::/       \
:::::::::::::::::: | /|||||/ ヽ:: |        ´         ι じんソ 冫/|  //::/         \
.::::::::::::::::::{ {|||||/  `、:::、                  弋少 ´// / / //
::::::::::::::::::|::|||||/    .\\                  ´ ´ / //::/::::           ::::/
::::::::::::::::::|::||/      `:::::ヽ 、         '        /{::::´:::::::::::::::::  .,ィllll≡;;;;、、_::::/
::::::::::::::::/        .,.,.::::::::::`ヽ、   - ‐       ,...::'::´|||||::::/:::::::::::::::::: /ヽll|||||||||||||lllllヽ、
::::::::::::/          {..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.``::ー――‐:::'::::´::::::::::::: {|||||::::i:::::::::::::::::::/    }|||||||||||||||||||||llヽ
337 名無しのやる夫だお 2012/11/26(月) 01:47:08 ID:InlwZJz20
>イエスとザラスシュトラと仏陀と老子の後継者として、

自称だろうがよwwwwあと混ざりすぎや“


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 第八話 最後に残った道しるべ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-4085.html
“      「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )  マール・アンモーが東方マニ教会を築いたソグディアナ
                ∨ ●    ●  Y      ノ  (現在のウズベキスタン中央部のあたり)について語りたいところだけど、
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /    ここからはほとんど文献が見つかっていないし、
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\   出土する遺跡・遺物は大部分がゾロアスター教、あとは仏教のもので
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )  マニ教の状況については全くといっていい程わからない。
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄
865 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:37:50 ID:WVadVZ.Q0

                         __
                        ∫ι__________/丁了
                       丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.    ,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
                      ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::    ,.,.,.,,.,.,.;; .ヾヽ
                  .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::   ::::,.,.,.,.,.,. ヾ.ゝヘ
                  ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::,.,:::::::λヘ
             ヘ ,,__ノヾ ~~~~~  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~ゞ,ノヘ
              ゞ;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;ノゞゞ
               Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒...Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒..Ⅱ三|
               Ⅱ三三,Ⅱ,,三三Ⅱ三三,Ⅱ三三Ⅱ,三三Ⅱ,三三Ⅱ三三Ⅱ/|
            _ ├┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┐ ___┌┼┼┼┼┤/|_
           ∥ミミ│      /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,     /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    .. │ミミ∥
      ┌凹凹凹凹凹凹凹凹凹___.凹凹凹凹凹 ___ 凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹┐
       ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
  ┌凹凹凹凹________凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹________ 凹凹凹凹凹┐
   .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳./|ミミミミミミミミミミミ
   .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  |ミミミミミミミミミミミ
  . 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  . |ミミミミミミミミミミミ


        |\           /|
        |\\       //|     だからもっと東でのマニ教の話をしよう。
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′    マニ教はシルクロード交易を営むソグド人を通じて、ソグディアナから中国に伝わった。
.       V            V
.       i{ ●      ● }i      4世紀には民間レベルで伝播してきたって説もあるけど、
       八    、_,_,     八     一般的には684年、払多誕のミフル・オフルマズド(密烏没斯)が
.       / 个 . _  _ . 个 ',     『二宗経』を携えてきたのが初の公式来華とされる。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


※ 払多誕:アフターダーン、マニ教教会の第三位階
866 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:38:57 ID:WVadVZ.Q0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ      中央アジア教会が主導しての組織的な布教かどうかはちょっとわからない。
       __     //.      __,l      ソグド人マニ教徒がシルクロード交易の片手間に始めたことかもしれない。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  でも教祖の定めた伝道の義務を果たすため、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \)) 聖職者たちもそれなりにがんばって布教しようとしたみたいだ。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
(…)
   ,.       、
        i  >ー  < /
          Y o   o  Y、  でも、彼らの布教活動は朝廷の不審を買ってしまう。
        ./i  、,._,    i \ィ=x
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ



    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  何.... 宗  そ
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ   だ.   教  の
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  あ.   は  け
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/   っ  一  .っ
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') !!.. 体  た
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )         い
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )         な
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|

             【唐朝第九代皇帝 玄宗】
869 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:42:30 ID:WVadVZ.Q0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    マニ教側はこれに答えて
       八    、_,_,     八   『摩尼光仏法儀略』を集賢院に提出した。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__



           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +  こういう宗教ですお!
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |  マニさん   ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ マニマニ     .|
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  アンモーちゃん   .: アンアン        |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |  メロン・キュウリ・ブ : ドウ 光の要素     |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |
870 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:43:12 ID:WVadVZ.Q0

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::;、;リ;ノ‐、            __,ノ
.            l::_ -‐r='ァ''フフノ|::l "゙ヽ:::l  ー_- 、       ) が  邪  こ
           l=三三}∠ニヽ'__l/}´, -、|;リ    `ヽ 丶、  -=ニ  っ  教   の
          ノ='":::::{′'ニニ6ー'’F'aテ〈       丶. 、\  ,)!!  徒
.            /:::l"ヘ::i' `_,.   ,  〔.` ハ         ヽ\丶⌒ヽ.
            {::::::ヽ_{:{ / r'ニ‘ー--'-、.!::|      /.`,ニニ= 、ヽ ノ-、
、       _ヽ:::__/`゙   |   ` ̄ ̄´|.l:::|       y'/ , - 、 } }   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
. ! r─-‐'´x x x/x/l.|.  ヽ`ニ二_ー- '_ノ;リ   o 。' {/  / ロ .イ ' `-~' rュ
 `┴- x 、x_ x /x/xl |     ‐' ノ ̄ノ `;ー- . _ />ゞこ °, -- 、 ⊂ヾ ,...---......、
           ̄ ¨T''┴‐- 、, -<._,∠x_x x x x/∠、   }./゙ズ三'ノ . , ':::::::::::::::::::::::::\
-‐, 、    ー_-  ⊥ x x_ ヽ x xヽ. x x  ̄//`ヽ| 々 / / rう 、_j /::;:、::::::::::;;::::::::::::::::ヽ
. /x l ` ‐x.、_   ̄ l x ‐- -_ ニ、 ‐-ゝ x x// x x xLノ / / ′ヽ-'  レ'-‐`'^" 、´゙ヽ::::::::::l
. 〉 | | x x x /`i ー-| x x x x x ̄ヽ>ニ._x _ ニ -‐ ノ レ' / /  ″|(○)}liil{(○)::::::::::l
/ xヾ!x x x l x| x xノl x x x x x x ` ー-\ヽ\\ -‐' ノ  / ヾ) ノ| (__人__)  〉-、:/
x x /x x x | xハ/x x\ x x x x x x x x x  ̄__.二. -_‐ァ ,ィ 〃 ,く l ヽ |!!il|!|!l| /"6/ -=
\x| x x x/.ノ/ \ x x _>ー,、_ x x x x∠二 -‐ 'フ´   〈ノ__/  l.ヽ  |ェェェェ|  ; ‐1、_
ヽ/j x x /x/ x x ゙オ´x x x| x Tヽx x x x x x ,イx|  r7,ニ     ./ヽ.`ァー┬    /   ヽ.
y'./x , イx x/x x // x x x x|x x| x \x x ヾニ′ニ¨>〈//, ─っ ノ    7  /´ _./     l
871 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:44:35 ID:WVadVZ.Q0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V    『摩尼光仏法儀略』では朝廷の高官を納得させられなかったようで、
.       i{ ─      ─ }i     翌年在留ソグド人・ウイグル人を除く中国人への
       八    、_,_,     八 =3  マニ教の布教を禁じる詔勅が発布された。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__



          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ   末摩尼の法は元来誤った教えであり、
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ   みだりに仏教であると称して民衆をたぶらかし惑わすことは厳しく禁断を加えるべきである。
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l  ただし西方の民族ではすでにこの教えは郷土のものとなっているため、
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl  彼らが自ら信じる分には、罪を科するに及ばない。
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄



          / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
       // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
        : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ
       ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
       |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ       なかなか理解は得られないわね・・・
       |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、
        ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ  まあ弾圧されないだけマシだわ、気長にやりましょう。
        V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}
          i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
         ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ
            丶    、      /  |Ⅵ: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋
        ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"
             / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
             ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /
872 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:46:41 ID:WVadVZ.Q0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ      公権力だけじゃなく仏教勢力からも不審な目で見られていたようで、
       __     //.      __,l      敦煌から発掘された唐代の説教台本『仏説阿弥陀経講経文』にはこんな記述がある。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  もっとも、外来宗教を十把一絡げに「外道」と見なしているから、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \)) 取り立ててマニ教だけを敵視していたわけじゃないみたいだけどね。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ


                ,.-───- 、
             /          .::\
               /         .::::::::l
            l         .::::::::::|
            | -‐-、  , -‐- .::::::::::::ト、      西域には例えば96種の外道などがおり、その中には波斯、摩尼、火祆、哭神などの輩がいる。
               〉ztァ}  -tz- .::::::/⌒!::i
                i   ´1   ~`` .::::::l 7/::::|     これらは皆、「自分は出家をし、生死を離れている」と言うが、
              |  ハ_,,、'^ヽ .::::::::レ1:::::|     これらは偽りである。人や天を欺くものである。
               〕 / r‐-、_, i .:.::::::j!:::|::::::ト、
       _r、      /::l   ⌒  j .:::, '゙1:::|:::::::|::ト、   ただ釈迦の弟子だけが、出家として人と天の広大な供養に値するのである。
    r / i h   /.::::::h      ノイ /.:::,!:::::::|::|:::ト、
    | | | | i /.:.::::::::/::丁二二´__ ノ.::::/:::::::::l::l::::|:::ト、
    | | { | |.:.:.::::::::::/::i:::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::l:l:::::l:::|::::\
   /:| レ'⌒ レ'^i.:::::/.::::|::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::l:l:::::|:::|:::::::::.
  ,/.:::|    /  !:::/.:.:::::|:::::::::::::::::::::::::/ ̄ ヽヽ:l:l:::::l::::!::::::::::
イ.:.::::::| , .イ  /::/.:::::::::::}:::::::::::::::::::::/ こ  | |:l:l:::::l::::::::::::::::
.:i.::::::::::|    /:::/.::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ト、 ー' ,ノノ:||:::::l:::::::::::::::::
::|:::::::::::|  イ::::::i.:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ト、ニニニイ:::,j:::::l::::::::::::::::::

              _
         ,   ´        `
        /     _         ヽ
      /         `,       \ ヽ
   / / /    /  ハ ヽ  ヽ     i  〉-、
.  / /  i  l   / /  i i.  i ヽ   /lヽ|}ソヽ
  l /{  i   i   | /   i ハ _|  |  ゝ|( ^-ソ
  i/ i   i  _ /|/    _lノ-V .l\l    フヒ_.ハ
  { ∧  ヽ |∨_|_    リ_ V  |   人_人_ノ-、
.  `{ \ \|-┳    ━┳  i   /)イ    }
      _\\ ┃      ┃  / //  彡 ,.ィ
     ( ー-`l `       ι /イ 〈  彡  /     仏教徒は心が狭いわね、
     } 三 二>   ==っ    イ  ヒ∠_´ 二 ニ}   私は仏陀の後継者でもあるのに・・・
     ヒ___ , > _  <- ´}   /  彡 .}
      ,∠_∠ , -,=ニ、 || _ニ二 \ _{ 彡  >´
.     {彡/´     }  /`l    ノ /  ー-‐<ヽ、
      ヒ/  y  l  /llヘ   } /     / ,イ
     /  /   レィ_/__||__\ ノ   / /_ ノ  ヘ
     { 、 /    // l l   ´   /_´     , 〉
     丶`{ ー‐ l l- l l -―   \  ー ´  /
       \丶    l_l  l_l       〉    /
.        \\            /    /
875 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:48:41 ID:WVadVZ.Q0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   こんな中、中国国内で市民権を得るために
       八    、_,_,     八   汲々としていたマニ教だけど
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
(…)

              _/`ヽ
          / ̄  `ー‐  ¬
        / ●      //
         { (__   ●  / l/
        \ `ー'  , |  755年、安史の乱が起きて状況が変わる。
         | iヽ   イ!  |
         | 乂}   `| |    
         | ノ  ,:コ、 |     
        〃/  // |  、‐- 、
        ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
        {    |::::∨ ̄  \
          rヽ    、_、   、\
        \      \ ヽ  、)
          ー----一'^ヽ _)ー'
878 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:51:24 ID:WVadVZ.Q0

    ヒィー
              ギャー

  /  ヽ     /  ヽ    /  ヽ  イヤー
 (Д` ;)   (Д` i||)   (Д` i||) 三.
⊂    つ   ⊂    つ  ⊂     つ   ⌒`)
  Y  人     Y  人    Y  人       ⌒`)
  (_) J 三  (_) J 三 (_) J 三 ≡≡≡;;;⌒`)


      , -,____
   /レ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-,__
 i!、i;;;;;;; ;;; ;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;; ;; ;;; ;;;;;;、
 >;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;;; ;;; ;;;;;;;;;
/〉,、;;/ / !  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !;;;;;;;;;;i
 /( !;;| ノ=-    -==\|;;;;;;;;;;;l
   `! ,.--、    ,---、 },;;;__;;;!
    ,i.i ●_i    !_● _! リ', i|   唐軍は出来損ないだ
    .l|  ̄ ノ     ̄    i l!
    !  l,_        ,__/!   まるで勝てないよ
    i   ======    /〉;;/
    ヽ        / ルi!、
    //`ー───' .//lllll\
 _/llllll!、      / /|||||||||
'||||||||||||||l \_ /ニ ̄  ./|||||||||||
||||||||||||||||i, く;;;;;;;;;;|\ ./|||||||||||||
|||||||||||||||||! 〉;;;;;;/  ー/||||||||||||||

 【唐朝第十代皇帝 粛宗】


       r、        //|
       | ヽ\ ,.,__,. --       |/ >'´      `ヽ ヽ
      / /           ヽヽ
     /  イ  ●     ●  .,| ヽ
    ./  / |       ._     ,}  ヽ   唐軍は反乱鎮圧に役立たず、副都洛陽を奪われてしまう。
    /   | ヽ    )-'´`    ノ ヽ  ヽ
   ,/   |   i`ー-,   -r‐'´  ゙、.  ヽ
 __,./__,/>,|/,>_,..{  ,/|   , ヽ    l|   |
 ´ ̄   ̄ ̄/ ヾ_,>,|.  / ,. ヽ    r,.. ノ
 ―――--、'   ヾ_t,'´ /  ヽ
879 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:52:41 ID:WVadVZ.Q0

       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   やむなく漠北の遊牧民ウイグル人に救援を要請して、
       八    、_,_,     八   762年にようやく奪還するんだけど――
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄




           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`\
         /:::::::::::::::::::/:::::;;:::;;ー-;;_;;;;;;;::::;\
        /:::::::::::::::::::::://::://::;/`゙¨ー- _i::;;ハ∧
       /::/:::::::::::::::::///|::i .|:;;|<´⌒ヘ-‐|:;//∧
       .i::::|:::::::::::::::|:/===|:|_,|:|‐-=_ー'´ヽ |////|
       |::::|:::::::::::::::;||二二|≧|;|`'‐-≧///|////,|
      .|;;;;;|::::::::::;::;;|l ィ縫;i |  |l  ////,|////,,|
     _ ‐一'´ ̄||/:;;|l゙ ̄ ̄/  ,ハ/ィ縫;i/|/////|
  _,,‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||/;;;|  /    |//////,l/////,,|
..i'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||/;|;|     '' ,,l./////,i//////|
..i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||∧|   __, - 、 ,ハ////////,ハ∨
..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||/, i.    ゙̄'=ミ/////////// .|.|\
..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||∧、     ,,//////////// l.|;;;;;;ヽ,
..i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_||//`>ー//////,∧ //∨/ .//;;;;;;;;/
. |;;;,/ ̄`‐'' ̄-‐≧‐-、 ∨///////__∨_//___//;;;;;;;;/
.上/          _\.∨////////////..//;;;;;;;;/
        Y'ヽ (_二=-////////////.//;;;;;;;;;/
    、    i::::\_´__ノ゙;///////////.//;;;;;;//
    |    .l::::ハ////////////////.//;;///
    i,    .|//////////////////.//;;///
.|/ ̄`''、    .i//;/ ̄ ̄∨////////;;;;;;∨\
.{ {朱;};;|、  /´ ̄     |xxxx∨//;;;;;;;;;;;∨/,\
 `'‐‐-‐´:l、,≠ヽ    _..,__/xxxxxx|.|;;;;;;;;;;;;;;;∨//∧
、_`;、__/;;《,,  _,ゝ-‐'';;;Vxxxxxxxxx|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;////∧
/////////∧ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Vxxxxxxxx|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;////,∧
//////////∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Vxxxxxxx|.|;;;;;;;;;;;;;;;;/////,∧
   ウイグル             ボウウカガン
   【回鶻可汗国第三代可汗 牟羽可汗】
881 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:53:55 ID:WVadVZ.Q0

                        }〉============〈{
                   ヘヘハ|||||||||||||||||||||||||ハヘヘ
                  十o_o_o_o_o_o_o_o_o_o_o_o゙o十
                  | \|    ||  ||    |/  |
                  |   |    ||_||    |    |
                    [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]
┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬i┘王王王王王王王王王王王└i┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬
ニエニエニエニエニエニエニエニエェi┘ 王王王王 |:敦::煌:| 王王王王└iニエニエニエニエニエニエニエニエニエ
ニエニエニエニエニエニエニエニェi┘王王王王王王王王王王王王王ヨ└iニエニエニエニエニエニエニエニエニ
ニエニエニエニエニエニエニエニi┘王王王王王 l/ llll \|王王王王王ヨ└iニエニエニエニエニエニエニエニエ
ニエニエニエニエニエ____王王王王王T | ̄l ̄l ̄|王王王王王王 └iニエニエニエニエニエニエニエニ
ニエニエニエニエニ/      \王王王王王 | O O |王王王王王王王└iニエニエニエニエニエニエニエ
ニエニエニエニ/  ─    ─\王王王王 |  l  l  |王王王王王王王モ└iニエニエニエニエニエニエニ
     /    (●) (●) \ 
     |       (__人__)    |   マニマニ~
     \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/             ./
     \/          ::|              ,'           r ,      _
        |        ::::|  キュム         ,'        .:  ./:::::ヽ   ./.:ヘ
        i     \ ::::/ キュム          ,'      /  .::::  i:::::::::::ヽ /..::::::::ヘ
        \     |::/             ,'      .i  :::::  i::::::::::::::::ヾ::::::::::::::ヘ  :::..
          |\_//              ,'      i  .:::i|:  i ̄ ̄ ̄~ ''' ─.,::. ├ ,::.
          \_/               |  i    .i .::::/|: .i  , .‐ ,__/   ',:::. ', ',:::..
                             |  .,'    .i ::::| .|: | / f ̄ヽ     i::::. |  ',:::.
                             | /    .i :::,' .|:..├┼.',‐-ノ}__   |:::::.|__',:::..
                             | |i     .i :::i .|::..|.{_,ゝ,_二ノ  . ̄ ̄|:::::|   ',::::.
                             | ||    i :::ト-',:::|,,__ _       |:::::|  rェ|::::..
                             | ||    i :::|‐-.|::|_\` ''' ―-  ___|:::::|__|:::::. .:.
                             | |',    ::..:::|ヽ .|::|( >,ヽ    __, <|::::|.┬―|:::::::..:::.   
              ・・・何だアレは。     | | !  .:.  :::::::|. ̄ヽ!` '゙ /     /ヾ.|:::,' {ゝ'ノ|::::::::::::.
                             ', !.',  :::. :::::::|   ', / |    ヽ  |:::} ̄ ̄~.|:::::::::::::.
                             .ヘ.', .', ::::. .:::::::|   ゙   ,'      .\.|:,'    .|::::::/:::::.
                              .ヾ__', ::::::. :::|i:',     ,'        |:},    |::::/l:::::::.:::__
                            . , .<  .',:::::::::::|,ヾ    /       _, .|,' -‐ ' ~三三三三三
                            ゙     ',:::|i::::|ヽ    ゝ--, '~-‐ ' ~三三三三三三三三三
                                  .ヽ|ヽ:} _ヽ_, -‐ ' ~三三三三三三三三三三三三三
                            __,  -‐ ' ~三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                            三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
882 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:55:16 ID:WVadVZ.Q0

    __o__
    \__/  ああ、マニ教徒アル。
    8( `ハ´)
   §(___)))__)  野菜ばっか食ってマニマニしてるおかしな連中アル。
    /∧__∥|   関わり合いにならない方がいいアルよ。
    (__)_)




      ;:´;;;;::::::::::::::::::::::i;;;、l;;トヾ;|i|l.i,川;;i:i:l:,;::ハゞ、;;;::::::::::::;;:i.
     ;i::::;;;:::::::::::::::::::::;:|ニ::l:::::!二二二二|::::iニ_l;;;::::::::::::::::;:::;;!
     i;;;:::::::::::::::::::::::;;:::| ::|:: |  ,;=ェ;、,;ヘl:::|  ゙Y:::::::::::::::::::;',
      l;;;;::::::::::::::::::::/'|::|_:i:::i_/_L_'く"i::!__:::i::::::::::::::;;;:::;i:
      !;;;:::::::::::::::::::!|.::l::i ̄::|::|ハ `'ー ノ^|:l ̄ ::|::l::::::::::::::::::!
      |;;:::::::::::::::::::::l!,::|:|   :!:lー`ー一'′ i;!  ._,!|::i:::::::::::l:::i
     |;;;:::::::::::::;l:::i二|:izニニ.!|二二二二ニ.|iニ_,ニ|::h::::::::::!;:|
     . l;;:::l::::::::i::!::|'rt:|!  _ヽl、_,     、-‐|  '=ァ:|;;!l:::::;::::|:;i      ・・・マニ教徒、か。
     .l;;::;i:::::::i::|:::l ゞ--- ` !ヽ:::   r ´‐--‐ィ l::l:'|::::::::l;;!
      !;:l|::::i::l ::!:l  :!.    ,ノ :::    ヽ、    :l::|:l :::::i'l:;l_
      |:|_|:::||::!::|:!.  :|  ./  ::::      \   .:|::|:::::l l;:::!  . ゙̄ヽ
 ,,ィ-‐''" 'リ .|::| !ハ :|  :|/    ::::       \ .:|.!;iトYメ| |  _,,-'"|
 i`'-、,__   |" ゙!  ゙、 .'′   、;;:,,..,.,,        /'|  'l' .' ,.;";;,,;;;;i
. Y;;;;;;;;;;;;;``'''ー'‐'‐-,;ゝ、._____ `"'"´  ____"-‐'一;''''"~;;;;;;;;;;;,イ
.  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;::::::::;i"i ̄ ̄ ̄:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
.  ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::| ,|:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::| .|:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
  ,ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! .|:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;イ
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;| .|;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
883 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:57:44 ID:WVadVZ.Q0

      ;:´;;;;::::::::::::::::::::::i;;;、l;;トヾ;|i|l.i,川;;i:i:l:,;::ハゞ、;;;::::::::::::;;:i.
     ;i::::;;;:::::::::::::::::::::;:|ニ::l:::::!二二二二|::::iニ_l;;;::::::::::::::::;:::;;!
     i;;;:::::::::::::::::::::::;;:::| ::|:: |  ,;=ェ;、,;ヘl:::|  ゙Y:::::::::::::::::::;',
      l;;;;::::::::::::::::::::/'|::|_:i:::i_/_L_'く"i::!__:::i::::::::::::::;;;:::;i:
      !;;;:::::::::::::::::::!|.::l::i ̄::|::|ハ `'ー ノ^|:l ̄ ::|::l::::::::::::::::::!
      |;;:::::::::::::::::::::l!,::|:|   :!:lー`ー一'′ i;!  ._,!|::i:::::::::::l:::i
     |;;;:::::::::::::;l:::i二|:izニニ.!|二二二二ニ.|iニ_,ニ|::h::::::::::!;:|
     . l;;:::l::::::::i::!::|'rt:|!  _ヽl、_,     、-‐|  '=ァ:|;;!l:::::;::::|:;i      大した奴らだ・・・
     .l;;::;i:::::::i::|:::l ゞ--- ` !ヽ:::   r ´‐--‐ィ l::l:'|::::::::l;;!
      !;:l|::::i::l ::!:l  :!.    ,ノ :::    ヽ、    :l::|:l :::::i'l:;l_
      |:|_|:::||::!::|:!.  :|  ./  ::::      \   .:|::|:::::l l;:::!  . ゙̄ヽ
 ,,ィ-‐''" 'リ .|::| !ハ :|  :|/    ::::       \ .:|.!;iトYメ| |  _,,-'"|
 i`'-、,__   |" ゙!  ゙、 .'′   、;;:,,..,.,,        /'|  'l' .' ,.;";;,,;;;;i
. Y;;;;;;;;;;;;;``'''ー'‐'‐-,;ゝ、._____ `"'"´  ____"-‐'一;''''"~;;;;;;;;;;;,イ
.  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;::::::::;i"i ̄ ̄ ̄:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
.  ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::| ,|:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::| .|:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
  ,ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! .|:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;イ
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;| .|;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
884 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 21:58:39 ID:Nu1R7JuM0
そこに気付くとは…
885 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:59:44 ID:WVadVZ.Q0

    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |.   マ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|.... ニ   〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ.... 教... (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕..... ェ.. 丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ..... !.... |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::| 新 オ お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./| た レ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::| な に は |::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光  と    〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}  だ  っ   丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈  ! て    |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|    の    |::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j         |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



               -
            ´           `  、
.       /         , ‐        \
     /         /         \
    / /  /  /  / ハ  l        ',
.   / イ  /   l   ィ /  i   l  ヽ  ヽ  / }
   i / i  i  、/l /l /   i  ト   , |、  | /lノフ
.  | l i  i  l`l\l/    \|,×、 | l 川 |l l} }ノ
   V ',   `  l V '`~    ~´  V |  人ノ{
      ',  \|  ○      ○   |  // ) }
    f `\  ',               i / lノ Y  え?
    | ミ \ ', .u ____   /ノ/   l
    匕 ミ   `l`  |      |  ´ノ  彡 丿
    r -> 、  > ` _   _ ィ イ _ _ ≦-、
    l ` ミ ニ二.`´ fー- 二 -‐'l ` >ー ´  |
    辷ミ   _ ,r‐'―==、ー||- ‐,>-'―-、彡ノ
.    _ / ̄  |      , Y Y        l <、ー、
    ((/    \   ̄  ト ィ ` ̄    ノ   V
     /   y   |    イ  | l\   | 丶.   ' ,
   /     /   l_ , <//  l l  \ ノ  ヽ   ' ,
   | 、  〈       ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄     〉、_  〉
   | ` ー \     l_l    l_l      /    /
886 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:00:24 ID:bbe2T.iE0
なん……だと……
887 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:00:52 ID:vSDppurg0
支持されてんのに何だこの斜め上ww
888 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:00:55 ID:PUGkcU8w0
はい???
889 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:00:55 ID:Nu1R7JuM0
つまりどういうことだってばよ
890 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:00:56 ID:CXlVeLNs0
理解者が現れたよ やったねマニさん!
892 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:01:55 ID:WVadVZ.Q0

    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |.   マ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|.... ニ   〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ.... 教... (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕..... ェ.. 丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ..... !.... |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::|...新 . ウ...お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./|...た. イ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::|...な.....グ...を....|::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光 . ル. 信 . 〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}......と. の. 仰.丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈.. す.    し. |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|. る..   て....|::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j.....!.       |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          >r  l | ,/           /    ヽ
          /  __|i 〉       ,.     /     、 `、
         ム (( ,,./   /    /     / ヽ     ヽ i
        / / >r,|   /    イ    //   | l    ト、|
        '´´゛//,L/| |  |  __,/_|-/ //  , --、l_,|、    |ヽ|
          //   | |  | '´    |/ /      |/ヽ   .ト、|  えっ?えっ?えっ?
         /イ  ,/l |  l , , ´⌒ヽ |   , ´⌒ヽ. |  / =、
       ,/ヽ、 | / ヽヽ|   {     }    {     } .| /,り,}   ,へ
       |  \ー、__l|_>、ヽ乂__,ノ     乂__,ノ | /, / ,.--// \
       ヽ    \_   ____;iヾ ,,,,    ,    ,,,,,  /イ--'´ -'´   /
      r、 `ヽ、   `゛゙ ー<´ヽ、    __     _,<__r'´     ,/---、
      | `ー -`=-、____,.--r-,-iヾ 、 _ |   |    ,..イ´ /   |  ,/ ,..- ' ´ ,>
      \  .\-----/  //  ヽヽ<` 二´ _.イ /`ヽ、.二―--r '´   /
       }、__  `> /  //    \ , | //´,. /    / /`ヽ、___,.r-<___,...._
      __/___,}`゛゛´/  | |,   ,.. --'´,l_|_`<     / /   ヽ_,.. -'´`ヽ、 \
     / /    /    l / r'´  ,.イ/ l,|\  `ヽ、 l/ /    }、     ヽ  .}
    | {    /     /  ヽ-'/ /rrA ゛、 \ ,/  | |    ノ \     | /
    ヽ゛、    、     /    ./ ./ |.|.| | |   `  ヽ |       ヽ   !/
     `゛     Y   /    ./ /,. |.|.| | |      V       /
           |  ー |     L, / r--< | |        l.|      イ
893 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:03:46 ID:WVadVZ.Q0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    牟羽可汗は洛陽滞在時の762~763年頃マニ教に改宗して
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.    マニ教僧4名を伴って帰国、ウイグル内でマニ教を広め始めた。
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  マニマニ!                     ___
     |     |r┬-|     |                           ,.:::´::::::::::::::::::`ヽ
     \      `ー'´     (⌒)                         /:::_ヘ::ハ__:::::::::::\
      >          ノ ~.レ-r┐、                    /:::l::l--<@'---|::l::::::::::::l
     /          ノ__  | .| | |                    |:::::Nノ  ̄ ̄`ヽレ|::::::l:::::|
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ           マニマニ!  |:::::| ●    ● .|::::::l、:::| 
      |          ̄`ー┬--‐‐´                      |:::::|⊃´、_,、_,`⊂⊃:::lノ::::!
                                        /⌒ヽl:::∧   ゝ._)  l::::/⌒i__
                                        \/;;;;∨;;;>,、 __, イ;;;∨;; ̄;;;;;/
                                         /;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;ll;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;/:.ヽ
                                         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ\::l
895 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:05:30 ID:WVadVZ.Q0

            |
     \     ト、  , -、
.        \ー‐、l  V n i ________
....  \、_.ノ . ─‐、l :l i./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     >‐// ̄>.゙/::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::\
.    ´7  | l  //...|>''"´      `ヽ、,.-‐-、:::::::\
     イ  , \\ l.i./            /l λ   \:::::|
... / :}//  > /  /,        / :!.,'::! l  :l ‘,|
    / ./_ ./゙, ':/  / /  , ' /   / ,',' ::l ┛┗! ‘,
  /^| / ! !.〈./ /  / /``>、//   / // __l ┓┏l  l
.     !′| |.゙/ / ,' //:l ///``'/./フ7 ̄ l ノ!  l   l
.      |!. l l  l/ l/,,,;ニ=;;-////ァ=ニ::,l/ll  :!  :! _
        __ l l  l!  /´r':::心/ノ,/  r':::心 ヾ! / :l  ,'〃}}   だ、騙されないわよ!
.        (へヽl  l l {. 弋;;;ソ     弋;;;ソ  l/ :// /=、)ノ
.        ヾ、__ヽ/ヽヾ、; "´     '   ``  ノ // /_〃    どうせ「おめでとう→おめでとう→(中略)→未完」の妄想オチなんでしょう!
        ((二⊃ノ〉〉ヾ=-    /´ヽ.     /,イ/ノ''/´l
       l  ``ヽ、//}'ヽ、    { ⌒ }     ノ//ノ, '     ヽ、
.       ノ     Y:ノ  > 、 ヽ=‐′..ィ'"ノ/ ./    /´
.        ̄``ヽ、  l'   ┌┴‐><‐┴┐   .!  /   __
.     r‐―'''""´ヽ、ノ__,,,,_ノ、 ̄ ̄∨ ̄ ̄,.ト-rrl|  /_,-‐''"´   ヽ、
.     └、 ‐=、;;;ノ/´  ||  | ̄ ̄□ ̄ ̄|  ||      ヽ   ,,r‐'′
       ヽ ヽ/´    .||    ̄/ ||\ ̄、 ||       \/
.     ;==' -'/      .|| //   .||  .\\||           \___
    (ヽ、.  /       Y ̄`     ||    ̄ヽ、          }‐ァ)
.     `) )./      /        ||      ヽ         /(:(
.   =='" .{         {.       '.||       }       , '  )!
       ヽ、    {.        ||       i     , '
.         \__`、        三三      !__/


               「 ̄\  -─-  / ̄|
                >、            く |
              /  /         く ヽ、
             /  λ  ー    、__  Y  ヽ
             /  / !          人   }  いやいや、今回は事実だよ。
       _ -─⌒ヽ/  /  ゝ、 `ー'`‐'  イ  |   |
     /   - 、/  /   / `  ̄ ヽ    .|   |
    /    (( >ーミヽ八   |        )  |   |
   /     >   `>) |   |       /  .|_,,.-ー-、
  /  _,,,,-'"´     /イ.|  λ |   /   《イ ´´ |ソ
  | (: o:      /   |  ノ|._-┴-メ__人   |    ヽ
  八   ̄(:o::{o/    冫彡 く............. `ヽ、  ヽ    `゙'ー.,____
   \  ( ̄|    /入/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 \:o::|\: :\: :o::)
     ヽ|  ヽ   |..../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_   ̄  \o:) ̄
         ヽ  |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ≡≡、
          `ー|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_--――´
897 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:07:15 ID:WVadVZ.Q0

                 ___
             ´            ` ミ
         /                マ
.          /        〃  ∧      ',_
        .′       /i}  /  '_      (())   
         |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
         │   i/   レ′      ヽ!   (())   嘘よ嘘よ!
        从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、
      , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉  あんなにがんばって布教したローマ帝国でもペルシア帝国でも根付かなかったのに、
     iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ どうして不殺生を説く私の教えが遊牧民の間で信仰されるのよ!?
     __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
    ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
    ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
      \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
      Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄




    l::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:|_i:::/_/_L_ヽ___|:::::::::::::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::::::::::::::::::!. l::! ̄|::| ハ `'ー ノ ̄ ̄ ̄.|:::::::::::::::::::::::::::::!
    . |:::::::::::::::::::::::::::::::!__|:|  |::!ー`ー一'′  ___」:::i!:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::;l:::i二|izニニ|:|二二二二二ニ,=‐‐‐|:h:::::::::::::::::::i:::|
    |::::::::::::::::::::::::i !:|'rt:|。ニ_ヽ|、__,   、、.-‐'_ニ.。:テi|:|ァ|:::::::::::::::::!|:|  そこに気づくとは、やはり天才か・・・
    |::::;i:::::::::::::::::i |:|'ゞ‘|=’'-`| ヽ     / へ‘ニ’彳| |::::::::::::::::|.!|
    .!::l |:::::i:::::::::l !l   !     !ノ      ヽ     |:l  !::::::::i'!::::|-| _
     !|_,|::::||::::::::| |!.  |  /|       \.     || ,|::::::::l !:::|
,. -‐''"リ |:::| !::::::ハ   | /           \  | /|::::::::|  i::|   _
`'-、__   |::| |:::::| ゙、  '′    、,..........,     `  /. |:::::::|__,. '-‐''";;
;;;;;;;;;;;;;``'''ー'‐'‐-'、 ゙、       `"'"´       rr‐'一;''''"~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||  ヽ      ,. ‐-‐ 、     ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!
     ∨  /            ヽ、 > 、    ソグド人ネットワークを取り込みたかったからだって説が有力だけど、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \   マニ教徒はソグド人の中でもマイノリティだったはずだし、
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \ その辺り本当にわけがわからないけどね・・・
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }
898 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:08:59 ID:WVadVZ.Q0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l     ともかく、牟羽可汗が改宗したのは紛れもない事実だよ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  じゃなかったら、アレをどう説明するんだい?
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ



                       ,.ヘ、
                  ,ヘ' : : :〉,ヘ
                 //'⌒: : '⌒ヽ
                  |:|://>ヘヽ ハ
                  |:|:|」_ _〉从      木遁!
                ,- |:|:| rェ  rェ.|:|:|
               ├ |:|:|  |_   |:|:|      メロンとキュウリとブドウの術!
               ├人卜 一 人リ
             / ̄ ̄丶| ` ー ´ |  ̄ ̄\
             /      |  ハハ  |     ヽ
         /   │     | 」 | l、  |   l    ヽ
        /     ̄厂ヽ、  lノ><\|   // ⌒丶ヽ
          /    /   厂 ̄ ノ‐个ヘ、 ̄ 厂 ̄      ヽ
        l   /    /: : : : 〈_人_ノ: :〈  \      〉
       ヽ      /ノ  ̄ ̄       ̄ ̄ヽ、 \__ /
         ` ー-=≠ 彳三三三≧≦三三三个ー──'´
               ト┬┬┬┬┬┬┬┬彳
              , < 个‐<ノ个个个个个| |厂`ヽ、
          / . : : : : | |: : : : ノ厂ノ : : : : : :| |: : : : : .\
        , '⌒ヽ、_: : : : | |: : : /厂ノ : : : : : : :| | : : : : : : . \
     , ´ _=二三≧=‐| |;_;_/厂/_;_;_;_;_;_;_;_;| |‐-=≦三三≧、
   /-=二三三三三三|_|=/厂/=三三三三|_|三三三三三二 、
   〈二三三三三>'゙´  |三三三三三三三| `'<三三三三二 ヽ
   ヽ二三三三〉      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    〉三三三三二 〉
    ヽ二三三人                      〈三三三三二ノ
      \──へ                  人──> ' ´
       /∠二ヽヽ                   / ∠二く
      ノ,二二、∨                   〈乂,二二、 、
     〈个 厂し〉ノ                  〈 し 厂个〉〉
      ヽ二二イ                       ヽ二二 イ
900 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:10:22 ID:WVadVZ.Q0

                  >  /     |  ヽ   ヽ  ヽ
            / //  /  /l  ト    i   ヽ  l
         --´-―/  / /  / |  l \   l    V
          / /  / |  / l / ―-  l   |  |
         <   |  /  |  /  l / __ \ l  l_  |
          そ  イ  l /_-  ノ   /Cミヾリ  / `〈
            -イ ´ |  | イc:::) ´   弋::_ノ / /   |
          lへ | ハ リ ゝ-´  、      /     /
           Vヘ| ,从         .u     /(___    本当に、本当に改宗してくれたの・・・?
               V  i     _   - 、/- /___〈
             lー - >       / ヘ 二|    -― 〉   後になって「幻術だ・・・」とか言わないわよね?
             丿二  / >-  ´/ /   レ / /
            _ ニ ̄<_ > i  / / /    「―  ̄  ー 、
            ( ―< )  /\i / <-‐―   〉 ‐ 二 ̄ヽ_〈
           //フ/ , - フロニ ̄< ̄ ̄/ ,{/ //く
           / イ | (_/ ///i i \  > //    \\ |、
           < ( | /  // // i i  \ イ    . : :丿l : ': l
           \ 〈    i i キ i i    | /   \ -‐ ノ ノ
            \ 、  |_| ||  |_|   |/   . :\-‐ イ
            ハ     =キ     |   . : : : :\:〈



/:::::‐--:、:::::::/;;;;;;;;l::::::::l”‘,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::/∧
l::::::::::::::::::\yw'`´|:::::::l  ‘,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::/∧
|::::::::::::::厂      |::::::l   _',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::__::::::::://!
|:::::::::::::::!       |:::::l _./ ‘,::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::!´ _∨::::://l
|:::::::::::::::l      |:::::l´ _,. -‐l::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/ヽ, ∨::://l
|::::::::::::::::l       !:::l   / {;;;;|:::::::ト::::::::::::::::::::::::::::! 、  }::::::/∧
.|::::::::::::::::l ̄`ヽ   |::l    ‐`¨|::::::|‘,:::::::::::::::::::::::::|): / /:::::::::/∧  大した宗教だ・・・
..|:::::l:::::/∧¨孑ミ レ '‐- ,_  l::::::| ',::::::::::::::::::::::::!:_/ /::::::::::://∧
 !:::|l::::://∧_ゞ斗       `''|:::::!  l:::::::::::::::::l::::l  /:::::::::::::///∧
 l:::l∨::::::/∧ /|       !::::|  l:::::::::::::::ハ::j¨l´:::::::::::::::////∧
 Ⅴ ∨/:::/∧/ |       |:/    !:::::::::::::| レ′y;:::::::::::::://///ノ
    ∨/://∧ ゝ- `      ,   |:::::::::::/ __>=三三三三三l
    ∨/:://∧   __,.. -‐一'´   .|:::::::://ニニニニニニ三三三三三|
     ∨////| \     ̄ ´      |::/ニニニニニニニニ三三三三三|
     ∨/ハ:::|  \         /ニニニニニニニニニ三三三三三三|
        Ⅵ! V    \    /ニニニニニニニニニニ三三三三三三ニ
       V     / `'ー‐/ニニニニニニニニニニニ三三三三三三三
             /   /ニニニニニニニニニニニニ三三三三ニニニニ二
            /  ,ィ升ニニニニニニニニニニニニニ三三三ニニニニニニニニ
         /,ィ升ニニニニニニニニニニニニニニニ三三三ニニニニニニニニニ
          マニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三ニニニニニニニニニニニ
902 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:11:37 ID:WVadVZ.Q0

  _ ゝ{    》 /               i  、
. 〃 ¨ヽ\/¨ヽ〃               }    \
〃   》´`Y}}′                /ヽ    ヽ
{     {{  ヾjl      / /|  /l    '   l   !  i
`≧===`彡゚,   ′ ′/-}ーァ十〃    、 j ! j 、 .
〃     ≠ ′   |   厶=≠ミ}/     云ーУ! | |
{{    〃 '{      / /′ィてハ `    ´ィfハヽV | l
\ _〃 ∧ i  { ' /ゝ {///゚}     {//} ノ}  l {
   ̄¨{{_ノ′{∧ j\{    `¨¨´  ‐yヽ,、¨¨  : i !:八
.     \   ∨∨          / / / h  И: |   〉
      _ゝ 八 {_  U    / /  ′/Yヽ  }人j
   i¨ ̄ ̄ ̄ ̄ミト     _  / / /  ' l l 人_      あ・・・
    } ...::::::::  ̄ ≧〉:.、  | У__'__ /____  | ト<¨ ̄ ̄¨j
   `-=ニ二二ミiト\>/_/::::/::::/::::::/:ヽ| _j〈-……= ト,
       )::::: ̄彡j ヽヽ{ ::::::::::::::::::::::::::::::::!::::`x=‐…_彡'
 i¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚Y´   `|:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|.....::::_(_
 L三二ニ:::...... ト、     !::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::人 ≦¨ ̄ ̄
     )::::.. ̄〃 ヽ   〉::::::::::::::::::::::::::::/::::::′ }....::::_.. <
 ¨ ̄ ̄ ̄¨ >′  \ i´ ̄ ̄ ¨ヽ::::::/::::::/ \{.....:::::::::.....
903 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:12:04 ID:WVadVZ.Q0

               _,,,,,,r―――v,,,,,.
            ,,, -゙゙~           ̄~'''丶、
          /                   \
        /     ,           !i       \
.       ,.’     /           i| \       ヽ
     _,,<__r-v,_  /         i  i|   \      '、
    r' r-,人 0 廴/     __,,,,   ノ  /   ̄`゙゙ヽ,  i    i,
.    ヘ└(   )┐)    ´~    ハ  /      i,  i    i
     冫入 __スノノ        / | /       i, i    |
     ! 0 人. 0 ).      /l/ |/    .,-   i, i  |\|
    | `フ/ `T´|/|   /__         __,,_  j'i, ,!―-ヽ.,
     〉´/    | ´ |  ,イ '~         7 ̄ ̄  リ| /  ノ
    / ∧  __ |  | / |  _,,=≡=         /// n.h __,∠_
   / / 〉/ ) _|  |/ | ミ~              | || |nっ   )  ありがとう牟羽可汗さん!
  / / /  / | |    | ///    r一一┐    ノ' '' ' '/\く~
  i  レ´  /ヽ. ヽゝ.   !  n    !     ノ   /  / //   あなたは真のキリスト教にとっての新たな光よ!!
 /  .´ _// /´|ヽ.___i\ \| |,,,,__`゙___,,, ,-,´(   イ_  ((
 \__メ/ / /    _ヾ`ヽ_\ヾミ,-―--┐i´|~'ゝ¬/ 〈  "
    i/ / /   ;´  \ `-ゝ `:.   _|,,!-<´. . :'.'|  ';,_
    !_// ノ    !,    ヘ,,___,ノ`| ̄`ヽヾ,'ヘく.'. '.ヾ.  \
     //―っ__ !,   |     _ i : ' 〉|_'__'ノ_'_'_'_'__)、 /|
    <_,,,-¨´ ̄> /  |   /    .| | i '. '/i ヽ' .'、 \ ´  !,
        //   !'  !\   | | し' | :'|  \'.'.\.丶  '!,
        "    !''  \ニニニ!  !彡 |..' .|__/V ̄  )  '!、
             !,,,___  |        | |.' .' !、      /   ノ
              `ヽ /|        | |/ ̄      〈
               `i,       |       /  |
                 i,       〉`゙゙゙ __-'´
                 i,_   _,,/
                 /  ̄ ̄
904 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:13:31 ID:WVadVZ.Q0

                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
人_,、,i人_,、ノL_,iノ!.     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.‘,
         /....   /.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.‘,
. ┌―‐┐...... {.    /::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::.::.::‘,
. └Fマノ.     ヽ.   l::.::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::.::.::.‘,
.   ` ┘.     > . l:.:::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.i
...  ___.    /.   l::.:::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.::.|::.::.:.ト
... └─┘.   L_  l::.::::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::.::.|、::.::.|: : : :\
... l二ニ二l...   /  l::.:.::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::.| ヘ::.:|: : : : : :\
..   ___..   /../|::.::.:.::.::.::.l ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::.| } |::.l: : : : : : :_イ!
..   ,コlニ、..  l/: : l::.:::.::.::.::.::l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::.!//::.:l: : : :_:イニ|
....   ̄ ̄   /...: : : .l::.:::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::.::.::l /::.:::l: ;_ィニニ二|
...  ∩ ∩... l_.: : : : : |::.::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::.::.::.::.::|::.:_:ィニニ二二二|
...  ∪ ∪.. _ゝ'..゙: :.:.:.|::.:.:l.::.::.::.|',   /   {、 ,       `ヘ .|:.__;;,;ィニニニニニニ二二|
....  o o.. 「..゙; : : : :.:ヾ:.:|l::.::.::.|∧  、___,,.  -‐¬ト  | |ニニニニニニニニニニニニニ|
        ヽ......ヽ;_: :.:.ヾ| l::.::.:|!; ;ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |ニニニニニニニ二二二二|
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄......二∧: : ;/ l::.::| ; ; へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||ニニニニニニニニニニニニ/\
           >ニニニ∧´; ; ; ; l::.|; ;/  ∧  \ー― /  /| |ニニニニニ二二二/ニニニ\
        /二\ニニ∧; ; ;,;,,ヾ|;/ _/ |: .、  二二  /. : :| |ニニニニニニニニ/ニニニニニニニ
        ニニニニ二\ニ∧; ; ; ; ;,;| (0) |: : :\__  <: : : : :| |ニニニ二二/ニニニニニニニニニ



        ∨ \   ./
       ∨ /\/
.        ∨ ./    、_ ,,                         、_ ,,
        /   '        ̄                           ̄
.       /   ‘
      /   :                                     こうしてマニ教は、
.     /    .l                                     唐突にモンゴル高原の遊牧ウイグル王国の国教になった。
     /
.    /       ‘,                  ゝ ^ヽ _ノ
905 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:15:20 ID:WVadVZ.Q0

                    _  _,,..、
                 ´  /      }  ̄  `
             /     /     |、     \
                  /        ノ        ヽ
           /       /       /  ハ  \
       _  /      /      /  /  \ i    i ヽ V´ `
       { ヽi   l     イ      // /     i__|_   i   i/ /
      _ 、 , }  l   l,+―  / i /      ̄i | iヘ  i   i l//ヘ
     {  ヽl i  i l /´l i     / i/      _} } i  i   i } ノノ
      ゝ   { {  i i   l i -― i  |     ___リ__ i  i   i K<    国教に指定されるなんて初めて・・・!
      > ヽi   i i  { >―ト         /Cl;;;;l }\ / / i { } }
      /  / i  ヽ V / {Cl;;;j }       {  ー ' l / / イ ヘ-´    もう、なにも怖くない!
      {  /   i  \\ 弋 `ソ        ` ー ' /  /イ} ヘ}}
      `て 人\  \ ` ´     、    ////// 丿`´
        `´ ( ヽ\  \ ///          / /ノ_ / _ - ―-,
      ┌一―-\ ニ)\ー--   ヽ _  ノ     /l>  - ――  {
        / ̄ ̄  ー `ヽ ゝ            // /         }
      i__        \>       イ /    / -==フ ノ
      \   =  >     \ } _ ̄_  レ/  / イー ニ 二 _
      _ 二.,ー "  }\\  r ´  i | {   ̄ l  / ( ( /  _   {
     {´_ー- `へ 、ノノ  ヘ_,,..!__ノ⊥!__ヾ(\_/  /     フ
     |_  _,_,,..>ィl /:::::::::::::一l::::::::lー:::::::::::.....ニ二lー-<-<´
     \ `フ     ノ/..:::::::::::::::::::::人::::人:::::::::::::::::::::::::::/|/     \



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′ さらに安史の乱後、唐でのウイグル人の発言力が高まったことで
.       V            V   マニ教は中国国内でも公認の宗教となる。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八  
.       / 个 . _  _ . 个 ',  
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
906 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:16:42 ID:WVadVZ.Q0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ    768年6月には勅令によってマニ教寺院の建設が許可され「大雲光明」の寺額を賜り、
       __      //    ⌒    ri   771年1月、荊州、洪州、越州などに各々大雲光明寺を設置することが許可された。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ


            }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
          ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
          \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
    ({     \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/     })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       | 寺明光雲大|     |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ



          _,,..-‐──-..、
        -'"´        ` ヽ、
      /           ヽ   \
     / /      /   ′人 i   丶
    ,.'  /    /  /_// / ヽ iヽ   ヽ
    f 、  i   i フ ̄/ / /  ー l-、 l  iヽ
   乂、/ }   i / l/ ー l/   _` ヽl  i l
  (ヽε3ノ i  i /_,,,-===、     ,==-,,,_ i  ヾ
  `イトィAリ l i               i i i/l  
   λγ i、ヽ l ///         ///νl/
  /ヽi ` ヾ ヽl    / ̄`¨ ‐ァ     l   すごいわ!  
  \ ヽ乂_ 、     弋   丿    /
  /、_、 \_  \          , /  斗z_ トントン拍子すぎて怖いぐらいね!
...〈 \ヽ  \)   "┌ー   - 彡イ /  ,,ノ
  \  、 \ ヒノ 厂〟  ヽ、、 ヽ 彡/ /
  -‐\ ヾ,   /  ヽヽ-‐‐┴ヽ  i i/
..(/ ̄ `´   /"  / /‐'""  ̄ ヾ-- ′
        { ヽ ┤Y      /  \)
      / /  〉      〈
    ,, ノ  /   /       ∨
   `ーι´    /`ヽ     く∨
          / /       `∨
907 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:18:09 ID:WVadVZ.Q0

/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : / いい勘してるね。
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨             ウイグル人は840年、別の遊牧民族キルギス人にモンゴル高原を追われ、
              ̄ ト、  }       ヽ::\                  その軍事的影響力は凋落する。
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、



                7.,  、イ
                 ゙i゙i..,_| |           ∧彡
                 ´゙i゙i_| |       ミ/ ・\
 ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨   ´r'ニ二ヽ     ミ/ ∧__)
                 (,;`д´)  ミ/  ./     /\
                 彡つ ヾ /`ー‐Y     /__  _\
       ~ヾミミミミン' ̄ ̄`lヽ ヽ―¶^冊冊Фミ    (; ´Д`)
            /二二ン|(__)__||     |     / つ_つ
   _       〈     Y       ⌒`‐---、  人  Y
.  /  \     .く〉    /'"l~⌒~`ー`ー---テ /  し'(_)
  (;゚Д゚)     ,,‐'  ,,,,__/_,ノ     〉 .ノ __/ /          ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  /つ ノ    //´"ゝ | `~  .,へ、// 〈__ノ" /▲\
 く/\ヽ  //   く__/    `ー-''"      (lili・Д・)
       /_〉                   / つ_つ


    __o__
    \__/ 
    8( `ハ´)  もうウイグル共の顔色を伺う必要もないアルね。
   §(___)))__) 
    /∧__∥|  
    (__)_)
909 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:19:42 ID:WVadVZ.Q0

          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '   
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′  そしていわゆる「会昌の廃仏」の二年前に当たる843年5月、
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /    反マニ教令が発令された。
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡



     _-三三三三三三三三三三   _ゝ
    _,∠三三三三三三/〃//三三  __)
     /イ 〃^'^'^'^'^'^'^'^'^'^'^' ゝ三三_>
      l/,.へ、     ,;彡⌒'  }三三 \   摩尼僧はいったん頭を剃って、
      l⌒' ミ;,_   、,_シ/-、  ヾ三三 <  仏教僧の姿に変えてから殺害すべし!!
     :l ∠ュゝ)   ムュ-‐丶  l三  ∠
     〆  , ''´         ``'  |/   ア
    {;'   {      )          /へ
     .l    `ー── '_,, --、       、     /⌒
     :|   ∠⌒ニニ=== ゝ     }l
      ',  {            }    ,;
     丶 ヽ、__,∠三三ヲ   ,〃
      ヽミ   -=─     _,ノ
       ,.へ,_       _,ノ=7'´  /三
     / 三|\  ̄ ̄ ̄  /    /三
     三三三|   >──≦、   /三三

   【唐朝第十八代皇帝 武宗】
910 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:20:53 ID:WVadVZ.Q0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ      72名の女性聖職者が殺害され、
       __      //   =   =l     その他多くの聖職者が追放されたという。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  結局唐での公式活動は、たったの160年で終わっちゃったんだ。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ


                                    ____
                                  /ノ  ヽ、 \
                              (ヽ /(○)}liil{(○)\
                              (((i )    (__人__)   \
                             /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
                            (___    |ェェェェ|  _ \
                                  |        /  ∴∵
                                  |       /   ∴∵
     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._                 |   r  ̄∴∵    ・・
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,            ヽ  ヽ   ∴∵
               --―---- `''ー 、          >__ノ;:::......  ・・
                         `ヽ 、                   , -─‐──‐-、
      /            二二、       `':.、                /、ハ,        \
      /            | {::::`ヽ\       ` 、             /^ <  て        \
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、          l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
        /´          ヽ `ー' /             |           |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
    /-、ヽ        三 ." ̄            |     .      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |            ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /           (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /           ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /            ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
    | |    ;;; (      / `''"/       /            ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /              `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
    | |  ″        | |       `ー-/                  - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
    | |            | |       /                     廴_i!i!ノ
911 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:21:44 ID:qmBIl85k0
またこのパターンかwww
912 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:22:03 ID:WVadVZ.Q0

                     , ― -- ‐‐ 、
                       F==┐ ┌==== 、
                  ____|  l::l l::l   〈
               /  , -  ̄ ̄ `´  ̄`、ヽ__
              /  /       /     丶   \
             {  /     // ` 、   ',    \
              ヽl     /l/   ー-ヽ   ',     ヽ
                    l   / _     _ ソ    }     }   まあ仕方ないわ。
              ∧  {    ̄      ̄ }   /     /
            / ̄ ̄ ̄ヽ   ___   / ̄ 丶   /     なにもウイグル人が滅んだわけじゃないし、
            / ̄ ̄ヽ ' 丶  V_丿 丶 ,--、 〉 /     いつかまた必要とされる日が来るはずよ。
            ヒニヽ ソ   `ー-―― 〈  , ´ ソ  /
             〈 ,-‐'           `r'‐´  /
             ヽl  `ー―― - 、__人    /
                    }::l l⊂======⊃:l `ー‐.1
                    /://::::::::::l l::::::::::::l l::::::::::',
                /://::⊂======⊃::ヽヽ:::::::::ヽ



        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ─      ─ }i   君も打たれ強くなったね・・・
       八    、_,_,     八 =3
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
914 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:23:49 ID:WVadVZ.Q0

          i、        i、
          |   .l  .__.,. ly .、゙l  i、 ,,._,,,,,
     ,   .____,|,__ニン'''゙`| r゙i、〉._ ノ\
     .゙l    ` |   .,ン>,i´.リ }|~~>'^.| |\
     ゙l     |rsii二, .| `-广    | |  |\
     .|    .,ン''゙,,!  l/  λλ_,| | .|| \
      | ._/" _ノ'゙l  /   (´∀`) レ| \|.| .| |
      l.`_,._-''^ ∧∧      U U ̄ f゙'-,"  \|
      ′ ,コ ⊂(Д゚ )           レ `-.,   〉
       ,x!" |l と´ |          l゙゙''i、, ュ,ン´
    ._.ッ!'~ -''|  |  ~      ∧∧|  `| .\
   /  /゛  l ./U U       (.*゚ー) ロ  i\ \
  " _, r'"    l゙          (i  〉つ  l  \ `ヽ,、  /
   ´ _,__、  /         ~|  |i、  .|    \ \,ノ
  、 l″ ヽ f            UU ヽ、 |  r'"| .|\  i
  ヽ |     }.l゙                  ゙l  | f十| |  ̄i
    |    ト'       ∧_∧        ヽ| Lソ |   .l
    |   /     ⊂( ´∀`)       .'-、'″ |   .|
     ヽ-, ,!       ヽ   ⊂_)         \ .   |
       |        (⌒) ノ            \   .l゙
                  (__ノ             ''-.″
                                  ゙'-


              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l   確かに君の言うとおり、マニ教を奉じるウイグル人が滅んだわけじゃない。
       У      ヒ"           l
      /、 r、 γl /        ーァ/   東部天山地方に逃れたウイグル人たちは、シルクロード交易の拠点トゥルファンに定住し、
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /    天山ウイグル王国(西ウイグル王国)を築いた。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ
915 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:24:58 ID:WVadVZ.Q0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :    公権力の庇護を受けたマニ教は、
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :   ここで前代未聞の繁栄を謳歌する。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /


      +          +        ____    +           +     +
                    +   /⌒  ⌒\ +      +
  ┏┓  ┏━━┓           //・\ ./・\\                   ┏━┓┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃      +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                  ┃  ┃┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━━━━ |. ┬    トェェェイ      |.━━━━━━━━┓┃  ┃┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃         \│   `ー'´    /               ┃┃  ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━__|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|___.━━━━━┛┗━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃      >                   <         ┏━┓┏━┓
  ┗┛      ┗┛.    ――‐ァ    ――‐ァ       ヽ|  |ヽ ム ヒ   .| |  ...┗━┛┗━┛
                   、/ ――  、/  ――.   | ̄| ̄ 月 ヒ   | |
                   ヽ       ヽ         / | ノ \ ノ L_い  o o
                      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄
916 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:26:08 ID:WVadVZ.Q0

            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、     ウイグル人の喜捨に恵まれて、マニ教は先住者たちの仏教を抑え、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    周辺一帯を急速にマニ教化していった。
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   石窟式のマニ教寺院(マーニースタン)を造営し、
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /   そこで写本とミニアチュールの作成に没頭した。
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | カキカキ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ,ィ{!   / }!   /        ヽ
 ,' `≧≠ヽノ   /'         |  ヽ
. ノ  ((_,イゝl |  ,'  、/    /  ,'|  ハ ☆
ィ  〃 {! ノ l  l_,∠,≧, -‐''/ ,--!.  |    ☆
,'   ,ハ` ,rλ |l イ)("ヽ //__|   !
/i/ ヽヽ !kヾ !| じソ   ´  ,イ)(ヾ .,' /
  l __ ヽ \ヽ!ヾ/ハ,、   ,  じソ|/, ' ☆    うん、写本と絵画は布教の基本よ!
  /\\ \.\、       /ハ, l/  _..
 ゝ、.`ヽ\   ,'≧、 ` ー    ノ─' ̄,- !
 _≧=、 ヽヽ<  ヾ!ーァ‐_ "´├┬─‐ | .|"_
 i l r==≧'| ̄`‐-}}マ’/   ヽ ̄`rニニ i! |
 ヽ|  \ | _ イ/l≧ ̄ ̄l`ヽi-‐'{-─‐ !!:-'
      ヽ"   / .| ヽヾ、 ノ   \{-─‐ |!:、
917 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:26:55 ID:WVadVZ.Q0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i   その代わりアンモーたちのような遠方への布教熱は消え去って、
       八    、_,_,     八   寺院に定住するようになっちゃったけど。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)


                  ,, -──………───‐-- 、
          __|\  ∨//////////////////////
           \  \ \∨//,.  ──……──- /
         <⌒        ´               `  .
            ー─/                     \

               /                   /           ',
                     /  /
          ,′         /   / ',                |
.             |      // /   |             |   |
          l   .:|   ,.斗/ //      !   }:       | ┐ / }
          |  .:|   /  /   \   |  ′/     ハ∨/ /{
.             |{、 :l /x=ミ      ` ート./ /      /{ r‐⌒┐}}   できれば同じ場所に留まらないで
.             \ ∨ {::ハ`      x==ミj/|/|    / ノ(_   r'ノ   伝道生活を送ってほしいんだけど・・・
.              ヽ|  Vソ      |:::しト、   |/   /} |/ //⌒}}
               厂|             辷ソ   ,/ // |/> ´ ̄}
             /  丶   ′        厶イノ_ .ノ/    `ヽ
            {       \   、            /  /      /
             \     \    ̄       イ   ,/      /
         /\    \        ー┬─   ´   |`ヽ /       ,/   ─ 、
.        /   \ー─\ _   |\        ──┐     /─/   ⌒ヽ
             /⌒V:::::::} ̄´\ \  /    /、  /  /    / ̄ノ
       \  /   ,/:::::::/     \ ∨    ,/   \/  /   /  ̄
.    ___ヽ/   /二二二二`ヽ/⌒/二二二二二ヽ厂 ̄}´ ̄ ̄\    __
.   /       /    {         {  /          } ::::::/       ヽ ̄ ̄   `ヽ
   ′      /    /::\____/厂 \_______/::::::/          }───    }
918 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:27:52 ID:WVadVZ.Q0

                           __ __  _
                         /ソ  /   / !ヽ
                         ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|
                         || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |
                         \.___\__\__ ノ _
                        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.
                        ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.
       ____             || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.
     /_ノ   ヽ_\            \.___\__\__ ノ \__ ノ_
   /( >)  (<)\        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |
  |     |r┬-/      |       || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |
  \     ` ̄'´     /       \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ


                    A_A
            /'´ ̄ ̄ ̄"⊂  ・・⊃
  /|'、       //| ■  ▲  (_m)       __ ,. .,
∈・  )      ∨ |''''/|''''/~|''''/|''''/    _,.-:‐:`f::゚ x゚〉         ヘ⌒ヽフ⌒γ
 (;;;;;;::.~''、       | ::| | ::| |:: | | ::|     `i'゙:;: ;:゙,.;: ;:;,:j         (・ω・ )  )
Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,wVv,w,.vw,.v"ji,,Iw,゙u'ー‐u'‐゙u'Iw,,MW w,,Mv,wVv,w,.vw,.v"ji,,Iw
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"'゙"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~



       ,.       、
        i  >ー  < /
          Y o   o  Y、      清貧と乞食(こつじき)を旨として俗信徒の布施したものだけを食べるという戒律に反して、
        ./i  、,._,    i \ィ=x   マニ教聖職者たちは国家から地租の一部を回してもらうことで食べていけるようになった。
      / ヽ、     ノヘ  \ }}  荘園や隷属民、家畜なんかの所有も行われていたようだ。
      ,〆、 / /    \ ', __シ
919 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:29:12 ID:WVadVZ.Q0

          / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
       // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
        : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ
       ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
       |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ        う~ん・・・
       |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、
        ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ  仕方ない、のかしら・・・
        V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}
          i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
         ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ
            丶    、      /  |Ⅵ: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋
        ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"
             / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
             ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V    国家的な保護を受けて
.       i{ ─      ─ }i     かつてない規模に膨れあがっていたからね。
       八    、_,_,     八 =3
.       / 个 . _  _ . 个 ',    まあよくある話さ、唐代の仏教寺院だって「家人」という隷属民を抱えていたし。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
920 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:29:31 ID:mr2wgnQg0
あれあれ…なんか教義変わっていない?
925 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:31:08 ID:WVadVZ.Q0
>>920
布施で食ってかなきゃならん、というのは昔からです
923 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:30:12 ID:WVadVZ.Q0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V     この時期トゥルファンでは300~400人のマニ僧がウイグル貴族の館に集まって
.       i{ へ      へ }i     マニ教聖典を朗唱したというから、
      (ヽ、   、_,_,   /  )    本当に国教に相応しい扱いを受けていたようだね。
.     /| ``.―  ― |  ヽ',
.   _/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \  マニマニマニ~♪
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / マニ /    /
    i\  \  ,(つ マニ /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)



          ////////////////〃==…=ミ////i}
       //////////彡"~´          `V/
      f_///fヾ、,-、"´              }    ヽ
   .__彡"__,.斗ゞr㍉,) .,′  /     / ,ハ    ’
   ,/≠´   (二(::::)_) ′'" ̄`  // / }     ,
   {〃  i{  〃(_ノ i{ i   /   / // `ト、
   从{!   乂∧   ,-{ {: / /  /    j'}     i}
    ゝjー- {! '。 { r{: v/,x=ミ、    _   }   /j   これよ!
     〈-、  `ヽ、.込  { 、 、、     =ミ、 '  У
      ’,ヽ、  ヾ ヽ、.ゝ      ′ 、、、厶彡     こういう話を求めていたのよ!
  γ・━…ー‐-㍉   }`} \_  ( ̄ ァ    少ム==,
  }! __,,..====ニf“¨ ̄ ̄{:{ヽ __´_,. <彡_>‐‐ヲ
  ~“== rニニ==≧x.,___ヾ、___,/ >ミx≦__=<_
  / ̄7´     ||||   ̄~”ヽ弌マ"´  `ヾx ヽ三≧;
  ヽ ,/         |||j .,      マヘ\    ヽ. \`У
   `7    \  |||〃      マ;ヘマ\    \ ハ三≫
   ∧      ヾ }/          ハ;ヘ;マ ;ヽ    ゙vヘミ:x
  ∧         ,′       ν}ムt=! ;}       :. }ノ
  ,′    _二ニi{          }__} }_/  .,rfヽ   ゙
.  、___/o __:.           } }   /Y \ }
      ヾ/    .. . . . . . . . . . . . . . .≠. . j|_/入\.ハ
       ヽ    ゝ_: : : : : : : : : : : ノノ: ._j:::1_/ )(\j\ヽ
       __ヽ   ./ ゙l` …―…'' "_,/”ム::j::i:=f≫xノヽ::v
       `ヽヽ /  __L,,...-‐“¨~〃 /i{::::::::!:::i}::::::::{:::::::ム
         i} ̄ "´〃      ノ  i{ ゞ::::::::::iト:::::::{:::::::::ハ
926 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:32:19 ID:WVadVZ.Q0

.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}  ――でも、これを快く思わない者がいた。
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´
::::::::.    `ー== _と_,ィ ./         |  |  ̄  ',
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  / /:::j.  ',    \
::::::::::::::::::::::::;:  -‐- 、 /:::  `ヽ::::::::i  |_ノ:::/   \)\)\)
`ー--‐‐ ´      {::::::..   i::::::::',  |';:::. i
               ∧:::::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
927 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:33:43 ID:mr2wgnQg0
ま た か …
928 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:33:51 ID:WVadVZ.Q0

  ハ--ハ、
 (CωCヾ.、__,、   ウイグルの定住以前からこの地で暮らしていた、
 /|フ ヽ.´\l|}_ぅ'   漢人やトカラ人の仏教徒たちだ。
,==( ljlj )<^ヽ、
tttフ     `)ノ


        [l                            ロ 口 __
      □ 口ロ                          /ロ □ ̄ ̄ ロ     _
       [] _                              l □ロ ____  Ll          ロ ロ ロ
     ./  [_]ヘ=       |                 _|〈::::〉 [____]  _ ロ          □ロ
     」<[]::::::_〉l   .    ――「 |―              .{]  , L 、 ] ロ     l | _       ロ  __ロ
    (   `li ´ 》      [] L」_                〉 lー-|/       |」[_] ロ°    | ロL__l □
       〉{にニ}/          / 凵 □ロ °           | ー ´l       |ロ[] □口 ロ   〈ヘ::::::::::::::::〉
      }ヽ_/|         l口 ロ  l―         ><´  l / `ー    {ヽ::::l :::://      ヘ {にl} /
    ノヘ  | / L_      〈 ヘ::ハ::/〉        /´    `ヽ、 /´   ` ヽ、.ヘ に」 /    .     lヽ_/l
 , ・´  `ヽ、  /  ̄  ヽ 、   l {=} l           l    l:.   ヘ/       ヘ l ー ハ       _ .,| 」 L |、
/       , ´..:::::/     l ._|ヽ-´|_       / ハ  ハ, ´       _,  〈 l_」 l / !- _  _/ ヘ、   / ヽ、
    _//:::::::/      |.{/ l  \}     〈ヘ/::::| ̄',:¨ヘ::::::::::::::::::/ ̄   / |ヘ、  / V    l\ \/  :  ’ヽ、
 _/l            | | \  / ̄ `ヽ、  .>:::::〉  ',  ` ー- ´     / l  \ /  ./   ヽ:::`/   .:  l   .
.{     |      /    / l   ./ / .:l   〉、/:::ヽ リ:',             /  :.  /  .〈〈  _><    /::l ./l   l
 !ヘ    ` 三彡´    l  l--´/ .::::     l:::::::::l  : :.          /:/ / 〉/    〉.V : ::..     /::://:::    |
 l::::\         /   l/    .::::::; .:     |::::::::l  :ハ::..       /:〈 /.〈/    / ヽ :. ::::::::::::::::::::::::://::::   /l
 | ヘ:ヘ          //   〈ー- .:::::::::/ .::    〈:::::::::l  : ヽ::::.  _ ..:::::::/|::レ  l::::::::::::::::ハ ::l ::.. :::::::::::::::::::://:::::  /  |
_]  :  ヽ、     /:/| /  ::::::::::::::::::::/ .::::  :  〉::::::l    ヽ::::::::::::::::::/ /:::    |:::::::::/.〈ヘ : l::::::::.._  ..::::::::/  /  l
.l  :        ::::/ .:::/   |::::::::::::/.::::::/   :  |::::::::::l  l.        ./::::    |ー ´..::::/ /  ∨::::::::::::::::::::::::/ ./   |
   :     ー-    /::;    lニニ´<:::::/   :.  ;:::::::::l  l:丶        /::::::l    l:::::::::::::::〉 {  〈::::::::::::::::::::::::::/    |
   ;::..        .::::::;    |:::::::::::::::::/    ::.  |::::::::l :  ::::::::丶    /:::::::::    |:::::::::::/::ヘl   ' ;:::::::::::::::::/        ;
   :::::::.       .::::::::     ::::::::::::::::/    ::.  {::::::::l :l  ::::::::::::ヽ、_/::::::::::/    !:::::/.|::::〈    ` 、:::::::/       〈
   .i:::::::::..    .::::::::::/     l::::::::::::/     ::.  |::::::::l ::|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::;l     iノ.  l:::::::|      `¨´      .:   l
   :::::::::::::::.-::::::::::::::/     |ー- ´     :::  !::::::::l ::L  :::::::::::::::::::::::::::::::/  :.   l   |:::::/ :.            .::   |
930 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:35:08 ID:WVadVZ.Q0

 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |    彼らは支配者の言語ウイグル語を習得し、
 ,′                         辷ン   ∧    ウイグル語マニ教典を参考にウイグル語仏典を作って、
/ .\                        /  ',   ウイグル人たちに積極的に改宗を働きかけた。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i


    : .:゚¨
   ロ:¨。゚ロ-:¨
    ロ.ロ:¨
     l.  「 l   南無南無!
     ∨-∨
    /ヽ / \
   /   ソノ `ミ
   l  /´    ヘ
   } k´     〈
   l l ヘ      |                   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_
   l レ :.   //l                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ! ト、:. /  .|                   ̄7:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
   i トヽ     l                   厶:::::::::::::::::::/|::::::::/::::::::::::::: /|:::::::::::::ト、|
  . | :.  :.     |                   /:::::::::::::::::/二、V|:::::/::/|∠二|:::::::::::::|
   l   :.  :.    |       マニマ・・・  .    /:::::::::::::::::Vl:::::lヽ |::/|/ ィl:::::lV::::::::::/
  .|.  :.  :.    l                 厶 イ::::::::/  ̄ ̄`|/ / ´ ̄ /:::::::::/
  /.    :.  :.    .i       ナムナム!    /|::::::::        ′   /:::::::::::| ̄ ヽ
/           \               /  |:::::::|ハ          厶イ:::/ ̄ ̄ |
`<          彡´             ∠_  V!:: ||::ハ     ` ´    /:::/    /
    ̄ ` ¨ ´ ̄                 |  |   |::::/|:::::\   ― --   /::/     /
                           ∧  \ V |/  \ __ / |/    ∧_
932 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:36:25 ID:WVadVZ.Q0

            ///////////////////////////////////∠___
             /;//////////////////∧、//////////////////////
           //////////////////;;|、//;∧:\/////////////////く
         ////////////////////|:∨/;;∧::::∨////////////////;\
       //////////;∧///;∧///;;|::::\/;∧::::∨/////////////////;;\
       ///////////;|::∨//|::∨//;|::::::::::\∧='∨///////////////<´
       l///////////l:::::∨/|::::∨/;;|:::::/´.:\l::__∨////////////////;\
.        l///////////|==:Ⅵト, ∨/| ´.::::::/,イ,_,∨//////////////////>
      ////////////;|__;;::Ⅵ\ ∨;l .:::::/, ' /i|i||ilハ∨////////////////<
.      /////////////;|,__ ヾV;;:::`, Vl::...´イ、__乂i|i|iliソ∨//////////|//////\  ナムナム!
     ///イ////////∧;|ili|i|lハ ,>.:::::::::‘:::;:::::::::::::::::: ̄::::::∨//////////ト,///////\
   ////////////;|、,Ⅵi|i|iソ '´:/l::::::::::l `  ̄ ̄ ̄  |;//////////;|. l/∧ ̄ ̄`
  // ///////////;|:::`:: ̄::::::/ /:, ' ̄´          .|;/l/////////| |;/∧
. /'′////イ///////;l  ´一'' ´   ′,、  ,ヘ       |/l |////////;| l//∧
   //// l///////;;|         ′              {/ |////////厂 ̄ ̄ ̄`\
   //;/   |///////;;|          .:::...::::::::::...       /////////l           \
  /// ./|///////;;|        ...::   __        /////////
  //' /.┐|////////|           / ̄_ニ=‐`一   /////////l
 /./  ‘, |///////;∧      、ノ彡 ´__ -     ///|//////l
  ‘,   ∨/|//////l∧          '´:::::'      //  |;/////l
   \   ∨|//∧//、_∧               /′ .|/////


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ   結果、この地で根強い伝統を持つ仏教は外来の支配者ウイグル人の間でも広がっていき、
       __      //   =   =l   10世紀後半になるとマニ教は国教の座から滑り落ちた。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ



            rf´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、
          (`Y´`斗´ ̄ =-、 、
          (__i ´  〃、    ヽ 〉
           彡/  _ ノ/  ` ヽ ヽ'
          从,´r‐ミ  r‐ミ ',  i
          r=-`代_ノ  弋_ノ {  i   牟羽可汗さんから数えて二世紀ぐらい、
          ゝ-({ { 丶   } } {=-v   短い天下だったわ・・・
          {` ヽ{ _rっ_ } }ノ、_}
            `-ァ厂`|__/ 厂 ヾー┐
          r≦-Y-{、/ノ   |'ー ′
          ゞ'  {ハ ̄ _ ..ィ´ |`ヽ
          /  { ゝ' ̄ | ヽ  ヽ
            〈`ヽ ___.!  トイ
          | |   }ニニ≧x、ノ
            乂人_ノ  ̄ ̄ ̄
933 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:37:32 ID:WVadVZ.Q0

                    〕≡======≡〔
                   l"l l           l l"l
                 、__,.ノ.ィ l          l ト !.,__,.
               ヾ;;≦;;_''介             介''_;;≧彡
                    \¨''〒〒〒〒〒iii〒〒〒〒〒''¨/
                  `"¨ ≫≡≡≡≡≡≡≡≪.¨"´            _,,.., -=
              ミ=孑"´                   `"マ=ス,─────‐┴‐ッ ∠
- Ω.,, ______マミ丈二ニ≡=======≡ニ二孑チ才______,∠Ω===
n'´ ;;;`nrrrrt‐ェ‐ェ‐ェ‐ェ‐ァ、|干|,r;;TiTiiiiTTiTiiiliiiTTTiiiiTiT;;;y,|干レャ|;T|;T|;T|;T|;T|rrn'´ ;;;`n
|ii|ニ!ニ|ii|ililili|mlmlmlmlm}ニ{区}・{-l+liiiiiil;;|+liiiiliiiil;;l;;liiiiii|+|-}・{区}ニ{区区区区区|ililili|ニ!ニ|ii|
'ゞ、,;;;;ツ^"¨~~ ̄ ̄ ̄ ̄=],,[==Д======!=======!=====.Д.==];;[= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~"ゞ、,;;;;ツ''
  |;;;;;|       /|/∠イ'       /       \       ''''''''             |;;;;;|
,r‐;;;;;;;ー、   ハ/    ∠    /             \                 ,r‐;;;;;;;ー、
=====  /         >/             \             =====
      V          ヽ
      l   |ニV| |Vニハ   ',
      |   |l_lヽヽ| ll_l_ハ   |  ナムナム!
      |   \   ,    |  |
      Ⅵ  ト、| _    ハ |V
      ⊥ イ ´  ` /  |__/||
      |   |\__ イリノ     /
      |   |V     |     }   /
      |   |      `‐‐‐、/  /
    __ハ  |―:、 / ̄ ̄ |. /⌒ヽ.
  /    \ ヽ.        / /     ',
 /       | |     / /      l
./   /       ヽ.    / /   |     |
|   |      |   |   / /      |     |



        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    ウイグル貴族たちは仏教僧の勧めに従って
       八    、_,_,     八   仏教寺院を建てるばかりか、
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
934 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:38:23 ID:WVadVZ.Q0

       (⌒ヽ
    ,ハ--ハν^ソ
 c-<(CωC)\   10世紀末~11世紀初頭には
 '-υ'´l _ /tlV'ぅ  主要なマニ教寺院を破壊しはじめた。
     tl´`tl  ゛'´



 :||:: \おい、隠れても無駄だ ゴルァ!     ドッカン  ゴガギーン
 :|| ::   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄_m ドッカン     ☆
 :||::   ___     ======) ))_____ /        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :||  |     |      | ̄.ミ∧_∧ | | ────┐||::    ∧_∧ < おらっ! 出て行けマニ教徒!
 :||  |___|      |_..(   ) | | .___ │||::   (・Д・ )  \____________
 :||  |___|      |_「 ⌒ ̄  ,|.. |.    .|.|||::  / 「    \ ::.
 :||  |___|      |_|    ,/  ̄ .  ̄ ̄ ̄ │||::  | |    /\\
 :||:   ̄ ̄ ̄         ̄|    .| :||│     ;,   │||; へ//|  |  |. |
 :||::   :;  ; ,,         :|    :.| ||│       (\/,.へ \|  | ::( .)
 :||::   :;  冫、. .      |   .i  .|:||◎ニニニニ\/  \    |    ̄
 :||.:,,'';      ` ..  . ::  . |  ∧. |:||│::::/    │||::.:.   .Y ./ ..:: ;;
 :||:;;;:    ;;.. ::::: 冫、 : .:: .|  | | |.||│ 冫、 ;;;,,│||:;;;.   | .|  ........
 :||:;;;:  .....   .. `     / /  / /::||│ `  .,;;;,,.│||:;;;.   | .|  ...:L
 :||;::: #   ..:        ./ / ./ ./ ||│|三三三|. │||;;:..::   | .| . #.. :: ;;
 :||;:::     #. ..:  :::::: (_) .(_).ミ||│        │||;;;k、,,,|,(_).. ,,, :::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::; 三三;;;;;三三:::;;;;;;; :::::;;;;;::;;;;;;;;;;::::;;  :::::;;;;;:::::;;;;;;;;;;::::;;  :::::;;;;;:::;;;;;;;;;;::::;;;;;:::::::;;;;;;三

            _  -‐…ー- ._ ’・
       ,’ .__´         ` . ’
     ,’..'´        ヽ〃    \ ’,
    ・ /         /       ヽ.   :.
    ; /  j       /          ゙.  ハ ・
    /  |    /     /ヽ.      ,  ,ハ ’,
   j;              /  ゙. i     !  r=、
  ノ'    i   :i    /    } :|        ∥∥ ;
 .; {    !_,..斗'' i ,'{ ゞー-トA、_   i }Y_ノ=、 ;
  ・ { i   ト、 { /∨ i    リ ヽ i  ; :}(::::う 〃
  ‘,. !\. { \/`     "    リ / ハじ㍉"    ゾロアスター教徒やセミ・クリスチャンや
    \ゝ ト.c≧=ミ、    ,z≦≠=つ / ノ=″    ムスリムはともかく、仏教徒はこんなことしないって信じてたのに・・・!
   Г¨~}ノ.゚ヽヽヽ      ヽヽヽυイ彡三ニー、 ‘,
 ; ノ__   圦      '         ゚。イ《     《`,
  r-イ二ト、,}>  _  ⊂ つ  . イ ∥辷>-‐二、i :
  辷,_  `ト、} ,;≦三≧=‐=≦三三≧ ヾ< ̄  { |! ;
   |:  `}ヾノ ヾ三三三i代三三三ツ  .∟-=ニ~ i{
  ノ  // у ii゙ミ三彡゙ハ《三三リ! У  /(__,ヽ. ’
 / _/   ,′ !i  /;/  }!゙l   ∥ /    ゙ー…"   ',
.(        ′  └‐/;/―‐}i」―″/             人


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ   おめでとう。
       __      //   =   =l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ   世界三大宗教フルコンプだね。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
935 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:39:55 ID:mr2wgnQg0
>>世界三大宗教フルコンプ

これだけでもすごい宗教だわ、マニさんw
936 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:40:34 ID:CXlVeLNs0
ユダヤさんすら成しえなかった快挙だなw>三大宗教全部に嫌われる
940 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:42:52 ID:lUiratyg0
>>世界三大宗教に嫌われる
確かに凄いな。サタンだってそこまで嫌われてないはず。
937 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:40:43 ID:WVadVZ.Q0

/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : /   ところでマニ、
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄     メソポタミアの本部が滅んだのはいつだったっけ?
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、



               -
            ´           `  、
.       /         , ‐        \
     /         /         \
    / /  /  /  / ハ  l        ',
.   / イ  /   l   ィ /  i   l  ヽ  ヽ  / }
   i / i  i  、/l /l /   i  ト   , |、  | /lノフ
.  | l i  i  l`l\l/    \|,×、 | l 川 |l l} }ノ
   V ',   `  l V '`~    ~´  V |  人ノ{
      ',  \|  ○      ○   |  // ) }   それは10世紀・・・
    f `\  ',               i / lノ Y 
    | ミ \ ',   ____   /ノ/   l   あっ。
    匕 ミ   `l`  |      |  ´ノ  彡 丿
    r -> 、  > ` _   _ ィ イ _ _ ≦-、
    l ` ミ ニ二.`´ fー- 二 -‐'l ` >ー ´  |
    辷ミ   _ ,r‐'―==、ー||- ‐,>-'―-、彡ノ
.    _ / ̄  |      , Y Y        l <、ー、
    ((/    \   ̄  ト ィ ` ̄    ノ   V
     /   y   |    イ  | l\   | 丶.   ' ,
   /     /   l_ , <//  l l  \ ノ  ヽ   ' ,
   | 、  〈       ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄     〉、_  〉
   | ` ー \     l_l    l_l      /    /
941 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:43:09 ID:WVadVZ.Q0

              E@ヨ
               ノ
              (
       x=ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ=x
    ィ三三三三三三>ニ==≦x三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三/´         .`゙<三三三三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙/    #       >ニ==三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙               /      `゙<三三三三三三三三
三三三三三三{             /′          ⌒ヾ三三三三三三
゙゙三三三三三∧            /                ゙マ三三三三三
三三三三三三∧          /                  ゙≦三三三三
'゙三三三三三三∧、       /             ⌒ヽ     `゙ゞ=三三
  三三三三三三z>ニ=圦                 Vx、       }三
   ゙三三三三三三三三三ゞx \              }三≧x     ノ三
          三三三三三三ニヾx \               {三三≧三三三三
            三三三三三ヾx_ ヽ          V三三三三三三
               三三三三三≧ノノ≧x=ニ三{    ー-=三三三三
                  三三三三三三三三>x      x}三三三
                    三三三三三三三三三三三三三三三


                                         ,.       、
そう、最後のマニ教安住の地は                      i  >ー  < /
アッバース朝から逃れて1世紀そこらで消え去っちゃったんだ。    Y o   o  Y、
                                         ./i  、,._,    i \ィ=x
                                        / ヽ、     ノヘ  \ }}
                                       ,〆、 / /    \ ', __シ

                 ___
             ´            ` ミ
         /                マ
.          /        〃  ∧      ',_
        .′       /i}  /  '_      (())
         |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))    そんな・・・
         │   i/   レ′      ヽ!   (())
        从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、   そんなことって・・・
      , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉
     iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ
     __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
    ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
    ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
      \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
      Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄
943 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:44:39 ID:WVadVZ.Q0

                   ____
                 , ' "´       ̄`丶、
                / ,..‐ ' "¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                 l/    _, .-‐……─‐- 、 |
             /  , ‐' ´           \ |、
              / /;';'     _       _  | | 〉
           /| /ニヾ   '"_ ̄_`   ´_ ̄_`' l 「
          ∠.| /! ノノ  、 _, ,、}  { ,. ,、_ , !|
           // (_<   '´ `二´、 | `,二´ ` l|
           // V        ,   L、     l|
            //  ト-彳      /{ _, j _ )、    ∧
         //  /厂l|      ,ィッハ州ハッ,、   ,仆ハ
       <∠, -((ノイノ八  _, ィ州七ニ,"プベ、_从しリト 、
      ,..‐' ´   じ八ツ ヾト、 ,从   州lト、 从 //`ー小  `丶、
     /     〈      ヾ从州从、  , ィ州メソ   |      丶、
  /       / ヽ  ヽ    ヾ从州州州州抄′   ′、      \
        /   \  \    ヾ州州州抄′   /   \       \
         /       \  \   Y州ハ州Y     /     `、   、
         ,′       \   \/ lリリl lリリ    /        l  |
       l           > '´   州! 州! /          |   |


                                         r - -  、
                                     /          \
                                    /             ヽ
                                    {          __  .ヽ
                                  ,.ィ、 l        .r´    マ ハ
そして13世紀になるとモンゴル軍がやって来て     / | |  l        l      V
ウイグル王国自体が併合され、             o´ ̄ ヽ≧_      .l      .リ
                              r/{ _  o  r<7      }
                          _r、rゝ'_>~    } .「´ \    ,'
                          `ー---‐ '  `T 'イ ト、  `}> /
                                   {Vゝト‐K ヽ_ノ ノ
                                   ハ| |   ヽ、{´
                                   'イ_八 ゚ 、゚ r'
                                       ヽ'  ̄
947 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:45:55 ID:WVadVZ.Q0

"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',



   ハ-ハ
  /リ iヽ)   マニ教寺院と写本・ミニアチュール群は砂に埋もれ、
εllノ0 |ヽ/'っ  誰に知られることもなく20世紀初頭に発掘されるまで眠りについた。
(^ヽ>__) '-´
 ソ

      ハ        ハ
 /  / |     ヽ | |
 | {/  Jiト、 \   | /|
 | | ゝー十弋ニ |    ト、|
从(     __ ヽハ  }ノ
  ヽ   彡ァ=ミzx | ,/^} /
   u.   {三}_ヾjイ⌒|/   あっ・・・ ああ・・・
  }     :{ r~i( ノーノ
  l.     i j  Jr≦/^ 、  うあああっ・・・・
r===== ォ ;し ij //    \
 ー ‐1j } } /7     /}
≧ュ __  j イ ,/     /彡{/{
二.| } f/二二く   / ̄ /  、
  i| ゚/ /   /\_/ _/      \
  i| ./ /    h   /      /
二i|/ //ニ ニ 」、_/   xr== ≦__
_匸]_r=≦´  ∨ ヽ、_/_ 二ニ=ァ  )
  | | |        ∨,|       /  /
  | | |           Ⅵ  }    ,/  /
 [  ̄]   ニ= <  |i|  ,     {  ∧
  | | |        ヽi| ,/     、  {'∧
  | | |         マ      \l' ∧
951 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:49:30 ID:WVadVZ.Q0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l     まあ現世は無価値、人類は死滅すべき存在だとして
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ     現世から光の世界への脱出を説いた宗教の末路としては
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  妥当なところじゃないかな。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ



        _r--ヾー、ヽ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ゝー-、 { ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       / r 、 Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j 、
      ,イ  l   〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ
     / ハ l  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ハ
     イ  ハ ', l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::: イ `ヽ
      〉_,,ゝ ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;>'´   lヽ      ハ
     イ ,ィ´ ̄アヽ、::::::::::::::::::::::::::_:; -´ /    ', \      ',
     レヽ `ー'-ニフ7ー‐ r7´ ̄/   /    ,イ /         !
      1 `ーr イイ ,   /   /   /   , ィ Y j /        i
       V j ゝーj {   l   ,'l  !/  , ィ ト i l/イ   _  lヘ  l|
       Y   ,' ハ   i  ,'-|  l , イl !,-l_l,/ヘ l-ヽ/ }  ! ', j
       {ィ ,イ ! ,'  ',  ! /::::i  /::7ハ/::l:::::/!::::::'!:::::l〉 !   ト ' |   ううっ・・
        j ハ | j   ヽ ∨::::::', イ:::{ { l:::::/::::::::::::::::::::`ヾ   レ、 !
        ソ´ { !ハ   イl\ヽ:::::::リハ:::::i Yo::::{:::::::::::::::::::::::::/  j ノノ   うっうっ・・・
          ゝ|ハ  {ハ |:`ー’:::::::::::|ヽ! l:::::::::::::::::::::::::::/  /≦ー、
        _ -ァヾー'7ヽTヽ!:::::::::::::::::::j__l:::::::::::::::::::::::::/l  /   ヽヽ
       ,イ- 7   ̄ _ゝハ-=::::::::::::/。-ゝ:::::::::::::::::::::j |. /     \
      /   /  , /´   /::::::::::::::::::/o  (_Y::::::::::::::::::lイ/ー- 、     ヽ
     (!   {  / (  ,ィ7´ ̄ ̄` ヽ' l| oiイl:::>‐  ̄ ヽ=‐ーヽ`\   ハ
      ` _ゝイ≧>'-'ー=- =、/ ヾ j/ l´ , イ `ヽ {、     Y__)、  ノ
      /´, ィ´ /       `   \ー、∨彡´      \     V )__j|
       {,イ   ,'  rィ         / ノ_j=/         ヽ    }`丶ノ}
      /  , , |  /          イ7_j,/            l    |  ヾ'
      { / ( j /           j /7 {             !   |ヽ   \
    , -ゝ´ ̄ ノ_j/         / / /。ハ            l    ト、',    l
  ,イ  _  /          / / {jイ O ヘ           |    、!ミ }   |
   , ィ´ ,イ7          / /  jニl  l ', /         !    〉 ヾー'ヽj
  /   { /          イ  !{ | o ! l |         l ̄o rヘ  ヽ
952 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:49:55 ID:lUiratyg0
6世紀以上続いたんだからそれなりのポテンシャルはあったんだと思うが……。
953 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:51:30 ID:6a2dQLJE0
存在そのものが光の彼方へ・・・
954 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:52:07 ID:PUGkcU8w0
むしろこんな宗教が百年単位で生き残ったことの方が凄いと思うけど。
955 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:52:12 ID:WVadVZ.Q0


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃          マーニー・ハイイェー伝           .┃
          ┃                                  ┃
          ┃ ~マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです~ .....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                            ,illiiiiiiii、
                       ,,y      ,lllllll!゙゜     ,,,ii,、
                      ,,iill!llllllllllllllllllllll!!!!!!!lllllllllllllllllllllilllllllli,、
                  ,,,,iilllll!              ,,illll!!!!!!l′
                 .illlllllll!゙゜            ,,,iiillii,,,ll!゙゙°
                 .゙゙゙゙゙~ illllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!!l!
                                   、
                                    ,,,iiillli,,、
               lllllllllllllllllllllllliiiiiiillllllllllliiiiiiilllllllllllllll!!!!!!!!!!l'
                        ,lllllllll゜  ,illlllll゙
                       ,illllll!° ,lllllll!′     ,,、
                      ,,illllll!° .,llllllll゜     .,,il゙
                  .,,,illllll!゙’  .,illlllll゙     .,,illl゙
                ,,,iilllll!!゙’   .,llllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,iilllllli,
            : _,,,,,iiill!!!゙゙°     lllllllllllllllllllllllllllll!!!!゙゙
            lll゙゙゙゙”            ̄ ̄
956 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:52:53 ID:qmBIl85k0
オワタwww


オワタ・・・
963 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:56:33 ID:WVadVZ.Q0


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃          マーニー・ハイイェー伝           .┃
          ┃                                  ┃
          ┃ ~マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです~ .....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                            ,illiiiiiiii、
                       ,,y      ,lllllll!゙゜     ,,,ii,、                  /^l  r i __ __
                  、,....  ,,iill!llllllllllllllllllllll!!!!!!!lllllllllllllllllllllilllllll ,                 / /   ! i | |.| |
                  ヽ....,,,,iilllll!              ,,i_,.='/..l′               / /   | .| |_|.|_|
          ___       `=、,゙llll!゙゜.... !.  ,.    ,,,ii゙_,.=-≠                  / ./   | .|
           `=、ヽ._     ヽ._.゙゙、ィ'l_t|.みソ.、゙lll゙!゙l゙_rィ´/l!                   / /    .| |
               `\.,、__ `ヽ=、キ=サf=イヾ`=ィy/_.   、            _. __ _  //       J
                   `ヽ.f´ソモtifr'=、メキッサメf-'.... ,,,iiillli,,.゙__─           "
               lllllll゙___jiキモイ    }チif井♯[二 ̄   ̄                 r-- ―-、
                  _,. -='ニサヤハ.___ /ィf´<`'..-、                      ~.= フ /
            ,.=-─'  ̄丁´≠攵辷ケモケモナ匕冫   \゙,,、                   ,' /ー"
            '     ,.ィ´メ´ヘ/メ/幵f|^´ヽ!、/\    \                   レ
              ,.r' '´ / . ,,,illllll!゙’.゙7..゙,illlllll゙.   `ヽ._ll゙.... \             (二ニ
            ,.-'≠  ,. /,. - ll!!゙’ . /.....,llllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,iillllll゙`\  ヽ             __,,、 -‐ ニ
          /   ,: _,,,ィ^゙l!!!゙゙°..../...... lllllllllllllllllllllllllllll!!!!゙゙.  \           (二~ -― ''"
             /  / /     l.        ̄ ̄         ヽ
           /
964 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 22:56:46 ID:Nu1R7JuM0
お?
966 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:58:01 ID:WVadVZ.Q0

       //      `ー| /    .!  /_/  / 二/ー/---/-_/ //      |
     //        //, |.||    |  T´ア /三>=、-|  /  ! /| ヽ     | ,      .!
     --/    /    ''-/ i |,|   //|  と |Vi--,;::リ  |  /  | | |   ヽ   | /|  |    |
     /    /rァ   ,  | i ! |   | | | |  !ー`-<'っ   | ./   .|.! |   、 \ | / | |    |
     /  .///  イ /iヽヽ }、  | | l |          V    ! |  -ゝヽ  X| | /    /
   /  / ´ / // ///ノヽ `ヽ  |{ V       ,'        | l   ,r\ / ヽV|   /    /
   | /    // ,.i/_     ヽ ∧ |         ,'     i     ⊂{/ r//>ヽ、/,.ヘ  ,/    /
   レ'    '´  / `ヽ、ヽ、- '´ | ヾ                     \-=ソァ ヾ<  >i    /
         /    `ヽ\  ヽ        , - 、              ヾ'´_ _∧V./    /
        /        ヽヽ  ヽ ;       v`ヽ ` ヽ            じ/ / /   /   /;;
        \>、 \       \/\      ,_`ヽ 、   \          ' ´ /  /    /ノ
         `ヽ ヽ、\       ヽ  じ\        ヽ、 ヽ,!          /_,,</    / 「´
     ,/ `ヽ、    / ヽ ヽ   ヽ  ヽ ,-, |ヽ、       ヽ ̄         ―'// /  /i__ノ      ――嫌。
    /    \  | ゝ' ヽヽ   ヽ  | .Y |_ |  \                  /_/ ,. イ|____
   ノ       ヽヽiヽ__ヽヽ _ | _|ノ/`ヽ`ヽ  ` ―--- __ ___ ,./-r-二-' _二 -------
  /     _    !ヽヘ, -'――'-<;;//,   `i |   , --ニニニ-'--,     , '´, - ' ´
  \\ >'´   ` ー,r'´ ,. - ―===- 、`ヽ、   | | //       /    / /   _      ___
   /      / /―-_、. .\ヽ ヽiヽ ヽ>,|,!//   __ --ァiゝ、_  {  ,-'´, - ―--、 --――--
--、,/       / / 二二_  ヽ_ ヾ  l | ヽ 〈/ `゙ ヽ、, -――'´    / > ' ´       \ ---
_,/       / /,. -'  ̄///////ヾ i |  lヽ ヽ、    \      //            \ ̄
967 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 22:58:57 ID:WVadVZ.Q0

               /´〉,、     | ̄|rヘ
         l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
          二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
         /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
         '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                      `ー-、__,|    `"
                         ________
              ,イ    _,,....‐:':"´:::::::::::::::::::``......
      、__  ___,.--、_i´|  ,.‐'"::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::`ヽ、
      ゝ、二,ィ-- _,..--.、X、::::::::::,: ‐'"´      `ヽ‐‐ .、:::::::ヽ,
      /´   .//"ヽヽ,ヽ/   _ ,           `ヽ、:::;>
     /     .i .{ ::::::/,ィ ./   /        ヽ   ヽ   .ヽ
   ___'_,ィ    ..:::::i,.i,,,,,,l l_/             .∧   .ヽ   .ヽ
    r'´   ..:::/ィ,`‐' /              /: ヽ        ヽ
   i ィ   .:::::i .i' .i {´`.l        /   ィ  /: : : ヽ    i    l
    /    :: ', ',__、ゝ_l       /  .// ./: : : : : : ト, ヽ  l   .|
   .l /|     `‐.7/´j       / ./:./ /:‐:-: 〟⊥;___.l  |   |
    ´/     :::::::i.|.'´.|  i {  ,ム イ"´//: : : : : : : : :|: ヽ .} }   l
   ∠〟-.'.7 ., r.i i、'‐',l  .l | ./:.l /: :./: : : : : : : : :ニナ;,;_:ヽ} .j  ./        嫌よ。絶対に滅びないわよ。
       .| /´. _''__~ '、  .', { {:.l ムチテ、 : : : : : : : '´ |/|/|;iヽ:}/ ./i/ ,, --.、
       '   .| --.ヽ、`i、 '、{:.'´l/|/_i .: : : : : : : : :. l´‐ワ. //l´i//   .ヽ    滅んでたまるもんですか・・・!
          j    `ヾ,i\,'.、;.弋_'リ: : : :_;.---、 : :`:":´ノ"‐|_/     ,.-`、
         ./___     .ヽ__'i''.`、:_:_:/´  '   ` ̄ ̄  .丿´    /--_,'〟、
        ,.ベ、- ,ヽ,    .ヾl       , ‐ 、     , .'´/   / ./´   .ヽ
       ./   `ヽ、ヽ、   i `.ヽ .、 _    ̄   ,. ‐'´  ヽ  i'‐ァ'´    ,∠ノ
       ゞ,ヽ、   .ヽ,‐ヽ,  /    .r‐',`l_‐--‐'',´ |`フi    ヽ-.‐{   ./   ,..〟〟.、
    ,〟〟 、 .``ヽ、  ト-'-'"   __,ゝ,  `ヽ,/,r '´ /-、  ___ ゝ, l'、_,..-_ニ.- 、    ヽ
   /  . ,〟〟ヽ-'  .ノ  .r.‐‐‐.i'"j´  \‐ ,,j_|_|,,, ‐'´  .ヾ:~l,   ヽ .ゝ--‐'´   `ヽ、  .}
  j   /     .`~´  ./   j:::j , .-‐'''` {___},´‐‐-、  .ヾ:',   ヽ          .ヽ /
  .l  /          /    j:::j. イ   /7.ll '、\  `ヽ ヾ:,   .ヽ          }/
  .ヽ, {          ./    .j/ .| ,/ / |lll.|. '、 \ j ヽ、,|   .ヽ
    ヽ         /   /   .`´  ./ .|.||| | '、  `'   `.、    \
            /   /       ./ |.|.|.| | .'、      .ヽ     \
            l     .l       ./  |,,|.|.|,,|  .'、       }    . : j
            ヽ,. . . : ;.|:       !、 |~|.|.|.~‐‐‐‐      .::j 〟、; : ノ
             .ヽ,ゝ‐'ゝ:        ` .|.|.|         .:::j__.├´
970 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 23:00:41 ID:WVadVZ.Q0

        ∨ \   ./
       ∨ /\/
.        ∨ ./    、_ ,,                         、_ ,,
        /   '        ̄                           ̄     どうしてだか命脈を保ち続けたマニ教は、
.       /   ‘                                     宋代になってから資料に復活する。
      /   :
.     /    .l                                         明教という名でね。
     /
.    /       ‘,                  ゝ ^ヽ _ノ




          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  明  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/  (●)  (●)  \  マニマニ~
      ||ト|     /_人_\    .|
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ
971 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 23:02:42 ID:WVadVZ.Q0


                   円   円
                 環        環
               の    , -─-、    の
             お       ,マミ-─-'、     お
            断     ν*(ノノ`ヽ)     断
            り       ξゝ゚ω゚ ノξ     り
                     / 巴 \
            円    ((⊂ )  キノ\つ))   円
            環     ∠/r'⌒ヽ      環
             の      ヽ ヘ }     の
               お    ノノ `J    お
                 断         断
                   り    り



                              __  __. ``   /
                                  ヽ     ヽ   <
                                _ノ    _ノ     \
972 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 23:03:11 ID:WVadVZ.Q0

                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     | 最終話「わたしの、最高の宗教」は11月中公開予定!.....|
                     | 光の世界へ、ティロ・フィナーレ!!             |
                     ゝ____________________   __,ノ
                                                     \|
                                                     __..x------v._
                                                  _..-':~: : : : : : : : : : : >、
                 -一フ                                 /: : : : : : : . . ._,_,--<: : :}_
  ――っ          、    ∠,,     ――一一-、,,_     /        彡ミヾ∠: : : : : : : : :_,/: : : : : : : : :{  `彡_
    /      し  ヽ  __  __)            ~'  /,ヘ      ミ    |.,-ミヽ: :/⌒ヽ: : : : : : :_;,---゙  \. \
.    (   _./            ̄~               /´  丶ノ 彡    |.|  } }//⌒リ: : : /~         }  \
    `¨¨´~                                  ミ   __.i.i、 リソ : : //: :/         丿ヽ  ヽ,
                                          /ミ.   ( ィ.一-i`⌒ト=ニニニヽ     ノ,     / },|ヽ、.  ヽ
                   "'''‐- ,.             \      / _彡 .  丶===ァ>ゥイャ=ニニ彡゙ __//  / -|.ト、 |   |
     ''''''-- ,,,,,,___             "'''‐- ,.      \ / /゙~: :彡ノノ.   //´/|.|`i.|     /¨/'/  /   /  \|   }
             ''''''-- ,,,,,,___         "'''‐- ,.     |/..: : : : : : :.ミ   (_ア゙ { | |.}   /ノ  /ン´         |  |
                     ''''''-- ,,,,,,___      "'''   乂..: : : : : :ミ   i    ヾン | /  zzzzz       zzzzz.| i |
                              ''''''--   __ノ'\.: : :_彡彡ミ〉  r-、   | ノ   仭仞}        仭仞 リメ-,
 _ ___________               / /⌒¨¨丶.: : : ̄/( レ'ノ::\| t |、  リ   廴朷        廴朷 V-,_ `i
.                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   { .{ : . . . : : : : : : :/:::::::::::://゛ ̄\|ヽ  {   ` '"        ` '"  ト, } .}
                                 \|:.:. : . . . : : : : :.{~丶;;;;i i   v-ー-、{、ヽヘ 〃〃   ┌ー┬   〃〃ノ |//
                                   >、:__l¬、_ \:::::;;;i ヽ (⌒⌒)_入ト-\     ∟ノ     _/_x=ニ,゙一、
                                   〈__l_: : ~゙x__   ̄i´゙i゙ ゙'-ミz,,,゙--゙ヽ,,_ニゝ一―--  ッ-ー<¨~l 〈\__)  )
                                      ~¨ーーテー-人,|      ̄厂`i'⌒'゙、_ゝニッ一/ /¨ _/  `¨¨´_( <´
                                             ~ヽ、   _/`ー-ニ=ィニニ介ニフ'´.) ̄    ¨'-=ゞー´
                                                 ̄ ̄ ¨''-___  __,/゙ハ'―ー'"
                                                        ̄
973 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 23:04:03 ID:qmBIl85k0
乙です。

なんかこの時点でだいぶマニ教が奇形化してそうだ。
974 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 23:04:31 ID:mr2wgnQg0
乙マニマニー

次回まで結構あるなー最終話のタイトルに泣きそうになったwww
976 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 23:05:24 ID:O8KheIZk0
乙です

まあ、仏教もキリスト教も原初の状態と今の姿は別物だしな
開祖や初期指導者層が主張した形をある程度残してる大宗教ってイスラムくらいじゃね
977 名無しのやる夫だお 2012/10/06(土) 23:05:51 ID:XANWCveY0
乙マニマニ

なんつー執念深い宗教だwww
8 ◆OkhT76nerU 2012/10/07(日) 00:44:42 ID:8dQ8JbXk0
言い忘れてた。

話を分かりやすくするために牟羽可汗の入信をもって国教化が決まったように書きましたが、
実際は旧守派の抵抗が根強く、牟羽可汗&取り巻きのソグド人たちはクーデターで殺されて
その後しばらくマニ教は弾圧され、名実共に国教となったのは懐信可汗の代(795~805)からです。

かなり読みにくいけど、詳しく知りたい酔狂な人はこれでも読んでください。
ttp://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=jp&type=pdf&id=ART0007464954
36 名無しのやる夫だお 2012/10/08(月) 22:18:39 ID:VGfNqxcU0
どっちにしろ教義に突っ込み所満載ならば、キリスト教やイスラームのように
異教徒や批判者に対してとことん暴力的になれる方が宗教として「強い」んだろうね。
37 名無しのやる夫だお 2012/10/08(月) 22:21:37 ID:bdSnA1R20
>>36
言われてみれば、理不尽な他宗教に「殴り返せない」というのは致命的か。
38 名無しのやる夫だお 2012/10/08(月) 22:41:12 ID:UsPrOgos0
非暴力なら仏教キリスト教でもそうだろうに
マニさんのとこはそこらへん無効化する理屈がなかったんだろうか
42 ◆OkhT76nerU 2012/10/08(月) 23:29:18 ID:jA..996A0
遊牧ウイグル王国の国教時代、マニ教側が仏像を「魔形」と呼んで焼き捨てていたことや、
ベゼクリク千仏洞が仏教寺院→マニ教寺院→仏教寺院と三重に改宗されてきたことを見ると、
結局最終的にモノを言うのは世俗的な力だと思います。


           / ̄ ̄ ̄\
          /:::::: ─   ─\   魔形は消毒だおー
        /:::::::: (●):::::_(●)\
      __|:::::::::::::::  (::_人_)    |                                    巛ミ 彡ミ彡彡彡,,ノ彡彡彡)ミ~''")
     /:::::  \:::::::::::::  ` ⌒´  /                                 ,,从. (ヽノ巛/ヽヽ彡ミ彡彡)ミ彡彡)ミ彡)''"
     |::::  /::::::::::::::         \                              人ノ゙ (((i )    从       彡)ミ彡)ミ彡)'
     |:::: /:::::::::::::::::::::           ヽ                        ,,..、;;:~''"゙゙       .        人ノ゙ゝ\ミ彡,,)
     |:::: |::::: |::::::::::::,,         |  | ____         ,,..、;;:~-:''"゙⌒゙            巛'ヽ  从    ,__ミ彡"
      |圭:|::::: `==={[三]ニニニニニニ[三〔= = = = = 〕 ::::::゙:゙                )   从 彡 )   `彡-'  ),,゙,从.ノ巛ミ
     |::::: \_____彡    / 了E) ̄ ̄ ̄ ̄   ``゙⌒`゙"''~-、:;;,_              )   彡,,ノ彡~''"
    ./|//::|:::::::::::::       |  U                   ゙⌒`゙"''~-、,,     ,,彡⌒''~''"
                                                 "⌒''~"
44 名無しのやる夫だお 2012/10/10(水) 19:13:40 ID:hCnvN2Tw0
マニ教も世俗権力と結びつけば他の宗教の弾圧も普通にやってたってことね。
63 ◆OkhT76nerU 2012/10/14(日) 21:58:35 ID:b83F3/Zs0
このスレのメイン資料、青木健『マニ教』より


「先に述べたように、マーニー教はキリスト教やゾロアスター教、仏教と覇を競いながら信徒を獲得したように見える。
だが、見方を変えれば、キリスト教や仏教が先行していた地域にしか浸透できず、
しかも浸透すればするほど本来の姿を失って相手に同化してしまうという弱点を有していた。
この側面をクローズアップすれば、マーニー教は宿主あってのファージのような宗教に過ぎず、あれだけの地理的拡大も、
しょせんはキリスト教やゾロアスター教、仏教に寄生して達成されたに過ぎないとの評価も可能である。」
65 ◆OkhT76nerU 2012/10/14(日) 22:03:41 ID:b83F3/Zs0
この文の後さらにキツイ評価が続くんですが、それは最終回投下後に。
64 名無しのやる夫だお 2012/10/14(日) 22:01:29 ID:w3nsogd60
芯のない宗教か
新規開拓ではなく顧客横取り宗教家、そりゃ迫害されるわwww
67 名無しのやる夫だお 2012/10/14(日) 22:24:50 ID:qrz6REJg0
最終回でもマニさんはボコられる運命か…まあ後継者に恵まれなかった宗教ともいえる。
68 ◆OkhT76nerU 2012/10/14(日) 22:35:37 ID:b83F3/Zs0
アッダーやアンモーは十分優秀だったのに・・・
他宗教の弾圧など外部的な要因のせいで人材の芽が出にくくなったのか、それともマニ教内部に何らかの欠陥があったのか。

アブー・イーサー・アル・ワッラークはもっと穏当な人間だったら、マニ教のアウグスティヌスになれたかもしれないような気もします。“



マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです イスラーム画家たちにとってのマニ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-3953.html
“713 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:20:38 ID:n0ZVMHTQ0

       (⌒ヽ
    ,ハ--ハν^ソ
 c-<(CωC)\   彼らの君に対するイメージは「画家の祖」だ。
 '-υ'´l _ /tlV'ぅ  伝承によると、天才画家の君は神官団と対立してシャーブフル一世に迫害され、中央アジアに避難した。
     tl´`tl  ゛'´


                           ////  __              /^l  r i /ニヽ
         /^l  r i /ニヽ        __ /  レ  '´ ̄ , ‐´             / /   ! i .| |.| |
          / /   ! i | |.| |    <   `   ヾ  ´ ̄二=           / /   | .| | U |
        / /   | .| | U |    /´〃 〃  ヾ 、 ヾ \           / ./   | .| `ー'
       / ./   | .| `ー'     '´ 7〃 〃 〃   ヾ ヾ_ ヽ         / ./    .| |
        / /    .| |           l 〃    ∧ト lヽ 、 ヽ ` !       / /     | |
     //       J         .| ,-、/レl/  | -ヽ|\   l        //      J
      "                  | | F| | =。=,  r-。=,レ' ヽ|        "
       r-- ―-、             | l T!    ̄   |  ̄ !            r-- ―-、
       ~.= フ /          |.`ー,      ー-'   ,'             ~.= フ /            ___
       ,' /ー"           ./'i /\   ̄ ̄ ̄ ,'               ,' /ー"           ´            ` ミ
       レ              __r'   l/'   \   " , 'ヘ 、            レ           /                マ
               ,, - ''" _|   |     \_/   ! ` 、            .          /        〃  ∧      ',_
   (二ニ      , -'' _ -‐  .|    i       |   |`   \                  .′       /i}  /  '_      (())
    __,,、 -‐ ニ ./`<.      |    '、__/「||_ _.|_     ヽ   (二ニ           |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
 (二~ -― ''" /    \    |  ,-r"r= ( (●)三 _ ニ  =  `',    __,,、 -‐ ニ      │   i/   レ′      ヽ!   (())
        /       '、   |_/ `|-{ {  r-r'  ̄ \|    |    (二~ -― ''"         从、 } 三三   三三tっ 'ヾ /¨ゝ、
  ○    i        ',     f"ー-= | l   __   | /   ',             , ヘ\ノ            _ /    〉
       .|         i     !-‐~ ̄l ノノメ.| ̄    ̄|. レ     ',          iく.   Xヘ     r- 、     ノイ    /,ヘ
 O       |           |    /´ ―= '‐'―く.|       |. |   ○ /          __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ ` 、_(/ ∧
        |         |   /   ―---‐r" |       ! |    /           ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
0       .|  _,, -――- ,,_|  /    ―---r'  ヽ    .ノ !   O.|            ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
       <_|       | /     ,,-ー''    \_ /  ,'-‐'  |              \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
         |     ,, -'"     /            /   0  .|             Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
                                                     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
                                                               r'__ノ ̄
714 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:22:07 ID:n0ZVMHTQ0

そこで門弟を集めて中国寺院に壁画を描き


            }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
          ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
          \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
    ({     \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/     })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       | マニマニ  |     |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ


  _ _   ___            _ _   ___              _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\         / ) ) )/ \  /\          / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \        {   ⊂)(●)  (●) \         {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \      |   / ///(__人__)/// \           |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |      !   !    `Y⌒y'´    |        !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/       |   l      ゙ー ′  ,/        |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ        |   ヽ   ー‐    ィ          |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |         |          /  |          |          /  |
 |         〆ヽ/         |         〆ヽ/          |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ          |         ヾ_ノ           |         ヾ_ノ
715 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:23:56 ID:n0ZVMHTQ0

ある時洞窟に籠もった。


                                         ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,
                                      .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
                                        .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
                                      、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
                ,  -───- 、             ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |
               /: : : : : : : : : : : : : .\             .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´
          ト、   /: : ,.   -──- 、: : : : \            |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
         ゝ V( ))/         `ヽ: : : : \          ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ
      / 〃 Y^y'´           )  `ヽ: : : :〉          \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
      フ {{ / /    /      人    \/            ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|
     イ   ヽノノ    /   / //  ヽ     ヽ              _,.       _,.          _,.         _,.
     /  / 〃 /    /  / /     ヽ\     !         、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.         、、,,.,,.、、、,,.,,.、.
      |/   〃 {   >‐メ、    -‐ < リ ヽ  !               _,.       _,.               _,.
     ヽ     Vハ  /  ィ.:.:下      不::.ヽ }  ハ|     私はこれから天国に行くわ。
      )   /Vヽ \ ヒ.::::ソ     ヒ.::::ソ ノ イ
     ノ | /   ( \| ,,,,,,..    '   ..,,, /イノノ ‐‐┐  一年したら戻るから、それまで待っててね。
       |/     ) ヘ     _        r イ __    }
         /´  ̄ `ヽ >      `   . イ,. '´    〈
         (       \  > = < ノノ    ,.   ノ
         ヽ``ヽ     )VTT´  ̄ ̄`L ,.  '´ -=<  __
       r── ミミヽ ,. ィ イ77´  ̄`7 //´ ̄`ヽ´ ̄ ̄`ヽノ
       }      ノ   レイ ハ ´ ̄`   l l     '.    (
       r─‐ν´  //// |       l V    }ミヽ __ ノ
         /   .く ///レ'       `Y´     `ヽ\
         /'、 - -zi;{ =- 、 _        ;        Y )
         \人   い     `´    ノ        .ノ´
           ヽ ヽ、_, ィゝ、         く. `T´二二 Y´
           `Y {::j}j `...‐--‐‐´7:::::::::7ハ    |
            「|:::i l .:::::::::::::::::://::::::: // 「 ̄ ̄ |
              /´|:::i l ::::::::::::::::://:::::::://  {    |
            /  ノ://:::::::::::::::::{ {::::::::〈〈  i     |
          /  /:://::::::::::::::::::::| i:::::::::::ヽ\|    |
716 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:25:08 ID:n0ZVMHTQ0

┏━━━━┓
┃一年後  ┃
┗━━━━┛


 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ /三 .!   .l゙三三i,l三三三三三三三三三三三三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./     ″           .!}     二二二二二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
    .`    .'- .゛`                    ,,_                 ´゛     `^──   .,.. " '‐i
    .,,ノ゙''                 ......,, ''ー .             ..,,,,,..-― .     .´          ....,,
  .'"゛    .-――__           `''ー         __,            -丶            `'''" ̄
717 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:26:01 ID:n0ZVMHTQ0

        _____
      / ノ' ^ヽ_\
   ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
   / o'゚~(___人___)~o°\゜  マニさ~~ん!
    |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |
   \     ` ⌒ ´     /   会いたかったお~!
     /`         ´\
    /       ``"´       ヽ
   .|   Y            Y   |
   .|  |          |  |


                  .  -‐──- ..
        , -─ 、 ,.:.:.:´.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ
       / /    `ヽ   ´ ̄ ̄ `丶、::::::::::::〉
      / /. :/( ̄`y′          \:::/
      / /. :/ /  >/ /  /         ヽ
      / /. :/ / / / /  /   / ハ   }  ハ
      | :/ : :./`V    / ノ / / リム_ハ_ i ハ
      |:ハ .:.:.|  |   ハ ムノ/ l /  / 」 ,ハ:.:}: :ハ
         \|\|∧ V:.:| rテ心   /V。不V 〃  }  心配かけちゃったみたいね。
               ⅥV|弋 :ツ   弋.:ツノ ノ ノ
                 >い 、、、  '  、、、 Kく > -‐ュ
             厂 ̄`ヽ 八    _ _.    ノ V´    ノ
          >=ミミヽヽ〉 >  _  イ  /   彡´__
          厂 ̄`ヽ> ‐'  l>= v'´   }  `ー<> ´ ̄ユ
         〈_‐-ミミヽ>イ:://::ィ´`ヽ\ ⌒ヽ::「`ヽ  >彡´
          ̄`フ´  l:::| ハ::::ィ´`ヽ::}  / ::|   V 、 >‐、
          _, イ ′   |: レV:::::`Y´:::::|  ト、::|   ヽ、   )ノ
           / \  レ く:::::::::::|:::::::::|ヽノ V / ,′ 〉
           /    V   \/\_ノノ   V /  ノ
           〈    八     ̄く_/     V / /
          /\_/    . : : :八: : . : .    V  '.
          /   /   . : : /につ‐ 、: : .    ヽ_ ヘ
          /   /   . :イー‐ ⌒ ー‐\: : .     l
          〈    . : : /{ {:::::::::」」L::::::l }:\: : .   ノ


     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \  あれ、その本はなんだお?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/
718 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:27:13 ID:n0ZVMHTQ0

::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'     ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   ,..../´〉,、     | ̄|rヘ ::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)...,...':::::; '      ,...::
   ',二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/゙':::; '     ,....::'::::::::; '
',  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉 :::::::::::::::::::::;
:::'.,゙'´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '.....`ー-、__,|    `".゙' '
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......', '
     ' ,                     ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::::::'::;:::' , '
               ______           ,....':::::::::::::::::;::::; ' '
     r-‐=ニ二三三三三三三三三{       ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,
     |       zキz      ̄ ̄ ̄|
     |         zキz           |            ,. -  ̄ ̄` ゛ ヽ、
     |         Ergenk      |          /          \
     |          zキz   _レjf´}!  |         /         }       ヽ
     |        zキ_レjf´}!      |        /   |       ハト、 |    ’
     |      _レjf´}! __     |       /   l   //  i|,.斗─  | :| これは『アーゲンク』!
     |    _レjf´}ハ  〈 (・) 〉     |       {   /|__ ./    .リ リ\| :| :|
     |_ }レjf´}!   弌___´ ̄`      |       丶  {´\|       _,  } ハ/  天国から持ち帰った画集よ!
     |フ{´        弌__       xく|         イ ィ=ミ    ィ=ミ ムイノ
     |             弌__  xく   |     _ /|           /〉//У ̄ ̄`ヽ
     |           弌xく    |    /   `ヽi^ixx  、__,   xxrvィY´  rニニイ}
     |_________xく       |    辷> 、 〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /} {  / 、 x‐=ミ
                  ̄ ̄ ̄ ̄   x‐=ミ ノ/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}\{_У     }
                        {__  \|  /   / l ./|   | /  |  ヽ∠ニニソ
                        ゝ─‐ヽ | /   ∧ |/ .l  |./   |.  \ __
719 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:28:46 ID:n0ZVMHTQ0

その後さらに門弟を増やしてペルシアに帰還し、
オフルマズド・アルダフシールに寵愛されて宮殿まで建ててもらうけど


                      |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ_´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
  ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー -、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_               ___,,, ,,,, ,,,,,_
                                   ,r ´    ;   \
                                 ./   /    /`ヽ  ヽ
                                 /  .// l/  从  γ、
                                '´|  l ii     ii | l弋ノ
                                 ヽ乂 ||      || リ´)
                                 l二入____ワ___.,ィ7´彡
                                 辷彡┘ /{:::u::::} ヽ ゙辷ヨ
                                 乂   /  介    }  乂
720 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:30:47 ID:n0ZVMHTQ0

ヴァフラームからは疎まれ、ゾロアスター教神官との討論の末生きたまま皮を剥がれた。
弟子たちはインドや中国に逃亡し、留まった者は奴隷にされたという。


                 ト、入__斗ト、__厶ノ
                   厂| } .||dlb||.{厂!
                 i  { / }}dlb{{ i  |
                      | /\/}dlb{i人 ノ
                  / ./  i`¨¨´ ヽ \
               く廴厶__ }  {   ヽ .>
                 ̄∨¨>/ 弋¨¨iムノ
                   i__T≠T_ i¨´
                  | | ||   | | ||                ___
                  | | l|   | | ||                ´二ゝ、\-‐:::--..,┛┗ -‐-、
                    { | l|   { | ||              /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ┓┏::::::::::::ヽ
                    | | l|    !| ||             /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
                  {:∨::i   }∨:|             i/:::{{::::/__i/  ∨__:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
                       |:::::/    |::::::}             レ'VllV ● ::::::: ● 从:::イ \::::::::::::|
                      |::::|    |::::/               ヽ从⊃、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
                     }:::{    .}:::{            (⌒ヽ__ |::ヘ  ⌒   (⌒ヽ__   |:::::::::|
                  |√i    |√i            ``y:::トヘ|._>. __...,..ィ``y:::::|ヽ  |::::::::|
                  }  |    }  |             /::::/ / ┬ヽ只/ ∠/:::::/ 丶 |:::::::l
                  \ノ    \ノ             `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j`ヽ<  ノ |:::::::|

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)
721 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:32:19 ID:n0ZVMHTQ0

              _
         ,   ´        `
        /     _         ヽ
      /         `,       \ ヽ
   / / /    /  ハ ヽ  ヽ     i  〉-、
.  / /  i  l   / /  i i.  i ヽ   /lヽ|}ソヽ
  l /{  i   i   | /   i ハ _|  |  ゝ|( ^-ソ
  i/ i   i  _ /|/    _lノ-V .l\l    フヒ_.ハ
  { ∧  ヽ |∨_|_    リ_ V  |   人_人_ノ-、
.  `{ \ \|-┳    ━┳  i   /)イ    }    全然事実と違うじゃない!
      _\\ ┃      ┃  / //  彡 ,.ィ
     ( ー-`l `       ι /イ 〈  彡  /     そりゃあ『アクタ・アルケライ』よりはマシだけど・・・
     } 三 二>   ==っ    イ  ヒ∠_´ 二 ニ}
     ヒ___ , > _  <- ´}   /  彡 .}
      ,∠_∠ , -,=ニ、 || _ニ二 \ _{ 彡  >´
.     {彡/´     }  /`l    ノ /  ー-‐<ヽ、
      ヒ/  y  l  /llヘ   } /     / ,イ
     /  /   レィ_/__||__\ ノ   / /_ ノ  ヘ
     { 、 /    // l l   ´   /_´     , 〉
     丶`{ ー‐ l l- l l -―   \  ー ´  /
       \丶    l_l  l_l       〉    /
.        \\            /    /


               「 ̄\  -─-  / ̄|
                >、            く |     まあまあ。
              /  /         く ヽ、
             /  λ  ー    、__  Y  ヽ.   オスマン帝国のムラト三世に献上された『芸術家列伝』をはじめ、
             /  / !          人   }  ムスリムによる画論や画家列伝には頻繁に君の名が出てくる。
       _ -─⌒ヽ/  /  ゝ、 `ー'`‐'  イ  |   |
     /   - 、/  /   / `  ̄ ヽ    .|   |  マニ教芸術は、彼らの美的感覚に深く訴えかけるものがあったようだ。
    /    (( >ーミヽ八   |        )  |   |
   /     >   `>) |   |       /  .|_,,.-ー-、
  /  _,,,,-'"´     /イ.|  λ |   /   《イ ´´ |ソ
  | (: o:      /   |  ノ|._-┴-メ__人   |    ヽ
  八   ̄(:o::{o/    冫彡 く............. `ヽ、  ヽ    `゙'ー.,____
   \  ( ̄|    /入/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 \:o::|\: :\: :o::)
     ヽ|  ヽ   |..../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_   ̄  \o:) ̄
         ヽ  |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ≡≡、
          `ー|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_--――´
723 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:33:57 ID:n0ZVMHTQ0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                 ティムール朝末期からサファヴィー朝にかけて活躍した
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   大画家ベフザードは、後世「マニに次ぐ巨匠」と言われた。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :  これが最大級の賛辞だったんだ。
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /
(…)
あくまでも「画家」としての評価ねwwww
725 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:35:57 ID:n0ZVMHTQ0

¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.     教祖としての君は忘れ去られたけど、
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.     画家としての君はイスラーム画家たちにとって
  .,:′           `ー'^ー′    }  i     第一に範とすべき伝説的存在になった。
 人                   .:   |
´  丶              イ    |     よかったじゃないか。
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |



           |
..    \     ト、  , -、
.       \ー‐、l  V n i _______
.    \、_.ノ . ─‐、l :l i./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
...    >‐// ̄>.゙/:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄"゙゙゙゙゙`、::\
...   ´7  | l  //7|/               `ヽ:\
    イ  , \\ l.゙/    /    _....-―-    \|
......./ :}//  > /    /  ,...:::'"   -―       ヽ
   / ./_ ./ .//  / ,.::'"  /    イ /   ヽ  ハ
.. /^| / ! !.゙/'"/   ;' / _,,.:::'"   // ∧     ゙;   i
.    !′| |∧. /  ー-ニ二   >''":::/ /:::::!    i   i
        |!. ノ ノ  i /__/::::::::/∠___!__   i   }
      -=彡''" {  i//j/:::::::::ー''"´:::::::::::::|  } j   j!
           ノ/ {/_二二:::::::::::::::::_二二_.} .///  /
          /人 { 弋__ノ::::::::::::::::::弋__ノ j //、  / __
          / {{ )ハ乂__     ''   ||||| / / } /j}")ノ   喜んでいいのかしら・・・
           _ r==、i`ーu         彡"  ノニ=≪
       ∠__  \《ノ \   ⊂⊃   /ーく {、}}___》
     /   `\ `くニニ7ト、     , 1(  \弋>―-....、
     `''"⌒`ヽ、\ Y ̄ __|_`"--"' ___|_`ー//      \
      /" ̄ "''< ヾ、 /  }   ̄∨ ̄  {  / 〃  __....-―┘
    /  _ `ヽ、ヽj}/-‐''´| ̄ ̄| ̄| ̄ ̄|`ー{// ,..::'"     _
    {/  二=-ヽ ヽ||   . ̄/  ̄ \ ̄   {{ィ゙込、_,...''" ̄  i
    ,.::''"´/   j} ノ|| //   ||   \\ iト-=/_,,,....ニ二}
   /    i!  ,.ィ7/""  ̄   .⊂⊃    ̄ ゙゙゙\//   ̄`ヽ、
   {   {{/ :/         ||         `ーr-、 }  }
   人  弋 : /         .⊂⊃         `、ノノ   /  \
  /  `ー- ニ=-          .||         ー=彡 _/    ヽ
  \    {           .⊂⊃           }      /


                                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                        d⌒) ./| _ノ  __ノ
727 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 21:37:50 ID:ZXgS./bU0

まあ画家として名が残ったから、マニ教があった云々が史家によって調べられたんだから
いいじゃねえか…ゾロアスター教はまだイランの一部地方に残っているけど。
734 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 22:09:56 ID:n0ZVMHTQ0
>>727

インドにもいますよ。というかインドの方が多いです。
インドに脱出したゾロアスター教徒は「ペルシアから来た人」という意味のパールスィーと呼ばれました。
(…)
ヒンドゥーの中で暮らす内にペルシア風の生活習慣は失ったものの、
ゾロアスター教コミュニティ自体がひとつのジャーティ(カースト)と見なされたため、
閉じられたコミュニティの中で教義・儀礼をあまり変えずに保ってこれたようです。
729 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 21:40:30 ID:XA8lfs7Y0
乙でした
そう言えば結構前の話で教祖じゃなくて中国の画家だと思われてた話があったな
730 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 21:42:56 ID:eirgnqsA0
マニさんの絵の才能はすごかったんだな………。
731 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 21:45:23 ID:n0ZVMHTQ0
こうした画論の中では中国絵画の評価がやけに高いので(ああいう表現が理想だった模様)そっち由来だと思われたか、
マニ教がイラク発祥ということが忘れ去れて中国の方の宗教と誤解されたとかそういうことじゃないでしょうか。
知らんけど。
735 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 22:26:13 ID:npTOuCJw0
そういやムンバイ近辺で、ゾロアスター教の鳥葬施設・沈黙の塔が
「現役」で使われてるね
736 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 23:01:55 ID:nqhPcCuM0
パールシーはかつてのゾロアスターの世界宗教性を失って民族宗教になっちゃったね
指揮者のメータやタタ財閥もパールシーらしい
741 ◆OkhT76nerU 2012/09/24(月) 22:40:58 ID:zJ1HC48A0
>>735
イラン高原ならともかく、高温多湿のインドで遺体を野ざらしにしたらえらいことに。

>>736
ゾロアスター教の世界宗教性って微妙だと思います。単にイラン系アーリア民族の版図が広かっただけのような。
キリスト教がペルシア州にまで食い込んで信者を獲得したのに対して、ゾロアスター教の神官がローマ帝国やビザンツに赴いて大規模な布教活動をしたことはないですから。
少なくともこの点においては、聖典を布教先の言語に訳したマニ教の方が上かと。

サーサーン朝がもう何世紀か続いていたら、非アーリア民族からも受け入れられるような宗教になったんだろうか・・・
749 名無しのやる夫だお 2012/09/25(火) 20:17:58 ID:oHmQQjwI0
>>741
マニ教が世界宗教?たりえたのはマニさんが閉鎖された小宗教の施設育ちな亡国の王族なんていう
血縁・地縁集団が基礎となるはずの古代社会においてはありえないくらい民族性除去された厨二存在なのも大きい気がします

なんか現存する世界宗教と違って開祖なり初期の指導者層なりの努力で脱・民族したんじゃなくて
超都合のいい偶然の連発で最初からそうなってたって感じがしちゃうんですよね
脱・民族宗教の一点に限っていえば古代宗教界のU-1っていうかね

>>742
姉婚、妹婚推奨なのに民族さえ違うやつらに布教しろっていう方が無理ですよね
750 ◆OkhT76nerU 2012/09/26(水) 20:59:44 ID:f7ZeHKLo0
>>749
布教にパルティア貴族のコネを利用してるのを見ると、ちょっと同意しかねます。


こないだ借りた高野秀行『イスラム飲酒紀行』がなかなか面白かった。
飲んだくれの著者が様々な国で酒を手に入れるのに悪戦苦闘したりしなかったりする紀行文です。
「イスラーム国家」なるものの多様性が伝わってくるし、何よりテキトーに読めます。
もちろん個人の体験なんで到底一般化はできませんが。

一番面白いのはイラン。やたら親切な密売人から酒買ったり、秘密警察に写真消されたり、
シャイロックみたいな爺さんとチョウザメ食ったりイベント盛りだくさんです。
743 ◆OkhT76nerU 2012/09/25(火) 00:05:10 ID:QwZ8eyoI0
現代だとまた色々あるみたいですけどね。
ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jorient1962/47/1/47_1_113/_pdf
744 名無しのやる夫だお 2012/09/25(火) 00:57:59 ID:SoVp.AH20
ペルシア民族はイスラムでもシーア派を信仰したり、
なんかトルコやアラブとは違うんですって感じが強いなあ。
まあアラブ・トルコ民族すべてがスンニー派ではないんだけど…
745 ◆OkhT76nerU 2012/09/25(火) 01:47:56 ID:QwZ8eyoI0
トルコ民族つっても、アゼルバイジャン人とかトルクメン人とかウイグル人とかキルギス人とか
ウズベク人とかカザフ人とか色々いるわけで・・・
755 名無しのやる夫だお 2012/09/27(木) 08:25:23 ID:dfS.PvSM0
イスラム教じゃ飲酒は禁止なんだけど、歴代のスルタンとか飲みまくっているな。
あとイランって映画とか結構文化面では優れている。
756 名無しのやる夫だお 2012/09/27(木) 08:28:38 ID:CGOs8FAE0
なに、トルコ産蒸留酒(ラキ)に比べれば大したことはない。
757 名無しのやる夫だお 2012/09/27(木) 12:19:15 ID:mz/oFgIU0
スルタン「葡萄酒うめーからキプロス攻め取ってこい」
758 ◆OkhT76nerU 2012/09/27(木) 21:29:34 ID:PhRPLHVE0
大酒飲みのムスリムっつーと、>>1が最初に思いつくのがケマル・アタテュルクで、その次がアブー・ヌワース。
アブー・ヌワースはオマル・ハイヤームと並ぶムスリム酒仙ですが、ペシミスティックで哲人じみた後者とは対照的に
こっちは清々しいまでの俗物なんで、いつか彼を主役に短編書いてみたいですね。


流し読みだけど森安孝夫『ウイグル=マニ教史の研究』をとりあえず通読。
得るものはあったが専門性が高すぎてネタにしづらいよ!情報量も多すぎて読むのがしんどかったよ!いや論文としては素晴らしいけど!

というわけで次回は手抜きで短めです。
これを反映させれば長く詳しく作れるだろうけど、絵にならないしストーリーが面白くなるわけじゃないし何より手間がハンパない。
最終回は頑張るから許せ。
777 名無しのやる夫だお 2012/09/29(土) 09:05:55 ID:SorcOKyk0
マニさんのいう「真のキリスト教」もなんかおかしいけど、
故遠藤周作が「自分はローマ=カトリック教徒だ」といっていたのは、もっとかなりおかしい。
輪廻転生や人間の悪徳を許容するキリスト教なんかねえよwどう考えても日本仏教徒だな。
779 名無しのやる夫だお 2012/09/29(土) 12:08:56 ID:kzJFe0sc0
>>777
現世への転生はさすがにない(天国への転生はある)が、悪徳の許容については、カトリックは見かけよりもずっと緩い。
「ダメ。ゼッタイ。って怖い顔して言っとくけど、人間って不完全で弱いからどうせ悪い事をしちゃうでしょ?
だからイエス様に懺悔して許してもらいなさい」ってスタンス。
そこらへんであまり融通が利かないのはプロテスタント諸派。

……とカトリックの学校に通った知り合いが言っておりました。実際どうだかは知らね。
781 ◆OkhT76nerU 2012/09/29(土) 15:28:03 ID:AhMXss1Y0
カトリックのような「正統」信仰は、長い歴史をかけて大多数の人間をとりこめるような教義を組み立ててきたし、
(あるいは大多数の人間の信仰の最大公約数的なものが「正統」になった)
その過程で様々な教義の運用上の困難や批判に晒されているから、結果的に「穏当な」教義が残ります。

世俗側も絶大な社会的影響力をもつカトリックに配慮して社会を組み立ててきたから、
「正統」信仰を前提とした社会があるからこそ正統が穏当なように見える、という面もあります。


一方少数派や「異端」が先鋭化しやすいのは、それ自体が権威化している「正統」と違って内側に権威を持てないので、
これが聖典の正しい解釈だ、使徒の言行に忠実であれ、みたいなところに権威を求めざるを得ず、
少数派であるにもかかわらず自分たちが多数派より正しいのは、多数派には出来ないような厳格な戒律を遵守しているからだ、
という方向に行きやすいからだと思います。

カトリックの方がプロテスタントより融通が利くように感じられるとしたら大体そういうことじゃないでしょうか。
797 ◆OkhT76nerU 2012/09/30(日) 22:18:56 ID:NhfbTbfk0
マニさんの頃にはミトラ信仰は下火だったって書いちゃったけど、
中央アジアでは5~6世紀になっても信仰されてたっぽいです。
この辺の事情は複雑でようわからん。
806 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 06:17:41 ID:3aCwaURg0
把握

ここのスレのおかげで、安価系聖杯戦争スレでマニさんを英霊で選ぼうとする人が増えたよw
まあ宝具がさっぱり分からんのだけどw
808 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 19:47:40 ID:gIGi1ye60
>>806
え・・・絵筆?
809 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 20:18:20 ID:orEtulEs0
きゅうり
810 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 20:20:28 ID:6OOuVewc0
『天界の双生児』はスキルか?
811 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 21:01:50 ID:O.YYcUdM0
精神汚染スキルは持ってるだろうなw
教祖になるくらいだからカリスマも持ってるかもしれない
812 ◆OkhT76nerU 2012/10/03(水) 21:26:19 ID:a82brc8M0

                          __
                        '"     `
                   /              \
                 , '                   ':,
             ,                       ,
            .′           / /\     \\::. __
            | .: .::  |  | | / l,'  ハ  \   ';:∧{ 〉         宝具はやっぱり七聖典よね。
            |:::.:::|  |  | | ‘ |/ ̄ ':.「V }  }{ ハ~}            フレーシュタグ・ローシュン
            |::::l::l:. /⌒| | i  |     _」.:|  l`Y^7"}         クラスは光の使者かしら。
              ..八 ::::::::. l:::..八∧|   三三 |::|  | j∨∨
                \\::  三三         |/ /,'八. \/゙\        アマフラスパンダーン、フラデ・シャフル・ヤザド、
               .\\       、   ,,,,...ムイ/  \/::  /_      ダードワル・ラーシュティーガル・・・
               ., -‐}::ヾ .,,,,   (  )   仆´ __ ,/:::::: /_/\
              .< ::::\_,,仆___ ` J /ノ/ // `  、//:: /_   使える用語が多すぎて目移りしちゃうわ。
           ..r─\:i.斗 `ーt-、  `ヽ彡" ,/ //   /⌒ヽ/⌒':, }
           ..| \⌒| |  || ,}    }__,/__,//  /    }    }/
             r─\ :::ソ |  ,イ廴_,/〉::::::::::::\  //    ゙ヽ   /
         八{ ̄⌒/   \ У/〉  `7:::::::::::/  /      ':,/
           .\  \    / ,//    /|\ ::: |  /        /
               〈\ 〈//   ||:Г\|   {  \_//
               i  / 〈_____| j:」       |    /、
                |  /      /、{        〈     /
                   _ノ/     /  ヽ       |    ´l
                  {`{      /          .|    i
                  |         / _     __l    i
          ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ー| ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄  \    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                {    |       {             ノ


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  人類史に与えた影響って意味なら
.       V            V    そんじょそこらの英雄より遙かに上だろうけど・・・
.       i{ ─      ─ }i
       八    、_,_,     八 =3  マニが戦いに向いてるとは思えないね。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
814 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 21:36:04 ID:K1ld.NGY0
クラスは…キャスター?大穴でアサシン?
815 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 21:37:53 ID:1JucE8Y60
本人はセイヴァーのつもりなキャスターってとこか
816 ◆OkhT76nerU 2012/10/03(水) 21:39:24 ID:a82brc8M0
キャスターが割り当てられるけど、自分で考えたクラス名を勝手に名乗ると思います
820 ◆OkhT76nerU 2012/10/03(水) 21:48:59 ID:a82brc8M0
むしろ邪教の親玉のイメージが圧倒的に強いような・・・
実際のマニさんは殺生を厳禁し、禁欲・清貧の徹底を説いてその信仰に殉じた偉大な宗教家です。
ここだけ見ると宗教家の鑑ですね。

マルヤム放置はパティークの責任だと思います。
821 名無しのやる夫だお 2012/10/03(水) 21:52:32 ID:3aCwaURg0
そういやマニ教の弱さの一つで、戦争のお題目に利用しにくいってのもあったなあ。
ユダヤ・キリスト・イスラムは、けっこう暴力的側面が強いのにw
822 ◆OkhT76nerU 2012/10/03(水) 22:02:09 ID:a82brc8M0
どんな宗教でも体制と結託すれば、詭弁を弄したり伝承を捏造したりしてくれる人間が出てくるので
そこら辺はどうとでもなるでしょう。
836 ◆OkhT76nerU 2012/10/04(木) 21:26:10 ID:v6x.VsaM0
ディアドコイのその後のgdgdを考えればイスカンダルのアレだって十分ツッコミどころあるし、
所詮ぼくのかんがえたさいきょうの理由付けが出来ればいい言ったもん勝ちの世界だと思います。
正直聖杯戦争物はあんま好きじゃないです。zeroは面白かったけど。
840 名無しのやる夫だお 2012/10/04(木) 23:24:41 ID:mwtDxpwk0
史実のイスカンダルは間違っても仕えたくない主君だなー
忠臣をぶっ殺したり留守役の老臣を殺したりろくでもないしw
842 名無しのやる夫だお 2012/10/04(木) 23:52:10 ID:Q61VYsgc0
>>840
アレクサンダー大王伝説が流布した理由の一つは、後継将軍たちが自分たちを正当化するために
大王をマンセーマンセーしまくった点にもあるからなあ。実像と離れるのも仕方ない。
843 ◆OkhT76nerU 2012/10/05(金) 00:10:20 ID:hGnHjdiI0
被害者のハカーマニシュ朝(アケメネス朝)の後継王朝を自称するサーサーン朝はdisですけどね。
ギリシア古典翻訳活動のイデオロギーも、本来あらゆる学問はザラスシュトラがアフラ・マズダーから授かった英知だけど
アレクサンドロスの破壊活動のせいで散逸して世界中に散らばってしまった、偉大なるペルシア皇帝たちはそれを集めて再翻訳しているのだ、
というものでした。

初期アッバース朝のペルシア人学者たちもこのペルシア史観を受け継ぎ、ハムザ・アル・イスファハーニーは
アレクサンドロスはペルシア語の書物を奪ってギリシア語に訳させた後
「他の民族がなしえなかった学問の収集をペルシア人が行ったことに対する妬みから」焼き払った、とか言ってます。
855 ◆OkhT76nerU 2012/10/06(土) 21:02:41 ID:WVadVZ.Q0
今読んでいるマレーシア史の本によると、マラッカ王国時代アラビア語から翻訳されたアレクサンドロス伝が相当広く読まれていて、
イスラーム布教の英雄として、マラッカ王家は彼を王家の始祖としていたそうです。流石に無理があるだろ。

投下は21:30まで待ってください。”


マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 異端の話
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-3779.html
1209年、レスター伯シモン・ド・モンフォールとシトー会修道院長アルノー・アモーリーを指揮官に、
カタリ派に対するアルビジョワ十字軍が始まった。


 `ヾ: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :. ヽ,_                      /: : : : : :>―--
: /: : : : : : : : : : : :-======≪: : ‘:, : : :}: : .  \              / ̄`ー‐': : : : : : : : : : : `ヽ
`ヾ: : : : : : : : : : ィ彡'"´      \ : ‘; : :j: : : : : '.            /: : : : /: : : : : : : : : : :、: :ハ、
/: : : : : : : : : : : ニ=-           \:}: :./: : : : : :'.          //: : : : : : ィ:, : : : : :、: : : : :、 : :,ヽ
: : : : : : : : : : : 彡″             \/: : : : : :  〉       /: : : : : : !ミ:、彡∨: :.ト: : :|、: :..ト : : : : : ::, :,
: : : : : : :/⌒ヽ: :/    |       :、  、    `ー―‐┐: : :/        ′: : : : : : |:.|'´ ̄ ̄∨:..| V.:| ∨:| ∨: : : : :|: ハ
: : : : : :.:/ ,ハ V/   ┴- 、     \ ヽ         |: : ハ       , : :.|: : : : |:.|     ∨:| Ⅵ_,,.斗-‐:,‐-: : : :|.: : :,
リ : : : : : {  (} リ  冫´ ̄ `ヽ      \}   /   {: :> ´       |: : :| : : |: :ハ:!     Ⅵ''"| |   l|  ∨: :|: :..:|: : |
:|: : : : : ハ       { ,仔ハ   :,      ゝ '' / ´   リ          |: : :| : : l: :l,,|レ 、   リ  リ   リ___ V:..:|: :..:|: : |
‘,: : : : : :ハ      、乂;ツ  } ゝ   / /       '.          |: : :l.:..:.γl'"| ||  ヽ  /  ノ 〃 ̄ ̄` Ⅵ!: :..:|- 、: |
:.:|: : : : : : ゝ      ヽ.,_,.ィ / /    〈_,,.. -‐ヽ/.:ハ         ノ: : : , : : : Ⅳ! リ _              | |V:..:.:|'´ Ⅵ
/:ヽ: : ://:/ |         /   {    / /   ,.rァ:.:!.:.:.:.l        ,小: : ::, :..:..:| |レ'´ ̄`  :,              リ ∨,ノ  リ
: : :‘:,: / j/   i|                /  :,  {;ツ:.:.:i.:.:.:.:|        || ∨ : vハ: : :.| リ       |                | |   } }
: : : :.:ヾ′ |   .! 、   \       、  /  /   `¨/> .,i.:.:.:.:|        || ∨:, :vハ:..:.|       {  、             リ  / イ
: : : : : : :\     i  :,     ヾ::、    \__/     /: : : : :j`ヾ:.!        リ  乂∨vハリ        ヽ             f n}_}:|
: : : : : : : : :.\  j   ′     \:≧ュ..,__     /: : : : : :,′: :j             {`ヾ\            ,.   =ァ    j¨¨!ノ:..:|
: : : : : : : : : : :.:\   \     `<__,::ア´/: : : : : : : /: : : .′            、    :.      ,, _,. ´-‐  ,. ´     /|: : :.∧|
: : : : : : : : : : : : : :\   ヽ   \__   /: : : : : : : : :/: : : :.,               \`¨ 、     \_,.  '"       ,ノ: :ハ{
: : : : : : : / ̄ ̄ ̄`ヽ   丶      /: : : : : : : : : :/: : : : /、               `ー‐ 、              /===ミリ
: : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   \__/―- 、: : : : : : :/: : : : /:::::\                 マ> ..                i:::::::::::}:.:\
: : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\: : /: : : : イ:::::::::::::\                ノ: : : ハ`   .,     /  |:::::::::::|:.:.:.:.:\
: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : /:::::::::::::\::::::\        /≧ュ:、   `ヾトハ    ` ―‐ ′  │:::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:\
338 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:01:48 ID:rlcMq6sk0

7月22日、カタリ派拠点のひとつベジエの攻略に取りかかったのだが――



  ,,-'""""'-,,         ,,-'''""""""''''''-,,,,,
,,-'" ;;,, ;;;;,,,, "''-,,,,    ,,-''' ;;,, ;;;,,  ,,;;; ,;, """''''''''
  ;;,,  ;;;..,,  ;;,,  ";;,,-''",,;;;;'';;; ;,;,;;,, ,;; ;, ;;  ,;. ;. ;;,;,
,,,;;;,,,;;; ; ;;   ,;;;,, ,,-''  ,;;;''' ,;;;; ; ;;;;; ,;; ; ;,; ,;;; ;; ..; ;;;,,,,,,
       |] |]   |] |]
      | ̄| ̄| | ̄| ̄|;;|];;;;;;;;;;|],,
        ''';;;;;;;;;;;|];;;;;;|];;;;;;|];;;;;;;;;;|];;;;,,,,,
"""''---   ,,,,'''';;;;;;;;;;;;;;;;xxxxxxxxxxxxxx
339 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:06:06 ID:rlcMq6sk0

  {::::.\::::::::::_;. -‐'    / -‐::::::::  ∧::::/ ∧::.\::::::ハ
  \:::::::ヽ::::ア     //.::::  ‐-ミ   V  jう トミ:::Y:::::{/
    }::::::::∨ -‐ ¬く::::::イ   ==rく    ア }::::::.`ヽ:/.:.:.:
   人:::::::/ _ ,......::::く` ゙Y人〃   ノ     レ /::::\::::/.:.:.:.:  
  (:::::::ミ=\ ,ィ  __ヽ ∨ ト-‐      }  r《∧::} ∨.:.:.:.:.:   おや、どうしました皆さん?
    ー-ミ三iヽ 〃⌒}∧ ∨ ヽ.       /  | ヽ}/∨.:.:.:.:.:.:
        ∧ ゙ト-‐ヘ:::::.、>‐-》        | ノ ,′.:.:.:.:.:   意気が上がっていないようですが。
         /.:.:.\、   V , _ア      _,  ,′  '.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /.:.:.:.:.:.:.`丶、 `  _  -‐   ̄   /   |:.:.:.:.:.:.:.:
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ / ,......::::7   /    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        /     |_  -‐…
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /        |:::::::::::::::::


                      __ __           ___
                 i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
              r─/´            ヽ、/        }
               イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
            く  /     :/             ヽ.`\
              /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
            ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
            /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
           ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ
              /    !/ヤ⌒メ\.:/ / / /メノノヘ:/
          ///    / /   {らc:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
          / //  /イ :/    `='′      {;ソ イ:ヽ.:|、
          //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ    アルノー猊下、確かにベジエは異端者どもの根城ですが
           |リ :/  || |:\       __   / |   :| :ト、  カトリック住民も少なからずいるのです。
           | :/   :レ′|   \   ´    / /|  ハl :}
        _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
 ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
 ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
 ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
  ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/
340 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:09:53 ID:rlcMq6sk0

           |    イ           |      l        l \\
           |   / い.i          l      |       ./   ヽヽ
           レ /__ V∧ ヽ       ノ     !     ./. ′   ) )
           | /  -- V∧ ', V     .i     /    イ  ′   ,'ノ
i           kr─ テ示ヘK不.', V    ハ    ./   /   .′
|           ト,っら些zノヽ', ヽ:! ∨  ,′,   ./ イ/    .′
.';          |  ´´ ``  ヽリ   ∨ /  ∨ /レ' ./    ′
∧          l             ∨   v′  /     ′
.ハ         .l               ′レ'   '     ′
`=';         |                j      イ     .′
 /::         .|              ´   / .|     ′    我々には善人と悪人を見分けることなどできません。
./: :;:         |           _,      /   !     ′
.: : : ;         .|、       ´ ̄    イ    .!    ′     一体どうやって戦えばよいのですか?
: : : : i         | >          ´      |    .′
゙::::\|        .|::::::::::::::}> ___  ´::{       .l   :′



              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               /::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,リ:::::::::::::::::::ヽ:::::::::、::::::::::::::::/:::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::ゝ、
          /::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ:::::::::/:::::::/:::/:::::::::/::::::::::::::::::::i
        r:':::::::::::::::::::::;;;;;::::::::::::::ヾ、:::',:::://:::::::::::::;;;:::::/::::::::::::::ミ、::::::::!
        {:::::::::>::'':::::::::::;;;>`゙ー- ミ:V/,kィ''"´   ヾミ、:::::::ヾ、::::::::::::{
        |:::::;:'::::::::::::::<__                >::::::::::ミ、::::::::',
        |:::/:::::::::/:::/´                 `゙ヾ:::::::::::::ヽ:::::ゝ..__
           V::::::/:::::::;'       、       /         ミ:::::::::::::::',::::〈´
            }:::/:::::::::::;        ヽ   /        }::::::::::::::::::::{ヾ
         j:/:::::::::::::{   ,>- .、 、___ ) (__,,..   ,. --<  !::::::::::::::ヽ:::',
         リ:::/:::r-、!   /,rfニニミ、  {   }   ,ィfニニミ、  }:-、:::::::::∧:::,
         {:/:::::リ ィ ヽ  ゝ   ノ  / }  .{ハ   ゝ.   ノ  ハ. } :::::::∧:',
            V:::八 {  ハ    ̄    { |   | }         ,' } 八::::::/ }:::!
         リ!:::::::ヾーヘ.',.          |   |        / ツ/::::::::::{  ,j:リ   なんだ、そんなことでしたか。
         / |:::::::::::ゝ..__)       ヘ. |   | r      (.__ノ:::::::::::/ /:/
         '  |::ハ:::::/:::::::ハ       ヽ!.___.!ノ      ,ハ::::::::::::::/       簡単ですよ。
          ,リ }:::{::::::/::∧   ゙ー ------ ― '   ,イ:::}:::::::::,イ
           ノ:ハ::/!::::::::ヽ     ニ二ニ    / |:::ハ::::::/:::|
          /´ ノ::{ ヽ:::ハ::}. \          /   i:/ .}::从:人
              //  }/ リ   \       /   / /´
                  ヽ       ` ---- ´    /
                  \               /
                   > ..   __ .. <
342 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:11:43 ID:rlcMq6sk0

                 ',   \    | ,.、   ',  ./ ,.、 |
                  ',   \   | / \ } / /! ヽ. !        __
                  ', iー、 ヽ レ..-‐'' ̄ ̄ |::::ー、ト、     > ´   /
     、.._           ', !   >-´、  乂ー'⌒ヾ:::::::::ヽ::::ヽ ィ´     /
      ヽ   ̄ ̄  ー -- __ ヽ/     `,..ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ,ィ ,,..ィ
       > ..      ,. -― /      i::::::、::::::::::ミ、::::::::::::::::',:::::::Y:::V::::/
          > ..   \  ,′ ___  、j:::::、:::\::::::::::、:::::、:::::::|:::::::i::::::}::::!ー-- ..,,
             > ..,, ヽ.;/    ≦::::::::::ヾ:::::ヽ::::::::::\ヽ:::|::::::;':::::/::リ     ` <
                 _,,.. ≧|      `ヾ:::::::::::::::::::::ア"´ ̄`ヾ!:::/::/::ノ         >
          > ´/    .|      ヾミ:::::::r 、::::/ {__ ヽ   `ー、:::::ア       > ´
       > ´  /      !       ミ::::::::ハ V ,.--ミ ヽj y/ く:::ゝ !   > ´      _/\/\/\/\/\/\/\/|_
    .> ´     `''ー-  ..,,_',   /   ゙ゞ::::::::∨ { ● } /ィ , -、ソ`.:/> ´        \                          /
  <  _____,,.. -- ー== アヽ /     `Yj/゙j  `¨フ j } ( ●ル ∨ 、          < すべて殺せ!                >
           /   >´/  \      \八  ト..,, ヽ'/  7´ ./  \         <                          >
             / > ´  /     \    / \ ヽヾ `¨ア /  /,    \       < 神は己の者を知り給う!!    . >
            .//     ゝ..,, ___≧、 /     ヽ\ ー イ/ ヽ/ミ、       \     /                           \
            /     > - ―― ,.≧  \     ヽ.,ア ´  /  ヽ`'' 、.     \     ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
         ./   > ´       /      ` >.´/__人__ ..イ     \ ヽ..      \
      /  > ´        /       /  / ',    | \        V  >- ..,, _\
     ー ''/     /    /       /,.. --〈 |  ',   /!.  \       ∨
        ./   /    /   , --ーt‐ /イ     }|  ',. / !    \    ∨
      /  /    /, -- 、/          / |   ∨ |     \   ∨
      / /    / /     \   ヽ.. ___ノ  !       !       ヽ   ∨
       j/   ./  .ノ      >-、 ーく     |     ;!        > 、. ∨
    /    /  /   ヽ   / // ).  ',.    |    ハ          > 、
   /     /     i     \.' // / ヽ  `ー --- ――ー 、___           !
   ,:     /    j  、    \'/    ',    i /      }   __`>      i
         /    ノ 、       , ヽ    } !   ,..__  --― ' ´ ̄    \     |
      /    //   ヽ     /  ヽ __ ノ   /  |   ;' |          \   |
     ./     八      \ ./   ノ ,.. -‐‐''    i!  /  .!                 |
            ヽ       >-- //        レ´   |                |
347 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:14:29 ID:rlcMq6sk0

      /`, '" ̄ ̄`゙ ヽ__
     </ ./  i    ヽ ヽ
    <'/  l  /l ,l l、 ヽ、ヽ
       /'l  l' ○  l/ ○,l i/,l
    >,l ⊂⊃      ⊂⊃l    それってどういう・・・・・
   / /,トl l l         / l
  ヽ,_/ヽl`lヽ 、  ' _ -‐'l l
    `゙' ヽl_/"i`゙‐┐-〈`゙゛l/
       l;;;;〈_;;;;;;//-,二、
       ヽ__;;;;;l_l / /`/{`゙h,
        /`‐├>-_/__//ヽ/ミ
      /`‐、_-‐';;;;,-――//_'-'
     /,    /;;;;;;;;;;;;l‐'"`゙- 、 ヽ,                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   / `ヽ,/'l;;;;;;;;;;;;;;l      〉〈                    | す・・・       |
   〉-、__/;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;l      /._/                    ゝ________,ノ
   /-,-、‐-、lミ___l    /-‐'ヽ
     /`゙゛ヽ-i、-‐,-l   /'`゙゛l
     ` ̄ ̄"    ヽ_ノ ̄`'"
348 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:14:46 ID:rlcMq6sk0

       / : : .:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
        / : : .:.:.:.∧:. : l、:. : : : 、 : 、: : : : ::. : : : : : : : : :i    
.      // : .:.:.:.:. ′\ ∧\:. : :‘, : ::. : : :.:.. :.:.:.:.. : : : : : : : l        \人_从人__从_从人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_人_人从/
     // : .:.:.:.:.:.:!   \ヘ'"\:. : ‘, : ::. : :.トヘ- 、::. : : : : : :  !         >                                  <
      /ィ .:.:.:.:.:.:.:.:.|   / ヾ  \:. |:, ::.:.:. : | ヾ;.:. ヽ::. ::.  : : : : |         > すげえよアルノーの旦那ッ!              <
     l|│ .:.:.:.:.∧:.:|.、/:: _,. -‐ァ   \j ∨ト:.:.:....:|:、 l|.:.: }:.:.:.:.:. : : : :|         >                                  <
    |!│.:.:.:.:./ !:.ハ   / i!           リ ∨:.:.| ノ:.!.: /:.:.:.:.:.:. : : : .ハ        > 悪人なら死ねばそのまま地獄行きだし、        .<
    l 乂.:.:/   ∨:}     i!/ .:.:.:.:.:.:.:     ∨:| :.:  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:. : :.ヘ       > 善人なら死んでも神様がちゃんと救ってくれるから .<
         jノ     lリ      .:.:.:.:.:.:.:.:.:       ∨  ,ィ{}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:. :|ヾヘ       > 全員殺してOKってことだね!?               <
             ′                    :, \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.|  \      >                                  <
           ,ノ        __⌒          j : : \.:.ト、.:.:ぃ.:.:.:.:.ハ,,へ      > やっぱり旦那は頭がいいや!                <
           `ヽ._ '    / /|         /: : :   ヾ \ヘ`/::::::::::::::::\   >                                  <
               l   / /;__/          /: : :     ,..イ::::::::::::::::::::::::::::::  /Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YW⌒⌒YW⌒WY\
               `^` ´\j:/       /: : :      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   
                      f       /: : : :     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      ゝ:::    /⌒ヽ.: :  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
                     \_/     \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::
349 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:14:59 ID:chH.3WCU0
善人も皆殺しだと……
351 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:17:26 ID:rlcMq6sk0

       __-==-::..
ヘ  ノ"⌒ヽ      \)
く  /    i,   \ ヾ、ソ
∠ l /上/ , ハ ト∠ヾ.ヽ j ,,》
   ヘ j./ >ソ||llヘj\ヾi.| .|彡》
   lソ/ノ レ  ´ ○  Y  トシ.}     いやいやいや!
   j Y ○      u |  レP
   | .|   ┌―┐   |. |_ ,    いくら何でもそれはマズいでしょう!?
   |  l, lj.  |  │ .ソj. |;;;;;;,j
  =-- うっ.└─┘イ  | ト;;;\
  (、ノ 二ア'''''''~].[ ̄└..レへ
  ≧=-ァ´.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:\
  \....ノY/ ̄ ̄ ̄~ヘ.:,, .:.:.:.:.:./

                                    :´ ̄ ̄ ̄ >__、_
                                 / : : : : : : : : : :ト、
                                /: : : : : : : /: : : /j /`ヽ
                              /  : .:/ : : /: :/:′ :/: :∧j/j: : \
                              |: .:::/.: : :/: :/ /イ / ' /  `f:|: : : :〉
                              | .:::/:::::..: /ー/- /,,_|:/ | |     |:|: : : :|  バカだなー、よく考えてごらんよ、
                              〃⌒7::::!.:/|.:/_  .!l` | !     |:|: : : :|  今正しい信仰を持っていたとしても、
                              j { / |:/レ' j/ヽ勿` リ  .!:l  -、|:| .: .: : :j
                             ノ∧  j/´)         リ  __  リ`::.:: .:: .′ もし異端者を放っておいたなら
                              jハ '. / /       .:.:.:.: / モ! 〉 イ:::::::::::/   いずれ汚染されちゃうんだぜ?
                   / ̄ ̄ ̄ `ー'´ ::::::lハ:/ /、       :.:.: {   ` / iノ|: :/リ―- 、
               __  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| リ / / `i       ´    /;ノ::/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__
               ノ:.:`ヾ:::::::: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::| , .' i   }     _       イ::::::/イ.:.:.:.:./:::::::> ´.:.:.:}
     / ̄\´ ̄二 ̄:.:.:.:.:.:.:.:\::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|/ l  !..::/、    `   /::::::::.:.:.__;::ィ ´-―――:.>
     /.:.:.:¨¨  ̄:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;′   :}:.:{ \   ,. <::::::::/.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::::::;;__.:.:.:.:.:.:
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ′   :、 !   `¨´:::::::::::___/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.`¨ ス.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     │  }:::::::::::r<.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.: /   `  ‐-   ..,,,_|    ': l  j::> ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::,′             |      i ノ, ´      ∨:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   \::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::!               '.   ノ´         ∨:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
353 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:21:17 ID:rlcMq6sk0

               /: : : : : :>―--
          / ̄`ー‐': : : : : : : : : : : `ヽ
        /: : : : /: : : : : : : : : : :、: :ハ、
      //: : : : : : ィ:, : : : : :、: : : : :、 : :,ヽ
     /: : : : : : !ミ:、彡∨: :.ト: : :|、: :..ト : : : : : ::, :,
    ′: : : : : : |:.|'´ ̄ ̄∨:..| V.:| ∨:| ∨: : : : :|: ハ
    , : :.|: : : : |:.|     ∨:| Ⅵ_,,.斗-‐:,‐-: : : :|.: : :,
    |: : :| : : |: :ハ:!     Ⅵ''"| |   l|  ∨: :|: :..:|: : |
    |: : :| : : l: :l,,|レ 、   リ  リ   リ___ V:..:|: :..:|: : |
    |: : :l.:..:.γl'"| ||  ヽ  /  ノ 〃 ̄ ̄` Ⅵ!: :..:|- 、: |
    ノ: : : , : : : Ⅳ! リ _              | |V:..:.:|'´ Ⅵ    異端者になっちゃったら死んだ後永久に苦しまなきゃいけないんだ。
   ,小: : ::, :..:..:| |レ'´ ̄`  :,              リ ∨,ノ  リ
   || ∨ : vハ: : :.| リ       |                | |   } }    だったら例え現世で多少の痛みを与えることになっても、
   || ∨:, :vハ:..:.|       {  、             リ  / イ    正しい信仰を持ってるうちに死なせてあげるのが優しさってもんだよ。
   リ  乂∨vハリ        ヽ             f n}_}:|
       {`ヾ\            ,.   =ァ    j¨¨!ノ:..:|
        、    :.      ,, _,. ´-‐  ,. ´     /|: : :.∧|
          \`¨ 、     \_,.  '"       ,ノ: :ハ{
          `ー‐ 、              /===ミリ
              マ> ..                i:::::::::::}:.:\
             ノ: : : ハ`   .,     /  |:::::::::::|:.:.:.:.:\
       /≧ュ:、   `ヾトハ    ` ―‐ ′  │:::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:\



                           _
                            , ´:::::::`ーァ
                       __/´:: ̄::~::::::::::::::::::::: ̄ ̄乙 ― - 、
                     | ̄::::::,-、:::::_ - ―‐-- 、:::::::::ミヾ.、/////`丶、
                ヤーソ::_/ ヽ`´ , -― ´  ゙ヾ、:::::::::::\//;:;:;:;:;:;:;:;\
                ノリ゙,!:::/ _. _   〉〈 ,z-―‐ - 、 ~ミ ヾ:::::::::\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
              /;:;:;:;:;〉:::Y,´‐ 、` iヽ/ / ァ. ⌒゙ 、 }::::::\:::::ヌ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
              /;:;:;:;:;:;:;:;~|ζ ● ゙i / ソ ヾ ! ●   i ヽ_|:::::::::::::〈 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ
.           /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!λ_  _ ノリ,_,/  ,〉.ゞ__ zシ  |::::::::::::::::冫/////;:;:;:;:;:;:;:;:;|   まさにその通り!
.        /リ//////////'゙i  ̄/え_N゙7   ゙\     |::_:::::::::::::i゙ ///////;:;:;:;:;:;:;:|
.         /リ/////////// |  ´   ___    `    刎:::::::::::ハ //////////;:;:;:;|  ああシモン殿、貴方の理解は実に的確だ!!
.        ,リ/////////////ヾ、 圷ニニニニ`ァ   / _) ,!:::::メ从 ////////////;:|
.        i////::;:;:;:;:;::;:;:;:;:///ハ  マ::::ァ´ ̄`丶ソ  ´ ._ム_ツ´/、|リ .//////////////
.        |//;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ノリネ ルー―‐zシ´   / W ノリ |/ ;:;:;:;:;:;:;:;://///////
.        |;:;::;:;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;;:|  .弐 ` ̄ ̄ ´  xク´ / ゙ミ| ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:///////
       ヤ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    爪       / /_/ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//
        孑;:;:;:;:;:///////\./| ` ̄ ̄ ´,ヌ´////|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::_´/|
....._ , -=,.´;://\.///////////\| _, ィf´/////////|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:,z´/////|
_マヽ、ー= 、////``ー-- 、//////`廴.///////////ノ - ー .´|\..////////|
354 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:21:57 ID:2WQV1.Fk0
汚物になる前に消毒だ!!!
356 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:22:55 ID:rlcMq6sk0

                     __ __           ___
                i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
             r─/´            ヽ、/        }
              イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
           く  /     :/             ヽ.`\
             /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
           ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
           /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
          ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ
             /    !/≧:≠`\.:/ / / /メノノヘ:/
         ///    / /   《:::0:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ そう言われればそんな気がしてきました。
         / //  /イ :/    `='′::::::::::::::::::{;ソ イ:ヽ.:|、
         //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ
          |リ :/  || |:\    .r、__   / |   :| :ト、
          | :/   :レ′|   \   `ー -'´ / /|  ハl :}
       _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ



     /: : : : : : : : : : : : :/        \: : : : : : /        \: : : : : : : : : : : :\
     /: : : : :__ : : : : :/            `ヾ:.:/              \: : : : : : : : : : : \
    /: : : /: : : : : : : /       \                  /   `ヾ: :\: : : : : : : : :ヽ
    ∨: /: : : : : : : : /          \             /       V: : :\ : : : : : : /
    ∨: : : :_:_: : : /             \: : : : . . . . . : : : ;.  ´       '.  ∨: : : \ : : : /
    │: : / __ `ヾ!  ヽ.,___       \ : : : : : : : /       __ノ  ミ/ ̄ヽ:ヽ.:./
    │: : | l ヽ |   /    \       ヽ : : : /     ,.  '"  `ヽ   リ イ l |: : /      さあ行くのです神の戦士たちよ!
    │: : | l | i   /-―- .,    :\       、/     /   ____ :  ! ´ ! l |: : |
    │: : l :,. | {   ぃγ77ヽ \  : \     ハ     // / γ77ヽ 〉   } !  ′: !       我らは今ここに救世の旗を掲げよう!!
    │: : :ヽ :,    :,\l//ノ  ヽ !  ヽ  ノ、∧ /   ! /   {////' /   / / /: : 八
    /: : : : : :\ __:,   :, `ー―-- 〉 //ヽ   /´ヽ 、 /__,.`< /  ′'´/: : : : : ヘ―
――/イ: : : : : : : ハ :,  ヽ __,.  '"/ 〈    |  |   :, \`ヽ __,.ノ   ' /: : : : : : r 、ヘ.
 :/.: :.|: :∧: : : : : ゝ.,_!         /   '.  |  |   /  \      /イ: : : : : : : : ′ ヾ
 : : : |: ; | : |: : : : : :∧    /     :, │  |   /    \     /: : : : : : : : : : ′ : :
 : : : ∨ !:.:.|: : : : : : :∧          / ` |  |  ヽ          /: : : : : /!: : /|:| : : : :
 : : : : : !: :|\: : : : : :∧   ,,.,    `ヽ |  | /          /: : : : : /│:/: |:| : : : :
 : : : :  : 乂| : \: : : : :ハ   ヾ::..、_   `ー―‐´   _,,.. イフ  .〃: : : / : |/ : リ .: : :
 : : : : : : : ! : : :\: : : ハヽ   \ 〉 、ニニニニニニイ:::::/    '/イ: /: : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :  \: :ヘ \   \ヘ:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ノ/   /./ |/ : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : :| `ヾ   丶  ` ー――‐ ´    /   │ : : : : : : : : : :
357 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:24:43 ID:rlcMq6sk0

   ,′: : : : : : : : : : /: :/:..:il : : :|       |:.:|: : : :!: : : : : : : : : : : : : :
   |: : : : : : : : : : : /: / il: :il : : :|       |:.:|V:..:.|V.:.:|: : : : : : :|:.:.:.:.:|
   |: : : i|: : : : : : :, : ,' ||: :il : : :|       |:.:| ∨ | V: !: : : : : : :!:.:.:.:.:!
   |: : : i|: : :. イ: /.| :! .l|'. il: : : |       |:.:| .|_;|__|__!∨: : : : :|:.:.:.:.:|
   |: : : i|: :.j/|: /斗::―||‐;- ..,,_|       |斗'"|.:′|:.:|`∨ : : : ! :.:.:.:l
   l: : : i|: :.i| |:,′ !:|  || ∨: :.|       |: j  l:'  |:.′ |i: : : : !:.:.:.:.′
   ’.:..: i|: :.i| ||  リ  リ   V:.:| 、     |/  .||  .!l  |i: : : : !:.:.:.:,
    ;..:.: i|: :.i| ||  ,ィ=====ミ Ⅵ  :,    / 〃リ==:リ、 |i : : : :'||:.:.′
    ∨-V:.:i| |l 〃 γ7ハ  l .リ      / / γ7ハ   '; |i: : : :, リ∨
    ||  V:i| リ ヾ 乂/ノ                 乂/ノ  / .li : : :'  .!
    リ  Ⅵ    、__,..      |       、__,..   |i: : /  │
    ヽ   リ'.                |               |i :/    ノ
      \  '.           {               |i/  /    \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
        i. ヽ '.              !  ′             !'/.n/       >                 <
         ‘;ゝ.,_!       ,               、     /{}イ!       >   COOOOOL!!    .<
.          ∨:.:ハ    {¨¨ゝニニニニニニフ¨¨}    /:.:.:.:/       >                 <
           |ハ:.:.ハ    '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /:.:イ /        /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
           l |:.ト:.\   '.:.__/ ̄`¨´ ̄\__:./   /ィ/ |/     
.           リ ゞリ\  \ヽ:_:_:_:_:_:_:_:_:ノ/   イ:./ /
             |  \  ` ー――― ´  / !/
         ,,r≦/|   \    ̄    /  │三≧ュ
359 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:30:18 ID:rlcMq6sk0

    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,        ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                     ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                   ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;'' '        ,,:  ;;ヽ   .....,.,,..        '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'        ;∽∴゙・` ∝ξ;;∀゚):: ∧..,,,,,      ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '     /И::,,:;'' ;; ::∝゚c(;;@;,,*。´;(... ....)   ';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ('-' )::::::::::::::::::;  ∴::::::::c@ .,,,,;@っ::             ;,      '';,,,;';,,;''
        '''ッ   ¨ ~: ;;∴;; : : : :∧∧ : : ・ ; .’'、 : : : : 、`  ∧
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''‥`、.,∵`゙ ::: ::: :: ::: と(;';)0<)   ∵-―‐ ‐-、  、``∵@;
          と   つ:,,,,,,:: :: :: :: ノ ; : ノつと(。Д 。と__,_::::::>   ``、、; ∧...,,,
         :: :: ::)  ) :∀゚)ノ と、;'"ノ∴.・ ∴:: :: :: :: :: (_ノ::(;;;;;;;;;;;;;;):(*゚0(;;l
         : : : しーつ::;;@* :: ::∴. し' ~(;;(;;゙p゙)(;;(;;゙;;0゙)::: : : :|::|;;;| :: u  っ
         : : : : : : : : : : ーJ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (;;;;;;)::::): : : :  U


  {::::.\::::::::::_;. -‐'    / -‐::::::::  ∧::::/ ∧::.\::::::ハ
  \:::::::ヽ::::ア     //.::::  ‐-ミ   V  jう トミ:::Y:::::{/
    }::::::::∨ -‐ ¬く::::::イ   ==rく    ア }::::::.`ヽ:/.:.:.:
   人:::::::/ _ ,......::::く` ゙Y人〃   ノ     レ /::::\::::/.:.:.:.:
  (:::::::ミ=\ ,ィ  __ヽ ∨ ト-‐      }  r《∧::} ∨.:.:.:.:.:     _________________________
    ー-ミ三iヽ 〃⌒}∧ ∨ ヽ.       /  | ヽ}/∨.:.:.:.:.:.:.      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
        ∧ ゙ト-‐ヘ:::::.、>‐-》        | ノ ,′.:.:.:.:.:       |┃ 年齢も性も地位にも関わりなく、容赦はしなかった。  ┃|
         /.:.:.\、   V , _ア      _,  ,′  '.:.:.:.:.:.:.:.:      |┃ 約二万人の住民が殺された。               ┃|
.        /.:.:.:.:.:.:.`丶、 `  _  -‐   ̄   /   |:.:.:.:.:.:.:.:.     |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ / ,......::::7   /    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        /     |_  -‐…
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /        |:::::::::::::::::


このアルノーの手紙は教皇書記局の公式記録に加えられた。
当時は着便を保存するのが一般的ではなかっただけに、教皇インノケンティウス三世も大変満足していた模様である。
360 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:30:49 ID:7m..NNE60
マジ基地過ぎワロタwwwwwwwwwww
361 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:34:02 ID:CUFNETgE0
きが くるっとる
362 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:35:43 ID:rlcMq6sk0
終わり。このエピソードを見た瞬間配役が思いついた。
こういう認識がどの程度浸透していたかはさておき、異端弾圧を正当化する理屈のひとつにこういうのがあったそうです。

死後の世界の存在が自明のことで、それを脅かすとされた異端がいかに恐れられていたか
当時の価値観の一端を伝えるエピソードであります。
363 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:38:12 ID:4IfW1.SU0
何と言うかドン引きやわぁ…。
367 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:45:53 ID:rlcMq6sk0
アルビジョワ十字軍には同時代人からの批判も少数ながらなくはなかったんですが、
その大部分が十字軍の被害を受けた土地の出身者によるもので、基本的に広範な支持を得ていたそうです。
368 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:46:20 ID:hcIBh1ao0
乙乙! 本人たちは善意のつもりなんだろうけど・・・異端対策がなんでああも大事になったのかよく分かったわ
369 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 22:48:30 ID:tGQrJ0.o0

もう異端者がいるというだけで、抹殺対象なんだな
371 ◆OkhT76nerU 2012/09/06(木) 22:53:43 ID:rlcMq6sk0
アルビジョワ十字軍が始まるまでに紆余曲折ありまして・・・
詳しく知りたければ以前紹介した『異端者たちの中世ヨーロッパ』をどうぞ。
『針の上で天使は何人踊れるか―幻想と理性の中世・ルネサンス』もおすすめ。
373 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 23:02:33 ID:BlozDIEc0
地獄への道は善意で舗装されているッ!!
376 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 23:11:32 ID:40gpKJDM0
>>373
比喩表現じゃないってのがまたww
377 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 23:18:04 ID:jfHOjAs.0
おつー
なんていい笑顔してやがるww
379 名無しのやる夫だお 2012/09/06(木) 23:27:52 ID:UE/tTE7EO

相変わらず的確過ぎる配役ww
393 ◆OkhT76nerU 2012/09/07(金) 22:30:20 ID:lRWF2qV.0
書いてから気づきましたけどシモン・ド・モンフォールって攻囲戦の最中に流れ弾(投石)を頭に食らって死んでるんですよね。
ちょっと龍之介っぽい。
422 ◆OkhT76nerU 2012/09/17(月) 01:02:58 ID:yLUiZH8A0
『中世イスラーム世界のパスタ』なる論文を見つけた
ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jorient1962/42/2/42_2_22/_pdf
423 名無しのやる夫だお 2012/09/17(月) 01:13:57 ID:hLrv8UBY0
粒パスタ多いなw
しかし中東ではむかしからひよこマメ食うんだな
今でもトルコ料理店とかインドカレーで出してるね
425 名無しのやる夫だお 2012/09/17(月) 23:23:22 ID:Iteiz8220
そう言えば阿刀田高のアラビアンナイト紹介本で、「蜂蜜入りのソウメン」なんてものが
出てきたのにはビックリしたな。

悪妻に「蜂蜜をかけたソウメンも食わせられない甲斐性なし」と罵られ、反撃したら官憲に
訴えられ逮捕される男の話なんだが、その先は忘れた。ただ、所変わればで中東には蜂蜜
かけたソウメンなんてもんがあるのかねえ、とひたすら感心したわ。

あと、悪妻に「嫁虐待で訴えられて捕縛される」という辺りも、いまや時代錯誤の男権社会とされる
中東らしからぬ現代感覚で興味深かった。ま、御伽噺といってしまえばそれまでだが
426 名無しのやる夫だお 2012/09/18(火) 00:14:57 ID:ccqnMHKo0
それはクナーファというものらしい
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1
428 名無しのやる夫だお 2012/09/18(火) 01:09:33 ID:f/YTC7S60
イスラム世界は帝政ローマ文化を受け継いだから十分有りうるのでは。
429 ◆OkhT76nerU 2012/09/18(火) 01:34:10 ID:qfMd/rNU0
>>425
そもそも千夜一夜物語という話の枠組み自体が、
「才知に長けた女性が、他の女性たちを救うために暴君の下へ赴いて改心させる」という代物なので、
強烈な女性蔑視の臭いはしないですね。
ぶっちゃけ千夜一夜物語ってガチガチのイスラーム主義者からは嫌われてるし。

イスラーム世界と一言で言っても時間的・空間的に半端ない広がりがあるんで、
あらかじめ単一のイメージを持って、そこに当てはめて解釈するのが有効とは思えません。


>>428
ローマ帝国も大概男尊女卑ですけどね。
430 名無しのやる夫だお 2012/09/18(火) 01:57:05 ID:PoqawvRcO
言われてみればお姫様が主人公だな“




マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 第七話 安寧なんて、あるわけない
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-3931.html

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  聖典の確立という意味で、マニ教はゾロアスター教に対して絶対的な優位を誇っていた。
.       V            V    ゾロアスター教には祈祷と拝火儀礼、後は口承伝統ぐらいしかアピールポイントがないからね。
.       i{ へ      へ }i
      (ヽ、   、_,_,   /  )   確固とした聖典と整えられた教義を持つ
.     /| ``.―  ― |  ヽ',   マニ教に知的魅力を感じる人々は後を絶たなかった。
.   _/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(…)
    /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \    アーリア民族は長らく自前の文字を持たず、
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.   6世紀まで中世ペルシア語(パフラヴィー語)を表記するのには
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }   3~4世紀のセム系民族が作ったキリスト教パフラヴィー文字を借用していた。
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/

         ,
         / l
       /  |
     /    |       _ ,
    ./     L,_,. -‐‐''´ ./
   /        `ヽ、   /
.   |              't /
   l   O,  、   ,   i/
   |      ト-イ ,O l
    ゝ      |. /    /   あいつら自分らの言葉表す文字持ってないんだと
    ヽ   _  ´__/
     //,、  ̄`、ヽ,
   /  i  \ヲ´ i ヽ

                                        /]__/]
                                       /        \
                                      / _ノ         ',
しょーがねーな                             〉 O    O   |
                                      \  __   /
アラム文字改変して便宜的に表記できるようにしよーぜ      γ⌒)    く
                                        |        |
                                        |        |



                r- 、
             _∠___:.:`ヽ, イ´ ̄ ̄ニニ=―
        , .:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.--´--- 、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.`ヽ、
      .イ:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:ヽ、
    /\:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:\、:ヘ
   ./ヽ:.:.ヽ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:|:.:.:.:.|:.:.: ',:.:.:.:.:ヽヽ:ヘ
   ,'ヽ:.ヽ:.: ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.∧:.: }:.: : |:}:.:.:.}:.:.、:.:.:ヽ ヾ、
   i:.:.:\ヽi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:./|:.:.:.:././:.:/ i:.:/|:.:.: |:i:.:.:.i:.:.:ヽ:.:.:i
   ',:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.||-/丁:.云メ-/  .}:.i ┼:/:.|:.:.:,':|:.:.|.、:.:.|
   ',:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{|:/ ≠´てト/   /イ7、/:./:.:/:.|:.: | }:.:.!
    ∨:.:./!:.:.:.:.:!:.:.:.:.| 〃 ら::::::|      b:} !:|/:.:/:.:/|:.:.! |:.,'
    ヽ:.:{ ∨:.:.:ヘ:.:.:.{ .` .辷シ     ヒリ,':.|:./|:.:/ }:/ |/
     ヽヽ .!:.:.:.:.ヽ:.ヽ         ヽ i:./ .}/ i/ ./
      .\ヽ:.:.:.:.|ヾヽ            ノ:.| ./ . /
        .ヽヽ:.:.:|.         ‐  イ:.:.!         へえ、キリスト教徒が文字作ったんだ
          ヽ:.:.| ヽ        イ |:.:.:,'
            _| ヽ:|   >  、∠:. |:.:|:.:/          どうせ私たちはほとんど字なんか書かないし、
          .r/ `ヽ \__ _ /lヽ:.:.:.|:. |/           必要になったらこれ使えばいいや
       r.´ ヘ      / |  i!ヽ .:|:./|
  ,、 r:::´::::|   ヘ     /≠|  i! ヽ:::`ヽ 、
506 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 21:57:31 ID:87PNefYU0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //    ⌒    ri    だけど6世紀、神官団はパフラヴィー文字からアヴェスター文字を開発し、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ    アーリア民族にとうとう文字文化が定着したんだ。
(…)
  |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  そして神官団はこれを使って口承伝承としてしか伝わってこなかったザラスシュトラの聖呪や讃歌、
.       V            V    宗教法などを整理して書物化した聖典、『アベスターグ』を完成させた。
.       i{ ●      ● }i   
       八    、_,_,     八   というか、そもそもザラスシュトラの聖呪を正確に音写することが
.       / 个 . _  _ . 个 ',   アヴェスター文字を作った目的だった。
(…)

                                                   _/`ヽ
                                                 / ̄  `ー‐  ¬
                                                / ●      //
教祖没後およそ15世紀を経て、                                 { (__   ●  / l/
ゾロアスター教は単なる「アーリア民族の共通伝統と伝承の寄せ集め」から   \ `ー'  , |
知的批判に耐えうる宗教に脱皮したんだ。                       | iヽ   イ!  |
                                                      | 乂}   `| |
そして文字文化の定着は精密な行政制度や税制改革に寄与し、             | ノ  ,:コ、 |
サーサーン朝に政治・経済的な繁栄をももたらした。                 〃/  // |  、‐- 、
                                                ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ
                                                {    |::::∨ ̄  \
                 _                             rヽ    、_、   、\
               /:/⌒                             \      \ ヽ  、)
         . . . .-――、 l: :/- ,. .-―-. 、                           ー----一'^ヽ _)ー'
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:::::-=ニ――`ヽ  /⌒ヽ
    /:/::::::::::::/:::,::::/::i:::::i:::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ   /  /
    /:/:::::__/::/:://:/:::/::,ィ::i:::i::::::ヽ:::::ヽ:ハ:::l /  /
    {イ:::::::::/チャ≧ヾミ:イ://::j!::j!:i:::i::!::::::ト:::.}://  /    さらにビザンツから亡命してきたギリシア哲学者を保護してヘレニズム文化を、
   キr!i::::::i:::!マ三三≧'' jム斗fハj:::∧:::jー/´  ⌒ヽ  国境を接しているインド亜大陸からも文化を吸収!
    { j !ヾ::!ヘ!!   ,、    三三/⌒¨7´    ヽ  } }
    ヽl!:::iヾ!ヾ   { `¨¨¨} ,/¨7ー{   r- }_ノー'⌒) サールーイェに大図書館にもできたし、もうキリスト教に遅れはとらないよ!
     ヘ:!\    ヽ__.. - '´    {  \___><_/⌒´
        >=¬¨7/     ヽ、ヽ、___/::...ヘ
       ,/{    {{   ,.ァ< ̄´}::::::::::::::::::::.ヘ
       {ハヽ   ヽf7f} /^ヽ, `「}-、j;:::::::::::.:..:..:..ヘ
      |i∧ ¨ア´ ̄[´∧> :}: //rー`¬、::::::::.:.:.:.ヘ
        !! ∨    <7 }>  |        .レ'´ {       i!   {/⌒7__,/ \::::::::.:.:.}
510 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:00:45 ID:87PNefYU0

     l、    /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
  __| V   / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
  \      //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
  <     .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | ∧ |/ /`V=、
  /     . || |  l  | ,X= |         \|(__;)}=| c | |l
. '一 7     ! ! ヽ ゝ|, ´⌒ヽ     , ´⌒ヽ.  | /  A iiiゞV
           ヽ ヽ!{     }    {     }  /  /=ヾ|、X
            `ー乂__ノ    .乂__ノ  /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,
             /|     '      ∥∥ / ノ/リ-'ノ- '´  ――|   キリスト教!?
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ――-、ー ヽ、 |    |   ,. イ /     -- 二二,!   神官団のライバルは私の教会じゃないの!?
        /___   ` ヽ、 |_____|- '´  |        ___  `ヽ、    \|ー -=---、__,.|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       /   ` ヽ<´`ヽ ,.ノ、     ̄l ||  | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ,/ ̄ ̄ '、::'、  r---- 、_, |l|  ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―-、_/     、:::、 .|    _ Y'''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄
     ____, /     ヽ 、::、 ヽ    __ ,| ,!-     |   |_ ヽ--――
     /    /      ヽ 、::゛、|      |'ヽ     /   |`゛ヽ


                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!        とっくにキリスト教にお株を奪われたよ。
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \    アベスターグの完成以前に聖典を確立してたのも
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \  民族を問わず受け入れられる教義を持ってたのもマニ教だけの話じゃない。
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }
512 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:01:41 ID:87PNefYU0

       r、        //|
       | ヽ\ ,.,__,. --       |/ >'´      `ヽ ヽ
      / /           ヽヽ      それにマニ教にない強みとして、ヘレニズム的学術があるしね。
     /  イ  ●     ●  .,| ヽ
    ./  / |       ._     ,}  ヽ    ローマ教会に限らず、東方シリア教会(ネストリウス派)でもギリシア語文献が
    /   | ヽ    )-'´`    ノ ヽ  ヽ   研究・翻訳され、神学校や修道院から多数の医師・学者・占星術師を輩出していた。
   ,/   |   i`ー-,   -r‐'´  ゙、.  ヽ
 __,./__,/>,|/,>_,..{  ,/|   , ヽ    l|   |  宣教師もそういう知的職業に就いている者が多かった。
 ´ ̄   ̄ ̄/ ヾ_,>,|.  / ,. ヽ    r,.. ノ
(…)
 / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、    突っ込んだキリスト教史はやらないけど、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \   サーサーン朝の迫害や宗派間の争いなど紆余曲折を経て、最終的に484年に
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.  反ビザンツの立場をとる東方シリア教会が公認されて
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }  帝国内で大きな勢力を誇るようになった。
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/



     | /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     | |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     | i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\    \:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ          _____,  ヽ|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
      |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ   ___,       ━━━   |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
      |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ  ━━                |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|
      ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ             :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|  ・・・ま、しょーがないか。
       ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
          \  |:.人               /:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|  宣教師を処刑しても処刑しても死にに来るし。
           ヽハ:.:.:| \  ⊂ニニ⊃  ,/ |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
         _y⌒ヽ-一ッ   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|
          ´      <´     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
.        (        }ヽ    |` ーr‐'´   /:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./
        ヽ   _,,ノ
          ゝ一''
519 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:05:21 ID:sG0McGZY0
>>宣教師を処刑しても処刑しても死にに来るし

このへんがキリスト教徒のガッツのあるところだwww
516 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:03:57 ID:87PNefYU0

      ハ-ハ
 (⌒ヽ// Cω) シリアやメソポタミアに止まらず、サーサーン朝発祥の地にして
  ソc'ヾ,/´   |  神官団の中枢、ペルシア州にまで食い込んで信者を獲得したぐらいだ。
   ~^ljj ̄ljlj


                       __
                        | i
                           lニ| ;ニニl
                        | i
                        | i
                        | ̄|ヽ   ____________
                  /二 二 二 二 二ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .:\
                  _//:::.:.:::.: :..: : :.:. : ..:.: .ヘ_:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. ::\
                    //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ______\
                //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
                  //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
‐- 、          //:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,i,_,i,_,i\ ヽ . . :ヘ :. :. :. :. :. .: ::. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
:.. .: `ヽ、      ///,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,i,_,i,_,i,_,i,_,i,.\ .ヽ. :. ヘ :. :. :. :. :. .: ::. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
: :.... . :. :. :゙;:',,.    /[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i=].|‐‐‐‐l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||
; l:;;::;:;::; :ノ       |  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||
.:.:;::;:: :;.i~       |  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }
:. .: :. ソ       |  ::|  ∧∧  ..∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、   |  ::| ..(   ゚) .Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }   |  ::| ..(|  |)  .∥   │l|     |  |    |          |____
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,__.~ .|.┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~
                     し´J


        、_,. -'ーヘ,,_    _ __
       / : : : : : : : : v:´: : : : : : : : :: \
       ´ ̄ >'"´ ": : : : : : : : : : : : : :: \ / ̄ヽ、
   Ο    /: : : /,:´: : : : : : : : : : : : : : ヽ::∨ : : : : : ヽ
       /: : : / .: / : ,: : : : : : : : : : : : : i: : :|l : : : : : : :|
    ゚   i /i:: : : i : 7||:ハ::|i:: : /!ハ:.,ィ !||::八 : : : : : : |      アーリア人なのにわざわざ邪教を選ぶ奴らが出てくるとか、
  に    i/   |: : /| -l/‐レ'リ丶ト|-‐サナ レ/:/  \: : : : |  こ)  ちょっとヤバいよ!?
          Ⅵ 、:ド ○  _ ○ 〃ィ:/,-、   | : : : :|
    O     (_うト、ゝ  /  ヽ 彡ソ仆ン  j: :|:: ::|   ○  やっぱりこっちも聖典を作らなきゃ!
         O  \ノ>、」 _ レイ「_」r'´    |: :l: : |
              `''-〈 l 只 l ゝ´      |: :l: :| ゚ O
                ('^/∧ヽY        l: :l: :|
                 冫 l/  }        !::l: .|
                く>∧.イ`>       |::l: /
517 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:04:17 ID:87PNefYU0

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|      一方のマニ教教会についてはとうとう記録に復活せず、
              |/,ヽ     ヽ     メソポタミア南部で細々と続いていたことが予想されるぐらいだ。
       __      //   =   =l   
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      アルメニアのマニ教教会も、後継者争いのとき
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、  ガブリヤーブが放り出して行っちゃったせいか、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))  根付かないまま廃れちゃったみたいだね。
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
(…)
|\           /|
        |\\       //|  
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  普段ならば地力を回復させるはずの大河の氾濫は
.       V            V   メンテナンスを怠った耕地を灌漑施設もろとも押し流した。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八   サーサーン朝の生命線、穀倉地帯メソポタミアは泥濘と化し、
.       / 个 . _  _ . 个 ',   オリエント史上最高と言われるこの地域の灌漑システムは回復不能なまでに破壊された。
(…)
                                          ___
                                                  ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
                   ____                              /::::::::::::::::::::::::::::ノ(:`:>/:::::::::::::::ヽ
          _>-‐'´: :-=ニ.._                             /://::::::!::∧:::::::::⌒:::::{l{:::::::::::::::::::l
        ,≠´: : : : : : : : : :, : `ヽ、       落馬した相手を狙うの!?   i/:::{{::::/`ヽ/:::::∨ノ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
          /: : : : : : : : : : : :./| : : : : \                         レ'VllV ⑪:::::::::::⑪从:::イ \::::::::::::|
        ノノ : : : : : : : : : : /-}ハ: }: :、-‐ヽ     この外道!              ヽ从⊃ r‐‐v ⊂⊃::ノ   |:::::::::|   
     _彡' : : : : : : : ;{ : l : { ┬j;ハ : }                        /⌒ヽ__ |::ヘ  ヽ ノ  .リ:l::i/⌒i |:::::::::|
     \_:_: :ノ : : : / 〉、{: :.|  |:{ {};ノ                         \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|    
     ー=彡: : : : :{ {__ \|  `  }   えっ?                    /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
        ´'⌒ヽ; : : \_,   ー'ー ノ  __                         `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|
         ´~}二≠ニ≠=、<ヽ/´,'⌒ヽ
         ,≠、く `Y{    L_}ハ,/   ,ノ
          |{  }__} j个‐-、__}く_ノ  , ′
          |Lノ丿 ノ,ノ  `:.._   /
         }T「 /, ′  j_}`¨´
          辻}」/}    {

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′   ビザンツとサーサーン朝の間では、落馬した貴族は
.       V            V     身代金で身請けするという暗黙のルールがあったんだけど・・・
.       i{ ─      ─ }i
       八    、_,_,     八 =3  辺境の蛮族アラブ人はそんなこと知らなかった。
.       / 个 . _  _ . 个 ',    結果、油断した貴族が理不尽なまでに殺戮されていった。
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
563 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:36:15 ID:sG0McGZY0
当時の貴族は重武装甲冑を人にも馬にも装備していたから(鐙無しで)
戦闘中の落馬は激しかっただろうなあ…でアラブ兵は身軽だから機動力に差が…
572 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:41:09 ID:87PNefYU0
>>563
ペルシアの重装騎兵は鐙つきです
577 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:44:23 ID:sG0McGZY0
>>572
鐙はオリエントじゃ発明されていたのですか?じゃあなんで欧州は十世紀にならないと鐙無しだったんでしょw
579 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:48:13 ID:V.MMYLfg0
>>577
中国で発明されたのが東から西に伝わったから、西欧が一番遅い…かな?
580 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:48:15 ID:87PNefYU0
>>577
軍事史はサッパリなんでその辺の話はわかりませんが、
スキタイ人やサカ人が軽騎兵で前3世紀ぐらいまでブイブイ言わせていたところに、
鐙で踏ん張って接近戦が出来る重装騎兵を使うサルマタイ人やパルティア人などがやってきて取って代わったそうです
562 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:35:36 ID:87PNefYU0

  ハ--ハ、
 (CωCヾ.、__,、  生きて捕虜になれた騎士たちは、親衛隊の精鋭4000騎を含め
 /|フ ヽ.´\l|}_ぅ'  丸ごとアラブ軍に編入されてクテスィフォン攻略に加わった。
,==( ljlj )<^ヽ、
tttフ     `)ノ


        ヽー--、ヽ_ソ .>' "i
  _,. '´ ̄`    / >'′ |
  _>         `く⌒ゝ、|
 ´/´  ,   、  、   ∨ V ゝ、                        _/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
 /イl /  ,.ィ|,.ィz| |l ,|| ハ{   _. - " ̄ ̄ `ヽ、    \     \                         /
  |. |l /|/シィ」ッソハト __ヽ /            \====ミ、\   < 私が! 私たちがガンダムだ! .....>
  }イハ|ハ::ノ `     |' ⌒> ′       '^ヽ、    }ハ  '´「 「_.`ヽ /                            \
   ハ l.〈、_     イ//               \  r Y'|、  |/     ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
    lイ ll人 -   ./       |   \ 、  V´r' | \_./        ',            \ \\ /^!
    |ルイlハ__,.  ' l  /  /   ハ.  、\\ヽ> ∨  | | | ;'┐    _|___/^ヽ、    / 、〈 / ./
        `ヽ 、| ./'l ,' l ||∧   ト、>示| |^V `| | |〈  >‐<__/__/  、  \  / / ', //!
         _〉 |/ | | ハ | rr.ミヽ ヘ.' Vzリ }ハ | /  | | V」┴/   `       ヘ   `<./__,/イ V|
         ||/′// | |  V∧V〉 \      | |'__  |.∠ _ / /^ /  、    |   |/ rx V――-、
      __,∠ 'コ-- ソ  ヘ∧   | ハ  ′ _   /| レヘ   / / /   |  l \ ヽ |    ||  、 rj ̄ 「´
   / 、           \ ト、 |> `、__,/x'| l   〉/ / ;  ′,イ !   ト、 x:≦、l   !ト、_キノ |;'
 ./ ー/      .       ヽl/| |   /::::::| l lノ /,//| | | ト|、 ト、 |< r'::ハ |    |  |  | |/
./    /               |「ハ!  イ:::::::::| |     |  | | | |<fホ. \ ヒz:リ !    ! /  |/
′/ ,′              __|   V |:::::::: | |     |  | l ∨ハ ゞ',         l|  ./_/    /
 '′ {              /´  〉 ノ  ゝ- 〈〈.     |   ∨|    }、  ‐       |  /  \ /
                 /   }/≠≠ fニヾ   j.     l∧ | ヽ、   /__|. /〉- '´ ̄ ̄\
               /   /.//     Vニニ{_ -    \|/  _`ニチ::::::::::::|// /         \



            ___
  _ -――- \/: : : : : : : ::`ヽ. .
 ∠,-‐ァ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  / ̄`ヽ、
   //: : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ ( :: : :∨: : : : : : : :\
 //: : : : : : : :ト: ./ {.:.ハ.:!<: : :⌒: :}: : .|l: : : : : : : : : .:|
////: : : : : i i ト、メ、ヽl ヽ />x.ヘ: : :八 : : : : : : : : :|
  /: : : i: : : |: |{ \千‐‐v"    }} 〉:.:./  \: : : : : : :.:|
  |: l: : | : : :l: :|ヘ  ノ三三ヽ. __,ノ / /    |.: : : : : : :|  裏切り者ー!
  |',: : l: ',l./|  ∧∧∧∧∧〃⌒..へ.    j: :|. : :: : :|
  Vヽ ト、ヾ| ./       {{ /ヽ.  )   |: :l:. : :: : |
      ヽ: >' . ____∧{ ` ヽ  〃   |: :l:.: : :: .:|
      /⌒ヽ_,v< l只l  / ヾ.__/   l: : l: : :: :.:|
      人___ノ  ヽ//∧ヽ /  <´      !: :l::: :: :.:.|
         `¨¨7 V V     >、     |:::::l::::.: .:/
          く>、∧_ . .イ`>'     l: :| : : /
          / >――‐‐<ヽ      ヽ:|: /
            / /        ヽ.)     ヽ/
.           〈_/_
564 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:36:21 ID:8RMTQL4QO
これはひどい
567 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:38:25 ID:pxd6k7E20
ヒラの兵士だけならまだしも親衛隊まで寝返るって…
565 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:37:03 ID:87PNefYU0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ      大番狂わせとしか言いようがないね。
           \ ,>     `ヽ
       __     //.      __,l      つい30年前には全盛期を謳歌していたオリエント世界の覇者、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ     サーサーン朝ペルシア帝国は地上から消滅し、
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  マニ教を圧殺しかけていたゾロアスター教神官団は支持母体を失って一気に弱体化した。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
(…)

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V     初期イスラーム共同体は、他宗教に対して驚くほど寛容・・・
.       i{ ─      ─ }i
       八    、_,_,     八 =3  というか無頓着だった。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
587 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:53:22 ID:pxd6k7E20
>>574
イスラームに改宗しなくても、
ちゃんと税金さえ払ってれば他宗教の信仰を続けても許されたんだっけ
昔の方がよっぽど理性的だな
589 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 22:55:19 ID:sG0McGZY0
>>587
確かにそうなんだけど、当時のイスラムの王ってめちゃくちゃ理不尽なことで
殺したり虐殺したりもするからなあ…まあ欧州も一緒だけど。
590 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:55:57 ID:87PNefYU0
>>587
時代や地域によっては、商業上の都合から税金すら免除される場合もあります
(…)
  |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  そしてこの時代、アラブ的教養を身につけたペルシア人たちは
.       V            V    なぜかゾロアスター教よりもマニ教に傾倒していった。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    国家権力の支持抜きでの勝負なら、マニ教側に軍配が上がったみたいだね。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ̄     ──--、 ,!
.        /       / フ  テ ,!
.         /       :i   ィ  ィ ,!
       /  /  :/  /i  ナ  ロ.,!
.      /   |  /|  / ヽ . |  ・ .!
.       /   |  | |  |   _〉 レ__,,!
     /.|   | ,イ !  !    j//,.j/ !              _
      /.    _jヘ_L Vヘ!    ィf_芯`!              ヽ `ヽ   ヾ、        / ヽ
.    / { ∧  | ,.ィ芯      ゞ-' !               { ヽ__}_ヽ.}:},.-――- 、 /    }_
   / 乂_人  「代ゞ'      :::〃::/!             /: У: : : : :`: : : :-: :-、: ヽ{ / /: :ヽ
.   / |    {八>::〃::  `    ´ !             /:_/:,: : : ,: :./{: ,、: :、:ヽ: :ヽ: :ヽ- 、: : : ::.
  / |    ヽ_ヘ     ` ´   , .!             、_,../: :/:/: /: | ! マ:}、:ヽ: :ヽ、: } ヽ: : : {
. / 八>'´___二≧=-   _,.イ !              |:_,.イ: :/: |: /ノ {:|  j/、_マ!,: :ム:\  {: : : !
/ \_}}ニニ}}ニニニ}}__ ̄]] ノ厂 !              <_ {: /!: :|Ⅵ_  `   __ リ }: :リヽ \_>:.:.:|
ヽ ____,. -=≦二|___{_}_ ̄ ̄!               |: :,Ⅵ マ:{c(__)   (__)っl: ハ }   |: : : |
   ``ヽ    /_ / / \ \!                |: :{ リ /:ム    :::::::    /イ: :}ヽ`ー{ : : リ
       ``ヽ  く /    \!                |: :|  {/:,ム  f⌒ヽ   ,ィ: :/`ヽ |: : :.ト
             ``ヾ i!   !                 |: :|    /-≧、ゝ __,} イ__/イ_,.、_ハ |: : :{ }
                 ``ヽ,,!                 |: :|    ∨__{////Y// ,ハ      } !: : i ノ
                                  /: j!    /⌒!、 `ヽ{!/-、!ヽ、_ノ/|: : { /-- 、
                            .     /: :/   /l{:::::ヽ、7ー' `ー /__ /  { ,: :.|_,ィー '
                              _ 彡イ    {:::::::::/     /::::::ヽ!ィ` ーヽ:ヽ、
                                      (__>'     r 、_:::::/ノ      ` \
                                              `ー ´
586 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:53:02 ID:87PNefYU0

                   _                 _
                , .<´_,,..,,_ `へ、           r´ i へ へ=ー-v-、__
              , .´      ,  i .へ、_        i .∨  |  | . i  / ヘ
              ,゙       /゙ , 人  ト-`=ー     i  |  |  |  i ノ
              i ρ/ノ ∠ノノ  \ .i       __ = ゙ ̄乂,|  乂ノ
             _ j_∞ヒ´七゙´/   / ィ,i|、     ゙ハ      乂_|
             ゙ T¨¨¨フ,/ゝ-   .,i豸l゙|ハ     ゙ハ   
        /\    ゝ-氏i <`(芍ミ,ィi `¨`i`゙゙`    / ゙ハ    カリーラ
      /   \.   乂_弋ゞ `゙__丿 _`¨´iムァ  /   ゙ハ  
     <小アダブと. \ ノ´ ∨|ヘ、  r´ .) ,.ノ|_ /     /゙ハ       と
      \ 大アダブ..\   ..|::::i ヘ>‐ァ ヘ;;;i     /   ゙ハ 
    /::::::::\  σσ/   λノ.l ゙y‐゙ i / `i  /    ゙ハ       ディムナ
  /::::::::::::::::::::::\  /    (.i´ .ハ-‐<.゙    イ       ゙ハ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::`´|     .| .i           i       .゙ハ
:::::::::;. ´ \:::::::::::::::::::::::|__    .|  i    /      |       ゙ハ           __ = ゙ ̄
:::/マニマニ \::::::::::://\   |   )   i       |        ゙ハ      __ = ゙ ̄
         //:::::::::::: \|  /i   乂      \       ゙ハ__ = ゙ ̄


          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \    そんな文化人の代表がペルシア系官僚、ルーズベフ・イブン・ダードゥーヤ。
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶   生涯の最後にイスラームに改宗しちゃったから、
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '  イブン・アル・ムカッファウの名の方が有名だけどね。
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′ 『カリーラとディムナ』をはじめ、ペルシア語文献を何点もアラビア語訳した。
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /   その中にはマニ自身の著作も含まれていたそうだ。
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /     彼がいなかったら永久に失われたであろう文献は多い。
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡


『カリーラとディムナ』
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4582803318
588 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:55:06 ID:87PNefYU0

                  ,..-‐==≡ニ≡==‐- 。.,
               ,x≪f圭圭圭圭圭广卞寸圭圭≧x.、
            ,ィ升f>"´ ̄ ̄ ̄ ̄/    `守圭圭ミ)
          ,イf圭//      /,.イ    \  ` マ少<
        〈f圭ア/ / /  / /八   ヽ  ヽ  ヽ ヾヽ
     ,γ⌒ヽ Y´ // / 〃//  ヽ   |  |     \ノノ
    /―=ミ、 \〃 ′ i / /___ i   !   |   ;. ヾ,
     { r=ミx、`   \/  jフ厂  __  `|  j    ;.    ;
     `'≪巛\  ヽ  |ム==ミ、 `  |  ハ  ,i! ;.   | i|
  厂ヾ\ `ヾミxヽ   \j ん、_℃ Y   ! /  「 刈    l リ
  \  \ヽ、 `ヾ、    ¦ ゝ― '    j/ ぇ、!/ ハi ;
    ヽ、 ヾ廴_い   !   """     ん゚ }' / リ 〕 ′
  ___ハ   }\_ノ }__人   、      ゝ'  / / /| /
〃, -―-ゾ  リヾ辷彡イ \      一   "" /イ / ノ゙   最後に改宗しちゃったのはアレだけど、
〈(     ー '_,.斗=ミF=ミ\          イ ≠ニ7    信徒の中から有名作家が出てきたのは初めてかも!
 ヾ       /     ヾ、   》介、 ――=ァ彡≪___)
ヽ }__/      } }ヽ《/〈 ≫ヽ  〈r≪⌒ ̄ ̄     他にはそういう話はないの?
 У ヘ        | | ,ヾr≪ヽ  }   ゝ__>'⌒)
  ||   ヽ     } / /,/ 尺ァ<`゙'< ̄㌃ /⌒′
  ||     \    {/ノ | \\ `゙ヽ `>廴_,乂r~⌒ヽ
  /=ミx、   ー (´  乂_ゝ \  V  _>~'⌒ヽ  }
/    ヾ 、     ヽ     八\ \/ ̄       ソ
      ノ }___/      ヾヽ  \
ヽ  /゙z┘            =⇒ハ_  〉
 |//\{             〃    厂
ノ ∧`< \            =≠    ′
  /:::::\\ `ニ=‐-  ..,_.. ィ"   . ゙
. /:::::::::::::`ー-==‐-  _/ ハ-‐≦



                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ    さすがにルーズベフほどの人物はいないけど、
       __     //.      __,l   7~8世紀にはアラビア語訳されたマニ教文献がかなり出回っていたみたいだ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ
592 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:56:25 ID:87PNefYU0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V    イブン・アン・ナディームの『フィフリスト』には聖典以外のマニ教文献も挙げられてるから、
.       i{ へ      へ }i    この時期マニ教徒によるオリジナルのアラビア語文献も作られたみたいだね。
      (ヽ、   、_,_,   /  )
.     /| ``.―  ― |  ヽ',  まさに西アジアにおけるマニ教の黄金時代だね。
.   _/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  | |     | .|  |/      / | / ̄ ,ノ | /             ,-|-r T´  |   || |
  .! l     ! |  |.     ̄/ ̄//   /'T/           '´  |/  l .!  /   | |.!
-─一 ' ´ ̄ ヽ_. |  |    //  /   / _,. /            _二_!___ | l ィ   / ,リ
   、          ̄ \  /  /  /ニ二__             イ<//|ヽ|,' /.!  /
    \ .ノ    |     卜一´  / ////l|`             rミゝ/リ  |/ /  / l\
     /    /    /    .///ゝ__ノ/,|              |  o,/   /  / | l ヽ
,...一'´   /     /    イヾ    ̄ ,/                ー´   / ,.'  //  ヽ
,...-── '´    ,../      \ゝー‐ '´                   /.イヽ / /   l }
二 ___ _/        ` ー──────‐‐- 、      ハ\ヽ' ´ |  |/ /   //   もう何も怖くない!
                   ________ ,ノ  ゝ       // /   /イヽ
        `ー--     /  ̄ ´                          / ´ ` ヽ、/,.< ,|i .!
             \r'´ヽ、          、____ , .     ,. '        \ .)/ !
             \ ヽ ヽ、        ` ー― '´     , イ            \  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  、     \\ヽ、ヽ 、            ,イ  l;;|       /      ヽノ
              \     ヽ, `ヽヽ、 `゙ -  _ ,.イ/./ |  |;;|      /        ヽ
              \     l    `゙ -`゙、ヽ-,.r'´/ / !   |;;|     V /         `ー
               \   },  ̄ ` ヽ、  i .| i   / ,. --、.|;;|     V
                 \,丿      \ | | | ,ノ/     `ヽ、     |
593 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:56:58 ID:87PNefYU0

: : : : : : : : : :.∧ ∨
: : : : : : : : : : :.∧ ∨
: : : : : : : : : : : : ハ ',
: : : : : : : :: _: -―'  ヽ ‐-  _
: : : ; :≠ ´            `   、    __
./. .                   `  ̄__  二... ‐-. 、
. . .                       `ヾ、: : : : : : : : : ̄: `}
.. .   _                      `ヾ: : : : : : : : : :;′
.. . /: :_.ヽ                           \: : : : : :/
. . { : :.;佳;ハ. }                           、 ヾ : : /
. . .ゞ, 守炒 」                      '.  ヾ゙′
. .    ̄ ̄                            '.   '.
. .                            _     :   '.
. . .                      /;ォ:、`ヽ    :.    '.
. . . .                     { 菫リ: : }    :   '.
. . . . \.           /|             `ヾ、 /    . .|    l
. . . . . . `. .、 ____ /::i!                  . ..i!    |
. . . . . . . . . `ヾ:::::::::::::マ_ ヘ                 . . ;′    |
. . . . . . . . . . . `ヾ:、:::::::::::`:ヽ. .          .     . . . . ;'. .     |    ――アッバース朝初期まではね。
. . . . . . . . . . . . . . .ヽ7_ヽ:、:::ヽ._  _. : : . . . . . . . 〃.. .    |
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  ̄ ´ `¨  ̄. . . . . . . . . . . . /. . . .     .!
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . . . . .    |
. . 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . , イ. . . . . . . .   |
. . . .`. .‐-. ._ . . . . . . . . . . . . . . . . . . , -‐ ´   |. . . . . . . .     |
. . . . . . . . . .  ̄. . . ―--―    ´       |. . . . . . , ..≦三≧ 、
.  . . . .    . . . . . . . . .'.           i. . . ,.ィ.≠´ . . . . | ,タ
.   . . _    . . . . . .   '.           i!ィ゙≠´ . . . . . . . i!
.  / 、 ミ、   . . . . .   i!         /./. . . . . . . . . . . .|
. /  . .i!. . }   . . . . .    |        /./  '. . . . . . . . . . . .!
594 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 22:58:20 ID:87PNefYU0

                   ___       ___       ___       ___        ___
              ____ / / / ____ / / / ____ / / / ____ / / / ____ / / /
          /__ / / / / /__ / / / / /__ / / / / /__ / / / / /__ / / / /
               //  ̄ ̄    //  ̄ ̄    //  ̄ ̄    //  ̄ ̄    ,//  ̄ ̄
        /'ー---'_,/   /'ー---'_,/   /'ー---'_,/   /'ー---'_,/    /'ー---'_,/
           ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄


                            _  __         _,-/¨>、
                       ,-、_/7// /;/〉/7-/.7、_ム/ /:.  /ミ-、
                  ノ ̄/ '´  // /:////:::/ /:/ / /`7ァェ_/ ,/ 7
                 ./⌒,,.-==-ヽV /:////::./ /:/ / /`/ /、/ / 〉/-,
                ヽ//      ヽ匸`゙'‐'- '、〈./_/_/`/ /、/ /、// /〉/ヽ__
                  }'´       ヽ)::::::::::::::::::::::::::::`゙-/__/_/`// /// /::/〉__
                  ヽ l        l ノ_/ニ/_/ニ/_>‐;;:::::::::::ヽ//_/// /::// / 〉-、
                 ヽl        ヽヽ::::::::::::::::::`'-/、/〉::::::::::::::`ヽ/::// / / //ァ、
                    l        ',:ノ:::::::::::::::::::::__::::::::゙〈/〉、::::::::::>、../ / /// /〉
                  l/ミ 、      l }::::::::::::::/ /:::::::::::::::゙ 〈/〉;-‐/⌒v⌒>-/
                    l  `゙'、`、     .l.`}:::::::./ /:::::::::::::::::::,-、ノ_=‐'´ ̄ヾヽ __)
                   l    ヽヘ   l:二∨ /-、::::::::::_ナ彡'´       .} {´ 」-、
                     ',     ヽヘ  l_ソ⌒`ヽ-、,`=//           l l _ノ
          ,-=‐- 、        ' ,       ヽ丶 lヽ⌒ヽミヽフ'´.            ,.┴'‐-'
          ノ  \ ヽ       ヽ.     Vヘl三ヽ,ィ<≡=-‐''" ̄ ゙̄'''7' ´
         く     ヽ l         \:....   l ll{/'´             /
          \  \ l_ヘ         へ ::::mnv'、          ,.イ       慈悲深く慈愛あまねき神の御名において、
           ` -( `ヾ ∧            〉}メ{{:::::::........ _ . -=''"´         神のしもべにしてその代理人、アル・マフディーが告げる――
              ̄、  \       /,}刈l´  ̄ ̄ ´       _
               `丶、 丶_    _ム}},'}{ l            /´   ̄ヽ
                   `ー- ニ二{゙==={―――-----‐=--―    }
                        __〕 ,-‐'==‐- ....,,__〃 ̄ヾ}ー--=/
                          / -=、ヽ           `  ̄´ヘニ _ノ´
                    _.。ャぁリゝ、__...イ
                  O ̄ ̄ ̄ ̄\ ∧
                             ヽ∧
                               `O

          【アッバース朝第三代カリフ アル・マフディー】
597 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:00:01 ID:87PNefYU0





        _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
        \                                  /
        < マニ教徒を逮捕すべし!             >
        < 繰り返す、マニ教徒を逮捕すべし!!   >
        /                                  \
         ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄





.
598 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:00:18 ID:87PNefYU0

               __
        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\    マニ教徒ども!!
    /  ヽ______/  /
   く               /     二元論、儀式的姦通、不倫、飲酒、男色、偶像崇拝の罪で逮捕する!!
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(       神妙にお縄につけい!!
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \                                     ___
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ    \ く                                    /_ノ  ヽ\
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /                                  / (○) (○) \
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ                                / u   (__人__)   \
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |            冤罪だおーー!(二元論以外)  |     |i!i!i!i!|   u  |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |                                \  u  |;;;;;;;;;|    /
   ヽ       |  |    |  |    /   |                                /    `⌒´    \
                                                          (<<<)        (>>>)
                                                          |、 i、       ,i  /
                                                              ヽ_/       ヽ__/
                                                           |          |



       ,.       、
        i  >ー  < /    750年にウマイヤ朝を倒して成立したアッバース朝は
          Y o   o  Y、    何故かマニ教弾圧を開始した。
        ./i  、,._,    i \ィ=x
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ
(…)
            ___
             ´            ` ミ
         /                マ
.          /        〃  ∧      ',_
        .′       /i}  /  '_      (())
         |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))    神官団より酷いじゃない!
         │   i/   レ′      ヽ!   (())
        从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、    ていうか二元論がダメなら
      , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉   なんでゾロアスター教がスルーされてるのよ!?
     iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ
     __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧  あっちの方がよっぽど享楽的でしょ!お酒いっぱい飲むし!
    ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
    ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
      \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
      Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄

        ___
        ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
      /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{::::::::::::::::::::l
      i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
      レ'VllV≧z   z≦ハ:::イ \::::::::::::|
       ヽ从 “        “.::ノ   |:::::::::|
         (\   ー'   / ̄)   .|:::::::::|
         | ``ー――‐''|  ヽ、 .|::::::::|
         ゝ ノ     ヽ  ノ  .|:::::::l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
605 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:04:42 ID:87PNefYU0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ       なんでマニ教徒を狙い撃ちしたのか、そもそも本当にマニ教徒を弾圧したのか、
           \ ,>     `ヽ       マニ教徒の名目で別の何者かを弾圧したのか、真相は藪の中だ。
       __     //.      __,l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ       処刑されたのは知識人や官僚が多かったから、粛正の口実だったのかもね。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))  何にせよ、マニ教はこれで大打撃を受けた。
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ


                                    ____
                                  /ノ  ヽ、 \
                              (ヽ /(○)}liil{(○)\
                              (((i )    (__人__)   \
                             /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
                            (___    |ェェェェ|  _ \
                                  |        /  ∴∵
                                  |       /   ∴∵
     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._                 |   r  ̄∴∵    ・・
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,            ヽ  ヽ   ∴∵
               --―---- `''ー 、          >__ノ;:::......  ・・
                         `ヽ 、                   , -─‐──‐-、
      /            二二、       `':.、                /、ハ,        \
      /            | {::::`ヽ\       ` 、             /^ <  て        \
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、          l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
        /´          ヽ `ー' /             |           |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
    /-、ヽ        三 ." ̄            |     .      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |            ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /           (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /           ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /            ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
    | |    ;;; (      / `''"/       /            ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /              `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
    | |  ″        | |       `ー-/                  - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
    | |            | |       /                     廴_i!i!ノ
607 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:06:53 ID:0jiSeyNQ0
もう何度目だこのAAw
601 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:02:26 ID:sG0McGZY0
ウマイヤとアッバースの支配の仕方が明確に違ったからかな?
606 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:05:33 ID:PhulG3XQ0
広がり過ぎて脅威と思われたかな?地中海世界みたいに
611 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:09:53 ID:pnj5JvGU0
一番可能性が高そうなのが、君主の気まぐれのような希ガスw
609 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:07:33 ID:sG0McGZY0
…イスラムは史学的資料がマイナーだから、マジで分からんのだろう。
ただ絵画崇拝もどきをしていたから、それが偶像崇拝禁止に引っかかったのかな?
612 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:10:05 ID:87PNefYU0
>>609
この時代のイスラームは絵画に無関心です。
8世紀末に第二回ニカイア公会議でイコン崇敬が公認された後から、その反発として始まったみたいですね。
(…)
                                                    {          __  .ヽ
8~10世紀のバグダードといえば、                            ,.ィ、 l        .r´    マ ハ
東方キリスト教徒やイスラーム教徒の知的活動が沸騰したことで名高い。    / | |  l        l      V
                                                o´ ̄ ヽ≧_      .l      .リ
                                              r/{ _  o  r<7      }
                                          _r、rゝ'_>~    } .「´ \    ,'
                                          `ー---‐ '  `T 'イ ト、  `}> /
                                                   {Vゝト‐K ヽ_ノ ノ
                                                   ハ| |   ヽ、{´
                                                   'イ_八 ゚ 、゚ r'
                                                       ヽ'  ̄
614 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:11:21 ID:87PNefYU0

                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/

              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、     
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ    
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l    古代ギリシア・ローマ、シリア、ペルシア、
       У      ヒ"           l    果てはインドや中国の文献までもがアラビア語訳され、
      /、 r、 γl /        ーァ/    中国伝来の製紙法によって、アラビア語さえ読めれば
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /    誰でもそういった学問に触れることができるようになった。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ
615 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:12:25 ID:87PNefYU0

                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!        マニ教は教祖個人の天才ありきの感が強い宗教だ。
     ∨  /            ヽ、 > 、
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \    マニが教義を整えすぎたせいで教義論が発展しなかったって話はしたよね。
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \  それを証明するかのように、今までマニ教史には戒律の適用に関する論争はあっても、
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \ 教義論争は記録されていない。
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }


         ──   ┌─┐  ─┐  ─┼-  │   / /
        ─┬─  │  │ ・  / イ  │─- │/ / /   /
     \\  │  イ └─┘         '    ´  ・ ・   //
      \\                               //
       \\         、     __           //
                  ,一ゝヽ、,/ ........  ̄ \
                ァ´     l、:::\:::::::::::::::::::. ヽ
               /,、  ,  ,へ.'....`\::::: ̄:::ー:: }
            ,、 /´::i /ヽ/:::::::::::::::::::::::`. ー-.、 人 ,-、
      マ     { `' :::::ニハ_ ,イ::::_:, 、:,:::::... ,-、__ l |
       ニ      、 i ::::ニ/:ニ><´ |:ニ/ イ\:::;::::::`.--, 〇二)
       ッ   , ゝ_ゝ-//|||   |/    ||| ヽ彡::l::/ ノヽ_)
           `´ (....〉/  ”   '    “   i彡トU'... /、
            ( \l ~  ┌――┐  〃 レ' }イ::::/... >、_ ,
           f\ へ、   l      |  _ ,  -イ―--/、_ノ
         <彡一´   `  ̄  ̄フフT T┐
                     ゝ ( )、 _}
                    /.イ`¥´(.\ヽ
                    ´ノyT Yイヽ`´
                    ∠|_|__|__〉┘
                     |==| ヽ=|
                    マ魔魅魔魅ミ
617 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:13:49 ID:87PNefYU0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ 
           \ ,>     `ヽ       マニの築いた壮大な神話世界を多少なりとも越えた思想的広がりを見せたのは
       __     //.      __,l      (記録に残ってないだけかもしれないけど)アッダーとアンモーぐらいだ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ



     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|  『モディウス』を書いたわ
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ

                          ____
               ____    _  -=ニニニニニニ/
           {ニニニニ=-. . .┴. . . . -=ニニニ/
                マフ´ . . . . . . . . . . . . . . . マ
                /.. . . . . /^`ヽ /\ . . _.ヽ
           /./. .` . /. . . . . . . . . . . . . . . \
             /./. . . . ..′ . . . Λ. . . . .\. . . . ..
            {/ . . . . /|. . . . ./ } . ノ、 . | . . . . .
              |. . . . ./__|_. ./ 厶ィ_\.|\. . . }
              |.{ . . .|__{_ . /`   ´  _, 斗┐. . .゚  あたしは『ハンダーム』と讃歌をいっぱい作ったぜー
              |.{ . . .ト _ノlト     ´i_)刎  }. 厶
              |.l|\ { 匕リ       辷'ソ  }/  )
              |八. . { ハハ    '    ハハ  厶イ
           ,′ . .从     f   y    イ. . ..|
          ./. . . . . . . ≧         <....|. . . |
         /. . . . . . . . . . . . .| 〕T爪卜ミ.......|. . . |
          /. . . . . . . . . ._/ /    /\__`ーく_ |
       /. . . . . . ../ ̄〈  {  /\_/  /\
619 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:14:58 ID:87PNefYU0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \                 だけど、この時代の知的恩寵を前に、
.     /     j     `ー'         ノ    \           : : :   とうとうマニ教徒から独創的な思想家が出てきたんだ。
     /      ハ             _ <_     ヽ          : : : :
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ        : : : :
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー    . : : : :
   /       l ( ̄   `´                    ヽ    ー : : : : :
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',       ̄ ̄
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /



                                ___
                              ,ィ<´    `ヽ
                          ,.: : : : : >'"´ ̄ `  \
                         /: : : /          \
                          ,.: :/ : :/
                      /://:/
                 ,.: :‐ァ=-:: :ヽ{i/_
               / : : /: :>=-: : : : : : ̄:フ
              ,.: : : : : /::/: : : : : :>=-: : :<
             i: : : :,: : : / : : /: :/: : : : : : : : ヾミx、
             |: : :/:/ j/|: : //:/ : : : :ハ: : : : : :',: ::..
             |: :/:/,:/ |: //{/!:/\/∧::∧: : ::',: :、
    <¨ ̄三ニ≠=-j /: :{{ i./ |/  j豸于x }/∧ V: : : : :i
\`ー=ニ _\ \: : : :://: :/ハV/   ハ | ヾ   //  Ⅵ: : :}: :|
  \  \: :ヾミ: : : //: :/:/}:::|  /:|Ⅳ     :f芹ミjハ: :j:..:|
   \  ⌒>: : ://_,/{/: j:::| i/ |    ..,:::::{'ノ: : }: }/: :i|
     ヽ、<: : : : :/_〃=}:/l:::j lハ.|´ヽ\  ´ 人:i:|:/: : :リ
         >=- ¨    ∧j:ハ |  { \ \> ,ィ小: リ: : : :;
     <             ∧7x |   ヽ `´/}/ }: /: : : :/    それが我輩、
      \         }/ハ{ \ _/l7777/}: : :.:/     アブー・イーサー・アル・ワッラークなのであ~る!!
        \,.:‐= ー=ミ {//// / >i///// / |: : :/
  >=-¬≧ ⌒ミ=-x_ ヾ{///{ { {//////  }: :/
/        \ i }_:::::;_:::}/∧ヽ V://__ j::/
     -‐==ミx V{{ {::::::{  V//{  }/::::ヽ`ヽ /`ヽ
.  /     >=-ヽ V j:::_ム、_ノ \{  { {:::::::}\}{   ',`ヽ
 / ,. ‐='  二ニ=-‐ r {ヽ´ \_ノヽ \\j  ヾ   }} }
620 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:15:55 ID:87PNefYU0

                   _____________
                  |┏━━━━━━━━━━━┓|
                  |┃ 『二元論要綱』         ┃|
                  |┃ 『東方の異邦人』       ┃|
                  |┃                ┃|
                  |┃ 『反ゾロアスター教論』......┃|
                  |┃ 『反ユダヤ教論』     ┃|
                  |┃ 『反キリスト教論』    ..┃|
                  |┃ 『シーア派の相違』   ...┃|
                  |┃ 『イマーム性論』       ┃|
                  |┗━━━━━━━━━━━┛|
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ,.'⌒
  '´/ ̄ ヽ、
 | //WW)i|
ミi〈〈.゚∀゚ノ!| これが我輩の輝かしき研究の成果なのであ~る!
 /()}i || {つ
く ソ!'+jヽ〉
 ⌒|_ノ_j⌒



 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i     彼の研究対象は、当時の哲学・神学の主流からはかけ離れている。
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧    イスラーム内部の思想的問題にはほとんど関わらず、逆にイスラーム以外の諸宗教、
/ .\                        /  ',    特に二元論、その中でもマニ教が大好きだったみたいだ。
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i
621 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:16:24 ID:8RMTQL4QO
またすげえのが出てきたな
624 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:18:35 ID:87PNefYU0

     ___
  _,-'"::::::::::::::::/\
..//:::::::::::::ヽ::::,'::::::::\
/ { { ,´⌒i:::::{::::::::::::::.\
{::::{ 込__ノ:::::',::::::::::::::::::::',__,-ー、
|:::::`ゝ:::::::'::::::::',::::::::::::::::::::::',::::{:::::::',
',:::::::::::::::::::::::::::::゙、:::::::::::::::::::::゙、',:::::::',
..゙、::::::::::::::::::::::::::::::' ,:::::::::::::::::::::`:::::::::',
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`丶、:::::::::::::::n----─i /
    `丶、:::::::::::::::_,:::::::::::`::::、::::.|[|.:::::::::::∧/
        `丶、(、`ヾー、、::::ヽ i_ー─/-!〃`丶、
           /`ー<__ろ  ',::::, '" ̄`、|    `ヽ
          〈ーー、`´:::::::::,'从从ハ ゝ- 、   ソ,                        __,..
           |__,....,,|:::::::::::::::l {ti ,ti }、 ).冫   ,'               _ ,- ' "ニ=ー'":::::
         /   ',:::::::::::::::',人一 ./', ヽ/~ヽ ノ            _, - '" _, - ':::::::::::::::::::::::::
     __  .ゝ、    `ー----ヽー|/) ゝ、', ノ ー-ー丶、__ ,- '"_,-'"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,,,,-ー'" ̄   ̄/ ̄ゝ、         //;;;;ヽ   ヾ/         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     /;;;;;|;;;;;;;ヽ            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          l;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;\ ./{;;;;;;;|;;;;;;;;;;;\_/`ヽ    /::::::::::::::::::_, - ' "  ̄ `丶、
       {;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;i ヽ .゙、;;;;;};;;;;ノ;;;;ソ/:::::::::::::ノ  /:::::::::::::_, - '"
        ',;;;;;;;;;;;;;.ゝ;;;;;;;.};;;;;;;ヽ(;;;;;〉;;;;;);;;;}::::::::::::::::`ー´:::::::::_,-'"
        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;ソ;;;;;;;;;;;Yー };;- /;;〈:::::::::::::::::::::::::::::_,-'"
ゝ、       >、;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;ノ_;;;;;;;`丶、:::::::::._,-'"
:::::::`、    , ":::::ソ;;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶 、
:::::::::::::',   ,':::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;ゝ ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶 、 _
:::::::::::::::',   i:::::::::.,';;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ー、_ニ、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶、                   /⌒',
\:::::::::::',  i:::::::::.',;;;;;;;;;;;;;/ ヽ:::::::::::::::::::::::: ̄` 丶 、 __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ー 、___      ノ   }
  `丶、_.', i:::::::::::ゝ-ー´ノキ  ', _::::::::::::::::::::::::::/     ̄`丶 、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄`ーヽノヽ  /
       ', i ー----.ノ ー 、 {  ` ー 、:::::ノ            ` ー---ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  〈!
        ',|     {二二二_',〕      ̄                    `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ノ、__ノノ
            ̄ ̄ ̄                             `ー一´    ̄


                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ        研究対象だけじゃなく、性格にもかなり問題があった人物みたいで、
           \ ,>     `ヽ        後世あっちこっちから誹謗中傷を受けた。
       __     //.      __,l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ       いわく、シーア派、ザイド派、ムウタズィラ派、ゾロアスター教徒、マニ教徒・・・
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))   実際彼が何を信じていたかは不明だけど、
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ  とりあえず相当嫌われ者だったのは間違いないね。
625 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:19:51 ID:87PNefYU0

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V   現代においても、マニ教徒説と屈折しまくったシーア派説の間で結論は出ていないけど、
.       i{ ●      ● }i   弟子のイブン・アッ・ラーワンディーによるとマニ教徒だったそうだ。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__





    ,_===_,
   ;ヘヽ___/
 !ヽ|(v〔]w[〕v)ク .|ヽ
  `ゝ,i」゚ ヮ゚ノリ'/^目」  博士? マニ教徒だったロボ。
  ノ⊂^'¥)⊃|◎||    私は違うけど。
  ((/ /Xiヽ、| .|
 ,∠,,,,/し'ノi,,,ゝ|__|




              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ     こっちも師に劣らず強烈な人物で、ムウタズィラ派神学に飽き足らずシーア派に転向し、
       __      //   =   =l     それでも満足できず、あらゆる信仰を捨てて「自由思想家」になったという。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、 ・・・当時のバグダードの思想界はなかなかにカオスだったみたいだね。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
626 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:22:14 ID:87PNefYU0

                        ,、
                        | \
                        |  ヽ
       _____       ,. ---'  __ }
       ヽ- 、 __    ` ー―-'´      `_\
        ヾ   `゙ - 、 _           {o::ヽ\
         ヾ      >  ,.<::ヽヽ    ゝ-'::::: ヽ
       ___   ヾ    /   (ゝ':::::)ノ     ,   /
      { r、二=、 `,>'  /   `     , ‐'   /
`。ヽ、_   ヽヽ  ヽ/   ./  :::::::    `   ,.イ
     ` ー-、ヾ-'    /ヽ         r'<=,J    本人の信条はともかく教義論の理解には並外れた才能を持っていたようで、
  。      ヽヽ   /  `ー――/   |_ノ,ヽ>)   各種二元論に加え、あの難解な三位一体論や受肉論にも特別の理解を示していたらしい。
、__        \\/、ヽ> _,/     |   ̄
    。      ノヽ ‐ ノ ̄ /`ヽ     |       主著は『二元論要綱』と『東方の異邦人』。
`ー―――‐'´ ̄  ,____/ / /     |
        , ..r‐,r'´     / /   / /        前者は一神教に対抗する二元論的宗教を集中的に扱った書物、
ー- 、 _____ノ  l  ヽ、____,/ /   /  /         そして後者がマニ教神話の解釈学だ。
ー―-- 、_    \ __,.  '    イ  /
      |ヽ            // /
      ヽ 、          /  | /
      ヽ ヽ      ,. -'    | |
       | |゙、   r'´       `´
       | | |   /
      ノ / |  /
      { {  | /
      ー'  |,,/
629 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:24:03 ID:87PNefYU0

                                                        r - -  、
                                                    /          \
                                                   /             ヽ
                                                   {          __  .ヽ
彼の思想はマニ教の神話的要素を抑えて                       ,.ィ、 l        .r´    マ ハ
理性的理解を可能にする方向でデザインされたもので、              / | |  l        l      V
「イスラーム的マニ教」、「アラブ的マニ教」と呼ばれるべきものだった。    o´ ̄ ヽ≧_      .l      .リ
                                            r/{ _  o  r<7      }
                                        _r、rゝ'_>~    } .「´ \    ,'
                                        `ー---‐ '  `T 'イ ト、  `}> /
                                                 {Vゝト‐K ヽ_ノ ノ
                                                  ハ| |   ヽ、{´
  _ ゝ{    》 /               i  、                        'イ_八 ゚ 、゚ r'
. 〃 ¨ヽ\/¨ヽ〃               }    \                         ヽ'  ̄
〃   》´`Y}}′                /ヽ    ヽ
{     {{  ヾjl      / /|  /l    '   l   !  i
`≧===`彡゚,   ′ ′/-}ーァ十〃    、 j ! j 、 .
〃     ≠ ′   |   厶=≠ミ}/     云ーУ! | |
{{    〃 '{      / /′ィてハ `    ´ィfハヽV | l
\ _〃 ∧ i  { ' /ゝ {///゚}     {//} ノ}  l {
   ̄¨{{_ノ′{∧ j\{    `¨¨´  ‐yヽ,、¨¨  : i !:八   私の苦手だった哲学方面の課題をクリアしてくれたってこと?
.     \   ∨∨          / / / h  И: |   〉
      _ゝ 八 {_  U    / /  ′/Yヽ  }人j
   i¨ ̄ ̄ ̄ ̄ミト     _  / / /  ' l l 人_
    } ...::::::::  ̄ ≧〉:.、  | У__'__ /____  | ト<¨ ̄ ̄¨j
   `-=ニ二二ミiト\>/_/::::/::::/::::::/:ヽ| _j〈-……= ト,
       )::::: ̄彡j ヽヽ{ ::::::::::::::::::::::::::::::::!::::`x=‐…_彡'
 i¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚Y´   `|:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|.....::::_(_
 L三二ニ:::...... ト、     !::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::人 ≦¨ ̄ ̄
     )::::.. ̄〃 ヽ   〉::::::::::::::::::::::::::::/::::::′ }....::::_.. <
 ¨ ̄ ̄ ̄¨ >′  \ i´ ̄ ̄ ¨ヽ::::::/::::::/ \{.....:::::::::.....
631 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:25:26 ID:87PNefYU0

  ,ィ{!   / }!   /        ヽ
 ,' `≧≠ヽノ   /'         |  ヽ
. ノ  ((_,イゝl |  ,'  、/    /  ,'|  ハ ☆
ィ  〃 {! ノ l  l_,∠,≧, -‐''/ ,--!.  |    ☆
,'   ,ハ` ,rλ |l イ)("ヽ //__|   !
/i/ ヽヽ !kヾ !| じソ   ´  ,イ)(ヾ .,' /
  l __ ヽ \ヽ!ヾ/ハ,、   ,  じソ|/, ' ☆    すごいじゃない! 
  /\\ \.\、       /ハ, l/  _..
 ゝ、.`ヽ\   ,'≧、 ` ー    ノ─' ̄,- !    その「イスラーム的マニ教」なら、
 _≧=、 ヽヽ<  ヾ!ーァ‐_ "´├┬─‐ | .|"_    うまくすればイスラーム社会に同化できるかも!
 i l r==≧'| ̄`‐-}}マ’/   ヽ ̄`rニニ i! |
 ヽ|  \ | _ イ/l≧ ̄ ̄l`ヽi-‐'{-─‐ !!:-'
      ヽ"   / .| ヽヾ、 ノ   \{-─‐ |!:、



              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ      うん、これを上手く膨らませればかつてゾロアスター教用語をパクって
       __      //   =   =l      イラン系宗教に擬態したように、
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ      エセイスラームとしてイスラーム社会に寄生して生き延びられたかもね。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ



                 |
          \     ト、  , -、
          \ー‐、l  V n i ________
       \、_.ノ . ─‐、l :l i./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          >‐// ̄>.゙/::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::\
.         ´7  | l  //...|>''"´      `ヽ、,.-‐-、:::::::\
.       イ  , \\ l.i./            /l λ   \:::::|
.      / :}//  > /  /,        / :!.,'::! l  :l ‘,|
.      / ./_ ./゙, ':/  / /  , ' /   / ,',' ::l .l   ! ‘,
.    /^| / ! !.〈./ /  / /``>、//   / // __l斗  l  l
       !′| |.゙/ / ,' //:l ///``'/./フ7 ̄ l ノ!  l   l
.           |!. l l  l/ l/,,,;ニ=;;-////ァ=ニ::,l/ll  :!  :! _
             __ l l  l!  /´r':::心/ノ,/  r':::心 ヾ! / :l  ,'〃}} エセとか寄生とか言わないでくれる!?
          (へヽl  l l {. 弋;;;ソ     弋;;;ソ  l/ :// /=、)ノ
          ヾ、__ヽ/ヽヾ、;::::"´::::::::::::'::::::::::``::::::::ノ // /_〃
.          ((二⊃ノ〉〉ヾ=-:::::::::::::/´ヽ;::::::::::::::::/,イ/ノ''/´l
            l  ``ヽ、//}'ヽ、    { ⌒ }     ノ//ノ, '     ヽ、
         ノ     Y:ノ  > 、 ヽ=‐′..ィ'"ノ/ ./    /´
          ̄``ヽ、  l'   ┌┴‐><‐┴┐   .!  /   __
       r‐―'''""´ヽ、ノ__,,,,_ノ、 ̄ ̄∨ ̄ ̄,.ト-rrl|  /_,-‐''"´   ヽ、
       └、 ‐=、;;;ノ/´  ||  | ̄ ̄□ ̄ ̄|  ||      ヽ   ,,r‐'′
.         ヽ ヽ/´    .||    ̄/ ||\ ̄、 ||       \/
       ;==' -'/      .|| //   .||  .\\||           \___
.      (ヽ、.  /       Y ̄`     ||    ̄ヽ、          }‐ァ)
       `) )./      /        ||      ヽ         /(:(
     =='" .{         {.       '.||       }       , '  )!
            ヽ、    {.        ||       i     , '
632 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:26:59 ID:87PNefYU0

            |ヽ、     ハ
            |`,>`ー―‐' リ、
            ハ       )ヽ
           / i  :::::::::::::/ ./
     __,,=y' ノゝ._ ,',´⌒ヾ,'
    (_o> ̄ l|/  _ノ/'0'o}/ノ'    ・・・でも言ったよね。
    (,-´'o≧=ノ'  (_,(_,し'´|´
     -'´  ´ /       |     彼はすごい嫌われ者だったって。
 /´ ̄`ヽ、   /  '⌒ヽ| || lヽ
 |   ⌒ヽ.  ̄>i     リ. || | ,!
 ヽ     \_ノ| ゝ.__'´,,).,j.,.,j'´)
  \____ノ


                                ___
                              ,ィ<´    `ヽ
                          ,.: : : : : >'"´ ̄ `  \
                         /: : : /          \
                          ,.: :/ : :/
                      /://:/
                 ,.: :‐ァ=-:: :ヽ{i/_
               / : : /: :>=-: : : : : : ̄:フ
              ,.: : : : : /::/: : : : : :>=-: : :<
             i: : : :,: : : / : : /: :/: : : : : : : : ヾミx、
             |: : :/:/ j/|: : //:/ : : : :ハ: : : : : :',: ::..
             |: :/:/,:/ |: //{/!:/\/∧::∧: : ::',: :、
    <¨ ̄三ニ≠=-j /: :{{ i./ |/  j豸于x }/∧ V: : : : :i
\`ー=ニ _\ \: : : :://: :/ハV/   ハ | ヾ   //  Ⅵ: : :}: :|
  \  \: :ヾミ: : : //: :/:/}:::|  /:|Ⅳ     :f芹ミjハ: :j:..:|   ブヒャヒャヒャヒャ!
   \  ⌒>: : ://_,/{/: j:::| i/ |    ..,:::::{'ノ: : }: }/: :i|
     ヽ、<: : : : :/_〃=}:/l:::j lハ.|´ヽ\  ´ 人:i:|:/: : :リ   我輩の天才的な頭脳の冴えの前には
         >=- ¨    ∧j:ハ |  { \ \> ,ィ小: リ: : : :;    イスラームとムハンマドの虚飾性は火を見るより明らかなのであ~る!
     <             ∧7x |   ヽ `´/}/ }: /: : : :/   
      \         }/ハ{ \ _/l7777/}: : :.:/     やはり世界を解き明かすのは二元論!!
        \,.:‐= ー=ミ {//// / >i///// / |: : :/      二元論イズワンダホー! 二元論イズビューティホー!
  >=-¬≧ ⌒ミ=-x_ ヾ{///{ { {//////  }: :/
/        \ i }_:::::;_:::}/∧ヽ V://__ j::/
     -‐==ミx V{{ {::::::{  V//{  }/::::ヽ`ヽ /`ヽ
.  /     >=-ヽ V j:::_ム、_ノ \{  { {:::::::}\}{   ',`ヽ
 / ,. ‐='  二ニ=-‐ r {ヽ´ \_ノヽ \\j  ヾ   }} }
633 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:28:51 ID:87PNefYU0

                      _____
                    /
                    / おい!二元論者のクソが
                  ∠  俺たちの預言者をディスりやがったぞ!
            ∧_∧    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (  ´Д`)  ,-っ      | そうか!よし!殺す!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /   \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) ハァハァ 待ってろよ~
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./     ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|        彼は『東方の異邦人』の中で、
              |/,ヽ     ヽ       不敵にもイスラームとムハンマドを否定したとされる。
       __      //   =   =l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ       所詮マイノリティに過ぎないマニ教がわざわざ喧嘩をふっかけたのは
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、   どう考えても拙かったね。
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ  イスラーム神学者たちから猛反撃が始まった。


                 ___
             ´            ` ミ
         /                マ
.          /        〃  ∧      ',_
        .′       /i}  /  '_      (())
         |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
         │   i/   レ′      ヽ!   (())     空気読んでよーー!!
        从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、
      , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉
     iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ
     __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
    ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
    ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
      \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
      Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄
635 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:30:43 ID:87PNefYU0

         /  `丶 .,_,. \--:、ッィイ-――ぅ_:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         / __,..> ´    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ:.:.:.:.:.,
         .′ 〈     \   \:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.′
          ,    ム     ヽ    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:,
          | -=ア       |     / \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:,
          |  / ,. --一'⌒ヽ    -―\‐-:.:.:.,,_:.:.∨:.:.:.:!
         /. .::| ´   ̄__,ヽ:.:.:.\  ´:.:.:.:.:,ノ;,__`ヽ:.:.`:.:|:.:.:.:.:!
       ノ: : : |   <_,亥-冫'"    ヾ:.:..ヽ亥,_>:.:.:.:.|:.:.:.:小
       ヾr 、! `         |:.       `ヽ:.:.!__:.:/
        | ,.、:,             |:.:.        .:.:/-:.:.|
        | .:.:.ハ        ;  |:.:.:.        .:.:/l:.:.:. |
          \:.`:,        :^:.:.:^:.::      .:.:/ノ:.:./
          \l    ,,  _____,,..ュ .:.:/:.:/     ほう、「正義と唯一性の徒」たる我らムウタズィラ学派に論戦を挑むとは
           \  ` ̄          .:.:イ'フ       救いようのない愚か者もいたものだ。
              |\    ー―‐     .:/!/
              |.:.:.丶         .:/ :.:.!         よろしい、ならば論理の精髄というものを
              | .:.:.:.\      .:/ :.:.:.:.:|         じっくりと教授してあげようじゃないか。
              |  .:.:.:.:.:.丶__/ :.:.:.:.:.:.:.:!
            r―┴────┐r―───┴┐
            |ニニニニニニニニニニ! |ニニニニニニニニ.|
            |ニニニニニニニニニニVニニニニニニニニ|__
        ,,ィニニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニヽ



       |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ く  ′  最大の敵となったのが当時の御用学派、ムウタズィラ学派だ。
.       V            V
.       i{ ●      ● }i    これはギリシア哲学から強く影響を受けていて、
       八    、_,_,     八   時としてコーランの章句以上に論理を重んじるほど合理主義的傾向が強い。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄
640 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:33:11 ID:87PNefYU0

                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |
           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′  人間が悪をなすのは、
            Ⅴ: : !           __ ヽ  /   その内部で闇の原理が支配的になるせい?
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /     ならば人間の自由意思はどうなるのだね?
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′     貴様らも光と闇の闘争へ加わるか否かは個人の意思によると言っているのに、
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄       それを否定するのか?
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|
´ ̄ ̄` < ////////////////////////∨///|


            _  -‐…ー- ._ ’・
       ,’ .__´         ` . ’
     ,’..'´        ヽ〃    \ ’,
    ・ /         /       ヽ.   :.
    ; /  j       /          ゙.  ハ ・
    /  |    /     /ヽ.      ,  ,ハ ’,
   j;              /  ゙. i     !  r=、
  ノ'    i   :i    /    } :|        ∥∥ ;
 .; {    !_,..斗'' i ,'{ ゞー-トA、_   i }Y_ノ=、 ;
  ・ { i   ト、 { /∨ i    リ ヽ i  ; :}(::::う 〃
  ‘,. !\. { \/`     "    リ / ハじ㍉"   哲学はやめてー!
    \ゝ ト.c≧=ミ、    ,z≦≠=つ / ノ=″
   Г¨~}ノ.゚ヽヽヽ      ヽヽヽυイ彡三ニー、 ‘,
 ; ノ__   圦      '         ゚。イ《     《`,
  r-イ二ト、,}>  _  ⊂ つ  . イ ∥辷>-‐二、i :
  辷,_  `ト、} ,;≦三≧=‐=≦三三≧ ヾ< ̄  { |! ;
   |:  `}ヾノ ヾ三三三i代三三三ツ  .∟-=ニ~ i{
  ノ  // у ii゙ミ三彡゙ハ《三三リ! У  /(__,ヽ. ’
 / _/   ,′ !i  /;/  }!゙l   ∥ /    ゙ー…"   ',
.(        ′  └‐/;/―‐}i」―″/             人
(…)
そういやウマイヤ朝の打倒理由が、ウマイヤ出身だけ優遇されるっていう不満がアリー派(シーア派)から
出てアッバース家が旗頭に運動を起こしてアッバース朝を起こすも、結局アッバースの家の者で独占されたって
いうのが真相で不満だらけで、反発がひどかったそうな。
665 名無しのやる夫だお 2012/09/19(水) 23:53:51 ID:O2uRXQUE0


哲学で論破されそうになるたびに泣き出すマニさん可愛い
あと当時のイスラム世界は想像以上に寛容というかカオスというか
666 ◆OkhT76nerU 2012/09/19(水) 23:57:28 ID:87PNefYU0
サーサーン朝の支配体制が安定しないのはある意味しょうがなくて、
面積だけ見ればだだっ広いけど耕作に向かない不毛の地も多くて、人口は大したことないんですよ。

人口統計の試算によれば、

1世紀のローマ帝国 約5000万
7世紀の唐王朝    成人男子だけで約6000万
サーサーン朝     どんだけ多く見積もっても1500万超えない

だから穀倉地帯メソポタミアの税収で点在するオアシス都市群から兵を招集し、
強力な重装騎兵戦術でなんとかローマ・ビザンツと渡り合っていたというのが実情です。
つまりメソポタミアの農業が上手くいかなくなると、車輪のハブが崩れて一気に危うくなります。

6世紀ぐらいから綿作などによって地力が落ちていたし、ホスロー二世が調子こかなくてもいつかは破綻する運命でした。
675 名無しのやる夫だお 2012/09/20(木) 20:55:09 ID:0lBuXyw.0
乙です
>>467の宗教の最後二つがまったく聞き覚えない。現存しない宗教なのかな
ムトタク教はぐぐってもこのスレしか出ないし
ザンドはゾロアスターの聖典とかいう解説してるブログ出てきて混乱
676 ◆OkhT76nerU 2012/09/20(木) 21:19:15 ID:aZ03nB6o0
ムトタク教に関しては現在では全くといっていいほど不明です。

ザンドという言葉の本来の意味は、文書化されていない口承伝承としての『アベスターグ』に対する注釈、という意味です。
つまり「ザンドの異端」とは、ザラスシュトラの教えを曲解する者ということになります。

聖典としての『アベスターグ』が完成された際、その公式の解説書としての『ザンド』も作成されたので、これも聖典と言えます。
両方まとめて『ザンド・アベスターグ』と呼ぶこともあります。
679 ◆OkhT76nerU 2012/09/20(木) 21:29:45 ID:aZ03nB6o0
こんな感じ。


聖典としての『アベスターグ』=『ザンド・アベスターグ』
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ┌─────────────┐                 ┃
┃ │狭義の『アベスターグ』       │                 ┃
┃ │(古くから伝わってきた伝承)......│                 ┃
┃ └─────────────┘                 ┃
┃ ┌────────────────────┐   ┃
┃ │『ザンド』                         │   ┃
┃ │(当時最新のゾロアスター教理論による注釈)......│   ┃
┃ └────────────────────┘   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
677 名無しのやる夫だお 2012/09/20(木) 21:24:46 ID:ej2yb4Ik0
>>467の中にマニ教が出ていないのは、キリスト教の一派と見なされてのかな?
678 名無しのやる夫だお 2012/09/20(木) 21:26:21 ID:ej2yb4Ik0
自称「真のキリスト教」なら、キリスト教徒ひとまとめにされるのが
マニさん的には本望……かも?
680 ◆OkhT76nerU 2012/09/20(木) 21:31:45 ID:aZ03nB6o0
>>678
ゾロアスター教用語を積極的に取り込んでいたので、
もしかしたらザンドの異端としてエセゾロアスター教と思われていたのかもしれません。
681 名無しのやる夫だお 2012/09/20(木) 22:33:40 ID:.O/ltiFI0
マニ教節操なさすぎじゃなかろか
どうやってアイデンティティ保ったのか、というか何がマニ教のアイデンティティだったんだろう

聖典にすがりよってたらそんなにポンポン用語かりてこれないよね?
用語借りてこれたってことは一応教義について解説や注釈的なことをやってたんだろか?
聖典が単に厨二的神話群だから教義はその時々の地域や世相にあわせて適宜宣教師が作ってたのかな?
687 名無しのやる夫だお 2012/09/21(金) 18:30:34 ID:oR/rmud20
マニ教のアイデンティティは物質世界を悪とする二元論じゃないのかな
そこさえ守っていればあとはわりとどうでもよかったのかもしれない
699 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 12:10:28 ID:n0ZVMHTQ0
>>687
おっしゃるような、グノーシス主義的な神話構造こそがマニ教の核であり、
そこに登場する名称は二次的な意味しか持たないという説があります。

実際行く先々でよその宗教用語を取り入れてるのを見ると
(能動的に取り入れたのではなく不可抗力的に習合してしまった場合も多いだろうけど)説得力のある説だと思います。
690 名無しのやる夫だお 2012/09/22(土) 00:39:05 ID:ulDhbjbA0
しかし唐突に新キャラが出たと思ったらそれっきり消えるパターンばっかだなマニさん教の歴史は
初期にいたシモンやナナリーはどこにいったのやら
700 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 12:18:40 ID:n0ZVMHTQ0
>>690
くどいようだけど資料がないんですよ。
シメオンはシャーブフルとの謁見に同席した後は記録に出てこないし、ガンザクの乙女は入信してそれっきりです。
せめてキリスト教の聖人伝よろしく、後世の信者が捏造してくれたサブストーリーが残ってりゃよかったんですけどね。
705 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 18:09:55 ID:ZXgS./bU0
マニ教的にはイエッサ>>マニさんなんだろ?
706 名無しのやる夫だお 2012/09/23(日) 19:30:28 ID:kkhwEw4Q0
そーいや、ミトラ教って出てきたっけ?
707 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 19:37:36 ID:n0ZVMHTQ0
マニ教思想はマニさんの性格並に複雑でして・・・

当初は単に自分をパウロのような「イエス・キリストの使徒」と思っていたようなんですが、
思索が深まるごとに設定が膨らんでいき、「地上におけるイエス」以外にも「天上界の輝けるイエス」「裁きのイエス」
「十字架上で苦しむイエス」「月としてのイエス」などを次々とひねくりだして、重層的なイエス論を構成していきました。
マニ教研究の大家オイゲン・ローゼによれば少なく見ても6位格、どんなに少なく見積もる研究者でも3位格あるそうです。

だから「天上界の輝けるイエス」の使徒として福音を広めるマニさんはイエスより下ですが、セミ・クリスチャンの信じる
「地上におけるイエス」の教えを超える福音を広める最終預言者という意味ではイエスより上だったりして、
イエスより偉いのか偉くないのか同格なのかサッパリ分かりません。

マニ教における最後の審判にはマニさんは出てこないけど、マニさん崇拝のせいで相対的にイエス崇拝のウエイトが小さくなってるし、
後世のマニ教徒による讃歌や碑文などでも「神であるマニ」みたいな表現が散見されるのでなんと言えばいいやら。
708 ◆OkhT76nerU 2012/09/23(日) 19:39:08 ID:n0ZVMHTQ0
>>706
ミトラ教は、マニさんが布教していた頃には本場アルメニアでも下火になっていたようです。
ガブリヤーブがアルメニア伝道を行っていた際にも、キリスト教徒と争ったという話はあってもミトラ教徒は出てきませんでした。



マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 第六話 セミ・クリスチャンって、ほんとバカ
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-3738.html
“マニの死から20年そこらしか経っていない三世紀末の時点で、
.       i{ ●      ● }i   すでにマニ教教会はエジプトでかなりの勢力を保持していたみたいだ。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',  エジプトを拠点に、マニ教はローマ帝国内で版図を広げていった。
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄ ̄
171 ◆OkhT76nerU 2012/09/02(日) 21:08:55 ID:orPHSPok0

                                                    ,-─-、,
                                                   ,-─--ミマ*,
                                                  (ノノ´ヽゞ)*ν
              ,へ、                                    ξ゚ ヮ゚ *ノξ
           /: : ヽ\                                  _φ___⊂)__
             /: ; -‐ヘ \,、                             /旦/三/ /|
          厶'´   λ  `ー                            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        γ__二二ミ 、j         、                          |愛媛みかん|/
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l   もちろん布教の武器はマニ自ら手がけた聖典だ。
       У      ヒ"           l
      /、 r、 γl /        ーァ/   著作群はシリア語原典からギリシア語へ、ギリシア語からラテン語とコプト語へと重訳され、
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /    3世紀末~4世紀前半にはラテン語訳が成立していたようだ。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ
173 ◆OkhT76nerU 2012/09/02(日) 21:10:27 ID:orPHSPok0

               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |、
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Ⅵ/⌒! Ⅵ┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Ⅵ::::::| Ⅵ} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Ⅵ〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Ⅵl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Ⅵ::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄´

                                   ___(⌒ヽ
                                  /⌒  ⌒⊂_ ヽ
                           (⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ  
                   マニマニ~  ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
                             \ \    )┬-|   / /> ) ))
                           (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
                             \ \ /          /
                               ヽ_ ノ       │



        |\           /|   そして310年代には、早くも伝道団をローマに派遣して布教を始めている。
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  マニの没後わずか半世紀のうちにここまで急速に拡大したってことは、
.       V            V    マニは生前から、相当整備された教会組織を築いていたみたいだね。
.       i{ ─      ─ }i
       八    、_,_,     八 =3  ホントこういう手際はいいよ。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
174 ◆OkhT76nerU 2012/09/02(日) 21:12:15 ID:orPHSPok0

                   ハ
          、-_-  , -―-' ハ       三世紀末の時点で、すでにアレクサンドリア司教テナオスや
           \ ,>     `ヽ       新プラトン主義者のアレクサンドロス・リュコポリスがマニ教を攻撃する文章を書いている。
       __     //.      __,l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ      非キリスト教徒から見ても、マニ教の拡大は無視できないレベルだったようだ。
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、   当時はマニ教ほど体系的かつ壮大な思想はそうそうなかったからね。
(__>-‐ニフノ      ノ!    |_| (ヽ  \))
      ` ̄__      / リ | |  |__ノ ゞ≧_ へ  マニ教神話は、地中海世界の人々から見ても魅力があったんだろう。
(…)
  i  >ー  < /
          Y o   o  Y、      297年、エジプトを訪問したディオクレティアヌス帝も
        ./i  、,._,    i \ィ=x   マニ教徒の数に驚愕している。
      / ヽ、     ノヘ  \ }}
      ,〆、 / /    \ ', __シ
(…)
  マニ教徒は教祖以来、権力者が大好きなんですお!
(…)
とはいえ313年にコンスタンティヌス帝がミラノ勅令を発したことで
       __     //.      __,l      ローマ帝国内での信教の自由が認められ、実質的にマニ教の迫害は16年間で済んだ。
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ヘ  ー' _,-' ノ
 (  ≧  ̄ |l___/   .> _ f´`)\= 、  これ以降マニ教はますます勢いづいて、アナトリアからバルカン半島にまで拡大した。
(…)
    ,ハ--ハν^ソ   それからキリスト教の国教化の決まる392年までの約80年間、
 c-<(CωC)\    迫害から解放されたマニ教とキリスト教は、
 '-υ'´l _ /tlV'ぅ   公権力の介入抜きで正面から鎬を削りあったんだ。
(…)
  マニ教は、ギリシア哲学的な議論とすごく相性が悪かったんだ。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__



        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__  )   |王|  ┴ ソ   十/. |  |  | | (
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/  ヽ ニ|ニ|ニ  二 王  /レ、  レ |  | | (
     `ー--――ー--->  ~-、_, ',   ) ノ ヽ   口 我  Vン   ノ  ・・ (  
      `ー-- .._ へ/   くてi` 〈    `V⌒V⌒WV⌒Y⌒VV⌒W⌒Y⌒`
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_     ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ  マニ教徒の言い分はムジュンしています!!
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´


          >r  l | ,/           /    ヽ
          /  __|i 〉       ,.     /     、 `、
         ム (( ,,./   /    /     / ヽ     ヽ i
        / / >r,|   /    イ    //   | l    ト、|
        '´´゛//,L/| |  |  __,/_|-/ //  , --、l_,|、    |ヽ|
          //   | |  | '´    |/ /      |/ヽ   .ト、|  えっ?えっ?えっ?
         /イ  ,/l |  l , , ´⌒ヽ |   , ´⌒ヽ. |  / =、
       ,/ヽ、 | / ヽヽ|   {     }    {     } .| /,り,}   ,へ
       |  \ー、__l|_>、ヽ乂__,ノ     乂__,ノ | /, / ,.--// \
       ヽ    \_   ____;iヾ ,,,,    ,    ,,,,,  /イ--'´ -'´   /
      r、 `ヽ、   `゛゙ ー<´ヽ、    __     _,<__r'´     ,/---、
      | `ー -`=-、____,.--r-,-iヾ 、 _ |   |    ,..イ´ /   |  ,/ ,..- ' ´ ,>
      \  .\-----/  //  ヽヽ<` 二´ _.イ /`ヽ、.二―--r '´   /
       }、__  `> /  //    \ , | //´,. /    / /`ヽ、___,.r-<___,...._
      __/___,}`゛゛´/  | |,   ,.. --'´,l_|_`<     / /   ヽ_,.. -'´`ヽ、 \
     / /    /    l / r'´  ,.イ/ l,|\  `ヽ、 l/ /    }、     ヽ  .}
    | {    /     /  ヽ-'/ /rrA ゛、 \ ,/  | |    ノ \     | /
    ヽ゛、    、     /    ./ ./ |.|.| | |   `  ヽ |       ヽ   !/
     `゛     Y   /    ./ /,. |.|.| | |      V       /
           |  ー |     L, / r--< | |        l.|      イ
229 ◆OkhT76nerU 2012/09/02(日) 21:57:05 ID:orPHSPok0

                     _
                       . ´.ハ
                 / /  ∧
     ___    __/  /_   |
      |―- 、 `´           `>、!        マニ教の教義は神話的魅力ありきでもともと整合性は重要視されなかったし、
     ∨  /            ヽ、 > 、     発祥の地メソポタミアにはヘレニズム的学術が届かなかったからね。
.       ∨ /      ,、__,    ,、__, .    \
        `f     イ:::::::::|   イ:::::::::|. .     \   それにマニ自身があまりにも完璧に教義を整えた上に
       {      、:;;;;:ノ    、:;;;;;:ノ .| 、     \ 聖典までまとめちゃったせいで、教議論がそこから全然発達しなかった。
       ゝ         、_人_,   /. \     \
        | ヽ、             /     `、       ヽ
 _ , . - ―┴―――――――- ゝ、      、    ハ
..{_ , . - ―――――― 、        `ヽ.   _l_____|_
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ト 、(ニニニニニニニ)
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |   ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄\
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |     ` .
..|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        |       }



            rf´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、
          (`Y´`斗´ ̄ =-、 、
          (__i ´  〃、    ヽ 〉
           彡/  _ ノ/  ` ヽ ヽ'
          从,´r‐ミ  r‐ミ ',  i
          r=-`代_ノ  弋_ノ {  i
          ゝ-({ { 丶   } } {=-v   なんなのよパルメニデス・テーゼって・・・
          {` ヽ{ _rっ_ } }ノ、_}
            `-ァ厂`|__/ 厂 ヾー┐  「1からは1しか生まれない」って、どういうことなの・・・
          r≦-Y-{、/ノ   |'ー ′
          ゞ'  {ハ ̄ _ ..ィ´ |`ヽ
          /  { ゝ' ̄ | ヽ  ヽ
            〈`ヽ ___.!  トイ
          | |   }ニニ≧x、ノ
            乂人_ノ  ̄ ̄ ̄

              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|    オマケに布教の方便として、場合によってはイエスですら
              |/,ヽ     ヽ   他の固有名詞に置き換えられちゃうような宗教だからね。
       __      //   =   =l
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ   フレキシブル過ぎて、厳密な考証しようって意識が育たなかったのも無理ないよ。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
230 ◆OkhT76nerU 2012/09/02(日) 21:58:35 ID:orPHSPok0

.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}    そして最大の論敵が、かのカトリック世界最大の教父、聖アウグスティヌスだ。
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__    彼は19歳のときに一般信徒としてマニ教に入信したけど9年後棄教し、
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )   33歳でキリスト教に入信して以降、反マニ教論を次々と執筆した。
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´   
(…)

    ./                       :::::::/  西方世界におけるマニ教最後の徒花と言われるのは
   /                         V    スペインのプリシリアン主義運動だ。
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |    これは4世紀にアヴィラ(マドリード西部の都市)司教プリシリアンが始めた運動で、
 ,′                         辷ン   ∧   禁欲主義と二元論を特徴とした。
(…)

.       /   ‘                                     プリシリアンは386年に教会史上初めて異端として処刑され、
      /   :                                     プリシリアン主義自体も6世紀までに消え去った。
.     /    .l
     /                                          プリシリアンが本当にマニ教に影響されていたかは、
.    /       ‘,                  ゝ ^ヽ _ノ               著作が焚書されちゃったからわからないんだけどね。
(…)
ところが、1885年バイエルン王国のヴュルツブルグ大学書庫から              ,.ィ、 l        .r´    マ ハ
偶然彼とその弟子の写本のコーデックスが発掘され、かれこれ15世紀ぶりに      / | |  l        l      V
その思想内容が判明した。