読めないニックネーム(再開版)

世の中の不正に憤る私が、善良かもしれない皆様に、有益な情報をお届けします。単に自分が備忘録代わりに使う場合も御座いますが、何卒、ご容赦下さいませ。閲覧多謝。https://twitter.com/kitsuchitsuchi

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「神道のお札の元ネタは道教」。ひとつ前の道教記事に追加したので連絡しておきます。 

更新内容の超要約。
「神道ってお札すら道教のマネ」(神道という名称すら道教用語。というかまず神道という故障やめないとね。GODを「神」と訳したキリスト教勢力がさせないけどね)
漢文で「鬼」は「キ」であり「亡霊」って意味です。
「神道」には「墓に至る道」という意味があるように、「死のイメージ」がつきまとっております。

※他の引用もそうなのですが、私は引用する際には原則、画像までは引用しませんのであしからず。
※この記事は単なる連絡なので、勝手に他の内容になっているかもしれません。

一つ前の記事の 吉田神社にある道教施設。道教式の天皇陵。「大王は神」・「現人神」は「神道」由来ではない。「アイドルは処女」はマリア崇拝。性を管理する耶蘇教。契約神ミトラ=豊聡耳皇子(厩戸皇子)。『混沌からの出発―道教に学ぶ人間学』五木寛之・福永光司 共著
http://yomenainickname.blog.fc2.com/
への追加引用です。

神社のお札やお守りが1年しか持たない理由
http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-559.html
神道のお札の文化がそもそも中国道教由来なのか?という疑問が
まずありますが、
かなり高い確率で中国道教が元ネタ
だと
思われます。

というのは、フェイド大帝は社家(神社の子息)でもないし、神職
ではないですが、神職が神道の学校(宮司とかの資格を取るための学校)
とかで使う”教科書”を実は持っていたりします。(笑)
マニアックな本屋に行けば売っていたりします。
市の図書館とかには余り置いてないみたいですね。
まぁ、神道関係の教科書よりも仏教の僧侶用の
教科書の方が入手しづらいんですけどね、実際は。
で、その神職用の教科書にお札の由来とか作り方とか
が書いてあるわけです。

正直言って大した内容は書いてありません。
(そりゃ明治以降の寄せ集め宗教だからねぇ......)
恐らく中国道教由来であると書かれているだけです
。(笑)

お札に思いっきり”急々如律令”と書いてある。(笑)

(漢字が違うのは知っている。日本語のフォント変換だと出てこないだけだ。
 漢字が分からないわけじゃない)

この”急々如律令”という文言は道教特有(陰陽道も使うけど)の
文言で”天帝のお墨付きですよ。ちゃっちゃっと取り掛かって下さい”
という意味で、元々中国の皇帝の出す勅令の文章の末文から
コピーして来た文句です

だから仏教系のサンスクリットで書いてあるお札にはこの文言は
つきません。
逆に道教の霊符には佛という仏教の”仏”という文字を入れる場合が
あります。これは仏教から仏様を道教側がパクったわけですね。
元々、仏教が中国に伝わったばかりの中国では道教自体が原始的
な宗教から抜け出しきれておらず、仏教の方がずっと教義が
高度だったのです。
つまり現代の台湾や中国の道教教義というのはかなり後世に
なってできた物なのです。最初から高度な老荘思想とかを
含んでいたわけではありません。

というわけで神道の教科書のお札の例に”急々如律令”と
書かれているということはほぼ100%中国道教由来

考えて良いわけです。
ただ、問題はこのお札の開眼(仏教用語だが要は魂入れのこと)
方法が中国道教のやり方じゃないことです。”

漢文で「鬼」は「キ」であり「亡霊」って意味です。
「神道」には「墓に至る道」という意味があるように、「死のイメージ」がつきまとっております。

道教 お札 画像 で検索して出た画像を記憶して神社のお札と比べてみますね。
フェイド大帝さん、いつも素晴らしい記事をありがとうございます。全記事しっかり読みます。三分の一くらい読み終わりました。

あと、民主が与党でなくなってよかったぜって人へ。私のついーとより。
有色人種生殺し派(EU)から皆殺し派(米共和党)優位に変わっただけです。右翼と左翼を運営する側に注目して下さい。例えば「昭和最大の黒幕」安岡正篤は右翼ではなく、左右の胴体(運営側)=紅卍会(+大本教)所属。陽明学思想を注入して人形を操ります。”
このツイートが第三者には見えないようにされていないよね? よね?

誰かがリツートしたりしてくれたらわかるけどなあ。

スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yomenainickname.blog.fc2.com/tb.php/26-8b3de91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)