読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

工事中 「地獄教(仮称。支配層のカルト)」と聖典の中身を推定。フェイド大帝の過去の最低帝国の引用とオカルト百科などから考察資料。置き場所に困ったもの集め。一切皆苦の永続のために、地獄せよヤバいアニメ見つけたRWVYと同じ制作会社。昔こっぽりにゃんこの目! 過保護上等だこらー 更新報告更新報告香水ン報告随時追加とブログったー 

ずいじついかちゅうー 偶像。癒し。これから地獄なので。





シンボル





教義

フェイド大帝
「あくまで個人的な持論なのだが、日本の古代の
豪族や皇族、貴族は”地獄教”を信仰していたのではないかと
思われる。

これは仏教等で説かれる六道輪廻の地獄界の”無間地獄”という
最凶の苦しみを体現する地獄をこの世に実現し、全ての衆生を
この”無間地獄”に恒久的に叩き落すことを根本思想とした
宗教のことである。

実は、仏教やキリスト教、イスラーム教の唱える”地獄”
なんてものはだれも見た事がない。もちろん”天国”もそうだ。
まともな神学者なら”天国”が実在するのかを研究したりするの
だろうが、(天国が存在するならそれがどこにあるのかとか)
”地獄”が実在するか、それはどこにあるのかに関心を抱く
人間は実際には少数だろう。
”地獄”なんか実在しても何も良い事ないしね。

ところが、この世に実際に”地獄”(宗教の説く様な)がないことに
実に落胆してしまう変なサディストの人間達がいる。
そういう人達は”じゃあ人工的に地獄を作り出せば良いのではないか?”
と考えるわけだ。
ただこの思想は完全に狂人の考えであり、まともな精神を持った
人間の物ではない。こんなことを考えつく人間が実際に
いたとしてもそのコミュニティにおける例外中の例外だろう。
ところがこの狂った考えが宗教化し、こういった狂人サディスト
達を次々と量産する宗教が”地獄教”だ。」

このぐちゃぐちゃなかんじこそが地獄にふさわしい。

地獄教って日本教+労働教が一番近そうなんだけど。
耶蘇の悪いところを悪化させ、良いところすら抜いたもの。
生きているだけで幸せとは私にはとてもじゃないが思えないよ。

地獄教(仮称)の教義
=釈迦が「これをやると幸せになれないからやめなさい」と言ったこと意地でもやめないことが手段にして目的であり、地獄を現世に顕現させ維持せよという強迫観念。

最高神=死=飢え=食(≒食欲。捕食=破壊)。
頭、両腕、両足、尻尾がある。
※仏教の餓鬼で性格はがきかつヒスお嬢様。パンドラ。

“死は欲した。
「私に第2の自己が生まれる様に!」と。
飢えである死は、その思考によって言葉と性交した。
それの精液であったものは年になった。それよりも以前に
年は存在しなかった。これだけの時間、すなわち、一年だけ
死はそれを保持した。“
より、
言葉(ロゴス。聖書の神)は死より下位。
死が言葉と性交し、死の精液が時間となる。
死は時間も創造した。
ズルワーンやカーラやクロノスより上。
死は人間も創造した。
そして食べる。
生贄の儀式も創造。
アルカ(祭火)は死からの流出物。
(ハンターハンターのアルカはおそらくここから)

聖典の文章予測
・一切皆苦の永続のために、地獄せよ。
・偶像崇拝せよ。邪悪の物質化こそが偶像作成である。

(ししんちきょうだん が参考になるかも。
偶像作成も崇拝も禁止ならステルス化が楽。
内なる神が内なる邪神。
生きとし生けるものには皆死ぬ要素があるから平等に苦しめ。
肉体は邪神殿であるから邪悪で充満させよ。



・インド仏教を研究せよ。そして教えと真逆のことを実行せよ。欲望を抑える要素を全て抜け。我欲こそが聖典である。


実行部隊=無自覚含め信者


地獄教について以下の分類をしながら考えていたのだが以下の分類が終わっていないがのせていおく。
分類せよ、統合せよ。
支配層の派閥分けは自分なりにしないといつまでも他人の概念の虜だよ。
Avs反A 
はわかりやすいが、この対立が複数あって相互に絡み合ってややこしいのが現実。
零割か十割かで考えてはいけない。親Aと反Aは濃度で測るべき。
忘れるなかれ、
「共倒れしない程度に手加減して対立。大衆や下っ端工作員がいくら大量死しようが“手加減”である」


政府陣営
桃太郎(教科書に桃太郎採用)
国家神道=天皇一神教=異端派✝
創価学会(から派生)=仏教風耶蘇

黒住教=神道風グノーシス寄り耶蘇。
(教祖が天照と合一。天皇教も天照側なのでこちら)

vs

金神=うらたろう(桃太郎が退治した鬼)陣営
金光教=神道風グノーシス寄り耶蘇。

大本教=神道風グノーシス寄り耶蘇。
(出口家を天皇家に代わる地上の権力者にしようとする啓示が聖典にあり)

大本教派生の有象無象
(有象無象過ぎて桃太郎寄り派閥もある)

立正佼成会=反創価。
(金光教と仲良し)




グラレムさんが創価は大本教の最初の分派と言っていたけど、私は上記より懐疑的。あの家系図の出所が知りたい。
大本「から」創価が派生ではなく、創価も大本も同じ工場「地獄教(仮称)」から派生し、もとから対立するように作られたのでは?
カルト政府vs反政府カルトの壮大な茶番。
ヒスお嬢様「地獄と地獄、どっちが大事なの?」
みたいな超絶地獄。
パンドラ・地獄・地獄の陰惨位一体(いんさんみいったい)。

グラレムさんは無神論者だと何度も宣言。カトリックを最大級に叩いているから大東社寄り。私は工作員認定はしていない。
イスラムを作ったのはカトリックではないよ。カトリックが迫害した異端派がイスラムを作るのに関与。

―――
―――
地獄教史料




XゴリΩサン‏ @ZtttttN 2014年6月29日
ハイリア人てアーリア人?ルピーだしインド? #ゼルダの伝説



 ほーこくほーこく過保護上等だこらー
いいから劫火の教典の今週の話から読むんだ。ネットでタダ読みできるから最新話ち第一話は。過保護上等だこらー
来週の話はメシアが復活する場面だろうから必見だぞ。
私はとまとさんが紹介してから毎週読んでいるぞ。
ぐだトマト‏ @pteras14 17時間17時間前
劫火の教典 第3巻、相変わらず凄いな…… これはねこたさんも読んだ方がいい。 キリスト教におけるイエス復活の真実 とその意義に限りなく迫ってる…… 後、「懲役339年」の頃と比べて 絵がめちゃくちゃ上手くなってる……




「信用できる陰謀追及者」(団体含む)認定するならね、最低でも一年はその人のツイートやブログ記事を見ないと判定できないよ。そんなに簡単に「信用」してはいけない。だってこの信用は「依存」「新たな消費の対象」って意味でしょ?
信用した時点では大丈夫でもこれからそうとは限らないでしょ?
ワイドショーとゴシップ好きのテレビのコピー機(一応自由ある意思決定している人間らしい)を笑えんよ。


オルフェウス教とストア派の重要情報集。『オルフェウス教』『世界の名著13』(『スキピオの夢』)『』『』『』『』『』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
にかなり加。


ーー
特典が欲しかったのでアイデア大全狩ったぞ。該当記事更新タルムード思考法がすさまじいぞ。巧妙な宣伝文句にしといた。

いっとくけど共謀罪が採決される前から都合の悪い奴は消されているからね?
抑圧の空気の悪化が目的でしょ。自粛こそが最強のファシズムだから。
私の記事は少なくとも重要そうなのは記事の青文字タイトルの上で右クリックして名前を付けて保存して紙に印刷もしておくれ。
重要そうな本は紙で買って手もとに置くこと。できれば個人書店で買うこと。私はアマゾンなしで行けるなら本屋で買う。
一つ前の記事が完成しない理由を述べよ
ツイッターが共謀罪検閲の性だよ!
よくある伏字の仕方ももう対策されているんだろうね。
ほしい情報が全然でないのさ
なぜRTできないのかわからいツイートもある。政治無関係なのにRTできないんだよ?
あとツイートは削除されましたが出過ぎ。
タイムライン、リスト、本人のアカウント直接、比べると本人のアカウント直接行くべき。
すくなくとも必読なら直接いくこと。
タイムラインは見てはいけない。露骨に操作されている。リストでも抜けがある=検索がダメ、情報受け取りがダメ、意図的操作など。
ツイッター内で期間検索しても抜けがあるから、一連のツイートを自分への変身と言う形で繋げてくれないと全部読めないことあり。ッ私がお気に入りしまくってふぁぼろぐやっているのはこの帰還検索にひっからい対策。








わかりやすいものを求めることはわかりやすければ嘘でもOKになりやすい。

【ゆっくり解説】3分でわかるカヤカベ教
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31248530

(天照は阿弥陀仏だとするなど、神道に偽装。廃仏毀釈も避けられてお得)


ほでりそ‏ @uma6661 2015年2月28日
カヤカベ教の存在を知って、宗教を密告から逃れながら何世代も語り継いでいくゲーム考えついた。


(面白そう。
教義を最初に定める。それをいくつかに分けてアイテム扱いにする。
アイテム所持者からアイテムを得るか、口伝者から聞くかで教義ゲット。
教典という文字聖典があるなら楽だけどなあ。
迫害される側って口伝重視っぽいし。証拠押さえられないようにね。
主人公の立場って中途半端に教義が知らない状態で自分らの所属団体の上層部がしにまくったか殺されたりしたから復元せざるを得なくなったってことにしたらどうか。
口伝の場合は聞くのであり、音声のみ。聞き直しはOKだが回数制限あり。
つまりプレイヤーが覚えないといけない。プレイヤーのメモはOK。
キャラである主人公がメモをとれるか(アイテム化)は教義による。文字にすること厳禁なら少なくともその信者の周りではメモとれない。離れるととれるが見つかってはいけない。
これだと既存宗教でなくてもいける。口伝のみで文字起こし禁止なら難易度最大。日本語だと口伝だけだとまずいけどね。同音異義語が多すぎるから。
つまり日本語は書き言葉で漢字で同音異義を分けること前提の言語。
なんの宗教かあらかじめプレイヤーにわからない設定もいいかも。
明治より前のキリシタン禁止したならヤソ異端とかでないとおかしくなるから舞台設定をどうするか。日蓮宗不受不施派(ふじゅふせは)かキリシタンか、よほど勢力を持つ新仏教系でない限り弾圧されないからなあ。
中世カトリック圏舞台の方がよさそう。
世代ごとの話にするとか。
偽装で外面の教義を変更するとか。
でも何百年もあってばれても問題ない世の中になって公開するか否かでエンディング変わるとかさ。
誰か作ってください)






金光教とか秘湯…前の記事大幅増帆ああヤバいぜエ

オルフェウス教も追加したニーチェとストア派とエピクロスの関係も書いた。
「私は、ゲー(大地)と、星芒輝くウゥラノス(天空)の子だが、私が属するのは、天空の種族である」って唱えるオルフェウス教

蒸気はまた+カモ。
タロット記事も増補というかタロットの宇宙って本のメモついかちゅう。
空をまなぶならミリンダ王だねの記事も足した

ぶろぐったー
も教祖と使徒の設定と教義をもっとひねれよ。設計図何回使いまわすんだよ。現教主はこの世界連邦日本宗教委員会代表委員4名の1人。日本会議と世界連邦はセットで世界連邦が本体。下の資料引用も読んでくださいな色付けといたよとかいあてアルコン高校黒住とかの記事が超重要。 世界連邦推進で人脈にワールドメイトあって草不可避この記事が大摩邇(おおまに)に転載されて草不可避。
ろとるうっちに
初代ウルトラマンの第18話「遊星から来た兄弟」が一番やばいな。
支配層そのまんま。
凶悪宇宙人 ザラブ星人が敵。
ザラブ星人が東京を放射性物質の霧で覆う。
ザラブ星人が東京にまいた放射能の霧は400レントゲン(4シーベルト)。
ミリがないからね?
ザラブ=兄弟。
ザラブが兄で、地球人は弟と言う。
メイソン系ユニテリアンのシュヴァイツァーが人類皆兄弟といいつつ
白人は兄で黒人は弟と言って白人優位思想なのを思い出す。
友好的なふりをしつつ、ザラブ星人はウルトラマンの変身して町を破壊。
偽旗作戦。
しかも18。
プロテスタント側のメーソン叩き?
カトリック寄りのグノーシスならOK?
ちなみに初代にはダゴンが原爆をみにつけながら暴れる話がある。

初代仮面ライダーも地下核爆破で人工地震を起こそうとする話があるし、特撮も結社側。
とかをリトルウィッチ記事書いといた ねこたさんのツイート見ればなぜ魔女学院にウルトラマンなのかわかるおしりごっこ。
もうこのブログったー独立させようか迷う




ぶろぐったー りとるういっち最新話まで更新完了ってツイッターのアカウント名のところで告知したけどここにも快特。
フランス系カトリックのリギョール神父が日本で最初の陰謀論本を出しその内容がメーソン叩き。
しかもこの神父がカレルギーの嫁にカトリック思想を教える。
ということでリギョール本ネットで読めるので読書再会。いつ読み終わるかわからんけどな。ちょう読みにくい。旧字体で文体古いのもあるが何より紙面が汚い。この記事の一つ前の博士予定記事は陰謀本メモになっちゃったぜ。いんぼうろんほんよまないわたしだけどせんぜんのはよもうとおもっている。ひらがなによるじょしりょくあぴーる。昔の本読むと意地でも漢字表現使ってやる心意気がすごい。ーー

オルフェウス教記事にく予定だけどニーチェはストア派の自然に従って生きろを完全否定だからね!あとタロット記事も増補するよ。黒住も天理も金光も世界連邦側

―――
地獄教史料


オカルト百科 傑作選でも作るか?傑作ばかりなんだけど。
【ニューエイジ編】まどマギ再考
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-479.html
"最近見つけたまどマギ関連の記事でようやくマトモなのが
出てきた。

ttp://happism.cyzowoman.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=19&tag=まどマギ&limit=30

まともと言っても入門レベルの記事内容でしかないが......

巷ではまどマギの元ネタはニーチェ哲学だとか、映画の「ドニー・ダーコ」
だとか言い張る頓珍漢な所まである。

本屋に入ったら速攻アニメ/ラノベ/マンガコーナーにヘッドダイブ
するような人間しかいないようなアニメ業界で、ニーチェなんか
高尚な物を読んでいる奴なんていないだろう。

ニーチェを読んでいるオタクなんて下記URLの管理人ぐらいのものだ。
「俺の彼女がニーチェだなんて」
ttp://hallucinyan.hatenablog.com/entry/2012/10/09/183752

ところで一番最初の記事に出てくる「カルマ論」、「アセンション論」
は過去の最低帝国の方が早くから取り扱っている。

しかし、いきなり「ゼータ・レチクル星人」なんて単語を出した所で
アニオタは何がなんだか理解できるわけない。

そもそも一般人は西洋魔術の歴史すらしらない。

「まずは下記サイトの記事を全部読め」

ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/hytsuka1.htm

オカルト知識のまとめサイトだが、中々よくまとまっている。
この程度の知識がなければ「まどマギ」のレビューなんて
とてもじゃないがまともに出来るレベルにはない。


さて、問題の「ゼータ・レチクル星人」だが、
一般人はこの単語がどこから出てきたかも分からない
だろう。

実はこの手のスピ業界の宇宙人は”中○薫”だとか、
”K福の科学”のような新興宗教等で主に扱われている。
その本流はアメリカの新興宗教の教義にあるのだが、
まぁ、彼らの場合は故・太田竜の紹介したデービッド・アイク
の著作辺りから引っぱってきているのだろう。
デービッド・アイクの唱えるレプティリアン人の特徴が
こういった新興宗教の紹介する宇宙人の特徴と瓜二つだからだ。
そもそも世界を裏で支配する邪悪な宇宙人という概念は
デービッド・アイクが邦訳されるまで日本では聞いた事がなかった
と記憶している。
このデービッド・アイクというイギリス人、元々はプロサッカー選手
で政治家だったらしいが、彼がこういったトンデモ理論に
目覚めたのはある大物の助力があってのことだ。
その大物とはベティ・シャインである。
(この事はアイクの著作の作者プロフィールに
 書いてある)
ベティ・シャインとはもうすでに故人だがスピ業界の
大物だ。
最近彼女の本が再出版されたので大きな本屋さんの
精神世界コーナーで探せばすぐに見つかるだろう。
しかし、彼女の本は大した内容ではないのだが
デービッド・アイクにレプティリアン論を吹き込んだ
事実からするとただの物好きな”スピおばさん”ではない。
実は西洋の(主にアメリカ)のスピ業界というのは
上述の”西洋近代魔術”の延長線上にあるのだ。
元を辿ると”黄金の夜明け団”と”神智学”に根っこがある。

残念なことにグーグルで”まどマギ”と”黄金の夜明け団/神智学”
で検索をかけても筆者のブログしか引っかからない。
最近のアニメ・ブロガーはよほど不勉強なのか良く分からないが
宮部みゆきのように”まどマギ”を観ても感激で涙をこぼすぐらいの
知能しか持ち合わせていないようだ。

ところで、このスピ業界の「ゼータ・レチクル星人」というのは
属に言う「地球文明異星人起源説」の一つにあたるのだが
この説、実は大きく三つの潮流があることをご存知の読者は
恐らくいないだろう。

実はこの「地球文明異星人起源説」のタネ本は主に3系統ある。

 1)時を超える聖伝説 Bob Fickes著
 2)ラー文書  カーラ・L・ルカート (著), ジェームズ・マッカーティ (著)
 3)フラワー・オブ・ライフ ドランヴァロ・メルキゼデク著
   プリズム・オブ・リラ リサ ロイヤル (著), キース プリースト (著)

まぁ、本屋さんで探せばすぐ見つかると思う。
この三系統、微妙に登場する宇宙人や天使、年表がそれぞれ若干
異なる。

で「ゼータ・レチクル星人」というのは3)のプリズム・オブ・リラ
に出てくる宇宙人の名だ。
そこで当然出てくる質問は

「アイクの爬虫類人はどの系統に属するの?」

という質問だ。

答えは3)である。アイクの提示する年表が
この3)の著作に出てくる年表をそのまま
なぞっている。
恐らく大元のベティ・シャインがこの3)系列
に属していたのだろう。

陰謀論の大家のデービッド・アイクとフリー・メイソン
アニメと揶揄されている”まどマギ”が共に同じ理論を
下敷きにしているのは実に興味深い。
これに日本の新興宗教界だとか陰謀論屋がこぞって
ぶら下がっているわけだ。

ところで上述の三冊の中でどれか一冊ということで
あればドランヴァロのフラワー・オブ・ライフを
オススメする。ガチでヤバイ内容だからだ。
アメリカの真の変態の気違い度は直木賞作家
どころのレベルではない。

このドランヴァロ・メルキゼデク、実は元ヒッピーで
ある。(作者プロフィールに書いてある)
また、ネットで調べればすぐ分かるが本名を
デイビッド・ペローネというらしい。
実はドランヴァロの作者プロフィールでは
彼は若い頃、スピ業界ではなく魔術結社に
属していたことが分かる。
この魔術結社はカナダにあるらしく、その名を
「メルキゼデク騎士団」というらしい。
実はこの魔術結社、現代ではもう存在しない。
ところがこの結社の団長は相変わらず活動を続けている
様で各地で講演を行っているようである。
この団長の話が興味深いのだが、ドランヴァロは
実はこの魔術結社から”破門”にされている。
理由は彼がCIAの潜入捜査官ではないかと疑われた
ためだ。
この「メルキゼデク騎士団」、ドランヴァロの
著作によると日本からの留学生も結構通っていた
らしい。(多分ここの卒業生が俗にイルミナティ
と呼ばれている連中ではないかと筆者は睨んでいる)
そういえばベンジャミン・フルフォードもカナダ人
だったな。(笑)

実はかの福島原発の事故の時もこの「メルキゼデク騎士団」
の元団員達が怪しい動きをしていた。
東電内部の人間にしか分かり得ない様な情報を持っていたし
原発事故への唯一の対処方法はやたらと騒がずに日本人が
”禅”の心を取り戻すことだとほざいていた。
この”禅の心”という奴は、何もするなの意味である。
あの当時、日本政府とマスコミがこぞって垂れ流した
風評被害のデマ報道と実に”親和性”のある内容である。

ちなみにドランヴァロの派閥には大物の元女優の
シャーリー・マクレーンがいる。
この女も変なスピ本を出しているので本屋で探せば
すぐ見つかるだろう。
だが、アメリカ人に言わせるとこのシャーリー・マクレーン
こそ真のイルミナティらしい。イルミナティの幹部は
マクレーンの他にもいるらしいが一応このオバサンが
一番有名なのであえて言及してみた。

こう考えてみると「まどマギ」を単なる萌えアニメ
として扱うのは間違っていると言わざるを得ない。
少なくとも宮部みゆきや山本弘が一時興奮して
すまされるような作品ではない。
(ところで山本弘は反陰謀論で有名なのだが上述の
 オカルト解説サイトの管理人にちょっかいを
 出してコテンパンに返り討ちにされた過去を持つ。
 だから陰謀論を扱う割には山本弘の著作に
 魔術関連の記述が全くないのはこういった
 事情がある)

こういった背景を考えながら「まどマギ」という
作品を改めて観てみると実に面白く視聴できるだろう。

さて、劇場版新作はどういったネタを仕込んで
くるのやら......"

にせ救世主サバタイ・ツヴィ
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/sabatai.htm
"サバタイ・ツヴィ・ベン・モルデカイは、1626年トルコのスミルナのゲットーに生まれた。
 当時スミルナは、スペインを追放されたユダヤ人達が、各地を転々としながら移住を続けたどり着いた場所で、相当数の人口を抱えていたようである。
 サバタイ・ツヴィの父親は、貿易業で財を築いた富裕層の人であり、息子をラビにするべく、ユダヤ学院で学ばせる。
 しかし、彼は正統的なユダヤ神学には関心が持てず、ルーリア派のカバラ思想に興味を示す。そこで、彼は厳しい禁欲と苦行、瞑想を通じて天使や神との接触を望んだ。真冬の海で沐浴をしたり、長期間に渡る断食なども敢行した。
 彼が、自分を救世主だと信じ込むようになったのは、おそらく1648年のことらしい。
 もともと、ユダヤ教にはメシア待望論があることは言うまでもないことだろう。一部のカバリスト達が「ゾハール」を解釈し、1648年に救世主が現れると予言していた。さらに、ウクライナで大規模なユダヤ人の大虐殺が起こり、終末論的な雰囲気がユダヤ社会を覆っていた。
 そんな中、サバタイ・ツヴィは、聖四文字の名を叫びながら、我こそはメシアなり、といった内容の説教を始めた。
 一部に同調者が出たものの、殆どの人々は彼を狂人とみなした。評価は殆ど得られず、彼は生まれ故郷のスミルナから追放されてしまう。

 彼は、その後、各地のゲットーを旅して回る。
 正式なラビの資格を持たないのに、宗教儀式を行うなどして、ほうぼうでトラブルを引き起こした。
 しかしながら、その学識は本物で、多くの友人を作り、尊敬も集めていたのも事実である。

 彼は1660年にカイロに辿り付く。
 そこで彼はユダヤ人有力者でカバラ主義者のラフィエル・ヨゼフ・ハラビの支持を得る。
 続いて彼は、聖都エルサレムへと向かう。しばらく彼は、目立った行動は行わず、祈りと修行に明け暮れる生活を送る。
 しかし、ここで大きな転機が訪れる。
 トルコ政府がエルサレムのユダヤ人達に無理難題を吹っかけて来たのだ。多額の税金の支払いを命じ、「支払いができないのなら、街から追放する」という命令である。この時、ツヴィは、この危機を救う。密使としてカイロに戻り、大富豪のハラビに助けを求めたのだ。ユダヤ人の富豪は、同胞の救出のためなら、喜んで財を投げ出す。ハラビは、エルサレムのユダヤ人達に代って、税金を立て替えてくれた。
 これにより、ツヴィは、大きな支持を集めた。
 
 妻のサラと出会ったのもこの頃だ。
 彼女は、ユダヤ人大虐殺の生存者で、強引に入れられたキリスト教の修道院から脱出して、ポーランドからカイロまで逃げてきたという凄い経歴の持ち主。さらに、彼女もまたカバラの信望者で、自分は将来、メシアの妻になると固く信じ込んでいた。
 ツヴィは、サラと結婚する。彼女も、一種のカリスマを持っており、支持者を集める大きな力となった。

 さらに、彼のパプテスマのヨハネの役をすることになるカバリストの学者ナタン・ガザッティとも出会う。
 ガザッテイもまた、近いうちメシアが現れると予言しており、ツヴィこそ、その人だと固く信じ込んだ。
 これで、役者は揃ったことになる。

 エルサレムのラビ達は、彼を危険視し始める。
 するとツヴィは、自分達の本拠地をガザへと移す。
 そして、彼は自分こそユダヤの救世主である、と正式に宣言した。
 それと平行して、ヨーロッパ各地のゲットーに、支持を呼びかける回覧文書を送った。
 信じがたいことだが、凄まじい数のユダヤ人達が、これに同調した。
 もちろん、ラビ達は、これをインチキであると糾弾し、ツヴィの信望者を破門にするような強硬手段も取ったが、さして効果は無かった。
 さらに、ラビ達の中からも、ツヴィに同調する者が、少なからず出始めた。その中には、ユダヤ教会の有力者も居た。

 ツヴィは、続いて本拠地を、ガザから生まれ故郷のスミルナに移した。
 住民達は、彼を大きな熱狂で迎え、彼はスミルナの実権を掌握する。
 彼の噂は遠くイギリスにまで伝わり、多くのユダヤ人達が、彼を本物の救世主と信じたという。

 1666年、ツヴィは、スミルナからコンスタンチノープルへと移動する。
 そこで彼は、彼を危険視するトルコ政府によって逮捕され、城に幽閉される。
 しかし、丁重な扱いを受け、贅沢な部屋を用意され、まるで王侯貴族のような生活を送った。

 しかし、その数ヵ月後、彼はトルコ皇帝(スルタン)のモハメッド4世に呼び出された。
 スルタンは、彼に「イスラムに改宗するか、死刑になるか?」の二者択一を強いる。
 ここで、彼はあっさりとイスラム教に改宗してしまうのである。

 彼のイスラム改宗のニュースは、あっという間に世界じゅうのユダヤ人達の間に広まり、このサバタイ・ツヴィ運動は、始まった時と同じように、あっという間に萎んでしまった。
 そして、彼に同調した高名なラビが10人ほど処刑される。
 ツヴィは、その後、ユダヤ教の祈りを行っているところを目撃され、トルコより追放された。
 そして、アルバニアの小さな町で1676年に死亡した。

 ここで驚くべきことだが、ツヴィがイスラム教に改宗した後も、彼を救世主とする運動は消滅はしなかったということだ。イスラム教徒の支持者すら居た。
 彼らは、ツヴィのこの改宗は、一種の「秘儀」であり、イニシエーションのようなものと考えた。
 こうしたサバタイ主義は、実に18世紀まで生き延びたのである。

 しばしば、ユダヤ教カバラ衰退の責任の一端は、このサバタイ・ツヴィにあるとされる。
 と言うのも、サバタイ主義の思想は、キリスト教に類似した所があり、多くのラビ達によって、異端とみなされた。彼はゾハールにある「父、母、子」の三原理を、キリスト教の三位一体に酷似した思想に置き換えた考え方を持っていたのである。
 事実、サバタイ主義者には、キリスト教に魅力を感じ、改宗する者も多かったという。
 さらに、サバタイ主義者にはカバリストが多かった。
 正統派のラビ達は、サバタイ運動を批判するのに熱心な余り、カバラまでもを異端視しはじめるのである。


 もちろん、全てのユダヤ人カバリストが、サバタイ運動に参加したわけではない。
 ツヴィを激しく批判したカバリストも少なくなかったし、中にはポーランドの高名なカバリスト、ネヘミヤ・コーエンのように、ツヴィを批判したばっかりに、彼の信者に命を狙われた者すら居たのである。

 それはともかく、ユダヤ社会では、このサバタイ・ツヴィの名は、「にせ救世主」として忌まわしいものになってしまった。

 このサバタイ・ツヴィの再評価が始まったのは、20世紀に入ってからである。
 そう、あのG・ショーレムによって成された。
 ショーレムは、決してサバタイ運動のグノーシスもどきの思想が混入したカバラを、全面評価しているわけではない。
 彼は、こんな感じのことを言う。
 「凄まじい迫害、虐殺、追放を受けた来たユダヤ人の中に、激しい緊張感が生じ、それがメシア待望論を生み出すのは当然の結果ではないか? ある日、それが突然爆発する。サバタイ運動とは、そういうものではないのか?」
 熱烈なシオニストたる彼は、自分の内にツヴィのそれと似たものを見たのであろう。


「カバラ」 箱崎総一 青土社
「ユダヤ教神秘主義」 G・ショーレム 法政大学出版局"

イサク・ルリア
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/shinpi/isakururia.htm
”カバラの歴史の中でも非常に重要な地位を占めるイサク・ルリアは、1534年エルサレムでアシュケナジー・ユダヤ人の家で生まれた。…
 彼は1550年代に、ナイル川の島の一軒家に住み、そこで7年間にもおよぶ隠遁生活に入る。そこでカバラの研究と瞑想に明け暮れた。彼が家族に会うのは、安息日か祭りの日だけだったという。
 この間、ほとんど言葉も話さず、たまに喋っても、それは全て古代ヘブライ語であったという。
 1558年、彼は「ゾハール」の研究と、同時代のカバラの大家モーゼス・コルドベロの研究を始める。彼はコルドベロを「われらの師」と呼んで尊敬した。事実、彼の思想体系はコルドベロの思想を基盤の一つにしている。
 例えば、アツィルト、ブリアー、イエツィラー、アッシャーの4世界の概念は従来の「ゾハール」研究では、あまり重視されてはいなかった。しかし、それに注目したのがコルドベロであり、さらにこれを重要視して、カバラの重要な教義に据えたのが、ルリア達であるという。
 事実、ルリアはコルドベロと親交を持った。両者の関係は互いを尊敬し合いながらも馴れ合うこともなく、どことなく冷たい関係であったらしい。
 …
 彼の弟子は30人ほどいたが、彼らは毎週金曜日に会合をもって、カバラの研究を行った。
 ルリアは、自分の思想を系統だてて文章にはしなかった。したがって、著書は一冊も無い。現存するのは、散発的な原稿が多い。
 彼の重要な書は、弟子達によって記述された言行録であり、「聖なる獅子の著作」や「ゾハール注釈」が有名で、いずれも弟子との対話形式で書かれている。
 他に彼の高弟のハイム・ビタルによって、思想がまとめられ、「八つの門」という本にもなっている。

 また、彼の死後、様々な伝説が生み出され、そうした伝説を集めた本「聖なる獅子への賞賛」、「奇跡」なども出版された。
 「獅子(アリ)」とは、ルリアの尊称である。しばしば彼は、この名で呼ばれる。
 また、彼の弟子たち、サークルの会員たちを「仔獅子」と呼ばれることもある。


 ルリアのサークルは極めて秘密主義の強いもので、彼の死後もこの秘密主義はしばらく続いた。
 彼の高弟でサークルの後継者のハイム・ビタルも、この秘密主義にこだわっており、彼らの研究成果が、本となって公開されるのは、このビタルの死後である。実にルリアの死後50年以上を過ぎてからのことである。
 こうしたルリア学派の書物は1629年頃から出版され、ビタル編集によるルリア思想の本がオランダで1648年に出された。
 …
 ルリアの思想は、あっというまにヨーロッパ中のカバリストの間に広がり、非常に大きな影響を与えた。

 ルリアの考える瞑想は極めて禁欲的であった。
 彼によると、カバリストは、精神を集中し、強い意志をもって、ひたすら思索を行わなければならないとした。「ゾハール」に没頭し続け、カバラの教義を暗証し、祈りと瞑想に浸りきること。こうすることによって、人は神性に近づき、結果的に世界の救済にもつながると考えた。

 彼は、同時に輪廻転生を信じた。霊魂がどの程度の精神的あるいは道徳的レベルに達したかによって、それにふさわしい形で、転生すると考えた。
 彼は幻視を頻繁に体験し、預言者エリヤと交感し秘儀を伝授されたという。
 伝説によると、さらに一種の予知能力を身に付け、人と会う前にその人間の特徴が分かるようになり、その人の輪廻転生についても分かるようになったという。さらに、蝋燭の炎を見つめることにより、未来を幻視したり、死者の魂と交信したりすることも出来るようになったという。
 また、彼は神の名前によって、悪魔祓いを行った。
 さらに、人相術をみとめ、弟子を選ぶ際に、人相術を用いていたほどである。
 
 ルリアは「ゾハール」の思想を発展させた。流出の概念を研究するのに、グノーシス主義に極めて近い思想を取り込んだのも彼である。
 また彼は、瞑想をも重視し、彼と彼の弟子たちは、様々な幻視体験をする。ルリア自身も、自分を天界にまで飛ばし、古代の賢人たちとも会見をしたという。
 彼もまた、カバラの中興の祖の一人である。
 彼によって、これまで曖昧としていたカバラの理論は統合された思想体系となり、新しい専門用語が多く作られ、シンボリズムの体系も複雑化した。
 ルリアによると、原始にはイデアが存在し、これが流出の過程を支配する。宇宙の創造は二重に進行するもので、一つは「神性の産出」であり、もう一つは「神性の退廃」である。流出は、この2つの過程が基本的な要素となっている。
 これは世界の創造には退廃が内在することにもつながり、ゆえに世界の創造には、心理的なドラマが起こる。これが縮小したものが人間の心であり、祈りであり、祈りによってもたらされる効果であるという。
 ルリアの思想の中で特に重要なものがツィムツーム思想と呼ばれるものだ。これは「集中」とか「収縮」とも訳される。あるいは、「退却」、「撤退」とも訳される。
 宇宙の存在は、神に内における「収縮」によって成されるという思想だ。これは彼独自のアイン・ソフの概念を構築した。
 もう一つが「容器の破裂」説であり、この破裂によって作り出された欠損の回復、再構築説である。これはクリフォトの思想とも密接につながっている重要な思想である。
 これらは、後世のカバリスト達に非常に大きな影響を与えてゆくことになるのである。
 
 ルリア派のカバラは、少なくとも1625年頃から、ユダヤ教カバラの主流派となった。
 そして、ユダヤ教における、国籍を越えて伝播した最後の思想運動でもあったという。
 彼が後世のカバラに残した影響は計り知れない。


「ユダヤ教神秘主義」 G・ショーレム 法政大学出版局
「カバラ」 箱崎総一 青土社
「カバラ Q&A」 エーリッヒ・ビショップ 三交社
「カバラーの世界」 パール・エプスタイン 青土社”


仏教勉強の進捗
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-573.html
”仏教編に関してなのだが、

実は”永平寺修行記”を読んでどうしても分からないことが
出て来てしまった......

というのも余りにも”日本の仏教”というものが
インドの仏教とかけ離れ過ぎていて、両者が全く
繋がらないのだ。これはチベット仏教も一緒で、
チベット仏教や中国仏教はまだインドとの繋がりが
見られるが、”日本仏教”は完全に異質なのだ。
なんかオリジナルの宗教になってしまっている。

遠く離れたインドの仏教と差異が出るのはまぁ、
百歩譲って分かるとしても、元の中国仏教とも
違うってどういうことよ?

多分、日本に仏教が来た時に日本の権力者達が
相当オリジナル仏教を改造したのではないかと
思われる。

”永平寺修行記”の内容なんて現代のイジメ社会の
構図その物だ。オリジナルの仏教と全然関係がない。

多分、古代の日本の権力者(豪族?天皇?)達は
仏教の教え自体は恐らくどうでも良く、自分達の
邪悪な意図に基づいた支配を正当化する宗教が
新たに欲しかっただけなのではないかと思う。

それが何故、古事記や日本書紀のような神道系
の土着宗教じゃ駄目だったのか?
恐らく、日本人だけで仏教の様な高度な理論体系
を持つ宗教をオリジナルで作れなかったからだと
思われる。

いずれにせよ連中の邪悪な思想は古事記や日本書紀にも
ベースとして組み込まれているはずである。
あくまで個人的な持論なのだが、日本の古代の
豪族や皇族、貴族は”地獄教”を信仰していたのではないかと
思われる。

これは仏教等で説かれる六道輪廻の地獄界の”無間地獄”という
最凶の苦しみを体現する地獄をこの世に実現し、全ての衆生を
この”無間地獄”に恒久的に叩き落すことを根本思想とした
宗教のことである。

実は、仏教やキリスト教、イスラーム教の唱える”地獄”
なんてものはだれも見た事がない。もちろん”天国”もそうだ。
まともな神学者なら”天国”が実在するのかを研究したりするの
だろうが、(天国が存在するならそれがどこにあるのかとか)
”地獄”が実在するか、それはどこにあるのかに関心を抱く
人間は実際には少数だろう。
”地獄”なんか実在しても何も良い事ないしね。

ところが、この世に実際に”地獄”(宗教の説く様な)がないことに
実に落胆してしまう変なサディストの人間達がいる。
そういう人達は”じゃあ人工的に地獄を作り出せば良いのではないか?”
と考えるわけだ。
ただこの思想は完全に狂人の考えであり、まともな精神を持った
人間の物ではない。こんなことを考えつく人間が実際に
いたとしてもそのコミュニティにおける例外中の例外だろう。
ところがこの狂った考えが宗教化し、こういった狂人サディスト
達を次々と量産する宗教が”地獄教”だ。

ユダヤ人達に言わせると、昔の古代エジプトや旧ナチ・ドイツ
等でこの”地獄教”が流行った。
当然インドにもある。
中世ヨーロッパのキリスト教にも”地獄教”は存在した。
現在では日本の”地獄教”が恐らくインドと肩を並べて世界で
最も歴史が長いのではないかと思われる。

そういうわけでインドの仏教を勉強しただけでは日本の
仏教=地獄教は全く理解できない。


今まで、日本仏教には全然興味がなかったので勉強して
こなかったが、やはり日本仏教も勉強しなければ
まともな記事は書けないのではないかと最近思う。

そこで、ヒンドゥー教の勉強からやり直して日本仏教まで
勉強しようと思っている。

取りあえず、ヒンドゥー教の”バガヴァット・ギーター”、
”マヌ法典”、”カーマスートラ”は読み終わった。
バラモン教の”ウパニシャッド”も完読した。
今、原始仏教の”スッタニパータ”を読んでいる。
続いて”ダンマパダ”、”大涅槃経”を読んだら、
大乗に移って、”法華経”を始め主要教典を一通り
読むつもりだ。
その後、空海、親鸞、道元、法然、日蓮の
主要著書を読んで、最後に古事記と日本書紀を
読むつもりだ。

なので大変時間が掛かって申し訳ないが
仏教編はもう少し待ってほしい。
仏教編が終わったら、次はユダヤ三兄弟の
研究に入る予定でこれにはタルムードと
ユダヤ・カバラも含める予定だ。

道教から始めてなんでこんな回りくどい事を
やるかというと、やはり世界三大宗教である
仏教、キリスト教、イスラーム教はやはり
先に語っておいた方がいいと思ったからだ。
改運するにせよ、何をするにせよやはり上記
三つは知っておくべきだと考えている。

将来的にはサンスクリット語、アラビア語、古典
ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語も読める様に
ならないとやはりいけないと思う。
魔術師を名乗るのであらば。

後、学生時代に挫折したIT関係も最近再トライしたい
思いがあって、特に苦手だったネットワーク廻りと
プログラミングをやりたい。
Python, Java, C/C++, アセンブリの順がいいらしいが。
(Perlをやるかどうかは迷っている)
昔と比べて資料も充実してきているしね......

しかし、言語ばっかりやっているな......
なんか、いろんな意味で”ウィザード”を
目指している様な気がする......

平日の夜は宗教書を読んで、週末にITを勉強する
計画でスケジュールを組み直してみたいと考えている。



>>ユダヤ人達に言わせると、昔の古代エジプトや旧ナチ・ドイツ
等でこの”地獄教”が流行った。

もしよろしければ出典を教えては貰えないでしょうか?
私も大変興味深いと思いますので……。
ナチ・ドイツに関しては体制支配の為にチベット僧からチベット仏教を通して所謂その”地獄教”を学んだのですかね。気になります。
[ 2013/12/03 01:56 ] - [ 編集 ]
はじめまして
こんばんわ。はじめまして。ねこたと申します。
フェイド大帝の陰謀論の解釈やアニメや宗教の記事など、大変に碩学な方と見えてとてもとても感動いたしました。

フェイド大帝はウィザードを目指してると言われましたが、自分的には魔術を魔術として学び、実践する人をマジシャンで、魔術を修め、更に血肉にな るまで消化した上で様々な諸学を修め、魔術を知識や色々なものと組み合わせて使えるすごい人をウィザードではないかな?と思います。

日本はマジシャンどころかウィザードなんてほとんどいませんけど。

フェイド大帝がゾーハルやタルムードまで読み込まれることに大変感動いたしました。応援しておりますので、よろしくお願いします。
[ 2013/12/04 02:32 ] 魔法使いハンターねこた [ 編集 ]
Re: タイトルなし
どうも、今日は。

> もしよろしければ出典を教えては貰えないでしょうか?
> 私も大変興味深いと思いますので……。
> ナチ・ドイツに関しては体制支配の為にチベット僧からチベット仏教を通して所謂その”地獄教”を学んだのですかね。気になります。

ある特定の書物や著書に拠って......というよりは、
知人のユダヤ人やドイツ占領時代のヨーロッパを体験された方から
直接ヒアリングした情報に基づいております。
ですので、学術的な根拠とかそう言った堅苦しい話ではありません。

旧ドイツ軍に関してはその人の話ですとかなり惨いことも
行っていたらしく......本等には書かれていない様な
生の体験を聞かせて頂いて大変勉強になりました。

まぁ、戦争は人間をダメにするということでしょうか?

昔、見たアメリカのアトランティス伝説の解説ドキュメンタリー
によると、ヒトラーに思想的な影響を与えたのはブラバツキーの
神智学であるとそのDVDでは言っていました。
(すみません。DVDのタイトルまでは覚えていないです)
ブラバツキーは生前、インドにかなりハマっていたようですから
バラモン教やヒンドゥー教の輪廻思想の影響があるのかも
しれませんね。
[ 2013/12/04 18:54 ] フェイド大帝 [ 編集 ]

Re: はじめまして
ねこたさん、今日は。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

日本の魔法・ファンタジーの解説本だとカバラの
”天使ラジエルの書”が失われてしまって無いとか書かれていて
悲しいですよね。

実は、アレ、ヘブライ語からの英訳本なら存在するんですけどね......
まぁ、本当に天使から貰ったわけではないと思いますけど。(笑)

> こんばんわ。はじめまして。ねこたと申します。
> フェイド大帝の陰謀論の解釈やアニメや宗教の記事など、大変に碩学な方と見えてとてもとても感動いたしました。
>
> フェイド大帝はウィザードを目指してると言われましたが、自分的には魔術を魔術として学び、実践する人をマジシャンで、魔術を修め、更に血肉になるまで消 化した上で様々な諸学を修め、魔術を知識や色々なものと組み合わせて使えるすごい人をウィザードではないかな?と思います。
>
> 日本はマジシャンどころかウィザードなんてほとんどいませんけど。
>
> フェイド大帝がゾーハルやタルムードまで読み込まれることに大変感動いたしました。応援しておりますので、よろしくお願いします。
[ 2013/12/04 18:59 ] フェイド大帝 [ 編集 ]

ラジエルの書存在するんですか
こんばんわ。お返事ありがとうございます。
へーラジエルの書の英訳存在するんですか。知りませんでした。
しかし、日本の魔術界周辺ってそういったガセネタ多いですね。陰謀論もそうですけど。

ゾーハルはいつかカバラセンター発行のやつに挑戦してみたいですね。本家ユダヤのカバリストの方はタルムードを散々勉強した上でカバラーやるんですし、恐ろしい世界です。
[ 2013/12/04 20:27 ] 魔法使いハンターねこた [ 編集 ]
今日は久しぶりにブログを拝見しました。
たまには格闘技武道ネタもやって下さい。
[ 2013/12/05 09:56 ] 園田 [ 編集 ] ”

「ジョン・カーター」と「まどかマギカ」
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-419.html
“ご無沙汰しております。
PCがぶっ壊れていたので中々更新できない状態でした。

久しぶりに映画のレビューでも...

・ジョン・カーター:

ピクサーの実写映画だったかな? ジョン・ラセター氏の名前が
エンドクレジットで出てたが...
基本的には宮崎駿の「天空の城のラピュタ」のオマージュか?

 ・女が空から落ちてくる→男が受け止める
 ・飛行石みたいなのが出てくる
 ・石が言葉で起動する(バルスーム)
 ・女神の遺跡みたいなのにツタが絡まっている
 ・メインルームがラピュタの中みたい。更に機能は石で起動させる
 ・主人公のおっさんがコナンちっく

もとは小説らしいので... 偶然かもしれませんがまぁラセターさん、
宮崎さんと仲いいみたいだし
何か両者での交流があってもおかしくはないかな。

ところで本題は別の所にあるのですが、この映画、多分訳が
分からない箇所が多いかと...
裏で操っているハゲ達は何者?女神とは何だったの?...

実はこれ明らかにインド・アーリヤ神話群(アメリカ人のお気に入りのネタ)
からインスピレーションを受けている。

インド・アーリヤ(今のイラン辺り)というとインドや中東の
イメージがありますが実は古代では結構広範囲にその文化圏を
広げていたらしく西ヨーロッパのケルト文化圏も
基本的にこの中に含まれていると考えられる。
(モヘンジョ・ダロの粘度筒に掘ってある初期シヴァ神の座禅姿が
 ケルトの神ケルヌンノスにそっくり)
つまりヨーロッパ人(つまりアメリカ人)の遠いご先祖様なんですねぇ〜。
そりゃ映画にもしたくなりますわっと。

で、あのハゲ達は服装からしても分かると思いますが昔のインドの
バラモン僧にそっくりなんですね。
アイルランドの神族の名をトゥアハ・デ・ダナンと呼ぶのですが
これは「女神ダナの息子達」という意味で女神ダナが何かというと
大陸のドナウ川を表しているらしい。
ダナはシュメール(現イラク)の最高神アヌに対応すると
言われていますが
まぁ、モデルは神々の母ティアマットさんでしょう。
アーリアの神話群はゾロアスターのアヴェスターより前の物が
現存しないので(アーリア教は基本的に文字を残さない、
口伝で弟子に伝える風習)
基本的にはインドのヴェーダ教と大体同じだと考えても
差し支えないでしょう。
ちなみにケルトのドルイド教も文字で教えを残さないらしいです。
理由は「文字で書物を残すと弟子が暗記する能力が衰えるから」
だと言われています。

が、こいつらは基本的に「嘘つき」なので本当は自分たちの
貴重な知識を他者(つまり他カースト)
に漏らさないために秘密主義を徹底しているだけの保守主義のようです。
(どこかの国みたいですね)

なぜそう考えるのかというとインドの哲学書で「ウパニシャッド」
という分厚いヴェーダの解説書があるのですが、
そこにはっきりと書いてあるからです。
バラモン達にとって「この世で唯一死なないもの=仏教でいう空」
であると考えられています。
この「空」とは一体なんぞや?というと仏教の小難しいお経が
連想されてそんなの分かんねーよと言いたくなるかもしれませんが
これはそんなに難しい話ではなくて、

 「言葉は空でできている」

と書かれてありますし、インドの医学書のアーユルヴェーダ
には空が何なのかもっと詳しく書いてあります。

ではなぜ人の話す言葉が永遠なのか。

ウパニシャッドには次の様に書いてあります。

 「言葉(知識&経験)は父から子へ伝えることができる。
  つまり子が父の教えを吸収しきれば父親の知識と経験は
  永遠に生き続けるだろう」

だからバラモンさんはヴェーダの丸暗唱を
重視するんですねぇ。

ところでこのウパニシャッドには「神の正体」が
何なのかちゃんと書いてあります。
キリスト教やコダヤ教がもったいぶって「神の隠された名前」
とか何とか呼んでいるやつですね。
神は全能のスーパーマンなので正体なんてわからねーよ
とこうくるわけです。

 「実は神の正体=死」

よく古代の天地創造の際の神格で「カオス」(ギリシャ神話)
だとか、「ユミール」(北欧)、「盤古」(中国)とかの
巨人神が出てきますがこれらの正体も「死」

つまり「創造神=死」

では生命は何故創造神によって作り出されたか。
最もな質問です。
その答えもちゃんとウパニシャッドには書いてあります。

古代インドでは「パワー」とは「相手を食べれるかどうか」
と同義です。
つまりライオンがウサギより強いのはライオンがウサギを
食べれるからです。
人間は基本的になんでも食ってしまうので地上の王者に
ふさわしい理屈になります。
しかし、

 「死はなんでも食尽す」

「死」は宇宙最強なんですねぇ。
で、宇宙創造の時に生まれてくる物を片っ端食ってたんですよ「死」は。

しかしある時気づいたんですねぇ。

 「食うの少し我慢すれば、こいつら増えるんじゃね?
  そうしたらもっと沢山食える!!」

この考え方が根本的にあるんですねぇ。インド・アーリア文化には。
で、困ったことにこの文化を見事に真に受けてしまったのが
アメリカの南部の連中。
だからジョン・カーターさんはバージニア出身なわけです。
あ、ちなみにサークはみたまんま古代インドの腕が
沢山あるアスラみたいですね。

「つまりコツは、飼って、増やして、食う(空う)」

農耕文明のいっちょ上がりです。
カインもアベルを殺しちゃうわけです。

というわけであのハゲ達は自分達のために
(女神「死」に家畜を生け贄として捧げるために)
火星人を飼い殺しにしていたわけです。

余談ですが古代インドやゾロアスター教では火が
とても重要です。
火ってのは地上から天への橋渡しと考えられていました。
火は物質を燃やして「煙」へと変えるのでつまり物質を
空へと変換する機能をもつわけです。
原始仏典にはお釈迦様がゾロアスター教徒の兄弟を
改宗させるエピソードがありますが、大日経の
「一切偏知印」というマークの横にいる二人の男が
そうです。
(ちなみにこのマーク、某秘密結社の有名シンボルマークに
 そっくりです。
 一応某結社が吹聴しているエジプト起源ということで
 ヒエログリフとか遺物品とか調べてみましたが某マークは
 エジプトでは出てきません。
 唯一出てきたのが大日経でした。なぜかな?んん?)
つまり、古代インドでは動物の生け贄を捧げるときは
火に投げ入れていたんですねぇ。
これが現代の仏教の護摩のルーツなわけです。
ちなみに古代ドルイド達は人間の生け贄を藁人形に
つめて燃やしてました。

そんな素晴らしい文化ですから、もちろん現代アメリカ人達の
ハートも鷲掴み(矢と草も掴んでいますが)
「俺たちのご先祖様カッケー!!」
ということで似た様映画が沢山ハリウッドで量産されるわけです。

ちなみに日本では某秘密結社はデマでただの
社交クラブだと言っていますが
ヨーロッパやアメリカでは18世紀ぐらいから
そのクラブに入るのが手っ取り早く
貴族やお金持ちのお友達を増やす手段
として人気だったそうです。
(Facebookみたいですね)
18世紀より前は建築家や彫刻家しか
そのクラブに入っていなかったので
だれも入会しなかったみたいです。
18世紀ぐらいにフランスでエジプト建築ブームが
起きて貴族やお金持ちが
沢山入会したので我も我もとみんな入会したのです。
女の子目当てでギルドに入会するネットゲーマーみたいですね。

で、映画の評論本で「ハリウッドを笑い飛ばせ」という本が
最近出ました。
著者はUCLA(カリフォルニアの有名な映画学校がある大学)の
卒業生で映画監督さんらしいです。
この本の最後に著者の自伝だと思われるミニ小説があります。
内容はUCLA入試〜卒業&その後を語っています。
著者含めて主要人物が4人出てきます。

 ハーバード卒(経営学専攻)の秀才君一名
 元TV局員のマイケル・ムーアにのナイスガイ一名
 北島マヤなみの才能を持つ女優志望のお姉さん一名
 著者と思われる青年一名

この中で明らかに成功するのはハーバード卒の
秀才君だけです。
お姉さんは枕営業で荒んでしまい、
マイケル・ムーア似のお兄さんは才能が
無いとか言って自主退学してしまいます。

でマイケル・ムーア兄さんのその後ですが何と
小説家として成功を収めてしまいます。
その理由が

 「某秘密結社のコネをフル活用した」

はっきりとそう書いてあります。
アメリカでは常識なんですねぇ。

いやぁ、ハリウッド映画は流石奥が深い。参りました。
「素晴らしきかな人生」のような本当に良い映画を
もっと作ってください。

お願いしますよ本当に。キャプラン万歳!
あ、後結婚式シーンはもういいです。コッポラ作品でお腹いっぱいです。
平成ガンダムの偽シャアも結構です。

・まどかマギカ

さてジョン・カーターでの説明が長くなってしまいましたが
ご存知の通り「魔法少女まどかマギカ」最近評論家達に
絶賛されまくって調子に乗りまくっている
虚淵玄原作のリミテッド・アニメです。
ちなみにこの時期放映されたアニメで絶賛されているのは
「ドラえもん新鉄人兵団」、「あの日みた花〜」、
「廻るピングドラム」、「まどかマギカ」
の4作です。ピングドラムはウテナとセーラームーンで
有名な幾原監督作品です。

で、私の結論は「あの日みた花〜」がダントツで(フジテレだけど)
次点でドラえもん、残りの二つは合いませんでした。
ウテナやセーラームーンは好きでしたが
ピングドラムは駄目だったみたい。
ピングドラムもまどかも宗教臭いんですよね。
それも19世紀のアメリカやドイツ辺りで流行ってたタイプの。

特に「まどか」は第一話はリアルタイムで見ましたがあまりにも
出来がショボすぎ...うわあぁっ!!!なにをするっーー!!

だってマミさん歩く時振った手スカート貫通してるやん。
カンベンして。

ですがあまりにも評論家が絶賛するもんで
レンタルショップの料金吊上げるわで
みんな借りまくるしでようやく最後の2巻を除いて
観ることができました。(残りは脚本を本屋で立ち読みしました)

一時期メーソン作品だとか、エンデのネバーエンディング
ストーリーのオマージュだとか言われてた
「まどかマギカ」ですが...

「これ実践スパイ技術ハンドブックが
元ネタやん」

キュウベェはMI6とSASで特殊訓練を受けてたようです。

虚淵玄はガンマニアらしい(マブラブの作者のインタビュー記事によると)
ので上述の本読んでても不思議ではないですね。

ちなみに上述の本はスパイの仕事のマニュアル本なんですが
その内容がキュウベエの行動パターンそっくり。
この本によるとスパイに一番大切なスキルは
「平気でウソをつけること」らしいです。
また、諜報機関の正スパイは決して自分で
作戦を実行しないそうです。
必ずエージェントと呼ばれるその辺のニートを
たらし込んで危険な仕事を全部やらせるそうです。
この「たらし込み」の技術が凄くて魔法少女の
リクルート方法そっくりです。
つまり「まどかマギカ」ってノンフィクション作品なんですね。

ちなみにキュウベェのデザインって元ネタはギーグ様かな?
ゲームブック版のギーグに比べたら小悪党って感じだけど。

あ、あとエンドクレジットのラストで魔女の左目の中を
まどかが赤ちゃん体制でクルクル回っているシーン。
あれ上でも書いたけどゾロアスター教生け贄が元ネタです。
左目ってのはメーソンのプロビデンスの目
(1ドル札の裏のピラミッドアイ)
のモチーフですが、大日経では炎の三角の中を卍が
クルクル回っている図で表されています。
この卍はビシュヌ神の胸毛と言われていますが
要は動物の生け贄ですね。それを火の中に投げ込んでいる。
ちなみにこの卍が左回りか右回りかで意味が異なります。
確か創造or破壊を表しています。
こう考えると旧ナチのハーケンクロイツが
変な方向に傾いているのも中々興味深いでしょ?

つまりあのエンドクレジットは「まどか」という
少女を生け贄にするために
炎の中に放り投げて焼かれている図なわけです。
魔女裁判?犠牲なくしては社会は平和になれない。
まさに「まどかマギカ」のテーマその物ピッタリですね。

あ、あと余談ですが冲方丁との対談本でガンダムの富野監督が
メーソンネタとかアニメキャラとかと現実の区別がつかない
大人(主に政治家と映像業界人を指していると思われる)は
アホだと言っていました。
深い指摘ですね。なんせ100人のアホが本まで
出しちゃうぐらいですから。


*補足:「まどかマギカ」の良い所も挙げておいた方が良いかな...
    リミテッド・アニメでもストーリーと台詞回しに力を入れれば
    話題作を作れることが証明できたことかな?
    セルアニメの場合、動きが減る=枚数減=アニメーターの給料が減る
    があるので一応に良い所とは言えないかもしれませんが...
    3DCGアニメに関してだけ言うとリアルに見せようとすると
    ライティングだとか、テクスチャとかにやたらと投資しないと
    いけないのでその分モーション部分に時間を割きづらく
    なってしまうので...
    昔よく安い制作環境/設備でも脚本&動き(アニメ部分)が
    良ければ傑作が作れるんだっ!!...と師匠が言ってたもんで...”

【ヴェーダ・バラモン教編】輪廻転生の起源【Part4】
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-612.html
“インド系の思想の中に”輪廻転生”という概念がある。
サンサーラだとかカーラチャクラと呼ばれているものね。

普通に日本で暮らしていれば”輪廻転生”というのは
大体”生まれ変わり”の理論だという認識が一般的だろう。
少女マンガやアニメでも良く使われるネタなので
結構身近なテーマなのではなかろうか?

さて、この”輪廻転生”、ちょっと政治学を齧った
インテリ達に取っては、「支配者のための好都合理論」
というふうに認識されている。
どういう事かと言うと、例えば「貴方が貧乏だった」
と仮定しよう。
貧乏であることに不満である貴方は最寄りの「金持ち父さん」
にクレームを付ける。「世の中は不公平だ!」、と。
そこで「金持ち父さん」がすかさず反論する。

「君が貧乏なのは君が前世で悪人だったからだよ。
 逆に金持ちの人は前世で善人だったから金持ちなんだ。
 だから君も今生は我慢して金持ちの人の奴隷をこなして
 いれば、来世は金持ちに生まれるかもよ?」

こんな滅茶苦茶な理論、得するのは現在の権力者達だけだ!
インテリ達はこう唱える。

では、こんな邪悪な思想がインドでどのように誕生したか?


今回はこれを探っていこう。

まず、エコ信者じゃなくても構わないが、

「リサイクル理論」から始めよう。

「リサイクル」というのは使用済みのペットボトルを
再利用したりアルミ缶から新しいアルミ缶を作ったりする
例のアレのことだが、定義としては

「全ての自然現象はある一定のサイクルに従って循環する」

が、適切だろう。

例えば、”水”の循環等が分かり易い。

 ①海水が蒸発する
 ②蒸発した水分が雲になる
 ③雲から雨が降る
 ④雨が地下に吸収され、川に合流する
 ⑤川が海に流れ、また①海水に戻る
 
 以下、繰り返し。

食物連鎖も循環する。

 ①草が生える
 ②牛が草を食べる
 ③人間が牛を食べる
 ④人間が死んで土に還る
 ⑤土からまた①草が生える

 以下、繰り返し。

以上、挙げた例はいずれも初歩的な理科だが、
当然、古代インドでも発見されており、
バラモン達の一般教養の一つであった。

この”循環/リサイクル”という概念はおおよそ
生物であれば植物、人間問わず全てに当てはまる。

バラモン達にとっての関心はやはり「人の一生」だろう。

いくら人類が全ての動物の頂点に立ち、文明の力によって
世界を支配したとしても、いつかは死んで土塊へと戻る。

なぜ人間は死ななければならないのか?

これこそが古代のバラモン達の最大の命題であった。

答えは創造神の正体から辿ると明白だ。

「創造神のエサとして生物は創造されたのだから
生物はいずれ死ななければならない」

ただし、古代アーリア人の様に狩猟で視界に入った動物を
手当たり次第狩って食べていたのでは効率が悪い。

それは創造神も同じだ。

つまり人間や動物を家畜のように飼育し、増やすことはできないか?

そこで、創造神が編み出した最高のシステムこそが

”時の循環=カーラ・チャクラ=サンサーラ=輪廻”なのだ。

人間の一生短しと言えども、誕生してから一瞬で死ぬわけではない。

時にはある一定の速度がある。

つまり誕生してから死ぬまでにある”一定のタイムラグ”があるわけだ。

この”一定のタイムラグ”の中で生物は繁殖行動を取り、
子孫を増やすのである。
創造神のエサとなるために。

ところで古代ギリシャ神話の子供を生け贄にして食べてしまう
クロノスという神が”時の神”であることは興味深い。

また、ユダヤのヤハウェも”産めよ、増えよ”と命令したり、
アブラハムの息子を生け贄にしようとしたりしたことは
興味深い。

この辺りの事情が分かってくると、アベルとカインの物語で
なぜ神はアベルの捧げものを選んだのか明確になってくる。

アベルの捧げものは”動物”。
カインは”野菜”。

つまり”動物”は食物連鎖上、”野菜=植物”の上位に
くる生物である!

即ちヴェーダ教の理論で行けば”動物”は”草を食べる”ので、

当然、草のパワーも吸収して取り込んである。

つまりヤハウェに取っては”野菜”を貰うより”動物”を
貰った方が得なのだ。

以上の事から、バラモン達は人間の肉体もこの”輪廻”の呪縛
からは逃れられず、創造神にひたすら搾取される存在で
あることに嘆いていた。
この苦しみは相当なものである。

宗教というのは得てして、”自分は何のために生まれて来たのか?”
を問うものであるが、

それがただ他人の食料になるだけだなんて!

こんな酷い世の中がどこにある?

そう、輪廻に閉ざされたこの現実世界こそが
地獄の中の地獄なのだ!

では人間に救いはないのか?

そこで思い出して頂きたいのが”アートマン思想”である。

そう、人間の本体は”肉体”ではなく、”魂”にこそあると。

この”魂”とはそもそも何なのか?

この”魂”という”人間”、これは何で出来ているのか?

ここでインド哲学特有の異常な分類作業が生まれる。

魂は視界だ!
魂は味覚だ!
魂は聴覚だ!

等々。

バラモン達が出した最終結論は、

魂とは”息”である!

という結論だ。

これは何故かと言うと、人間は目を閉じたり、耳を塞いでも生きていられるが

呼吸だけは止めたら死んでしまう。


つまり生命の本質とは”呼吸=息”にあるのだ!

ということに気付くのである。

では、この”息”がどうして生まれ変わりの影響を受けるのだろうか?

それは人間自身がその生涯において生命の
本質=魂は”肉体”であると
錯覚してしまうことに
問題があるのだ!

本来、永遠であるはずの人間=息=魂=アートマンが本能的な肉体の
欲望に捕らわれることによって魂が死の際に肉体から離れなくなって
しまうから、輪廻転生してしまうのだ!

え〜い!修行して魂だけの存在になるぞ!

これがヨガの始まりである。


正直、今回の話は非常に重要だ。
これが良く理解出来ていないと、何故仏教が
生まれたのかも分からなくなる。

では、次回はなぜ”ヨガ”をするのかについて考察しよう。


ウパニシャッド―翻訳および解説
湯田 豊

※ちなみに安い文庫版ではなく、高い方のウパニシャッド
 を薦めるのには理由がある。
 文庫版のウパニシャッドは未完全の状態で重要な創造神話
 や儀式、哲学の章が丸ごと割かれている。
 現状の日本ではフェイド大帝が紹介する上記のウパニシャッドが
 一番内容が揃っていて抜けが少ない。英語の分かる方なら
 海外のサイトで無料で入手できるが、和訳がどうしても
 欲しい場合はやはり多少の出費は避けられない。



ブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの創世神話全文公開
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-501.html
“ウパニシャッドというのは古代インドの哲学書。
「奥義の書」とも呼ばれ、基本はヴェーダの解説書でもあります。
言葉的には”近くに座る”という意味が一般的で師匠の側に座って
秘儀を授かるという意味。

そんなウパニシャッド、日本では複数の訳本がある。
高いのと安いのがある。

高いやつは2万5千円以上するので、一般的に入手しやすい
のは文庫系の安いやつだと思います。

「ところが安い文庫はウパニシャッドが全巻載っていない」

またブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドが抜けている場合が多い。
このウパニシャッド、有名人の大哲人ヤージュニャヴァルキヤさんが
活躍するウパニシャッドなのに......
ヤージュニャヴァルキヤは心の哲学とか勉強されている方には
なじみ深い人物だと思います。

皆さんも漫画やアニメで聞いた事がある、「ブラフマン/アートマン」
哲学の大元の人です。

そんな有名なウパニシャッドなのに何故か文庫版では
ことごとく省かれている。
実はブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドにはもう一つ
重要な説話があって、

「それが創造神話である」

インドってのは創造神話のパターンがいくつもあって
中国、北欧神話の様に巨人を切り裂いて天地を作った話や
道教の様に何もない無極から世界が生まれた、世界卵から
生まれた等、世界中の創造神話が集まっているのではないか
ぐらい豊富なのです。
ですから、武術の様にこの創造神話ってのはむしろインドから
世界に広がっていったのではないかとフェイド大帝は考えています。
(実際インド/アーリア人ってのはブリテン島にまで上陸している)

でブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの創造神話の何が
問題かというと、

「神の正体が何なのかはっきり書いてある」

実はユダヤ教やキリスト教、イスラーム教ってのは
唯一神が何なのか一切教えないんですね。
多分、神様の権威を守るためにわざと教えてないんだと
思いますが。
ただそれがブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドには
はっきり書かれてある。
だから、インド/イラン系宗教に洗脳されやすい日本の出版界ってのは
ブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドを闇に葬りたいのだと思います。

そこで、今回はネットにこのブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッドの
創造神話を全文載せます。
はっきり言って、この神話を日本国民の目から隠し続けるのは
もはや犯罪レベルと言っても差し支えないぐらいですから。

訳の元本は湯田豊訳版を使います。

以下、本文:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めに、ここには全く何もなかった。まさに死によって、
これは覆われていた、飢えによって。
なぜなら死は飢えだからである。

「私は体を具えるようになろう」と、死は決心した。
そこで死は讃歌を歌いながら行った。
それが讃歌を歌っていたときに、水が生じた。
「まことに私が讃歌を歌っていた時に、私のために水が
 生じた」と。
まさにこれが讃歌の讃歌たる所以である。
このように、この讃歌の讃歌たる所以を知っている人、
その人にはまことに、水が生じる。

讃歌は、まことに、水であった。
そこで水の泡であったもの、それは凝固して大地になった。
死はその上で苦労した。それが労苦によって疲れ、熟した時に、
それの熱=精髄は火になった。

それは自己自身を三重に分けた。
三分の一を太陽に、三分の一を風に。
これが三重に分けられた息である。それの頭は東の方角である。
そして、両腕は南東と北東である。それから、それの尾は
西の方角である。そして、それの両腿は、南西と北西である。
そして、脇腹は南と北である。そして、背は天である。
腹は大気である。胸は大地である。これは水において
確立されている。このように知っている人は、どこへ行こうと、
それが行く所で確立されている。

死は欲した。
「私に第2の自己が生まれる様に!」と。
飢えである死は、その思考によって言葉と性交した。
それの精液であったものは年になった。それよりも以前に
年は存在しなかった。これだけの時間、すなわち、一年だけ
死はそれを保持した。
これだけの時間が過ぎた後で、死はそれを流出した。
それが生まれるや否や、死はそれを呑み込もうとして
口を開けた。
それは”ブハーン”と叫んだ。まさにそれが言語になった。

死は熟慮した。
「まことに、もしも私がこれを殺害するとすれば、私は
 食物をより少なくするであろう」と。
その言葉およびその身体によって、それはおよそここに
存在する全ての物ーリグ・ヴェーダ讃歌、ヤジュル・ヴェーダ
の祭詞、サーマ・ヴェーダのウドギータ、韻律、祭祀、人間
および家畜ーを流出した。
自分が流出したものが何であろうと、死はまさにそれを
喰い始めた。まことにそれは全てを食う(アド)ゆえに
それはアディティと呼ばれる所以である。
このように、このアディティのアディティたる所以を
知っている人は、この一切を喰う人になるのであり、一切は
その人の食物になる。


死は欲した。
「より大きな祭祀によって、私は更に供物を捧げよう!」と。
それは労苦によって疲れ、激しく熱した。それが労苦によって
疲れ、熱した時に、それの栄光=力は立ち去った。
諸生気はまことに栄光=力である。諸生気が立ち去った時に
それの身体が膨らみ始めた。しかし、まさにそれの身体には
思考が存在していた。

死は欲した。
「私のこの身体(死体)は祭祀に適したものになるように!
 この身体によって私は自己を具えるように!」と。
それからその身体は馬になった。それは膨らんだので、
馬祀祭に適したものになった。まさに、それが馬祀祭の
馬祀祭と呼ばれる所以である。
このように馬祀祭を知っているこの人、彼はまことに
馬祀祭を知っている。

とにかく馬を囲い込むことなく、死は、馬を囲い込もうと
考えた。一年後にそれは自己自身のためにそれを屠殺した。
それ以外の家畜を、それは神々に引き渡した。それゆえに
人々はプラジャーパティに属する馬を一切の神々に捧げられた
ものとして屠殺する。

ここで燃えている太陽はまことに馬祀祭である。
年はそれの身体である。この火はアルカである。
これらの世界は、それのもろもろの身体である。
それらの二つは、アルカ(祭火)および馬祀祭りである。
更に、それらはただ一つの神格、まさに死である。
このように知っている人は再死を避ける。
この人に死は到達しない。
死は彼の自己になり、
これらの神格の一つになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太字にした所に注目して欲しい。
貪り食う死は”アディティ”である
と説かれている。

「アディティとは大女神ディヴのインド版である」

つまり、東條ミトラ教の最高神の正体は死である!

そしてもしアルティメット・まどかのモデルが大女神ディヴで
あるとすると......考えただけでも恐ろしい!

「オタクが”まどか、まどか”と騒いでいる場合じゃない」
「お前ら喰われるぞ、まどかに」

日本のアニメ/コミック業界が広めようとしている
女神信仰、これの正体のおぞましさが理解できましたかな?



はじめましてムックと言います。
今このアニメコミック陰謀論を読んだのですがこれまた興味深いですね。
ミトラ教というのはよくわからんのですがかなり危険な宗教なのですか?
まあ軽くここを読んだ感じですとオカルティックな話だなあと思うのですが
この人達の目的というのが今ひとつわからんのです。
仮にアニメコミックを通してこの宗教の教えを広めたとして具体的に何に
なるのかなあって………

大女神ディヴ=死と解釈するなら人類皆死ぬってことですかね?
私はまどマギはよく知らんのですが制作チームにオカルト信仰者がいて
作品内にその要素を散りばめた所で視聴者にそこまで影響を与えるとは思えないのですが………

仮にこれで洗脳されたとしてもその洗脳力は弱そうですし本気でやるならもっと効率的なやり方があると思います。
結局作品内にオカルト要素を入れてるのは製作者の自己満足であり我々が懸念剃る必要などないでしょう。

ただこういう見方自体は面白いと思います。
私自身陰謀論は嫌いではありませんよ。
[ 2013/07/28 06:12 ] ムック [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ムックさん初めまして。
コメント有り難う御座います。

”陰謀論”という書き方をしてしまいましたが、
アニメやマンガに於いてオカルト的な情報や図柄を
入れるのは実際には験担ぎみたいなものだと思います。

フリー・メイソンのシンボル群というのは元々西洋魔術
が起源でして、神社のお守りの護符とかと似た様な物です。
一番最初にアニメ業界やマンガ業界でこういったシンボルを
導入したのが誰かは分かりませんが(多分ディズニーだと思います)
フリー・メイソンのシンボルを入れる事によって作品がよく
売れるかもしれないというような業界慣習があるのではないかな、と
思っています。音楽業界も同じだと思います。

特にこれで誰かを”洗脳”しようだとか、世界を支配してやろう
というような深い意味では使っていないと思います。

まどマギに関しては元々の題材が”魔法”少女物なので
”魔法”の世界観を演出するために美術監督辺りが
フリー・メイソン等の西洋魔術のデザインを
参考にしただけの様な気もします。

ただ、傾向的にこういったデザインを活用する
クリエイターさんが多い様な気はします。
まぁ、日本は信仰の自由が保証されている近代国家
ですから、中には”ガチ”でこういうオカルト思想に
ハマっている人が制作者の中にいたとしても不思議では
ありませんが。
[ 2013/07/28 14:33 ] フェイド大帝 [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

験担ぎですか……確かにそういうものにハマっていれば十分ありそうですね。

>特にこれで誰かを”洗脳”しようだとか、世界を支配してやろう
>というような深い意味では使っていないと思います。

まあ実際こんなこと考えてるならもっと効率的な方法がありますからね。
視聴者の限られる深夜アニメで洗脳するったって費用対効果が悪すぎるでしょう。

>フリー・メイソン等の西洋魔術のデザインを
>参考にしただけの様な気もします。

陰謀論やオカルト好きのスタッフが面白半分にこういうネタをいれたらネットでメーソン作品だなんだと騒がれてしまったなんて例もありそうですね。

メーソン作品と言えば以前テレビ東京でエヴァとメーソンのつながりを指摘する番組があったようですがこれって実は日テレにエヴァを奪われたテレ東によるちょっとした嫌がらせとかだったんじゃないでしょうか?

まあ元々エヴァはこういうオカルトアニメの筆頭みたいな感じですが………


>まぁ、日本は信仰の自由が保証されている近代国家
>ですから、中には”ガチ”でこういうオカルト思想に
>ハマっている人が制作者の中にいたとしても不思議では
>ありませんが。

まあ製作者が何教徒であろうと人様に迷惑をかけたりしなければ問題はないと思いますが最近のアニメって昔に比べて随分あからさまにこういうのを全面に出しますよね。昔は出したとしてももう少し薄っすらとしていたように感じますが…………

これはどういうことなんでしょうか?
制作チームにおけるオカルト信仰者が昔より増えたとかそんな感じですかね。
それともお上のご命令?
[ 2013/07/28 18:55 ] ムック [ 編集 ] ”


カント「道徳形而上学の基礎付け」、ニーチェ「道徳の系譜学」読了
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-503.html
カント「道徳形而上学の基礎付け」、ニーチェ「道徳の系譜学」を読んだ。

その名の通り、道徳の本です。
何でこんなものを読んだのかというと、近所の本屋さんって
大体サンデル教授の本置いているんだよね。そうそうハーバードの
白熱教室の正義論の先生ね。
ブームはとっくに去ったと言えどもいまだに田舎の本屋では
現役みたい。
で、ロールズの「正義論」もゲットしてあるんだけどこれに入る
前にカントとニーチェを読んでおこうというわけ。

まっこうモグラさんの所でもカントの道徳学は扱っていたので
陰謀論の解釈にも役立つかと思って。
ロールズの本読んだら最終的にはサンデルの主著を読んでおこうと
思っている。

とりあえず、また小説作法本の続きに入る前に東條ミトラ教の
聖典なる”ケウル”をゲットできたのでこれをまず読んでみようと思う。

一応要約すると、

 ・カント: 善というのは善い意志とかいうのから発生する。
      問題は、社会にその善を浸透させるにはルール作りが必須。
    そのルールというのは個人の欲求(欲望)が絡んではダメで
      かつ全ての構成員にとって普遍的なルールじゃないといけない。
      →論理思考で普遍的な道徳ルールを作ろう!という結論。
      問題はこんなことが実際に人間にできるかどうかという所。
      人間はロボットじゃないんで、どうしても主観(欲求)が
      絡まざるを得ないのではないかと。
      この場合、まっこうモグラさんの解釈のように、
      「人民はバカ」という結論にならざるを得ない。
       バカな人民を指導する”イルミナティ”さんが必要だという
       理屈ね。問題は”イルミナティ”さんも人間が構成員のはずなので
       結局バカしかいないんじゃないの?というツッコミが生じる。

 ・ニーチェ: 個人的にニーチェってただのDQNだと思うのだが......
        隠喩が多くて読みづらいのよね......
        ともかくニーチェが言うには古代と現代で善の定義が
        180度逆転していると説いている。
        古代では強い人間の行動が善で、こいつらが弱者を
        痛めつけることは自然の弱肉強食に忠実に従っている
        だけだから、自然界においての善そのものである。
        ところがイジメられていた連中がルサンチマンから
        強者の暴力行動を”悪”とみなした。
        逆にイジメられている人達こそ”善”だと。
        この理屈を世間一般に広めたのがキリスト教を
        初めとした隣人愛や神の犠牲を必要とする大宗教。
        ところが人間は動物の一員なのでいくら理屈で飾ったとしても
        生きるためには誰かをイジメて優越感を感じないといけない。
        しかし他者をイジメるのは宗教で禁じてしまったので
        じゃあ”自分”をイジメればいいんじゃね?
        この行為がニーチェの言う”道徳”。

ニーチェはキリスト教的な犠牲神を否定しているので
こう考えてみると”まどマギ”をニーチェ的と評論した
レビューがいかに頓珍漢か分かるはず。
まぁ、アニオタもネットの検索情報だけじゃなくて
ちゃんと本人の著作を読みましょうってことかな?


インド宇宙論大全
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-605.html
Amazonのアフィ機能で、自分の設定したショップで商品が
紹介出来る機能がある。
この機能を使って、フェイド大帝が蓄えた膨大な書物や、
マニアックなアニメ、漫画等を皆さんに紹介していきたい。

今回は初めてなので、テストも兼ねた投稿です。
インド宇宙論大全
(2011/01)
定方 晟

商品詳細を見る
バラモン教から大乗仏教までジャイナ教も含めた古代インドの宇宙論を詳細に
紹介した本。
シュメール山(仏教の須弥山)というデッカイ山を中心に世界が出来ている
という理論の大本がこのインドの宇宙論にある。
北欧等の世界樹、イグドラジルも恐らくイランの世界樹思想から来ているのだろう。
イランのアーリア人と兄弟のインド・アーリアでは樹木から山に代わっただけだ。

○○ユガ等の天文学的な数字が特徴の古代インド。本書を読めば、実は結構いい加減に
決めた数字だと分かる。(笑)
 現代の新興宗教やスピリチュアル業界では古代インド人の考えたこれらの数字を
過剰に取り上げスゴイ知識等と吹聴する。
この本を読んでいればそれらの嘘を簡単に見破ることができる。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月2日
あの豚を飼ってる村の話は、そもそも 豚肉を食べちゃいけないユダヤ教で、 なぜ豚を飼っていたのかという所なんだと。

フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 5月2日
え〜い、フェイド大帝が安上がりな お札や、藁人形のエネルギー補充の 仕方を教えちゃる! 神棚とかお供え物するだろ? まぁ、塩、水、酒、水なら お金かかんないし〜 と思うかもしれない。 実はあれ、月光に晒す事によって チャージ出来る様に中国道教 では出来ている。

正にソーラーエネルギーならぬ
ルナエネルギー!

あの怪しい雑誌で満月の夜に財布
を振ると金運が上がるという呪いも
こっから来てるのでは?

ちなみにここだけの話だが、
藁人形やヴードゥードール等の
ヘキシングドールは実は徒歩で
ターゲットまで移動するらしい。

そこでワープゲートを開くお札というのが
道教にあるのだが、これを隣に
置いとくと人形が疲れなくていいらしい。

藁人形は強力なので、これの具体的な
作り方は伏せとくが、代わりに相手の
呪術から身を守る簡単な方法を
教えよう。
道教から取り入れたフェイド大帝流魔術
の基礎だと思ってくれ。

厨二病の好きな「真名」こいつの
作り方と活用法を教えよう。

まず、なんでも良いので、自分の守護神
を想像する。これは仏でも、イエスでも、
天照でも、初音ミクでもいい。

要は、宇宙のパワーを貸してくれる
すごい神霊であれば名前はなんでも
いい。

ところで、気功やヨガは自分を鍛えて
パワーを発揮する技術だが、魔術というのは
神霊の力を借りる技だ。
だから霊が強力であるほど強い術が使える。
なので原理的にはヨガや武術みたいに
自分を鍛えなくても使用出来る理屈に
なっている。

取り敢えず、ミクを想像したとしよう。

次にミクと精神的に繋がった状態で
何か「音」を無意識に想像する。

その「音」を文字に直せば「真名」
の出来上がりだ!

「真名」は貴方とミク神との唯一の
秘密の繋がりだ。

道教のお札を有効化するには
実は神霊の承認がいる。
会社で言えば社長のハンコみたいな
感じだ。

実は道教のお札というのは
最後に朱でハンコを押す。
このハンコの作り方はミク神に
教えてもらうしかない。

あるいは先輩で同じミク神を
信仰している人から

ハンコを貰ってくる。

で、この「真名」だが、これは
絶対に他人に教えてはならない。
親にも教えてはならない。

なぜかを説明しよう。

実は魔術では人や物の「名前」と
言うのは非常に重要である。

旧約聖書でもアダムは動植物の名前を
つけるし、そもそもヤハウェも本名は
教えない。

実は相手に術を掛ける時、相手と自分を
神的な回路で繋ぐ必要がある。
そう「魔術回路」だ。

そこで基本的には相手の名前が
分かっていると、この回路を
繋ぐ事が出来る。

だから自分の本名が相手に知られていると
術が掛け放題なのだ!

こんなの厨二病の妄想だ!と
思わないで欲しい。

例えば、貴方の戸籍上の名前である。
恐らく貴方のご両親が付けた名前だろう。

実はこの名前、本来はただの音声でしかない。
ところが、貴方の両親や知人が繰り返し
赤ん坊の貴方にこの音声を発する事によって

貴方はこの音声を特別な物として
自己と結びつけてしまう。

例えば、誰かが貴方の名前を叫んだら
貴方は振り返ったり、反応するだろう。
最悪の場合、名前を呼んだ人の下に
歩いて行ってしまうかもしれない。

これは一種の「召喚魔法」である。

従って貴方の名前を知る者は、ある程度
貴方を支配出来る理屈が魔術には
存在する。

だから魔術師は戸籍上の名前とは
別の本名を作成するのだ!

貴方に「真名」があれば、例え
相手の魔術師が貴方の戸籍上の
名前を知っていても術はかけれなくなる。

この「名前魔術」の恐ろしい所は
相手が魔術師でなくとも無意識に
この術を貴方に掛けれるメカニズム
になっている事だ。


例えば会社の同僚が貴方を妬んでいたと
しよう。実はその同僚が貴方の悪口を
心に想像したり、声に出す事によって
この術は原理上発動する。

つまり貴方を嫌いな人が多ければ
多いほどこの術は更に凶悪な呪い
を貴方に掛けてしまう事になる。

そう言った意味でも「真名」の設定が
魔術の実践上、如何に効果的か
お分り頂けたと思う。

ちなみにこの術、道教では入門してから
一番最初に教わる術だとのこと。

以上、フェイド大帝流魔術の基礎終わり


帰ってきた魔法使いハンターねこた ‏@lakudagoya 5月2日
@FeydoTaitei フェイド大帝の慧眼ツイートに感動。ルナエネルギーって某ファンタジー小説で魔術師の使う力に月の影響が露骨に出て、月から力引き出すネタ元はこれですか。


フェイド大帝 ‏@FeydoTaitei 8月5日
しかし、セム系は酷いですね。聖書の文法や単語の綴りとかワザと
間違えてますからね。カバラ解釈しやすいように。

ねここねこさんにも教えたかったのですが、 ワザと綴りとか文章持って来る順番とか間違えているんですよね。 創世記の1章と2章で創造の順番が違うのも全部意味があったりします。

もっとも、本当に間違えていて、後世のラビ達が力技で無理矢理
解釈をつけただけかもしれませんが。(笑)

セム系の特徴というか、書物の原典よりもラビとかの注釈や解釈の方が
重要なんですね。やっぱりプロの解説がないとさっぱり分からない。
アーリア系のヴェーダとかも同じ仕組みですけどね。

子子子子子(ねここねこ) ‏@kitsuchitsuchi 8月6日
@lanekota @FeydoTaitei 有難うございます。わざと矛盾する記述を残す(聖書原理主義否定)+本当に間違えた箇所=教師前提(独学不可)の宗教。子音表記の時点で暗号。裏目に出て本来の読みを失伝。母音記号のニクダーを使うようになる。日ユ同祖論(笑)は聖書の無謬が前提。

ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

ぐだトマトさんはね、
何か大切なものを「生贄」に捧げなけれ
ば成立しないベルセルクみたいな
システムはね、結局「地獄」しか
生まれてこないと思ってるんだ。

やっぱりね、刃牙のガイアみたいに
自分を痛めつけないで綺麗なまま
強くなる方法を模索すべきだと
思うんだ。
0件の返信 6件のリツイート 10 いいね
ねこた‏ @lakudagoya 5月13日
返信先: @pteras14さん

なるほどです。旧約聖書もストア学派のモロにバラモン教のパクリ要素がありますね。

地獄にしても、不条理も神の意志ってストア学派も行ってますし。

やはりアーリア系は避けて通れません。

バラモン教由来のものがある限りこの世は地獄思想が消えないわけで。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日
返信先: @lakudagoyaさん

だって元ネタのバラモン教の
神が「死」ですから……
「地獄職人」から産まれる物は
常に「地獄」ですよ。
1件の返信 2件のリツイート 4 いいね

ほしいもさんがいいねしました
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

FGOにガチャが永遠に存在する通り、
「地獄」も「地獄職人」が存在する
限り永遠なのさ!

「課金」か「破壊」かの違いでしか
ない。時々、星5が出てくるから
「創造」している様に錯覚してる
だけさ!

#FGO
#FateGO
0件の返信 2件のリツイート 5 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月13日

そう!「何かを犠牲にして」、
その等価交換としてしか存在しえない
この「世界」。
そんな邪悪なシステムに名を付けると
したならば……

そうだなぁ、「地獄」辺りが妥当
なんじゃないかな?

人理修復など所詮は「地獄職人」の
戯言のお遊戯さ!

#FGO
#FateGO
0件の返信 4件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 5月7日

やっぱり、地獄主義者だって
言っただろう?
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね

т. игарасиさんがいいねしました
ぐだトマト‏ @pteras14 4月20日

そういやー、ト○タも下請けに
ランキング付けて殺し合わせるのが
好きだと聞いた事があるな。
正にマシリト的発想だ。

この発想から生まれるのはヒット商品
じゃなくて、ただの地獄。
0件の返信 7件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 4月10日

う〜ん、上司がハイパーリンク地獄を
お見せしよう!とか言ってるけど、
確かにいつもバグる訳ではないから、
1〜2行ハイパーリンク貼って「ほら!
動くでしょ?」って言われても困る。
0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

じゃ?辞めれば?
って話だけど、そう簡単じゃない。

辞めたら地獄が存在しない事を
証明してしまうからね。
そうなったら創造神の怠惰を赦した
事と同義だからね。

彼らは絶対に赦さない人達なんだ。
0件の返信 2件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

ネバーランドも実在しないでしょ?

マイケル・ジャクソンみたいな
お金持ちが自腹で運営して初めて
存在しうる儚い存在なんだ。

きのこ達も一緒で「何で俺達の金で
地獄を運営しないといけないんだ!💢」
と怒ってるのさ。
0件の返信 3件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

地獄主義者は「喜ぶ」人達じゃないんだ。

常に何かに対して「怒ってる」人達
なんだ。

何に怒ってるかって?

子供の時に絵本で見た「地獄」が
実在しなくて、自分達で運営しないと
「地獄」が存在しえない事に疲れた
大人達なんだ。
0件の返信 3件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

「地獄主義」の注意点はね……

「この世に地獄を再現する事に喜びを
感じる性質を持った人達」
の意味じゃないんだこれが。

「地獄が存在しない事に対して創造神
の無責任に対して憤りを感じる人達」
の事なのさ。
0件の返信 2件のリツイート 4 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2月27日

きのこ達は自分達の事をフォークを
持った地獄の釜底の小悪魔だと
妄想してるのさ。
霊魂レベルで人間をイジメ抜かないと
我慢出来ない性質なのさ。

これは何主義と言うんだろうね?

あえて名称を付けるとすると
「地獄主義」かな?
0件の返信 1件のリツイート 2 いいね

Ignaveさんがいいねしました
ねこた‏ @lakudagoya 2016年8月13日
返信先: @pteras14さん

とまーてさんの解釈はいつもながらナイスですね。

神の法を制定してるのは逆に権威を作らないためなんですよね。

だから異端審問やっただけで地獄行き確定。

そのあたりの事と、神の法を根底から覆すことが社会の破壊行為だとわからない騎士様なんですよね。
1件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年8月13日
返信先: @pteras14さん

これも実際に実践出来てるかと言うと
出来てないわけ。
これも「人の限界」ってヤツ。

つまり「人間は愚か者」ってわけさ。
だから死後、地獄に落とされる奴が
絶えないわけなのさ。

#FateGO
#FGO
1件の返信 2件のリツイート 1 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年8月8日

で、ギターもピアノも出来ねーから
オカリナの出番ってわけだ‼︎

これが通訳案内士、QC検定二級、
国内旅行と重なるっていう地獄だ‼︎



ぐだトマト‏ @pteras14 2016年6月26日
返信先: @pteras14さん

問題は聖書の言う正しい北極星座が
小熊の次のケフェウス座なのか、
バビロニア最古の牛飼い座(バビロニア
時代は羊飼い座!)なのかどうかだ。

牛飼い座が次の北極星の座に就くのは
数億年後。牛飼い座だとすると
数億年地獄のロールプレイを奴等
続けるつもりか?w
0件の返信 4件のリツイート 2 いいね
ぐだトマト‏ @pteras14 2016年6月24日

いや、これからヨーロッパの
バルバロイ達は聖書の予言を
一個ずつ実現させてくんだよ。
泉パウロが言う様にね。
「地獄の苦しみを味わうけど絶対
死なせない病気」も絶賛開発中!w




@kikuchi_8
@kenkatap
ーーーー



お読みください感謝
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yomenainickname.blog.fc2.com/tb.php/173-02e5446f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)